教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

吉岡 崇仁

ヨシオカ タカヒト

フィールド科学教育研究センター 森林生態系部門 研究員(非常勤)

吉岡 崇仁
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    協力講座

    • 農学研究科, 森林科学専攻 森林資源学講座, 教授

    所属学協会

    • 日本地球化学会
    • 日本陸水学会
    • 日本生態学会

    学位

    • 理学博士(名古屋大学)

    出身大学院・研究科等

    • 名古屋大学, 大学院理学研究科博士課程後期課程大気水圏科学専攻, Hydrospheric Atmospheric Science, 修了
    • 名古屋大学, 大学院理学研究科博士課程前期課程大気水圏科学専攻, Hydrospheric Atmospheric Science, 修了

    出身学校・専攻等

    • 大阪大学, 理学部生物学科, Department of Biology, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立今宮高等学校, おおさかふりついまみやこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, フィールド科学教育研究センター, 特任教授, 名誉教授
    • 自 2007年05月, 至 2021年03月
      京都大学, フィールド科学教育研究センター, 教授
    • 自 1993年, 至 2001年
      名古屋大学 助手
    • 自 1993年, 至 2001年
      Nagoya University, Research Assistant
    • 自 2001年
      - 総合地球環境学研究所 助教授
    • 自 2001年
      - Research Institute for Humanity and Nature
    • 自 1988年, 至 1993年
      信州大学 助手
    • 自 1988年, 至 1993年
      信州大学
    • 自 1984年, 至 1987年
      三菱化成生命科学研究所 特別研究員
    • 自 1984年, 至 1987年
      Postdoctoral fellow in Mitsubishi-Kasei Institute of Life Sciences

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        森里海連環学による自然と人間の相互作用の研究
      • 研究概要

        森、川、海の各生態系間つながりに関して、森林集水域(流域)を対象として、栄養物質や溶存有機物の動態、陸水・沿岸河口域での植物プランクトンの生育に関わる溶存鉄と腐植物質の影響などを研究している。また、自然と人間のつながりについて、人々の環境に対する価値評価、意識について、アンケートや聞き取り調査を素に解析している。

      研究キーワード

      • 物質循環
      • 生物地球化学
      • Material Cycling
      • Biogeochemistry

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生態学、環境学
      • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
      • 環境・農学, 環境影響評価
      • 環境・農学, 環境動態解析

