教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

齋藤 暁

サイトウ アキラ

法学研究科 法政理論専攻 特定助教

齋藤 暁
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 法学部

    所属学協会

    • 自 2021年12月, 至 現在
      比較法学会
    • 自 2021年11月, 至 現在
      日本法哲学会

    学位

    • 博士(法学)(京都大学)
    • 修士(法学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院法学研究科博士後期課程法政理論専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院法学研究科修士課程法政理論専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 早稲田大学, 社会科学部社会科学科, 卒業

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院法学研究科, 特定助教
    • 自 2017年04月, 至 2018年07月
      独立行政法人日本学術振興会, 特別研究員(DC2)

    使用言語

    • ドイツ語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 憲法学の方法
      • 法学方法論
      • ドグマーティク
      • 戦後憲法学
      • 法理論
      • 憲法学史
      • 憲法学

      研究分野

      • 人文・社会, 公法学

      論文

      • 憲法学の方法としてのドグマーティク -そのドイツ国法学における所在について-
        齋藤 暁
        2021年03月
      • 初期樋口陽一の憲法学と〈戦後憲法学〉の知的状況(3・完)日本戦後憲法学史研究・序説
        齋藤 暁
        法学論叢 = Kyoto law review, 2019年05月, 査読有り
      • 初期樋口陽一の憲法学と<戦後憲法学>の知的状況(2)日本戦後憲法学史研究・序説
        齋藤 暁
        法学論叢 = Kyoto law review, 2019年02月, 査読有り
      • 初期樋口陽一の憲法学と〈戦後憲法学〉の知的状況(1)日本戦後憲法学史研究・序説
        齋藤 暁
        法学論叢 = Kyoto law review, 2018年07月, 査読有り

      MISC

      • [書評]憲法学が「戦後憲法学」を問うことの意味––鈴木敦・出口雄一編『「戦後憲法学」の群像』
        齋藤 暁
        憲法研究, 2022年05月, 査読有り
      • 令和元年参議院議員選挙における議員定数配分規定の合憲性
        齋藤 暁
        判例時報, 2022年02月
      • 判例研究 地方公務員災害補償法が定める遺族補償年金の受給資格規定の合憲性[最高裁平成29.3.21判決]
        公法研究会; 齋藤 暁
        法学論叢 = Kyoto law review, 2018年11月, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 憲法学の方法としてのドグマーティク ––ドイツにおける実務適合的な法学の位相––
        齋藤 暁
        現代法学方法論研究会, 2022年01月24日, 招待有り
      • 憲法学の方法としてのドグマーティク––ドイツ国法学におけるドグマーティクの位置・課題・機能––」
        齋藤 暁
        北陸公法判例研究会, 2021年11月27日
      • 令和元年参議院議員選挙における議員定数配分規定の合憲性
        齋藤 暁
        京都大学公法判例研究会, 2021年06月24日
      • 遺族補償年金の受給資格に夫にのみ年齢要件を設けることの合憲性
        齋藤 暁
        京都大学公法判例研究会, 2018年03月08日

      外部資金:科学研究費補助金

      • 現代ドイツ憲法学におけるドグマーティクの方法の可能性と限界
        研究活動スタート支援
        0105:法学およびその関連分野
        京都大学
        齋藤 暁
        自 2021年08月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        ドグマーティク;憲法学の方法;憲法理論;三段階審査;比例原則

      ページ上部へ戻る