教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙橋 知之

タカハシ トモユキ

複合原子力科学研究所 原子力基礎工学研究部門 准教授

髙橋 知之
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 農学研究科, 地域環境科学専攻 放射線管理学講座, 准教授

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, 福島復興支援研究連携推進ユニット, ユニット構成員

    所属学協会

    • 京都大学環境衛生工学研究会
    • 日本リスク研究学会
    • 日本保健物理学会
    • 日本原子力学会

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程衛生工学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部, 卒業

    経歴

    • 自 1990年, 至 1999年
      日本原子力研究所研究員
    • 自 1990年, 至 1999年
      Japan Atomic Energy Research Institute, Research Engneer

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        放射性核種の陸域環境中移行挙動
      • 研究概要

        放射性核種の陸域環境中移行挙動及び公衆の被ばく線量を評価するモデルの開発

      研究分野

      • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
      • 環境・農学, 環境影響評価
      • 環境・農学, 環境動態解析

      論文

      • Simple pretreatment method for tritium measurement in environmental water samples using a liquid scintillation counter
        S. Nakasone; S. Yokoyama; T. Takahashi; M. Ota; H. Kakiuch; S. Sugihara; S. Hirao; N. Momoshima; T. Tamari; N. Shima; M. Atarashi-Andoh; S. Fukutani; K. Nakamura; A. Ishimine; M. Furukawa; M. Tanaka; N. Akata
        Plasma Fusion Res., 2021年, 査読有り
      • Observation of morphological abnormalities in silkworm pupae after feeding 137CsCl-supplemented diet to evaluate the effects of low dose-rate exposure
        Sota Tanaka; Tadatoshi Kinouchi; Tsuguru Fujii; Tetsuji Imanaka; Tomoyuki Takahashi; Satoshi Fukutani; Daisuke Maki; Akihiro Nohtomi; Sentaro Takahashi
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Estimation of dietary 14C dose coefficient using 13C-labelled compound administration analysis
        Tsuyoshi Masuda; Toshitada Yoshioka; Tomoyuki Takahashi; Hiroshi Takeda; Hideo Hatta; Kensaku Matsushita; Yasuhiro Tako; Yuichi Takaku; Shun’ichi Hisamatsu
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Preliminary Investigation of Pretreatment Methods for Liquid Scintillation Measurements of Environmental Water Samples Using Ion Exchange Resins
        S. Nakasone; S. Yokoyama; T. Takahashi; M. Ota; H. Kakiuch; S. Sugihara; S. Hirao; N. Momoshima; T. Tamari; N. Shima; M. Atarashi-Andoh; S. Fukutani; A. Ishimine; M. Furukawa; M. Tanaka; N. Akata
        Plasma Fusion Res., 2020年, 査読有り
      • Gastrointestinal Absorption Rate in Rats for Radiocesium in Soil Collected near Fukushima Power Plant or Doped Artificially with 134CsCl
        Kayoko IWATA; Tomoyuki TAKAHASHI; Sota TANAKA; Takumi KUBOTA; Satoshi FUKUTANI; Yuko KINASHI; Mitsuyuki KONNO; Satoshi MIZUNO; Sentaro TAKAHASHI
        Japanese Journal of Health Physics, 2019年04月, 査読有り
      • Development of Field Estimation Technique and Improvement of Environmental Tritium Behavior Model,
        S. Yokoyama; T. Takahashi; M. Ota; H. Kakiuchi; S. Sugihara; S. Hirao; N. Momoshima; T. Tamari; N. Shima; M. Atarashi-Andoh; S. Fukutani; S. Nakasone; M. Furukawa; M. Tanaka; N. Akata
        Plasma Fusion Res., 2019年, 査読有り
      • 製品に含まれる107Pdによる被ばく線量の推定及び適切なクリアランスレベルの予備的提案
        S. Takahashi; M. Ikeda; K. Iwata; S. Tanaka; R. Akayama; T. Takahashi
        J. Nucl. Sci. Technol., 2018年, 査読有り
      • 福島第1原子力発電所事故における放射性テルルの放出期間及び各プラント事象との関係の推定
        S. Takahashi; S. Kawashima; A. Hidaka; S. Tanaka; T. Takahashi
        Nuclear Technology, American Nuclear Society, 2018年, 査読有り
      • 福島第一原子力発電所事故後のミミズにおける放射性セシウムの濃度及び生物学的半減期
        S. Tanaka; T. Adati; T. Takahashi; K. Fujiwara; S. Takahashi
        J. Environ. Radioact., 2018年, 査読有り
      • 107Pdのクリアランスレベル設定のための日本におけるパラジウムのライフサイクル調査
        T. Takahashi; K. Iwata; S. Tanaka; N. Takashima; T. Ikawa; S. Takahashi
        J. Nucl. Sci. Technol., 2018年, 査読有り
