教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

清水 覚司

シミズ サトシ

医学部附属病院 集中治療部 助教

清水 覚司
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程医学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      岐阜県立大垣北高等学校, ぎふけんりつおおがききたこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      滋賀医科大学, 麻酔科, 助教
    • 自 2017年04月, 至 2022年03月
      京都大学医学部附属病院, 麻酔科 (麻酔科・集中治療部), 助教
    • 自 2012年03月, 至 2013年04月
      京都大学医学部附属病院, 麻酔科
    • 自 2011年04月, 至 2012年03月
      小倉記念病院, 麻酔科
    • 自 2008年04月, 至 2011年03月
      神戸市立医療センター中央市民病院, 初期研修医・麻酔科後期研修医

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        オピオイド受容体制御機構の解明
      • 研究概要

        活性化したオピオイド受容体機能を制御する因子についての解析に取り組んでいます

      研究分野

      • ライフサイエンス, 麻酔科学

      論文

      • Unilateral radiculopathy away from the puncture site due to adhesive arachnoiditis after spinal anesthesia for an emergent cesarean delivery: a case report
        Satoshi Shimizu
        JA Clinical Reports, 2022年04月12日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Invasive Respiratory or Vasopressor Support and/or Death as a Proposed Composite Outcome Measure for Perioperative Care Research.
        Mizota T; Dong L; Takeda C; Shiraki A; Matsukawa S; Shimizu S; Kai S
        Anesthesia and analgesia, 2019年09月, 査読有り
      • Transient acute kidney injury after major abdominal surgery increases chronic kidney disease risk and 1-year mortality.
        Mizota T; Dong L; Takeda C; Shiraki A; Matsukawa S; Shimizu S; Kai S
        Journal of critical care, 2019年04月, 査読有り
      • Invasive Respiratory or Vasopressor Support and/or Death as a Proposed Composite Outcome Measure for Perioperative Care Research.
        Mizota T; Dong L; Takeda C; Shiraki A; Matsukawa S; Shimizu S; Kai S
        Anesthesia and analgesia, 2018年11月, 査読有り
      • Kartagener症候群患者に対する脳死両肺移植術の麻酔経験
        川本 修司; 白木 敦子; 武田 親宗; 清水 覚司; 深川 博志; 田中 具治
        Cardiovascular Anesthesia, 2018年09月
      • Cooperative Domain Formation by Homologous Motifs in HOIL-1L and SHARPIN Plays A Crucial Role in LUBAC Stabilization
        Hiroaki Fujita; Akira Tokunaga; Satoshi Shimizu; Amanda L. Whiting; Francisco Aguilar-Alonso; Kenji Takagi; Erik Walinda; Yoshiteru Sasaki; Taketo Shimokawa; Tsunehiro Mizushima; Izuru Ohki; Mariko Ariyoshi; Hidehito Tochio; Federico Bernal; Masahiro Shirakawa; Kazuhiro Iwai
        Cell Reports, 2018年04月24日, 査読有り
      • Intraoperative oliguria predicts acute kidney injury after major abdominal surgery
        T. Mizota; Y. Yamamoto; M. Hamada; S. Matsukawa; S. Shimizu; S. Kai
        BRITISH JOURNAL OF ANAESTHESIA, 2017年12月, 査読有り
      • Acute kidney injury after pediatric liver transplantation: incidence, risk factors, and association with outcome
        Miho Hamada; Shino Matsukawa; Satoshi Shimizu; Shinichi Kai; Toshiyuki Mizota
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2017年10月, 査読有り
      • Differential Involvement of the Npl4 Zinc Finger Domains of SHARPIN and HOIL-1L in Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex-Mediated Cell Death Protection
        Satoshi Shimizu; Hiroaki Fujita; Yoshiteru Sasaki; Tatsuaki Tsuruyama; Kazuhiko Fukuda; Kazuhiro Iwai
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2016年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Acute Obstruction of Craniocervical Venous Drainage in a Lung-Transplant Patient
        Satoshi Shimizu; Tomohiro Koyama; Toshiyuki Mizota; Kazuhiko Fukuda
        JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA, 2014年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Successful tracheal intubation with the GlideScope® in a patient with CHARGE syndrome.
        Shimizu S; Koyama T; Mizota T; Fukuda K
        Journal of anesthesia, 2013年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Anesthetic management of above-knee amputation in a patient with progressive supranuclear palsy
        Satoshi Shimizu; Seishou Kawashima; Katsuhiro Seo
        Acta Anaesthesiologica Taiwanica, 2013年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Waterhouse-Friderichsen syndrome caused by invasive Haemophilus influenzae type B infection in a previously healthy young man
        S. Shimizu; Y. Tahara; T. Atsumi; Y. Imai; H. Ueda; R. Seo; N. Higashibeppu; H. Mima; K. Yamazaki
        ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 2010年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Peripheral nerve regeneration by the in vitro differentiated-human bone marrow stromal cells with Schwann cell property
        Satoshi Shimizu; Masaaki Kitada; Hiroto Ishikawa; Yutaka Itokazu; Shohei Wakao; Mari Dezawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年08月, 査読有り, 筆頭著者
      • Anesthetic management of living-donor lung transplantation for end-stage COVID-19 lung failure
        Satoshi Shimizu; Kayo Kimura
        JA Clinical Reports, 2022年03月15日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • CRISPR/Cas9 unveils the dynamics of the endogenous µ‐opioid receptors on neuronal cells under continuous opioid stimulation
        Satoshi Shimizu; Atsuko Shiraki
        Pharmacology Research & Perspectives, 2022年03月03日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Clathrin regulates the β-arrestin pathway regardless of ligand bias
        Atsuko Shiraki; Satoshi Shimizu
        2021年11月04日, 責任著者

