教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

清水 章

シミズ アキラ

研究推進部 特定職員

清水 章
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • The American Society for Biochemistry and Molecular Biology
    • 日本分子生物学会
    • 日本免疫学会
    • 日本生化学会
    • The American Society for Biochemistry and Molecular Biology
    • Japanese Society for Immunology
    • The Molecular Biology Society of Japan
    • The Japanese Biochmical Society

    学位

    • 医学博士(大阪大学)

    出身大学院・研究科等

    • 大阪大学, 大学院医学研究科博士課程生理系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京大学, 医学部医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      武蔵高等学校, むさしこうとうがっこう

    経歴

    • 自 1992年, 至 2003年
      京都大学遺伝子実験施設教授
    • 自 1992年, 至 2003年
      Professor,
    • 自 2003年
      -京都大学医学研究科附属ゲノム医学センター教授
    • 自 2003年
      - Professor, Center for Genomic Medicine,
    • 自 2001年
      -京都大学医学部附属病院教授
    • 自 2001年
      - Professor, Translational Reserach Center,
    • 自 1987年, 至 1992年
      京都大学遺伝子実験施設助教授
    • 自 1987年, 至 1992年
      Associate Professor,
    • 自 1986年, 至 1987年
      Harvard Medical School 研究員
    • 自 1986年, 至 1987年
      Research Fellow, Harvard Medical School
    • 自 1984年, 至 1987年
      京都大学医学部助手, Faculty of Medicine
    • 自 1984年, 至 1987年
      Assistant Professor,
    • 自 1987年
      京都大学医学部講師, Faculty of Medicine
    • 自 1987年
      Lecturer,
    • 自 1983年, 至 1984年
      大阪大学医学部助手, Faculty of Medicine
    • 自 1983年, 至 1984年
      Assistant Professor,
    • 京都大学, 大学院医学研究科
    • Kyoto University Hospital
    • 京都大学
    • Center for Molecular Biology and Genetics,
    • 京都大学
    • Center for Molecular Biology and Genetics,
    • 京都大学, 医学部
    • 京都大学, 医学部
    • Osaka University Medical School

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 遺伝子発現
      • 遺伝子構造
      • chromatin structure
      • TCR
      • immunoglobulin
      • gene expression
      • gene organization

