教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

榎本 将人

エノモト マサト

生命科学研究科 高次生命科学専攻高次応答制御学講座 助教

榎本 将人
list
    Last Updated :2024/04/02

    基本情報

    協力講座

    • 薬学研究科, 薬科学専攻 生体機能薬学講座, 助教

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 日本Cell Death学会
    • 日本癌学会
    • 日本細胞生物学会
    • 日本分子生物学会

    学位

    • 修士(医科学)(北里大学)
    • 博士(医学)(名古屋大学)

    経歴

    • 自 2017年04月, 至 現在
      京都大学大学院, 生命科学研究科・ システム機能学分野, 助教
    • 自 2013年06月, 至 2017年03月
      京都大学大学院, 生命科学研究科・ システム機能学分野, 特定助教
    • 自 2013年03月, 至 2013年06月
      京都大学大学院, 生命科学研究科・ システム機能学分野, 日本学術振興会特別研究員PD
    • 自 2012年04月, 至 2013年03月
      神戸大学大学院, 医学研究科・遺伝学分野, 日本学術振興会特別研究員PD
    • 自 2010年04月, 至 2012年03月
      神戸大学大学院, 医学研究科・細胞生物学G-COE, 学術研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/02

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞間相互作用を介した生体恒常性維持機構とその破綻によるがん制御の解明
      • 研究概要

        多細胞生物において組織中の細胞は互いに相互作用し合うことで恒常性維持を実現しており、その破綻はがんなどの疾患につながる。現在、ショウジョウバエ遺伝学とライブイメージング解析を駆使することで、上皮細胞とその微小環境との相互作用や組織間コミュニケーションを介した組織再生とがん進展制御の分子基盤の解明を目指している。

