教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

森村 成樹

モリムラ ナルキ

野生動物研究センター 特定准教授

森村 成樹
list
    Last Updated :2022/08/15

    基本情報

    学位

    • 修士(農学)(東京農工大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/15

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        野生動物の「生きる」を考える
      • 研究概要

        たくさんの野生動物が、動物園や研究施設など様々なところで飼育されています。展示や実験に使えなくなり行き場を失うものもいます。また環境破壊によって自然の生息地が分断され、野生動物の暮らす小さい森や水辺を取り囲むように人間が活動するようになると、人間との関わりなしには生活できなくなる“動物園化”が進みます。そうした動物に野生本来の安寧な生活を保障するための研究と実践的活動に取り組んでいます。

      論文

      • 7. 霊長類3種における食物嗜好性の比較(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2007年度春季研究発表)
        森村 成樹; 上野 吉一
        日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌, 2007年
      • カフェテリアテスト : 霊長類2種における食物嗜好の比較(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2006年度春季研究発表会)
        森村 成樹; 上野 吉一
        日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌, 2006年
      • PDAを用いた行動管理法の開発(動物園動物の管理 : 遊具の効果)(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同 2004年度春季研究発表会)
        森村 成樹; 上野 吉一
        日本家畜管理学会誌, 2004年
      • Chimpanzees (Pan troglodytes) exhibit gaze bias for snakes upon hearing alarm calls.
        Yutaro Sato; Fumihiro Kano; Naruki Morimura; Masaki Tomonaga; Satoshi Hirata
        Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 2022年02月
      • Structural analysis of behavioral freedom in free‐ranging and captive chimpanzees
        Naruki Morimura
        Conservation Science and Practice, 2021年07月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Correction to: Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes).
        Kodzue Kinoshita; Yoriko Indo; Tomoyuki Tajima; Noko Kuze; Etsuko Miyakawa; Toshio Kobayashi; Tomoyuki Nakamura; Mitsuaki Ogata; Fumihiko Okumura; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki; Satoshi Hirata
        Primates; journal of primatology, 2021年05月
      • Comparative analysis of sperm motility in liquid and seminal coagulum portions between Bornean orangutan (Pongo pygmaeus) and chimpanzee (Pan troglodytes).
        Kodzue Kinoshita; Yoriko Indo; Tomoyuki Tajima; Noko Kuze; Etsuko Miyakawa; Toshio Kobayashi; Tomoyuki Nakamura; Mitsuaki Ogata; Fumihiko Okumura; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Munehiro Okamoto; Yasuhiko Ozaki; Satoshi Hirata
        Primates; journal of primatology, 2021年05月
      • Divergent effects of oxytocin on eye contact in bonobos and chimpanzees
        James Brooks; Fumihiro Kano; Yutaro Sato; Hanling Yeow; Naruki Morimura; Miho Nagasawa; Takefumi Kikusui; Shinya Yamamoto
        Psychoneuroendocrinology, 2021年03月, 査読有り
      • Sleep Patterns of Aging Chimpanzees (Pan troglodytes)
        Kristin Havercamp; Naruki Morimura; Satoshi Hirata
        International Journal of Primatology, 2021年02月, 査読有り
      • Social responses of travelling finless porpoises to boat traffic risk in Misumi West Port, Ariake Sound, Japan.
        Morimura N; Mori Y
        PloS one, 2019年, 査読有り
      • Social relationship and hair cortisol level in captive male chimpanzees (Pan troglodytes)
        Yumi Yamanashi; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Etsuko Nogami; Satoshi Hirata
        Primates, 2018年03月01日, 査読有り
      • Adult-adult social play in captive chimpanzees: Is it indicative of positive animal welfare?
        Yumi Yamanashi; Etsuko Nogami; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Satoshi Hirata
        Applied Animal Behaviour Science, 2018年02月01日, 査読有り
      • Chimpanzee Down syndrome: a case study of trisomy 22 in a captive chimpanzee
        Satoshi Hirata; Hirohisa Hirai; Etsuko Nogami; Naruki Morimura; Toshifumi Udono
        PRIMATES, 2017年04月, 査読有り
      • Chimpanzee Personality and the Arginine Vasopressin Receptor 1A Genotype
        V. A. D. Wilson; A. Weiss; T. Humle; N. Morimura; T. Udono; G. Idani; T. Matsuzawa; S. Hirata; M. Inoue-Murayama
        BEHAVIOR GENETICS, 2017年03月, 査読有り
      • Effects of Relocation and Individual and Environmental Factors on the Long-Term Stress Levels in Captive Chimpanzees (Pan troglodytes): Monitoring Hair Cortisol and Behaviors
        Yumi Yamanashi; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Satoshi Hirata; Miho Inoue-Murayama; Gen'ichi Idani
        PLOS ONE, 2016年07月, 査読有り
      • チンパンジーの人工保育とエンターテイメント:動物福祉・保全と将来展望.
        山梨祐美; 小倉匡俊; 森村成樹; 林美里; 友永雅己
        Animal Behaviour and Management, 2016年, 査読有り
      • Analysis of hair cortisol levels in captive chimpanzees: Effect of various methods on cortisol stability and variability
        Yumi Yamanashi; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Satoshi Hirata; Juri Suzuki; Misato Hayashi; Kodzue Kinoshita; Miho Murayama; Gen'ichi Idani
        MethodsX, 2016年, 査読有り
      • 飼育チンパンジーの赤ん坊が同居個体の社会行動におよぼす影響:社会的エンリッチメントの観点からの事例報告
        平賀真紀; 小川直子; 富岡由香里; 小倉典子; 小林和彦; 渡辺聡史; 齋藤憲弥; 森村成樹
        動物園水族館雑誌, 2015年, 査読有り
      • A case of maxillary sarcoma in a chimpanzee ( Pan troglodytes)
        M. Fujisawa; T. Udono; E. Nogami; M. Hirosawa; N. Morimura; A. Saito; M. Seres; M. Teramoto; K. Nagano; Y. Mori; H. Uesaka; K. Nasu; M. Tomonaga; G. Idani; S. Hirata; T. Tsuruyama; K. Matsubayashi
