教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

加藤 裕教

カトウ ヒロノリ

生命科学研究科 高次生命科学専攻高次応答制御学講座 准教授

加藤 裕教
list
    Last Updated :2022/05/18

    基本情報

    協力講座

    • 薬学研究科, 薬科学専攻 生体情報薬学講座, 准教授

    学部兼担

    • 薬学部

    学位

    • 修士(薬学)(京都大学)
    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程薬学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部薬学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      兵庫県立明石北高等学校, ひょうごけんりつあかしきたこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2007年, 至 2009年
      京都大学 生命科学研究科, 准教授
    • 自 2004年, 至 2007年
      京都大学 生命科学研究科, 助教授
    • 自 2000年, 至 2004年
      京都大学 生命科学研究科, 助手
    • 自 2003年
      京都大学 大学院・生命科学研究科, 助手
    • 自 2000年, 至 2001年
      京都大学, 助手
    • 自 1999年
      京都大学 大学院・生命科学研究科, 助手
    • 自 1999年
      京都大学 薬学研究科, 助手

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/18

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        腫瘍の悪性化や転移に関わる分子メカニズムの解明
      • 研究概要

        細胞内のシグナル伝達に異常が生じると、結果的に腫瘍の悪性化や転移につながる例が数多く報告されている。そこで、がん細胞にのみ特異的にみられる腫瘍の悪性化や転移に関わるシグナル伝達経路を明らかにし、がん治療の新たなターゲットとなりうる分子の同定を目指す。

      研究キーワード

      • Rnd
      • 三量体Gタンパク質Gα12
      • 細胞運動
      • シグナル伝達
      • 細胞・組織
      • 低分子量G蛋白質
      • Rho
      • フェロトーシス
      • グルコース代謝
      • アミノ酸代謝

