教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

細川 暢子

ホソカワ ノブコ

医生物学研究所 再生組織構築研究部門 准教授

細川 暢子
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 生物物理学(分子細胞生物学), 准教授
    • 医学研究科, 医学専攻 細胞機能調節学, 准教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 細胞機能調節学, 准教授

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本細胞生物学会

    学位

    • 博士(医学)(京都府立医科大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都府立医科大学大学院, 医学研究科博士課程, 社会医学系, 単位取得退学

    出身学校・専攻等

    • 京都府立医科大学, 医学部医学科, 卒業
    • 京都府立医科大学, 医学部医学進学課程, 修了

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      奈良女子大学文学部附属高等学校

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        タンパク質品質管理機構の研究
      • 研究概要

        細胞の中で生合成されたタンパク質は、正しい高次構造を形成した後はじめて機能することができる。正しい構造形成に失敗したタンパク質や、細胞ストレスによって構造が異常になったタンパク質は、細胞内で分解される。この機構は、工場における製品の品質管理機構に例えて、「タンパク質の品質管理機構」と呼ばれている。このような細胞内でのタンパク質の働きを分子レベルで研究している。

      研究キーワード

      • 生化学
      • 分子生物学
      • 細胞生物学
      • Biochemistry
      • Molecular Biology
      • Cell Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医化学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Endoplasmic reticulum–to–Golgi trafficking of procollagen III via conventional vesicular and tubular carriers
        Yukihiro Hirata; Yuto Matsui; Ikuo Wada; Nobuko Hosokawa
        Molecular Biology of the Cell, 2022年03月01日, 査読有り
      • 3P212セミインタクト細胞を用いた小胞体の細胞周期依存的なダイナミクスの再構成
        村田 昌之; 加納 ふみ; 近藤 久雄; 細川 暢子; 永田 和宏
        生物物理, 2001年
      • SEL1L degradation intermediates stimulate cytosolic aggregation of polyglutamine‐expanded protein
        Tokuya Hattori; Ken Hanafusa; Ikuo Wada; Nobuko Hosokawa
        The FEBS Journal, 2021年03月02日, 査読有り, 責任著者
      • Visualization of procollagen IV reveals ER-to-Golgi transport by ERGIC-independent carriers.
        Matsui Y; Hirata Y; Wada I; Hosokawa N
        Cell Structure and Function, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • In vitro Mannosidase Assay of EDEMs: ER Degradation-Enhancing α-Mannosidase-Like Proteins
        細川 暢子
        Lectin Purification and Analysis: Methods and Protocols, 2020年, 招待有り
      • SDF2-like protein 1 (SDF2L1) regulates the endoplasmic reticulum localization and chaperone activity of ERdj3 protein.
        Hanafusa K; Wada I; Hosokawa N
        Journal of Biological Chemistry, 2019年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • ER-resident protein 46 (ERp46) triggers the mannose-trimming activity of ER degradation–enhancing α-mannosidase–like protein 3 (EDEM3)
        YU Shangyu; ITO Shinji; WADA Ikuo; HOSOKAWA Nobuko
        Journal of Biological Chemistry, 2018年, 査読有り
      • Endoplasmic reticulum proteins SDF2 and SDF2L1 act as components of the BiP chaperone cycle to prevent protein aggregation
        Tsutomu Fujimori; Ryoji Suno; Shun-Ichiro Iemura; Tohru Natsume; Ikuo Wada; Nobuko Hosokawa
        GENES TO CELLS, 2017年08月, 査読有り
      • Association of the SEL1L protein transmembrane domain with HRD1 ubiquitin ligase regulates ERAD-L
        Nobuko Hosokawa; Ikuo Wada
        FEBS JOURNAL, 2016年01月, 査読有り
      • N-glycans and Quality control of proteins.
        HOSOKAWA Nobuko; SUZUKI Takashi
        “Sugar Chains. Decoding the Function of Glycans” (Eds. T. Suzuki, K. Ohtsubo, N. Taniguchi), 2015年, 招待有り
      • Endoplasmic reticulum lectin XTP3-B inhibits endoplasmic reticulum-associated degradation of a misfolded alpha 1-antitrypsin variant
        Tsutomu Fujimori; Yukiko Kamiya; Kazuhiro Nagata; Koichi Kato; Nobuko Hosokawa
        FEBS JOURNAL, 2013年03月, 査読有り
      • [要修正]
        Hosokawa N
        GlycoPOD web site : Biosynthesis & Metabolism (Ed. T. Kawasaki) (2012), 2012年, 査読有り
      • SEL1L Protein Critically Determines the Stability of the HRD1-SEL1L Endoplasmic Reticulum-associated Degradation (ERAD) Complex to Optimize the Degradation Kinetics of ERAD Substrates
        Yasutaka Iida; Tsutomu Fujimori; Katsuya Okawa; Kazuhiro Nagata; Ikuo Wada; Nobuko Hosokawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年05月, 査読有り
      • [要修正] ERAD(小胞体関連分解)を制御するレクチンOS-9とXTP3-B
        細川暢子
        生化學, 2011年01月25日, 査読有り
      • [要修正]
        Nobuko Hosokawa
        Seikagaku, 2011年, 査読有り
      • The role of MRH domain-containing lectins in ERAD
        Nobuko Hosokawa; Yukiko Kamiya; Koichi Kato
        GLYCOBIOLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • EDEM1 accelerates the trimming of alpha 1,2-linked mannose on the C branch of N-glycans
        Nobuko Hosokawa; Linda O. Tremblay; Barry Sleno; Yukiko Kamiya; Ikuo Wada; Kazuhiro Nagata; Koichi Kato; Annette Herscovics
        GLYCOBIOLOGY, 2010年05月, 査読有り
      • [要修正]
        Nobuko Hosokawa; Koichi Kato; Yukiko Kamiya
        METHODS IN ENZYMOLOGY, VOL 480: GLYCOBIOLOGY, 2010年, 招待有り
      • Human OS-9, a Lectin Required for Glycoprotein Endoplasmic Reticulum-associated Degradation, Recognizes Mannose-trimmed N-Glycans
        Nobuko Hosokawa; Yukiko Kamiya; Daiki Kamiya; Koichi Kato; Kazuhiro Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年06月, 査読有り
      • [要修正]
        N. Hosokawa; K. Nagata
