教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岩田 知孝

イワタ トモタカ

防災研究所 地震災害研究部門 教授

岩田 知孝
list
    Last Updated :2022/07/03

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 地球惑星科学専攻 応用固体地球物理学講座, 教授

    所属学協会

    • 自 2000年, 至 現在
      建築学会
    • 自 1990年, 至 現在
      自然災害科学会
    • 自 1988年, 至 現在
      米国地球物理学連合
    • 自 1981年, 至 現在
      日本地震学会
    • 米国地震学会
    • Americal Geophysical Union
    • Seismological Society of America
    • Seismological Society of Japan

    学位

    • 理学修士(京都大学)
    • 理学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程地球物理学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程地球物理学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部地球物理学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/07/03

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        強震動地震学
      • 研究概要

        震源特性
        地震波伝播特性
        地震波のサイト増幅特性
        長周期地震動
        強震動予測

      研究キーワード

      • 強震動地震学
      • Strong Motion Seismology

      研究分野

      • 自然科学一般, 固体地球科学
      • 社会基盤(土木・建築・防災), 防災工学

      論文

      • Microtremor array surveys and development of the velocity model in the Hakodate Plain, Hokkaido, Japan
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Kunikazu Yoshida; Naoto Inoue; Kazuhiro Somei; Ken Miyakoshi; Michihiro Ohori
        Earth, Planets and Space, 2022年12月
      • 近江盆地南部における微動アレイ探査
        浅野, 公之; 岩田, 知孝; 関口, 春子; 杉山, 長志
        京都大学防災研究所年報. B, 2021年12月
      • 大阪堆積盆地構造モデルの改良
        関口 春子; 浅野 公之; 岩田 知孝; 吉見 雅行; 堀川 晴央; 竿本 英貴; 林田 拓己
        日本地質学会学術大会講演要旨, 2015年
      • Revisiting the Source Rupture Process of the Mainshock of the 2016 Kumamoto Earthquake and Implications for the Generation of Near-Fault Ground Motions and Forward-Directivity Pulse
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        Bulletin of the Seismological Society of America, 2021年07月20日
      • Seismological Structures on Bimodal Distribution of Deep Tectonic Tremor
        Yasunori Sawaki; Yoshihiro Ito; Kazuaki Ohta; Takuo Shibutani; Tomotaka Iwata
        Geophysical Research Letters, 2021年04月28日
      • Along‐Dip Variation in Seismic Radiation of the 2011 Ibaraki‐Oki, Japan, Earthquake ( M w 7.9) Inferred Using a Multiple‐Period‐Band Source Inversion Approach
        Hisahiko Kubo; Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Shin Aoi
        Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 2020年10月, 査読有り
      • Improving the retrieval of offshore-onshore correlation functions with machine learning
        Loïc Viens; Tomotaka Iwata
        J. Geophys. Res., Solid Earth ACCEPTED, 2020年03月06日, 査読有り
      • 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-和泉山脈南縁)における重点的な調査観測による地下構造調査
        岩田知孝; 浅野公之; 関口春子; 山田浩二; 末廣匡基
        京都大学防災研究所年報, 2020年, 筆頭著者
      • Strong Ground Motion Simulation of 2016 ML6.6 Meinong, Taiwan, Earthquake Using the Empirical Green's Function Method
        Chen, Y.-C; H.-C. Huang; T. Iwata; K. Asano
        J. Geophys. Res., 2019年11月, 査読有り
      • Source rupture process of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake deduced from strong-motion data considering seismic wave propagation in three-dimensional velocity structure
        Asano, K; T. Iwata
        Earth Planets Space, 2019年09月, 査読有り
      • 2016年熊本地震系列の強震記録から分離した震源・伝播経路・サイト増幅特性
        染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝; 宮腰研; 吉田邦一; 吉見雅行
        日本地震工学会論文集(Web), 2019年, 査読有り
      • 奈良盆地の3次元速度構造モデルの構築と検証
        関口春子; 浅野公之; 岩田知孝
        地質学雑誌, 2019年, 査読有り
      • 2018年6月18日大阪府北部の地震
        岩田知孝; 飯尾能久; 松島信一
        地震ジャーナル, 2018年12月, 招待有り, 筆頭著者
      • 2016年熊本地震系列の強震記録から分離した震源・伝播経路・サイト特性
        染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝; 宮腰研; 吉田邦一; 吉見雅行
        第15回日本地震工学シンポジウム論文集, 2018年12月
      • 大阪堆積盆地北西部の尼崎観測点で観測される繰り返し地震波後続波軍の特徴と3次元地震動シミュレーション
        岩田知孝; 浅野公之; 田中宏樹
        第15回日本地震工学シンポジウム論文集, 2018年12月
      • 震源断層近傍の強震動特性
        岩田知孝
        第15回日本地震工学シンポジウム論文集, 2018年12月, 招待有り
      • 経験的グリーン関数法を用いた2016年鳥取県中部の地震の広帯域震源モデル
        永井夏織; 浅野公之; 加藤護; 岩田知孝
        第15回日本地震工学シンポジウム論文集, 2018年12月
      • 大阪平野・京都盆地の地盤構造モデル検証事例
        浅野公之; 関口春子; 岩田知孝
        第46回地盤震動シンポジウム論文集, 2018年11月, 招待有り
      • 和歌山平野の3次元地下構造モデル構築と中央構造線断層帯による強震動予測
        上林宏敏; 大堀道広; 川辺秀憲; 釜江克宏; 山田浩二; 宮腰 研; 岩田知孝; 関口春子; 浅野公之
        日本地震工学会論文集, 2018年10月, 査読有り
      • 2018年6月大阪府北部の地震時の強震動
        岩田知孝; 浅野公之
        第55回自然災害科学総合シンポジウム講演論文集, 2018年09月, 招待有り
      • 熊本県益城町寺中における2016年熊本地震断層のトレンチ調査
        堤 浩之; 遠田晋次; 後藤秀昭; 熊原康博; 石村大輔; 高橋直也; 谷口 薫; 小俣雅志; 郡谷順英; 五味雅宏; 浅野公之; 岩田知孝
        活断層研究, 2018年08月, 査読有り
      • 大阪堆積盆地北西部尼崎観測点で観測される繰り返し地震波後続波群
        岩田知孝; 浅野公之; 田中宏樹
        月刊地球, 2018年03月
      • 地震動観測記録を用いた京都盆地基盤深度モデルの検証
        浅野公之; 岩田知孝; 下村智也
        月刊地球, 2018年03月
      • 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-和泉山脈南縁)周辺域の地下構造モデルの高度化と強震動予測
        上林宏敏; 大堀道広; 川辺秀憲; 釜江克宏; 山田浩二; 岩田知孝; 関口春子; 浅野公之
        第45回地盤震動シンポジウム論文集, 2017年11月
      • Surface wave group velocity in the Osaka sedimentary basin, Japan, estimated using ambient noise cross-correlation functions
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Haruko Sekiguchi; Kazuhiro Somei; Ken Miyakoshi; Shin Aoi; Takashi Kunugi
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2017年08月, 査読有り
      • Three-Dimensional Architecture of the Median Tectonic Line in Southwest Japan Based on Detailed Reflection Seismic and Drilling Surveys
        Ito, Y; T. Iwata; K. Takemura
        Evolutionary Models of Convergent Margins - Origin of Their Diversity, 2017年
      • Structural Features Along the Median Tectonic Line in Southwest Japan: An Example of Multiphase Deformation on an Arc‐Bisecting Fault
        Ito, Y; T. Iwata
        Evolutionary Models of Convergent Margins - Origin of Their Diversity, 2017年
      • Fission Track Thermochronology of Late Cretaceous Sandstones of the Izumi Group Adjacent to the Median Tectonic Line Active Fault System in Southwest Japan
        Ito, Y; P. F. Green; K. Takemura; T. Iwata
        Evolutionary Models of Convergent Margins - Origin of Their Diversity, 2017年
      • Source rupture processes of the foreshock and mainshock in the 2016 Kumamoto earthquake sequence estimated from the kinematic waveform inversion of strong motion data
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2016年08月, 査読有り, 招待有り
      • Modelling of wave propagation and attenuation in the Osaka sedimentary basin, western Japan, during the 2013 Awaji Island earthquake
        Kimiyuki Asano; Haruko Sekiguchi; Tomotaka Iwata; Masayuki Yoshimi; Takumi Hayashida; Hidetaka Saomoto; Haruo Horikawa
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2016年03月, 査読有り
      • Development of fully bayesian multiple-time-window source inversion
        Hisahiko Kubo; Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Shin Aoi
        Geophysical Journal International, 2016年, 査読有り
      • 2011年東北地方太平洋沖地震の強震記録を用いた震源モデルの概要
        三宅 弘恵; 浅野 公之; 纐纈 一起; 岩田 知孝
        日本地震工学会論文集, 2016年, 査読有り
      • Long-period Ground Motion Characteristics and Simulations in the Osaka Basin during the 2011 Great Tohoku Earthquake
        Iwata, T; H. Kubo; K. Asano; K. Sato; S. Aoi
        Proc. 5th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, 2016年, 招待有り
      • Three-dimensional Ground Motion Simulations of Repeated Arrivals at Amagasaki Strong Motion Station
        Tanaka, H; T. Iwata; K. Asano
        Proc. 5th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, 2016年
      • Construction of a 3D Velocity Structure Model of Osaka Sedimentary Basin
        Sekiguchi, H; K. Asano; T. Iwata; M. Yoshimi; H. Horikawa; H. Saomoto; T. Hayashida
        Proc. 5th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, 2016年
      • Surface Wave Group Velocity Tomography in the Osaka Sedimentary Basin, Japan, Using Ambient Noise Cross-Correlation Functions
        Asano, K; T. Iwata; H. Sekiguchi; K. Somei; K. Miyakoshi; S. Aoi; T. Kunugi
        Proc. 5th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, 2016年, 査読有り
      • Estimation of Site Amplification Factors for Strong Motion Stations in the Hokuriku District
        Somei, K; K. Asano; T. Iwata; K. Miyakoshi; M. Ohori
        Proc. 5th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, 2016年
      • 微動アレイ観測と単点微動観測による加賀平野南部及び邑知潟平野の堆積平野速度構造モデルの検討
        浅野公之; 岩田知孝; 宮腰 研; 大堀道広
        日本地震工学会論文集, 2015年10月, 査読有り
      • Earthquake Ground Motion in the Mygdonian Basin, Greece: The E2VP Verification and Validation of 3D Numerical Simulation up to 4 Hz
        E. Maufroy; E. Chaljub; F. Hollender; J. Kristek; P. Moczo; P. Klin; E. Priolo; A. Iwaki; T. Iwata; V. Etienne; F. De Martin; N. P. Theodoulidis; M. Manakou; C. Guyonnet-Benaize; K. Pitilakis; P. -Y. Bard
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2015年06月, 査読有り
      • Displacement Fields of Sedimentary Layers Controlled by Fault Parameters: The Discrete Element Method of Controlling Basement Motions by Dislocation Solutions
        Kusumoto, S; Y. Itoh; K. Takemura; T. Iwata
        Earth Sciences, 2015年, 査読有り
      • 微動アレイ観測と単点微動観測による加賀平野南部及び邑知潟平野の堆積平野速度構造モデルの検討
        浅野公之; 岩田知孝; 宮腰 研; 大堀道広
        第14回日本地震工学シンポジウム論文集, 2014年12月
      • Source Scaling of Inland Crustal Earthquake Sequences in Japan Using the S-Wave Coda Spectral Ratio Method
        Kazuhiro Somei; Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Ken Miyakoshi
        PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 2014年10月, 査読有り
      • Source rupture process of the 2011 Fukushima-ken Hamadori earthquake: how did the two subparallel faults rupture?
        Miho Tanaka; Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Hisahiko Kubo
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2014年08月, 査読有り
      • 上町断層帯と大阪平野南部の地下構造に関する新たな知見とそれに基づく地震動予測
        関口 春子; 上町断層帯重点調査観測研究グループ; 岩田知孝; 浅野公之
        第41回地盤震動シンポジウム論文集, 2013年11月, 査読有り
      • Source-rupture process of the 2011 Ibaraki-oki, Japan, earthquake (M-w 7.9) estimated from the joint inversion of strong-motion and GPS Data: Relationship with seamount and Philippine Sea Plate
        Hisahiko Kubo; Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2013年06月, 査読有り
      • 大阪堆積盆地における微動H/Vスペクトルの多点観測による盆地速度構造モデルの検証
        浅野公之; 岩田知孝; 関口春子; 宮腰 研; 西村利光
        京都大学防災研究所年報, 2013年
      • Examination of source fault model for the Gifu-Ichinomiya fault based on seismic intensity data
        Masayuki Kuriyama; Hiroaki Sato; Tomotaka Iwata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2013年, 査読有り
      • Long-period Ground Motion Characteristics of the Osaka Sedimentary Basin during the 2011 Great Tohoku Earthquake
        Sato Kayoko; Asano Kimiyuki; Iwata Tomotaka
        Proc. 15th World Conf. Earthq. Eng., 2012年
      • Broadband Strong Ground Motion Simulation of the 2011 Tohoku, Japan, Earthquake