      研究分野

      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 医化学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 医化学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Loss of Stemness, EMT, and Supernumerary Tooth Formation in Cebpb−/−Runx2+/− Murine Incisors
        Saito, K; Takahashi, K; Huang, B; Asahara, M; Kiso, H; Togo, Y; Tsukamoto, H; Mishima, S; Nagata, M; Iida, M; Tokita, Y; Asai, M; Shimizu, A; Komori, T; Harada, H; MacDougall, M; Sugai, M; Bessho, K
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り
      • Direct evidence for the age-dependent demise of GNAS-mutated cells in oral fibrous dysplasia
        Yu Isobe; Katsu Takahashi; Honoka Kiso; Kazumasa Nakao; Masayuki Ikeno; Noriaki Koyama; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Hironori Haga; Kazuhisa Bessho
        Archives of Oral Biology, 2018年09月01日, 査読有り
      • A therapeutic angiogenesis of sustained release of basic fibroblast growth factor using biodegradable gelatin hydrogel sheets in a canine chronic myocardial infarction mode
        Kumagai, M; Minakata, K; Masumoto, H; Yamamoto, M; Yonezawa, A; Ikeda, T; Uehara, K; Yamazaki, K; Ikeda, T; Matsubara, K; Yokode, M; Shimizu, A; Tabata, Y; Sakata, R; Minatoya, K
        Heart and Vessels, 2018年05月, 査読有り
      • Patterns of clinical practice for sentinel lymph node biopsy in women with node-negative breast cancer: the results of a national survey in Japan
        Takafumi Ikeda; Tomoharu Sugie; Akira Shimizu; Masakazu Toi
        BREAST CANCER, 2017年03月, 査読有り
      • Sentinel lymph node biopsy using indocyanine green fluorescence in early-stage breast cancer: a meta-analysis
        Tomoharu Sugie; Takafumi Ikeda; Atsushi Kawaguchi; Akira Shimizu; Masakazu Toi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2017年02月, 査読有り
      • Transcutaneous oxygen pressure as a surrogate Index of lower limb amputation
        Hiroomi Nishio; Kenji Minakata; Atsushi Kawaguchi; Motoyuki Kumagai; Takafumi Ikeda; Akira Shimizu; Masayuki Yokode; Satoshi Morita; Ryuzo Sakata
        INTERNATIONAL ANGIOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Prognostic impact of salvage treatment on hearing recovery in patients with sudden sensorineural hearing loss refractory to systemic corticosteroids: A retrospective observational study
        Takayuki Nakagawa; Michio Yamamoto; Kozo Kumakawa; Shin-ichi Usami; Naohito Hato; Keiji Tabuchi; Mariko Takahashi; Keizo Fujiwara; Akira Sasaki; Shizuo Komune; Norio Yamamoto; Harukazu Hiraumi; Tatsunori Sakamoto; Akira Shimizu; Juichi Ito
        AURIS NASUS LARYNX, 2016年10月, 査読有り
      • A pilot study of regenerative therapy using controlled release of recombinant human fibroblast growth factor for patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head
        Yutaka Kuroda; Ryuta Asada; Kazutaka So; Atsushi Yonezawa; Manabu Nankaku; Kumi Mukai; Toshiko Ito-Ihara; Harue Tada; Michio Yamamoto; Toshinori Murayama; Satoshi Morita; Yasuhiko Tabata; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Shuichi Matsuda; Haruhiko Akiyama
        INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS, 2016年08月, 査読有り
      • Heterogeneous fibroblasts underlie age-dependent tertiary lymphoid tissues in the kidney.
        Yuki Sato; Akiko Mii; Yoko Hamazaki; Harumi Fujita; Hirosuke Nakata; Kyoko Masuda; Shingo Nishiyama; Shinsuke Shibuya; Hironori Haga; Osamu Ogawa; Akira Shimizu; Shuh Narumiya; Tsuneyasu Kaisho; Makoto Arita; Masashi Yanagisawa; Masayuki Miyasaka; Kumar Sharma; Nagahiro Minato; Hiroshi Kawamoto; Motoko Yanagita
        JCI insight, 2016年07月21日, 査読有り
      • Effects of Usag-1 and Bmp7 deficiencies on murine tooth morphogenesis
        Kazuyuki Saito; Katsu Takahashi; Masakazu Asahara; Honoka Kiso; Yumiko Togo; Hiroko Tsukamoto; Boyen Huang; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Masaharu Motokawa; Harold C. Slavkin; Kazuhisa Bessho
        BMC DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Safety and efficacy of sustained release of basic fibroblast growth factor using gelatin hydrogel in patients with critical limb ischemia.
        Motoyuki Kumagai; Akira Marui; Yasuhiko Tabata; Takahide Takeda; Masaya Yamamoto; Atsushi Yonezawa; Shiro Tanaka; Shigeki Yanagi; Toshiko Ito-Ihara; Takafumi Ikeda; Toshinori Murayama; Satoshi Teramukai; Toshiya Katsura; Kazuo Matsubara; Koji Kawakami; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Ryuzo Sakata
        Heart and vessels, 2016年05月, 査読有り
      • Safety and Antitumor Activity of Anti-PD-1 Antibody, Nivolumab, in Patients With Platinum-Resistant Ovarian Cancer
        Junzo Hamanishi; Masaki Mandai; Takafumi Ikeda; Manabu Minami; Atsushi Kawaguchi; Toshinori Murayama; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Shigemi Matsumoto; Shunsuke Chikuma; Noriomi Matsumura; Kaoru Abiko; Tsukasa Baba; Ken Yamaguchi; Akihiko Ueda; Yuko Hosoe; Satoshi Morita; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Tasuku Honjo; Ikuo Konishi
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2015年12月, 査読有り
      • ANKH Polymorphisms and Clicking of the Temporomandibular Joint in Dental Residents.
        Boyen Huang; Katsu Takahashi; Tomoko Goto; Honoka Kiso; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Shinji Kosugi; Kazuhisa Bessho
        Journal of maxillofacial and oral surgery, 2015年06月, 査読有り
      • Activation of B1a Cells in Peritoneal Cavity by T Cell-Independent Antigen Expressed on Polymeric Micelle
        Cheol Joo Kim; Eri Hara; Akira Shimizu; Manabu Sugai; Shunsaku Kimura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2015年05月, 査読有り
      • Mitochondrial function provides instructive signals for activation-induced B-cell fates
        Kyoung-Jin Jang; Hiroto Mano; Koji Aoki; Tatsunari Hayashi; Akihiko Muto; Yukiko Nambu; Katsu Takahashi; Katsuhiko Itoh; Shigeru Taketani; Stephen L. Nutt; Kazuhiko Igarashi; Akira Shimizu; Manabu Sugai
        NATURE COMMUNICATIONS, 2015年04月, 査読有り
      • Effects of zoledronic acid and the association between its efficacy and γδT cells in postmenopausal women with breast cancer treated with preoperative hormonal therapy: a study protocol.
        Sumi E; Sugie T; Yoshimura K; Tada H; Ikeda T; Suzuki E; Tanaka Y; Teramukai S; Shimizu A; Toi M; Minato N
        Journal of translational medicine, 2014年11月25日, 査読有り
      • A randomized controlled clinical trial of topical insulin-like growth factor-1 therapy for sudden deafness refractory to systemic corticosteroid treatment
        Takayuki Nakagawa; Kozo Kumakawa; Shin-ichi Usami; Naohito Hato; Keiji Tabuchi; Mariko Takahashi; Keizo Fujiwara; Akira Sasaki; Shizuo Komune; Tatsunori Sakamoto; Harukazu Hiraumi; Norio Yamamoto; Shiro Tanaka; Harue Tada; Michio Yamamoto; Atsushi Yonezawa; Toshiko Ito-Ihara; Takafumi Ikeda; Akira Shimizu; Yasuhiko Tabata; Juichi Ito
        BMC MEDICINE, 2014年11月, 査読有り
      • Preclinical Validation of Talaporfin Sodium-Mediated Photodynamic Therapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma
        Shinya Ohashi; Osamu Kikuchi; Mihoko Tsurumaki; Yukie Nakai; Hiroi Kasai; Takahiro Horimatsu; Shin'ichi Miyamoto; Akira Shimizu; Tsutomu Chiba; Manabu Muto
        PLOS ONE, 2014年08月, 査読有り
      • Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis
        Hiroyuki Ariyasu; Hiroshi Iwakura; Naoichiro Yukawa; Toshinori Murayama; Masayuki Yokode; Harue Tada; Kenichi Yoshimura; Satoshi Teramukai; Tatsuya Ito; Akira Shimizu; Atsushi Yonezawa; Kenji Kangawa; Tsuneyo Mimori; Takashi Akamizu
        ENDOCRINE JOURNAL, 2014年07月, 査読有り
      • Interactions between BMP-7 and USAG-1 (Uterine Sensitization-Associated Gene-1) Regulate Supernumerary Organ Formations
        Honoka Kiso; Katsu Takahashi; Kazuyuki Saito; Yumiko Togo; Hiroko Tsukamoto; Boyen Huang; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Yasuhiko Tabata; Aris N. Economides; Harold C. Slavkin; Kazuhisa Bessho
        PLOS ONE, 2014年05月, 査読有り
      • Prospective signs of cleidocranial dysplasia in Cebpb deficiency
        Boyen Huang; Katsu Takahashi; Ernest A. Jennings; Pongthorn Pumtang-on; Honoka Kiso; Yumiko Togo; Kazuyuki Saito; Manabu Sugai; Shizuo Akira; Akira Shimizu; Kazuhisa Bessho
        JOURNAL OF BIOMEDICAL SCIENCE, 2014年05月, 査読有り
      • Functional Evaluation of Activation-dependent Alterations in the Sialoglycan Composition of T Cells
        Yuko Naito-Matsui; Shuhei Takada; Yoshinobu Kano; Tomonori Iyoda; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Kayo Inaba; Lars Nitschke; Takeshi Tsubata; Shogo Oka; Yasunori Kozutsumi; Hiromu Takematsu
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年01月, 査読有り
      • Novel Collagen/Gelatin Scaffold with Sustained Release of Basic Fibroblast Growth Factor: Clinical Trial for Chronic Skin Ulcers
        Naoki Morimoto; Kenichi Yoshimura; Miyuki Niimi; Tatsuya Ito; Rino Aya; Junpei Fujitaka; Harue Tada; Satoshi Teramukai; Toshinori Murayama; Chikako Toyooka; Kazumi Miura; Satoru Takemoto; Norikazu Kanda; Katsuya Kawai; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Shigehiko Suzuki
        TISSUE ENGINEERING PART A, 2013年09月, 査読有り
      • Evasion from accelerated blood clearance of nanocarrier named as "lactosome" induced by excessive administration of Lactosome
        E. Hara; A. Makino; K. Kurihara; M. Sugai; A. Shimizu; I. Hara; E. Ozeki; S. Kimura
        Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects, 2013年08月, 査読有り
      • Comparison of the Indocyanine Green Fluorescence and Blue Dye Methods in Detection of Sentinel Lymph Nodes in Early-stage Breast Cancer
        Tomoharu Sugie; Terumasa Sawada; Nobumi Tagaya; Takayuki Kinoshita; Kazuhiko Yamagami; Hirofumi Suwa; Takafumi Ikeda; Kenichi Yoshimura; Miyuki Niimi; Akira Shimizu; Masakazu Toi
        ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 2013年07月, 査読有り
      • Phenotypes of CCAAT/enhancer-binding protein beta deficiency: Hyperdontia and elongated coronoid process
