教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

近藤 武史

コンドウ タケフミ

生命科学研究科 統合生命科学専攻多細胞体構築学講座 特定講師

近藤 武史
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
    • 博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        胚発生機構に関する研究
      • 研究概要

        多細胞生物の発生過程では一つの細胞である受精卵が分裂を繰り返しながら体を作り上げていきます。そのダイナミックな形づくりが成り立つためには、これまで研究されてきた遺伝子の配列やその機能がわかっただけでは説明できないことがたくさんあります。遺伝子やその産物であるRNAやタンパク質、さらには細胞・組織が相互作用し合い、協調しているからです。私たちの研究グループでは、これらの生物体内での階層を超えた発生システムのルールについて、遺伝学、ライブイメージング、1細胞解析の手法を駆使その答えを見つける研究に取り組んでいます。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 発生生物学

      論文

      • Model-based prediction of spatial gene expression via generative linear mapping
        Yasushi Okochi; Shunta Sakaguchi; Ken Nakae; Takefumi Kondo; Honda Naoki
        Nature Communications, 2021年12月
      • Two-step regulation of trachealess ensures tight coupling of cell fate with morphogenesis in the Drosophila trachea.
        Kondo T; Hayashi S
        eLife, 2019年08月, 査読有り
      • Development and function of the drosophila tracheal system
        Shigeo Hayashi; Takefumi Kondo
        Genetics, 2018年06月01日, 査読有り
      • Elasticity-based boosting of neuroepithelial nucleokinesis via indirect energy transfer from mother to daughter
        Tomoyasu Shinoda; Arata Nagasaka; Yasuhiro Inoue; Ryo Higuchi; Yoshiaki Minami; Kagayaki Kato; Makoto Suzuki; Takefumi Kondo; Takumi Kawaue; Kanako Saito; Naoto Ueno; Yugo Fukazawa; Masaharu Nagayama; Takashi Miura; Taiji Adachi; Takaki Miyata
        PLOS BIOLOGY, 2018年04月, 査読有り
      • Mechanisms of cell height changes that mediate epithelial invagination
        Takefumi Kondo; Shigeo Hayashi
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2015年05月, 査読有り
      • Pri peptides are mediators of ecdysone for the temporal control of development
        Helene Chanut-Delalande; Yoshiko Hashimoto; Anne Pelissier-Monier; Rebecca Spokony; Azza Dib; Takefumi Kondo; Jerome Bohere; Kaori Niimi; Yvan Latapie; Sachi Inagaki; Laurence Dubois; Philippe Valenti; Cedric Polesello; Satoru Kobayashi; Bernard Moussian; Kevin P. White; Serge Plaza; Yuji Kageyama; Francois Payre
        NATURE CELL BIOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • TALEN-induced gene knock out in Drosophila
        Takefumi Kondo; Tetsushi Sakuma; Housei Wada; Ai Akimoto-Kato; Takashi Yamamoto; Shigeo Hayashi
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2014年01月, 査読有り
      • TAG-1-assisted progenitor elongation streamlines nuclear migration to optimize subapical crowding
        Mayumi Okamoto; Takashi Namba; Tomoyasu Shinoda; Takefumi Kondo; Tadashi Watanabe; Yasuhiro Inoue; Kosei Takeuchi; Yukiko Enomoto; Kumiko Ota; Kanako Oda; Yoshino Wada; Ken Sagou; Kanako Saito; Akira Sakakibara; Ayano Kawaguchi; Kazunori Nakajima; Taiji Adachi; Toshihiko Fujimori; Masahiro Ueda; Shigeo Hayashi; Kozo Kaibuchi; Takaki Miyata
        NATURE NEUROSCIENCE, 2013年11月, 査読有り
      • Erratum: Cell Biology (Proc Natl Acad Sci USA (2012) 110:9 (3399-3404))
