Researchers Information System

日本語に切り替えるswitch to english

Shigeta, Masayoshi

Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS), Division of African Area Studies Professor

Shigeta, Masayoshi
list
    Last Updated :2022/05/13

    Basic Information

    Concurrent Affiliation

    • The Center for African Area Studies, アフリカ地域研究資料センター

    Professional Memberships

    • 国際エチオピア研究者会議 (International Ethiopianist Conference)
    • 日本熱帯生態学会
    • 種生物学会
    • 日本ナイルエチオピア学会
    • 日本民族学会
    • 日本アフリカ学会

    Academic Degree

    • 農学修士(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    Language of Instruction

    • English

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      Research

      Research Interests

      • 民族植物学
      • 生態人類学
      • アフリカ地域研究
      • Ethnobotany
      • Ecological Anthropology
      • African Area Studies

      Research Areas

      • Environmental science/Agricultural science, Landscape science
      • Environmental science/Agricultural science, Environmental agriculture
      • Life sciences, Physical anthropology

      Papers

      • 巻頭言 「これからのJANES」
        重田眞義
        日本ナイルエチオピア学会 2013, 2013, Peer-reviewed
      • 「ZAIRAICHI刊行によせて」
        重田眞義
        『金子守恵・重田眞義編 ZAIRAICHI』No.1 (2013.3) 京都大学アフリカ地域研究資料センター、pp. i-ii, 2013, Peer-reviewed
      • 「雑のフィロソフィー」
        重田眞義
        『ビオストーリー』17:107 生き物文化誌学会 2012, 2012, Peer-reviewed
      • Starch for survival, Fibre for sale: Community-based development using indigenous Ethiopian crop Ensete ventricosum.
        M Shigeta
        at 13th Congress of the international Society of Ethnobiology. in Le Corum, Montpellier, France. 22 May 2012., 2012, Peer-reviewed
      • 「穀物〔アフリカ〕grain〔Africa〕」
        重田眞義
        『講座 生存基盤論 第6巻 持続型生存基盤論ハンドブック』(東長 靖・石坂晋哉 編)京都大学出版会 2012年、pp.272-273, 2012, Peer-reviewed
      • Phylogenetic relationships between Ensete and Musa species as revealed by the trnT trnF region of cpDNA
        Endashaw Bekele; Masayoshi Shigeta
        GENETIC RESOURCES AND CROP EVOLUTION, Feb. 2011, Peer-reviewed
      • Folk in-situ conservation of Enset (Ensete ventricosum) in Ethiopia: Challenge by local people
        M Shigeta
        Paper read at the Society for Ethnobiology 34th Annual Meeting at Clumbus. Ohio, USA. 4-7 May, 2011., 2011, Peer-reviewed
      • 「巻頭言」
        重田眞義
        JSNESニュースレター 2010, 2010, Peer-reviewed
      • 「ヒトー植物関係としてのドメスティケーション」
        重田眞義
        『ドメスティケーション—その民族生物学的研究-』山本紀夫編, 国立民族学博物館調査報告No.84.pp.71-96, 2009, Peer-reviewed
      • Emgaged” Area Studies? Bridging the Research and Development Praxsis in Area Studies
        M Shigeta
        【京都フィールドスクール】 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 2009, Peer-reviewed
      • Local product exchange at markets in southwestern Ethiopia: Case study of coffee leaves and pots. International Workshop: Consumers, Marketplaces and Urban Creativity: Place-Bound and Global Dynamics of Value Transformations
        M Shigeta
        Convocation Room, Main Building, Hong Kong University. April 30-May 5, 2009. (Co-authored with KANEKO Morie), 2009, Peer-reviewed
      • On the Ensete project: Futurability of “Tree against Hunger” in Ethiopia
        M Shigeta
        17th International Conferemce of Ethiopian Studies, Addis Ababa, November 1-6, 2009., 2009, Peer-reviewed
      • 「社会学からのアプローチ」
        重田眞義
        高田公理, 堀忠夫, 重田眞義編『睡眠文化を学ぶ人のために』世界思想社.pp. 164-178 2008, 2008, Peer-reviewed
      • 「エチオピアにおける薬用作物の利用, 保全, 生産, 流通」
        重田眞義
        『エチオピアにおける薬用植物の現状と可能性』 国際農林業協働協会(JAICAF)編, pp. 18-51. (エンダシャウ・ベケレと共著) 2008, 2008, Peer-reviewed
      • Japanese Research on Local Knowledge and Practices in Ethiopia. Weekly Seminar of the Department of Sociology and Social Anthropology
        M Shigeta
        Sidist Kilo Campus, Science Building, Room 116. Addis Ababa University., 2008, Peer-reviewed
      • Cognition, utilization and weediness of plants: Person-plant relationships in the Achori area, southern Sudan
        M Shigeta
        the 11th International Congress of Ethnobiology, Cusco, Peru, June 26-28, 2008., 2008, Peer-reviewed
      • African local knowledge formation and positive practice. International Workshop: Preserving Local Knowledge in the Horn of Africa: Challenges and Prospects for Collaborative Research in Oral literature
        M Shigeta
        Music, and Ritual Practices, Harari Cultural Center. Ethiopia, Sep.17-18, 2008, 2008, Peer-reviewed
      • 「序論」
        重田 眞義
        2008 『エチオピアにおける薬用植物の現状と可能性』国際農林業協働協会(JAICAF)編.pp. 1-8, 2008, Peer-reviewed
      • 眠りを誘う時空間
        重田眞義
        2008.10.25【睡眠文化研究フォーラム:睡眠文化を学ぶ人のために】, 於立教大学池袋キャンパス, 2008, Peer-reviewed
      • アフリカの薬用植物-有用植物資源に関する地域研究
        重田眞義
        2008.7.15. 【講演】薬用植物フォーラム2008, 医薬基盤研究所薬用植物資源研究センター主催, 於つくば国際会議場, 3階中ホール, 2008, Peer-reviewed
      • 「エチオピアの薬用植物(高収益作物の現状と可能性)」アフリカ開発セミナー:アフリカの飢餓撲滅と農業農村振興
        重田眞義
        JICA地球ひろば, 2008年3月4日, 2008, Peer-reviewed
      • 「エチオピア・フィールド・ステーション」
        重田眞義
        地域研究コンソーシアム・ニューズレターNo.5: 6-7 (79) 2007, 2007, Peer-reviewed
      • Development of underutilized crop species in Ethiopia highlands: history and its significant today
        M. Shigeta; G.Yntiso
        the 10th international congress of Ethnobiology, Ethnobiology: Food, Health, and Cultural Landscape, Dusit island Resort and Hotel, Chang Rai, Thailand, Nov. 5-9, 2006., 2006, Peer-reviewed
      • 「オンラインとオンサイト」
        重田眞義
        『京大式 フィールドワーク入門』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 京都大学東南アジア研究所, NTT出版, p. 12 2006, 2006, Peer-reviewed
      • 「日本ナイル・エチオピア学会第13回学術大会公開シンポジウム報告『まなぶ・かかわる・つくりだす:フィールドワークの現場からみえてくる世界』」
        重田眞義
        JANES ニュースレターNo.14: 2-29 2006, 2006, Peer-reviewed
      • 「書評:『人間にとって農業とは何か』(末原達郎著)」
        重田眞義
        アフリカ研究, No.66: 69-71 2005, 2005, Peer-reviewed