        M-type lectins as novel components of secretory pathways, (Eds Gerardo R.Vasta, Hafiz Ahmed) CRC Press pp. 165-169(2009), 2009年, 査読有り
      • Targeted disruption of Hsp110/105 gene protects against ischemic stress
        Junji Nakamura; Motoaki Fujimoto; Kunihiko Yasuda; Kiyoshi Takeda; Shizuo Akira; Takumi Hatayama; Yasushi Takagi; Kazuhiko Nozaki; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        STROKE, 2008年10月, 査読有り
      • Human XTP3-B forms an endoplasmic reticulum quality control scaffold with the HRD1-SEL1L ubiquitin ligase complex and BiP
        Nobuko Hosokawa; Ikuo Wada; Koji Nagasawa; Tatsuya Moriyama; Katsuya Okawa; Kazuhiro Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2008年07月, 査読有り
      • Gp78 cooperates with RMA1 in endoplasmic reticulum-associated degradation of CFTR Delta F508
        Daisuke Morito; Kazuyoshi Hirao; Yukako Oda; Nobuko Hosokawa; Fuminori Tokunaga; Douglas M. Cyr; Keiji Tanaka; Kazuhiro Iwai; Kazuhiro Nagata
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2008年04月, 査読有り
      • [要修正]
        N. Hosokawa
        "Experimental Glycoscience : Glycology" (Eds N. Taniguchin et al.) Springer pp. 207-210 (2008), 2008年, 査読有り
      • Stimulation of ERAD of misfolded null Hong Kong alpha 1-antitrypsin by golgi alpha 1,2-mannosidases
        Nobuko Hosokawa; Zhipeng You; Linda O. Tremblay; Kazuhiro Nagata; Annette Herscovics
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年10月, 査読有り
      • Simultaneous induction of the four subunits of the TRAP complex by ER stress accelerates ER degradation
        Koji Nagasawa; Toshio Higashi; Nobuko Hosokawa; Randal J. Kaufman; Kazuhiro Nagata
        EMBO REPORTS, 2007年05月, 査読有り
      • EDEM accelerates ERAD by preventing aberrant dimer formation of misfolded alpha 1-antitrypsin
        N Hosokawa; Wada, I; Y Natsuka; K Nagata
        GENES TO CELLS, 2006年05月, 査読有り
      • EDEM3, a soluble EDEM homolog, enhances glycoprotein endoplasmic reticulum-associated degradation and mannose trimming
        K Hirao; Y Natsuka; T Tamura; Wada, I; D Morito; S Natsuka; P Romero; B Sleno; LO Tremblay; A Herscovics; K Nagata; N Hosokawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • NSF/SNAPs and p97/p47/VCIP135 are sequentially required for cell cycle-dependent reformation of the ER network
        F Kano; H Kondo; A Yamamoto; Y Kaneko; K Uchiyama; N Hosokawa; K Nagata; M Murata
        GENES TO CELLS, 2005年10月, 査読有り
      • [要修正] 小胞体タンパク質の品質を保証する細胞内メカニズム
        細川暢子
        化学と生物, 2005年09月, 査読有り
      • The maintenance of the endoplasmic reticulum network is regulated by p47, a cofactor of p97, through phosphorylation by cdc2 kinase
        F Kano; H Kondo; A Yamamoto; AR Tanaka; N Hosokawa; K Nagata; M Murata
        GENES TO CELLS, 2005年04月, 査読有り
      • [要修正] 胞体関連分解におけるEDEM ファミリータンパク質の機能
        長束優子; 細川暢子; 永田和宏
        実験医学「細胞 内タンパク質の社会学」(永田和宏,遠藤斗志也編)Vol. 23, No. 15 : 2352-2357(2005), 2005年, 査読有り
      • Insufficient folding of type IV collagen and formation of abnormal basement membrane-like structure in embryoid bodies derived from Hsp47-null embryonic stem cells
        Y Matsuoka; H Kubota; E Adachi; N Nagai; T Marutani; N Hosokawa; K Nagata
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年10月, 査読有り
      • [要修正] ER quality control and ERAD: EDEM accelerates glycoprotein ERAD
        N. Hosokawa
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2004年, 査読有り
      • [要修正] 小胞体タンパク質品質管理とERAD-EDEM 分子は糖タンパク質のERAD を促進する
        細川暢子
        蛋白質核酸酵素「細胞における蛋白質の一生」Vol.49,No.7 : 984-987(2004), 2004年, 査読有り
      • Enhancement of endoplasmic reticulum (ER) degradation of misfolded null Hong Kong alpha(1)-antitrypsin by human ER mannosidase I
        N Hosokawa; LO Tremblay; ZP You; A Herscovics; Wada, I; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年07月, 査読有り
      • [要修正] ERADによる品質管理機構
        細川暢子; 永田和宏
        生化学, 2003年06月25日, 査読有り
      • EDEM as an acceptor of terminally misfolded glycoproteins released from calnexin
        Y Oda; N Hosokawa; Wada, I; K Nagata
        SCIENCE, 2003年02月, 査読有り
      • A time-dependent phase shift in the mammalian unfolded protein response
        H Yoshida; T Matsui; N Hosokawa; RJ Kaufman; K Nagata; K Mori
        DEVELOPMENTAL CELL, 2003年02月, 査読有り
      • The Kruppel-like factor Zf9 and proteins in the Sp1 family regulate the expression of HSP47, a collagen-specific molecular chaperone
        K Yasuda; K Hirayoshi; H Hirata; H Kubota; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年11月, 査読有り
      • Type XXVI collagen, a new member of the collagen family, is specifically expressed in the testis and ovary
        K Sato; K Yomogida; T Wada; T Yorihuzi; Y Nishimune; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年10月, 査読有り
      • Heat shock protein (HSP) 47 and collagen are upregulated during neointimal formation in the balloon-injured rat carotid artery
        S Murakami; Y Toda; T Seki; E Munetomo; Y Kondo; T Sakurai; Y Furukawa; M Matsuyama; T Nagate; N Hosokawa; K Nagata
        ATHEROSCLEROSIS, 2001年08月, 査読有り
      • A novel ER α-mannosidase-like protein accelerates ER-associated degradation