        Asano Kimiyuki; Iwata Tomotaka
        Proc. 15th World Conf. Earthq. Eng., 2012年
      • Application of Seismic Interferometry in the Osaka Basin for Validating the Three-dimensional Basin Velocity Structure Model
        Asano Kimiyuki; Iwata Tomotaka; Sekiguchi Haruko
        Proc. 15th World Conf. Earthq. Eng., 2012年
      • Source model for strong ground motion generation in the frequency range 0.1-10 Hz during the 2011 Tohoku earthquake
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2012年, 査読有り
      • Source-Rupture Process of the 2007 Noto Hanto, Japan, Earthquake Estimated by the Joint Inversion of Strong Motion and GPS Data
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2011年10月, 査読有り
      • Estimation of three-dimensional boundary shape of the Osaka sedimentary basin by waveform inversion
        Asako Iwaki; Tomotaka Iwata
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2011年09月, 査読有り
      • Characterization of the Heterogeneous Source Model of Intraslab Earthquakes Toward Strong Ground Motion Prediction
        Tomotaka Iwata; Kimiyuki Asano
        PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 2011年01月, 査読有り
      • Characterization of Stress Drops on Asperities Estimated from the Heterogeneous Kinematic Slip Model for Strong Motion Prediction for Inland Crustal Earthquakes in Japan
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 2011年01月, 査読有り
      • Estimation of Interstation Green's Functions in the Long-Period Range (2-10s) from Continuous Records of F-net Broadband Seismograph Network in Southwestern Japan
        Asano Kimiyuki; Iwaki Asako; Iwata Tomotaka
        Proc. 4th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, 2011年
      • Construction of Procedure of Strong Ground Motion Prediction for Intraslab Earthquakes Based on Characterized Source Model
        Iwata Tomotaka; Asano Kimiyuki; Sekiguchi Haruko
        Proc. 4th IASPEI/IAEE Int. Symp. on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion, 2011年
      • Nonlinearity in site response: Nonlinear volumetric mechanism
        Iai Susumu Tobita Tetsuo; Iwata T
        In Proc 4th International Symposium on Effect of Surface Geology on Seismic Motion, 2011年
      • 近地強震記録を用いた海溝型繰り返し地震の震源過程の推定と比較−茨城県沖で1982 年と2008 年に発生したM7 の地震を対象として−
        瀧口正治; 浅野公之; 岩田知孝
        地震第2輯, 2011年, 査読有り
      • Examination of source-model construction methodology for strong ground-motion simulation of multi-segment rupture during 1891 Nobi earthquake
        Masayuki Kuriyama; Tomotaka Iwata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2011年, 査読有り
      • 震源における短周期地震動生成のモデル化
        岩田知孝; 浅野公之; 鈴木亘; 三宅弘恵
        第38回地盤震動シンポジウム論文集, 2010年12月
      • Numerical Analysis of Near-Field Asymmetric Vertical Motion
        Tetsuo Tobita; Susumu Iai; Tomotaka Iwata
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2010年08月, 査読有り
      • 地震波コーダのスペクトル比から推定したひずみ集中帯内外の地震系列の応力降下量 (総特集 日本海東縁ひずみ集中帯の構造とアクティブテクトニクス(2))
        染井 一寛; 浅野 公之; 岩田 知孝
        月刊地球, 2010年07月
      • 地震波干渉法による西日本の地殻速度構造(1) −表面波群速度の推定−
        山下佳穂里; 浅野公之; 岩田知孝
        京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B, 2010年06月
      • Simulation of long-period ground motion in the Osaka sedimentary basin: performance estimation and the basin structure effects
        Asako Iwaki; Tomotaka Iwata
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2010年05月, 査読有り
      • Dynamic simulation of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake
        Wenbo Zhang; Tomotaka Iwata; Kojiro Irikura
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2010年04月, 査読有り
      • 経験的グリーン関数法による2009年8月11日駿河湾の地震(MJMA)6.5)の震源モデルの推定と強震動シミュレーション
        浅野公之; 岩田知孝
        北海道大学地球物理学研究報告, 2010年03月19日
      • 強震動予測のためのスラブ内地震の特性化震源モデルの構築 (強震動シンポジウム(札幌)記念号)
        岩田 知孝; 浅野 公之
        北海道大学地球物理学研究報告, 2010年03月
      • Study on the effect of the oceanic water layer on strong ground motion simulations
        Anatoly Petukhin; Tomotaka Iwata; Takao Kagawa
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2010年, 査読有り
      • 鉛直地震計アレイデータを用いた強震動と弱震動の地盤震動特性の比較‐柏崎刈羽原子力発電所構内における2007年新潟県中越沖地震とその前後の地震の記録を対象として‐
        木村美帆; 浅野公之; 岩田知孝
        地震, 2009年08月31日, 査読有り
      • Broadband seismic wave radiation process of the 2000 western Tottori, Japan, earthquake revealed from wavelet domain inversion
        Wataru Suzuki; Tomotaka Iwata
        Journal of Geophysical Research, 2009年08月11日, 査読有り
      • Broadband seismic wave radiation process of the 2000 western Tottori, Japan, earthquake revealed from wavelet domain inversion
        Wataru Suzuki; Tomotaka Iwata
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2009年08月, 査読有り
      • 大分平野における想定南海地震による長周期地震動のシミュレーション
        岩城麻子; 岩田知孝; 関口春子; 浅野公之; 吉見雅行; 鈴木晴彦
        地震, 2009年05月16日, 査読有り
      • Source Rupture Process of the 2004 Chuetsu, Mid-Niigata Prefecture, Japan, Earthquake Inferred from Waveform Inversion with Dense Strong-Motion Data
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2009年02月, 査読有り
      • Ground Motion Characteristics in Anamizu Town Obtained from Earthquake and Microtremor Observations
        ASANO Kimiyuki; IWATA Tomotaka; IWAKI Asako; KURIYAMA Masayuki; SUZUKI Wataru
        Zisin (Journal of the Seismological Society of Japan. 2nd ser.), 2009年, 査読有り
      • 等価震源距離に基づくディレクティビティ効果を考慮した距離減衰式
        王寺秀介; 神原隆則; 澤田純男; 岩田知孝
        土木学会地震工学論文集 Vol.30, pp.104-110, 2009年, 査読有り
      • 2007年能登半島地震の震源モデルと強震動
        岩田知孝; 浅野公之; 栗山雅之; 岩城麻子
        京都大学防災研究所年報. A = Disaster Prevention Research Institute Annuals. A, 2008年06月01日
      • 地震規模予測の考え方の違いが長大活断層で発生する地震の強震動予測結果にもたらす影響の評価―糸魚川‐静岡構造線活断層帯北部・中部を震源断層として―
        栗山雅之; 隈元崇; 関口春子; 岩田知孝
        自然災害科学, 2008年05月31日, 査読有り
      • Basin and crustal velocity structure models for the simulation of strong ground motions in the Kinki area, Japan
        Tomotaka Iwata; Takao Kagawa; Anatoly Petukhin; Yoshihiro Ohnishi
        JOURNAL OF SEISMOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Validation of 3-D basin structure models for long-period ground motion simulation in the Osaka basin, western Japan
        Asako Iwaki; Tomotaka Iwata
        JOURNAL OF SEISMOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Kinematic Source Rupture Process of the 2008 Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake, a Mw6.9 thrust earthquake in northeast Japan, using Strong Motion Data
        Asano Kimiyuki; Iwata Tomotaka
        EOS Trans. AGU S23B-1890, No.53, Vol.89, 2008年
      • 2005年福岡県西方沖地震の震源過程と強震動 (総特集 2005年福岡県西方沖地震)
        浅野 公之; 岩田 知孝
        月刊地球, 2007年02月
      • SEISMIC RESPONSE OF HIGH-RISE BUILDINGS CONSTRUCTED IN 1970S SUBJECTED TO LONG-PERIOD GROUND MOTIONS-Using predicted ground motions from hypothetical Nankai trough earthquakes in Kansai area-
        吹田啓一郎; 北村有希子; 五藤友規; 岩田知孝; 釜江克宏
        日本建築学会構造系論文集, 2007年01月30日, 査読有り
      • 高度成長期に建設された超高層建物の長周期地震動に対する応答特性
        吹田啓一郎; 北村有希子; 五藤友規; 岩田知孝; 釜江克宏
        日本建築学会構造系論文集, 2007年, 査読有り
      • 強震動と震源過程
        岩田知孝; 浅野公之; 白坂光行
        2007年新潟県中越沖地震災害調査報告会資料集 pp.5-8, 2007年
      • Source model of the 2005 Miyagi-Oki, Japan, earthquake estimated from broadband strong motions
        Wataru Suzuki; Tomotaka Iwata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2007年, 査読有り
      • Dynamic simulation of a dipping fault using a three-dimensional finite difference method with nonuniform grid spacing
        Wenbo Zhang; Tomotaka Iwata; Kojiro Irikura
        Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 2006年05月04日, 査読有り
      • Dynamic simulation of a dipping fault using a three-dimensional finite difference method with nonuniform grid spacing
        WB Zhang; T Iwata; K Irikura
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2006年05月, 査読有り
      • 2004年新潟県中越地震 2004年新潟県中越地震の余震観測と微動観測
        山中浩明; 元木健太郎; 瀬尾和大; 福元俊一; 高橋寿幸; 山田伸之; 浅野公之; 岩田知孝
        月刊地球, 2006年01月01日
      • Source model of the 2005 west off Fukuoka prefecture earthquake estimated from the empirical Green’s function simulation of broadband strong motions
        Wataru Suzuki; Tomotaka Iwata
        Earth, Planets and Space, 2006年01月, 査読有り
      • Source process and near-source ground motions of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture earthquake
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        Earth, Planets and Space, 2006年, 査読有り
      • 広帯域強震動評価のための堆積層深部地盤速度構造のモデル化-大阪堆積盆地のサイト増幅スペクトルに着目して-
        長郁夫; 鶴来雅人; 香川敬生; 岩田知孝
        日本地震工学会論文集, 2006年, 査読有り
      • 2004年9月5日紀伊半島沖・東海道沖の地震による地震動
        岩田知孝; 浅野公之
        地震, 2005年12月25日, 査読有り
      • Estimation of source rupture process and strong ground motion simulation of the 2002 Denali, Alaska, earthquake
        K Asano; T Iwata; K Irikura
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2005年10月, 査読有り
      • Long-period ground motion simulation in the Kinki area during the MJ 7.1 foreshock of the 2004 off the Kii peninsula earthquakes
        Nobuyuki Yamada; Tomotaka Iwata
        Earth, Planets and Space, 2005年, 査読有り
      • Estimation of the source model for the foreshock of the 2004 off the Kii peninsula earthquakes and strong ground motion simulation of the hypothetical Tonankai earthquake using the empirical Green's function method
        W Suzuki; T Iwata; K Asano; N Yamada
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2005年, 査読有り
      • 2003年5月26日に宮城県沖で発生したスラブ内地震の震源モデルと強震動シミュレーション
        浅野公之; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        地震, 2004年12月27日, 査読有り
      • S-wave velocity structures of sediments estimated from array microtremor records and site responses in the near-fault region of the 1999 Chi-Chi, Taiwan earthquake
        T Satoh; H Kawase; T Iwata; S Higashi; T Sato; HC Huang
        JOURNAL OF SEISMOLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • 強震動予測レシピに基づくシナリオ地震による強震動シミュレーション : 琵琶湖西岸断層系北部を起震断層として
        岩田 知孝; 三宅 弘恵
        自然災害科学, 2004年08月31日, 査読有り
      • Dynamic rupture process of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake
        WB Zhang; T Iwata; K Irikura; A Pitarka; H Sekiguchi
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2004年05月, 査読有り
      • 最近の高精度強震動予測技術
        岩田知孝; 三宅弘恵
        「強震動予測と設計用入力地震動」パネルディスカッション資料, 日本建築学会構造委員会振動運営委員会 pp.5-12, 2004年
      • プレート境界巨大地震による長周期地震動
        岩田知孝
        土木学会研究討論会資料,巨大地震災害への対応特別委員会 pp.17-24, 2004年
      • Source characterization for broadband ground-motion simulation. Kinematic heterogeneous source model and strong motion generation area
        Hiroe Miyake; Tomotaka Iwata; Kojiro Irikura
        Bulletin of the Seismological Society of America, 2003年12月, 査読有り
      • シナリオ地震に基づく強震動予測の現状
        岩田 知孝; 三宅 弘恵
        自然災害科学, 2003年11月30日, 査読有り
      • Heterogeneous distribution of the dynamic source parameters of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake
        WB Zhang; T Iwata; K Irikura; H Sekiguchi; M Bouchon
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2003年05月, 査読有り
      • 将来の大地震による強震動を予測するためのレシピ
        入倉孝次郎; 三宅弘恵; 岩田知孝; 釜江克宏; 川辺秀憲; DALGUER L A
        京都大学防災研究所年報, 2003年04月
      • Source Characterization for Broadband Ground-Motion Simulation: Kinematic Heterogeneous Source Model and Strong Motion Generation Area
        Miyake; Hiroe Iwata; Tomotaka Irikura; Kojiro
        Bull. Seism. Soc. Am. pp.1730-1745, 2003年, 査読有り
      • Source characteristics of shallow intraslab earthquakes derived from strong-motion simulations
        K Asano; T Iwata; K Irikura
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2003年, 査読有り
      • Long-period Ground Motion Simulation in Kinki Area
        Yamada; Nobuyuki Iwata; Tomotaka
        京都大学防災研究所年報, 2003年
      • 黄檗断層の地下構造調査
        小泉尚嗣; 佃栄吉; 高橋誠; 横田裕; 岩田知孝; 入倉孝次郎; 上砂正一; 高木清; 長谷川昌志
        地震. 2輯, 2002年10月31日, 査読有り
      • Source inversion for estimating the continuous slip distribution on a fault - introduction of Green's functions convolved with a correction function to give moving dislocation effects in subfaults
        H Sekiguchi; K Irikura; T Iwata
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2002年08月, 査読有り
      • Rupture process of the 1999 Kocaeli, Turkey, earthquake estimated from strong-motion waveforms
        H Sekiguchi; T Iwata
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2002年02月, 査読有り
      • Source process and near-source ground motion during the 2000 Tottori-ken Seibu earthquake
        Iwata; Tomotaka; Sekiguchi, Haruko
        Reports on Assessments of Seismic local-site effects at plural test sites, MEXT pp.231-241, 2002年
      • 関西地震観測研究協議会記録を用いた強震動予測事例
        岩田知孝
        関西地震観測研究協議会フォーラム資料集 pp.16-19, 2002年
      • 周期帯域に応じた強震動予測手法の高精度化
        入倉孝次郎; 三宅弘恵; 岩田知孝; 釜江克宏; 川辺秀憲
        地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究 平成13年度研究成果報告書 pp.205-215, 2002年
      • 強震記録に基づく最近の地震の震源インバージョン (総特集 最近の強震動予測研究--どこまで予測可能となったのか?) -- (2章 強震動予測における震源の取り扱い)
        岩田 知孝; 関口 春子
        号外地球, 2002年
      • 2000年鳥取県西部地震の震源過程と震源域強震動 (総特集 西日本の地震活動) -- (3章 2000年鳥取県西部地震)
        岩田 知孝; 関口 春子
        号外地球, 2002年
      • 2001年芸予地震の破壊過程と強震動 (総特集 西日本の地震活動) -- (4章 2001年芸予地震)
        関口 春子; 岩田 知孝
        号外地球, 2002年
      • 兵庫県南部地震の同時シミュレーション--第2回表層地質が地震動に及ぼす影響に関する国際シンポジウムから (総特集 最近の強震動予測研究--どこまで予測可能となったのか?) -- (5章 理論的強震動予測)
        岩田 知孝; 川瀬 博; 関口 春子
        号外地球, 2002年
      • 強震記録に基づく最近の地震の震源インバージョン
        岩田知孝; 関口春子
        月刊地球 号外37, pp.47-55, 2002年
      • 強震動予測のための修正レシピとその検証,第11回日本地震工学シンポジウム論文集
        入倉孝次郎; 三宅弘恵; 岩田知孝; 釜江克宏; 川辺秀憲
        第11回日本地震工学シンポジウム論文集\n, 2002年, 査読有り
      • S-wave velocity structure of the Taichung Basin, Taiwan, estimated from array and single-station records of microtremors
        T Satoh; H Kawase; T Iwata; S Higashi; T Sato; K Irikura; HC Huang
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2001年10月, 査読有り
      • Estimation of rupture propagation direction and strong motion generation area from azimuth and distance dependence of source amplitude spectra
        H Miyake; T Iwata; K Irikura
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2001年07月, 査読有り
      • 2000年鳥取県西部地震の震源断層の実体
        岩田知孝; 関口春子
        Seismo pp.4-6, 2001年
      • 強震記録から見た2000年鳥取県西部地震の震源過程
        岩田知孝; 関口春子; 三宅弘恵; 松元康広; 宮腰 研; 入倉孝次郎
        平成12年科学技術振興調整費「地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究」報告書 pp.66-74, 2001年
      • Fault geometry at the rupture termination of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake
        H Sekiguchi; K Irikura; T Iwata
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2000年02月, 査読有り
      • Source characterization of inland earthquakes in Japan using source inversion results
        Miyakoshi K; Kagawa, T; Sekiguchi, H; Iwata, T; Irikura, K
        Proceeding of the 12th World Conference on Earthquake Engineering, 2000年, 査読有り
      • Site effects of vertical component of S-wave parts and horizontal component of P-wave parts.
        岡本大志; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        京都大学防災研究所年報, 1999年09月30日
      • 経験的グリーン関数法を用いた1997年3月26日(M6.5)及び5月13日(M6.3) 鹿児島県北西部地震の強震動シュミレーションと震源モデル
        三宅弘恵; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        地震第2輯 pp.431-442, 1999年, 査読有り
      • 経験的グリーン関数法を用いた1997年3月26日 (MJMA6.5) 及び5月13日 (MJMA6.3) 鹿児島県北西部地震の強震動シミュレーションと震源モデル
        三宅 弘恵; 岩田 知孝; 入倉 孝次郎
        地震 第2輯, 1999年, 査読有り
      • Basin Edge Effect on Ground Motion from Hyogo-ken Nanbu Earthquake in the Kobe Region.
        PITARKA A; IRIKURA K; IWATA T
        日本地震工学シンポジウム論文集, 1998年11月, 査読有り
      • Evaluation of Strong Ground Motions in the Source Area during the 1995 Hyogoken-Nanbu(Kobe) earthquake.
        IWATA T; SEKIGUCHI H; PITARKA A; KAMAE K; IRIKURA K
        日本地震工学シンポジウム論文集, 1998年11月, 査読有り
      • Some characteristics of the stress field of the 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake
        M Bouchon; H Sekiguchi; K Irikura; T Iwata
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 1998年10月, 査読有り
      • Three-dimensional simulation of the near-fault ground motion for the 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe), Japan, earthquake
        A Pitarka; K Irikura; T Iwata; H Sekiguchi
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 1998年04月, 査読有り
      • 震源の破壊過程と破壊的強震動の生成解明
        関口春子; 岩田知孝
        計算工学 pp.222-227, 1998年, 査読有り
      • Modelling of ground motion in the Higashinada (Kobe) area for an aftershock of the 1995 January 17 Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake
        A Pitarka; K Irikura; T Iwata
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 1997年11月, 査読有り
      • Boundary shape waveform inversion for two-dimensional basin structure using three-component array data of plane incident wave with an arbitrary azimuth
        S Aoi; T Iwata; H Fujiwara; K Irikura
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 1997年02月, 査読有り
      • Lesson from the 1995 Hyogo-Ken Nanbu earthquake : Why were such destructive motions generated to buildings? (jointly worked)
        Kojiro Irikura; Katsuhiro Kamae; Haruko Sekiguchi; Arben Pitarka; Tomotaka Iwata
        J. Nat. Disas. Sci.,17/2,51-80, 1997年, 査読有り
      • Boundary shape wavefrom inversion for two-dimensional basin structure using three-component array data with obliquely azimuthal plane incident wave(jointly worked)
        Shin Aoi; Yoshimasa Kobayashi; Tomotaka Iwata
        Bull. Seism. Soc. Am.,87/,222-233, 1997年, 査読有り
      • Determination of the location of faulting beneath Kobe during the 1995 Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake from near-source particle motion
        Haruko Sekiguchi; Kojiro Irikura; Tomotaka Iwata; Yasumaro Kakehi; Mitsuyuki Hoshiba
        Geophysical Research Letters, 1996年02月15日, 査読有り
      • Minute locating of faulting beneath Kobe and the waveform inversion of the source process during the 1995 Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake using strong ground motion records
        H. Sekiguchi; K. Irikura; T. Iwata; Y. Kakehi; M. Hoshiba
        Journal of Physics of the Earth, 1996年, 査読有り
      • Minute Locationing of Fault Planes and Source Process of the 1995 Hyogo-Ken Nanbu(Kobe), Japan, Earthquake from the Waveform Inversion of Strong Ground Motion
        Haruko Sekiguchi; Kojiro Irikura; Mituyuki Hoshiba; Tomotaka Iwata
        J. Phys. Earth,44/,473-487, 1996年, 査読有り
      • Basin Structure Effects in the Kobe Area Inferred from the Modeling of Ground Motions from Two Aftershocks of the January 17, 1995, Hyogo-ken Nanbu Earthquake
        Pitarka Arben; Irikura Kojiro; Iwata Tomotaka; KAGAWA Takao
        Journal of physics of the earth, 1996年, 査読有り
      • Site amplification of ground motions during aftershocks of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake in severely damaged zone: array observation of ground motions in Higashinada ward, Kobe City, Japan
        T. Iwata; K. Hatayama; H. Kawase; K. Irikura
        Journal of Physics of the Earth, 1996年, 査読有り
      • WAVE-FORM INVERSION FOR DETERMINING THE BOUNDARY SHAPE OF A BASIN STRUCTURE
        S AOI; T IWATA; K IRIKURA; FJ SANCHEZSESMA
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 1995年10月, 査読有り
      • BASIN-INDUCED LOVE WAVES IN THE EASTERN PART OF THE OSAKA BASIN
        K HATAYAMA; K MATSUNAMI; T IWATA; K IRIKURA
        JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH, 1995年, 査読有り
      • ARRAY OBSERVATION OF AFTERSHOCKS OF THE 1995 HYOGOKEN-NAMBU EARTHQUAKE AT HIGASHINADA WARD, KOBE CITY
        Tomotaka Iwata; Kojiro Irikura; Hiroshi Kawase
        Journal of natural disaster science, 1995年, 査読有り
      • 釧路地方気象台における強震動と弱震動に対するサイト特性の評価
        山本みどり; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        地震第2輯, 1995年, 査読有り
      • Waveform inversion による盆地構造の境界面形状の推定
        青井真; 岩田知孝; 小林芳正; 入倉孝次郎
        地震 第2輯, 1993年, 査読有り
      • RUPTURE PROCESS OF THE 1945 MIKAWA EARTHQUAKE AS DETERMINED FROM STRONG-MOTION RECORDS
        Y KAKEHI; T IWATA
        JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH, 1992年, 査読有り
      • ESTIMATION OF EFFECTS OF SUBSURFACE STRUCTURE ON GROUND MOTIONS USING 3-D ARRAY DATA
        T IWATA; K IRIKURA; JC GARIEL
        PROCEEDINGS OF THE TENTH WORLD CONFERENCE ON EARTHQUAKE ENGINEERING, VOLS 1-10, 1992年, 査読有り
      • Search for the buried subfault(s) of the 16 July Luzon earthquake, the Philippines using aftershock observations
        Shibutani, T; T. Ohkura; Y. Iio; M. Kanao; K. Nishigami; K. Tasaki; T. Iwata; Y. Kakehi; N. Hirano; M. Ando; B. C. Bautista; J.R. Puertollano; A.G. Lanuza; A.A. Melosantos; A. Chu; R. Pigtain; E. dela Cruz; R. S. Punongbayan
        J. Nat. Disas. Sci., 1991年, 査読有り
      • 震源近傍の強震動とそれを用いた震源過程の推定
        岩田知孝
        1991年, 査読有り
      • トモグラフィー法による断層面上の不均質破壊過程の推定
        岩田 知孝; 入倉孝次郎
        地震,42/1,49-58, 1989年, 査読有り
      • 反射法地震探査による琵琶湖東岸, 日野川河口の地下構造の推定
        筒井 智樹; 小林 芳正; 芝 良昭; 須田 佳之; 村井 芳夫; 岩田 知孝; 藤原 広行; 松井 一郎
        地震 第2輯, 1989年, 査読有り
      • SOURCE PARAMETERS OF THE 1983 JAPAN SEA EARTHQUAKE SEQUENCE
        T IWATA; K IRIKURA
        JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH, 1988年, 査読有り
      • 地表付近の地質構造の 地震動への影響 −堆積盆地上での地震動の解析と数値計算−
        干場充之; 堀家正則; 出射隆文; 岩田知孝
        地震第2輯, 1988年, 査読有り
      • 観測された地震波から,震源特性・伝播経路 特性及び観測点近傍の地盤特性を分離する試み
        岩田知孝; 入倉孝次郎
        地震第2輯, 1986年, 査読有り
      • 堆積盆地内における地震波コーダ の性質
        出射隆文; 堀家正則; 岩田知孝
        地震第2輯, 1985年, 査読有り
      • ESTIMATION OF IRREGULAR UNDERGROUND-STRUCTURE FROM SEISMIC GROUND MOTIONS.
        Tomotaka Iwata; Kojiro Irikura
        Bulletin of the Disaster Prevention Research Institute., 1984年, 査読有り
      • 反射波を用いた基盤構造の推定
        天池文男; 春日茂; 岸本清行; 小林芳正; 岩田知孝
        地震第2輯, 1984年, 査読有り

