教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙林 純示

タカバヤシ ジユンジ

生態学研究センター 生態学研究部門 教授

髙林 純示
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 生態学講座, 教授

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本生態学会
    • 国際化学生態学会(International Society of Chemical Ecology)
    • 日本応用動物昆虫学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    経歴

    • 自 2001年04月, 至 現在
      京都大学, 生態学研究センター, 教授
    • 自 2007年04月, 至 2009年03月
      京都大学生態学研究センター・センター長, Center for Ecological Research
    • 自 2005年04月, 至 2007年03月
      京都大学生態学研究センター・副センター長, Center for Ecological Research

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        昆虫ー植物間相互作用 植物間コミュニケーション
      • 研究概要

        植物由来の揮発性成分が媒介する昆虫−植物間相互作用ならびに植物間コミュニケーションに関して化学生態学的手法を用いて研究している。

      研究キーワード

      • 総合防除
      • 植物誘導防衛
      • 植物ー植物間相互作用
      • 昆虫ー植物間相互作用
      • 化学生態学
      • chemical ecology

      研究分野

      • 環境・農学, 植物保護科学
      • 環境・農学, 植物保護科学
      • ライフサイエンス, 多様性生物学、分類学
      • ライフサイエンス, 生態学、環境学
      • ナノテク・材料, 生物分子化学