      • Origins and dynamics of enset landrace diversities in Ethiopia: promising clues for indigenous conservation activities
        M Shigeta
        the IVth International Congress of Ethnobotany, Yeditepe University, Istanbul-Turkey, Aug. 21-26, 2005, 2005, Peer-reviewed
      • Environment, Livelihood and Local Praxis in Asia and Africa
        M. Shigeta; Y. D. Gebre
        African Study Monographs, Supplementary Issues, No. 29: 1-215. (eds.) 2005., 2005, Peer-reviewed
      • 「ヒト―植物関係論への序章:ドメスティケーション研究の展望と課題」
        重田眞義
        国立民族学博物館共同研究会・ドメスティケーションの民族生物学, 於日本新薬植物園, 2005年3月25日, 2005, Peer-reviewed
      • 「『夢』と『うつつ』の相互浸透」
        重田眞義
        『夢うつつまぼろし』インターメディカル, pp. 206-208 2005, 2005, Peer-reviewed
      • 「生き物を殺して食べるということ」
        重田眞義
        ビオストーリー3号: 86-87 (83) 2005, 2005, Peer-reviewed
      • エチオピア女性のひとり旅--巡礼の非宗教的意義
        重田 眞義; Gebre Yntiso; 森下 敬子
        旅の文化研究所研究報告, Dec. 2004, Peer-reviewed
      • エチオピア起源の作物"エンセーテ"の多様性を守る人々の営み (特集 植物遺伝資源)
        重田 眞義
        遺伝, Sep. 2004, Peer-reviewed
      • 「エチオピア高地の定期市---コーヒーの葉とエンセーテを交換する」
        重田眞義
        『山の現在』, 梅棹忠夫+山本紀夫編, 岩波書店, pp. 197-206 2004, 2004, Peer-reviewed
      • Three characteristics of African vegeculture: Comparison of Banana and Ensete
        M Shigeta
        Ninth International Congress of Ethnobiology in collaboration with the 45th Annual Meeting of the Society for Economic Botany and the 8th International Congress of Ethnopharmacology, University of Kent, Canterbury, England, June 13-17, 2004, 2004, Peer-reviewed
      • 「嗜好品とともにすぎゆくエチオピア高地の一日
        重田眞義
        『嗜好品の文化人類学』, 高田公理・栗田靖之・CDI編, 講談社選書メチエ, pp. 116-125., 2004, Peer-reviewed
      • 「アフリカの生態・社会・文化を考究するアフリカ研究の拠点」アフリカ研究
        重田眞義
        日本アフリカ学会創立40周年記念特別号:24-25 2004, 2004, Peer-reviewed
      • 「エチオピア起源の作物“エンセーテ”の多様性を守る人々の営み」
        重田 眞義
        遺伝,58巻5号, 80-84, 2004, Peer-reviewed
      • 「日本のねむり衣の歴史」
        重田眞義
        『ねむり衣の文化誌』 睡眠文化研究所・吉田集而編, 冬青社, pp. 35-57.(鍛冶恵と共著) 2003, 2003, Peer-reviewed
      • 「雑穀のエスノボタニー:アフリカ起源の雑穀と多様性を創り出す農耕文化」
        重田眞義
        『雑穀の自然史』, 山口裕文・河瀬真琴編, 北海道大学図書刊行会, pp. 206-224 2003, 2003, Peer-reviewed
      • 「ねむり衣の国際比較―眠るときに何を身につけていますか?」
        重田眞義
        『ねむり衣の文化誌』 睡眠文化研究所・吉田集而編, 冬青社, pp. 76-98.(高橋直美と共著) 2003, 2003, Peer-reviewed
      • 「見送る人に思いを残して」
        重田眞義
        まほら, No37, 旅の文化研究所: 42-43 2003, 2003, Peer-reviewed
      • 山の現在 山の暮らしと文化 エチオピア高地の定期市 コーヒーの葉とエンセーテを交換する
        重田真義
        科学, 01 Dec. 2002, Peer-reviewed
      • アフリカにおける持続的な集約農業の可能性:エンセーテを基盤とするエチオピア西南部の在来農業
        重田眞義
        『アフリカ農耕民の世界』, 掛谷誠編, 京都大学学術出版会, pp. 163-195., 2002, Peer-reviewed
      • 「村の学校教育とアフリカ農業」
        重田眞義
        世界の農林水産, 754:2-3 2002, 2002, Peer-reviewed
      • 根栽型作物からみたアフリカ農業の特質--バナナとエンセーテの民族植物学的比較 (特集 作物からみたアジア・アフリカ)
        重田 眞義
        アジア・アフリカ地域研究, 2002, Peer-reviewed
      • 21世紀のアフリカ研究 III アフリカ研究と「開発」 研究と実践の実りある関係を求めて
        重田真義
        アフリカ研究, 10 Dec. 2001, Peer-reviewed
      • 「アフリカに学ぶための奨学金とフィールドワーク」
        重田眞義
        KEIDANREN, 49-8:50-51 2001, 2001, Peer-reviewed
      • 「民族植物学的農耕文化研究のすすめ」
        重田眞義
        農文研ブックレット, 農耕文化研究振興会, 15:44-47 1999, 1999, Peer-reviewed
      • 「アフリカ地域研究と砂漠化研究の視点:砂漠化研究分野の研究の総合化・体系化草案によせて」
        重田眞義
        『地球環境研究展望-砂漠化-』地球・人間環境フォーラム, 国立環境研究所地球環境研究グループ, pp. 49-52 1998, 1998, Peer-reviewed
      • 「アフリカ農業研究の視点−アフリカ在来農業科学の解釈を目指して」
        重田眞義
        高村泰樹・重田眞義編『アフリカ農業の諸問題』, 京都大学学術出版会, pp. 261-285 1998, 1998, Peer-reviewed
      • 「多様性の公準」
        重田眞義
        人環フォーラム, 京都大学人間・環境学研究科, 4:39 1998, 1998, Peer-reviewed
      • Ethiopia in Broader Perspective
        K Fukui; E Kurimoto; M Shigeta
        Book Sellers, Vol. 1: 728p. Vol. 2: 815p. Vol. 3: 892p. Co-edited with K. Fukui & E. Kurimoto., 1997, Peer-reviewed
      • Enset Needs Assessment Project Report
        重田眞義
        GTZ Addis Ababa, 14p. (Co-authored with S. Brandt et al.), 1997, Peer-reviewed
      • The Tree against Hunger
        Brandt S; Anita Spring; Clifton Hiebsch; J. Terrence McCabe; Endale Tabogie; Mulugeta Diro; Gizachew Wolde-Michael; Gebre Yntiso; Masayoshi Shigeta; Shiferaw Tesfaye
        American Association for the Advancement of Science, v+56p, 1997, Peer-reviewed
      • 熱帯アフリカ高地における栽培植物と環境利用 エチオピア高地を中心に
        重田真義
        Tropics, Mar. 1996, Peer-reviewed
      • An ethnobotanical study of Ensete lndraces (varieties) in southern Ethiopia
        M Shigeta
        Paper presented at the 95th Annual Meeting of American Anthropological Association, San Francisco, Nov. 19-21, 1996, 1996, Peer-reviewed
      • Wisdom of Ari: Community-based technology in South Omo
        重田眞義
        Nile-Ethiopian Studies News Letter, 3/4: 18-20., 1996, Peer-reviewed
      • Multipurpose utilization of enset among the Ari in southwestern Ethiopia, In Enset-Based Sustainable Agriculture in Ethiopia
        重田眞義
        Institute of Agricultural Research, Addis Ababa, pp. 121-131, eds. Tsedeke A. et al., 1996, Peer-reviewed
      • Ari people and a mysterious crop
        重田眞義
        Ensete; person-plant relationships in southwestern Ethiopia. Nanso, 26:15-17. (In Japanese), 1996, Peer-reviewed
      • 「エチオピア・豊かなモノの世界へ」
        重田眞義
        嗜好別冊ミュージアムブック, 58-65 1996, 1996, Peer-reviewed
      • 「エンセーテ」
        重田眞義
        週間朝日百科,植物の世界, 115: 199. 1996, 1996, Peer-reviewed
      • 「エティオピア:開発援助と文化人類学者の役割」
        重田眞義
        国際協力事業団年報, 国際協力事業団編, 国際協力出版会: 59 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「品種の創出と多様性の維持をめぐるヒト−植物関係」
        重田眞義
        『講座地球に生きる4:自然と人間の共生−遺伝と文化の共進化』福井勝義編, 雄山閣出版, pp. 143-164 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「大地の恵みを飲む-アフリカの雑穀の酒-」
        重田眞義
        『酒造りの民族誌』, 山本紀夫・吉田集而編, 八坂書房, pp. 83-90 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「エンセーテの酒-エチオピア-」
        重田眞義