        N. Hosokawa; I. Wada; K. Hasegawa; T. Yorihuzi; L.O. Tremblay; A. Herscovics; K. Nagata
        EMBO Reports, 2001年05月, 査読有り
      • Mnl1p, an alpha-mannosidase-like protein in yeast Saccharomyces cerevisiae, is required for endoplasmic reticulum-associated degradation of glycoproteins
        K Nakatsukasa; S Nishikawa; N Hosokawa; K Nagata; T Endo
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年03月, 査読有り
      • Upregulation of HSP47 and collagen type III in the dermal fibrotic disease, keloid
        M Naitoh; N Hosokawa; H Kubota; T Tanaka; H Shirane; M Sawada; Y Nishimura; K Nagata
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年02月, 査読有り
      • Molecular cloning of a novel ubiquitin-like protein, UBIN, that binds to ER targeting signal sequences
        M Matsuda; T Koide; T Yorihuzi; N Hosokawa; K Nagata
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年01月, 査読有り
      • Embryonic lethality of molecular chaperone Hsp47 knockout mice is associated with defects in collagen biosynthesis
        N Nagai; M Hosokawa; S Itohara; E Adachi; T Matsushita; N Hokawa; K Nagata
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2000年09月, 査読有り
      • Procollagen binds to both prolyl 4-hydroxylase/protein disulfide isomerase and HSP47 within the endoplasmic reticulum in the absence of ascorbate
        N Hosokawa; K Nagata
        FEBS LETTERS, 2000年01月, 査読有り
      • Separate cis-acting DNA elements control cell type- and tissue-specific expression of collagen binding molecular chaperone HSP47
        H Hirata; Yamamura, I; K Yasuda; A Kobayashi; N Tada; M Suzuki; K Hirayoshi; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • The human genome has only one functional hsp47 gene (CBP2) and a pseudogene (pshsp47)
        N Nagai; Y Tetuya; N Hosokawa; K Nagata
        GENE, 1999年02月, 査読有り
      • Expression and localization of collagen-binding stress protein Hsp47 in mouse embryo development: comparison with types I and II collagen
        H Masuda; N Hosokawa; K Nagata
        CELL STRESS & CHAPERONES, 1998年12月, 査読有り
      • HSP47, a collagen-specific molecular chaperone, delays the secretion of type III procollagen transfected in human embryonic kidney cell line 293: A possible role for HSP47 in collagen modification
        N Hosokawa; C Hohenadl; M Satoh; K Kuhn; K Nagata
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年09月, 査読有り
      • Transcriptional activation of the mouse HSP47 gene in mouse osteoblast MC3T3-E1 cells by TGF-beta 1
        Yamamura, I; H Hirata; N Hosokawa; K Nagata
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年03月, 査読有り
      • Intracellular interaction of collagen-specific stress protein HSP47 with newly synthesized procollagen
        M Satoh; K Hirayoshi; SI Yokota; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1996年04月, 査読有り
      • [要修正]
        Kazuhiro Nagata; Nobuko Hosokawa
        Cell Structure and Function, 1996年, 査読有り
      • ALTERNATIVE 5' SPLICE-SITE SELECTION INDUCED BY HEAT-SHOCK
        H TAKECHI; N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1994年01月, 査読有り
      • STRUCTURE OF THE GENE ENCODING THE MOUSE 47-KDA HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47)
        N HOSOKAWA; H TAKECHI; S YOKOTA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        GENE, 1993年04月, 査読有り
      • QUERCETIN, AN INHIBITOR OF HEAT-SHOCK PROTEIN-SYNTHESIS, INHIBITS THE ACQUISITION OF THERMOTOLERANCE IN A HUMAN COLON-CARCINOMA CELL-LINE
        M KOISHI; N HOSOKAWA; M SATO; A NAKAI; K HIRAYOSHI; M HIRAOKA; M ABE; K NAGATA
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1992年11月, 査読有り
      • INHIBITION OF THE ACTIVATION OF HEAT-SHOCK FACTOR INVIVO AND INVITRO BY FLAVONOIDS
        N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; H KUDO; H TAKECHI; A AOIKE; K KAWAI; K NAGATA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1992年08月, 査読有り
      • QUERCETIN, A BIOFLAVONOID, INHIBITS THE INCREASE OF HUMAN MULTIDRUG RESISTANCE GENE (MDR1) EXPRESSION CAUSED BY ARSENITE
        N KIOKA; N HOSOKAWA; T KOMANO; K HIRAYOSHI; K NAGATA; K UEDA
        FEBS LETTERS, 1992年04月, 査読有り
      • FLAVONOIDS INHIBIT THE EXPRESSION OF HEAT-SHOCK PROTEINS
        N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; A NAKAI; Y HOSOKAWA; N MARUI; M YOSHIDA; T SAKAI; H NISHINO; A AOIKE; K KAWAI; K NAGATA
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 1990年12月, 査読有り
      • N-MYC SUPPRESSION AND CELL-CYCLE ARREST AT G1 PHASE BY PROSTAGLANDINS
        N MARUI; T SAKAI; N HOSOKAWA; M YOSHIDA; A AOIKE; K KAWAI; H NISHINO; M FUKUSHIMA
        FEBS LETTERS, 1990年09月, 査読有り
      • INHIBITORY EFFECT OF QUERCETIN ON THE SYNTHESIS OF A POSSIBLY CELL-CYCLE-RELATED 17-KDA PROTEIN, IN HUMAN COLON CANCER-CELLS
        N HOSOKAWA; Y HOSOKAWA; T SAKAI; M YOSHIDA; N MARUI; H NISHINO; K KAWAI; A AOIKE
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1990年06月, 査読有り
      • THE EFFECT OF QUERCETIN ON CELL-CYCLE PROGRESSION AND GROWTH OF HUMAN GASTRIC-CANCER CELLS
        M YOSHIDA; T SAKAI; N HOSOKAWA; N MARUI; K MATSUMOTO; A FUJIOKA; H NISHINO; A AOIKE
        FEBS LETTERS, 1990年01月, 査読有り

