教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

宮原 稔

ミヤハラ ミノル

工学研究科 化学工学専攻化学工学基礎講座 教授

宮原 稔
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, スーパーグローバルコース 化学系ユニット

    所属学協会

    • 日本化学会(コロイドおよび界面化学部会)
    • 粉体工学会
    • 日本吸着学会
    • 化学工学会

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程化学工学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部化学工学科, 卒業

    経歴

    • 自 1985年, 至 1987年
      住友化学工業大阪研究所研究員
    • 自 1985年, 至 1987年
      Sumitomo Chemical Co. ,
    • Osaka Research Institute, Researcher

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1) ナノ空間内での相転移現象の分子シミュレーション,モデル化およびナノ細孔評価
        2) 柔軟ナノ多孔体の吸着誘起構造転移の解明
        3) ナノ粒子による移流集積場・外的電場での自発的構造形成
        4) マイクロおよびナノリアクタを活用した核生成制御と機能粒子創製
      • 研究概要

        ナノスケール拘束空間の工学
        -構造制御を目指した界面場の積極利用-

        化学工学の目的が「組成制御」から「構造制御」に向けて発展すべき現在,工学基礎としてまず求められるのは,[相互作用集団]×[外場]=[構造制御]の方程式であろう。つまり,相互作用を及ぼし合う要素─例えば分子やナノ粒子など―の集団が,ナノ空間や固体基板上などの外的ポテンシャルエネルギー場におかれたときに,どのように相転移や構造化を生じるのか,といった現象を,見出し,そして理解し,さらにはそのメカニズムを定量的にモデル化することが求められる。
        当分野では,このような広義の「界面」における「外場」の積極利用に着目して,その効果が強調されるナノスケール空間を舞台に,その場特有の分子/イオン/ナノ粒子の挙動と構造について,分子・粒子シミュレーションと実験を併用した解析・モデル化に取り組んでおり,界面と構造の関わる化学工学基礎の体系化を目指すとともに,機能材創製と界面利用各種デバイスへの応用を視野に研究している。

      研究キーワード

      • 物理化学
      • 表面界面物性
      • 化学工学一般
      • Physical Chemistry
      • Surface Physics
      • Chemical Engineering in General

      研究分野

      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 移動現象、単位操作
      • ナノテク・材料, 薄膜、表面界面物性
      • ナノテク・材料, 基礎物理化学