      MISC

      • 傾向スコアを用いた腹部大動脈瘤人工血管置換術における波形解析機能付き動脈カテーテルの使用と予後の関係
        武田 親宗; 名原 功; 川本 修司; 清水 覚司; 深川 博志; 田中 具治; 米倉 寛; 川崎 洋平; 竹内 正人; 溝田 敏幸; 川上 浩司
        Cardiovascular Anesthesia, 2018年09月
      • 【ユビキチン系の破綻と疾患】 直鎖状ポリユビキチン鎖による炎症・免疫反応の制御
        清水 覚司; 岩井 一宏
        医学のあゆみ, 2016年02月
      • ユビキチンシステムが切り開く新たな生命現象 LUBACアクセサリー分子SHARPINとHOIL-1Lがプログラム細胞死抑制において果たす機能的差異の解析
        清水 覚司; 藤田 宏明; 岩井 一宏
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • LUBACリガーゼ形成における相同性の高いHOIL-1L、SHARPINのUBLの機能的差異
        藤田 宏明; 清水 覚司; 徳永 暉; Walinda Erik; 高木 賢治; 水島 恒裕; 栃尾 豪人; 岩井 一宏
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • 人工心肺症例における新鮮凍結血漿投与を予測する因子の検討
        清水 覚司; 溝田 敏幸; 瀬尾 勝弘
        Cardiovascular Anesthesia, 2013年09月
      • 肺移植レシピエントにおける陽圧換気時の動肺コンプライアンスに関する検討
        松川 志乃; 溝田 敏幸; 清水 覚司; 大条 紘樹; 小山 智弘; 田中 具治; 福田 和彦
        Cardiovascular Anesthesia, 2013年09月
      • 脳死両肺移植術後に右内頸静脈の血栓閉塞を生じた一例
        清水 覚司; 小山 智弘; 福田 和彦
        日本集中治療医学会雑誌, 2013年01月
      • 生体肝移植5症例におけるPerfusion Indexの推移
        金沢 晋弥; 美馬 裕之; 清水 覚司; 池内 久太郎; 上原 直子; 瀬尾 英哉; 内藤 慶史; 瀬尾 龍太郎; 東別府 直紀; 山崎 和夫
        日本集中治療医学会雑誌, 2011年01月
      • 基礎疾患のない成人男性のhaemophilus influenzae type b感染を契機としたWaterhouse-Friedrichson症候群
        田原 裕美子; 清水 覚司; 今井 幸弘
        神戸市立病院紀要, 2010年03月
      • 正常分娩7日後に発症した急性脳症に対して低体温療法を併用した一例
        清水 覚司; 美馬 裕之
        蘇生, 2009年10月

      受賞

      • 2008年03月09日
        京都大学, 京都大学総長賞
      • 2017年09月07日
        京都大学医学部校友会, 京都大学医学部若手研究者優秀論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • オピオイドへの耐性形成や副作用発現におけるユビキチン修飾の意義と分子機構の解明
        若手研究
        小区分55050:麻酔科学関連
        京都大学
        清水 覚司
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        オピオイド;耐性形成;ユビキチン修飾
      • オピオイドへの耐性形成に関与するオピオイド受容体制御機構の解明
        若手研究
        小区分55050:麻酔科学関連
        京都大学
        清水 覚司
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        オピオイド;耐性形成;副作用発現;オピオイド受容体;副作用発現機序;リン酸化;ユビキチン化;Gタンパク質共役型受容体;翻訳後修飾;アレスチン;受容体内在化;内在化

      ページ上部へ戻る