        Togo Shimozawa; Kazuo Yamagata; Takefumi Kondo; Shigeo Hayashi; Atsunori Shitamukai; Daijiro Konno; Fumio Matsuzaki; Jun Takayama; Shuichi Onami; Hiroshi Nakayama; Yasuhito Kosugi; Tomonobu M. Watanabe; Katsumasa Fujita; Yuko Mimori-Kiyosue
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2013年04月09日, 査読有り
      • Improving spinning disk confocal microscopy by preventing pinhole cross-talk for intravital imaging (vol 110, pg 3399, 2013)
        Shimozawa Togo; Yamagata Kazuo; Kondo Takefumi; Hayashi Shigeo; Shitamukai Atsunori; Konno Daijiro; Matsuzaki Fumio; Takayama Jun; Onami Shuichi; Nakayama Hiroshi; Kosugi Yasuhito; Watanabe Tomonobu M; Fujita Katsumasa; Mimori-Kiyosue Yuko
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2013年04月09日, 査読有り
      • Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination
        Takefumi Kondo; Shigeo Hayashi
        NATURE, 2013年02月, 査読有り
      • Improving spinning disk confocal microscopy by preventing pinhole cross-talk for intravital imaging
        Togo Shimozawa; Kazuo Yamagata; Takefumi Kondo; Shigeo Hayashi; Atsunori Shitamukai; Daijiro Konno; Fumio Matsuzaki; Jun Takayama; Shuichi Onami; Hiroshi Nakayama; Yasuhito Kosugi; Tomonobu M. Watanabe; Katsumasa Fujita; Yuko Mimori-Kiyosue
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2013年02月, 査読有り
      • 1SCP-07 Synergistic action of mitosis and cell shape change in epithelial invagination(1SCP Challenges to in vivo biophysics,Symposium,The 51th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan)
        Kondo Takefumi; Hayashi Shigeo
        生物物理, 2013年
      • Coding vs non-coding: Translatability of short ORFs found in putative non-coding transcripts
        Yuji Kageyama; Takefumi Kondo; Yoshiko Hashimoto
        BIOCHIMIE, 2011年11月, 査読有り
      • Small Peptides Switch the Transcriptional Activity of Shavenbaby During Drosophila Embryogenesis
        T. Kondo; S. Plaza; J. Zanet; E. Benrabah; P. Valenti; Y. Hashimoto; S. Kobayashi; F. Payre; Y. Kageyama
        SCIENCE, 2010年07月, 査読有り
      • Lilliputians get into the limelight: Novel class of small peptide genes in morphogenesis
        Yoshiko Hashimoto; Takefumi Kondo; Yuji Kageyama
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2008年06月, 査読有り
      • Functions of small peptides encoded by short ORFs
        Takefumi Kondo; Yuji Kageyama
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2008年01月, 査読有り
      • Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA
        Takefumi Kondo; Yoshiko Hashimoto; Kagayaki Kato; Sachi Inagaki; Shigeo Hayashi; Yuji Kageyama
        NATURE CELL BIOLOGY, 2007年06月, 査読有り
      • Rapid construction of Drosophila RNAi transgenes using pRISE, a P-element-mediated transformation vector exploiting an in vitro recombination system
        Takefumi Kondo; Sachi Inagaki; Kunio Yasuda; Yuji Kageyama
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2006年04月, 査読有り
      • Identification and expression analysis of putative mRNA-like non-coding RNA in Drosophila
        S Inagaki; K Numata; T Kondo; M Tomita; K Yasuda; A Kanai; Y Kageyama
        GENES TO CELLS, 2005年12月, 査読有り

