教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

平芳 一法

ヒラヨシ カズノリ

医生物学研究所 再生組織構築研究部門 講師

平芳 一法
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 細胞機能調節学, 講師
    • 医学研究科, 医科学専攻 細胞機能調節学, 講師
    • 理学研究科, 生物科学専攻 生物物理学(分子細胞生物学), 講師

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本細胞生物学会

    学位

    • 理学修士(甲南大学)
    • 医学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 甲南大学, 大学院自然科学研究科修士課程, 修了
    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 甲南大学, 理学部生物学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪星光学院, おおさかせいこうがくいん

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        基本転写機構の解析
        RNAアプタマーの応用
      • 研究概要

        1)真核生物における転写制御機構の解析、2)コラーゲン分子の機能解析を目的に、標的分子の機能解析ツールとしてRNA aptamer(立体構造を介して標的分子に特異的に結合し、その機能を阻害する人工RNA分子)を用いた研究を展開している。

      研究キーワード

      • 分子生物学
      • 細胞生物学
      • Molecular Biology
      • Cell Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • MONOCLONAL-ANTIBODY SPECIFICALLY REACTING AGAINST 73-KILODALTON HEAT-SHOCK COGNATE PROTEIN - POSSIBLE EXPRESSION ON MAMMALIAN-CELL SURFACE
        N TSUBOI; M ISHIKAWA; Y TAMURA; S TAKAYAMA; H TOBIOKA; A MATSUURA; K HIRAYOSHI; K NAGATA; N SATO; K KIKUCHI
        HYBRIDOMA, 1994年10月, 査読有り
      • ANOTHER MECHANISM FOR THE DEFECT IN TYPE-III COLLAGEN ACCUMULATION IN EHLERS-DANLOS SYNDROME TYPE-IV - INCREASED INTRACELLULAR DEGRADATION OF THE PROCOLLAGEN
        A UTANI; T TANAKA; C NISHIGORI; Y MIYACHI; K DANNO; S IMAMURA; M HOSOKAWA; T TAKEDA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        LABORATORY INVESTIGATION, 1990年08月, 査読有り
      • Perturbation of discrete sites on a single protein domain with RNA aptamers: Targeting of different sides of the TATA-binding protein (TBP)
        Ken I. Hohmura; Hua Shi; Kazunori Hirayoshi
        Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 2013年, 査読有り
      • Functional analysis of GAGA factor in transcription by RNA aptam
        Hohmuram K; Hirayoshi K
        20th IUBMBinternational Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006 6.18-23 Kyoto, 2006年, 査読有り
      • Cultured murine dermal fibroblast-like cells from senescence-accelerated mice as in vitro models for higher oxidative stress due to mitochondrial alterations
        Y Chiba; Y Yamashita; M Ueno; H Fujisawa; K Hirayoshi; K Hohmura; H Tomimoto; Akiguchi, I; M Satoh; A Shimada; M Hosokawa
        JOURNALS OF GERONTOLOGY SERIES A-BIOLOGICAL SCIENCES AND MEDICAL SCIENCES, 2005年09月, 査読有り
      • Different adaptive traits to cold exposure in young senescence-accelerated mice
        Y Yamashita; Y Chiba; C Xia; K Hirayoshi; M Satoh; Y Saitoh; A Shimada; E Nakamura; M Hosokawa
        BIOGERONTOLOGY, 2005年03月, 査読有り
      • Characterization of multiple members of the HSP70 family in platyfish culture cells: Molecular evolution of stress protein HSP70 in vertebrates
        M Yamashita; K Hirayoshi; K Nagata
        GENE, 2004年07月, 査読有り
      • Mitochondrial alterations and a higher oxidative status in cultured fibroblast-like cells from senescence-accelerated mice
        Y Chiba; Y Yamashita; K Hirayoshi; M Ueno; H Fujisawa; T Matsushita; K Kogishi; Akiguchi, I; M Satoh; A Shimada; M Hosokawa
        SENESCENCE-ACCELERATED MOUSE (SAM): AN ANIMAL MODEL OF SENESCENCE, 2004年, 査読有り
      • The Kruppel-like factor Zf9 and proteins in the Sp1 family regulate the expression of HSP47, a collagen-specific molecular chaperone