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Rnd2 differentially regulates oligodendrocyte myelination at different developmental periods.
        Yuki Miyamoto; Tomohiro Torii; Miho Terao; Shuji Takada; Akito Tanoue; Hironori Katoh; Junji Yamauchi
        Molecular biology of the cell, 2021年02月17日, 査読有り
      • Role of ferritinophagy in cystine deprivation-induced cell death in glioblastoma cells
        Kazuki Hayashima; Ikuo Kimura; Hironori Katoh
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2021年02月, 査読有り, 責任著者
      • Epidermal growth factor promotes glioblastoma cell death under glucose deprivation via upregulation of xCT (SLC7A11).
        Marina Yamamotoa; Koji Teramotoa; Hironori Katoh
        Cellular signalling, 2020年12月05日, 査読有り, 責任著者
      • High cell density increases glioblastoma cell viability under glucose deprivation via degradation of the cystine/glutamate transporter xCT (SLC7A11)
        Itsuki Yamaguchi; Shige H. Yoshimura; Hironori Katoh
        Journal of Biological Chemistry, 2020年05月15日, 査読有り, 責任著者
      • The cystine/glutamate antiporter xCT is a key regulator of EphA2 S897 phosphorylation under glucose-limited conditions
        Koji Teramoto; Hironori Katoh
        Cellular Signalling, 2019年10月, 査読有り, 責任著者
      • EphA3 is up-regulated by epidermal growth factor and promotes formation of glioblastoma cell aggregates.
        Toyama, M; Hamaoka, Y; Katoh, H
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2019年01月, 査読有り, 責任著者
      • RasGRF1 mediates brain-derived neurotrophic factor-induced axonal growth in primary cultured cortical neurons.
        Umeda K; Negishi, M; Katoh, H
        Biochemistry and Biophysics Reports, 2019年, 査読有り, 責任著者
      • Tyrosine kinase activity of EphA2 promotes its S897 phosphorylation and glioblastoma cell proliferation
        Yuho Hamaoka; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2018年05月23日, 査読有り, 責任著者
      • Cystine uptake through the cystine/glutamate antiporter xCT triggers glioblastoma cell death under glucose deprivation
        Takeo Goji; Kazuhiko Takahara; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2017年12月, 査読有り, 責任著者
      • EphA2 is a key effector of the MEK/ERK/RSK pathway regulating glioblastoma cell proliferation
        Yuho Hamaoka; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        CELLULAR SIGNALLING, 2016年08月, 査読有り, 責任著者
      • Tyrosine Phosphorylation of SGEF Regulates RhoG Activity and Cell Migration
        Yusuke Okuyama; Kentaro Umeda; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        PLOS ONE, 2016年07月, 査読有り, 責任著者
      • Eph/ephrin reverse signalling induces axonal retraction through RhoA/ROCK pathway
        Shingo Takeuchi; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2015年09月, 査読有り
      • HGF-induced serine 897 phosphorylation of EphA2 regulates epithelial morphogenesis of MDCK cells in 3D culture
        Kohei Harada; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2015年05月, 査読有り, 責任著者
      • EphB6 promotes anoikis by modulating EphA2 signaling
        Mai Akada; Kohei Harada; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        CELLULAR SIGNALLING, 2014年12月, 査読有り, 責任著者
      • Dock4 forms a complex with SH3YL1 and regulates cancer cell migration
        Masakazu Kobayashi; Kohei Harada; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        CELLULAR SIGNALLING, 2014年05月, 査読有り, 責任著者
      • Rac GEF Dock4 interacts with cortactin to regulate dendritic spine formation
        Shuhei Ueda; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2013年05月, 査読有り, 責任著者
      • Ephexin4-mediated promotion of cell migration and anoikis resistance is regulated by serine 897 phosphorylation of EphA2
        Hiromu Kawai; Masakazu Kobayashi; Nao Hiramoto-Yamaki; Kohei Harada; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        FEBS OPEN BIO, 2013年, 査読有り, 責任著者
      • The RhoG signaling pathway
        Hironori Katoh
        Seikagaku, 2012年, 査読有り
      • The F-BAR Protein Rapostlin Regulates Dendritic Spine Formation in Hippocampal Neurons
        Yohei Wakita; Tetsuhiro Kakimoto; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年09月, 査読有り
      • Ephexin4 and EphA2 mediate resistance to anoikis through RhoG and phosphatidylinositol 3-kinase
        Kohei Harada; Nao Hiramoto-Yamaki; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2011年07月, 査読有り, 責任著者
      • Semaphorin 4D/Plexin-B1 Stimulates PTEN Activity through R-Ras GTPase-activating Protein Activity, Inducing Growth Cone Collapse in Hippocampal Neurons
        Izumi Oinuma; Yuri Ito; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年09月, 査読有り
      • Ephexin4 and EphA2 mediate cell migration through a RhoG-dependent mechanism
        Nao Hiramoto-Yamaki; Shingo Takeuchi; Shuhei Ueda; Kohei Harada; Satoshi Fujimoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        Journal of Cell Biology, 2010年08月09日, 査読有り, 責任著者
      • RhoG Promotes Neural Progenitor Cell Proliferation in Mouse Cerebral Cortex
        Satoshi Fujimoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2009年12月, 査読有り, 責任著者
      • Regulation of Dendrite Growth by the Cdc42 Activator Zizimin1/Dock9 in Hippocampal Neurons
        Kazuya Kuramoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年06月, 査読有り, 責任著者
      • β2-Chimaerin binds to EphA receptors and regulates cell migration
        S. Takeuchi; N. Yamaki; T. Iwasato; M. Negishi; H. Katoh
        FEBS Letters, 2009年04月, 査読有り, 責任著者
      • Different Requirement for Rnd GTPases of R-Ras GAP Activity of Plexin-C1 and Plexin-D1
        Kanami Uesugi; Izumi Oinuma; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年03月, 査読有り
      • Regulation of cell morphology and motility by Dock family proteins
        Hironori Katoh
        Seikagaku, 2009年, 査読有り
      • Lysophosphatidic acid and thrombin receptors require both Gα12 and Gα13 to regulate axonal morphology in hippocampal neurons
        J. Yamazaki; H. Katoh; M. Negishi
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2008年12月, 査読有り
      • Dock4 Regulates Dendritic Development in Hippocampal Neurons
        Shuhei Ueda; Satoshi Fujimoto; Kiyo Hiramoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年11月, 査読有り, 責任著者
      • Rac-GAP α-Chimerin Regulates Motor-Circuit Formation as a Key Mediator of EphrinB3/EphA4 Forward Signaling
        T. Iwasato; H. Katoh; H. Nishimaru; Y. Ishikawa; H. Inoue; Y.M. Saito; R. Ando; M. Iwama; R. Takahashi; M. Negishi; S. Itohara
        Cell, 2007年08月, 査読有り
      • RhoG regulates anoikis through a phosphatidylinositol 3-kinase-dependent mechanism
        Nao Yamaki; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2007年08月, 査読有り, 責任著者