        B. Huang; K. Takahashi; T. Sakata-Goto; H. Kiso; Y. Togo; K. Saito; H. Tsukamoto; M. Sugai; S. Akira; A. Shimizu; K. Bessho
        Oral Diseases, 2013年03月, 査読有り
      • In situ differentiation of CD8α αt cells from CD4 T cells in peripheral lymphoid tissues
        Y. Nambu; T. Hayashi; K.-J. Jang; K. Aoki; H. Mano; K. Nakano; M. Osato; K. Takahashi; K. Itoh; S. Teramukai; T. Komori; J. Fujita; Y. Ito; A. Shimizu; M. Sugai
        Scientific Reports, 2012年09月, 査読有り
      • Id2 controls chondrogenesis acting downstream of BMP signaling during maxillary morphogenesis
        Tomoko Sakata-Goto; Katsu Takahashi; Honoka Kiso; Boyen Huang; Hiroko Tsukamoto; Mitsuru Takemoto; Tatsunari Hayashi; Manabu Sugai; Takashi Nakamura; Yoshifumi Yokota; Akira Shimizu; Harold Slavkin; Kazuhisa Bessho
        BONE, 2012年01月, 査読有り
      • An exploratory clinical trial for combination wound therapy with a novel medical matrix and fibroblast growth factor in patients with chronic skin ulcers: a study protocol
        Naoki Morimoto; Kenichi Yoshimura; Miyuki Niimi; Tatsuya Ito; Harue Tada; Satoshi Teramukai; Toshinori Murayama; Chikako Toyooka; Satoru Takemoto; Katsuya Kawai; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Shigehiko Suzuki
        AMERICAN JOURNAL OF TRANSLATIONAL RESEARCH, 2012年, 査読有り
      • Increased Risk of Temporomandibular Joint Closed Lock: A Case-Control Study of ANKH Polymorphisms
        Boyen Huang; Katsu Takahashi; Tomoko Sakata; Honoka Kiso; Manabu Sugai; Kazuma Fujimura; Akira Shimizu; Shinji Kosugi; Tosiya Sato; Kazuhisa Bessho
        PLOS ONE, 2011年10月, 査読有り
      • A novel synthetic material for spinal fusion: a prospective clinical trial of porous bioactive titanium metal for lumbar interbody fusion
        Shunsuke Fujibayashi; Mitsuru Takemoto; Masashi Neo; Tomiharu Matsushita; Tadashi Kokubo; Kenji Doi; Tatsuya Ito; Akira Shimizu; Takashi Nakamura
        EUROPEAN SPINE JOURNAL, 2011年09月, 査読有り
      • Runx3 Is Required for Full Activation of Regulatory T Cells To Prevent Colitis-Associated Tumor Formation
        Manabu Sugai; Koji Aoki; Motomi Osato; Yukiko Nambu; Kosei Ito; Makoto M. Taketo; Akira Shimizu
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2011年06月, 査読有り
      • Safety and pharmacokinetics of recombinant human hepatocyte growth factor (rh-HGF) in patients with fulminant hepatitis: a phase I/II clinical trial, following preclinical studies to ensure safety
        Akio Ido; Akihiro Moriuchi; Masatsugu Numata; Toshinori Murayama; Satoshi Teramukai; Hiroyuki Marusawa; Naohisa Yamaji; Hitoshi Setoyama; Il-Deok Kim; Tsutomu Chiba; Shuji Higuchi; Masayuki Yokode; Masanori Fukushima; Akira Shimizu; Hirohito Tsubouchi
        JOURNAL OF TRANSLATIONAL MEDICINE, 2011年05月, 査読有り
      • Cross-priming of CD8(+) T cells in vivo by dendritic cells pulsed with autologous apoptotic leukemic cells in immunotherapy for elderly patients with acute myeloid leukemia
        Toshio Kitawaki; Norimitsu Kadowaki; Keiko Fukunaga; Yasunari Kasai; Taira Maekawa; Katsuyuki Ohmori; Tatsuya Itoh; Akira Shimizu; Kiyotaka Kuzushima; Tadakazu Kondo; Takayuki Ishikawa; Takashi Uchiyama
        EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2011年04月, 査読有り
      • Functions of Runx in IgA Class Switch Recombination
        Manabu Sugai; Kakeru Watanabe; Yukiko Nambu; Tatsunari Hayashi; Akira Shimizu
        JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • Graded Attenuation of TCR Signaling Elicits Distinct Autoimmune Diseases by Altering Thymic T Cell Selection and Regulatory T Cell Function
        Satoshi Tanaka; Shinji Maeda; Motomu Hashimoto; Chihiro Fujimori; Yoshinaga Ito; Shin Teradaira; Keiji Hirota; Hiroyuki Yoshitomi; Tomoya Katakai; Akira Shimizu; Takashi Nomura; Noriko Sakaguchi; Shimon Sakaguchi
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • Requirement for Runx proteins in IgA class switching acting downstream of TGF-β1 and retinoic acid signaling
        K. Watanabe; M. Sugai; Y. Nambu; M. Osato; T. Hayashi; M. Kawaguchi; T. Komori; Y. Ito; A. Shimizu
        Journal of Immunology, 2010年03月, 査読有り
      • UGT1A1*6 polymorphism is most predictive of severe neutropenia induced by irinotecan in Japanese cancer patients
        Masahide Onoue; Tomohiro Terada; Masahiko Kobayashi; Toshiya Katsura; Shigemi Matsumoto; Kazuhiro Yanagihara; Takafumi Nishimura; Masashi Kanai; Satoshi Teramukai; Akira Shimizu; Masanori Fukushima; Ken-ichi Inui
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2009年04月, 査読有り
      • CXCL13 production by an established lymph node stromal cell line via lymphotoxin-beta receptor engagement involves the cooperation of multiple signaling pathways
        Hidenori Suto; Tomoya Katakai; Manabu Sugai; Tatsuo Kinashi; Akira Shimizu
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2009年04月, 査読有り
      • Organizer-Like Reticular Stromal Cell Layer Common to Adult Secondary Lymphoid Organs
        Tomoya Katakai; Hidenori Suto; Manabu Sugai; Hiroyuki Gonda; Atsushi Togawa; Sachiko Suematsu; Yukihiko Ebisuno; Koko Katagiri; Tatsuo Kinashi; Akira Shinlfizu
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年11月, 査読有り
      • Undesired meeting of lymphocytes: Organ-specific infiltration and the organization of ectopic lymphoid tissue in a murine experimental autoimmune gastritis
        Tomoya Katakai; Akira Shimizu
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2008年06月, 査読有り
      • Enhanced BMP signaling results in supernumerary tooth formation in USAG-1 deficient mouse
        Akiko Murashima-Suginami; Katsu Takahashi; Tomoko Sakata; Hiroko Tsukamoto; Manabu Sugai; Motoko Yanagita; Akira Shimizu; Takeshi Sakurai; Harold C. Slavkin; Kazuhisa Bessho
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年05月, 査読有り
      • Repeated administration of ghrelin to patients with functional dyspepsia: its effects on food intake and appetite
        Takashi Akamizu; Hiroshi Iwakura; Hiroyuki Ariyasu; Hiroshi Hosoda; Toshinori Murayama; Masayuki Yokode; Satoshi Teramukai; Hiroshi Seno; Tsutomu Chiba; Shunichi Noma; Yoshikatsu Nakai; Mikhiko Fukunaga; Yoshihide Nakai; Kenji Kangawa
        EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • IL-21 induces inhibitor of differentiation 2 and leads to complete abrogation of anaphylaxis in mice
        Tsunao Kishida; Yayoi Hiromura; Masaharu Shin-Ya; Hidetsugu Asada; Hiroko Kuriyama; Manabu Sugai; Akira Shimizu; Yoshifumi Yokota; Takemitsu Hama; Jiro Imanishi; Yasuo Hisa; Osam Mazda
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2007年12月, 査読有り
      • The network of fibroblastic reticular cells in the lymph node: Functional framework for immune surveillance
        Tomoya Katakai; Akira Shimizu
        Current Immunology Reviews, 2007年11月, 査読有り
      • Rudiment incisors survive and erupt as supernumerary teeth as a result of USAG-1 abrogation
        Akiko Murashima-Suginami; Katsu Takahashi; Tomohiro Kawabata; Tomoko Sakata; Hiroko Tsukamoto; Manabu Sugai; Motoko Yanagita; Akira Shimizu; Takeshi Sakurai; Harold C. Slavkin; Kazuhisa Bessho
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年08月, 査読有り
      • Spontaneous large-scale lymphoid neogenesis and balanced autoimmunity versus tolerance in the stomach of H+/K+-ATPase-Reactive TCR transgenic mouse
        Tomoya Katakai; Takashi Nomura; Hiroyuki Gonda; Manabu Sugai; Yasutoshi Agata; Akiyoshi Nishio; Tohru Masuda; Shimon Sakaguchi; Akira Shimizu
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2006年12月, 査読有り
      • Knock-down of 25 kDa subunit of cleavage factor Im in Hela cells alters alternative polyadenylation within 3′-UTRs
        T. Kubo; T. Wada; Y. Yamaguchi; A. Shimizu; H. Handa
        Nucleic Acids Research, 2006年12月, 査読有り
      • Plasma ghrelin levels in healthy elderly volunteers: the levels of acylated ghrelin in elderly females correlate positively with serum IGF-1 levels and bowel movement frequency and negatively with systolic blood pressure
        T Akamizu; T Murayama; S Teramukai; K Miura; Bando, I; T Irako; H Iwakura; H Ariyasu; H Hosoda; H Tada; A Matsuyama; S Kojima; T Wada; Y Wakatsuki; K Matsubayashi; T Kawakita; A Shimizu; M Fukushima; M Yokode; K Kangawa'
        JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY, 2006年02月, 査読有り
      • A transmembrane chemokine, CXC chemokine ligand 16, expressed by lymph node fibroblastic reticular cells has the potential to regulate T cell migration and adhesion
        T Hara; T Katakai; JH Lee; Y Nambu; N Nakajima-Nagata; H Gonda; M Sugai; A Shimizu
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2006年02月, 査読有り
      • Enhanced anti-fibrotic activity of plasmid DNA expressing small interference RNA for TGF-β type II receptor for a mouse model of obstructive nephropathy by cationized gelatin prepared from different amine compounds
        T. Kushibiki; N. Nagata-Nakajima; M. Sugai; A. Shimizu; Y. Tabata
        Journal of Controlled Release, 2006年02月, 査読有り
      • Choroid plexus ependymal cells host neural progenitor cells in the rat
        Y Itokazu; M Kitada; M Dezawa; A Mizoguchi; N Matsumoto; A Shimizu; C Ide
        GLIA, 2006年01月, 査読有り
      • Targeting of plasmid DNA to renal interstitial fibroblasts by cationized gelatin
        T Kushibiki; N Nagata-Nakajima; M Sugai; A Shimizu; Y Tabata
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2005年10月, 査読有り
      • Polymorphisms in PTCH1 affect the risk of ameloblastoma
        T Kawabata; K Takahashi; M Sugai; A Murashima-Suginami; S Ando; A Shimizu; S Kosugi; T Sato; M Nishida; K Murakami; T Iizuka
        JOURNAL OF DENTAL RESEARCH, 2005年09月, 査読有り
      • Delivery of plasmid DNA expressing small interference RNA for TGF-β type II receptor by cationized gelatin to prevent interstitial renal fibrosis
        T. Kushibiki; N. Nagata-Nakajima; M. Sugai; A. Shimizu; Y. Tabata
        Journal of Controlled Release, 2005年07月, 査読有り
      • Multiple SNPs in intron 7 of thyrotropin receptor are associated with Graves' disease