      論文

      • Delayed Response after Learning Associated with Oviposition Experience in the Larval Parasitoid, Cotesia kariyai (Hymenoptera: Braconidae)
        Junji Fukushima; Kazumu Kuramitsu; Junji Takabayashi; Yooichi Kainoh
        Journal of Insect Behavior, 2021年10月01日
      • The rice wound-inducible transcription factor RERJ1 sharing same signal transduction pathway with OsMYC2 is necessary for defense response to herbivory and bacterial blight.
        Ioana Valea; Atsushi Motegi; Naoko Kawamura; Koichi Kawamoto; Akio Miyao; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Kenji Gomi; Keiichirou Nemoto; Akira Nozawa; Tatsuya Sawasaki; Tomonori Shinya; Ivan Galis; Koji Miyamoto; Hideaki Nojiri; Kazunori Okada
        Plant molecular biology, 2021年09月02日
      • Effects of Prohydrojasmon on the Number of Infesting Herbivores and Biomass of Field-Grown Japanese Radish Plants
        Kengo Yoshida; Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Hiroshi Abe; Yuka Okemoto; Kinuyo Yoneya; Junji Takabayashi
        Frontiers in Plant Science, 2021年08月12日, 査読有り, 最終著者
      • Effective distance of volatile cues for plant–plant communication in beech
        Tomika Hagiwara; Masae Iwamoto Ishihara; Junji Takabayashi; Tsutom Hiura; Kaori Shiojiri
        Ecology and Evolution, 2021年08月02日, 査読有り
      • α-Linolenic acid in Papilio machaon larvae regurgitant induces a defensive response in Apiaceae
        Yuto Nishidono; Kotaro Niwa; Aoi Kitajima; Shiro Watanabe; Yasuhiro Tezuka; Masanori Arita; Junji Takabayashi; Ken Tanaka
        Phytochemistry, 2021年08月
      • The Use of Synthetic Herbivory-Induced Plant Volatiles That Attract Specialist Parasitoid Wasps, Cotesia vestalis, for Controlling the Incidence of Diamondback Moth Larvae in Open Agricultural Fields
        Masayoshi Uefune; Kinuyo Yoneya; Masaki Yamamoto; Junji Takabayashi
        Frontiers in Ecology and Evolution, 2021年07月23日, 査読有り, 最終著者
      • Field-Grown Rice Plants Become More Productive When Exposed to Artificially Damaged Weed Volatiles at the Seedling Stage
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        Frontiers in Plant Science, 2021年07月12日, 査読有り, 最終著者
      • Targeting diamondback moths in greenhouses by attracting specific native parasitoids with herbivory-induced plant volatiles
        Masayoshi Uefune; Junichiro Abe; Kaori Shiojiri; Satoru Urano; Koukichi Nagasaka; Junji Takabayashi
        Royal Society Open Science, 2020年11月
      • Exposure to artificially damaged goldenrod volatiles increases saponins in seeds of field-grown soybean plants
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Ken-Ichi Yamashita; Masayoshi Uefune; Kenji Matsui; Chigen Tsukamoto; Junji Takabayashi
        Phytochemistry Letters, 2020年04月
      • Synchronous Occurrences of the Diamondback Moth (Lepidoptera: Plutellidae) and its Parasitoid Wasp Cotesia vestalis (Hymenoptera: Braconidae) in Greenhouses in a Satoyama Area
        Junichiro Abe; Masayoshi Uefune; Kinuyo Yoneya; Kaori Shiojiri; Junji Takabayashi
        Environmental Entomology, 2020年02月17日
      • Multifunctionality of herbivory-induced plant volatiles in chemical communication in tritrophic interactions.
        高林 純示
        Current Opinion in Insect Science, 2019年04月, 査読有り
      • Oviposition experience of parasitoid wasps with nonhost larvae affects their olfactory and contact-behavioral responses toward host-and nonhost-infested plants
        高林 純示
        Journal of Chemical Ecology, 2019年03月, 査読有り
      • Chewing and other cues induce grass spines that protect meristems
        高林 純示
        Arthropod-Plant Interactions, 2019年01月, 査読有り
      • Silkworms suppress the release of green leaf volatiles by mulberry leaves with an enzyme from their spinnerets
        Hiroki Takai; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Saki Fujii; Kiriko Arai; Ryoko T. Ichiki; Takao Koeduka; Hideo Dohra; Toshiyuki Ohnishi; Sakura Taketazu; Jun Kobayashi; Yooichi Kainoh; Satoshi Nakamura; Takeshi Fujii; Yukio Ishikawa; Takashi Kiuchi; Susumu Katsuma; Masayoshi Uefune; Toru Shimada; Kenji Matsui
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り
      • An omnivorous arthropod, Nesidiocoris tenuis, induces gender-specific plant volatiles to which conspecific males and females respond differently
        Hojun Rim; Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        Arthropod-Plant Interactions, 2018年08月01日, 査読有り
      • Uninfested plants and honey enhance the attractiveness of a volatile blend to a parasitoid Cotesia vestalis
        Rika Ozawa; Yoshitsugu Ohara; Kaori Shiojiri; Toru Uchida; Kazumasa Kakibuchi; Soichi Kugimiya; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        Journal of Applied Entomology, 2018年07月, 査読有り
      • Occurrence of diamondback moths Plutella xylostella and their parasitoid wasps Cotesia vestalis in mizuna greenhouses and their surrounding areas
        Junichiro Abe; Masayoshi Uefune; Kinuyo Yoneya; Kaori Shiojiri; Junji Takabayashi
        bioRxiv, 2018年06月
      • Parasitoid wasps’ exposure to host-infested plant volatiles affects their olfactory cognition of host-infested plants
        Kinuyo Yoneya; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        Animal Cognition, 2018年01月01日, 査読有り
      • Oviposition inhibitor in umbelliferous medicinal plants for the common yellow swallowtail (Papilio machaon)
        Chisato Morino; Yusuke Morita; Kazuki Minami; Yuto Nishidono; Yoshitaka Nakashima; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Naoaki Ono; Shigehiko Kanaya; Takayuki Tamura; Yasuhiro Tezuka; Ken Tanaka
        Journal of Natural Medicines, 2018年01月01日, 査読有り
      • A device to disperse artificial herbivore-induced plant volatiles that attract natural enemies of herbivores for pest control
        S. Kugimiya; M. Uefune; K. Sano; J. Takabayashi
        Acta Horticulturae, 2017年07月25日, 査読有り
      • Experience of plant infestation by the omnivorous arthropod Nesidiocoris tenuis affects its subsequent responses to prey-infested plant volatiles
        Hojun Rim; Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Kinuyo Yoneya; Junji Takabayashi
        BIOCONTROL, 2017年04月, 査読有り
      • Oviposition of diamondback moth Plutella xylostella females is affected by herbivore-induced plant volatiles that attract the larval parasitoid Cotesia vestalis
        Masayoshi Uefune; Kaori Shiojiri; Junji Takabayashi
        ARTHROPOD-PLANT INTERACTIONS, 2017年04月, 査読有り
      • Effects of an artificial blend of host-infested plant volatiles on plant attractiveness to parasitic wasps
        Y. Ohara; T. Uchida; K. Kakibuchi; M. Uefune; J. Takabayashi
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2017年04月, 査読有り
      • Intraspecific variation among Tetranychid mites for ability to detoxify and to induce plant defenses
        Rika Ozawa; Hiroki Endo; Mei Iijima; Koichi Sugimoto; Junji Takabayashi; Tetsuo Gotoh; Gen-ichiro Arimura
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年02月, 査読有り
      • Weeding volatiles reduce leaf and seed damage to field-grown soybeans and increase seed isoflavones
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Ken-Ichi Yamashita; Masayoshi Uefune; Kenji Matsui; Chigen Tsukamoto; Susumu Tokumaru; Junji Takabayashi
        Scientific Reports, 2017年01月, 査読有り
      • Offering honey containing a selective insecticide as food for pests and parasitoids: another effective use
        M. Uefune; Y. Nakashima; J. Takabayashi; S. Urano; S. Kugimiya; T. Shimoda
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Field evaluation of synthetic aphid sex pheromone in enhancing suppression of aphid abundance by their natural enemies
        Yoshitaka Nakashima; Takashi Y. Ida; Wilf Powell; John A. Pickett; Michael A. Birkett; Hisatomo Taki; Junji Takabayashi
        BIOCONTROL, 2016年10月, 査読有り
      • Language of plants: Where is the word?
        Maja Simpraga; Junji Takabayashi; Jarmo K. Holopainen
        JOURNAL OF INTEGRATIVE PLANT BIOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • An Attractant of the Aphidophagous Gall Midge Aphidoletes aphidimyza From Honeydew of Aphis gossypii
        Hiroshi Watanabe; Eizi Yano; Keita Higashida; Syouichi Hasegawa; Junji Takabayashi; Rika Ozawa
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2016年02月, 査読有り
      • A pecky rice-causing stink bug Leptocorisa chinensis escapes from volatiles emitted by excited conspecifics
        Ken-ichi Yamashita; Shinji Isayama; Rika Ozawa; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi; Kazuki Miura
        JOURNAL OF ETHOLOGY, 2016年01月, 査読有り
      • Oviposition preference of cabbage white butterflies in the framework of costs and benefits of interspecific herbivore associations
        Kaori Shiojiri; Maurice Sabelis; Junji Takabayashi
        ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, 2015年12月, 査読有り
      • Olfactory response of the omnivorous mirid bug Nesidiocoris tenuis to eggplants infested by prey: Specificity in prey developmental stages and prey species
        Hojun Rim; Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        BIOLOGICAL CONTROL, 2015年12月, 査読有り
      • Cry-wolf signals emerging from coevolutionary feedbacks in a tritrophic system
        Atsushi Yamauchi; Minus van Baalen; Yutaka Kobayashi; Junji Takabayashi; Kaori Shiojiri; Maurice W. Sabelis
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2015年11月, 査読有り
      • Parasitic Wasps Aphidius ervi are More Attracted to a Blend of Host-Induced Plant Volatiles than to the Independent Compounds
        Hiroyuki Takemoto; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Isolation of a sesquiterpene synthase expressing in specialized epithelial cells surrounding the secretory cavities in rough lemon (Citrus jambhiri)
        Yuya Uji; Rika Ozawa; Hodaka Shishido; Shiduku Taniguchi; Junji Takabayashi; Kazuya Akimitsu; Kenji Gomi
        JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 2015年05月, 査読有り
      • 植物がかおりで危険を感じ取るしくみ– 隣接する被食害植物からのかおり化合物を取り込み,配糖体化することで来るべき害虫に備える
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示
        化学と生物, 2015年, 招待有り
      • Conversion of volatile alcohols into their glucosides in Arabidopsis
        Koichi Sugimoto; Kenji Matsui; Junji Takabayashi
        Communicative and Integrative Biology, 2015年, 査読有り
      • A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutella xylostella, in greenhouses
        Takeshi Shimoda; Takayuki Mitsunaga; Masayoshi Uefune; Junichiro Abe; Soichi Kugimiya; Koukichi Nagasaka; Kota Sano; Satoru Urano; Yoshito Suzuki; Eizi Yano; Junji Takabayashi
        BIOCONTROL, 2014年12月, 査読有り
      • Effects of aphid honeydew sugars on the longevity and fecundity of the aphidophagous gall midge Aphidoletes aphidimyza
        Hiroshi Watanabe; Noboru Katayama; Eizi Yano; Ryohei Sugiyama; Shoko Nishikawa; Takuya Endou; Kaori Watanabe; Junji Takabayashi; Rika Ozawa
        BIOLOGICAL CONTROL, 2014年11月, 査読有り
      • Host plant volatiles and the sexual reproduction of the potato aphid, macrosiphum euphorbiae
        J. Hurley; H. Takemoto; J. Takabayashi; J. McNeil
        Insects, 2014年10月, 査読有り
      • Witnessing predation can affect strength of counterattack in phytoseiids with ontogenetic predator-prey role reversal
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi; Maurice W. Sabelis; Arne Janssen
        ANIMAL BEHAVIOUR, 2014年07月, 査読有り
      • Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals a mode of plant odor reception and defense
        Koichi Sugimoto; Kenji Matsui; Yoko Iijima; Yoshihiko Akakabe; Shoko Muramoto; Rika Ozawa; Masayoshi Uefune; Ryosuke Sasaki; Kabir Md. Alamgir; Shota Akitake; Tatsunori Nobuke; Ivan Galis; Koh Aoki; Daisuke Shibata; Junji Takabayashi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2014年05月, 査読有り
      • Leaf beetle larvae, Plagiodera versicolora (Coleoptera: Chrysomelidae), show decreased performance on uninfested host plants exposed to airborne factors from plants infested by conspecific larvae
        Kinuyo Yoneya; Soichi Kugimiya; Junji Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2014年05月, 査読有り
      • Bioactivity of natural O-prenylated phenylpropenes from Illicium anisatum leaves and their derivatives against spider mites and fungal pathogens
        T. Koeduka; K. Sugimoto; B. Watanabe; N. Someya; D. Kawanishi; T. Gotoh; R. Ozawa; J. Takabayashi; K. Matsui; J. Hiratake
        PLANT BIOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Bioactivity of natural O-prenylated phenylpropenes from Illicium anisatum leaves and their derivatives against spider mites and fungal pathogens
        T. Koeduka; K. Sugimoto; B. Watanabe; N. Someya; D. Kawanishi; T. Gotoh; R. Ozawa; J. Takabayashi; K. Matsui; J. Hiratake
        PLANT BIOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Prohydrojasmon treatment of lima bean plants reduces the performance of two-spotted spider mites and induces volatiles
        Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2014年, 査読有り
      • 香りで身を守るトマトの集団自衛策-化学物質による植物間コミュニケーションの秘密
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示
        化学, 2014年, 招待有り
      • トマトは揮発性化合物を配糖体化することで,周りの植物の匂いを受け取る
        杉本 貢一; 松井健二; 高林純示
        アロマリサーチ, 2014年, 招待有り
      • 被害を受けた仲間の香りを取り込んで身を守る!−植物間の化学コミュニケーション解明に向けて−
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示
        化学, 2014年, 招待有り
      • Herbivore-constructed leaf shelters on Salix eriocarpa shoots affect arthropod communities
        Kinuyo Yoneya; Yoko Inui; Michihiro Ishihara; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2014年, 査読有り
      • Intermittent exposure to traces of green leaf volatiles triggers the production of (Z)-3-hexen-1-yl acetate and (Z)-3-hexen-1-ol in exposed plants
        Rika Ozawa; Kaori Shiojiri; Kenji Matsui; Junji Takabayashi
        Plant Signaling and Behavior, 2013年12月03日, 査読有り
      • Previous infestation of pea aphids Acyrthosiphon pisum on broad bean plants resulted in the increased performance of conspecific nymphs on the plants
        Hiroyuki Takemoto; Masayoshi Uefune; Rika Ozawa; Gen-Ichiro Arimura; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2013年12月, 査読有り
      • Traumatin- and Dinortraumatin-containing Galactolipids in Arabidopsis THEIR FORMATION IN TISSUE-DISRUPTED LEAVES AS COUNTERPARTS OF GREEN LEAF VOLATILES
        Anna Nakashima; Stephan H. von Reuss; Hiroyuki Tasaka; Misaki Nomura; Satoshi Mochizuki; Yoko Iijima; Koh Aoki; Daisuke Shibata; Wilhelm Boland; Junji Takabayashi; Kenji Matsui
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2013年09月, 査読有り
      • Cytosolic LOX overexpression in Arabidopsis enhances the attractiveness of parasitic wasps in response to herbivory and incidences of parasitism
        Rika Ozawa; Kaori Shiojiri; Kyutaro Kishimoto; Kenji Matsui; Gen-ichiro Arimura; Soichi Urashimo; Takaaki Nishioka; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2013年09月, 査読有り
      • Interaction-information networks mediated by plant volatiles: a case study on willow trees
        Kinuyo Yoneya; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2013年09月, 査読有り
      • Untitled
        Massimo Maffei; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2013年09月, 査読有り
      • Effects of prohydrojasmon-treated corn plants on attractiveness to parasitoids and the performance of their hosts
        N. S. Mandour; Y. Kainoh; R. Ozawa; M. Uefune; J. Takabayashi
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2013年02月, 査読有り
      • Parasitic wasp females are attracted to blends of host-induced plant volatiles: do qualitative and quantitative differences in the blend matter?
        Uefune M; Kugimiya S; Ozawa R; Takabayashi J
        F1000Research, 2013年02月, 査読有り
      • Induced defence in lima bean plants exposed to the volatiles from two-spotted spider mite-infested conspecifics is independent of the major protein expression
        Koichi Sugimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Yasuhiro Kuramitsu; Jeannette Kley; Anja David; Alexander Muck; Kazuyuki Nakamura; Wilhelm Boland; Junji Takabayashi
        Journal of Plant Interactions, 2013年, 査読有り
      • Starvation and herbivore-induced plant volatiles affect the color preferences of parasitic wasps
        Masayoshi Uefune; Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Junji Takabayashi
        BioControl, 2013年, 査読有り
      • Do plants use airborne cues to recognize herbivores on their neighbours?
        Yasuyuki Choh; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        Experimental and Applied Acarology, 2013年, 査読有り
      • Chitinase gene expression induced by mite-infested plant volatiles under air-flow conditions in intact lima bean plants.
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Takabayashi J
        IOBC/WPRS Bulletin, 2013年, 査読有り
      • An Apparent Trade-Off between Direct and Signal-Based Induced Indirect Defence against Herbivores in Willow Trees
        Kinuyo Yoneya; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        PLOS ONE, 2012年12月, 査読有り
      • Temperature-dependent, behavioural, and transcriptional variability of a tritrophic interaction consisting of bean, herbivorous mite, and predator
        Rika Ozawa; Osamu Nishimura; Shigenobu Yazawa; Atsushi Muroi; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        MOLECULAR ECOLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Geraniol synthase whose mRNA is induced by host-selective ACT-toxin in the ACT-toxin-insensitive rough lemon (Citrus jambhiri)
        Hodaka Shishido; Yoko Miyamoto; Rika Ozawa; Shiduku Taniguchi; Junji Takabayashi; Kazuya Akimitsu; Kenji Gomi
        JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 2012年09月, 査読有り
      • Application of synthetic herbivore-induced plant volatiles causes increased parasitism of herbivores in the field
        M. Uefune; Y. Choh; J. Abe; K. Shiojiri; K. Sano; J. Takabayashi
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2012年09月, 査読有り
      • Two-step learning involved in acquiring olfactory preferences for plant volatiles by parasitic wasps
        Hiroyuki Takemoto; Wilf Powell; John Pickett; Yooichi Kainoh; Junji Takabayashi
        ANIMAL BEHAVIOUR, 2012年06月, 査読有り
      • Effects of larval densities and the duration since larval infestation on the host-searching behavior of Diadegma semiclausum, a parasitoid of diamondback moth larvae on plants
        Yoshitsugu Ohara; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF ETHOLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • Intermittent exposure to traces of green leaf volatiles triggers a plant response
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Kenji Matsui; Maurice W. Sabelis; Junji Takabayashi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2012年04月, 査読有り
      • Differential Metabolisms of Green Leaf Volatiles in Injured and Intact Parts of a Wounded Leaf Meet Distinct Ecophysiological Requirements
        Kenji Matsui; Kohichi Sugimoto; Jun'ichi Mano; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PLOS ONE, 2012年04月, 査読有り
      • The effect of genetically enriched (E)-beta-ocimene and the role of floral scent in the attraction of the predatory mite Phytoseiulus persimilis to spider mite-induced volatile blends of torenia
        Takeshi Shimoda; Masahiro Nishihara; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        NEW PHYTOLOGIST, 2012年03月, 査読有り
      • Herbivore-induced plant volatiles enhance the ability of parasitic wasps to find hosts on a plant
        M. Uefune; S. Kugimiya; K. Sano; J. Takabayashi
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Computational Fluid Dynamics Simulation of Herbivore-Induced Plant Volatiles around Greenhouses
        T. Kuroyanagi; J. Abe; M. Uefune; J. Takabayashi
        INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED TECHNOLOGIES AND MANAGEMENT TOWARDS SUSTAINABLE GREENHOUSE ECOSYSTEMS: GREENSYS2011, 2012年, 査読有り
      • Exogenous application of liquid diet, previously fed upon by pea aphids Acyrthosiphon pisum (Harris), to broad bean leaves induces volatiles attractive to the specialist parasitic wasp Aphidius ervi (Haliday)
        Hiroyuki Takemoto; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2012年, 査読有り
      • The Composite Effect of Transgenic Plant Volatiles for Acquired Immunity to Herbivory Caused by Inter-Plant Communications
        Atsushi Muroi; Abdelaziz Ramadan; Masahiro Nishihara; Masaki Yamamoto; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        PLOS ONE, 2011年10月, 査読有り
      • Effects of Time After Last Herbivory on the Attraction of Corn Plants Infested with Common Arymworms to a Parasitic Wasp Cotesia kariyai
        Nasser Said Mandour; Yooichi Kainoh; Rika Ozawa; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • Specific Regulation of Pyrethrin Biosynthesis in Chrysanthemum cinerariaefolium by a Blend of Volatiles Emitted from Artificially Damaged Conspecific Plants
        Yukio Kikuta; Hirokazu Ueda; Koji Nakayama; Yoshio Katsuda; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Akikazu Hatanaka; Kazuhiko Matsuda
