教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

入江 一浩

イリエ カズヒロ

農学研究科 食品生物科学専攻食品生命科学講座 教授

入江 一浩
list
    Last Updated :2022/08/08

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      irie.kazuhiro.2zkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本ペプチド学会
    • 日本癌学会
    • 日本化学会
    • 日本農芸化学会
    • アメリカ化学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部食品工学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      自由学園高等科(東京都東久留米市)

    経歴

    • 自 2007年07月
      京都大学 教授(農学研究科食品生物科学専攻)
    • 自 2001年04月, 至 2007年06月
      京都大学 助教授(農学研究科食品生物科学専攻)
    • 自 1999年04月, 至 2001年03月
      京都大学 助教授(農学研究科応用生命科学専攻)
    • 自 1998年04月, 至 1999年03月
      京都大学 助手(農学研究科応用生命科学専攻)
    • 自 1984年04月, 至 1997年03月
      京都大学 助手(農学部食品工学科)
    • 自 1992年04月, 至 1993年03月
      米国スタンフォード大学化学科客員研究員(Paul A. Wender教授)

    プロフィール

    • プロフィール

      1982年京都大学農学部食品工学科卒業、1984年同大学大学院農学研究科修士課程修了、同年京都大学農学部助手、1988年農学博士、1999年京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻助教授、2007年同大学院同研究科食品生物科学専攻教授、現在に至る.この間、1992年4月から1年間、米国スタンフォード大学化学科客員研究員(Paul A. Wender教授) 趣味:化石および鉱物の収集、ランの栽培

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/08

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1.プロテインキナーゼCのC1ホモロジードメインの化学合成と立体構造解析
        2.天然発がん促進物質の構造活性相関とプロテインキナーゼCアイソザイム選択的な薬剤の開発
        3.アルツハイマー病因ペプチドの凝集機構の解明と凝集阻害剤の開発
        4.インドール環4位への窒素原子導入酵素の触媒機構の解析と応用
        5.ブリオスタチンのプロテインキナーゼC活性化機構に基づいた新規抗がん剤の開発
        6.アミロイドβの毒性オリゴマー特異抗体による超早期のアルツハイマー病診断
      • 研究概要

         アルツハイマー病因物質であるアミロイドβペプチド凝集体の立体構造を、核磁気ならびに電子スピン共鳴法を用いて明らかにし、その構造に基づき、 本ペプチドの凝集を抑制する抗体および低分子化合物の開発を行なっている。低分子化合物としては、特に食品に含まれるポリフェノールを対象としている。
         海洋動物フサコケムシに含まれるブリオスタチン1は、副作用の少ない抗がん剤であるが、十分量供給できない。そこで、合成が容易な等価体を開発し、その作用機構の解明と抗がん剤としての最適化を目指している。

      研究キーワード

      • ペプチド化学
      • アルツハイマー
      • 発がん
      • 天然物化学
      • 生物有機化学
      • peptide chemistry
      • Alzheimer's disease
      • carcinogenesis
      • natural product chemistry
      • bio-organic chemistry

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生物有機化学, 天然物化学
      • ナノテク・材料, 生物分子化学, ケミカルバイオロジー