      MISC

      • 函館平野三次元速度構造モデルによる長周期地震動増幅特性
        浅野公之; 岩田知孝; 吉田邦一; 井上直人; 染井一寛; 宮腰研; 大堀道広
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2021年
      • 2018年大阪府北部の地震の大阪平野における強震動シミュレーション
        関口春子; 浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • 2018年6月18日大阪府北部の地震時の強震動シミュレーション
        関口春子; 岩田知孝; 浅野公之
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • プレート境界型地震の不均質SMGAモデル
        関口春子; 浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
      • 和歌山平野の地下速度構造推定とMTLによる強震動予測(その2 強震動の予測結果)
        大堀道広; 川辺秀憲; 上林宏敏; 釜江克宏; 山田浩二; 岩田知孝; 関口春子; 浅野公之
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2016年
      • 多次元評価指標の統合化による都市施設地震脆弱性診手法の高度化
        佐藤 忠信; 田中 仁史; 中島 正愛; 岩田 知孝; 吹田 啓一郎; 澤田 純男; 田村 修次; 本田 利器; 山田 伸之
        京都大学防災研究所年報. C = Disaster Prevention Research Institute annuals. C, 2005年04月01日
      • 21033 強震動予測のための和歌山平野の3次元地下構造モデル構築 : その1 モデル化と微動H/Vスペクトルによるモデルの検証(H/Vスペクトル,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        上林 宏敏; 大堀 道広; 川辺 秀憲; 釜江 克宏; 岩田 知孝; 山田 浩二; 宮腰 研
        学術講演梗概集, 2015年09月04日
      • 21036 強震動予測のための和歌山平野の3次元地下構造モデル構築 : その2 微動アレイ観測による地下構造モデルの推定(地下構造,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        大堀 道広; 上林 宏敏; 川辺 秀憲; 釜江 克宏; 岩田 知孝; 山田 浩二; 宮腰 研
        学術講演梗概集, 2015年09月04日
      • 上町断層帯に関する新たな知見とそれに基づく地震動予測 (特集 過去に学び、未来に備える(第6回)活断層について考える(その2))
        関口 春子; 岩田 知孝
        日本地震工学会誌, 2015年06月
      • 年間特集 強震動
        岩田 知孝
        自然災害科学, 2010年
      • 21281 2004年新潟県中越地震の震源域での微動アレイ観測(新潟県中越地震(1),構造II)
        山中 浩明; 福元 俊一; 元木 健太郎; 山田 伸之; 岩田 知孝
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2005年07月31日
      • 近畿における広帯域強震動アレイ観測
        松波 孝治; 岩田 知孝; 入倉 孝次郎
        京都大学防災研究所年報, 1992年04月
      • 岩盤上のアレイ観測によるsite特性の評価-1-
        岩田 知孝; 松波 孝治; 松井 一郎
        京都大学防災研究所年報, 1990年04月
      • 大阪平野及びその周辺地域における広周波数帯域・広動帯域地震波観測
        松波 孝治; 入倉 孝次郎; 岩田 知孝; 藤原 広行; 松井 一郎
        京都大学防災研究所年報, 1989年04月
      • 経験的グリ-ン関数による高周波地震動の予測
        須本 満由美; 入倉 孝次郎; 岩田 知孝
        京都大学防災研究所年報, 1987年04月
      • 木津川低地周辺での微動アレイ探査による地盤構造調査
        浅野公之; 吉見雅行; 岩田知孝; 上林宏敏; 大堀道広; 関口春子; 二宮啓; 野口竜也
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • スペクトルインバージョン結果の残差に現れる震源断層破壊伝播の影響
        染井一寛; 染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 函館平野の深部地盤構造モデルの作成
        浅野公之; 岩田知孝; 吉田邦一; 井上直人; 染井一寛; 宮腰研; 大堀道広
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 2019年1月3日熊本県北部の地震時の和水町江田の強震動特性
        岩田知孝; 浅野公之; 吉見雅行; 杉山長志
        日本地球惑星科学連合2019年大会;SSS11-P05, 2019年05月
      • 布田川断層帯・日奈久断層帯を震源断層とした強震動予測(2) - 強震動予測 -
        岩田知孝; 浅野公之; 吉見雅行; 三宅弘恵; 関口春子; 松島信一; 川瀬博; 長嶋史明; 山中浩明; 地元孝輔; 山田伸之; 神野達夫; 重藤迪子; 先名重樹; 前田宜浩; 岩城麻子; 神薫; 竿本英貴; 津野靖士; 是永将宏; 眞鍋俊平; 鈴木晴彦; 松山尚典; 谷田貝淳
        日本地球惑星科学連合大会2019年予稿集;SSS13-10, 2019年05月, 筆頭著者
      • 布田川断層帯・日奈久断層帯を震源断層とした強震動予測(1)―対象地域での新たな深部地盤構造モデルの作成―
        浅野公之; 岩田知孝; 吉見雅行; 三宅弘恵; 関口春子; 松島信一; 川瀬博; 長嶋史明; 山中浩明; 地元孝輔; 山田伸之; 神野達夫; 重藤迪子; 先名重樹; 前田宜浩; 若井淳; 岩城麻子; 神薫; 竿本英貴; 津野靖士; 是永将宏; 杉山長志; 鈴木晴彦; 松山尚典; 眞鍋俊平; 谷田貝淳; 岡本茂; 末廣匡基
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2019年05月
      • 平成30年北海道胆振東部地震の強震動と震源モデル
        浅野公之; 岩田知孝; 永井夏織
        地盤震動シンポジウム, 2019年
      • 微動及び地震動記録を用いた津軽平野の堆積平野速度構造の推定
        浅野公之; 岩田知孝; 吉田邦一; 大堀道広; 宮腰研
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • 強震記録による2018年6月18日大阪府北部の地震の震源過程
        浅野公之; 岩田知孝; HALLO Miroslav
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2018年09月
      • 八代平野における微動アレイ探査
        浅野公之; 吉見雅行; 岩田知孝; 神野達夫; 是永将宏; 竿本英貴; 重藤迪子; 地元孝輔; 津野靖士; 長嶋史明; 松島信一; 三宅弘恵; 三宅弘恵; 山田伸之; 山中浩明; 杉山長志
        日本地球惑星科学連合大会予稿集, 2018年05月
      • Seismic Reflection/Refraction Survey in Yatsushiro sedimentary basin, Kumamoto
        IWATA Tomotaka; YOSHIMI Masayuki; ASANO Kimiyuki; OKAMOTO Shigeru; SUEHIRO Masaki
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2018年
      • 山陰地方西部の堆積平野における微動探査
        浅野公之; 吉田邦一; 宮腰研; 大堀道広; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年10月26日
      • 熊本平野西部における反射法地震探査で得られた自然地震記録を用いた地下構造情報の抽出
        岩田知孝; 清水洋; 岡本茂; 秋永康彦; 末廣匡基
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年10月06日
      • 熊本平野西部における反射法地震探査:熊本‐宇土測線
        清水洋; 岩田知孝; 吉見雅行; 秋永康彦; 末廣匡基
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年10月06日
      • Ground motion simulation during the 2016 Kumamoto earthquake mainshock in near-fault area and Aso caldera
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        IAG-IASPEI 2017 Joint Assembly, 2017年08月02日
      • Velocity Structure Model of Sedimentary Basins in Toyama Prefecture, Japan, by Microtremor Array Measurements
        Kimiyuki Asano; Kunikazu Yoshida; Ken Miyakoshi; Michihiro Ohori; Tomotaka Iwata
        JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年05月24日
      • スペクトルインバージョンに基づく熊本県内の強震観測点におけるサイト増幅特性
        染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝; 宮腰研; 吉田邦一; 吉見雅行
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • Source Rupture Process and Near-Fault Ground Motions of the 2016 Kumamoto Earthquake Sequence Estimated from Strong Motion Data
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        American Geophysical Union 2016 Fall Meeting, 2016年12月
      • 2016年熊本地震本震の震源過程と震源近傍地震動
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2016年09月
      • 強震記録による2016年熊本地震の震源破壊過程
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年05月25日
      • スペクトルインバージョンに基づく北陸地方の強震観測点におけるサイト増幅特性の推定
        染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝; 宮腰研; 大堀道広
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年
      • Complementary Ruptures of Surface Ruptures and Deep Asperity during the 2014 Northern Nagano, Japan, Earthquake (MW 6.3)
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata; Hisahiko Kubo
        American Geophysical Union 2015 Fall Meeting, 2015年12月
      • 観測点間グリーン関数情報を用いた西南日本地殻速度構造モデルの改良
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2015年10月27日
      • 地震はどこで起きるのか? : 地震調査研究推進本部による地震動予測地図を踏まえて (特集 自然災害とどのように向き合うか)
        岩田 知孝
        粉体技術, 2015年09月
      • Refinement of crustal velocity structure model for ground motion simulations in southwest Japan using interstation green's functions
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        26th IUGG General Assembly 2015, 2015年06月
      • 強震波形から推定した2014年長野県北部地震の震源過程
        浅野公之; 岩田知孝; 久保久彦
        日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015年05月25日
      • Extension of Characterized Source Model for Broadband Strong Ground Motion Simulations (0.1-50s) of M9 Earthquake
        Asano, K; T. Iwata
        AGU 2014 Fall Meeting, 2014年12月
      • 微動観測から推定される加賀平野南部及び邑知潟平野の地下速度構造
        浅野公之; 岩田知孝; 宮腰研; 大堀道広
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2014年11月
      • 大阪堆積盆地における2013年淡路島の地震(Mw5.8)の長周期地震動シミュレーション
        浅野公之; 関口春子; 岩田知孝; 吉見雅行; 林田拓己; 竿本英貴; 堀川晴央
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2013年10月
      • Observation and simulation of interstation Green's functions obtained from continuous microtremor observation in the Osaka basin
        Asano, K; T. Iwata; H. Sekiguchi; K. Somei; K. Miyakoshi; S. Aoi; T. Kunugi
        IAHS-IASPO-IASPEI 2013 Joint Assembly, 2013年07月
      • 京都大学防災研究所の地震計3次元アレー記録による京都盆地南東部の地震波動場
        吉田邦一; 浅野公之; 岩田知孝
        物理探査学会学術講演会講演論文集, 2013年06月
      • Verification and Improvement of the Three-Dimensional Basin Velocity Structure Model in the Osaka Sedimentary Basin, Japan Using Interstation Green's Functions and H/V Spectral Ratios of Microtremors
        Asano, K; T. Iwata; H. Sekiguchi; K. Somei; T. Nishimura; K. Miyakoshi; S. Aoi; T. Kunugi
        AGU 2012 Fall Meeting, 2012年12月
      • 上町断層帯周辺域における連続微動観測と地震波干渉法による地盤速度構造モデルの検討
        浅野公之; 岩田知孝; 関口春子; 染井一寛; 宮腰研; 青井真; 功刀卓
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2012年10月
      • 大阪堆積盆地における微動H/Vスペクトル比と盆地速度構造モデルの関係
        浅野公之; 岩田知孝; 関口春子; 宮腰研; 西村利光
        日本地球惑星科学連合2012年大会, 2012年05月
      • A Prototype of Strong Ground Motion Prediction Procedure for Intraslab Earthquake based on the Characterized Source Model
        Iwata, T; K. Asano; H. Sekiguchi
        Proc. 15th World Conf. Earthq. Eng., No.4492, 2012年
      • Strong Ground Motion Generation during the 2011 Tohoku-Oki Earthquake
        Asano, K; T. Iwata
        AGU 2011 Fall Meeting, 2011年12月
      • 2011年東北地方太平洋沖地震の広帯域強震動生成と震源破壊過程の関係
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2011年10月
      • 経験的グリーン関数法による2011年東北地方太平洋沖地震の震源モデル
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年05月
      • 震源インバージョン結果の不確かさに関する検討―2007年能登半島地震を例に―
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年05月
      • 地震動予測用速度構造モデル検証のためのF‐net広帯域連続記録を用いた地震波干渉法による西南日本の地殻速度構造の推定(2)
        浅野公之; 岩田知孝; 山下佳穂里
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2010年10月
      • 強震波形から震源断層形状と震源破壊過程を同時に推定する試み
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年05月
      • KiK-net一関西の水平動と上下動の地盤震動特性
        木村美帆; 浅野公之; 岩田知孝
        第13回日本地震工学シンポジウム論文集 pp.3137-3144, 2010年
      • 強震動予測のためのスラブ内地震の特性化震源モデルの構築と検証
        岩田知孝; 浅野公之
        第13回日本地震工学シンポジウム論文集 pp.1893-1898, 2010年
      • ひずみ集中帯内外で発生した地殻内地震系列間の震源特性の比較
        染井一寛; 浅野公之; 岩田知孝
        第13回日本地震工学シンポジウム論文集 pp.305-312, 2010年
      • Numerical analysis of trampoline effect in extreme ground motion
        Tobita Tetsuo; Iai Susumu; Iwata T
        In Proc 5th International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics: San Diego, 2010年
      • Kinematic Source Inversion using Strong Motion Data Considering Three-Dimensional Fault Geometry
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        AGU Fall Meeting, 2009年12月
      • 2009年8月11日駿河湾の地震(MJ6.5)の震源モデルと強震動シミュレーション
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2009年10月
      • 微動観測によるKiK-net-関西観測点(IWTH25)周辺における浅部S波速度構造の推定
        先名重樹; 青井真; 浅野公之; 岩城麻子; 木村美帆; 岩田知孝; 功刀卓; 中村洋光; 藤原広行; 飛田哲男; 高野征宣
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2009年
      • 震源モデル及び地下構造モデルの差が大阪平野の予測長周期地震動に及ぼす影響
        岩田知孝; 岩城麻子
        地盤震動シンポジウム, 2009年
      • 経験的グリーン関数法による2009年8月11日駿河湾の地震(MJMA6.5)の震源モデルの推定と強震動シミュレーション
        浅野公之; 岩田知孝
        2009年度自然災害研究協議会北海道地区フォーラム 強震動研究シンポジウム論梗概集 pp.9-12, 2009年
      • A Kinematic Inversion of Slip and Peak Slip-Velocity using Broadband Strong Motion Data
        Kimiyuki Asano; Tomotaka Iwata
        Proc. French-Japanese Workshop on Earthquake Source pp.38-39, 2009年
      • 鉛直地震計アレイデータを用いた強震動と弱震動の地盤震動特性の比較
        木村美帆; 浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合2008年大会予稿集 S146-P027, 2008年
      • スラブ内地震の強震動予測のための不均質震源断層モデルの特性化
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地球惑星科学連合2008年大会予稿集 S146-008, 2008年
      • Long-period ground motion characteristics in Osaka basin, Japan, from strong motion records of large earthquakes
        Asako Iwaki; Tomotaka Iwata
        Proc. 14th World Conference of Earthquake Engineering S10-053, 2008年, 査読有り
      • Non-linear site response characteristics of K-NET ISK005 station and relation to the earthquake disaster during the 2007 Noto-Hanto earthquake, central Japan
        Iwata Tomotaka; Asano Kimiyuki Kuriyama; Masayuki Iwaki Asako
        Proc. 14th World Conf. Earthq. Eng. 01-1026, 2008年
      • Source modeling of recent large inland crustal earthquakes in Japan and source characterization for strong motion prediction
        Asano Kimiyuki; Iwata Tomotaka
        Proc. 14th World Conf. Earthq. Eng. 03-01-0025, 2008年
      • 強震波形とGPS変位記録から推定した2007年能登半島地震の震源過程
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007年10月
      • 震源過程から見た特徴,2007年能登半島地震の解明を目指して
        岩田知孝; 浅野公之
        第35回地盤震動シンポジウム論文集 pp.7-12, 2007年
      • 2003年5月26日宮城県沖のスラブ内地震(MJ7.1)のすべり速度
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年10月
      • 長周期強震動を受ける高度成長期に建設された超高層建物の地震応答と耐震補強 : その1 長周期強震動を受ける超高層建物の地震応答解析
        北村 有希子; 五藤 友規; 吹田 啓一郎; 岩田 知孝; 釜江 克宏
        日本建築学会大会学術講演梗概集, 2006年07月31日
      • 強震動研究 (総特集 日本の地震学の10年)
        岩田 知孝
        月刊地球, 2006年03月
      • 経験的グリーン関数法を用いた想定東南海地震の強震動予測 (総特集 巨大地震による長周期地震動--予測と今後の対応策) -- (5章 広周波数帯域の強震動シミュレーション事例)
        鈴木 亘; 岩田 知孝
        号外地球, 2006年
      • 経験的グリーン関数法を用いた2004年紀伊半島南東沖地震前震の震源モデル (総特集 巨大地震による長周期地震動--予測と今後の対応策) -- (3章 巨大地震の強震動予測に向けた最新要素技術)
        鈴木 亘; 岩田 知孝
        号外地球, 2006年
      • 2004年紀伊半島南東沖地震の長周期地震動
        岩田知孝; 浅野公之; 山田伸之; 鈴木亘
