教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

下野 昌宣

シモノ マサノリ

医学研究科 人間健康科学系専攻理工系医療科学講座 准教授

下野 昌宣
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • Organization for Computational Neurosciences
    • 北米神経科学会
    • 日本神経科学学会

    学位

    • 修士(科学)(東京大学)
    • 博士(科学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2017年, 至 現在
      LEADER program researcher
    • 自 2017年, 至 現在
      Hakubi researcher
    • 自 2017年, 至 現在
      Kyoto University, Associate Professor
    • 自 2016年, 至 2017年
      Osaka University
    • 自 2015年, 至 2015年
      Massachusett General Hospital
    • 自 2013年, 至 2015年
      JSPS, Fellowship Researcher Abroad
    • 自 2010年, 至 2015年
      Indiana University
    • 自 2011年, 至 2013年
      JSPS, Fellowship Researcher PD
    • 自 2009年, 至 2010年
      National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 自 2007年, 至 2009年
      JSPS, Fellowship Researcher DC

    プロフィール

    • プロフィール

      Message:

      Thank you for visiting here.

      I hope you can find something interesting.


      Visit http://shimono-u.net/ to know more detail.

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究キーワード

      • 複雑ネットワーク
      • グラフ理論
      • ニューロインフォマティクス
      • 多ニューロン計測
      • 神経科学
      • 知覚
      • 意識
      • マルチスケール
      • ダイナミクス
      • ネットワーク
      • コネクトーム

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般, Complex networks and dynamics -- Awareness
      • ライフサイエンス, 神経科学一般, Complex networks and dynamics -- Awareness

      論文

      • Inhibitory neurons exhibit high controlling ability in the Cortical Microconnectome.
        M. Kajiwara; R. Nomura; F. Goetze; Y. Isomura; M. Kawabata; T. Akutsu; M. Shimono
        PLOS Computational Biology, 2021年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 3D Scanning Technology Bridging Microcircuits And Macroscale Brain Images In 3D Novel Embedding Overlapping (3D-NEO) Protocol.
        S. Ide; M. Kajiwara; H. Imai; M. Shimono
        J. Vis. Exp., 2019年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Efficient communication dynamics on macro-connectome, and the propagation speed
        Masanori Shimono; Naomichi Hatano
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • High-Degree Neurons Feed Cortical Computations
        Nicholas M. Timme; Shinya Ito; Maxym Myroshnychenko; Sunny Nigam; Masanori Shimono; Fang-Chin Yeh; Pawel Hottowy; Alan M. Litke; John M. Beggs
        PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Rich-Club Organization in Effective Connectivity among Cortical Neurons
        Sunny Nigam; Masanori Shimono; Shinya Ito; Fang-Chin Yeh; Nicholas Timme; Maxym Myroshnychenko; Christopher C. Lapish; Zachary Tosi; Pawel Hottowy; Wesley C. Smith; Sotiris C. Masmanidis; Alan M. Litke; Olaf Sporns; John M. Beggs
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2016年01月, 査読有り
      • Functional Clusters, Hubs, and Communities in the Cortical Microconnectome
        Masanori Shimono; John M. Beggs
        CEREBRAL CORTEX, 2015年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Behavior Modulates Effective Connectivity between Cortex and Striatum
        Alexander Nakhnikian; George V. Rebec; Leslie M. Grasse; Lucas L. Dwiel; Masanori Shimono; John M. Beggs
        PLOS ONE, 2014年03月, 査読有り
      • Global Mapping of the Whole-Brain Network Underlining Binocular Rivalry
        Masanori Shimono; Kazuhisa Niki
        Brain Connectivity, 2013年04月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Non-uniformity of cell density and networks in the monkey brain.
        Masanori Shimono
        Scientific Reports -- Open Access, 2013年, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Universal Critical Dynamics in High Resolution Neuronal Avalanche Data
        Nir Friedman; Shinya Ito; Braden A. W. Brinkman; Masanori Shimono; R. E. Lee DeVille; Karin A. Dahmen; John M. Beggs; Thomas C. Butler
        PHYSICAL REVIEW LETTERS, 2012年05月, 査読有り
      • The Brain Structural Hub of Interhemispheric Information Integration for Visual Motion Perception
        Masanori Shimono; Hiroaki Mano; Kazuhisa Niki
        CEREBRAL CORTEX, 2012年02月, 査読有り
      • Neural Processes for Intentional Control of Perceptual Switching: A Magnetoencephalography Study
        Masanori Shimono; Keiichi Kitajo; Tsunehiro Takeda
        HUMAN BRAIN MAPPING, 2011年03月, 査読有り
      • State-Dependent Cortical Synchronization Networks Revealed by TMS-EEG Recordings
        Keiichi Kitajo; Ryohei Miyota; Masanori Shimono; Kentaro Yamanaka; Yoko Yamaguchi
        ADVANCES IN COGNITIVE NEURODYNAMICS (II), 2011年, 査読有り
      • MEG feature selection for motion prediction.
        L. Qi; K. Amano; M. Shimono; T. Takeda
        J Jpn Biomag Bioelectromag Soc, 2011年, 査読有り
      • Predictability of the successful/unsuccessful in intentional switching of perception.
        Shimono; T. Takeda
        J Jpn Biomag Bioelectromag Soc, 2008年, 査読有り
      • Functional modulation of power-law distribution in visual perception
        Masanori Shimono; Takashi Owaki; Kaoru Amano; Keiichi Kitajo; Tsunehiro Takeda
        Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, 2007年05月04日, 査読有り
      • Functional modulation of power-law distribution in visual perception
        Masanori Shimono; Takashi Owaki; Kaoru Amano; Keiichi Kitajo; Tsunehiro Takeda
        PHYSICAL REVIEW E, 2007年05月, 査読有り