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2014年04月, 査読有り
      • 日本におけるチンパンジー飼育の変遷(1926 − 2013 年)
        綿貫宏史朗; 落合知美; 平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 伊谷原一; 松沢哲郎
        霊長類研究, 2014年, 査読有り
      • 日本におけるチンパンジー(Pan troglodytes)飼育の初期の歴史 1920-1950年
        落合知美; 綿貫宏史朗; 鵜殿俊史; 森村成樹; 平田聡; 友永雅己; 伊谷原一; 松沢哲郎
        霊長類研究, 2014年, 査読有り
      • A survey of the savanna vegetation in Bossou, Guinea
        N. Morimura; G. Ohashi G; T. Matsuzawa T
        Pan Africa News, 2014年, 査読有り
      • Cortisol analysis of hair of captive chimpanzees (Pan troglodytes)
        Yumi Yamanashi; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Misato Hayashi; Juri Suzuki
        GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 2013年12月, 査読有り
      • Environmental Influences on Sleep Behavior in Captive Male Chimpanzees (Pan troglodytes)
        Naruki Morimura; Michiko Fujisawa; Yusuke Mori; Migaku Teramoto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2012年08月, 査読有り
      • Polymorphism of the Tryptophan Hydroxylase 2 (TPH2) Gene Is Associated with Chimpanzee Neuroticism
        Kyung-Won Hong; Alexander Weiss; Naruki Morimura; Toshifumi Udono; Ikuo Hayasaka; Tatyana Humle; Yuichi Murayama; Shin'ichi Ito; Miho Inoue-Murayama
        PLOS ONE, 2011年07月, 査読有り
      • The First Chimpanzee Sanctuary in Japan: An Attempt to Care for the "Surplus" of Biomedical Research
        Naruki Morimura; Gen'ichi Idani; Tetsuro Matsuzawa
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • Diversification of Bitter Taste Receptor Gene Family in Western Chimpanzees
        Tohru Sugawara; Yasuhiro Go; Toshifumi Udono; Naruki Morimura; Masaki Tomonaga; Hirohisa Hirai; Hiroo Imai
        MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION, 2011年02月, 査読有り
      • Molecular Behavioral Research in Great Apes.
        M. Inoue-Murayama; A. Weiss; N. Morimura; M. Tanak; J. Yamagiwa; G. Idani
        From Genes to Animal Behavior. Inoue-Murayama M, Kawamura S, Weiss A, Editors. Tokyo: Springer, 2011年, 査読有り
      • Bush fire control using arbors in Green Corridor Project at Bossou.
        N. Morimura; G. Ohashi G; A.G. Soumah; T. Matsuzawa
        Pan Africa News, 2011年, 査読有り
      • Effects of Early Rearing Conditions on Problem-Solving Skill in Captive Male Chimpanzees (Pan troglodytes)
        Naruki Morimura; Yusuke Mori
        AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2010年07月, 査読有り
      • Intentional Communication and Comprehension of the Partner's Role in Experimental Cooperative Tasks
        S. Hirata; N. Morimura; K. Fuwa
        In. Lonsdorf, E. V., Ross, S. R., & Matsuzawa, T. (eds.), The mind of the chimpanzees: ecological and experimental perspectives. Chicago: The University of Chicago Press., 2010年, 査読有り
      • How to crack nuts: acquisition process in captive chimpanzees (Pan troglodytes) observing a model
        Satoshi Hirata; Naruki Morimura; Chiharu Houki
        ANIMAL COGNITION, 2009年10月, 査読有り
      • 霊長類に対する福祉的配慮:その考え方と実践
        上野 吉一; 森村 成樹
        霊長類研究, 2009年, 査読有り
      • 国内飼育下チンパンジーの個体群管理と動物福祉
        森村成樹; 平田聡; 倉島治; 落合-大平知美
        霊長類研究, 2008年, 査読有り
      • Note on effects of a daylong feeding enrichment program for Chimpanzees (Pan troglodytes)
        Naruki Morimura
        APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR SCIENCE, 2007年08月, 査読有り
      • Cognitive enrichment in chimpanzees: An approach of welfare entailing an animal's entire resources
        Naruki Morimura
        Cognitive Development in Chimpanzees, 2006年, 査読有り
      • Skills Involved in Object-related Tasks in Non-human Primates.
        J. Foucart; B. Blandine; S. Hirata; N. Morimura; C. Houki; Y. Ueno; T. Matsuzawa
        Stone Knapping: The Necessary Conditions for a Uniquely Hominid Behaviour (ed. Valentine Roux, B.B.) Mcdonald Inst of Archeological,, 2005年, 査読有り
      • A note on enrichment for spontaneous tool use by chimpanzees (Pan troglodytes)
        N Morimura
        APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR SCIENCE, 2003年07月, 査読有り
      • Memory of movies by chimpanzees (Pan troglodytes)
        N Morimura; T Matsuzawa
        JOURNAL OF COMPARATIVE PSYCHOLOGY, 2001年06月, 査読有り
      • Naive chimpanzees' (Pan troglodytes) observation of experienced conspecifics in a tool-using task
        S Hirata; N Morimura
        JOURNAL OF COMPARATIVE PSYCHOLOGY, 2000年09月, 査読有り
      • 飼育動物における心理学的幸福の確立: 展示動物を中心に
        森村成樹
        動物心理学研究, 2000年, 査読有り
      • Influences on the feeding behavior of three mammals in the Maruyama Zoo: Bears, elephants, and chimpanzees.
        N. Morimura; Y. Ueno
        JOURNAL OF APPLIED ANIMAL WELFARE SCIENCE, 1999年, 査読有り
      • 給餌条件による飼育下チンパンジーへの行動への影響
        森村成樹; 上野吉一
        霊長類研究, 1999年, 査読有り
      • 類人猿研究センターの新設
        伊谷原一; 森村成樹; 不破紅樹
        霊長類研究, 1999年, 査読有り
      • Green passage plan (tree-planting project) and environmental education using documentary videos at Bossou: a progress report.
        S. Hirata; N. Morimura; T. Matsuzawa
        Pan Africa News, 1998年, 査読有り
      • 動物園における哺乳類9種の行動の日内配分:種間・環境間の比較
        森村成樹; 上野吉一
        動物心理学研究, 1998年, 査読有り