      • 実験による移行係数を用いた福島第一原子力発電所事故によって放出された放射性テルルの経口摂取による預託実効線量の放射性セシウムに対する比の推定
        T. Takahashi; K. Fujiwara; T. Kinouchi; S. Fukutani; S. Takahashi
        Jpn. J. Health Phys., 2018年, 査読有り
      • 福島県の地方市場及び営農再開前の試験圃場における農作物中の放射性セシウム及び90Sr濃度
        H. Tsukada; T. Takahashi; S. Fukutani; M. Akashi
        Proceedings of the 14th International Congress of the International Radiation Protection Association, 2017年
      • 福島第一原子力発電所事故後の周辺空間線量当量率の長期的予測
        S. Kinase; T. Takahashi; K. Saito
        J. Nucl. Sci. Technol., 2017年, 査読有り
      • 土壌からダイコン及びコマツナへのテルル及びセシウムの移行係数
        K. Fujiwara; T. Takahashi; T. Kinouchi; S. Fukutani; S. Takahashi; T. Watanabe; S. Funakawa
        Jpn. J. Health Phys, 2017年, 査読有り
      • 大気中の粒子状、無機ガス及び有機ガス状のハロゲンの簡易なサンプリング及び分析方法
        N. Akata; H. Tsukada; T. Takahashi; S. Fukutani
        Radiation Environment and Medicine, 2016年, 査読有り
      • Uncertainty in predictions of the ambient dose equivalent rates for 30 years following the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
        S. Kinase; T. Takahashi; S. Sato; H. Yamamoto; K. Saito
        Proceedings of the NSFS XVII Conference, 2016年
      • 福島第一原子力発電所事故により放射性テルルで汚染された白米の経口摂取による預託実効線量
        藤原慶子; 高橋知之; 高橋千太郎
        保健物理, 2016年, 査読有り
      • Uptake and retention of radio-caesium in earthworms cultured in soil contaminated by the Fukushima nuclear power plant accident
        K. Fujiwara; T. Takahashi; P. Nguyen; Y. Kubota; S. Gamou; S. Sakurai; S. Takahashi
        JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RADIOACTIVITY, 2015年01月, 査読有り
      • The effect of soil sterilization on the 137Cs transfer from soil to radish (Raphanus sativus var. sativus)
        Y. HATTORI; T. KINOUCHII; S. FUKUTANI; T. TAKAHASHI; K. FUJIWARA; K. IWATA; S. TAKAHASHI
        Journal of Health Physics, 2015年, 査読有り
      • Transfer of radioactive cesium to earthworms after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
        S. Tanaka; T. Takahashi; K. Fujiwara; S. Takahashi
        Proceeding of the International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年, 査読有り
      • Review of the gastrointestinal absorption rates of cesium in human and animals from food products and soil particles
        K. Iwata; H. Yashima; Y. Kinashi; T. Takahashi; S. Takahashi
        Proceeding of the International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年, 査読有り
      • Examination of Iodine-131 Concentrations in Food and Drink in the Early Phase after the Accident
        M. Kawai; N. Yoshizawa; S. Hirakawa; K. Murakami; M. Takizawa; O. Sato; S. Takagi; H. Miyatake; T. Takahashi; G. Suzuki
        Proceeding of the International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年, 査読有り
      • Biological effect of soil sterilization on the Cesium-137-transfer to plants
        T. Kinouchi; Y. Hattori; K. Fujiwara; T. Takahashi; S. Fukutani; S. Takahashi
        Proceeding of the International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年, 査読有り
      • Prediction of ambient dose equivalent rates for the next 30 years after the accident
        S. Kinase; T. Takahashi; S. Sato; H. Yamamoto; K. Saito
        Proceeding of the International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年, 査読有り
      • テルル及びセシウムの栄養溶液からダイコンへの移行及びその分布
        K. Fujiwara; T. Takahashi; T. Kinouchi; S. Fukutani; Y. Hattori; S. Takahashi
        保健物理, 2015年, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF PREDICTION MODELS FOR RADIOACTIVE CAESIUM DISTRIBUTION WITHIN THE 80-KM RADIUS OF THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER PLANT
        Sakae Kinase; Tomoyuki Takahashi; Satoshi Sato; Ryuichi Sakamoto; Kimiaki Saito
        RADIATION PROTECTION DOSIMETRY, 2014年08月, 査読有り