      • Interaction of arginine-rich peptides with membrane-associated proteoglycans is crucial for induction of actin organization and macropinocytosis
        Ikuhiko Nakase; Akiko Tadokoro; Noriko Kawabata; Toshihide Takeuchi; Hironori Katoh; Kiyo Hiramoto; Manabu Negishi; Motoyoshi Nomizu; Yukio Sugiura; Shiroh Futaki
        BIOCHEMISTRY, 2007年01月, 査読有り
      • R-Ras controls axon specification upstream of glycogen synthase kinase-3β through integrin-linked kinase
        I. Oinuma; H. Katoh; M. Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 2007年01月, 査読有り
      • Dock4 is regulated by RhoG and promotes Rac-dependent cell migration
        Kiyo Hiramoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2006年12月, 査読有り, 責任著者
      • Regulation of neuronal morphology by Toca-1, an F-BAR/EFC protein that induces plasma membrane invagination
        Tetsuhiro Kakimoto; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 2006年09月29日, 査読有り
      • Sema4D/plexin-B1 activates GSK-3β through R-Ras GAP activity, inducing growth cone collapse
        Y. Ito; I. Oinuma; H. Katoh; K. Kaibuchi; M. Negishi
        EMBO Reports, 2006年07月, 査読有り
      • Small GTPase Rnd1 is involved in neuronal activity-dependent dendritic development in hippocampal neurons
        Y Ishikawa; H Katoh; M Negishi
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2006年06月, 査読有り
      • Semaphorin 4D/Plexin-B1-mediated R-Ras GAP activity inhibits cell migration by regulating β1 integrin activity
        I. Oinuma; H. Katoh; M. Negishi
        Journal of Cell Biology, 2006年05月, 査読有り
      • Pragmin, a novel effector of Rnd2 GTPase, stimulates RhoA activity
        H Tanaka; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • Differential distribution of ELMO1 and ELMO2 mRNAs in the developing mouse brain
        H Katoh; S Fujimoto; C Ishida; Y Ishikawa; M Negishi
        BRAIN RESEARCH, 2006年02月, 査読有り, 責任著者
      • In vivo function of Rnd2 in the development of neocortical pyramidal neurons
        K Nakamura; Y Yamashita; N Tamamaki; H Katoh; T Kaneko; M Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年02月, 査読有り
      • Activation of Rac1 by RhoG regulates cell migration
        H Katoh; K Hiramoto; M Negishi
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2006年01月, 査読有り, 責任著者
      • GEFs and gaps of Rho family GTPases
        M. Negishi; H. Katoh
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 2006年, 査読有り
      • R-Ras as a key player for signaling pathway of plexins
        M Negishi; Oinuma, I; H Katoh
        MOLECULAR NEUROBIOLOGY, 2005年12月, 査読有り
      • Socius, a novel binding partner of Gア12/13, promotes the Gア12-induced RhoA activation.
        Tateiwa, K; Katoh, H; Negishi, M
        Biochem. Biophys. Res. Commun.,337, 615-620, 2005年11月, 査読有り
      • Two G12 family G proteins, Gア12 and Gア13, show different subcellular localization.
        Yamazaki, J; Katoh, H; Yamaguchi, Y; Negishi, M
        Biochem. Biophys. Res. Commun.,332, 782-786, 2005年07月, 査読有り
      • Plexins: axon guidance and signal transduction
        M Negishi; Oinuma, I; H Katoh
        CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES, 2005年06月, 査読有り
      • Rho family GTPases and dendrite plasticity
        M Negishi; H Katoh
        NEUROSCIENTIST, 2005年06月, 査読有り
      • Rho family GTPases and dendrite plasticity
        Manabu Negishi; Hironori Katoh
        Neuroscientist, 2005年06月, 査読有り
      • Direct interaction of Rnd1 with FRS2β regulates Rnd1-induced down-regulation of RhoA activity and is involved in fibroblast growth factor-induced neurite outgrowth in PC12 cells
        A. Harada; H. Katoh; M. Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 2005年05月, 査読有り
      • Signaling mechanisms of axon guidance factor, semaphorins
        M. Negishi; H. Katoh
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2005年, 査読有り
      • Molecular dissection of the semaphorin 4D receptor Plexin-B1-stimulated R-Ras GTPase-activating protein activity and neurite remodeling in hippocampal neurons
        Oinuma, I; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2004年12月, 査読有り
      • The semaphorin 4D receptor plexin-B1 is a GTPase activating protein for R-Ras
        Oinuma, I; Y Ishikawa; H Katoh; M Negishi
        SCIENCE, 2004年08月, 査読有り
      • Identification of splicing variants of rapostlin, a novel Rnd2 effector that interacts with neural Wiskott-Aldrich syndrome protein and induces neurite branching
        T Kakimoto; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年04月, 査読有り
      • PACAP activates Rac1 and synergizes with NGF to activate ERK1/2, thereby inducing neurite outgrowth in PC12 cells
        Y Sakai; H Hashimoto; N Shintani; H Katoh; M Negishi; C Kawaguchi; A Kasai; A Baba
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 2004年04月, 査読有り
      • Rho family GTPases as key regulators for neuronal network formation
        M. Negishi; H. Katoh
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2004年, 査読有り
      • A role of Rnd1 GTPase in dendritic spine formation in hippocampal neurons
        Y Ishikawa; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2003年12月, 査読有り
      • RhoG activates Rac1 by direct interaction with the Dock180-binding protein Elmo
        H Katoh; M Negishi
        NATURE, 2003年07月, 査読有り, 責任著者
      • Direct interaction of Rnd1 with plexin-B1 regulates PDZ-RhoGEF-mediated Rho activation by plexin-B1 and induces cell contraction in COS-7 cells
        Oinuma, I; H Katoh; A Harada; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年07月, 査読有り
      • N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors
        Y. Yamaguchi; H. Katoh; M. Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 2003年04月, 査読有り
      • Rapostlin is a novel effector of Rnd2 GTPase inducing neurite branching
        H Fujita; H Katoh; Y Ishikawa; K Mori; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年11月, 査読有り
      • Developmental changes in expression of small GTPase RhoG mRNA in the rat brain
        Y Ishikawa; H Katoh; K Nakamura; K Mori; M Negishi
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 2002年10月, 査読有り
      • 12 and Gα13 interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity
        Y. Yamaguchi; H. Katoh; K. Mori; M. Negishi
        Current Biology, 2002年08月, 査読有り
      • Rho family GTPases as key regulators for neuronal network formation
        M Negishi; H Katoh
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2002年08月, 査読有り
      • Cyclopentenone prostaglandin receptors
        M Negishi; H Katoh
        PROSTAGLANDINS & OTHER LIPID MEDIATORS, 2002年08月, 査読有り
      • Vps4-A (vacuolar protein sorting 4-A) is a binding partner for a novel Rho family GTPase, Rnd2