        『酒造りの民族誌』, 山本紀夫・吉田集而編, 八坂書房, pp. 75-82 1995, 1995, Peer-reviewed
      • Community-based technology in Ari, southwestern Ethiopia: Indigenous resources for entrepreneurial development
        M Shigeta
        Paper presented at the Carter Lecture Series 1995: African Entrepreneurship, University of Florida, Nov. 1-2, 1995, 1995, Peer-reviewed
      • Combining the production of grain and root crops: Ari’s strategy for food security
        M Shigeta
        Paper presented at the 38th annual meeting of African Studies Association, held at Orland, Oct. 3-6, 1995. (Co-authored with Gebre Yntiso), 1995, Peer-reviewed
      • 「古いスカートと人類学者」EXPERT
        重田眞義
        国際協力事業団, 104:8-9 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「アフリカの野菜と果物」
        重田眞義
        週間朝日百科, 植物の世界, 84:17-20 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「エンセーテ-エチオピア西南部」
        重田眞義
        民族博物誌20: 20-21 1995, 1995, Peer-reviewed
      • 「科学者の発見と農民の論理-アフリカ農業のとらえかた-」
        重田眞義
        『文化の地平線』井上忠司・祖田修・福井勝義編, 世界思想社, pp. 455-474 1994, 1994, Peer-reviewed
      • Japanese anthropological research and its application for development planning in southwestern
        M Shigeta
        1994, Peer-reviewed
      • Japanese anthropological research and its application for development planning in southwestern Ethiopia: A case of South Omo
        重田眞義
        In New Trends in Ethiopia Studies, Read Sea Press, pp. 567-573, ed. H. G. Marcus., 1994, Peer-reviewed
      • Towards the international research cooperation on the indigenous African crops
        重田眞義
        Japan Society of Tropical Ecology, Newsletter 13, pp.9-12. (In Japanese), 1994, Peer-reviewed
      • アリ人
        重田眞義
        『世界の民 光と陰(下)』綾部恒雄監修, 信濃毎日新聞社編, 明石書店, pp. 103-112., 1993, Peer-reviewed
      • 「素材が元気なケニアの食事」
        重田眞義
        嗜好, 528:36-41 1993, 1993, Peer-reviewed
      • 「アフリカ在来作物の国際共同研究をめざして:第1回国際エンセーテワークショップ」
        重田眞義
        日本熱帯生態学会ニューズレター, 13:9-12 1993, 1993, Peer-reviewed
      • ヒトとエンセーテの共生的関係
        重田眞義
        季刊民族学59:100-109., 1992, Peer-reviewed
      • 「葉のコーヒー」
        重田眞義
        『木の実の文化誌』松山利夫・山本紀夫編, 朝日選書, pp. 154-156, 1992, Peer-reviewed
      • 「コーラ・ナッツと王国の盛衰」
        重田眞義
        『木の実の文化誌』松山利夫・山本紀夫編, 朝日選書, pp. 152-154 1992, 1992, Peer-reviewed
      • 「妖精がすむバオバブの木」
        重田眞義
        『木の実の文化誌』松山利夫・山本紀夫編, 朝日選書, pp. 149-151 1992, 1992, Peer-reviewed
      • 「アフリカの食生活はどう変わってきたか」
        重田眞義
        『100問100答 世界の歴史2 中東・アフリカ』, 歴史教育者協議会編, 河出書房新社, pp.297-300 1992, 1992, Peer-reviewed
      • 「エチオピア西南部におけるエンセーテの品種保存」
        重田眞義
        『ヒトの自然誌』, 田中二郎・掛谷誠編, 平凡社, pp. 213-231 1991, 1991, Peer-reviewed
      • 「アフリカのヒトと自然−アフリカについて考える」
        重田眞義
        JUA, 大阪外国語大学スワヒリ語研究室, 5号:11-20 1991, 1991, Peer-reviewed
      • Folk In-Situ Conservation of Ensete [Ensete ventricosum (Welw.) E.E. Cheesman]: Toward the Interpretation of Indigenous Agricultural Science of the Ari, Sowthwestern Ethiopia
        SHIGETA; Masayoshi
        African Study Monographs, Feb. 1990, Peer-reviewed
      • 「アフリカの嗜好品−紅茶・コーヒー・チャット」
        重田眞義
        ニューフレーバー, 216:2-7 1990, 1990, Peer-reviewed
      • 「商品作物」
        重田眞義
        『アフリカを知る事典』伊谷純一郎・小田英郎・川田順造・田中二郎・米山俊直監修, 平凡社 p. 208-209 1989, 1989, Peer-reviewed
      • 「エンセーテの話-ヒト-植物関係論ノート-」
        重田眞義
        熱帯農学フォーラム, 第12号, 4-8 1989, 1989, Peer-reviewed
      • ヒト−植物関係の実相:エチオピア西南部オモ系農耕民アリのエンセーテ栽培と利用
        重田 眞義
        季刊人類学, 19巻1号:191-281, 1988, Peer-reviewed
      • 「ヒト-植物関係論の視点」
        重田眞義
        国立民族学博物館共同研究会『農耕と牧畜社会の生活様式の比較民族学的研究-用具論から象徴論まで』, 於国立民族学博物館 1988, 1988, Peer-reviewed
      • 「アフリカの煮食野菜」
        重田眞義
        ニューフレーバー, 198:32-39 1988, 1988, Peer-reviewed
      • 「エチオピアの栽培植物」
        重田眞義
        日本エチオピア協会会報, 24:3-11 1988, 1988, Peer-reviewed
      • ヒト-植物関係の実相--エチオピア西南部オモ系農耕民アリのエンセ-テ栽培と利用〔含 コメント〕
        重田 真義
        季刊人類学, 1988, Peer-reviewed
      • 「エチオピア西南部における栽培エンセーテの変異と民俗的品種保存」
        重田眞義
        育種額雑誌, 37巻別冊2:278-279 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 「職業としての大学生」
        重田眞義
        『アフリカ人間読本』 米山俊直編, 河出書房新社, p. 49 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 「アフリカにアワ・ヒエ・キビはない」
        重田眞義
        『アフリカ人間読本』米山俊直編, 河出書房新社, p. 186 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 「白いトウモロコシ」
        重田眞義
        『アフリカ人間読本』, 米山俊直編, 河出書房新社, pp. 236-239 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 認知・実用・雑草性--南部ス-ダン・アチョリ地域におけるヒト-植物関係
        重田 眞義
        アフリカ研究, 1987, Peer-reviewed
      • 「シコクビエ-アフリカ起源の作物を研究して-」
        重田眞義
        石坂記念財団10年のあゆみ: 80-83 1986, 1986, Peer-reviewed
      • 「ケニアにおけるシコクビエ品種群の変異と分布」
        重田眞義
        育種学雑誌, 35巻別冊2:186-187.(阪本寧男と共著) 1985, 1985, Peer-reviewed
      • 「ひとつぶのモロコシ:南部スーダンアチョリの昔話」
        重田眞義
        昔ばなしの手帖, 5:6-8 1984, 1984, Peer-reviewed
      • 「オガリとプォポ:南部スーダンアチョリの詩(その1)」
        重田眞義
        昔ばなしの手帖, 6:16-17 1984, 1984, Peer-reviewed
      • 「南部スーダン・アチョリの詩(その2)」
        重田眞義
        昔ばなしの手帖, 7:2-4 1984, 1984, Peer-reviewed
      • 「用語解説」(イネ, エンバク, ウチワサボテン, オオムギ, カバ, コーヒー, キャッサバ, ゴマ, ケシ, ゴムコムギ, シコクビエ, サツマイモ, ジャガイモ, サトウキビ, タロイモ, トウガラシ, トマト, トウジンビエ, バナナ, トウモロコシ, パンノキ, ペヨートル, ヤムイモ, モロコシ, 世界の主な食用豆類)
        重田眞義
        『世界の民族と生活12, 中央・東アジア』, ぎょうせい, pp. 143-150(米山俊直・竹井恵美子と共著) 1981, 1981, Peer-reviewed
      • 「アフリカ最後の秘境を訪ねて−スーダン南部」
        重田眞義
        毎日グラフ, 12月16日号, pp. 3-15 (吉田憲司, 栗本英世と共著) 1979, 1979, Peer-reviewed
      • 「日本人のアフリカ観−子供たちと偏見」
        重田眞義
        『ザイール学生訪日の記録:日本−アフリカ第2次学生交流報告書』京都大学アフリカ研究会, pp. 51-52 1979, 1979, Peer-reviewed
      • 「彼らの国歌, われわれの国歌−ラ・ザイロワーズ」
        重田眞義
        『ザイール学生訪日の記録:日本−アフリカ第2次学生交流報告書』京都大学アフリカ研究会, pp. 44-47 1979, 1979, Peer-reviewed
      • Farmers' initiatives on in-situ conservation and domestication of Ensete in southwestern Ethiopia
        M Shigeta
        コロキアム, Peer-reviewed