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • The role of leaf volatiles in predator avoidance by phytophagous mites
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Timing matters: release of plant volatiles that are attractive to parasitoids
        Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Preferences of parasitic wasps for cabbage plants infested by plural herbivore species
        Masaki Yamamoto; Kaori Shiojiri; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Herbivore-induced carnivore attractants enhance the residence time of carnivores on a host food plant
        Masayoshi Uefune; Soichi Kugimiya; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Characterization of the promoter sequence of chitinase gene from lima bean plant
        Koichi Sugimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Microorgans in herbivorous two-spotted spider mites regulate ecological interactions with lima bean plant
        Hirokazu Ueda; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Massimo Maffei; Kazuhiko Matsuda
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Analytical model to predict the number of parasitoids that should be released to control diamondback moth larvae in greenhouses
        Satoru Urano; Junichiro Abe; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Learning of plant volatiles by aphid parasitoids: timing to learn
        Hiroyuki Takemoto; Yooichi Kainoh; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Interaction between Phaseolus plants and two strains of Kanzawa spider mites
        Rika Ozawa; Ryo Matsushima; Massimo Maffei; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Do host plant volatiles influence the diel periodicity of caterpillar foraging of all species attacking the same host plant
        Kaori Shiojiri; J. N. McNeil; J. Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Monogalactosyl diacylglycerol is a substrate for lipoxygenase: its implications for oxylipin formation directly from lipids
        Anna Nakashima; Yoko Iijima; Koh Aoki; Daisuke Shibata; Koichi Sugimoto; Junji Takabayashi; Kenji Matsui
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Can plants evolve stable alliances with the enemies' enemies?
        M. W. Sabelis; A. Janssen; J. Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年, 査読有り
      • Orientation of the parasitic wasp, Cotesia vestalis (Haliday) (Hymenoptera: Braconidae), to visual and olfactory cues of field mustard flowers, Brassica rapa L. (Brassicaceae), to exploit food sources
        Soichi Kugimiya; Masayoshi Uefune; Takeshi Shimoda; Junji Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • Females of Cotesia vestalis, a parasitoid of diamondback moth larvae, learn to recognise cues from aphid-infested plants to exploit honeydew
        Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Jeremy N. Mcneil; Junji Takabayashi
        ECOLOGICAL ENTOMOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • Herbivore-Specific, Density-Dependent Induction of Plant Volatiles: Honest or "Cry Wolf'' Signals?
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Soichi Kugimiya; Masayoshi Uefune; Michiel van Wijk; Maurice W. Sabelis; Junji Takabayashi
        PLOS ONE, 2010年08月, 査読有り
      • Response of Wollastoniella rotunda (Hemiptera: Anthocoridae) to volatiles from eggplants infested with its prey Thrips palmi and Tetranychus kanzawai: Prey species and density effects
        Masayoshi Uefune; Yoshitaka Nakashima; Eiko Tagashira; Junji Takabayashi; Masami Takagi
        BIOLOGICAL CONTROL, 2010年07月, 査読有り
      • Specialist Leaf Beetle Larvae Use Volatiles from Willow Leaves Infested by Conspecifics for Reaggregation in a Tree
        Kinuyo Yoneya; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2010年07月, 査読有り
      • Present or Past Herbivory: A Screening of Volatiles Released from Brassica rapa Under Caterpillar Attacks as Attractants for the Solitary Parasitoid, Cotesia vestalis
        Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Jun Tabata; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • Predator Avoidance by Phytophagous Mites is Affected by the Presence of Herbivores in a Neighboring Patch
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • Host-searching responses to herbivory-associated chemical information and patch use depend on mating status of female solitary parasitoid wasps
        Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Eric Wajnberg; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        ECOLOGICAL ENTOMOLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • Relationship between the ability to penetrate complex webs of Tetranychus spider mites and the ability of thread-cutting behavior in phytoseiid predatory mites
        Takeshi Shimoda; Hidenari Kishimoto; Junji Takabayashi; Hiroshi Amano; Marcel Dicke
        BIOLOGICAL CONTROL, 2010年06月, 査読有り
      • Regulation of Arabidopsis defense responses against Spodoptera littoralis by CPK-mediated calcium signaling
        Chidananda Nagamangala Kanchiswamy; Hirotaka Takahashi; Stefano Quadro; Massimo E. Maffei; Simone Bossi; Cinzia Bertea; Simon Atsbaha Zebelo; Atsushi Muroi; Nobuaki Ishihama; Hirofumi Yoshioka; Wilhelm Boland; Junji Takabayashi; Yaeta Endo; Tatsuya Sawasaki; Gen-ichiro Arimura
        BMC PLANT BIOLOGY, 2010年05月, 査読有り
      • Temperature and Photoperiodic Effects on Induction and Termination of Diapause in Female Leptocorisa chinensis (Hemiptera: Alydidae)
        Ken-Ichi Yamashita; Junji Takabayashi; Kazuki Miura
        ANNALS OF THE ENTOMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2010年05月, 査読有り
      • Chemical defence and toxins of plants
        Hisakazu Yamane; Kotaro Konno; Maurice Sabelis; Junji Takabayashi; Takeshi Sassa; Hideaki Oikawa
        Comprehensive Natural Products II: Chemistry and Biology, 2010年03月, 査読有り
      • Predation-related odours reduce oviposition in a herbivorous mite
        Yasuyuki Choh; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2010年01月, 査読有り
      • Role of hydroperoxide lyase in white-backed planthopper (Sogatella furcifera Horvath)-induced resistance to bacterial blight in rice, Oryza sativa L.
        Kenji Gomi; Masaru Satoh; Rika Ozawa; Yumi Shinonaga; Sachiyo Sanada; Katsutomo Sasaki; Masaya Matsumura; Yuko Ohashi; Hiroo Kanno; Kazuya Akimitsu; Junji Takabayashi
        PLANT JOURNAL, 2010年01月, 査読有り
      • Polyamines and jasmonic acid induce plasma membrane potential variations in lima bean
        Rika Ozawa; Cinzia M. Bertea; Maria Foti; Ravishankar Narayana; Gen-Ichiro Arimura; Atsushi Muroi; Massimo E. Maffei; Junji Takabayashi
        Plant Signaling and Behavior, 2010年, 査読有り
      • 植物の環境適応・被食防衛に応答するカルシウム依存リン酸化制御機構
        有村 源一郎; Nagamangala Kanchiswamy Chidananda; 高橋 宏隆; Maffei Massimo; 吉岡 博文; 石濱 伸明; 高林 純示; 澤崎 達也
        日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2010年
      • Willow leaf beetle larvae use volatiles from willow leaves infested by conspecifics to find suitable resources in a tree
        Yoneya K; Ozawa R; Takabayashi J
        Journal of Chemical Ecology,Vol.36,671-679, 2010年
      • Herbivore-induced plant volatiles prime two indirect defences in lima bean
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        TRENDS IN ACAROLOGY, 2010年, 査読有り
      • Exogenous Polyamines Elicit Herbivore-Induced Volatiles in Lima Bean Leaves: Involvement of Calcium, H2O2 and Jasmonic Acid
        Rika Ozawa; Cinzia M. Bertea; Maria Foti; Ravishankar Narayana; Gen-Ichiro Arimura; Atsushi Muroi; Jun-Ichiro Horiuchi; Takaaki Nishioka; Massimo E. Maffei; Junji Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • Can herbivore-induced plant volatiles inform predatory insect about the most suitable stage of its prey?
        Kinuyo Yoneya; Soichi Kugimiya; Junji Takabayashi
        PHYSIOLOGICAL ENTOMOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • Accumulation of hydroxycinnamic acid amides induced by pathogen infection and identification of agmatine coumaroyltransferase in Arabidopsis thaliana
        Atsushi Muroi; Atsushi Ishihara; Chihiro Tanaka; Akihiro Ishizuka; Junji Takabayashi; Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka
        PLANTA, 2009年08月, 査読有り
      • Chemical and Molecular Ecology of Herbivore-Induced Plant Volatiles: Proximate Factors and Their Ultimate Functions
        Gen-ichiro Arimura; Kenji Matsui; Junji Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2009年05月, 査読有り
      • Jasmonic acid control of GLABRA3 links inducible defense and trichome patterning in Arabidopsis
        Yuki Yoshida; Ryosuke Sano; Takuji Wada; Junji Takabayashi; Kiyotaka Okada
        DEVELOPMENT, 2009年03月, 査読有り
      • The jasmonate signaling pathway in tomato regulates susceptibility to a toxin-dependent necrotrophic pathogen
        Mayumi Egusa; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Hiroshi Otani; Motoichiro Kodama
        PLANTA, 2009年03月, 査読有り
      • Comparison of thread-cutting behavior in three specialist predatory mites to cope with complex webs of Tetranychus spider mites
        Takeshi Shimoda; Hidenari Kishimoto; Junji Takabayashi; Hiroshi Amano; Marcel Dicke
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2009年02月, 査読有り
      • Learning is involved in the response of parasitic wasps Aphidius ervi (Haliday) (Hymenoptera: Braconidae) to volatiles from a broad bean plant, Vicia faba (Fabaceae), infested by aphids Acyrthosiphon pisum (Harris) (Homoptera: Aphididae)
        Hiroyuki Takemoto; Wilf Powell; John Pickett; Yooichi Kainoh; Junji Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2009年02月, 査読有り
      • Do adult leaf beetles (Plagiodera versicolora) discriminate between odors from intact and leaf-beetle-infested willow shoots?
        Kinuyo Yoneya; Soichi Kugimiya; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2009年, 査読有り
      • Plant volatiles regulate the activities of Ca2+-permeable channels and promote cytoplasmic calcium transients in Arabidopsis leaf cells
        Naoko Asai; Takaaki Nishioka; Junji Takabayashi; Takuya Furuichi
        Plant Signaling and Behavior, 2009年, 査読有り
      • Volatile compounds from young peach shoots attract males of oriental fruit moth in the field
        Alex L. Il'ichev; Soichi Kugimiya; David G. Williams; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2009年, 査読有り
      • Characterization of a sabinene synthase gene from rough lemon (Citrus jambhiri)
        Keisuke Kohzaki; Kenji Gomi; Yumiko Yamasaki-Kokudo; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Kazuya Akimitsu
        JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 2009年, 査読有り
      • 被食誘導遺伝子の発現制御に関与するシロイヌナズナcalcium-dependent protein kinaseの同定
        Nagamangala Kanchiswamy Chidananda; 高橋 宏隆; Maffei Massimo; Boland Wilhelm; 高林 純示; 澤崎 達也; 有村 源一郎
        日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集, 2009年
      • Change of the Phospholipid Metabolism in Chloroplasts under Sulfur-starved Conditions in a green alga, Chlamydomonas reinhardtii
        Sugimoto K; Matsui K; Takabayashi J; Sato N; Tsuzuki M
        Sulfur metabolism in plants: Regulatory Aspects Significance of Sulfur in the Food Chain, Agriculture and the Environment, 2009年, 査読有り
      • Maize plants sprayed with either jasmonic acid or its precursor, methyl linolenate, attract armyworm parasitoids, but the composition of attractants differs
        Rika Ozawa; Kaori Shiojiri; Maurice W. Sabelis; Junji Takabayashi
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 2008年11月, 査読有り
      • Diamondback moth females oviposit more on plants infested by non-parasitised than by parasitised conspecifics
        Yasuyuki Choh; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        ECOLOGICAL ENTOMOLOGY, 2008年10月, 査読有り
      • Identification of receptors of main sex-pheromone components of three Lepidopteran species
        Hidefumi Mitsuno; Takeshi Sakurai; Masatoshi Murai; Tetsuya Yasuda; Soichi Kugimiya; Rika Ozawa; Haruhiko Toyohara; Junji Takabayashi; Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年09月, 査読有り
      • Direct fungicidal activities of C6-aldehydes are important constituents for defense responses in Arabidopsis against Botrytis cinerea
        Kyutaro Kishimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PHYTOCHEMISTRY, 2008年08月, 査読有り
      • SCREAM/ICE1 and SCREAM2 specify three cell-state transitional steps leading to Arabidopsis stomatal differentiation
        Masahiro M. Kanaoka; Lynn Jo Pillitteri; Hiroaki Fujii; Yuki Yoshida; Naomi L. Bogenschutz; Junji Takabayashi; Jian-Kang Zhu; Keiko U. Torii
        PLANT CELL, 2008年07月, 査読有り
      • Attraction to herbivore-induced plant volatiles by the host-foraging parasitoid fly Exorista japonica
        Ryoko T. Ichiki; Yooichi Kainoh; Soichi Kugimiya; Junji Takabayashi; Satoshi Nakamura
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2008年05月, 査読有り
      • Effects of plant species on development of Wollastoniella rotunda (Hemiptera : Anthocoridae)
        Masayoshi Uefune; Yoshitaka Nakashima; Eiko Tagashira; Junji Takabayashi; Masami Takagi
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2008年, 査読有り
      • Predator avoidance in phytophagous mites: response to present danger depends on alternative host quality
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        OECOLOGIA, 2007年03月, 査読有り
      • Timing of two indirect plant defenses primed by exposure to herbivore-indcued planta volaties.
        Choh Y; Takabayashi J
        Plant Signaling and Behavior, 2: 13-14, 2007年02月01日, 査読有り
      • Volatile 1-octen-3-ol induces a defensive response in Arabidopsis thaliana
        Kyutaro Kishimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        Journal of General Plant Pathology, 2007年02月, 査読有り
      • Cloning and characterization of sex pheromone receptor genes in four moth species
        H. Mitsuno; T. Sakurai; M. Ichida; T. Yasuda; S. Kugimiya; R. Ozawa; J. Takabayashi; T. Nishioka
        CHEMICAL SENSES, 2007年02月, 査読有り
      • ハウス栽培の コマツナを低密度で加害するコナガに対するコナガサムライコマユバチ の必要放飼率
        安部順一郎; 浦野知; 長坂幸吉; 高林純示
        近畿中国四国農業研究センター研究報告, 6: 125-132, 2007年01月01日
      • 天敵誘引剤を用いた害虫管理 —考え方と実際—
        浦野知; 安部順一郎; 小原祥嗣; 釘宮総一; 上船雅義; 塩尻かおり; 小澤理香; 高林純示; 佐野孝太; 光永貴之; 長坂幸吉; 下田武志
        植物防疫, 61: 699-703, 2007年01月01日, 査読有り
      • Duration of priming of two indirect plant defenses
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        Plant Signaling and Behavior, 2007年, 査読有り
      • Exposing Arabidopsis seedlings to borneol and bornyl acetate affects root growth: Specificity due to the chemical and optical structures of the compounds
        Jun-Ichiro Horiuchi; Atsushi Muroi; Junji Takabayashi; Takaaki Nishioka
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2007年, 査読有り
      • Genetic variations in a population of herbivorous mites Tetranychus urticae in the production of the induced volatiles by kidney bean plants
        Taro Maeda; Masayoshi Uefune; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2007年, 査読有り
      • Ecology meets plant physiology: Herbivore-induced plant responses and their indirect effects on arthropod communities
        Maurice W. Sabelis; Junji Takabayashi; Arne Janssen; Merijn R. Kant; Michiel Van Wijk; Beata Sznajder; Nayanie S. Aratchige; Izabela Lesna; Belen Belliure; Robert C. Schuurink
        Ecological Communities: Plant Mediation in Indirect Interaction Webs, 2007年01月01日, 査読有り
      • Glutathione is involved in defensive responses of Arabidopsis against C6-aldehydes-treatment.
        Kyutaro Kishimoto; Shizuka Hara; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Kenji Matsui
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年, 査読有り
      • Unarmed9 is essential for the plastic regulation of trichome density in Arabidopsis
        Yuki Yoshida; Junji Takabayashi; Kiyotaka Okada
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2007年, 査読有り
      • Intraspecies variation in the Kanzawa spider mite differentially affects induced defensive response in lima bean plants
        Ryo Matsushima; Rika Ozawa; Masayoshi Uefune; Tetsuo Gotoh; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • Herbivore-induced extrafloral nectar production in lima bean plants enhanced by previous exposure to volatiles from infested conspecifics
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2006年09月, 査読有り
      • ETR1-, JAR1- and PAD2-dependent signaling pathways are involved in C6-aldehyde-induced defense responses of Arabidopsis
        Kyutaro Kishimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PLANT SCIENCE, 2006年09月, 査読有り
      • Intact lima bean plants exposed to herbivore-induced plant volatiles attract predatory mites and spider mites at different levels according to plant parts
        Yasuyuki Choh; Junji Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2006年08月, 査読有り
      • Analysis of defensive responses activated by volatile allo-ocimene treatment in Arabidopsis thaliana
        Kyutaro Kishimoto; Kenji Matsui; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PHYTOCHEMISTRY, 2006年07月, 査読有り
      • Plant volatiles, rather than light, determine the nocturnal behavior of a caterpillar
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PLOS BIOLOGY, 2006年06月, 査読有り
      • Role of the lipoxygenase/lyase pathway of host-food plants in the host searching behavior of two parasitoid species, Cotesia glomerata and Cotesia plutellae
        K Shiojiri; R Ozawa; K Matsui; K Kishimoto; S Kugimiya; J Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2006年05月, 査読有り
      • Components of C6-aldehyde-induced resistance in Arabidopsis thaliana against a necrotrophic fungal pathogen, Botrytis cinerea
        K Kishimoto; K Matsui; R Wawa; J Takabayashi
        PLANT SCIENCE, 2006年04月, 査読有り
      • Induced production of extrafloral nectar in intact lima bean plants in response to volatiles from spider mite-infested conspecific plants as a possible indirect defense against spider mites
        Y Choh; S Kugimiya; J Takabayashi
        OECOLOGIA, 2006年03月, 査読有り
      • Indirect defense of plants using interspecific interaction: its application in pest control.
        Takabayashi J
        Farming Japan, 40: 16-21, 2006年01月01日, 査読有り
      • Can plants betray the presence of multiple herbivore species to predators and parasitoids? The role of learning in phytochemical information networks
        J Takabayashi; MW Sabelis; A Janssen; K Shiojiri; M van Wijk
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2006年01月, 査読有り
      • Plant volatiles, rather than light, determine the nocturnal behavior of a caterpillar
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Junji Takabayashi
        PLoS Biology, 2006年, 査読有り
      • Changing green leaf volatiles biosynthesis in plants: a novel approach for pest management.
        Shiojiri K; Kishimoto K; Ozawa R; Kugimiya S; Urashimo S; Arimura G; Horiuchi J; Nishioka T; Matsui K; Takabayashi J
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,Vol.103,16672-16676, 2006年
      • Effects of oil droplets by Pieris caterpillars against generalist and specialist carnivores
        K Shiojiri; J Takabayashi
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2005年11月, 査読有り
      • The involvement of volatile infochemicals from spider mites and from food-plants in prey location of the generalist predatory mite Neoseiulus californicus
        T Shimoda; R Ozawa; K Sano; E Yano; J Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2005年09月, 査読有り
      • Volatile C6-aldehydes and allo-ocimene activate defense genes and induce resistance against Botrytis cinerea in Arabidopsis thaliana
        K Kishimoto; K Matsui; R Ozawa; J Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2005年07月, 査読有り
      • Parasitoid preference for host-infested plants is affected by the risk of intraguild predation
        K Shiojiri; J Takabayashi
        JOURNAL OF INSECT BEHAVIOR, 2005年07月, 査読有り
      • Effects of past foraging experiences on residence time of the predatory mite Amblyseius womersleyi in a prey patch.
        Maeda T; Takabayashi J
        Journal of Insect Behavior, 18: 323-333, 2005年05月01日, 査読有り
      • Effects of foraging experiences on residence time of the predatory mite Neoseiulus womersleyi in a prey patch
        T Maeda; J Takabayashi
        JOURNAL OF INSECT BEHAVIOR, 2005年05月, 査読有り
      • Effect of leaf age on flight response of a parasitic wasp Cotesia kariyai (Hymenoptera : Braconidae) to a plant-herbivore complex
        M Hou; J Takabayashi; Y Kainoh
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2005年02月, 査読有り
      • Corn plants treated with jasmonic acid attract more specialist parasitoids, thereby increasing parasitization of the common armyworm
        R Ozawa; K Shiojiri; MW Sabelis; GI Arimura; T Nishioka; J Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2004年09月, 査読有り
      • Biophoton emission from kidney bean leaf infested with Tetranychus kanzawai kishida
        R Kawabata; M Uefune; T Miike; H Okabe; J Takabayashi; M Takagi; S Kai
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 2004年08月, 査読有り