      MISC

      • 小胞体品質管理とERAD--EDEM分子は糖蛋白質のERADを促進する (細胞における 蛋白質の一生--生成・成熟・輸送・管理・分解・病態) -- (蛋白質の品質管理)
        細川 暢子
        蛋白質核酸酵素, 2004年05月
      • 2P193 哺乳動物細胞における小胞体ネットワーク構造の細胞周期依存的なダイナミクス(II) : 小胞体膜融合過程(細胞生物的課題 : 接着・運動・骨格・伝達・膜)
        加納 ふみ; 近藤 久雄; 山内 忍; 田中 亜路; 細川 暢子; 永田 和宏; 村田 昌之
        生物物理, 2004年
      • EMBRYOID BODIES DERIVED FROM HSP47-KNOCKOUT EMBRYONIC STEM CELLS ARE DEFICIENT IN BASEMENT MEMBRANE FORMATION DURING EMBRYONIC DEVELOPMENT
        Matsuoka Yasuhiro; Adachi Eijiro; Nagai Naoko; Hosokawa Nobuko; Kubota Hiroshi; Nagata Kazuhiro
        Connective tissue, 2002年04月
      • IDENTIFICATION OF CIS-ELEMENTS AND TRANSCRIPTION FACTORS THAT REGULATE THE TISSUE SPECIFIC EXPRESSION OF HSP47
        Yasuda Kunihiko; Hirayoshi Kazunori; Hosokawa Nobuko; Nagata Kazuhiro
        Connective tissue, 2002年04月
      • コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47のプロモーター解析
        平田 普三; 山村 功; 平芳 一法; 細川 暢子; 永田 和宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • Cloning, expression, and characterization of EDEM homolog proteins
        Y Natsuka; K Hirao; J Nakamura; S Natsuka; N Hosokawa; K Nagata
        GLYCOBIOLOGY, 2004年11月
      • 小胞体シャペロンタンパク質SDF2L1の機能解析
        田中雄大; 藤森力; 宮崎恵里; 花房賢; 寿野良二; 細川暢子
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • 蛋白質の一生
        徳永文稔; 門脇寿枝; 西頭英起; 内木宏延; 樋口京一; 中矢正; 鈴木利治; 後藤祐児; 船津高志; 金子清俊; 中戸川仁; 森和俊; 米田悦啓; 垣塚彰; 馬艶; 久野高義; 和田郁夫; 西川周一; 伊川正人; 吉田賢右; 遠藤斗志也; 永田和宏; 阿部哲也; 養王田正文; 金城政孝; 元島史尋; 田口英樹; 吉田祐美; 中村暢宏; 阪口雅郎; 小椋光; 森正敬; 稲葉謙次; 久保田広志; 森戸大介; 細川暢子; 大塚健三; 秋山芳展; 徳田元; 藤木幸夫
        蛋白質 核酸 酵素, 2008年06月10日
      • Functional analysis of EDEM homologue protein
        Yuko Natsuka; Kazuyoshi Hirao; Junji Nakamura; Taku Tamura; Ikuo Wada; Shunji Natsuka; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • EDEM accelerates ERAD by preventing aberrant dimer formation of misfolded alpha 1-antitrypsin
        Nobuko Hosokawa; Ikuo Wada; Yuko Natsuka; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • EDEM cooperates with calnexin in the ER associated degradation of unfolded proteins
        Yukako Oda; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        EURESCO Conferences on Biology of Molecular Chaperones, 2003年
      • Possible functions of EDEM in the ERAD of terminally misfolded proteins
        Kazuhiro Nagata; Yukako Oda; Kazuyoshi Hirao; Nobuko Hosokawa
        1st International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine, 2003年
      • ERADにおけるEDEMとcalnexinの機能解析
        小田裕香子; 細川暢子; 和田郁夫; 永田和宏
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2003年
      • ERAD 経路におけるEDEM-calnexin complex の解析
        小田裕香子; 細川暢子; 和田郁夫; 永田和宏
        第25回日本分子生物学会年会, 2002年
      • Quality control of the nascent proteins in the endoplasmic reticulum
        Kazuhiro Nagata; Yukako Oda; Nobuko Hosokawa
        The 4th APOCB Congress, The Asian Pacific Organization for Cell Biology, 2002年
      • ERAD経路においてEDEMと相互作用するタンパク質との解析
        小田裕香子; 細川暢子; 和田郁夫; 永田和宏
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2002年
      • 新規小胞体α‐mannosidase様蛋白質(Mnl1p)は糖蛋白質の小胞体蛋白質分解(ERAD)に関与する
        中務邦雄; 西川周一; 細川暢子; 永田和宏; 遠藤斗志也
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2001年
      • HSP47の組織特異的発現は2つのシスエレメントにより制御されている
        平田普三; 山村功; 安田邦彦; 小林明央; 多田昇弘; 鈴木操; 平芳一法; 細川暢子; 永田和宏
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 1999年
      • コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47・ノックアウトマウスの解析
        永井尚子; 糸原重美; 細川昌則; 細川暢子; 永田和宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47のプロモーター解析
        平田普三; 細川暢子; 永田和宏
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 1997年
      • 糖タンパク質の品質管理-小胞体における糖鎖の「枝」の役割-
        細川暢子
        ポスター2 糖タンパク質の品質管理-小胞体における糖鎖の「枝」の役割- 細川暢子(細胞機能調節学分野) 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 平成24 年度学術講演会 開催日:2012 年12 月19 日(水), 2012年, 査読有り
      • Roles of N-glycans in the regulation of mammalian glycoprotein quality control.
        Hosokawa N
        第34 回日本分子生 物学会年会シンポジウム “Glycoprotein quality control: Biosynthesis, molecular recognition and physiological roles of N-glycans”( 2011.12.16 横浜), 2011年12月16日, 査読有り
      • The novel role of MRH domain-containing lectin \nXTP3-B in endoplasmic reticulum quality control
        Fujimori T; Kamiya Y; Kato K; Nagata K; Hosokawa N
        第34 回日本分子生物学会年会(2011.12.13-16 横浜)(口頭及びポスター発表), 2011年12月13日, 査読有り
      • Functional analysis of MRH domain-containing lectin \nXTP3-B in the endoplasmic reticulum quality control.
        Fujimori T; Kamiya Y; Kato K; Nagata K; Hosokawa N
        The 31st Naito Conference on Glycan Expression and Regulation [II] Metabolites, Stress response, Microdomains, and Beyond.(2011.9.13-16 Sapporo)(ポスター 発表), 2011年, 査読有り
      • Functional analysis of a \nmammalian lectin XTP3-B in the endoplasmic reticulum quality control
        Tsutomu Fujimori; Yukiko Kamiya; Koichi Kato; Kazuhiro Nagata; Nobuko Hosokawa
        The 3rd International Symposium on Protein Community,奈良市,2010.9.13-16, 2010年, 査読有り
      • Formation of HRD1-SEL1L ubiquitin ligase \ncomplex that regulates the mammalian ERAD
        Nobuko Hosokawa; Yasutaka Iida; Katsuya Okawa; Kazuhiro Nagata
        The 3rd International Symposium on Protein Community, 奈良市,2010.9.13-16, 2010年, 査読有り
      • 小胞体関連分解におけるHRD1-SEL1L ユビキチンリガーゼ複合体の機能