        K Yasuda; K Hirayoshi; H Hirata; H Kubota; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年11月, 査読有り
      • Expression of N-deacetylase/sulfotransferase and 3-O-sulfotransferase in rat alveolar type II cells
        ZY Li; K Hirayoshi; Y Suzuki
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY, 2000年08月, 査読有り
      • Separate cis-acting DNA elements control cell type- and tissue-specific expression of collagen binding molecular chaperone HSP47
        H Hirata; Yamamura, I; K Yasuda; A Kobayashi; N Tada; M Suzuki; K Hirayoshi; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Nuclear run-on assays: Assessing transcription by measuring density of engaged RNA polymerases
        K Hirayoshi; JT Lis
        CHROMATIN, 1999年, 査読有り
      • Direct cloning of DNA that interacts in vivo with a specific protein: application to RNA polymerase II and sites of pausing in Drosophila
        A Law; K Hirayoshi; T O'Brien; JT Lis
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1998年02月, 査読有り
      • Intracellular interaction of collagen-specific stress protein HSP47 with newly synthesized procollagen
        M Satoh; K Hirayoshi; SI Yokota; N Hosokawa; K Nagata
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1996年04月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of the vimentin-encoding gene in mouse myeloid leukemia M1 cells
        N Nakamura; M Shida; K Hirayoshi; K Nagata
        GENE, 1995年12月, 査読有り
      • HSF ACCESS TO HEAT-SHOCK ELEMENTS IN-VIVO DEPENDS CRITICALLY ON PROMOTER ARCHITECTURE DEFINED BY GAGA FACTOR, TFIID AND RNA-POLYMERASE-II BINDING-SITES
        LS SHOPLAND; K HIRAYOSHI; M FERNANDES; JT LIS
        GENES & DEVELOPMENT, 1995年11月, 査読有り
      • INTERACTIONS BETWEEN COLLAGEN-BINDING STRESS PROTEIN HSP47 AND COLLAGEN - ANALYSIS OF KINETIC-PARAMETERS BY SURFACE-PLASMON RESONANCE BIOSENSOR
        T NATSUME; T KOIDE; S YOKOTA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1994年12月, 査読有り
      • COEXPRESSION OF THE COLLAGEN-BINDING STRESS PROTEIN HSP47 GENE AND THE ALPHA-1(I) AND ALPHA-1(III) COLLAGEN GENES IN CARBON TETRACHLORIDE-INDUCED RAT-LIVER FIBROSIS
        H MASUDA; M FUKUMOTO; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 1994年12月, 査読有り
      • PREFERENTIAL LOCALIZATION OF HEAT-SHOCK PROTEIN-47 IN DILATED ENDOPLASMIC-RETICULUM OF CHICKEN CHONDROCYTES
        K KAMBE; A YAMAMOTO; T YOSHIMORI; K HIRAYOSHI; R OGAWA; Y TASHIRO
        JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 1994年07月, 査読有り
      • 2 COLLAGEN-BINDING PROTEINS, OSTEONECTIN AND HSP47, ARE COORDINATELY INDUCED IN TRANSFORMED KERATINOCYTES BY HEAT AND OTHER STRESSES
        H KUDO; K HIRAYOSHI; Y KITAGAWA; S IMAMURA; K NAGATA
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 1994年06月, 査読有り
      • ENHANCEMENT OF DIFFERENTIATION INDUCTION OF MOUSE MYELOMONOCYTIC LEUKEMIC-CELLS BY EXTRACELLULAR ATP
        M YAMAGUCHI; K HIRAYOSHI; M OKUMA; K NAGATA
        JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 1994年06月, 査読有り
      • ALTERNATIVE 5' SPLICE-SITE SELECTION INDUCED BY HEAT-SHOCK
        H TAKECHI; N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1994年01月, 査読有り
      • Detection of cell surface 73KDa heat shock cognate protein by a newly-developed monoclonal antibody
        平芳 一法
        Hybridoma,13/5,373-381, 1994年, 査読有り
      • STRUCTURE OF THE GENE ENCODING THE MOUSE 47-KDA HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47)