      論文

      • Assessing insect herbivory on broadleaf canopy trees at 19 natural forest sites across Japan
        Hino, T; Kanno, Y; Abe, T; Enoki, T; Hirao, T; Hiura, T; Hoshizaki, K; Ida, H; Ishida, K; Kuraji, K; Maki, M; Masaki, T; Noguchi, M; Otani, T; Sakimoto, M; Sakio, H; Takagi, M; Takashima, A; Tokuchi, N; Utsumi, S; Yoshioka, T; Hidaka, A; Nakamura, M
        Ecological Research, 2021年05月, 査読有り
      • 2002年から2006年の朱鞠内湖(雨龍第一ダム)の水環境について
        石川, 靖; 日野, 修次; 三上, 英敏; 五十嵐, 聖貴; 高野, 敬志; 吉岡, 崇仁
        北海道環境科学研究センター所報 = Report of Hokkaido Institute of Environmental Sciences, 2009年08月
      • 朱鞠内湖の水中微生物量の変動
        石川 靖; 五十嵐 聖貴; 高野 敬志; 三上 英敏; 日野 修次; 大平 啓朗; 柴田 英昭; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会 講演要旨集, 2005年
      • アジアモンスーン地域における渓流水質予測モデルの適用と水文学的改良
        勝山 正則; 大手 信人; 福島 慶太郎; 柴田 英昭; 吉岡 崇仁
        水文・水資源学会研究発表会要旨集, 2008年
      • <附表>79号掲載論文 附表1 : 2011年11月、2013年4月、2013年11月、2014年11月における宮ノ森スギ人工林調査区内のスギ(CJ)及びヒノキ(CO)の胸高直径 (間伐とシカ排除柵設置がスギの幹成長に及ぼす影響 --芦生のスギ人工林における事例--)
        松山, 周平; 福島, 慶太郎; 白澤, 紘明; 向, 昌宏; 平井, 岳志; 境, 慎二朗; 石原, 正恵; 岩井, 有加; 八木, 弥生; 谷, 鑫; 立岩, 沙知子; 長谷川, 尚史; 吉岡, 崇仁
        森林研究, 2018年01月15日
      • 由良川流域における土地利用形態が水質に与える影響:鉄と硝酸態窒素からの考察
        日高 渉; 福島 慶太郎; 向 昌宏; 西岡 裕平; 福崎 康司; 大槻 あずさ; 鈴木 伸弥; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2013年
      • 冷温帯スギ人工林の間伐林・未間伐林における土壌細菌群集の比較
        松山 周平; 福島 慶太郎; 河村 耕史; 鈴木 伸弥; 境 慎二朗; 平井 岳志; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2013年
      • 木質バイオマスを活用した住宅用熱供給システムの導入可能性に関する研究
        松嶋健太; 田島洋輔; 吉岡崇仁
        土木学会論文集G, 2020年, 査読有り
      • Iron and fluorescent dissolved organic matter in an estuarine and coastal system in Japan
        Kenta Watanabe; Koji Fukuzaki; Keitaro Fukushima; Michihiro Aimoto; Takahito Yoshioka; Yoh Yamashita
        Limnology, 2018年04月, 査読有り
      • 森里海連環学 −人と自然のつながりの視座−
        吉岡 崇仁
        海洋化学研究, 2018年
      • Effects of deer grazing on soil C and N dynamics in Miscanthus sinensis grassland and Quercus serrata forest in Ashiu research forest, Japan
        Keitaro Fukushima; Katsuyuki Ishii; Takahito Yoshioka
        JOURNAL OF FOREST RESEARCH, 2017年, 査読有り
      • 大学演習林での教育研究ネットワークの最新動向
        柴田 英昭; 長田 典之; 本間 航介; 吉岡 崇仁; 井倉 洋二; 髙木 正博; 佐藤 冬樹
        森林環境, 2017年
      • 長治谷草地のシカ排除柵内外の植生変遷と柵の開放試験
        松山周平; 谷鑫; 立岩沙知子; 白澤紘明; 吉岡崇仁
        森林研究, 2016年, 査読有り
      • 間伐とシカ排除柵設置がスギの幹成長に及ぼす直接的・間接的影響 -芦生の未間伐スギ人工林における事例
        松山周平; 福島慶太郎; 白澤紘明; 向昌宏; 平井岳志; 境慎二朗; 石原正恵; 岩井有加; 八木弥生; 谷鑫; 立岩沙知子; 長谷川尚史; 吉岡崇仁
        森林研究, 2016年, 査読有り
      • Reviews and Syntheses: Ocean acidification and its potential impacts on marine ecosystems
        Khan M. G. Mostofa; Cong-Qiang Liu; WeiDong Zhai; Marco Minella; Davide Vione; Kunshan Gao; Daisuke Minakata; Takemitsu Arakaki; Takahito Yoshioka; Kazuhide Hayakawa; Eiichi Konohira; Eiichiro Tanoue; Anirban Akhand; Abhra Chanda; Baoli Wang; Hiroshi Sakugawa
        BIOGEOSCIENCES, 2016年, 査読有り
      • Iron requirements of Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae), Heterocapsa circularisquama (Dinophyceae) and two common centric diatoms
        FUKUZAKI Koji; YOSHIOKA Takahito; SAWAYAMA Shigeki; IMAI Ichiro
        北海道大学水産科学研究彙報, 2016年, 査読有り
      • 森林源頭部における小集水域間での溶存有機態炭素および硝酸塩濃度の変動要因
        山本知実; 白澤紘明; 長谷川尚史; 福島慶太郎; 吉岡崇仁
        日林学術講, 2015年03月
      • 京都府芦生研究林におけるニホンジカによる植生被害と森林生態系への影響
        福島慶太郎; 立岩沙知子; 高柳 敦; 吉岡崇仁
        水利科学, 2015年, 査読有り
      • Spatial distribution of oxygen-18 and deuterium in stream waters across the Japanese archipelago
        M. Katsuyama; T. Yoshioka; E. Konohira
        HYDROLOGY AND EARTH SYSTEM SCIENCES, 2015年, 査読有り
      • Fluorescent characteristics of dissolved organic matter produced by bloom-forming coastal phytoplankton
        Koji Fukuzaki; Ichiro Imai; Keitaro Fukushima; Ken-Ichiro Ishii; Shigeki Sawayama; Takahito Yoshioka
        JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 2014年05月, 査読有り
      • 森林施業における種々の作業過程が渓流水質に与える影響
        福島慶太郎; 福澤加里部; 向昌宏; 鈴木伸弥; 日高?; 松山周平; 八木弥生; 西岡裕平; 長谷川敦史; 林大輔; 長谷川尚史; 徳地直子; 吉岡崇仁
        日林学術講, 2014年
      • Photosynthesis in nature: A new look
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; Xiangliang Pan; Takahito Yoshioka; Davide Vione; Daisuke Minakata; Kunshan Gao; Hiroshi Sakugawa; Gennady G. Komissarov
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Complexation of dissolved organic matter with trace metal ions in natural waters
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; Xinbin Feng; Takahito Yoshioka; Davide Vione; Xiangliang Pan; Fengchang Wu
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Fluorescent dissolved organic matter in natural waters
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; Takahito Yoshioka; Davide Vione; Yunlin Zhang; Hiroshi Sakugawa
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Photoinduced and microbial degradation of dissolved organic matter in natural waters
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; Daisuke Minakata; Fengchang Wu; Davide Vione; M.Abdul Mottaleb; Takahito Yoshioka; Hiroshi Sakugawa
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Dissolved organic matter in natural waters
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; M.Abdul Mottaleb; Guojiang Wan; Hiroshi Ogawa; Davide Vione; Takahito Yoshioka; Fengchang Wu
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Colored and chromophoric dissolved organic matter in natural waters
        Khan M.G. Mostofa; Cong-qiang Liu; Davide Vione; M.Abdul Mottaleb; Hiroshi Ogawa; Shafi M. Tareq; Takahito Yoshioka
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • Chlorophylls and their degradation in nature
        Khan M.G. Mostofa; Cong qiang Liu; Xiangliang Pan; Davide Vione; Kazuhide Hayakawa; Takahito Yoshioka; Gennady G. Komissarov
        Environmental Science and Engineering (Subseries: Environmental Science), 2013年, 査読有り
      • 森林資源に対する住民意識:由良川流域および仁淀川流域をケーススタディとして
        大川智船; 柴田昌三; 佐藤真行; 野瀬光弘; 長谷川尚史; 吉岡崇仁
        日林学術講, 2013年
      • Removal Function of the Yala Swamp (Western Kenya) on Allochthonous Matter Transported from the Yala River
        NAKANISHI Masami; GICHUKI John; SATO Tomohiro
        海洋化学研究, 2012年11月, 査読有り
      • 芦生研究林におけるシカ排除柵によるススキ群落の回復過程
        石原正恵; 今西亜友美; 阪口翔太; 福澤加里部; 向昌宏; 吉岡崇仁
        森林研究 = Forest research, Kyoto, 2012年09月, 査読有り
      • 腐植物質が有害ラフィド藻Chattonella antiquaの増殖に与える影響
        福﨑 康司; 内藤 佳奈子; 吉岡 崇仁; 澤山 茂樹; 今井 一郎
        北海道大学水産科学研究彙報, 2011年06月
      • Stable carbon and nitrogen isotope composition of co-existing herbivorous zooplankton species in an oligo-dystrophic lake (Shirakoma-ike, Japan)
        J. Lee; T. Yoshioka; K. Ra; J. Owen; B. Kim
        NEW ZEALAND JOURNAL OF MARINE AND FRESHWATER RESEARCH, 2011年03月, 査読有り
      • Photochemical, microbial and metal complexation behavior of fluorescent dissolved organic matter in the aquatic environments
        Khan M. G. Mostofa; Fengchang Wu; Cong-Qiang Liu; Davide Vione; Takahito Yoshioka; Hiroshi Sakugawa; Eiichiro Tanoue
        GEOCHEMICAL JOURNAL, 2011年, 査読有り
      • Sources of organic carbon and depositional environment in the Bengal delta plain sediments during the Holocene period
        Hossain M. Anawar; Takahito Yoshioka; Eiichi Konohira; Junji Akai; M. C. Freitas; Shafi M. Tareq
        LIMNOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • 鉛-210・セシウム-137法による年代測定ならびに花粉分析に基づく朱鞠内湖集水域における過去50年間の植生復元
        佐々木 尚子; 吉岡 崇仁; 小川 安紀子; 勝山 正則; 日野 修次; 高原 光
        日本花粉学会会誌, 2010年06月30日, 査読有り
      • Contribution of atmospheric nitrate to stream-water nitrate in Japanese coniferous forests revealed by the oxygen isotope ratio of nitrate
        Y. Tobari; K. Koba; K. Fukushima; N. Tokuchi; N. Ohte; R. Tateno; S. Toyoda; T. Yoshioka; N. Yoshida
        RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY, 2010年05月, 査読有り
      • モニタリングサイト1000森林・草原調査コアサイト・準コアサイトの毎木調査データの概要(学術情報)
        石原 正恵; 酒井 武; 齋藤 哲; 崎尾 均; 嵜元 道徳; 芝野 博文; 杉田 久志; 鈴木 三男; 高木 正博; 高嶋 敦史; 武生 雅明; 石田 健; 田代 直明; 田中 信行; 徳地 直子; 並川 寛司; 新山 馨; 西村 尚之; 野口 麻穂子; 野宮 治人; 日浦 勉; 藤原 章雄; 井田 秀行; 星野 大介; 本間 航介; 蒔田 明史; 正木 隆; 吉岡 崇仁; 吉田 俊也; 伊東 明; 榎木 勉; 大久保 達弘; 金子 隆之; 金子 信博; 倉本 惠生
        日本生態学会誌, 2010年, 査読有り
      • 琵琶湖およびバイカル湖とその集水域における溶存有機物の動態
        吉岡 崇仁; Mostofa; K. M. G
        日本腐植物質学会誌, 7, p.5-14, 2010年, 査読有り
      • 流域環境の多様な属性に対する住民の選好評価のためのシナリオアンケート手法の開発:北海道朱鞠内湖集水域をフィールドに
        永田 素彦; 吉岡 崇仁; 大川 智船
        実験社会心理学研究, 2010年, 査読有り
      • Applications of a hydro-biogeochemical model and long-term simulations of the effects of logging in forested watersheds
        M. Katsuyama; H. Shibata; T. Yoshioka; T. Yoshida; A. Ogawa; N. Ohte
