教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中山 憲司

ナカヤマ ケンジ

医学部附属病院 泌尿器科 特定研究員

中山 憲司
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 自 2020年07月, 至 現在
      日本感染症学会
    • 自 2020年04月, 至 現在
      The International Lipidomics Society
    • 自 2018年04月, 至 現在
      日本癌学会
    • 自 2016年10月, 至 現在
      京都生体質量分析研究会
    • 自 2015年06月, 至 現在
      The Association for Mass Spectrometry: Applications to the Clinical Laboratory: MSACL
    • 自 2014年05月, 至 現在
      日本医用マススペクトル学会
    • 自 2011年08月, 至 現在
      日本質量分析学会
    • 自 2009年03月, 至 現在
      日本ヒトプロテオーム学会
    • 自 2008年07月, 至 現在
      北海道実験動物研究会
    • 自 2002年05月, 至 現在
      ウイルソン病研究会
    • 自 1997年11月, 至 現在
      日本微量元素学会
    • 自 1989年06月, 至 現在
      日本生化学会
    • 自 1999年06月, 至 2011年07月
      LECラット研究会

    学位

    • 博士(理学)(北海道大学)
    • 環境科学修士(北海道大学)

    出身大学院・研究科等

    • 北海道大学, 大学院環境科学研究科社会環境学専攻博士前期課程, Division of Social Environment, 修了
    • 北海道大学, 大学院環境科学研究科社会環境学専攻博士後期課程, Division of Social Environment, 退学
    • 北海道大学, 大学院理学研究科化学専攻博士後期課程, Division of Chemistry, 修了

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院医学研究科, 特任准教授
    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 医学部附属病院, 特定研究員
    • 自 2017年07月, 至 2021年03月
      京都大学大学院医学研究科, 特任准教授
    • 自 2017年05月, 至 2021年03月
      京都大学, 医学部附属病院, 非常勤研究員
    • 自 2017年04月, 至 2021年03月
      株式会社 島津テクノリサーチ, 医療研究開発支援センター, 主任研究員
    • 自 2016年01月, 至 2017年04月
      京都大学大学院医学研究科, 泌尿器科教室, プロジェクト研究員
    • 自 2014年12月, 至 2017年03月
      島津テクノリサーチ, 医薬ライフサイエンス事業部, マネージャー
    • 自 2015年01月, 至 2015年12月
      京都大学大学院医学研究科, 泌尿器科教室, 研究員
    • 自 2014年06月, 至 2014年12月
      神戸大学大学院医学研究科, 内科学講座, 特務助教
    • 自 2014年04月, 至 2014年05月
      神戸大学大学院医学研究科, 内科学講座, 学術研究員
    • 自 2013年02月, 至 2014年03月
      京都大学大学院医学研究科, 泌尿器科教室, 特定助教
    • 自 2011年01月, 至 2013年01月
      京都大学大学院薬学研究科, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, 特定拠点助教
    • 自 2010年04月, 至 2011年01月
      北海道立衛生研究所, 健康科学部, 研究主査
    • 自 2002年04月, 至 2010年03月
      北海道立衛生研究所, 健康科学部, 研究職員
    • 自 2008年06月, 至 2008年12月
      University Medical Centre Groningen,, Centre for Medical Biomics,, Visiting research fellow
    • 自 1991年05月, 至 2002年03月
      北海道立衛生研究所, 生活科学部, 研究職員
    • 自 2000年01月, 至 2000年04月
      東京都神経科学総合研究所, 分子神経生物部門, 客員研究員

    使用言語

    • 英語
    • オランダ語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • qShot MALDI (網羅的・定量的 MALDI)解析法
      • 医用質量分析学
      • 生化学
      • 臨床化学
      • 質量分析学
      • 尿オミックス
      • MALDI-TOF/MS
      • イメージング質量分析
      • リピドミクス
      • ペプチドミクス
      • 前立腺がん
      • 膀胱がん
      • 尿路上皮がん
      • 乳がん
      • 細胞生物学
      • 分子生物学
      • メタボロミクス
      • プロテオミクス
      • ウイルソン病
      • メタロチオネイン
      • ポルフィリン
      • 重金属
      • 金属

      研究分野

      • ライフサイエンス, 病態医化学, 脂質
      • ライフサイエンス, 医療薬学, 臨床化学
      • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学, 環境毒性学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学, 金属タンパク質
      • ライフサイエンス, 構造生物化学, 質量分析
      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学, 分子イメージング
      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学, バイオマーカー
      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学, プロテオミクス解析
      • ライフサイエンス, 泌尿器科学, 腫瘍学
      • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学, 予防医学
      • その他, その他, 臨床化学 病態検査学
      • ライフサイエンス, 病態医化学, 分子腫瘍学
      • ライフサイエンス, 病態医化学, 分子病態学
      • ライフサイエンス, 医化学, 生体分子医学