        N HOSOKAWA; H TAKECHI; S YOKOTA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        GENE, 1993年04月, 査読有り
      • MODULATION OF THE PHOSPHORYLATION OF GLUCOSE-REGULATED PROTEIN, GRP78, BY TRANSFORMATION AND INHIBITION OF GLYCOSYLATION
        M SATOH; A NAKAI; Y SOKAWA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 1993年03月, 査読有り
      • DOWN-REGULATION OF INTERLEUKIN-6 RECEPTORS OF MOUSE MYELOMONOCYTIC LEUKEMIC-CELLS BY LEUKEMIA INHIBITORY FACTOR
        M YAMAGUCHI; M MICHISHITA; K HIRAYOSHI; K YASUKAWA; M OKUMA; K NAGATA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年11月, 査読有り
      • QUERCETIN, AN INHIBITOR OF HEAT-SHOCK PROTEIN-SYNTHESIS, INHIBITS THE ACQUISITION OF THERMOTOLERANCE IN A HUMAN COLON-CARCINOMA CELL-LINE
        M KOISHI; N HOSOKAWA; M SATO; A NAKAI; K HIRAYOSHI; M HIRAOKA; M ABE; K NAGATA
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1992年11月, 査読有り
      • INHIBITION OF THE ACTIVATION OF HEAT-SHOCK FACTOR INVIVO AND INVITRO BY FLAVONOIDS
        N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; H KUDO; H TAKECHI; A AOIKE; K KAWAI; K NAGATA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1992年08月, 査読有り
      • MOLECULAR-CLONING OF A MOUSE 47-KDA HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47), A COLLAGEN-BINDING STRESS PROTEIN, AND ITS EXPRESSION DURING THE DIFFERENTIATION OF F9 TERATOCARCINOMA CELLS
        H TAKECHI; K HIRAYOSHI; A NAKAI; H KUDO; S SAGA; K NAGATA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1992年06月, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF A VIMENTIN-SPECIFIC PROTEASE IN MOUSE MYELOID-LEUKEMIA CELLS - REGULATION DURING DIFFERENTIATION AND IDENTITY WITH CATHEPSIN-G
        N NAKAMURA; A TSURU; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1992年05月, 査読有り
      • INVOLVEMENT OF THE STRESS PROTEIN HSP47 IN PROCOLLAGEN PROCESSING IN THE ENDOPLASMIC-RETICULUM
        A NAKAI; M SATOH; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1992年05月, 査読有り
      • QUERCETIN, A BIOFLAVONOID, INHIBITS THE INCREASE OF HUMAN MULTIDRUG RESISTANCE GENE (MDR1) EXPRESSION CAUSED BY ARSENITE
        N KIOKA; N HOSOKAWA; T KOMANO; K HIRAYOSHI; K NAGATA; K UEDA
        FEBS LETTERS, 1992年04月, 査読有り
      • EFFECTS OF TYPE-BETA-1 TRANSFORMING GROWTH-FACTOR ON THE PROLIFERATION AND DIFFERENTIATION OF MOUSE MYELOMONOCYTIC LEUKEMIA-CELLS (M1)
        M MICHISHITA; K HIRAYOSHI; A TSURU; N NAKAMURA; Y YOSHIDA; M OKUMA; K NAGATA
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 1991年09月, 査読有り
      • HSP47 - A TISSUE-SPECIFIC, TRANSFORMATION-SENSITIVE, COLLAGEN-BINDING HEAT-SHOCK PROTEIN OF CHICKEN-EMBRYO FIBROBLASTS
        K HIRAYOSHI; H KUDO; H TAKECHI; A NAKAI; A IWAMATSU; KM YAMADA; K NAGATA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1991年08月, 査読有り
      • BOTH D-FACTOR LIF AND IL-6 INHIBIT THE DIFFERENTIATION OF MOUSE TERATOCARCINOMA F9 CELLS
        K HIRAYOSHI; A TSURU; M YAMASHITA; M TOMIDA; Y YAMAMOTOYAMAGUCHI; K YASUKAWA; M HOZUMI; DV GOEDDEL; K NAGATA
        FEBS LETTERS, 1991年05月, 査読有り
      • PHOSPHORYLATION OF THE STRESS PROTEIN HSP27 IS AN EARLY EVENT IN MURINE MYELOMONOCYTIC LEUKEMIC-CELL DIFFERENTIATION INDUCED BY LEUKEMIA INHIBITORY FACTOR D-FACTOR
        M MICHISHITA; M SATOH; M YAMAGUCHI; K HIRAYOSHI; M OKUMA; K NAGATA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1991年05月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF THE ATP-BINDING HEAT-INDUCIBLE PROTEIN OF MR=37,000 AS GLYCERALDEHYDE-3-PHOSPHATE DEHYDROGENASE