      • Herbivore-induced defense response in a model legume. Two-spotted spider mites induce emission of (E)-beta-ocimene and transcript accumulation of (E)-beta-ocimene synthase in Lotus japonicus
        G Arimura; R Ozawa; S Kugimiya; J Takabayashi; J Bohlmann
        PLANT PHYSIOLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • Exposure of lima bean leaves to volatiles from herbivore-induced conspecific plants results in emission of carnivore attractants: Active or passive process?
        Y Choh; T Shimoda; R Ozawa; M Dicke; J Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2004年07月, 査読有り
      • Effects of exogenous jasmonic acid and benzo(1,2,3)thiadiazole-7-carbothioic acid S-methyl ester (BTH), a functional analogue of salicylic acid, on the egg production of a herbivorous mite Tetranychus urticae (Acari : Tetranychidae)
        Y Choh; R Ozawa; J Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Are enemies' enemies friends? Plant-carnivore interactions mediated by herbivore-induced plant volatiles
        高林純示
        蛋白質 核酸 酵素, 2003年10月01日
      • Complex tritrophic interaction networks in cabbage field
        塩尻かおり; 高林純示
        蛋白質 核酸 酵素, 2003年10月01日
      • Effects of specialist parasitoids on oviposition preference of phytophagous insects: encounter-dilution effects in a tritrophic interaction
        K Shiojiri; J Takabayashi
        ECOLOGICAL ENTOMOLOGY, 2003年10月, 査読有り
      • Lima bean leaves exposed to herbivore-induced conspecific plant volatiles attract herbivores in addition to carnivores
        JI Horiuchi; GI Arimura; R Ozawa; T Shimoda; M Dicke; J Takabayashi; T Nishioka
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年08月, 査読有り
      • Factors affecting the patch-leaving decision of the parasitic wasp Diadegma semiclausum (Hymenoptera : Ichneumonidae)
        Y Ohara; A Takafuji; J Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • Functional identification of AtTPS03 as (E)-beta-ocimene synthase: a monoterpene synthase catalyzing jasmonate- and wound-induced volatile formation in Arabidopsis thaliana
        J Faldt; G Arimura; J Gershenzon; J Takabayashi; J Bohlmann
        PLANTA, 2003年03月, 査読有り
      • Response to host-infested plants in females of Diadegma semiclausum Hellen (Hymenoptera : Ichneumonidae)
        Y Ohara; A Takafuji; J Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年02月, 査読有り
      • A comparison of the responses of Tetranychus urticae (Acari : Tetranychidae) and Phytoseiulus persimilis (Acari : Phytoseiidae) to volatiles emitted from lima bean leaves with different levels of damage made by T-urticae or Spodoptera exigua (Lepidoptera : Noctuidae)
        J Horiuchi; G Arimura; R Ozawa; T Shimoda; J Takabayashi; T Nishioka
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2003年02月, 査読有り
      • 植物−植食者−捕食者系における生物間相互作用ネットワーク−現状と害虫防除技術への展望−
        高林純示
        農薬学会誌, 28: 354-359, 2003年01月01日
      • 植物揮発性成分による生物間情報伝達
        高林純示; 塩尻かおり; 小澤理香; 有村源一郎
        植物の生長調節, 2002年12月02日
      • Olfactory responses of two specialist insect predators of spider mites toward plant volatiles from lima bean leaves induced by jasmonic acid and/or methyl salicylate
        T Shimoda; R Ozawa; G Arimura; J Takabayashi; T Nishioka
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2002年11月, 査読有り
      • Response to walnut olfactory and visual cues by the parasitic wasp Diachasmimorpha juglandis
        ML Henneman; EG Dyreson; J Takabayashi; RA Raguso
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2002年11月, 査読有り
      • Oviposition preferences of herbivores are affected by tritrophic interaction webs
        K Shiojiri; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        ECOLOGY LETTERS, 2002年03月, 査読有り
      • Learning of herbivore-induced and nonspecific plant volatiles by a parasitoid, Cotesia kariyai
        J Fukushima; Y Kainoh; H Honda; J Takabayashi
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 2002年03月, 査読有り
      • 植物−植食者−天敵相互作用系における植物情報化学物質の機能
        塩尻かおり; 前田太郎; 有村源一郎; 小澤理香; 下田武志; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会誌, 46: 117-133, 2002年
      • Herbivore-induced volatiles induce the emission of ethylene in neighboring lima bean plants
        G Arimura; R Ozawa; T Nishioka; W Boland; T Koch; F Kuhnemann; J Takabayashi
        PLANT JOURNAL, 2002年01月, 査読有り
      • Functions of plant infochemicals in tritrophic interactions between plants, herbivores and carnivorous natural enemies
        S Kaori; T Maeda; G Arimura; R Ozawa; T Shimoda; J Takabayashi
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2002年, 査読有り
      • Exogenous ACC enhances volatiles production mediated by jasmonic acid in lima bean leaves
        J Horiuchi; G Arimura; R Ozawa; T Shimoda; J Takabayashi; T Nishioka
        FEBS LETTERS, 2001年12月, 査読有り
      • Patch-leaving decision of the predatory mite Amblyseius womersleyi (Acari : Phytoseiidae) based on multiple signals from both inside and outside a prey patch
        T Maeda; J Takabayashi
        JOURNAL OF INSECT BEHAVIOR, 2001年11月, 査読有り
      • Plant-plant interactions mediated by volatiles emitted from plants infested by spider mites
        G Arimura; R Ozawa; J Horiuchi; T Nishioka; J Takabayashi
        BIOCHEMICAL SYSTEMATICS AND ECOLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • Response of Oligota kashmirica benefica, a specialist insect predator of spider mites, to volatiles from prey-infested leaves under both laboratory and field conditions
        T Shimoda; J Takabayashi
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 2001年10月, 査読有り
      • Infochemically mediated tritrophic interaction webs on cabbage plants
        K Shiojiri; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        POPULATION ECOLOGY, 2001年04月, 査読有り
      • Migration of specialist insect predators to exploit patchily distributed spider mites
        T Shimoda; J Takabayashi
        POPULATION ECOLOGY, 2001年04月, 査読有り
      • 抽象化学系とその生物系への応用に関する研究
        鈴木泰博; 高林純示; 田中博
        医療情報学, 2001年02月01日
      • Production of herbivore-induced plant volatiles and their attractiveness to Phytoseius persimilis (Acari : Phytoseiidae) with changes of Tetranychus urticae (Acari : Tetranychidae) density on a plant
        T Maeda; J Takabayashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2001年02月, 査読有り
      • Learning of host-infested plant volatiles in the larval parasitoid Cotesia kariyai
        J Fukushima; Y Kainoh; H Honda; J Takabayashi
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 2001年, 査読有り
      • 植物−害虫−天敵三者間の相互作用について
        有村源一郎; 小澤理香; 塩尻かおり; 高林純示
        日本農薬学会誌, 26: 174-182, 2001年01月01日
      • 粘着トラップによるハダニ天敵昆虫類調査法 −ハダニ低密度圃場における有効性評価と合成植物揮発性成分が捕獲数に与える影響−
        高橋英夫; 高藤晃雄; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会誌, 45: 189-194, 2001年
      • Do plants communicate with each other via airborne signals?
        Takabayashi J; Arimura G
        AgBiotechNet, 3: 1-3, 2001年01月01日, 査読有り
      • Artificial life applications of a class of P systems: Abstract rewriting systems on multisets
        Y Suzuki; Y Fujiwara; J Takabayashi; H Tanaka
        MULTISET PROCESSING, 2001年, 査読有り
      • Learning of host-infested plant volatiles in the larval parasitoid Cotesia kariyai
        J Fukushima; Y Kainoh; H Honda; J Takabayashi
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 2001年, 査読有り
      • Variation in the olfactory response of 13 populations of the predatory mite Amblyseius womersleyi (Acari : Phytoseiidae, Tetranychidae) to Tetranychus urticae-infested plant volatiles (Acari : Phytoseiidae, Tetranychidae)
        T Maeda; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2001年, 査読有り
      • Seasonal occurrence of specialist and generalist insect predators of spider mites and their response to volatiles from spider-mite-infested plants in Japanese pear orchards
        H Takahashi; A Takafuji; J Takabayashi; S Yano; T Shimoda
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2001年, 査読有り
      • Trade-offs in performance on different plants may not restrict the host plant range of the phytophagous mite, Tetranychus urticae
        S Yano; J Takabayashi; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2001年, 査読有り
      • Efficiency of a sticky trap for censusing the natural enemy fauna of spider mites.
        H Takahashi; A Takafuji; J Takabayashi
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2001年, 査読有り
      • Tritrophic interactions of plants, herbivores and natural enemies of herbivores
        G Arimura; R Ozawa; K Shiojiri; J Takabayashi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 2001年, 査読有り
      • Lotus japonicus infested with herbivorous mites emits volatile compounds that attract predatory mites
        R Ozawa; T Shimoda; M Kawaguchi; G Arimura; J Horiuchi; T Nishioka; J Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 2000年12月, 査読有り
      • Oviposition experience on a host-infested plant affects flight and antennal searching behavior of Cotesia kariyai toward the host-plant complex
        C Fujiwara; J Takabayashi; S Yano
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 2000年12月, 査読有り
      • Herbivore-species-specific interactions between crucifer plants and parasitic wasps (Hymenoptera : Braconidae) that are mediated by infochemicals present in areas damaged by herbivores
        K Shiojiri; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年11月, 査読有り
      • Gene responses in bean leaves induced by herbivory and by herbivore-induced volatiles
        G Arimura; K Tashiro; S Kuhara; T Nishioka; R Ozawa; J Takabayashi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年10月, 査読有り
      • Herbivory-induced volatiles elicit defence genes in lima bean leaves
        G Arimura; R Ozawa; T Shimoda; T Nishioka; W Boland; J Takabayashi
        NATURE, 2000年08月, 査読有り
      • The effects of rearing conditions on the olfactory response of predatory mites, Phytoseiulus persimilis and Amblyseius womersleyi (Acari : Phytoseiidae)
        T Maeda; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年08月, 査読有り
      • Function of quiescence of Tetranychus kanzawai (Acari : Tetranychidae), as a defense mechanism against rain
        Y Ikegami; S Yano; J Takabayashi; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年08月, 査読有り
      • Involvement of jasmonate- and salicylate-related signaling pathways for the production of specific herbivore-induced volatiles in plants
        R Ozawa; G Arimura; J Takabayashi; T Shimoda; T Nishioka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Effects of host-food plant species on parasitization rates of Mythimna separata (Lepidoptera : Noctuidae) by a parasitoid, Cotesia kariyai (Hymenoptera : Braconidae)
        C Fujiwara; J Takabayashi; S Yano
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年02月, 査読有り
      • Presence of oily droplets from the dorsal setae of Pieris rapae larvae (Lepidoptera : Pieridae)
        J Takabayashi; Y Sato; S Yano; N Ohsaki
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年02月, 査読有り
      • Flight response of parasitoids toward plant-herbivore complexes: A comparative study of two parasitoid-herbivore systems on cabbage plants
        K Shiojiri; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2000年02月, 査読有り
      • Induced response of tomato plants to injury by green and red strains of Tetranychus urticae
        J Takabayashi; T Shimoda; M Dicke; W Ashihara; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2000年, 査読有り
      • Effects of light on the tritrophic interaction between kidney bean plants, two-spotted spider mites and predatory mites, Amblyseius womersleyi (Acari : Phytoseiidae)
        T Maeda; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 2000年, 査読有り
      • Effect of herbivore species on host searching of a parasitoid, Cotesia glomerata (Hymenoptera : Braconidae)
        Y Sato; J Takabayashi; S Yano; N Ohsaki
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Response of the predatory mite, Amblyseius womersleyi (Acari : Phytoseiidae), toward herbivore-induced plant volatiles: Variation in response between two local populations
        T Maeda; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Pieris rapae (Lepidoptera : Pieridae) females avoid oviposition on Rorippa indica plants infested by conspecific larvae
        Y Sato; S Yano; J Takabayashi; N Ohsaki
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1999年08月, 査読有り
      • A119 カリヤコマユバチにおける植物成分の学習(寄生・捕食生物的防除)
        福島, 潤二; 戒能, 洋一; 本田, 洋; 高林, 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 1999年04月
      • 植食者誘導性の植物匂い物質の化学生態学
        高林 純示
        比較生理生化学, 1998年12月31日
      • Factors affecting the resident time of the predatory mite Phytoseiulus persimilis (Acari : Phytoseiidae) in a prey patch
        T Maeda; J Takabayashi; S Yano; A Takafuji
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1998年11月, 査読有り
      • Factors determining the host plant range of the phytophagous mite, Tetranychus urticae (Acari : Tetranychidae): A method for quantifying host plant acceptance
        S Yano; M Wakabayashi; J Takabayashi; A Takafuji
        EXPERIMENTAL & APPLIED ACAROLOGY, 1998年10月, 査読有り
      • Plant-phytoseiid interactions mediated by herbivore-induced plant volatiles: variation in production of cues and in responses of predatory mites
        M Dicke; J Takabayashi; MA Posthumus; C Schutte; OE Krips
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY, 1998年06月, 査読有り
      • Plant effects on parasitoid foraging: Differences between two tritrophic systems
        J Takabayashi; Y Sato; M Horikoshi; R Yamaoka; S Yano; N Ohsaki; M Dicke
        BIOLOGICAL CONTROL, 1998年02月, 査読有り
      • Response of predatory insect Scolothrips takahashii toward herbivore-induced plant volatiles under laboratory and field conditions
        T Shimoda; J Takabayashi; W Ashihara; A Takafuji
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1997年08月, 査読有り
      • Cotesia glomerata female wasps use fatty acids from plant-herbivore complex in host searching
        M Horikoshi; J Takabayashi; S Yano; R Yamaoka; N Ohsaki; Y Sato
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1997年06月, 査読有り
      • Oviposition kairomones in the cuticular wax of host larvae, Pseudaletia separata, toward its parasitic wasp, Cotesia kariyai
        Y Ohara; J Takabayashi; S Takahashi
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1996年05月, 査読有り
      • Plant-carnivore mutualism through herbivore-induced carnivore attractants
        J Takabayashi; M Dicke
        TRENDS IN PLANT SCIENCE, 1996年04月, 査読有り
      • DEVELOPMENTAL STAGE OF HERBIVORE PSEUDALETIA-SEPARATA AFFECTS PRODUCTION OF HERBIVORE-INDUCED SYNOMONE BY CORN PLANTS
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI; M DICKE; MA POSTHUMUS
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1995年03月, 査読有り
      • VOLATILE HERBIVORE-INDUCED TERPENOIDS IN PLANT MITE INTERACTIONS - VARIATION CAUSED BY BIOTIC AND ABIOTIC FACTORS
        J TAKABAYASHI; M DICKE; MA POSTHUMUS
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1994年06月, 査読有り
      • LEAF AGE AFFECTS COMPOSITION OF HERBIVORE-INDUCED SYNOMONES AND ATTRACTION OF PREDATORY MITES
        J TAKABAYASHI; M DICKE; S TAKAHASHI; MA POSTHUMUS; TA VANBEEK
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1994年02月, 査読有り
      • FUNCTION OF CONTACT PHEROMONE IN THE MATING-BEHAVIOR OF THE CRYPTOMERIA BARK BORER, SEMANOTUS-JAPONICUS LACORDAIRE (COLEOPTERA, CERAMBYCIDAE)
        GH KIM; J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI; K TABATA
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1993年11月, 査読有り
      • ROLE OF THE SCALE WAX OF CEROPLASTES-CERIFERUS ANDERSON (HEMIPTERA, COCCIDAE) AS A DEFENSE AGAINST THE PARASITIC WASP ANICETUS-CEROPLASTIS ISHII (HYMENOPTERA, ENCYRTIDAE)
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        JOURNAL OF INSECT BEHAVIOR, 1993年01月, 査読有り
      • FUNCTION OF PHEROMONES IN MATING-BEHAVIOR OF THE JAPANESE PINE SAWYER BEETLE, MONOCHAMUS-ALTERNATUS HOPE
        GH KIM; J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI; K TABATA
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • RESPONSE OF PREDATORY MITES WITH DIFFERENT REARING HISTORIES TO VOLATILES OF UNINFESTED PLANTS
        J TAKABAYASHI; M DICKE
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 1992年08月, 査読有り
      • CHEMICALLY MEDIATED TRITROPHIC INTERACTIONS CONSISTING OF PREDATORY MITES, SPIDER-MITES AND PLANTS
        J TAKABAYASHI
        NIPPON NOGEIKAGAKU KAISHI-JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND AGROCHEMISTRY, 1991年08月, 査読有り
      • PLANTS PRODUCE ATTRACTANTS FOR APANTELES-KARIYAI, A PARASITOID OF PSEUDALETIA-SEPARATA - CASES OF COMMUNICATION AND MISUNDERSTANDING IN PARASITOID-PLANT INTERACTIONS
        J TAKABAYASHI; T NODA; S TAKAHASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1991年05月, 査読有り
      • INDUCTION OF INDIRECT DEFENSE AGAINST SPIDER-MITES IN UNINFESTED LIMA-BEAN LEAVES
        J TAKABAYASHI; M DICKE; MA POSTHUMUS
        PHYTOCHEMISTRY, 1991年, 査読有り
      • Variation in composition of predator-attracting allelochemicals emitted by herbivore-infested plants: Relative influence of plant and herbivore
        J. Takabayashi; M. Dicke; M.A. Posthumus
        Chemoecology, 1991年, 査読有り
      • SPECIFICITY OF INDUCED INDIRECT DEFENSE OF PLANTS AGAINST HERBIVORES
        M DICKE; J TAKABAYASHI
        REDIA: GIORNALE DI ZOOLOGIA, VOL LXXIV, N 3, TERZA SERIE, APPENDICE, 1991年, 査読有り
      • DO PLANTS CRY FOR HELP - EVIDENCE RELATED TO A TRITROPHIC SYSTEM OF PREDATORY MITES, SPIDER-MITES AND THEIR HOST PLANTS
        M DICKE; MW SABELIS; J TAKABAYASHI
        INSECTS-PLANTS 89, 1991年, 査読有り
      • UNINFESTED PLANTS PROFIT FROM THEIR INFESTED NEIGHBORS
        J BRUIN; MW SABELIS; J TAKABAYASHI; M DICKE
        PROCEEDINGS OF THE SECTION : EXPERIMENTAL AND APPLIED ENTOMOLOGY OF THE NETHERLANDS ENTOMOLOGICAL SOCIETY ( N E V ), VOL 2, 1991, 1991年, 査読有り
      • FORAGING FOR PATCHILY-DISTRIBUTED LEAF MINERS BY THE PARASITIC WASP, DACNUSA-SIBIRICA
        T SUGIMOTO; OPJM MINKENBERG; J TAKABAYASHI; M DICKE; JC VANLENTEREN
        RESEARCHES ON POPULATION ECOLOGY, 1990年12月, 査読有り
      • PLANT STRATEGIES OF MANIPULATING PREDATOR-PREY INTERACTIONS THROUGH ALLELOCHEMICALS - PROSPECTS FOR APPLICATION IN PEST-CONTROL
        M DICKE; MW SABELIS; J TAKABAYASHI; J BRUIN; MA POSTHUMUS
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1990年11月, 査読有り
      • AN ALLELOCHEMICAL ELICITS ARRESTMENT IN APANTELES-KARIYAI IN FECES OF NONHOST LARVAE ACANTHOLEUCANIA-LOREYI
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1990年06月, 査読有り
      • OVIPOSITION STIMULANTS IN THE COCCOID CUTICULAR WAXES OF APHYTIS-YANONENSIS DEBACH AND ROSEN
        S TAKAHASHI; M HAJIKA; J TAKABAYASHI; M FUKUI
        JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY, 1990年05月, 査読有り
      • LEARNING AFFECTS RESPONSE TO VOLATILE ALLELOCHEMICALS BY PREDATORY MITES
        M DICKE; KJ VANDERMAAS; J TAKABAYASHI; LEM VET
        EXPERIMENTAL AND APPLIED ENTOMOLOGY : PROCEEDINGS OF THE NETHERLANDS ENTOMOLOGICAL SOCIETY ( N E V ), VOL 1, 1990年, 査読有り
      • EFFECTS OF HOST FECAL PELLET AND SYNTHETIC KAIROMONE ON HOST-SEARCHING AND POSTOVIPOSITION BEHAVIOR OF APANTELES-KARIYAI, A PARASITOID OF PSEUDALETIA-SEPARATA
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA, 1989年10月, 査読有り
      • Sex Pheromone Activity of Synthetic Periplanone-B in Male Cockroaches of Genera Periplaneta and Blatta
        Shozo Takahashi; Hisashi Takegawa; Junji Takabayashi; Maryati Mohamed; Aljunid S. Fatimah; Maimon Abdullah
        Journal of Pesticide Science, 1988年, 査読有り
      • Effect of the Kairomone on the Parasitization Rates of Apanteles kariyai to Pseudaletia separata
        Junji Takabayashi; Shozo Takahashi
        Journal of Pesticide Science, 1988年, 査読有り
      • EFFECT OF KAIROMONES IN THE HOST SEARCHING BEHAVIOR OF APANTELES-KARIYAI WATANABE (HYMENOPTERA, BRACONIDAE), A PARASITOID OF THE COMMON ARMYWORM, PSEUDALETIA-SEPARATA WALKER (LEPIDOPTERA, NOCTUIDAE) .3. SYNTHESIS AND BIOASSAY OF ARRESTANTS AND RELATED-COMPOUNDS
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1986年11月, 査読有り
      • EFFECT OF KAIROMONES IN THE HOST SEARCHING BEHAVIOR OF APANTELES-KARIYAI WATANABE (HYMENOPTERA, BRACONIDAE), A PARASITOID OF THE COMMON ARMYWORM, PSEUDALETIA-SEPARATA WALKER (LEPIDOPTERA, NOCTUIDAE) .2. ISOLATION AND IDENTIFICATION OF ARRESTANTS PRODUCED BY THE HOST LARVAE
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1986年02月, 査読有り
      • HOST SELECTION BEHAVIOR OF ANICETUS-BENEFICUS ISHII ET YASUMATSU (HYMENOPTERA, ENCYRTIDAE) .3. PRESENCE OF OVIPOSITIONAL STIMULANTS IN THE SCALE WAX OF THE GENUS CEROPLASTES
        J TAKABAYASHI; S TAKAHASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1985年, 査読有り
      • EFFECT OF KAIROMONES IN THE HOST SEARCHING BEHAVIOR OF APANTELES-KARIYAI WATANABE (HYMENOPTERA, BRACONIDAE), A PARASITOID OF THE COMMON ARMYWORM, PSEUDALETIA-SEPARATA WALKER (LEPIDOPTERA, NOCTUIDAE) .1. PRESENCE OF ARRESTING STIMULANTS PRODUCED BY THE HOST LARVAE
        J TAKABAYASHI; T NODA; S TAKAHASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1985年, 査読有り