      研究キーワード

      • ショウジョウバエ
      • 臓器連関
      • 細胞間相互作用
      • がん
      • 再生
      • 組織修復

      研究分野

      • ライフサイエンス, 腫瘍生物学
      • ライフサイエンス, 遺伝学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • Cell-cell interactions that drive tumorigenesis in Drosophila
        Masato Enomoto; Tatsushi Igaki
        Fly, 2022年11月22日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Interaction between Ras and Src clones causes interdependent tumor malignancy via Notch signaling in Drosophila
        Masato Enomoto; Daisaku Takemoto; Tatsushi Igaki
        Developmental Cell, 2021年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Drosophila as a cancer model
        Masato Enomoto, Carmen Siow, Tatsushi Igaki
        Advances in Experimental Medicine and Biology, 2018年06月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • 細胞競合と代償性増殖におけるJNKシグナルの役割
        榎本将人
        生体の科学, 2016年
      • Non-autonomous overgrowth by oncogenic niche cells: Cellular cooperation and competition in tumorigenesis
        Masato Enomoto; John Vaughen; Tatsushi Igaki
        Cancer Science, 2015年12月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • JNK signaling is converted from anti- to pro-tumor pathway by Ras-mediated switch of Warts activity
        Masato Enomoto; Daisuke Kizawa; Shizue Ohsawa; Tatsushi Igaki
        Developmental Biology, 2015年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • 細胞の協調と競合におけるHippo経路の役割
        榎本将人; 井垣 達吏
        医学のあゆみ, 2014年
      • がんの発生・進展を促すニッチ細胞
        榎本将人; 井垣 達吏
        実験医学, 2014年
      • Src controls tumorigenesis via JNK-dependent regulation of the Hippo pathway in Drosophila
        Masato Enomoto; Tatsushi Igaki
        EMBO Reports, 2013年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Mitochondrial defect drives non-autonomous tumour progression through Hippo signalling in Drosophila
        Shizue Ohsawa; Yoshitaka Sato; Masato Enomoto; Mai Nakamura; Aya Betsumiya; Tatsushi Igaki
        Nature, 2012年10月, 査読有り
      • Trichoplein and Aurora A block aberrant primary cilia assembly in proliferating cells
        Akihito Inoko; Makoto Matsuyama; Hidemasa Goto; Yuki Ohmuro-Matsuyama; Yuko Hayashi; Masato Enomoto; Miho Ibi; Takeshi Urano; Shigenobu Yonemura; Tohru Kiyono; Ichiro Izawa; Masaki Inagaki
        Journal of Cell Biology, 2012年04月, 査読有り
      • Deciphering tumor-suppressor signaling in flies: Genetic link between Scribble/Dlg/Lgl and the Hippo pathways
        Masato Enomoto; Tatsushi Igaki
        Journal of Genetics and Genomics, 2011年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • Trichoplein controls microtubule anchoring at the centrosome by binding to Odf2 and ninein.
        Miho Ibi; Peng Zou; Akihito Inoko; Takashi Shiromizu; Makoto Matsuyama; Yuko Hayashi; Masato Enomoto; Daisuke Mori; Shinji Hirotsune; Tohru Kiyono; Sachiko Tsukita; Hidemasa Goto; Masaki Inagaki
        Journal of Cell Science, 2011年03月15日, 査読有り
      • 14-3-3 gamma mediates Cdc25A proteolysis to block premature mitotic entry after DNA damage
        Kousuke Kasahara; Hidemasa Goto; Masato Enomoto; Yasuko Tomono; Tohru Kiyono; Masaki Inagaki
        EMBO Journal, 2010年08月, 査読有り
      • Novel Positive Feedback Loop between Cdk1 and Chk1 in the Nucleus during G2/M Transition
        Masato Enomoto; Hidemasa Goto; Yasuko Tomono; Kousuke Kasahara; Kunio Tsujimura; Tohru Kiyono; Masaki Inagaki
        Journal of Biological Chemistry, 2009年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 occurs with both stalled DNA replication and damage checkpoint stimulation
        Yosuke Ikegami; Hidemasa Goto; Tohru Kiyono; Masato Enomoto; Kousuke Kasahara; Yasuko Tomono; Keiichi Tozawa; Akimichi Morita; Kenjiro Kohri; Masaki Inagaki
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年12月, 査読有り
      • Biochemical characterization of suramin as a selective inhibitor for the PKA-mediated phosphorylation of HBV core protein in vitro
        Motohito Okabe; Masato Enomoto; Haruki Maeda; Kazuyuki Kuroki; Kenzo Ohtsuki
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2006年09月, 査読有り
      • High phosphorylation of HBV core protein by two alpha-type CK2-activated cAMP-dependent protein kinases in vitro
        Masato Enomoto; Yoshitaka Sawano; Seiji Kosuge; Yuko Yamano; Kazuyuki Kuroki; Kenzo Ohtsuki
        FEBS Letters, 2006年02月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 分裂前期及びDNA損傷により起こるChk1新規リン酸化反応(Novel Chk1 phosphorylation occurred not only in early mitosis but also in DNA damage checkpoint)
        池上 要介; 後藤 英仁; 榎本 将人; 笠原 広介; 友野 靖子; 辻村 邦夫; 清野 透; 森田 明理; 郡 健二郎; 稲垣 昌樹
        日本癌学会総会記事, 2007年08月