      • Radiation dose rates now and in the future for residents neighboring restricted areas of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
        Kouji H. Harada; Tamon Niisoe; Mie Imanaka; Tomoyuki Takahashi; Katsumi Amako; Yukiko Fujii; Masatoshi Kanameishi; Kenji Ohse; Yasumichi Nakai; Tamami Nishikawa; Yuuichi Saito; Hiroko Sakamoto; Keiko Ueyama; Kumiko Hisaki; Eiji Ohara; Tokiko Inoue; Kanako Yamamoto; Yukiyo Matsuoka; Hitomi Ohata; Kazue Toshima; Ayumi Okada; Hitomi Sato; Toyomi Kuwamori; Hiroko Tani; Reiko Suzuki; Mai Kashikura; Michiko Nezu; Yoko Miyachi; Fusako Arai; Masanori Kuwamori; Sumiko Harada; Akira Ohmori; Hirohiko Ishikawa; Akio Koizumi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2014年03月, 査読有り
      • 食品中の放射性核種濃度基準値の設定
        高橋知之
        食品衛生学雑誌, 2013年
      • Foliar uptake and volatilization of iodine applied to a leaf surface in small drops
        H. Tsukada; H. Kawabata; M. Yanai; N. Akata; H. Kakiuchi; A. Takeda; S. Fukutani; T. Takahashi
        KURRI Progress Report 2012, 2013年
      • 放射性セシウムを含有した土壌によるタオルの汚染と洗濯による除去効果
        藤原慶子; 山崎敬三; 高橋知之; 高橋千太郎; 北川晃三; 神藤克人
        保健物理, 2012年12月, 査読有り
      • 食品中放射性核種濃度の新たな規格基準
        高橋知之
        ΑΤΟΜΟΣ, 2012年09月01日
      • 公衆の被ばく線量評価の現状と課題
        高橋知之
        保健物理, 2012年03月
      • 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に係る食品規制について
        高橋知之
        環境衛生工学研究, 2012年
      • 土壌-作物系における放射性セシウムおよび放射性ストロンテウムの動態
        塚田 祥文; 山口 紀子; 高橋 知之
        化学と生物, 2011年12月01日, 査読有り
      • BEHAVIOR OF ENVIRONMENTAL TRITIUM AT NIFS TOM SITE OF JAPAN
        S. Sugihara; M. Tanaka; T. Tamari; J. Shimada; T. Takahashi; N. Momoshima; S. Fukutani; M. Atarashi-Andoh; Y. Sakuma; S. Yokoyama; K. Miyamoto; H. Amano; H. Yamanishi; T. Uda
        FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2011年11月, 査読有り
      • 土壌-作物系における放射性核種の挙動
        塚田祥文; 鳥山和伸; 山口紀子; 武田晃; 中尾淳; 原田久富美; 高橋知之; 山上睦; 小林大輔; 吉田聡; 杉山英男; 柴田尚
        日本土壌肥料學雜誌, 2011年10月05日
      • Development of a dynamic transfer model of C-14 from the atmosphere to rice plants
        Takashi Tani; Ryuji Arai; Susumu Nozoe; Yasuhiro Tako; Tomoyuki Takahashi; Yuji Nakamura
        JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RADIOACTIVITY, 2011年04月, 査読有り
      • 生物線量評価ツールの日本環境への適用
        高橋知之; 川口勇生; 内田滋夫
        KURRI KR, 2011年03月
      • 土壌−作物系における放射性核種の挙動
        塚田祥文; 鳥山和伸; 山口紀子; 武田晃; 中尾淳; 原田久富美; 高橋知之; 山上睦; 小林大輔; 吉田聡; 杉山英男; 柴田尚
        日本土壌肥料学雑誌, 2011年
      • 土壌−作物系における放射性セシウムおよび放射性ストロンチウムの動態
        塚田祥文; 山口紀子; 高橋知之
        化学と生物、49(12), 834-842, 2011年
      • 14Cの水田圃場系移行モデルの開発と解析
        高橋知之; 高橋千太郎; 山本一英; 石井伸昌; 田上恵子; 内田滋夫
        KURRI KR, 2010年03月
      • 簡易モデルによる河川水中のトリチウム濃度の解析
        高橋知之; 山西弘城
        J. Plasma Fusion Res., 2009年
      • 生物線量評価モデルの水田環境への適用性に関する検討
        川口勇生; 高橋知之; 内田滋夫
        保健物理, 2008年09月, 査読有り
      • 統計的手法による放射性ストロンチウムの土壌-土壌溶液分配係数推定手法開発の試み
        石川 奈緒; 高橋 知之; 内田 滋夫; 田上 恵子
        Radioisotopes, 2008年05月15日, 査読有り
      • Development of a Dynamic Compartment Model for prediction of Transfer of Carbon-14 to Rice Grains from the Atmosphere
        T. Takahashi; K. Yamamoto; K. Tagami; H. Takeda; S. Uchida
        Proceeding of the International Symposium on Application of a Closed Experimental System to Modeling for 14C Transfer in the Environment, Institute for Environmental Sciences,15-20, 2008年
      • Adsorption of fission products onto soils using a fission multitracer
        K. Takamiya; T. Fukunishi; R. Tsujito; S. Fukutani; T. Takahashi; S. Shibata; S. Uchida
        JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY, 2007年07月, 査読有り
      • Development of dynamic compartment model for prediction of behavior of radioiodine in rice paddy field
        T. Takahashi; S. Uchida; H. Hayashi; S. Matsuoka; K. Tomita; N. Kurosawa
        JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY, 2007年06月, 査読有り
      • Development of Dynamic Compartment Models for Prediction of Radionuclides’ Behavior in Rice Paddy Field
        T. Takahashi; K. Tomita; K. Yamamoto; S. Uchida
        Proceeding of the International Symposium on Environmental Modeling and Radioecology, Institute for Environmental Sciences,189-195, 2007年06月
      • INVESTIGATION OF ADSORPTION BEHAVIOUR OF FISSION PRODUCTS IN SOILS USING MULTITRACER TECHNIQUE
        K. Takamiya; T. Fukunishi; R. Tsujito; S. Fukutani; T. Takahashi; S. Shibata
        CZECHOSLOVAK JOURNAL OF PHYSICS, 2006年12月, 査読有り
      • 土壌中元素濃度分布マッピングシステムによる放射性核種の移動性評価
        中丸康夫; 内田滋夫; 荻生延子; 高橋知之; 寺門正人; 富田賢一; 池田浩; 黒沢直弘
        日本土壌肥料学雑誌, 2005年08月05日, 査読有り
      • Uptake and distribution of Sr-90 and stable Sr in rice plants
        H Tsukada; A Takeda; T Takahashi; H Hasegawa; S Hisamatsu; J Inaba
        JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RADIOACTIVITY, 2005年, 査読有り
      • 水田土壌でのセシウム-137の水平垂直分布
        福谷哲; 高橋知之
        環境衛生工学研究\n, 2004年
      • Horizontal and Vertical Distribution of Cesium-137 Concentration in Paddy Field
        S. Fukutani; T. Takahashi
        Environ. Sanit. Eng. Res, 2004年
      • Development of Management System on Environmental Parameters - Development of Mapping System
        T. Takahashi; Y. Nakamaru; S. Uchida; N. Ogiu; M. Terakado; K. Tomita; H. Ikeda; N. Kurosawa
        Environ. Sanitary Eng. Res, 2004年
      • Development of a code MOGRA for predicting the migration of ground additions and its application to various land utilization areas
        H Amano; T Takahashi; S Uchida; S Matsuoka; H Ikeda; H Hayashi; N Kurosawa
        JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2003年11月, 査読有り
      • フォールアウトBeの樹葉への捕捉及び離脱に関する評価
        楢崎幸範; 高橋知之
        保健物理, 2003年03月, 査読有り
      • Study on nuclear and chemical properties of transuranium elements
        K. Takamiya; S. Fukutani; T. Takahashi; S. Shibata
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • 継続的バッチ試験における耕作地土壌からのカドミウム及びセレンの移行に対する3成分モデルの適用
        岡田智之; 高橋知之; 福谷哲; 福井正美; 斎藤真弘; 三野徹
        環境衛生工学研究, 2002年07月10日, 査読有り
      • 環境負荷物質陸域移行予測コード「MOGRA」
        天野光; 高橋知之; 内田滋夫
        原子力eye, 2002年06月01日, 査読有り
      • ETDOSE: A code to simulate tritium transfer in the environment and to evaluate dose
        M Atarashi-Andoh; H Amano; T Takahashi
        FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2002年05月, 査読有り
      • 陸域生態圏における物質移行シミュレーション
        高橋知之
        シミュレーション\n, 2002年
      • チェルノブイル原子力発電所近傍モニタリングデータを用いた137Csの外部被ばく線量評価パラメータの土質による差異に関する検討
        高橋知之; 本間俊充
        保健物理, 2001年06月, 査読有り
      • クリアランスレベル設定のための確率論的解析コードシステム:PASCLRユーザーズマニュアル
        高橋知之; 武田聖司; 木村英雄
        JAERI-Data/Code 2000-041, 2001年
      • 原子力施設の事故等緊急時における食品中の放射能の測定と安全性評価に関する研究
        出雲義朗; 樋口英雄; 河村日佐男; 平井保夫; 杉山英男; 松浦賢一; 村山三徳; 高橋知之
        平成12年度厚生科学研究費補助金特別研究事業報告書(課題番号H12-特別-047), 2001年
      • 原研におけるチェルノブイリ研究協力Ⅱ事故影響評価モデルの検証
        本間俊充; 高橋知之; 外川織彦
        保健物理\n, 2001年
      • 水田土壌中90Srの移行に対する2成分モデルの適用
        高橋知之; 駒村美佐子; 内田滋夫
        保健物理, 2000年09月, 査読有り
      • 原子炉事故時放射線影響解析で用いるための健康影響モデル(Ⅱ)
        本間俊充; 高橋知之; 米原英典
        JAERI-Review 2000-029, 2000年
      • チェルノグイル原子力発電所近傍の表層土壤中137Cs濃度に関するモニタリングデータを用いた外部被ばく線量評価モデルの妥当性の検証
        髙橋 知之; 本間俊充
        保健物理,34/4,365-374, 1999年, 査読有り
      • Long-term contaminant migration and impacts from uranium mill tailings
        H Camus; R Little; D Acton; A Aguero; D Chambers; L Chamney; JL Daroussin; J Droppo; C Ferry; E Gnanapragasam; C Hallam; J Horyna; D Lush; D Stammose; T Takahashi; L Toro; C Yu
        JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RADIOACTIVITY, 1999年, 査読有り