        H Hiratani; DW Bowden; S Ikegami; S Shirasawa; A Shimizu; Y Iwatani; T Akamizu
        JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM, 2005年05月, 査読有り
      • CpG inhibits IgE class switch recombination through suppression of NFκB activity, but not through Id2 or Bcl6
        T. Kusunoki; M. Sugai; H. Gonda; Y. Nambu; N. Nagata-Nakajima; T. Katakai; M. Kusunoki; A. Sakamoto; T. Tokuhisa; T. Nakahata; Y. Yokota; A. Shimizu
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2005年03月, 査読有り
      • SPINK5 polymorphism is associated with disease severity and food allergy in children with atopic dermatitis
        T Kusunoki; Okafuji, I; T Yoshioka; M Saito; R Nishikomori; T Heike; M Sugai; A Shimizu; T Nakahata
        JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 2005年03月, 査読有り
      • Delivery of small interference RNA to renal interstitial fibroblasts by cationized gelatin
        T. Kushibiki; N. Nakajima-Nagata; M. Sugai; A. Shimizu; Y. Tabata
        Polymer Preprints, Japan, 2005年, 査読有り
      • Chemokines and autoimmune diseases
        Tomoya Katakai; Akira Shimizu
        Current Medicinal Chemistry: Anti-Inflammatory and Anti-Allergy Agents, 2004年12月, 査読有り
      • Roles of p-ERM and Rho-ROCK signaling in lymphocyte polarity and uropod formation
        JH Lee; T Katakai; T Hara; H Gonda; M Sugai; A Shimizu
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • Lymph node fibroblastic reticular cells construct the stromal reticulum via contact with lymphocytes
        T Katakai; T Hara; M Sugai; H Gonda; A Shimuzu
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2004年09月, 査読有り
      • Role of Id proteins in B lymphocyte activation: new insights from knockout mouse studies
        M Sugai; H Gonda; Y Nambu; Y Yokota; A Shimizu
        JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE-JMM, 2004年09月, 査読有り
      • A novel reticular stromal structure in lymph node cortex: an immuno-platform for interactions among dendritic cells, T cells and B cells
        T Katakai; T Hara; JH Lee; H Gonda; M Sugai; A Shimizu
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • Characterization of V gene expressed in PBL from children with atopic diseases: Detection of homologous VH1-69 derived transcripts from three unrelated patients
        Y. Bando; A. Shimizu; C. Ra
        Immunology Letters, 2004年06月, 査読有り
      • In vitro induction of adult hepatic progenitor cells into insulin-producing cells
        N Nakajima-Nagata; T Sakurai; T Mitaka; T Katakai; E Yamato; J Miyazaki; Y Tabata; M Sugai; A Shimizu
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2004年06月, 査読有り
      • Pdx-1 enables insulin secretion by regulating synaptotagmin 1 gene expression
        N Nakajima-Nagata; M Sugai; T Sakurai; J Miyazaki; YH Tabata; A Shimizu
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2004年06月, 査読有り
      • Pharmacokinetics, safety, and endocrine and appetite effects of ghrelin administration in young healthy subjects
        T Akamizu; K Takaya; T Irako; H Hosoda; S Teramukai; A Matsuyama; H Tada; K Miura; A Shimizu; M Fukushima; M Yokode; K Tanaka; K Kangawa
        EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY, 2004年04月, 査読有り
      • Transcription-coupled events associating with immunoglobulin switch region chromatin
        Y Nambu; M Sugai; H Gonda; CG Lee; T Katakai; Y Agata; Y Yokota; A Shimizu
        SCIENCE, 2003年12月, 査読有り
      • The balance between Pax5 and Id2 activities is the key to AID gene expression
        H Gonda; M Sugai; Y Nambu; T Katakai; Y Agata; KJ Mori; Y Yokota; A Shimizu
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2003年11月, 査読有り
      • Th1-biased tertiary lymphoid tissue supported by CXC chemokine ligand 13-producing stromal network in chronic lesions of autoimmune gastritis
        T Katakai; T Hara; M Sugai; H Gonda; A Shimizu
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2003年10月, 査読有り
      • T(H)2 dominance and defective development of a CD8(+) dendritic cell subset in Id2-deficient mice
        T Kusunoki; M Sugai; T Katakai; Y Omatsu; T Iyoda; K Inaba; T Nakahata; A Shimizu; Y Yokota
        JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 2003年01月, 査読有り
      • Essential role of Id2 in negative regulation of IgE class switching
        M Sugai; H Gonda; T Kusunoki; T Katakai; Y Yokota; A Shimizu
        NATURE IMMUNOLOGY, 2003年01月, 査読有り
      • Chemokine-independent preference for T-helper-1 cells in transendothelial migration
        T Katakai; T Hara; M Sugai; H Gonda; Y Nambu; E Matsuda; Y Agata; A Shimizu
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年12月, 査読有り
      • Effect of environmental antigens on the Ig diversification and the selection of productive V-J joints in the bursa
        H Arakawa; K Kuma; M Yasuda; S Ekino; A Shimizu; H Yamagishi
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2002年07月, 査読有り
      • Selective accumulation of type 1 effector cells expressing P-selectin ligand and/or α4β7-integrin at the lesions of autoimmune gastritis
        T. Katakai; K.J. Mori; T. Masuda; A. Shimizu
        International Immunology, 2002年02月, 査読有り
      • The IL-7 receptor controls the accessibility of the TCRγ locus by Stat5 and histone acetylation
        S.-K. Ye; Y. Agata; H.-C. Lee; H. Kurooka; T. Kitamura; A. Shimizu; T. Honjo; K. Ikuta
        Immunity, 2001年11月, 査読有り
      • DNA polymerase β is not essential for the formation of palindromic (P) region of T cell receptor gene
        H. Gonda; M. Sugai; T. Katakai; N. Sugo; Y. Aratani; H. Koyama; K.J. Mori; A. Shimizu
        Immunology Letters, 2001年08月, 査読有り
      • Targeting of Krüppel-associated box-containing zinc finger proteins to centromeric heterochromatin. Implication for the gene silencing mechanisms
        E. Matsuda; Y. Agata; M. Sugai; T. Katakai; H. Gonda; A. Shimizu
        Journal of Biological Chemistry, 2001年04月, 査読有り
      • Histone acetylation determines the developmentally regulated accessibility for T cell receptor γ gene recombination
        Y. Agata; T. Katakai; S.-K. Ye; M. Sugai; H. Gonda; T. Honjo; K. Ikuta; A. Shimizu
        Journal of Experimental Medicine, 2001年04月, 査読有り
      • Class switch recombination of the chicken IgH chain genes: implications for the primordial switch region repeats
        H Kitao; H Arakawa; K Kuma; H Yamagishi; N Nakamura; S Furusawa; H Matsuda; M Yasuda; S Ekino; A Shimizu
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Molecular anatomy of BCL6 translocations revealed by long-distance polymerase chain reaction-based assays
        H Akasaka; T Akasaka; M Kurata; C Ueda; A Shimizu; T Uchiyama; H Ohno
        CANCER RESEARCH, 2000年05月, 査読有り
      • Molecular and clinical features of non-Burkitt's, diffuse large-cell lymphoma of B-cell type associated with the c-MYC/immunoglobulin heavy-chain fusion gene
        T Akasaka; H Akasaka; C Ueda; N Yonetani; Y Maesako; A Shimizu; H Yamabe; S Fukuhara; T Uchiyama; H Ohno
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2000年02月, 査読有り
      • The helix-loop-helix inhibitor Id2 and cell differentiation control
        Y. Yokota; S. Mori; S.-I. Nishikawa; A. Mansouri; P. Gruss; T. Kusunoki; T. Katakai; A. Shimizu
        Current Topics in Microbiology and Immunology, 2000年, 査読有り
      • Molecular cloning and splicing isoforms of mouse p144, a homologue of CA150
        M Shimada; M Saito; T Katakai; A Shimizu; T Ichimura; S Omata; T Horigome
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Two novel Kruppel-associated box-containing zinc-finger proteins, KRAZ1 and KRAZ2, repress transcription through functional interaction with the corepressor KAP-1 (TIF1 β/KRIP-1)
        Y. Agata; E. Matsuda; A. Shimizu
        Journal of Biological Chemistry, 1999年06月, 査読有り
      • Differential localization of T(h)1 and T(h)2 cells in autoimmune gastritis
        T Katakai; KJ Mori; T Masuda; A Shimizu
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1998年09月, 査読有り
      • Rapid and efficient cloning of cDNAs encoding Kruppel-like zinc finger proteins by degenerate PCR
        Y Agata; E Matsuda; A Shimizu
        GENE, 1998年06月, 査読有り
      • Isolation of differentially expressed genes upon immunoglobulin class switching by a subtractive hybridization method using uracil DNA glycosylase
        M Sugai; S Kondo; A Shimizu; T Honjo
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1998年02月, 査読有り
      • Structure of the TCR expressed on a gastritogenic T cell clone, II-6, and frequent appearance of similar clonotypes in mice bearing autoimmune gastritis
        T Katakai; Y Agata; A Shimizu; C Ohshima; A Nishio; M Inaba; S Kasakura; KJ Mori; T Masuda
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1997年12月, 査読有り
      • Chicken immunoglobulin μ-chain gene: Germline organization and tandem repeats characteristic of class switch recombination
        H. Kitao; H. Arakawa; H. Yamagishi; A. Shimizu
        Immunology Letters, 1996年09月, 査読有り
      • Analysis of regulatory mechanism for humoral immunity using transgenic mice of rearranged immunoglobulin genes
        A. Shimizu
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1995年, 査読有り
      • Transforming growth factor-β induced class switch recombination may be modified during the cell proliferation restored by IL-2 stimulation
        T. Iwasato; Y. Kanari; A. Shimizu; T. Honjo; H. Yamagishi
        Immunology Letters, 1994年02月, 査読有り
      • The human Sμbp-2, a DNA-binding protein specific to the single-stranded guanine-rich sequence related to the immunoglobulin μ chain switch region
        Y. Fukita; T.-R. Mizuta; M. Shirozu; K. Ozawa; A. Shimizu; T. Honjo
        Journal of Biological Chemistry, 1993年08月, 査読有り
      • Isolation of cDNA encoding a binding protein specific to 5′-phosphorylated single-stranded DNA with G-rich sequences
        T.-R. Mizuta; Y. Fukita; T. Miyoshi; A. Shimizu; T. Honjo
        Nucleic Acids Research, 1993年04月, 査読有り