      論文

      • 一次元ナノチャンネル内での鎖状分子集団の擬似凝固挙動
        沼口 遼平; 目良 友穂; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • マイクロミキサーによるAu@SiO2コア-シェル粒子の合成
        中村 和彦; 渡邉 哲; 前 一廣; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • イオン添加による移流集積粒子膜の自己組織化構造制御
        渡邉 哲; 新井 佑一朗; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • ナノ多孔体への水素同位体混合吸着シミュレーション
        田中 秀樹; 吉末 幸祐; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • 移流集積法を用いたナノ粒子の格子状配列とその応用
        三野 泰志; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • 帯電したDendrimer内でのPt粒子生成と生成粒子の特徴
        山本 大吾; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2010年
      • Dendrimerに内包された金属ナノ粒子の特性
        山本 大吾; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • 移流集積法過程におけるストライプ構造形成の直接観察
        渡邉 哲; 山本 尚志; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • 可動型配位錯体が示す吸着誘起構造転移の速度論的検討
        杉山 隼人; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • マイクロミキサーを用いた単分散シリカ粒子の合成
        渡邉 哲; 堀 善雄; 前 一廣; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • ストライプ状粒子堆積膜を鋳型としたマクロ孔を有するマイクロ流路の作成
        渡邉 哲; 宮原 稔; Jiang Peng
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • 可動型配位ナノ空間における吸着誘起構造転移の平衡論および速度論的検討
        杉山 隼人; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • スタック型配位錯体への分子吸着と構造転移
        田中 秀樹; 三野 泰志; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • デンドリマー内のPtナノ粒子形成過程におけるイオン配位モデルの構築
        山本 大吾; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • 13 ナノ細孔内相図の多様性と石炭細孔特性評価法の見直しについて(細孔,膨潤,化学構造)
        神田 英輝; 宮原 稔
        石炭科学会議発表論文集, 2007年
      • Mechanism of CO2 Capacity Reduction of Flexible Metal-Organic Framework Caused by Water Adsorption
        Satoshi Watanabe; Shotaro Hiraide; Hayato Kunimitsu; Atsushi Fujiwara; Minoru T. Miyahara
        Frontiers in Materials, 2022年01月25日
      • 多孔性錯体微粒子が示す吸着誘起構造転移の現象解明
        大崎 修司; 宮原 稔
        ホソカワ粉体工学振興財団年報, 2014年
      • High-throughput gas separation by flexible metal–organic frameworks with fast gating and thermal management capabilities
        Shotaro Hiraide; Yuta Sakanaka; Hiroshi Kajiro; Shogo Kawaguchi; Minoru T. Miyahara; Hideki Tanaka
        Nature Communications, 2020年12月, 査読有り
      • Efficiency of Thermal Management Using Phase-Change Material for Nonisothermal Adsorption Process
        Yuta Sakanaka; Shotaro Hiraide; Hideki Tanaka; Tatsumasa Hiratsuka; Natsuko Kojima; Yasuyuki Yamane; Minoru T. Miyahara
        Industrial & Engineering Chemistry Research, 2020年08月03日, 査読有り
      • Direct observation of the attachment behavior of hydrophobic colloidal particles onto a bubble surface
        Nozomi Arai; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara; Ryoichi Yamamoto; Uwe Hampel; Gregory Lecrivain
        SOFT MATTER, 2020年01月
      • Flow synthesis of silver nanoshells using a microreactor
        San San Maw; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 2019年10月, 査読有り
      • Force-driven reversible liquid–gas phase transition mediated by elastic nanosponges
        Keita Nomura; Hirotomo Nishihara; Masanori Yamamoto; Atsushi Gabe; Masashi Ito; Masanobu Uchimura; Yuta Nishina; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara; Takashi Kyotani
        Nature Communications, 2019年06月, 査読有り
      • コアシェル型多孔性配位錯体粒子の合成と吸着特性評価
        藤原 篤史; 渡邉 哲; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2019年01月, 査読有り
      • In silico synthesis of carbon molecular sieves for high-performance air separation
        Yamane; H. Tanaka; M. T. Miyahara
        Carbon, 2019年, 査読有り
      • Low-temperature hydrogen-graphite system revisited: Experimental study and Monte Carlo simulation
        E. Ustinov; H. Tanaka; M. T. Miyahara
        J. Phys. Chem., 2019年, 査読有り
      • メタン貯蔵材料開発を指向したゼオライト鋳型炭素合成の分子シミュレーション
        田中秀樹; 瀬戸樹; 西原洋知; 京谷隆; 宮原稔
        炭素, 2018年09月, 査読有り
      • Graphene-based ordered framework with a diverse range of carbon polygons formed in zeolite nanochannels
        Hirotomo Nishihara; Hiroyuki Fujimoto; Hiroyuki Itoi; Keita Nomura; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara; Patrick A. Bonnaud; Ryuji Miura; Ai Suzuki; Naoto Miyamoto; Nozomu Hatakeyama; Akira Miyamoto; Kazutaka Ikeda; Toshiya Otomo; Takashi Kyotani
        Carbon, 2018年04月01日, 査読有り
      • 水平型移流集積を用いたサブミクロン粒子の単層膜形成手法の検討
        鈴木 淳也; 新井 希; 山根 佑一; 渡邉 哲; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2018年01月, 査読有り
      • CHF3-CHClF2 Binary Competitive Adsorption Equilibria in Graphitic Slit Pores: Monte Carlo Simulations and Breakthrough Curve Experiments
        Q. Fu; H. Tanaka; M. T. Miyahara; Y. Qin; Y. Shen; D. Zhang
        Ind. Eng. Chem. Res., 2018年, 査読有り
      • What is the Smallest Atom as a Probe for Characterizing Nanostructures?
        T. Hiratsuka; H. Tanaka; M. T. Miyahara
        J. Phys. Chem. C, 2018年, 査読有り
      • Central metal dependent modulation of induced-fit gas uptake in molecular porphyrin solids
        Hirotomo Nishihara; Mao Ohwada; Takuya Kamimura; Masato Nishimura; Hideki Tanaka; Shotaro Hiraide; Minoru T. Miyahara; Katsuhiko Ariga; Qingmin Ji; Jun Maruyama; Fumito Tani
        Chemical Communications, 2018年, 査読有り
      • Comprehensive Modeling of Capillary Condensation in Open-Ended Nanopores: Equilibrium, Metastability, and Spinodal
        Tatsumasa Hiratsuka; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2017年12月, 査読有り
      • Intrinsic Thermal Management Capabilities of Flexible Metal-Organic Frameworks for Carbon Dioxide Separation and Capture
        Shotaro Hiraide; Hideki Tanaka; Narutomo Ishikawa; Minoru T. Miyahara
        ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2017年11月, 査読有り
      • Characterization of mixing performance in a microreactor and its application to the synthesis of porous coordination polymer particles
        Satoshi Watanabe; Shuji Ohsaki; Akiko Fukuta; Tatsuya Hanafusa; Kento Takada; Hideki Tanaka; Taisuke Maki; Kazuhiro Mae; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • Free Energy Analysis for Adsorption-Induced Structural Transition of Colloidal Zeolitic Imidazolate Framework-8 Particles
        Shuji Ohsaki; Satoshi Watanabe; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        Journal of Physical Chemistry C, 2017年09月21日, 査読有り
      • Synthesis of zeolitic imidazolate framework-8 particles of controlled sizes, shapes, and gate adsorption characteristics using a central collision-type microreactor
        Satoshi Watanabe; Shuji Ohsaki; Tatsuya Hanafusa; Kento Takada; Hideki Tanaka; Kazuhiro Mae; Minoru T. Miyahara
        CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 2017年04月, 査読有り
      • Diffusion phenomena of propane and propylene in colloidal zeolitic imidazolate Framework-8 particles
        S. Ohsaki; Y. Morimoto; S. Watanabe; H. Tanaka; M. T. Miyahara
        J. Taiwan Inst. Chem. Eng., 2017年, 査読有り
      • Mechanism of Kinetically Controlled Capillary Condensation in Nanopores: A Combined Experimental and Monte Carlo Approach
        Tatsumasa Hiratsuka; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        ACS NANO, 2017年01月, 査読有り
      • 移流集積法を用いた周期的コロイド堆積膜の構造制御
        清水皓平; 渡邉 哲; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2017年, 査読有り
      • Flow microreactor synthesis of gold nanoshells and patchy particles
        Satoshi Watanabe; Yusuke Asahi; Hideaki Omura; Kazuhiro Mae; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2016年11月, 査読有り
      • Critical energy barrier for capillary condensation in mesopores: Hysteresis and reversibility
        Tatsumasa Hiratsuka; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2016年04月, 査読有り
      • 強混合マイクロリアクタによる核生成制御に立脚したSiO₂-Au複合ナノ粒子合成 (特集 フローマイクロリアクターの開発と応用)
        渡邉 哲; 宮原 稔
        ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering, 2016年01月
      • Understanding gate adsorption behaviour of CO2 on elastic layer-structured metal-organic framework-11
        Shotaro Hiraide; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        DALTON TRANSACTIONS, 2016年, 査読有り
      • 低温物理吸着による水素同位体分離
        田中 秀樹; 宮原 稔
        エアロゾル研究, 2016年01月, 査読有り
      • Modeling and Visualization of CO2 Adsorption on Elastic Layer-Structured Metal-Organic Framework-11: Toward a Better Understanding of Gate Adsorption Behavior
        Hideki Tanaka; Shotaro Hiraide; Atsushi Kondo; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2015年05月, 査読有り
      • In Situ Observation of Meniscus Shape Deformation with Colloidal Stripe Pattern Formation in Convective Self-Assembly
        Yasushi Mino; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2015年04月, 査読有り
      • Flow Synthesis of Plasmonic Gold Nanoshells via a Microreactor