        A NAKAI; M SATOH; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1991年04月, 査読有り
      • FLAVONOIDS INHIBIT THE EXPRESSION OF HEAT-SHOCK PROTEINS
        N HOSOKAWA; K HIRAYOSHI; A NAKAI; Y HOSOKAWA; N MARUI; M YOSHIDA; T SAKAI; H NISHINO; A AOIKE; K KAWAI; K NAGATA
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 1990年12月, 査読有り
      • NOVEL ATP-BINDING HEAT-INDUCIBLE PROTEIN OF MR = 37,000 THAT IS SENSITIVE TO TRANSFORMATION IN BALB 3T3 CELLS
        A NAKAI; C HIRAYAMA; K OHTSUKA; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 1990年06月, 査読有り
      • REGULATION OF THE EXPRESSION OF VIMENTIN GENE DURING THE DIFFERENTIATION OF MOUSE MYELOID-LEUKEMIA CELLS
        A TSURU; N NAKAMURA; E TAKAYAMA; Y SUZUKI; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1990年05月, 査読有り
      • TRANSFORMATION OF BALB/3T3 CELLS BY SIMIAN VIRUS-40 CAUSES A DECREASED SYNTHESIS OF A COLLAGEN-BINDING HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47)
        A NAKAI; K HIRAYOSHI; K NAGATA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年01月, 査読有り
      • THE TRANSFORMATION-SENSITIVE HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47) BINDS SPECIFICALLY TO FETUIN
        A NAKAI; K HIRAYOSHI; S SAGA; KM YAMADA; K NAGATA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年10月, 査読有り
      • Changes in the intermediate filaments, vimentin, during the differentiation of mouse myeloid leukemia cells
        K. Nagata; A. Tsuru; N. Nakamura; E. Takayama; Y. Suzuki; K. Hirayoshi
        Cell Structure and Function, 1989年, 査読有り
      • BIOSYNTHESIS OF A NOVEL TRANSFORMATION-SENSITIVE HEAT-SHOCK PROTEIN THAT BINDS TO COLLAGEN - REGULATION BY MESSENGER-RNA LEVELS AND INVITRO SYNTHESIS OF A FUNCTIONAL PRECURSOR
        K NAGATA; K HIRAYOSHI; M OBARA; S SAGA; KM YAMADA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年06月, 査読有り
      • EFFECT OF THE RECOMBINANT VACCINIA VIRUSES THAT EXPRESS HTLV-I ENVELOPE GENE ON HTLV-I INFECTION
        H SHIDA; T TOCHIKURA; T SATO; T KONNO; K HIRAYOSHI; M SEKI; Y ITO; M HATANAKA; Y HINUMA; M SUGIMOTO; F TAKAHASHINISHIMAKI; T MARUYAMA; K MIKI; K SUZUKI; M MORITA; H SASHIYAMA; M HAYAMI
        EMBO JOURNAL, 1987年11月, 査読有り
      • IMMUNOGLOBULIN HEAVY-CHAIN GENE DIVERSIFICATION IN THE LONG-TERM BONE-MARROW CULTURE OF NORMAL MICE AND MICE WITH SEVERE COMBINED IMMUNODEFICIENCY
        K HIRAYOSHI; SI NISHIKAWA; T KINA; M HATANAKA; S HABU; T NOMURA; Y KATSURA
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1987年07月, 査読有り
      • EXPRESSION OF THE C-MYC GENE IN HUMAN GASTROINTESTINAL MALIGNANCIES
        K TSUBOI; K HIRAYOSHI; K TAKEUCHI; H SABE; Y SHIMADA; G OHSHIO; T TOBE; M HATANAKA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1987年07月, 査読有り
      • EXPRESSION OF A PROVIRUS OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I BY DNA TRANSFECTION
        K MORI; H SABE; H SIOMI; T IINO; A TANAKA; K TAKEUCHI; K HIRAYOSHI; M HATANAKA
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1987年02月, 査読有り
      • LIMITING DILUTION ANALYSIS OF THE STEM-CELLS FOR T-CELL LINEAGE
        Y KATSURA; T KINA; T AMAGAI; T TSUBATA; K HIRAYOSHI; Y TAKAOKI; T SADO; SI NISHIKAWA
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1986年10月, 査読有り
      • GENOMIC EXPRESSIONS OF HUMAN T-LYMPHOTROPIC VIRUS (HTLV-I)
        M HATANAKA; H SABE; A TANAKA; K MORI; H SIOMI; S NAM; Y ADACHI; S ITAMURA; K HIRAYOSHI
        AIDS RESEARCH, 1986年12月, 査読有り