        海溝型巨大地震を考える-広帯域強震動の予測2-シンポジウム論文集 pp.57-60, 2006年
      • Source model of the 2005 West off Fukuoka Prefecture, Japan, earthquake and its ground motion characteristics in Fukuoka city
        Iwata Tomotaka; Asano Kimiyuki; Suzuki Wataru
        Proc. Third International Symposium on the Effects of Surface Geology on Seismic Motion Vol.1, pp.599-606, 2006年
      • 強震記録から推定した2005年宮城県沖の地震の震源過程
        浅野公之; 鈴木亘; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2005年10月
      • 経験的グリーン関数を用いた広帯域震源インバージョンによるすべり速度の推定
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2005年10月
      • 2004年9月5日紀伊半島沖・東海道沖地震の地震動
        岩田知孝; 浅野公之
        DPRI Newsletter, 2005年02月, 招待有り
      • Dynamic Source Parameters of Characterized Source Model For Strong Ground Motion Prediction
        Iwata; Tomotaka Sekiguchi; Haruko Miyake; Hiroe Zhang; Wenbo Miyakoshi, Ken
        Proc. International Symposium on Earthquake Engineering Commemorating 10th Anniversary of the 1995 Kobe earthquake, 2005年
      • 特性化震源モデルの構築
        岩田知孝; 浅野公之; Zhang Wenbo; 鈴木亘; 山田伸之
        平成16年科学技術振興調整費「地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究」第3回シンポジウム論文集 pp.17-20, 2005年
      • 準動力学的円形クラックモデルに基づく中規模地震の破壊過程の推定
        浅野公之; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2004年10月
      • Recipe of Strong Ground Motion Prediction for Senario Earthquakes
        K. Irikura; H. Miyake; T. Iwata; K. Kamae; H. Kawabe; L A Dalguer
        American Geophysical Union Fall Meeting, 2004年
      • Recipe for Predicting Strong Ground Motions from Future Large Earthquakes
        K. Irikura; H. Miyake; T. Iwata; K. Kamae; H Kawabe; L. A. Dalguer
        Proc. 13th World Conf. Earthquake Engineering, 2004年
      • Modelingof the spectral amplitude characteristics at the strong motion observation sites in the Osaka basin, Japan
        Cho, Ikuo Tsurugi; Masato Kagawa; Takao Iwata; Tomotaka Zhao; Boming
        Proc. 13th World Conf. Earthq. Eng. pp.2058, 2004年
      • Extraction of temporal slip velocity function of earthquake from the existing source inversion method
        Takenaka; Hiroshi Fujii; Yuichiro Miyakoshi; Ken Kawase; Hiroshi Iwata; Tomotaka
        Proc. 13th World Conf. Earthq. Eng. pp.2679, 2004年
      • Construction of source and subsurface structure models for strong motion prediction
        Iwata, Tomotaka
        Proc. International workshop on Strong Ground Motion Prediction and Earthquake Tectonics in Urban Areas pp.24-27, 2004年
      • Characterization Of Source Models Of Shallow Intraslab Earthquakes Using Strong Motion Data
        Asano; Kimiyuki Iwata; Tomotaka Irikura; Kojiro
        Proc. 13th World Conf. Earthq. Eng. 835, 2004年
      • Controlling Factors Of Strong Ground Motion Prediction For Scenario Earthquakes
        Miyake; Hiroe Iwata; Tomotaka Irikura; Kojiro
        Proc. 13th World Conf. Earthq. Eng. pp.2801, 2004年
      • 経験的グリーン関数法による2003年5月26日宮城県沖の地震(MJ7.0)の強震動シミュレーションと震源モデルの推定
        浅野公之; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2003年10月08日
      • Methodology for Predicting Strong Ground Motion Based on Asperity-Source Model
        K. Irikura; H. Miyake; T. Iwata; L. A; Dalguer Gudiel; K. Kamae; H. Kawabe
        Workshop on Numerical Modeling of Earthquake Source Dynamics\n, 2003年
      • STRONG GROUND MOTIONS IN OSAKA METROPOLITAN AREA FROM THE NEXT NANKAI-TROUGH EARTHQUAKES
        Irikura, K; H. Miyake; T. Iwata; K. Kamae; H. Kawabe
        General Assembly of the International Union of Geophysics and Geodesy\n, 2003年
      • 内陸地震と海溝型地震に対する強震動予測レシピとその問題点
        入倉孝次郎; 三宅弘恵; 岩田知孝; 釜江克宏; 川辺秀憲; Dalguer, Luis A
        地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究第2回シンポジウム論文集 pp.71-78, 2003年
      • 不均質震源特性の抽出と分析
        岩田知孝; 三宅弘恵; 浅野公之; Zhang, Wenbo; 鈴木亘; 関口春子
        「地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究」第2回シンポジウム論文集 pp.109-112, 2003年
      • REVISED RECIPE FOR PREDICTING STRONG GROUND MOTION AND ITS VALIDATION.
        入倉孝次郎; 三宅弘恵; 岩田知孝; 釜江克宏; 川辺秀憲
        日本地震工学シンポジウム論文集, 2002年11月20日, 査読有り
      • 1997年鹿児島県北西部地震におけるやや短周期域の震源モデル
        宮腰研; PETUKHIN A; 岩田知孝; 関口春子
        日本地震工学シンポジウム論文集, 2002年11月20日, 査読有り
      • 2000年鳥取県西部地震の震源過程と震源域強震動
        岩田知孝; 関口春子
        日本地震工学シンポジウム論文集, 2002年11月20日, 査読有り
      • 震源インバージョンの結果から抽出した1997年鹿児島県北西部地震のすべり速度関数
        竹中博士; 藤井雄一郎; 宮腰研; 川瀬; 博; 岩田知孝
        「地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究」第2回シンポジウム論文集 pp.93-98, 2002年
      • A recipe of strong motion prediction for scenario earthquakes
        Irikura; K. Miyake; H. Iwata; T. Kamamae; K. Kagawa; T. Miyakoshi, K
        American Geophysical Union, Fall meeting (San Francisco) S31C-01, 2001年
      • The characteristics of the dynamic source parameters of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, and the 2000 Tottri, Japan, earthquake
        Zhang, W; T. Iwata; Irikura, K
        American Geophysical Union, Fall meeting (San Francisco) S22B-0645, 2001年
      • Lesson from recent earthquakes、 1995 Kobe、 1999 Kocaeli、 and 1999 Chi-Chi earthquakes ? recipe of predicting strong ground motion
        Irikura, K; T. Iwata; K. Kamae; K. Miyakoshi; H. Miyake
        IAGA-IASPEI joint scientific assembly\n, 2001年
      • Prediction of strong ground motion for specific active-fault earthquakes
        Irikura; K. Miyake; H. Iwata; T. Kamae; K. Kagawa; T. Miyakeshi, K
        Proceedings of US-Japan Joint Workshop and third grantees meeting pp.43-52, 2001年
      • Determination on the dynamic source parameters of an earthquake from kinematic parameters
        Zhang, W. B. Iwata; T. Irikura, K
        地球惑星科学関連学会2001年合同大会 Sp-P006, 2001年
      • 広帯域強震動のためのすべり速度時間巻数 -1995年兵庫県南部地震への適用-
        三宅弘恵; 岩田知孝; 関口春子; 入倉孝次郎
        地球惑星科学関連学会2001年合同大会 Sy-001, 2001年
      • 理論的強震動予測法、強震動と構造物応答、強振動予測その基礎と応用
        岩田知孝; 川瀬; 博 関口春子
        (社)日本地震学界強震動委員会第1回講習会テキスト pp.110-125, 2001年
      • The characteristics of the dynamic source parameters of the 2000 Tottri-ken Seibu earthquake, Japan
        Zhang, W. B. Iwata; T. Irikura, K
        平成13年日本地震学会秋季大会(鹿児島) pp.130, 2001年
      • 強震記録を用いたシナリオ地震に基づく強震動予測に関する研究
        岩田知孝; 三宅弘恵; 入倉孝次郎
        京都大学防災研究所研究集会12K-11「地震発生に至る地殻活動解明に関するシンポジウム」報告書 pp.68-72, 2001年
      • 2000年鳥取県西部地震における長周期地震波の伝播特性
        奈川泰久; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        地球惑星科学関連学会2001年合同大会 Sw-p001, 2001年
      • 京都盆地東南部における小スパン3次元アレイ地震観測
        岩田知孝; 本田利器; 入倉孝次郎; 佐藤忠信; 澤田純男; 中島正愛; 山田浩二; 相澤隆生
        平成13年日本地震学会秋季大会(鹿児島) pp.108, 2001年
      • 強震記録にもとづく2001年の芸予地震の破壊過程と震源近傍強震動
        岩田知孝; 川瀬 博; 松島信一; 関口春子; 青井 真 三宅弘恵
        地球惑星科学関連学会2001年合同大会 Sw-p003, 2001年
      • 強振動記録を用いた地震破壊過程の推定
        岩田知孝; 関口春子
        日本建築学会第28回地盤震動シンポジウム論文集 pp.11-16, 2001年
      • 2000年鳥取県西部地震の震源断層の実体
        岩田 知孝
        SEISMO, 2001年, 査読有り
      • Source Process and near-source strong ground motions
        Tomotaka Iwata; Haruko Sekiguchi
        Proc.6th Int. Conf. Seismic Zonation, Nov. ,2000, Palm Springs,,II-86/,, 2000年11月
      • トルコ・コジャエリ地震と台湾・集集地震の震源過程と震源近傍強震動
        岩田知孝; 関口春子
        地盤震動シンポジウム, 2000年11月, 査読有り
      • Rupture process of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake and its near-source strong ground motions
        Tomotaka Iwata; Haruko Sekiguchi
        Proc. International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi earthquake, September 18-20,2000, Taipei, Taiwan,1/,36-46, 2000年09月18日
      • Rupture Directivity Effects on Azimuth and Distance Dependence of Source Amplitude Spectra in Near-source Area
        Miyake; H. Iwata; T. A. Pitarka
        American Geophysical Union, Fall meeting (San Francisco) S52A-20, 2000年
      • 震源過程と震源域強震動
        岩田知孝
        レベル2地震に対する土構造物の耐震設計シンポジウムおよび講習会テキスト、地盤工学会 pp.1-10, 2000年
      • 経験的グリーン関数を用いたエンベロープインバージョンにおける小地震選択の影響
        松元康広; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        平成12年日本地震学会秋季大会(筑波) pp.105, 2000年
      • トルコ・コジャエリ地震と台湾・集集地震の震源過程と震源近傍震動
        岩田知孝
        (社)日本地震学界強震動委員会強震観測ネットワークに関するシンポジウム資料集 pp.1-8, 2000年
      • 2000年鳥取県西部地震の震源過程と震源近傍強振動
        岩田知孝; 関口春子; 松元康広; 三宅弘恵; 入倉孝次郎
        平成12年日本地震学会秋季大会(筑波) T-06, 2000年
      • レシピに基づく強震動シュミレーション(2) -統計的グリーン関数と経験的グリーン関数の比較-
        岩田知孝; 三宅弘恵; 入倉孝次郎
        平成12年日本地震学会秋季大会(筑波) T-06, pp.123, 2000年
      • 1999年台湾・集集地震の震源過程と震源近傍震動シュミレーション
        岩田知孝; 関口春子; 入倉孝次郎
        平成12年日本地震学会秋季大会(筑波) B-18, 2000年
      • 不規則地下構造サイトの地震動特性
        八木政彦; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        平成12年日本地震学会秋季大会(筑波) T-06, pp.121, 2000年
      • 震源近傍強震動にみられる震源特性
        岩田 知孝
        レベル2地震に対する土構造物の耐震設計シンポジウムおよび講習会テキスト,地盤工学会,/,303-310, 2000年, 査読有り
      • 1999年3月16日に滋賀県北西部で発生した地震(M_4.9)の破壊様式
        三宅 弘恵; 岩田 知孝; 入倉 孝次郎
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 1999年トルコ・コジャエリ地震,1999年台湾・集集地震,1995年兵庫県南部地震の震源域強震動の比較
        岩田 知孝
        日本地震学会ニュースレター, 1999年11月01日
      • 3D waveform simulation in Kobe of the 1995 Hyogoken-Nanbu earthquake by FDM using with discontinuous grids
        Shin Aoi; Haruko Sekiguchi; Tomotaka Iwata; Hiroyuki Fujiwara
        The Effects of Surface Geology on Seismic Motion, Eds. K. Irikura, K. Kudo, H. Okada, and S. Sasatani, Belkema, Rotterdam, 1999年
      • S波部分上下運動、P波部分水平動のサイト増幅特性
        岡本大志; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        京都大学防災研究所年報, 1999年
      • 破壊伝播方向と破壊領域の推定法
        三宅弘恵; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        1999年地球惑星関連学会合同大会 Sg-p003, 1999年
      • 強震動波形から推定されるKocaeli・ トルコ地震の震源過程
        関口春子; 岩田知孝
        1999年日本地震学会秋季大会 A71, 1999年
      • レシピに基づく強振動シュミレーション-滋賀県北西部の活断層を震源とする場合-
        岩田知孝; 三宅弘恵; 入倉孝次郎
        第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集 pp.99-100, 1999年
      • 1999年台湾・集集地震の震源域における臨時強震観測と微動アレイ観測
        川瀬 博; 岩田知孝; 東 貞成; 佐藤智美; 佐藤俊明; 入倉孝次郎
        1999年日本地震学会秋季大会 P.010, 1999年
      • 理論的強震動予測における震源のモデル化と震源インバージョン
        岩田知孝; 関口春子
        1999年地球惑星関連学会合同大会 Sg-007, 1999年
      • 1995年兵庫県南部地震のすべり時間関数の評価と震源過程の近傍強震動に対する効果
        関口春子; 入倉孝次郎; 岩田知孝
        1999年地球惑星関連学会合同大会 Sg-006, 1999年
      • レシピに基づく滋賀県北部の活断層を震源とした強震動シミュレーション
        岩田知孝; 三宅弘恵; 入倉孝次郎
        1999年日本地震学会秋季大会 p・004, 1999年
      • 1999年台湾・集集地震の震源近傍強震動と地震被害(招待講演)
        岩田知孝
        1999年日本地震学会秋季大会 A06, 1999年
      • コンボリューション法による破壊の伝播効果を含む要素震源波形を用いたなめらかな断層すべり分布のインバージョン
        関口春子; 入倉孝次郎; 岩田知孝
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 1998年09月
      • 理論的強震動予測における震源のモデル化
        岩田知孝; 入倉孝次郎
        日本建築学会26回地盤振動シンポジウム論文集 pp.31-38, 1998年
      • 経験的グリーン関数法を用いた鹿児島県北西部地震の震源過程
        三宅弘恵; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        1998年地球惑星関連学会合同大会 Sm-p002, 1998年
      • 兵庫県南部地震の余震を用いたサイト増幅特性の評価
        丸尾儀幸; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        1998年地球惑星関連学会合同大会 Sm-p005, 1998年
      • アメリカ・ネバダ州レノにおけるアレイ微動観測
        岩田知孝; 川瀬 博; 佐藤智美; 筧 楽麿; 入倉孝次郎; Johon Louie John; Anderson
        第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集 pp.131-134, 1998年
      • K-NET 記録を用いた1997年5月13日鹿児島県北西部地震の震源過程
        三宅弘恵; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集 pp.201-202, 1998年
      • 1995年兵庫県南部地震の震源過程と震源近傍域の強振動
        岩田知孝; 関口春子; Pitarka; A. 入倉孝次郎
        1998年地球惑星関連学会合同大会 Sd-009, 1998年
      • 兵庫県南部地震の破壊開始点付近の破壊面状を探る
        関口春子; 入倉孝次郎; 岩田知孝
        1998年地球惑星関連学会合同大会 Sc-022, 1998年
      • 地震動スペクトル比にみられるdirectivity 効果
        三宅弘恵; 岩田知孝; 入倉孝次郎
        1998年日本地震学会秋季大会 B-55, 1998年
      • 1995年兵庫県南部地震の震度7域における強震動の生成過程と強震動予測
        岩田知孝
        日本地震学会講演予稿集, 1997年
      • 人工地震を用いた神戸・阪神間の3次元速度構造の推定 (文部省S)
        岩田知孝; こうけつ一起; 山中浩明; 瀬尾和大; 大倉敬宏; 香川敬生
        都市直下の地震による災害の防止に関する基礎研究 平成8年度 No.08248113, 1997年
      • 大阪盆地の地下構造と地震動
        岩田知孝
        地盤震動シンポジウム, 1996年10月
      • 神戸・阪神間における基盤構造探査 (その2)
        岩田知孝; 大倉敬宏
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 1996年09月
      • 人工地震を用いた神戸 阪神間の3次元速度構造の推定
        岩田知孝
        第1回都市直下型地震災害総合シンポジウム論文集, 1996年
      • 1995年兵庫県南部地震の神戸市域における強震動生成過程-Source and Site Effects-
        岩田知孝
        京都大学防災研究所都市耐震センター研究報告, 1996年
      • 神戸市及びその周辺部の地下構造探査,平成7年兵庫県南部地震の被害調査に基づいた実証的分析による被害の検証
        岩田知孝
        平成7年度文部省科学研究費(総合研究A)研究成果報告書(課題番号07300005)研究代表者:藤原悌三, 1996年
      • 神戸市東灘区におけるアレイ強震観測
        岩田知孝
        平成7年兵庫県南部地震とその被害に関する調査研究(平成6年度文部省科学研究費(総合研究A)研, 1995年