        細川暢子
        京都大学再生医科学研究所 \n「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 \n平成22 年度学術講演会 \n開催日:2010 年12 月13 日(月) \n場所:芝蘭会館稲盛ホール, 2010年, 査読有り
      • ヒト新規レクチンXTP3-B の機能解析
        藤森力; 神谷由紀子; 加藤晃一; 永田和宏; 細川暢子
        特定領域研究 「タンパク質の社会」第3 回若手ワークショップ,宗像市,2010.07.1-3, 2010年, 査読有り
      • OS-9 and XTP3-B, the MRH Domain-Containing Lectins in Mammals are Involved in ERAD
        Nobuko Hosokawa
        GLYCOBIOLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • タンパク質の品質管理機構
        細川暢子
        京都府立医科大学大学院医学研究科・免疫・微生物学セミナー,京都市, 2009.08.28, 2009年, 査読有り
      • 小胞体関連分解に関わるHRD1-SEL1L複合体の安定性と機能
        飯田恭崇; 細川暢子; 永田和宏
        第82 回日本生化学会大会,神戸市,2009.10.21-24, 2009年, 査読有り
      • 小胞体レクチンによる糖タンパク質の品質管理機構
        細川暢子; 和田郁夫; 神谷由紀子; 加藤晃一; 永田和宏
        第 61 回日本細胞生物学会大会,名古屋市,2009.06.02-04, 2009年, 査読有り
      • Quality control of proteins in the \nendoplasmic reticlum.
        Nobuko Hosokawa; Ikuo Wada; Yukiko Kamiya; Koichi Kato; Kazuhiro Nagata
        京都大学再生医科学研究所設立10周年記念国際シンポジウム,京都市,2008.12.4, 2008年, 査読有り
      • 新規レクチンによる小胞体タンパク質品質管理 機構
        細川暢子; 和田郁夫; 長澤孝治; 森山達哉; 大川克也; 永田和宏
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会一般口頭発表およびポスター発表,神 戸市,2008.12.9-12, 2008年, 査読有り
      • Human XTP3- B forms an ER quality-control Scaffold with the HRD1-SEL1L ubiquitin ligase complex and BiP.
        Nobuko Hosokawa; Ikuo Wada; Koji Nagasawa; Tetsuya Moriyama; Katsuya Okawa; Kazuhiro Nagata
        特定領域研究 「タンパク質の一生」ポストシンポジウム,熱海市,2007.11.22-23, 2007年, 査読有り
      • The clearance of misfolded CFTR mutant involves the ER membrane ubiquitin ligase, gp78.
        Daisuke Morito; Kazuyoshi Hirao; Nobuko Hosokawa; Fuminori Tokunaga; Kazuhiro Nagata
        2006 FASEB Summer Research Conferences Protein Folding in the Cell,Vermont (USA),2006.7.29-8.3, 2006年, 査読有り
      • 小胞体膜貫通型ユビキチンリガーゼ gp78 のE4 活性による変異型CFTR のユビキチン化
        森戸大介; 平尾和義; 細川暢子; 徳永文稔; 田中啓二; 岩井一宏; 永田和宏
        第1 回臨床ストレス応答学会大会,京都市,2006.11.22 -23, 2006年, 査読有り
      • 小胞体関連分解におけるユビキチンリガーゼの機能分担
        森戸大介; 平尾和義; 細川暢子; 永田和宏
        2005年度科 学技術振興機構戦略的創造研究推進事業“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム, 豊中市, 2005. 11. 15-16, 2005年11月15日, 査読有り
      • EDEM3 たんぱく質は糖たんぱく質の分解を促進する
        細川暢子; 平尾和義; 中村純治; 森戸大介; 長束優子; 和田郁夫; Pedro Romero; Barry Sleno; Linda O. Tremblay; Annette Herscovics; 永田和宏
        2005 年度科学技術振 興機構戦略的創造研究推進事業“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム, 豊中市, 2005. 11. 15-16, 2005年11月15日, 査読有り
      • Involvement of TRAP complex in ERAD pathway.
        Koji Nagasawa; Toshio Higashi; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        International Symposium on Life of Proteins, Awaji (Japan), 2005. 10. 30-11. 3, 2005年10月30日, 査読有り
      • 小胞体膜蛋白質Herp はPNGase と結合し, 小胞関連分解基質の脱糖鎖を促進する
        菊池唯史; 細川暢子; 永田和宏; 鈴木匡; 宮田敏行; 小亀浩市
        第78 回日本生化学会ワークショップ「小胞体の蛋白質品質管理」, 神戸市, 2005. 10. 19, 2005年10月19日, 査読有り
      • TRAP complex is involved in ERAD pathway
        Koji Nagasawa; Toshio Higashi; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月, 査読有り
      • Dissection of functional differences between two mammalian Hrd1p orthologues: gp78 and mHRD1
        Daisuke Morito; Kazuyoshi Hirao; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月, 査読有り
      • EDEM 可溶性ホモログ EDEM3はマンノシダーゼ活性を介してERADを促進する
        長束優子; 平尾和義; 中村純治; 田村拓; 和田郁夫; 長束俊治; 細川暢子; 永田和宏
        第25回日本糖質学会年会, 大津市, 2005. 7. 20-22, 2005年, 査読有り
      • Alpha-mannosidase-like proteins accelerate glycoprotein ERAD \n基盤研究C 企画調査「タンパ ク質の多様性獲得戦略の解明に基づいたゲノム情報の解読」
        Nobuko Hosokawa
        シンポジウム「Strategies for the acquirement of functional diversity of proteins タンパク質の多様性は限られたゲノム情報からいかにして生み出されるか?」, 東京都, 2005. 1. 20, 2005年, 査読有り
      • ER-associate degradation : EDEM, soluble EDEM and more...
        Kazuhiro Nagata; Nobuko Hosokawa
        The 1st Pacific- Rim International Conference on Protein Science(2004.4.16. Yokohama), 2004年, 査読有り
      • A soluble homologue of EDEM accelerate ER-associated degradation
        Kazuyoshi Hirao; Daisuke Morito; Yoko Natsuka; Nobuko Hosokawa; Yoshihide Hayashizaki; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月, 査読有り
      • Simultaneous induction of all subunits of TRAP gene by ER stress
        Koji Nagasawa; Toshio Hijzashi; Nobuko Hosokawa; Kazuhiro Nagata
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月, 査読有り
      • Differential expression of EDEM and solEDEM (EDEM soluble homologue) mRNAs during embryonic development of the mice
        Junji Nakamura; Kazuhiro Nagata; Nobuko Hosokawa
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月, 査読有り
      • 糖タンパク質の小胞体関連分解:小胞体マンノ シダーゼI, EDEM, EDEM ホモログタンパク質は,いずれも糖タンパク質のERAD を促進する
        細川暢子; 平尾和義; 中村純治; 長束優子; 和田郁夫; 永田和宏
        第77 回日本生化学会大会シンポジウム「糖タンパク質のフォールディングとプロセシングの品質管理」(2004.10.15. 横浜市), 2004年, 査読有り
      • 小胞体の品質管理機構-細胞内メカニズム-
        細川暢子
        千里ライフサイエンスセミナー「タンパク質のクオリティ コントロールとその破綻」(2004.9.7. 豊中市), 2004年, 査読有り
      • 小胞体膜蛋白質Herp は小胞体関連分解基質の脱糖鎖と分解に関与する
        菊池唯史; 細川暢子; 永田和宏; 宮田敏行; 小亀浩市
        第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.10. 神戸市), 2004年, 査読有り
      • 細胞周期依存的なER exit site のダイナミクス(Ⅱ):ER-ゴルジ体小胞輸送への影響
        山内忍; 加納ふみ; 近藤久雄; 田中亜路; 土田マーク彰; 細川暢子; 永田和宏; 村田昌之
        第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市), 2004年, 査読有り
      • 哺乳類HRD1 ホモログの基質選択の解析