        Satoshi Watanabe; Tatsumasa Hiratsuka; Yusuke Asahi; Asumi Tanaka; Kazuhiro Mae; Minoru T. Miyahara
        PARTICLE & PARTICLE SYSTEMS CHARACTERIZATION, 2015年02月, 査読有り
      • マイクロリアクタを用いた多孔性錯体ナノ粒子合成と吸着特性解析
        大崎 修司; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 前 一廣; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2015年01月, 査読有り
      • マイクロリアクタの混合特性評価と多孔性錯体微粒子合成への適用
        渡邉 哲; 大崎 修司; 福田 晃子; 花房 竜也; 田 健斗; 田中 秀樹; 牧 泰輔; 前 一廣; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2015年01月, 査読有り
      • Potential theory for gate adsorption on soft porous crystals
        Ryohei Numaguchi; Hideki Tanaka; Shotaro Hiraide; Minoru T. Miyahara
        MOLECULAR SIMULATION, 2015年, 査読有り
      • Adsorption-Induced Structural Transition of ZIF-8: A Combined Experimental and Simulation Study
        Hideki Tanaka; Shuji Ohsaki; Shotaro Hiraide; Daigo Yamamoto; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 2014年04月, 査読有り
      • Controlling self-assembled structure of Au nanoparticles by convective self-assembly with liquid-level manipulation
        Tatsuya Hanafusa; Yasushi Mino; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Fluids in nanospaces: molecular simulation studies to find out key mechanisms for engineering
        Minoru T. Miyahara; Ryohei Numaguchi; Tatsumasa Hiratsuka; Kazuyuki Nakai; Hideki Tanaka
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2014年02月, 査読有り
      • 移流集積過程におけるメニスカス形状変化のシミュレーション解析
        渡邉 哲; 稲田 洪太郎; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2014年01月, 査読有り
      • PCP/MOFにおける吸着誘起構造転移メカニズム (特集 金属-有機骨格体の工学的利用(MOF))
        田中 秀樹; 宮原 稔
        分離技術, 2014年01月
      • Metal-semiconductor transition like behavior of naphthalene-doped single wall carbon nanotube bundles
        Fitri Khoerunnisa; Aaron Morelos-Gomez; Hideki Tanaka; Toshihiko Fujimori; Daiki Minami; Radovan Kukobat; Takuya Hayashi; Sang Young Hong; Young Chul Choi; Minoru Miyahara; Mauricio Terrones; Morinobu Endo; Katsumi Kaneko
        FARADAY DISCUSSIONS, 2014年, 査読有り
      • Dependence of adsorption-induced structural transition on framework structure of porous coordination polymers
        Ryohei Numaguchi; Hideki Tanaka; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2014年01月, 査読有り
      • Particulate pattern formation and its morphology control by convective self-assembly
        Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • Reversible Pore Size Control of Elastic Microporous Material by Mechanical Force
        Masashi Ito; Hirotomo Nishihara; Kentaro Yamamoto; Hiroyuki Itoi; Hideki Tanaka; Akira Maki; Minoru T. Miyahara; Seung Jae Yang; Chong Rae Park; Takashi Kyotani
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2013年09月, 査読有り
      • Synthesis and adsorption properties of ZIF-8 nanoparticles using a micromixer
        Daigo Yamamoto; Taisuke Maki; Satoshi Watanabe; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara; Kazuhiro Mae
        CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 2013年07月, 査読有り
      • Capillary condensation in mesoporous silica with surface roughness
        Hideki Tanaka; Tatsumasa Hiratsuka; Natsumi Nishiyama; Kengo Mori; Minoru T. Miyahara
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2013年04月, 査読有り
      • Determination of phase equilibria in confined systems by open pore cell Monte Carlo method
        Minoru T. Miyahara; Hideki Tanaka
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2013年02月, 査読有り
      • Simulation study for adsorption-induced structural transition in stacked-layer porous coordination polymers: Equilibrium and hysteretic adsorption behaviors
        Ryohei Numaguchi; Hideki Tanaka; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2013年02月, 査読有り
      • 移流集積過程における in-situ メニスカス形状観察を利用したストライプ状粒子膜形成機構の解明
        三野 泰志; 渡邉 哲; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2013年01月, 査読有り
      • Free energy analysis of adsorption-induced structural transition in zif-8: A molecular simulation study
        S. Ohsaki; H. Tanaka; D. Yamamoto; S. Watanabe; M. Miyahara
        Separations Division 2013 - Core Programming Area at the 2013 AIChE Annual Meeting: Global Challenges for Engineering a Sustainable Future, 2013年, 査読有り
      • ゼオライト-炭素複合多孔体の合成シミュレーションと水素同位体分離への応用
        田中秀樹; 宮原 稔
        ケミカルエンジニヤリング, 2013年, 査読有り
      • マイクロリアクタを用いたSiO_2@Auコアシェル複合ナノ粒子の流通式合成プロセスの開発
        渡邉 哲; 平塚 龍将; 朝日 優介; 田中 あすみ; 前 一廣; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2013年01月, 査読有り
      • Synthesis and photoluminescence characterization of dendrimer-encapsulated CdS quantum dots
        Daigo Yamamoto; Tomohiro Koshiyama; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS, 2012年10月, 査読有り
      • Spontaneous Formation of Cluster Array of Gold Particles by Convective Self-Assembly
        Satoshi Watanabe; Yasushi Mino; Yusuke Ichikawa; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2012年09月, 査読有り
      • Colloidal Stripe Pattern with Controlled Periodicity by Convective Self-Assembly with Liquid-Level Manipulation
        Yasushi Mino; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2012年06月, 査読有り
      • Adsorption-Induced Structural Transition of an Interpenetrated Porous Coordination Polymer: Detailed Exploration of Free Energy Profiles
        Hayato Sugiyama; Satoshi Watanabe; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2012年03月, 査読有り
      • 湿式系における微粒子挙動のシミュレーション手法
        宮原 稔
        粉体工学会誌(計算機粉体工学の課題と展望/第2章), 2012年, 査読有り
      • 液レベル制御式移流集積法を用いた金ナノ粒子自己集積膜の構造制御
        花房 竜也; 三野 泰志; 渡邉 哲; 宮原 稔
        粉体工学会誌, 2012年01月, 査読有り
      • Preface
        Minoru T. Miyahara
        Adsorption, 2011年10月, 査読有り
      • Modeling Pt2+ Coordination Process within Poly(amidoamine) Dendrimers for Synthesis of Dendrimer-Encapsulated Pt Nanoparticles
        Daigo Yamamoto; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 2011年06月, 査読有り
      • Fabrication of Colloidal Grid Network by Two-Step Convective Self-Assembly
        Yasushi Mino; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2011年05月, 査読有り
      • MOFナノ空間における吸着誘起構造転移の機構解明
        宮原 稔; 沼口遼平
        触媒, 2011年, 査読有り
      • Hydrogen Isotope Separation in Carbon Nanopores
        Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 2011年, 査読有り
      • Unveiling thermal transitions of polymers in subnanometre pores
        Takashi Uemura; Nobuhiro Yanai; Satoshi Watanabe; Hideki Tanaka; Ryohei Numaguchi; Minoru T. Miyahara; Yusuke Ohta; Masataka Nagaoka; Susumu Kitagawa
        NATURE COMMUNICATIONS, 2010年10月, 査読有り
      • Coordination and Reduction Processes in the Synthesis of Dendrimer-Encapsulated Pt Nanoparticles
        Daigo Yamamoto; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2010年02月, 査読有り
      • ナノ多孔体への水素同位体吸着シミュレーション
        田中秀樹; 宮原 稔
        ケミカルエンジニヤリング, 2010年, 査読有り
      • Order formation of colloidal nanoparticles adsorbed on a substrate with friction
        Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2010年01月, 査読有り
      • Mechanism for Stripe Pattern Formation on Hydrophilic Surfaces by Using Convective Self-Assembly
        Satoshi Watanabe; Koji Inukai; Shunsuke Mizuta; Minoru T. Miyahara
        LANGMUIR, 2009年07月, 査読有り
      • Free energy analysis for adsorption-induced lattice transition of flexible coordination framework
        Satoshi Watanabe; Hayato Sugiyama; Hirobumi Adachi; Hideki Tanaka; Minoru T. Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2009年04月, 査読有り
      • Dendrimer内のPtナノ粒子形成法における還元メカニズムの検討
        山本 大吾; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • 規則性ナノ細孔内流体の相転移挙動とそのモデル化
        田中 秀樹; 片山 利彦; 藤原 直樹; 西原 洋知; 京谷 隆; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • 移流集積法を用いた金ナノ粒子の規則構造形成とモデル化
        三野 泰志; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2009年
      • マイクロミキサーを用いたPtナノ粒子の合成
        渡邉 哲; 前 一廣; 宮原 稔
        ケミカルエンジニヤリング, 2009年, 査読有り
      • 吸着現象の分子シミュレーション
        田中秀樹; 宮原 稔
        分離技術, 2009年, 査読有り
      • ナノ細孔内気液平衡点特定のための分子シミュレーション手法の開発
        宮原 稔; 田中秀樹
        Colloid & Interface Communication(日本化学会コロイドおよび界面化学部会NewsLetter), 2009年, 査読有り
      • 脱塩による3次元コロイド結晶形成過程のBrown動力学シミュレーション
        宮原 稔; 渡邉 哲
        日本結晶成長学会誌, 2009年, 査読有り
      • Triple Point of a Lennard-Jones Fluid in Nanopores with Zero Excess Pore Wall Energy
        Hideki Kanda; Minoru Miyahara
        ADSORPTION SCIENCE & TECHNOLOGY, 2009年, 査読有り
      • Energy-saving drying technology for porous media using liquefied DME gas
        Hideki Kanda; Hisao Makino; Minoru Miyahara
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2008年10月, 査読有り
      • Molecular simulation of condensation process of Lennard-Jones fluids confined in nanospace with jungle-gym structure