      MISC

      • 脳のネットワーク
        オラフスポーンズ (著) 下野昌宣 (訳)
        みすず書房, 2020年04月, 筆頭著者
      • 実験と理論とシミュレーション (シリーズ白眉対談)
        下野昌宣
        白眉ニュースレター, 2018年04月
      • 知覚交代の背景にある全脳ネットワーク
        下野昌宣; 仁木和久
        日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 2013年
      • Mesoscopic neuronal activity and neuronal network architecture
        Masanori Shimono; John M. Beggs
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • State-dependency in large-scale propagation of phase resetting of ongoing activity
        Keiichi Kitajo; Yumi Nakagawa; Yutaka Uno; Ryohei Miyota; Masanori Shimono; Kentaro Yamanaka; Yoko Yamaguchi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Changes in frequency-specific cortical network connectivity in open eye and closed eye conditions revealed by TMS-EEG measurement
        Keiichi Kitajo; Ryohei Miyota; Masanori Shimono; Kentaro Yamanaka; Yoko Yamaguchi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • MEG信号を用いた知覚交替予測への基盤研究
        下野昌宣; 武田常広
        Vision, 2007年07月20日
      • 知覚状態の意図的コントロールに対応する脳活動―知覚交代予測の一試み―
        下野昌宣; 武田常広
        Vision, 2007年01月20日