      Misc.

      • Changes and Continuities in Gender Power Relations in Arii Oromo Society: Emphasis on Women’s Rights to Property and Participation in Local Markets.
        Mamo Hebo Wabe; Masayoshi Shigeta
        pp.21-38, In Continuity and Change in Africa: Views from Within and Without. The Second IAS Humanities Korea(HK) International Conference. 2013., 2013, Peer-reviewed
      • African Studies in Kyoto: From Primatology to Area Studies. African Studies and “Development” in Japan: In Search of a Fruitful Relationship between Research and Practice.
        M Shigeta
        at the first IAS Humanities Korea International Conference “Africa in Asia & Asia in Africa. Asian Experiences and perspectives in African Studies” in Institute of African Studies(IAS), Hankuk University of Foreign Studies, Korea. (pp.25-41) 27 April 2012, 2012, Peer-reviewed
      • 第7回「Emerging Approaches to Understanding Gender-based Knowledge and Techniques in Africa」
        重田眞義
        企画・運営, 2012年2月24日 \n2010年度国際共同研究「アフリカ研究はアフリカの危機にどう対処するか」, 2012, Peer-reviewed
      • 「エチオピアのコーヒーをたのしむ」の企画・運営
        重田眞義
        日本ナイル・エチオピア学会第21回学術大会公開シンポジウム, 2012, Peer-reviewed
      • 「実践的地域研究のためのアフリカ在来知」
        重田眞義
        第177回京都大学アフリカ地域研究会, 京都大学稲盛財団記念館中会議室, 2011年2月17日, 2011, Peer-reviewed
      • 第3回「Problems of Seed, or Seeds of problem in African Agro-biodiversity」
        重田眞義
        企画・運営 2010年10月26日 2010年度国際共同研究「アフリカ研究はアフリカの危機にどう対処するか」, 26 Oct. 2010, Peer-reviewed
      • 第4回「Identity on the Move / Pastoralism under Stress; Research on the group formation and livelihood change in Northeastern Africa.」
        重田眞義
        企画・運営 2010年10月18日 2010年度国際共同研究「アフリカ研究はアフリカの危機にどう対処するか」, 18 Oct. 2010, Peer-reviewed
      • 第5回「コンゴにおける紛争鉱物アプローチの可能性と課題」
        重田眞義
        発表:高美穂、の共催 2010年11月2日 2010年度国際共同研究「アフリカ研究はアフリカの危機にどう対処するか」, 2010, Peer-reviewed
      • African studies and ‘development’ in Japan: Seeking substantial relationships between research and practice
        M Shigeta
        International Conference, Reframing Development: Post-Development, Globalization, and The Human Condition. Osaka University Global COE Program “A Research Base for Conflict Studies in the Humanities”, Osaka University Global Collaboration Center (GLOCOL),, 2009, Peer-reviewed
      • 「エンセーテ・プロジェクトのめざすもの−エチオピア固有の作物エンセーテを活用した持続的農村開発 (1)」
        重田眞義
        日本ナイル・エチオピア学会第18回学術大会, 於総合地球環境学研究所, 2009年4月26日.(金子守恵, 西真如と共著), 2009, Peer-reviewed
      • 「アフリカ在来知とその射程—在来知とポジティブな実践(1)」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第46回学術大会, 於東京農業大学, 2009年5月23-24日.(ポスター発表), 2009, Peer-reviewed
      • Formation of African local knowledge and positive practice: An area studies approach
        M Shigeta
        Introductory remarks:International Workshop: Local Knowledge and its Positive Practice, Addis Ababa, Ethiopia, February 14-15, 2008., 2008, Peer-reviewed
      • Folk in-situ conservation and food security: Indigenous development in enset areas in South Omo, Ethiopia
        M Shigeta
        Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies, [Satellite Workshop 8] The Making of Banana and Enset Areas in Asia and Africa: Comparative Studies of Livelihood Systems Based on the Banana-family Crops, Kyoto University,, 2008, Peer-reviewed
      • Local knowledge for positive practice: How enset (Ensete ventricosum; Musaceae) farmer's varieties are conserved in Ethiopia? In Search of Sustainable Humanosphere in Asia and Africa
        M Shigeta
        The First International Workshop of Global COE Program. Kyodaikaikann Room101, Kyoto, Mar.12-14, 2008, 2008, Peer-reviewed
      • 「不思議な植物エンセーテ:アフリカでのフィールドワークを通じてかんがえてきたこと」
        重田眞義
        【第46回京大サロントーク】 於京都大学時計台百周年記念館1階サロン 2008.12.9., 2008, Peer-reviewed
      • エチオピアにおける薬用作物-「高収益」作物の現状と可能性-
        重田眞義
        2008.3.4.講演,JAICAF(社団法人 国際農林業協働協会)アフリカ開発セミナー:アフリカの飢餓撲滅と農業農村振興, 於JICA広尾センター(地球ひろば)講堂, 2008, Peer-reviewed
      • 「アフリカ研究における当事者意識の問題点」公開シンポジウムII (日本のアフリカ研究とアフリカの発展)
        重田眞義
        日本アフリカ学会第45回学術大会, 於龍谷大学, 2008年5月23日-24日. (161) 2008.「エチオピアの薬用植物(高収益作物の現状と可能性)」アフリカ開発セミナー:アフリカの飢餓撲滅と農業農村振興, JICA地球ひろば, 2008年3月4日, 2008, Peer-reviewed
      • もうひとりの「自分」を連れて行く旅:エチオピアでのフィールドワークから学んだこと
        重田眞義
        2007.11.24. パネリスト, 公開シンポジウム:開発援助を考える 於京都国際交流会館イベントホール.(ウオプル・クロニクル2007報告書 pp. 58, 69-100に収録), 2007, Peer-reviewed
      • Aiming for COE Integrated Area Studies
        M Shigeta
        Opening speech, International Workshop in Ethiopia: Positive Relationships between Culture and Development in East Africa, Addis Ababa and Arba Minch, Ethiopia, Feb. 4-5, 2006, 2006, Peer-reviewed
      • Ethnobotanical comparison of banana and enset use in Africa
        重田眞義
        In Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciprinary Boundaries and Re-visioning Area Studies. Nakanishi Printings Co. Ltd., pp. 405-411. ( Co-authored with SATO Yasuaki), 2006, Peer-reviewed
      • “Ethnobotanical comparison of banana and enset agricultural practices in Africa”
        M. Shigeta
        [Poster presentation]Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies, Kyoto University, Kyoto, Japan, Nov. 9-13, 2006. ( Co-authored with SATO Yasuaki), 2006, Peer-reviewed
      • 「アフリカ型生業システムの持続性:エチオピア高地のエンセーテを基盤とする食糧安全保障をめぐって」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第43回学術大会, 於大阪大学, 2006年5月27-28日, 2006, Peer-reviewed