        H Tanaka; H Fujita; H Katoh; K Mori; M Negishi
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2002年07月, 査読有り
      • The rostral raphe pallidus nucleus mediates pyrogenic transmission from the preoptic area
        K Nakamura; K Matsumura; T Kaneko; S Kobayashi; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2002年06月, 査読有り
      • Socius is a novel Rnd GTPase-interacting protein involved in disassembly of actin stress fibers
        H Katoh; A Harada; K Mori; M Negishi
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2002年05月, 査読有り, 責任著者
      • Regulation of neurite formation by Rho family GTPases
        M Negishi; H Katoh
        SEIKAGAKU, 2002年05月, 査読有り
      • RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway
        Y Yamaguchi; H Katoh; H Yasui; K Mori; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年06月, 査読有り
      • Differential responses to nerve growth factor and epidermal growth factor in neurite outgrowth of PC12 cells are determined by Rac1 activation systems
        H Yasui; H Katoh; Y Yamaguchi; J Aoki; H Fujita; K Mori; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年05月, 査読有り
      • Prostaglandin EP3 receptor protein in serotonin and catecholamine cell groups: A double immunofluorescence study in the rat brain
        K Nakamura; YQ Li; T Kaneko; H Katoh; M Negishi
        NEUROSCIENCE, 2001年, 査読有り
      • Rnd1, a novel Rho family GTPase, induces the formation of neuritic processes in PC12 cells
        J Aoki; H Katoh; K Mori; M Negishi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年11月, 査読有り
      • Small GTPase RhoG is a key regulator for neurite outgrowth in PC12 cells
        H Katoh; H Yasui; Y Yamaguchi; J Aoki; H Fujita; K Mori; M Negishi
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2000年10月, 査読有り
      • Receptor isoform-specific interaction of prostaglandin EP3 receptor with muskelin
        H Hasegawa; H Katoh; H Fujita; K Mori; M Negishi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年09月, 査読有り
      • 12 and Gα13 inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho- associated kinase-dependent pathway
        Y. Yamaguchi; H. Katoh; H. Yasui; J. Aoki; K. Nakamura; M. Negishi
        Journal of Neurochemistry, 2000年08月, 査読有り
      • Immunohistochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat nervous system
        K Nakamura; T Kaneko; Y Yamashita; H Hasegawa; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 2000年06月, 査読有り
      • Different membrane targeting of prostaglandin EP3 receptor isoforms dependent on their carboxy-terminal tail structures
        H Hasegawa; H Katoh; Y Yamaguchi; K Nakamura; S Futakawa; M Negishi
        FEBS LETTERS, 2000年05月, 査読有り
      • Molecular decipherment of Rho effector pathways regulating tight-junction permeability
        H Fujita; H Katoh; H Hasegawa; H Yasui; J Aoki; Y Yamaguchi; M Negishi
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2000年03月, 査読有り
      • Molecular aspects of functions of prostaglandin E receptors in the CNS
        Negishi, M; Katoh, H; Nakamura, K; Aoki, J; Fujita, H
        Recent Research of Developmental Endocrinology, 1, 133-143, 2000年, 査読有り
      • Opposite regulation of transepithelial electrical resistance and paracellular permeability by Rho in Madin-Darby canine kidney cells
        H Hasegawa; H Fujita; H Katoh; J Aoki; K Nakamura; A Ichikawa; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年07月, 査読有り
      • Signal transduction pathway regulating prostaglandin EP3 receptor-induced neurite retraction: requirement for two different tyrosine kinases
        J Aoki; H Katoh; H Yasui; Y Yamaguchi; K Nakamura; H Hasegawa; A Ichikawa; M Negishi
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1999年06月, 査読有り
      • The key amino acid residue of prostaglandin EP3 receptor for governing G protein association and activation steps
        S Satoh; CS Chang; H Katoh; H Hasegawa; K Nakamura; J Aoki; H Fujita; A Ichikawa; M Negishi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1999年02月, 査読有り
      • Immunocytochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat hypothalamus
        K Nakamura; T Kaneko; Y Yamashita; H Hasegawa; H Katoh; A Ichikawa; M Negishi
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1999年01月, 査読有り
      • Constitutively active Gα12, Gα13, and Gα(q) induce rho-dependent neurite retraction through different signaling pathways
        H. Katoh; J. Aoki; Y. Yamaguchi; Y. Kitano; A. Ichikawa; M. Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 1998年10月, 査読有り
      • Inhibition of dopamine release by prostaglandin EP3 receptor via pertussis toxin-sensitive and -insensitive pathways in PC12 cells
        K Nakamura; H Katoh; A Ichikawa; M Negishi
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1998年08月, 査読有り
      • p160 RhoA-binding kinase ROKα induces neurite retraction
        H. Katoh; J. Aoki; A. Ichikawa; M. Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 1998年01月, 査読有り
      • Functional role of carboxyl-terminal tail of prostaglandin EP3 receptor in Gi coupling
        H Hizaki; H Hasegawa; H Katoh; M Negishi; A Ichikawa
        FEBS LETTERS, 1997年09月, 査読有り
      • Two isoforms of prostaglandin EP3 receptor exhibiting constitutive activity and agonist-dependent activity in Rho-mediated stress fiber formation
        H Hasegawa; M Negishi; H Katoh; A Ichikawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1997年05月, 査読有り
      • Prostaglandin E receptor EP3 subtype induces neurite retraction via small GTPase Rho
        H Katoh; M Negishi; A Ichikawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年11月, 査読有り
      • Characterization of the signal transduction of prostaglandin E receptor EP1 subtype in cDNA-transfected Chinese hamster ovary cells.
        H Katoh; A Watabe; Y Sugimoto; A Ichikawa; M Negishi
        Biochimica et biophysica acta, 1995年05月11日
      • CHARACTERIZATION OF THE SIGNAL-TRANSDUCTION OF PROSTAGLANDIN-E RECEPTOR EP1 SUBTYPE IN CDNA-TRANSFECTED CHINESE-HAMSTER OVARY CELLS
        H KATOH; A WATABE; Y SUGIMOTO; A ICHIKAWA; M NEGISHI
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1995年05月, 査読有り
      • Expression of gamma-glutamyltransferase 1 in glioblastoma cells confers resistance to cystine deprivation–induced ferroptosis
        Kazuki Hayashima; Hironori Katoh
        Journal of Biological Chemistry, 2022年03月, 査読有り, 責任著者
      • Filamin A forms a complex with EphA2 and regulates EphA2 serine 897 phosphorylation and glioblastoma cell proliferation
        Yuho Tamura; Yuta Nakamizo; Yuzo Watanabe; Ikuo Kimura; Hironori Katoh
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2022年03月, 査読有り, 責任著者