      MISC

      • バンカー植物由来の揮発性物質に対するタバコカスミカメの誘引反応
        西森紗月; 矢野栄二; 米谷衣代; 小澤理香; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2018年03月10日
      • 寄主に食害された植物が放出する揮発性物質に対する寄生蜂の特異的応答 : 単一化合物かブレンドか
        高林 純示; 仲島 義貴; 竹本 裕之
        植物防疫, 2016年06月
      • 里山の天敵を使った害虫管理 (特集 里山)
        高林 純示
        こころの未来, 2015年
      • Counterattack by predatory mites with experience with predation
        Choh Y; Ignacio M; Takabayashi J; Sabelis M; Janssen A
        The 14th International Congress of Acarology, Kyoto Terrsa, 2014年07月15日, 査読有り
      • エンドウヒゲナガアブラムシの食害は仔虫の成育を助ける植物の生理的変化を誘導する
        竹本裕之; 上船雅義; 小澤理香; 有村源一郎; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2014年03月12日
      • Structure and Biological Activities of O-Prenylated Phenylpropanoid
        Kawanishi D; Koeduka T; Sugimoto K; Ozawa R; Takabayashi J; Watanabe B; Hiratake J
        Institute of Chemical Research International Symposium 2014, 京都大学おうばくプラザ, 2014年03月10日, 査読有り
      • 植物アロマのメタ代謝科学 ~生態学, 大気化学, 植物生理学の融合~
        高林純示; 矢崎一史; 斉藤拓也; 金谷重彦
        Aroma Research, 57: 61-67, 2014年02月28日
      • O-プレニル化フェニルプロパノイドの化学構造と生物活性に関する研究
        川西大介; 肥塚崇男; 杉本貢一; 小澤理香; 高林純示; 渡辺文太; 平竹潤
        日本農芸化学会関西支部第483回講演会,京都, 2014年02月
      • Prohydrojasmon treatment of lima bean plants reduces the performance of two-spotted spider mites and induces volatiles (vol 9, pg, 69, 2012)
        M. Uefune; R. Ozawa; J. Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2014年
      • Interaction-information networks mediated by plant volatiles: a case study on willow trees (vol 8, pg 197, 2013)
        K. Yoneya; J. Takabayashi
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2014年
      • <連載>エコロジカル・ボラタイル 生態系での香りの機能
        松井健二; 高林純示; 東原和成
        Aroma Research, 56 (Vol.14/ No.4), 2013年11月28日, 査読有り
      • Leaf volatile ecology: Multitrophic interaction/information networks mediated by leaf volatiles
        Junji Takabayashi
        Swiss-Kyoto Symposium, Campus Zentrum, Zurich, Switzerland, 2013年11月22日, 査読有り
      • Air-transferred oxylipin volatiles from herbivore-infested tomato plants change uninfested conspecific plants to be defensive
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Takabayashi J
        20th International Symposium on Plant Lipids, Sevilla(Spain), 2013年07月10日
      • Olfactory response by the aphidophagous gall midge, Aphidoletes aphidimyza to honeydew produced by the cotton aphid, Aphis gossypii
        Hiroshi Watanabe; K. Higashida; S. Hasegawa; E. Yano; R. Ozawa; J. Takabayashi
        3rd International Entomophagous Insect Conference, Quebec in Canada, 2013年06月04日
      • 寄主被害植物の放出する特異的な化合物に対する寄生蜂エルビアブラバチの応答
        竹本裕之; POWELL Wilf; PICKETT John; 戒能洋一; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2013年03月15日
      • 温度変化がリママメ‐ナミハダニ‐チリカブリダニの三者系に及ぼす影響
        小澤理香; 西村理; 矢澤重信; 室井敦; 高林純示; 有村源一郎
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2013年03月15日
      • 動物散布の植物における果実の香りの多種間比較
        米谷衣代; 直江将司; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2013年03月15日
      • 寄主被害植物の放出する特異的な化合物に対する寄生蜂エルビアブラバチの応答
        竹本裕之; PICKETT John; POWELL Wilf; 戒能洋一; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月05日
      • 果実の香りの多様性とその適応的意義を探る
        米谷衣代; 直江将司; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月05日
      • Air-transfer of oxylipin volatiles from common cutworm-infested tomato plants contribute to defense induction in uninfested conspecifics.
        Sugimoto K; Matsui K; Takabayashi J
        Gordon Research Conference, Plant-Herbivore Interaction, Ventura, CA, (USA), 2013年02月26日
      • Starvation and herbivore-induced plant volatiles affect the color preferences of parasitic wasps
        Masayoshi Uefune; Soichi Kugimiya; Takeshi Shimoda; Junji Takabayashi
        BioControl, 2013年
      • Temperature-dependent, behavioural, and transcriptional variability of a tritrophic interaction consisting of bean, herbivorous mite, and predator
        Rika Ozawa; Osamu Nishimura; Shigenobu Yazawa; Atsushi Muroi; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        MOLECULAR ECOLOGY, 2012年11月
      • Deficiency in green leaf volatiles attenuates Arabidopsis early defense response against Pseudomonas syringae
        Mugo Cynthia Nyambura; Alessandra Scala; Matsui K; TakabayashiJ; Robert C. Schuurink
        JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Jena(Germany), 2012年10月15日
      • Microorganisms in two-spotted spider mites are involved in a tritrophic interaction among lima beans, spider mites and predatory mites
        Ozawa R; Ueda H; Matsuda K; Gotoh T; Takabayashi J
        JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Jena(Germany), 2012年10月15日
      • Variability of plant chemicals in insect-plant interactions: how do parasitic wasps cope with the variability?
        Takemoto H; Pickett J; Powell W; Kainoh K; Takabayashi J
        JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Jena(Germany), 2012年10月15日
      • Biosynthesis of (Z)-3-hexenyl glycoside in the volatile-exposed plants
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Takabayashi J
        JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Jena(Germany), 2012年10月15日
      • Effects of plant-plant signaling on the composition of arthropods’ community on willow plants
        Yoneya K; Takabayashi J
        25th International Congress of Entomology,大邱(韓国), 2012年08月25日
      • Elucidating factors by which Orius spp. is attracted and arrested to Okra
        林鎬俊; 上船雅義; 小澤理香; 中野昭雄; 高林純示
        24th International Congress of Entomology,大邱(韓国), 2012年08月20日
      • A Biological control system using parasitoid attractants and supplemental food in greenhouses - If you build it, she will come -
        Masayoshi Uefune; Junichro Abe; Satoru Urano; Kaori Shiojiri; Soichi Kugimiya; Koukichi Nagasaka; Takeshi Shimoda; Takayuki Mitsunaga; Kouta Sano; Yoshitsugu Ohara; Junji Takabayashi
        24th International Congress of Entomology, 大邱(韓国), 2012年08月20日
      • コナガ幼虫食害を受けたアブラナ科植物3種に対する寄生蜂の誘引性
        米谷衣代; 上船雅義; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2012年03月12日
      • 天敵誘引剤・天敵活性化剤のコナガ防除効果と副次的効果
        上船雅義; 米谷衣代; 山本正樹; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2012年03月12日
      • Conversion of atmospheric green leaf volatiles into defensive compound in intact tomato plants for plant-to-plant signaling
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Iijima Y; Sasaki R; Akakabe Y; Akitake S; Nobuke T; Aoki K; Shibata D; Takabayashi J
        Gordon Research Conferences Plant Volatiles, Ventura (USA), 2012年02月
      • みどりの香り化合物に曝露されたトマトのジャスモン酸非依存的なハスモンヨトウ防衛誘導
        杉本貢一; 松井健二; 小澤理香; 今西俊介; 秋武翔太; 岡田憲典; 山根久和; 矢崎一史; 高林純示
        第53回植物生理学会年会, 2012年
      • Biology and chlorophyll catabolism in two-spotted spider mites\n
        Massimo E. Maffei; Andrea Occhipinti; Luca Dall'Osto; Roberto Bassi; Rika Ozawa; Gen-Ichiro Arimura; Junji Takabayashi
        JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Biological Control Using Plant Volatiles that Attract Specialist Parasitic Wasps of Target Pests
        Takabayashi J
        PR-Proteins and Induced Resistance Against Pathogebs and Insects, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • (Z)-3-Hexenol emitted from common cutworm-infested tomato plants induces jasmonate-independent defense to the intact tomato plants against upcoming herbivore attack
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Iijima Y; Akakabe Y; Akitake S; Sasaki R; Nobuke T; Aoki K; Shibata D; Takabayashi J
        PR-Proteins and Induced Resistance Against Pathogebs and Insects, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Effects of temperature on a tritrophic system consisting of lima bean plants, spider mites and predatory mites
        Rika Ozawa; Atsushi Muroi; Shigenobu Yazawa; Osamu Nishimura; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        JSPS Core-to-Core Program Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Defensive responses of lima bean plants against two different strains of Kanzawa spider mites
        Ozawa R; Matsushima R; Ueda H; Takemoto H; Matsuda K; Maffei M.E; Takabayashi J
        PR-Proteins and Induced Resistance Against Pathogebs and Insects, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Mites memorize direction of wind carrying chemical cues after signal loss due to wind shifts
        Merijn van Tilborg; Peter Roessingh; Junji Takabayashi; Maurice W. Sabelis
        JSPS Core-to-Core Program Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosysytem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Effects of synthetic herbivore-induced plant volatiles on a parasitoid in the field
        Masayoshi Uefune; Yasuyuki Choh; Junichiro Abe; Kaori Shiojiri; Kota Sano; Junji Takabayashi
        JSPS Core-to-Core Program Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • Chemical signaling between plants: Intermittent exposure of trace amounts of green leaf volatiles elicits a response in the receiver
        Kaori Shiojiri; Rika Ozawa; Kenji Matsui; Maurice Sabelis; Junji Takabayashi
        JSPS Core-to-Core Program Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • The fate of volatile aldehydes imposed on Arabidopsis\n-A study with 13C-labeled six-carbon aldehydes-
        Kanji MATSUI; Kohichi SUGIMOTO; Jun'ichi MANO; Rika OZAWA; Junji TAKABAYASHI
        JSPS Core-to-Core Program Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-, Neuchatel(Switzerland), 2011年09月
      • エコロジカルボラタイルー生き物を結びつける目に見えない絆 はじめに
        高林純示; 松井健二
        植物の生長調節, 46: 35-36, 2011年05月31日
      • エコロジカルボラタイルが作り出す生物間相互作用・情報ネットワーク(<特集>エコロジカルボラタイル-生き物を結びつける目に見えない絆)
        竹本 裕之; 米谷 衣代; 高林 純示
        植物の生長調節, 2011年05月31日
      • 緑のかおりの不思議な機能
        高林純示
        遺伝, 2011年05月
      • 寄生蜂エルビアブラバチによる寄主/非寄主加害植物の匂いの識別に関与する化合物
        竹本裕之; 戒能洋一; POWELL Wilf; PICKETT John; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2011年03月12日
      • カンザワハダニ2系統に対するリママメの防衛反応の違い
        小澤理香; 松島良; 植田浩一; 竹本裕之; 松田一彦; MAFFEI Massimo; 高林純示
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • 植物と昆虫をめぐる三者系 (特集 昆虫と植物をめぐる三者系)
        高林純示
        昆虫と自然, 2011年02月
      • 食害植物の香りへの暴露が植物上の節足動物群集形成過程を決定する
        米谷衣代; 高林純示
        個体群生態学会大会プログラム・講演要旨集, 2011年
      • エコロジカル・ボラタイル : 生態系での香りの機能(第2回)被害植物由来の揮発物質が媒介する昆虫-植物相互作用
        高林純示
        Aroma research : Journal of aroma science and technology, 2011年
      • Microorgans in herbivorous two-spotted spider mites regulate ecological interactions with lima bean plant
        Hirokazu Ueda; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Massimo Maffei; Kazuhiko Matsuda
        JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS, 2011年
      • Presence of two sympatric strains in Kanzawa spider mites Tetranychus kanzawai: difference in their ability to induce defensive responses in lima bean leaves
        Ozawa R; Takemoto H; Ueda H; Maffei M; Takabayashi J
        26th annual meeting of International Society of Chemical Ecology, 京都大学芝蘭会館, 2010年11月26日
      • Preimaginal olfactory experience of host-induced plant volatiles induces specific preferences in an aphid parasitoid
        Takemoto H; Pickett J; Powell W; Kainoh Y; Takabayashi J
        JSPS Core-to-Core symposium Ecological interaction networks that promote biodiversity -FromGene to Ecosystem-, 京都大学芝蘭会館, 2010年10月12日
      • Whitebacked planthopper-induced disease resistance in rice
        Masaru Satoh; Kenji Gomi; Masaya atsumura; Junji Takabayashi; Katsutomo Sasaki; Yuko Ohashi; Hiroo Kanno
        Planthoppers : new threats to the sustainability of intensive rice production systems in Asia, 2010年05月
      • コナガ幼虫食害植物に対する寄生蜂の誘引性:生得的反応と学習の効果
        米谷衣代; 上船雅義; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2010年03月15日
      • 寄生蜂エルビアブラバチによる寄主被害植物揮発性物質の利用様式
        竹本裕之; 高林純示; POWEL Wilf; PICKETT John; 戒能洋一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2010年03月12日
      • シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究
        室井敦; 石原亨; 田中千尋; 石塚晃啓; 高林純示; 三芳秀人; 西岡孝明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • 化学情報を利用した害虫防除除法の開発
        高林純示
        ブレインテクノニュース, 13: 1-6, 2010年01月15日
      • ナミハダニの共生微生物はリママメのカブリダニ誘引に影響を及ぼす
        小澤理香; 植田浩一; 松田一彦; 後藤哲雄; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 2010年
      • セジロウンカ加害イネに誘導される病害抵抗性へのhydroperoxide lyaseの寄与
        佐藤雅; 五味剣二; 小澤理香; 真田幸代; 松村正哉; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 2010年
      • Regulation of pyrethrin biosynthesis in the seedlings of Chrysanthemum cinerariaefolium by wound-induced volatile compounds
        Yukio Kikuta; Hirokazu Ueda; Koji Nakayama; Yoshio Katsuda; Akikazu Hatanaka; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Kazuhiko Matsuda
        JSPS Core-to-Core symposium Ecological interaction networks that promote biodiversity -From Gene to Ecosystem-, 2010年
      • Biotic factors that regulate ecological interaction for the lima bean plant and herbivorous two-spotted spider mites
        Ueda H; Ozawa R; Matsuda K; Takabayashi J
        ASPB Plant Biology, 2010年
      • Metabolic engineering adding ocimene to the cocktail of the natural blend of herbivore-induced volatiles in torenia plants\n
        Takeshi Shimoda; Masahiro Nishihara; Rika Ozawa; Junji Takabayashi; Gen-ichiro Arimura
        JSPS Core-to-Core symposium Ecological interaction networks that promote biodiversity -From Gene to Ecosystem-, 2010年
      • The impact of host plant volatiles on the feeding behaviour of true armyworm, Pseudaletia unipuncta, larvae\n
        Kaori Shiojiri; Junji Takabayashi; Jeremy N. McNeil
        JSPS Core-to-Core symposium Ecological interaction networks that promote biodiversity -FromGene to Ecosystem-, 2010年
      • Chemical compounds used in discrimination by a parasitic wasp Aphidius ervi between volatiles from host-infested plants and nonhost-infested plants\n
        Hiroyuki Takemoto; John Pickett; Wilf Powell; Yooichi Kainoh; Junji Takabayashi
        JSPS Core-to-Core symposium Ecological interaction networks that promote biodiversity -From Gene to Ecosystem-, 2010年
      • Exogenous Polyamines Elicit Herbivore-Induced Volatiles in Lima Bean Leaves: Involvement of Calcium, H2O2 and Jasmonic Acid
        Rika Ozawa; Cinzia M. Bertea; Maria Foti; Ravishankar Narayana; Gen-Ichiro Arimura; Atsushi Muroi; Jun-Ichiro Horiuchi; Takaaki Nishioka; Massimo E. Maffei; Junji Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2009年12月
      • Metabolic change in eavesdropped tomato plants and its possible role for defenseagainst common cutworm
        Sugimoto K; Matsui K; Ozawa R; Iijima Y; Akitake S; Sasaki R; Aoki K; Shibata D; Takabayashi J
        26th Annual meeting of International Society of Chemical Ecology. Tours(France), 2009年07月31日
      • Involvement of microorganisms hosted in two-spotted spider mites (TSSMs) in the production of TSSM-induced volatiles in Lima bean plants
        Ozawa R; Ueda H; Matsuda K; Gotoh T; Maffei M; Takabayashi J
        26th Annual meeting of International Society of Chemical Ecology. Tours(France), 2009年07月31日
      • Tritrophic interaction networks mediated by ecological volatiles -application for pest manatement
        Tskakabayashi J
        1st International symposium on Ecological volatiles, 東京大学弥生講堂, 2009年07月02日
      • 植物の揮発性物質を介した植物間コミュニケーションが節足動物群集構造に与える影響
        米谷衣代; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2009年03月17日
      • 寄主被害植物が放出するエルビアブラバチ誘引物質の誘導機構
        竹本裕之; 高林純示; POWELL Wilf; PICKETT John; 戒能洋一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2009年03月12日
      • コナガ幼虫食害株に対する寄生蜂の誘引性―植物種特異性について―
        米谷衣代; 上船雅義; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2009年03月12日
      • 減農薬ミズナ栽培における天敵誘引剤・活性化剤を用いたコナガ防除の実証試験
        上船雅義; 安部順一朗; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2009年
      • Do plants distinguish herbivores on neighbouring plants?
        Y. Choh; R. Ozawa; T. Ohgushi; J. Takabayashi
        25th Annual Meeting of International Society of Chemical Ecology, 2009年
      • Biotic factors which regulate ecological interaction for the lima bean and herbivorous spider mites
        Ueda K; Ozawa R; Takabayashi J; Matsuda K
        1st International Symposium on Ecological Volatiles, 2009年
      • (Z)-3-Hexenal is reduced and acetylated to avoid its toxicity
        Kenji Matsui; Koichi Sugimoto; Mari Ueda; Jun-ichi Mano; Junji Takabayashi
        The 3rd Asian Symposium on Plant Lipids, 2009年
      • Indirect defence responses with herbivore-induced plant volatiles in bean plants infested by aphids
        H. Takemoto; J. Pickett; W. Powell; J. Takabayashi; Y. Kainoh
        1st International symposium on Ecological volatiles, 2009年
      • アブラムシの天敵を誘引する植物の揮発性物質生産の分子機構
        竹本裕之; POWELL Wilf; PICKETT John; 高林純示
        植物の生長調節, 2008年10月06日
      • 生物多様性の適応的管理
        高林純示
        The international conference on sustainable agriculture for food energy and industry 2008, 北海道大学学術交流会館, 2008年07月02日
      • Ecological Functions of Herbivore Induced
        高林純示
        第4回Plant Volatiles Plant Neurobiology, 九州大学箱崎キャンパス, 2008年06月07日
      • ヤナギ7種を用いた間接防御の群集内比較
        米谷衣代; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2008年03月14日
      • アブラムシの食害に対する植物の揮発性物質生産の誘導機構(II)
        竹本裕之; PICKETT John; POWELL Wilf; 高林純示; 戒能洋一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2008年03月12日
      • H107 イネに病害抵抗性を誘導するセジロウンカの唾腺発現遺伝子の解析
        佐藤 雅; 五味 剣二; 野田 博明; 真田 幸代; 松村 正哉; 高林 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2008年03月12日
      • 野外にいる天敵の行動を制御して、雨よけハウス内の害虫を防除しよう!
        高林純示
        Aroma Research, 33: 52-53, 2008年02月28日
      • 土着天敵の誘引による害虫管理法
        浦野知; 安部順一朗; 光永貴之; 釘宮聡一; 上船雅義; 小原祥嗣; 塩尻かおり; 小澤里香; 佐野孝太; 長坂幸吉; 下田武志; 高林純示
        九州病害虫研究会報, 2008年
      • Leaf volatile ecology: multitrophic interaction networks mediated by leaf volatiles
        Takabayashi Junji
        Gordon Research Conferences, Floral & Vegetative Volatiles, Les Diablerets Conference Center, 2007年10月
      • 植物はなぜ話すのか?植物—植食者—捕 食者三者相互作用ネットワーク
        高林純示
        Aroma Research, 31: 76-81, 2007年08月28日
      • アワヨトウの夜行性はトウモロコシ株が出すかおりが決め手
        高林純示; 塩尻かおり; 小澤理香
        化学と生物, 2007年07月01日
      • 生態学的三角関係--植物-植食性節足動物-肉食性節足動物相互作用ネットワーク (植物における環境と生物ストレスに対する応答) -- (植物と微生物および昆虫との相互作用)
        高林 純示
        蛋白質核酸酵素, 2007年05月
      • 揮発性物質を介した植物の間接防御と植食者の選好性:ヤナギ群集内での種間比較
        米谷衣代; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2007年03月19日
      • アブラムシの食害に対する植物の揮発性物質生産の誘導機構
        竹本裕之; PICKETT John; POWELL Wilf; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月01日
      • C212 ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物-植食者-天敵間相互作用の特異性
        米谷 衣代; 釘宮 聡一; 高林 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月01日
      • E203 被害ヤナギの揮発性物質が隣接ヤナギ上のヤナギルリハムシに及ぼす影響
        釘宮 聡一; 米谷 衣代; 高林 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月01日
      • 緑のかおりの生合成経路の改変によって病害虫に対する抵抗性を上げる試み
        高林純示
        Aroma Research, 29: 51, 2007年01月28日
      • 天敵行動制御物質を用いた害虫管理-考え方と実際-
        浦野知; 菅野紘男; 松村正哉; 安部順一朗; 長坂幸吉; 山縣真人; 上船雅義; 釘宮聡一; 塩尻かおり; 長泰行; 高林純示; 光永貴之; 下田武志; 矢野栄二; 鈴木芳人; 小原祥嗣; 垣渕和正; 内田徹; 佐野孝太
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年
      • ミズナ生産ハウスにおける天敵行動制御技術を用いたコナガ防除の実証試験
        安部順一朗; 長坂幸吉; 山縣真人; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年
      • Green leaf volatiles are involved in direct and indirect defense in Arabidopsis.
        Kishimoto K; Matsui K; Ozawa R; Takabayashi J
        Current Advances in the Biochemistry and Cell Biology of Plant Lipids, 2007年
      • PAD2-dependent signaling pathway takes an essential role in C6-aldehyde-induced defensive response in Arabidopsis thaliana
        Kishimoto K; Matsui K; Ozawa R; Takabayashi J
        Current Advances in the Biochemistry and Cell Biology of Plant Lipids, 2007年
      • 植物たちの”住宅事情”の謎 Q53: 植物は、食害を受けると防衛のために化学物質を出すが、これはどこから出て、どこで感知しているのか?
        高林純示
        これでナットク!植物の謎(日本植物生理学会), 講談社: 173-175, 2007年01月01日
      • 緑のかおりで害虫の天敵を誘引−植物の改変により病害虫に対する抵抗力を上げる試み−
        高林純示
        バオイニクス, 26: 11, 2007年01月01日
      • Rice plants damaged by common armyworms (Mythmna separata) emit volatiles that attract a parasitic wasp Cotesia kariyai.
        Rika Ozawa; Kenji Gomi; Masaru Satoh; Junji Takabayashi
        The 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年
      • Induced disease resistance in rice plants infested with whitebacked planthopper, Sogatella furcifera
        Masaru Satoh; Kenji Gomi; Hiroo Kanno; Morifumi Hasegawa; Osamu Kodama; Yuko Ohashi; Junji Takabayashi
        The 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年
      • Direct and indirect defense of willow plants against herbivores: comparison of seven wild willow species in Japan
        Kinuyo Yoneya; Junji Takabayashi
        The 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年
      • Multifunctional aspects of leaf beetles-induced willow leaf volatiles
        Kinuyo Yoneya; Junji Takabayashi
        XXⅡ The Ecological Society of America/Society for Ecological Restoration International Joint Meeting, 2007年
      • Induced plant defense against aphids with herbivore-induced volatiles that attract parasitic wasps: mechanisms involved inthe induced volatile production
        Hiroyuki Takemoto; Junji Takabayashi
        The 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 2007年
      • BIO R&D 光ではなく植物のかおりがイモムシの夜行性を決定する
        高林 純示; 塩尻 かおり; 小澤 理香
        バイオインダストリー, 2006年12月
      • アワヨトウはトウモロコシが出すかおりで昼夜の別を判断
        高林純示; 塩尻かおり; 小澤理香
        ブレインテクノニュース, 118: 22-25, 2006年11月15日
      • Changing green leaf volatile biosynthesis in plants: An approach for improving plant resistance against both herbivores and pathogens
        Kaori Shiojiri; Kyutaro Kishimoto; Rika Ozawa; Soichi Kugimiya; Soichi Urashimo; Genichiro Arimura; Junichiro Horiuchi; Takaaki Nishioka; Kenji Matsui; Junji Takabayashi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2006年11月, 査読有り
      • 植物、害虫、その天敵をかおりが結ぶ
        高林純示; 渋谷達明
        Aroma Research, 26: 34-39, 2006年05月28日
      • 表紙に寄せて 植物のかおりの生態学
        高林 純示
        遺伝, 2006年05月
      • 天敵をうまく利用した害虫管理の新しい考え方
        高林純示
        農林水産技術研究ジャーナル = Research Journal of Food and Agriculture, 2006年04月01日
      • かおりの生態学ーその応用に向けて -揮発性物質を介した植物昆虫相互作用ネットワークー
        高林純示
        農業, 会誌1480号:21-33, 2006年04月01日
      • B212 ヤナギルリハムシの食害により誘導されるヤナギの防御関連遺伝子発現(一般講演)
        釘宮 聡一; 米谷 衣代; 高林 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年03月01日
      • 害虫を増やさないために何頭の寄生蜂を放飼すればよいか? 1. アブラナ科葉菜類-コナガ-コナガサムライコマユバチにおける事前評価
        浦野知; 安部順一朗; 光永貴之; 松村正哉; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年
      • 害虫を増やさないために何頭の寄生蜂を放飼すればよいか? 2. コマツナ-コナガ-コナガサムライコマユバチでの実証試験とその評価
        安部順一朗; 浦野知; 長坂幸吉; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年
      • ハウス内へのコナガ寄生蜂コナガコマユバチ誘引-防虫ネットの影響について-
        小原祥嗣; 垣淵和正; 安部順一朗; 下田武志; 浦野知; 高林純示; 佐野孝太
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年
      • Genetic analysis of wound-responsive upregelation of trichome density in Arabidopsis leaves
        Y Yoshida; J Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • Signaling mechanisms of herbivore-induced plant volatiles in Arabidopsis thaliana.
        N Asai; T Furuichi; J Takabayashi; T Nishioka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • C6-aldehyde-induced defense responses of Arabidopsis are affected by ETR1-, JAR1 and PAD2-related signaling pathway but not by NPR1-related signaling pathway
        K Kishimoto; K Matsui; R Ozawa; J Takabayashi
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2006年
      • ジャヤナギ揮発性物質がヤナギルリハムシを誘引する
        米谷衣代; 釘宮聡一; 高林純示
        日本生態学会大会講演要旨集, 2005年03月27日
      • F306 ヤナギルリハムシは同種ハムシに食害されたジャヤナギの揮発性物質を利用するのか?(一般講演)
        米谷 衣代; 釘宮 聡一; 高林 純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年03月01日
      • 天敵行動制御による害虫管理-3 土着天敵コナガサムライコマユバチを利用したコナガ個体群管理の可能性
        安部順一朗; 長坂幸吉; 光永貴之; 浦野知; 下田武志; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年
      • 天敵の行動制御による害虫管理-2 温室スケールにおける合成植物揮発性物質を用いたコナガコマユバチ行動制御
        小原祥嗣; 安部順一朗; 内田徹; 下田武志; 浦野知; 高林純示; 佐野孝太
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2005年
      • Functional analysis of GPCR-like genes in Arabidopsis thaliana
        A Muroi; Y Aburano; J Horiuchi; N Asai; M Suwa; J Takabayashi; T Nishioka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2005年
      • 植物揮発性物質を用いたコナガコマユバチの行動制御 誘引性と空間スケール
        小原祥嗣; 安部順一朗; 内田徹; 垣淵和正; 下田武志; 浦野知; 釘宮聡一; 高林純示; 佐野孝太
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2004年
      • 減農薬アブラナ科葉菜類の害虫相と土着天敵類による防除の可能性
        安部順一朗; 長坂幸吉; 田中和夫; 尾島一史; 高林純示
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2004年
      • 植物が出すSOS信号 使い分けることができる!
        高林純示
        自然保護, 482: 19, 2004年01月01日
      • Gene expressions in bean plants induced by spider mites.
        J. Takabayashi; R. Ozawa; G. Arimura; S. Kugimiya
        The 22th International Congress of Entomology, 2004年
      • Growth pattern of Arabidopsis root under monoterpene vapors
        J Horiuchi; J Takabayashi; T Nishioka
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2003年
      • 自然界において生物間ネットワークを媒介する植物の香り
        有村源一郎; 小澤理香; 高林純示
        Aroma Research, 3: 210, 2002年01月01日
      • 京大 植物が発する天敵誘引物質を活用する新害虫管理技術の開発着手
        高林純示
        日経バイオテク, 486: 16, 2001年12月17日
      • 抽象化学系を用いた生態学における3者相互作用系
        鈴木泰博; 高林純示; 田中博
        医療情報学連合大会論文集, 2001年11月26日
      • 植物はケミカルコミュニケーションによって身を守る 害虫被害植物が放出する揮発性シグナルによる植物の防衛遺伝子の活性化
        高林 純示; 有村 源一郎
        化学と生物, 2001年05月25日
      • 立ち聞きする植物: 植物間のケミカルコミュニケーション
        高林純示
        生物の科学 遺伝, 55: 19-20, 2001年01月01日
      • 食害刺激に応答した植物の防衛戦略
        有村源一郎; 高林純示
        ブレインテクノニュース, 84: 10-14, 2001年01月01日
      • H104 植食者誘導性植物揮発性物質を利用したナナホシテントウのパッチ間移動(生態学)
        大橋 和典; 下田 武志; 松田 一彦; 高林 純示; 高藤 晃雄
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2000年03月29日
      • 植物-イモムシ-寄生バチの三角関係 (特集 寄生性昆虫の生活)
        高林 純示
        昆虫と自然, 1999年12月
      • 複雑系的手法を用いた生態学における三者系の研究
        鈴木泰博; 高林純示; 田中博
        医療情報学連合大会論文集, 1999年11月25日
      • 第1部チョウと食草-その食性進化の謎
        高林純示
        共進化の謎に迫る,化学の目で見る生態系, 1995年
      • 植物由来物質による植食性昆虫の天敵の誘引
        高林 純示
        植物防疫, 1992年04月
      • HOST SELECTION BEHAVIOR OF ANICETUS-BENEFICUS ISHII ET YASUMATSU (HYMENOPTERA, ENCYRTIDAE) .2. BIOASSAY OF OVIPOSITION STIMULANTS IN CEROPLASTES-RUBENS MASKELL (HEMIPTERA, COCCIDAE)
        S TAKAHASHI; J TAKABAYASHI
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 1984年