      • 「作物品種に関わる民俗知識の多様性とその成立機序」
        重田眞義
        『分科会(代表者:重田眞義)民俗知識の諸相:アジア・アフリカ地域における民族生物学研究の展開』日本文化人類学会第40回研究大会, 於東京大学, 2006年6月4-5日, 2006, Peer-reviewed
      • How Japanese switch their sleep setting and attitude from waking to sleeping: Analysis of sleep habits in contemporary Japan
        M Shigeta
        11th International Conference of European Association for Japanese Studies, University of Vienna, Austria, Aug. 31-Sep. 3, 2005 (Co-authored with KAJI Megumi and TOYODA Yukio)., 2005, Peer-reviewed
      • 「エチオピアの教育制度改革と地域社会の対応:南オモにおけるNPO法人アジアとアフリカをつなぐ会(AAJE)の活動から」
        重田眞義
        日本ナイル・エチオピア学会第14回学術大会, 於長野県千曲市ちくま創造館, 2005年4月16-17日(西真如, 金子守恵, 鈴木郁乃, ゲブレ・インティソとの共著), 2005, Peer-reviewed
      • 「報告1:睡眠文化研究の視座(分科会:人間はどのようにして眠ってきたか−睡眠への文化人類学的接近)」
        重田眞義
        日本文化人類学会第39回研究大会, 於北海道大学, 2005年5月21-22日, 2005, Peer-reviewed
      • 「アフリカ型生業システムの持続性:エチオピア高地における18年間の定期市観察から」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第42回学術大会, 於東京外国語大学, 2005年5月28-29日, 2005, Peer-reviewed
      • 「アフリカにおける栽培植物の民俗的品種保存」
        重田眞義
        平成15年度木原生物学研究所セミナー「植物遺伝資源」, 於横浜市立大学木原生物学研究所, 2004年3月12日, 2004, Peer-reviewed
      • Indigenous resources for endogenous development: an appraisal of potentialities in Ethiopia’s diversity
        重田眞義
        15th International Conference of Ethiopian Studies, Hamburg University, Germany, July 20-25, 2003, 2003, Peer-reviewed
      • 「現代エチオピア女性のひとり旅:エチオピア正教会への巡礼の事例から」
        重田眞義
        (森下敬子, 金子守恵, ゲブレ・インティソと共著)日本ナイル・エチオピア学会第12回学術大会, 於土佐市民会館・伊野簡易保険センター, 2003年4月19-20日, 2003, Peer-reviewed
      • 「村に学校ができるとき:教育をめぐるゲブレ親子のライフヒストリーを中心に」
        重田眞義
        (ゲブレ・インティソ, インティソ・デコ, 金子守恵と共著), 日本アフリカ学会第40回学術大会, 於島根大学.2003年5月31日, 6月1日, 2003, Peer-reviewed
      • 「(研究課題)エチオピア女性のひとり旅:巡礼の非宗教的意義」
        重田眞義
        旅の文化研究所財団第9回公募研究プロジェクト, 2002, Peer-reviewed
      • 「学校に行きたい子供といかせたくない親:エチオピア西南部アリ地域における公的教育と生業の関係」
        重田眞義
        (ゲブレ・インティソと共著)日本アフリカ学会第39回学術大会, 於東北大学, 2002年5月25-26日, 2002, Peer-reviewed
      • 「土器づくりにみる在来論理:エチオピア西南部オモ系農耕民アリの土器づくり(1)」
        重田眞義
        (金子守恵, 木村隆と共著), 日本ナイル・エチオピア学会第8回学術大会, 於長崎大学.1999年7月3-4日, 1999, Peer-reviewed
      • Indigenous utilization and conservation of Ensete
        M Shigeta
        Paper presented at the Workshop “Overview of ensete in the Food Security of the Horn”, held at Sub-Saharan Africa Program, AAAS, Washington, April 17, 1997., 1997, Peer-reviewed
      • Origin of the diversity of Ensete landraces in Southwestern Ethiopia
        M Shigeta
        Paper presented at the First International Workshop on Enset, Addis Ababa, Ethiopia, Dec. 13-20, 1993, 1993, Peer-reviewed
      • Comparative ethnobotany of Musa ryukyuensis of Okinawa, Japan and Ensete ventricosum in Ethiopia: Preliminary report and research proposal
        M Shigeta
        Paper presented at the First International Workshop on Enset, Addis Ababa, Ethiopia, Dec. 13-20, 1993, 1993, Peer-reviewed
      • 「換金作物としての在来作物:変化に対するアリ農民の意思決定」
        重田眞義
        (ゲブレ・インティソと共著), 第2回日本ナイル・エチオピア学会, 於愛知学院大学, 1993年4月, 1993, Peer-reviewed
      • Culture and ecology of the Ari-ensete relationships: Folk classification and conservation of ensete
        M Shigeta
        Paper presented at the planning session for “An International Workshop on enset.” Florida, Oct 23-25, 1992., 1992, Peer-reviewed
      • Creating landrace diversity: The case of the Ari people and ensete (Ensete ventricosum) in Ethiopia
        M Shigeta
        Paper presented at the MOA international symposium 1992, “Beyond Nature and Culture: Cognition, Ecology and Domestication, ” Kyoto and Atami, Mar. 16-24, 1992., 1992, Peer-reviewed
      • Diversity of food among the Ari, ensete cultivators
        M Shigeta
        Poster presentation, UNESCO International Symposium, Food and Nutrition in the Tropical Forest: Biocultural Interactions and Application to Development, Paris, Sep. 10-13, 1991. (Abstract, p.70), 1991, Peer-reviewed
      • 「近代農学とアフリカ在来農業科学の接点:科学者の発見と農民の知識をめぐる4つのエピソード」
        重田眞義
        『21世紀への生存戦略−アフリカからの問題提起』日本アフリカ学会第28回学術大会公開シンポジウム, 於国立民族学博物館 1991, 1991, Peer-reviewed
      • Two Cultural Complexes Associated with the Folk Classification of Cultivated Plants : Omotic Ari Southwestern Ethiopia
        重田 眞義
        Institute of Ethiopian Studies, Addis Ababa Univ.,, 1991, Peer-reviewed
      • 「栽培植物の民俗分類に対応した2つの文化的複合:エチオピア西南部オモ系農耕民アリ」
        重田眞義
        日本民族学会第25回研究大会, 於中部大学国際関係学部 1988, 1988, Peer-reviewed
      • 「アフリカの栽培植物について」
        重田眞義
        第4回アフリカセンター公開シンポジウム『アフリカ農業の問題点』, 於京大会館 1988, 1988, Peer-reviewed
      • 「Ari地域における食事と調理の多様性-エチオピア西南部ゲム・ゴファ州メツァ小学校学童による食事記録の分析から」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第25回学術大会, 於長崎大学熱帯医学研究所 1988, 1988, Peer-reviewed
      • 「ヒト−植物関係の実相:エチオピア西南部オモ系農耕民アリのエンセーテバナナ栽培」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第24回学術大会, 於京都大学アフリカ地域研究センター 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 「コーヒーの葉v.s. エンセーテ:エチオピア西南部オモ系農耕民アリの物々交換市」
        重田眞義
        第41回日本民族学会人類学会連合大会, 京都大学教養部 1987, 1987, Peer-reviewed
      • 「認知・実用・雑草性−南部スーダン・アチョリ地域に於けるヒトー植物関係」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第23回学術大会, 於信州大学理学部 1986, 1986, Peer-reviewed
      • 「ケニアにおけるシコクビエ品種群の形成とその民族植物学的考察」
        重田眞義
        日本アフリカ学会第22回学術大会, 於東京外国語大学アジア・アフリカ研究所.(阪本寧男と共著) 1985, 1985, Peer-reviewed