      MISC

      • 福島原発事故後の飛翔性昆虫における放射性セシウム濃度
        田中草太; 柿沼穂垂; 足達太郎; 高橋知之; 高橋千太郎
        Proceedings of the 20th Workshop on Environmental Radioactivity (KEK Proceedings), 2019年11月, 査読有り
      • 核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化:(1‐3)Zr‐93およびPd‐107のクリアランスレベルの試算
        高橋千太郎; 高橋知之; 福谷哲; 窪田卓見
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2019年03月04日
      • 放射性無担体テルルの土壌分配係数
        窪田卓見; 福谷哲; 岩田佳代子; 高橋知之; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2019年03月04日
      • 土壌に添加した放射性銀の人工消化液による脱離率および実験動物における体内動態
        岩田佳代子; 窪田卓見; 高橋知之; 福谷哲; 木梨友子; 高橋千太郎
        KEK Proceedings (Web), 2018年11月
      • 表層性ミミズを指標とした森林林床部の放射性セシウム汚染の評価
        田中草太; 足達太郎; 高橋知之; 高橋千太郎
        Proceedings of the 19h Workshop on Environmental Radioactivity (KEK Proceedings), 2018年11月, 査読有り
      • 高レベル放射性廃棄物から回収したPdならびにZrの再利用と被ばく線量評価(3)環境中におけるPdならびにZrの溶出特性と土壌分配係数
        福谷哲; 窪田卓見; 池上麻衣子; 岩田佳代子; 田中草太; 赤山類; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2018年08月20日
      • 高レベル放射性廃棄物から回収したPdならびにZrの再利用と被ばく線量評価(4)高レベル放射性廃棄物から回収されたPdならびにZrの再利用におけるクリアランスレベルの検討
        高橋知之; 田中草太; 岩田佳代子; 赤山類; 窪田卓見; 福谷哲; 池上麻衣子; 木梨友子; 高橋千太郎
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2018年08月20日
      • 高レベル放射性廃棄物から回収したPdならびにZrの再利用と被ばく線量評価(2)PdならびにZrのトレーサ作成と経根・消化管吸収率の測定
        窪田卓見; 岩田佳代子; 池上麻衣子; 福谷哲; 木梨友子; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2018年08月20日
      • 高レベル放射性廃棄物から回収したPdならびにZrの再利用と被ばく線量評価(1)高レベル放射性廃棄物からの有用資源の回収と放射線防護
        高橋千太郎; 高橋知之; 福谷哲; 池上麻衣子; 窪田卓見; 田中草太; 岩田佳代子; 赤山類; 木梨友子
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2018年08月20日
      • 使用済燃料から回収されたジルコニウムの再利用による被ばく線量の試算(1)ジルコニウムトレーサの作成
        窪田卓見; 福谷哲; 池上麻衣子; 田中草太; 岩田佳代子; 赤山類; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2018年03月08日
      • 使用済燃料から回収されたジルコニウムの再利用による被ばく線量の試算(2)Zrの土壤‐水溶液間での分配係数
        福谷哲; 窪田卓見; 岩田佳代子; 田中草太; 池上麻衣子; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2018年03月08日
      • 使用済燃料から回収されたジルコニウムの再利用による被ばく線量の試算(4)耐熱ジルコニウム質レンガによる公衆の被ばく線量評価
        高橋知之; 赤山類; 田中草太; 岩田佳代子; 窪田卓見; 福谷哲; 池上麻衣子; 高橋千太郎
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2018年03月08日
      • 使用済燃料から回収されたジルコニウムの再利用による被ばく線量の試算(3)ZrO2の生物学的半減期および消化管吸収率
        岩田佳代子; 窪田卓見; 高橋知之; 福谷哲; 高橋千太郎
        日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM), 2018年03月08日
      • 土壌に添加した放射性セシウムのラットにおける体内動態
        岩田佳代子; 窪田卓見; 福谷哲; 高橋知之; 木梨友子; 高橋千太郎
        日本放射線影響学会大会抄録(Web), 2018年
      • 水耕栽培におけるパラジウムおよびロジウムのレタスへの移行
        岩田佳代子; 福谷哲; 窪田卓見; 高橋知之; 高橋千太郎; 高橋千太郎
        KEK Proceedings (Web), 2017年11月
      • 節足動物・環形動物を生物指標とした食物連鎖における放射性セシウムの動態
        田中草太; 足達太郎; 高橋知之; 高橋千太郎
        Proceedings of the 18th Workshop on Environmental Radioactivity (KEK Proceedings), 2017年11月, 査読有り
      • 「環境放射能モニタリングと環境挙動研究」京都大学原子炉実験所専門研究会報告書
        高橋千太郎; 塚田祥文; 高橋知之
        KURRI-KR-170,大阪, 2012年
      • 食品中の放射性物質に関する規制値についての研究 環境中における放射性物質動態の実態把握
        高橋知之; 青野辰雄; 杉原真司; 長尾誠也; 栗原治; 福谷哲; 須賀新一; 川口勇生; 田上恵子; 渡邊敏明; 塚田祥文; 伊藤伸彦
        食品の放射性物質に関する規制値についての研究 平成23年度 総括・分担研究報告書, 2012年
      • Development and analysis of a dynamic compartment model to predict carbon-14 behavior in rice paddy field for dose assessment of atmospheric release,
        T. Takahashi; S. Takahashi; K. Yamamoto; K. Tagami; N. Ishi; S. Uchida
        Proc. Radiochim. Acta 1, 263–268, 2011年, 査読有り
      • 水田環境における灌漑水中酢酸態14Cの固・液・気相分配モデルの構築
        高橋知之; 高橋千太郎; 山本一英; 石井伸昌; 田上恵子; 内田滋夫
        日本保健物理学会研究発表会講演要旨集, 2009年06月03日
      • 重回帰分析による耕作地土壌における放射性核種の分配係数の推定手法に関する検討
        高橋知之; 富田賢一; 石川奈緒; 田上恵子; 内田滋夫
        日本保健物理学会研究発表会講演要旨集, 2008年06月26日