      論文

      • High level of phosphatidylcholines/lysophosphatidylcholine ratio in urine is associated with prostate cancer
        Li X; Nakayama K; Goto T; Kimura H; Akamatsu S; Hayashi Y; Fujita K; Kobayashi T; Shimizu K; Nonomura N; Ogawa O; Inoue T
        Cancer Sci. 00: 1-11, 2021. https://doi.org/10.1111/cas.15093., 2021年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • Rapid and convenient quantitative analysis of SARS-CoV-2 RNA in serous saliva with a direct PCR method
        Deura C; Nakayama K
        Epidemiologia, 2021年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A narrative review of urinary phospholipids: from biochemical aspect towards clinical application
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Takashi Kobayashi; Koji Shimizu; Osamu Ogawa; Takahiro Inoue
        Transl Androl Urol, 2021年01月19日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Systematic chemical screening identifies disulfiram as a repurposed drug that enhances sensitivity to cisplatin in bladder cancer: a summary of preclinical studies.
        Yuki Kita; Akihiro Hamada; Ryoichi Saito; Yuki Teramoto; Ryusuke Tanaka; Keishi Takano; Kenji Nakayama; Kaoru Murakami; Keiyu Matsumoto; Shusuke Akamatsu; Toshinari Yamasaki; Takahiro Inoue; Yasuhiko Tabata; Yasushi Okuno; Osamu Ogawa; Takashi Kobayashi
        British journal of cancer, 2019年12月, 査読有り
      • Data processing on a comparative evaluation of the extraction and analysis procedures for urinary phospholipid and lysophospholipid using MALDI-TOF/MS
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Koji Shimizu; Osamu Ogawa; Takahiro Inoue
        Data in Brief, 25, 104275, https://doi.org/10.1016/j.dib.2019.104275, 2019年08月, 査読有り
      • Comparative evaluation of the extraction and analysis of urinary phospholipids and lysophospholipids using MALDI-TOF/MS
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Koji Shimizu; Osamu Ogawa; Takahiro Inoue
        Chemistry and Physics of Lipids, 223, 104787, https://doi.org/10.1016/j.chemphyslip.2019.104787., 2019年07月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Decreased expression of lysophosphatidylcholine (16:0/OH) in high resolution imaging mass spectrometry independently predicts biochemical recurrence after surgical treatment for prostate cancer
        Takayuki Goto; Naoki Terada; Takahiro Inoue; Takashi Kobayashi; Kenji Nakayama; Yoshiyuki Okada; Takeshi Yoshikawa; Yu Miyazaki; Masayuki Uegaki; Noriaki Utsunomiya; Yuki Makino; Shinji Sumiyoshi; Toshinari Yamasaki; Tomomi Kamba; Osamu Ogawa
        PROSTATE, 2015年12月, 査読有り
      • The C-terminal fragment of prostate-specific antigen, a 2331 Da peptide, as a new urinary pathognomonic biomarker candidate for diagnosing prostate cancer
        Kenji Nakayama; Takahiro Inoue; Sadanori Sekiya; Yu Miyazaki; Naoki Terada; Shinichi Iwamoto; Shin-Ichiro Kawabata; Koichi Tanaka; Osamu Ogawa
        PLoS One, 2014年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The Expression Profile of Phosphatidylinositol in High Spatial Resolution Imaging Mass Spectrometry as a Potential Biomarker for Prostate Cancer
        Takayuki Goto; Naoki Terada; Takahiro Inoue; Kenji Nakayama; Yoshiyuki Okada; Takeshi Yoshikawa; Yu Miyazaki; Masayuki Uegaki; Shinji Sumiyoshi; Takashi Kobayashi; Tomomi Kamba; Koji Yoshimura; Osamu Ogawa
        PLOS ONE, 2014年02月, 査読有り
      • ホタテガイに蓄積されたヒ素の化学形態
        神和夫; 柴田康行; 小林智; 武内伸治; 中山憲司; 高野敬志
        北海道立衛生研究所報, 2012年12月, 査読有り
      • High expression of Atp7b mRNA in the peripheral blood mononuclear cells of the Long-Evans Cinnamon Rats: an animal model of Wilson's disease.
        Nakayama K; Katoh Y; Shimizu N; Okui T; Matsumoto K; Sawada Y; Aoki T
        Hereditary Genetics: Current Research, 2012年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Metallothionein (MT) 1/2 expression in MT 1/2 and MT 3 knock-out mice and Long-Evans Cinnamon (LEC) rats
        Kyoumi Nakazato; Katsuyuki Nakajima; Takamitsu Nakano; Tsukasa Kodaira; Kenji Nakayama; Masahiko Satoh; Takeaki Nagamine
        JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2012年02月, 査読有り
      • 無毛アトピー性皮膚炎モデルマウスへの温泉水の影響 血清脂肪酸組成の経時変化と脂肪酸代謝関連遺伝子への影響
        青柳 直樹; 内野 栄治; 西村 一彦; 加藤 芳伸; 中山 憲司
        温泉科学, 2011年12月, 査読有り
      • 脳神経系における金属の機能と毒性 ニューロメタル最前線 アミロイドベータペプチド(Aβ)は遷移金属による酸化ストレスを抑制する
        中村 正雄; 宍戸 直美; 布村 明彦; Smith M.A; Perry G; 中山 憲司; 林 隆章
        Biomedical Research on Trace Elements, 2011年06月, 査読有り
      • 湧出形態別に見た道内温泉のホウ素濃度
        内野栄治; 青柳直樹; 市橋大山; 中山憲司
        温泉科学, 2011年06月, 査読有り
      • Radiofrequency Radiation at 40 kHz Induces Hepatic Injury in Long-Evans Cinnamon (LEC) Rats, an Animal Model for Human Wilson Disease
        Hiroshi Sakai; Noboru Horiguchi; Daiji Endoh; Kenji Nakayama; Masanobu Hayashi
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2011年03月, 査読有り
      • "Triple Observation Method (TOM)" to Discriminate Optically Autofluorescence from Porphyrins Versus that from Copper-Metallothioneins
        Kenji Nakayama; Yoshinobu Katoh; Mamoru Tamura
        JOURNAL OF FLUORESCENCE, 2011年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 塩酸トリエンチンに酢酸亜鉛の追加治療が奏功した肝型Wilson病の1例
        藤田真輔; 田端信忠; 岡田満; 中山憲司; 加藤芳伸; 清水教一; 竹村司
        日本小児科学会雑誌, 2011年02月, 査読有り
      • 蛍光高速液体クロマトグラフィーによるNCN24マウスの皮脂脂肪酸の高感度分析
        西村一彦; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 加藤芳伸; 板橋豊
        北海道立衛生研究所報, 2010年12月, 査読有り
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉―pHの実測値と理論値との比較―
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 森康則; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉工学会誌, 2010年03月20日, 査読有り
