教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙瀬 隆一

タカセ リュウイチ

農学研究科 食品生物科学専攻食品生産工学講座 助教

髙瀬 隆一
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程食品生物科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程食品生物科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部食品生物科学科, 卒業

    プロフィール

    • プロフィール

      2009年3月 京都大学農学部 卒業

      2011年3月 京都大学大学院農学研究科修士課程 修了

      2015年5月 京都大学大学院農学研究科博士後期課程 修了

      2015年6月~2018年12月 Thomas Jefferson University ポストドクトラルフェロー

      2019年1月 京都大学農学研究科 研究員

      2019年2月~京都大学農学研究科 助教

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞膜の湾曲・切除・融合にかかる微生物の細胞膜動態制御機構の解明と膜小胞を利用した有用物質生産
      • 研究概要

        膜小胞は脂質二重層から成り、ほぼ全ての生物の細胞が産生する。近年微生物の膜小胞が免疫からの忌避や、疎水性物質の輸送など、重要な生理学的機能をもつことが分かってきた。一方、その形成機構には不明な点が多い。膜小胞の形成にはタンパク質による能動的な細胞膜変形反応が必要であると考えられる。本研究では窒素固定細菌を含む微生物の膜小胞形成機構の解明、並びに膜小胞の形態と機能の制御を通じた有用物質生産を目指す。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用微生物学

      論文

      • Bacterial chemotaxis towards polysaccharide pectin by pectin-binding protein
        Hidenori Konishi; Mamoru Hio; Masahiro Kobayashi; Ryuichi Takase; Wataru Hashimoto
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Polyunsaturated fatty acids-enriched lipid from reduced sugar alcohol mannitol by marine yeast Rhodosporidiobolus fluvialis Y2
        Ryuichi Takase
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2020年06月, 査読有り
      • Allele-specific RNA interference prevents neuropathy in Charcot-Marie-Tooth disease type 2D mouse models
        Kathryn H. Morelli; Laurie B. Griffin; Nettie K. Pyne; Lindsay M. Wallace; Allison M. Fowler; Stephanie N. Oprescu; Ryuichi Takase; Na Wei; Rebecca Meyer-Schuman; Dattatreya Mellacheruvu; Jacob O. Kitzman; Samuel G. Kocen; Timothy J. Hines; Emily L. Spaulding; James R. Lupski; Alexey Nesvizhskii; Pedro Mancias; Ian J. Butler; Xiang-Lei Yang; Ya-Ming Hou; Anthony Antonellis; Scott Q. Harper; Robert W. Burgess
        Journal of Clinical Investigation, 2019年11月11日, 査読有り
      • Hypermorphic and hypomorphic AARS alleles in patients with CMT2N expand clinical and molecular heterogeneities.
        Weterman MAJ; Kuo M; Kenter SB; Gordillo S; Karjosukarso DW; Takase R; Bronk M; Oprescu S; van Ruissen F; Witteveen RJW; Bienfait HME; Breuning M; Verhamme C; Hou YM; de Visser M; Antonellis A; Baas F
        Human molecular genetics, 2018年12月, 査読有り
      • Stabilization of Cyclin-Dependent Kinase 4 by Methionyl-tRNA Synthetase in p16INK4a-Negative Cancer
        Nam Hoon Kwon; Jin Young Lee; Ye-Lim Ryu; Chanhee Kim; Jiwon Kong; Seongeun Oh; Beom Sik Kang; Hye Won Ahn; Sung Gwe Ahn; Joon Jeong; Hoi Kyoung Kim; Jong Hyun Kim; Dae Young Han; Min Chul Park; Doyeun Kim; Ryuichi Takase; Isao Masuda; Ya-Ming Hou; Sung Ill Jang; Yoon Soo Chang; Dong Ki Lee; Youngeun Kim; Ming-Wei Wang; Basappa; Sunghoon Kim
        ACS Pharmacology & Translational Science, 2018年09月14日, 査読有り
      • Selective terminal methylation of a tRNA wobble base.