      MISC

      • P-1-14 ヒグマの採食行動に及ぼす給餌方法の影響(日本動物心理学会第58回大会発表要旨)
        森村 成樹; 上野 吉一
        動物心理学研究, 1998年06月15日
      • O-3-6 動物園における環境エンリッチメントに関する予備的研究(日本動物心理学会第57回大会発表要旨)
        森村 成樹; 上野 吉一
        動物心理学研究, 1997年12月15日
      • ちびっこチンパンジーと仲間たち 第197回 チンパンジーの毛からストレスをはかる-社会関係が大事
        山梨裕美; 山梨裕美; 寺本研; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        科学, 2018年
      • Natural selection on the genetic and functional variations of bitter taste receptors (TAS2Rs) in wild chimpanzees.
        Hayakawa T; Toda Y; Inoue E; Matsuo H; Morimura N; Inoue-Murayama M; Hashimoto C; Misaka T; Ohigashi H; Matsuzawa T; Imai H
        Annual Meeting of the Society for molecular biology and evolution 2018 (SMBE2018), 2018/7/11, Yokohama, 2018年
      • 飼育下オスチンパンジーにおける社会関係と長期的ストレス
        山梨裕美; 寺本研; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        霊長類研究, 2017年
      • 飼育チンパンジーにおける社会的遊びがおとなオスの共存に果たす役割
        山梨裕美; 山梨裕美; 野上悦子; 寺本研; 森村成樹
        日本動物行動学会大会発表要旨集, 2017年
      • 京都大学野生動物研究センターにおけるGenetic resource bank の概要及び応用例
        伊藤英之; 佐藤悠; 小林宏美; 森村成樹; 大沼学; 村山(井上)美穂
        第23回日本野生動物医学会大会、2017年9月1-9月3日、日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市), 2017年
      • 京都大学野生動物研究センター(WRC)の性判別研修会について
        村山美穂; 伊藤英之; 森村成樹
        動物園大学7 in とべ「ずーぞなもし」2017年3月14日、愛媛県立とべ動物園(愛媛県伊予郡), 2017年
      • 「不当な人工保育に対する批判声明」についての意識調査報告.
        友永雅己; 森村成樹
        第19回SAGAシンポジウム、シンポジウム2「チンパンジーの人工保育問題を考える」、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園, 2016年11月
      • 飼育チンパンジーの社会交渉:遊びは福祉の指標になるのか?
        山梨裕美; 寺本研; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        Animal Behaviour and Management, 2016年
      • Is hair cortisol useful for animal welfare assessment?: Hair cortisol and behavioral monitoring in group-living captive chimpanzees (Pan troglodytes)
        Yamanashi Y; Teramoto M; Morimura N; Hirata S; Inoue-Murayama M; Idani G
        31st International Conference of Psychology, Pacifico Yokohama, Yokohama, 25 July 2016.31st International Conference of Psychology, 25 July 2016, Pacifico Yokohama, 2016年
      • Is hair hormone useful for estimating endocrine status of wild animals?
        Yumi Yamanashi; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Miho Inoue-Murayama; Gen'ichi Idani; Satoshi Hirata
        “The 5th International Seminar on Biodiversity and Evolution” 2016年6月7日,京都大学(京都市), 2016年
      • Chimpanzee Personality Domains and Composites: Heritabilities and Associations with Arginine Vasopressin Receptor 1A Genotype
        V. Wilson; A. Weiss; T. Humle; N. Morimura; T. Udono; G. Idani; T. Matsuzawa; S. Hirata; M. Inoue-Murayama
        Chimpanzees in context Understanding Chimpanzees IV August 18-20, 2016 Lincoln Park Zoo (Chicago, Illinois, USA), 2016年
      • Genetic diversity of bitter taste receptors and chemical ecology of bitter plant foods in wild chimpanzees (Pan troglodytes)
        Takashi Hayakawa; Eiji Inoue; Yasuka Toda; Hodaka Matsuo; Naruki Morimura; Miho Inoue-Murayama; Chie Hashimoto; Takumi Misaka; Hajime Ohigashi; Tetsuro Matsuzawa; Hiroo Imai
        日本味と匂学会(JASTS)第50回大会、2016年6月 5-9日、パシフィコ横浜(横浜市), 2016年
      • 飼育チンパンジーの長期的なストレスに影響を及ぼす要因の検討:攻撃・親和的社会行動に着目して
        山梨裕美; 寺本研; 森村成樹; 野上悦子; 平田聡
        霊長類研究, 2015年
      • Long-term stress monitoring of captive chimpanzees in social housings: monitoring hair cortisol level and behaviors
        Naruki Morimura; Satoshi Hirata; Miho Inoue-Murayama; Gen'ichi Idani
        ISAE国際応用動物行動学会第 49 回大会, 2015年9月14-17日、北海道大学(北海道札幌市), 2015年
      • データベースから考える,チンパンジーの幸せな暮らし
        綿貫宏史朗; 落合知美; 岩原真利; 平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 伊谷原一; 松沢哲郎
        ちびっこチンパンジーと仲間たち(第167回).科学, 2015年, 査読有り
      • 野生チンパンジーにおける葉の道具製作の三次元構造分析
        森村成樹
        日本応用動物行動学会2015年度春季研究発表会, 2015年
      • 自動分析機器を用いた飼育チンパンジーの夜間睡眠
        森裕介; 森村成樹
        ず〜ぜよ。動物園大学?in高知, 2015年
      • 飼育下アジアゾウにおける採食に関した鼻を使う行動の左右差
        萩原慎太郎; 井亀徹; 藤井修; 菅里美; 原田昌治; 井上和彦; 森村成樹; 田中正之; 杉浦秀樹; 岡本智伸; 伊藤秀一
        日本応用動物行動学会2015年度春季研究発表会, 2015年
      • ボルネオゾウにも右利き左利きがあるのか??