      • アンチモン汚染土壌の粒度別濃度分布―HANAROでの放射化分析―
        福谷哲; 高宮幸一; 中野幸廣; 高橋知之; 小山昭夫
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2008年01月
      • 灌漑水起源による圃場系における炭素14の移行挙動評価のための動的コンパ ー トメントモデルの構築
        高橋 知之; 高橋 千太郎; 山本 一英; 武田 洋; 田上 恵子; 内田 滋夫
        日本原子力学会 年会・大会予稿集, 2008年
      • Introduction of Biota Dosimetry Models Developed in Europe and U.S.A.、 and Its Application to Japanese Environment
        I. Kawaguchi; M. Doi; T. Takahashi; S. Uchida
        2nd Symposium of Research Center for Radiation Protection、 National Institute of Radiological Sciences, 2008年
      • 核分裂マルチトレーサーを用いた土壌中での核分裂生成物の吸着挙動の研究
        安藤亘; 高宮幸一; 辻戸亮平; 福西哲志; 柴田誠一; 福谷哲; 高橋知之; 内田滋夫
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2007年01月
      • 陸域における放射性核種の移行モデル −水田移行モデルを中心に-
        高橋知之
        第1回放射線防護研究センターシンポジウム モデルが拓く放射線防護研究の新たな展開(根井充編),(独)放射線医学総合研究所,87-92, 2007年
      • 動的コンパートメントモデルによる大気放出起源炭素14の水田圃場中挙動評価
        高橋知之; 内田滋夫; 武田洋; 田上恵子; 山本一英
        日本保健物理学会研究発表会講演要旨集, 2006年06月08日
      • Study on trace element behavior in japanese soil using multitracer technique
        K. Takamiya; W. Ando; S. Fukutani; T. Takahashi; S. Shibata; S. Uchida
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • Measurement of short-life nuclides in neutron-activated soil samples around semipalatinsk nuclear test site area
        S. Fukutani; K. Takamiya; T. Imanaka; M. Hoshi; M. Yamamoto; Y. Nakano; T. Takahashi; A. Koyama
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • 大気放出起源による大気-土壌-水稲系における炭素14の移行挙動に関する動的コンパートメントモデルの構築
        高橋 知之; 内田 滋夫; 武田 洋; 田上 恵子; 山本 一英
        日本原子力学会 年会・大会予稿集, 2006年
      • Models for Prediction of Radionuclides’ Behavior in Terrestrial Biosphere -Migration Models in Rice Paddy Field-
        T. Takahashi
        1st Symposium of Research Center for Radiation Protection、 National Institute of Radiological Sciences、, 2006年
      • 核分裂マルチトレーサーを用いた土壌への放射性核種の吸着挙動の観測
        福西隆志; 高宮幸一; 福谷哲; 高橋知之; 辻戸亮平; 柴田誠一; 内田滋夫
        日本放射化学会年会・放射化学討論会研究発表要旨集, 2005年09月16日
      • 大気?土壌?水稲系における放射性セシウム及びストロンチウムの移行挙動に関する動的コンパートメントモデルの構築と適用
        高橋知之; 塚田祥文; 内田滋夫; 富田賢一; 松岡俊吾; 黒澤直弘
        日本保健物理学会第39回研究発表会, 2005年
      • 京都大学原子炉実験所における地震発生を想定した原子力防災訓練
        釜江克宏; 宇根崎博信; 山本修二; 高橋知之; 福谷哲; 高宮幸一; 川辺秀憲; 中込良広; 西牧研壮
        日本原子力学会春の年会要旨集, 2004年03月11日
      • Study of fission products behavior in the soil using the fission multitracer
        K. Takamiya; R. Tsujito; S. Fukutani; T. Takahashi; S. Shibata
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • An Analysis for Migration of Cesium from a Paddy Field to Rice Plant by Using a Code MOGRA
        T. Takahashi; H. Tsukada; S. Uchida; H. Amano
        Proc. Int. Symp. Radioecology and Environmental Dosimetry、 Institute for Environmental Sciences, 2004年
      • A Code MOGRA for Predicting and Assessing the Migration of Ground Additions
        H. Amano; T. Takahashi; S. Uchida; M. Atarashi-Andoh; S. Matsuoka; H. Ikeda; H Hayashi; N. Kurosawa
        Proc. Int. Symp. Radioecology and Environmental Dosimetry、 Institute for Environmental Sciences, 2004年
      • Horizontal and Vertical Distribution of Elements Concentration in Paddy Field
        S. Fukutani; T. Takahashi
        Proc. Int. Symp. Radioecology and Environmental Dosimetry, 2004年
      • Accumulation of Cd in Indian Musterd and Sunflower for Phytoremediation
        S. Okada; S. Fukutani; T. Takahashi; M. Fukui
        Proc. Int. Symp. Radioecology and Environmental Dosimetry, 2004年
      • 陸域環境におけるトリチウムの移行挙動に関する動的コンパートメントモデルの構築(I)葉菜への移行