        Masuda I; Takase R; Matsubara R; Paulines MJ; Gamper H; Limbach PA; Hou YM
        Nucleic acids research, 2018年04月, 査読有り
      • Compound heterozygosity for loss-of-functionGARSvariants results in a multisystem developmental syndrome that includes severe growth retardation
        Ryuichi Takase
        Human Mutation, 2017年10月, 査読有り
      • A genetically encoded fluorescent tRNA is active in live-cell protein synthesis
        Isao Masuda; Takao Igarashi; Reiko Sakaguchi; Ram G. Nitharwal; Ryuichi Takase; Kyu Young Han; Benjamin J. Leslie; Cuiping Liu; Howard Gamper; Taekjip Ha; Suparna Sanyal; Ya-Ming Hou
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2017年04月, 査読有り
      • TrmD: A Methyl Transferase for tRNA Methylation With m1G37.
        Hou YM; Matsubara R; Takase R; Masuda I; Sulkowska JI
        The Enzymes, 2017年, 査読有り
      • Structural determinants in bacterial 2-keto-3-deoxy-D-gluconate dehydrogenase KduD for dual-coenzyme specificity
        Ryuichi Takase; Yukie Maruyama; Sayoko Oiki; Bunzo Mikami; Kousaku Murata; Wataru Hashimoto
        Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 2016年07月, 査読有り
      • Molecular Basis and Consequences of the Cytochrome c-tRNA Interaction
        Cuiping Liu; Aaron J. Stonestrom; Thomas Christian; Jeongsik Yong; Ryuichi Takase; Ya-Ming Hou; Xiaolu Yang
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年05月, 査読有り
      • A novel HSD17B10 mutation impairing the activities of the mitochondrial RNase P complex causes X-linked intractable epilepsy and neurodevelopmental regression
        Marni J. Falk; Xiaowu Gai; Megumi Shigematsu; Elisa Vilardo; Ryuichi Takase; Elizabeth McCormick; Thomas Christian; Emily Place; Eric A. Pierce; Mark Consugar; Howard B. Gamper; Walter Rossmanith; Ya-Ming Hou
        RNA BIOLOGY, 2016年, 査読有り
      • Metabolic Fate of Unsaturated Glucuronic/Iduronic Acids from Glycosaminoglycans MOLECULAR IDENTIFICATION AND STRUCTURE DETERMINATION OF STREPTOCOCCAL ISOMERASE AND DEHYDROGENASE
        Yukie Maruyama; Sayoko Oiki; Ryuichi Takase; Bunzo Mikami; Kousaku Murata; Wataru Hashimoto
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2015年03月, 査読有り
      • Structure-based Conversion of the Coenzyme Requirement of a Short-chain Dehydrogenase/Reductase Involved in Bacterial Alginate Metabolism
        Ryuichi Takase; Bunzo Mikami; Shigeyuki Kawai; Kousaku Murata; Wataru Hashimoto
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年11月, 査読有り
      • Alginate-Dependent Gene Expression Mechanism in Sphingomonas sp Strain A1
        Chie Hayashi; Ryuichi Takase; Keiko Momma; Yukie Maruyama; Kousaku Murata; Wataru Hashimoto
        JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 2014年07月, 査読有り
      • Molecular identification of unsaturated uronate reductase prerequisite for alginate metabolism in Sphingomonas sp. A1.
        Takase R; Ochiai A; Mikami B; Hashimoto W; Murata K
        Biochimica et biophysica acta, 2010年09月, 査読有り