      MISC

      • EphA2のチロシンキナーゼ活性によるS897リン酸化の制御
        濱岡裕穂; 根岸 学; 加藤裕教
        第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会 合同年会, 2017年12月
      • 脳由来神経栄養因子(BDNF)によるR-Rasの活性化と軸索形態制御の分子機構
        梅田健太郎; 加藤裕教; 根岸 学
        第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会 合同年会, 2017年12月
      • 神経膠芽腫におけるEphA3受容体の機能解析
        遠山萌; 根岸 学; 加藤裕教
        第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会 合同年会, 2017年12月
      • SGEFによる細胞運動の制御とScribbleの抑制作用
        山本佳央理; 根岸 学; 加藤裕教
        第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会 合同年会, 2017年12月
      • Molecular mechanisms underlying the regulateon of R-Ras activation and R-Ras-mediated axon branching formation in primary cultured cortical neurons.
        梅田健太郎; 加藤裕教; 根岸 学
        Society for Neuroscience 2017, 2017年11月
      • 神経細胞の軸索の形態制御における、R-Rasの上流シグナルの解明
        梅田健太郎; 加藤裕教; 根岸 学
        第64回日本生化学会近畿支部例会, 2017年05月
      • BDNF promotes the formation of axonal morphology through Ras-GRF1-mediated R-Ras activation.
        梅田健太郎; 加藤裕教; 根岸 学
        British Neuroscience Association 2017, 2017年04月
      • EphA2によるグリオブラストーマ細胞増殖制御に関わる分子の探索
        濱岡裕穂; 根岸 学; 加藤裕教
        第89回 日本生化学会, 2016年09月, 査読有り
      • グルコース欠乏によるグリオブラストーマの細胞死誘導機構の解明
        郷司剛央; 根岸 学; 加藤裕教
        第89回 日本生化学会, 2016年09月, 査読有り
      • RSKによるEphA2のリン酸化とグリオブラストーマ細胞の増殖制御
        濱岡裕穂; 根岸 学; 加藤裕教
        第63回 日本生化学会 近畿支部会, 2016年05月
      • EphA2のリガンド非依存的シグナルによるグリオブラストーマ細胞の増殖制御
        濱岡裕穂; 根岸 学; 加藤裕教
        第38回日本分子生物学会 第88回日本生化学会 合同大会, 2015年12月
      • The role of EphA2 in regulating HGF-induced epithelial morphogenesis in three-dimensional culture.
        K. Harada; M. Negishi; H. Katoh
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年12月
      • HGF刺激による上皮細胞の三次元形態形成におけるEphA2の役割
        原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第87回日本生化学会大会, 2014年10月
      • RhoG特異的活性化因子SGEFのチロシンリン酸化による機能制御
        奥山裕介; 原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第87回日本生化学会大会, 2014年10月
      • Dock4とSH3YL1との結合によるがん細胞の運動制御
        小林大師; 原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • がん細胞におけるEphA2とEphB6の相互作用の解析
        赤田麻衣; 原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • RacGEF Dock4の機能制御と病態との関連
        加藤裕教; 根岸 学
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月
      • EphA2受容体に結合するEphexin4の機能
        加藤裕教; 根岸 学
        第85回日本生化学会大会, 2012年12月16日, 査読有り
      • Ephexin4-RhoGシグナル制御におけるScribbleの役割
        原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第85回日本生化学会大会, 2012年12月
      • EphA2の897番目のセリンのリン酸化は、Ephexin4/RhoGによるがん細胞の運動とアノイキス耐性を制御する
        川合宏武; 小林大師; 平本-山木奈央; 原田耕平; 根岸 学; 加藤裕教
        第85回日本生化学会大会, 2012年12月
      • The F-BAR protein rapostlin regulates dendritic spine formation in hippocampal neurons
        Yohei Wakita; Tetsuhiro Kakimoto; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        Journal of Biological Chemistry, 2011年09月16日, 査読有り
      • The Rac-specific GEF Dock4 controls dendritic spine formation in hippocampal neurons
        S. Ueda; M. Negishi; H. Katoh
        the 41th annual meeting of the Society for Neuroscience 2011, 2011年11月14日, 査読有り
      • EphA2受容体による細胞運動の制御
        加藤裕教; 根岸 学
        第84回日本生化学会大会, 2011年09月24日, 査読有り
      • 海馬ニューロンの樹状突起スパイン形成におけるRac活性化因子Dock4の役割
        上田修平; 根岸 学; 加藤裕教
        第84回日本生化学会大会, 2011年09月24日, 査読有り
      • Rac1活性化因子Dock4は海馬ニューロンの樹状突起スパイン形成を制御する
        上田修平; 根岸 学; 加藤裕教
        第34回日本神経科学大会, 2011年09月17日, 査読有り
      • The F-BAR ドメイン蛋白質Rapostlinは海馬ニューロンにおいてエンドサイトーシスと樹状突起スパイン形成を制御する
        脇田洋平; 柿本哲宏; 加藤裕教; 根岸 学
        第34回日本神経科学大会, 2011年09月15日, 査読有り
      • The Rac activator Dock4 regulates dendritic spine formation in hippocampal neurons
        Shuhei Ueda; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • The F-BAR protein Rapostlin regulates endocytosis and dendritic spine formation in hippocampal neurons
        Yohei Wakita; Tetsuhiro Kakimoto; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Ephexin4はがん細胞におけるアノイキス制御に関与する
        原田耕平; 山木奈央; 根岸 学; 加藤裕教
        第83回日本生化学会大会、第33回日本分子生物学会大会 合同大会, 2010年12月, 査読有り
      • The F-BAR domain is important for the regulation of endocytosis and spine formation by Rapostlin in hippicampal neurons
        脇田洋平; 柿本哲宏; 加藤裕教; 根岸 学
        第83回日本生化学会大会、第33回日本分子生物学会大会 合同大会, 2010年12月, 査読有り
      • β2-chimaerinはEph受容体と結合して細胞運動を抑制する
        竹内真吾; 山木菜央; 岩里琢治; 根岸 学; 加藤裕教
        第82回日本生化学会大会, 2009年10月, 査読有り
      • 樹状突起の形態形成におけるDockファミリーの役割
        加藤裕教; 上田修平; 倉本和也; 藤本聡志; 根岸 学
        第32回日本神経科学大会, 2009年09月
      • 細胞運動におけるEph受容体によるRac活性制御
        加藤裕教
        第61回日本細胞生物学会大会, 2009年06月
      • The role of Dock family Rho-GEFs in dendrite morphogenesis
        Hironori Katoh; Shuhei Ueda; Kazuya Kuramoto; Satoshi Fujimoto; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • Dockファミリーによる細胞形態・運動の制御
        加藤裕教
        生化学, 2009年
      • RhoG regulates neural progenitor cell proliferation through PI3K
        S. FUJIMOTO; M. NEGISHI; H. KATOH
        the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2008年11月17日, 査読有り
      • The Cdc42 activator Zizimin1/Dock9 regulates dendritic development in hippocampal neurons
        K. KURAMOTO; M. NEGISHI; H. KATOH
        the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2008年11月16日, 査読有り
      • Lysophosphatidic acid and thrombin receptors require both Gα12 and Gα13 to regulate axonal morphology in hippocampal neurons
        J. YAMAZAKI; H. KATOH; M. NEGISHI
        the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2008年, 査読有り
      • An F-BAR/EFC protein Rapostlin regulates dendritic spine morphogenesis
        T. KAKIMOTO; H. KATOH; M. NEGISHI
        the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2007年11月06日, 査読有り
      • The role of Dock4, a Rac activator, in neuronal development
        K. HIRAMOTO; S. UEDA; M. NEGISHI; H. KATOH
        the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2007年11月04日, 査読有り
      • An F-BAR/EFC protein rapostlin regulates dendritic spine development
        Tetsuhiro Kakimoto; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • RhoG regulates neural progenitor cell proliferation in mouse cerebral cortex
        Satoshi Fujimoto; Manabu Negishi; Hironori Katoh
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • How does ephrinB3/EphA4 signaling regulate motor-circuit formation'?
        Takuji Iwasato; Hironori Katoh; Hiroshi Nishimaru; Yukio Ishikawa; Haruhisa Inoue; Y. M. Saito; R. Ando; M. Iwama; Ryosuke Takahashi; Manabu Negishi; Shigeyoshi Itohara
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • Sema4D/Plexin-B1 activates PTEN via R-Ras GAP activity, inducing growth cone collapse
        Yuri Ito; Izumi Oinuma; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • RhoファミリーのGEFとGAP (細胞骨格と接着) -- (Rhoファミリー)
        根岸学; 加藤裕教
        蛋白質核酸酵素, 2006年05月
      • Pragmin, a novel effector of Rnd2 GTPase, stimulates RhoA activity
        H Tanaka; H Katoh; M Negishi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • Sema4D/Plexin-B1 activates GSK-3 beta via R-Ras GAP activity, inducing growth cone collapse
        Yuri Ito; Izumi Oinuma; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年
      • Pragmin, a novel effector of Rnd2 GTPase, stimulates RhoA activity and regulates neurite outgrowth
        Hironori Katoh; Hiroko Tanaka; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年
      • Semaphorin 4D inhibits beta 1 integrin activity through the R-RasGAP activity of Plexin-B1
        Izumi Oinuma; Hironori Katoh; Manabu Negishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年
      • Differential distribution of RhoG effector Elmo1 and Elmo2 in the developing mouse brain
        Hironori Katoh; Chisaki Ishida; Satoshi Fujimoto; Yukio Ishikawa; Manabu Negishi
        the 35th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2005年11月15日, 査読有り
      • 神経軸索ガイダンス分子,セマフォリンの作用機構
        根岸学; 加藤裕教
        蛋白質核酸酵素, 2005年02月
      • The semaphorin 4D receptor Plexin-B1 functions as a GTPase activating protein for R-Ras
        Hironori Katoh; Izumi Oinuma; Yukio Ishikawa; Manabu Negishi
        the 34th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2004年10月24日, 査読有り
      • PP5の新しいシグナル伝達経路 (特集 解明が進むプロテインホスファターゼ--その新機能から疾患への関わりまで) -- (セリン/スレオニンホスファターゼ)
        根岸学; 加藤裕教
        細胞工学, 2004年05月
      • 軸索ガイダンスに関与するアダプター関連分子 (特集・アダプタータンパク)
        根岸学; 加藤裕教
        生体の科学, 2004年03月
      • 低分子量G蛋白質Rhoファミリー 神経回路形成 (神経回路の機能発現のメカニズム) -- (神経回路形成の分子的基盤)
        根岸学; 加藤裕教
        蛋白質核酸酵素, 2004年02月
      • The small GTPase RhoG regulates neurite outgrowth through Elmo and Dock180-mediated activation of Rac1
        Hironori Katoh; Manabu Negishi
        the 33th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2003年11月05日, 査読有り
      • Involvement of RND1 GTPase in dendritic spine formation in rat hippocampal neurons Expression and function of a small GTP - binding protein, rnd2 in radially migrating cells in the developing cerebral cortex
        Y.Ishikawa; H.Katoh; M.Negishi
        the 33th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2003年11月05日, 査読有り
      • THE RHO FAMILY SMALL GTPASE RND1 DIRECTLY INTERACTS WITH THE SEMAPHORIN RECEPTOR PLEXIN-B1
        H.Katoh; I.Oinuma; A.Harada; M.Negishi
        the 32th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2002年11月03日, 査読有り
      • G12ファミリーの新規エフェクター,セリン・スレオニンフォスファターゼ5の同定とその活性制御機構の解析
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        生化学, 2002年08月25日
      • セリン・スレオニンフォスファターゼ5はG12ファミリーの新規エフェクターである
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        日本神経科学大会プログラム・抄録集, 2002年07月07日
      • 神経突起はどのようにしてできるか
        根岸学; 加藤裕教
        生化学, 2002年05月25日
      • RAC1 ACTIVATION SYSTEM ESSENTIAL FOR THE INITIATION OF NEURITE OUTGROWTH IN PC12 CELLS.
        H. Katoh; H. Yasui; M. Negishi
        the 31th annual meeting of the Society for Neuroscience, 2001年11月11日, 査読有り
      • 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        日本神経科学大会プログラム・抄録集, 2001年09月26日
      • 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        神経化学, 2001年09月01日
      • NGFによるRac1の活性化・神経突起形成に対するRhoA/Rhoキナーゼの抑制作用
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        生化学, 2001年08月25日
      • Rho‐Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用
        根岸学; 山口賀章; 加藤裕教
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2001年
      • Gα12/13によるRho/Rhoキナーゼを介した神経伝達物質の遊離抑制作用
        山口賀章; 加藤裕教; 根岸学
        生化学, 2000年08月25日
      • G12ファミリーのRho活性化経路を介した神経機能
        根岸学; 山口賀章; 加藤裕教
        生化学, 2000年08月25日
      • プロスタグランジンEP3受容体によるRhoを介した神経突起の退縮を調節するシグナル伝達経路
        青木 純子; 加藤 裕教; 山口 賀章; 根岸 学
        生化学, 1999年08月
      • 三量体G蛋白質G12,G13,GqによるRhoを介した神経突起の退縮
        加藤裕教; 青木純子; 山口賀章; 安井秀一; 根岸学
        日本神経科学大会プログラム・抄録集, 1999年07月06日
      • プロスタグランジンE受容体EP3BによるRhoを介した神経突起の退縮
        加藤裕教; 根岸学; 市川厚
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • 大脳皮質神経前駆細胞の増殖を制御する分子機構の解明
        加藤 裕教
        第一三共生命科学研究振興財団研究報告集, 2012年
      • High frequency of ophthalmic malformation and altered thermal pain response in mice lacking apelin
        M Kakuda; A Kasai; N Shintani; H Hashimoto; H Katoh; T Matsuda; A Baba
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2006年