      論文

      • Synthesis and Characterization of Propeller- and Parallel-Type Full-Length Amyloid β40 Trimer Models
        Ayumi Uchino; Yumi Irie; Chihiro Tsukano; Taiji Kawase; Kenji Hirose; Yusuke Kageyama; Ikuo Tooyama; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        ACS Chemical Neuroscience, in press, 2022年08月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structural basis of the 24B3 antibody against the toxic conformer of amyloid β with a turn at positions 22 and 23
        Yumi Irie; Yuka Matsushima; Akiko Kita; Kunio Miki; Tatsuya Segawa; Masahiro Maeda; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2022年07月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Design, synthesis, and biological activity of a synthetically accessible analog of aplysiatoxin with an (R)-(−)-carvone-based conformation-controlling unit
        Yoshiyuki Suzuki; Keiichi Moritoki; Mizuki Kajiwara; Ryo C Yanagita; Yasuhiro Kawanami; Yusuke Hanaki; Kazuhiro Irie
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2022年06月, 査読有り, 最終著者
      • AI and computational chemistry-accelerated development of an alotaketal analogue with conventional PKC selectivity
        Jumpei Maki; Asami Oshimura; Chihiro Tsukano; Ryo C. Yanagita; Yutaka Saito; Yasubumi Sakakibara; Kazuhiro Irie
        Chemical Communications, 2022年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Analysis of binding mode of vibsanin A with protein kinase C C1 domains: An experimental and molecular dynamics simulation study
        Ryo C. Yanagita; Mao Otani; Satoshi Hatanaka; Hiroto Nishi; Shota Miyake; Yusuke Hanaki; Masashi Sato; Yasuhiro Kawanami; Kazuhiro Irie
        Journal of Molecular Structure, 2022年03月, 査読有り, 最終著者
      • Structure optimization of the toxic conformation model of amyloid β42 by intramolecular disulfide bond formation
        Yuka Matsushima; Yumi Irie; Yusuke Kageyama; Jean-Pierre Bellier; Ikuo Tooyama; Takahito Maki; Toshiaki Kume; Ryo C Yanagita; Kazuhiro Irie
        ChemBioChem, 2022年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Activity-differential search for amyloid-β aggregation inhibitors using LC-MS combined with principal component analysis
        Mizuho Hanaki; Kazuma Murakami; Hiroki Gunji; Kazuhiro Irie
        Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2022年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic Biology-Based Discovery of Diterpenoid Pyrones from the Genome of Eupenicillium shearii
        Yohei Morishita; Kento Tsukada; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Teigo Asai
        Journal of Natural Products, 2022年01月, 査読有り
      • The Novel PKC Activator 10-Methyl-Aplog-1 Combined with JQ1 Induced Strong and Synergistic HIV Reactivation with Tolerable Global T Cell Activation
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Masayuki Kikumori; Yinpui Tang; Weikeat Tan; Nadita P. Wardani; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        Viruses, 2021年10月, 査読有り
      • Asymmetric Total Synthesis of Shagenes A and B
        Chihiro Tsukano; Ryotaro Yagita; Takayoshi Heike; Tagwa A. Mohammed; Kazuya Nishibayashi; Kazuhiro Irie; Yoshiji Takemoto
        Angewandte Chemie International Edition, 2021年08月23日, 査読有り
      • Searching for Natural Products That Delay Nucleation Phase and Promote Elongation Phase of Amyloid β42 toward Alzheimer’s Disease Therapeutics
        Kazuma Murakami; Shiori Horii; Mizuho Hanaki; Kazuhiro Irie
        ACS Chemical Neuroscience, 2021年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Characterization of a Conformation-Restricted Amyloid β Peptide and Immunoreactivity of Its Antibody in Human AD brain
        Yusuke Kageyama; Yumi Irie; Yuka Matsushima; Tatsuya Segawa; Jean-Pierre Bellier; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Daita Kaneda; Yoshio Hashizume; Hiroyasu Akatsu; Kunio Miki; Akiko Kita; Douglas G. Walker; Kazuhiro Irie; Ikuo Tooyama
        ACS Chemical Neuroscience, 2021年08月, 査読有り
      • 毒性配座アミロイドβに着目した新規アルツハイマー病モデルマウスの開発
        泉尾直孝、清水孝彦、村上一馬、入江一浩
        薬学雑誌, 2021年06月01日, 最終著者
      • Two Types of PPARγ Ligands Identified in the Extract of Artemisia campestris
        Tokio Hasegawa; Mayo Osaka; Yusaku Miyamae; Katsutoshi Nishino; Hiroko Isoda; Kiyokazu Kawada; Mohamed Neffati; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Chemistry, 2021年05月, 査読有り
      • Studies Toward the Total Synthesis of Schinortriterpenoids: Diastereoselective Synthesis of the Left‐Hand Fragment
        Ryotaro Yagita; Kazuhiro Irie; Chihiro Tsukano
        European Journal of Organic Chemistry, 2021年05月, 査読有り
      • アミロイドタンパク質を認識する核酸アプタマー
        村上一馬; 入江一浩
        化学と生物, 2021年05月, 査読有り, 招待有り, 最終著者
      • Total synthesis and biological evaluation of oscillatoxin D, E, and F
        Yusuke Araki; Yusuke Hanaki; Masaki Kita; Koutaro Hayakawa; Kazuhiro Irie; Yoshihiko Nokura; Atsuo Nakazaki; Toshio Nishikawa
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年04月, 査読有り
      • Synthesis of Alkyl Bridged‐Tris‐α‐Amino Acids as C3‐Symmetric and Linear Linkers
        Ayumi Uchino; Chihiro Tsukano; Tsuneo Imamoto; Kazuhiro Irie
        European Journal of Organic Chemistry, 2021年03月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Analyses of putative anti-cancer potential of three STAT3 signaling inhibitory compounds derived from Salvia officinalis
        Maho Yanagimichi; Katsutoshi Nishino; Akiho Sakamoto; Ryusei Kurodai; Kenji Kojima; Nozomu Eto; Hiroko Isoda; Riadh Ksouri; Kazuhiro Irie; Taiho Kambe; Seiji Masuda; Toru Akita; Kazuhiro Maejima; Masaya Nagao
        Biochemistry and Biophysics Reports, 2021年03月, 査読有り
      • Toxic Amyloid-β42 Conformer May Accelerate the Onset of Alzheimer’s Disease in the Preclinical Stage
        Akinori Futamura; Sotaro Hieda; Yukiko Mori; Kensaku Kasuga; Azusa Sugimoto; Hideyo Kasai; Takeshi Kuroda; Satoshi Yano; Mayumi Tsuji; Takeshi Ikeuchi; Kazuhiro Irie; Kenjiro Ono
        Journal of Alzheimer's Disease, 2021年02月09日, 査読有り
      • Abietane diterpenoids from Salvia officinalis leaves as aryl hydrocarbon receptor ligands
        Katsutoshi Nishino; Kenta Someya; Riadh Ksouri; Toshio Ishikawa; Hiroko Isoda; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Phytochemistry Letters, 2021年02月, 査読有り
      • Effects of side chain length of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, on PKC binding, anti-proliferative, and pro-inflammatory activities
        Atsuko Gonda; Koji Takada; Ryo C Yanagita; Shingo Dan; Kazuhiro Irie
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年01月07日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis and biological activities of simplified aplysiatoxin analogs focused on the CH/π interaction
        Takumi Kobayashi; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic and Biophysical Studies on the Toxic Conformer in Amyloid β with the E22Δ Mutation in Alzheimer Pathology
        Kazuma Murakami; Tomomi Yamaguchi; Naotaka Izuo; Toshiaki Kume; Hideyuki Hara; Kazuhiro Irie
        ACS Chemical Neuroscience, 2020年10月07日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Detection of Amyloid β Oligomers with RNA Aptamers in AppNL-G-F/NL-G-F Mice: A Model of Arctic Alzheimer’s Disease
        Yayoi Obata; Kazuma Murakami; Taiji Kawase; Kenji Hirose; Naotaka Izuo; Takahiko Shimizu; Kazuhiro Irie
        ACS Omega, 2020年09月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • An RNA aptamer with potent affinity for a toxic dimer of amyloid β42 has potential utility for histochemical studies of Alzheimer's disease
        Kazuma Murakami; Yayoi Obata; Asa Sekikawa; Haruka Ueda; Naotaka Izuo; Tatsuya Awano; Keiji Takabe; Takahiko Shimizu; Kazuhiro Irie
        Journal of Biological Chemistry, 2020年04月10日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic biology based construction of biological activity-related library of fungal decalin-containing diterpenoid pyrones
        Kento Tsukada; Shono Shinki; Akiho Kaneko; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Shingo Dan; Kumi Kawaji; Hironori Hayashi; Eiichi N. Kodama; Aki Hori; Emil Salim; Takayuki Kuraishi; Naoya Hirata; Yasunari Kanda; Teigo Asai
        Nature Communications, 2020年04月, 査読有り
      • Synthesis and physicochemical properties of 20-mer peptide nucleic acid conjugates with testosterone 17β-carboxylic acid
        Ryotaro Yagita; Kazuma Murakami; Hisafumi Ikeda; Kazuhiro Irie
        Tetrahedron Letters, 2020年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Insulin deficiency promotes formation of toxic amyloid-β42 conformer co-aggregating with hyper-phosphorylated tau oligomer in an Alzheimer’s disease model
        T. Imamura; Y. T. Yanagihara; Y. Ohyagi; N. Nakamura; K. M. Iinuma; R. Yamasaki; H. Asai; M. Maeda; K. Murakami; K. Irie; J.-i. Kira
        Neurobiol. Dis., 2020年04月, 査読有り
      • Evaluation of Toxic Amyloid β42 Oligomers in Rat Primary Cerebral Cortex Cells and Human iPS-derived Neurons Treated with 10-Me-Aplog-1, a New PKC Activator
        Kazuma Murakami; Mayuko Yoshimura; Shota Nakagawa; Toshiaki Kume; Takayuki Kondo; Haruhisa Inoue; Kazuhiro Irie
        International Journal of Molecular Sciences, 2020年02月11日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • New diagnostic method for Alzheimer’s disease based on the toxic conformation theory of amyloid β
        Kazuhiro Irie
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2020年01月02日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthetic and biochemical studies on the effect of persulfidation on disulfide dimer models of amyloid β42 at position 35 in Alzheimer's etiology
        Kazuma Murakami; Haruka Kato; Mizuho Hanaki; Yoko Monobe; Ken-ichi Akagi; Taiji Kawase; Kenji Hirose; Kazuhiro Irie
        RSC Advances, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Control of the toxic conformation of amyloid β42 by intramolecular disulfide bond formation
        Yuka Matsushima; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        Chemical Communications, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Stimulation of insulin secretion by acetylenic fatty acids in insulinoma MIN6 cells through FFAR1
        K. Nishino; H. Uesugi; A. Hirasawa; A. Ohtera; Y. Miyamae; M. Neffati; H. Isoda; T. Kambe; S. Masuda; K. Irie; M. Nagao
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2020年, 査読有り
      • An App knock-in mouse inducing the formation of a toxic conformer of Aβ as a model for evaluating only oligomer-induced cognitive decline in Alzheimer's disease
        N. Izuo; K. Murakami; Y. Fujihara; M. Maeda; T. Saito; T. C. Saido; K. Irie; T. Shimizu
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2019年07月30日, 査読有り
      • Synthesis, conformation, and biological activities of a des-A-ring analog of 18-deoxy-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin
        Y. Ashida; R. C. Yanagita; Y. Kawanami; M. Okamura; S. Dan; K. Irie
        Heterocycles, 2019年, 査読有り, 最終著者
      • Three structural features of functional food components and herbal medicine with amyloid β42 anti-aggregation properties
        K. Murakami; K. Irie
        Molecules, 2019年, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • 分子模型
        入江一浩
        化学と生物, 2019年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Curcumin may induce lipolysis via proteo-stress in Huh7 human hepatoma cells
        C. Valentine; K. Ohnishi; K. Irie; A. Murakami
        J. Clin. Biochem. Nutr., 2019年, 査読有り
      • Synthesis and biochemical characterization of quasi-stable trimer models of full-length amyloid β40 with a toxic conformation
        Yumi Irie; Mizuho Hanaki; Kazuma Murakami; Tsuneo Imamoto; Takumi Furuta; Takeo Kawabata; Taiji Kawase; Kenji Hirose; Yoko Monobe; Ken-ichi Akagi; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        Chemical Communications, 2019年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβの毒性2量体および3量体モデルの合成と構造機能解析
        入江一浩
        有機合成化学協会誌, 2019年, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Mechanistic analyses of the suppression of amyloid β42 aggregation by apomorphine
        M. Hanaki; K. Murakami; S. Katayama; K.-i. Akagi; K. Irie
        Bioorg. Med. Chem., 2018年05月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Amylod beta toxic conformer has dynamic localization in the human inferior parietal cortex in absence of amyloid plaques
        Y. Kageyama; A. Saito; O. Pletnikova; G. L. Rudow; Y. Irie; Y. An; K. Murakami; K. Irie; S. M. Resnick; D. R. Fowler; L. J. Martin; J. C. Troncoso
        Sci. Rep., 2018年, 査読有り
      • Role of the carboxy groups of triterpenoids in their inhibition of the nucleation of amyloid β42 required for forming toxic oligomers
        K. Murakami; T. Yoshioka; S. Horii; M. Hanaki; S. Midorikawa; S. Taniwaki; H. Gunji; K.-i. Akagi; T. Kawase; K. Hirose; K. Irie
        Chem. Commun., 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Change of Amyloid-β 1-42 Toxic Conformer Ratio After Cerebrospinal Fluid Diversion Predicts Long-Term Cognitive Outcome in Patients with Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus.
        Chihiro Akiba; Madoka Nakajima; Masakazu Miyajima; Ikuko Ogino; Yumiko Motoi; Kaito Kawamura; Satoshi Adachi; Akihide Kondo; Hidenori Sugano; Takahiko Tokuda; Kazuhiro Irie; Hajime Arai
        Journal of Alzheimer's disease : JAD, 2018年, 査読有り
      • Synthesis and biological activities of acetal analogs at position 3 of 10-methyl-aplog-1, a potential anti-cancer lead derived from debromoaplysiatoxin
        K. Hayakawa; Y. Hanaki; H. Tokuda; R. C. Yanagita; Y. Nakagawa; M. Okamura; S. Dan; K. Irie
        Heterocycles, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ「毒性コンホマー」を標的にしたアルツハイマー病の治療・診断法の開発
        泉尾直孝; 清水孝彦; 村上一馬; 入江一浩
        医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 2018年
      • Identification of protein kinase C isozymes involved in the anti-proliferative and pro-apoptotic activities of 10-Methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, in several cancer cell lines
        Yusuke Hanaki; Yuki Shikata; Masayuki Kikumori; Natsuki Hotta; Masaya Imoto; Kazuhiro Irie
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2018年01月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A toxic conformer of Aβ42 with a turn at 22-23 is a novel therapeutic target for Alzheimer’s disease
        N. Izuo; C. Kasahara; K. Murakami; T. Kume; M. Maeda; K. Irie; K. Yokote; T. Shimizu
        Sci. Rep., 2017年09月, 査読有り
      • Inhibitory activity of hispidin derivatives isolated from Inonotus obliquus on amyloid β aggregation
        Y. Aihara; A. Kawaguchi; M. Hanaki; K. Murakami; K. Irie; H. Shigemori
        Heterocycles, 2017年07月, 査読有り
      • Triterpenoids Isolated from Ziziphus jujuba Enhance Glucose Uptake Activity in Skeletal Muscle Cells
        Kyuichi Kawabata; Kenji Kitamura; Kazuhiro Irie; Shoma Naruse; Tomohiro Matsuura; Tomoyuki Uemae; Shu Taira; Hajime Ohigashi; Shigeru Murakami; Masakazu Takahashi; Yoko Kaido; Bunsei Kawakami
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • Loss of the Phenolic Hydroxyl Group and Aromaticity from the Side Chain of Anti-Proliferative 10-Methyl-aplog-1, a Simplified Analog of Aplysiatoxin, Enhances Its Tumor-Promoting and Proinflammatory Activities
        Yusuke Hanaki; Masayuki Kikumori; Harukuni Tokuda; Mutsumi Okamura; Shingo Dan; Naoko Adachi; Naoaki Saito; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        MOLECULES, 2017年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic models of quasi-stable amyloid β40 oligomers with significant neurotoxicity
        Y. Irie; K. Murakami; M. Hanaki; Y. Hanaki; T. Suzuki; Y. Monobe; T. Takai; K. Akagi; T. Kawase; K. Hirose; K. Irie
        ACS Chem. Neurosci., 2017年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Inhibitory Activities of Antioxidant Flavonoids from Tamarix gallica on Amyloid Aggregation Related to Alzheimer's and Type 2 Diabetes Diseases
        Asma Ben Hmidene; Mizuho Hanaki; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Hiroko Isoda; Hideyuki Shigemori
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2017年02月, 査読有り
      • 食品・生薬成分によるアミロイドβ42の凝集抑制機構の系統的解析
        村上一馬; 入江一浩
        日本認知症学会誌, 2017年, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesized Aβ42 caused intracellular oxidative damage, leading to cell death, via lysosome rupture
        Y. Oku; K. Murakami; K. Irie; J. Hoseki; Y. Sakai
        Cell Struct. Funct., 2017年, 査読有り
      • Structure-activity relationship of phenylethanoid glycosides on the inhibition of amyloid β aggregation
        E. Kidachi; M. Kurisu; Y. Miyamae; M. Hanaki; K. Murakami; K. Irie; H. Shigemori
        Heterocycles, 2016年11月, 査読有り
      • Semisynthesis and structure–activity studies of Uncarinic acid C Isolated from Uncaria rhynchophylla as a specific inhibitor of the nucleation phase in amyloid β42 aggregation
        T. Yoshioka; K. Murakami; K. Ido; M. Hanaki; K. Yamaguchi; S. Midorikawa; S. Taniwaki; H. Gunji; K. Irie
        J. Nat. Prod., 2016年10月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Binding mode prediction of aplysiatoxin, a potent agonist of protein kinase C, through molecular simulation and structure-activity study on simplified analogs of the receptor-recognition domain
        Yoshiki Ashida; Ryo C. Yanagita; Chise Takahashi; Yasuhiro Kawanami; Kazuhiro Irie
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2016年09月, 査読有り, 最終著者
      • Possible Contribution of Zerumbone-Induced Proteo-Stress to Its Anti-Inflammatory Functions via the Activation of Heat Shock Factor 1
        Yoko Igarashi; Kohta Ohnishi; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        PLOS ONE, 2016年08月, 査読有り
      • Monoclonal antibody with conformational specificity for a toxic conformer of amyloid β42 and its application toward the Alzheimer’s disease diagnosis
        K. Murakami; M. Tokuda; T. Suzuki; Y. Irie; M. Hanaki; N. Izuo; Y. Monobe; K.-i. Akagi; R. Ishii; H. Tatebe; T. Tokuda; M. Maeda; T. Kume; T. Shimizu; K. Irie
        Sci. Rep., 2016年07月04日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structural optimization of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin, as an anticancer lead
        Masayuki Kikumori; Ryo C. Yanagita; Harukuni Tokuda; Kiyotake Suenaga; Hiroshi Nagai; Kazuhiro Irie
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2016年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • アルツハイマー病の正確な早期診断の実現に向けて
        入江一浩
        化学, 2016年, 招待有り, 責任著者
      • Structural insights into mechanisms for inhibiting amyloid β42 aggregation by non-catechol-type flavonoids
        M. Hanaki; K. Murakami; K.-i. Akagi; K. Irie
        Bioorg. Med. Chem., 2016年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Identification of a new type of covalent PPARγ agonist using a ligand-linking strategy
        A. Otera; Y. Miyamae; K. Yoshida; K. Mejima; T. Akita; A. Kakizuka; K. Irie; S. Masuda; T. Kambe; M. Nagao
        ACS Chem. Biol., 2015年12月, 査読有り
      • Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4 targeting
        Ayako Hashimoto; Katsuma Ohkura; Masakazu Takahashi; Kumiko Kizu; Hiroshi Narita; Shuichi Enomoto; Yusaku Miyamae; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Kazuhiro Irie; Hajime Ohigashi; Glen K. Andrews; Taiho Kambe
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2015年12月, 査読有り
      • Synthesis and characterization of the amyloid β40 dimer model with a linker at position 30 adjacent to the intermolecular β-sheet region
        K. Murakami; T. Suzuki; M. Hanaki; Y. Monobe; K.-i. Akagi; K. Irie
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2015年10月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin with anti-proliferative and cytotoxic activities
        Yusuke Hanaki; Ryo C. Yanagita; Takahiro Sugahara; Misako Aida; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Kazuhiro Irie
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2015年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • アルツハイマー病様神経毒性におけるアミロイドβコンホマーの役割
        泉尾直孝; 村上一馬; 久米利明; 前田雅弘; 入江一浩; 清水孝彦
        基礎老化研究, 2015年, 招待有り
      • Identification and characterization of PKCP gamma, a kinase associated with SCA14, as an amyloidogenic protein
        Hideyuki Takahashi; Naoko Adachi; Toshihiko Shirafuji; Sally Danno; Takehiko Ueyama; Michele Vendruscolo; Anton N. Shuvaev; Takuya Sugimoto; Takahiro Seki; Daizo Hamada; Kazuhiro Irie; Hirokazu Hirai; Norio Sakai; Naoaki Saito
        HUMAN MOLECULAR GENETICS, 2015年01月, 査読有り
      • Two New Lyngbyatoxin Derivatives from the Cyanobacterium, Moorea producens
        Weina Jiang; Satoshi Tan; Yusuke Hanaki; Kazuhiro Irie; Hajime Uchida; Ryuichi Watanabe; Toshiyuki Suzuki; Bryan Sakamoto; Michiya Kamio; Hiroshi Nagai
        MARINE DRUGS, 2014年12月, 査読有り
      • Improved and large-scale synthesis of 10-methyl-aplog-1, a potential lead for an anticancer drug
        Masayuki Kikumori; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie
        TETRAHEDRON, 2014年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Potential Role of Vitamin C in the Prevention of Alzheimer's Disease
        Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Takahiko Shimizu
        Diet and Nutrition in Dementia and Cognitive Decline, 2014年11月18日, 査読有り
      • A New Lyngbyatoxin from the Hawaiian Cyanobacterium Moorea producens
        Weina Jiang; Wei Zhou; Hajime Uchida; Masayuki Kikumori; Kazuhiro Irie; Ryuichi Watanabe; Toshiyuki Suzuki; Bryan Sakamoto; Michiya Kamio; Hiroshi Nagai
        MARINE DRUGS, 2014年05月, 査読有り
      • Synthesis and Biological Activities of Simplified Analogs of the Natural PKC Ligands, Bryostatin-1 and Aplysiatoxin
        Kazuhiro Irie; Ryo C. Yanagita
        CHEMICAL RECORD, 2014年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Modulation of protein quality control systems as novel mechanisms underlying functionality of food phytochemicals
        Kohta Ohnishi; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        Functional Foods in Health and Disease, 2013年10月, 査読有り
      • Identification of 6-octadecynoic acid from a methanol extract of Marrubium vulgare L. as a peroxisome proliferator-activated receptor gamma agonist
        Anna Ohtera; Yusaku Miyamae; Naomi Nakai; Atsushi Kawachi; Kiyokazu Kawada; Junkyu Han; Hiroko Isoda; Mohamed Neffati; Toru Akita; Kazuhiro Maejima; Seiji Masuda; Taiho Kambe; Naoki Mori; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2013年10月, 査読有り
      • Structure-activity studies at position 27 of aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity
        Yusuke Hanaki; Masayuki Kikumori; Sayo Ueno; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Kazuhiro Irie
        Tetrahedron, 2013年09月09日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 発がん抑制物質ゼルンボンのタンパク質変性ストレスに起因した生理作用
        大西康太; 入江一浩; 村上明
        バイオサイエンスとインダストリー, 2013年09月, 招待有り
      • Non-toxic conformer of amyloid β may suppress amyloid β-induced toxicity in rat primary neurons: implications for a novel therapeutic strategy for Alzheimer's disease
        N. Izuo; K. Murakami; M. Sato; M. Iwasaki; Y. Izumi; T. Shimizu; A. Akaike; K. Irie; T. Kume
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2013年08月16日, 査読有り
      • Site-specific Inhibitory Mechanism for Amyloid beta 42 Aggregation by Catechol-type Flavonoids Targeting the Lys Residues
        Mizuho Sato; Kazuma Murakami; Mayumi Uno; Yu Nakagawa; Sumie Katayama; Ken-ichi Akagi; Yuichi Masuda; Kiyonori Takegoshi; Kazuhiro Irie
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2013年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Effects of the methoxy group in the side chain of debromoaplysiatoxin on its tumor-promoting and anti-proliferative activities
        Ryo C. Yanagita; Hiroaki Kamachi; Masayuki Kikumori; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Kiyotake Suenaga; Hiroshi Nagai; Kazuhiro Irie
        Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2013年08月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Inhibition of Amyloid beta Aggregation by Acteoside, a Phenylethanoid Glycoside
        Manami Kurisu; Yusaku Miyamae; Kazuma Murakami; Junkyu Han; Hiroko Isoda; Kazuhiro Irie; Hideyuki Shigemori
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2013年06月, 査読有り
      • Structure-activity studies on the side chain of a simplified analog of aplysiatoxin (aplog-1) with anti-proliferative activity