        森戸大介; 平尾和義; 細川暢子; 永田和宏
        第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市), 2004年, 査読有り
      • EDEM ホモログ蛋白質 の機能解析
        長束優子; 平尾和義; 中村純治; 田村拓; 和田郁夫; 長束俊治; 細川暢子; 永田和宏
        第77 回日本生化学会大会(2004.10.15. 横浜市), 2004年, 査読有り
      • 糖タンパク質の小胞体関連分解に関わる マンノシダーゼ様タンパク質
        細川暢子; 平尾和義; 中村純治; 長束優子; 和田郁夫; 永田和宏
        文部科学省特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」夏期シンポジウム(2004.8.26~27. 木更津市), 2004年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • ERp46 triggers mannose trimming activity of EDEM3.
        細川 暢子
        International Symposium on ER stress, glycosylation, homeostasis and diseases, 2018年03月22日, 招待有り
      • 小胞体関連分解を担うHRD1-SEL1Lユビキチンリガーゼ複合体の機能解析
        細川 暢子
        第34回日本糖質学会年会, 2015年08月01日, 招待有り
      • 小胞体膜におけるプロテオスタシス維持機構
        第36回日本分子生物学会年会ワークショップ「ER・Post-ERにおける膜プロテオスタシスネットワーク研究の新展開」, 2013年12月05日, 日本分子生物学会
      • Homeostasis and quality control of proteins in cells
        The Joint Symposium of the 7th International Symposium of the Institute Network and the 45th IDAC Symposium, the 2nd Symposium for Joint Usage/Research Center of Aging. “Research Frontiers for Smart Aging” (仙台市), 2012年06月15日, The 7th International Symposium of the Institute Network
      • Roles of N-glycans in the regulation of mammalian glycoprotein quality control
        第34回日本分子生物学会年会回日本分子生物学会年会シンポジウム「Glycoprotein quality control: Biosynthesis, moelecular recognition and physiological roles of N-glycans」, 2011年12月16日, 日本分子生物学会
      • 小胞体における糖鎖修飾とタンパク質品質管理機構
        第84回日本生化学会大会シンポジウム「糖鎖修飾:システムズバイオロジーへの展望」, 2011年09月22日, 日本生化学会
      • Lectins and enzymes that regulate the mammalian glycoprotein quality control
        Glycan Expression and Regulation [II] Metabolites, Stress response, Microdomains, and Beyond, 2011年09月14日, The 31st Naito Conference
      • OS-9 and XTP3-B, the MRH Domain-containing Lectins in Mammals are Involved in ERAD
        Annual Conference of the Society for Glycobiology, 2009年11月15日, The Society for Glycobiology
      • 新規小胞体レクチンによる糖タンパク質の品質管理機構
        第6回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム, 2008年12月03日, 糖鎖科学コンソーシアム
      • 小胞体関連分解を促進するEDEMファミリータンパク質の機能解析
        文部科学省特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第4回公開シンポジウム, 2006年01月31日, 文部科学省特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」
      • 小胞体の品質管理機構
        第7回GGA-HSP勉強会, 2005年08月27日
      • α-Mannosidase-like proteins accelerate glycoprotein ERAD
        基盤研究C企画調査「タンパク質の多様性獲得戦略の解明に基づいたゲノム情報の解読」シンポジウム「Strategies for the acquirement of functional diversity of proteins タンパク質の多様性は限られたゲノム情報からいかにして生み出されるか?」, 2005年01月20日, 基盤研究C企画調査「タンパク質の多様性獲得戦略の解明に基づいたゲノム情報の解読」
      • α-Mannosidase-like proteins involved in glycoprotein ERAD
        第27回日本分子生物学会年会ワークショップ「タンパク質の品質管理とその破綻」, 2004年12月04日, 日本分子生物学会
      • 糖タンパク質の小胞体関連分解:小胞体マンノシダーゼI、EDEM、EDEMホモログタンパク質は、いずれも糖タンパク質のERADを促進する
        第77回日本生化学会大会シンポジウム「糖タンパク質のフォールディングとプロセシングの品質管理」, 2004年10月15日, 日本生化学会
      • 小胞体の品質管理機構−細胞内メカニズム−
        千里ライフサイエンスセミナー「タンパク質のクオリティコントロールとその破綻」, 2004年09月07日, 千里ライフサイエンスセミナー
      • ER Degradation of Glycoproteins
        第26回日本分子生物学会年会シンポジウム「糖鎖細胞生物学の新展開−”あいまいさ”を越えて−, 2003年12月11日, 日本分子生物学会
      • 糖タンパク質の小胞体関連分解
        平成15年度生化学会近畿支部シンポジウム「細胞内品質管理のダイナミズム」, 2003年11月21日, 生化学会近畿支部
      • 小胞体品質管理に関わるEDEM 蛋白質の機能解析
        第56回日本細胞生物学会大会ワークショップ「タンパク質:生と死の生物学」, 2003年05月16日, 日本細胞生物学会
      • 小胞体関連分解におけるEDEM 蛋白質の機能
        第25 回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2002年12月11日, 日本分子生物学会
      • 糖蛋白質の小胞体関連分解
        第7回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会, 2002年08月16日, 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会
      • 小胞体関連分解(ERAD)に関与する、EDEM 蛋白質の機能解析
        第55回日本細胞生物学会大会ワークショップ, 2002年05月21日, 日本細胞生物学会
      • 細胞環境を創るストレスタンパク質:コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47 による細胞機能制御
        文部省基盤C シンポジウム「脳の形成」と「生活習慣病予防」に運動が必要なわけを探る, 2002年03月01日, 文部省基盤C シンポジウム
      • 小胞体ストレスと小胞体関連分解
        千里ライフサイエンスセミナー, 2001年12月14日, 千里ライフサイエンスセミナー
      • 小胞体関連分解“シグナル”認識機構
        第74回日本生化学会大会シンポジウム, 2001年10月28日, 日本生化学会
      • A novel ER α-mannosidase-like protein accelerates ER-associated degradation.
        8th CGGH Symposium "New Paradigms of Molecular Chaperones in the Postgenome Era", 2001年08月07日
      • 小胞体関連分解(ERAD) を促進するα-mannosidase 様蛋白質の機能解析
        第73回日本生化学会大会シンポジウム, 2000年10月11日, 日本生化学会
      • フラボノイドによる熱ショック蛋白質誘導の阻害
        Japanese Society for Food Factors シンポジウム, 1996年12月10日, Japanese Society for Food Factors
      • ERAD(小胞体関連分解)を制御するレクチンOS-9とXTP3-B.
        細川暢子
        日本生化学会, 2011年, 査読無し
      • [要修正]
        Hosokawa N, 単著
        GlycoPOD web site(Ed. T. Kawasaki): <9>-9(2011), 2011年, 査読無し
      • Mannose 6-phosphate receptor homology domain-containing lectins in mammalian endoplasmic reticulum-associated degradation.
        Hosokawa N; Kato K; Kamiya Y
        Methods in Enzymology: 480 (Ed. M. Fukuda) Elsevier, 181-197, 2010年, 査読無し
      • M-type lectins as novel components of secretory pathways.
        Hosokawa N; Nagata K
        “Animal Lectins: A Functional View” (Eds. G. R. Vasta, H. Ahmed) CRC Press, 165-169, 2009年, 査読無し
      • キーワード:タンパク質の一生 (編集:遠藤斗志也、小椋光、永田和宏、田口英樹、吉田賢右)
        細川暢子
        蛋白質核酸酵素 Vol. 53, No.8、分担, 2008年, 査読無し
      • Degradation of misfolded glycoproteins in the endoplasmic reticulum.
