教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

田島 知之

タジマ トモユキ

学際融合教育研究推進センター 宇宙総合学研究ユニット 特定助教

田島 知之
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 国際霊長類学会
    • 日本生態学会
    • 日本マレーシア学会
    • 日本動物行動学会
    • 日本霊長類学会

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2019年10月, 至 現在
      京都大学, 学際融合教育研究推進センター 宇宙総合学研究ユニット, 特定助教
    • 自 2021年04月, 至 2021年09月
      龍谷大学, 国際学部, 非常勤講師
    • 自 2019年04月, 至 2019年09月
      広島市立大学, 非常勤講師
    • 自 2019年04月, 至 2019年09月
      龍谷大学, 非常勤講師
    • 自 2018年08月, 至 2019年09月
      京都大学, 大学院理学研究科, 研究員
    • 自 2016年04月, 至 2018年07月
      京都大学, 大学院理学研究科, 教務補佐員
    • 自 2022年03月, 至 現在
      ワシントン州立大学バンクーバー校, 人類学研究科, 客員研究員
    • 自 2022年03月, 至 現在
      日本学術振興会海外特別研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      人間に近い大型類人猿、オランウータンの行動と生態について、ボルネオ島と動物園で研究してきました。
      人間とオランウータンにとって「社会とは何か」を明らかにすることが私の目標です。
      NPO理事としては、絶滅の危機にひんするオランウータンの現状を、市民の方々へお伝えする活動に取り組んでいます。

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ヒトに近縁な大型類人猿、オランウータンの生態についてフィールド調査を中心に研究をしています。ボルネオ熱帯林での調査をメインに、日本の動物園でも研究を進めています。

      研究キーワード

      • マレーシア
      • 遺伝的多様性
      • 大型類人猿
      • 思春期の進化
      • オスの繁殖戦術
      • 食物分配
      • オランウータン

      研究分野

      • 人文・社会, 文化人類学、民俗学, 人類学
      • 環境・農学, 生物資源保全学
      • ライフサイエンス, 自然人類学, 霊長類学

      論文

      • What is unique about the human eye? Comparative image analysis on the external eye morphology of human and nonhuman great apes
        Fumihiro Kano; Takeshi Furuichi; Chie Hashimoto; Christopher Krupenye; Jesse G. Leinwand; Lydia M. Hopper; Christopher F. Martin; Ryoma Otsuka; Tomoyuki Tajima
        Evolution and Human Behavior, 2021年12月, 査読有り
      • Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes)
        Kodzue Kinoshita; Yoriko Indo; Tomoyuki Tajima; Noko Kuze; Etsuko Miyakawa; Toshio Kobayashi; Tomoyuki Nakamura; Mitsuaki Ogata; Fumihiko Okumura; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki; Satoshi Hirata
        Primates, 2021年01月19日, 査読有り
      • Reproductive success of two male morphs in a free-ranging population of Bornean orangutans
        Tomoyuki Tajima; Titol P. Malim; Eiji Inoue
        Primates, 2018年03月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 人はなぜ他者に与えるのか: 霊長類研究というアプローチ
        田島知之
        富士通総研経済研究所 ER, 2017年, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 贈与以前-ヒト科類人猿の食物分配-
        岩田有史; 田島知之
        贈与論再考 人間はなぜ他者に与えるのか, 2016年08月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Factors affecting reproduction in rehabilitant female orangutans: young age at first birth and short inter-birth interval
        Noko Kuze; David Dellatore; Graham L. Banes; Peter Pratje; Tomoyuki Tajima; Anne E. Russon
        PRIMATES, 2012年04月, 査読有り
      • Nonaggressive interventions by third parties in conflicts among captive Bornean orangutans (Pongo pygmaeus)
        Tomoyuki Tajima; Hidetoshi Kurotori
        PRIMATES, 2010年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者