        Hiroaki Kamachi; Keisuke Tanaka; Ryo C. Yanagita; Akira Murakami; Kazuma Murakami; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Yu Nakagawa; Kazuhiro Irie
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2013年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structure–activity relationship of (+)-taxifolin isolated from silymarin as an inhibitor of amyloid β aggregation.
        M. Sato; K. Murakami; M. Uno; H. Ikubo; Y. Nakagawa; S. Katayama; K.-i. Akagi; K. Irie
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2013年05月, 査読有り, 責任著者
      • Modeling Alzheimer's Disease with iPSCs Reveals Stress Phenotypes Associated with Intracellular A beta and Differential Drug Responsiveness
        Takayuki Kondo; Masashi Asai; Kayoko Tsukita; Yumiko Kutoku; Yutaka Ohsawa; Yoshihide Sunada; Keiko Imamura; Naohiro Egawa; Naoki Yahata; Keisuke Okita; Kazutoshi Takahashi; Isao Asaka; Takashi Aoi; Akira Watanabe; Kaori Watanabe; Chie Kadoya; Rie Nakano; Dai Watanabe; Kei Maruyama; Osamu Hori; Satoshi Hibino; Tominari Choshi; Tatsutoshi Nakahata; Hiroyuki Hioki; Takeshi Kaneko; Motoko Naitoh; Katsuhiro Yoshikawa; Satoko Yamawaki; Shigehiko Suzuki; Ryuji Hata; Shu-ichi Ueno; Tsuneyoshi Seki; Kazuhiro Kobayashi; Tatsushi Toda; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; William L. Klein; Hiroshi Mori; Takashi Asada; Ryosuke Takahashi; Nobuhisa Iwata; Shinya Yamanaka; Haruhisa Inoue
        CELL STEM CELL, 2013年04月, 査読有り
      • Non-Specific Protein Modifications by a Phytochemical Induce Heat Shock Response for Self-Defense
        Kohta Ohnishi; Shinya Ohkura; Erina Nakahata; Akari Ishisaka; Yoshichika Kawai; Junji Terao; Taiki Mori; Takeshi Ishii; Tsutomu Nakayama; Noriyuki Kioka; Shinya Matsumoto; Yasutaka Ikeda; Minoru Akiyama; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        PLOS ONE, 2013年03月, 査読有り
      • Zerumbone, an electrophilic sesquiterpene, induces cellular proteo-stress leading to activation of ubiquitin-proteasome system and autophagy
        Kohta Ohnishi; Erina Nakahata; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2013年01月11日, 査読有り
      • Intracellular accumulation of toxic turn amyloid-β is associated with endoplasmic reticulum stress in Alzheimer’s disease
        N. Soejima; Y. Ohyagi; N. Nakamura; E. Himeno; K. M. Iimura; N. Sakae; R. Yamasaki; T. Tabira; K. Murakami; K. Irie; N. Kinoshita; F. M. Laferla; Y. Kiyohara; T. Iwaki; J.-i. Kira
        Curr. Alzheimer Res., 2013年01月, 査読有り
      • Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase regulates cyclooxygenase-2 expression by targeting mRNA stability
        Yuki Ikeda; Ryoichi Yamaji; Kazuhiro Irie; Noriyuki Kioka; Akira Murakami
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2012年12月, 査読有り
      • SYNTHESIS OF ANTINEOPLASTIC ANALOGS OF APLYSIATOXIN WITH VARIOUS SIDE CHAIN STRUCTURES
        Yuki Shu; Ryo C. Yanagita; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Kazuhiro Irie
        HETEROCYCLES, 2012年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Early accumulation of intracellular fibrillar oligomers and late congophilic amyloid angiopathy in mice expressing the Osaka intra-Aβ APP mutation
        L. Kulic; J. McAfoose; T. Welt; C. Tackenberg; C. Späni; F. Wirth; V. Finder; U. Konietzko; M. Giese; A. Eckert; N. Kinoshita; T. Shimizu; K. Murakami; K. Irie; S. Rasool; C. Glabe; C. Hock; R. M. Nitsch
        Transl. Psychiatry, 2012年11月, 査読有り
      • Solid-state NMR analysis of the β-strand orientation of the protofibrils of amyloid β-protein
        T. Doi; Y. Masuda; K. Irie; K. Akagi; Y. Monobe; T. Imazawa; K. Takegoshi
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2012年11月, 査読有り
      • Caffeoylquinic acids inhibit amyloid β fibril formation and cellular toxicity.
        Miyamae, Y; Kurisu, M; Murakami, K; Han, J; Isoda, H; Irie, K; Shigemori, H
        Bioorg. Med. Chem. 19 (1), 5844-5849 (2012)., 2012年10月, 査読有り
      • Protective effects of caffeoylquinic acids on the aggregation and neurotoxicity of the 42-residue amyloid β-protein
        Y. Miyamae; M. Kurisu; K. Murakami; J. Han; H. Isoda; K. Irie; H. Shigemori
        Bioorg. Med. Chem., 2012年10月, 査読有り
      • Toxicity in rat primary neurons through the cellular oxidative stress induced by the turn formation at positions 22 and 23 of Aβ42
        N. Izuo; T. Kume; M. Sato; K. Murakami; K. Irie; Y. Izumi; A. Akaike
        ACS Chem. Neurosci., 2012年09月, 査読有り, 責任著者
      • Isolation, identification, and biological evaluation of Nrf2-ARE activator from the leaves of green perilla (Perilla frutescens var. crispa f. viridis)
        Yasuhiko Izumi; Atsuko Matsumura; Seiko Wakita; Ken-ichi Akagi; Hiroyuki Fukuda; Toshiaki Kume; Kazuhiro Irie; Yuki Takada-Takatori; Hachiro Sugimoto; Tadashi Hashimoto; Akinori Akaike
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2012年08月, 査読有り
      • Lack of the Consensus Sequence Necessary for Tryptophan Prenylation in the ComX Pheromone Precursor
        Fumitada Tsuji; Ayako Ishihara; Aya Nakagawa; Masahiro Okada; Shigeyuki Kitamura; Kyoko Kanamaru; Yuichi Masuda; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Youji Sakagami
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2012年08月, 査読有り
      • Auraptene Attenuates Gastritis via Reduction of Helicobacter pylori Colonization and Pro-Inflammatory Mediator Production in C57BL/6 Mice
        Hirotaka Sekiguchi; Fumiyo Takabayashi; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        JOURNAL OF MEDICINAL FOOD, 2012年07月, 査読有り
      • Structure-Activity Studies on the Spiroketal Moiety of a Simplified Analogue of Debromoaplysiatoxin with Antiproliferative Activity
        Masayuki Kikumori; Ryo C. Yanagita; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Hiroshi Nagai; Kiyotake Suenaga; Kazuhiro Irie
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2012年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Stimulation of the amyloidogenic pathway by cytoplasmic superoxide radicals in an Alzheimer’s disease mouse model
        K. Murakami; N. Murata; Y. Noda; K. Irie; T. Shirasawa; T. Shimizu
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2012年06月, 査読有り
      • Challenges to the development of bryostatin-type anticancer drugs based on the activation mechanism of protein kinase Cδ
        K. Irie; R. C. Yanagita; Y. Nakagawa
        Med. Res. Rev., 2012年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Identification and Biological Activities of Bryostatins from Japanese Bryozoan
        Sayo Ueno; Ryo C. Yanagita; Kazuma Murakami; Akira Murakami; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Takeshi Fujiwara; Kazuhiro Irie
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2012年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • ハナショウガ含有テルペノイドzerumboneの発がん抑制機構
        大西康太; 入江一浩; 村上明
        ビタミン, 2012年03月, 招待有り
      • Aβの毒性ターン構造を認識する抗体
        村上一馬; 入江一浩
        神経内科, 2012年, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβの「毒性コンホマー」形成とGlu22位における遺伝性変異
        村上一馬; 佐藤瑞穂; 鈴木啓之; 泉尾直孝; 久米利明; 赤池昭紀; 永田 徹; 西崎知之; 富山貴美; 森 啓; 入江一浩
        Dementia Japan, 2012年, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis and structure-activity studies of simplified analogues of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin-1
        Kazuhiro Irie; Masayuki Kikumori; Hiroaki Kamachi; Keisuke Tanaka; Akira Murakami; Ryo C. Yanagita; Harukuni Tokuda; Nobutaka Suzuki; Hiroshi Nagai; Kiyotake Suenaga; Yu Nakagawa
        PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 2012年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Geranyl modification on the tryptophan residue of ComX(RO-E-2) pheromone by a cell-free system
        Fumitada Tsuji; Ayako Ishihara; Keiko Kurata; Aya Nakagawa; Masahiro Okada; Shigeyuki Kitamura; Kyoko Kanamaru; Yuichi Masuda; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Youji Sakagami
        FEBS LETTERS, 2012年01月, 査読有り
      • SOD1 (cupper/zinc superoxide dismutase) deficiency drives amyloid β protein oligomerization and memory loss in mouse model of Alzheimer’s disease
        K. Murakami; N. Murata; Y. Noda; S. Tahara; T. Kaneko; N. Kinoshita; H. Hatsuta; S. Murayama; K. J. Barnham; K. Irie; T. Shirasawa; T. Shimizu
        J. Biol. Chem., 2011年12月, 査読有り
      • アルツハイマー病の分子治療戦略 新しい視点を求めて アミロイドβの毒性ターン構造を認識する抗体の開発
        入江 一浩; 村上 一馬; 増田 裕一; 村田 央; 野田 義博; 初田 裕幸; 村山 繁雄; 清水 孝彦; 堀越 優子; 木下 憲明; 白澤 卓二
        臨床神経学, 2011年11月, 筆頭著者, 責任著者
      • 1,2-Di-O-α-linolenoyl-3-O-β-galactosyl-sn-glycerol as a superoxide generation inhibitor from Perilla frutescens var. crispa
        M. Takahashi; Y. Sugiyama; K. Kawabata; Y. Takahashi; K. Irie; A. Murakami; Y. Kubo; K. Kobayashi; H. Ohigashi
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2011年11月, 査読有り
      • Solid-state NMR analysis of interaction sites of curcumin and 42-residue amyloid β-protein fibrils
        Y. Masuda; M. Fukuchi; T. Yatagawa; M. Tada; K. Takeda; K. Irie; K.-i. Akagi; Y. Monobe; T. Imazawa; K. Takegoshi
        Bioorg. Med. Chem., 2011年10月, 査読有り
      • Generation of 'Unnatural Natural Product' library and identification of a small molecule inhibitor of XIAP
        Tatsuro Kawamura; Kohei Matsubara; Hitomi Otaka; Etsu Tashiro; Kazutoshi Shindo; Ryo C. Yanagita; Kazuhiro Irie; Masaya Imoto
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2011年07月, 査読有り
      • Synthesis and Biological Evaluation of the 12,12-Dimethyl Derivative of Aplog-1, an Anti-Proliferative Analog of Tumor-Promoting Aplysiatoxin
        Yu Nakagawa; Masayuki Kikumori; Ryo C. Yanagita; Akira Murakami; Harukuni Tokuda; Hiroshi Nagai; Kazuhiro Irie
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2011年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyperinsulinemia but does not exacerbate Alzheimer's-like phenotypes in mice
        Kazuma Murakami; Shin-ichi Yokoyama; Nakaba Murata; Yusuke Ozawa; Kazuhiro Irie; Takuji Shirasawa; Takahiko Shimizu
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年05月, 査読有り
      • [Monoclonal antibody against the turn of the 42-residue amyloid β-protein at positions 22 and 23].
        Irie K; Murakami K; Masuda Y; Murata N; Noda Y; Hatsuta H; Murayama S; Shimizu T; Horikoshi Y; Kinoshita N; Shirasawa T
        Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 2011年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Vitamin C restores behavioral deficits and Aβ oligomerization without affecting plaque formation in a mouse model of Alzheimer’s disease
        K. Murakami; S.-i. Yokoyama; N. Murata; Y. Ozawa; K. Irie; T. Shirasawa; T. Shimizu
        J. Alzheimers Dis., 2011年, 査読有り
      • Formation of the 42-mer amyloid β radical and the therapeutic role of superoxide dismutase in Alzheimer's disease
        K. Murakami; T. Shimizu; K. Irie
        J. Amino Acids, ID 654207, 2011年, 査読有り, 最終著者
      • E22Δ mutation in amyloid β-protein promotes β-sheet transformation, radical production, and synaptotoxicity, but not neurotoxicity
        T. Suzuki; K. Murakami; N. Izuo; T. Kume; A. Akaike; T. Nagata; T. Nishizaki; T. Tomiyama; H. Takuma; H. Mori; K. Irie
        Int. J. Alzheimers Dis., ID 431320, 2010年12月19日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Silymarin attenuated the amyloid βplaque burden and improved behavioral abnormalities in an Alzheimer's disease mouse model
        N. Murata; K. Murakami; Y. Ozawa; N. Kinoshita; K. Irie; T. Shirasawa; T. Shimizu
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2010年11月, 査読有り
      • Monoclonal antibody against the turn of the 42-residue amyloid β-protein at positions 22 and 23
        K. Murakami; Y. Horikoshi-Sakuraba; N. Murata; Y. Noda; Y. Masuda; N. Kinoshita; H. Hatsuta; S. Murayama; T. Shirasawa; T. Shimizu; K. Irie
        ACS Chem. Neurosci., 2010年11月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Role of the phenolic hydroxyl group in the biological activities of simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity
        Ryo C. Yanagita; Hiroaki Kamachi; Keisuke Tanaka; Akira Murakami; Yu Nakagawa; Harukuni Tokuda; Hiroshi Nagai; Kazuhiro Irie
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年10月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Downregulation of Programmed Cell Death 4 by Inflammatory Conditions Contributes to the Generation of the Tumor Promoting Microenvironment
        Michiko Yasuda; Tobias Schmid; Daniela Ruebsamen; Nancy H. Colburn; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        MOLECULAR CARCINOGENESIS, 2010年09月, 査読有り
      • The turn formation at positions 22 and 23 in the 42-mer amyloid β peptide: the emerging role in the pathogenesis of Alzheimer's disease
        K. Murakami; Y. Masuda; T. Shirasawa; T. Shimizu; K. Irie
        Geriat. Geront. Int., 2010年07月, 査読有り, 最終著者
      • Suppression of CD74 Expression and Helicobacter pylori Adhesion by Auraptene Targeting Serum Starvation-Activated ERK1/2 in NCI-N87 Gastric Carcinoma Cells
        Hirotaka Sekiguchi; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2010年05月, 査読有り
      • Inhibition by genistein of the lipopolysaccharide-induced down-regulation of programmed cell death 4 in RAW 264.7 mouse macrophages
        M. Yasuda; K. Irie; A. Murakami
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2010年, 査読有り
      • ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性
        増田 裕一; 入江 一浩
        FFIジャーナル, 2010年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Enzymatic Production of (-)-Indolactam V by LtxB, a Cytochrome P450 Monooxygenase
        Minh U. Huynh; Matthew C. Elston; Nick M. Hernandez; David B. Ball; Shin-ichiro Kajiyama; Kazuhiro Irie; William H. Gerwick; Daniel J. Edwards
        JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 2010年01月, 査読有り
      • Stomatal Density is Controlled by a Mesophyll-Derived Signaling Molecule
        Tatsuhiko Kondo; Ryoko Kajita; Aya Miyazaki; Mayumi Hokoyama; Touko Nakamura-Miura; Satoko Mizuno; Yuichi Masuda; Kazuhiro Irie; Yuki Tanaka; Shinobu Takada; Tatsuo Kakimoto; Youji Sakagami
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2010年01月, 査読有り
      • A Simple Analogue of Tumor-Promoting Aplysiatoxin Is an Antineoplastic Agent Rather Than a Tumor Promoter: Development of a Synthetically Accessible Protein Kinase C Activator with Bryostatin-like Activity
        Yu Nakagawa; Ryo C. Yanagita; Naoko Hamada; Akira Murakami; Hideyuki Takahashi; Naoaki Saito; Hiroshi Nagai; Kazuhiro Irie
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • In vitro covalent binding proteins of zerumbone, a chemopreventive food factorK. Ohnishi, K. Irie and A. Murakami*
        K. Ohnishi; K. Irie; A. Murakami
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 2009年, 査読有り
      • Identification of Physiological and Toxic Conformations in A beta 42 Aggregates
        Yuichi Masuda; Satoko Uemura; Ryutaro Ohashi; Azusa Nakanishi; K. Takegoshi; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa; Kazuhiro Irie
        CHEMBIOCHEM, 2009年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Verification of the intermolecular parallel beta-sheet in E22K-A beta 42 aggregates by solid-state NMR using rotational resonance: Implications for the supramolecular arrangement of the toxic conformer of A beta 42
        Yuichi Masuda; Azusa Nakanishi; Ryutaro Ohashi; Kiyonori Takegoshi; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa; Kazuhiro Irie
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2008年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Verification of the C-terminal intramolecular beta-sheet in A beta 42 aggregates using solid-state NMR: Implications for potent neurotoxicity through the formation of radicals
        Yuichi Masuda; Satoko Uemura; Azusa Nakanishi; Ryutaro Ohashi; K. Takegoshi; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa; Kazuhiro Irie
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2008年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Isomerization and/or racemization at Asp23 of A beta 42 do not increase its aggregative ability, neurotoxicity, and radical productivity in vitro
        Kazuma Murakami; Mayumi Uno; Yuichi Masuda; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa; Kazuhiro Irie
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 化学の窓 βアミロイドの毒性コンホメーション
        IRIE Kazuhiro; MASUDA Yuichi
        KAGAKU TO SEIBUTSU, 2008年, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ(Aβ42)の毒性コンホメーションの提唱
        村上 一馬; 清水 孝彦; 白澤 卓二; 入江 一浩
        基礎老化研究, 2008年, 査読有り, 最終著者
      • Design and physicochemical properties of new fluorescent ligands of protein kinase C isozymes focused on CH/π interaction
        T. Sugimoto; K. Itagaki; K. Irie
        Bioorg. Med. Chem., 2008年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis, conformational analysis, and biological evaluation of 1-hexylindolactam-V10 as a selective activator for novel protein kinase C isozymes
        Ryo C. Yanagita; Yu Nakagawa; Nobuhiro Yamanaka; Kaori Kashiwagi; Naoaki Saito; Kazuhiro Irie
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Distance measurement between Tyr10 and Met35 in amyloid beta by site-directed spin-labeling ESR spectroscopy: Implications for the stronger neurotoxicity of A beta 42 than A beta 40
        Kazuma Murakami; Hideyuki Hara; Yuichi Masuda; Hajime Ohigashi; Kazuhiro Irie
        CHEMBIOCHEM, 2007年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Binding selectivity of 1- or 12-substituted indolactam derivatives for protein kinase C isozymes
        Ryo C. Yanagita; Keiji Torii; Yu Nakagawa; Kazuhiro Irie
        HETEROCYCLES, 2007年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The toxic conformation of the 42-residue amyloid β peptide and Its relevance to oxidative stress in alzheimer's disease
        K. Irie; K. Murakami; Y. Masuda; A. Morimoto; H. Ohigashi; H. Hara; R. Ohashi; K. Takegoshi; H. Fukuda; M. Nagao; T. Shimizu; T. Shirasawa
        Mini-Rev. Med. Chem., 2007年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Design and synthesis of 8-octyl-benzolactam-V9, a selective activator for protein kinase C epsilon and eta
        Y Nakagawa; K Irie; RC Yanagita; H Ohigashi; K Tsuda; K Kashiwagi; N Saito
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年05月, 査読有り, 責任著者
      • CH/π相互作用を利用した薬剤開発
        入江 一浩
        ファルマシア, 2006年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Verification of the turn at positions 22 and 23 of the beta-amyloid fibrils with Italian mutation using solid-state NMR
        Y Masuda; K Irie; K Murakami; H Ohigashi; R Ohashi; K Takegoshi; T Shimizu; T Shirasawa
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2005年12月, 査読有り, 責任著者
      • Formation and stabilization model of the 42-mer A beta radical: Implications for the long-lasting oxidative stress in Alzheimer's disease
        K Murakami; K Irie; H Ohigashi; H Hara; M Nagao; T Shimizu; T Shirasawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2005年11月, 査読有り, 責任著者
      • Structure of beta-amyloid fibrils and its relevance to their neurotoxicity: Implications for the pathogenesis of Alzheimer's disease
        K Irie; K Murakami; Y Masuda; A Morimoto; H Ohigashi; R Ohashi; K Takegoshi; M Nagao; T Shimizu; T Shirasawa
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2005年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Indolactam-V is involved in the CH/π interaction with Pro-11 of the PKCdelta C1B domain: application for the structural optimization of the PKCdelta ligand
        Y. Nakagawa; K. Irie; R. C. Yanagita; H. Ohigashi; K. Tsuda
        J. Am. Chem. Soc., 2005年04月, 査読有り, 責任著者
      • Toward the development of new medicinal leads with selectivity for protein kinase C isozymes
        K Irie; Y Nakagawa; H Ohigashi
        CHEMICAL RECORD, 2005年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • In vivo neuroprotective activity of epopeptide AB against ischemic damage
        M Nagao; TC Wen; M Okamoto; K Irie; T Takaku; M Sakanaka
        CYTOTECHNOLOGY, 2005年01月, 査読有り
      • Analysis of the secondary structure of beta-amyloid (A beta 42) fibrils by systematic proline replacement
        A Morimoto; K Irie; K Murakami; Y Masuda; H Ohigashi; M Nagao; H Fukuda; T Shimizu; T Shirasawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年12月, 査読有り, 責任著者
      • Tumor promoter binding of the protein kinase CC1 homology domain peptides of RasGRPs, chimaerins, and Unc13s
        K Irie; A Masuda; M Shindo; Y Nakagawa; H Ohigashi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2004年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis, conformation and PKC isozyme surrogate binding of indolinelactam-Vs, new conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V
        Y Nakagawa; K Irie; Y Komiya; H Ohigashi; K Tsuda
        TETRAHEDRON, 2004年08月, 査読有り, 責任著者
      • ペプチド合成によるホルボールエステル受容体の機能解析
        入江一浩; 大東 肇
        化学と生物, 42/1, 54-62, 2004年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Analysis of the non-covalent interaction between metal ions and the cysteine-rich domain of protein kinase C eta by electrospray ionization mass spectrometry
        M Shindo; K Irie; H Fukuda; H Ohigashi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2003年11月, 査読有り, 責任著者
      • Neurotoxicity and physicochemical properties of A beta mutant peptides from cerebral amyloid angiopathy - Implication for the pathogenesis of cerebral amyloid angiopathy and Alzheimer's disease
        K Murakami; K Irie; A Morimoto; H Ohigashi; M Shindo; M Nagao; T Shimizu; T Shirasawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年11月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis and binding selectivity of 7-and 15-decylbenzolactone-V8 for the C1 domains of protein kinase C isozymes
        Y Nakagawa; K Irie; N Yamanaka; H Ohigashi; K Tsuda
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2003年09月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis and phorbol ester binding of the cysteine-rich domains of diacylglycerol kinase (DGK) isozymes - DGK gamma and DGK gamma are new targets of tumor-promoting phorbol esters
        M Shindo; K Irie; A Masuda; H Ohigashi; Y Shirai; K Miyasaka; N Saito
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年05月, 査読有り, 責任著者
      • Aggregation and neurotoxicity of mutant amyloid beta (A beta) peptides with proline replacement: importance of turn formation at positions 22 and 23
        A Morimoto; K Irie; K Murakami; H Ohigashi; M Shindo; M Nagao; T Shimizu; T Shirasawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年07月, 査読有り, 責任著者
      • Binding selectivity of conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V to the C1 domains of protein kinase C isozymes
        A Masuda; K Irie; Y Nakagawa; H Ohigashi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2002年07月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis, aggregation, neurotoxicity, and secondary structure of various A beta 1-42 mutants of familial Alzheimer's disease at positions 21-23
        K Murakami; K Irie; A Morimoto; H Ohigashi; M Shindo; M Nagao; T Shimizu; T Shirasawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年05月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis, conformation and PKC isozyme surrogate binding of new lactone analogues of benzolactam-V8s
        Y Nakagawa; K Irie; A Masuda; H Ohigashi
        TETRAHEDRON, 2002年03月, 査読有り, 責任著者
      • Establishment of a binding assay for protein kinase C isozymes using synthetic C1 peptides and development of new medicinal leads with protein kinase C isozyme and C1 domain selectivity
        K Irie; A Nakahara; Y Nakagawa; H Ohigashi; M Shindo; H Fukuda; H Konishi; U Kikkawa; K Kashiwagi; N Saito
        PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 2002年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • プロテインキナーゼCのシステインリッチドメインの化学合成、機能解析とドラッグデザイン
        入江一浩; 大東 肇
        有機合成化学協会誌, 60/6, 563-572, 2002年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Diacylglycerol kinase gamma is one of the specific receptors of tumor-promoting phorbol esters
        M Shindo; K Irie; H Ohigashi; M Kuriyama; N Saito
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年11月, 査読有り, 責任著者
      • Toward the identification of selective modulators of protein kinase C (PKC) isozymes: Establishment of a binding assay for PKC isozymes using synthetic C1 peptide receptors and identification of the critical residues involved in the phorbol ester binding