      • 北海道における改正温泉法によるメタン検出温泉の分布とその地球化学的特徴
        内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司
        温泉科学, 2010年03月, 査読有り
      • What Is the True Origin of the Bright Red-Orange Autofluorescence in the Hepatocytes?
        Kenji Nakayama; Mamoru Tamura
        HEPATOLOGY, 2010年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ホタテガイ中腸腺に蓄積するカドミウムの局在性
        中山憲司; 柴田康行; 神和夫
        北海道立衛生研究所報, 2009年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • LECラットならびにウィルソン病患者における尿中銅の状態(Determining the status of copper in the urine of Long-Evans Cinnamon rats and patients with Wilson's disease)
        宍戸 直美; 中山 憲司; 中村 正雄
        旭川医科大学研究フォーラム, 2009年03月, 査読有り
      • Early and presymptomatic detection of Wilson's disease at the mandatory 3-year-old medical health care examination in Hokkaido Prefecture with the use of a novel automated urinary ceruloplasmin assay
        Kenji Nakayama; Mitsuru Kubota; Yoshinobu Katoh; Yukiharu Sawada; Akiko Saito; Kazuhiko Nishimura; Eiji Katsura; Naoshi Ichihara; Tomohiro Suzuki; Hirokazu Kouguchi; Masahide Tamura; Hiroshi Honma; Setsuo Kanzaki; Hitoshi Itami; Akihiko Ohtake; Kunihiko Kobayashi; Tadashi Ariga; Kenji Fujieda; Norikazu Shimizu; Tsugutoshi Aoki
        MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 2008年07月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 温泉資源の多目的利活用に向けた複合解析研究
        鈴木隆広; 高見雅三; 秋田藤夫; 藤本和徳; 高橋徹哉; 柴田智郎; 小澤聡; 内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司; 佐藤郁夫
        情報地質, 2008年06月, 査読有り
      • 温泉資源の多目的利活用に向けた複合解析研究
        鈴木隆広; 高見雅三; 秋田藤夫; 藤本和徳; 高橋徹哉; 柴田智郎; 小澤聡; 内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司; 佐藤郁夫
        北海道立地質研究所調査研究報告(CD-ROM), 2008年03月31日, 査読有り
      • Lipid peroxidation and 4-hydroxy-2-nonenal formation by copper ion bound to amyloid-beta peptide
        Takaaki Hayashi; Naomi Shishido; Kenji Nakayama; Akihiko Nunomura; Mark A. Smith; George Perry; Masao Nakamura
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2007年12月, 査読有り
      • Three histidine residues of amyloid-beta peptide control the redox activity of copper and iron
        M. Nakamura; N. Shishido; Akihiko Nunomura; Mark A. Smith; George Perry; Y. Hayashi; K. Nakayama; T. Hayashi
        BIOCHEMISTRY, 2007年11月, 査読有り
      • Mild zinc deficiency and dietary phytic acid accelerates the development of fulminant hepatitis in LEC rats
        Akiko Saito; Kenji Nakayama; Hiroshi Hara
        JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • 北海道の公共温泉を利用した健康づくり―豊富町,壮瞥町等での取り組みから―
        青柳直樹; 内野栄治; 中山憲司
        温泉科学, 2006年12月, 査読有り
      • 北海道の公営温泉の保健・福祉分野における利活用―196市町村に対するアンケート調査結果から―
        内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司
        温泉科学, 2006年12月, 査読有り
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(1)泉質の共通的特色
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉科学, 2006年12月, 査読有り
      • 3歳児健康診断を利用したウィルソン病スクリーニングシステム
        中山憲司; 中島美知子; 山崎由香; 浦口弘子; 林三起子; 林玲子; 斉藤明子; 西村一彦; 桂英二; 市原侃; 鈴木智宏; 孝口裕一; 久保亜希子; 加藤芳伸; 田村正秀; 本間寛; 澤田幸治; 寺井格; 小林邦彦; 藤枝憲二; 実吉孝幸; 能代川育子; 木村浩男; 藤井千恵子; 斉藤勝衛; 白坂亜紀; 影久真美
        北海道立衛生研究所報, 2006年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 北海道近海産魚介類中の総水銀濃度の実態調査 (第2報) (平成13年度~平成17年度)
        西村一彦; 斉藤明子; 中山憲司; 桂英二; 佐藤千鶴子; 橋本諭
        北海道立衛生研究所報, 2006年11月, 査読有り
      • Accumulation of copper induces DNA strand breaks in brain cells of Long-Evans cinnamon (LEC) rats, an animal model for human Wilson disease
        Masanobu Hayashi; Sayaka Fuse; Daiji Endoh; Noboru Horiguchi; Kenji Nakayama; Yasuhiro Kon; Toyo Okui
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2006年10月, 査読有り
      • 3歳児健診を利用したウィルソン病スクリーニング
        中山憲司; 斉藤明子; 西村一彦; 桂英二; 市原侃; 鈴木智宏; 孝口裕一; 加藤芳伸; 沢田幸治; 田村正秀; 本間寛; 小林邦彦; 有賀正; 藤枝憲二; 青木継稔
        日本マススクリーニング学会誌, 2005年12月01日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Inhibitory effects of trientine, a copper-chelating agent, on induction of DNA strand breaks in kidney cells of long-Evans Cinnamon (LEC) rats
        M Hayashi; K Miyane; M Senou; D Endoh; H Higuchi; H Nagahata; K Nakayama; Y Kon; T Okui
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2005年10月, 査読有り
      • ウィルソン病の3姉弟例
        池本 亘; 及川 巧; 大崎 雅也; 三浦 純一; 中山 憲司
        日本小児科学会雑誌, 2005年07月
      • ラテックス免疫凝集比濁法を用いた尿中セルロプラスミン自動分析法の開発
        中山憲司; 斉藤明子; 西村一彦; 桂英二; 市原侃; 沢田幸治; 田村正秀; 本間寛; 神崎節夫; 伊丹均; 大竹明彦; 池上潔; 敦賀靖朗
        日本マススクリーニング学会誌, 2005年06月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Inhibitory effects of trientine, a copper-chelating agent, on induction of DNA strand breaks in hepatic cells of Long-Evans Cinnamon rats
        M Hayashi; K Miyane; T Hirooka; D Endoh; H Higuchi; H Nagahata; K Nakayama; Y Kon; T Okui
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2004年11月, 査読有り
      • Inhibitory effects of trientine, a copper-chelating agent, on induction of DNA strand breaks in hepatic cells of Long-Evans Cinnamon rats.
        Hayashi M; Miyane K; Hirooka T; Endoh D; Higuchi H; Nagahata H; Nakayama K; Kon Y; Okui T
        Biochimica et biophysica acta, 2004年11月, 査読有り
      • Induction of transferrin receptor by ethanol in rat primary hepatocyte culture
        M Suzuki; Y Fujimoto; Y Suzuki; Y Hosoki; H Saito; K Nakayama; T Ohtake; Y Kohgo
        ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 2004年08月, 査読有り
      • 関東平野、大阪平野、石狩平野、濃尾平野、伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度温泉
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉科学, 2004年, 査読有り
      • マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究 マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究 北海道における3歳児健診を利用したウィルソン病スクリーニング(第3報)‐ラテックス免疫凝集比濁法を用いた尿中セルロプラスミン濃度自動分析法のスクリーニング導入‐