        SUSTAINABILITY SCIENCE, 2009年10月, 査読有り
      • Biomass allocation and nitrogen limitation in a Cryptomeria japonica plantation chronosequence
        Ryunosuke Tateno; Keitaro Fukushima; Reiji Fujimaki; Tetsuya Shimamura; Masami Ohgi; Hirotsugu Arai; Nobuhito Ohte; Naoko Tokuchi; Takahito Yoshioka
        JOURNAL OF FOREST RESEARCH, 2009年10月, 査読有り
      • 森林流域環境と人間社会のつながりの理解に向けて
        舘野隆之輔; 勝山正則; 吉岡崇仁
        森林技術, 2009年05月10日
      • 森林−農地−水系に関する関心事調査
        松川 太一; 吉岡 崇仁; 鄭 躍軍
        社会と調査, 3, p.59-64, 2009年, 査読有り
      • 二つの森林流域における渓流内での栄養塩の取り込み
        谷尾 陽一; 大手 信人; 藤本 将光; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会 講演要旨集, 2009年
      • 森林小流域の河道特性:渓流内のTransient Storage (一時貯留)
        谷尾 陽一; 福島 慶太郎; 谷 誠; 和田 孝志; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2009年, 査読有り
      • 仁淀川流域における河川水質の集水域間の変動と流下過程での変化 炭素・窒素を中心に
        福澤 加里部; 徳地 直子; 新井 宏受; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁
        第120回日本森林学会大会, 2009年, 査読有り
      • Fungal infection for cyanobacterium Anabaena smithii by two chytrids in eutrophic region of large reservoir Lake Shumarinai, Hokkaido, Japan
        Keishi Takano; Yasushi Ishikawa; Hidetoshi Mikami; Seiki Igarashi; Shuji Hino; Takahito Yoshioka
        LIMNOLOGY, 2008年12月, 査読有り
      • 制御理論を応用した持続可能な開発のための教育の方法論とその有効性の確認
        藤平 和俊; 大須 賀公一; 吉岡 崇仁; 林 直樹
        環境教育 = Environmental education, 2008年07月20日, 査読有り
      • The Different Isotopic Signatures of Co-existing Zooplankton Species in Two Alpine Lakes.
        Lee, J.-Y; B. Kim; T. Yoshioka; Shuji Hino
        Korean Journal of Limnology, 41:294-300., 2008年, 査読有り
      • 北海道北部の多雪森林流域における河川水質の時空間変動プロセスの解明
        柴田 英昭; 徐 小牛; 小川 安紀子; 中塚 武; 吉岡 崇仁
        シンポジウム長期生態系モニタリングの現状と課題−温暖化影響と生態系応答, 2007年11月01日
      • Dynamics and characteristics of fluorescent dissolved organic matter in the groundwater, river and lake water
        Khan M. G. Mostofa; Takahito Yoshioka; Eiichi Konohira; Eiichiro Tanoue
        WATER AIR AND SOIL POLLUTION, 2007年09月, 査読有り
      • Distribution and characteristics of molecular size fractions of freshwater dissolved organic matter in watershed environments: its implication to degradation
        Takahito Yoshioka; Khan M. G. Mostofa; Eiichi Konohira; Eiichiro Tanoue; Kazuhide Hayakawa; Mikio Takahashi; Shingo Ueda; Masanori Katsuyama; Tamara Khodzher; Nadezhda Bashenkhaeva; Irina Korovvakova; Larisa Sorokovikova; Ludomira Dorbunova
        LIMNOLOGY, 2007年04月, 査読有り
      • Holocene phytolith record at Picea glehnii stands on the Dorokawa Mire in northern Hokkaido, Japan.
        Kawano, T; Takahara, H; Nomura, T; Shibata, H; Uemura, S; Sasaki, N; Yoshioka, T
        The Quaternary Research, 46(5):413-426., 2007年, 査読有り
      • Photodegradation of fluorescent dissolved organic matter in river waters
        Khan M. G. Mostofa; Takahito Yoshioka; Eiichi Konohira; Eiichiro Tanoue
        GEOCHEMICAL JOURNAL, 2007年, 査読有り
      • 森林生態系の生物地球化学モデル : PnETモデルの適用と課題
        柴田英昭; 大手信人; 佐藤冬樹; 吉岡崇仁
        陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY, 2006年12月01日, 査読有り
      • Mobilization of arsenic in groundwater of Bangladesh: evidence from an incubation study
        H. M. Anawar; J. Akai; T. Yoshioka; E. Konohira; J. Y. Lee; H. Fukuhara; M. Tari Kul Alam; A. Garcia-Sanchez
        ENVIRONMENTAL GEOCHEMISTRY AND HEALTH, 2006年12月, 査読有り
      • 集水域研究におけるシミュレーションモデルへの期待
        吉岡 崇仁; 舘野 隆之輔; 楊 宗興
        陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY, 2006年12月01日, 査読有り
      • 集水域の生物地球化学シミュレーションモデルの有用性と課題 森林生態系の生物地球化学モデル:PnETモデルの適用と課題
        柴田 英昭; 大手 信人; 佐藤 冬樹; 吉岡 崇仁
        陸水学雑誌, 2006年12月
      • わが国における渓流水のリン酸態リン濃度とその規定要因
        若松孝志; 木平英一; 新藤純子; 吉岡崇仁; 岡本勝男; 板谷明美; 金玟植
        水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 2006年11月10日, 査読有り
      • わが国における渓流水のリン酸態リン濃度とその規定要因
        若松 孝志; 木平 英一; 新藤 純子; 吉岡 崇仁; 岡本 勝男; 板谷 明美; 金 〓植
        水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 2006年11月10日
      • わが国の渓流水質の広域調査
        木平英一; 新藤純子; 吉岡崇仁; 戸田任重
        日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences, 2006年08月31日, 査読有り
      • わが国の渓流水質の広域調査
        木平 英一; 新藤 純子; 吉岡 崇仁; 戸田 任重
        日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences, 2006年08月31日
      • 朱鞠内湖(雨竜第一ダム)における水質変動とダム湖としての陸水学的特性
        石川 靖; 三上 英敏; 五十嵐 聖貴; 高野 敬志; 日野 修次; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会 講演要旨集, 2006年
      • 北海道朱鞠内湖の富栄養水域におけるラン藻によるブルーム発生の特徴
        高野 敬志; 石川 靖; 三上 英敏; 五十嵐 聖貴; 日野 修次; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会 講演要旨集, 2006年
      • 流域環境の質と人々の環境意識の関係を明らかにする試み
        舘野 隆之輔; 吉岡 崇仁
        森林科学, 2006年
      • Three-dimensional fluorescence as a tool for investigating the dynamics of dissolved organic matter in the Lake Biwa watershed
        KMG Mostofa; T Yoshioka; E Konohira; E Tanoue; K Hayakawa; M Takahashi
        LIMNOLOGY, 2005年08月, 査読有り
      • 我が国の窒素負荷量分布と全国渓流水水質の推定
        新藤純子; 木平英一; 吉岡崇仁; 岡本勝男; 川島博之
        環境科学会誌 = Environmental science, 2005年07月29日, 査読有り
      • 我が国の窒素負荷量分布と全国渓流水水質の推定
        新藤 純子; 木平 英一; 吉岡 崇仁; 岡本 勝男; 川島 博之
        環境科学会誌 = Environmental science, 2005年07月29日
      • Dissolved organic carbon and nitrate concentrations in streams: a useful index indicating carbon and nitrogen availability in catchments
        E Konohira; T Yoshioka
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2005年05月, 査読有り
      • Dissolved organic carbon and nitrate concentrations in streams: a useful index indicating carbon and nitrogen availability in catchments
        E Konohira; T Yoshioka
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2005年05月
      • Diagrammatic representation of environmental monitoring data.
        Sekino, T; T. Yoshioka
        Korean Journal of Limnology, 2005年, 査読有り
      • Dissolved organic carbon and nitrate concentrations in streams: A useful index indicating carbon and nitrogen availability in catchments
        Eiichi Konohira; Takahito Yoshioka
        Forest Ecosystems and Environments: Scaling Up from Shoot Module to Watershed, 2005年, 査読有り
      • 我が国の窒素負荷量分布と全国渓流水水質の推定
        新藤 純子; 木平 英一; 吉岡 崇仁; 岡本 勝男; 川島 博之
        環境科学会誌, 2005年
      • 集水域の生物地球科学 : その意義と展望
        楊 宗興; 吉岡 崇仁; 朴 昊澤; 吉田 恭司; 勝山 正則; 龍田 優美; 柴田 英昭; 大手 信人; 杉山 浩史; 木平 英一; 川崎 雅俊; 由水 千景; 戸田 任重; 八木 一行; 服部 重昭; 田中 隆文; 佐野 方昴; 坂井田 稔; 丹羽 智子; 田中 庸央; 壁谷 直記; 小倉 紀雄; 蔵治 光一郎; 戸田 浩人; 笹賀 一郎; 徳地 直子; 保原 達; 木庭 啓介; 武重 祐史; KHAN M. G. M; 田上 英一郎; 岡崎 亮太; 占部 城太郎; 上村 由加里; 沖野 外輝夫; 宝川 靖和; 徐 明崗; 秦 道珠; 鄒 長明; 朱 建国; 蔡 祖聰
        陸水學雜誌, 2003年04月20日, 査読有り
      • 集水域の生物地球科学 : その意義と展望
        楊 宗興; 吉岡 崇仁; 朴 昊澤; 吉田 恭司; 勝山 正則; 龍田 優美; 柴田 英昭; 大手 信人; 杉山 浩史; 木平 英一; 川崎 雅俊; 由水 千景; 戸田 任重; 八木 一行; 服部 重昭; 田中 隆文; 佐野 方昴; 坂井田 稔; 丹羽 智子; 田中 庸央; 壁谷 直記; 小倉 紀雄; 蔵治 光一郎; 戸田 浩人; 笹賀 一郎; 徳地 直子; 保原 達; 木庭 啓介; 武重 祐史; KHAN M. G. M; 田上 英一郎; 岡崎 亮太; 占部 城太郎; 上村 由加里; 沖野 外輝夫; 宝川 靖和; 徐 明崗; 秦 道珠; 鄒 長明; 朱 建国; 蔡 祖聰
        陸水學雜誌, 2003年04月20日
      • Dissolved organic carbon and fluorescence in Lake Hovsgol: factors reducing humic content of the lake water
        K Hayakawa; T Sekino; T Yoshioka; M Maruo; M Kumagai
        LIMNOLOGY, 2003年04月, 査読有り
      • 集水域の生物地球化学:陸域生態系物質循環カスケードへの位置づけ--「陸域生態系の地球環境変化に対する応答の研究」から (陸水学会第66回大会:集水域の生物地球化学 課題講演記録 集水域の生物地球化学:その意義と展望)
        吉岡 崇仁
        陸水学雑誌, 2003年04月
      • 琵琶湖への溶存有機物とNO3-の流入--集水域におけるC/Nの変動として (陸水学会第66回大会:集水域の生物地球化学 課題講演記録 集水域の生物地球化学:その意義と展望)
        木平 英一; 吉岡 崇仁; Khan M. G. M
        陸水学雑誌, 2003年04月
      • Geochemical occurrence of arsenic in groundwater of Bangladesh: sources and mobilization processes
        HM Anawar; J Akai; K Komaki; H Terao; T Yoshioka; T Ishizuka; S Safiullah; K Kato
        JOURNAL OF GEOCHEMICAL EXPLORATION, 2003年03月, 査読有り
      • 学際研究における観測データの整理法
        関野 樹; 吉岡 崇仁; 田中 拓弥; 木庭 啓介; 古川 剛史
        日本陸水学会 講演要旨集, 2003年
      • 地球環境変化のもとでの流域研究
        吉岡 崇仁
        陸水學雜誌, 2003年
      • 地球環境変化のもとでの琉域研究
        吉岡 崇仁
        陸水学雑誌, 2003年
      • Stable isotope and radiocarbon compositions of methane emitted from tropical rice paddies and swamps in Southern Thailand
        F Nakagawa; N Yoshida; A Sugimoto; E Wada; T Yoshioka; S Ueda; P Vijarnsorn
        BIOGEOCHEMISTRY, 2002年10月, 査読有り
      • 環境の評価に対する自然科学の役割--環境研究における自然科学と人文・社会学の融合への提言
        吉岡 崇仁
        科学, 2002年09月
      • Diagenetic control on arsenic partitioning in sediments of the Meghna River delta, Bangladesh
        HM Anawar; K Komaki; J Akai; J Takada; T Ishizuka; T Takahashi; T Yoshioka; K Kato
        ENVIRONMENTAL GEOLOGY, 2002年03月, 査読有り
      • コンジョイント分析を用いた野生動物問題に対する仮想的対策事前評価-滋賀県琵琶湖におけるカワウ問題を事例として-
        斉藤友則; 木庭啓介; 酒井徹朗; 亀田佳代子; 吉岡崇仁
        Limnology, 4:25-33., 2002年, 査読有り