        M Shindo; K Irie; A Nakahara; H Ohigashi; H Konishi; U Kikkawa; H Fukuda; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2001年08月, 査読有り, 責任著者
      • The amide hydrogen of (-)-indolactam-V and benzolactam-V8's plays a critical role in protein kinase C binding and tumor-promoting activities
        Y Nakagawa; K Irie; Y Nakamura; H Ohigashi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2001年03月, 査読有り, 責任著者
      • The C4 hydroxyl group of phorbol esters is not necessary for protein kinase C binding
        M Tanaka; K Irie; Y Nakagawa; Y Nakamura; H Ohigashi; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2001年03月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis and tumor-promoting activities of 12-epi-phorbol-12, 13-dibutyrate
        K Irie; A Nakahara; Y Ikawa; M Tanaka; Y Nakagawa; Y Nakamura; H Ohigashi; PA Wender
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2000年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and PKC isozyme surrogate binding of indothiolactam-V, a new thioamide analogue of tumor promoting indolactam-V
        Y Nakagawa; K Irie; H Ohigashi; H Hayashi; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2000年09月, 査読有り, 責任著者
      • 発がんプロモーターのnPKC C1Bドメインへの選択的結合
        中川 優; 入江 一浩
        バイオサイエンスとインダストリー, 58/8, 570-571, 2000年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A new class of simplified phorbol ester analogues : synthesis and binding to PKC and ηPKC-C1B (ηPKC-CRD2)
        P. A. Wender; T. A. Kirschberg; P. D. Williams; H. M; M. Bastiaans; K. Irie
        Org. Lett., 1/7, 1009-1012, 1999年10月, 査読有り
      • Isolation of (-)-14-O-malonylindolactam-V as a possible precursor of (-)-indolactam-V and (-)-14-O-acetylindolactam-V from Streptomyces blastmyceticum
        K Irie; S Tomimatsu; Y Nakagawa; H Ohigashi; H Hayashi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1999年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and phorbol ester-binding studies of the individual cysteine-rich motifs of protein kinase D
        K Irie; A Nakahara; H Ohigashi; H Fukuda; PA Wender; H Konishi; U Kikkawa
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1999年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Selective binding of bryostatin analogues to the cysteine rich domains of protein kinase C isozymes
        PA Wender; B Lippa; CM Park; K Irie; A Nakahara; H Ohigashi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1999年06月, 査読有り
      • Solid-phase synthesis, mass spectrometric analysis of the zinc-folding, and phorbol ester-binding studies of the 116-mer peptide containing the tandem cysteine-rich C1 domains of protein kinase C gamma
        H Fukuda; K Irie; A Nakahara; H Ohigashi; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 1999年06月, 査読有り, 責任著者
      • Mapping phorbol ester binding domains of protein kinase C (PKC): The design, synthesis and biological activity of novel phorbol ester dimers
        PA Wender; MFT Koehler; DL Wright; K Irie
        SYNTHESIS-STUTTGART, 1999年, 査読有り
      • Synthesis and binding studies of the 116-mer peptide containing the double cysteine-rich motifs of protein kinase C gamma
        H Fukuda; K Irie; A Nakahara; K Oie; H Ohigashi; PA Wender
        TETRAHEDRON LETTERS, 1998年10月, 査読有り, 責任著者
      • Biosynthesis of the monoterpenoid moiety of teleocidins via the non-mevalonate pathway in Streptomyces
        K Irie; Y Nakagawa; S Tomimatsu; H Ohigashi
        TETRAHEDRON LETTERS, 1998年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Molecular basis for protein kinase C isozyme-selective binding: The synthesis, folding, and phorbol ester binding of the cysteine-rich domains of all protein kinase C isozymes
        K Irie; K Oie; A Nakahara; Y Yanai; H Ohigashi; PA Wender; H Fukuda; H Konishi; U Kikkawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1998年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and biological activities of (-)-6-n-octyl-indolactam-V, a new potent analogue of the tumor promoter (-)-indolactam-V
        Y Nakagawa; K Irie; Y Nakamura; H Ohigashi; H Hayashi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1998年08月, 査読有り, 責任著者
      • The chemistry-medicine continuum: Synthetic, computer, spectroscopic and biological studies on new chemotherapeutic leads
        PA Wender; Y Martin-Cantalejo; AJ Carpenter; A Chiu; J De Brabander; PG Harran; JM Jimenez; MFT Koehler; B Lippa; JA Morrison; SG Muller; SN Muller; CM Park; M Shiozaki; C Siedenbiedel; DJ Skalitzky; M Tanaka; K Irie
        PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 1998年03月, 査読有り
      • ビオチンを用いた新しい光アフィニティーラベリング法の開発と応用
        入江 一浩
        化学と工業, 51/10, 1634, 1998年, 筆頭著者, 責任著者
      • プロテインキナーゼ機能ドメインの化学合成
        入江 一浩
        バイオサイエンスとインダストリー, 56/8, 541-544, 1998年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Comparison of chemical characteristics of the first and the second cysteine-rich domains of protein kinase Cγ
        K. Irie; Y. Yanai; K. Oie; J. Ishizawa; Y. Nakagawa; H. Ohigashi; P. A. Wender; U. Kikkawa
        Bioorg. Med. Chem., 5/8, 1725-1737, 1997年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and biological activities of indolactone-V, the lactone analogue of the tumor promoter (-)-indolactam-V
        Y Nakagawa; K Irie; Y Nakamura; H Ohigashi; H Hayashi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1997年08月, 査読有り, 責任著者
      • Protein kinase C regulatory domain surrogate peptides: Effects of metal ions on folding, phorbol ester-binding, and selectivity
        K Irie; Y Yanai; K Oie; H Ohigashi; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1997年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • プロテインキナーゼCの2つのzinc finger モチーフの機能と役割
        入江 一浩
        化学と生物, 35/9, 638-639, 1997年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and characterization of the first cysteine-rich domain of novel protein kinase C
        Y Yanai; K Irie; H Ohigashi; PA Wender
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1997年01月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis and characterization of model peptides incorporating the phorbol ester-binding domain of protein kinase C
        K Irie; H Ohigashi
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 1996年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and biological activities of new conformationally restricted analogues of (-)-indolactam-V: Elucidation of the biologically active conformation of the tumor-promoting teleocidins
        K Irie; T Isaka; Y Iwata; Y Yanai; Y Nakamura; F Koizumi; H Ohigashi; PA Wender; Y Satomi; H Nishino
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1996年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and characterization of new photolabile phorbol esters for affinity labeling of protein kinase C
        K Irie; T Ishii; H Ohigashi; PA Wender; BL Miller; N Takeda
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1996年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and characterization of the second cysteine-rich region of mouse skin PKCη
        K. Irie; Y. Yanai; H. Ohigashi; P. A. Wender; B. L. Miller
        Bioorg. Med. Chem. Lett., 6/4, 353-356, 1996年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • プロテインキナーゼCのホルボールエステル結合部位の合成と化学的特性
        入江 一浩; 大東 肇
        有機合成化学協会誌, 54/12, 1024-1033, 1996年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • プロテインキナーゼCのホルボールエステル結合部位の光アフィニティーテベリングによる構造解析
        入江 一浩
        生化学, 68/2, 129-132, 1996年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Photocytotoxicity of water-soluble fullerene derivatives
        K. Irie; Y. Nakamura; H. Ohigashi; H. Tokuyama; S. Yamago; E. Nakamura
        Biosci. Biotechnol. Biochem., 60/8, 1359-1361, 1996年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • SYNTHESIS OF 6-SUBSTITUTED INDOLACTAMS BY MICROBIAL CONVERSION
        K IRIE; M IGUCHI; T ODA; Y SUZUKI; S OKUNO; H OHIGASHI; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI; H NISHINO; A IWASHIMA
        TETRAHEDRON, 1995年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • SYNTHESIS AND BIOLOGICAL-ACTIVITIES OF NEW CONFORMATIONALLY FIXED ANALOGS OF (-)-INDOLACTAM-V, THE CORE STRUCTURE OF TUMOR-PROMOTING TELEOCIDINS
        K IRIE; F KOIZUMI; Y IWATA; T ISHII; Y YANAI; Y NAKAMURA; H OHIGASHI; PA WENDER
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1995年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • IDENTIFICATION, ACTIVITY, AND STRUCTURAL STUDIES OF PEPTIDES INCORPORATING THE PHORBOL ESTER-BINDING DOMAIN OF PROTEIN-KINASE-C
        PA WENDER; K IRIE; BL MILLER
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1995年01月, 査読有り
      • NEW TELEOCIDIN-RELATED METABOLITES, (-)-7-GERANYLINDOLACTAM-V AND BLASTMYCETIN-F, FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        K IRIE; SI KAJIYAMA; S OKUNO; M KONDO; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI; H NISHINO; A IWASHIMA
        JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 1994年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • SYNTHESIS AND BIOLOGICAL-ACTIVITIES OF FLUORINE-SUBSTITUTED (-)-INDOLACTAM-V, THE CORE STRUCTURE OF TUMOR PROMOTER TELEOCIDINS
        S OKUNO; K IRIE; Y SUZUKI; K KOSHIMIZU; H NISHINO; A IWASHIMA
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 1994年02月, 査読有り, 責任著者
      • 発癌プロモーター・テレオシジンの作用機構に関する有機化学的研究
        入江 一浩
        日本農芸化学会誌, 68/9, 1289-1296, 1994年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • PHOTOLABILE DERIVATIVES OF INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER TELEOCIDINS - SYNTHESIS, BIOLOGICAL-ACTIVITIES AND PHOTOAFFINITY-LABELING STUDIES
        K IRIE; S OKUNO; F KOIZUMI; K KOSHIMIZU; H NISHINO; A IWASHIMA
        TETRAHEDRON, 1993年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • SYNTHESIS AND BINDING OF PHOTOAFFINITY LIGAND CANDIDATES FOR PROTEIN-KINASE-C
        PA WENDER; K IRIE; BL MILLER
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1993年07月, 査読有り
      • PHOTOCYTOTOXICITY OF WATER-SOLUBLE METALLOPORPHYRIN DERIVATIVES
        T ANDO; K IRIE; K KOSHIMIZU; T TAKEMURA; H NISHINO; A IWASHIMA; N TAKEDA; S NAKAJIMA; SAKATA, I
        PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY, 1993年04月, 査読有り, 責任著者
      • Chemistry of indole alkaloid tumor promoter teleocidins
        K. Irie; K. Koshimizu
        Comments Agric. & Food Chemistry,3/1, 1-25, 1993年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A CONVENIENT SYNTHESIS OF CHLORIN E6 DIMER AND TRIMER
        T ANDO; K IRIE; K KOSHIMIZU; S NAKAJIMA; T TAKEMURA; SAKATA, I
        PHOTODYNAMIC THERAPY AND BIOMEDICAL LASERS, 1992年, 査読有り, 責任著者
      • THE INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER TELEOCIDINS AS EPSTEIN-BARR-VIRUS INDUCERS - STRUCTURE, BIOSYNTHESIS AND STRUCTURE-ACTIVITY RELATIONSHIP
        K IRIE; K KOSHIMIZU
        NATURAL PRODUCTS AS ANTIVIRAL AGENTS, 1992年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 腫瘍親和性光増感剤ヘマトポルフィリン誘導体の活性成分は?
        入江 一浩; 小清水 弘一
        化学, 47/2, 142, 1992年, 筆頭著者, 責任著者
      • INVESTIGATION OF STRUCTURE-ACTIVITY-RELATIONSHIPS USING TELEOCIDIN DERIVATIVES TO ELUCIDATE THE MECHANISM OF TUMOR PROMOTION
        K IRIE; K KOSHIMIZU
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 1991年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • QUANTITATIVE STRUCTURE ACTIVITY STUDIES ON INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER INDOLACTAM CONGENERS
        K IRIE; S OKUNO; S KAJIYAMA; K KOSHIMIZU; H NISHINO; A IWASHIMA
        CARCINOGENESIS, 1991年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • NEW WATER-SOLUBLE PYROPHEOPHORBIDE A DERIVATIVES AS POSSIBLE AGENTS FOR PHOTODYNAMIC THERAPY OF CANCER
        T ANDO; Y SUZUKI; R GEKA; K IRIE; K KOSHIMIZU; T TAKEMURA; S NAKAJIMA; SAKATA, I
        TETRAHEDRON LETTERS, 1991年09月, 査読有り, 責任著者
      • NEW PHOTOSENSITIZERS FOR PHOTODYNAMIC THERAPY - SYNTHESES OF CHLORIN-E6 DIMER AND TRIMER
        T ANDO; K IRIE; K KOSHIMIZU; T SHINGU; N TAKEDA; T TAKEMURA; S NAKAJIMA; SAKATA, I
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年09月, 査読有り, 責任著者
      • SYNTHESIS OF NEW INDOLACTAM ANALOGS BY MICROBIAL CONVERSION
        S KAJIYAMA; K IRIE; T KIDO; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI
        TETRAHEDRON, 1991年07月, 査読有り, 責任著者
      • 発癌プロモーターの作用機作解明への有機化学的アプローチ
        入江 一浩; 小清水 弘一
        有機合成化学協会誌, 49/11, 1070-1079, 1991年, 査読有り, 筆頭著者
      • SUPPRESSION BY PROTEIN-KINASE-C INHIBITORS OF TUMOR PROMOTER ENHANCEMENT OF EPSTEIN-BARR VIRUS-INDUCED GROWTH TRANSFORMATION
        T KINOSHITA; TAKAHASHI, I; E KOBAYASHI; T TAMAOKI; K IRIE; K KOSHIMIZU; T OSATO
        ANTICANCER RESEARCH, 1990年07月, 査読有り
      • SYNTHESES AND BIOLOGICAL-ACTIVITIES OF PHOTOLABILE INDOLACTAM DERIVATIVES - NEW PROBES FOR THE RECEPTOR ANALYSIS OF TUMOR PROMOTERS
        S OKUNO; K IRIE; H NISHINO; A IWASHIMA; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年07月, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis, physicochemical properties and photocytotoxicity of five new δ-substituted chlorin e6 derivatives
        T. Ando; K. Irie; K. Koshimizu; T. Takemura; H. Nishino; A. Iwashima; S. Nakajima; I. Sakata
        Tetrahedron, 46/17, 5921-5930, 1990年, 査読有り, 責任著者
      • ISOLATION AND BIOSYNTHESIS OF (-)-INDOLACTAM-I, A NEW CONGENER OF INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER TELEOCIDINS
        K IRIE; S KAJIYAMA; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI
        TETRAHEDRON LETTERS, 1990年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • BIOSYNTHESIS OF INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTERS TELEOCIDINS .1. POSSIBLE BIOSYNTHETIC-PATHWAY OF THE MONOTERPENOID MOIETIES OF TELEOCIDINS
        K IRIE; S KAJIYAMA; A FUNAKI; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI
        TETRAHEDRON, 1990年, 査読有り, 筆頭著者
      • BIOSYNTHESIS OF (-)-INDOLACTAM-V, THE BASIC RING-STRUCTURE OF TUMOR PROMOTERS TELEOCIDINS
        K IRIE; S KAJIYAMA; A FUNAKI; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI
        TETRAHEDRON LETTERS, 1990年, 査読有り, 筆頭著者
      • BIOLOGICAL-ACTIVITIES AND CELLULAR UPTAKE STUDIES OF FLUORESCENT DERIVATIVES OF INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER TELEOCIDIN
        K IRIE; S OKUNO; K KOSHIMIZU; H TOKUDA; H NISHINO; A IWASHIMA
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1989年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • Structure-activity studies in the induction of Epstein-Barr virus by the indole alkaloid tumor promoter teleocidins
        K. Koshimizu; K. Irie
        Hokkaido Univ. Med. Lib. Ser., 24, 111-134, 1989年, 査読有り
      • STRUCTURE OF BLASTMYCETIN-E, A NEW TELEOCIDIN-RELATED COMPOUND, FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        K IRIE; A FUNAKI; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; M ARAI
        TETRAHEDRON LETTERS, 1989年, 査読有り, 筆頭著者
      • ISOLATION AND BIOLOGICAL-ACTIVITIES OF N13-DESMETHYL ANALOGS OF TUMOR PROMOTER TELEOCIDIN FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        K IRIE; N HAGIWARA; A FUNAKI; H HAYASHI; M ARAI; H TOKUDA; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • STRUCTURE AND TUMOR-PROMOTING ACTIVITY OF NEW TELEOCIDIN-RELATED METABOLITES (BLASTMYCETINS) FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        N HAGIWARA; K IRIE; A FUNAKI; H HAYASHI; M ARAI; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年03月, 査読有り
      • Structure-activity studies of indole alkaloid tumor promoters
        K. Irie; K. Koshimizu
        Mem. Coll. Agric., Kyoto Univ.,132, 1-59, 1988年, 査読有り, 筆頭著者
      • THE METABOLISM OF INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER, (-)-INDOLACTAM-V, WHICH HAS THE FUNDAMENTAL STRUCTURE OF TELEOCIDINS, BY RAT-LIVER MICROSOMES
        N HAGIWARA; K IRIE; H TOKUDA; K KOSHIMIZU
        CARCINOGENESIS, 1987年07月, 査読有り
      • ISOLATION OF BLASTMYCETIN-D, A POSSIBLE PRECURSOR OF TELEOCIDINS, FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        K IRIE; N HAGIWARA; A FUNAKI; H HAYASHI; M ARAI; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1987年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • STRUCTURE - ACTIVITY STUDIES OF THE INDOLE ALKALOID TUMOR PROMOTER TELEOCIDINS
        K IRIE; N HAGIWARA; H TOKUDA; K KOSHIMIZU
        CARCINOGENESIS, 1987年04月, 査読有り, 筆頭著者
      • QUANTITATIVE STRUCTURE ACTIVITY STUDIES OF BENZOYLPHENYLUREA LARVICIDES .3. EFFECTS OF SUBSTITUENTS AT THE BENZOYL MOIETY
        Y NAKAGAWA; T SOTOMATSU; K IRIE; K KITAHARA; H IWAMURA; T FUJITA
        PESTICIDE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY, 1987年02月, 査読有り
      • Teleocidin 類の構造活性相関と蛍光標識化
        入江 一浩
        日本農芸化学会誌, 61/7, 830-833, 1987年, 査読有り
      • NEW PROBES FOR RECEPTOR ANALYSIS OF TUMOR PROMOTERS SYNTHESIS OF FLUORESCENT DERIVATIVES OF (-)-INDOLACTAM-V, THE BASIC RING-STRUCTURE OF TELEOCIDINS
        K IRIE; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU
        TETRAHEDRON, 1987年, 査読有り, 筆頭著者
      • SYNTHESIS OF A BIOLOGICALLY-ACTIVE FLUORESCENT INDOLACTAM DERIVATIVE - A METHOD OF PREPARING NEW PROBES FOR RECEPTOR ANALYSIS OF TUMOR PROMOTERS
        K IRIE; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU
        TETRAHEDRON LETTERS, 1987年, 査読有り, 筆頭著者
      • NEW TELEOCIDIN-RELATED METABOLITES FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMY-CETICUM PRODUCING TUMOR-PROMOTING INDOLE ALKALOIDS
        K IRIE; N HAGIWARA; T KUROME; H HAYASHI; M ARAI; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1987年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • SUBSTITUTION-REACTION ON THE INDOLE RING OF (-)-INDOLACTAM-V, THE FUNDAMENTAL STRUCTURE OF TELEOCIDINS
        K IRIE; H HAYASHI; M ARAI; K KOSHIMIZU
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1986年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • 微生物の生産する発癌プロモーター
        入江 一浩; 小清水 弘一
        日本放線菌学会誌,49, 3-9, 1986年, 査読有り
      • STRUCTURE-ACTIVITY RELATIONSHIP IN THE INDUCTION OF EPSTEIN-BARR VIRUS BY TELEOCIDIN DERIVATIVES
        K IRIE; H TOKUDA; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; S MURAO; Y ITO
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1985年, 査読有り, 筆頭著者
      • NEW TELEOCIDIN METABOLITES FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        N HAGIWARA; K IRIE; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; S MURAO; H TOKUDA; Y ITO
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1985年, 査読有り
      • EPSTEIN-BARR VIRUS EARLY ANTIGEN INDUCING ACTIVITY OF 14-O-DERIVATIVES OF (-)-INDOLACTAM-V
        K IRIE; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU; H TOKUDA; Y ITO; H HAYASHI; S MURAO
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1985年, 査読有り, 筆頭著者
      • TUMOR PROMOTING ACTIVITIES OF NEW SYNTHETIC ANALOGS OF TELEOCIDIN
        H FUJIKI; M SUGANUMA; H HAKII; M NAKAYASU; Y ENDO; K SHUDO; K IRIE; K KOSHIMIZU; T SUGIMURA
        PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES, 1985年, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF THE MICROORGANISM WHICH PRODUCES EPSTEIN-BARR VIRUS EARLY ANTIGEN-INDUCING INDOLE ALKALOIDS
        K IRIE; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; S MURAO; Y ITO
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1985年, 査読有り, 筆頭著者
      • ISOLATION AND THE EPSTEIN-BARR VIRUS EARLY ANTIGEN INDUCING ACTIVITY OF OLIVORETINS FROM STREPTOVERTICILLIUM-BLASTMYCETICUM
        K IRIE; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; S MURAO; H TOKUDA; Y ITO
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1985年, 査読有り, 筆頭著者
      • THE EPSTEIN-BARR VIRUS EARLY ANTIGEN INDUCING INDOLE ALKALOIDS, (-)-INDOLACTAM-V AND ITS RELATED-COMPOUNDS, PRODUCED BY ACTINOMYCETES
        K IRIE; M HIROTA; N HAGIWARA; K KOSHIMIZU; H HAYASHI; S MURAO; H TOKUDA; Y ITO
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1984年, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • Development of a conformation specific antibody identifying toxic conformation of amyloid β peptide
        Y. Kageyama; Y. Irie; Y. Matsushima; T. Segawa; D. Kaneda; Y. Hashizume; H. Akatsu; K. Miki; A. Kita; K. Irie; I. Tooyama
        第63回日本神経病理学会総会学術研究会, 2022年06月
      • Toxic amyloid β42 conformer may accelerate the onset of Alzheimer’s disease in the preclinical stage
        A. Futamura; S. Hieda; Y. Mori; K. Kasuga; A. Sugimoto; H. Kasai; T. Kuroda; S. Yano S; M. Tsuji; T. Ikeuchi; K. Irie; K. Ono
        第63回日本神経学会学術集会, 2022年05月
      • (–)-Carvoneを用いるAplysiatoxin単純化アナログの合成と活性評価
        鈴木芳幸; 守時恵一; 梶原瑞生; 柳田 亮; 川浪康弘; 花木祐輔; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者
      • B環を除去したAplysiatoxin単純化アナログの合成と生物活性
        関戸智紀; 山本剛史; 柳田 亮; 花木祐輔; 川浪康弘; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者
      • 機能性食品成分に含まれるフラボノイド抱合体の合成とアミロイドβ42に対する凝集阻害活性
        谷輪厚太; 村上一馬; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者
      • 主成分分析を活用したLC-MSによるアミロイドβ凝集阻害剤の効率的探索法
        花木瑞穂; 村上一馬; 郡司裕樹; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者
      • Pre-schisanartanin Aの右側フラグメント合成
        八木田凌太郎; 入江一浩; 塚野千尋
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月
      • アロタケタール類のシスピラン環型単純化アナログの合成とPKC結合活性
        奥田創元; 塚野千尋; 柳田 亮; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者, 責任著者
      • アロタケタール類のトランスデカリン型単純化アナログの合成とPKC結合活性
        眞木準平; 押村亜沙美; 塚野千尋; 柳田 亮; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβの毒性2量体モデルにおけるリンカー長の凝集能と細胞毒性に及ぼす影響
        筑後文馨; 入江由美; 内野歩美; 塚野千尋; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者, 責任著者
      • 3回対称ならびに平行型Aβ40の3量体モデルの合成と機能解析
        内野歩美; 入江由美; 塚野千尋; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        2022年度日本農芸化学会大会(京都)、オンライン開催, 2022年03月, 最終著者, 責任著者
      • サネカズラ属生薬植物由来の抗HIV活性トリテルペノイド・Lancilactone Cの不斉全合成研究
        黒岩秀崇; 入江一浩; 塚野千尋
        日本農芸化学会関西支部第519回講演会(京都)、オンライン開催, 2022年02月
      • Studies toward synthesis of aculeine B, a cytotoxic peptide-polyamine conjugate from marine sponges
        Oikawa, M; Miyahara, M; Nakamura, S; Honda, A; Sakai, R; Irie, Y; Irie, K; Irie R
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月
      • Synthesis and biological activities of des-A-ring analog of 18-deoxy-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin
        Yanagita, R. C; Ashida, Y; Kawanami, Y; Mutsumi, O; Dan, S; Irie, K
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月, 最終著者
      • Development of new protein kinase C ligands using a machine learning model
        Irie, K; Tsukano, C; Maki, J; Oshimura, A; Okuda, S; Gonda, A; Yanagita, R. C; Saito, Y; Sakakibara, Y
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Classification of amyloid beta aggregation inhibitors from natural product library
        Murakami, K; Horii, S; Sadamitsu, T; Sakaguchi, Y; Taniwa, K; Hanaki, M; Gunji, H; Irie, K
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月, 最終著者
      • Synthesis and physicochemical properties of 20-mer peptide nucleic acid conjugates with a steroid toward antisense oligonucleotide therapy
        Murakami, K; Yagita, R; Ikeda, H; Irie, K
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月, 最終著者
      • Suppression of toxic amyloid β42 oligomers in rat primary cerebral cortex cells and human iPS-derived neurons treated with 10-Me-Aplog-1, a new PKC activator
        Murakami, K; Yoshimura, M; Nakagawa, S; Kume, T; Kondo, T; Inoue, H; Irie, K
        PACIFICHEM 2021 (virtual), 2021年12月, 最終著者
      • Toxic amyloid β42 conformer may accelerate the onset of Alzheimer’s disease in the preclinical stage
        Futamata, A; Hieda, S; Mori, Y; Kasuga, K; Sugimoto, A; Kasai, H; Kuroda, T; Yano, S; Tsuji, M; Ikeuchi, T; Irie, K; Ono, K
        第40回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、ハイブリッド), 2021年11月
      • 大阪変異のAβ 毒性コンホマー形成能に与えるプロリン置換の影響
        村上一馬; 山口智美; 泉尾直孝; 久米利明; 原 英之; 入江一浩
        第40回日本認知症学会学術集(東京国際フォーラム、ハイブリッド), 2021年11月, 最終著者
      • 朝鮮五味子由来ノルトリテルペノイドの左側フラグメント合成
        八木田凌太郎; 入江一浩; 塚野千尋
        第50回複素環討論会、静岡市清水文化会館(静岡市), 2021年10月
      • 三環性セスキテルペンShagene AおよびBの不斉全合成
        塚野千尋; 八木田凌太郎; 平家崇吉; Tagwa A. Mohammed; 西林和也; 入江一浩; 竹本佳司
        第63回天然有機化合物討論会, 2021年09月
      • Classification of amyloid β42 aggregation modulators from natural product library identifies promising scaffolds that suppress nuclei-driven neurotoxicity
        Kazuma Murakami; Shiori Horii; Mizuho Hanaki; Kazuhiro Irie
