教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

西野 勝俊

ニシノ カツトシ

生命科学研究科 統合生命科学専攻応用生物機構学講座 助教

西野 勝俊
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本茶業学会
    • 日本きのこ学会
    • 日本農芸化学会

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2017年04月, 至 現在
      京都大学大学院生命科学研究科, 助教
    • 自 2004年04月, 至 2013年03月
      住友化学株式会社, 研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        天然物からの有用な生理活性物質の探索とその作用機構の解明
      • 研究概要

        疾患の予防・治療に繋がる天然由来の成分に興味を持って研究を進めている。現在は、免疫に関する研究を行っている。

      研究キーワード

      • 免疫
      • 生物活性物質

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用微生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ナノテク・材料, 分析化学
      • ライフサイエンス, 生物有機化学

      論文

      • Two Types of PPARγ Ligands Identified in the Extract of Artemisia campestris
        Tokio Hasegawa; Mayo Osaka; Yusaku Miyamae; Katsutoshi Nishino; Hiroko Isoda; Kiyokazu Kawada; Mohamed Neffati; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Chemistry, 2021年05月23日
      • Analyses of putative anti-cancer potential of three STAT3 signaling inhibitory compounds derived from Salvia officinalis.
        Maho Yanagimichi; Katsutoshi Nishino; Akiho Sakamoto; Ryusei Kurodai; Kenji Kojima; Nozomu Eto; Hiroko Isoda; Riadh Ksouri; Kazuhiro Irie; Taiho Kambe; Seiji Masuda; Toru Akita; Kazuhiro Maejima; Masaya Nagao
        Biochemistry and biophysics reports, 2021年03月
      • Abietane diterpenoids from Salvia officinalis leaves as aryl hydrocarbon receptor ligands
        Katsutoshi Nishino; Kenta Someya; Riadh Ksouri; Toshio Ishikawa; Hiroko Isoda; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Phytochemistry Letters, 2021年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Stimulation of insulin secretion by acetylenic fatty acids in insulinoma MIN6 cells through FFAR1.
        Katsutoshi Nishino; Haruka Uesugi; Akira Hirasawa; Anna Ohtera; Yusaku Miyamae; Mohamed Neffati; Hiroko Isoda; Taiho Kambe; Seiji Masuda; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Biochemical and biophysical research communications, 2020年01月29日, 査読有り
      • マツタケシロの成長戦略−抗菌性錯体による土壌微生物の制御
        平井 伸博; 西野 勝俊
        植物の生長調節, 2019年06月, 査読有り
      • 茶葉および茶畑土壌中のアルミニウム錯体濃度
        西野 勝俊; 久保中央; 福永晃士; 平井伸博
        茶業研究報告, 2018年12月, 査読有り
      • Evaluation of the roles of the cytosolic N-terminus and His-rich loop of ZNT proteins using ZNT2 and ZNT3 chimeric mutants.
        Kazuhisa Fukue; Naoya Itsumura; Natsuko Tsuji; Katsutoshi Nishino; Masaya Nagao; Hiroshi Narita; Taiho Kambe
        Scientific reports, 2018年09月20日, 査読有り
      • 抗菌物質・シュウ酸アルミニウムのマツタケシロにおける普遍的存在
        西野勝俊; 山口宗義; 藤田 徹; 東 智則; 宜寿次盛生; 成松眞樹; 山田明義; 平井伸博
        日本きのこ学会誌, 2018年04月, 査読有り
      • Zinc deficiency causes delayed ATP clearance and adenosine generation in rats and cell culture models.
        Taka-Aki Takeda; Shiho Miyazaki; Miki Kobayashi; Katsutoshi Nishino; Tomoko Goto; Mayu Matsunaga; Minami Ooi; Hitoshi Shirakawa; Fumito Tani; Tatsuyoshi Kawamura; Michio Komai; Taiho Kambe
        Communications biology, 2018年, 査読有り
      • マツタケシロの抗菌物質・シュウ酸アルミニウム濃度の 季節変化とシロの微生物相
        西野勝俊; 松原佳耶; 田中千尋; 山口宗義; 藤田 徹; 山田明義; 平井伸博
        日本きのこ学会, 2017年04月, 査読有り
      • The (oxalato)aluminate complex as an antimicrobial substance protecting the "shiro" of Tricholoma matsutake from soil micro-organisms.
        Katsutoshi Nishino; Misao Shiro; Ryuki Okura; Kazuya Oizumi; Toru Fujita; Takahiro Sasamori; Norihiro Tokitoh; Akiyoshi Yamada; Chihiro Tanaka; Muneyoshi Yamaguchi; Syuntaro Hiradate; Nobuhiro Hirai
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2017年01月

      MISC

      • カワラケツメイからのカテプシンK阻害物質の単離・同定
        佐藤峻; 西野勝俊; 入江一浩; 大塚隆尚; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2021年
      • セージ(Salvia officinalis)からのapoA-Iを介するコレステロール搬出促進化合物の単離・同定
        平島知代子; 染谷健太; 西野勝俊; KSOURI Riadh; 松尾道憲; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2021年
      • 地中海沿岸原産植物からのAhRリガンドの単離・同定
        染谷健太; 西野勝俊; KSOURI Riadh; 石川敏夫; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2020年
      • マツタケシロにおけるマツタケ菌体量と抗菌物質・シュウ酸アルミニウム濃度の季節変化
        西野勝俊; 松原佳耶; 田中千尋; 山口宗義; 藤田徹; 山田明義; 平井伸博
        日本きのこ学会大会講演要旨集, 2016年08月30日
      • ハーゲム培地で培養したマツタケの抗菌活性
        藤田徹; 西野勝俊; 平井伸博
        日本きのこ学会大会講演要旨集, 2016年08月30日
      • シュウ酸アルミニウムの抗菌作用を利用したマツタケの生長戦略
        西野勝俊; 城美沙緒; 大泉一也; 大倉龍起; 藤田徹; 山口宗義; 山田明義; 田中千尋; 笹森貴裕; 時任宣博; 平井伸博
        日本森林学会大会学術講演集, 2016年03月27日
      • マツタケ菌根が生産する抗菌性アルミニウム錯体の生態学
        西野勝俊; 城美沙緒; 大泉一也; 大倉龍起; 藤田徹; 山口宗義; 山田明義; 田中千尋; 笹森貴裕; 時任宣博; 平井伸博
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日

      講演・口頭発表等

      • 3重結合を有する脂肪酸6-ODA・9-ODAによるFFA1依存的インスリン分泌促進効果
        西野勝俊; 上杉晴香; 平澤明; Mohamed Neffati; 宮前友策; 増田誠司; 神戸大朋; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2019年度東京大会, 2019年03月

      受賞

      • 2018年02月08日
        日本農芸化学会, B.B.B.論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 伝承薬セージ中の新規AhRリガンドを用いたT細胞サブセットへの分化誘導機構の解明
        若手研究
        小区分38060:応用分子細胞生物学関連
        京都大学
        西野 勝俊
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        芳香族炭化水素受容体;AhRリガンド;免疫;T細胞;ジテルペン;セージ;AhR;ヘルパーT細胞;テルペノイド

      外部資金:その他

      • 新奇AhRリガンドによるT細胞分化誘導の機構解明と感染症予防効果
        公益財団法人 三島海雲記念財団 2020年度学術研究奨励金
        自 2020年07月01日, 至 2021年06月30日
        西野 勝俊
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子生物学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子生物学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品生物工学実験及び実験法
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生物工学実験及び実験法
          後期集中, 農学部

        ページ上部へ戻る