        Satoshi Watanabe; Hayato Sugiyama; Minoru Miyahara
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2008年06月, 査読有り
      • Freezing phenomena of Lennard-Jones fluid confined in jungle-gym nanospace: A Monte Carlo study
        Satoshi Watanabe; Hayato Sugiyama; Minoru Miyahara
        LANGMUIR, 2008年02月, 査読有り
      • ナノ細孔内における液-液相分離現象の分子シミュレーション検討とモデル化
        市川 裕介; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • Dendrimer内でのPtイオン配位特性とナノ粒子形成
        山本 大吾; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • 相互貫入ジャングルジム型配位ナノ空間における吸着誘起構造転移の自由エネルギー解析
        杉山 隼人; 渡邉 哲; 田中 秀樹; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2008年
      • コロイドナノ粒子の秩序構造形成原理の統一的解釈
        渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会シンポジウムシリーズ, 2008年, 査読有り
      • 吸着場・液膜場でのコロイド粒子の秩序構造形成・自己組織化
        宮原 稔; 渡邉 哲
        表面技術, 2008年, 査読有り
      • ナノ空間における単純流体の相挙動を理解する―分子シミュレーションを活用した相境界検討と配位錯体系ナノ空間への展開―
        宮原 稔
        ゼオライト, 2008年, 査読有り
      • ナノ細孔内における相図と相平衡の熱力学:ミクロ不均一現象からマクロ制御因子への橋渡し
        宮原 稔; 神田英輝
        表面, 2008年, 査読有り
      • Freezing of Lennard-Jones fluid in cylindrical nanopores under tensile conditions
        Hideki Kanda; Minoru Miyahara
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2007年08月, 査読有り
      • Sublimation phenomena of Lennard-Jones fluids in slit nanopores
        Hideki Kanda; Minoru Miyahara
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2007年02月, 査読有り
      • 液化DMEを用いる省エネルギー固体常温脱水プロセスの技術開発について
        神田 英輝; 牧野 尚夫; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2007年
      • 蒸発法による三次元コロイド結晶形成のブラウン動力学シミュレーション
        阿部 勝也; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2007年
      • 微粒子分散系の秩序配列形成過程のシミュレーション
        宮原 稔; 渡邉 哲
        ケミカルエンジニヤリング, 2007年, 査読有り
      • Phase Behavior of Simple Fluids Confined in Coordination Nanospace
        Minoru Miyahara; Takuro Kaneko
        Adsorption - Progress in Fundamental and Application Research, 2007年, 査読有り
      • Simulation and modeling on colloidal dispersion dynamics and related matters
        Minoru Miyahara; Roger T. Bonnecaze
        Chemical Engineering Science, 2006年04月, 査読有り
      • Modeling adsorption and order formation by colloidal particles on a solid surface: A Brownian dynamics study
        M Miyahara; S Watanabe; K Higashitani
        CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE, 2006年04月, 査読有り
      • カーボンナノチューブ間の溶媒を介した相互作用力-分散・構造制御の基礎研究-
        細尾 康元; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2006年
      • 移流集積過程におけるストライプ状堆積膜の発現とその構造
        渡邉 哲; 水田 駿佑; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2006年
      • 配位ナノ制限空間における単純流体の相挙動
        金子 拓郎; 渡邉 哲; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2006年
      • Solid-Phase Formation in Nanospace -Phase Diagram of Confined Lennard-Jones Fluids
        Minoru Miyahara; Hideki kanda
        Proceedings of a Combination of the 4th China/USA Joint Chemical Engineering Conference and the 3rd China/Japan Joint Chemical Engineering Symposium, 2005年12月, 査読有り
      • Dynamics of order formation by colloidal adsorption onto a substrate studied with Brownian dynamics
        S Watanabe; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2005年03月, 査読有り
      • コロイド粒子の基板上秩序構造形成条件のUniversality
        渡邉 哲; 宮原 稔; 東谷 公
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2005年
      • Sublimation phenomena in slit nanopores: Lennard-Jones phase diagram
        H Kanda; M Miyahara; K Higashitani
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2005年, 査読有り
      • Production of titania nanoparticles by using a new microreactor assembled with same axle dual pipe
        M Takagi; T Maki; M Miyahara; K Mae
        CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 2004年08月, 査読有り
      • 表面物質移動抵抗をもつ多孔平板のregular regimeと乾燥特性関数
        今駒博信; 吉田正道; 宮原 稔; 大村直人
        化学工学論文集, 2004年05月, 査読有り
      • Triple point of Lennard-Jones fluid in slit nanopore: Solidification of critical condensate
        H Kanda; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2004年04月, 査読有り
      • 吸着量依存型拡散係数を有する平板材料への吸着速度の推定
        今駒博信; 吉田正道; 宮原 稔; 大村直人
        化学工学論文集, 2004年03月, 査読有り
      • Langevin dynamics simulations of cationic surfactants in aqueous solutions using potentials of mean force
        H Shinto; S Morisada; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2004年03月, 査読有り
      • コロイド粒子の基板上吸着と秩序構造形成過程のブラウン動力学
        宮原 稔; 渡邉 哲; 東谷 公
        粉体工学会誌, 2004年, 査読有り
      • Order Formation of Colloidal Nanoparticles on a Substrate with the Frictional Force
        S.Watanabe; M.Miyahara; K.Higashitani
        Proceedings of the 10th APCChE (Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering) Congress, 2004年, 査読有り
      • Adsorption and order formation of colloidal nanoparticles on a substrate: A Brownian dynamics study
        M Miyahara; S Watanabe; Y Gotoh; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2004年01月, 査読有り
      • Liquid drops on homogeneous and chemically heterogeneous surfaces: A two-dimensional lattice Boltzmann study
        D Iwahara; H Shinto; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2003年10月, 査読有り
      • 基板表面へのコロイド粒子吸着構造の観察および吸着挙動の検討
        渡邉 哲; 小野寺 大輔; 宮原 稔; 東谷 公
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2003年
      • 相互作用の強い表面近傍および制限空間での液体分子構造のAFMによる検討
        江藤 右門; 宮原 稔; 東谷 公
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2003年
      • Detection of Freezing Point Elevation in Slit Nanospace by Atomic Force Microscopy
        Minoru Miyahara; Masanobu Sakamoto; Hideki Kanda; Ko Higashitani
        Adsorption Science and Technology (Proceedings of the Third Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology), 2003年, 査読有り
      • A reexamination of mean force potentials for the methane pair and the constituent ion pairs of NaCl in water
        H Shinto; S Morisada; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 2003年01月, 査読有り
      • Optical observation of gas bridging between hydrophobic surfaces in water
        N Ishida; M Sakamoto; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 2002年09月, 査読有り
      • Origin of long-range attractive force between surfaces hydrophobized by surfactant adsorption
        M Sakamoto; Y Kanda; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2002年07月, 査読有り
      • Wetting-induced interaction between rigid nanoparticle and plate: A Monte Carlo study
        H Shinto; K Uranishi; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2002年06月, 査読有り
      • Interaction forces between nanoparticles in diol-water mixtures: A molecular dynamics study with coarse-grained model
        H Shinto; D Iwahara; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2002年05月, 査読有り
      • 細孔・粒子界面での凝縮・反応挙動
        宮原 稔
        粉体工学会誌(計算粉体工学/第2章「粒子界面物性と粒子間相互作用」/2.5節), 2002年, 査読有り
      • 分子シミュレーション-意義・方法・留意点
        宮原 稔
        粉体工学会誌(計算粉体工学/第2章「粒子界面物性と粒子間相互作用」/2.4節), 2002年, 査読有り
      • Long-Range Attractive Force between Surfaces in Surfactant Solutions Evaluated by Atomic Force Microscopy
        Masanobu Sakamoto; Minoru Miyahara; Ko Higashitani
        Proceedings of the World Congress on Particle Technology 4, 2002年, 査読有り
      • Adsorption and Order Formation of Colloidal Nanoparticles on a Substrate Studied with Brownian Dynamics Simulation
        Minoru Miyahara; Satoshi Watanabe; Ko Higashitani
        Proceedings of the World Congress on Particle Technology 4, 2002年, 査読有り
      • Freezing point elevation in nanospace detected directly by atomic force microscopy
        M Miyahara; M Sakamoto; H Kanda; K Higashitani
        CHARACTERIZATION OF POROUS SOLIDS VI, 2002年, 査読有り
      • Triple Point in Slit Nanopore: Determination by Molecular Dynamics and its Modeling
        Minoru Miyahara; Hideki Kanda; Ko Higashitani
        Fundamentals of Adsorption 7 (Porceedings of Seventh International Conference on Fundamentals of Adsorption), 2002年, 査読有り
      • Static method to evaluate interaction forces by AFM
        N Ishida; M Sakamoto; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 2001年03月, 査読有り
      • 分子特性とマクロ粒子挙動をつなぐ階層的シミュレーションの可能性
        宮原 稔
        セラミックス, 2001年, 査読有り
      • Solidification of Lennard-Jones fluid in cylindrical nanopores and its geometrical hindrance effect: A Monte Carlo study
        H Kanda; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2000年10月, 査読有り
      • Verification of the condensation model for cylindrical nanopores. Analysis of the nitrogen isotherm for FSM-16
        H Kanda; M Miyahara; T Yoshioka; M Okazaki
        LANGMUIR, 2000年08月, 査読有り
      • Nano bubbles on a hydrophobic surface in water observed by tapping-mode atomic force microscopy