      MISC

      • IDENTIFICATION OF CIS-ELEMENTS AND TRANSCRIPTION FACTORS THAT REGULATE THE TISSUE SPECIFIC EXPRESSION OF HSP47
        Yasuda Kunihiko; Hirayoshi Kazunori; Hosokawa Nobuko; Nagata Kazuhiro
        Connective tissue, 2002年04月
      • HSP47の組織特異的発現は2つのシスエレメントにより制御されている
        平田普三; 山村功; 安田邦彦; 小林明央; 多田昇弘; 鈴木操; 平芳一法; 細川暢子; 永田和宏
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 1999年
      • コラーゲン特異的分子シャペロンHSP47のプロモーター解析
        平田普三; 山村功; 平芳一法; 細川暢子; 永田和宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年11月
      • TRANSCRIPTIONAL CONTROL OF THE EXPRESSION OF NOVEL HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47)
        K NAGATA; K HIRAYOSHI; S SAGA; M OBARA; KM YAMADA
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 1987年12月
      • DIFFERENTIATION OF THE TERATOCARCINOMA CELL F9 AND THE INDUCTION OF HEAT-SHOCK PROTEIN (HSP47)
        K HIRAYOSHI; K NAGATA
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 1987年12月
      • 転写開始複合体形成におけるクロマチンリモデリング因子の関与
        法邑賢一; 平芳一法
        ポスター3 転写開始複合体形成におけるクロマチンリモデリング因子の関与 法邑賢一、平芳一法(細胞機能調節学分野) 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 平成24 年度学術講演会 開催日:2012 年12 月19 日(水), 2012年, 査読有り
      • RNA アプタマーを用いたGAF の機能解析
        法邑賢一; 平芳一法
        第53 回日本分子生物学会物学会年会, (2012.12.11-14.福岡), 2012年, 査読有り
      • 転写複合体形成過程におけるTBP/GAF 間相互作用の解析
        平芳一法; 法邑賢一
        第84 回日本遺伝学会大会 (2012.9.24-26.福岡), 2012年, 査読有り
      • Analyses of communication between GAF and TBP by RNA aptamers
        法邑 賢一; 平芳 一法
        京都大学再生医科学研究所 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 平成23 年度 学術講演会 2011 年12 月26 日(月) ポスター3, 2011年, 査読有り
      • 転写初期段階におけるクロマチン関連因子を核とした因子間ネットワークの解明
        法邑賢一; 平芳一法
        京都大学再生医科学研究所 \n「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 \n平成22 年度学術講演会 \n開催日:2010 年12 月13 日(月) \n場所:芝蘭会館稲盛ホール, 2010年, 査読有り
      • PIC 形成過程におけるTBP/GAF 間相互作用の役割