        Hosokawa N
        “Experimental Glycoscience Glycobiology” (Eds. N. Taniguchi, A. Suzuki, Y. Ito, H. Narimatsu, T. Kawasaki, S. Hase) Springer, 207-210, 2008年, 査読無し
      • 小胞体関連分解におけるEDEMファミリータンパク質の機能.
        長束優子; 細川暢子; 永田和宏
        実験医学「細胞内タンパク質の社会学」(永田和宏、遠藤斗志也編)Vol.23, No.15: 2352-2357, 2005年, 査読無し
      • 小胞体におけるミスフォールドタンパク質の分解機構
        細川暢子
        未来を拓く糖鎖科学 (監修 永井克孝):263-264, 2005年, 査読無し
      • 小胞体タンパク質の品質を保証する細胞内メカニズム.
        細川暢子
        日本農芸化学会, 2005年, 査読無し
      • 小胞体関連分解(ERAD)
        細川暢子
        生体の科学Vol.55, No.5: 416-417, 2004年, 査読無し
      • 小胞体タンパク質品質管理とERAD-EDEM分子は糖タンパク質のERADを促進する.
        細川暢子
        蛋白質核酸酵素「細胞における蛋白質の一生」Vol.49, No.7: 984-987, 2004年, 査読無し
      • 小胞体でつくられたタンパク質の運命
        細川暢子; 永田和宏
        実験医学Vol.21, No.7: 細胞内タンパク質の運命」, 892-897, 2003年, 査読無し
      • ERADによる品質管理機構
        細川暢子; 永田和宏
        日本生化学会, 2003年, 査読無し
      • 小胞体関連分解(ERAD)(小胞体蛋白質分解系)
        細川暢子
        初耳辞典, 2003年, 査読無し
      • 小胞体ストレスと小胞体関連分解
        細川暢子; 永田和宏
        「特集1 小胞体ストレスと神経細胞死」脳21 金宝堂 Vol.5, No. 2: 126-129, 2002年, 査読無し
      • Involvement of HSP47 in the Folding and Processing of Procollagen in the Endoplasmic Reticulum.
        Nagata K; Satoh M; Hosokawa N; Miller A.D
        Molecular Chaperones in the Life Cycle of Proteins,, 1997年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • コラーゲン細胞内輸送機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分44010:細胞生物学関連
        京都大学
        細川 暢子
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        コラーゲン;細胞内輸送;小胞体;ゴルジ装置;蛍光タンパク質;小胞輸送;ライブセルイメージング;ライブイメージング;哺乳類細胞
      • 小胞体におけるタンパク質品質管理機構の研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        小胞体;タンパク質品質管理;シャペロンタンパク質;タンパク質分解;小胞体関連分解;動物細胞;糖タンパク質;マンノシダーゼ;ユビキチンリガーゼ複合体
      • 小胞体関連分解を担う小胞体膜上のユビキチンリガーゼ複合体の研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        小胞体;小胞体関連分解;ユビキチンリガーゼ;タンパク質品質管理;HRD1-SEL1L複合体;レクチン;タンパク質;ユビキチンプロテアソーム系;糖鎖;タンパク質分解;分子細胞生物学;HRD1-SEL1L
      • レクチンとシャペロンを介した小胞体タンパク質の品質管理
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        細川 暢子
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        タンパク質品質管理;分子シャペロンタンパク質;レクチン;小胞体;小胞体関連分解
      • タンパク質品質管理機構
        学術創成研究費
        京都産業大学;京都大学
        永田 和宏
        自 2007年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        品質管理;フォールディング;レドックス;小胞体;小胞体品質管理;ジスルフィド結合;EDEM;ERdj5;分子シャペロン
      • ユビキチンリガーゼ複合体による小胞体関連タンパク質分解機構の研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        細川 暢子
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        小胞体タンパク質分解;ユビキチンリガーゼ;小胞体品質管理;糖タンパク質;小胞体;小胞体シャペロンタンパク質
      • 小胞体関連分解の分子機構解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        小胞体;小胞体関連分解;品質管理;細胞内輸送;糖タンパク;分子シャペロン;糖タンパク質, endoplasmic reticulum (ER);ER-associated protein degradation (ERAD);ER quality control (ERQC);intracellular transport;glycoprotein;molecular chaperone
      • 糖タンパク質の小胞体品質管理機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        細川 暢子
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        N結合型糖鎖;糖タンパク質;小胞体品質管理;α-マンノシダーゼ;小胞体関連分解
      • 正と負の小胞体品質管理機構
        基盤研究(A)
        京都大学
        永田 和宏
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        分子シャペロン;品質管理;小胞体関連分解;EDEM, Molecular Chaperone;Quality control;ER associated degradation;EDEM
      • 小胞体関連分解を促進するEDEM蛋白質の機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        小胞体関連分解;小胞体品質管理;小胞体;糖タンパク質;小胞体シャペロンタンパク質;小胞体ストレス;α-マンノシダーゼ;小胞体マンノシターゼI, ERAD(ER associated degradation);ER quality control;ER(endoplasmic reticulum);glycoproteins;ER chaperone proteins;ER stress;α-mannosidase
      • 糖鎖による蛋白質の小胞体品質管理機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        細川 暢子
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        N結合型糖鎖;糖タンパク質;小胞体品質管理;α-マンノシダーゼ;小胞体関連分野;N型糖鎖;小胞体マンノシダーゼI;小胞体関連分解
      • 小胞体関連分解の分子機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        永田 和宏
        自 2002年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        分子シャペロン;品質管理;小胞体関連分解;EDEM;小胞体関連分野;分子シヤペロン, Molecular Chaperone;Quality control;ER associated degradation;EDEM
      • 小胞体関連分解を促進する、新規蛋白質EDEMの機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        小胞体関連分解;品質管理機構;糖タンパク質;小胞体マンノシダーゼ;小胞体;糖蛋白質;小胞体マンノンダーゼ, ERAD(ER associated degadation);ER quality control;Glyooprotein;ER marnosidase I;ER(endoplasmicreticulun)
      • コラーゲン特異的分予シャペロンHSP47の構造と機能
        基盤研究(B)
        京都大学
        永田 和宏
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        HSP47;コラーゲン;semi-permeabilized cell;ノックアウトマウス;分子シャペロン;結晶解析
      • 新規小胞体分子シャペロン蛋白質の検索
        基盤研究(C)
        京都大学
        細川 暢子
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        小胞体;小胞体関連分解;α-マンノシダーゼ;小胞体の品質管理機構;糖蛋白質;小胞体関係連分解;分子シャペロン;品質管理機構;小胞体関連蛋白質分解, Endoplasmic Reticulum;ERADC Endoplasmic reticulum associated degradation;d-Mannosidase;Quality Control of the Endoplasmic Reticulum;Glycoprotein
      • コラーゲン特異的分子シャペロンによる癌細胞の浸潤転移制御
        重点領域研究
        京都大学
        永田 和宏
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;HSP47;プロコラーゲン;分子シャペロン
      • コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47の生理的機能の解析
        国際学術研究
        京都大学
        永田 和宏;永田 和弘
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;HSP47;プロコラーゲン;分子シャペロン;コラーゲン;細胞内輸送, stress protein;HSP47;procollagen;molecular chaperone