        Alzheimer’s Association International Conference 2021 (online, poster), 2021年07月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドタンパク質を認識するRNAアプタマーの治療・診断応用に向けて
        村上一馬; 小畑弥生; 入江一浩
        日本核酸医薬学会第6回年会, 2021年06月, 最終著者
      • セージからのジテルペン型AhRリガンドの単離、同定
        西野勝俊; 染谷健太; Riadh Ksouri; 石川敏夫; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月
      • 青ジソに含まれるアミロイドβ42の凝集阻害物質・DDCの代謝物の合成と活性
        谷輪厚太; 村上一馬; 坂口嘉紀; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月, 最終著者, 責任著者
      • アンチセンス治療を指向した長鎖ペプチド核酸の合成研究
        村上一馬; 八木田凌太郎; 池田壽文; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月, 最終著者, 責任著者
      • CH/π相互作用に着目したAplysiatoxin単純化アナログの分子動力学解析
        柳田 亮; 小林巧美; 権田敦子; 高田晃児; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月, 最終著者, 責任著者
      • Pre-schisanartanin Aの不斉全合成研究
        八木田凌太郎; 塚野千尋; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月
      • 抗HIV活性トリテルペノイド・ランシラクトンCの不斉全合成研究
        黒岩秀崇; 塚野千尋; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月
      • 病原性凝集ペプチドの3量体モデルのリンカーとなるアルキル架橋トリス-α-アミノ酸の合成
        内野歩美; 塚野千尋; 今本恒雄; 入江一浩
        2021年度日本農芸化学会大会(オンライン), 2021年03月, 最終著者, 責任著者
      • セージ(Salvia officinalis)からのapoA-Iを介するコレステロール搬出促進化合物の単離・同定
        平島知代子、染谷健太、西野勝俊、Riadh Ksouri、松尾道憲、礒田博子、入江一浩、永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部例会(第514回講演会)オンライン, 2021年02月
      • カワラケツメイからのカテプシンK阻害物質の単離・同定
        佐藤 峻、西野勝俊、入江一浩、大塚隆尚、永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部例会(第514回講演会)オンライン, 2021年02月
      • 分子内ジスルフィド結合形成によるアミロイドβ42の毒性配座モデルの最適化
        松島由佳; 入江一浩
        日本農芸化学会関西支部例会(第514回講演会)オンライン, 2021年02月, 最終著者, 責任著者
      • B環を除去したAplysiatoxin単純化アナログの合成研究
        山本剛資; 柳田 亮; 川浪康弘; 入江一浩
        日本農芸化学会中四国支部第58回講演会, 2021年01月, 最終著者
      • 薬用植物セージからのAhRリガンドの単離・同定
        西野勝俊; 染谷健太; RIADH Ksouri; 石川敏夫; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • アミロイドβのパースルフィド化に関する化学研究
        村上一馬、加藤春花、花木瑞穂、物部容子、赤木謙一、川瀬泰司、廣瀬賢治、入江一浩
        第39回日本認知症学会学術集会(オンライン開催), 2020年11月, 最終著者, 責任著者
      • 分子内ジスルフィド結合形成によるアミロイドβ42毒性配座固定モデルの合成および活性評価
        松島由佳、柳田 亮、入江一浩
        第39回日本認知症学会学術集会(オンライン開催), 2020年11月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ42の毒性オリゴマーを認識するRNAアプタマーの開発
        村上一馬; 小畑弥生; 関川あさ; 上田 遥; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 泉尾直孝; 清水孝彦; 入江一浩
        第62回天然有機化合物討論会(オンライン), 2020年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic studies on aculeine B, a peptide–polyamine hybrid marine toxin
        宮原正義;入江 樂;酒井隆一;入江由美;入江一浩;及川雅人
        日本化学会 第100回春季年会(東京理科大学)講演要旨公表のみ, 2020年03月
      • Debromoaplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-Aplog-1の側鎖長の最適化
        権田敦子; 高田晃児; 入江一浩
        2020年度日本農芸化学会大会(九州大学、福岡市)講演要旨公表のみ, 2020年03月, 最終著者, 責任著者
      • CH/π相互作用に着目したaplysiatoxin単純化アナログの合成と生物活性
        小林巧実; 入江一浩
        2020年度日本農芸化学会大会(九州大学、福岡市)講演要旨公表のみ, 2020年03月, 最終著者, 責任著者
      • Shagene AおよびBの不斉全合成研究
        八木田凌太郎; 西林和也; Mohammed Tagwa; 平家崇吉; 竹本佳司; 入江一浩; 塚野千尋
        2020年度日本農芸化学会大会(九州大学、福岡市)講演要旨公表のみ, 2020年03月
      • アミロイドβの凝集阻害機構に基づいた天然物ライブラリーの分類
        村上一馬; 堀井詩織; 定光達斗; 花木瑞穂; 郡司祐樹; 入江一浩
        2020年度日本農芸化学会大会(九州大学、福岡市)講演要旨公表のみ, 2020年03月, 最終著者
      • 地中海沿岸原産植物からのAhRリガンドの単離・同定
        染谷健太; 西野勝俊; KSOURI Riadh; 石川敏夫; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2020年
      • PKC活性化剤とBET阻害剤の併用によるHIV再活性化能及び毒性への効果
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関 洋平; Yin Pui Tang; Tan Wei Keat; 入江一浩; 明里宏文
        第33回 日本エイズ学会学術集会・総会(熊本城ホール、熊本市), 2019年11月
      • Alzheimer型認知症と対照脳脊髄液中のAβ毒性コンホマーオリゴマー量とタウの関連
        冨所康志; 石井一弘; 入江一浩; 玉岡 晃
        第38回日本認知症学会学術集会(京王プラザホテル、東京), 2019年11月, 査読有り
      • アミロイドβのプロトフィブリルを認識するRNAアプタマー
        村上一馬; 小畑弥生; 関川あさ; 上田 遥; 泉尾直孝; 粟野達也; 高部圭司; 清水孝彦; 入江一浩
        第38回日本認知症学会学術集会(京王プラザホテル、東京)), 2019年11月, 査読有り, 最終著者
      • アミロイドβ40の3量体モデルの合成と神経細胞毒性
        入江由美; 花木瑞穂; 村上一馬; 今本恒雄; 古田 巧; 川端猛夫; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 柳田 亮; 入江一浩
        第38回日本認知症学会学術集会(京王プラザホテル、東京), 2019年11月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 準安定なアミロイドβの毒性オリゴマーモデルの合成と機能解析
        入江由美; 村上一馬; 花木瑞穂; 花木祐輔; 鈴木天志; 今本恒雄; 古田 巧; 川端猛夫; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 柳田 亮; 入江一浩
        第61回天然有機化合物討論会(広島国際会議場、広島市), 2019年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 分子内ジスルフィド結合によるアミロイドβ 42の毒性配座固定アナログの合成と生化学的機能解析
        松島由佳; 村上一馬; 入江一浩
        第9回 認知症研究を知る若手研究者の集まり(ホテルヘリテイジ・リゾート、熊谷市), 2019年08月, 最終著者, 責任著者
      • Aplysiatoxinならびにoscillatoxin類の合成と生物活性評価
        花木祐輔; 新木悠介; 野倉吉彦; 中崎敦夫; 北 将樹; 早川皓太郎; 入江一浩; 西川俊夫
        日本ケミカルバイオロジー学会(ウインクあいち、名古屋市), 2019年06月
      • Toxic Aβ conformer and tau in CSF obtained from the cases of AD and controls, a preliminary study
        冨所康志; 石井一弘; 入江一浩; 玉岡 晃
        第60回日本神経学会学術大会(大阪府立国際会議場、大阪市), 2019年05月
      • アミロイドβの凝集を抑制する食品・生薬成分の作用機構
        入江一浩; 村上一馬
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月
      • サンゴジュの花芽に含まれるビブサニン類の分析と生物活性評価
        柳田 亮; 植松紗和子; 西 皓冬; 川浪康弘; 入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月, 最終著者
      • Oscillatoxin Dの全合成と生物活性評価
        花木祐輔; 新木悠介; 野倉吉彦; 中崎敦夫; 北 将樹; 早川皓太郎; 入江一浩; 西川俊夫
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月
      • アミロイドβの毒性オリゴマー形成阻害能を有する生薬化合物のカルボキシ基の役割
        堀井詩織; 村上一馬; 花木瑞穂; 粟野達也; 高部圭司; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月, 最終著者, 責任著者
      • 分子内ジスルフィド結合形成によるアミロイドβ42の毒性配座モデルの合成と機能解析
        松島由佳; 村上一馬; 花木瑞穂; 粟野達也; 高部圭司; 柳田 亮; 入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月, 最終著者, 責任著者
      • スピロ環をもたないaplysiatoxin単純化アナログの合成とPKCアイソザイム結合活性
        押村亜沙美; 早川皓太郎; 花木祐輔; 柳田 亮; 入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ42の毒性オリゴマーに対する核酸アプタマーの開発研究と脳組織染色への応用
        村上一馬; 小畑弥生; 関川あさ; 上田 遥; 泉尾直孝; 粟野達也; 高部圭司; 清水孝彦; 入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月, 最終著者, 責任著者
      • スピロ環を簡略化したアプリシアトキシン単純化アナログの合成、配座、および生物活性
        柳田 亮; 芦田能基; 川浪康弘; 旦 慎吾; 岡村睦美; 入江一浩
        2018年度先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会(琵琶湖ホテル、大津市), 2019年01月, 最終著者
      • Evaluation system of amyloid beta precursor protein processing in rat primary cortical neurons treated with PKC activators
        Yoshimura, M; Murakami, K; Kume, T; Irie, K
        新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム (ISCC2019)(一橋大学一橋講堂、東京), 2019年01月, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis, conformation, and biological activities of a des-A-ring analog of 18-deoxy-aplog-1
        Ashida, Y; Yanagita, R. C; Kawanami, Y; Okamura, M; Dan, S; Irie, K
        新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム (ISCC2019)(一橋大学一橋講堂、東京), 2019年01月, 最終著者
      • 新規PKC活性化剤10-Methyl-Aplog-1とJQ1の併用はLatency Reversing Agentとして理想的な活性を示す
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; Wei Keat Tan; 入江一浩; 明里宏文
        第32回 日本エイズ学会学術集会, 2018年12月02日, 査読有り
      • Aβ42毒性オリゴマーの細胞内標的タンパク質と作用機序
        片岡翔太郎; 村上一馬; 徳田真樹; 泉 俊輔; 入江一浩
        日本農芸化学会2018年度関西支部例会(第506回講演会)(神戸大学、神戸市), 2018年12月, 最終著者, 責任著者
      • Synthetic studies on oscillatoxin D and its analogs
        Hanaki, Y; Araki, Y; Nokura, Y; Nakazaki, A; Kita, M; Irie, K; Nishikawa, T
        The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Rihga Royal Hotel) (Kyoto, Japan), 2018年11月
      • 生合成経路の再構築と再設計による糸状菌ジテルペノイドピロンライブラリーの構築と生物活性評価
        塚田健人; 金子秋穂; 新木翔之; 河治久実; 児玉栄一; 倉石貴透; 村上一馬; 入江一浩; 平田尚也; 諫田泰成; 浅井禎吾
        第36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都テルサ、京都市), 2018年11月
      • RNA aptamers targeting the toxic oligomers of Aβ42 and their application to immunohistochemistry
        Murakami, K; Obata, Y; Sekikawa, A; Ueda, H; Izuo, N; Awano, T; Takabe, K; Shimizu, T; Irie, K
        The 45th International Syposium on Nucleic Acids Chemistry (Kyoto University Clock Tower Centennial Hall) (Kyoto, Japan), 2018年11月, 最終著者, 責任著者
      • A novel PKC activator 10-Methyl-Aplog-1 in combination with JQ1 showed high potency as LRA for shock and kill therapy
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Yin Pui Tang; Hiroyuki Kangawa; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月28日, 査読有り
      • 脳脊髄液中のAβ毒性コンホマー量とタウの関連
        冨所康志; 石井一弘; 入江一浩; 玉岡 晃
        第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市)), 2018年10月
      • 天然物によるアミロイドβの毒性オリゴマー形成阻害機構
        村上一馬; 吉岡卓也; 堀井詩織; 花木瑞穂; 緑川論弘; 谷脇慎治; 郡司祐樹; 赤木謙一; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市)), 2018年10月, 最終著者, 責任著者
      • 分子内ジスルフィド結合形成によるアミロイドβの毒性コンホメーションの制御
        松島由佳; 村上一馬; 花木瑞穂; 粟野達也; 高部圭司; 柳田 亮; 入江一浩
        第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市), 2018年10月, 最終著者, 責任著者
      • 新規PKC活性化薬の10-Methyl-Aplog-1はJQ1との併用により理想的なLatency Reversing Agentとしての活性を示す
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関 洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; 入江一浩; 明里宏文
        第66回日本ウイルス学会学術集会(京都テルサ、京都市), 2018年10月
      • 抗腫瘍性Aplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-Aplog-1のアセタール型アナログの合成と生物活性
        早川皓太郎; 花木祐輔; 徳田春邦; 柳田 亮; 中川 優; 入江一浩
        第60回天然有機化合物討論会(久留米シティープラザ、福岡県久留米市), 2018年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • サンゴジュに含まれるビブサニン類のプロテインキナーゼC結合活性の評価と結合様式の予測
        植松紗和子; 柳田 亮; 三宅翔太; 川浪康弘; 入江一浩
        日本農芸化学会2018年度中四国支部大会(島根大学松江キャンパス、松江市), 2018年09月
      • アミロイドβ42の2量体モデル由来の毒性オリゴマーに対するRNAアプタマー
        小畑弥生; 村上一馬; 関川あさ; 粟野達也; 髙部圭司; 入江一浩
        日本核酸医薬学会第4回年会(九州大学医学部百年講堂、福岡市), 2018年07月, 最終著者
      • 新規PKC活性化薬の10-Methyl-Aplog-1はJQ1との併用により理想的なLatency Reversing Agentとしての活性を示す
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関 洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; Tan Wei Keat; 入江一浩; 明里宏文
        第32回近畿エイズ研究会学術集会(大阪大学微生物病研究所、吹田市), 2018年06月
      • Toxic Aβ conformer and tau in CSF obtained from the cases of AD dementia, a preliminary study
        冨所康志; 石井一弘; 入江一浩; 玉岡 晃
        第59回日本神経学会学術大会(札幌市教育文化会館、札幌市), 2018年05月
      • アミロイドβの毒性オリゴマーの構造解析に基づくアルツハイマー病の早期診断法の開発
        入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • スピロ環をもたないアプリシアトキシン単純化アナログの合成、配座、および活性
        芦田能基; 柳田 亮; 川浪康弘; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者
      • 青ジソに含まれるアミロイドβ42の凝集阻害物質の作用機構とマウスにおける生体内代謝
        坂口嘉紀; 村上一馬; 花木瑞穂; 泉尾直孝; 小澤祐介; 粟野達也; 高部圭司; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 三羽伸明; 久米利明; 清水孝彦; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-aplog-1の側鎖誘導体の合成と活性
        高田晃児; 花木祐輔; 菊森将之; 徳田春邦; 柳田 亮; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-Aplog-1の3位アセタール型アナログの合成
        早川皓太郎; 花木祐輔; 徳田春邦; 柳田 亮; 中川 優; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ42の毒性2量体モデルから形成されるプロトフィブリルを標的としたRNAアプタマーの開発
        小畑弥生; 村上一馬; 関川あさ; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ42の毒性オリゴマーの細胞内標的探索
        片岡翔太郎; 村上一馬; 徳田真樹; 泉 俊輔; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アポモルフィンによるアミロイドβ42凝集抑制機構の解析
        花木瑞穂; 村上一馬; 片山寿美枝; 赤木謙一; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • Aplysiatoxin 単純化アナログ・10-Methyl-aplog-1のがん細胞増殖抑制に関わるPKCアイソザイムの同定
        花木祐輔; 四方雄貴; 菊森将之; 堀田夏紀; 井本正哉; 入江一浩
        2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市), 2018年03月, 最終著者, 責任著者
      • アプリシアトキシン単純化アナログのがん細胞増殖抑制活性
        入江一浩
        先端モデル動物支援プラットフォーム 成果発表会2017(琵琶湖ホテル、大津市), 2018年01月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 脳脊髄液中の毒性Aβコンホマーの測定
        冨所康志; 石井一弘; 玉岡 晃; 入江一浩
        第36回日本認知症学会学術集会(石川県立音楽堂、金沢市), 2017年11月
      • 新規PKC activator、10-Methyl-Aplog-1はHIV-1を再活性化する有用なLatency Reversing Agentである
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関 洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; 入江一浩; 明里宏文
        第31回日本エイズ学会学術集会・総会(中野サンプラザ、東京都中野区), 2017年11月
      • 新規PKC activatorである10-methyl-aplog-1はHIV-1再活性化薬として有用である
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関 洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; 入江一浩; 明里宏文
        第65回日本ウイルス学会学術集会(大阪国際会議場、大阪市), 2017年10月
      • 神経細胞毒性を有する準安定なアミロイドβの2量体モデルの合成とイオンモビリティー質量分析法による構造解析
        入江一浩; 入江由美; 村上一馬; 花木瑞穂; 花木祐輔; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 徳田隆彦; 前田雅弘
        第35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋大学、名古屋市), 2017年10月, 筆頭著者, 責任著者
      • Measurement of toxic Aβ conformer in cerebrospinal fluid obtained from the cases of AD dementia
        Tomidokoro, Y; Ishii, K; Irie, K; Tamaoka, A
        XXIII World Congress of Neurology (International Conference Center Kyoto) (Kyoto, Japan), 2017年09月
      • 生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβオリゴマー形成阻害物質の同定と作用機構
        村上一馬; 吉岡卓也; 井戸恭平; 花木瑞穂; 山口加乃子; 緑川諭弘; 谷脇慎治; 郡司祐樹; 赤木謙一; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        第59回天然有機化合物討論会(わくわくホリデーホール、札幌市), 2017年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A Novel PKC activator, 10-methyl-aplog-1, induces HIV-1 efficiently in combination with BET inhibitor JQ1
        Washizaki, A; Murata, M; Seki, Y; Tang, Y. P; Irie, K; Akari, H
        35th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS (Overture Center for the Arts) (Madison, USA), 2017年08月
      • アミロイドβの毒性配座理論と抗体創製
        村上一馬; 入江一浩
        認知症研究を知る若手研究者の集まり2017(湯の宿木もれび、大津市), 2017年07月
      • アミロイドβ「毒性コンホマー」を標的にしたアルツハイマー病の治療・診断法の開発
        泉尾直孝
        日本薬学会第137年会(仙台国際センター、仙台市), 2017年03月, 招待有り
      • アミロイドβ42の35番目でジスルフィド架橋したダイマーの合成と活性評価
        村上一馬; 加藤春花; 花木瑞穂; 物部容子; 赤木謙一; 入江一浩
        2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市), 2017年03月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ40の毒性オリゴマーモデル
        入江由美; 村上一馬; 花木瑞穂; 花木祐輔; 鈴木天志; 物部容子; 高井朋代; 赤木謙一; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市), 2017年03月, 最終著者, 責任著者
      • 漢方由来ウンカリン酸 C によるアミロイド β42 核形成阻害メカニズム
        吉岡卓也; 村上一馬; 花木瑞穂; 緑川諭弘; 谷脇慎治; 郡司祐樹; 川瀬泰司; 廣瀬賢治; 入江一浩
        2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市), 2017年03月, 最終著者, 責任著者
      • Aplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-aplog-1のフェノール性側鎖が各種生物活性に与える影響
        花木祐輔; 菊森将之; 徳田春邦; 岡村睦美; 旦 慎吾; 柳田 亮; 入江一浩
        2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市), 2017年03月, 最終著者, 責任著者
      • 天然ポリフェノールによるAβ42凝集阻害機構の解明とアルツハイマー病予防の可能性
        村上一馬; 入江一浩
        第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区), 2016年12月, 招待有り
      • ウンカリン酸によるアミロイドβ凝集核形成の選択的阻害
        吉岡卓也; 村上一馬; 井戸恭平; 花木瑞穂; 山口加乃子; 緑川諭弘; 谷脇慎治; 郡司祐樹; 入江一浩
        第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区), 2016年12月, 最終著者, 責任著者
      • アミロイドβ40の2量体モデルの合成と神経細胞毒性
        入江由美; 村上一馬; 鈴木天志; 花木瑞穂; 花木祐輔; 物部容子; 高井朋代; 赤木謙一; 入江一浩
        第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区), 2016年12月
      • アプリシアトキシンおよびジアシルグリセロールの受容体認識部位の構造活性相関研究
        芦田能基
        2016年日本化学会中国四国支部大会 香川大会(香川大学幸町北キャンパス、高松市), 2016年11月
      • デブロモアプリシアトキシン単純化アナログ・aplog-1の構造最適化ならびにがん細胞増殖抑制機構の解析
        花木祐輔
        第58回天然有機化合物討論会(東北大学百周年記念会館川内萩ホール), 2016年09月, 査読有り
      • Identification of the “toxic conformer” of amyloid β and its pathogenic contribution of Alzheimer’s disease
        N. Izuo
        2016 Spring International Conference of the Korean Society for Gerontology (Hotel Laonzena, Convention Hall) (Daegu, Korea), 2016年06月
      • Aβ42の22-23位におけるターン構造はAβ42誘発神経毒性を調節する
        泉尾直孝
        日本基礎老化学会大会(伊勢原市民文化会館、伊勢原市), 2016年05月
      • クルクミンの機能性発現機構におけるタンパク質ストレス作用の関与
        村上明; 村上明; 村上明; 今林健登; 村川慧; VALENTINE Cindy; 中畑恵利奈; 大西康太; 入江一浩
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • Thapsigargin のC1ドメインに対する結合能と結合選択性の評価
        高橋知世
        2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市), 2016年03月
      • 分子モデリングによるAplysiatoxinとプロテインキナーゼC C1ドメインとの結合様式の予測
        芦田能基
        2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市), 2016年03月
      • チョウトウコウに含まれるウンカリン酸Cおよびその誘導体のアミロイドβ凝集阻害活性
        吉岡卓也
        2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市), 2016年03月
      • 新規抗がん剤シード・10-Me-aplog-1のがん細胞増殖抑制機構
        花木祐輔
        2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市), 2016年03月
      • アミロイドβの毒性コンホマーにきわめて特異的な抗体の開発とアルツハイマー病診断への応用
        村上一馬
        2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市), 2016年03月
      • Passive immunization with the toxic conformer of Aβ ameliorated behavioral abnormalities in Alzheimer’s-like model without affecting senile plaque deposition
        泉尾直孝
        第89回日本薬理学会年会(パシフィコ横浜、横浜市), 2016年03月
      • 新規抗がん剤シード・aplog類のがん細胞増殖抑制機構の解析
        花木祐輔
        新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜」地区ミニシンポジウム(京都大学、京都市), 2016年02月
      • Large-scale synthesis, anti-cancer activity in vivo, and mechanism of anti-proliferative activity of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, as an anti-cancer lead
        Y. Hanaki
        The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takeda Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan), 2016年01月
      • Characterization of the monoclonal antibody (24B3) highly recognizing the toxic turn of amyloid β42 and its application to diagnosis for Alzheimer’s disease
        K. Murakami
        The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takeda Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan), 2016年01月
      • ハナショウガ成分zerumboneの新しい抗炎症機構
        五十嵐洋子; 大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本香辛料研究会講演要旨集, 2016年
      • 神経細胞内に蓄積したAβ42が細胞死を引き起こす機構
        奥 勇紀; 村上 一馬; 入江 一浩; 寶関 淳; 阪井 康能
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班蓄積を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する
        泉尾直孝
        第38回日本分子生物学会年会(神戸ポートアイランド、神戸市), 2015年12月
      • Extraction of anti-proliferative activity from pleiotropic debromoaplysiatoxin, a potent tumor promoter and a highly inflammatory principle isolated from sea hare
        K. Irie
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月, 招待有り
      • Structure–activity studies on the PKC-recognition domain of aplysiatoxin, a potent tumor-promoter isolated from a sea hare
        Y. Ashida
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月
      • Isolation and ability to bind to protein kinase C of (20S)-bryostatin 19 from Japanese bryozoan: elucidation of the role of the side-chain at position 20
        R. C. Yanagita
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月
      • Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1
        Y. Hanaki
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月
      • Characterization of monoclonal antibodies against the toxic turn of amyloid β42 and their application to diagnosis for Alzheimer’s disease.
        K. Murakami
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月, 招待有り
      • Structural insight into the inhibitory mechanism of amyloid β42 aggregation by non-catechol-type flavonoids
        M. Hanaki
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA), 2015年12月
      • アミロイドβの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用
        村上一馬; 入江一浩
        第8回たんぱく質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所、熊取町), 2015年11月
      • In vitro display evolution of cyclized peptidomimetics to a chemically synthesized amyloid beta protein dimer
        川上隆史
        第52回ペプチド討論会(平塚中央公民館、平塚市), 2015年11月
      • アミロイドβの毒性コンホマーを極めて特異的に認識する抗体の開発とAD診断への応用
        村上一馬; 花木瑞穂; 赤木謙一; 石井亮太郎; 徳田隆彦; 前田雅弘; 泉尾直孝; 清水孝彦; 入江一浩
        第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森), 2015年10月, 最終著者, 責任著者
      • Aβ 毒性コンホマーの選択的除去は老人斑に影響せずアルツハイマー病症状を改善する
        泉尾直孝
        第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森), 2015年10月
      • SOFAST-HMQC NMR を用いた非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構の解析
        花木瑞穂; 村上一馬; 赤木謙一; 入江一浩
        2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山県立大学), 2015年09月, 最終著者, 責任著者
      • 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構
        花木瑞穂; 村上一馬; 赤木謙一; 入江一浩
        第57回天然有機化合物討論会(神奈川県民ホール), 2015年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班形成を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する
        泉尾直孝
        第5回認知症研究を知る若手研究者の集まり2015(高崎市), 2015年08月
      • アミロイドβペプチドの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用
        村上一馬; 入江一浩
        第47回若手ペプチド夏の勉強会、信州塩尻・天然温泉アスティかたおか(塩尻市), 2015年08月, 招待有り
      • ハワイ産ラン藻Moorea producens由来の新規lyngbyatoxin A誘導体類の構造ならびに活性
        江偉娜 他
        第62回トキシンシンポジウム(志摩市), 2015年07月
      • リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
        宮前友策
        日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会(仙台), 2015年06月
      • アミロイドβの「毒性コンホマー」を標的とした受動免疫療法はアルツハイマー病モデルの神経症状を改善する
        泉尾直孝
        第38回 日本基礎老化学会大会(パシフィコ横浜), 2015年06月
      • Zerumboneの抗炎症作用におけるタンパク質ストレスの役割
        五十嵐洋子; 大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • 神経細胞内に蓄積したAβ42による細胞毒性の発現機構
        奥勇紀; 村上一馬; 入江一浩; 寶関淳; 阪井康能
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • リガンド結合ポケットの特性に基づく新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
        宮前友策
        2015年度日本農芸化学会大会(岡山), 2015年03月
      • 日本産フサコケムシからの新規bryostatin類の単離と活性
        村木謙介
        2015年度日本農芸化学会大会(岡山), 2015年03月
      • AplysiatoxinのPKC C1ドメイン認識部位の構造活性相関研究
        芦田能基
        2015年度日本農芸化学会大会(岡山), 2015年03月
      • 細胞増殖抑制能を有するアプリシアトキシン単純化アナログのアミド誘導体の合成と活性
        花木祐輔
        2015年度日本農芸化学会大会(岡山), 2015年03月
      • アミロイドβ42ダイマーの合成と活性評価
        徳田真樹
        2015年度日本農芸化学会大会(岡山), 2015年03月
      • Pathophysiological activities of the “toxic conformer” and the “non-toxic conformer” of amyloid β-induced neurotoxicity
        泉尾直孝
        第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場), 2015年03月
      • Cooperative activation of PPARγ by combination of irreversible antagonist and partial agonists: implication for novel activation mechanism based on covalent modification
        Yusaku Miyamae; Anna Ohtera; Kotaro Yoshida; Tohru Akita; Kazuhiro Maejima; Akira Kakizuka; Kazuhiro Irie; Seiji Masuda; Taiho Kambe; Masaya Nagao
        International Chemical Biology Society 3rd annual meeting, 2014年11月, 査読有り
      • 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42の凝集抑制機構
        佐藤瑞穂
        第33回日本認知症学会学術集会(横浜), 2014年11月, 査読有り
      • 非共有結合性リガンドの開発を目指した新規PPARγ活性化機構の解明
        宮前友策
        第56回天然有機化合物討論会(高知市), 2014年10月, 査読有り
      • ラン藻Moorea producensより単離した新規lyngbyatoxin A誘導体の構造および生物活性
        江偉娜 他
        第56回天然有機化合物討論会(高知市), 2014年10月, 査読有り
      • Structural insights into inhibitory ability of flavonoids for Aβ42 aggregation
        M. Sato
        XXVIIth International Confefence on Polyphenols (Nagoya, Japan), 2014年09月, 査読有り
      • 青じそ由来化合物DDC のAβ誘発神経毒性に対する保護作用
        岩崎真実; 泉安彦; 村上一馬; 入江一浩; 赤池昭紀; 久米利明
        次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年08月
      • Inhibitors for Aβ42 aggregation in a traditional herbal medicine Uncaria rhynchophylla
        K. Murakami
        Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark), 2014年07月, 査読有り
      • Synthesis and biological activities of the Aβ40 dimer with toxic conformation
        K. Irie
        Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark), 2014年07月, 査読有り
      • 抗線維化物質テトランドリンによるオートファジー経路制御機構の解析
        西藤有希奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; Han Junkyu; 礒田博子; 増田誠司; 神戸大朋; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年06月, 査読有り
      • 12-Epi-lyngbyatoxin A, a new toxic substance from the cyanobacteria Moorea producens
        Jiang, W
        The Asia-Pacific Section Congress of International Society of Toxicology (Changsha, China), 2014年06月
      • Identification of the “toxic conformer” of amyloid β in Alzheimer’s disease
        泉尾直孝
        日本基礎老化学会大会(横浜), 2014年06月
      • アプリシアトキシン単純化アナログ (Aplog-1) の抗がん剤シーズとしての構造最適化
        菊森将之; 柳田 亮; 中川 優; 蒲池弘明; 徳田春邦; 鈴木信孝; 入江一浩
        新学術領域研究・がん支援「化学療法基盤支援活動」第3回シンポジウム(名護市、万国津梁館), 2014年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 食品由来のファイトケミカルによるタンパク質変性作用の評価
        今林健登; 中畑恵利奈; 大西康太; 田中遼平; 五十嵐洋子; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • バンウコンからのPPARγアンタゴニスト変換活性物質の単離と推定結合様式の解析
        宮前友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 仲井奈緒美; 王健一; 秋田徹; 前嶋一宏; 増田誠司; 神戸大朋; 森直樹; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
      • Site-specific inhibitory mechanisms for amyloid β aggregation by catechol-type flavonoids
        M. Sato
        Institute for Chemical Research International Symposium 2014 (Kyoto, Japan), 2014年03月
      • Debromoaplysiatoxinの4位不斉メチル基の生物活性おける役割
        菊森将之
        2014年度日本農芸化学会大会(東京), 2014年03月
      • アミロイドβダイマーの合成と活性評価
        鈴木天志; 村上一馬; 佐藤瑞穂; 岩崎真実; 久米利明; 入江一浩
        2014年度日本農芸化学会大会(東京), 2014年03月, 最終著者, 責任著者
      • 非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42凝集抑制機構
        佐藤瑞穂
        2014年度日本農芸化学会大会(東京), 2014年03月
      • 伝統生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβ凝集抑制物質
        村上一馬
        2014年度日本農芸化学会大会(東京), 2014年03月
      • Zerumboneの抗炎症作用機構の解析~タンパク質ストレス関与の可能性~
        五十嵐洋子; 大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本フードファクター学会学術集会講演要旨集, 2014年