      講演・口頭発表等

      • 昆虫と植物の会話を解読する
        高林 純示
        第52回種生物学会プレシンポジウム, 2020年12月04日, 招待有り
      • コケ植物ーハダニー天敵間の匂いを介した相互作用
        鎌井恵美; 樋口優太; 高田悠斗; 小澤理香; 松井健二; 高林純示; 山岸健三; 上船雅義
        第64回日本応用動物昆虫学会大会(みなし開催), 2020年03月16日
      • 昆虫と植物との会話を解読する
        高林純示
        第6回REC BIZ-NET研究会 植物の”香り”コミュニケーションと農業利用ー近年深刻化する高温障害への対応事例を交えてー, 2019年12月16日, 招待有り
      • 植物と昆虫のコミュニケーションを解読する
        高林純示
        第35回国際生物学賞記念シンポジウム「昆虫の社会性と共生をめぐる生物科学」, 2019年12月01日, 招待有り
      • 植物だって虫に食べられてるだけじゃない-植物と虫のコミュニケーション
        高林純示
        グルタチオンネットワーク年会&シンポジウム, 2019年11月28日
      • みどりの香りがとり持つ植物たちのコミュニケーション
        高林純示
        第11回京都大学生態学研究センターシリーズ公開講演会, 2019年11月09日
      • 植物間の香りのコミュニケーション:葉の表面のトゲの話と匂い受容体の話
        高林純示
        第7回香樹研究会, 2019年09月08日, 招待有り
      • ナミハダニの網作製の適応的意義 -網による孵化向上効果ー
        鎌井恵美; 小澤理香; 松井健二; 高林純示; 山岸健三; 上船雅義
        第63回日本応用動物昆虫学会大会、筑波大学, 2019年03月26日
      • ゼニゴケがハスモンヨトウ幼虫の発育と摂食講堂に及ぼす影響
        飯坂真衣; 肥塚崇男; 小澤理香; 松井健二; 高林純示; 山岸健三; 上船雅義
        第63回日本応用動物昆虫学会大会、筑波大学, 2019年03月26日
      • Targeting insect pests in greenhouses by recruiting specified native parasitoids with herbivory-induced plant volatiles
        高林 純示
        Pyrethrum Workshop 2018, Queens' College, Cambridge. UK, 2018年09月03日
      • Targeting insect pests in greenhouses by recruiting specified native parasitoids with herbivory-induced plant volatiles
        高林 純示
        The 34th annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Novetel Budapest City, Hungary, 2018年08月13日
      • ゼニゴケのハスモンヨトウに対する蛹化阻害効果
        飯坂真衣; 小池友恵; 鈴木麻衣子; 上船雅義; 小澤理香; 高林純示
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス, 2018年03月
      • バンカー植物由来の揮発性物質に対するタバコカスミカメの誘引反応
        西森紗月; 矢野栄二; 米谷衣代; 小澤理香; 高林純示
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス, 2018年03月
      • ゼニゴケが有するナミハダニの卵に対する発育阻害効果
        鈴木麻衣子; 上船雅義; 小澤理香; 松井健二; 高林純示
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス, 2018年03月
      • ゼニゴケの揮発性物質が植食者のパフォーマンスに与える影響
        鎌井恵美; 片山裕貴; 小池友恵; 鈴木麻衣子; 上船雅義; 小澤理香; 松井健二; 高林純示
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス, 2018年03月
      • カンザワハダニにおける解毒能力と植物の防衛誘導能力の遺伝的変異
        小澤理香; 遠藤弘基; 杉本貢一; 高林純示; 後藤哲雄; 有村源一郎
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス, 2018年03月
      • Does synthetic aphid sex pheromone enhance biological control in the field?
        Nakashima Y; Ida T; Powell W; Pickett J; Birkett M; Taki H; Takabayashi J
        The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ, 2017年10月
      • Honey and uninfested plants enhance attractiveness of an artificial blend of herbivore-induced plant volatiles to Cotesia vestalis, a parasitoid of diamondback moth larvae
        Ozawa R; Ohara Y; Shiojiri K; Uchida T; Kakibuchi K; Sano, K; Uefune M; Takabayashi J
        The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ, 2017年10月
      • The condition where the first stadium nymphs of Orius strigicollis benefit from the coexistence of the cannibalistic fifth stadium conspecific nymphs
        Kubo C; Katayama K; Uefune M; Takabayashi J
        The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ, 2017年10月
      • Apply plant-plant communication on rice field
        Shiojiri K; Ozawa R; Nakashima Y; Uefune M; Takabayashi J
        The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan), 2017年08月
      • Genetic variations of Kanzawa spider mites in their levels of detoxification and defense induction in plants
        高林 純示
        The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan), 2017年08月
      • Conversion of green leaf volatiles for processing the information from surrounding environments in tomato leaves
        高林 純示
        The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan), 2017年08月
      • 蜜源と健全植物は天敵誘引成分の効果を増強する
        小澤理香; 小原祥嗣; 塩尻かおり; 垣渕和正; 内田徹; 佐野孝太; 上船雅義; 高林純示
        第61回日本応用動物昆虫学会大会、東京農工大学小金井キャンパス, 2017年03月
      • 天敵誘引成分を用いたアブラムシの生物的防除の強化
        仲島義貴; 井田崇; Wilf Powell、John; A. Pickett; Michael A. Birkett; 滝久智; 高林純示
        第61回日本応用動物昆虫学会大会、東京農工大学小金井キャンパス, 2017年03月
      • Genetic variation fo tetranychus kanzawai confer different abilities on acaricide tolerance
        高林 純示
        ?? International Congress of Entomology, Orlando Orange County Convention Center, Orlando (U.S.A.), 2016年09月
      • Silk gland secretion of Bombyx mori larvae inhibits the production of herbivory-induced volatiles in mulberry leaves
        高林 純示
        ?? International Congress of Entomology, Orlando Orange County Convention Center, Orlando (U.S.A.), 2016年09月
      • Secretions from spinnerets of a silkworm (Bombyx mori) suppress green leaf volatile production in mulberry leaves
        高林 純示
        The 32nd International Society of Chemical Ecology, Recanto Cataratas in Foz do Iguacu (Brazil), 2016年07月
      • 昆虫と植物の会話を解読する かおりの生態学
        高林 純示
        東洋大学国際哲学研究センター(「エコ・フィロソフィ」学術研究イニシアティブ), 2016年06月04日
      • ゼニゴケのナミハダニに対する忌避・防衛能の評価
        鈴木麻衣子; 上船雅義; 松井健二; 小澤理香; 高林純示
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • 匂いを介した植物間コミュニケーションを利用して作物の耐虫性を活性化する
        塩尻かおり; 齋藤隆満; 小澤理香; 高林純示; 山下賢一; 徳丸晋
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • 露地ダイコンにおける害虫の個体群動態にプロヒドロジャスモン処理が与える影響
        吉田健吾; 上船雅義; 小澤理香; 高林純示
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • カンザワハダニ系統の寄主適応および農薬抵抗性の分子機構
        遠藤 弘基; 小澤 理香; 高林 純示; 後藤 哲夫; 有村 源一郎
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • セイタカアワダチソウの香気成分多様性の分子メカニズム
        下川咲; 河内健太郎; Rim Hojun; 塩尻かおり; 稲毛直人; 小島秀一; 安東義乃; 小澤理香; 高林純示; 岡田憲典; 有村源一郎
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • ジャスモン酸応答性転写因子RERJ1はイネの虫害抵抗性においてリナロールの生産を制御する
        茂手木敦史; 河村奈央子; 宮本皓司; 山根久和; 小澤理香; 高林純示; Ivan Galis; 新屋友規; 野尻秀昭; 岡田憲典
        日本農芸化学会2016年度大会、札幌コンベンションセンター, 2016年03月
      • タバコカスミカメ、ミナミキイロアザミウマ、ナスのHIPVを介した相互関係
        津本真都理; 矢野栄二; 長岡英明; 中市後尚矢; 高林純示
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • 天敵誘引成分の効果を増強する諸要因
        小澤理香; 小原祥嗣; 垣渕和正; 内田徹; 塩尻かおり; 釘宮聡一; 佐野考太; 高林純示
        日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2016年03月
      • カイコの幼虫が摂食時に分泌する絹糸腺分泌物は「桑葉の香り生成」を抑制する
        高井嘉樹; 藤井沙季; 木内隆史; 勝間進; 小澤理香; 高林純示; 道羅英夫; 大西
        平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会(日本蚕糸学会第86回大会)、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス, 2016年03月
      • Plant metabolism is crucial for plants to sense ‘smell’ surrounding them
        高林 純示
        6th International Singapore Lipid Symposium (ISLS6) & 6th Asian Symposium on Plant Lipids (ASPL6), National University of Singapore (Singapore), 2015年12月
      • Volatile oviposition stimulants of aphidophagous gall midge Aphidoletes aphidimyza
        高林 純示
        4th International Entomophagous Insects Conferrence, Torre del Mar, Malaga (Spain), 2015年10月
      • ジャスモン酸応答性転写因子RERJ1はイネの虫害抵抗性において揮発性物質の生産を制御する
        茂手木淳史; 河村奈央子; 宮本皓司; 山根久和; 小澤理香; 高林純示; Ivan Galis; 新屋友規; 野尻秀昭; 岡田憲典
        植物化学調節学会第50回記念大会、東京大学弥生キャンパス, 2015年10月
      • ジャスモン酸応答性転写因子 RERJ1はイネの虫害抵抗性において揮発性物質の生産を制御する
        茂手木淳史; 河村奈央子; 宮本皓司; 山根久和; 小澤理香; 高林純示; Ivan Galis; 新屋友規; 野尻秀昭; 岡田憲典
        日本農芸化学会関東支部、お茶の水女子大学、, 2015年09月
      • 細胞内での代謝が植物のかおり吸収を担っている
        村本祥子; 杉本貢一; 肥塚崇男; 谷晃; 高林純示; 松井健二
        第28回植物脂質シンポジウム、上智大学四ツ谷キャンパス, 2015年09月
      • Plant-plant communication mediated by artificially damaged plant volatiles: prospects for pest control
        高林 純示
        ? International Symposium on Phrethrum, Shirankaikan (Kyoto), 2015年08月
      • Exposure of soybean to weeding-related volatiles reduces damage and increases defensive compounds in their seeds
        高林 純示
        The 31st Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, Stockholm University (Sweden), 2015年07月
      • Genetic variation of tetranychus kanzawai confer different abilities on acaricide tolerance
        高林 純示
        The 31st Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, Stockholm University (Sweden), 2015年06月
      • 植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(3)−水田・ダイズ圃場における実証試験ー
        塩尻かおり; 齋藤隆満; 松井健二; 塚本知玄; 小澤理香; 高林純示; 山下賢一
        第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス, 2015年03月
      • アブラナ科植物ケールにおけるプロヒドロジャスモン処理による天敵誘引の誘導評価
        上船雅義; 小澤理香; 山岸健三; 高林純示
        第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス, 2015年03月
      • 植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(4)−揮発性成分による害虫抵抗性の誘導の検証ー
        小澤理香; 塩尻かおり; 山下賢一; 高林純示
        第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス, 2015年03月
      • 植物アロマが起動する生物館相互作用が支える共存生物圏
        高林純示
        第4回生物起源微量ガスワークショップ2014, 2014年11月
      • Glycosylation of airborne volatile compound from herbivore-infested plants contribute to defensive trait against impending herbivory in the volatile exposed uninfested tomato plants
        高林 純示
        The 38th Naito Conference, Molecule-based biological systems, Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo, 2014年10月
      • Functions of plant volatiles for the parasitic wasp Cotesia vestalis: prospects for pest managemants
        高林 純示
        Netherlands-Japan Seminar on Parastioid Biology, Wageningen University, Amsterdam (the Netherlands), 2014年08月
      • Transcriptome analyses of spider mites and predatory mites regarding their temperature and host adaptation
        高林 純示
        The 14th International Congress of Acarology, Kyoto Terrsa, 2014年07月
      • ショクガタマバエ雌成虫の産卵誘起物質の探索
        東田景太; 矢野栄二; 小澤理香; 高林純示
        第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス, 2014年03月27日
      • ワタアブラムシおよびナスの組合せ由来の揮発性物質に対するショクガタマバエ幼虫の反応行動
        笹村太紀; 矢野栄二; 小澤理香; 高林純示
        第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス, 2014年03月27日
      • インゲンに異なる防衛反応を誘導するカンザワハダニ2系統の遺伝子発現解析
        小澤理香; 遠藤弘基; 杉本貢一; 高林純示; 後藤哲雄; 有村源一郎
        第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス, 2014年03月27日
      • 選択性殺虫剤を用いた天敵給餌法
        上船雅義; 浦野知; 下田武志; 釘宮聡一; 高林純示
        第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス, 2014年03月27日
      • エンドウヒゲナガアムラムシの食害は仔虫の成育を助ける植物の生理的変化を誘導する
        竹本裕之; 上船雅義; 小澤理香; 有村源一郎; 高林純示
        第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス, 2014年03月27日
      • RNA-seq analysis of two genetically distinct strains of spider mites that differently induce volatiles in kidney bean plants
        高林 純示
        The 2014 meeting on plant volailes, Gordon Research Conference, Venture, CA (USA), 2014年01月
      • プレニル化フェニルプロバノイドの化学構造と生物活性に関する研究
        川西大介; 肥塚崇男; 杉本貢一; 小澤理香; 高林純示; 渡辺文太; 平竹潤
        第113回化学研究所研究発表会, 2013年12月13日
      • 植食者誘導性植物揮発性物質に対するタバコカスミカメの反応
        林鎬俊; 上船雅義; 中石一英; 下元満喜; 高林純示
        第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス, 2013年03月29日
      • 植物へのプロヒドロジャスモン処理による害虫パフォーマンスの低下と揮発性物質の誘導
        上船雅義; Nasser Said Mandour; 小澤理香; 戒能洋一; 高林純示
        第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス, 2013年03月29日
      • 温度変化がリママメーチリカブリダニの三者系に及ぼす影響
        小澤理香; 西村理; 矢澤重信; 室井敦; 高林純示; 有村源一郎
        第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス, 2013年03月28日
      • Behavioral response of the endoparasitoid Cotesia kariyai to corn plants infested with non-host Spodoptera litura
        Saw S; Takabayashi J; Kainoh Y
        第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス, 2013年03月28日
      • トマトのハスモンヨトウ抵抗性に関与するみどりの香り配糖体生合成酵素の探索
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示
        第54回日本植物生理学会,岡山大学津島キャンパス, 2013年03月23日