        N Ishida; T Inoue; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2000年08月, 査読有り
      • Condensation model for cylindrical nanopores applied to realistic porous glass generated by molecular simulation
        H Kanda; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2000年07月, 査読有り
      • Attraction between hydrophobic surfaces with and without gas phase
        N Ishida; M Sakamoto; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2000年06月, 査読有り
      • Solid-liquid phase transition of Lennard-Jones fluid in slit pores under tensile condition
        M Miyahara; H Kanda; M Shibao; K Higashitani
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 2000年06月, 査読有り
      • Modeling capillary condensation in cylindrical nanopores: A molecular dynamics study
        M Miyahara; H Kanda; T Yoshioka; M Okazaki
        LANGMUIR, 2000年05月, 査読有り
      • Interaction forces between colloidal particles in alcohol-water mixtures evaluated by simple model simulations
        H Shinto; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 2000年04月, 査読有り
      • Simple evaluation scheme of adsorbate-solid interaction for nano-pore characterization studied with Monte Carlo simulation
        M Miyahara; T Yoshioka; J Nakamura; M Okazaki
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 2000年02月, 査読有り
      • Extraordinarily skewed solid-liquid coexistence for tensile fluid in nanopores and its origin: A molecular dynamics study
        M Miyahara; H Kanda; M Shibao; K Higashitani
        ADSORPTION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2000年, 査読有り
      • Molecular simulation study on freezing in nano-pores
        M Miyahara; H Kanda; K Higashitani; KE Gubbins
        CHARACTERIZATION OF POROUS SOLIDS V, 2000年, 査読有り
      • Effects of hydrophobizing methods of surfaces on the interaction in aqueous solutions
        N Ishida; N Kinoshita; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 1999年08月, 査読有り
      • Magnetic effect on ion-exchange kinetics
        J Oshitani; D Yamada; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 1999年02月, 査読有り
      • ナノスケール細孔空間内分子集団の『相』挙動
        宮原 稔
        触媒, 1999年, 査読有り
      • Evaluation of interaction forces between macroparticles in simple fluids by molecular dynamics simulation
        H Shinto; M Miyahara; K Higashitani
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 1999年01月, 査読有り
      • Molecular dynamics simulations of surfactant aggregation on hydrophilic walls in micellar solutions
        H Shinto; S Tsuji; M Miyahara; K Higashitani
        LANGMUIR, 1999年01月, 査読有り
      • ナノ制限空間における凝固現象
        宮原 稔
        日本化学会コロイドおよび界面化学部会NewsLetter, 1998年, 査読有り
      • Condensation Model for Cylindrical Nano-pores Applied to Mesoporous Silicate FSM-16
        Hideki Kanda; Minoru Miyahara; Tomohisa Yoshioka; Morio Okazaki
        Fundamentals of Adsorption 6 (Porceedings of Sixth International Conference on Fundamentals of Adsorption), 1998年, 査読有り
      • Molecular Dynamics Study on Condensation in Cylindrical Nano-pores - Modeling and Verification -
        Minoru Miyahara; Hideki Kanda; Tomohisa Yoshioka; Morio Okazaki
        Fundamentals of Adsorption 6 (Porceedings of Sixth International Conferenceon Fundamentals of Adsorption), 1998年, 査読有り
      • Capillary phase separation in solvent dehydration by hygroscopic porous adsorbents
        M Miyahara; K Suzuki; M Okazaki
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 1997年08月, 査読有り
      • Single-electrode capacitance and charged state in interfacial region within nano-porous carbon electrode for electric double layer capacitor
        S Iwasaki; Y Okusako; M Miyahara; M Okazaki
        KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU, 1997年07月, 査読有り
      • Single-electrode transient behavior for electric double layer capacitor composed of nano-porous carbon electrode
        S Iwasaki; H Kanda; M Miyahara; M Okazaki
        KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU, 1997年07月, 査読有り
      • Determination of adsorption equilibria in pores by molecular dynamics in a unit cell with imaginary gas phase
        M Miyahara; T Yoshioka; M Okazaki
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 1997年05月, 査読有り
      • Capillary condensation model within nano-scale pores studied with molecular dynamics simulation
        T Yoshioka; M Miyahara; M Okazaki
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 1997年04月, 査読有り
      • Freezing/melting phenomena for Lennard-Jones methane in slit pores: A Monte Carlo study
        M Miyahara; KE Gubbins
        JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 1997年02月, 査読有り
      • ナノ細孔内凝縮現象のモデル化とナノ細孔径評価への応用
        宮原 稔
        Adsorption News, 1997年, 査読有り
      • Observation of Interface Curvature of Capillary Condensed Phase in Slit-shaped Nano Pore with a New MD Simulation Method
        Minoru Miyahara; Tomohisa Yoshioka; Morio Okazaki
        Characterization of Porous Solids IV (Proceedings of the IUPAC Symposium COPS IV), 1997年, 査読有り
      • 活性炭電気二重層キャパシタの単極充放電過程に対する速度論的検討
        岩崎 訓; 神田英輝; 宮原 稔; 岡崎守男
        化学工学論文集, 1997年, 査読有り
      • 活性炭電気二重層キャパシタの単極静電容量と固液界面蓄電状態
        岩崎 訓; 奥迫芳明; 宮原 稔; 岡崎守男
        化学工学論文集, 1997年, 査読有り
      • Improvement of coffee aroma by removal of pungent volatiles using A-type zeolite
        T Sakano; K Yamamura; H Tamon; M Miyahara; M Okazaki
        JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 1996年03月, 査読有り
      • Reversing effect of hydrostatic pressure on liquid-phase adsorption
        M Miyahara; S Iwasaki; M Okazaki
        FUNDAMENTALS OF ADSORPTION, 1996年, 査読有り
      • Adsorption Selectivity of Coffee Aroma Components on Zeolite 5A
        Tadaaki Sakano; Hajime Tamon; Minoru Miyahara; Morio Okazaki
        Food Sci. Technol, Int.,, 1996年, 査読有り
      • MEASUREMENTS OF LIQUID-PHASE ADSORPTION UNDER HIGH-PRESSURE
        M MIYAHARA; S IWASAKI; T KOTERA; T KAWAMURA; M OKAZAKI
        JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 1995年03月, 査読有り
      • LIQUID-PHASE CAPILLARY CONDENSATION AND ADSORPTION-ISOTHERM
        M MIYAHARA; M KATO; M OKAZAKI
        AICHE JOURNAL, 1994年09月, 査読有り
      • RELIABLE NUMERICAL-CALCULATION OF THE BREAKTHROUGH CURVE OF AN ADSORPTION COLUMN
        J REUNANEN; S PALOSAARI; M MIYAHARA; M OKAZAKI
        CHEMICAL ENGINEERING AND PROCESSING, 1994年07月, 査読有り
      • 液相における毛管相分離現象と吸着等温線
        宮原 稔
        化学工学, 1994年, 査読有り
      • 液相吸着平衡における圧力効果の測定
        岩崎訓; 宮原 稔; 岡崎守男
        ケミカルエンジニヤリング, 1994年, 査読有り
      • A METHOD FOR ESTIMATION OF PORE CHARACTERISTICS OF SOLIDS IMMERSED IN A SOLVENT BASED ON THE CAPILLARY PHASE-SEPARATION CONCEPT
        M MIYAHARA; M OKAZAKI
        CHARACTERIZATION OF POROUS SOLIDS III, 1994年, 査読有り
      • HEAT-TRANSFER IN A CONDUCTIVE-HEATING AGITATED DRYER
        T OHMORI; M MIYAHARA; M OKAZAKI; R TOEI
        DRYING TECHNOLOGY, 1994年, 査読有り
      • COLUMN ADSORPTION IN MULTI-SOLUTE WATER
        J REUNANEN; S PALOSAARI; M MIYAHARA; M OKAZAKI
        CHEMICAL ENGINEERING AND PROCESSING, 1993年10月, 査読有り
      • CORRELATION OF CONCENTRATION-DEPENDENT SURFACE DIFFUSIVITY IN LIQUID-PHASE ADSORPTION
        M MIYAHARA; M OKAZAKI
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 1993年10月, 査読有り
      • An Estimation of Liquid Phase Adsorption Isotherms Based on the Capillary Phase Separation Concept
        Minora Miyahara; Mono Okazaki
        Studies in Surface Science and Catalysis, 1993年01月01日, 査読有り
      • CONCENTRATION-DEPENDENCE OF SURFACE DIFFUSIVITY OF NITROBENZENE AND BENZONITRILE IN LIQUID-PHASE ADSORPTION ONTO AN ACTIVATED CARBON
        M MIYAHARA; M OKAZAKI
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 1992年08月, 査読有り
      • An Estimation Method for Liquid Phase Adsorption Isotherms based on the Pore Characteristics of Solids
        Minoru Miyahara; Morio Okazaki
        Chem. Express, 1992年, 査読有り
      • ESTIMATION OF PARTICLE RENEWAL RATES ALONG THE WALL IN A MECHANICALLY STIRRED GRANULAR BED
        K MALHOTRA; AS MUJUMDAR; M MIYAHARA
        CHEMICAL ENGINEERING AND PROCESSING, 1990年06月, 査読有り
      • HEAT-TRANSFER FROM A SUBMERGED TUBE MOVING IN A GRANULAR BED
        T OHMORI; M MIYAHARA; M OKAZAKI; R TOEI
        JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, 1988年04月, 査読有り
      • ADSORPTION INTO A POROUS SPHERE
        S PALOSAARI; M MIYAHARA; H TAMON; M OKAZAKI
        ACTA POLYTECHNICA SCANDINAVICA-CHEMICAL TECHNOLOGY SERIES, 1988年, 査読有り
      • Heat Transfer from Submerged Cylinder Moving in Granular Bed
        Takao Ohmori; Minoru Miyahara; Morio Okazaki; Ryozo Toei
        Drying '86(Proceedings of Fourth International Drying Symposium), 1986年, 査読有り