      • The complete murine immunoglobulin class switch region of the α heavy chain gene-hierarchic repetitive structure and recombination breakpoints
        H. Arakawa; T. Iwasato; H. Hayashida; A. Shimizu; T. Honjo; H. Yamagishi
        Journal of Biological Chemistry, 1993年03月, 査読有り
      • Synthesis and regulation of trans-mRNA encoding the immunoglobulin ∈ heavy chain
        A. Shimizu; T. Honjo
        FASEB Journal, 1993年01月, 査読有り
      • Molecular mechanism for immunoglobulin class switching and multiple isotype expression
        A. Shimizu
        Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 1993年, 査読有り
      • Biased distribution of recombination sites within S regions upon immunoglobulin class switch recombination induced by transforming growth factor β and lipopolysaccharide
        T. Iwasato; H. Arakawa; A. Shimizu; T. Honjo; H. Yamagishi
        Journal of Experimental Medicine, 1992年06月, 査読有り
      • ANTIGEN-INDUCED APOPTOTIC DEATH OF LY-1 B-CELLS RESPONSIBLE FOR AUTOIMMUNE-DISEASE IN TRANSGENIC MICE
        M MURAKAMI; T TSUBATA; M OKAMOTO; A SHIMIZU; S KUMAGAI; H IMURA; T HONJO
        NATURE, 1992年05月, 査読有り
      • MAPPING OF THE NU-GENE USING CONGENIC NUDE STRAINS AND INSITU HYBRIDIZATION
        Y TAKAHASHI; A SHIMIZU; T SAKAI; Y ENDO; N OSAWA; H SHISA; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1992年03月, 査読有り
      • A TRANSGENIC MODEL OF AUTOIMMUNE HEMOLYTIC-ANEMIA
        M OKAMOTO; M MURAKAMI; A SHIMIZU; S OZAKI; T TSUBATA; S KUMAGAI; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1992年01月, 査読有り
      • Regulated expression of immunoglobulin trans-mRNA consisting of the variable region of a transgenic μ chain and constant regions of endogenous isotypes
        H. Han; M. Okamoto; T. Honjo; A. Shimizu
        International Immunology, 1991年12月, 査読有り
      • DUPLICATED VARIABLE REGION GENES ACCOUNT FOR DOUBLE ISOTYPE EXPRESSION IN A HUMAN LEUKEMIC B-CELL LINE THAT GIVES RISE TO SINGLE ISOTYPE-EXPRESSING CELLS
        TR MIZUTA; N SUZUKI; A SHIMIZU; T HONJO
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年07月, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF THE ENHANCER REGION FOR GERMLINE TRANSCRIPTION OF THE GAMMA-3 CONSTANT REGION GENE OF HUMAN-IMMUNOGLOBULIN
        K KUZE; A SHIMIZU; T HONJO
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1991年07月, 査読有り
      • SV40 T-ANTIGEN TRANSFORMS CALCITONIN CELLS OF THE THYROID BUT NOT CGRP-CONTAINING NEURONS IN TRANSGENIC MICE
        M BAETSCHER; E SCHMIDT; A SHIMIZU; P LEDER; MC FISHMAN
        ONCOGENE, 1991年07月
      • TRANSSPLICING AS A POSSIBLE MOLECULAR MECHANISM FOR THE MULTIPLE ISOTYPE EXPRESSION OF THE IMMUNOGLOBULIN GENE
        A SHIMIZU; MC NUSSENZWEIG; H HAN; M SANCHEZ; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1991年06月, 査読有り
      • The membrane exons of the pseudo-γ-chain gene of the human immunoglobulin are apparently functional and highly homologous to those of the γ1 gene
        K. Kinoshita; A. Shimizu; T. Honjo
        Immunology Letters, 1991年, 査読有り
      • CIRCULAR DNA IS EXCISED BY IMMUNOGLOBULIN CLASS SWITCH RECOMBINATION
        T IWASATO; A SHIMIZU; T HONJO; H YAMAGISHI
        CELL, 1990年07月, 査読有り
      • Production of sterile transcripts of Cγ genes in an IgM-producing human neoplastic B cell line that switches to IgG-producing cells
        P. Sideras; T.-R. Mizuta; H. Kanamori; N. Suzuki; M. Okamoto; K. Kuze; H. Ohno; S. Doi; S. Fukuhara; M.S. Hassan; L. Hammarstrom; E. Smith; A. Shimizu; T. Honjo
        International Immunology, 1989年11月, 査読有り
      • THE GENE FOR THE HUMAN MAST-CELL HIGH-AFFINITY IGE RECEPTOR ALPHA-CHAIN - CHROMOSOMAL LOCALIZATION TO IQ21-Q23 AND RFLP ANALYSIS
        TEPLER, I; CC MORTON; A SHIMIZU; RF HOLCOMBE; R EDDY; TB SHOWS; P LEDER
        AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 1989年11月, 査読有り
      • EXPRESSION OF DIFFERENT COMBINATIONS OF INTERLEUKINS BY HUMAN T-CELL LEUKEMIC-CELL LINES THAT ARE CLONALLY RELATED
        T NOMA; H NAKAKUBO; M SUGITA; S KUMAGAI; M MAEDA; A SHIMIZU; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1989年05月, 査読有り
      • THE GENE FOR THE RAT MAST-CELL HIGH-AFFINITY IGE RECEPTOR ALPHA-CHAIN - STRUCTURE AND ALTERNATIVE MESSENGER-RNA SPLICING PATTERNS
        TEPLER, I; A SHIMIZU; P LEDER
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1989年04月, 査読有り
      • MOLECULAR MECHANISM FOR IMMUNOGLOBULIN DOUBLE-ISOTYPE EXPRESSION
        A SHIMIZU; T KINASHI; MC NUSSENZWEIG; TR MIZUTA; P LEDER; T HONJO
        COLD SPRING HARBOR SYMPOSIA ON QUANTITATIVE BIOLOGY, 1989年, 査読有り
      • A new vector and RNase H method for the subtractive hybridization
        K. Kuze; A. Shimizu; T. Honjo
        Nucleic Acids Research, 1989年, 査読有り
      • Immunoglobulin double-isotype expression by trans-mRNA in a human immunoglobulin transgenic mouse
        A. Shimizu; M. C. Nussenzweig; T. R. Mizuta; P. Leder; T. Honjo
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 1989年, 査読有り
      • Effect of human recombinant interleukin 4 on in vitro granulopoiesis of human bone marrow cells
        Hiroshi Kajitani; Hideo Enokihara; Satoshi Tsunogake; Naoto Takano; Kenji Saito; Shimpei Furusawa; Hideo Shishido; Takafumi Noma; Akira Shimizu; Tasuku Honjo
        Growth Factors, 1989年
      • Human and rat mast cell high-affinity immunoglobulin E receptors: Characterization of putative α-chain gene products
        A. Shimizu; I. Tepler; P. N. Benfey; E. H. Berenstein; R. P. Siraganian; P. Leder
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 1988年12月
      • A LARGER NUMBER OF L-CHAINS (TAC) ENHANCE THE ASSOCIATION RATE OF INTERLEUKIN-2 TO THE HIGH-AFFINITY SITE OF THE INTERLEUKIN-2 RECEPTOR
        Y SAITO; H SABE; N SUZUKI; S KONDO; T OGURA; A SHIMIZU; T HONJO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1988年11月, 査読有り
      • A soluble \\'anchorminus\\' interleukin 2 receptor suppresses in vitro interleukin 2-mediated immune responses
        N. Kondo; S. Kondo; A. Shimizu; T. Honjo; J. Hamuro
        Immunology Letters, 1988年, 査読有り
      • EVIDENCE FOR THE INTERLEUKIN-2 DEPENDENT EXPANSION OF LEUKEMIC-CELLS IN ADULT T-CELL LEUKEMIA
        M MAEDA; N ARIMA; Y DAITOKU; M KASHIHARA; H OKAMOTO; T UCHIYAMA; K SHIRONO; M MATSUOKA; T HATTORI; K TAKATSUKI; K IKUTA; A SHIMIZU; T HONJO; J YODOI
        BLOOD, 1987年11月, 査読有り
      • T-CELL REPLACING FACTOR INTERLEUKIN-5 INDUCES NOT ONLY B-CELL GROWTH AND DIFFERENTIATION, BUT ALSO INCREASED EXPRESSION OF INTERLEUKIN-2 RECEPTOR ON ACTIVATED B-CELLS
        N HARADA; M MATSUMOTO; N KOYAMA; A SHIMIZU; T HONJO; A TOMINAGA; K TAKATSU
        IMMUNOLOGY LETTERS, 1987年07月, 査読有り
      • Expression and function characterization of artificial mutants of interleukin-2 receptor
        S. Kondo; M. Kinoshita; A. Shimizu
        Nature, 1987年, 査読有り
      • PRODUCTION AND CHARACTERIZATION OF THE EXTRACYTOPLASMIC PORTION OF THE HUMAN INTERLEUKIN-2 RECEPTOR
        A SHIMIZU; N KONDO; S KONDO; J HAMURO; T HONJO
        MOLECULAR BIOLOGY & MEDICINE, 1986年12月, 査読有り
      • A joining-diversity-joining complex generated by inversion mechanism and a variable-diversity complex in the β-chain gene of the human T-cell receptor
        K. Ikuta; T. Ogura; A. Shimizu; T. Honjo
        Nucleic Acids Research, 1986年06月, 査読有り
      • Expression of functional human interleukin-2 receptor in mice T cells by cDNA transfection
        S. Kondo; A. Shimizu; M. Maeda; Y. Tagaya; J. Yodoi; T. Honjo
        Nature, 1986年03月, 査読有り
      • STRUCTURE AND FUNCTION OF THE INTERLEUKIN-2 RECEPTOR - AFFINITY CONVERSION MODEL
        A SHIMIZU; S KONDO; H SABE; N ISHIDA; T HONJO
        IMMUNOLOGICAL REVIEWS, 1986年, 査読有り
      • Molecular basis for two different affinity states of the interleukin 2 receptor: Affinity conversion model
        S. Kondo; A. Shimizu; Y. Saito; M. Kinoshita; T. Honjo
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 1986年, 査読有り
      • MOLECULAR-CLONING AND STRUCTURE OF THE HUMAN INTERLEUKIN-2 RECEPTOR GENE
        N ISHIDA; H KANAMORI; T NOMA; T NIKAIDO; H SABE; N SUZUKI; A SHIMIZU; T HONJO
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1985年, 査読有り
      • ORIGIN OF HUMAN T-LYMPHOTROPHIC VIRUS-I-POSITIVE T-CELL LINES IN ADULT T-CELL LEUKEMIA - ANALYSIS OF T-CELL RECEPTOR GENE REARRANGEMENT
        M MAEDA; A SHIMIZU; K IKUTA; H OKAMOTO; M KASHIHARA; T UCHIYAMA; T HONJO; J YODOI
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1985年, 査読有り
      • Low frequency of somatic mutation in β-chain variable region genes of human T-cell receptors
        K. Ikuta; T. Ogura; A. Shimizu; T. Honjo
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 1985年, 査読有り
      • Properties of human interleukin-2 receptors expressed on non-lymphoid cells by cDNA transfection
        H. Sabe; S. Kondo; A. Shimizu; Y. Tagaya; J. Yodoi; N. Kobayashi; M. Hatanaka; N. Matsunami; M. Maeda; T. Noma
        Molecular Biology and Medicine, 1984年, 査読有り
      • MOLECULAR-CLONING OF CDNA-ENCODING HUMAN INTERLEUKIN-2 RECEPTOR
        T NIKAIDO; A SHIMIZU; N ISHIDA; H SABE; K TESHIGAWARA; M MAEDA; T UCHIYAMA; J YODOI; T HONJO
        NATURE, 1984年, 査読有り
      • IMMUNOGLOBULIN CLASS SWITCHING
        A SHIMIZU; T HONJO
        CELL, 1984年
      • Japanese wild mouse, Mus musculus molossinus, has duplicated immunoglobulin γ2a genes
        A. Shimizu; Y. Hamaguchi; Y. Yaoita; K. Moriwaki; K. Kondo; T. Honjo
        Nature, 1982年, 査読有り
      • ORGANIZATION OF THE CONSTANT-REGION GENE FAMILY OF THE MOUSE IMMUNOGLOBULIN HEAVY-CHAIN
        A SHIMIZU; N TAKAHASHI; Y YAOITA; T HONJO
        CELL, 1982年, 査読有り
      • ORDERING OF MOUSE IMMUNOGLOBULIN HEAVY-CHAIN GENES BY MOLECULAR-CLONING
        A SHIMIZU; N TAKAHASHI; Y YAMAWAKIKATAOKA; Y NISHIDA; T KATAOKA; T HONJO
        NATURE, 1981年, 査読有り
      • Structure of a rearranged γ1 chain gene and its implication to immunoglobulin class-switch mechanism
        M. Obata; T. Kataoka; S. Nakai; H. Yamagishi; N. Takahashi; Y. Yamawaki-Kataoka; T. Nikaido; A. Shimizu; T. Honjo
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 1981年, 査読有り

