教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

荻原 孝史

オギハラ タカシ

薬学研究科 附属統合薬学教育開発センター 特定助教

荻原 孝史
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士課程薬学専攻, 修了

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 特定助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        抗がん剤誘発末梢神経障害, 末梢血流障害, 疼痛, 口腔粘膜炎  
      • 研究概要

        抗がん剤の副作用のメカニズムやその対処法を確立することを目的に研究を行っている。白金系抗がん剤であるオキサリプラチンは副作用として高頻度に末梢神経障害を発現する。これまで、末梢の血流障害が末梢神経障害の進行に寄与し、血管拡張作用持つホスホジエステラーゼ阻害薬が予防/治療候補薬となることを見出してきた。末梢血流障害の発生機序や、末梢神経と末梢血管との相互機能連関を明らかにするとともに、得られた結果を臨床に還元するトランスレーショナルリサーチを目指している。

      研究キーワード

      • 末梢血流障害
      • 末梢神経障害
      • 疼痛

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医療薬学

      論文

      • Cilostazol is an effective causal therapy for preventing paclitaxel-induced peripheral neuropathy by suppression of Schwann cell dedifferentiation.
        Madoka Koyanagi; Satoshi Imai; Yuki Iwamitsu; Mayuna Matsumoto; Mamiko Saigo; Akari Moriya; Takashi Ogihara; Yui Nakazato; Atsushi Yonezawa; Shunsaku Nakagawa; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Neuropharmacology, 2021年05月01日
      • Pronociceptive Roles of Schwann Cell-Derived Galectin-3 in Taxane-Induced Peripheral Neuropathy.
        Madoka Koyanagi; Satoshi Imai; Mayuna Matsumoto; Yoko Iguma; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Takeshi Kotake; Yuki Iwamitsu; Mpumelelo Ntogwa; Ren Hiraiwa; Kazuki Nagayasu; Mamiko Saigo; Takashi Ogihara; Atsushi Yonezawa; Tomohiro Omura; Shunsaku Nakagawa; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Cancer research, 2021年04月15日
      • Complete Deletion of Slc52a2 Causes Embryonic Lethality in Mice.
        Congyun Jin; Yoshihiro Matsui; Atsushi Yonezawa; Satoshi Imai; Takashi Ogihara; Kotaro Itohara; Shunsaku Nakagawa; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2021年
      • Schwann cell-derived CXCL1 contributes to human immunodeficiency virus type 1 gp120-induced neuropathic pain by modulating macrophage infiltration in mice.
        Mpumelelo Ntogwa; Satoshi Imai; Ren Hiraiwa; Madoka Koyanagi; Mayuna Matsumoto; Takashi Ogihara; Shunsaku Nakagawa; Tomohiro Omura; Atsushi Yonezawa; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Brain, behavior, and immunity, 2020年03月27日, 査読有り
      • 5-フルオロウラシル誘発口内炎モデルハムスターに対する半夏瀉心湯軟膏の有効性の検討
        荻原 孝史; 香川 雅登; 佐藤 夕紀; 中川 俊作; 米澤 淳; 今井 哲司; 伊藤 美千穂; 中川 貴之; 松原 和夫
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • Association between dexamethasone treatment and alterations in serum concentrations of trace metals
        Yamashita K; Ogihara T; Hayashi M; Nakagawa T; Ishizaki Y; Kume M; Yano I; Niigata R; Hiraoka J; Yasui H; Nakamura T
        Die Pharmazie, 2020年, 査読有り
      • Improvement of peripheral vascular impairment by a phosphodiesterase type 5 inhibitor tadalafil prevents oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice.
        Takashi Ogihara; Takayuki Nakagawa; Maho Hayashi; Madoka Koyanagi; Atsushi Yonezawa; Tomohiro Omura; Shunsaku Nakagawa; Noriaki Kitada; Satoshi Imai; Kazuo Matsubara
        Journal of pharmacological sciences, 2019年12月, 査読有り
      • Taxanes and platinum derivatives impair Schwann cells via distinct mechanisms.
        Satoshi Imai; Madoka Koyanagi; Ziauddin Azimi; Yui Nakazato; Mayuna Matsumoto; Takashi Ogihara; Atsushi Yonezawa; Tomohiro Omura; Shunsaku Nakagawa; Shuji Wakatsuki; Toshiyuki Araki; Shuji Kaneko; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Scientific reports, 2017年07月20日, 査読有り

      MISC

      • PDE5阻害薬の末梢血流改善作用によるオキサリプラチン誘発末梢神障害の予防効果
        荻原 孝史; 林 真穂; 中川 貴之; 今井 哲司; 松原 和夫
        日本薬理学会年会要旨集, 2019年
      • タキサン系抗がん剤誘発末梢神経障害の発症におけるシュワン細胞由来マクロファージ誘引因子の関与
        小柳 円花; 今井 哲司; 松本 真有奈; 岩満 優輝; 荻原 孝史; 平岩 怜; Ntogwa Mpumelelo; 中川 貴之; 松原 和夫
        日本薬理学会年会要旨集, 2019年