      講演・口頭発表等

      • 神経膠芽腫細胞のグルコース依存性を制御する分子機構
        加藤裕教
        第93回 日本生化学会大会, 2020年09月14日
      • がん細胞のグルコース代謝によるアミノ酸トランスポーターxCTの機能制御
        加藤裕教
        第40回日本分子生物学会 第90回日本生化学会 合同年会, 2017年12月09日
      • エフリン受容体EphA2のリガンド非依存的シグナルとリガンドによるOFF作用
        加藤裕教; 根岸 学
        第38回日本分子生物学会 第88回日本生化学会 合同大会, 2015年12月03日
      • RacGEF Dock4の機能制御と病態との関連
        加藤裕教; 根岸 学
        第86回日本生化学会大会, 2013年09月13日
      • RacGEF Dock4 による海馬神経細胞の形態制御
        奈良先端未来開拓コロキウム:シグナルの破綻による疾患の生物学 第3回ミーティング, 2013年01月28日, 奈良先端科学技術大学院大学
      • EphA2受容体に結合するEphexin4の機能
        加藤裕教; 根岸 学
        第85回日本生化学会大会, 2012年12月16日
      • 日本生化学会平成23年度奨励賞受賞講演
        第84回日本生化学会大会, 2011年09月21日, 日本生化学会
      • RhoファミリーGタンパク質シグナルとその機能
        第305回つくば分子生命科学セミナー, 2010年02月05日, 筑波大学医学系学系
      • 樹状突起の形態形成におけるDockファミリーの役割
        第32回日本神経科学大会, 2009年09月16日, 日本神経科学会
      • 細胞運動におけるEph受容体によるRac活性制御
        第61回日本細胞生物学会大会, 2009年06月02日, 日本細胞生物学会
      • 運動系神経回路形成におけるRacGAP,α-chimerinの役割
        平成19年度特定領域「G蛋白質シグナル」研究 公開シンポジウム, 2008年02月02日, 文部科学省特定領域研究「G蛋白質シグナル」
      • Regulation of integrin activity by semaphorin
        大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2007年10月31日, 大阪大学蛋白質研究所