      講演・口頭発表等

      • 組織傷害に応答した上皮細胞と免疫細胞の相互作用による生体恒常性維持
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第46回日本分子生物学会年会, 2023年12月08日, 招待有り
      • 上皮と免疫細胞の時空間相互作用による生体恒常性維持
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第75回日本細胞生物学会大会, 2023年06月28日
      • 上皮-免疫連関による損傷組織の再構築と生体応答
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第45回日本分子生物学会年会, 2022年12月02日, 招待有り
      • 上皮組織損傷が誘発する多細胞間相互作用と生体応答
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第95回日本生化学会大会, 2022年11月09日, 招待有り
      • Interaction of distinct tumor cells causes interdependent tumor malignancy via Notch signaling
        榎本 将人; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第81回日本癌学会学術総会, 2022年10月01日
      • 細胞間コミュニケーションを介した組織修復の時空間制御
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第43回日本分子生物学会年会, 2021年06月
      • 腫瘍細胞とマクロファージの相互作用によるがん制御
        榎本 将人; 小川 慶悟; 井垣 達吏
        第42回日本分子生物学会年会, 2020年12月06日
      • Dying cells promote wound healing via cell-to-cell propagation of JNK signaling
        Enomoto M; Igaki T
        Australia-Japan Meeting on Cell Death, 2018年05月
      • Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression
        Enomoto M; Naoki H; Takemoto D; Igaki T
        The Allied Genetics Conference 2016, 2016年07月
      • Tumor progression by a genetic heterogeneity of clones with distinct oncogenic activities
        Enomoto M; Takemoto D; Igaki T
        Barcelona BioMed Conference, 2015年06月
      • Src controls tumorigenesis through JNK-dependent Hippo pathway regulation in Drosophila
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第65回日本細胞生物学会大会, 2013年06月20日
      • Src controls tumorigenesis through JNK-dependent tissue growth regulation in Drosophila
        Enomoto M; Igaki T
        The EMBO meeting 2012, 2012年09月
      • RNA processing defects cooperates with oncogenic Ras to stimulate non-cell autonomous growth in Drosophila
        榎本 将人; 佐藤 好隆; 中村 麻衣; 大澤 志津江; 井垣 達吏
        第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月
      • Chk1 phosphorylation by Cdk1 is required for the adequate activation of Cdk1
        Enomoto M; Goto H; Tomono Y; Kasahara K; Tsujimura K; Kiyono T; Ingaki M
        American Society for Cell Biology 49th Annual Meeting, 2009年12月
      • G2/M期におけるCdk1によるChk1の制御機構の解析
        榎本 将人; 後藤 英仁; 友野 靖子; 笠原 広介; 辻村 邦夫; 清野 透; 稲垣 昌樹
        第82回日本生化学会大会, 2009年10月
      • Chk1 phosphorylation by Cdk1 promotes mitotic entry
        榎本 将人; 後藤 英仁; 友野 靖子; 笠原 広介; 池上 要介; 辻村 邦夫; 清野 透; 稲垣 昌樹
        第61回日本細胞生物学会大会, 2009年06月
      • Chk1 phosphorylation by Cdk1 promotes mitotic entry
        榎本 将人; 後藤 英仁; 友野 靖子; 笠原 広介; 池上 要介; 辻村 邦夫; 清野 透; 稲垣 昌樹
        第81回日本生化学会大会, 2008年12月
      • Chk1 phosphorylation by Cdk1 controls mitotic entry
        榎本 将人; 後藤 英仁; 笠原 広介; 池上 要介; 友野 靖子; 清野 透; 稲垣 昌樹
        第60回日本細胞生物学会大会, 2008年06月
      • Phosphorylation of Chk1 by Cdk in DNA damage response
        榎本 将人; 後藤 英仁; 友野 靖子; 笠原 広介; 池上 要介; 山口 知也; 白水 崇; 辻村 邦夫; 清野 透; 稲垣 昌樹
        第80回日本生化学会大会, 2007年12月
      • 活性化PKAによるHBV core proteinのリン酸化とその選択的阻害作用
        榎本 将人; 岡部 基人; 前田 晴樹; 黒木 和之; 大槻 健蔵
        第53回日本ウイルス学会学術集会, 2005年11月
      • CK2により活性化したPKAの生化学的特徴と基質要求性に関する研究
        榎本 将人; 澤野 啓学; 小菅 成治; 山野 裕子; 黒木 和之; 大槻 健蔵
        第78回日本生化学会大会, 2005年10月
      • JNKシグナルの細胞間伝播を介した上皮組織修復の時空間制御
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第74回日本細胞生物学会大会, 2022年06月28日
      • Interaction of distinct tumor cells causes interdependent tumor malignancy via Notch signaling
        榎本 将人; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月02日
      • Interaction between Ras and Src clones causes interdependent tumor malignancy via Notch signaling
        榎本 将人; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第14回日本ショウジョウバエ研究会, 2021年09月13日
      • JNK依存的なHippo経路活性スイッチによる腫瘍成長制御
        榎本 将人; 木澤 大輔; 井垣 達吏