      • Distribution of dissolved organic carbon in Lake Baikal and its watershed
        Takahito Yoshioka; Shingo Ueda; Tamara Khodzher; Nadjezda Bashenkhaeva; Irina Korovyakova; Larisa Sorokovikova; Ludmila Gorbunova
        Limnology, 2002年, 査読有り
      • Faunal trophic interaction in an oligotrophic-dystrophic lake (Shirakoma-ike, Japan)
        Jae-Yong Lee; Takahito Yoshioka; Takayuki Hanazato
        Limnology, 2002年, 査読有り
      • Biogeochemical properties of a tropical swamp forest ecosystem in southern Thailand
        Yoshioka Takahito; Ueda Shingo; Miyajima Toshihiro; WADA Eitaro; YOSHIDA Naohiro; SUGIMOTO Atsuko; VIJARNSORN Pisoot; BOONPRAKUB Suporn
        Limnology, 2002年, 査読有り
      • モンゴル·フブスグル湖にみられる湖水中の腐植物質濃度の制御要因
        早川 和秀; 関野 樹; 吉岡 崇仁; 丸尾 雅啓; 熊谷 道夫
        日本陸水学会 講演要旨集, 2002年
      • 釧路湿原内塘路湖の水質および底泥に与える集水域の影響
        三上 英敏; 石川 靖; 永洞 真一郎; 五十嵐 聖貴; 安富 亮平; 坂本 博幸; 伊藤 富子; 今田 和史; 高野 敬志; 日野 修次; 吉岡 崇仁; 木平 英一
        日本陸水学会 講演要旨集, 2002年
      • コンジョイント分析を用いた野生動物問題に対する仮想的対策事前評価
        斉藤 友則; 木庭 啓介; 酒井 徹朗; 亀田 佳代子; 吉岡 崇仁
        日本評価研究, 2002年
      • Paleoenvironment in Dae-Am San high moor in the Korean Peninsula
        T Yoshioka; KY Lee; HA Takahashi; SJ Kang
        RADIOCARBON, 2001年, 査読有り
      • Environmental Exposure Assessment of Chromium and Other Tannery Pollutants at Hazaribagh Area, Dhaka, Bangladesh, and Health Risk
        Anawar Hossain Md; Safiulah Syed; Yoshioka Takahito
        環境化学 : journal of environmental chemistry, 2000年09月, 査読有り
      • Dynamics of dissolved O-2, CO2, CH4, and N2O in a tropical coastal swamp in southern Thailand
        S Ueda; CSU Go; T Yoshioka; N Yoshida; E Wada; T Miyajima; A Sugimoto; N Boontanon; P Vijarnsorn; S Boonprakub
        BIOGEOCHEMISTRY, 2000年06月, 査読有り
      • 陸水学における温暖化研究の現状と展開
        花里 孝幸; 吉岡 崇仁
        陸水學雜誌, 2000年02月25日
      • 地球環境変化に対する陸水の応答−集水域研究の重要性−
        吉岡崇仁
        陸水学雑誌, 61(1):95-100., 2000年, 査読有り
      • 地球温暖化と陸水環境 陸水学における温暖化研究の現状と展開
        花里 孝幸; 吉岡 崇仁
        陸水学雑誌, 2000年
      • Natural C-13 and N-15 abundance of field-collected fungi and their ecological implications
        A Kohzu; T Yoshioka; T Ando; M Takahashi; K Koba; E Wada
        NEW PHYTOLOGIST, 1999年11月, 査読有り
      • Stable isotope analyses of the pelagic food web in Lake Baikal
        K Yoshii; NG Melnik; OA Timoshkin; NA Bondarenko; PN Anoshko; T Yoshioka; E Wada
        LIMNOLOGY AND OCEANOGRAPHY, 1999年05月, 査読有り
      • 水域生態系における安定同位体解析 (<特集>生態系の新たな切り口としての安定同位体 : 安定同位体からみえる生態系のダイナミズム)
        山田 佳裕; 吉岡 崇仁
        日本生態学会誌, 1999年04月25日
      • 水域生態系における安定同位体解析
        山田佳裕; 吉岡崇仁
        日本生態学会誌, 1999年04月, 査読有り
      • 地球温暖化と陸水環境 : 温暖化は陸水環境をどう変えるか
        吉岡 崇仁; 花里 孝幸; 森 和紀
        陸水學雜誌, 1999年03月01日
      • Natural abundance of nitrogen-15 in a forest soil
        K Koba; N Tokuchi; T Yoshioka; EA Hobbie; G Iwatsubo
        SOIL SCIENCE SOCIETY OF AMERICA JOURNAL, 1998年05月, 査読有り
      • Phytoplanktonic carbon isotope fractionation: equations accounting for CO2-concentrating mechanisms
        T Yoshioka
        JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 1997年10月, 査読有り
      • TL=1の同位体比 (総特集 安定同位体による海洋生物研究)
        吉岡 崇仁
        海洋, 1997年07月
      • 有機物の一次生産と分解過程における安定同位体比の変動
        吉岡 崇仁
        水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 1997年05月10日
      • 今,なぜ貧栄養湖研究なのか? 貧栄養湖研究の現状と未来
        日野 修次; 三上 英敏; 石川 靖; 坂田 康一; 有末 二郎; 今田 和史; 安富 亮平; 伴 修平; 牧野 渡; 坂野 博之; 春名 寛幸; 上田 宏; 吉岡 崇仁; 李 在鎔; 河合 崇欣; 岩熊 敏夫; 中里 亮治; 沖野 外輝夫; 坂本 充; 高村 典子; 手塚 泰彦; 占部 城太郎; 安野 正之
        陸水學雜誌, 1997年03月01日
      • 生態学における現場観測とその意義
        吉岡 崇仁
        水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 1996年08月10日
      • 同位体・溶存成分の動態からみた熱帯湿地の物質循環
        吉岡崇仁; 上田眞吾
        陸水学雑誌, 1996年03月, 査読有り
      • 湿地生態系における物質循環
        寺井 久慈; 楊 宗興; 野尻 幸宏; 八木 明彦; 山田 久美子; 岡 一郎; 吉岡 崇仁; 上田 眞吾; 宮島 利宏; 和田 英太郎; 半場 祐子; VIJARNSORN Pisoot
        陸水學雜誌, 1996年03月01日
      • シンポジウム. 地球環境と陸水研究 : いま何故グローバリズムか
        半田 暢彦; 安成 哲三; 中尾 正義; 吉岡 崇仁; 石渡 良志
        陸水學雜誌, 1996年03月01日
      • The abundance of 15N in N2O in aquatic ecosystems with emphasis on denitrification.
        Wada, E; N. Yoshida; T. Yoshioka; M. Yoh; Y. Kabaya
        Mitteilungen Internationale Vereinigung für Limnologie, 1996年, 査読有り
      • Isotope Biogeochemistry of Several Aquatic Ecosystems
        E. Wada; T. Yoshioka
        Geochemistry International, 1996年, 査読有り
      • 陸水環境における地球環境変動の記録-地域的強制 物質循環による変質-
        吉岡崇仁
        陸水学雑誌, 1996年
      • Distribution of dissolved carbon dioxide, methane and nitrous oxide in a tropical swamp ecosystem in southern Thailand
        S. Ueda; T. Yoshioka; N. Yoshida; A. Sugimoto; T. Miyajima; E. Wada; P. Vijarnsorn; S. Boonprakub
        A Tropical Swamp Forest Ecosystem and its Greenhouse Gas Emission, 1995年03月, 査読有り
      • Daphnia galeataの栄養状態と日周鉛直移動の関係〔英文〕
        関野 樹; 吉岡 崇仁
        陸水學雜誌, 1995年02月01日
      • The Relationship between Nutritional Condition and Diel Vertical Migration of Daphnia galeata.
        関野 樹; 吉岡 崇仁
        陸水学雑誌, 1995年
      • A STABLE-ISOTOPE STUDY ON SEASONAL FOOD-WEB DYNAMICS IN A EUTROPHIC LAKE
        T YOSHIOKA; E WADA; H HAYASHI
        ECOLOGY, 1994年04月, 査読有り
      • Estimation of Nitrogen Uptake Rate of Small Zooplankton Using 15N tracer
        Tadafumi Ichikawa; Takahito Yoshioka; Eitaro Wada; Hidetake Hayashi
        Japanese Journal of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1992年02月01日, 査読有り
      • Gas Exchange in Ecosystems: Framework and Case Studies
        Wada Eitaro; J. Lee John; Kimura Makoto; Koike Isao; William S. Reeburgh; Jose G. Tundisi; Yoshinari Tadashi; Yoshioka Takahito; Margret M. I. Van Vuuren
        Japanese Journal of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1991年02月01日, 査読有り
      • Assessment of Primary Production in a Eutrophic Lake from Carbon and Nitrogen Isotope Ratios of a Carnivorous Fish(A Pond Smelt) (質量分析連合討論会シンポジウム--生物活動と地球環境)
        Yoshioka Takahito
        Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, 1991年, 査読有り
      • TEMPORAL VARIATIONS IN CARBON ISOTOPE RATIO OF PHYTOPLANKTON IN A EUTROPHIC LAKE
        K TAKAHASHI; T YOSHIOKA; E WADA; M SAKAMOTO
        JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 1990年07月, 査読有り
      • Seasonal Variations of Carbon and Nitrogen Isotope Ratios of Plankton and Sinking Particles in Lake Kizaki
        Takahito Yoshioka; Hidetake Hayashi; Eitaro Wada
        Japanese Journal Of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1989年02月01日, 査読有り
      • Isotopic Characterization of Lake Kizaki and Lake Suwa
        Takahito Yoshioka; Eitaro Wada; Yatsuka Saijo
        Japanese Journal of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1988年02月01日, 査読有り
      • Analysis of lacustrine food web with natural carbon and nitrogen isotope ratios
        YOSHIOKA T.
        Verh.Internat.Verein.Limnol., 1988年, 査読有り
      • ACTIVE NITRIFICATION IN THE HYPOLIMNION OF LAKE KIZAKI IN EARLY SUMMER .2. EFFECTS OF LIGHT ON NITRIFICATION IN WATER
        T YOSHIOKA; Y SAIJO
        ARCHIV FUR HYDROBIOLOGIE, 1985年, 査読有り
      • PHOTOINHIBITION AND RECOVERY OF NH-4+-OXIDIZING BACTERIA AND NO-2-OXIDIZING BACTERIA
        T YOSHIOKA; Y SAIJO
        JOURNAL OF GENERAL AND APPLIED MICROBIOLOGY, 1984年, 査読有り
      • Serological Study on Seasonal and Vertical Distribution of Specific Denitrifying Bacteria in Lake Kizaki
        Hisayoshi Terai; Takahito Yoshioka
        Japanese Journal of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1983年, 査読有り
      • Serological Study on Seasonal and Vertical Distribution of Specific Denitrifying Bacteria in Lake Kizaki
        Hisayoshi Terai; Takahito Yoshioka
        Japanese Journal of Limnology (Rikusuigaku Zasshi), 1983年
      • GROWTH KINETIC-STUDIES OF NITRIFYING BACTERIA BY THE IMMUNOFLUORESCENT COUNTING METHOD
        T YOSHIOKA; H TERAI; Y SAIJO
        JOURNAL OF GENERAL AND APPLIED MICROBIOLOGY, 1982年, 査読有り
      • ANALYSIS OF THE GROWTH OF NH4(+)-OXIDIZING BACTERIA AND NO2(-)-OXIDIZING BACTERIA IN MIXED CULTURE
        T YOSHIOKA; H TERAI; Y SAIJO
        JOURNAL OF GENERAL AND APPLIED MICROBIOLOGY, 1982年, 査読有り
      • NITROGEN-METABOLISM IN LAKE KIZAKI, JAPAN .3. ACTIVE NITRIFICATION IN EARLY SUMMER
        M TAKAHASHI; T YOSHIOKA; Y SAIJO
        ARCHIV FUR HYDROBIOLOGIE, 1982年, 査読有り
      • PURIFICATION OF SULFITE-CYTOCHROME-C REDUCTASE OF THIOBACILLUS-NOVELLUS AND RECONSTITUTION OF ITS SULFITE OXIDASE SYSTEM WITH THE PURIFIED CONSTITUENTS
        T YAMANAKA; T YOSHIOKA; K KIMURA
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 1981年, 査読有り