      MISC

      • Spontaneous lymphoid neogenesis and balanced autoimmunity versus tolerance in the stomach of H+/K+-ATPase-reactive TCR transgenic mouse.
        Tomoya Katakai; Takashi Nomura; Hiroyuki Gonda; Manabu Sugai; Shimon Sakaguchi; Akira Shimizu
        第36 回日本免疫学会総会(2006.12.11-13. 大阪), 2006年12月11日, 査読有り
      • 分化抑制因子Id2 によるB 細胞最終分化抑制機構の解析
        中島(長田; 奈津紀; 權田裕之; 田畑泰彦; 横田義史; 清水章; 菅井学
        第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.7-10 福岡), 2005年, 査読有り
      • カチオン化ゼラチンを用いたsiRNA の腎間質へのデリバリー
        櫛引俊宏; 中島奈津紀; 菅井学; 清水章; 田畑泰彦
        第54 回高分子学会年次大会(2005.5.25-27 横浜), 2005年, 査読有り
      • Delivery of small interference RNA of transforming \ngrowth factor beta 1 receptor by cationized gelatin.
        Kushibiki, T; Nagata-Nakajima, N; Sugai, M; Shimizu, A; Tabata, Y
        4th Asian International Symposium on Biomaterials (AISB4)and 2nd International Symposium on Fusion of Nano and Bio Technologies(FNB)(2004.11.16-18. Tsukuba), 2004年11月16日, 査読有り
      • カチオン化ゼラチンを利用したsiRNA 発現ベクターに よる腎線維化進展抑制
        櫛引俊宏; 中島奈津紀; 菅井学; 清水章; 田畑泰彦
        第20 回日本DDS 学会学術集会(2004.7.15-16. 京都), 2004年, 査読有り