      • 植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(2)
        塩尻かおり; 齋藤隆満; 小澤理香; 高林純示; 山下賢一
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2013年03月15日
      • 果実の香りの多様性とその適応的意義を探る
        米谷衣代; 直江将司; 高林純示
        第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス, 2013年03月09日
      • 宿主特異的ACT毒素によって誘導されるテルペン合成酵素遺伝子の解析
        宇治雄也; 穴戸穂高; 小澤理香; 谷口しづく; 高林純示; 秋光和也; 五味剣二
        平成25年度日本植物病理学会関西部会, 2013年
      • カイコ絹糸腺のみどりの香り生成抑制因子の精製とその性質について
        高井嘉樹; 藤井沙季; 小澤理香; 道羅英夫; 大西利幸; 高林純示; 松井健二
        2013年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会, 2013年
      • リママメ由来テルペン合成酵素の機能解明と組換え植物を用いた生物間相互作用に関する研究
        有村源一郎; 西原昌宏; Carla Brillada; 下田武志; 高林純示; ilhelm
        第30回日本植物細胞分子生物学会, 奈良先端科学技術大学院大学, 2012年08月04日
      • Plant volatiles drive ecological interacion networks
        高林 純示
        ?? International Congress on Molecular Plant-Microbe Interations, Kyoto International Conference Center, 2012年07月
      • 植物揮発性物質が駆動する生態学系生物間相互作用ネットワーク
        高林純示
        第19回日本農芸化学会2012年度大会, 京都女子大学, 2012年03月25日
      • ナミハダニ内部共生細菌は被食害植物の防御応答反応を調節する
        植田浩一; 小澤理香; Massimo Maffei; 高林純示; 松田一彦
        日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月
      • ナミハダニの共生微生物はリママメの間接防衛に影響する
        小澤理香; 植田浩一; 松田一彦; 後藤哲雄; 高林純示
        第53回植物生理学会年会, 2012年03月
      • リママメの食害応答に及ぼすナミハダニの共生微生物の影響
        小澤理香; 植田浩一; 松田一彦; 後藤哲雄; 高林純示
        第56回日本応用動物昆虫学会大会, 2012年03月
      • イネの病害虫抵抗性発現におけるJA応答性bHLH型転写因子RERJ1の役割
        河村奈央子; 宮本皓司; 小澤理香; 高林純示; 宮尾; 安藝雄; 廣近洋彦; 野尻秀昭; 山根久和; 岡田憲典
        植物化学調節学会第47回大会, 2012年
      • みどりの香り化合物に曝露されたトマトのジャスモン酸非依存的なハスモンヨトウ防衛誘導
        杉本貢一; 松井健二; 小澤理香; 今西俊介; 秋武翔太; 岡田憲典; 山根久和; 矢崎一史; 高林純示
        第53回植物生理学会年会, 2012年
      • カンザワハダニ2系統に対するリママメの防衛反応の違い
        小澤理香; 松島良; 植田浩一; 竹本裕之; 松田一彦; Massimo Maffei; 高林純示
        第52回日本植物生理学会年会, 2011年
      • みどりの香り化合物を曝露したトマトの配糖体合成とトマト害虫・ハスモンヨトウ抵抗性
        杉本貢一; 松井健二; 小澤理香; 飯島陽子; 赤壁善彦; 秋武翔太; 佐々木亮介; 青木考; 柴田大輔; 高林純示
        第52回植物生理学会年会, 2011年
      • 寄主被害植物の放出する揮発性物質に対する寄生蜂エルビアブラバチの特異的な応答に関与する化合物
        竹本裕之; John Pickett; Wilf Powell; 戒能洋一; 高林純示
        第55回日本応用動物昆虫学会大会, 2011年
      • 不飽和脂肪酸に由来する揮発性化合物が健全トマトのハスモンヨトウ食害抵抗性を誘導する
        杉本貢一; 松井健二; 小澤理香; 飯島陽子; 秋武翔太; 青木考; 柴田大輔; 高林純示
        第23回植物脂質シンポジウム, 京都大学, 2010年11月26日
      • みどりの香り生合成経路の生理・生態学的意義
        松井健二; 杉本貢一; 中島杏菜; 小澤理香; 高林純示
        第23回植物脂質シンポジウム, 京都大学, 2010年11月26日
      • 植物はヘキセナールを葉面から吸収し、直ちに還元する
        松井健二; 杉本貢一; 長井直子; 真野純一; 小澤理香; 高林純示
        第54回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 山梨大学, 2010年10月23日
      • セジロウンカ加害によってイネに誘導される白葉枯病抵抗性における揮発性物質の役割
        篠永有美; 佐藤雅; 小澤理香; 菅野紘男; 高林純示; 秋光和也; 五味剣二
        平成22年度日本植物病理学会年会, 京都国際会館, 2010年04月18日
      • 生態系における情報・相互作用セットワーク
        高林純示
        日本農芸化学会, 東京, 2010年03月27日
      • ナミハダニの共生微生物はリママメのカブリダニ誘引に影響を及ぼす
        小澤理香; 植田浩一; 松田一彦; 後藤哲雄; 高林純示
        第54回 日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学, 2010年03月26日
      • 匂いを介した植物間コミュニケーション:隣の虫は悪い奴?
        長泰行; 小澤理香; 大串隆之; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学, 2010年03月26日
      • ハスモンヨトウ食害トマト由来の揮発性化合物に曝露された健全トマトにおけるハスモンヨトウ抵抗性誘導および配糖体様化合物の蓄積
        杉本貢一; 松井健二; 小澤理香; 飯島陽子; 青木考; 柴田大輔; 高林純示
        第51回日本植物生理学会年会, 熊本大学, 2010年03月18日
      • 植物の化学感覚−揮発性物質受容機構の分子生態学的研究−
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示; 矢崎一史
        第142回生存圏ミッションシンポジウム, 京都大学生存圏研究所, 2010年03月11日
      • 「寄生蜂エルビアブラバチによる寄主被害植物揮発性物質の利用様式」
        竹本裕之; Pickett J; Powell W; 戒能洋一; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学, 2010年03月01日
      • セジロウンカ加害イネに誘導される病害抵抗性へのhydroperoxide lyaseの寄与
        佐藤雅; 五味剣二; 小澤理香; 真田幸代; 松村正哉; 高林純示
        九州病害虫研究会 第79回研究発表会, KKRホテル熊本, 2010年01月27日
      • キャベツーコナガ(Plutella Xylostella)ーコナガコマユバチ(Cotesia vestalis)の3者系に及ぼすモンシロチョウ食害の影響
        山本正樹; 上船雅義; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 2010年
      • シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究
        室井敦; 石原亨; 田中千尋; 石塚晶啓; 高林純示; 三芳秀人; 西岡孝明
        日本農芸化学会, 2010年
      • 寄生蜂の異なる波長に対する反応?空腹時と嗅覚的キューの影響
        上船雅義; 高林純示
        第54回日本応用動物昆虫学会大会, 2010年
      • 傷害誘導性揮発物質のピレスリン合成における特異性
        植田浩一; 菊田幸雄; 小澤理香; 中山幸治; 勝田純郎; 高林純示; 畑中顯和; 松田一彦
        2010年度日本農芸化学会関西支部大会, 2010年
      • 微生物因子によるハダニ−リママメ間生態相互作用の制御
        植田浩一; 阪森宏治; 小澤理香; 高林純示; 松田一彦
        日本農芸化学会, 2010年
      • プラントミメティクスが開く21世紀の香り セジロウンカ加害に
        五味剣二; 佐藤雅; 高林純示
        第10回アロマ・サイエンス・フォーラム2009講演, 2009年
      • リママメの間接防衛に及ぼすハダニ由来の微生物の影響
        小澤理香; 植田浩一; 松田一彦; 高林純示
        第50回日本植物生理学会年会, 2009年
      • 減農薬ミズナ栽培における天敵誘引剤・活性化剤を用いたコナガ防除の実証試験
        上船雅義; 安部順一郎; 高林純示
        第53回日本応用動物昆虫学会大会, 2009年
      • ハダニ体内の生物因子による生態相互作の制御
        植田浩一; 小澤理香; 高林純示; 松田一彦
        日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部 日本食品科学工学会西日本支部合同大会, 2009年
      • ハダニのリママメに対する生態相互作用を制御する生物的因子
        植田浩一; 小澤理香; 高林純示; 松田一彦
        日本農芸化学会大会, 2009年
      • 寄主被害植物が放出するエルビアブラバチ誘引物質の誘導機構
        竹本裕之; J. Pickett; W. Powell; 高林純示; 戒能洋一
        第53回日本応用動物昆虫学会大会, 2009年
      • ナミハダニを用いた、現在と将来の捕食リスクの評価
        長泰行; 上船雅義; 高林純示
        第53回日本応用動物昆虫学会大会, 2009年
      • イネに病害抵抗性を誘導するセジロウンカの唾腺発現遺伝子の解析
        佐藤雅; 五味剣二; 野田博明; 真田幸代; 松村正哉; 高林純示
        第52回日本応用動物昆虫学会大会, 2008年
      • アブラムシの天敵を誘引する植物の揮発性物質生産の分子機構
        竹本裕之; J. Pickett; W. Powell; 高林純示
        第43回植物化学調節学会大会, 2008年
      • ヤナギ7種を用いた間接防衛の群集内比較
        米谷衣代; 高林純示
        日本生態学会第55回大会, 2008年
      • 「操作実験における方法論 その6」天敵行動制御物質を用いた害虫管理ー考え方と実際ー
        浦野知; 菅野紘男; 松村正哉; 安部順一朗; 長坂幸吉; 上船雅義; 釘宮聡一; 塩尻かおり; 長泰行; 高林純示; 光永貴之; 下田武志; 矢野栄二; 鈴木芳人; 小原祥嗣; 垣渕和正; 内田徹; 佐野孝太
        第51回日本応用動物昆虫学会大会, 2007年
      • 寄生蜂の奇主存在株での探索行動に及ぼすHIPVの影響
        上船雅義; 佐野孝太; 高林純示
        第51回日本応用動物昆虫学会大会, 2007年
      • アブラムシの食害に対する植物の揮発性物質生産の誘導機構
        竹本裕之; John Pickett; Wilf Powell; 高林純示
        第51回日本応用動物昆虫学会大会, 2007年
      • ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物ー植食者ー天敵間相互作用の特異性
        米谷衣代; 高林純示
        第51回日本応用動物昆虫学会大会, 2007年
      • 揮発性物質を介した植物の間接防衛と植食者の選好性:ヤナギ群集内での種間比較
        米谷衣代; 高林純示
        日本生態学会第54回大会, 2007年

      書籍等出版物

      • 【特集】自然に学ぶ におい・香りの力
        上船雅義; 阿部順一朗; 高林純示, 共著, 植物が害虫に食べられた時に出す特別なにおい ~天敵誘引剤の作製~
        フレグランスジャーナル社, 2021年05月28日
      • 未来創生学の展望 逆説・不連続・普遍性に挑む
        山際寿一; 村瀬雅俊; 西平直, 第Ⅲ部 反転とつながり 第9章 かおりの生態学 我々の認識を超えて今そのにあるかおりの世界を解読する
        ナカニシヤ出版, 2020年03月31日
      • 特集:里山の思想 和文誌サステナ第41号
        高林 純示, 分担執筆, 昆虫と植物の会話を解読する かおりの生態学
        東京大学サステイナビリティ学連携研究機構, 2017年03月, 査読無し
      • Nextcom Vol.27
        高林 純示, 分担執筆, 情報伝達・解体新書 助けを呼ぶキャベツ。立ち聞きするナズナ
        株式会社KDDI総研, 2016年09月, 査読無し
      • 生きものたちをつなぐ「かおり」~エコロジカルボラタイルズ~
        松井健二; 高林純示; 東原和成, 共編者(共編著者)
        フレグランスジャーナル社, 2016年04月, 査読無し
      • Deciphering Chemical Language of Plant Communication
        杉本貢一; 松井健二; 高林純示, 共著, Uptake and Conversion of Volatile Compounds in Plant-Plant Communication
        Springer International Publishing Switzerland, 2016年, 査読無し
      • 香料
        高林純示, 分担執筆, 葉のかおりの生態学
        日本香料協会, 2015年06月, 査読無し
      • 五感/五環 文化が生まれるとき
        高林純示, 分担執筆, 第Ⅴ部嗅覚 第2話 植物のかおりの生態学
        株式会社 昭和堂, 2015年03月, 査読無し
      • 化学と生物
        杉本 貢一; 松井 健二; 高林 純示, 共著, 植物がかおりで危険を感じ取るしくみ
        株式会社 国際文献社, 2015年02月, 査読無し
      • 化学
        高林 純示, 共著, 被害を受けた仲間の香りを取り込んで身を守る!
        株式会社 化学同人, 2014年11月, 査読無し
      • 植物アロマサイエンスの最前線 植物はなぜ香りを発するのか
        有村源一郎; 矢崎一史; 高林純示; 川北篤, 共編者(共編著者)
        フレグランスジャーナル社, 2014年05月, 査読無し
      • 人と自然 第7号 「香をめぐる人と自然」
        野村雅一; 高林純示; 坪内稔典; 畑正高; かおりの生態学; 高林純示
        人間文化研究機構発行、㈱昭和堂発売, 2014年03月31日, 査読無し
      • 知られざる植物の世界 驚異の植物たち
        谷仁編; 虫に葉を食べ始められると; その虫の天敵を招くキャベツのたくみな戦略; 高林純示執筆担
        株式会社 ニュートンプレス, 2013年10月07日, 査読無し
      • 生き物たちのつづれ織り 上
        阿形清和; 森哲監修; 井上敬; 高井正成; 高林純示; 船山紀子; 山美; 第; 章; 会話; をする動物; 植物; 葉っぱの香りの生態学; 高林純示執筆
        京都大学学術出版会, 2012年08月25日, 査読無し
      • 生き物たちのつづれ織り 下
        井上敬; 高井正成; 高林純示; 船山典子; 村山美穂, 分担執筆, 生態系ネットワーク ー 生物多様性のみなもと
        京都大学学術出版会, 2012年08月22日, 査読無し
      • Chemical defense and Toxins of Plants.
        Hisakazu Yamane; Kotaro Konno; Maurice Sabelis; Junji Takabayashi; Takeshi Sassa; Hideaki Oikawa
        Comprehensive Natural Products Ⅱ Chemistry and Biology., Elsevier: 339-376, 2010年, 査読無し
      • Herbivore-induced plant volatiles prime two indirect defenses in lima bean
        Choh Y; Takabayashi J
        Trend in Acarology-Proceedings of the 12th International Congress., Springer: 255-258, 2010年, 査読無し
      • White-backed planthopper-induced disease resistance in rice. In Planthoppers ? New threats to the sustainability of intensive rice production systems in Asia.
        Masaru Satoh; Kenji Gomi; Masaya Matsumura; Junji Takabayashi; Katsutomo Sasaki; Yuko Ohashi; Hiroo Kanno
        Planthoppeers: new threats to the sustainability of intensive rice production systems in Asia., International Rice Research Institute: 327:340, 2009年, 査読無し
      • 「植物まるかじり叢書② 植物は感じて生きている」 香りにこめたメッセージ
        瀧澤美奈子; 高林純示執筆
        化学同人, 2008年, 査読無し
      • 「寄生と共生」 天敵と植物をめぐる共生的な相互作用
        石橋信義; 名和行文; 高林純示執筆
        東海大学出版, 2008年, 査読無し
      • 植物における環境と生物ストレスに対する応答
        島本功; 篠崎一雄; 白須賢; 篠崎和子編; 生態学的三角関係; 植物ー植食性節足動物; 肉食性節足動物相互作用ネットワーク; 高林純示執筆
        共立出版, 2007年11月10日, 査読無し
      • いのちの科学を語る3 虫と草木のネットワーク
        高林純示
        東方出版, 2007年05月07日, 査読無し
      • 「生物の多様性ってなんだろう? 生命のジグソーパズル」 意外なところに潜む間接効果ー生態学的三者系と情報ネットワーク
        京都大学総合博物館; 京都大学生態学研究センタ; 高林純示執筆
        京都大学学術出版会, 2007年, 査読無し
      • 「植物ゲノム科学事典」 植食者抵抗性
        斉藤和季; 田畑哲之; 藤村達人; 町田泰則; 三位正洋編; 高林純示執筆
        朝倉書店, 2007年, 査読無し
      • 「植物ゲノム科学事典」 食害ストレス
        駒嶺穆 総編集; 斉藤和季; 田畑哲之; 藤村達人; 町田泰則; 三位正洋編; 高林純示執筆
        朝倉書店, 2007年, 査読無し
      • 「プラントミメティックス」 植物のかおりの生態学
        甲斐昌一; 森川弘道; 塩尻かおり; 高林純示執
        エヌ・ティ・エス, 2006年, 査読無し
      • 「プラントミメティックス」 植物由来の情報化学物質とその機能
        甲斐昌一; 森川弘道; 高林純示執筆
        エヌ・ティ・エス, 2006年, 査読無し
      • 「あっ! ハチがいる! 世界のハチとハチの巣とハチの生活」 寄生蜂はどの様にして寄主を発見するのか?
        阿部芳久; 幾留修一; 伊藤文子; 岡本素治; 小野正人; Gess,S.K; 佐々木正巳; 白仁田雄二; 杉浦直人; 高林純示; 田島暎久; 寺山守; 西尾亮平; 久松正樹; 前田泰生; 宮野伸也; 山内博美; 山根正気; 米田昌浩編; 高林純示執筆
        晶文社出版, 2004年, 査読無し
      • 蛋白質核酸酵素48
        塩尻かおり; 高林純示, 分担執筆, キャベツ畑でくり広げられる複雑な生物間相互作用ネットワーク
        共立出版, 2003年, 査読無し
      • 「生態学事典」 化学生態学
        巌佐庸; 松本忠夫; 菊沢喜八郎; 日本生態学; 高林純示執筆
        共立出版, 2003年, 査読無し
      • 虫たちの情報通信−生態系化学情報ネットワーク
        塩尻かおり; 高林純; 生物多様性科学のすすめー生態学からのアプローチ; 林純示執
        丸善, 2003年, 査読無し
      • 「生態学事典」 情報化学物質
        巌佐庸; 松本忠夫; 菊沢喜八郎; 日本生態学; 高林純示執筆
        共立出版, 2003年, 査読無し
      • エコシステムの情報ネットワーク
        回; 大学と科学; 生物多様性の世界; 人と自然の共生というパラダイムを目指して; 高林純示執筆担
        クバプロ, 2003年, 査読無し
      • 「生態学事典」 化学防衛(植物の)
        巌佐庸; 松本忠夫; 菊沢喜八郎; 日本生態学; 高林純示執筆
        共立出版, 2003年, 査読無し
      • 「生態学事典」 生理活性物質
        巌佐庸; 松本忠夫; 菊沢喜八郎; 日本生態学; 高林純示執筆
        共立出版, 2003年, 査読無し
      • 植物が未来を拓く
        章; ボディーガードを雇う植物ー植物の間接防衛戦略; 高林純示執筆担
        共立出版, 2002年04月10日, 査読無し
      • 春の数えかた
        日高, 敏隆, 分担執筆, ボディーガードを呼ぶ植物
        新潮社, 2001年12月
      • 日本農薬学会誌26
        有村源一郎; 小澤理香; 塩尻かおり; 高林純示, 分担執筆, 植物−害虫−天敵三者間の相互作用について
        日本農薬学会, 2001年, 査読無し
      • Artificial Life Applications of a Class of P Systems: Abstract Rewriting Systems on Multisets
        Suzuki Y; Fujiwara Y; Takabayashi J; Tanaka H
        2000年, 査読無し
      • 週刊朝日百科 植物の世界
        高林 純示, 分担執筆, 植物も言葉を操る
        朝日新聞社, 1996年06月, 査読無し
      • シリーズ【共生の生態学】4 共進化の謎に迫る 化学の目で見る生態系
        高林純示; 西田律夫; 第; 部 目に見えない生態系化学情報ネットワークシステムを探る; 高林純示執筆担
        平凡社, 1995年03月20日, 査読無し
      • 寄生バチをめぐる「三角関係」
        高林純示; 田中利治
        講談社, 1995年03月10日, 査読無し