      MISC

      • 井原泰雄・梅崎昌裕・米田穣 編『人間の本質にせまる科学 自然人類学の挑戦』 東京大学出版会 2021年3月刊
        田島知之
        霊長類研究, 2021年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • オランウータンの食物分配とヒトの「贈与」の連続性
        田島知之
        東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 FSコロキアム:ヒトを見るようにサルを見る, 2020年11月, 招待有り
      • 野生ボルネオ・オランウータン(Pongo pygmaeusmorio)の雌の妊娠と一斉結実との関係-13年間の記録-
        久世濃子; 金森朝子; 山崎彩夏; 田島知之; 蔦谷 匠; Renata Mendoça; Henry Bernard; Peter T. Malim; 木下こづえ
        日本哺乳類学会2018年度大会, 2018年09月, 査読有り
      • 野生ボルネオ・オランウータンの尿中C-peptide濃度と繁殖および果実生産量の関係
        久世 濃子; 金森 朝子; 山崎 彩夏; 田島 知之; MENDONÇA Renata; MALIM Peter T; BERNARD Henry; 木下 こづえ
        霊長類研究 Supplement, 2017年
      • 野生ボルネオ・オランウータンの妊娠と果実生産量の関係
        久世 濃子; 金森 朝子; 山崎 彩夏; 田島 知之; MENDONÇA Renata; BERNARD Henry; MALIM Peter T; 幸島 司郎
        霊長類研究 Supplement, 2016年
      • 半野生オランウータンにおける食物移動のパターン
        田島 知之; マリム ティトル・ピーター
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • ヒト補助生殖技術の飼育下オランウータンへの応用~精子保存法を中心に~
        尾崎康彦; 久世濃子; 木村幸一; 宮川悦子; 小林智男; 黒鳥英俊; 田島知之; 木下こづえ
        「ず~じゃん。」動物園大学,横浜, 2014年03月
      • オランウータンのアンフランジ雄における交尾成功と繁殖成功:フランジ雄との比較から
        田島 知之
        霊長類研究 Supplement, 2014年
      • 半野生ボルネオオランウータンにおける雄の二型成熟と繁殖成功
        田島 知之
        霊長類研究 Supplement, 2013年
      • 次世代シークエンサーによる屋久島ニホンザル ( Macaca fuscata yakui) に採食品目及び腸内細菌叢の網羅的探索
        澤田 晶子; 早川 卓志; 瀬尾 明弘; 竹内 寛彦; Adenyo C; 岸田 拓士; 福田 真嗣; 小椋 義俊; 藤田 志歩; 鈴村 崇文; 松川 あおい; 安 洋; 井筒 弥那子; 鹿島 誠; 佐藤 勇輝; Pinto L C; 原 宏輔; 平山 実季; Hong W-T; Hor C-S; 岸本 結; 小村井 亮平; 小山 卓也; Kulanthavelu M; 熊谷 信是; Lajmi A; 前田 祐伽; 三品 達平; 中村 恭子; 西村 良太; 岡本 晃大; 酒井 理; 榊原 香鈴美; 沢田 幾太郎; 島 悠希; 清水 将裕; Nivia Aparecida; Silva do Carmo; Sinha I; 炭谷 麗; 田島 知之; 徳山 奈帆子; 山崎 曜; 矢戸 崇; 川口 恵里; 東 浩司; 村山 美穂; 曽田 貞滋; 湯本 貴和; 杉浦 秀樹; 幸島 司郎; 阿形 清和
        霊長類研究 Supplement, 2013年
      • ボルネオ島ダナムバレーにおいて6年間に観察されたオランウータン(Pongo pygmaeus morio)の雌の繁殖
        久世 濃子; 金森 朝子; 山崎 彩夏; 田島 知之; Bernard Henry; Malim Peter T; 幸島 司郎
        霊長類研究 Supplement, 2012年
      • 第23回国際霊長類学会大会における Student Affairs Workshop を終えて
        田島 知之; 谷口 晴香; 山梨 裕美; 大谷 洋介; 小川 詩乃; 早川 卓志; 本郷 峻
        霊長類研究 = Primate research, 2011年06月20日
      • マレーシア・サバ州・セピロク・オランウータンリハビリテーションセンターにおけるオランウータンの調査報告
        田島 知之
        霊長類研究 = Primate research, 2009年12月20日
      • オランウータンにおける自発的な食物分配
        花塚 優貴; 田島 知之; 久世 濃子
        霊長類研究 Supplement, 2008年
      • 京都大学ポケットゼミナール「動物園の行動学」2006報告
        田島知之; 澤田紘太; 寶田一輝; 友永雅己; 上野吉一
        第9回SAGAシンポジウム (2006年11月, 名古屋)., 2006年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • オランウータンの食物分配とヒトの「贈与」の連続性
        田島知之
        東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 2020年度第1回フィールドサイエンス・コロキアム, 2020年09月, 招待有り
      • Male reproductive success in Bornean orangutans
        Tomoyuki Tajima; Titol P. Malim; Eiji Inoue
        The 7th International Workshop on Tropical Biodiversity and Conservation, 2018年10月, 招待有り
      • Male reproductive success in Bornean orangutans
        Tomoyuki Tajima; Titol P. Malim; Eiji Inoue
        The 10th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, 2018年09月, 招待有り
      • オランウータンの食物移動から性行動時の暴力性が予測できる
        田島知之; ティトル・マリム
        霊⾧類学会第34回大会, 2018年07月
      • 空飛ぶトカゲと森の人
        田島知之
        自由集会「熱帯アジアでフィールドワーク!マレーバク、ヤマアラシ、ジャコウネコ、オランウータンの謎に迫る」日本哺乳類学会2016年度大会, 2016年09月, 招待有り
      • Difference in mating and reproductive success between two morphs of male Bornean orangutans
        Tomoyuki Tajima; Titol P. Malim; Henry Bernard
        The 25th Congress of International Primatological Society, 2014年08月
      • 半野生オランウータンにおける雄の二型成熟と繁殖成功
        田島知之
        第29 回日本霊⾧類学会・日本哺乳類学会2013 年度合同大会, 2013年09月
      • オランウータンにおける食物分配:目にみえないベギングに着目して
        田島知之
        国立民族学博物館共同研究会『贈与論再考 ―「贈与」・「交換」・「分配」に関する学際的比較研究』, 2013年09月, 招待有り