        中山憲司; 斎藤明子; 西村一彦; 窪田満; 藤枝憲二; 遠藤満智子; 神崎節夫; 池上潔; 青木継稔
        マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書, 2004年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Thyroid hormone enhances the formation of synapses between cultured neurons of rat cerebral cortex
        R Hosoda; K Nakayama; M Kato-Negishi; M Kawahara; K Muramoto; Y Kuroda
        CELLULAR AND MOLECULAR NEUROBIOLOGY, 2003年12月, 査読有り
      • Porphyrin-induced photooxidation of conjugated bilirubin
        N Shishido; K Nakayama; M Nakamura
        FREE RADICAL RESEARCH, 2003年09月, 査読有り
      • 肝臓における銅毒性について:ヒトウイルソン病モデル動物LECラットを用いた解析
        林正信; 遠藤大二; 中山憲司; 奥井登代
        獣医生化学, 2003年04月, 査読有り, 招待有り
      • マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究 今後導入すべき新しいマススクリーニング方法および新しい対象疾患に関する研究 ラテックス凝集比濁法を用いた尿中セルロプラスミン自動分析法
        中山憲司; 斎藤明子; 西村一彦; 桂英二; 神崎節夫; 伊丹均; 大竹明彦; 池上潔; 敦賀靖朗
        厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 平成14年度 第2/11, 2003年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究 今後導入すべき新しいマススクリーニング方法および新しい対象疾患に関する研究 北海道における3歳児健診を利用したウィルソン病スクリーニング(第2報)
        中山憲司; 中島美知子; 窪田満; 藤枝憲二; 実吉孝幸; 藤井千恵子; 白坂亜紀; 鈴木健; 青木継稔
        厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書 平成14年度 第2/11, 2003年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Molecular characterization of GroES and GroEL homologues from Clostridium botulinum
        Y Sagane; K Hasegawa; S Mutoh; H Kouguchi; T Suzuki; H Sunagawa; T Nakagawa; A Kamaguchi; S Okasaki; K Nakayama; T Watanabe; K Oguma; T Ohyama
        JOURNAL OF PROTEIN CHEMISTRY, 2003年01月, 査読有り
      • LECラット尿中銅の状態
        宍戸直美; 中山憲司; 中村正雄
        生化学, 2002年08月, 査読有り
      • 北海道におけるFT4高値傾向に対する検討
        林三起子; 山崎由香; 中山憲司; 市原侃; 新井純理; 寺井格; 三上篤; 水嶋好清; 藤井正
        日本マススクリーニング学会誌, 2002年06月, 査読有り
      • Hepatic iron accumulation is not directly associated with induction of DNA strand breaks in the liver cells of Long-Evans Cinnamon (LEC) rats
        M Hayashi; T Kuge; D Endoh; K Nakayama; J Arikawa; A Takazawa; T Okui
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2002年01月, 査読有り
      • No significant differences were observed in the amounts of DNA strand breaks produced by copper between male and female liver cells of Long-Evans Cinnamon (LEC) strain rats
        M Hayashi; T Kuge; D Endoh; K Nakayama; J Arikawa; A Takazawa; T Okui
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2001年10月, 査読有り
      • Cu-metallothioneins (Cu(I)(8)-MTs) in LEC rat livers 13 weeks after birth still act as antioxidants
        N Shishido; K Nakayama; A Takazawa; T Ohyama; M Nakamura
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2001年03月, 査読有り
      • Hepatic copper accumulation induces DNA strand breaks in the liver cells of Long-Evans Cinnamon strain rats
        M Hayashi; T Kuge; D Endoh; K Nakayama; J Arikawa; A Takazawa; T Okui
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年09月, 査読有り
      • 新生児のほ乳量評価に関する研究
        市原侃; 新井純理; 山野公明; 中山憲司; 寺井格; 住吉好雄; 成瀬浩
        日本マススクリーニング学会誌, 2000年06月, 査読有り
      • 肝炎発症前のLECラット肝でも,銅メタロチオネイン(Cu(I)8-MTs)は抗酸化的に働く
        宍戸 直美; 中山 憲司; 高澤 啓; 大山 徹; 中村 正雄
        磁気共鳴と医学, 2000年03月, 査読有り
      • Spontaneous porphyria of the Long-Evans Cinnamon rat: An animal model of Wilson's disease
        K Nakayama; A Takasawa; Terai, I; T Okui; T Ohyama; M Tamura
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2000年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 新生児時期の乳摂取量の意識調査
        市原侃; 新井純理; 山野公明; 中山憲司; 寺井格; 住吉好雄; 成瀬浩
        日本マススクリーニング学会誌, 1999年08月, 査読有り
      • ヒト・ウイルソン病モデル動物におけるポルフィリン代謝異常
        高澤 啓; 中山 憲司; 寺井 格; 奥井 登代; 大山 徹; 田村 守
        ポルフィリン, 1999年08月, 査読有り, 責任著者
      • 蛍光法によるガラクトース血症・フェニルケトン尿症・メイプルシロップ尿症スクリーニングに対する新生児期に投与される抗生物質の影響
        山野公明; 寺井格; 新井純理; 市原侃; 中山憲司; 井上真美; 林三起子; 深瀬信子
        日本マススクリーニング学会誌, 1998年08月, 査読有り
      • Abnormal accumulation of porphyrin derivatives in the kidneys of Long-Evans Cinnamon rats, as evidenced by microspectrophotometry
        K Nakayama; A Takasawa; T Ohyama; M Tamura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 宮島沼湖沼水における水鳥由来の尿酸濃度について
        小川広; 小林智; 中山憲司; 神和夫; 五十嵐聖貴; 三上英敏; 坂田康一; 都築俊文
        北海道立衛生研究所報, 1997年08月, 査読有り
      • Metal-induced hydroxyl radical generation by Cu+-metallothioneins from LEC rat liver
        M Nakamura; K Nakayama; N Shishido; K Yumino; T Ohyama
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1997年02月, 査読有り
      • 活性酸素の基礎と臨床 LECラット肝メタロチオネインの抗酸化性をめぐって‐Cu(I)‐メタロチオネインからの水酸ラジカルの生成
        中村正雄; 中山憲司; 宍戸直美; 弓野邦夫; 大山徹
        臨床環境医学, 1997年, 査読有り
      • Direct visualization of copper-metallothionein in LEC rat kidneys: Application of autofluorescence signal of copper-thiolate cluster
        M Okabe; K Nakayama; M Kurasaki; F Yamasaki; K Aoyagi; O Yamanoshita; S Sato; T Okui; T Ohyama; N Kasai
        JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 1996年08月, 査読有り
      • Visualization of yellowish-orange luminescence from cuprous metallothioneins in liver of Long-Evans Cinnamon rat
        K Nakayama; M Okabe; K Aoyagi; O Yamanoshita; T Okui; T Ohyama; N Kasai
        Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects, 1996年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ホタテガイ中腸腺摂取によるカドミウム曝露の可能性
        中山憲司; 神和夫; 都築俊文
        北海道立衛生研究所報, 1995年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ホタテガイ中腸腺に蓄積したカドミウムに関する研究
        中山憲司; 神和夫; 都築俊文
        北海道立衛生研究所報, 1995年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 河川水およびシジミ貝中のエスプロカルブとCNPの分析における前処理法の検討
        小林智; 中山憲司; 神和夫; 堀義宏
        北海道立衛生研究所報, 1995年08月, 査読有り