        高橋知之; 安藤麻里子; 天野光
        日本原子力学会2003年秋の大会, 2003年
      • 圃場系における放射性核種の移行挙動に関する動的コンパートメントモデルの開発(Ⅱ)ヨウ素モデルの解析
        高橋知之; 内田滋夫; 林寛子; 松岡俊吾; 黒澤直弘
        日本原子力学会2003年春の年会, 2003年
      • 京都大学原子炉実験所におけるシナリオを隠した原子力防災訓練の試み
        釜江克宏; 宇根崎博信; 山本修二; 高橋知之; 福谷哲; 高宮幸一; 川辺秀憲; 中込良広; 西牧研壮; 井上信
        日本原子力学会2003年春の大会, 2003年
      • Uptake and Distribution of 90Sr and Stable Sr in Rice Plants
        H. Tsukada; A. Takeda; T. Takahashi; H. Hasegawa; S. Hisamatsu; J. Inaba
        Proc. 7th Int. Conf. Biogeochemistry of Trace Element, 2003年
      • Overview of the 3rd Phase Crossover Research on Migration of Radionuclides in Biosphere
        S. Uchida; H. Amano; T. Takahashi; M. Chiba; S. Hisamatsu; S. Enomoto; S. Matsumoto
        Proc. Int. Symp. Transfer of Radionuclides in Biosphere -Prediction and Assessment, 2003年
      • Experimental and Analytical Study on Removal of Strontium from Cultivated Soil
        S. Fukutani; T. Takahashi
        Proc. Int. Symp. Transfer of Radionuclides in Biosphere -Prediction and Assessment-、 JAERI-Conf 2003-010, 2003年
      • Equipment of Model Template for a Code Predicting the Migration of Ground Additions -MOGRA
        T. Takahashi; H. Amano; S. Uchida; H. Ikeda; S. Matsuoka; H. Hayashi; N. Kurosawa
        Environ. Sanitary Eng. Res.、 17, 2003年
      • Database for a Code for Predicting the Migration of Ground Additions -MOGRA
        H. Amano; H. Ikeda; T. Sasaki; S. Matsuoka; N. Kurosawa; T. Takahashi; S. Uchida
        Proc. 4th Workshop Environmental Radioactivity、 KEK, 2003年
      • Construction of River Transfer Models for MOGRA
        H Hayashi; S. Matsuoka; T. Takahashi; H. Amano
        Proc. Int. Symp. Transfer of Radionuclides in Biosphere -Prediction and Assessment-、 JAERI-Conf 2003-010, 2003年
      • Application of MOGRA for Migration of Contaminants through Different Land Utilization Areas
        H. Amano; T. Takahashi; S. Uchida; S. Matsuoka; H. Ikeda; H Hayashi; N. Kurosawa
        Proc. Int. Symp. Transfer of Radionuclides in Biosphere -Prediction and Assessment-、 JAERI-Conf 2003-010, 2003年
      • Application of 3-Component Model to Removal of Cd and Se in Continuous Batch Experiments and Effect of Soil Drying on Mobility of Cd and Se in Cultivated Soil
        S. Okada; T. Takahashi; S. Fukutani; M. Fukui; M. Saito
        Proc. Int. Symp. Transfer of Radionuclides in Biosphere -Prediction and Assessment-、 JAERI-Conf 2003-010, 2003年
      • スクラップに混入した線源からの漏洩線量に関する実験および解析的検討
        高橋知之; 甲斐倫明; 山崎和也; 五味邦博; 中里一久; 飯田孝夫
        日本保健物理学会第36回研究発表会, 2002年
      • 植物による土壌汚染修復効果の動的コンパートメントモデルによる検討
        高橋知之; 塚田祥文; 山口勇; 曽雌隆行; 内田滋夫; 天野光
        日本保健物理学会第36回研究発表会, 2002年
      • A proposal for prevention of acute radiation hazard and social panic regarding orphan sources in Japan
        T. Takahashi; M. Kai; K. Yamazaki; K. Gomi; K. Nakazato; T. Iida
        First Asian and Oceanic Congress for Radiation Protection\n, 2002年
      • 環境負荷物質陸域移行予測コードMOGRAの開発 (2)適用例
        高橋知之; 天野光; 都築克紀; 安藤麻里子; 黒澤直弘; 松岡俊吾; 池田浩; 松原武史; 内田滋夫; 千葉長; 久松俊一; 松本史朗
        日本原子力学会2001年秋の大会, 2001年
      • 水田土壌中90Sr移行評価モデルの不確実性に関する検討
        高橋知之; 駒村美佐子; 内田滋夫
        日本原子力学会2001年春の年会, 2001年
      • 陸域生態圏内環境負荷物質挙動予測における存在形態の影響
        高橋知之
        日本放射線影響学会第44回大会, 2001年
      • 環境モニタリングデータによる放射性核種の環境動態研究
        高橋知之
        日本原子力学会2001年秋の大会, 2001年
      • 多孔質バイコールガラス管壁におけるトリチウム水蒸気の拡散現象
        太田雅壽; 福井正美; 高橋知之; 齊藤眞弘
        第37回理工学における同位元素発表会, 2000年
      • クリアランスレベル設定のための確率論的解析コードシステムの開発
        高橋知之; 武田聖司; 木村英雄
        日本原子力学会2000年春の年会, 2000年