      受賞

      • 1991年
        日本生化学会, 日本生化学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • CD4T細胞から分化誘導される新規制御性T細胞の機能解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        清水 章
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        CD8T;免疫寛容;慢性炎症;免疫反応;免疫抑制;自己免疫;T cell;制御性T細胞;T細胞
      • OMICS情報を臨床診療に反映するためのインターフェースとバーチャルカルテの開発
        挑戦的萌芽研究
        近畿大学
        万代 昌紀
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        卵巣癌;マイクロアレイ;細胞内シグナル;バイオインフォマティクス;インターフェース;マイクロアレイ解析;バーチャルカルテ
      • 分子標的治療による歯牙再生に関するトランスレーショナルリサーチ
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 克
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        歯の再生;歯数制御;分子標的治療;USAG-1;Runx2;CEBP/β;過剰歯;先天性無歯症;BMP-7;C/EBPβ;BMP7;ゼラチンスポンジ
      • 抗原特異的免疫反応制御機構の分子基盤
        基盤研究(B)
        京都大学
        清水 章
        自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        自己免疫疾患;免疫抑制;獲得免疫;免疫寛容;自己免疫;免疫制御;腫瘍免疫;腫瘍免疫疾患
      • クラススイッチ組換え制御によるアレルギー制御・治療法の探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        清水 章
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        免疫学;クラススイッチ;遺伝子組換え;アレルギー;免疫制御
      • 歯数制御による歯牙再生に関する分子生物学的研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 克
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        歯の再生;歯数制御;第3生歯;遺伝子治療;USAG-1;分子標的治療;BMP-7;歯牙再生;BMP7
      • 微小環境構築と転写ネットワーク解析による免疫反応制御の分子機構解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        清水 章
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        分子免疫学;免疫制御;転写因子;遺伝子組換え;抗体遺伝子;発現制御;免疫学;遺伝子;腸管免疫;制御性T細胞;IgA;Runx;retinoic acid;TGF-β1;自己免疫炎症;クラススイッチ
      • 3次リンパ組織形成における制御性T細胞誘導による自己免疫制御の可能性探求
        萌芽研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        TCR遺伝子;制御性T細胞;転写制御;NFκB;RelA;RelB;IκB;自己免疫性胃炎
      • 先端医療の開発に必要な臨床試験を支える倫理基盤の整備
        基盤研究(C)
        京都大学
        村山 敏典
        完了
        患者権利擁護;自主臨床試験;補償;医療倫理;自主臨床研究;臨床研究
      • 遺伝子組換えを標的としたアレルギー制御の可能性検索
        萌芽研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;IRF4;ヒストンアセチル化;Pax5;Bcl6
      • 免疫系における遺伝子組換えの制御機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;SIP;ヒストンアセチル化;Pax5;Bcl6;Bc16, immunoglobulin gene;class switching;transcriptional regulation;Id2;SIP;histone acetylation;Pax5;Bcl6
      • Bリンパ球の分化・活性化におけるゲノム機能変換の遺伝情報DECODE回路解明
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;NFκB;ヒストンアセチル化;Pax5;Bc16;Bcl6
      • 転写制御因子の多機能性-翻訳調節へのクロストーク
        萌芽研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;NFκB;ヒストンアセチル化;Pax5;Bcl6
      • 顎関節疾患に対するANKHを標的遺伝子とした遺伝子治療法の開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        菅井 学;村上 賢一郎
        完了
        顎関節;ANKH;遺伝子治療;組み換えウイルス, tooth regenaration;USAG-1;diphyodont;polymorphism
      • 歯牙再生に関する分子生物学的研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 克
        完了
        歯牙再生;USAG-1;歯数制御;頭部神経堤細胞;器官培養;組み換えウイルス, tooth regeneration;USAG-1;diphyodont;polymorphism
      • Bリンパ球の分化・活性化におけるクロマチン修飾・遺伝情報発現制御のネットワーク
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;NFκB;CpGオリゴヌクレオチド;Pax5;Bcl6
      • エナメル上皮腫のWnt, Shh-Ptchシグナル系に関する分子生物学的研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        西田 光男
        完了
        エナメル上皮腫;CTNNB1;PTCH1;ポリモルフィズム;PTCH;β-カテニン;体細胞突然変異, ameloblastoma;CTNNB1;PTCH1;polymorphism
      • 免疫系における遺伝子組換え標的特異性制御機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;Id2;NFκB;ヒストンアセチル化;Pax5;Bcl6, immunoglobulin gene;class switching;transcriptional regulation;Id2;NFκB;histone acetylation;Pax5;Bcl6
      • クロマチン構造修飾などによる遺伝子状態・細胞機能のエピゲノム性調節とその維持
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;アクセシビリティー;E2A;Id2;アレルギー;ChIP
      • SNPを用いた顎変形症における遺伝要因のゲノム解析
        萌芽研究
        京都大学
        飯塚 忠彦
        完了
        顎変形症;ゲノム;遺伝要因
      • 試験管内培養系検証システムの確立による抗体可変部遺伝子体細胞突然変異機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;AID;Pax5;Id2;E2A;転写制御;クラススイッチ;体細胞突然変異, immuriogologulin gene;AID;Pax5;Id2;E2A;transcription;class sitching;somatic hypermutation
      • 顎関節疾患のゲノム解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        村上 賢一郎
        完了
        顎関節;ゲノム;遺伝子診断;遺伝要因;遺伝診断, Temporomandibular joint;gene diagnosis;ANKH
      • クロマチン構造の変化などによる遺伝子状態・細胞機能のエピゲノム性調節とその維持
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;転写制御;アクセシビリティー;E2A;Id2;アレルギー;ChIP
      • ヒト顎関節円板・滑膜病変に対するANK遺伝子を用いた遺伝子診断法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        村上 賢一郎
        完了
        顎関節;遺伝子診断;ANK遺伝子;滑膜培養細胞;関節円板;滑順培養細胞, temporomandibular joint;gene diagnosis;ANK gene;synovial cell;ortiomlar disk
      • HTLV-I感染T細胞株の増殖性進展と造腫瘍性関連遺伝子の検索と同定
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        前田 道之
        完了
        成人T細胞白血病;ATL;HTLV-1;造腫瘍性;増殖進展;cDNAマイクロアレイ
      • クロマチン構造の変化とその維持による遺伝子状態のエピゲノム性調節とその伝達
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        転写抑制;ヘテロクロマチン;KRAB;co-repressor;遺伝子組換え;T細胞受容体;ヒストンアセチル化;ヒストン脱アセチル化酵素
      • クロマチン構造の変化とその維持による遺伝子状態のエピゲノム性調節とその伝達
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        清水 章
        完了
        転写抑制;ヘテロクロマチン;KRAB;Znフィンガー因子;co-repressor;KAP-1;ヒストンアセチル化;ヒストン脱アセチル化酵素
      • 抗体のクラススイッチに先行して誘導されるGermline転写産物の機能解析
        特定領域研究(A)
        京都大学
        菅井 学
        完了
        クラススイッチ;B細胞;分化;RNA;免疫;くみかえ;抗体;修ふく
      • CD4陽性T細胞サブセットの選択的集積機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        新生児胸腺摘除;自己免疫性胃炎;Th1;Th2亜集団;IL-4;γ-インターフェロン;血管透過能;血管内皮細胞;CD4陽性キラー;Th2サブセット;ケモカイン;T細胞受容体遺伝子導入マウス, Neonatal Thymectomy;Autoimmune Gastritis;Th1;Th2 subsets;IL-4;γ-Interferon;Transendothelial Migration;Endothelial Cells;CD4ィイD1+ィエD1 Killer Cells
      • 自己免疫性胃炎惹起性および抑制性T細胞のレパートリー
        特定領域研究(A)
        京都大学
        清水 章
        完了
        新生児胸腺摘除;自己免疫性胃炎;Th1;Th2亜集団;IL-4;γ-インターフェロン;血管透過能;血管内皮細胞;CD4陽性キラー
      • ニワトリ抗体分子の遺伝情報変化と抗原親和成熟の検証
        基盤研究(C)
        (財)体質研究会;京都大学
        山岸 秀夫
        完了
        ブルサ;胚中心;免疫グロブリン;PCR法;抗原親和性成熟;遺伝子変換;点突然変異;クラススイッチ組換え;抗体遺伝子;NPハプテン;抗原親和性;クラススイツチ組換え;FITCハプテン;高親和性;体細胞突然変異;クラススイッチ領域, Bursa Fabricius;Germinal center;Immunoglobulin;PCR method;Affinity maturation;Gene conversion;Point mutation;Class switch recombination
      • 自己免疫性胃炎惹起性T細胞とこれを抑制するT細胞のレパートリー
        重点領域研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        新生児胸腺摘除;自己免疫性胃炎;T細胞クローン;T細胞抗原受容体遺伝子;クロノタイプ;遺伝子組換え;CDR3;CD4陽性キラー
      • ニワトリ抗体H鎖定常部遺伝子の構造と全構成
        基盤研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;S領域;鳥類;イントロン;遺伝子組換え;繰り返し配列;分子進化
      • ニワトリ抗体H鎖定常部遺伝子群の構成
        一般研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;S領域;鳥類;イントロン;遺伝子組換え;繰り返し配列;分子進化
      • 抗体クラス変換の調節とアレルギー
        重点領域研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;アレルギー;CD40リガンド;トランス・スプライシング;非組換え型転写;トランスmRNA;多重アイソタイプ同時発現
      • Bリンパ球の分化におけるRNAプロセシングの制御
        国際学術研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;S領域;遺伝子組換え;非組換え型転写;トランス・スプライシング;トランスmRNA;多重アイソタイプ同時発現;アレルギー;CD40リガンド, Ig class Switching;Ig gene;S region;Gene rearrangement;germ-line transcript;trans-splicing;trans-mRNA;Multiple isotype expression
      • Fc受容体のシグナル伝達機構の解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        淀井 淳司
        完了
        Fc受容体;シグナル伝達;IgE;IgC;リンパ球;イムノグロブリン;IgG;lgE;lgG, Fc receptor;signal transduction;IgE;IgG;lymphocyte;immunoblobulin
      • 抗体クラス変換の制御・調節とアレルギー
        重点領域研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;アレルギー;高親和性Tcε受容体;トランス・スプライシング;非組換え型転写;トランスmRNA;多重アイソタイプ同時発現
      • 非組換え型定常部遺伝子の転写による抗体多重アイソタイプ同時発現とクラス変換の制御
        一般研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        トランス・スプライシング;抗体遺伝子;抗体クラス変換;非組換え型転写;DNAの複製;多重アイソタイプ同時発現;トランスmRNA;遺伝子導入マウス
      • 抗体クラス変換の制御とアレルギー
        重点領域研究
        京都大学
        清水 章
        完了
        抗体クラス変換;抗体遺伝子;遺伝子組換え;スイッチ(S)領域;DNA結合蛋白;非組換え型転写;トランスmRNA;多重アイソタイプ同時発現
      • 抗赤血球自己抗体遺伝子導入マウスを用いた自己反応性B細胞制御法の開発
        試験研究(B)
        京都大学
        清水 章
        完了
        遺伝子導入マウス;CD5陽性B(B-1)細胞;自己免疫病;溶血性貧血;腹腔B細胞;消化管免疫;LPS;プログラム細胞死;CD5陽性B細胞;B細胞トレランス;腸管内抗原, Transgenic mouse;CD5^+ B cells (B-1 cells);B cells in abdominal cavity;Auto-immune disease;Hemolytic anemia;Gastro-intestinal immunity;LPS;Programd cell death
      • 抗原受容体遺伝子組替えシグナル配列に結合するRBP-Jκの研究
        国際学術研究
        京都大学
        仲野 徹
        完了
        遺伝子破壊;相同遺伝子組替え;発生;胎生期致死;転写制御因子;胚性幹細胞;ショウジョウバエ;末梢神経;遺伝子組換え, Gene targeting;Homologous recombination;Embryonic lethal;Development;Transcriptional regulator
      • トランス・スプライシングによる抗体多重アイソタイプ同時発現とその分子機構
        一般研究(C)
        京都大学
        清水 章
        完了
        トランス・スプライシング;抗体遺伝子;抗体クラススイッチ;多重アイソタイプ同時発現;PCR;トランスmRNA;トランスジェニックマウス, Trans-splicing;Immunoglobulin Gene;Antibody Class Switching;Multiple Isotype Expression;P. C. R;Trans-mRNA;Transgenic Mouse
      • 抗赤血球自己抗体遺伝子導入マウスを用いた自己免疫性貧血治療法の検索
        試験研究(B)
        京都大学
        清水 章
        完了
        自己抗体;自己免疫;溶血性貧血;トランスジェニックマウス;免疫寛容
      • 抗体遺伝子クラススイッチ機構の研究
        一般研究(B)
        京都大学
        山岸 秀夫
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;LPSとTGFβ;IgA誘導;環状DNA;Sα領域;逐次的組換え;染色体構造変化;TGF-βとIL-2;細胞増殖;IgAクラススイッチ;Sμ;Sγ_3組換え;組換え点の均一化;クラススイッチ組換え;完全塩基配列;スイッチ組換え点;階層的反復配列;80塩基反復単位;染色体対合;クラススイツチ;組換え部位の偏り;遂次的組換え, Immunoglobulin gene;Class switch;LPS and TGF-beta;IgA switch induction;Circular DNA;Salpha region;Successive recombination;IL-2 stimulated proliferation
      • 遺伝子導入動物による発癌の研究
        がん特別研究
        熊本大学
        山村 研一
        完了
        トランスジェニックマウス;多段階発癌;癌遺伝子;ES細胞;相同遺伝子組換え;遺伝子トラップ
      • 遺伝子導入動物による発癌の研究
        がん特別研究
        熊本大学
        山村 研一
        完了
        トランスジェニックマウス;ES細胞;癌遺伝子;相同遺伝子組換え
      • 抗体クラススイッチの制御機構
        国際学術研究
        京都大学
        本庶 佑
        完了
        抗体遺伝子;クラススイッチ;遺伝子組換え;germline転写物;インタ-ロイキン4;環状DNA, immunoglobulin gene;class switch;rearrangement;germline transcript;interleukin 4;circular DNA
      • 遺伝子導入動物による発癌の研究
        がん特別研究
        熊本大学
        山村 研一
        完了
        トランスジェニックマウス;癌遺伝子;ウイルス発癌;遺伝的背景;相同遺伝子組み換え;胚幹細胞
      • 免疫系における多様性発現機構の分子遺伝学的研究
        特別推進研究
        京都大学
        本庶 佑
        完了
        Bリンパ球;VDJ組換;骨髄多分化能細胞;ストロ-マ細胞;リコンビナ-ゼ;ショウジョウバエ;SーS組換え;環状DNA;抗体遺伝子再構成;DNA結合タンパク質;cDNAクローニング;integrase family;transgenic mouse;double isotype expression;trans splicing;ヒト抗体V_H鎖遺伝子;骨髄細胞からのリンパ球への分化;クラススイッチ;IgM^+IgG^+B細胞;IL-2;IL-2R;トランスジュニックマウス;NK細胞;抗体遺伝子D断片;Bリンパ球の分化;IL-4;IL-2リセプター;トランスジェーニックマウス;染色体マップ;IL-4遺伝子;IL-5遺伝子;免疫グロブリン遺伝子;リンフォカイン遺伝子;人工突然変異;インターロイキン2の受容体;インターロイキン5;エンハンサー
      • ヒトIL-2レセプターとその誘導因子(IL-2-R誘導因子)の遺伝子解析
        特定研究
        京都大学
        淀井 淳司
        完了
        IL-2R;成人T型白血病;ADF;IL-1;KOLT-2抗体;CD28抗原;ED細胞;YT細胞