      MISC

      • 細菌が高分子多糖に走化性を示す分子機構
        髙瀬 隆一; 村田 幸作; 河井 重幸; 橋本 渉
        生化学, 2021年04月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • ヘテロ多糖の輸送にかかわる細菌由来超分子の構造基盤
        橋本 渉; 丸山 如江; 伊藤 貴文; 髙瀬 隆一; 村田 幸作
        KAGAKU TO SEIBUTSU, 2016年, 査読有り
      • 2P-138 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeによるアルギン酸からのエタノールの生産(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        三上 真一; 高瀬 隆一; 村田 幸作; 河井 重幸
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • 4Ip04 NAD(H)駆動型エタノール生産性Sphingomonas属細菌A1株の構築(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演)
        高瀬 隆一; 橋本 渉; 河井 重幸; 村田 幸作
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2012年
      • アルギン酸代謝酵素の構造と機能
        落合 秋人; 高瀬 隆一; 三上 文三; 橋本 渉; 村田 幸作
        Vitamins, 2010年11月, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 窒素固定細菌の細胞外膜由来膜小胞に関するプロテオーム解析
        髙瀬 隆一; 吉田 暢広; 橋本 渉
        第67回日本生化学会近畿支部例会, 2021年05月
      • 動物宿主多糖由来不飽和ウロン酸を代謝する腸内優占菌 酵素の構造と機能
        髙瀬 隆一; 幸田 有希渚; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        第21回関西グライコサイエンスフォーラム, 2021年05月
      • ヒト腸内優占Bacteroides属細菌による動物宿主グリコサミノグリカン由来不飽和ウロン酸の代謝
        髙瀬 隆一; 幸田 有希渚; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月
      • 走化性発現に関わる細菌由来ペクチン結合タンパク質のドメインダイナミクス
        穴水 康太郎; 髙瀬 隆一; 日尾 守; 渡辺 大輔; 三上 文三; 橋本 渉
        日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月
      • ヒアルロン酸サプリメントに応答するヒト口腔内細菌叢の動態と病原性優占菌の新規な遺伝子クラスター
        藪内 駿; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第514回講演会, 2021年02月
      • ヒト腸内細菌叢による海藻多糖アルギン酸の分解と単離菌のゲノム構造
        宮本 侑季; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第514回講演会, 2021年02月
      • 食事非依存的環境における腸内細菌叢の動態シミュレーション
        梶川 幹太; 佐藤 賢宏; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第513回講演会, 2020年11月
      • プロバイオティクス性乳酸菌由来不飽和ウロン酸代謝の初発酵素KduIのX線結晶構造解析
        山本 雄大; 髙瀬 隆一; 岩瀬 久夢; 渡辺 大輔; 三上 文三; 橋本 渉
        日本応用糖質科学会第46回近畿支部会, 2020年11月
      • 走化性発現に関わる細菌由来ペクチン認識タンパク質の立体構造
        穴水 康太郎; 髙瀬 隆一; 日尾 守; 渡辺 大輔; 三上 文三; 橋本 渉
        第93回日本生化学会大会, 2020年09月
      • 動物宿主由来多糖を資化する腸内優占菌の膜小胞形成
        幸田 有希渚; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 野村 暢彦; 橋本 渉
        第93回日本生化学会大会, 2020年09月
      • 海洋由来酵母による褐藻類主要成分マンニトールからの油脂生産
        中田 翔太; 日尾 守; 髙瀬 隆一; 河井 重幸; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月
      • 宿主細胞外多糖ヒアルロン酸の分解によるヒト口腔内常在細菌叢の形成
        藪内 駿; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第512回講演会, 2020年02月
      • 子宮内無菌仮説の例外としてのB群連鎖球菌による宿主細胞外多糖の資化
        佐藤 賢宏; 老木 紗予子; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第512回講演会, 2020年02月
      • プロバイオティクス性Bacteroides属細菌による次世代発酵乳
        山本 雄大; 佐藤 賢宏; 髙瀬 隆一; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第511回講演会, 2019年12月
      • 海洋微生物コミュニティによる褐藻類の利用
        中田 翔太; 日尾 守; 髙瀬 隆一; 河井 重幸; 渡辺 大輔; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西・中部支部2019年度合同大会(第510回記念講演会), 2019年09月
      • 動物細胞外粘性物質を窒素源として利用する腸内優占菌とそのプロバイオティクスへの応用
        梶川 幹太; 佐藤 賢宏; 髙瀬 隆一; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西・中部支部2019年度合同大会(第510回記念講演会), 2019年09月
      • フソバクテリアによる宿主動物由来細胞外グリコサミノグリカンの認識
        老木 紗予子; 藪内 駿; 三上 文三; 髙瀬 隆一; 橋本 渉
        第92回日本生化学会大会, 2019年09月
      • 大豆上で納豆菌の細胞極に生じる巨大な洞穴の発見とその形成に関わる遺伝子の同定
        長瀬 鮎美; 杉浦 春香; 南部 優子; 髙瀬 隆一; 橋本 渉
        日本農芸化学会関西支部第509回講演会, 2019年07月
      • 腸内細菌叢による食品添加物多糖の分解と分解菌の性状
        宮本 侑季; 髙瀬 隆一; 橋本 渉
        日本生化学会66回近畿支部例会, 2019年05月
      • 褐藻類多糖アルギン酸を資化する海洋微生物のエコシステム
        日尾 守; 中田 翔太; 髙瀬 隆一; 橋本 渉
        第20回関西グライコサイエンスフォーラム, 2019年05月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 動物細胞外粘液物質を介した腸内優占菌と宿主との相利共生機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分38060:応用分子細胞生物学関連
        京都大学
        橋本 渉
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        腸内細菌叢;動物宿主;相利共生;ムチン;グリコサミノグリカン
      • 窒素固定細菌のエクソソーム様膜小胞の機能と形成機構の解明
        研究活動スタート支援
        0601:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        高瀬 隆一
        自 2019年08月30日, 至 2021年03月31日, 交付
        膜小胞;窒素固定細菌;X線結晶構造解析;走査型電子顕微鏡;蛍光顕微鏡;プロテオーム解析;微生物機能;細胞膜小胞;構造生物学;合成生物学
      • 動物細胞外マトリックスを標的とする微生物叢の動態と定着機構の解明及びその応用展開
        基盤研究(B)
        小区分38060:応用分子細胞生物学関連
        京都大学
        橋本 渉
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        微生物叢;グリコサミノグリカン;常在機構;感染機構;プロバイオティクス;X線結晶構造解析;ムチン
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用微生物学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学・微生物学演習
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          合成生物学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用微生物学実験及び実験法
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学・微生物学演習
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能変換学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能変換学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能変換学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能変換学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用微生物学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学・微生物学演習
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能変換学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能変換学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能変換学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能変換学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期集中, 農学部

        ページ上部へ戻る