        法邑賢一; 平芳一法
        .第32 回日本分子生物学会年会 (2009.12.9-12.横浜), 2009年, 査読有り
      • RNA アプタマーを用いた転写因子GAF の機能解析
        法邑賢一; 平芳一法
        第82 回日本生化学会大会(2009.10.21- 24.神戸), 2009年, 査読有り
      • RNA APTAMER AS A MOLECULAR TOOL FOR ANALYZING THE PROTEIN-PROTEIN INTERACTION
        Ken-ichi Hohmura; Kazunori Hirayoshi
        POSTER 12 International Symposium on Regenerative Medical Therapy (Institute for Frontier Medical Sciences, Kyoto University 2007 年9 月19 日(水)20 日(木), 2007年, 査読有り
      • 転写開始後におけるGAGA 因子の機能解析の解析
        法邑賢一; 平芳一法
        第30 回日本分子生物学会物学会年会 (2007.12.11.~15. 横浜), 2007年, 査読有り
      • The analysis of intra-molecular regulation of TBP by RNA aptamer
        平芳一法; 法邑賢一
        第78 回日本生化学会大会 ワークショップ「転写I」(2005. 10. 20.神戸), 2005年10月20日, 査読有り
      • Involvements of GAGA factor in transcription analyzed by RNA aptamers
        法邑賢一; 平芳一法
        第78 回日本生化学会大会ワークショップ「転写I」(2005. 10. 20.神戸), 2005年10月20日, 査読有り
      • TBP 特異的RNA アプタマーを用いた転写機構の解析
        平芳一法; 法邑賢一
        第28 回日本分子生物学会年会(2005. 12. 7. ~10.福岡), 2005年, 査読有り
      • 転写過程におけるGAGA 因子複合体の機能―RNA アプタマーを用いた解析―
        邑賢一; 平芳一法
        第28 回日 本分子生物学会年会(2005. 12. 7. ~10.福岡), 2005年, 査読有り
      • The analysis of transcription complex by RNA aptamer(1)Drosophila TBP as a target
        法邑賢一; 平芳一法
        第77 回 日本生化学会大会(2004.10.13.~16. 横浜), 2004年10月13日, 査読有り
      • TBP 特異的RNA アプタマーを用いた転写調節機構の解析
        法邑賢一; 平芳一法
        第27 回日本分子生物学会年会 (2004.12.8.~11. 神戸), 2004年, 査読有り
      • ショウジョウバエGAGA 因子に結合するRNA アプタマーの解析
        平芳一法; 法邑賢一
        第27 回日本分子生物学会年会(2004.12.8.~11. 神戸), 2004年, 査読有り
      • RNA aptqamerによる転写複合体中因子の機能解析
        法邑 賢一; 平芳 一法
        第37回日本分子生物学会年会 (2014.11.25-27. 横浜

      講演・口頭発表等

      • I型コラーゲンに対するRNAアプタマーの選別
        平芳 一法
        第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日
      • RNAアプタマーによるショウジョウバエ転写因子GAFの機能解析
        平芳 一法
        2017年12月06日