      MISC

      • Free energy calculations for adsorption-induced deformation of flexible metal-organic frameworks
        H. Tanaka; M. T. Miyahara
        Curr. Opin. Chem. Eng., 2019年, 査読有り
      • 規則シリカ多孔体が示す毛管凝縮挙動の速度論的理解
        平塚 龍将; 田中 秀樹; 宮原 稔
        ゼオライト, 2017年
      • Controlling self-assembled structure of Au nanoparticles by convective self-assembly with liquid-level manipulation (vol 25, pg 811, 2014)
        Tatsuya Hanafusa; Yasushi Mino; Satoshi Watanabe; Minoru T. Miyahara
        ADVANCED POWDER TECHNOLOGY, 2014年05月
      • 多孔性配位錯体が示すゲート吸着現象の温度依存性予測手法の構築
        沼口遼平; 山本愛; 杉山隼人; 田中秀樹; 渡邉哲; 福島知宏; 土方優; 堀毛悟史; 北川進; 宮原稔
        化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM), 2013年08月16日
      • スタックレイヤー型多孔性配位高分子が示すゲート吸着現象のモデル化
        沼口遼平; 山本愛; 杉山隼人; 田中秀樹; 渡邉哲; 福島知宏; 土方優; 堀毛悟史; 北川進; 宮原稔
        日本吸着学会研究発表会講演要旨集, 2012年11月14日
      • インターデジテート型多孔性配位高分子が示す吸着構造転移現象のモデル化
        沼口遼平; 山本愛; 杉山隼人; 田中秀樹; 渡邉哲; 福島知宏; 土方優; 堀毛悟史; 北川進; 宮原稔
        化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM), 2012年08月19日
      • Special Issue: Fundamentals of Adsorption 10, May 23-28, 2010, Awaji, Hyogo, Japan, Part 2; Preface
        Minoru T. Miyahara
        ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY, 2011年10月
      • 京都大学工学研究科化学工学専攻界面制御工学研究室
        宮原 稔; 田中 秀樹; 渡邉 哲
        化学工学 = Chemical engineering, 2010年03月05日
      • インターデジテート系配位錯体が示す特異な吸着挙動と熱力学的解析
        杉山隼人; 山本愛; 田中秀樹; 渡邉哲; 福島知宏; 土方優; 堀毛悟史; 久保田佳基; 北川進; 宮原稔
        化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM), 2010年02月18日
      • ナノ細孔内気液平衡点特定のための分子シミュレーション手法の開発
        宮原 稔; 田中 秀樹
        ケミカルエンジニヤリング, 2009年
      • 液化DMEによる汚泥の超高効率脱水技術の開発
        神田英輝; 牧野尚夫; 森田真由美; 竹上敬三; 吉越昭雄; 武田信生; 大下和徹; 宮原稔
        日本エネルギー学会石炭科学会議発表論文集, 2007年10月11日
      • マイクロデバイスを用いたPt ナノ粒子の形成機構
        清本康裕; 渡邉哲; 前一廣; 宮原稔
        化学工学会第72 年会, A117 (2007.3.19, 京都), 2007年, 査読有り
      • 単層カーボンナノホーンに吸着したメタンの凝固挙動
        田中 秀樹; Dore John; Hannon Alex; 湯田坂 雅子; 飯島 澄男; 加納 博文; 金子 克美; 宮原 稔
        化学工学会 研究発表講演要旨集, 2007年
      • マイクロデバイスを用いた単分散ナノPt 粒子の生成
        清本康裕; 渡邉哲; 前一廣; 宮原稔
        化学工学会第38 回秋季大会, Vb004 (2006.9.17, 福岡), 2006年, 査読有り

      書籍等出版物

      • 粉体用語ポケットブック(日本粉体工業技術協会編)
        宮原 稔, 共著
        日刊工業新聞社, 2017年09月, 査読無し
      • 吸着・分離材料の設計,性能評価と新しい応用
        宮原 稔, 分担執筆, 第1章「吸着・分離のメカニズム」第1節,宮原稔「ナノ細孔内での吸着と毛管凝縮のメカニズム」
        技術情報協会, 2015年10月, 査読無し
      • 攪拌・混合技術とトラブル対策
        宮原 稔, 分担執筆, 技術情報協会
        技術情報協会, 2014年10月, 査読無し
      • 基礎粉体工学
        宮原 稔; 日高重助; 神谷秀博編
        日刊工業新聞社, 2014年07月, 査読無し
      • 分散・塗布・乾燥の基礎と応用―プロセスの理解からものづくりの革新へ
        宮原 稔, 分担執筆
        シーエムシー出版, 2014年03月, 査読無し
      • 粉・粒体の構造制御,表面処理とプロセス設計
        宮原 稔, 分担執筆
        技術情報協会, 2013年09月, 査読無し
      • マイクロリアクター技術の最前線
        宮原 稔, 分担執筆
        シーエムシー出版, 2012年05月, 査読無し
      • 革新的な多孔質材料―空間をもつ機能性物質の創成―(CSJ Current Review 03)
        宮原 稔, 分担執筆
        化学同人, 2010年12月, 査読無し
      • 初歩から学ぶ粉体技術
        宮原 稔; 内藤牧; 牧野尚夫編, 分担執筆
        工業調査会, 2010年06月, 査読無し
      • ナノサイエンスが作る多孔性材料
        宮原 稔
        シーエムシー出版, 2010年03月, 査読無し
      • Carbon Materials: Theory and Practice
        MIYAHARA Minoru(A; P. Terzyk; P. A. Gauden; P. Kowalczyk, 分担執筆
        Research Signpost, Kerala, India, 2008年10月, 査読無し
      • 多孔体の精密制御と機能・物性評価
        宮原 稔, 分担執筆
        サイエンス&テクノロジー社, 2008年03月, 査読無し
      • Nanoparticle Technology Handbook
        MIYAHARA Minoru(M. Hosokawa; K. Nogi; M. Naito; T. Yokoyama, 分担執筆
        Elsevier, Amsterdam, 2007年11月, 査読無し
      • 新機能微粒子材料の開発とプロセス技術
        宮原 稔, 分担執筆
        シーエムシー出版, 2006年08月, 査読無し
      • ナノパーティクル・テクノロジー・ハンドブック
        宮原 稔
        日刊工業新聞社, 2006年04月, 査読無し
      • Power Technology Handbook, Third Edition
        H. Masuda; K. Higashitani; H. Yoshida eds
        CRC Press, Florida, 2006年01月, 査読無し
      • 粉体工学叢書 第1巻
        宮原 稔, 分担執筆
        日刊工業新聞社, 2005年11月, 査読無し
      • 表面界面工学大系 上巻 基礎編
        宮原 稔, 分担執筆
        フジ・テクノシステム, 2005年03月, 査読無し
      • Structure and Thermoplasticity of Coal
        MIYAHARA Minoru(Ikuo Komaki; Shozo Itagaki; Takatoshi Miura, 分担執筆
        Nova Science Publishers, 2005年02月, 査読無し
      • 新時代の多孔性材料とその応用-ナノサイエンスが作る新材料-
        宮原 稔, 分担執筆
        シーエムシー出版, 2004年12月, 査読無し
      • ナノパーティクル・テクノロジー
        宮原 稔, 分担執筆
        日刊工業新聞社, 2003年, 査読無し
      • 粉体工学用語辞典-第2版-
        宮原 稔, 分担執筆
        日刊工業新聞社, 2000年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 材料ナノテクノロジー 知識の構造化プロジェクト,モデリングエンジンの開発 -- コロイド分散系の基板吸着と秩序構造形成過程 --
        自 2001年
      • 窒素吸着によるナノオーダー細孔径評価法の検討
        自 2001年
      • Development of Modeling Engines for Knowledge-Structuring Project on Nanotechnology -- Mesoscale Simulation Model for Colloidal Adsorption and Order Formation --
        自 2001年
      • Estimation of Nanopore Size by Nitrogen Adsorption
        自 2001年
      • コークス炉内石炭粒子乾留時の力学挙動シミュレーション
        自 1998年, 至 2000年
      • Simulating Mechanical Dynamics of Coal Particles upon Carbonization
        自 1998年, 至 2000年