      MISC

      • A New strategy in urinary phospholipid analysis: “qShot MALDI”analysis and its clinical applications
        X. Li; K. Nakayama; T. Inoue; T. Goto; S. Akamatsu; T. Kobayashi; K. Shimizu; O. Ogawa
        The Association for Mass Spectrometry & Advances in the Clinical Lab (MSACL) Connect Seminar 2021., 2021年06月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • MALDI-TOF/MS analyses of urinary phospholipids and lysophospholipids as potential diagnostic biomarkers for prostate cancer
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Koji Shimizu; Osamu Ogawa; Takahiro Inoue
        The Association for Mass Spectrometry: Applications to the Clinical Laboratory (MSACL) 2019 EU 6th European Congress & Exhibition, 2019年09月, 査読有り
      • Urinary phospholipids by MALDI-TOF/MS analyses are potential biomarkers for prostate cancer
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Koji Shimizu; Osamu Ogawa; Takahiro Inoue
        The Urological Association of Asia Congress (UAA) 2019, 2019年08月, 査読有り
      • Systematic chemical screening identifies disulfiram as a repositionable drug that enhances sensitivity to cisplatin in bladder cancer: A summary of preclinical studies
        Kita Y; Kobayashi T; Teramoto Y; Tanaka R; Hamada A; Matsumoto K; Murakami K; Saito R; Nakayama K; Takano K; Akamatsu S; Yamasaki T; Inoue T; Tabata Y; Okuno Y; Ogawa O
        European Urology Supplements, 2019年03月, 査読有り
      • Evaluation of Phospholipids Expression in Prostate Cancer Cell Lines in LCMS.
        Kosuke Okasho; Takahiro Inoue; Kenji Nakayama; Hiroko Kimura; Yuki Kamiyama; Xin Li; Kei Mizuno; Takayuki Sumiyoshi; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Takashi Kobayashi; Osamu Ogawa
        Korea-Japan Urological Congress, 2018年12月, 査読有り
      • 血液・尿を用いたゲノミックス・リピドミックス解析のプレシジョン医療への応用
        井上 貴博; 李新; 住吉崇之; 中山憲司; 水野桂; 岡所広祐; 後藤崇之; 赤松秀輔; 小川修
        第77回日本癌学会学術総会, 2018年09月, 査読有り, 招待有り
      • Urinary lipidomics for the molecular diagnosis of prostate cancer
        Kenji NAKAYAMA; Xin LI; Takayuki GOTO; Shusuke AKAMATSU; Koji SHIMIZU; Osamu OGAWA; Takahiro INOUE
        The 7th European Lipidomics Meeting (ELM 2018), 2018年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • MALDI-TOF/MS analyses determined urinary phospholipids as a potential biomarker for prostate cancer
        Xin LI; Kenji NAKAYAMA; Takayuki GOTO; Shusuke AKAMATSU; Koji SHIMIZU; Osamu OGAWA; Takahiro INOUE
        The 22nd International Mass Spectrometry Conference (IMSC 2018), 2018年08月, 査読有り
      • Urinomics Analysis for Biomolecular Diagnosis of Prostate Cancer
        Kenji NAKAYAMA; Takahiro INOUE; Li XIN; Takayuki GOTO; Shusuke AKAMATSU; Osamu OGAWA
        The 106th Annual Meeting of the Japanese Urological Association, 2018年04月19日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • CKD・心血管合併症におけるMRP8修飾の探索
        神吉智子; 桒原孝成; 梅本周朗; 藤本大介; 水本輝彦; 早田学; 中山憲司; 宮崎有; 井上貴博; 高谷宗男; 小川修; 向山政志
        第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年04月, 査読有り
      • CKDにおけるMRP8の化学修飾の探索とその意義の検討
        神吉 智子; 桑原 孝成; 梅本 周朗; 藤本 大介; 水本 輝彦; 早田 学; 中山 憲司; 宮崎 有; 井上 貴博; 小川 修; 向山 政志
        日本腎臓学会誌, 2018年04月
      • Systematic chemical screening identifies disulfiram as a repositionable drug that enhances sensitivity to CDDP in bladder cancer
        Yuki Kita; Takashi Kobayashi; Ryusuke Tanaka; Ryouichi Saito; Kenji Nakayama; Keishi Takano; Toshinari Yamasaki; Takahiro Inoue; Yasuhiko Tabata; Osamu Ogawa
        The 106th Annual Meeting of the Japanese Urological Association, 2018年04月, 査読有り
      • Identification and Characterization of Antioxidant Additives Dissolved from Polypropylene Plastic Tubes by MALDI-TOF/MS
        Xin Li; Kenji Nakayama; Takahiro Inoue; Takayuki Goto; Shusuke Akamatsu; Osamu Ogawa
        The 2nd International Symposium of the Kyoto Biomolecular Mass Spectrometry Society, 2018年02月07日
      • LCMSを用いた前立腺癌細胞株のリン脂質発現解析
        岡所広祐; 井上貴博; 中山憲司; 李新; 水野桂; 住吉崇幸; 牧野雄樹; 後藤崇之; 赤松秀輔; 小林恭; 小川修
        第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018年02月03日, 査読有り