      MISC

      • 安定同位体比による食物連鎖の解析
        吉岡 崇仁
        水, 2000年05月
      • プロジェクト研究 溶存有機物の動態 三次元蛍光測定による溶存有機物の識別
        吉岡 崇仁
        滋賀県琵琶湖研究所所報, 2000年12月
      • <パネルディスカッション>報告II : 由良川流域における木文化プロジェクト
        吉岡 崇仁
        時計台対話集会, 2010年03月23日
      • <パネルディスカッション>シカをまもること 植生を守ること
        吉岡 崇仁
        時計台対話集会, 2009年02月27日
      • 鼎談 社会とともに考え、創る地球環境 : いかに地域と世界をつなぎ、持続的な社会をつくるか (特集 地域と世界をつなぐ学知)
        吉岡 崇仁; 谷口 真人; 関野 樹
        Seeder = シーダー : 種まく人 : 地域環境情報から考える地球の未来, 2014年
      • Ⅱ-3. 由良川・丹後海における栄養塩,溶存鉄の動態と生物生産
        渡辺 謙太; 福島 慶太郎; 笠井 亮秀; 吉岡 崇仁; 山下 洋
        日本水産学会誌, 2017年
      • Reviews and Syntheses: Ocean acidification and its potential impacts on marine ecosystems
        K. M.G. Mostofa; C. Q. Liu; W. D. Zhai; M. Minella; D. Vione; K. Gao; D. Minakata; T. Arakaki; T. Yoshioka; K. Hayakawa; E. Konohira; E. Tanoue; A. Akhand; A. Chanda; B. Wang; H. Sakugawa
        Biogeosciences Discussions, 2015年07月13日
      • 植生の系統多様性はシカ排除柵により回復するか?
        松山周平; 白澤紘明; 舘野隆之輔; 今田省吾; 吉岡崇仁
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2015年
      • 間伐が土壌中のアンモニア酸化細菌に及ぼす影響
        松山周平; 河村耕史; 鈴木伸弥; 福島慶太郎; 舘野隆之輔; 境慎二郎; 平井岳志; 向昌宏; 吉岡崇仁
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2014年03月26日
      • 由良川−丹後海における栄養塩・懸濁態有機物の動態と基礎生産構造
        渡辺謙太; 笠井亮秀; 福?康司; 吉岡崇仁; 上野正博; 山下 洋
        木文化プロジェクト 03年度報告会, 2014年03月05日
      • 間伐が土壌中のアンモニア酸化細菌に及ぼす影響
        松山 周平; 河村 耕史; 鈴木 伸弥; 福島 慶太郎; 舘野 隆之輔; 境 慎二郎; 平井 岳志; 向 昌宏; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2014年
      • 「大学演習林からの便り<28>全国大学演習林協議会」大学演習林の役割と展望
        吉岡 崇仁
        グリーン・エージ, 2014年
      • Survey on private forest owners' attitude toward forest management: Case studies in Miyama Town, Kyoto and Niyodogawa Town, Kochi
        C. Okawa; T. Yoshioka
        International Symposium on the Connectivity of Hills, Humans and Oceans: Integrated ecosystem management from Hill to Ocean, 2013年11月
      • Survey on resident consciouness of domestic timber use
        C. Okawa; M. Sato; T. Yoshioka
        International Symposium on the Connectivity of Hills, Humans and Oceans: Integrated ecosystem management from Hill to Ocean, 2013年11月
      • Deer-induced degradation of understory vegetation affects N retention and loss in forested watershed
        Keitaro Fukushima; Masaru Sakai; Shota Sakaguchi; Yuka Iwai; Momoko Sakai; Atsushi Hasegawa; Yuhei Nishioka; Hiroaki Fujii; Naoko Tokuchi; Takahito Yoshioka; Atsushi Takayanagi
        日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年05月
      • Humic Substances Affect Growth of the Marine Phytoplankton Cultures
        Fukuzaki Koji; Yoshioka Takahito; Naito Kanako; Sawayama Shigeki; Imai Ichiro
        日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年05月
      • Iron requirement of various red tide causing microalgae.
        Fukuzaki, K; Yoshioka, T; Imai, I
        The 15th International Conference on Harmful Algae, ICHA 2012 Korea, 2012年, 査読有り
      • Characterization of fluorescent dissolved organic matter exuded from red tide algae
        Fukuzaki, K; Yoshioka, T; Imai, I
        2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting, 2012年, 査読有り
      • Spatial distribution of oxygen-18 and deuterium in stream- and groundwaters across the Japanese archipelago
        Katsuyama, M; Yoshioka, T; Konohira, E; Tayasu, I; Tani, M
        American Geophysical Union Fall Meeting 2011, 2011年, 査読有り
      • Nitrogen Export from Headwater Catchments: Integrating Biogeochemical Processing with Hydrologic Transport
        Fukushima, K; Sakai, M; Sakaguchi, S; Iwai, Y; Hasegawa, A; Nishioka, Y; Fujii, H; Tokuchi, N; Yoshioka, T; Takayanagi, A
        American Geophysical Union Fall Meeting 2011, 2011年, 査読有り
      • Deer over-browsing of forest understory vegetation alters the pattern of nitrate loss to streamwater in forested watersheds in Ashiu, Japan
        Fukushima, K; Sakai, M; Sakaguchi, S; Iwai, Y; Hasegawa, A; Nishioka, Y; Fujii, H; Tokuchi, N; Yoshioka, T; Takayanagi, A
        第44回AGU Fall Meeting 2011, 2011年, 査読有り
      • 第120回大会イブニングセミナー(第2特集)
        水町衣里; 相川高信; 井鷺裕司; 比屋根哲; 勝山正則; 舘野隆之輔; 吉岡崇仁; 山中典和; 富田基史; 森章; 稲垣善之; 牧大介; 鳥居厚志; 兼子伸吾
        森林科学, 2010年02月
      • Ⅱ.7つの企画の報告 2.森林流域環境と人間社会のつながりの理解にむけて
        勝山 正則; 舘野 隆之輔; 吉岡 崇仁
        森林科学, 2010年
      • 森林施業に伴う撹乱の強度と空間配置が渓流水質に与える影響:PnETモデルを用いた検討
        福島 慶太郎; 福澤 加里部; 徳地 直子; 勝山 正則; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会第74回大会, 2009年, 査読有り
      • Environmental Consciousness, Inner and Outer
        Yoshioka, T
        The Futurability of Islands: Beyond Endemism and Vulnerability, The 3rd RIHN International Symposium, 2008年10月22日
      • Linkages in forested watershed environments
        Yoshioka, T
        the International Conference on Sustainability on Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), “Sustainability on Food, Feed, Fiber, Water, Energy: Science, Technologies, and Global Strategies”, International Council of Sustainable Agriculture (ICSA), 2008年07月03日
      • 仁淀川における流下過程での溶存・浮遊物質濃度と炭素・窒素安定同位体比の変化
        福澤 加里部; 新井 宏受; 徳地 直子; 鎌内 宏光; 福島 慶太郎; 吉岡 崇仁; 柴田 昌三; 山下 洋
        日本地球惑星連合大会, p.J172-P004, 2008年
      • Sustainable development and environmental valuation
        Yoshioka, T
        International Symposium on Water Resources and Environmental Problems with Social Development, November 9, Nanjin, The People’s Republic of China, 2007年11月
      • The difference of stable isotope value between herbivorous calanoid copepod and cladoceran in two forest lakes
        Lee,J.-Y; Yoshioka,T; Hino,S
        The 13th International Symposium on River and Lake Environment (ISRLE 2007), 2007年10月
      • Spatial and temporal pattern of dissolved carbon and nitrogen in stream water with topographical gradient in forested basins in northern Japan
        Shibata, H; Xu, X; Ogawa, A; Nakatsuka, T; Yoshioka, T
        ILTER 2007 International Conference on Long-Term Ecological Research, “Long-term Ecological Research: Meeting the challenges of sustainable ecosystem management from local to global scales”, 2007年08月
      • 森林流域における水文地形構造と河川溶存成分の関係
        柴田 英昭; 徐 小牛; 小川 安紀子; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2007年
      • 仁淀川流域における地形および土地利用が河川水質に及ぼす影響
        福澤 加里部; 徳地 直子; 鎌内 宏光; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁; 柴田 昌三; 山下 洋
        第55回日本生態学会大会講演要旨集, p.471, 2007年
      • 朱鞠内湖湖底堆積物の炭素・窒素同位体組成
        吉岡 崇仁; 勝山 正則; 小川 安紀子; 佐々木 尚子; 日野 修次; 柴田 英昭
        日本陸水学会 講演要旨集, 2006年
      • 森林集水域の機能
        吉岡 崇仁
        水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 2004年09月10日
      • カワウによる森林・漁業被害に対する仮想的対策案評価 Webアンケートシステムによるコンジョイント分析調査
        斉藤友則; 木庭啓介; 酒井徹朗; 亀田佳代子; 吉岡崇仁
        システム農学会シンポジウム要旨集, 2002年05月23日
      • 琵琶湖におけるカワウコロニーと森林被害について 価値関係のコンジョイント分析による評価
        斉藤友則; 木庭啓介; 酒井徹朗; 亀田佳代子; 吉岡崇仁
        日本林学会大会学術講演集, 2002年03月20日
      • 韓国大岩山(デアムサン)高層湿原の環境変遷
        吉岡 崇仁; 李 在鎔; 青木 浩; 康 祥俊
        名古屋大学加速器質量分析計業績報告書, 1998年03月
      • 森林生態系と陸水生態系の相互作用:水系研究の位置づけの明確化
        吉岡崇仁; 檜山哲哉; 田上英一郎; 増澤敏行; 吉田尚弘; 大田啓一; 木庭啓介; 占部城太郎; 杉本敦子
        平成9年度文部省国際共同研究経費、大学等における地球圏-生物圏国際共同研究計画(後期)「陸域生態系の地球環境変化に対する応答」成果報告書, 1998年
      • タイ国湿性熱帯林におけるメタン・N2Oの動態
        和田英太郎; 杉本敦子; 宮島利宏; 吉田尚弘; 吉岡崇仁; 上田真吾; VIJARNSORN P
        日本生態学会大会講演要旨集, 1995年