      受賞

      • 2019年
        日本吸着学会, 令和元年度 日本吸着学会 学術賞
      • 2014年
        公益社団法人 化学工学会, 化学工学会 研究賞
      • 2013年
        粉体工学会, 2012年度(第31回)粉体工学会 論文賞
      • 1996年
        日本吸着学会, 平成8年度日本吸着学会奨励賞・東洋カルゴン賞
      • 1994年
        化学工学会, 平成5年度化学工学会賞奨励賞・内藤雅善記念賞
      • 1993年
        the Third IUPAC Symposium on the Characterization of Porous Solids, Marseille, FRANCE, The Most Original Poster Presentation Award
      • 2017年
        粉体工学会, 2016年度(第35回)粉体工学会 論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • ゲート型吸着剤の特異な挙動に着目した吸着分離工学の革新
        挑戦的研究(開拓)
        中区分27:化学工学およびその関連分野
        京都大学
        宮原 稔
        自 2021年07月09日, 至 2025年03月31日, 交付
        ゲート型吸着剤;圧力スイング吸着;自己熱補償能;非等温吸着
      • ソフト多孔性錯体のin-situ応力測定に立脚したゲート吸着機構の速度論的解析
        基盤研究(B)
        小区分27010:移動現象および単位操作関連
        京都大学
        渡邉 哲
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        Soft MOF;ゲート吸着;速度論;AFM;エネルギー障壁;自由エネルギー解析
      • 強混合場の活用による核生成現象解析に立脚したナノ粒子合成の計算科学的学理の構築
        基盤研究(B)
        小区分27010:移動現象および単位操作関連
        京都大学
        宮原 稔
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        核生成;ナノ粒子;速度論;MDシミュレーション;自由エネルギー;確率論;マイクロリアクタ;分子シミュレーション
      • ゲート型吸着剤が切り開く吸着分離工学の新展開の探求
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分27:化学工学およびその関連分野
        京都大学
        宮原 稔
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        多孔性配位錯体;ゲート吸着;自己熱補償能;非等温吸着;破過曲線;MOF;PSA
      • 多孔性配位錯体の結晶複合化による相乗的構造転移現象の機構解明と吸着挙動制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        渡邉 哲
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        コアシェル粒子;マイクロリアクタ;MOFs;ZIFs;ゲート吸着;複合化;コアシェル微粒子;MOF;Metal-organic framework
      • ナノフルイドを擬似移流媒体に用いる新規自己組織化プロセスの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        コロイド結晶;ナノフルイド;自己組織化;移流集積法;相互作用力測定;格子ボルツマン法
      • 多孔性錯体ナノ粒子の粒径・形状制御手法の確立と吸着機能設計
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        宮原 稔
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        柔軟性多孔性結晶;Metal-organic framework;ゲート吸着;マイクロリアクタ;迅速混合;核生成;ZIF-8;ELM-12;Metal-organic frameworks;GCMC法;自由エネルギー解析;配位空間;Metal Organic Frameworks;PCPs
      • 細孔壁原子ラフネスの合理的同定法開発と統合的ナノ空間評価への展開
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        吸着;細孔壁原子密度分布;分子シミュレーション;極低温He物理吸着TPD;細孔壁ラフネス;極低温TPD-MS
      • 多段フローリアクタによる粒子成長制御に基づくコアシェル粒子連続合成法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        宮原 稔
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        マイクロリアクタ;連続合成;金ナノクラスター;金ナノシェル;マイクロミキサー;不均一核生成;プラズモン;コアシェル粒子;流通式合成;マイクロリアクター;流通式;流通式反応
      • 多孔性配位錯体における吸着誘起結晶構造転移の機序解明と柔軟ナノ空間設計への展開
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        吸着;第三世代柔軟多孔性配位錯体;分子シミュレーション;自由エネルギー解析;第3世代柔軟多孔性配位錯体
      • 秩序流れ場を活用した異相核生成過程解析とナノ粒径制御への展開
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        シリカ粒子;異相核発生;強混合場;Stober法;金属ナノ粒子;秩序流れ場;Fiber-UV
      • 制限空間内での外部印加電場の重畳を利用したコロイドナノ粒子の3次元集団構造制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ材料;自己組織化;コロイド結晶;制限空間;直流電場;デンドリマー;直流電圧;スリット;デンドライト;TEM;ソフトコロイド結晶;AFM;Brown動力学;コロイドプローブ
      • 超薄壁ナノ空間における流体相挙動の解明および格子構造転移との協同性検討
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ材料;分子シミュレーション;格子構造転移;ヒステリシス;凝縮;凝固;配位高分子;Metal-Organic Framework;一次相転移
      • 超薄壁多孔体としてのナノ配位空間における流体相挙動の特異性検討
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        配位高分子;Metal-Organic Framework;レナード-ジョーンズ流体;分子シミュレーション;GCMC法;ナノ空間;凝固点上昇;秩序構造
      • がん細胞表面・DDS用微粒子表面相互作用のAFMによる評価法の開発
        萌芽研究
        京都大学
        東谷 公
        完了
        付着力;原子間力顕微鏡;DDS;細胞
      • 外的電場を活用したコロイドナノ粒子の基板上吸着メゾ構造制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ粒子;配位構造;構造形成;原子間力顕微鏡;コロイドプローブAFM;基板表面電位;粒子間相互作用力;粒子-基板間相互作用力, Nanop article;Structure of Particle Array;Structure Formation;Atomic Force Microscopy;Colloid-Probe AFM;Surface Potential of Substrate;Interparticle Interaction;Particle-Substrate Interaction
      • 超平潤化・超洗浄プロセッシングにおける分子オーダ基盤技術の確立
        基盤研究(A)
        京都大学
        東谷 公
        完了
        原子間力顕微鏡;摩擦力;水和層;水平力顕微鏡;分子動力学法;離散要素法;化学機械的研磨;LFM;CMP, Atomic Force Microscope;Frictional Forces;Hydration Layers;Lateral Force Microscope;Molecular Dynamics Method;Discrete Element Method;Chemical Mechanical Polishing
      • ナノ粒子集団の基板上メゾスケール秩序構造形成過程の動力学
        基盤研究(C)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ粒子;構造形成;秩序構造;ブラウン動力学;Langevin方程式;原子間力顕微鏡;サファイア;シリカ粒子, Nanoparticle;Structure Formation;Ordered Structure;Brownian Dynamics;Langevin Equation;Atomic Farce Microscopy;Sapphire;Colloidal Silica Particle
      • ナノ制限空間内分子集団の特異な相挙動に立脚した統合的ナノ細孔評価手法の構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ細孔;毛管凝縮;窒素吸着等温線;分子シミュレーション;細孔内凝固;原子間力顕微鏡;FSM-16;メソ多孔体, Nanopore;Capillary condensation;Nitrogen Adsorption Isotherm;Molecular Simulation;Freezing in Nanopores;Atomic Force Microscopy;FSM-16;Mesoporous Materials
      • 高分子電解質の吸着挙動と表面間相互作用力
        基盤研究(B)
        京都大学
        東谷 公
        完了
        原子間力顕微鏡;吸着層;高分子;表面間力;付着力;凝集剤;吸着;表面;水溶液, Atomic force microscope;Adsorbed layer;Polymer;Surface force;Adhesion force;Flocculants
      • ナノ制限空間内分子集団の特異な圧力と相挙動
        基盤研究(C)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ制限空間;ナノ細孔;原子間力顕微鏡;分子シミュレーション;細孔内凝固;相転移;グラファイト, Nanospace;Nanopore;Atomic Force Microscope;Molecular Simulation;Freezing in Pores;Phase Transition;Graphite
      • 表面間力と表面微細構造のin-situ測定複合装置の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        東谷 公
        完了
        原子間力顕微鏡;吸着層;光学顕微鏡;表面;表面改質;近接場光顕微鏡;吸着;走査型近接場光顕微鏡;表面間力;気泡;高分子, Atomic force microscope;Adsorbed layer;Optical microscope;Surface;Surface modification;Near-field optical microscope
      • 疎水性表面間の特異な超長距離相互作用力の基礎メカニズム
        基盤研究(B)
        京都大学
        東谷 公
        完了
        原子間力顕微鏡;吸着層;界面活性剤;表面;表面改質;架橋;吸着;表面間力;気泡;疎水性;付着力, Atomic force microscope;Adsorbed layer;Surfactant;Surface;Surface modification;Bridging
      • 固液界面領域での微細分相構造形成過程の解明と機能性表面創造手法への展開
        萌芽的研究
        京都大学
        東谷 公
        完了
        原子間力顕微鏡;表面;相互作用力;ドメイン構造;吸着;相分離;付着力;混合溶媒
      • 炭酸ガス排出抑制を担うエネルギ回生デバイスとしての活性炭キャパシタ設計手法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        活性炭;電気二重層キャパシタ;充放電速度過程;エネルギ回生;Nernst-Planck式;ナノ細孔;静電容量, Activated Carbon;Electric Double Layer Capacitor;Charge;discharge;Energy Recovery;Nernst-Planck Equation;Nanopores;Electric Capacity
      • 制限空間内相転移現象の特異性を活用したナノ細孔径・幾何特性同定手法の開発
        奨励研究(A)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        ナノ細孔;毛管凝縮;凝固点変動;分子動力学法;モンテカルロ法;細孔径分布;メソポーラスシリカ
      • 静水圧力場を活用した新規液相吸着分離サイクルの開発
        奨励研究(A)
        京都大学
        宮原 稔
        完了
        液相吸着;圧力効果;吸着相分子容;活性炭素繊維;芳香族化合物;水溶液;ナノ細孔;細孔壁ポテンシャル
      • 重車両慣性エネルギ回生利用のための高性能活性炭パワーキャパシタの開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        岡崎 守男
        完了
        活性炭パワーキャパシタ;電気二重層キャパシタ;ハイブリッドカ-;急速充放電;エネルギ回生;Helmnoltz層;ナノ細孔;イオン移動度;ハイブリッドガ-;Helmhotz層;エネルギ回生利用;電気二重層;液相吸着;速度過程解析;キャラクタリゼーション;充放電特性, Activated Carbon Capacitor;Electric Double Layr;Hybrid Car;Rapid Charge;Discharge;Energy Recovery;Helmholtz Layr;Nano-pores;Ionic Mobility
      • 糖類アモルファス組織の乾燥形式過程とその分子包埋機能の利用
        一般研究(A)
        京都大学
        岡崎 守男
        完了
        糖類;アモルファス;酵素;活性保持;凍結乾燥;分子包埋;熱安定化作用;乾燥形式過程;乾燥形成過程, Suger;Amorphous;Enzyme;Preservation of Activity;Freeze-Drying;Inclusion;Thermal Stabilization;Formation by Drying
      • 液相毛管相分離現象に基づくin-situ細孔分布測定法の開発
        試験研究(B)
        京都大学
        岡崎 守男
        完了
        毛管相分離;細孔分布;液相吸着;膨潤性;毛管凝縮;液液平衡;相互溶解度;吸着等温線, Capillary Phase Separation;Pore Size Distribution;Liquid-Phase Adsorption;Swelling Nature;Capillary Condensation;Liquid-Liquid Equilibrium;Mutual Solubility;Adsorption Isotherm
      • 選択的負イオン化に基づく気体精製技術の開発
        試験研究
        京都大学
        岡崎 守男
        完了
        電子付着反応;コロナ放電;気体精製技術;負イオン;硫黄化合物除去;酸素除去;ヨウ素除去;スィ-プアウト型反応器;負イオン生成;スイ-プアウト型反応器;酸素;ヨウ素;負イオン沈着;硫黄化合物, Electron attachment reaction;Corona discharge;Gas purification technology;Negative ion;Removal of sulfur compound;removal of oxygen;Removal of iodine
      • ソフト多孔性錯体が示すゲート吸着挙動の速度論の体系化
        基盤研究(B)
        小区分27010:移動現象および単位操作関連
        京都大学
        平出 翔太郎
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        ソフト多孔性錯体;ゲート吸着;速度論;吸着速度解析