      講演・口頭発表等

      • Prediction of clinical symptoms based on global cortical thinning patterns in Parkinson's disease.
        Saeko Kikuchi; Masanori Shimono
        organization for computational neuroscience 2021, 2021年07月05日
      • Deep neural embedding of neuronal connectivity.
        Arata Shirakami; Masanori Shimono
        organization for computational neuroscience 2021, 2021年07月04日
      • 神経接続データのニューラルネットワーク埋め込み
        白上新; 鳥羽拓馬; 中本勲; 長谷武志; 下野 昌宣
        日本生体医工学会, 2021年06月17日
      • パーキンソン病における皮質広域での菲薄化パターンに基づいた広範な臨床症状の予測
        菊池紗瑛子; 白上新; 下野昌宣
        日本生体医工学会, 2021年06月15日
      • Inhibitory neurons locate at a center of effective cortical networks, and have high ability to control other neurons.
        Motoki Kajiwara; Masanori Shimono
        organization for computational neuroscience 2020, 2020年07月20日
      • Neural Network embedding of real Neuronal Networks
        T. Hase; M. Shimono
        NetSci-X 2020, 2020年01月21日
      • マイクロコネクトーム上での興奮性ー抑制性の情報流
        梶原基; ゲーツ フェリックス; 精山 明敏; 下野 昌宣
        Neuro2019, 2019年07月
      • Multiple-scale networks in brains, and beyond.
        下野昌宣
        K-Connex retreat seminar 2018, 2018年06月
      • Connecting multi-scale networks in the brain
        下野昌宣
        バイオインフォマティクスセミナーシリーズ, 2018年04月, 招待有り
      • Micro-connectome and cognitive task selectivity
        A. Nakamura; M. Shimono
        Japan Neuroscience Society 2017, 2017年07月22日
      • "When" in Macro-connectome and Communicability
        M. Shimono; N. Hatano
        Japan Neuroscience Society 2017, 2017年07月22日
      • Micro-connectomics with cognitive task selectivity.
        A. Nakamura; M. Shimono
        Organization for Computational Neuroscience 2017, 2017年07月18日
      • Connectomic electrical propagation and Communicability.
        M. Shimono; N. Hatano
        Computational Neuroscience 2017, 2017年07月18日
      • Individual differenced in perception can be better explained by resting-state effective connectivity than by functional connectivity.
        Y. Mizuno; M. Kawasaki; M. Shimono; C. Miniussi; Y.O. Okazaki; K. Ueno; C. Suzuki; T. Asamizuya; K. Cheng; K. Kitajo
        Organization for Human Brain Mapping 2017, 2017年06月26日
      • “When” on Macro-Connectome and Communicablity.
        下野昌宣
        Network Neuroscience 2017, 2017年06月21日
      • Multiple scale networks in the brain
        下野昌宣
        生物機械システム研究会, 2016年, 招待有り
      • From Information flow to Connectomics
        下野昌宣
        8th International workshop on Biosignal Interprelation, 2016年
      • Architectures in the informatic microconnectome
        下野昌宣
        Computational Neurosciences 2016 (Invited talk), 2016年, 招待有り
      • 異なるスケール間を ”つなぐ” 脳のネットワーク構造
        下野昌宣
        Neuroscience 2015, 2015年07月28日
      • Multiple scale networks of the brain
        下野昌宣
        Advanced Telecommunications Research Institute (Invited talk), 2015年, 招待有り
      • Multiplescale Network of the brain.
        下野昌宣
        Riken BSI (Invited talk), 2015年, 招待有り
      • Nonuniform weights and connectivity patterns on macaque cortical connectome.
        M. Shimono
        Society for Neuroscience 2015, 2015年
      • Global delayed propagation of electrical signals in primate cortex
        S. Tajima; M. Shimono
        Society for Neuroscience 2015, 2015年
      • Simulating global brain dynamics at the neuronal resolution
        R. Kobayashi; M. Shimono
        Society for Neuroscience 2015, 2015年
      • Patterns of information flow in local cortical networks.
        S. Nigam; O. Sporns; M. Shimono; J.M. Beggs
        Organization for Computational Neuroscience Society 2014, 2014年07月28日
      • Network community, clusters and hubs in cortical micro circuits.
        M. Shimono; J.M. Beggs
        Organization for Computational Neuroscience Society 2014 (Featured talk), 2014年07月28日
      • Global network community and non-uniform cell density in the macaque brain­.
        M. Shimono
        Organization for Computational Neuroscience Society 2014, 2014年07月28日
      • Global network community and non-uniform cell density in the macaque monkey brain.
        M. Shimono
        FENS2014, 2014年07月06日
      • Global brain networks contrasted by stability of Binocular Rivalry.
        M. Shimono; K. Niki
        Visual Science Society 2014, 2014年05月17日
      • Frequency-specific interhemispheric connectivity and perceptual bias in apparent motion perception.
        Y. Mizuno; M. Kawasaki; M. Shimono; C. Miniussi; K. Ueno; C. Suzuki; T. Asamizuya; K. Cheng; K. Kitajo
        Organization for Human Brain Mapping 2014, 2014年05月16日
      • Global Structural Brain Network underlining for Binocular Rivalry
        M. Shimono; K. Niki
        Organization for Human Brain Mapping 2013, 2013年06月19日
      • Universal principles of topology governing both of structural and effective connectivity.
        M. Shimono; J.M. Beggs
        Neuroinformatics 2012, 2012年09月11日
      • Mesoscopic neuronal activity and neuronal network architecture
        M. Shimono; J.M. Beggs
        Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2011年
      • Functional modulation of power-low distribution and the neuronal basis
        M. Shimono
        SIAM conference on Applications of Dynamical Systems, 2011年, 招待有り
      • Community structure embedded in neuronal network.
        M. Shimono; J.M. Beggs
        NOLTA 2011, 2011年, 招待有り
      • Individual difference of perceptual-bias in bi-stable perception and difference in brain structure.
        M. Shimono; H. Mano; K. Niki
        The 16th Annual Meeting of Human Brain Mapping, 2010年06月07日
      • 仮現運動知覚の左右半球間統合を担う脳構造
        M. Shimono; H. Mano; K. Niki
        日本生体磁気学会, 2010年
      • 左右半球間での仮現運動知覚統合を担う脳構造"ハブ"の解明
        下野昌宣; 眞野博彰; 仁木和久
        日本ヒト脳機能マッピング学会, 2010年
      • 開眼時と閉眼時の周波数特異的な皮質ネットワーク結合性の変化の経頭蓋磁気刺激-脳波測定による解明
        北城圭一; 御代田亮平; 下野 昌宣; 山中健太郎; 山口陽子
        日本神経科学大会, 2009年
      • 視覚情報の統合知覚に関連したMEG応答
        成島大輔; 天野薫; 宇野裕; 下野昌宣; 武田常広
        日本生体磁気学会, 2009年
      • MEG feature selection in movement trajectory prediction
        L. Qi; K. Amano; M. Shimono; T. Takeda
        JBiomag2009, 2009年
      • Single-trial classification of object category perceptio
        M. Shimono; Y. Yamada; K. Sekihara; T. Takeda; Y. Kamitani
        International Conference on Biomagnetism, 2008年
      • 多義的仮現運動の知覚状態コントロール可能性に関連したMEG信号
        下野昌宣; 武田常広
        第21回 生体・生理工学シンポジウム, 2006年