      産業財産権

      • 花の香り由来の天敵昆虫誘引成分およびその利用
        釘宮聡一; 下田武志; 高林純示; 安部洋
      • 特許4621906, 植物食害防止剤、およびその利用→害虫行動抑制成分、およびその利用
        高林純示; 小澤理香; 塩尻かおり
      • 特許4533988, 天敵昆虫を飼育するための給餌方法および給餌装置
        高林純示; 釘宮聡一; 上船雅義; 矢野栄二; 下田武志; 光永貴之; 菅野紘男; 浦野知; 内田徹; 垣渕和正; 小原祥嗣; 長坂幸吉; 安部順一朗; 佐野孝太
      • 特許4524380, 植物由来の天敵誘引成分
        高林純示; 塩尻かおり; 釘宮聡一; 上船雅義; 矢野栄二; 下田武志; 光永貴之; 菅野紘男; 浦野知; 内田徹; 垣渕和正; 小原祥嗣; 長坂幸吉; 安部順一朗; 佐野孝太
      • 特許4402386, 植物用抵抗性誘導剤、植物の抵抗性誘導方法、及び植物の病害・食害予防方法
        松井健二; 岸本久太郎; 高林純示
      • 特許4188055, 植物における害虫の天敵誘引機能の向上方法
        高林純示; 西岡孝明; 小澤理香; 堀内淳一郎; 室井敦; 有村源一郎
      • カメムシ類の摂食行動促進剤
        高林純示; 山下賢一; 諫山真二; 高島喜樹
      • 昆虫性フェロモン受容体タンパク質及びその利用
        西岡孝明; 櫻井健志; 高林純示; 森肇; 遠藤泰久; 東原和成; 安河内祐二
      • HPL遺伝子がセンス方向あるいはアンチセンス方向に導入された形質転換植物、及びそれを利用した害虫駆除方法
        高林純示; 西岡孝明; 松井健二; 有村源一郎; 小澤理香; 塩尻かおり

      Works(作品等)

      • 生態系における生物間の免疫的相互作用
      • Studies on Ecosystem Immunology

      受賞

      • 2001年
        日本応用動物昆虫学会学会賞
      • 2017年08月27日
        国際化学生態学会, APACE Outstanding Service Award 2017
      • 2017年08月27日
        アジアパシフィック化学生態学者連合, ISCE Outstanding Service Award 2017
      • 2000年03月
        日本応用動物昆虫学会, 日本応用動物昆虫学会賞受賞
      • 2008年02月19日
        大阪府、大阪商工会議所、国際文化公園都市株式会社、千里ライフサイエンス振興財団、大阪医薬品協会、財団法人大阪科学技術センター、大阪証券取引所、関西経済連合会、彩都(国際文化講演都市)建設推進協議会, 第8回バイオビジネスコンペJAPAN 奨励賞
      • 2009年03月16日
        大阪府、大阪商工会議所、国際文化公園都市株式会社、千里ライフサイエンス振興財団、大阪医薬品協会、財団法人大阪科学技術センター、大阪証券取引所、関西経済連合会、彩都(国際文化講演都市)建設推進協議会, 第9回バイオビジネスコンペJAPAN 優秀賞・協賛企業特別賞
      • 2019年10月09日
        Asia-Pacific Association of Chemical Ecologist, APACE Readership Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • 植物「嗅覚(揮発性化合物を認識し生体シグナルへと変換する過程)」の解明
        基盤研究(B)
        小区分38030:応用生物化学関連
        山口大学
        松井 健二
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        植物嗅覚;化学感覚;カルシウムシグナル;プロテアーゼインヒビター;みどりの香り;嗅覚;ケミカルプローブ;匂い応答
      • ゼニゴケの植食者に対する多様な防衛能とそのメカニズムに関する研究
        基盤研究(C)
        小区分45040:生態学および環境学関連
        名城大学
        上船 雅義
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        植物防衛;ゼニゴケ;直接防衛;間接防衛;植物間コミュニケーション;害虫忌避;繁殖抑制;発育阻害
      • 植物間コミュニケーション現象を利用した農業生産技術の基盤形成
        基盤研究(A)
        中区分39:生産環境農学およびその関連分野
        京都大学
        高林 純示
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        植物間コミュニケーション;配糖体;農業生産;揮発性物質;持続的農業技術;植物揮発性物質;被食防衛;配糖体化;農業生産技術
      • ゼニゴケの植食者に対する誘導防衛メカニズムに関する基盤的研究
        基盤研究(C)
        名城大学
        上船 雅義
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        植物防衛;ゼニゴケ;ナミハダニ;ハスモンヨトウ;忌避物質;繁殖抑制;発育抑制;産卵抑制
      • 寄生蜂の移動分散における寄主の食草の役割
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高林 純示
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        移動分散;寄生蜂;寄主食草;マイクロサテライトマーカー;アブラナ科植物;アオムシサムライコマユバチ;モンシロチョウ;個体群;コナガサムライコマユバチ
      • 植物起源エリシターの組み合わせ処理による植物の被食防衛機構の解明とその応用
        基盤研究(B)
        京都大学
        高林 純示
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ジャスモン酸;サリチル酸;イネ;リママメ;揮発性物質;ポリアミン;植物;昆虫;生態学;環境;PDJ;ケール
      • 植物由来SOSシグナルの害虫忌避メカニズムに関する研究
        基盤研究(B)
        独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
        下田 武志
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        昆虫;植物;行動;情報化学物質;植物防御応答;天敵;行動学;遺伝子
      • 間接相互作用網:生物間相互作用ネットワークの解明への新たなアプローチ
        基盤研究(B)
        京都大学
        大串 隆之
        完了
        生態学;生物群集;間接相互作用;表現型可塑性;ネットワーク
      • 植物の間接防衛の誘導機構解明と防除への応用
        基盤研究(S)
        京都大学
        高林 純示
        完了
        遺伝子学;昆虫;植物;生態学;発現制御;植物間コミュニケーション;受容機構;シロイヌナズナ;緑のかおり;トマト;配糖体;アシルトランスフェラーゼ;ピレトリン;ヘキセノール;化学生態学;シロイズナズナ;青葉アルデヒド;ヘキセナール;フィトオキシリピン;テルペン;エリシター
      • 食物連鎖理論の新展開:生物多様性を促進するフィードバック・ループ
        基盤研究(A)
        京都大学
        大串 隆之
        完了
        間接効果;食物連鎖;生物間相互作用;形質の変化;植食性昆虫;間接相互作用網;群集構造;形質の進化;相互作用;種多様性;植食者;ヤナギ;フィードバック効果;捕食者;匂い物質, indirect effect;food chain;species interaction;trait change;herbivorous insect;indirect interaction web;community structure
      • 天敵誘引物質(シノモン)と連合学習を利用した生物的防除
        基盤研究(C)
        筑波大学
        戒能 洋一
        完了
        寄生性天敵昆虫;シノモン;風洞実験;ブランコヤドリバエ;カリヤコマユバチ;触角電図;寄生蜂;寄生バエ;風洞;飛翔行動;モデル;視覚刺激, Parasitoid;synomone;wind tunnel;Exorista japonica;Cotesia kariyai;Electroantenogram
      • 植物間ケミカルコミュニケーションの分子生態学的基盤
        基盤研究(A)
        京都大学
        高林 純示
        完了
        植物間コミュニケーション;植食者誘導性植物揮発性物質;ナミハダニ;Tetranychus urticae;Phytoseiulus persimilis;リママメ;ヤナギ;花外蜜腺;植食性昆虫;捕食性昆虫;間接相互作用網;シグナル生産コスト;シロイヌナズナ;コナガ;ヤナギルリハムシ;揮発性物質;テルペノイド;フェノール;最適戦略モデル;コスト;ジャスモン酸;ハマキガ;アブラムシ;アワフキムシ, plant-plant interactions;herbivore-induced plant voaltiles;twp-spottted spider mites;Tetranychus urticae;Phytoseiulus persimilis;lima bean plants;willow trees;extra-floral nectar
      • 天敵誘引物質が三者系において果す役割に関する研究
        基盤研究(C)
        京都医療技術短期大学
        佐藤 芳文
        完了
        アオムシコマユバチ;モンシロチョウ;キレハイヌガラシ;オオモンシロチョウ;脂肪酸;寄主選好;食草選択;寄主探索行動;産卵選好;食性の進化;アブラナ科植物;ハタザオ属;摂食刺激物質;青葉アルコール;青葉アルデヒド, Pieris;Cotesia;fatty acid;food plant selection;host searching;feeding damage;oily droplets;parasitoid
      • 生物的防除における導入天敵の利用と国内の生物相に与える影響評価に関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        久野 英二
        完了
        天敵;生物的防除;導入天敵;在来天敵;防除資材;総合的害虫管理;IPM;個体群動態;総合的有害生物管理, natural enemy;biological control;introduced natural enemy;native natural enemy;control agent;integrated pest management;IPM;population dynamics
      • 生態系における生物間化学情報ネットワーク : 植物者-植食者-捕食者系での解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        高林 純示
        完了
        シノモン;化学情報;ネットワーク;ハダニ;カブリダニ;寄生バチ;共進化;生態系;芝進化, synomone;chemical information;network;spider mites;predatory mites;parasitic wasps;coevolution;ecosystems
      • 植物の間接防衛戦略:化学生態学的解析とその理論化
        基盤研究(C)
        京都大学
        高林 純示
        完了
        シノモン;三栄養段階相互作用;種特異性;ナミハダニ;チリカブリダニ;カリヤコマユバチ;アワヨトウ;トウモロコシ;間接防衛;直接防衛;数理モデル;リママメ;トマト;シノモシ;三栄養段階相互作用系;動物-植物相互作用, synomones;tritrophic interactions;species specificity;spider mites;predatory mites;Cotesia kariyai;armyworms;corn
      • 種間間接作用機構の操作実験による解析
        重点領域研究
        筑波大学
        藤井 宏一
        完了
        間接作用;間接効果;多種共存;カイロモン;数理モデル;種子食昆虫
      • 種間間接作用機構の操作実験による解析
        重点領域研究
        筑波大学
        藤井 宏一
        完了
        間接効果;多種共存;フェロモン;数理モデル;種子食昆虫;ダニ
      • 寄生蜂の寄主発見機構に関する研究
        一般研究(C)
        京都大学
        高橋 正三
        完了
        寄生蜂;寄主発見機構;ルビーアカヤドリコバチ;カリヤサムライコマユバチ;ヤノネキイロコバチ;産卵刺激物質;ツノロウアカヤドリコバチ;アワヨトウ;ヤノネカイガラムシ;クサシロヨトウ, Parasitoid wasps;Host finding;Anicetus beneficus;Apanteles kariyai;Aphytis yanonensis;Oviposition stimulnt
      • 昆虫の吸汁行動に及ぼす植物成分の影響
        一般研究(B)
        京都大学
        高橋 正三
        完了
        ツマグロヨコバイ;クロスジツマグロヨコバイ;タイワンツマグロヨコバイ;寄主植物選好性;吸汁刺激物質;吸汁阻害物質;昆虫吸汁測定装置;マラヤツマグロヨコバイ;寄主選好性;イネ品種;イネ科雑草, Green Leafhoppers;Nephotettix spp;Host Plant Selection;Feeding Stimulant;Feeding Inhibitor;EMIF
      • 植物が持つ揮発性物質センシング力の分子機序と野外における防衛機能の実態
        基盤研究(A)
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        京都大学
        高林 純示
        自 2022年04月01日, 至 2027年03月31日, 採択

      外部資金:その他

      • 植物の情報シグナルによる植物―害虫―天敵三者間の免疫的相互作用(生態免疫系)に関する基礎的研究
        生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業
        自 1997年04月01日, 至 2002年03月31日
        高林純示
      • 植物の害虫に対する誘導防衛の制御機構
        戦略的創造研究推進事業(CREST)
        自 2001年12月01日, 至 2007年03月31日
        高林純示
      • 天敵の行動制御による中山間地(京都府美山町)における減農薬害虫防除技術の開発
        生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業
        自 2002年09月01日, 至 2007年03月31日
        高林純示
      • 天敵誘引剤・活性化剤を用いた害虫管理
        生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業(起業促進型)
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日
        高林純示
      • 生物の多様性と進化研究のための拠点形成:ゲノムから生態系まで
        グローバルCOEプログラム
        自 2007年04月01日, 至 2012年03月31日
        阿形清和
      • 生物多様性を維持促進する生物間相互作用ネットワークーゲノムから生態系までー(拠点形成型)
        先端研究拠点事業(拠点形成型)
        自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
        高林純示
      • 生物多様性を維持促進する生物間相互作用ネットワークーゲノムから生態系までー(国際戦略型)
        先端研究拠点事業(国際戦略型)
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日
        高林純示
      • オクラ揮発性物質を用いた捕食性天敵ヒメハナカメムシ類の行動制御
        研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) フィージビリティスタディ(探索タイプ)
        自 2012年11月01日, 至 2013年10月31日
        高林純示
      • 捕食性昆虫の産卵場所選択における寄主植物由来の揮発性物質の影響
        日本学術振興会 外国人特別研究員(欧米短期)
        自 2013年10月15日, 至 2014年04月14日
        WAESCHKE NICOLE
      • 地球共生系を支える植物揮発性物質の生理・生態・大気的代謝と機能:遺伝子から地球まで
        研究大学強化促進事業 学際・国際・人際融合事業「知の越境」融合チーム研究プログラム-SPIRITS-
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日
        高林純示
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生物多様性論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生物多様性論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合生物多様性論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合生物多様性論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学II特論第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学II特論第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学IIゼミナール第1部A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学IIゼミナール第1部B
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学IIゼミナール第1部C
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生態科学IIゼミナール第1部D
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物間相互作用
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合生物多様性論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合生物多様性論
          前期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2008年05月01日, 至 2009年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2010年09月30日
            宇治キャンパス等整備専門委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学生生活委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日
            生態学研究センター長
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2009年04月, 至 現在
              総合博物館運営委員, 京都大学
            • 自 2017年10月, 至 2019年09月
              会長, Asia Pacific Association of Chemical Ecologists
            • 自 2015年08月, 至 2017年09月
              Executive Treasure, Asia Pacific Association of Chemical Ecologists
            • 自 2009年04月, 至 2011年03月
              運営委員, 自然科学研究機構・基礎生物学研究所
            • 自 2005年, 至 2007年
              評議員, 日本応用動物昆虫学会

            ページ上部へ戻る