      • Increased lysophosphatidylcholine is associated with recruitment of reactive microglia and astrocytes in radiation brain necrosis mouse model
        Natsuko Kondo; Takako Yasuda; Yoshinori Sakurai; Kenji Nakayama; Takushi Takata; Shin-ichi Miyatake; Kyo Kume; Shoji Oda; Osamu Ogawa; Minoru Suzuki
        AACR Special Conference on Immunobiology of Primary and Metastatic Central Nervous System Cancer: Multidisciplinary Science to Advance Cancer Immunotherapy Special Conference, 2018年02月, 査読有り
      • 患者生体試料を用いた前立腺癌の新規診断法の探索
        井上貴博; 中山憲司; Xin Li; 後藤崇之; 赤松秀輔; 小林 恭; 山崎俊成; 小川 修
        第2回 Liquid Biopsy 研究会, 2018年01月20日, 招待有り
      • 放射線脳壊死マウスモデルを用いた照射後脳組織リン脂質変化の解明
        近藤夏子; 中山憲司; 櫻井良憲; 高田卓志; 久米恭; 宮武伸一; 小川修; 鈴木実
        第35回日本脳腫瘍学会学術集会, 2017年11月26日
      • ELUCIDATION OF PHOSPHOLIPID ALTERATION IN BRAIN AFTER IRRADIATION USING BRAIN RADIATION NECROSIS MOUSE MODEL
        Natsuko Kondo; Kenji Nakayama; Yoshinori Sakurai; Takushi Takata; Kyo Kume; Shin-Ichi Miyatake; Osamu Ogawa; Minoru Suzuki
        NEURO-ONCOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • 放射線脳壊死マウスモデルを用いた照射後脳組織リン脂質変化の解明
        近藤夏子; 中山憲司; 櫻井良憲; 高田卓志; 久米恭; 宮武伸一; 小川修; 鈴木実
        第76回脳神経外科学会, 2017年10月13日
      • イメージング質量分析を用いた放射線脳壊死の脂質ターゲット探索
        近藤夏子; 中山憲司; 櫻井良憲; 高田卓志; 宮武伸一; 小川修; 鈴木実
        第14回中性子捕捉療法学会, 2017年09月30日
      • 尿中MRP8の診断マーカーへの応用を目指した定量系の確立ならびに化学修飾の検討
        神吉智子; 桒原孝成; 梅本周朗; 藤本大介; 水本輝彦; 早田学; 中山憲司; 宮崎有; 井上貴博; 高谷宗男; 小川修; 向山政志
        第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年05月27日
      • 尿中MRP8の診断マーカーへの応用を目指した定量系の確立ならびに化学修飾の検討
        神吉智子; 桑原孝成; 梅本周朗; 藤本大介; 水本輝彦; 早田学; 中山憲司; 宮崎有; 井上貴博; 高谷宗男; 小山修; 向山政志
        日本腎臓学会誌, 2017年04月
      • 前立腺癌細胞株モデルを用いた去勢抵抗性癌への変異に関わるタンパク質の網羅的解析
        中山憲司; 甲斐力; 井上貴博; 宮崎有; 岡所広祐; 小川修
        第1回 京都生体質量分析研究会シンポジウム, 2017年02月07日
      • Lipid alteration following proton beam irradiation in mouse brain of radiation necrosis model
        N. Kondo; K. Nakayama; Y. Sakurai; T. Takata; K. Kume; S. Miyatake; O. Ogawa; M. Suzuki
        The 7th International Society of Radiation Neurobiology Conference,, 2017年02月07日, 査読有り
      • 慢性腎臓尿中マーカーの開発を目指した疾患特異的な病的分子の探索 ならびに化学修飾の検討
        神吉智子; 桒原孝成; 梅本周朗; 藤本大介; 水本輝彦; 早田学; 中山憲司; 宮崎有; 井上貴博; 高谷宗男; 小川修; 向山政志
        第1回 京都生体質量分析研究会シンポジウム, 2017年02月
      • 質量分析の臨床応用に向けて -前立腺がんのマーカー探索例について-
        中山憲司
        京都大学医学部附属病院 新医療機器懇話会, 2016年09月21日, 招待有り
      • Urine peptidomic analysis for prostate cancer detection and biomarker discovery
        中山憲司
        第13回北海道実験動物研究会・学術集会, 2016年07月09日
      • 前立腺マッサージ後の尿中PSA濃度の検討
        宮崎 有; 中山 憲司; 井上 貴博; 牧野 雄樹; 植垣 正幸; 後藤 崇之; 岡田 能幸; 小林 恭; 寺田 直樹; 山崎 俊成; 松井 喜之; 神波 大己; 小川 修
        日本癌学会総会記事, 2015年10月
      • Discovery of Urinary Biomarker Candidates for Prostate Cancer Based On Proteomic analyses
        Yu Miyazaki; Kenji Nakayama; Sadanori Sekiya; Takahiro Inoue; Takayuki Goto; Naoki Terada; Yuki Makino; Masayuki Uegaki; Yoshiyuki Okada; Takashi Kobayashi; Shigeki Kajihara; Shin-ichiro Kawabata; Shinichi Iwamoto; Tomomi Kamba; Koichi Tanaka; Osamu Ogawa
        13th Urological Association of Asia Congress 2015, 2015年09月, 査読有り
      • 新規前立腺がんマーカーとしての尿中PSAのC末端ペプチド
        中山憲司; 井上貴博; 関谷禎規; 寺田直樹; 宮崎有; 後藤崇之; 梶原茂樹; 川畑慎一郎; 岩本慎一; 田中耕一; 小川修
        第39回医用マススペクトル学会年会, 2014年10月17日
      • Discovery of Urinary Biomarker Candidates for Prostate Cancer Based on Proteomic Analyses
        Yu Miyazaki; Kenji Nakayama; Takahiro Inoue; Takayuki Goto; Naoki Terada; Masayuki Uegaki; Takeshi Yoshikawa; Yoshiyuki Okada; Takashi Kobayashi; Shinichi Iwamoto; Shigeki Kajihara; Osamu Ogawa
        The 73rd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, 2014年09月27日
      • 新規前立腺がんマーカーとしての尿中PSAのC末端ペプチド(The C-terminal peptide of prostate-specific antigen as a new urinary biomarker candidate for diagnosing prostate cancer)
        中山 憲司; 井上 貴博; 関谷 禎規; 寺田 直樹; 宮崎 有; 後藤 崇之; 梶原 茂樹; 川畑 慎一郎; 岩本 慎一; 田中 耕一; 小川 修
        JSBMS Letters, 2014年09月
      • 新規前立腺がんマーカーとしての尿中PSAのC末端ペプチド
        中山憲司; 井上貴博; 関谷禎規; 寺田直樹; 宮崎有; 後藤崇之; 梶原茂樹; 川畑慎一郎; 岩本慎一; 田中耕一; 小川修