      • 細胞タンパク質変性作用を介したcurcuminの機能性発現機構
        中畑恵利奈; VALENTINE Cindy; 大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本香辛料研究会講演要旨集, 2014年
      • 神経細胞内に蓄積したAβ42による細胞毒性の発症機構
        奥勇紀; 村上一馬; 入江一浩; 寳関淳; 阪井康能
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2014年
      • A new lyngbyatoxin from the hawaiian cyanobacterium Moorea producens
        Weina Jiang; Wei Zhou; Hajime Uchida; Masayuki Kikumori; Kazuhiro Irie; Ryuichi Watanabe; Toshiyuki Suzuki; Bryan Sakamoto; Michiya Kamio; Hiroshi Nagai
        Marine Drugs, 2014年
      • Induction of oxidative stress by the “toxic conformer” is crucial for Aβ42 neurotoxicity
        泉尾直孝
        第87回日本薬理学会年会(仙台), 2014年
      • 食品由来カフェオイルキナ酸の神経細胞保護効果
        繁森英幸; 宮前友策; 栗栖真奈美; 村上一馬; 入江一浩; Han Junkyu; 礒田博子
        日本機能性食品医用学会, 2013年12月, 査読有り
      • Aβ42誘発神経毒性には、「毒性コンホマー」による酸化ストレス誘導が重要である
        泉尾直孝
        第36回日本分子生物学会年会(神戸), 2013年12月
      • 成体マウス海馬におけるAβのニューロン新生抑制作用
        久米利明; 岩尾歩美; 入江一浩; 泉安彦; 赤池昭紀
        第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2013年11月
      • 食品からのNrf2-ARE経路活性化物質の同定および薬効解析
        泉安彦; 松村敦子; 久米利明; 入江一浩; 赤池 昭紀
        第5回食品薬学シンポジウム, 2013年11月
      • ポリフェノールによるアミロイドβ42の凝集抑制機構
        村上一馬
        第6回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所), 2013年11月
      • カテコール型フラボノイド類のアミロイドβ凝集抑制機構
        佐藤瑞穂
        第32回日本認知症学会学術集会(松本), 2013年11月, 査読有り
      • アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経系細胞におけるAβオリゴマーの細胞毒性
        中野 梨絵; 浅井 将; 近藤 孝之; 月田 香代子; 渡邊 かおり; 門谷 千恵; 村上 一馬; 入江 一浩; Klein William L; 森 啓; 丸山 啓; 朝田 隆; 城谷 圭朗; 井上 治久; 岩田 修永
        Dementia Japan, 2013年10月
      • Aβおよびその変異体による成体マウス海馬ニューロン新生抑制作用
        久米利明; 岩尾歩美; 入江一浩; 泉安彦; 赤池昭紀
        第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年07月
      • 抗線維化物質テトランドリンによるマクロリポファジー制御
        宮前 友策; 西藤 有希奈; 仲井 奈緒美; 翁長 彰子; 韓 畯奎; 礒田 博子; 芦田 久; 神戸 大朋; 増田 誠司; 入江 一浩; 永尾 雅哉
        第3回植物生理科学シンポジウム, 2013年07月
      • Vitamin C and silymarin restores Aβ oligomerization and behavioral abnormality in Alzheimer’s pathology
        Murakami, K; Murata, N; Ozawa, Y; Irie, K; Shirasawa, T; Shimizu, T
        Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 in Boston, USA, 2013年07月
      • Specific inhibitory mechanisms for Aβ42 aggregation by flavonoids
        M. Sato
        Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 (Boston, USA), 2013年07月
      • ニガハッカ由来不飽和脂肪酸のPPARγ及びGPR40に対するデュアルアゴニスト活性
        大寺杏奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; 荒川武明; 平澤明; 河内敦; 川田清和; 韓畯奎; 礒田博子; Mohamed Neffati; 前嶋一宏; 秋田徹; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        新規素材探索研究会, 2013年06月
      • Role of methyl groups on the spiroketal moiety of aplog-1, a simplified analogue of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity
        M. Kikumori
        23rd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Nagasaki, Japan), 2013年05月
      • 抗発がん性テルペノイドzerumboneによる異常タンパク質分解系の活性化
        大西康太; 石坂朱里; 河合慶親; 寺尾純二; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • ニガハッカからのPPARγアゴニスト活性物質の探索
        大寺杏奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; 荒川武明; 平澤明; 河内敦; 川田清和; 韓畯奎; 礒田博子; Mohamed Neffati; 前嶋一宏; 秋田徹; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月
      • 青ジソ抽出物からのNrf2-ARE経路活性化成分の単離および同定
        泉 安彦
        第85回日本薬理学会年会(京都), 2013年03月
      • Debromoaplysiatoxin単純化アナログの10位メチル体の発がん促進活性
        菊森将之
        2013年度日本農芸化学会大会(仙台), 2013年03月
      • Debromoaplysiatoxin単純化アナログの27位における構造活性相関
        花木祐輔
        2013年度日本農芸化学会大会(仙台), 2013年03月
      • ビタミンCによるアルツハイマー病態緩和
        村上一馬
        2013年度日本農芸化学会大会(仙台), 2013年03月
      • 自動酸化によるアポモルフィンのアミロイドβ凝集阻害機構の解析
        佐藤瑞穂
        2013年度日本農芸化学会大会(仙台), 2013年03月
      • 細胞質局在型SODの減少はアミロイドβオリゴマー形成と記憶障害を促進する
        清水孝彦
        第35回日本分子生物学会年会(福岡), 2012年12月
      • 干しいもに含まれるカフェオイルキナ酸のアルツハイマー症予防効果
        繁森英幸
        第23回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会(日立), 2012年11月
      • Solid-state NMR analysis of interaction sites of curcumin and amyloid β-protein fibrils
        Y. Masuda
        The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan), 2012年11月, 査読有り
      • Specific inhibitory mechanism of aggregation of 42-mer amyloid-β peptide by flavonoids
        M. Sato
        The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan), 2012年11月, 査読有り
      • Aβ42の”毒性コンホマー”形成による細胞内酸化ストレスの誘導
        泉尾直孝
        第31回日本認知症学会学術集会, 2012年10月
      • アミロイドβオリゴマーの形成と空間記憶異常における細胞質SODの役割
        村上一馬
        第31回日本認知症学会学術集会, 2012年10月
      • Aβ42 “毒性コンホマー”の形成は細胞内酸化ストレスを誘導する
        泉尾直孝
        次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2012(神戸), 2012年09月
      • Debromoaplysiatoxin単純化アナログの10位メチル体の合成と細胞増殖抑制活性
        菊森将之
        2012年度日本農芸化学会関西支部大会(亀岡), 2012年09月
      • カテコール系フラボノイド類によるアミロイドβの凝集抑制機構
        村上一馬
        第54回天然有機化合物討論会, 2012年09月, 査読有り
      • CuZn-SOD loss accelerates the formation of amyloid β oligomer and memory impairment in Tg2576 mice
        K. Murakami
        Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2012 in Vancouver, British Columbia, Canada, 2012年07月, 査読有り
      • Monoclonal antibody against a toxic conformer of Aβ42 with a turn at E22-D23
        K. Irie
        Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2012 in Vancouver, British Columbia, Canada, 2012年07月, 査読有り
      • 寄生植物由来化合物のアミロイドβ凝集阻害活性に関する研究
        栗栖真奈美; 宮前友策; 木立恵利; 村上一馬; Han Junkyu; 礒田博子; 入江一浩; 繁森英幸
        新規素材探索研究会, 2012年06月
      • 抗線維化物質テトランドリンの肝星細胞におけるマクロリポファジー制御
        宮前友策; 仲井奈緒美; 翁長彰子; 韓畯奎; 礒田博子; 芦田久; 神戸大朋; 増田誠司; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年06月, 査読有り
      • バンウコンからのPPARγアンタゴニスト変換活性物質の探索
        宮前友策; 吉田光多郎; 大寺杏奈; 仲井奈緒美; 王健一; 秋田徹; 前嶋一宏; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        新規素材探索研究会, 2012年06月
      • Erratum: Generation of 'Unnatural Natural Product' library and identification of a small molecule inhibitor of XIAP (Bioorganic and Medicinal Chemistry (2011) 19 (4377-4385))
        Kawamura T; Matsubara K; Otaka H; Tashiro E; Shindo K; Yanagita R; Irie K; Imoto M
        Bioorganic and Medicinal Chemistry, 2012年04月01日
      • トマト成分lycopeneによる生体防御機構の活性化
        大倉伸哉; 大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • アミロイド β誘発神経毒性における 22,23位でのターン構造の重要性
        泉尾直孝; 久米利明; 佐藤瑞穂; 村上一馬; 入江一浩; 泉安彦; 赤池昭紀
        第 85回日本薬理学会年会, 2012年03月
      • 抗線維化物質テトランドリンによる肝星細胞でのマクロリポファジー制御
        宮前友策; 仲井奈緒美; 翁長彰子; 韓畯奎; 礒田博子; 芦田久; 神戸大朋; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月
      • Streptomyces blastmyceticus由来 (-)-indolactam V生合成遺伝子の放線菌における発現
        奥田治子
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • インスリン抵抗性による高インスリン血症はアルツハイマー病様症状を増悪しない
        清水孝彦
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 細胞質酸化ストレスによるアミロイド β オリゴマー形成能および記憶異常の促進
        村上一馬
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 酸化型タキシフォリンによるアミロイド β の凝集抑制機構
        佐藤瑞穂
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • ヤセウツボ (Orobanche minor) 由来化合物のアミロイドβ凝集阻害活性に関する研究
        栗栖真奈美
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • イソプレニル修飾酵素ComQのイソプレノイド選択性に関わるアミノ酸残基の同定
        山崎梨沙
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • ゲラニルトリプトファンの生合成に関する研究
        石原紋子
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 木田チリメンシソから単離したガラクトグリセロ脂質は食細胞においてO2-およびNOの産生を阻害する
        高橋正和
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 抗腫瘍性Aplysiatoxin単純化アナログの側鎖の構造活性相関を目的とした合成経路の確立
        朱 裕姫
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 日本産フサコケムシに含まれるブリオスタチン類の同定と活性評価
        植野紗代
        2012年度日本農芸化学会大会(京都), 2012年03月
      • 固体NMRおよびESRによるアミロイドβの立体構造解析と毒性ターン構造特異抗体の開発
        村上 一馬; 増田 裕一; 入江 一浩
        遺伝子医学MOOK, 2012年, 査読有り, 招待有り
      • 食品成分による生体タンパク質品質管理機構の活性化
        大西 康太; 中畑 恵利奈; 石坂 朱里; 河合 慶親; 寺尾 純二; 木岡 紀幸; 入江 一浩; 村上 明
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • Crucial role of the turn at positions 22-23 in neurotoxicity of amyloid β
        泉尾直孝
        第85回日本薬理学会年会(京都), 2012年
      • Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyper insulinemia but does not worsen Alzheimer's-like phenotypes in mice
        Yusuke Ozawa
        The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (Yokohama), 2011年12月
      • Zerumbone increases thermoresistance in mouse hepatocytes and nematodes.
        Erina Nakahata; Kohta Ohnishi; Kazuhiro Irie; Shinya Matsumoto; Akira Murakami
        The 5th International Conference on Food Factors, 2011年11月, 査読有り
      • Effects of food phytochemicals on the expression of heat shock proteins in Hepa1c1c7 cells.
        Shinya Ohkura; Kohta Ohnishi; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        The 5th International Conference on Food Factors, 2011年11月, 査読有り
      • Both specific and non-specific protein modifications by zerumbone may contribute to its bioactivities.
        Kohta Ohnishi; Akari Ishisaka; Taiki Mori; Yoshichika Kawai; Junji Terao; Takeshi Ishii; Tsutomu Nakayama; Noriyuki Kioka; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        The 5th International Conference on Food Factors, 2011年11月, 査読有り
      • Silymarin attenuated the amyloid β deposition and behavioral abnormalities in a mouse model of Alzheimer’s disease
        Takahiko Shimizu
        41st Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA), 2011年11月
      • Insulin receptor mutation results in insulin resistance and hyperinsulinemia but does not worsen Alzheimer’s-like phenotypes in mice
        Takuji Shirasawa
        41st Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA), 2011年11月
      • Nrf2-ARE経路活性化作用を有する食品由来成分の探索
        松村敦子
        第120回日本薬理学会近畿部会(京都), 2011年11月
      • 大阪変異によるアミロイドβの毒性コンホマー形成能の増大
        村上一馬
        第30回日本認知症学会学術集会(東京), 2011年11月
      • 抗酸化ストレスに着目したアルツハイマー病予防の可能性
        村上一馬
        原子炉実験所専門研究会(熊取), 2011年11月
      • 気孔形成を調節するペプチドホルモンの機能解析
        平林智美
        第46回植物化学調節学会(宇都宮), 2011年11月
      • タキシフォリンによるアミロイドβの凝集抑制機構
        佐藤瑞穂
        2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会(京都), 2011年10月
      • Antibody against toxic conformer of Alzheimer β.
        Murakami, K; Horikoshi-Sakuraba, Y; Kinoshita, N; Shirasawa, T; Shimizu, T; Irie, K
        22nd French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, Rouen, France, 2011年09月, 査読有り
      • カフェオイルキナ酸のアミロイドβ凝集阻害活性及び分子機構
        宮前友策
        第53回天然有機化合物討論会(大阪), 2011年09月, 査読有り
      • アミロイドβ凝集体におけるクルクミンの相互作用部位の固体NMRによる解析
        増田裕一
        化学系学協会東北大会(仙台), 2011年09月
      • Inhibitory mechanism of amyloid β aggregation by flavonoids
        Mizuho Sato
        27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia), 2011年07月
      • E22Δ mutation promotes the formation of toxic conformer in Alzheimer's peptide, Aβ42
        Kazuma Murakami
        27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia), 2011年07月
      • 変異体を用いたAβ誘発神経毒性におけるターン構造の重要性の検討
        泉尾直孝、久米利明、佐藤瑞穂、村上一馬、入江一浩、泉 安彦、赤池昭紀
        第119回日本薬理学会近畿部会(名古屋), 2011年07月
      • Keap1‐Nrf2システムを介した求電子性テルペノイドzerumboneの生体防御機構活性化メカニズム
        大西康太; 中畑恵利奈; 入江一浩; 村上明
        日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 2011年06月27日
      • 食品成分の分子シャペロン誘導作用とその分子機構の解明
        大倉伸哉; 大西康太; 中畑恵利奈; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • 抗炎症性テルペノイドzerumboneの生理活性発現機構
        大西康太; 大倉伸哉; 中畑恵利奈; 森大気; 石井剛志; 中山勉; 石坂朱里; 河合慶親; 寺尾純二; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • Zerumboneによる生体防御強化作用の解明
        中畑恵利奈; 大西康太; 大倉伸哉; 入江一浩; 松本晋也; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • ナツメに含まれるNO産生抑制成分の単離・同定と作用機序解析
        杉山友太
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • アミロイドβ凝集阻害物質Taxifolinの13C標識化
        佐藤瑞穂、村上一馬、井久保遥子、入江一浩
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • アミロイドβのGlu22欠損による毒性コンホマー形成能の促進
        村上一馬
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • 抗腫瘍性PKC活性化剤Aplog-1の生物活性におけるフェノール性水酸基の役割
        柳田 亮 他
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • アルツハイマー病モデルマウスに対するsilymarinの予防効果
        清水孝彦、村田 央、村上一馬、小澤裕介、木下憲明、入江一浩、白澤卓二
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • ホウレンソウに含まれるNO産生抑制物質
        中村志織、川畑球一、入江一浩、高橋正和、大東 肇
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • アミロイド β オリゴマーの固体NMRによる立体構造解析
        土井崇嗣
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • Aplysiatoxin単純化アナログの4位メチル体の各種生物活性
        菊森将之
        2011年度日本農芸化学会大会(京都), 2011年03月
      • 食品中のポリフェノール類によるアミロイドβの毒性緩和機構
        入江 一浩
        食生活科学・文化及び環境に関する研究助成研究紀要, 2011年
      • ハナショウガ含有テルペノイドzerumboneの標的分子~Keap1との共有結合を介した生体防御機構活性化メカニズム~
        大西康太; 入江一浩; 村上明
        日本香辛料研究会講演要旨集, 2011年
      • Zerumbone is covalently bound to the key proteins involved in inflammatory and self-defense mechanisms.
        Kohta Ohnishi; Taiki Mori; Takeshi Ishii; Tsutomu Nakayama; Akari Ishisaka; Yoshichika Kawai; Junji Terao; Noriyuki Kioka; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010年12月, 査読有り
      • Analysis of interaction sites of curcumin with the fibrils of 42-residue amyloid β-protein (Aβ42) using solid-state NMR
        Yuichi Masuda
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA), 2010年12月
      • Monoclonal antibody against the toxic turn structure of the 42-mer amyloid β peptide
        Kazuma Murakami
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA), 2010年12月, 査読有り
      • Screening for activators of protein kinase C using its C1 domain peptide: identification and biological activities of bryostatin 10 from Japanese bryozoan
        Ryo C. Yanagita
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA), 2010年12月, 査読有り
      • Synthesis and biological profile of simple analogues of tumor-promoting aplysiatoxin as unique leads for anti-cancer drugs
        Kazuhiro Irie
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA), 2010年12月, 査読有り
      • Geranyl modification on the tryptophan residue of ComXRO-E-2 pheromone by cell free system
        Fumitada Tsuji
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) (Hawaii, USA), 2010年12月, 査読有り
      • SilymarinによるADモデルマウスの行動異常及びAβ オリゴマー形成の改善.
        村上一馬; 村田 央; 小澤裕介; 木下憲明; 入江一浩; 白澤卓二; 清水孝彦
        日本農芸化学会2010年度関西支部大会, 大阪, 2010年10月, 査読有り
      • アミロイドβ (Aβ42) の毒性コンホマー特異的抗体の作製
        村上一馬; 堀越(櫻庭)優子; 村田 央; 野田義博; 増田裕一; 木下憲明; 初田裕幸; 村山繁雄; 白澤卓二; 清水孝彦; 入江一浩
        第52回天然有機化合物討論会(静岡)[討論会奨励賞受賞], 2010年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 求電子性テルペノイドzerumboneの共有結合性標的分子
        大西康太; 石坂朱里; 河合慶親; 寺尾純二; 森大気; 石井剛志; 中山勉; 入江一浩; 村上明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • Polyphenols as Potential Preventive Agents for Alzheimer's Disease
        Yuichi Masuda; Kazuhiro Irie
        FOODS & FOOD INGREDIENTS JOURNAL OF JAPAN,San-Ei Gen F.F.I., Inc., 2010年
      • アミロイドβプロトフィブリルの固体NMRによる立体構造解析
        土井崇嗣
        第49回NMR討論会(東京), 2010年
      • 抗腫瘍性Aplysiatoxin誘導体の18位ヒドロキシル基の生物活性に与える影響
        柳田 亮; 蒲池弘明; 中川 優; 田中啓介; 徳田春邦; 入江一浩
        第45回天然物化学談話会(蒲郡), 2010年, 最終著者, 責任著者
      • 抗腫瘍性aplysiatoxin誘導体の4位メチル体の合成と生物活性
        菊森将之
        2010年度日本農芸化学会関西支部大会(奈良), 2010年
      • アミロイドβの毒性ターン構造特異的抗体
        村上一馬
        第29回日本認知症学会学術集会(名古屋), 2010年
      • Analysis of binding sites of curcumin in the fibrils of 42-residue amyloid β-protein (Aβ42) using solid-state NMR
        Yuichi Masuda
        The 51st Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conference (Florida, USA), 2010年
      • Identification of Toxic Conformation in Aβ42 Aggregates Using Solid-state NMR
        MASUDA Yuichi; UEMURA Satoko; OHASHI Ryutaro; NAKANISHI Azusa; TAKEGOSHI K.; IRIE Kazuhiro
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2009年03月01日
      • 発がんプロモーター・アプリシアトキシンの骨格を利用した新規抗腫瘍性PKC活性化剤の開発
        中川優; 中川優; 柳田亮; 濱田直子; 永井宏史; 入江一浩
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年
      • Silymarin inhibits fibril formation and neurotoxicity of amyloid β peptide
        Nakaba Murata
        第32回日本分子生物学会年会(横浜), 2009年
      • アプリシアトキシンの骨格を有する抗腫瘍性PKC活性化剤のアナログ合成
        中川 優 他
        第57回有機合成化学協会関東支部シンポシウム(東京), 2009年
      • 抗腫瘍性アプリシアトキシン誘導体の作用機構の解析
        柳田 亮 他
        第44回天然物化学談話会(つくば), 2009年
      • 抗腫瘍性PKC活性化剤Aplog-1の生物活性における芳香環部分の置換基効果
        田中啓介
        2010年度日本農芸化学会大会(東京), 2009年
      • Development of a monoclonal antibody against the toxic conformer of the 42-mer amyloid β protein
        Kazuma Murakami
        39th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Chicago, USA), 2009年
      • Structure-activity relationship study of an antineoplastic protein kinase C activator having a skeleton of tumor-promoting aplysiatoxin
        Ryo C. Yanagita
        The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Kyoto, Japan), 2009年
      • アミロイドβの毒性コンホマーを標的とした立体構造特異的抗体
        村上一馬; 堀越(櫻庭)優子; 村田 央; 野田義博; 増田裕一; 木下憲明; 初田裕幸; 村山繁雄; 白澤卓二; 清水孝彦; 入江一浩
        2010年度日本農芸化学会大会(東京)[トピックス賞], 2009年, 最終著者, 責任著者
      • 抗腫瘍性aplysiatoxinアナログ・Aplog-1の12-ジメチル体の合成と生物活性
        中川 優; 柳田 亮; 高橋英之; 齋藤尚亮; 永井宏史; 入江一浩
        2010年度日本農芸化学会大会(東京), 2009年, 最終著者, 責任著者
      • 植物の気孔形成を誘導するペプチド性因子の構造と生理活性
        近藤竜彦
        2010年度日本農芸化学会大会(東京), 2009年
      • Aβ42凝集体におけるクルクミン結合部位の固体NMRによる解析
        増田裕一
        2010年度日本農芸化学会大会(東京), 2009年
      • 海洋動物に含まれる PKC 活性化剤の探索および活性評価
        柳田 亮 他
        2010年度日本農芸化学会大会(東京), 2009年
      • 1Ip10 Streptomtyces blastmyceticus由来teleocidin生合成遺伝子群に存在するtcnBおよびtcnCの機能(生合成・天然物化学,有機化学・高分子化学,一般講演)
        古川 博史; 谷 修治; 炭谷 順一; 川口 剛司; 林 英雄; 入江 一浩
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2008年
      • Aβ42凝集体のC末端における分子内β-シート構造の固体NMRによる検証
        増田裕一
        2009年度日本農芸化学会大会(博多), 2008年
      • 酵素反応系を利用したComXRO-E-2フェロモンのゲラニル修飾の検出
        辻 史忠、倉田景子、小林 耕、杉本卓弥、増田裕一、入江 一浩、坂神 洋次
        2009年度日本農芸化学会大会(博多), 2008年
      • βアミロイド凝集体のC末端における分子内βシート構造の固体NMRによる検証
        増田裕一
        第43回天然物化学談話会(大阪), 2008年
      • 天然発がんプロモーターの骨格を利用した抗がん剤bryostatin等価体の開発
        中川 優; 蒲地弘明; 柳田 亮; 濱田直子; 高橋英之; 齋藤尚亮; 入江一浩
        第50回天然有機化合物討論会(福岡), 2008年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • アミロイド β ペプチド (Aβ42) の病的コンホメーションの提唱
        村上一馬
        日本基礎老化学会第31回大会(松本), 2008年
      • βアミロイド凝集体に存在する毒性コンホメーションの同定
        増田裕一
        第27回日本認知症学会集会(前橋), 2008年
      • Streptomyces blastmyceticum由来teleocidin生合成遺伝子群に存在するtcnB、TcnCの機能に関する研究
        古川博史; 谷 修治; 炭谷順一; 入江一浩; 林 英雄; 川口 剛司
        2009年度日本農芸化学会大会(博多), 2008年
      • 酸化型タキシフォリンのアミロイドβ凝集阻害活性
        宇野真弓
        2009年度日本農芸化学会大会(博多), 2008年
      • アミロイド β のAsp23における異性化あるいはラセミ化が凝集能および神経細胞毒性に及ぼす影響
        村上一馬
        2009年度日本農芸化学会大会(博多), 2008年
      • Isomerization and/or racemization at Asp23 of Aβ42 do not enhance its aggregation, neurotoxicity, and radical productivity in vitro
        Kazuma Murakami
        38th Annual Meeting of Society for Neuroscience (Washington DC, USA), 2008年
      • βアミロイドの毒性コンホメーションの同定
        増田裕一
        第45回ペプチド討論会(東京), 2008年, 査読有り
      • β アミロイドの毒性コンホメーションのESRならびに固体NMRによる検証
        入江一浩
        第27回日本認知症学会集会(前橋), 2008年
      • Streptomyces blastmyceticus 由来 teleocidin 生合成遺伝子群に存在する tcnBおよび tcnC の機能
        古川博史
        第60回日本生物工学会大会(仙台), 2008年
      • Spinocerebellar ataxia type 14-associated mutations in protein kinase Cgamma cause its aberrant self-association and cytotoxic aggregate formation
        H. Takahashi; N. Adachi; T. Sugimoto; K. Irie; T. Seki; N. Sakai; N. Saito
        Keystone Symposia on Neurodegenerative Diseases: New Molecular Mechanisms (Colorado, USA), 2008年
      • アミロイドβペプチドのターン構造形成とアスパラギン酸残基修飾
        清水孝彦; 村上一馬; 宇野真弓; 入江一浩; 白澤卓二
        第80回日本生化学会大会ワークショップ, 2007年12月, 査読有り
      • Distance analysis between Tyr-10 and Met-35 in amyloid β using site-directed spin labeling ESR: implications for the stronger neurotoxicity of Aβ42 than Aβ40.
        Murakami, K; Hara, H; Irie, K
        37th Annual Meeting of Society for Neuroscience, San Diego, CA, USA, 2007年11月, 査読有り
      • 固体NMRならびにESRによるアミロイド β (Aβ42) の毒性コンホメーションの解析.
        入江一浩; 増田裕一; 村上一馬; 上村諭子; 原 英之; 大橋竜太郎; 中西 梓; 竹腰清乃理
        第 49回天然有機化合物討論会, 北海道, 2007年09月, 査読有り
      • ‘Malignant’ conformation of Alzheimer’s β peptides (Aβ42) through radical formation.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium, Yokohama, Japan, 2006年11月, 査読有り
      • Elucidation of the ‘malignant’ conformation of β-amyloid with Italian mutation (E22K-Aβ42) using solid-state NMR.
        Masuda, Y; Irie, K; Murakami, K; Ohigashi, H; Ohashi, R; Takegoshi, K
        ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Kyoto, Japan, 2006年07月, 査読有り
      • Formation and stabilization mechanism of the β-amyloid radical.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006年07月, 査読有り
      • Application of dipolar-assisted rotational resonance (DARR) to β-amyloid.
        Masuda, Y; Irie, K; Murakami, K; Ohigashi, H; Ohashi, R; ○Takegoshi, K
        The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA, 2005年12月, 査読有り
      • Elucidation of the ‘malignant’ conformation of β-amyloid with Italian mutation (E22K-Aβ42) using solid-state NMR: implications for the pathogenesis of cerebral amyloid angiopathy and Alzheimer’s disease.
        Masuda, Y; Irie, K; Murakami, K; Ohigashi, H; Ohashi, R; Takegoshi, K; Shimizu, T; Shirasawa, T
        35th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington DC, USA, 2005年11月, 査読有り
      • Alzheimer’s 42-mer β peptide-specific mechanism of neurotoxicity through radical formation.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        35th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington DC, USA, 2005年11月, 査読有り
      • β アミロイドの新しい凝集モデルに基づく神経細胞毒性発現機構.
        村上一馬; 入江一浩; 森本 晃; 増田裕一; 大東 肇; 永尾雅哉; 清水孝彦; 白澤卓二
        第 47回天然有機化合物討論会, 徳島, 2005年10月, 査読有り
      • Structural analysis of amyloid β.
        Ohashi, R; Takegoshi, K; Terao, T; Masuda, Y; Murakami, K; Irie, K
        XXI International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, (Hyderabad, Andhra Pradesh, India),, 2005年01月
      • New aggregation model of amyloid β by the systematic proline replacement.
        Murakami, K; Irie, K; Morimoto, A; Masuda, Y; Ohigashi, H; Nagao, M; Fukuda, H; Shimizu, T; Shirasawa, T
        1st Asia-Pacific International Peptide Symposium, 41st Japanese Peptide Symposium, Fukuoka, Japan, 2004年11月, 査読有り
      • PKC CI ドメインの化学合成と質量分析法による機能解析
        入江 一浩
        日本農芸化学会誌, 2001年03月05日
      • Selective Binding of Tumor Promoters to the Novel PKC C1B Domains
        IRIE Kazuhiro; NAKAHARA Akifumi; NAKAGAWA Yu; OHIGASHI Hajime; SHINDO Mayumi; FUKUDA Hiroyuki; KONISHI Hiroaki; KIKKAWA Ushio
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2001年03月01日
      • Synthesis and Phorbol Ester Binding of the Zinc-finger Like Sequences of All Protein Kinase C Isozymes
        IRIE Kazuhiro; OIE Kentaro; NAKAHARA Akifumi; YANAI Yoshiaki; OHIGASHI Hajime; FUKUDA Hiroyuki; WENDER Paul A.
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 1998年10月01日
      • Synthesis and Characterization of Model Peptides Incorporating the Phorbol Ester-binding Domain of Protein Kinase C
        IRIE Kazuhiro; YANAI Yoshiaki; OHIGASHI Hajime; WENDER Paul A.
        Peptide chemistry : proceedings of the ... Symposium on Peptide Chemistry, 1996年10月01日
      • 新規光反応性フォルポールエステルを用いたプロテインキナーゼC調節領域の光アフィニティーラベリング : 有機化学・天然物化学
        入江 一浩; 石居 尊司; 柳井 嘉明; 大東 肇; Wender Paul A.; Miller Benjamin L.
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • フォルボールエステルのジアジリン誘導体の合成と特性 : 有機化学・天然物化学
        入江 一浩; 尾家 健太郎; 柳井 嘉明; 大東 肇; Wender Paul A.
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • マウス皮膚PKC_ηの調節領域モデルペプチドの合成とその生化学的特性 : 有機化学・天然物化学
        柳井 嘉明; 入江 一浩; 大東 肇; Wender Paul A.; Miller Benjamin L.
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • 微生物転換を用いた6位置換インドラクタムの合成研究 : 有機化学,天然物化学
        入江 一浩; 井口 真弥; 織田 恒幸; 鈴木 陽子; 大東 肇; 小清水 弘一; 林 英雄; 荒井 基夫
        日本農藝化學會誌, 1995年07月05日
      • 発癌プロモーター・インドラクタムの活性コンフォメーション : 有機化学,天然物化学
        入江 一浩; 小泉 文人; 岩田 依子; 石居 尊司; 柳井 嘉明; 中村 宜督; 大東 肇; Wender Paul A.
        日本農藝化學會誌, 1995年07月05日
      • 43 発癌プロモーター・インドラクタム誘導体の微生物転換を利用した合成と構造活性相関(口頭発表の部)
        入江 一浩; 梶山 慎一郎; 奥野 成倫; 小清水 弘一; 西野 輔翼; 岩島 昭夫; 林 英雄; 荒井 基夫
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 1991年
      • 41 インドールアルカロイド発癌プロモーター・テレオシジンの生合成(口頭発表の部)
        入江 一浩; 梶山 慎一郎; 舟木 敦; 小清水 弘一; 林 英雄; 荒井 基夫
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 1989年09月17日
      • 蛍光標識発癌プロモーターの開発(有機化学・天然物化学-生理活性物質(動物・その他)-)
        入江 一浩; 小清水 弘一; 徳田 春邦; 西野 輔翼; 岩島 昭夫
        日本農藝化學會誌, 1988年03月15日
      • 新規テレオシジン代謝産物の構造と生理活性(有機化学・天然物化学-生理活性物質(動物・その他)-)
        舟木 敦; 入江 一浩; 萩原 宣行; 小清水 弘一; 徳田 春邦; 林 英雄; 荒井 基夫
        日本農藝化學會誌, 1988年03月15日
      • C-3 新規インドールアルカロイドblastmycetinAの構造と生理活性(日本農芸化学会関西支部大会報告)
        入江 一浩; 舟木 敦; 萩原 宣行; 徳田 春邦; 林 英雄; 荒井 基夫; 小清水 弘一
        日本農藝化學會誌, 1986年12月