      外部資金:その他

      • 創薬・新規医療開発のアカデミア拠点強化
        文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
        自 2012年, 至 2016年
        高橋良輔
      • アカデミア発先端医療技術の早期実用化に向けた実践と連携
        文部科学省 橋渡し研究加戦略的推進プログラム
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        松田秀一
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第1
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          高次生命科学特別演習
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          疾患・免疫生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            放射性同位元素等管理委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員長
          • 自 2008年10月01日, 至 2010年09月30日
            総長室特命補佐
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            産官学連携本部運営協議会
          • 自 2008年04月01日, 至 2013年09月10日
            京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            産官学連携本部運営協議会
          • 自 2010年10月01日, 至 2014年09月30日
            京都大学組み換えDNA実験安全委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            産官学連携本部運営協議会協議員 委員
          • 自 2013年09月11日, 至 2015年12月31日
            ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            組換えDNA実験安全委員会 1号委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 7号協議員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 7号委員
          • 自 2016年04月01日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            放射線同位元素等専門委員会
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            情報ネットワーク倫理委員会
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            組換えDNA実験安全委員会 1号委員
          • 自 2013年07月18日, 至 2015年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 初修外国語部会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2019年09月30日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員長(~2019/9/30)、委員(2019/10/1~)
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            組換えDNA実験安全委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 至 2017年03月31日
            医学研究科・医学部放射性同位元素等管理委員会
          • 自 2013年04月01日
            医学部附属病院 臨床研究総合センター 副センター長
          • 自 2013年04月01日
            医学部附属病院 臨床研究総合センター 開発企画部長
          • 自 2008年10月01日, 至 2013年09月30日
            寄附講座運営委員会(探索臨床腫瘍学)
          • 至 2019年03月31日
            施設管理運営委員会 委員
          • 至 2015年09月30日
            「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」知財委員会
          • 至 2015年09月30日
            「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」開発推進委員会
          • 自 2001年11月01日, 至 2020年03月31日
            病院協議会 委員
          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            管理体制委員会
          • 自 2010年04月01日
            附属ゲノム医学センター運営委員会
          • 至 2020年03月31日
            iPS細胞臨床開発部運営委員会
          • 至 2018年03月31日
            iPS等臨床試験センター整備専門委員会
          • 至 2020年03月31日
            特定臨床研究実施管理委員会
          • 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター協議会
          • 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター運営会議
          • 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター推進委員会
          • 至 2017年03月31日
            臨床研究総合センター医療開発委員会
          • 至 2017年03月31日
            高齢者ユニット運営委員会
          • 至 2019年03月31日
            予算委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究開発戦略推進委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            シーズ選定委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究開発連絡会(再生医療) 委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究開発連絡会(医療機器) 委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究開発連絡会(医薬品) 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            放射線障害予防委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター財務委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター人事委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            臨床研究総合センター開発企画部連絡会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            シーズ発掘委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            シーズ評価委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            臨床試験データ等の移転規程化に向けたワーキンググループ 委員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 評議員, 日本免疫学会
            • 評議員, 日本生化学会

            ページ上部へ戻る