        萩原慎太郎; 井亀徹; 菅里美; 藤井修; 原田昌治; 井上和彦; 森村成樹; 田中正之; 岡本智伸; 伊藤秀一
        ず〜ぜよ。動物園大学?in高知, 2015年
      • ボッソウにおけるサバンナ植生調査
        森村成樹; 大橋岳; 松沢哲郎
        第59回プリマーテス研究会, 2015年
      • チンパンジーを通じた横浜の動物園とウガンダの動物園との技術協力
        平賀真紀; 野口忠孝; 小倉典子; 井川阿久里; 齋藤憲弥; 森村成樹
        ず〜ぜよ。動物園大学?in高知, 2015年
      • チンパンジーの体毛からストレスを測定する:熊本サンクチュアリの試み
        寺本研; 山梨裕美; 森裕介; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        ず〜ぜよ。動物園大学?in高知, 2015年
      • Camera traps for monitoring chimpanzees at Bossou, Guinea
        Morimura N
        PWS Annual Symposium, 2015年
      • 野生チンパンジーの生息地利用と気温との関係
        森村成樹
        日本応用動物行動学会2013年度春季研究発表会, 2014年
      • 赤ん坊が飼育チンパンジーの社会交渉におよぼす影響
        平賀真紀; 野口忠孝; 小倉典子; 福島翔太; 須田朱美; 森村成樹
        日本哺乳類学会 2014年度大会, 2014年
      • 飼育下と野生のチンパンジーの生活:その福祉と保全
        森村成樹
        応用動物行動学 夏の学校, 2014年
      • 飼育下チンパンジーに離合集散社会を導入する
        森村成樹
        日本哺乳類学会 2014年度大会, 2014年
      • 飼育チンパンジーのスクリーム音声における個体差
        森 裕介; 森村成樹
        第17回SAGAシンポジウム, 2014年
      • 飼育チンパンジーにおける赤ん坊と同居大人個体との社会交渉の縦断的変化
        平賀真紀; 野口忠孝; 小倉典子; 福島翔太; 須田朱美; 森村成樹
        第17回SAGAシンポジウム, 2014年
      • 熊本サンクチュアリにおける体毛中コルチゾル測定の試み
        寺本研; 山梨裕美; 森裕介; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        第17回SAGAシンポジウム, 2014年
      • 九州沖縄地域における飼育下チンパンジーの父系について
        福守朗; 森村成樹
        第17回SAGAシンポジウム, 2014年
      • 音声による飼育チンパンジーの個体識別の試み
        森裕介; 森村成樹
        ず〜じゃん。動物園大学?in横浜, 2014年
      • チンパンジーの活動性と温度の関係について
        丸 一喜; 森村成樹
        第17回SAGAシンポジウム, 2014年
      • チンパンジーのご近所付き合い
        平賀真紀; 野口忠孝; 小倉典子; 坂上舞; 中嶌はるか; 森村成樹
        ず〜じゃん。動物園大学?in横浜, 2014年
      • THERMOREGULATORY BEHAVIOR IN WILD CHIMPANZEES (PAN TROGLODYTES) DURING HABITAT SELECTION AT BOSSOU, GUINEA
        Morimura N
        IPS XXV Congress Vietnam 2014, 2014年
      • The early history of captive chimpanzees in Japan
        Ochiai T; Watanuki K; Udono T; Morimura N; Hirata S; Tomonaga M; Idani G; Matsuzawa T
        日本動物心理学会第74回大会, 2014年
      • HAIR CORTISOL ANALYSIS OF CAPTIVE CHIMPANZEES (PAN TROGLODYTES): STABILITY AND EFFECTS OF CAPTIVE ENVIRONMENT
        Y. Yamanashi; M. Teramoto; N. Morimura; S. Hirata; K. Kinoshita; M. Tanaka; M. Hayashi; J. Suzuki; M. Inoue-Murayama; G. Idani
        IPS XXV Congress Vietnam 2014, 2014年
      • Effects of relocation on long-term stress level in captive chimpanzees using hair cortisol measurement
        Yamanashi Y; Teramoto M; Morimura N; Hirata S; Kinoshita K; Hayashi M; Suzuki J; Inoue-Murayama M; Itani G
        日本動物心理学会第74回大会, 2014年
      • Chimpanzees and bonobos in Kumamoto sanctuary in Japan
        Morimura N
        SPS Core-to-Core Program Symposium "Ecology and Conservation of Great Ape Populations", 2014年
      • 何が飼育チンパンジーに大きなストレスとなるのか
        寺本研; 山梨裕美; 森裕介; 野上悦子; 森村成樹; 平田聡
        ず〜じゃん。動物園大学?in横浜, 2014年
      • どんなチンパンジーがストレスを感じている?:園館をまたいだ情報蓄積に向けて
        山梨裕美; 寺本研; 森村成樹; 平田聡; 野上悦子; 森裕介; 田中正之; 松永雅之; 藤森唯; ゴドジャリ静; 鈴木樹理; 林美里; 木下こづえ; 村山美穂; 伊谷原一
        ず〜じゃん。動物園大学?in横浜, 2014年
      • 冷温帯で飼育されるチンパンジー(Pan troglodytes)の気象環境
        丸 一喜; 森村成樹
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • 日本におけるチンパンジーの飼育形態の変遷
        綿貫宏史朗; 落合知美; 平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 伊谷原一; 松沢哲郎
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 2013年
      • 動物園動物の調査研究
        平賀真紀; 小川直子; 富岡由香里; 小林和彦; 小倉典子; 齋藤憲弥; 森村成樹
        ず〜ばってん。動物園大学?in熊本, 2013年
      • 赤ん坊をもちいた飼育チンパンジー(Pan troglodytes)の社会的エンリッチメント
        平賀真紀; 小川直子; 富岡由香里; 小倉典子; 小林和彦; 渡辺聡史; 齋藤憲弥; 森村成樹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 2013年
      • 侵襲的医学研究が日本のチンパンジー個体群に与えた影響
        綿貫宏史朗; 落合知美; 平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 伊谷原一; 鵜殿俊史; 松沢哲郎
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • 飼育下チンパンジーの皮膚及び口腔内常在菌の検索について
        久川智恵美; 早川大輔; 吉川貴臣; 鵜殿俊史; 森村成樹
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • 飼育チンパンジーにおける慢性的ストレスとなる要因の因果的解明
        寺本 研; 山梨裕美; 野上悦子; 森 裕介; 森村成樹
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • 血統登録書に記載されていないチンパンジーたち
        落合知美; 綿貫宏史朗; 鵜殿俊史; 伊谷原一; 友永雅己; 平田聡; 森村成樹; 松沢哲郎