      講演・口頭発表等

      • 由良川流域における河川水中の養分物質濃度の規定要因
        福島慶太郎; 福﨑康司; 日高渉; 白澤紘明; 向昌宏; 德地直子; 吉岡崇仁
        第83回日本陸水学会岡山大会 課題講演「陸水を介した森・川・海のつながり – 流域における陸水と生態系サービス −」, 2018年10月07日, 日本陸水学会
      • 森里海連環学の取り組み − 由良川プロジェクト−
        吉岡崇仁; 京都大学フィールド科学教育研究センター木文化由良川プロジェクトメンバー
        2018年10月07日, 日本陸水学会
      • 森林流域に関する社会調査
        吉岡 崇仁
        第83回日本陸水学会岡山大会 自由集会「森・川・海と里のつながり」, 2018年10月06日, 日本陸水学会
      • 森・里・海のつながり
        吉岡 崇仁
        徳山・山口・岩国高校SSH合同セミナー, 2018年08月07日, 山口県立徳山高校・山口高校・岩国高校
      • 水の中のはなし
        吉岡 崇仁
        第17回周南市・徳山試験地 連携講座, 2018年06月16日, 周南市・京都大学フィールド科学教育研究センター徳山試験地
      • 生物圏における物質の循環−川から森を診る−
        吉岡 崇仁
        山口県立徳山高校SSH講義, 2018年06月10日, 山口県立徳山高校
      • 環境を評価する
        吉岡 崇仁
        山口県立徳山高等学校 SSH講義, 2018年06月10日, 山口県立徳山高校
      • 森・里・海のつながり
        吉岡 崇仁
        徳山・山口・岩国高校SSH合同セミナー, 2017年08月06日
      • 森里海連環学 −人と自然のつながりの視座−
        吉岡 崇仁
        第326回京都化学者クラブ, 2017年08月05日
      • 「川から森を診る」
        吉岡 崇仁
        周南市連携講座, 2017年06月24日
      • 「川から森を診る」
        吉岡 崇仁
        周南市和田中学校環境学習, 2017年06月23日
      • 「環境を評価する」「生物圏における物質の循環−川から森を診る−」水質分析実習
        吉岡 崇仁
        山口県徳山高等学校 SSH講義, 2017年06月11日
      • 和と洋が出会う場所
        吉岡 崇仁
        フィールド科学教育研究センター社会連携シンポジウム「ひろげようフィールドの世界」, 2017年03月19日
      • 渓流水中溶存有機態炭素および硝酸塩濃度の源頭部森林小集水域内における変化とその要因
        安松 亮; 吉岡 崇仁
        第128回日本森林学会, 2017年03月
      • 森里川海のつながりの中で 〜自然のめぐみを未来につなぐ意識〜
        吉岡 崇仁
        EPOちゅうごく講演会, 2016年11月25日
      • 「山」は「森」−「森・里・海のつながり」の物語り−
        吉岡 崇仁
        京都大学春秋講義(秋季), 2016年10月29日
      • 森・里・海のつながり
        吉岡 崇仁
        徳山・山口・岩国高校SSH合同セミナー, 2016年08月08日
      • 森のものがたり
        吉岡 崇仁
        第13回周南市・徳山試験地連携講座, 2016年06月25日
      • 環境を評価するってどういうこと?
        吉岡 崇仁
        山口県立徳山高校 生物班講演, 2016年06月07日
      • 釧路地方中央部においてエゾシカの採食が森林植生に及ぼす影響
        松山周平; 舘野隆之輔; 今田省吾; 吉岡崇仁
        第63回日本生態学会, 2016年03月
      • 防鹿柵内外にみられる草本植生の窒素利用に関する考察
        立岩沙知子; 高柳 敦; 吉岡崇仁
        第63回日本生態学会, 2016年03月
      • 森里湖連環学から琵琶湖の環境を考える
        吉岡崇仁
        平成27年度滋賀大学環境シンポジウム, 2015年11月29日
      • 森里海連環の科学と社会
        吉岡崇仁
        シニア自然大学校地球環境「自然学」講座, 2015年11月28日
      • 人と自然のつながり:森里海の連環
        吉岡崇仁
        島根県立吉賀高校公開講座, 2015年10月23日
      • 人と自然のつながり:森里海の連環
        吉岡崇仁
        第62回京都大学附置研究所・センター品川セミナー, 2015年07月03日
      • 植生の系統多様性はシカ排除柵により回復するか?
        松山周平; 白澤紘明; 舘野隆之輔; 今田省吾; 吉岡崇仁
        日本生態学会第62回大会, 2015年03月
      • 人工林における伐採残渣の取り扱いが生態系外への養分流出に与える影響
        福島慶太郎; 德地直子; 吉岡崇仁
        日本森林学会第126回大会, 2015年03月
      • 森林源頭部における小集水域間での溶存有機態炭素および硝酸塩濃度の変動要因
        山本知実; 白澤紘明; 長谷川尚志; 福島慶太郎; 吉岡崇仁
        日本森林学会第126回大会, 2015年03月
      • 流域の上下流における住民の森林資源管理に対する意識 −高知県仁淀川流域・京都府由良川流域を事例として−
        大川智船; 吉岡崇仁; 佐藤真行; 大石卓史; 田村典江
        林業経済学会2014年秋季大会, 2014年11月
      • 森林攪乱・土地利用変化が河口域の栄養塩濃度に与える影響
        福島慶太郎; 福﨑康司; 日高渉; 鈴木伸弥; 大槻あずさ; 池山祐司; 白澤紘明; 河本晴恵; 西岡裕平; 長谷川敦史; 向昌宏; 徳地直子; 吉岡崇仁
        生物地球化学研究会2014年度京都セッション, 2014年10月
      • 森林資源利用に対する流域の人々の意識-京都府由良川・高知県仁淀川をフィールドに
        大川智船; 佐藤真行; 野瀬光弘; 長谷川尚史; 柴田昌三; 吉岡崇仁
        生物地球化学研究会2014年度京都セッション, 2014年10月
      • 森里海連環学:木文化プロジェクト
        吉岡崇仁
        生物地球化学研究会2014年度京都セッション, 2014年10月
      • シカによる森林下層植生の衰退が降雨出水時の窒素流出に与える影響
        福島慶太郎; 橋本智之; 境優; 西岡裕平; 長谷川敦史; 徳地直子; 吉岡崇仁
        日本生態学会第61回全国大会, 2014年03月
      • 伐採枝条が間伐後の土壌の窒素動態に与える影響
        鈴木伸弥; 福島慶太郎; 吉岡崇仁
        日本生態学会第61回全国大会, 2014年03月
      • 森林小集水域における溶存有機態炭素および硝酸の空間分布
        山本知実; 福島慶太郎; 吉岡崇仁
        日本森林学会第125回大会, 2014年03月
      • 間伐区と未間伐区における水生昆虫の分布の差異
        田宮優大; 徳地直子; 境優; 福島慶太郎; 吉岡崇仁
        日本森林学会第125回大会, 2014年03月
      • 異なるシカの採食圧下における植物の季節性・種多様性が土壌溶液中の硝酸態窒素濃度に及ぼす影響
        立岩沙知子; 福島慶太郎; 高柳 敦; 吉岡崇仁
        日本森林学会第125回大会, 2014年03月
      • 森林施業における種々の作業過程が渓流水質に与える影響
        福島慶太郎; 福澤加里部; 向昌宏; 鈴木伸弥; 日高渉; 松山周平; 八木弥生; 西岡裕平; 長谷川敦史; 林大輔; 長谷川尚史; 徳地直子; 吉岡崇仁
        日本森林学会第125回大会, 2014年03月
      • 間伐が土壌中のアンモニア酸化細菌に及ぼす影響
        松山周平; 河村耕史; 鈴木伸弥; 福島慶太郎; 舘野隆之輔; 境慎二朗; 平井岳志; 向昌宏; 吉岡崇仁
        日本森林学会第125回大会, 2014年03月
      • 人と自然のつながり−森里海連環学−
        吉岡崇仁
        豊田市矢作川研究所セミナー, 2013年02月28日
      • 冷温帯スギ人工林の間伐林・未間伐林における土壌細菌群集の比較
        松山 周平; 福島 慶太郎; 河村 耕史; 鈴木 伸弥; 境 慎二朗; 平井 岳志; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2013年
      • 森林資源に対する住民意識:由良川流域および仁淀川流域をケーススタディとして
        大川 智船; 柴田 昌三; 佐藤 真行; 野瀬 光弘; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2013年
      • 由良川流域における土地利用形態が水質に与える影響:鉄と硝酸態窒素からの考察
        日高 渉; 福島 慶太郎; 向 昌宏; 西岡 裕平; 福崎 康司; 大槻 あずさ; 鈴木 伸弥; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2013年
      • 流域環境における人間・自然相互作用系の研究
        吉岡崇仁
        シニア自然大学校 研究部共通講座, 2012年07月06日
      • 乾燥方法の違いによるスギ心持ち正角の視覚的差異
        上田茉由; 北守顕久; 吉岡崇仁; 小松幸平
        第61回日本木材学会, 2011年03月18日
      • 河川上流域のダム湖における水質変化
        福島 慶太郎; 吉岡 崇仁; 上野 正博; 徳地 直子; 福﨑 康司; 大槻 あずさ
        日本陸水学会第75回大会(弘前大会), 2010年09月18日
      • 由良川流域における溶存鉄の分布と動態
        福﨑 康司; 河本 晴恵; 大槻 あずさ; 吉岡 崇仁; 徳地 直子; 福島 慶太郎; 向 昌宏; 堤 直人; 相本 道宏
        日本陸水学会第75回大会(弘前大会), 2010年09月18日
      • PARAFACを使用した琵琶湖溶存有機物の三次元励起蛍光スペクトルの解析
        小島 礼慈; 杉山 裕子; 早川 和秀; 和田 千弦; 西本 鷹耶; 石川 可奈子; 丸尾 雅啓; 神澤 真一; 奥村 亮二; 藤原 学; 吉岡 崇仁; 熊谷 哲
        日本陸水学会第75回大会(弘前大会), 2010年09月18日
      • 二つの森林流域における渓流内での栄養塩の取り込み
        谷尾 陽一; 大手 信人; 藤本 将光; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会第74回大会, 2010年09月16日
      • 由良川流下過程に伴う溶存有機物および溶存鉄の濃度変化
        福島 慶太郎; 大槻 あずさ; 河本 晴恵; 吉岡 崇仁; 徳地 直子; 今西 亜友美; 向 昌宏; 谷尾 陽一; 白澤 紘明
        日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年05月26日
      • 由良川流域における溶存物質の動態について-森里海連環学ことはじめ-
        吉岡崇仁; 徳地直子; 福島慶太郎; 今西亜友美; 向昌宏; 大槻あずさ; 河本晴恵; 谷尾陽一
        日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年05月
      • 日本全国の渓流水酸素・水素安定同位体比分布とその決定要因
        勝山正則; 吉岡崇仁; 木平英一; 若松孝志; 新藤純子
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2010年04月02日
      • 流域環境の多様な属性に対する住民の選好評価のためのシナリオアンケート手法の開発:北海道朱鞠内湖集水域をフィールドに
        永田 素彦; 吉岡 崇仁; 大川 智船
        実験社会心理学研究, 2010年
      • 流域環境の質と環境意識の関係解明:概念的・方法論的アプローチ
        吉岡崇仁
        日本学術会議公開シンポジウム「陸域生態系変動と土地利用変化の統合研究を目指して」, 2009年10月03日
      • 森林施業に伴う撹乱の強度と空間配置が渓流水質に与える影響:PnETモデルを用いた検討
        福島 慶太郎; 福澤 加里部; 徳地 直子; 勝山 正則; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会第74回大会, 2009年09月16日
      • 森林流域における既存の生物地球化学モデルの適用と水文構造の改良
        勝山 正則; 柴田 英昭; 福島 慶太郎; 吉岡 崇仁; 大手 信人
        日本地球惑星科学連合大会2009, 2009年09月16日
      • 山地河川内における硝酸およびリン酸の動態
        谷尾 陽一; 大手 信人; 藤本 将充; 吉岡 崇仁
        日本腐植物質学会誌, 7:5-14, 2009年05月21日
      • [要修正] 琵琶湖集水域における溶存有機物の動態研究
        吉岡 崇仁
        日本陸水学会東海支部会談話会, 2009年05月
      • 森林小流域の河道特性 渓流内のTransient Storage (一時貯留)
        谷尾 陽一; 福島 慶太郎; 谷 誠; 和田 孝志; 吉岡 崇仁
        第120回日本森林学会大会, 2009年03月27日
      • [要修正] 仁淀川流域における河川水質の集水域間の変動と流下過程での変化 炭素・窒素を中心に
        福澤 加里部; 徳地 直子; 新井 宏受; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁
        第120回日本森林学会大会, 2009年03月
      • 仁淀川流域における河川水質の集水域間の変動と流下過程での変化:炭素・窒素を中心に
        福澤 加里部; 徳地 直子; 新井 宏受; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁
        日本森林学会大会発表データベース, 2009年
      • 誰が、何を環境問題として認識しているのか —身近な環境問題に関する自由回答データの分析—
        松川 太一; 吉岡 崇仁; 松村 綾子
        第81回 日本社会学会大会, 2008年11月24日
      • 北海道朱鞠内湖の底泥表面および水層中のケイ藻密度
        高野 敬志; 日野 修次; 五十嵐 聖貴; 吉岡 崇仁; 関野 樹
        日本陸水学会第73回大会, 2008年10月13日
      • 次世代に向けた森林の利用に関する意識調査 -人々にとっての「身近な森林」-
        林 直樹; 吉岡 崇仁
        環境科学会 2008年会, 2008年09月18日
      • アジアモンスーン地域における渓流水質予測モデルの適用と水文学的改良
        勝山 正則; 大手 信人; 福島 慶太郎; 柴田 英昭; 吉岡 崇仁
        日本水文水資源学会, 2008年08月27日
      • 制御理論を応用したESDの方法論と実践例
        藤平 和俊; 大須 賀公一; 吉岡 崇仁; 林 直樹
        第19回日本環境教育学会, 2008年08月02日
      • 仁淀川における流下過程での溶存・浮遊物質濃度と炭素・窒素安定同位体比の変化
        福澤 加里部; 新井 宏受; 徳地 直子; 鎌内 宏光; 福島 慶太郎; 吉岡 崇仁; 柴田 昌三; 山下 洋
        日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年05月
      • 仁淀川流域における地形および土地利用が河川水質に及ぼす影響
        福澤 加里部; 徳地 直子; 鎌内 宏光; 長谷川 尚史; 吉岡 崇仁; 柴田 昌三; 山下 洋
        日本生態学会第55回大会, 2008年03月17日
      • 伐採を含む森林利用評価と森林への関心
        前川英城; 吉岡崇仁; 松川太一
        環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム, 2008年
      • 森林伐採によって引き起こされる流域の環境変化に関する選択型実験
        吉岡崇仁; 松川太一; 栗山浩一; 勝山正則
        環境科学会年会一般講演・シンポジウム・プログラム, 2008年
      • 流域に関する関心事調査 −環境への関心と保全行動への意向−
        林 直樹; 吉岡 崇仁; 齋藤 晋
        環境科学会2007年会,p.74-75, 2007年09月10日
      • 身近な環境問題に関する自由回答から見た流域の特徴
        松村 綾子; 林 直樹; 松川 太一; 吉岡 崇仁
        環境科学会2007年会, p.78-79, 2007年09月10日
      • 森林伐採計画案に対する評価とその規定要因
        松川 太一; 吉岡 崇仁; 林 直樹; 永田 素彦
        環境科学会2007年会, p.76-77, 2007年09月10日
      • 人間−自然相互作用から見た資源利用
        吉岡 崇仁
        エコマテリアル・フォーラムシンポジウム, 2007年06月28日
      • 流域環境の価値評価に関する基礎的研究(2)
        永田 素彦; 吉岡 崇仁
        日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会, 2007年06月17日
      • 森林流域における水文地形構造と河川溶存成分の関係
        柴田 英昭; 徐 小牛; 小川 安紀子; 吉岡 崇仁
        第118回日本森林学会大会, p.702, 2007年04月
      • 流域環境の質と人々の環境意識の関係を明らかにする試み
        舘野 隆之輔; 吉岡 崇仁
        森林科学 : 日本林学会会報, 2006年06月01日
      • 朱鞠内湖の水中微生物量の変動
        石川 靖; 五十嵐 聖貴; 高野 敬志; 三上 英敏; 日野 修次; 大平 啓朗; 柴田 英昭; 吉岡 崇仁
        日本陸水学会 講演要旨集, 2005年
      • Connectivity of Hills, Humans and Oceans: Challenge to Improvement of Watershed and Coastal Environments
        N. Shimizu; R. Tateno; A. Kasai; H. Mukai; Y. Yamashita, 共著, Ecosystem services and multifunctioning of the sato & The connectivity of hills, humans, and oceans in the sato
        Kyoto University Press, 2014年, 査読無し
      • Photobiogeochemistry of Organic Matter: Principles and practices in water environments
        K. M; G. Mostofa; T. Yoshioka; M. A. Mottaleb; D. Vione, 共著
        2013年, 査読無し
      • 「3-3. 琵琶湖集水域」、『森と海をむすぶ川』
        吉岡崇仁; フィールド科学教育研究センター編
        向井宏監修、京都大学学術出版会、p.98-111, 2012年, 査読無し
      • 川と湖を見る・知る・探る: 陸水学入門
        村上 哲生; 森 和紀; 吉岡 崇仁; 花里 孝幸; 小倉 紀雄; 日本陸水学会, 共著
        地人書館, 2011年09月30日, 査読無し
      • 『北海道の森林』
        北方森林学会; 久米篤; 小池孝良; 笹賀一郎; 八巻一成; 中田圭亮; 芝野博文; 生方正俊; 吉岡崇仁編, 編者(編著者)
        北海道新聞社、札幌、pp.319., 2011年, 査読無し
      • 環境アセスメント
        吉岡 崇仁
        地球環境学事典, 弘文堂, p.526-527, 2010年, 査読無し
      • 木文化由良川プロジェクトの全体構想と2009年度の進捗状況
        吉岡 崇仁
        概算要求事業「森里海連環学による地域循環木文化社会創出事業(木文化プロジェクト)」2009年度報告書, p.3-9, 2010年, 査読無し
      • 由良川流域における人工林施業が山地渓流水質に与える影響
        福島 慶太郎; 吉岡 崇仁; 徳地 直子; 向 昌宏
        概算要求事業「森里海連環学による地域循環木文化社会創出事業(木文化プロジェクト)」2009年度報告書, p.33-37, 2010年, 査読無し
      • 森林流域環境と人間社会のつながりの理解にむけて
        勝山 正則; 舘野 隆之輔; 吉岡 崇仁
        森林科学, 58, p.25-26, 2010年, 査読無し
      • Fish scales as a record of atmospheric change.
        Ogawa,N. O; Wada,E; Smirnova-Zalumi,N. S; Melnik,N. G; Bondarenko,N. A; Shimaraev,M. N; Smirnov,V. V; Yoshioka,T
        Earth, Life, and Isotopes, Kyoto University Press, p.263-270, 2010年, 査読無し
      • 溶存有機物と溶存鉄の分布
        河本 晴恵; 大槻 あずさ; 吉岡 崇仁; 徳地 直子; 向 昌宏; 福島 慶太郎; 今西 亜友美; 谷尾 陽一; 白澤 紘明; 堤 直人; 相本 道宏
        概算要求事業「森里海連環学による地域循環木文化社会創出事業(木文化プロジェクト)」2009年度報告書, p.17-32, 2010年, 査読無し
      • シカをまもること 植生を守ること
        吉岡 崇仁
        第5回時計台対話集会講演録森里海のつながりを生物多様性から考える, p.34-39, 2009年, 査読無し
      • 持続可能な発展と環境評価
        吉岡 崇仁
        中国の水環境問題 開発のもたらす水不足, 勉誠出版, p.185-207, 2009年, 査読無し
      • Dissolved organic matter in the aquatic environment
        Mostofa,K.M.G; Wu,F; Yoshioka,T; Sakugawa,H; Tanoue,E
        Natural Organic Matter and Its Significance in the Environment, p.3-65., 2009年, 査読無し
      • フィールド科学と環境教育
        吉岡 崇仁
        GISで学ぶ日本のヒト・自然系, 弘文堂, p.122, 2009年, 査読無し
      • 環境意識調査法 : 環境シナリオと人びとの選好
        総合地球環境学研究所; 吉岡 崇仁; 鄭 躍軍; 松川 太一; 栗山 浩一; 前川 英城; 勝山 正則; 舘野 隆之輔; 永田 素彦; 大川 智船
        勁草書房, 2009年, 査読無し
      • 森林流域環境を対象とした自然科学・人文社会科学研究
        吉岡 崇仁
        第3回「アジアにおける分野横断型の地域・環境情報ネットワーク構築による研究推進事業」(仮称)研究会報告書、大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所研究推進戦略センター編、p.15, p.62-67, 2008年, 査読無し
      • 環境についての関心事調査
        総合地球環境学研究所; 研究プロジェクト; 流域環境の質と環境意識の関係解明
        総合地球環境学研究所, 220pp. (ISBN 978-4-902325-25-6), 2008年, 査読無し
      • 次世代に向けた森林の利用に関する意識調査
        総合地球環境学研究所; 研究プロジェクト; 流域環境の質と環境意識の関係解明
        総合地球環境学研究所, 120pp.(ISBN 978-4-902325-27-0), 2008年, 査読無し
      • Terrestrial ecosystems in Monsoon Asia: Scaling up from shoot module to watershed. In J. G. Canadell, D. E. Pataki and L. F. Pitelka (eds.), “Terrestrial Ecosystems in a Changing World”
        T. Kohyama; J. Urabe; K. Hikosaka; H. Shibata; T. Yoshioka; E. Konohira; J. Murase; E. Wada
        Springer-Verlag, Berlin Heidelberg, p.285-296., 2007年, 査読無し
      • 第7章 森と水、人と自然
        吉岡 崇仁
        森里海連環学、京都大学フィールド科学教育研究センター編、山下洋監修、京都大学学術出版会, 2007年, 査読無し
      • 集水域の生物地球化学シミュレーションモデルの構築
        勝山 正則; 吉岡 崇仁; 総合地球環境学研究所流域環境の質と環境意識の関係解明; 土地; 水資源利用に伴う環境変化を契機として
        総合地球環境学研究所, 2006年, 査読無し
      • 生物地球化学
        南川 雅男; 吉岡 崇仁
        培風館, 2006年, 査読無し
      • 化学・同位体組成及び光学特性による溶存有機物のキャラクタリゼーション
        吉岡 崇仁
        [出版者不明], 2000年, 査読無し
      • 不均一系微小粒子の生物活性測定システムの開発
        吉岡 崇仁
        [出版者不明], 1997年, 査読無し
      • 水圏の炭素・窒素循環の駆動に果たす微生物食物連鎖の役割
        吉岡 崇仁
        [出版者不明], 1995年, 査読無し
      • 物質循環における微生物の役割
        日本微生物生態学会
        学会出版センター, 1994年, 査読無し
      • 木崎湖夏季成層期深水層における硝化作用の発現機構
        吉岡 崇仁
        [出版者不明], 1985年, 査読無し