      書籍等出版物

      • Elemental Concentrations in Japanese Rivers 2002-2006
        S, Uchida; H. Takeda; K. Tagami; T. Takahashi; N. Ogiu; T. Aono
        National Institute of Radiological Sciences, 2007年, 査読無し

      受賞

      • 2001年
        日本保健物理学会, 日本保健物理学会奨励賞
      • 2018年03月
        日本原子力学会, 日本原子力学会論文賞
      • 2020年06月
        日本保健物理学会, 日本保健物理学会論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 福島県の山間村落を対象とした森林除染の必要性と実現可能性に関する検討
        基盤研究(A)
        中区分64:環境保全対策およびその関連分野
        京都大学
        米田 稔
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        radiocesium;forest;decontamination;feasibility;model;放射性Cs;森林除染;実現可能性;線量削減モデル;川内村;健康影響;生活パターン
      • 放射性テルルの農作物への移行に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 知之
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        土壌ー農作物移行係数;放射性テルル;放射性セシウム;内部被ばく;経口摂取;食品;福島第一原子力発電所事故;土壌農作物移行係数;農作物移行係数

      外部資金:その他

      • 食品中の放射性物質濃度の基準値に対する放射性核種濃度比の検証とその影響評価に関する研究
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • 食品中の放射性物質濃度の基準値に関する影響と評価手法に関する研究
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日
        分担
      • (2020度分)
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          環境放射線管理学実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          環境放射線管理演習Ⅰ
          農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境放射線管理演習 II
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境放射線管理学実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境放射線管理演習 II
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境放射線管理学実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境動態学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境放射線管理学実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境放射線管理演習 II1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境放射線管理演習 II
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境動態学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理学実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理演習 II1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理演習 II2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理演習 II
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境動態学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理学実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理演習 II1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理演習 II2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理演習 II
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境動態学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理学
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理演習 II1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理演習 II2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          環境放射線管理演習 I
          後期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          環境放射線管理演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          環境放射線管理演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境放射線管理演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境放射線管理演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境放射線管理学実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境放射線管理学実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境放射線管理演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境放射線管理演習2
          通年, 農学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2010年04月19日, 至 2019年01月31日
            原子炉医療委員会委員
          • 自 2013年06月01日, 至 2019年01月31日
            原子炉安全委員会委員
          • 自 2013年06月01日, 至 2019年01月31日
            保険物理委員会委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2021年03月31日
            福島復興支援研究連携推進ユニット構成員

          ページ上部へ戻る