        JSBMS Letters, 2014年09月01日
      • プロテオーム解析を用いた前立腺癌尿中新規バイオマーカー探索(Discovery of Urinary Biomarker Candidates for Prostate Cancer Based on Proteomic Analyses)
        宮崎 有; 中山 憲司; 井上 貴博; 後藤 崇之; 寺田 直樹; 植垣 正幸; 吉川 武志; 岡田 能幸; 小林 恭; 岩本 慎一; 梶原 茂樹; 田中 耕一; 小川 修
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • 高解像度質量顕微鏡を用いた前立腺癌組織のin situ脂質プロファイリング
        後藤 崇之; 寺田 直樹; 井上 貴博; 中山 憲司; 宮崎 有; 植垣 正幸; 吉川 武志; 小林 恭; 神波 大己; 吉村 耕治; 小川 修
        日本泌尿器科学会総会, 2014年04月
      • 高解像度質量顕微鏡を用いた前立腺癌in situ脂質探索(In situ lipid profiling of prostate cancer tissues using high resolution imaging mass spectrometry)
        後藤 崇之; 寺田 直樹; 井上 貴博; 中山 憲司; 宮崎 有; 植垣 正幸; 吉川 武志; 小林 恭; 神波 大己; 吉村 耕治; 小川 修
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • Fragmented peptides of prostate-specific antigen (PSA) as novel urinary biomarker candidates for diagnosis of prostate cancer
        K. Nakayama; T. Inoue; S. Sekiya; N. Terada; T. Hara; S. Kawabata; S. Iwamoto; K. Shimizu; K. Tanaka; O. Ogawa
        EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 2013年09月, 査読有り
      • ウイルソン病モデル動物,LECラットの急性肝障害におけるp38mapkの関与について
        林正信; 目黒さおり; 今泉好能; 遠藤大二; 中山憲司
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2012年08月31日
      • ウイルソン病モデル動物,LEC ラット肝臓における遺伝子発現変化(基調講演)
        林正信; 遠藤大二; 中山憲司
        第23回日本微量元素学会学術集会大会,シンポジウム『がんと微量元素 −現状はどこまで解明され今後如何に臨床に展開されるか −』, 2012年07月05日, 招待有り
      • ウイルソン病モデル動物,LECラット肝臓における遺伝子発現変化
        林正信; 遠藤大二; 中山憲司
        Biomed Res Trace Elem, 2012年06月01日
      • がんと微量元素 現状はどこまで解明され今後如何に臨床に展開されるか ウイルソン病モデル動物、LECラット肝臓における遺伝子発現変化
        林 正信; 遠藤 大二; 中山 憲司
        Biomedical Research on Trace Elements, 2012年06月
      • ヒト病態モデル動物を用いた尿プロテオミクスによる疾患バイオマーカーの探索
        中山憲司
        日本動物学会第82回大会シンポジウム(日本質量分析学会北海道談話会共催) 『質量分析法を用いた生命科学研究の現在』, 2011年09月21日, 招待有り
      • 無毛アトピー性皮膚炎モデルマウスへの温泉水の影響―血清脂肪酸組成の経時変化と脂肪酸代謝関連遺伝子への影響―
        青柳直樹; 内野栄治; 西村一彦; 加藤芳伸; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2011年09月06日
      • ヒト病態モデル動物を用いた尿プロテオミクスによる疾患バイオマーカの探索
        中山憲司
        日本動物学会大会予稿集, 2011年08月20日
      • アミロイドベータ(Aß)ペプチドは遷移金属による酸化ストレスを抑制する
        中村正雄; 宍戸直美; 布村明彦; Smith MA; Perry G; 中山憲司; 林隆章
        第22回日本微量元素学会学術集会大会,『脳神経系における金属の機能と毒性:ニューロメタル最前線』, 2011年07月02日, 招待有り
      • 病態イメージングモデルとしてのLECラット
        中山憲司
        北海道実験動物研究会・日本実験動物技術者協議会北海道支部 合同学術集会2011・シンポジウム『私のLECラット研究-温故知新-』, 2011年07月, 招待有り
      • ノックアウトマウス及びLECラットを用いたメタロチオネイン発現の検討
        中里享美; 中嶋克行; 長嶺竹明; 小平司; 佐藤雅彦; 中山憲司
        Biomed Res Trace Elem, 2011年06月01日
      • アミロイドベータペプチド(Aβ)は遷移金属による酸化ストレスを抑制する
        中村正雄; 宍戸直美; 布村明彦; SMITH Mark A; PERRY George; 中山憲司; 林隆章
        Biomed Res Trace Elem, 2011年06月01日
      • 組織・細胞内でのポルフィリンおよび銅メタロチオネイン由来自家蛍光の光学的簡易同定法
        中山憲司; 加藤芳伸; 田村守
        Biomed Res Trace Elem, 2011年06月
      • 無毛アトピー性皮膚炎モデルマウスの皮脂に対する温泉水の影響
        青柳 直樹; 内野 栄治; 西村 一彦; 中山 憲司; 加藤 芳伸
        温泉科学, 2010年12月
      • アトピー性皮膚炎様疾患発症モデルマウスの皮脂脂肪酸組成に及ぼす温泉水の影響
        西村一彦; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 加藤芳伸; 板橋豊
        日本油化学会年会講演要旨集, 2010年09月15日
      • 無毛アトピー性皮膚炎モデルマウスの皮脂に対する温泉水の影響
        青柳直樹; 内野栄治; 西村一彦; 中山憲司; 加藤芳伸
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2010年09月12日
      • 湧出形態別に見た道内温泉のホウ素濃度
        内野栄治; 青柳直樹; 市橋大山; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2010年09月12日
      • モデルラットを用いたウィルソン病簡易診断法の探索(High expression of ATP7B mRNA in the peripheral blood mononuclear cells of the Long-Evans Cinnamon Rats: an animal model of Wilson's disease)
        中山 憲司; 加藤 芳伸; 清水 教一; 奥井 登代; 松本 耕三; 澤田 幸治; 青木 継稔
        Biomedical Research on Trace Elements, 2010年06月
      • モデルラットを用いたウィルソン病簡易診断法の探索
        中山憲司; 加藤芳伸; 清水教一; 奥井登代; 松本耕三; 澤田幸治; 青木継稔
        Biomed Res Trace Elem, 2010年06月01日
      • アトピー性皮膚炎モデル動物の脂肪酸代謝に対する温泉水の影響
        青柳 直樹; 中山 憲司; 西村 一彦; 内野 栄治
        温泉科学, 2009年12月
      • 温泉法改正に伴う道内温泉のメタン測定
        内野 栄治; 青柳 直樹; 中山 憲司
        北海道公衆衛生学雑誌, 2009年11月
      • 温泉法改正に伴え道内温泉のメタン測定
        内野英治; 青柳直樹; 中山憲司
        北海道公衆衛生学雑誌, 2009年11月01日
      • 改正温泉法による道内温泉のメタンガスの検出状況
        内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2009年09月07日