      講演・口頭発表等

      • 2018年6月18日大阪府北部の地震時の強震動シミュレーション
        関口春子; 岩田知孝; 浅野公之
        日本地震学会秋季大会, 2018年10月09日
      • 八代平野における人工地震波反射法・屈折法探査
        岩田知孝; 吉見雅行; 浅野公之; 岡本 茂; 末廣匡基
        日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年05月22日
      • 八代平野における地震波反射法探査
        岩田 知孝
        京都大学防災研究所研究発表講演会, 2018年02月20日
      • 震源近傍の強震動特性
        岩田 知孝
        日本地震工学会年次大会2017, 2017年11月13日, 招待有り
      • 熊本平野西部における反射法地震探査で得られた自然地震記録を用いた地下構造情報の抽出
        岩田 知孝
        日本地震学会2017年秋季大会, 2017年10月25日
      • Characteristics of Near-Fault Ground Motions during the 2016 Kumamoto, Japan, Mainshock
        岩田 知孝
        JpGU-AGU2017 meeting, 2017年05月23日
      • 2016年熊本地震の震源近傍強震動特性
        岩田 知孝
        京都大学防災研究所研究発表講演会, 2017年02月21日
      • Near-Fault Strong Ground Motions during the 2016 Kumamoto, Japan, Earthquake
        岩田 知孝
        AGU fall meeting, 2016年12月16日
      • 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-和泉山脈南縁)における重点的な調査観測(3)
        岩田 知孝
        京都大学防災研究所研究発表講演会, 2016年02月23日
      • 和歌山県岩出市紀泉台における中央構造線断層帯の反射法地震探査
        岩田 知孝
        日本地震学会2015年秋季大会, 2015年10月28日
      • Exploration of Underground Structures in the Taichung Basin Using Microtremors
        Kawase; H. Sato; T. Iwata, T
        Proc. International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi earthquake CD-ROM, Ⅱ-85, 2000年
      • Source characterization of inland earthquakes for near source ground motions
        Miyake; H. Iwata; T. Irikura, K
        Proc. 6th Int Conf. Seismic Zonation CD-ROM, Ⅱ-85, 2000年
      • Simultaneous simulation for Kobe: What we have learned at ESG98
        Kawase; H. Iwata, T
        Proc.12th World Conference of Earthquake Engineering, 2000年
      • Report on submitted results of the simultaneous simulation for Kobe and Osaka
        Kawase; H. Iwata, T
        Proc. 2nd International Symposium on "The Effects of Surface Geology on Seismic Motion" published by A.A.BALKEMA Vol.3, pp.1311-1337, 1999年
      • Summary of State-of-Art report 2: Observation and Ground Structure
        Steidl, J; Iwata, T
        Proc. 2nd International Symposium on "The Effects of Surface Geology on Seismic Motion" published by A.A.BALKEMA Vol.3, pp.1519-1520, 1999年
      • S-wave velocity structure in the San Fernando and Santa Monica areas
        Kawase; H. Sato; T. Iwata; T. Irikura, K
        Proc. 2nd International Symposium on "The Effects of Surface Geology on Seismic Motion" published by A.A.BALKEMA Vol.2, pp.733-740, 1998年
      • Site effects of Kobe large earthquake disaster belt using aftershock data
        Maruo; Y. Iwata; T. Irikrua,K
        Proc. 2nd International Symposium on "The Effects of Surface Geology on Seismic Motion" published by A.A.BALKEMA Vol.2, pp.537-544, 1998年
      • Observed Near-Fault Ground Motion Characteristics during the 2016 Kumamoto, Japan, Mainshock
        岩田 知孝
        IAG-IASPEI2017