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • 熊本サンクチュアリWISH熊本1号・2号の紹介:チンパンジーの福祉研究の展望
        森村成樹
        国際高等研究所シンポジウム, 2013年
      • 音声による飼育チンパンジーの個体識別技術の開発
        森 裕介; 森村成樹
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • チンパンジーの毛からホルモン測定〜コルチゾルとテストステロンの関係について〜
        山梨裕美; 森村成樹; 平田聡; 寺本研; 野上悦子; 森裕介; 木下こづえ; 田中正之; 松永雅之; 林美里; 村山美穂; 伊谷原一
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • チンパンジー(Pan troglodytes)母子2組みの育児行動の比較
        平賀真紀; 野口忠孝; 小倉典子; 坂上舞; 中嶌はるか; 森村成樹
        第16回SAGAシンポジウム, 2013年
      • チンパンジー(Pan troglodytes)の体毛中コルチゾル濃度に影響を与える生理・環境要因の検討
        山梨裕美; 森裕介; 森村成樹; 平田聡; 林美里; 鈴木樹理
        第19回日本野生動物医学会 京都大会, 2013年
      • チンパンジー(Pan troglodytes)における体毛中コルチゾルの測定
        山梨裕美; 森村成樹; 平田聡; 不破紅樹; 森裕介; 野上悦子; 林美里; 鈴木樹理
        日本応用動物行動学会2012年度春季研究発表会, 2013年
      • Duration and frequency of grooming as measurement of friendship and bonding in captive all male group of chimpanzees at the Kumamoto Sanctuary
        Seres M; Morimura N
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 2013年
      • Cortisol analysis from hair of captive chimpanzees: methodological validation and application to social management
        Yumi Yamanashi; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Misato Hayashi; Juri Suzuki
        JSPS Core-to-Core Program, A.Advanced Research Networks "Tropical Biodiversity Conservation", 2013年
      • 離合集散性を模した飼育チンパンジーの社会的エンリッチメント
        森村成樹; Michael Seres; 森裕介; 平賀真紀; 斎藤憲弥; 久川智恵美
        日本応用動物行動学会2012年度春季研究発表会, 2012年
      • 日本におけるチンパンジーの飼育下個体群の変遷
        綿貫宏史朗; 落合知美; 平田聡; 松沢哲郎; 森村成樹
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • 集団編成が飼育下チンパンジーの社会行動に与える影響
        島田かなえ; 二宮茂; 森村成樹; 友永雅己
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • 飼育チンパンジーの複雄複雌の群れ作り事例
        廣澤麻里; 寺本研; 野上悦子; 森村成樹
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • 飼育チンパンジーの繁殖に伴う群れの個体間関係と行動の変化
        平賀真紀; 小川直子; 富岡由香里; 小倉典子; 小林和彦; 齋藤憲弥; 森村成樹
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • 熊本サンクチュアリ「比較認知科学実験用大型ケージ」の完成と稼働
        平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 松沢哲郎
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • チンパンジー飼育施設をむすぶ連結ケージの導入
        森村成樹; 平田聡; 友永雅己; 松沢哲郎
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • チンパンジー研究の新時代:WISH 大型ケージ熊本 1 号機の稼働
        平田聡; 森村成樹; 友永雅己; 松沢哲郎
        科学, 9 月号(第 129 回) 962-963, 2012年
      • チンパンジーの皮膚及び口腔内常在菌の検索について(予報)
        久川智恵美; 早川大輔; 吉川貴臣; 鵜殿俊史; 森村成樹
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • チンパンジーの体毛からストレスを測る
        山梨裕美; 森村成樹; 不破紅樹; 森裕介; 野上悦子; 平田聡; 林美里; 鈴木樹理
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • Male group formation and its maintenance in captive chimpanzees
        Morimura N; Seres M; Mori Y
        IPS XXIV Congress of the International Primatological Society, 2012年
      • 離合集散する飼育チンパンジー雄15 個体の維持管理についての課題
        森 裕介; 野上悦子; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 病気やケガがチンパンジーの睡眠などの活動に与える影響
        廣澤麻里; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 社会的スキルを養う環境作りとしての飼育チンパンジーの集団形成
        寺本研; 野上悦子; 廣澤麻理; Michael Seres; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 飼育チンパンジー管理のための社会ネットワーク分析
        平賀真紀; 小川直子; 富岡由香里; 小倉典子; 小林和彦; 齋藤憲弥; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 飼育チンパンジーの雄のみからなる2 集団の合流
        野上悦子; 長野邦寿; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 飼育チンパンジーの心音測定
        森村成樹; 野上悦子; 鵜殿俊史
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 熊本サンクチュアリの設立
        森村成樹; 上坂博介; 那須和代; 平田聡; 友永雅己
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • チンパンジーの識別可能個体の推移:熊本サンクチュアリ研修の体験から
        平栗明実; 有賀菜津美; 秋吉由佳; 森村成樹
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • チンパンジーの空間利用と行動の関係
        中島麻衣; 森村成樹; 田中正之
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • チンパンジーの往来を促進したい:ギニア共和国ボッソウニンバ地域でおこなう緑の回廊プロジェクトの近況報告
        大橋岳; 森村成樹; 松沢哲郎
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • チンパンジーにおける毛中コルチゾル測定
        山梨裕美; 森村成樹; 森裕介; 林美里; 鈴木樹理
        第14回SAGAシンポジウム (2011/11/12-13, 熊本), 2011年
      • チンパンジー(Pan troglodytes)における毛中コルチゾルの測定