      Books and Other Publications

      • 「アフリカの眠り」
        重田眞義, Single work
        『まほら』 75:20-21 旅の文化研究所 2013, 2013, Not refereed
      • 「在来農業」
        重田眞義, Joint editor
        『アフリカ社会を学ぶ人のために』 松田素二編、世界思想社 2013 (印刷中), 2013, Not refereed
      • 「エチオピアの赤いトウガラシ」
        重田眞義, Single work
        山本紀夫編 『トウガラシ賛歌』八坂書房,pp.113-124 2010, 2010, Not refereed
      • 「エンセーテの葉の利用—がざす・つつむ・しく・まとう」
        重田眞義, Single work
        ビオストーリ-, 12:15 2009, 2009, Not refereed
      • 「エチオピアのコーヒータイム」
        重田眞義, Joint work
        まほら, No.59: 18-19. 旅の文化研究所 2009, 2009, Not refereed
      • 睡眠文化を学ぶ人のために
        高田 公理; 高田 公理; 重田 眞義; 堀 忠雄
        世界思想社, 20 Apr. 2008, Not refereed
      • 「第38章 独自の作物と生態環境への適応」
        重田眞義, Joint work
        岡倉登志編 『エチオピアを知るための50章』 明石書店, pp. 268-275 2007, 2007, Not refereed
      • 「第5章 食文化:テフとエンセーテ」
        重田眞義, Joint work
        岡倉登志編『エチオピアを知るための50章』明石書店, pp. 36-42. (金子守恵と共著) 2007, 2007, Not refereed
      • 「書評:『アフリカ農業の諸問題』」
        重田眞義, Single work
        『文化人類学文献事典』編集委員:小松和彦・田中雅一・谷泰・原毅彦・渡辺公三, 弘文堂:493 2004, 2004, Not refereed
      • エチオピア高地の定期市-コーヒーの葉とエンセーテを交換する、梅棹忠夫+山本紀夫編「山の現在」
        重田 眞義
        岩波書店,197-206, 2004, Not refereed
      • 嗜好品とともにすぎゆくエチオピア高地の一日、高田公理・栗田靖之・CDI編「嗜好品の文化人類学」
        重田 眞義
        講談社選書メチエ,116-125, 2004, Not refereed
      • 日本のねむり衣の歴史
        重田眞義; 鍛冶恵, Joint work
        『ねむり衣の文化誌』睡眠文化研究所・吉田集而編, 冬青社, pp. 35-57, 2003, Not refereed
      • 「エンセーテ」
        重田眞義, Single work
        『世界民族博物誌』, 月刊みんぱく編集部編, 八坂書房: 99-101 2003, 2003, Not refereed
      • 雑穀のエスノボタニー:アフリカ起源の雑穀と多様性を創り出す農耕文化、山口裕文・河瀬真琴編「雑穀の自然史」
        重田 眞義
        北海道大学図書刊行会,206-224, 2003, Not refereed
      • アフリカにおける持続的な集約農業の可能性:エンセーテを基盤とするエチオピア西南部の在来農業、掛谷誠編「アフリカ農耕民の世界」
        重田 眞義
        京都大学学術出版会,163-195, 2002, Not refereed
      • 「動物の眠り:ディスカッション」
        重田眞義, Contributor
        『眠りの文化論』吉田集而編, 平凡社, pp. 28-42 2001, 2001, Not refereed
      • 「酒場の印-雑穀ビールを楽しむエチオピアの人々」
        重田眞義, Single work
        『アベセデス・マトリクス』米山俊直・吉田集而編, 平凡社 2000, 2000, Not refereed
      • アフリカ農業の諸問題
        重田 眞義
        京都大学学術出版会, 1998, Not refereed
      • "THE TREE AGEINST HUNGER"Enset Based Agricultural Systems in Ethiopia
        重田 眞義
        American Association For The Advancement of Science,, 1998, Not refereed
      • アフリカ農業研究の視点-アフリカ在来農業の解釈を目指して
        重田 眞義
        アフリカ農業の諸問題,/,261-285, 1998, Not refereed
      • 「酒の民族誌:大地の恵みを飲む-アフリカの酒つくり」
        重田眞義, Single work
        月刊みんぱく, 国立民族学博物館友の会ニュース, 115号付録 1997, 1997, Not refereed
      • Essence of indigenous sustainability and diversity : Ensete system
        重田 眞義
        Ethiopia in Broader Perspective,3/,883-892, 1997, Not refereed
      • Ethiopia in Broader Perspective
        重田 眞義
        Shokado Books Co. Ltd.,3, 1997, Not refereed
      • Creating Landrace Diversity : The Case of the Ari People and Ensete (┣DBEnsete(/)-┫DB ┣DBventricosum(/)-┫DB) in Ethopia
        重田 眞義
        Redefining Nature - Ecology, Culture and Domestication,/,233-268, 1996, Not refereed
      • 品種の多様性を創る:エチオピアにおけるアリ人とエンセーテの場合。
        重田 眞義
        自然を再定義する-生態、文化、ドメスティケーション,/,233-268, 1996, Not refereed
      • 「エンセーテ-エチオピア西南部」
        重田眞義, Single work
        月刊みんぱく12月号 1995, 1995, Not refereed
      • Creation of Crop Varieties and the Maintenance of Diversity through Person-plant Relationships
        重田 眞義
        ,, 1995, Not refereed
      • 品種の創出と多様性の維持をめぐるヒト-植物関係
        重田 眞義
        「地球に生きる」福井勝義(編) 雄山閣,, 1995, Not refereed
      • 科学者の発見と農民の論理 -アフリカ農業のとらえ方
        重田 眞義
        世界思想社 井上・福井・祖田編「文化の地平線-人類学からの挑戦」,457-476, 1994, Not refereed
      • 「農業技術の起源・発達・伝播」
        重田眞義, Single translation
        R.ポルテール・J.バロー著, 『ユネスコ・アフリカの歴史, 第4巻下(19章)』宮本正興日本語版責任編集, 同朋社, pp. 1026−1052 (57) 1992, 1992, Not refereed
      • 「海岸地方と大湖地方の間」
        重田眞義, Joint translation
        C.エーレト著, 『ユネスコ・アフリカの歴史, 第4巻下(19章)』 宮本正興日本語版責任編集, 同朋社, pp. 698-722 1992, 1992, Not refereed
      • エチオピア西南部におけるエンセ-テの品種保存
        重田 眞義
        「ヒトの自然誌」田中二郎・掛谷(編) 平凡社,, 1991, Not refereed
      • Conservation of Ensete Folk Landraces in Southwestern Ethiopia
        重田 眞義
        ,, 1991, Not refereed
      • 「火炎樹」
        重田眞義, Contributor
        『アフリカを知る事典』伊谷純一郎・小田英郎・川田順造・田中二郎・米山俊直監修, 平凡社 1989 p. 79, 1989, Not refereed
      • 「AFLORAデータベース」
        重田眞義, Single translation
        採集者レコード番号LEG0001-LEG0319.「レガ語による植物名一覧」の英訳 1988, 1988, Not refereed
      • 「書評:『自然社会の人類学−アフリカに生きる』(伊谷純一郎・田中二郎編著)」
        重田眞義, Single work
        季刊人類学, 17-3:254-261 1986, 1986, Not refereed
      • 「項目解説」(モロコシ, トウジンビエ, シコクビエ, テフ, アフリカイネ, フォニオ, トウモロコシ, サツマイモ, キャッサバ, ヤムイモ, タロイモ, エンセーテ・バナナ, バナナ, プランティンバナナ, ササゲ, ゲオカルパマメ, バンバラマメ, フジマメ, キマメ, ヒヨコマメ, タマリンド, バオバブ)
        重田眞義, Contributor
        『アフリカハンドブック』, 米山俊直・伊谷純一郎編, 講談社, pp. 425-432 1983, 1983, Not refereed
      • 『レガ語による植物名一覧-民族植物学的記録-』
        重田眞義, Single translation
        Ndunbo Kilundu著, 京都大学教養部社会学研究室・京都大学アフリカ学術調査, 69p 1980, 1980, Not refereed
      • 「コラム7:女たちの巡礼」
        重田眞義, Joint work
        岡倉登志編『エチオピアを知るための50章』 明石書店, pp. 136-139, Not refereed
      • アリ人
        重田 眞義
        明石書店「世界の民・光と影(下)(下巻103-112頁),, Not refereed

      Works

      • アフリカ型生業システムの環境保全に関する調査
        From 2004
      • エチオピア西南部における持続的生業システムに関する調査
        From 1991, To 1999
      • Research on the sustainable livelihood system in souther western Ethiopia
        From 1991, To 1999
      • タンザニアにおける地域開発センターへの研究協力
        From 1999
      • Research cooperation for the establishment of rural development Center in Tanzania
        From 1999
      • エチオピア西南部アリ地域における民族植物学的フィ-ルド・ワ-ク
        From 1986, To 1987
      • Ethno-botanical field research in Ari area, southwestern Ethiopia.
        From 1986, To 1987
      • ケニアにおけるシコクビエ地方品種の遺伝的変異に関する調査
        From 1981, To 1983
      • Study on the genetic variation of finger millet landraces in Kenya
        From 1981, To 1983
      • ス-ダン南部アチョリ地域における民族植物学的調査
        From 1979
      • Ethno-botanical field research in Acholi area, southern Sudan.
        From 1979