      Works(作品等)

      • バイカル湖集水域における炭素循環の研究
        自 1997年, 至 2002年
      • Study on carbon cycling in Lake Baikal and its watershed
        自 1997年, 至 2002年
      • 貧栄養湖・腐植栄養湖における物質循環の研究
        自 1994年, 至 2002年
      • Studies on material cycle in Oligotrophic and dystrophic lakes
        自 1994年, 至 2002年
      • 環境質と環境意識の関係解明
        自 2001年
      • Relationship between environmental qualities and human's environmental consciousness
        自 2001年
      • 溶存有機物の動態
        自 1998年, 至 2000年
      • Dynamics of dissolved organic matter
        自 1998年, 至 2000年
      • 陸域生態系の地球環境変化に対する応答の研究
        自 1997年, 至 2000年
      • Response of terrestrial watershed ecosystems to global Change
        自 1997年, 至 2000年
      • 陸域生態系の地球環境変化に対する応答
        自 1997年
      • Response of terrestrial ecosystem to global environmental change
        自 1997年
      • 不均一系微小粒子の生物活性測定システムの開発
        自 1994年, 至 1996年
      • バイカル湖の一次生産と食物連鎖の構造解析
        自 1994年, 至 1996年
      • Assembling a system for measuring biological activity of micro-level particle in heterogeneous system
        自 1994年, 至 1996年
      • Structure analysis on primary production and food web in Lake Baikal
        自 1994年, 至 1996年
      • 熱帯湿地林における物質循環の研究
        自 1994年
      • Study on material cycle in tropical swamp forest
        自 1994年
      • 13C、 15Nトレーサーの高精度・迅速微量分析システムの確立
        自 1992年, 至 1993年
      • Establishment of precise, rapid and micro-analyzeng system for 13C and15N tracer experiment.
        自 1992年, 至 1993年
      • 動物プランクトンの個体群動態と生化学組成
        自 1993年
      • 木崎湖における一次生産の生態生理学的研究
        自 1993年
      • 安定同位体によるバイカル湖生態系の解析
        自 1993年
      • 熱帯湿地林における温室効果ガスの動態
        自 1993年
      • Relation between population dynamics and biochemical composition of Zooplankton
        自 1993年
      • Ecophysiological study on primary production in Lake Kizaki
        自 1993年
      • Staple isotope analysis of Lake Baikal ecosystem
        自 1993年
      • Dynamics of green-house effect gases in tropical swamp forest
        自 1993年
      • 熱帯湿地林における温室効果ガスの動態
        自 1991年, 至 1992年
      • Dynamics of green-house effect gases in tropical swamp forest
        自 1991年, 至 1992年
      • プランクトンの生化学成分分析による生態生理学的研究
        自 1990年, 至 1992年
      • Ecopiysiological study on plankton with biochemical analysis
        自 1990年, 至 1992年
      • 木崎湖における生態学的調査
        自 1988年, 至 1992年
      • Ecological survey in Lake Kizaki
        自 1988年, 至 1992年
      • 硝化脱窒細菌の分離とその排水処理への利用に関する基礎的研究
        自 1991年
      • Isolation of nitrifying-denitrifying bacteia and basic study on its application to waste waten treatment.
        自 1991年