        山梨裕美; 森村成樹; 森裕介; 林美里; 鈴木樹理
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • Evolutionary dynamics of bitter taste receptor gene repertoires in primates
        Yasuhiro Go; Atsushi Matsui; Tohru Sugawara; Nami Suzuki; Takashi Hayakawa; Naruki Morimura; Toshifumi Udono; Masaki Tomonaga; Hirohisa Hirai; Hiroo Imai
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2010年12月, 査読有り
      • 霊長類における味覚受容体の進化
        郷康広; 松井淳; 菅原亨; 鈴木南美; 早川卓志; 森村成樹; 森村成樹; 鵜殿俊史; 友永雅己; 友永雅己; 平井啓久; 今井啓雄; 今井啓雄
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2010年09月07日
      • 苦味受容体の多様性探索
        菅原亨; 郷康広; 鵜殿俊史; 森村成樹; 友永雅己; 平井啓久; 今井啓雄
        分子研研究会 「拡がるロドプシンの仲間から"何がわかるか""何をもたらすか"」 (2010/03, 岡崎), 2010年03月, 査読有り
      • 森をつなぐ―心をつなぐ ボッソウ・ニンバ緑の回廊プロジェクトDVD
        中村美穂; 森村成樹; 藤澤道子; 野上悦子
        第13 回SAGA シンポジウム.(2010/11, 神奈川)., 2010年
      • 飼育チンパンジーの睡眠と環境変化
        森村成樹; 藤澤道子; 森裕介; 寺本研
        日本応用動物行動学会2010年度春季研究発表会, 2010年
      • チンパンジーの施設間移動におけるチンパンジー・サンクチュアリ・宇土と動物園との連携
        寺本研; 森裕介; 藤澤道子; 野上悦子; 森村成樹; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一
        第13回SAGAシンポジウム, 2010年
      • チンパンジー・サンクチュアリ・宇土におけるチンパンジー雄集団の群れ作りと復帰個体の再編入
        森裕介; 鵜殿俊史; 小林久雄; 野上悦子; 藤澤道子; 森村成樹
        第13回SAGAシンポジウム, 2010年
      • チンパンジー・サンクチュアリ・宇土での研修報告
        島田かなえ; 市野悦子; 藤森唯; 櫻庭陽子; 廣澤麻里; 野上悦子; 森村成樹; 藤澤道子
        第13回SAGAシンポジウム (2010/11, 横浜)., 2010年
      • Welfare study and care management in the chimpanzee sanctuary Uto
        Morimura M; Fujisawa M; Nogami E
        International Primatological Society XXIII Congress, 2010年
      • Molecular behavioral research in great apes.
        Inoue-Murayama M; Weiss A; Kato K; Morimura N; Tanaka M; Yamagiwa J; Idani G
        International Primatological Society XXIII Congress, 2010年
      • Inter-institutional transfer of captive chimpanzees: a case study of relationships among behavior, personality, and "Quality of life"
        Konno A; Morimura N; Tanaka M; Ushida K; Kusuda S; Udono T; Okahashi K; Yamamoto Y; Matsunaga M; Ito F; Inoue-Murayama M; Hasegawa T; Tomonaga M
        International Primatological Society XXIII Congress, 2010年
      • Diversification of bitter taste receptor gene family in chimpanzees
        Sugawara T; Go Y; Udono T; Morimura N; Tomonaga M; Hirai H; Imai H
        International Primatological Society XXIII Congress, 2010年
      • ちびっ子チンパンジ ーと仲間たち (第91 回)―チンパンジー・サンクチュ アリ・宇土の2年間.
        森村成樹; 藤澤道子; 野上悦子; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一; 松沢哲郎
        「科学」 79: 798-799., 2009年, 査読有り
      • チンパンジー苦味受容体の種内変異解析
        菅原亨; 郷康広; 鵜殿俊史; 森村成樹; 友永雅己; 今井啓雄; 平井啓久
        第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原), 2009年, 査読有り
      • 野生チンパンジーの観察を通して
        藤澤道子; 野上悦子; 森村成樹; 伊谷原一; 寺本研; 森裕介; 長野邦寿; 上坂博介; 那須和代; 鵜殿俊史; 後藤学; 浦田健市; 水口清; 小林久雄
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • 出生由来が大人雄チンパンジーの問題解決行動に及ぼす影響
        森村成樹
        日本応用動物行動学会, 2009年
      • 樹上でのベッドづくりを再現する
        野上悦子; 浦田健市; 上坂博介; 後藤学; 寺本研; 藤澤道子; 森村成樹; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • チンパンジー雄集団の維持:離合集散シミュレーションの試み
        森裕介; 野上悦子; 藤澤道子; 森村成樹; 小林久雄
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • チンパンジー複雄複雌群の形成
        後藤学; 寺本研; 浦田健市; 野上悦子; 藤澤道子; 森村成樹; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • チンパンジー苦味受容体の多型解析
        菅原亨; 郷康広; 鵜殿 俊史; 森村成樹; 友永雅己; 今井啓雄; 平井啓
        第11回日本進化学会大会, 2009年
      • チンパンジー・サンクチュアリ・宇土での獣医・飼育者研修制度について
        小林久雄; 鵜殿俊史; 寺本研; 森村成樹; 野上悦子; 伊谷原一
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • タンザニアツアーに参加して
        森村成樹
        JGI-J年次総会, 2009年
      • エンリッチメント実施体験を通じた教育プログラム
        野上悦子; 鵜殿俊史; 森村成樹; 椎原春一
        第12回SAGAシンポジウム, 2009年
      • Polymorphisms in bitter taste receptors among chimpanzees.
        Sugawara T; Go Y; Udono T; Morimura N; Tomonaga M; Imai H; Hirai H
        The 3rd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE Project (2009/07, Kyoto, Japan)., 2009年
      • Inter-institutional transfer in captive chimpanzees: a case study of relationships among behavior, personality, and “Quality of Life.”