      External funds: Kakenhi

      • Anthropological study on the acquisition of skills, improving proficiency and sharing of tacit knowledge
        Grant-in-Aid for Transformative Research Areas (A)
        Transformative Research Areas, Section (I)
        Kyoto University
        金子 守恵
        From 19 Nov. 2020, To 31 Mar. 2025, Granted
        技能;身体技法;習熟;文化的発達;多元的な生涯観
      • Formation of the concept on waste and transformation of materiality in Africa
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Basic Section 80010:Area studies-related
        Kyoto University
        金子 守恵
        From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2023, Granted
        廃棄物;アフリカ;マテリアリティ;用不用;ゴミ;都市と農村;エチオピア;ニジェール;循環;在来と外来;消費財;耐久財;在来耐久財;外来耐久財
      • 眠りの進化論:霊長類における睡眠文化行動の比較研究
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        重田 眞義
        From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2021, Granted
        チンパンジー;夜間睡眠;昼間睡眠;寝相;睡眠時間;ヒト;タンザニア;睡眠場所;サーモグラフィー;モーションキャプチャー;脳波;新型ベッド;睡眠行動;休息場所;アカコロブス;温度環境;睡眠文化;霊長類;進化;睡眠環境
      • "African Potential" and overcoming the difficulties of modern world: Comprehensive area studies that will provide a new perspective for the future of humanity
        Grant-in-Aid for Scientific Research (S)
        Kyoto University
        松田 素二
        From 31 May 2016, To 31 Mar. 2021, Granted
        アフリカ潜在力;紛争解決;環境保全;社会的平等;市民性;コンヴィヴィアリティ;ローカルノレッジ;アフリカ;潜在力;開発;環境;紛争
      • エチオピア農業の未来可能性ー在来作物テフとエンセーテの農生態・栄養・社会文化研究
        Grant-in-Aid for JSPS Fellows
        Kyoto University
        From 25 Apr. 2014, To 31 Mar. 2016, Project Closed
        エチオピア;持続的農業生産;テフ;エンセーテ;栄養分析;品種間差異;食事調査;農民組織
      • Investigating mechanisms of toy therapy: From the viewpoint of biological rhythms.
        Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
        Hiroshima University
        tadao HORI
        From 28 Apr. 2011, To 31 Mar. 2014, Project Closed
        玩具療法;睡眠覚醒リズム;高齢者;QOL
      • Comparative Studies on Environmental Exploitation in Tropical Highlands
        Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
        National Museum of Ethnology
        Norio Yamamoto
        From 01 Apr. 2011, To 31 Mar. 2016, Project Closed
        熱帯高地;環境開発;ドメスティケーション;高地文明;地域間比較
      • Engaged Area Studies in the Arena of African Local-Knowledge Formation and Sharing: Seeking for the new images of community
        Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
        Kyoto University
        MASAYOSHI SHIGETA
        From 01 Apr. 2011, To 31 Mar. 2016, Project Closed
        在来知;コミュニティ;実践的地域研究;エチオピア;生業実践;地域資源;文化の創造;在来技術;アフリカ在来知;環境;教育;創造;共生;文化;生業環境;共生教育;文化創造;国際研究者交流;コミュニティー;保健;生業;健康
      • Healthcare design for the elderly based on community support: International comparative study
        Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
        Kyoto University
        Kozo MATSUBAYASHI
        From 01 Apr. 2011, To 31 Mar. 2015, Project Closed
        地域在住高齢者;老年医学的総合機能評価;本邦;アジア;認知症;生活機能障害;抑うつ;Quality of Death;老年医学的機能評価;糖尿病;看取り;地域高齢者;肥満;高血圧;QOL;ヘルスケアデザイン
      • Comprehensive Area Studies on Coexistence and Conflict Resolution Realizing the African Potentials
        Grant-in-Aid for Scientific Research (S)
        Kyoto University
        Itaru Ohta
        From 31 May 2011, To 31 Mar. 2016, Project Closed
        アフリカ;紛争と共生;ローカルな潜在力;和解と社会的修復;在来の知識や制度;国際社会;地域研究;国際研究者交流;在来の制度や知識;社会関係の修復;法秩序;外来要素と接合
      • Studies on the diversity of sleep culture in Asia and Africa
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        Masayoshi SHIGETA
        Project Closed
        アジア;アフリカ;睡眠文化;相互浸透;睡眠科学;比較文化;睡眠文化要素
      • Formation of African Local Knowledge and their Positive Practice : Area Studies Aproach
        Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
        Kyoto University
        Masayoshi SHIGETA
        Project Closed
        Local Knowledge;生業知;関係知;思惟知;エチオピア;ポジティブな実践;在来型保全;在来組織;local knowledge;ものつくり;在来生業;アフリカ哲学;生物多様性
      • A Comparative Study of Agriculture as Culture and the Conservation of Natural Resources in Local Communities
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Suehara SUEHARA
        Project Closed
        文化としての農業;生物資源;文化資源;在来品種;経済原理;比較研究;都市と農村;文明としての食料生産;地域社会;品種の多様性;伝統野菜;生物資源の存続;ジーンバンク;地域社会の再生;技術的保存;文化的保存;沖縄;ヨーロッパ;アオバナ
      • アジア・アフリカ地域における睡眠文化研究の可能性
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        重田 眞義
        Project Closed
        睡眠;睡眠文化;睡眠行動;アジア・アフリカ地域;通文化的比較
      • Comparative studies on Ensete livelihood systems in southwestern Ethiopia: Area studies approach
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Masayoshi SHIGETA
        Project Closed
        アフリカ;生業システム;環境保全機能;地域研究;エチオピア;エンセーテ;ELS;持続的;持続性;在来知識;ウガンダ;農業生態学;バナナ;民族植物学;ジェンダー, Africa;Livelihood System;Environmental conservation;Area Studies;Ethiopia;Enset;ELS;Sustainability
      • A Comparative Study of the Methodology and Practice of Agricultural Science as a Field Science : From the "Agriculture-as-Culture" Perspective
        Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
        Kyoto University
        Tatsuro SUEHARA
        Project Closed
        フィールドワーク;農学;文化;小さな社会;地域農業;日本農業;フランス;モラルエコノミー;フィールドサイエンス;比較農学研究;都市農業;結い;モラル・エコノミー;ソーシャル・キャピタル;食育;地域おこし;社会農業構造(SAS);動態的研究;EU;コミュニティ・レベル;日本の農村;平成の市町村合併;都市と農村;農業教育;空間論;耕畜連携農業;地域エネルギー;オルタナティブ・トレード;持続可能性, fieldwork;agricultural science;culture;little community;local agriculture;Japanese agriculture;France;moral economy
      • The Role of Anthropological Research for the Development Project in Africa
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        KYOTO UNIVERSITY
        Masayoshi SHIGETA
        Project Closed
        開発援助;人類学;アフリカ;内発的発展;エチオピア;ケニア;農耕民;牧畜民;アフリカ地域;在来知識;農耕民・牧畜民;移住再定住化計画;野生動植物資源保護;農業・牧畜;再定住化計画;アリ;トゥルカナ, Development project;Anthropology;Africa;Indigenous development;Ethiopia;Kenya;Agricultural people;Pastoral people
      • 地域生態史の比較研究
        Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas
        Kyoto University
        市川 光雄
        Project Closed
        比較生態史;自然と人為;衛星画像;地上観察;半砂漠;サバンナ;ミオンボ疎開林;熱帯雨林
      • Intensification of indigenous agriculture in Africa
        Grant-in-Aid for international Scientific Research
        KYOTO UNIVERSITY
        Makoto KAKEYA
        Project Closed
        アフリカ;在来農業;集約化;焼畑耕作;ピット耕作;チテメネ耕作;民俗知識;根裁型農業;チテネメ耕作;エンセーテ;バナナ;階段耕作;段階耕作, Africa;Indigenous agriculture;Intensification;slash-and-burn agriculture;pit-cultivation;citemene;folk-knowledge;root-crop agriculture
      • 地域生態史の比較研究
        Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas
        Kyoto University
        市川 光雄
        Project Closed
        比較生態史;自然と人為;衛星画像;半砂漠;サバンナ;疎開林;ミオンボ;熱帯雨林
      • Studies on the Acquisition and Inheritance of Culture
        Grant-in-Aid for international Scientific Research
        Kyoto University
        Katsuyoshi FUKUI
        Project Closed
        北東アフリカ;エチオピア;知識体系;伝統;近代化;学校;教育;継承;伝統的;スーダン;文化の習得と継承;教育と近代化;子供の社会化;アイデンティティ, Northeast Africa;Ethiopia;knowledge system;tradition;modernization;school;education;inheritance
      • ANTHROPOLOGICAL STUDIES OF DOMESTICATION : SYMBIOTIC RELATIONSHIPS BETWEEN PERSONS AND LIVESTOCK/CROP
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        KYOTO UNIVERSITY
        Makoto KAKEYA
        Project Closed
        ドメスティケーション;家畜;栽培植物;相利的共生関係;牛群;リュウキュウイトバショウ;半栽培;人為的関与, domestication;livestock;crop;symbiotic relationship;cattle herd;Japanese Musa;semi-domestication;human intervention
      • 「プロセス」としてのドメスティケーションの人類学的研究:人間と家畜・栽培植物の関係を相互的な共生関係として把握する視点の確立をめざして
        Grant-in-Aid for General Scientific Research (C)
        Kyoto University
        掛谷 誠
        Project Closed
        ドメスティケーション;栽培・家畜化;半栽培有用植物;アフリカ;南西諸島;共生的関係
      • アフリカ地域研究の手法
        Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas
        Kyoto University
        田中 二郎
        Project Closed
        アフリカ;地域研究;コンフィギュレーション;農耕民;牧畜民;狩猟採集民;都市民;地域性
      • Database of Plant and Animal Uses and Sustainable Use of Natural Resources in Tropical Africa
        Grant-in-Aid for General Scientific Research (B)
        KYOTO UNIVERSITY
        Jiro TANAKA
        Project Closed
        アフリカ;自然保護;民族植物学;持続的利用;植物利用;分化保全;データベース;民族動物学;動物利用;デ-タベ-ス, Africa;Ethnobotany;Plant use;Nature conservation;Culture preservation;Sustainable use;Database
      • Anthropological Study on the Subsistance Pastoralism and Local Commercial Network in Northern Area of East Africa
        Grant-in-Aid for international Scientific Research
        University of Tsukuba
        Shun SATO
        Project Closed
        商業牧畜;ソマロイド系諸民族;生業牧畜;地域商業網;ラクダのキャラバン;家畜の取引;地域商業史;イスラム教;仲介商業網;水場管理組織;オロモ系諸民族;ソマリ系諸民族;民族間関係;水場管理組識;井戸町;地域経済史, Commercial Pastoralism;Somaroid Peoples;Subsitance Pastoralism;Network of Local Commercialism;Camel Caravan;Islam;Livestock Transactions;History of Local Commercialism
      • Comparative Studies on the Systems of Subsistence Economy in North-East Africa : Folk Models and its Application
        Grant-in-Aid for international Scientific Research
        National Museum of Ethnology
        Katsuyoshi FUKUI
        Project Closed
        生業システム;多様化戦略;民族間関係;民俗モデル;土着的科学, Subsistence System;Multiplication Strategy;Inter-ethnic relationship;Folk Model;Indigenous Science
      • A Study of Plant and Animal Utilization in the Tropical Africa and Making of a Data-Base.
        Grant-in-Aid for General Scientific Research (A)
        Kyoto University
        Jiro TANAKA
        Project Closed
        アフリカ;民族植物学;民族動物学;植物認知;植物利用;動物認知;動物利用;デ-タベ-ス;データ・ベース;データベース, Africa;Ethnobotany;Ethnozoology;Nomenclature;Plant Utilization;Animal Utilization;Data-base