      外部資金:その他

      • 神経ネットワークの構造に対する実験と理論の融合研究
        卓越研究員制度
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          微分積分学(講義・演義)B
          N150, 後期, 国際高等教育院, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端医療機器システム学演習
          M451, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人間健康科学V
          3205, 前期集中, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          線形代数学(講義・演義)B
          N152, 後期, 国際高等教育院, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          微分積分学(講義・演義)A
          N149, 前期, 国際高等教育院, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端医療機器システム学実習
          M452, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端医療機器システム学特論
          M450, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医用信号解析学演習
          8019, 前期前半, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医用信号解析学
          8005, 後期, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          総合医療科学特別研究
          M456, 通年, 医学研究科, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          線形代数学(講義・演義)A
          N151, 前期, 国際高等教育院, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医用シミュレーション科学
          8039, 前期後半, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端医療画像解析学特論
          M447, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          シミュレーション概論
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医用信号解析学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医用信号解析学演習
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医用シミュレーション科学
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          シミュレーション概論(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医用信号解析学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医用信号解析学演習
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医用シミュレーション科学
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          シミュレーション概論(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先端医療機器システム学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先端医療画像解析学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医用信号解析学
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医用信号解析学演習
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医用シミュレーション科学
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微分積分学(講義・演義)A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微分積分学(講義・演義)B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          シミュレーション概論(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          線形代数学(講義・演義)A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          線形代数学(講義・演義)B
          後期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/09/30

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2021年, 至 現在
            実行委員, 日本生体医工学学会
          • 自 2020年09月, 至 現在
            Program committee, Organization for Computational Neuroscience
          • 自 2017年, 至 現在
            Review Editor, Frontiers In Computational Neuroscience
          • 自 2017年, 至 現在
            Review Editor, Frontiers In Computational Neuroscience
          • 自 2017年, 至 現在
            Member, Science Advisory Board
          • 自 2017年, 至 現在
            会員, 科学諮問委員会
          • 自 2012年05月, 至 現在
            Review Editor, Guest Associate Editor, Frontiers in Physiology
          • 自 2012年03月, 至 現在
            Review Editor, Guest Associate Editor, Frontiers in Physiology

          ページ上部へ戻る