        今野晃嗣; 森村成樹; 田中正之; 鵜殿俊史; 岡橋要; 山本裕己; 松永雅之; 伊藤二三夫; 井上‐村山美穂; 長谷川寿一; 友永雅己
        第5回犬山国際比較社会認知シンポジウム, 2009年
      • 大学と動物園―保全の枠を超えた学術連携へ向けて― .
        伊谷原一; 松沢哲郎; 幸島司郎; 村山美穂; 友永雅己; 田中正之; 森村成樹; 鵜殿俊史; 山極寿一; 山崎由紀子; 上野吉一; 落合知美; 倉島治
        (2008) 第24 回日本霊長類学会大会・自由集会(2008/07, 東京)., 2008年
      • 行動の評価方法 −電子機器を用いた分析システムの紹介−
        森村成樹
        展示動物の行動調査に関する体験型研修会, 2008年
      • 安佐動物公園におけるチンパンジーの群れ作りについて:ミキ合流の経過
        江草真治; 鎌田博; 野上悦子; 森村成樹; 鵜殿俊史
        第11回SAGAシンポジウム, 2008年
      • チンパンジー雄グループの再編成. 第11回SAGAシンポジウ
        長野邦寿; 森裕介; 藤澤道子; 野上悦子; 森村成樹; 寺本研; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一
        第11回SAGAシンポジウム, 2008年
      • チンパンジー雄グループの再編成
        水口清; 森裕介; 藤澤道子; 野上悦子; 森村成樹; 鵜殿俊史; 小林久雄; 伊谷原一
        第11回SAGAシンポジウム, 2008年
      • チンパンジーにおける食物−位置イメージの操作能力について
        森村成樹
        日本応用動物行動学会, 2008年
      • チンパンジー・サンクチュアリ・宇土における動物福祉研究−チンパンジーの群れ作りの試み−
        森村成樹
        安佐動物公園飼育研究会, 2008年
      • Welfare issues in Chimpanzee Sanctuary Uto
        Morimura M
        International Conference " On Human Nature", 2008年
      • 環境エンリッチメントの効果と必要性
        森村成樹; 平田聡; 倉島治; 落合知美
        日本霊長類学会第23回大会, 2007年
      • チンパンジーの採食エンリッチメントの試み: チューブ・メイズの導入
        廣澤麻里; 野上悦子; 森村成樹
        第10回SAGAシンポジウム, 2007年
      • チンパンジーの学びと子育て
        森村成樹
        全国情緒障害児短期治療施設職員研修会, 2007年
      • チンパンジーに対する竹を用いた緑化と生育歴の影響
        森祐介; 小林久雄; 森村成樹; 伊谷原一
        第10回SAGAシンポジウム, 2007年
      • チンパンジーがよく使うハンモックの作製とその夜間利用
        浦田健市; 寺本研; 小林久雄; 野上悦子; 森村成樹; 伊谷原一
        第10回SAGAシンポジウム, 2007年
      • A preliminary analysis of nut-cracking movements in a captive chimpanzee: Adaptation to the properties of tools and nuts.
        Foucart, J; Bril, B; Hirata, S; Morimura, N; Houki, C; Ueno, Y; Matsuzawa, T
        (2005) “Stone Knapping: The Necessary Conditions for a Uniquely Hominid Behaviour” : 147-157, (ed. Roux, V., Bril, B.) McDonald Institute Monographs, Mcdonald Inst. of Archeological, Cambridge., 2005年, 査読有り
      • Nut-cracking in chimpanzees: Movement and action adaptation to the properties of the nuts and tools
        J. Foucart; S. Hirata; C. Houki; N. Morimura; Y. Ueno; T. Matsuzawa; B. Brill
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年
      • An experimental study of cooperation in a chimpanzee paired with a human partner
        S. Hirata; N. Morimura; C. Houki
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年
      • ゴリラのおける採食エンリッチメントの効果:浮き玉フィーダーの利用
        上野吉一; 吉田淳一; 森村成樹; 木場礼子
        日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2004年度春季研究会発表会 (2004年3月, 東京農工大 ). 日本家畜管理学会誌 40(1): 24-25, 2004年
      • PDAを用いた行動管理法の開発
        森村成樹; 上野吉一
        日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2004年度春季研究会発表会 (2004年3月, 東京農工大). 日本家畜管理学会誌 40(1): 28-29., 2004年
      • Selectability on tool-using behavior by chimpanzees.
        N Morimura; S Sekine; K Fuwa; G Idani
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • Object play in young chimpanzees.
        S Sekine; H Takeshita; N Morimura; K Fuwa; G Idani
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • グループ場面でみられる定位的操作−1歳児グループと3〜5歳児グループの比較−
        関根すみれな; 竹下秀子; 水野友有; 松沢哲郎; 森村成樹; 不破紅樹; 伊谷原一
        第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京) 霊長類研究 18: 424, 2002年
      • Observation of conspecifics and use of left-over tools during learning process of a tool-using task in chimpanzees.
        Hirata S; Morimura N; Matsuzawa T
        The XVIIIth Congress of the International Primatological Society (Jan. 2001, Adelaide, Australia). Abstracts and Programme p. 292., 2001年, 査読有り
      • チンパンジーの見本合わせ課題習得に見られる年齢の影響
        森村成樹; 川合伸幸; 不破紅樹; 伊谷原一
        日本動物心理学会第60回大会 (2000年6月, 東京). 動物心理学研究 50: 303, 2000年
      • Primate-Internetを利用したチンパンジー飼育情報の交換
        前田典彦; 森村成樹; 落合知美
        第3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」 (2000年11月, 犬山), 2000年
      • ボッソウにおけるビデオを利用した環境教育プログラムと植林事業
        平田聡; 森村成樹; 松沢哲郎
        第1回SAGAシンポジウム (1998年11月, 犬山), 1998年
      • チンパンジーにおける道具使用行動の個体学習と社会的学習
        平田聡; 森村成樹; 松沢哲郎
        日本動物行動学会第17回大会 (1998年11月, 東京). 発表要旨集 p. 28, 1998年