      講演・口頭発表等

      • 5-フルオロウラシル誘発口内炎モデルハムスターに対する半夏瀉心湯軟膏の有効性の検討
        荻原孝史; 香川雅登; 佐藤夕紀; 中川俊作; 米澤 淳; 今井哲司; 伊藤美千穂; 中川貴之; 松原和夫
        日本薬学会第140年会
      • Schwann cell-mediated immune response participates in paclitaxel-induced peripheral neuropathy pathogenesis
        Koyanagi M; Imai S; Matsumoto M; Iwamitsu Y; Saigo M; Ntogwa M; Hiraiwa R; Ogihara T; Nakagawa T; Matsubara K
        The 49th Annual Meeting of Society for Neuroscience
      • 5-フルオロウラシル誘発ハムスター口内炎モデルに対する半夏瀉心湯軟膏の効果
        香川雅登; 荻原孝史; 今井哲司; 中川貴之; 松原和夫
        第69回日本薬学会関西支部総会・大会
      • オキサリプラチン誘発末梢神経障害モデルマウスにおける血管拡張薬の効果検討
        荻原孝史; 林 真穂; 小柳円花; 今井哲司; 中川貴之; 松原和夫
        第69回日本薬学会関西支部総会・大会
      • Schwann cell dedifferentiation accompanied with galectin-3 release is causal for taxane-induced peripheral neuropathy
        Koyanagi M; Imai S; Matsumoto M; Iwamitsu Y; Ntogwa M; Hiraiwa R; Ogihara T; Nakagawa T; Matsubara K
        The 48th Naito Conference on Integrated Sensory Sciences 2019
      • Possible involvement of immune response mediated by Schwann cells in paclitaxel-induced peripheral neuropathy
        小柳円花; 今井哲司; 松本真有奈; 岩満優輝; 荻原孝史; 平岩怜; Ntogwa Mpumelelo; 佐藤夕紀; 中川俊作; 大村友博; 米澤 淳; 中川貴之; 松原和夫
        第42回日本神経科学大会と第62回日本神経化学会大会の合同大会
      • タキサン系抗がん剤誘発末梢神経障害の発症におけるシュワン細胞由来マクロファージ誘引因子の関与
        小柳円花; 今井哲司; 松本真有奈; 岩満優輝; 荻原孝史; 平岩怜; Ntogwa Mpumelelo; 中川貴之; 松原和夫
        第92回日本薬理学会年会
      • PDE5阻害薬の末梢血流改善作用によるオキサリプラチン誘発末梢神障害の予防効果
        荻原孝史; 林真穂; 中川貴之; 今井哲司; 松原和夫
        第92回日本薬理学会年会
      • がん化学療法誘発性末梢神経障害におけるシュワン細胞の役割と治療標的としての可能性
        中川貴之; 今井哲司; 荻原孝史; 小柳円花; 松本真有奈; 岩満優輝; 松原和夫
        痛み研究会2018 生体サバイバル戦略としての痛みの機構と意義
      • Improvement of vascular impairment by tadalafil, a phosphodiesterase type 5 inhibitor, alleviates and prevents oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice
        Ogihara T,; Imai S; Nakagawa T; Matsubara K
        The 17th World Congress on Pain 2018
      • Direct impairment of Schwann cells by taxanes and platinum derivatives participates in the chemotherapy-induced peripheral neuropathy pathogenesis
        Koyanagai M; Imai S; Matsumoto M; Ogihara T; Nakazato Y; Nakagawa T; Matsubara K
        The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology
      • オキサリプラチン長期投与によって誘発される冷過敏応答に対する末梢血流障害改善による治療・予防効果
        荻原孝史; 林真穂; 中川貴之; 松原和夫
        「温度生物学」第6回領域会議 ・第4回若手の会, 2018年06月26日
      • シュワン細胞由来galectin-3のパクリタキセル誘発末梢神経障害におけるバイオマーカーとしての有用性
        松本真有奈; 今井哲司; 小柳円花; 中里唯; 荻原孝史; 金子周司; 中川貴之; 松原和夫
        第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月24日
      • Direct impairment of Schwann cells by taxanes and platinum derivatives is associated with etiologic mechanisms underlying chemotherapy-induced peripheral neuropathy
        Koyanagi M,; Imai S; Nakazato Y; Matsumoto M; Ogihara T; Nakagawa T; Matsubara K
        The 47th Annual Meeting of Society for Neuroscience

      外部資金:科学研究費補助金

      • 末梢血流/末梢温調節機構に着目したオキサリプラチン誘発末梢神経障害の解明
        研究活動スタート支援
        0801:薬学およびその関連分野
        京都大学
        荻原 孝史
        自 2020年09月11日, 至 2022年03月31日, 交付
        オキサリプラチン;末梢神経障害;末梢血流障害;末梢温調節機構;血管拡張薬;疼痛モデル;感覚異常

      ページ上部へ戻る