      外部資金:その他

      • 糖タンパク質の小胞体品質管理機構の解明
        上原記念生命科学財団研究助成金
        自 2007年, 至 2007年
        細川暢子
      • 小胞体関連分解を担うEDEMファミリータンパク質の機能解析
        公益信託林女性自然科学者研究助成基金
        自 2009年, 至 2010年
        細川暢子
      • N-グリカンによるタンパク質の品質管理機構
        水谷糖質科学振興財団
        自 2012年, 至 2012年
        細川暢子
      • 小胞体ストレスによって神経細胞特異的に発現誘導を受ける遺伝子群の解析
        第34回内藤記念科学奨励金(研究助成)
        自 2012年, 至 2012年
        細川暢子
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          9125, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          9120, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          9126, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          9122, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          9124, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          9119, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          9121, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物科学特論A
          9011, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          9123, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          発生再生ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          発生再生ゼミナール
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学特論A
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅠD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学ゼミナールⅡD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学特論A
          前期, 理学研究科

        博士学位審査

        • SEL1Lの分解中間体はポリグルタミンタンパク質の細胞質での凝集を促進する
          服部 徳哉, 理学研究科, 主査
          2022年01月24日
        list
          Last Updated :2022/09/30

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2009年04月01日, 至 2010年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2018年02月01日, 至 2020年03月31日
            衛生管理者

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日
            安全衛生委員会 委員
          • 自 2021年07月01日
            再生実験動物施設飼育室施設運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            将来計画・評価員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            予算委員会委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2021年06月30日
            再生医科学動物実験専門委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            (旧再生研)予算委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            安全衛生委員会
          • 人権委員会 委員
          • 動物実験委員会 委員
          • 放射線障害防止委員会

          ページ上部へ戻る