      書籍等出版物

      • 文化的行動/ 動物園動物の特殊性と共通性/ 行動のレパートリー: チンパンジー/ 社会構造: クマ, チンパンジー
        森村成樹; 伊谷原一, 共著
        「動物行動図説 - 家畜・伴侶動物・展示動物」朝倉書店, 2011年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 言語と利他性の霊長類的基盤
        特別推進研究
        人文社会系
        京都大学
        松沢 哲郎
        自 2016年04月26日, 至 2021年03月31日, 中途終了
        比較認知科学;言語;利他性;生涯発達;チンパンジー;霊長類;類人猿
      • 動物の「自由」の能力に関する比較認知研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        森村 成樹
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        動物福祉;比較認知科学
      • チンパンジーとボノボの道具的知性と社会的知性
        基盤研究(A)
        京都大学
        平田 聡
        自 2014年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        比較認知科学;道具的知性;社会的知性;チンパンジー;ボノボ;進化;実験系心理学
      • 飼育チンパンジーにおける慢性的ストレスとなる要因の因果的解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        寺本 研
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        生理学;チンパンジー;ストレス;コルチゾル
      • チンパンジーの加齢と老人力:ビデオカタログと高品質動画の分析で長寿の進化を探る
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        中村 美穂
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        自然人類学;霊長類学;加齢学;比較認知科学;老化;チンパンジー;人類進化;環境エンリッチメント
      • 野生動物保全のためのゲノム・細胞バンクの構築と活用
        基盤研究(B)
        京都大学
        村山 美穂
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        遺伝子;ゲノム;細胞;野生動物;データベース;動物;細胞・組織
      • 類人猿の心的時間旅行
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        平田 聡
        自 2013年06月28日, 至 2018年03月31日, 完了
        心的時間旅行;エピソード様記憶;自己認識;類人猿;進化的基盤;認知科学;実験心理学;進化;実験系心理学;動物
      • 大型類人猿における情動喚起とその社会的影響-赤外線サーモグラフィによる研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        平田 聡
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        実験心理学;感情科学
      • 健康の行動・認知的研究:比較健康科学の構築に向けて
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        森村 成樹
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        健康;比較認知
      • 大型類人猿の他者理解と自己理解に関する比較アイトラッキング研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        平田 聡
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        比較認知科学;比較心理学
      • 希少野生動物のDNA Zooと遺伝子解析による行動予測システムの構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        村山 美穂
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        遺伝資源保全;野生動物;血縁解析;遺伝子多様性;行動解析
      • 認知発達の霊長類的基盤
        特別推進研究
        人文社会系
        京都大学
        松沢 哲郎
        自 2008年06月04日, 至 2013年03月31日, 採択後辞退
        認知発達;霊長類;チンパンジー;言語;記憶;道具;親子関係;ボノボ;参与観察;対面検査;物理的因果;自己認識;象徴;野外実験;因果の認識;他者の心の理解;直観像記憶;祖母;比較認知科学;知覚;概念形成;化石人類
      • 環境教育装置としての動物園の機能解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        森村 成樹
        完了
        動物園;環境教育;環境エンリッチメント;展示技法;教育効果
      • ヒトおよび霊長類がおこなう対象・身体・空間のイメージ操作の進化的理解に関する研究
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        川合 伸幸
        完了
        イメージ操作;霊長類;進化;身体;空間
      • チンパンジーのセルフハンディキャップ行動:ヒトとの遊びの交渉を通して
        萌芽研究
        株式会社林原生物化学研究所類人猿研究センター
        関根 すみれな
        完了
        チンパンジー;セルフハンディキャップ行動;遊び

      外部資金:その他

      • Multi-male and multi-female group formation on captive chimpanzees in Japan.
        IPS Captive Care Grant
        自 2008年, 至 2008年
        森村成樹
      • 博物館における「行動展示」を目的とした新しいチンパンジーコロニーの形成
        トヨタ財団研究助成金
        自 1999年, 至 2000年
        森村成樹
      • 分断された絶滅危惧種チンパンジーの生息地をつなぐ「緑の回廊」植林活動とドローンを用いた広域野火管理技術の確立
        三井物産環境基金
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
        森村成樹

      ページ上部へ戻る