      受賞

      • 2000年03月
        滋賀県, 第9回生態学琵琶湖賞
      • 1999年10月12日
        滋賀県, 第9回生態学琵琶湖賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 森林集水域における溶存有機物と硝酸塩の濃度形成メカニズムに関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        吉岡 崇仁
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        森林集水域;渓流水質;溶存有機物;硝酸塩;土壌理化学特性;土壌微生物群集;遺伝子解析;土壌;炭素循環;窒素循環
      • 森里海の連環を基盤とした食料生産機構の解明と地域振興策の検討
        基盤研究(B)
        京都大学
        山下 洋
        自 2014年07月18日, 至 2017年03月31日, 完了
        森里海連環;世界農業遺産;栄養塩;生物多様性;生物生産力;食物網;石倉漁;ニホンウナギ;クヌギ林;ため池群;森里海連環学;魚類生産;地域振興;河口
      • 森林植生に対するシカ食害の影響評価と森林管理
        基盤研究(B)
        京都大学
        吉岡 崇仁
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        シカ食害;餌選択;天然生林;草本群落;人工林;生物多様性;窒素循環;草本生態系;窒素代謝;植生;間伐施業
      • シカ食害を排除しても森林生態系の窒素吸収能が回復しないのはなぜか?
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        吉岡 崇仁
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        シカ食害;植生;窒素栄養塩;多様性;窒素代謝;植物多様性;森林管理;森林土壌;窒素循環;森林植生
      • 森林土壌‐渓流系における溶存有機物の動態に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        吉岡 崇仁
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        生物地球化学;物質循環;溶存有機物;蛍光特性;森林土壌;水質;森林流域生態系;渓流;溶存有機体炭素;三次元蛍光;腐植物質;錯体;溶存鉄;溶存有機態炭素
      • 地球環境問題への国際協調可能性の総合研究-環境意識研究方法論の構築-
        基盤研究(B)
        総合地球環境学研究所
        鄭 躍軍
        自 2004年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        環境意識;地球環境問題;国際比較調査;異文化比較;社会調査;データサイエンス;東アジア;環境協調;データ・サイエンス;尺度構成, Environmental consciousness;Global Environmental Issues;Cross-national comparative survey;Cross-cultural comparison;Social research;Data science;East Asia;Environmental harmony
      • 渓流水質形成メカニズムのモデル化による森林の環境影響評価法の構築
        基盤研究(B)
        総合地球環境学研究所
        吉岡 崇仁
        自 2003年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        森林生態系;渓流水質;シミュレーションモデル;集水域;輪伐;大気窒素負荷;輪伐林;硝酸塩イオン;伐採の長期影響評価, Forest ecosystem;Stream water quality;Simulation model;Watershed;Cyclic logging;Atmospheric nitrogen deposition
      • 陸域生態系の地球環境変化に対する応答の成果とりまとめ
        特定領域研究
        生物系
        総合地球環境学研究所;京都大学
        和田 英太郎
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        陸域生態系;水系;大気二酸化炭素;IGBP-GCTE;TEMA;苫小牧水系;琵琶湖水系;炭素のシンク;大気中の二酸化炭素;炭素サイクル;森林;土壌;渓流水;湖;窒素サイクル;大気中の炭酸ガス;地球環境変化;応答;苫小牧;琵琶湖-淀川
      • 森林・湿原・酪農草地が陸上-湖沼生態系の溶存物質動態に及ぼす影響
        基盤研究(B)
        北海道大学
        柴田 英昭
        自 2001年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        生物地球化学;河川水質;森林流域;GIS;湖沼生態系;物質循環;北海道;農業影響;水質;準水域;溶存成分動態;窒素循環;土地利用変化;集水域, Biogeochemistry;forest basin;pasture land;wet land;nutrient cycling;Hokkaido;GIS analysis
      • モンゴル-セレンゲ河-バイカル湖水系の陸域生態系の地球環境変化に対する応答
        基盤研究(B)
        総合地球環境学研究所;京都大学
        和田 英太郎
        自 2000年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        セレンゲ河;バイカル湖;安定同位体;モンゴル草原;同位体生態学;食物網;栄養塩循環;Isotopicaly orderd world;Isotopically ordered world;生活排水;富栄養化;人口密度;炭素・窒素安定同位体化;溶存有機物;分子内同位体分布;生物多様性;植物網;モンゴル;遊牧;トゥール河;δ^<15>N;δ^<13>C;水系;蛍光, Serenge River;Lake Baikal;Stable isotope;Mongol grassland;Isotope ecology;Food web;Nutrient cycle;Isotopically ordered world
      • 水中の光環境と溶存有機物の光化学分解に関する基礎研究
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        大田 啓一
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        水中光化学;腐植物質;汚染有機物;照射実験;光化学分解;河川水;溶存有機物;リグニンフェノール, photochemistry in water;humic substances;organic pollutants;irradiation experiments
      • 陸水系における物質循環からみた陸域生態系の応答
        特定領域研究(B)
        生物系
        名古屋大学
        田上 英一郎;吉岡 崇仁
        自 1999年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        溶存有機物;硝酸態窒素;Al;吸着;森林生態系;琵琶湖集水域;元素組成;三次元蛍光;陸水生態系
      • 化学・同位体組成及び光学特性による溶存有機物のキャラクタリゼーション
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        吉岡 崇仁
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        溶存有機物;三次元蛍光;溶存有機炭素;外来性有機物;自生有機物;炭素同位体比;タンパク質;腐植物質;自生性有機物, dissolved organic matter;three dimensional fluorescence property;dissolved organic carbon;allochthonous organic matter;autochthonous organic matter;stable carbon isotope ratio
      • 陸域生態系の地球環境変化に対する応答
        基盤研究(A)
        京都大学
        和田 英太郎
        自 1997年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        シベリヤのタイガ;バイカル湖;フブスグル湖;熱帯湿地林;水循環;N_2O;δ^<18>O;δ^<13>C & δ^<15>N;ヤクーツク;タイ熱帯湿地林;植生;食物網;東アジア;地球温暖化;炭素循環;森林生態;陸水学;ガスフラックス;バイカル;熱帯林, Siberian Taiga;Lake Baikal;Lake Hovsgol;Tropical swamp forest;water circulation;NィイD22ィエD2O;δィイD113ィエD1C;δィイD118ィエD1O
      • 一酸化二窒素とメタンの地球化学的循環の高感度同位体測定による解析
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        吉田 尚弘
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        一酸化二窒素;メタン;窒素同位体比;酸素同位体比;水素同位体比;炭素同位体比;海洋;大気;湖沼, Nitrous oxide;Methane;Nitrogen isotope ratio;Oxygen isotope ratio;Carbon isotope ratio;Hydrogen isotope ratio;Ocean;Atmoshere
      • 不均一系微小粒子の生物活性測定システムの開発
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        吉岡 崇仁
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        不均一系;トレーサー実験;YAGレーザー;炭素安定同位体;質量分析;微小粒子;赤外線顕微鏡;赤外顕微鏡, Heterogeneous system;Tracer experiment;YAG laser;Carbon stable Isotope;Mass spectrometer
      • バイカル湖・集水域生態系における生物・化学過程と物理輸送
        総合研究(B)
        信州大学
        沖野 外輝夫
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        国際学術研究;バイカル湖;集水域・湖沼生態系;物質循環;物質輸送
      • 水圏の炭素・窒素循環の駆動にはたす微生物植物連鎖の役割
        一般研究(B)
        名古屋大学
        吉岡 崇仁;坂本 充
        自 1993年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        水圏;微生物食物連鎖;炭素・窒素循環;ピコ植物プランクトン;細菌;溶存態有機物;栄養塩回帰;安定同位体比;炭素窒素循環;鞭毛虫類;窒素回帰速度, HYDEOSPHER;MICROBIAL LOOP;C,N CYCLES;PICOPLANKTON;BACTERIA;DOM;REGENERATION;STABLE ISOTOPE
      • ^<13>C・^<15>Nトレーサーの高精度・迅速・微量分析システムの確立
        試験研究(B)
        京都大学
        和田 英太郎
        自 1992年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        ガスクロマトグラフ・質量分析計;炭素同位体比;窒素同位体比;気泡メタン;全炭酸;^<13>C・^<15>Nトレーサー;微小生物の分離分取;安定同位体自然存在比;炭素・窒素安定同位体のトレーサー;質量分析法;GC;C;IRMS;気泡メタンの同位体比;全炭酸の同位体比;^<13>C, ^<15>Nトレーサー;高精度質量分析;迅速分析;ヘリウムフロースルー法;微小水界生物;琵琶湖;木崎湖;諏訪湖, Gaschromatograph-Isotope Ratio Mass Spectrometer;Carbon isotope ratio;Nitrogen isotope ratio;Bubble methane;Total inorganic carbon;^<13>C・^<15>N tracer;Fractionation of microorganisms;Natural abundances carbon and nitrogen isotopes
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          研究林実習III
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          研究林実習IV
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          北海道東部の人と自然
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森里海連環学実習C
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          環境の評価(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          環境の評価(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林情報学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林情報学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林基礎科学I
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森里海連環学-森・川・海と人のつながり-
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物圏の科学ー生命・食糧・環境ー
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          北海道東部の人と自然
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林基礎科学I
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森里海連環学実習C
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森里海連環学-森・川・海と人のつながり-
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          環境の評価(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物圏の科学ー生命・食糧・環境ー
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          研究林実習III
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          研究林実習IV
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林基礎科学I
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林情報学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林情報学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物圏の科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森里海連環学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境の評価
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林基礎科学I
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林情報学特論 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林情報学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林情報学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物圏の科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森里海連環学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境の評価
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          京都の文化を支える森林
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別森林実習I
          前期集中, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          京都の文化を支える森林
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林基礎科学I
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林情報学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林情報学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森里海連環学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境の評価
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物圏の科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林情報学特論 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森里海連環学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森里海連環学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林情報学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森里海連環学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森里海連環学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林情報学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林情報学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林情報学特論 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森里海連環学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森里海連環学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林情報学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林情報学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森里海連環学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森里海連環学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森里海連環学実習II
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:京都の文化を支える森林-地域の智恵と生 …
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:環境の評価
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林情報学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林情報学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林情報学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林情報学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林情報学特論 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林環境学
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森里海連環学II:森林学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森里海連環学I:森・里・海と人のつながり
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森里海連環学実習II:北海道東部の森と里と海のつながり
          前期集中, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/09/30

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            ジュニアキャンパス実施検討会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            ジュニアキャンパス実施検討会
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            評議員
          • 自 2014年02月05日, 至 2015年03月31日
            吉田寮整備委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            フィールド科学教育研究センター
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            広報委員会 紅萠編集専門部会
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            フィールド科学教育研究センター
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            部局長会議
          • 自 2013年04月01日, 至 2013年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2013年07月01日, 至 2014年03月31日
            総合技術部委員会教室系技術職員 評価体制等検討小委員会 委員
          • 自 2013年10月01日, 至 2014年03月31日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2014年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            総合技術部委員会教室系技術職員 評価体制等検討小委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2015年03月31日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            環境安全保健委員会 9号委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2015年04月01日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            総合技術部委員会教室系技術職員 評価体制等検討小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            部局長会議
          • 自 2013年07月01日, 至 2017年03月31日
            総合技術部委員会教室系技術職員 評価体制等検討小委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            図書館協議会オープンアクセス特別委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            図書館協議会オープンアクセス特別委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            上賀茂試験地長
          • 自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日
            将来構想検討委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            教育研究評価委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            施設・設備整備委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            人権問題対策検討委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            放射線傷害防止委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2021年03月31日
            海域ステーション舞鶴水産実験所共同利用運営委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2021年03月31日
            海域ステーション瀬戸臨海実験所共同利用運営委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            森里海連環学教育ユニット事業協議員会 委員
          • 自 2015年06月01日, 至 2021年03月31日
            芦生研究林・北海道研究林・上賀茂試験地共同利用運営委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2022年03月31日
            農学研究科防火・防災委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年03月31日
            教育研究組織改革検討WG
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/09/30

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 1991年, 至 1999年
              国際部部長, 日本BICER協議会
            • 自 1992年, 至 1995年
              英文誌編集委員長, 日本陸水学会

            ページ上部へ戻る