      書籍等出版物

      • 生態人類学は挑む SESSION 5 関わる・認める
        田島知之, 分担執筆, 第2章 群れない類人猿—オランウータンの関わり合いから見える「集まらない」社会性
        京都大学学術出版会, 2022年01月
      • FSコロキアム:ヒトを見るようにサルを見る
        田島知之, 分担執筆, pp.8-18
        東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドサイエンス研究企画センター, 2020年12月, 査読無し
      • 贈与論再考 : 人間はなぜ他者に与えるのか
        岸上 伸啓, 分担執筆, 第2章 贈与以前―ヒト科類人猿の食物分配
        臨川書店, 2016年08月, 査読無し
      • フィールドノート古今東西
        梶丸, 岳; 丹羽, 朋子; 椎野, 若菜; 倉田, 薫子; 増野, 亜子; 小森, 真樹; 柚洞, 一央; 久世, 濃子; 安永, 数明; 設楽, 知弘; 細, 将貴; 長谷川, 航; 平田, 正礼; 山口, 未花子; 阿児, 雄之; 山崎, 哲秀; 角南, 聡一郎; 田島, 知之; 森田, 剛光
        古今書院, 2016年, 査読無し
      • はじめてのフィールドワーク① アジア・アフリカの哺乳類編
        田島, 知之; 本郷, 峻; 松川, あおい; 飯田, 恵理子; 澤栗, 秀太; 中林, 雅; 松本, 卓也; 田和, 優子; 仲沢, 伸子, 共著, 空飛ぶトカゲと森の人 pp.1-37.
        東海大学出版部, 2016年, 査読無し

      メディア報道

      • 第56回 京都大学 学際融合教育研究推進センター 宇宙総合学研究ユニット(JL3ZLJ)の皆さん
        月刊FBニュース, https://www.fbnews.jp/202012/musennosekai/index.html, 2020年12月, インターネットメディア
      • 弱いオランウータンの雄は第一子の父親になる -父子DNA鑑定で判明した弱い雄の繁殖戦術-
        京都大学, https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/180201_2.html, 2018年02月, インターネットメディア
      • 京大・東邦大など、弱いオランウータンの雄は第一子の父親になることを解明
        日本経済新聞, https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP470331_R00C18A2000000/, 2018年02月, 新聞・雑誌
      • Bornean orangutan acts as 'peacemaker' in Japan zoo
        BBC, Earth News, http://news.bbc.co.uk/earth/hi/earth_news/newsid_8466000/8466488.stm, 2010年01月, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • オランウータンの再導入が野生個体群の持続可能性に与える影響の予測
        若手研究
        小区分39060:生物資源保全学関連
        京都大学
        田島 知之
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        オランウータン;遺伝的多様性;再導入;リハビリテーション;個体群存続可能性
      list
        Last Updated :2022/05/14

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2019年05月, 至 現在
          理事, NPO法人 日本オランウータン・リサーチセンター
        • 自 2019年10月, 至 2022年03月
          シンポジウム実行委員(第13回-第15回), 京都大学宇宙総合学研究ユニット
        • 自 2016年06月, 至 2019年04月
          理事, 日本オランウータン・リサーチセンター

        社会貢献活動

        • 動物園DEサイエンストーク「オランウータンの森のなかまたち」
          出演, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画
          京都市動物園, 自 2021年10月24日
        • 小学生向けオンライン講座「オランウータン学校」
          出演, 助言・指導, 情報提供, 企画
          小川珈琲株式会社, 自 2021年08月07日
        • 小学生向けオンライン講座「オランウータン学校」
          出演, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画
          小川珈琲株式会社, 小学生向けオンライン講座「オランウータン学校」, 自 2020年08月08日, 至 2020年08月08日
        • NHK BSプレミアム ワイルドライフ「マレーシア ボルネオ島 オランウータン 一斉結実の森に集う」
          出演, 取材協力, 助言・指導
          NHK, NHK BSプレミアム ワイルドライフ, 自 2019年10月28日, 至 2019年10月28日

        ページ上部へ戻る