      外部資金:科学研究費補助金

      • コラーゲンを標的とするRNAアプタマーの取得と創薬への試み
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        平芳 一法
        自 2017年06月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        RNAアプタマー;コラーゲン;RNA aptamer
      • 膵島細胞と免疫抑制細胞とからなる複合細胞凝集体の形成とその移植
        基盤研究(A)
        京都大学
        岩田 博夫
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ランゲルハンス氏島;膵島;制御性T細胞;糖尿病;血糖値;移植;皮下移植;拒絶反応
      • RNA aptamerを用いた基本転写機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        平芳 一法
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        RNA aptamer;初期転写複合体;表面プラズモン共鳴;SELEX;TBP;Paused polymerase;基本転写因子;TAF60;ショウジョウバエ, RNA aptamer;pre-initiation complex;surface plasmon resonance;SELEX;TBP
      • 肺胞上皮細胞の形質転換と遺伝子発現の制御
        基盤研究(C)
        京都大学
        鈴木 康弘
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        肺胞II型細胞;分化転換;硫酸転移酵素;プロテオグリカン;細胞伸展;肺障害;MT-MMP;肺傷害;肺胞上皮細胞;遺伝子発現;ヘパラン硫酸;ハービマイシンA;リチウム, type II cell;transdifferentiation;sulfotransferase;proteoglycan;cell spreading;lung damage;MT-MMP
      • コラーゲン特異的分予シャペロンHSP47の構造と機能
        基盤研究(B)
        京都大学
        永田 和宏
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        HSP47;コラーゲン;semi-permeabilized cell;ノックアウトマウス;分子シャペロン;結晶解析
      • Paused polymeraseの機能と成立機序に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        平芳 一法
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        転写調節;ショウジョウバエ;RNA polymerase II;Paused polymerase;HSP70;TATA;DPE;GAGA;GAGA因子, Transcriptional regulation;Drosophila;RNA polymerasell;Paused polymerase;HSP70;TATA;DPE;GAGA
      • ストレス蛋白質HSP47の転写調節機構の解明
        一般研究(C)
        京都大学
        平芳 一法
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;コラーゲン;transtection
      • コラーゲン特異的ストレス蛋白質HSP47の機能と発現
        重点領域研究
        京都大学
        平芳 一法
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;Breferdin A;Monensin;Bafilomycin A1;コラーゲン
      • 熱ショック蛋白質hsp47の分子機構に関する研究
        国際学術研究
        京都大学
        中井 彰
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        熱ショック蛋白質;ストレス蛋白質;細胞内輸送;コラーゲン;分子シャペロン;構造解析;分子間結合;分子生物学, Heat Shock Protein;Stress Protein;Molecular Chaperone;Structual Analysis;Collagen;Molecular Biology;Intracellnlar transport;Intermolecular Association
      • コラーゲン特異的ストレス蛋白質HSP47の発現調節
        一般研究(C)
        京都大学
        平芳 一法
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;コラーゲン;分子シャペロン
      • 蛋白質合成初期過程におけるストレス蛋白質の役割
        国際学術研究
        京都大学
        永田 和宏
        自 1992年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;熱ショック転写因子;分子シャペロン;コラーゲン;小胞体, Stress protein;Heat shock transcription factor;Molecular Chaperone
      • コラ-ゲン特異的ストレス蛋白質HSP47の構造と機能
        一般研究(C)
        京都大学
        平芳 一法
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        ストレス蛋白質;コラ-ゲン;分子シャペロン
      • 温熱耐性克服のための熱ショック蛋白質の基礎的研究
        がん特別研究
        京都大学
        永田 和宏
        自 1988年04月01日, 至 1989年03月31日, 完了
        hsp47;熱ショック蛋白質(ヒートショックプロテイン);トランスフォーメーション;コラーゲン

      外部資金:その他

      • Paused Polymeraseの機能と成立機序に関する研究
      • RNA aptamerを用いた転写調節機構の解析
      • The analysis of transcription mechanism by RNA aptamer
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          遺伝子発現制御事始め
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          遺伝子発現制御事始め
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          遺伝子発現制御事始め
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          遺伝子発現制御事始め
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:遺伝子発現制御事始め-遺伝子を機能させ …
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:遺伝子発現制御事始め-遺伝子を機能させ …
          前期, 全学共通科目

        非常勤講師

        • 自 2019年04月01日, 至 2019年09月22日
          京都光華女子大学
        list
          Last Updated :2022/09/30

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 放射線障害予防小委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            有機廃液情報管理小委員会委員
          • 特別管理産業廃棄物管理責任者

          部局運営(役職等)

          • 至 2021年05月01日
            共同利用機器等委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            化学物質管理委員会 委員
          • 自 2017年06月01日
            施設整備委員会 委員
          • 至 2021年04月30日
            共同利用機器等委員会 委員長
          • 安全衛生委員会 委員
          • 図書委員会 委員
          • 至 2023年03月31日
            医学図書館連絡委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2019年09月
            放射線障害防止委員会 委員
          • 共同機器室運営委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            (旧再生研)共同機器室運営委員会 委員長

          ページ上部へ戻る