      MISC

      • 臨床に必要な神経薬理・化学 ポリシストロニックにコードされる短鎖ペプチド
        影山 裕二; 近藤 武史
        Clinical Neuroscience, 2008年03月
      • short ORFにコードされる短鎖ペプチドの機能
        近藤武史; 影山裕二
        蛋白質・核酸・酵素, 2008年

      講演・口頭発表等

      • 形態形成フィードバックによる細胞分化と上皮組織形状の調和メカニズム
        近藤 武史
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月04日, 招待有り
      • Shaping three-dimensional epithelial structures in harmony with cell differentiation
        Takefumi Kondo
        ASHBi Young Researcher Meeting, 2019年12月11日, 招待有り
      • A positive transcriptional feedback coordinates tissue architecture with cell fate during tubulogenesis
        近藤 武史
        Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB, 2018年06月07日
      • Shaping three-dimensional epithelial architecture harmonized with cell differentiation
        近藤 武史
        International Mini-Symposium "Frontline in Developmental Biology", 2018年03月22日, 招待有り
      • "Genetic programs and mechanical feedback to shape three-dimensional epithelial architecture”
        近藤 武史
        第19回生命科学研究科シンポジウム, 2017年07月06日
      • Shaping three-dimensional epithelial architecture harmonized with cell differentiation
        Takefumi Kondo
        Seminar, 2017年03月20日, EMBL Heidelberg, 招待有り
      • A positive transcriptional feedback coordinates tissue architecture with cell fate during tubulogenesis
        Takefumi Kondo
        Joint Meeting of the German and Japanese Societies of Developmental Biologists, 2017年03月
      • Tissue geometry triggers a positive transcriptional feedback for the maintenance of tubular epithelial architecture
        Takefumi Kondo
        The 12th Japanese Drosophila Research Conference, 2016年09月
      • Morphogenetic forces and architectural preference in epithelia
        Takefumi Kondo
        The Second International Meeting for Epithelial Tubulology, 2015年08月, 招待有り
      • The mechanics of epithelial invagination; the synergistic action of mitosis and cell shape change
        Takefumi Kondo
        Seminar at Centre de Biologie du Développement, 2014年10月07日, Université Paul Sabatier de TOULOUSE, 招待有り
      • MECHANICS OF EPITHELIAL INVAGINATION: MORPHOGENETIC FORCES AND STABILIZATION OF TISSUE ARCHITECTURE
        Takefumi Kondo
        X Meeting of Spanish Society for Developmental Biology, 2014年10月
      • Mechanics of epithelial morphogenesis: mitotic dynamics and stabilization of tissue architecture
        Takefumi Kondo
        The 11th Japanese Drosophila Research Conference, 2014年06月
      • Mechanics of epithelial invagination: morphogenetic forces and stabilization of tissue architecture in Drosophila tracheal placode.
        Takefumi Kondo
        第47回日本発生生物学会年会, 2014年05月, 招待有り
      • 上皮形態形成と分裂期ダイナミクス
        近藤 武史
        日本発生生物学会 2013年秋期シンポジウム, 2013年11月
      • Synergistic action of mitosis and cell shape change in epithelial invagination
        Takefumi Kondo
        第51会日本生物物理学会年会, 2013年10月, 招待有り
      • Mitotic cell rounding accelerates invagination of the Drosophila tracheal placode
        Takefumi Kondo
        17th International Congress of Developmental Biology, Cancun, 2013年06月
      • Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination
        Takefumi Kondo
        The 10th Japanese Drosophila Research Conference, 2012年10月
      • 形態形成の現場を捉える -ショウジョウバエ気管原基陥入を例にして
        近藤 武史
        第五回evo-devo青年の会, 2012年06月, 招待有り
      • Mitotic Cell Rounding Accelerates Invagination of the Drosophila Tracheal Placode
        Takefumi Kondo
        53th Annual Drosophila Research Conference, 2012年03月
      • Mitotic Cell Rounding Accelerates Invagination of the Drosophila Tracheal Placode
        近藤 武史
        第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月
      • Mitotic cell rounding accelerates invagination of the Drosophila tracheal placode
        Takefumi Kondo
        第44回日本発生生物学会年会, 2011年05月
      • polished rice that encodes 11- and 32-aa peptide regulates subnuclear localization and activity of transcription factor Shavenbaby in denticle formation.
        Takefumi Kondo
        50th Annual Drosophila Research Conference, 2009年03月
      • ショウジョウバエ上皮形態形成における短鎖ペプチドの機能
        近藤 武史
        発生生物学会サマースクール, 2008年08月
      • 上皮形態を制御する短鎖ペプチド
        近藤 武史
        第41回日本発生生物学会年会, 2008年05月
      • Polycistronically-encoded Small Peptides Regulate Actin-based Epithelial Morphology in Drosophila
        Takefumi Kondo
        The 8th Japanese Drosophila Research Conference, 2007年07月
      • 上皮形態形成を制御する短鎖ペプチド
        近藤 武史
        第40回日本発生生物学会・第59回日本細胞生物学会合同大会, 2007年05月
      • polished rice encodes 11- and 32-a.a. peptides and is necessary for formation of epithelial structures in Drosophila melanogaster
        Takefumi Kondo
        第39回日本発生生物学会, 2006年06月
      • Rapid construction of RNAi transgene using invitro recombination
        Takefumi Kondo
        The 7th Japanese Drosophila Research Conference, 2005年07月
      • ショウジョウバエにおけるmRNA-like non-coding RNA遺伝子の検索
        近藤 武史
        RNA情報網サテライトミーティング「RNA研究若手の会2004」, 2004年05月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 軟骨内骨化における細胞内Ca2+制御機構の解明と骨関連疾患への応用
        基盤研究(B)
        小区分56020:整形外科学関連
        京都大学
        市村 敦彦
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        細胞内Ca2+;軟骨内骨化;骨関連疾患
      • 上皮形態形成における組織形状と細胞分化の調和機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分44020:発生生物学関連
        京都大学
        近藤 武史
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        上皮形態形成;細胞運命決定;形態形成フィードバック;1細胞RNA-seq;イメージング
      • 1細胞遺伝子発現・力学動態の統合アプローチによる1個体発生原理の構成的理解
        基盤研究(B)
        京都大学
        近藤 武史
        自 2017年07月18日, 至 2020年03月31日, 完了
        胚発生;ショウジョウバエ;上皮形態形成;1細胞RNA-seq;応力推定;イメージング;1細胞RNA-seq;形態形成;1細胞解析;発生
      • 上皮形態形成を制御する細胞自他認識機構の解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学;国立研究開発法人理化学研究所
        近藤 武史
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        上皮形態形成;1細胞RNA-seq;ショウジョウバエ;胚発生;遺伝子発現解析
      • 上皮のシートを管に変換するしくみ
        若手研究(A)
        京都大学
        近藤 武史
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        上皮形態形成;ショウジョウバエ;陥入;発生生物学;陥入運動;遺伝学;嵌入運動
      • 上皮陥入機構の解析:M期進入にともなう細胞形態変化の新たな役割
        若手研究(B)
        独立行政法人理化学研究所
        近藤 武史
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        上皮形態形成;細胞分裂;分裂期球形化;ショウジョウバエ;M期細胞球形化;上皮組織陥入;気管原基;ライブ観察
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科

        ページ上部へ戻る