      External funds: others

      • Person-Plant Synbiotic relationships in Africa
      • Indigenous Knowledge and technology of useful plant utilization in S. W. Ethiopia
      • Development and Utilization of Ensete in Ethiopia
      • 「(研究課題)アフリカ人は何を食べてきたか」
        味の素食の文化センター食文化研究助成
        From 1991, To 1992
      • 「(研究課題)エチオピア固有の作物エンセーテを活用した持続的農村開発」
        三井物産環境基金
        From 2008, To 2011
      list
        Last Updated :2022/05/13

        Education

        Teaching subject(s)

        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          生態史論Ⅰ
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          Introduction to the Study on People-Plant relationships in
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          Introduction to the Study on People-Plant relationships in
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          Seminar on African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2012, To Mar. 2013
          Introduction to the Study on People-Plant relationships in Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2012, To Mar. 2013
          Seminar on African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2012, To Mar. 2013
          Socio-Ecological History I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2012, To Mar. 2013
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Socio-Ecological History I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Historical Ecology I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Historical Ecology II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Historical Ecology III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Historical Ecology IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Training on Research Presentation I
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Training on Research Presentation II
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Seminar on African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Introduction to the Study on People-Plant relationships in Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Socio-Ecological History I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Historical Ecology I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Historical Ecology II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Historical Ecology III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Historical Ecology IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Training on Research Presentation I
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Training on Research Presentation II
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Student-Initiated International Joint Research
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Seminar on African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Introduction to the Study on People-Plant relationships in Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Historical Ecology III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Historical Ecology II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Historical Ecology IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Historical Ecology I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Seminar on African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Training on Research Presentation II
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Training on Research Presentation I
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Student-Initiated International Joint Research
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          ILAS Seminar
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Historical Ecology III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Historical Ecology II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Historical Ecology IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Historical Ecology I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Socio-Ecological History I
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Training on Research Presentation II
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Training on Research Presentation I
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Student-Initiated International Joint Research
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          ILAS Seminar
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Historical Ecology III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Historical Ecology II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Historical Ecology IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Historical Ecology I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Introduction to Area Studies: Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Socio-Ecological History I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Training on Research Presentation II
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Training on Research Presentation I
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Student-Initiated International Joint Research
          Year-long, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          ILAS Seminar
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Local Knowledge and Endogenous Development
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Local Knowledge and Endogenous Development
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Introduction to Area Studies: Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Studies on sleep and society
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          ILAS Seminar
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          ILAS Seminar :Introduction to field work for African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Local Knowledge and Endogenous Development
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Introduction to Area Studies: Africa
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          ILAS Seminar :Introduction to field work for African Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Local Knowledge and Endogenous Development
          Fall, 全学共通科目
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Local Knowledge and Endogenous Development
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Introduction to Area Studies: Africa
          Spring, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/05/13

          Administration

          School management (title, position)

          • From 01 Apr. 2010, To 31 Mar. 2011
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • From 01 Apr. 2010, To 31 Mar. 2011
            大学評価委員会 委員
          • From 01 Apr. 2008, To 31 Mar. 2011
            身体障害学生相談室管理運営委員会 委員
          • From 01 Apr. 2010, To 31 Mar. 2014
            京都大学障害学生支援室管理運営委員会 委員
          • From 01 Apr. 2011, To 31 Mar. 2012
            大学評価委員会 委員
          • From 01 Apr. 2011, To 31 Mar. 2012
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • From 01 Apr. 2013, To 31 Mar. 2015
            博士課程教育リーディングプログラム運営委員会プログラム修了審査委員会 委員
          • From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2018
            アフリカ地域研究資料センター長
          • From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2018
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • From 01 Apr. 2016
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • From 01 Oct. 2016, To 30 Sep. 2018
            国際展開委員会 委員
          • From 01 Oct. 2016, To 30 Sep. 2018
            理事補
          • From 01 Apr. 2010, To 31 Mar. 2012
            アフリカ地域研究資料センター長
          • From 01 May 2016, To 30 Apr. 2017
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学部会2 委員
          • From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2018
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2020
            アフリカ地域研究資料センター長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2020
            学際学域長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2020
            地域研究学系長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2020
            学際融合教育研究推進センター長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2019
            スーパーグローバルコース実施運営協議会 委員
          • From 01 Oct. 2016, To 30 Sep. 2020
            理事補
          • From 01 Oct. 2018, To 30 Sep. 2020
            国際戦略本部運営協議会 協議員
          • From 01 Oct. 2018, To 30 Sep. 2020
            国際戦略本部運営協議会 全学海外拠点運営専門部会 部会長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2020
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2022
            アジア・アフリカ地域研究研究科 研究科長
          • From 01 Apr. 2018, To 31 Mar. 2022
            学際融合教育研究推進センター センター長
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2021
            国際高等教育院 大学院共通・横断教育基盤協議会 協議員
          • From 01 Apr. 2019, To 31 Mar. 2021
            スーパーグローバルコース実施運営協議会 協議員
          • From 01 Apr. 2020, To 2022
            大学院横断教育プログラム推進センター運営協議会 協議員
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2022
            教育研究評議会 評議員
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2022
            部局長会議
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2022
            研究科長部会
          • From 01 Oct. 2018, To 31 Mar. 2020
            国際戦略本部運営協議会 協議員
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2022
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • From 01 Apr. 2020, To 31 Mar. 2022
            研究公正委員会 委員
          • From 01 Oct. 2020, To 30 Sep. 2022
            企画委員会 委員
          • From 01 Apr. 2021, To 31 Mar. 2022
            国際高等教育院 大学院共通・横断教育協議会 協議員
          • From 01 Apr. 2021
            スーパーグローバルコース企画運営幹事会 協議員

          Faculty management (title, position)

          • From 01 Apr. 2016, To 31 Mar. 2017
            学務委員会委員長
          • From 01 Apr. 2021, To 31 Mar. 2022
            入学試験委員会委員長
          list
            Last Updated :2022/05/13

            Academic, Social Contribution

            Committee Memberships

            • From 1992
              運営委員, 日本ナイルエチオピア学会

            ページ上部へ戻る