      講演・口頭発表等

      • 天然PKCリガンドによる化学コミュニケーションの統合的理解と医薬品シーズの開発
        入江一浩
        新学術領域研究(化学コミュニ)第10回公開シンポジウム(取りまとめシンポジウム), 2022年07月09日, 招待有り
      • Development of monoclonal antibodies with specificity for a toxic conformer of amyloid beta and its application toward the diagnosis of Alzheimer’s disease
        Kazuhiro Irie
        Invited seminar at Institute of Biotechnology, National Taiwan University (online), 2021年11月23日, 招待有り
      • 新規PKCリガンドの開発とHIVのShock & Kill療法への応用
        入江一浩
        新学術領域研究(化学コミュニ)第6回公開シンポジウム(慶応義塾大学、横浜市), 2019年12月09日, 招待有り
      • アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の予防戦略
        入江一浩
        日本農芸化学会東北支部第154回大会(弘前大学、弘前市), 2019年11月09日, 招待有り
      • アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の予防戦略
        入江一浩
        日本農芸化学会 関西・中部支部 2019年度合同神戸大会(神戸大学、神戸市), 2019年09月21日, 招待有り
      • アミロイドβタンパク質とはーアルツハイマー病研究の最前線
        入江一浩
        サイエンスカフェ伊丹(伊丹市立生涯学習センター), 2019年06月01日, 招待有り
      • 日本農芸化学会賞受賞講演「アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の予防戦略」
        入江一浩
        2019年度日本農芸化学会大会(東京農大、東京), 2019年03月25日, 公益社団法人 日本農芸化学会, 招待有り
      • アミロイドβの毒性を示す立体構造の同定とアルツハイマー病診断への応用
        入江一浩
        第125回 支援センターセミナー(滋賀医科大学), 2018年05月15日, 実験実習支援センター、神経難病研究センター, 招待有り
      • Development of monoclonal antibody with specificity for a toxic conformer of amyloid β and its application toward the Alzheimer’s disease diagnosis and therapeutics
        Kazuhiro Irie
        Seminar in The Florey Institute, The University of Melbourne, Australia, 2018年02月20日, 招待有り
      • アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-Aplog-1の構造最適化とがん細胞増殖抑制に関わるPKCアイソザイムの同定
        入江一浩
        新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第2回公開シンポジウム(京都大学益川ホール、京都市), 2018年02月02日, 新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」総括班, 招待有り
      • アミロイドβの毒性2量体モデルの合成とイオンモビリティー質量分析法による構造解析
        入江一浩
        京都大学学際融合教育研究推進センター・生理化学研究ユニット第7回公開シンポジウム(京都大学益川ホール、京都市), 2017年12月22日, 京都大学学際融合教育研究推進センター, 招待有り
      • 化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略
        入江一浩
        グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2017)基盤コース, 2017年10月07日, 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット, 招待有り
      • Measurements of toxic oligomers of amyloid β by ion mobility–mass spectrometry
        入江一浩
        第65回質量分析総合討論会, 2017年05月18日, 日本質量分析学会, 招待有り
      • 化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略
        入江一浩
        グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2016)基盤コース, 2016年10月01日, 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット, 招待有り
      • 抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析
        入江一浩
        新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」研究成果報告シンポジウム(慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜市), 2016年07月01日, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班, 招待有り
      • アプリシアトキシンの構造単純化による抗がん剤シーズの開発研究
        入江一浩
        第33回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2015年11月26日, 日本薬学会・医薬化学部会, 招待有り
      • 化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略
        入江一浩
        グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS 2015)基盤コース, 2015年10月17日, 京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット, 招待有り
      • 天然のプロテインキナーゼCリガンドの単純化による抗がん剤シーズの開発研究
        入江一浩
        日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(愛媛大学農学部・樽味キャンパス), 2015年09月17日, 日本農芸化学会中四国・西日本支部, 招待有り
      • Inhibitory mechanism for amyloid beta42 aggregation by flavonoids
        Kazuhiro Irie
        Kyoto-Bordeaux Symposium 2015, 2015年05月22日, Kyoto University and University of Bordeaux, 招待有り
      • 化学を武器にアルツハイマー病に挑む
        入江一浩
        関西大倉高校出前講義(高槻市), 2014年11月10日, 招待有り
      • 抗がん剤開発を指向した新規プロテインキナーゼCリガンドの創製
        入江一浩
        京都大学学際融合教育研究推進センター・生理化学研究ユニット・第4回シンポジウム, 2014年06月24日, 生理化学研究ユニット, 招待有り
      • Synthesis and biological activities of the simplified analogs of a natural PKC ligand aplysiatoxin
        Kazuhiro Irie
        International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology, 2013年11月26日, JSPS, Asian CORE Program, 招待有り
      • ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性
        入江一浩
        数理分子セミナー, 2013年05月17日, 広島大学理学研究科, 招待有り
      • ポリフェノールによるアミロイドβ の凝集抑制機構
        入江一浩
        2013年度日本農芸化学会大会, 2013年03月27日, 日本農芸化学会, 招待有り
      • アミロイドβタンパクの毒性ターン構造の同定とその構造特異抗体の開発
        入江一浩
        第15回アグリバイオセミナー, 2012年11月22日, 近畿大学農学部, 招待有り
      • Structure-activity studies on a simplified analog of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity
        Kazuhiro Irie
        The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, 2012年10月31日, Scientific Research on Innovative Areas, a MEXT Grant-in-Aid Project FY, 招待有り
      • ポリフェノールによるアミロイドβの凝集阻害機構
        入江一浩
        第31回日本認知症学会学術集会, 2012年10月28日, 日本認知症学会, 招待有り
      • プロテインキナーゼCを標的とした新規抗がん剤シーズ
        入江一浩
        京都大学新技術説明会, 2012年08月24日, 京都大学・科学技術振興機構, 招待有り
      • 天然発がんプロモーターの骨格を利用した新規抗がん剤リードの開発
        入江一浩
        2012年度大会シンポジウム, 2012年03月25日, 日本農芸化学会, 招待有り
      • 抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析
        入江一浩
        新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第一回公開シンポジウム, 2012年01月10日, 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班, 招待有り
      • 発がんプロモーターの骨格を利用した新規ツール分子と抗がん剤シーズの開発
        入江一浩
        日本農芸化学会関西支部例会(第472回講演会), 2011年12月10日, 日本農芸化学会関西支部, 招待有り
      • Development of new molecular probes and therapeutic seeds having skeletons of naturally-occurring tumor promoters
        Kazuhiro Irie
        22nd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Rouen, France), 2011年09月13日, 招待有り
      • Synthesis and structure-activity studies of the simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin 1
        Kazuhiro Irie
        27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia), 2011年07月11日, 招待有り
      • アミロイドβの毒性ターン構造を認識する抗体の開発
        入江一浩
        第52回日本神経学会学術大会(名古屋), 2011年05月19日, 日本神経学会, 招待有り
      • アミロイドβタンパクの毒性コンホメーションの同定と薬剤開発
        入江一浩
        香川大学農学部第2回公開シンポジウム「生命を化学の視点から探究する」, 2010年, 招待有り
      • Development of anticancer compounds using the skeleton of tumor promoter aplysiatoxin
        Kazuhiro Irie
        The 25th Naito Conference, Chemical Biology [II] -An Emerging Field Inspired by Natural Product Chemistry- (Sapporo, Japan), 2009年, 招待有り
      • アミロイドβタンパクの毒性コンホメーション
        入江一浩
        第54回白鷺セミナー(大阪), 2008年, 招待有り
      • 固体NMR及びESRによるβアミロイドの立体構造と神経細胞毒性発現機構の解析
        入江一浩
        理研シンポジウム:「第9回 分析・解析技術と化学の最先端」(東京), 2008年, 招待有り
      • 抗がん剤の開発に向けたブライオスタチン等価体の開発
        入江一浩
        毒素研究会シンポジウム(東京), 2008年, 招待有り
      • アミロイドβ凝集体の立体構造解析と神経細胞毒性発現機構
        入江一浩
        彩都バイオヒルズクラブ プロテオミクスシンポジウム(大阪), 2008年, 招待有り
      • βアミロイドの立体構造解析と神経細胞毒性発現機構
        入江一浩
        第43回天然物化学談話会(大阪), 2008年, 招待有り