        第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 招待有り
      • 細胞間コミュニケーションを介した上皮リモデリングの時空間制御
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第73回日本細胞生物学会大会, 2021年06月29日, 招待有り
      • 細胞間コミュニケーションを介した組織修復の時空間制御
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第72日本細胞生物学会大会, 2020年06月
      • Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue remodeling during wound healing
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第13回日本ショウジョウバエ研究会, 2018年09月11日
      • Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue repair and regeneration
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第70回日本細胞生物学会大会, 2018年06月06日
      • 細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御
        榎本 将人
        第3回京都皮膚基礎研究会, 2018年03月, 招待有り
      • 細胞間コミュニケーションによるがん進展制御
        榎本 将人; 本田 直樹; 武本 花奈美; 竹本 大策; 井垣 達吏
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月09日
      • Src controls tumor microenvironment via Adam-mediated cell-to-cell propagation of JNK signaling
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月29日
      • 死細胞が発信する細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第26回日本Cell Death学会学術集会, 2017年07月25日
      • Src drives cell-to-cell propagation of JNK signaling to control tumorigenesis and regeneration.
        榎本 将人
        日本発生生物学会 秋季シンポジウム2016, 2016年10月19日, 招待有り
      • Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression
        榎本 将人; 本田 直樹; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第12回日本ショウジョウバエ研究会, 2016年09月10日
      • がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化
        榎本 将人; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第68回日本細胞生物学会・第11回日本ケミカルバイオロジー学会 合同大会, 2016年06月17日
      • Tumor progression by heterogeneity of cell clones with distinct oncogenic activities
        Enomoto M
        The 2nd Cell competition International symposium, 2016年04月, 招待有り
      • がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化の分子基盤
        榎本 将人; 竹本 大策; 井垣 達吏
        第67回日本細胞生物学会大会, 2015年06月30日
      • Tumor progression by a genetic heterogeneity of cell clones with distinct oncogenic activities
        Enomoto M; Takemoto D; Igaki T
        56th Annual Drosophila Research Conference, 2015年03月07日
      • Tumor growth regulation by JNK-dependent switching of the Hippo pathway activity
        榎本 将人; 木澤 大輔; 井垣 達吏
        第11回日本ショウジョウバエ研究会, 2014年06月06日
      • Src controls tumorigenesis through JNK-dependent regulation of the Hippo pathway
        Enomoto M; Igaki T
        54th Annual Drosophila Research Conference, 2013年04月05日
      • SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構
        榎本 将人
        大阪大学蛋白研セミナー「キナーゼ・シグナリング研究の進展」, 2014年03月15日, 招待有り
      • Src controls tumorigenesis through JNK-dependent Hippo pathway regulation in Drosophila.
        榎本 将人; 井垣 達吏
        第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月13日
      • Src controls tumorigenesis through JNK-dependent Hippo pathway regulation in Drosophila
        榎本 将人, 井垣 達吏
        第10回ショウジョウバエ研究会, 2012年10月13日
      • Src, a novel super-competitor in Drosophila
        榎本 将人, 井垣 達吏
        第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月13日, 招待有り
      • Biochemical characterization and the biological significance of the CK2-activated alpha-type cAMP-dependent protein kinases (CK2-aPKAs) in vitro
        M Enomoto; Y Sawano; S Kosuge; Y Yamano; K Kuroki; K Ohtsuki
        The 30th FEBS Congress and 9th IUBMB Conference, 2005年07月, BLACKWELL PUBLISHING
      • 細胞競合によるがん制御
        細胞競合によるがん制御
        細胞死(化学同人), DOJIN BIOSCIENCE SERIES 33, p.125-136, 2019年08月
      • 細胞周期とがん
        榎本 将人; 井垣 達吏
        京大発!フロンティア生命科学 pp.157-168, 講談社, 2018年03月, 査読無し
      • がんの発生・進展機構の解明と治療薬開発への応用
        辻椋矢; 榎本 将人
        物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法 pp.147-153, 技術情報協会, 2017年08月, 査読無し