      書籍等出版物

      • 地震の揺れを科学する
        岩田知孝; 香川敬生; 佐藤俊明; 武村雅之; 山中浩明
        東京大学出版会, 2006年, 査読無し
      • 地盤震動
        岩田知孝
        日本建築学会, 2004年, 査読無し
      • THE 地震展(分担執筆)
        岩田 知孝
        読売新聞,155pp, 2003年, 査読無し
      • 兵庫県南部地震
        岩田知孝
        THE地震展 図録, 2003年, 査読無し
      • 強震記録に基づく最近の地震の震源インバージョン
        岩田 知孝
        月刊地球号外37総特集「最近の強震動予測研究―どこまで予測可能となったのか?」,47-55, 2002年, 査読無し
      • 2000年鳥取県西部地震の震源過程
        岩田 知孝
        月刊地球号外38総特集「西南日本の地震活動」,182-188, 2002年, 査読無し
      • 地震動のシミュレーション
        岩田知孝
        アエラムック 地震がわかる pp.58-60, 2002年, 査読無し
      • 防災学ハンドブック,2.2 地震動,京都大学防災研究所編(分担執筆)
        岩田 知孝
        朝倉書店,127-133, 2001年, 査読無し
      • Strong motion data and Geological structures distributed for Simultaneous Simulation for Kobe
        岩田 知孝
        Balkema Proc. 2nd Int. Symp. on ESG, ed. Irikura et al.,3/,1295-1310, 1999年, 査読無し
      • Report on submitted results of the simultaneous simulation for Kobe and Osaka (jointly worked)
        岩田 知孝
        Balkema Proc. 2nd Int. Symp. on ESG,3/,1311-1337, 1999年, 査読無し
      • 1995年兵庫県南部地震の震源断層と強振動,阪神・淡路大震災調査報告,機械編
        入倉孝次郎; 岩田知孝; 関口春子; 釜江克宏
        機械編,阪神・淡路大震災調査研究委員会 日本地学学会・土木学会・日本建築学会・地盤工学会・, pp.3-29, 1998年, 査読無し
      • 7.2 地下構造と地震動
        岩田知孝
        「阪神・淡路大震災調査報告書」共通編2 阪神・淡路大震災調査研究委員会, 日本地震学会・土木学, pp.281-290, 1998年, 査読無し
      • 7.4.3 深部地盤構造と強震予測
        岩田知孝; 関口春子
        物理探査学会50周年気年号Ⅱケーススタディ編 物理探査学会, pp.1217-1220, 1998年, 査読無し
      • Evaluation of strong ground motions in the source area during the 1995 Hyogoken-Nanbu (Kobe) earthquake
        岩田 知孝
        Proc. 10th Japan Earthq. Eng. Symp.,1/,73-78, 1998年, 査読無し
      • 第7章地震防災4.3深部地盤構造と強震動予測(共著)
        岩田 知孝
        物理探査学会50周年記念号(]G0002[)ケーススタディ編,/,1217-1220, 1998年, 査読無し
      • 1995年兵庫県南部地震の震源断層と強震動、阪神・淡路大震災調査報告,機械編,第1章(共著)
        岩田 知孝
        阪神・淡路大震災調査研究委員会,日本地震学会・土木学会・日本建築学会・地盤工学会・日本機械学会,/,3-28, 1998年, 査読無し
      • Amplification of Ground Motions during the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake, Japan, in Severely damaged zone
        岩田 知孝
        Proc. 11 World Conf. of Earthq. Eng.,1/,201-208, 1996年, 査読無し
      • Source process and aftershock observation(jointly worked)
        岩田 知孝
        The 1995 Hyogoken-nanbu earthquake-Investigation into Damage to Civil Engineering Structures-, Committee of Earthq. Eng. Japan Soc. Civil Eng.,/,1-6, 1996年, 査読無し
      • 1995年兵庫県南部地震で試された地盤震動研究-地震動と地盤構造-
        岩田 知孝
        第23回地盤震動シンポジウム,/,29-38, 1995年, 査読無し
      • 近地強震記録を用いた1993年北海道南西沖地震最大余震(1993 8/8)の震源過程
        岩田 知孝
        月刊海洋「北海道南西沖地震と津波」特集号,/,80-87, 1994年, 査読無し
      • Earthquake motion and ground conditions
        岩田 知孝
        Architectural Institute of Japan,, 1993年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 台湾台北盆地地下構造調査
        自 2001年
      • 台湾台中盆地地下構造調査
        自 2000年
      • サンフェルナンド盆地地下構造調査
        自 2000年
      • 台湾集集地震・地震被害調査,地下構造調査
        自 1999年
      • Underground Structure Exploration of Taipei and Taichung basin, Taiwan
        自 1999年
      • 米国ネバダ州レノ盆地・地下構造調査
        自 1997年
      • ノースリッジ地下構造調査
        自 1995年
      • 1995年兵庫県南部地震共同強震観測
        自 1995年
      • Aftershock array observation in Kobe area of the 1995 Kobe earthquake
        自 1995年
      • Underground structure exploration of Northridge and San-Fernando basin
        自 1995年
      • スペイン・グラナダ盆地における微動を用いた地下構造調査
        自 1994年
      • スペイン・グラナダ盆地における微動を用いた地下構造調査
        自 1993年
      • 1993年釧路沖地震共同地震微動観測
        自 1993年
      • 1993年北海道南西沖地震余震観測
        自 1993年
      • 3次元アレイ地震記録の数値シミュレーション
        自 1993年
      • Numerical simulations 3-D array seismic data
        自 1993年
      • メキシコ盆地地下構造調査
        自 1991年
      • 1990フィリッピン地震余震観測
        自 1990年