      書籍等出版物

      • 食物繊維と臓器相関
        山口一樹; 加藤裕教; 木村郁夫, 共著
        科学評論者「消化器・肝臓内科」11 (4) 436- 444, 2022年04月
      • 腸内細菌叢と肥満症
        北野(大植)隆司; 加藤裕教; 木村郁夫, 共著
        実験医学増刊 「個人差の理解へ向かう肥満症研究」, 2021年
      • アミノ酸トランスポーターxCT阻害薬のがん細胞における二面性
        加藤 裕教
        日本薬理学雑誌, 2019年02月, 査読無し
      • 京大初!フロンティア生命科学
        加藤 裕教, 分担執筆, 5章 身体を保つ仕組み 代謝とホルモン
        講談社, 2018年03月, 査読無し
      • 低分子量Gタンパク質RhoGによるシグナル伝達
        加藤裕教
        日本生化学会, 2012年07月25日, 査読無し
      • Dockファミリータンパク質による細胞形態・運動の制御
        加藤裕教
        日本生化学会, 2009年08月25日, 査読無し
      • アクチン細胞骨格系の制御機構 RhoファミリーGタンパク質
        根岸 学; 加藤裕教
        実験医学 形と運動を司る細胞のダイナミクス(羊土社), 2006年08月, 査読無し
      • RhoファミリーのGEFとGAP
        根岸 学; 加藤裕教
        共立出版, 2006年06月, 査読無し
      • 神経軸索ガイダンス分子、セマフォリンの作用機構
        根岸 学; 加藤裕教
        共立出版, 2005年02月, 査読無し
      • PP5の新しいシグナル伝達経路
        根岸 学; 加藤裕教
        細胞工学(学研メディカル秀潤社), 2004年05月, 査読無し
      • 軸索ガイダンスに関与するアダプター関連分子
        根岸 学; 加藤裕教
        医学書院, 2004年04月15日, 査読無し
      • RhoG標的タンパク質ELMOによるRac活性制御
        加藤裕教; 根岸 学
        わかる実験医学シリーズ 細胞骨格・運動がわかる(羊土社), 2004年04月, 査読無し
      • 低分子量G蛋白質Rhoファミリー:神経回路形成
        根岸 学; 加藤裕教
        共立出版, 2004年03月, 査読無し
      • RhoGによる新しいRac1活性化機構
        加藤裕教; 根岸 学
        実験医学(羊土社), 2003年11月, 査読無し

      受賞

      • 2011年09月21日
        日本生化学会, 日本生化学会平成23年度奨励賞
      • 2011年09月21日
        日本生化学会, 生化学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • がん細胞におけるシスチン代謝とグルコース代謝の相互作用とその機能制御
        基盤研究(C)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        加藤 裕教
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        がん;アミノ酸トランスポーター;細胞死;グルコース
      • エフリン受容体シグナルの破綻によるがん悪性化機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分44010:細胞生物学関連
        京都大学
        加藤 裕教
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        がん;受容体;シグナル伝達;細胞運動;エフリン;グルコース;神経膠芽腫;浮遊培養
      • 細胞運動性を制御するシグナル伝達の相互作用の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        加藤 裕教
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        細胞;がん;シグナル伝達;EphA2;SGEF;RhoG;細胞運動;リン酸化;細胞・組織;癌
      • 大脳皮質神経前駆細胞の増殖を制御する新たな分子基盤の探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        加藤 裕教
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        細胞・組織;シグナル伝達;脳・神経;発生
      • 神経回路形成におけるG蛋白質シグナル伝達系の機能の統合的理解
        基盤研究(B)
        京都大学
        根岸 学
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        plexin;semaphorin;R-Ras;M-Ras;Rho;軸索;樹状突起;神経突起;Rac;Rhoファミリー;スパイン;semapohorin;Plexin;Rnd;p190RhoGAP;ラフト;突起伸長;突起退縮;細胞膜
      • 細胞の運動性を制御するシグナル伝達ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        加藤 裕教
        自 2011年11月18日, 至 2014年03月31日, 完了
        細胞・組織;シグナル伝達;癌;脳・神経
      • 神経細胞の位置決定に関わる低分子量G蛋白質活性調節因子群の役割とその特異性
        若手研究(B)
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        脳・神経;細胞・組織;シグナル伝達;発生・分化
      • αキメリン変異マウスを用いた中枢神経回路の形成と機能の研究
        基盤研究(B)
        国立遺伝学研究所
        岩里 琢治
        完了
        神経科学;マウス;遺伝学;神経回路;発達
      • 神経軸索ガイダンス分子、セマフォリンの機能の研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        脳・神経;細胞・組織;シグナル伝達;発生・分化
      • 細胞接着・運動におけるDockファミリー蛋白質の機能及びその活性制御機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        癌;細胞・組織;シグナル伝逹;発生・分化;シグナル伝達
      • 神経回路形成における低分子量G蛋白質の機能解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        根岸 学
        完了
        plexin;semaphorin;R-Ras;M-Ras;Rho;軸索ガイダンス;セマフォリン;Plexin;PTEN;PI3キナーゼ;カゼインキナーゼ;神経軸索;GAP;Rnd;サブグループ;神経細胞;Semaphorin;成長円錐
      • 低分子量G蛋白質を制御する新たな活性調節因子群の同定と細胞接着・運動における役割
        若手研究(A)
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        シグナル伝達;細胞・組織;発生・分化;癌
      • 神経ガイダンス分子セマフォリンによるインテグリン活性調節機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        シグナル伝達;細胞・組織;発生・分化
      • 神経軸索ガイダンス分子、セマフォリンの機能の研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        シグナル伝達;細胞・組織;発生・分化;脳・神経
      • 細胞接着・運動におけるDockファミリー蛋白質の機能及びその活性制御機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        シグナル伝達;細胞・組織;発生・分化;癌
      • 低分子量G蛋白質間のコミュニケーションを介する神経回路形成の機構解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        plexin;semaphorin;R-Ras;Rho;軸索ガイダンス;ephrin;Myo-7;インテグリン;FERM;モーター;ミオシン;低分子量G蛋白;細胞運動;M-Ras;樹状突起;神経軸索;神経細胞;GAP;Semaphorin;Plexin;Rnd1;Plcxin;成長円錐;神経回路;神経突起;Plexon
      • 細胞接着・運動におけるDockファミリー蛋白質の機能及びその活性制御機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        Rho;細胞運動;低分子量G蛋白質;インテグリン
      • 新規Rhoファミリー活性化因子Dockファミリーの細胞機能及び活性制御機構の解析
        若手研究(B)
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        Rho;細胞運動;低分子量G蛋白質;インテグリン;細胞接着
      • 神経ネットワーク形成におけるRhoファミリーG蛋白質の機能解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        根岸 学
        完了
        セマフォリン;Plexin;Rho;Rnd;Pragmin;CRMP-2;神経軸索;軸索ガイダンス;semaphorin;PhoG;ELMO;Dock180;神経突起;R-Ras;RhoG;Rnd1;神経回路;成長円錐, semaphorin;plexin;Rnd;Rho;axon;neurite;R-Ras;GAP
      • 新規Rhoファミリー活性化因子Dockファミリーによる細胞接着・運動の制御機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        細胞運動;低分子量G蛋白質;Rho;インテグリン
      • 神経回路形成における新規RhoフアミリーG蛋白質の役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        semaphorin;Plexin;R-Ras;軸索ガイダンス;Rho;Rnd1;神経回路;成長円錐
      • 神経ネットワーク形成における低分子量G蛋白質Rhoファミリーの役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        semaphorin;Plexin;R-Ras;軸索ガイダンス;Rho;Rnd1;神経回路;成長円錐;神経突起;Rapostlin;Rnd;分枝化;アクチン;微小管
      • 神経回路形成における新規RhoファミリーG蛋白質の役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        神経突起;Rapostlin;Rnd;Plexin;Rho;分枝化;アクチン;微小管
      • 神経回路形成における新規RhoファミリーG蛋白質の役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        神経突起;Rho;Rnd;Plexin;微小管;RhpGEF;分枝化
      • RhoファミリーG蛋白質を介した細胞機能及びその作用機構の解析
        若手研究(B)
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        Rho;神経細胞;オリゴデンドロサイト;アクチン骨格;神経突起
      • 神経回路形成における低分子量G蛋白質Rhoファミリーの役割
        基盤研究(B)
        京都大学
        根岸 学
        完了
        神経突起;Rho;Rnd;Plexin;Elmo;アクチン;マイクロチュブル;神経回路;Rnd1;RhoG;軸索ガイダンス;Rnd2;Rapostlin;分枝化;F-アクチン;微小管;Rac;NGF;Rhoキナーゼ;PC12細胞;PI3キナーゼ, neurite;Rho;Rnd;Plexin;Elmo;actin;microtubule;neuronal network
      • 神経回路形成における新規RhoファミリーG蛋白質の役割
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        神経突起;Rho;Rnd;エフェクター;マイクロチューブル;アクチン;two-hybrid
      • 神経ネットワーク形成における低分子量G蛋白質の役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        神経突起;Rho;Rnd;Plexin;PC12細胞;RhoGEF;RhoG;免疫組織化学;分枝化;マイクロチューブル;アクチン
      • 神経ネットワーク形成における低分子量G蛋白質Rhoファミリーの役割
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        Rnd;Rho;PC12細胞;神経突起;アクチン;チューブリン;低分子量G蛋白質;two-hybrid
      • 神経ネットワーク形成における低分子量G蛋白質の役割
        特定領域研究(A)
        生物系
        京都大学
        根岸 学
        完了
        Rho;Rnd;Rac;Cdc42;NGF;PC12細胞;神経突起;神経回路
      • 神経細胞におけるRhoを介した機能及びその作用機序の解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        加藤 裕教
        完了
        Rho;神経突起伸展;PC12細胞;三量体Gタンパク質Gα12;Gα13;神経突起の退縮