      受賞

      • 2015年07月
        日本細胞生物学会, 第67回日本細胞生物学会 若手優秀発表賞
      • 2018年09月
        日本ショウジョウバエ研究会, 第9回森脇大五郎賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 組織修復の時空間制御を司るシンギュラリティ細胞の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        榎本 将人
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        組織修復;細胞間相互作用;マクロファージ;少数細胞;ショウジョウバエ;Zfh1/ZEB;シグナル伝達;Zfh1/ZEB1;修復;再生
      • 上皮の概日時計ネットワークによる組織恒常性の制御
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分48:生体の構造と機能およびその関連分野
        京都大学
        榎本 将人
        自 2020年07月30日, 至 2023年03月31日, 完了
        がん;シグナル伝達;概日時計;上皮;ショウジョウバエ;組織恒常性
      • 細胞死の時空間伝播による生体損傷チェックポイントの分子基盤
        基盤研究(B)
        小区分48040:医化学関連
        京都大学
        榎本 将人
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 完了
        細胞死;細胞間相互作用;組織間相互作用;組織修復;ショウジョウバエ;生体損傷;貪食;細胞間コミュニケーション;組織間コミュニケーション
      • Cancer-fusion cellによるがん細胞の新たな進化機構
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        榎本 将人
        自 2017年06月30日, 至 2020年03月31日, 完了
        がん;細胞間相互作用;Ras;Src;細胞融合;細胞肥大化;シグナル伝達;細胞間コミュニケーション
      • 死細胞が残した細胞間シグナルネットワークを介した創傷治癒制御
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        榎本 将人
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        死細胞;細胞間コミュニケーション;創傷治癒;シグナル伝達;JNKシグナル
      • 死にゆくがん細胞が発信するがん制御ネットワーク機構の遺伝的基盤
        若手研究(A)
        京都大学
        榎本 将人
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        がん;死細胞;シグナル伝達;ショウジョウバエ;細胞間相互作用;腫瘍内不均一性;代償性増殖;細胞死;細胞間コミュニケーション;癌
      • 細胞競合を駆動する「細胞適応度」の同定とそれによるがん制御機構の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        榎本 将人
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        細胞競合;適応度;JNK;Hippo経路;がん;JNKシグナル;細胞適応度;がん進展
      • 細胞間コミュニケーションを介した細胞非自律的な腫瘍悪性化の分子基盤
        若手研究(B)
        神戸大学
        榎本 将人
        自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日, 中途終了
        RNAプロセッシング;Rasシグナル;細胞非自律的増殖;細胞間コミュニケーション
      • 組織内在性の特異的微小環境から始まる腫瘍浸潤の分子基盤
        基盤研究(B)
        小区分48040:医化学関連
        京都大学
        田守 洋一郎
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        腫瘍浸潤;発がん;がん微小環境;ゲノム倍数性;ショウジョウバエ;上皮組織;浸潤ホットスポット;SBF-SEM
      • マクロファージによる腫瘍認識システムとその破綻によるがん進展の解明
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        榎本 将人
        自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        がん;マクロファージ;生体恒常性;免疫応答
      • 組織・個体の恒常性を支える脂肪を起点とした生体適応ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        小区分48040:医化学関連
        京都大学
        榎本 将人
        自 2023年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        組織間相互作用;脂肪組織;生体恒常性;組織修復;再生
      • 性特異的な生体恒常性システムの構築機構の解明
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分48:生体の構造と機能およびその関連分野
        京都大学
        榎本 将人
        自 2023年06月30日, 至 2026年03月31日, 交付
        生体恒常性;脂肪組織;性差;システミック応答;ショウジョウバエ

      外部資金:その他

      • 組織修復を駆動する組織微小環境ネットワーク
        科学技術振興機構, さきがけ
        自 2021年10月01日, 至 2025年03月31日
      list
        Last Updated :2024/04/02

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          シグナル伝達学特論
          1029, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物化学5(細胞生物学)
          A205, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物化学V(細胞生物学)
          C205, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          シグナル伝達学特論
          1029, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学5(細胞生物学)
          A205, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物化学V(細胞生物学)
          C205, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          シグナル伝達学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学V(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学V(細胞生物学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習IV 【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:がんの分子機構の最先端~ ショウジョウバ…
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学V(細胞生物学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学5(細胞生物学)
          後期, 薬学部

        ページ上部へ戻る