      書籍等出版物

      • 認知症, 実験医学増刊, Vol.35-No.12, 2017
        入江一浩; 村上一馬, 分担執筆, アミロイドβタンパク質の構造解析と診断への応用, p52-59
        羊土社, 2017年07月, 査読無し
      • 有機化学要論
        入江一浩, 分担執筆, 第4章 酸と塩基, p75-91
        学術図書出版社,入江一浩, 津江広人編著, 2015年04月, 査読無し
      • アプリシアトキシンの骨格を利用した抗がん剤シーズの開発研究
        入江一浩, 共著
        日本化学会編,CSJ Current Review 19, 生物活性分子のケミカルバイオロジー, Chapter 12, p127-133, 2015年, 査読無し
      • Potential role of vitamin C in the prevention of Alzheimer’s disease
        K. Murakami; K. Irie; T. Shimizu, 共著
        Elsevier, C. R. Martin and V. R. Prredy (Eds.), Diet and Nutrition in Dementia and Cognitive Decline, p.663-668, 2015年, 査読無し
      • 固体NMRおよびESRによるアミロイドβの立体構造解析と毒性ターン構造特異抗体の開発
        村上一馬; 増田裕一; 入江一浩, 共著
        メディカル ドゥ,遺伝子医学MOOK 21号,最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用,p211-216, 2012年, 査読無し
      • Identification of toxic conformation in Aβ42 aggregates using solid-state NMR
        Y. Masuda; S. Uemura; R. Ohashi; A. Nakanishi; K. Takegoshi; K. Irie, 単著
        Peptide Science 2008, p25-28, 2009年, 査読無し
      • 'Malignant' conformation of Alzheimer's beta peptide (Abeta42) through radical formation
        K. Murakami; K. Irie; H. Ohigashi; H. Hara; M. Nagao; T. Shimizu; T. Shirasawa, 単著
        Peptide Science 2006, p19-20, 2006年, 査読無し
      • New aggregation model of amyloid β by the systematic proline replacement
        K. Murakami; K. Irie; A. Morimoto; Y. Masuda; H. Ohigashi; M. Nagao; H. Fukuda; T. Shimizu; T. Shirasawa, 単著
        Peptide Science 2004, p179-182, 2005年, 査読無し
      • Tumor-promoting phorbol esters bind directly to the regulatory domain of diacylglycerol kinase gamma
        M. Shindo; K. Irie; H. Ohigashi; M. Kuriyama; N. Saito, 単著
        Peptide Science 2001, p207-210, 2002年, 査読無し
      • Selective binding of tumor promoters to the novel PKC C1B domains
        K. Irie; A. Nakahara; Y. Nakagawa; H. Ohigashi; M. Shindo; H. Fukuda; H. Konishi; U. Kikkawa, 単著
        Peptide Science 2000, p197-200, 2001年, 査読無し
      • Synthesis and phorbol ester binding of the zinc-finger like sequences of all protein kinase C isozymes
        K. Irie; K. Oie; A. Nakahara; Y. Yanai; H. Ohigashi; H. Fukuda; P. A. Wender, 単著
        Peptide Science 1998, p65-68, 1999年, 査読無し
      • Synthesis and characterization of model peptides incorporating the phorbol ester-binding domain of protein kinase C
        K. Irie; Y. Yanai; H. Ohigashi; P. A. Wender, 単著
        Peptide Chemistry 1996, 209-212, 1997年, 査読無し
      • A convenient synthesis of chlorin e6 dimer and trimer
        T. Ando; K. Irie; K. Koshimizu; S. Nakajima; T. Takemura; I. Sakata, 単著
        Photodynamic Therapy and Biomedical Lasers (Elsevier Science Publishers B.V.), 764-768, 1992年, 査読無し
      • The indole alkaloid tumor promoter teleocidins as Epstein-Barr virus inducers: structure, biosynthesis and structure-activity relationship
        K. Irie; K. Koshimizu, 単著
        Natural Products as Antiviral Agents (Plenum), 257-273, 1992年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許第6170908号, 特願2014-511223, 新規アプリシアトキシン誘導体及びそれを含有する抗がん剤
        入江一浩; 菊森将之; 蒲池弘明; 柳田 亮; 中川 優
      • 特願2014-251898,2015-104411, アミロイドβの22位及び23位のターン構造を極めて特異的に認識する抗体
        入江一浩; 村上一馬; 清水孝彦; 泉尾直孝; 清藤 勉
      • 特許US 8,710,193; CN ZL201080046483.9, Antibody recognizing turn structure in amyloid β
        Irie, K; Murakami, K; Masuda, Y; Shimizu, T; Shirasawa, T; Seito, T
      • 特願2009-239542, アミロイドβのターン構造を認識する抗体
        入江一浩; 村上一馬; 増田裕一; 清水孝彦; 白澤卓二; 清藤 勉

      受賞

      • 2019年03月25日
        日本農芸化学会, 日本農芸化学会賞
        日本国, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
      • 2009年
        日本農芸化学会, 2008年度BBB論文賞
      • 1994年
        日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞
      • 1990年
        井上科学振興財団, 井上研究奨励賞
      • 2016年09月30日
        日本学術振興会, 平成28年度科研費 審査委員表彰

      外部資金:科学研究費補助金

      • アミロイドβの毒性オリゴマー特異抗体による超早期のアルツハイマー病診断
        基盤研究(A)
        中区分37:生体分子化学およびその関連分野
        京都大学
        入江 一浩
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        脳神経疾患;アルツハイマー病;アミロイドβ;抗体;毒性オリゴマー;有機化学;ジスルフィド架橋
      • 天然PKCリガンドによる化学コミュニケーションの統合的理解と医薬品シーズの開発
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        自 2017年06月30日, 至 2022年03月31日, 交付
        シグナル伝達;癌;有機化学;薬理学;酵素;プロテインキナーゼC;アプリシアトキシン;CH/π相互作用;機械学習;アロタケタール;プロテインキナーゼC;マクラマイシン;ヒト免疫不全ウイルス;発がんプロモーター;がん細胞増殖抑制
      • 化学コミュニケーションのフロンティア
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        掛谷 秀昭
        自 2017年06月30日, 至 2022年03月31日, 交付
        化学コミュニケーション;分子社会学;天然物化学;ケミカルバイオロジー;生物活性リガンド
      • 蛋白質安定化による疾患予防を目指した、低プロオキシダント性抗酸化物質の探索
        挑戦的萌芽研究
        福井県立大学
        黒川 洋一
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        抗酸化能;プロオキシダント能;銅イオン還元能;ヒドロキシルラジカル;スーパーオキシドディスムターゼ 1;蛋白質変性;antioxidant;prooxidant;copper-induced oxidation;hydroxyl radical;superoxide dismutase;G6PDH;protein stability;抗酸化;プロオキシダント性;分子酸化
      • アミロイドβの毒性配座理論に基づいたアルツハイマー病の新規診断法の開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日, 採択
      • アミロイドβの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の新しい予防戦略
        基盤研究(S)
        京都大学
        入江 一浩
        自 2014年05月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        アルツハイマー病;アミロイドβ;毒性ターン;凝集;抗体;脳脊髄液;診断;フラボノイド;脳神経疾患;有機化学;核酸アプタマー;ノックインマウス;毒性オリゴマー;アルツハイマー;オリゴマー;神経細胞毒性
      • タンパク質ドメインの鏡像体を利用したマンノースレセプター設計の新戦略
        挑戦的萌芽研究
        名古屋大学;独立行政法人理化学研究所
        中川 優
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        生理活性;蛋白質;糖;有機合成;タンパク質
      • 食用植物からのアミロイドβ凝集阻害物質の探索と作用機序の解明
        基盤研究(C)
        筑波大学
        繁森 英幸
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        アミロイドβ凝集阻害活性;アルツハイマー病;Th-T;カフェ酸誘導体;HGF産生促進活性;サツマイモ;コーヒー;神経細胞保護作用;Aβ凝集阻害活性;アルツハイマー症;キノコ;地骨皮;ビスフラボノイド;HGF;カフェオイルキナ酸;フェニルエタノイド配糖体;記憶障害改善;プロポリス
      • 難治性疾患に対する分子標的薬シードとしての新規PKCリガンドの探索研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        入江 一浩
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        海洋天然物;ブリオスタチン;プロテインキナーゼC;がん;アルツハイマー病;プロテインキナーゼC;ホルボールエステル;海綿;珪藻;発がん促進物質;フサコケムシ;ラン藻;Epstein-Barrウィルス
      • 抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        アプリシアトキシン;アプログ;ブリオスタチン;がん細胞増殖抑制;プロテインキナーゼC;ホルボールエステル;発がんプロモーター;抗がん剤;シグナル伝達;debromoaplysiatoxin;bryostatin;phorbol ester;発がん促進;ヒトがん細胞;増殖抑制;がん細胞;aplysiatoxin;発がん促進物質;細胞増殖抑制活性;プロテインキナーゼC;発がん2段階試験;TPA
      • 天然物ケミカルバイオロジーの研究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        東北大学
        上田 実
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        天然物;ケミカルバイオロジー;標的同定;天然物化学;天然物リガンド;国際交流(ドイツ);国際交流(米国);国際交流(韓国);国際交流(スウェーデン);異分野融合;国際研究者交流(米国);国際研究者交流(中国);国際研究者交流(韓国);天然物ケミカルバイオロジー;分子設計
      • アミロイドβの毒性オリゴマーの構造解析に基づいた抗アルツハイマー病薬の開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        自 2009年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        アルツハイマー病;アミロイドβ;凝集;毒性ターン;抗体;フラボノイド;オリゴマー;アルツハイマー;凝集抑制;カテコール;Aβ42;βアミロイド;タキシフォリン;プロテインキナーゼC;クルクミン;シナプス毒性;アプリシアトキシン;抗ターン抗体;毒性コンホマー;光アフィニティーラベリング
      • インドール環4位への窒素原子導入酵素の触媒機構の解析と応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        indolactam-V;teleocidin;生合成;NRPS;P450;発がんプロモーター;Streptomyces
      • βアミロイドの新しい凝集モデルに基づいた抗体および凝集阻害剤の開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        アルツハイマー病;βアミロイド;凝集;固体NMR;β-シート;Aβ抗体;ESR;アルツハイマ-病;β-シ-ト;アルツハイマー;Aβ42;R2;βシート;シリマリン;タキシフォリン;DARR;スピンラベル
      • CH/π相互作用を利用したPKCアイソザイム選択的な薬剤開発
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        インドラクタム;C1ドメイン;CH;π相互作用;発がんプロモーター;プロテインキナーゼC;ホルボールエステル
      • CH/π相互作用を利用したPKCδ選択的薬剤の創製
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        プロテインキナーゼC;インドラクタム;CH;π相互作用;C1ドメイン;発がんプロモーター;ベンゾラクタム
      • アミロイドβ42凝集体のターン構造をエピトープとしたワクチン療法の開発
        特定領域研究
        生物系
        (財)東京都高齢者研究・福祉振興財団
        白澤 卓二
        完了
        アルツハイマー病;Aβ42;βアミロイド;凝集;酸化ストレス;ラジカル;電子スピン共鳴法;ターン形成
      • βアミロイド凝集体の固体NMRによる立体構造解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        アルツハイマー;Aβ42;βアミロイド;β-シート;凝集;固体NMR;DARR;ターン;ベータシート, Alzheimer's disease;Aβ42;amyloid;β-sheet;aggregation;solid-state NMR;DARR;turn
      • 質量分析法によるリガンド-レセプター相互作用の精密解析
        萌芽研究
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        プロテインキナーゼC;エレクトロスプレー質量分析計;亜鉛フィンガー;ホルボールエステル;亜鉛放出;カドミウム
      • 細胞内情報伝達を制御する新しい薬剤の開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        大東 肇
        完了
        アプリシアトキシン;ジアシルグリセロールキナーゼ;C1 ドメイン;インドラクタム;発がんプロモーター;ブライオスタチン;プロテインキナーゼ C;ホルボールエステル;亜鉛フィンガー;C1ドメイン;プロテインキナーゼC;GFP;RasGRP;chimaerin;Unc13;indolactam-V, aplysiatoxin;bryostatin;C1 domain;diacylglycerol kinase;indolactam;phorbol ester;protein kinase C;tumor promoter
      • アルツハイマー病因ペプチドの凝集機構の解明と凝集阻害剤の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        アルツハイマー;Aβ42;アミロイド;ベータシート;ターン;家族性アルツハイマー;βアミロイド;凝集;β-sheet;β-turn;家族性アルツハイマー病;Aβ1-42, Alzheimer's disease;Aβ42;amyloid;β-sheet;turn;familial Alzheimer's disease
      • 発がんプロモーションのメカニズム解明のための鍵化合物の開発と応用
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        ホルボールエステル;プロテインキナーゼC;発がんプロモーター;インドラクタム;システインリッチドメイン;コンホメーション;ジアシルグリセロールキナーゼ
      • 発がんプロモーションのメカニズム解明のための鍵化合物の開発
        特定領域研究(A)
        理工系
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        ホルボールエステル;プロテインキナーゼC;発がんプロモーター;インドラクタム;システインリッチドメイン
      • プロテインキナーゼC調節領域の化学合成と構造機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        ホルボールエステル;プロテインキナーゼC;発がんプロモーター;亜鉛フィンガー;固相合成;エレクトロスプレー質量分析法;HATU, cysteine-rich domain;phorbol;protein kinase C;tumor promoter;zinc finger
      • アザクライゼン転位を活性した新規インドール系発がんプロモーターの分子設計
        基盤研究(C)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        アザクライゼン転位;テレオシジン;インドラクタム;発がんプロモーター;プロテインキナーゼC;コンフォメーション, aza-Claisen rearrangement;teleocidin;indolactam;tumor promoter;protein kinase C;conformation
      • 発癌プロモーターとプロテインキナーゼCとの結合様式の有機化学的解析
        重点領域研究
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        発癌プロモーター;プロテインキナーゼC;光アフィニティーラベリング;ホルボールエステル;ジアジリン
      • 新規水溶性フラーレン誘導体の合成とフォトダイナミックアクション
        奨励研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        フラーレン;光細胞毒性;光物理化学療法;ポルフィリン
      • 発癌プロモーターとプロテインキナーゼCとの結合様式の有機化学的解析
        重点領域研究
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        発癌プロモーター;プロテインキナーゼC;光アフィニティーラベリング;ホルボールエステル;ジアゾアセチル基
      • 立体配座を固定した発癌プロモーター・テレオシジン誘導体の合成と生物活性
        奨励研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        発癌プロモーター;インドラクタム;テレオシジン;コンフォメーション;アザ・コープ転位;プロテインキナーゼC;EBウイルス
      • 発癌プロモーターとプロテインキナーゼCとの結合様式の有機化学的解析
        重点領域研究
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        発癌プロモーター;プロテインキナーゼC;光アフィニティーラベリング;フォルボールエステル;ジアゾアセチル基
      • プロテインキナーゼCの光アフィニティーラベリング
        奨励研究(A)
        京都大学
        入江 一浩
        完了
        発癌プロモーター;光アフィニティーラベリング;プロテインキナーゼC;インドラクタム;テレオシジン;フォルボールエステル
      • トリプトファン誘導体のインドール環4位への閉環酵素の特性と応用
        一般研究(B)
        京都大学
        小清水 弘一
        完了
        インドラクタム;テレオシジン;発癌プロモーター;生合成;微生物転換;閉環酵素;発癌プロモ-タ-, (-)-Indolactam-V;Teleocidin;Tumor promoter;Biosynthesis;Cyclization enzyme;Microbial conversion
      • 細胞膜で多彩に機能する有機化合物の合成化学的開発
        基盤研究(B)
        小区分37020:生物分子化学関連
        横浜市立大学
        及川 雅人
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        ポリアミン;ペプチド;ドラッグデリバリーシステム;シナプス受容体モジュレーター

      外部資金:その他

      • 天然PKCリガンドの医薬品シーズとしての構造最適化
        上原記念生命科学財団 2016年度研究助成
        自 2017年02月08日, 至 2018年04月30日
        入江一浩
      • Aβオリゴマーの毒性配座理論を基盤としたアルツハイマー病の治療戦略
        武田科学振興財団 2013年度生命科学研究助成
        自 2013年10月01日, 至 2016年05月31日
        入江一浩
      • 食品中のポリフェノール類によるアミロイドβの毒性緩和機構
        アサヒグループ学術振興財団 2010年度研究助成
        自 2008年02月07日, 至 2012年03月31日
        入江一浩
      • ブライオスタチンのプロテイキナーゼC活性化機構に基づいた新規抗がん剤の設計
        上原記念生命科学財団 2007年度研究助成
        自 2008年04月01日, 至 2009年04月30日
        入江一浩
      • プロテインキナーゼCアイソザイムを標的とした新しい抗がん剤の設計
        内藤記念科学振興財団 2006年度研究助成
        自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日
        入江一浩
      • Daphnoretinをリードとした抗がん剤の開発
        松籟科学技術振興財団 2006年度研究助成
        自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日
        入江一浩
      list
        Last Updated :2022/08/08

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          食品有機化学II
          7209, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          食品有機化学III
          7218, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命有機化学専攻演習1
          GB13, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命有機化学専攻実験2
          GC14, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          X101, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          食品有機化学I
          7207, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命有機化学専攻演習2
          GB14, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命有機化学専攻実験1
          GC13, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          天然物化学特論
          GA26, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          食品有機化学実験及び実験法
          7280, 前期集中, 農学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学演習
          7315, 後期, 農学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          M212, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          食品生物科学概論
          7215, 前期, 農学部, 2
        • 農学部:食品有機化学 I、II、III、生命有機化学、有機化学実験及び実験法、食品生物科学入門及び実習
        • 農学研究科:生体反応有機化学、食品生命科学特論、生命有機化学専攻演習、生命有機化学専攻実験
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命有機化学
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命有機化学
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食品生物科学演習
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命有機化学
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命有機化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命有機化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命有機化学
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体反応有機化学
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命有機化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命有機化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生理化学概論
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命有機化学
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命有機化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命有機化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生理化学概論
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          天然物化学
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体反応有機化学
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命有機化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品工業論
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          天然物化学
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物有機化学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          天然物化学
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          天然物化学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生理化学概論
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物有機化学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          天然物化学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命有機化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命有機化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命有機化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命有機化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物有機化学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品有機化学III
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品有機化学II
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品有機化学I
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品有機化学実験及び実験法
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生物科学概論
          前期, 農学部

        非常勤講師

        • 自 2013年04月09日, 至 2013年09月30日
          生命有機化学
          平成25年度前期集中, 広島大学, 大学院理学研究科
        • 自 2014年04月09日, 至 2014年09月30日
          天然物有機化学
          平成26年度前期集中, 広島大学, 理学部
        • 自 2015年04月08日, 至 2015年09月30日
          天然物有機化学
          平成27年度前期集中, 広島大学, 大学院理学研究科
        • 自 2015年09月01日, 至 2016年03月31日
          ケミカルバイオロジー特論
          平成27年度後期, 東京大学, 大学院薬学系研究科
        • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
          天然物有機化学
          2016年前期集中, 広島大学, 大学院理学研究科
        • 自 2017年04月01日, 至 2017年09月30日
          天然物有機化学Ⅰ
          2017年前期集中, 広島大学, 大学院理学研究科
        list
          Last Updated :2022/08/08

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 化学部会 委員
          • 放射線取扱主任者(農学研究科)、京都大学全学共通科目化学部会委員、低温物質科学研究センター協議員会協議員
          • 自 2008年10月01日, 至 2010年09月30日
            総長室特命補佐
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            設備整備ワーキンググループ 委員
          • 自 2012年10月01日, 至 2016年09月30日
            吉田キャンパスマスタープラン専門部会 部会員
          • 自 2014年06月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            学際融合教育研究推進センター運営委員会 委員
          • 自 2005年04月01日, 至 2013年03月31日
            高等教育研究開発推進機構基礎教育専門委員会・化学部会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2016年03月31日
            低温物質科学研究センター協議員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            放射性同位元素等専門委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生理化学研究ユニット長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            障害者入試委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年03月31日
            特色入試入学者追跡調査WG 
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            入学試験実施委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            FD委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日
            学部教務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2023年03月31日
            建築委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            放射線障害防止委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            食品生物科学科 学科長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2023年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            防火・防災委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            食品生物科学専攻 専攻長
          • 自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日
            学部教務委員会 委員

          ページ上部へ戻る