      外部資金:その他

      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーによる細胞接着・運動の制御機構の解明とがん転移克服への応用
        病態代謝研究会 研究助成金
        自 2004年, 至 2005年
        加藤裕教
      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーを介した細胞接着・運動の制御機構の解明とがん転移克服への応用
        上原記念生命科学財団 研究奨励金
        自 2005年, 至 2006年
        加藤裕教
      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーを介した細胞接着・運動制御の新たな分子メカニズムの解明とがん転移克服への応用
        旭硝子財団 研究助成金
        自 2005年, 至 2006年
        加藤裕教
      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーによる細胞接着・運動の制御機構の解明とがん転移克服への応用
        内藤記念科学奨励金 
        自 2005年, 至 2007年
        加藤裕教
      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーによる細胞接着・運動の制御機構の解明とがん転移克服への応用
        病態代謝研究会 研究助成金
        自 2005年, 至 2006年
        加藤裕教
      • 新規RhoファミリーG蛋白質活性化因子Dockファミリーによる細胞接着・運動の制御機構の解明
        武田科学振興財団研究奨励金
        自 2007年, 至 2008年
        加藤裕教
      • 大脳皮質神経前駆細胞の増殖を制御する分子機構の解明
        第一三共生命科学研究振興財団
        自 2010年, 至 2011年
        加藤裕教
      • 大脳皮質神経前駆細胞の増殖を制御するシグナル伝達ネットワークの解明
        持田記念研究助成金
        自 2010年, 至 2011年
        加藤裕教
      • 神経変性成育疾患の初の特異的治療薬の開発研究
        成育医療研究開発費
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/18

        教育

        担当科目

        • 薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学専門実習III
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学概論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学専門実習IV
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          代謝栄養学
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          代謝栄養学
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬つくりにおける生命科学の役割
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬つくりにおける生命科学の役割
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学6(生理化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学VI(生理化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学6(生理化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習(神経機能制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体システム学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学VI(生理化学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学6(生理化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習IV 【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤神経機能制御学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤神経機能制御学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(神経機能制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体システム学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学概論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学VI(生理化学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学6(生理化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習IV 【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習4
          後期, 薬学部

        非常勤講師

        • 自 2016年08月01日, 至 2017年03月31日
          岐阜大学
        list
          Last Updated :2022/05/18

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2009年07月01日, 至 2017年03月31日
            中期目標・中期計画検討委員会委員
          • 自 2006年04月01日
            動物実験委員会委員
          • 自 2007年04月01日
            よろず相談窓口委員会 (ハラスメント相談窓口委員会)
          • 自 2019年04月01日
            SPFマウス実験室管理委員会委員
          • 自 2019年04月01日
            SPFマウス実験室運営委員会委員

          ページ上部へ戻る