      受賞

      • 2010年09月17日
        日本自然災害学会, 平成22年度日本自然災害学会学術賞
      • 2017年03月31日
        日本地震学会, 2016年度日本地震学会論文賞
      • 2017年10月09日
        日本地震学会, 日本地震学会論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 地震波のサイト増幅特性評価の高度化とそれを用いた地下構造モデルの検証に関する研究
        基盤研究(C)
        小区分25030:防災工学関連
        京都大学
        岩田 知孝
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        スペクトルインバージョン;震源特性;サイト増幅特性;伝播経路特性;地盤構造モデル;破壊伝播効果;応力降下量;ω2乗モデル;地震波サイト増幅特性;地下速度構造モデル
      • 海溝型巨弾地震による高精度地震動予測と地震早期警報に関する研究
        特別研究員奨励費
        京都大学
        自 2018年10月12日, 至 2021年03月31日, 完了
        地震波干渉法;観測点間グリーン関数;南海トラフ巨大地震;長周期地震動;南海地震;南海トラフの地震;強震動予測
      • 海溝型巨大地震の広帯域強震動予測のための震源モデル構築に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        岩田 知孝
        自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        強震動予測;2011年東北地方太平洋沖地震;長周期地震動;広帯域地震動;プレート間巨大地震;震源断層モデル;震源モデル;震源過程;2016年熊本地震;2015年ネパール地震
      • 実時間地震動予測:実況値を反映させる手法の構築
        基盤研究(B)
        気象庁気象研究所
        干場 充之
        自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        実時間地震動予測;時間発展型;実況把握;波動伝播;地盤震動;データ同化;地盤増幅
      • 広帯域地震動予測のための地下構造モデルの高度化に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        岩田 知孝
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        地震動予測;地下速度構造モデル;観測点間グリーン関数;地震波干渉法;堆積盆地構造;強震動予測;地下属度構造モデル;微動;小スパンアレイ;盆地生成表面波;地下構造モデル;強震観測
      • 設計用入力地震動作成のための強震動予測手法の適用と検証
        基盤研究(B)
        工学院大学
        久田 嘉章
        完了
        強震動地震学;設計用入力地震動;強震動予測手法;計算コード(ソフトウェア);理論的手法;数値計算手法;統計的手法;ベンチマークテスト;1923年関東地震;関東平野;数値解析手法;統計的グリーン関数法;計算コード;サイト波
      • 地震動のトランポリン効果の発生メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        独立行政法人防災科学技術研究所
        青井 真
        完了
        地震;自然現象観測・予測;非線形;地盤工学;固体地球物理学
      • 全国主要都市の予測強震動データベース作成とそれによる被害リスク評価
        基盤研究(A)
        京都大学
        川瀬 博
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        地震災害;被害リスク;予測強震動;想定震源断層;被災リスク;建物ストック;建物被害;シナリオ地震;被害予測;発生確率;予測強振動
      • 極大地震動の生成メカニズム解明に基づく強予測手法高度化
        基盤研究(B)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        極大地震動;2008年岩手・宮城地震;震源モデリング;震源インバージョン;最大加速度;強震動予測;震源モデル;サイト特性;非線形応答;2008年岩手・宮城内陸地震;地盤の非・形応答;ディレクティビティ効果;地盤の非線形応答;ディレィクティビティ効果
      • 2007年能登半島地震の余震に関する調査研究
        東京大学
        金沢 敏彦
        完了
        海底地震観測;能登半島地震;海底活断層;高密度観測;機動観測;震源断層;余震分布
      • 長周期地震動とその都市災害軽減に関する総合研究
        基盤研究(A)
        東京大学
        纐纈 一起
        完了
        長周期地震動;地下構造;震源;シミュレーション;被害予測;強震動予測;災害軽減;地震防災;長周期地震動予測地図;全国1次地下構造モデル;地震ハザード;地震リスク
      • グルノーブル盆地における地下構造調査と地震被害予測
        基盤研究(B)
        九州大学
        川瀬 博
        完了
        アレー微動;強震動予測;堆積盆地;グルノーブル;地下構造, Array Microtremors;Strong Motions;Sedimentary Basin;Grenoble;Underground Structure
      • 南海プレート巨大地震時の西南日本堆積盆地における長周期地震動予測に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        南海地震;長周期地震動;強震動予測;堆積盆地;大分平野;大阪平野;震源モデル;地殻速度構造モデル, Nankai earthquake;long-period ground motions;prediction of strong ground motions;sedimentary basin;Oita basin;Osaka basin;source model;basin velocity structure model
      • 福岡県西方沖の地震の強震動と構造物被害の関係に関する調査研究
        特別研究促進費
        九州大学
        川瀬 博
        完了
        福岡県;強振動;震源過程;地盤増幅;地震被害;人的被害;室内被害;液状化;強震動, Fukuoka;Strong motion;Source process;Soil amplification;Seismic damage;Human loss and injury;Indoor damage;Liquefaction
      • 短周期地震波生成震源モデルの特性化と広帯域高精度強震動予測震源モデルの構築
        基盤研究(C)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        強振動予測;震源インバージョン;特性化震源モデル;動的震源パラメタ;応力降下量;アスペリティ;スラブ内地震;プレート境界地震;強震動予測, Strong ground motion prediction;Source inversion;Characterized source model;Dynamic source parameter;Stress drop;Asperity;In-Slab earthquake;interplate earthquake
      • 高精度な波形予測手法に基づく海溝性巨大地震の強震動と建築構造物の被害予測
        基盤研究(B)
        九州大学
        川瀬 博
        完了
        強震動予測;海溝性地震;サイト増幅;地震応答解析;アスペリティ;被害予測;強振動予測, Strong motion prediction;Subduction-zone earthquake;Site effects;Response analysis;Asperity;Disaster prediction
      • 1999年台湾集集地震による社会基盤施設の被害要因分析と国際比較
        基盤研究(B)
        京都大学
        佐藤 忠信
        完了
        集集地震;コジャエリ地震;地震動位相のモデル化;地震危険度解析;環太平洋;東アジア;ライフサイクルコスト;優先順位;震源近傍;位相のモデル化;地震動シュミレーション;断層変位;非定常過程;群遅延時間;設計用地震動, Chi-Chi earthquake;Kocaeli earthquake;Phase spectrum;Seismic hazard analysis;Pan-Pacific;East Asia;Life cycle cost;Priotization
      • 強震動データを用いたシナリオ地震に基づく強震動予測手法に関する基礎研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        K-NET;KiK-net;関西地震観測研究協議会;シナリオ地震;強震動予測;経験的グリーン関数法;応力降下量;破壊伝播, K-NET;KiK-net;CEORKA;Scenario earthquake;prediction of strong motion;Empirical Green's function method;Stress drop;Rupture propagation
      • 台湾集集地震の震源域付近の地盤および構造物の動的挙動に関する実証的調査研究
        基盤研究(B)
        九州大学
        川瀬 博
        完了
        サイト特性;強震動;微動;アレー観測;台湾集集地震;動的応答;卓越振動数;盆地構造, Site effects;Strong ground motions;Microtremors;Array observation;Chi-Chi, Taiwan earthquake;Path effects;Horizontal;Vertical ratio;Basin structure
      • 理論的高精度強震動予測手法の開発と京都盆地における地震災害予測に関する基礎研究
        地域連携推進研究費
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        京都盆地;地震波アレイ観測;強震記録;地下構造モデル;数値シミュレーション;強震動予測;シナリオ地震;地震波伝播, Kyoto basin;Seismic array observation;Strong motion records;Underground structure model;Numerical simulation;Strong motionprediction;Scenario earthquake;Seismic wave propagation
      • 複数の国際テストサイトにおける地震動への局地的影響評価
        基盤研究(B)
        東京大学
        工藤 一嘉
        完了
        強震動予測;サイト特性;国際テストサイト;地下構造;アレー微動観測;高密度地震観測;地震動シミュレーション;地震災害;地震動;局地的影響;微動アレー観測;S波速度構造;表面波;位相速度分散;3次元地下構造;微動アレイ観測;位相速度;シュミレーション, Strong Motion Prediction;Site Effects;International Test Sites;Underground Structure;Array Observation of Microtremors;Earthquake Hazard;Dense Array Observation of Earthquake Observation;Simulation of Seismic Motion
      • 簡便かつ高精度なサイト特性評価に基づく定量的な地震入力評価法の開発
        基盤研究(B)
        九州大学
        川瀬 博
        完了
        サイト特性;強震動;微動;アレー観測;震源;伝播経路;水平;上下比;アラー観測, Site effects;Strong ground motions;Microtremors;Array observation;Earthquake sources;Path effects;Horizontal;Vertical ratio
      • 都市域における破壊的強震動の高精度予測に関する研究
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        強震動予測;日米共同研究;強震記録;不均質震源;特性化震源モデル;エンベロープインバージョン;震源近傍強震動;地価構造モデル;地下構造モデル;強振動予測
      • 全国に展開された強震観測網記録を用いた地震波サイト特性の評価
        基盤研究(C)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        K-NET;サイト特性;強震記録;SP変換波;Q値;距離減衰;グリーン関数;強震観測網;KNET;余震観測;1995兵庫県南部地震;地盤条件;逆問題;地下構造, K-NET;site effects;strong motion data;SP convert wave;Q-value;geometrical attention;Green's function
      • 都市地下地震による強震動と地震動災害に関する日米共同研究
        国際学術研究
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        1994年米国ノースリッジ地震;1995年兵庫県南部地震;強震動予測;シナリオ地震;アレイ微動調整;アスペリティ;盆地端部効果;ハイブリッドグリーン関数;1995兵庫県南部地震;都市直下地震;1994米国ノースリッジ地震;アレイ微動観測;地下構造調査;震源過程
      • 活断層の危険度評価と強震動予測
        重点領域研究
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        強震動予測;活断層;地震危険度;動力学電源モデル;都市直下地震;サイト特性;強震観測;ハイブリット・ブリーン関数;強震動観測;強震動レシピ;震源物理;地下構造;波動場計算手法;活断層調査;ジオスライサー;数値シミュレーション;断層モデル;ハイブリッドグリーン関数;反射法探査;トレンチ調査;数値シュミレーション;震源の物理;地下構造探査;震源過程, strong motion Prediction;active faults;seismic hazard;dynamic source model;near-field earthquakes;site effect;strong motion observation;hybrid Green's function
      • 人工地震記録を用いた神戸市周辺の地盤構造の推定と地震波の伝播特性の評価
        重点領域研究
        東京工業大学
        山中 浩明
        完了
        兵庫県南部地震;人工地震探査;基盤構造;地盤震動;余震観測
      • 近地広帯域強震動観測ネットワーク記録を用いた強震動分布の早期推定に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        岩田 知孝
        完了
        1995年兵庫県南部地震;震災の帯;強震動分布;震度7;震源過程;差分法;強震観測;表層地質
      • 地震防災を目的とした地震動情報の即時伝達システムに関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        強震動予測;数値シミュレーション;地下構造モデル;液状化予測;強震観測網;即時伝達;自動震源メカニズム評価;インターネット;リアルタイム地震学;液状化;震源情報;GIS;地震動予測;地震観測;ホームページ;1995年兵庫県南部地震;強震観測;波形インバージョン;WWW, Prediction of Strong Ground Motion;Numerical Simulation;Underground Structure Model;Prediction of liquefaction;Strong Motion Network;Real Time Seismology;Automatic Source Mechanism Determination;Internet Home Page
      • 機動強震アレイ観測のための軽量小型強震系の制作と観測・解析マニュアルの作成
        基盤研究(A)
        東京大学
        工藤 一嘉
        完了
        機動観測;軽量小型強震形;アレイ観測;広帯域ダイナミックレンジ;強振動伝播;表層地質;軽量小型強震計;広帯域高ダイナミックレンジ;強震動伝播;地震破壊過程;強震伝播, mobil observation;portable strong motion instrument;array observation;wide-band, high-dynamic range;propagation of strong motion;surface geology
      • グラナダ盆地(スペイン)のサイスミック・マイクロゾネーションに関する共同研究
        国際学術研究
        東京工業大学
        瀬尾 和大
        完了
        サイスミック・マイクロゾネーション;地震防災;堆積平野(堆積盆地);グラナダ盆地;地震危険度評価;微動測定;強震観測;スペイン;サイスッミク・マイクロゾネーション;盆地の3次元構造;微動のアレー観測;都市の脆弱性;地震活動度;グラナダ;盆地構造;アンケート震度調査;被害地震;兵庫県南部地震, seismic microzonation;earthquake disaster prevention;sedimentary plain (basin);the Granada basin;seismic risk assessment;microtremor measurement;strong motion observation;Spain
      • 直下型地震による強震動予測に関する日仏共同研究 Japan-France Joint Project on Strong Motion Prediction
        国際学術研究
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        強震動予測;1995年兵庫県南部地震;震源過程;地下構造探査;サイト特性;数値シミュレーション;アスペリティ;サイスミックゾーニング;都市直下地震;Euroseistest(ユーロサイステスト);経験的グリーン関数法, strong motion prediction;1995 Hyogoken-Nanbu earthquake;source process;underground structure;site effect;numerical simulation;asperity;seismic zoning;seismic network
      • 強地震動の予測に関する総合的研究
        総合研究(A)
        京都大学
        入倉 孝次郎
        完了
        強震動予測;1995年兵庫県南部地震;1993年釧路沖地震;サイト特性;震源過程;数値シミュレーション;表層地質;高密度アレイ地震動観測;1993釧路沖地震;1994北海道東方沖地震;1995兵庫県南部地震;非線形応答;微動観測;強震動;地震動災害;不規則構造;マイクロゾーニング;距離減衰式;設計用入力地震動, Prediction Of Strong Ground Motion;1995 Hygoken Nanbu Earthquake;1993 Kushiro Oki Earthquake;Site Effects;Source Process;Numerical Simulation
      • 大都市域における強震動予測と地震危険度評価に関する日中共同研究
        国際学術研究
        京都大学
        土岐 憲三
        完了
        地震災害;強震観測;強震動予測;地震危険度評価;歴史地震;活断層;地盤;地震動, Seismic Hazards;Strong Motion Observation;Strong Motion Prediction;Seismic Risk Assessment;Historical Earthquake;Active Fault;Ground;Earthquake Ground Motion

      外部資金:その他

      • 強震動予測に関する研究
      • Leading International Cooperative Research of Integrated Disaster Science on Evolving Natural Hazards
        日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム
        自 2011年, 至 2013年
        岩田 知孝
      list
        Last Updated :2022/07/03

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用地震学A
          5034, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用地震学ゼミナールD
          5147, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地球惑星科学課題演習DC
          3474, 後期, 理学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用地震学ゼミナールB
          5145, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用地震学ゼミナールA
          5144, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用地震学ゼミナールC
          5146, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          地球惑星科学課題演習DC
          後期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          地震・雷・火事・親父の傾向と対策
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2016年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地球惑星科学課題演習DC
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地球惑星科学課題演習DC
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星科学課題演習DC
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題演習DC
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題演習 DC
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題演習 DC
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用地震学A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用地震学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用地震学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用地震学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用地震学ゼミナールD
          後期, 理学研究科

        博士学位審査

        • Study on rupture processes of large interplate earthquakes estimated by fully Bayesian source inversions using multi period-band strong-motion data -The 2011 Tohoku-oki and the 2011 Ibaraki-oki earthquakes-(周期帯別の強震波形を用いたフルベイジアン震源インバージョンから推定される巨大プレート境界型地震の破壊過程に関する研究-2011年東北地方太平洋沖地震及び2011年茨城県沖地震を例にして-)
          久保 久彦, 主査
          2015年03月23日
        • 高角断層を伴う層状岩の曲げトップリングによる山向き小崖の形成に関する研究
          横山 修, 副査
          2020年03月23日
        • Active Tectonics of the Northeastern Tibetan Plateau(チベット高原北東部のアクティブテクトニクス)
          陳 鵬
          2019年11月25日
        • Significance of Stress Interactions Related to the Occurrence of Shallow Slow Earthquakes(浅部スロー地震の発生に関連した応力変化とその相互作用)
          片上 智史, 副査
          2020年03月23日
        • Controlling Factors for Hillslope Denudation by Soil Formation and Shallow Landsliding in Low-relief Landscapes under Contrasting Lithological Conditions(土層形成と表層崩壊による斜面削剥を制御する要因:対照的な地質条件をもつ小起伏山地での比較研究)
          渡壁 卓磨, 副査
          2020年03月23日
        • New Ground Motion Prediction Equations for Saudi Arabia and their Application to Probabilistic Seismic Hazard Analysis(サウジアラビアにおける地震動予測式の構築と確率論的地震動予測への適用)
          木内 亮太, 副査
          2020年03月23日
        • Comparison of Damage Zones of the Nojima and the Asano Faults from the Deep Drilling Project: Differences in Meso-to-microscale Deformation Structures related to Fault Activity(深部ボーリング調査に基づく野島・浅野断層破砕帯の比較: 断層活動性による変形構造の違い)
          西脇 隆文, 主査
          2020年03月23日
        • 微量な方解石セメントを持つアレナイト質砂岩の風化メカニズム
          松澤 真, 副査
          2020年03月23日
        • Relation of Earthquake Growth and Final Size with Applications to Magnitude Determination for Early Warning(地震の成長と最終サイズの関係および早期警報におけるマグニチュード決定への応用)
          野田 俊太, 副査
          2020年11月24日
        list
          Last Updated :2022/07/03

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2005年07月01日, 至 2007年06月30日
            国際交流委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            学術情報メディアセンター協議員会協議員
          • 自 2008年09月01日, 至 2009年03月31日
            原子炉実験所人事選考委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所DPRIシリーズ出版編集専門委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所教育専門委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所財務委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所人権委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所副所長
          • 自 2014年10月01日, 至 2015年03月31日
            「別府-万年山断層帯(大分平野-由布院断層帯東部)における重点的な調査観測」運営委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            防災研究所DPRIシリーズ出版編集専門委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            防災研究所自然災害研究協議会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            防災研究所世界防災研究所連合(GADRI)事務局
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所世界防災研究所連合(GADRI)事務局
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所研究コンプライアンス推進委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所情報セキュリティ委員会
          • 自 2007年06月19日, 至 2009年06月18日
            宇治地区学術情報・通信整備運用委員会
          • 自 2009年06月19日, 至 2011年06月18日
            宇治地区学術情報・通信整備運用委員会
          • 自 2009年08月27日, 至 2011年03月31日
            宇治地区本館改修検討委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区施設整備・将来計画委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報環境機構KUINS利用負担金検討委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所研究・教育委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所教育専門委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所奨学金運営委員会
          list
            Last Updated :2022/07/03

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2005年
              担当理事, 自然災害科学会
            • 自 1995年, 至 1996年
              評議員,強震動委員会委員,代議員,災害調査委員会委員, 日本地震学会

            ページ上部へ戻る