      外部資金:その他

      • ナノ空間内分子集団の相挙動
      • 界面近傍ナノ領域の分子集団構造と表面間力
      • コロイド粒子の基板上吸着と秩序構造形成過程
        自 1998年
      • 微粒子集積化技術の基盤研究:ブラウン動力学計算による集積化制御方法の確立
        JST京都府地域結集型共同研究事業「機能性微粒子材料創製のための基盤技術開発」プロジェクト
        自 2004年, 至 2008年
        宮原 稔
      • 「モデリングエンジンおよび推論エンジンの開発:界面吸着構造とナノ粒子配列のメゾスケール動力学モデリング」
        NEDO材料ナノテクノロジープログラム「材料技術の知識の構造化」プロジェクト」
        自 2005年, 至 2008年
        宮原 稔
      • 粒子生成系の安定限界核生成技術の開発
        NEDO革新的部材産業創出プログラム/新産業創造高度部材基盤技術開発「革新的マイクロ反応場利用部材技術開発プロジェクト」
        自 2006年, 至 2010年
        宮原 稔
      • ソフトウェア開発プログラム「多孔性材料の細孔分布解析ソフトウェアの開発」
        JST先端計測分析技術・機器開発事業
        自 2009年, 至 2011年
        宮原 稔
      • 精密分子ふるい機能の高度設計に基づく無機系高機能分離材料の創製
        CREST研究領域「超空間制御に基づく高度な特性を有する革新的機能素材等の創製」
        自 2013年, 至 2018年
        宮原 稔
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理化学基礎及び演習
          7102, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          界面制御工学
          H020, 後期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理化学III(化学工学)
          7309, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学工学特別セミナー5
          T008, 前期集中, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学プロセス工学基礎
          7105, 前期, 工学部, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          界面制御工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          化学技術者倫理
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          化学プロセス工学基礎[3クラス]
          前期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          化学工学シミュレーション
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          複合系の物理化学と解析技術
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          化学工学特別セミナー5
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          化学技術者倫理
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          界面制御工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          界面制御工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          化学技術者倫理
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          化学工学特別セミナー2
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          複合系の物理化学と解析技術
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特論第三
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特論第四
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学セミナー
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別実験及演習Ⅰ
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別実験及演習Ⅱ
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別実験及演習Ⅲ
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別実験及演習Ⅳ
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究論文
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別セミナー1
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別セミナー3
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別セミナー5
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学的思考で身の回りを見る
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学工学特別セミナー5
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          化学工学的思考で身の回りを見る
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          先端科学通論
          後期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学プロセス工学実験II(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学プロセス工学実験I(化学工学)
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学工学特別セミナー5
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先端科学通論
          後期, 総合生存学館
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学プロセス工学実験II(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学プロセス工学実験I(化学工学)
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学工学特別セミナー5
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微粒子工学
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学工学シミュレーション
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学プロセス工学基礎
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学プロセス工学実験I(化学工学)
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学工学特別セミナー7
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合系の物理化学と解析技術
          後期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学プロセス工学基礎[T21,T22]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学工学特別セミナー5
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          工業化学概論[工化1]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          工業化学概論[工化2]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          工業化学概論[工化3]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          工業化学概論[工化4]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理化学基礎及び演習[工化3]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学プロセス工学基礎[T21,T22]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理化学III(化学工学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理化学基礎及び演習[工化3]
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          界面制御工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合系の物理化学と解析技術
          後期, 工学研究科

        博士学位審査

        • Understanding the Physical Mechanisms behind the Collective Dynamics of Proliferating Cells (増殖する細胞の集団運動に対する物理学的メカニズムの解明)
          李 金■, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • ポリブチレンサクシネート・アジペート(PBSA)のコアバック式発泡射出成形プロセスによる発泡体作製とその気泡構造の制御
          KIM DONGHO, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Development of Fast Activation Method using Microwave-Induced Plasma for Preparation of High-Surface-Area Activated Carbon (高表面積活性炭合成のためのマイクロ波プラズマを活用した迅速賦活法の開発)
          Purichaya Kuptajit, 工学研究科, 副査
          2021年09月24日
        • 定容積せん断試験法による粉体力学特性評価に関する研究
          島田 泰拓, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 分子篩炭素のin silico合成による合理的設計指針の探索と用途展開
          山根 康之, 工学研究科, 主査
          2022年03月23日

        非常勤講師

        • 自 2011年04月01日, 至 2011年09月30日
          国立大学法人岡山大学
        • 自 2011年04月01日, 至 2011年09月30日
          国立大学法人豊橋技術科学大学
        • 自 2015年09月01日, 至 2015年09月30日
          北海道大学, 大学院総合化学院
        • 自 2015年09月01日, 至 2016年03月31日
          北海道大学, 大学院総合化学院
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学工学専攻長
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            工学研究科点検・評価委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            工学研究科研究推進委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            工業化学科長

          ページ上部へ戻る