      • アトピー性皮膚炎モデル動物の脂肪酸代謝に対する温泉水の影響
        青柳直樹; 中山憲司; 西村一彦; 内野栄治
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2009年09月07日
      • アミロイドベータペプチド(Aβ)は遷移金属による酸化ストレスを抑制する
        中村正雄; 宍戸直美; 布村明彦; Smith MA; Perry G; 林要喜知; 中山憲司; 林隆章
        第46回日本生化学会 北海道支部例会, 2009年07月17日
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(1).CaCO3の飽和平衡状態
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 森康則; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉科学, 2008年12月28日
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(2).pHの実測値と理論値.
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 森康則; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉科学, 2008年12月28日
      • 遺伝子発現を指標とした温泉水の効能評価の試み―アトピー性皮膚炎モデル動物を用いて―
        青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治
        温泉科学, 2008年12月28日
      • 温泉資源の多目的利活用に向けた複合解析研究(第19回日本情報地質学会講演会講演要旨)
        鈴木 隆広; 高見 雅三; 秋田 藤夫; 藤本 和徳; 高橋 徹哉; 柴田 智郎; 小澤 聡; 内野 栄治; 青柳 直樹; 中山 憲司; 佐藤 郁夫
        情報地質, 2008年06月05日
      • LECラットならびにウィルソン病患者における尿中銅の状態
        宍戸 直美; 中山 憲司; 中村 正雄
        旭川医科大学研究フォーラム, 2008年
      • 2000~2007年における洞爺湖畔温泉の化学成分等の変動
        内野栄治; 青柳直樹; 市橋大山; 中山憲司
        温泉科学, 2007年12月28日
      • 魚介類及びその加工食品(缶詰)中の総水銀濃度
        西村一彦; 桂英二; 新井純理; 佐藤千鶴子; 橋本諭; 中山憲司
        北海道公衆衛生学雑誌, 2007年11月01日
      • 関東平野, 大阪平野, 石狩平野, 濃尾平野, 伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度温泉
        宮崎 哲郎; 柴田 智郎; 秋田 藤夫; 高橋 徹哉; 青柳 直樹; 中山 憲司; 内野 栄治; 橋爪 清; 甘露寺 泰雄
        温泉科学, 2007年09月30日
      • 2000~2007年における洞爺湖畔温泉の化学成分等の変動
        内野栄治; 青柳直樹; 市橋大山; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2007年09月07日
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(2).泉質の全溶質濃度依存性とDebye‐Hueckelモデル
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        温泉科学, 2006年12月28日
      • Amyloid peptides including His13 and His 14 inhibit redox activities of copper
        Yokichi Hayashi; Naomi Shishido; Takaaki Hayashi; Kenji Nakayama; Masao Nakamura
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2006年12月
      • ヒトウイルソン病モデル[Long-Evans Cinnamon(LEC)ラット]脳細胞における銅の蓄積とDNA損傷の生成
        林 正信; 布施 清夏; 遠藤 大二; 堀口 昇; 中山 憲司; 昆 泰寛; 奥井 登代
        Experimental Animals, 2006年10月
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(1)。泉質の共通的特色。
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2006年08月31日
      • 北海道の公共温泉の保健・福祉分野における利活用―196市町村に対するアンケート調査から―
        内野栄治; 青柳直樹; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2006年08月31日
      • 北海道の公共温泉を利用した健康づくり―豊富町,壮瞥町等での取り組みから―
        青柳直樹; 内野栄治; 中山憲司
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2006年08月31日
      • 関東平野,大阪平野,石狩平野,濃尾平野,伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度非火山性温泉(2)。泉質の全溶質濃度依存性とDebye‐Hueckelモデル
        宮崎哲郎; 柴田智郎; 秋田藤夫; 高橋徹哉; 青柳直樹; 中山憲司; 内野栄治; 橋爪清; 甘露寺泰雄
        日本温泉科学会大会講演要旨集, 2006年08月31日
      • 3歳児健診を利用したウィルソン病スクリーニング
        中山憲司; 斉藤明子; 西村一彦; 桂英二; 孝口裕一; 鈴木智宏; 加藤芳伸; 田村正秀; 本間寛; 澤田幸治; 小林邦彦; 有賀正; 藤枝憲二; 青木継稔
        北海道公衆衛生学雑誌, 2006年08月01日
      • LECラットの肝炎発症に対するフィチン酸と亜鉛の影響の関連について
        斉藤明子; 中山憲司; 原博
        日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 2005年04月01日
      • 北海道における3歳児健診を利用したウイルソン病スクリーニング―ラテックス免疫凝集比濁法を用いた尿中セルロプラスミン濃度自動分析法のスクリーニング導入―
        中山憲司; 斎藤明子; 小林邦彦; 藤枝憲二; 遠藤満智子; 松本憲則; 神崎節夫; 池上潔; 敦賀靖朗
        Biomed Res Trace Elem, 2004年10月01日
      • ウイルソン病の原因となったATP7B遺伝子のヘテロ複合変異について
        加藤 芳伸; 鈴木 智宏; 中山 憲司; 澤田 幸治; 本間 寛; 足立 憲昭; 田村 正秀
        Biomedical Research on Trace Elements, 2004年10月01日
      • MBLのIgA腎症への関与の可能性
        寺井 格; 小林 邦彦; Vaerman J-P; 真船 直樹; 中山 憲司
        臨床化学, 2004年07月31日
      • 3歳児健診を利用したウィルソン病スクリーニング
        中山憲司; 斎藤明子; 青木継稔
        Biomed Res Trace Elem, 2004年06月15日
      • ラットの免疫応答における亜鉛とたんぱく質摂取のおよぼす影響について
        斉藤明子; 原博; 中山憲司; 矢野昭起
        日本栄養・食糧学会総会講演要旨集, 2004年04月01日
      • Wilson病マススクリーニングの意義と有効性に関する検討
        清水教一; 山口之利; 中山憲司; 市原侃; 田村正秀; 福士勝; 藤田晃三; 高橋勉; 高田五郎
        日本小児保健学会講演集, 2003年10月10日
      • ラテックス免疫凝集比濁法を用いた尿中セルロプラスミン自動分析法
        中山 憲司; 齋藤 明子; 西村 一彦; 桂 英二; 市原 侃; 神崎 節夫; 伊丹 均; 大竹 明彦; 池上 潔; 敦賀 靖朗; 鈴木 智宏; 加藤 芳伸; 澤田 幸治; 田村 正秀; 本間 寛
        日本マス・スクリーニング学会誌, 2003年09月01日
      • ウィルソン病の3姉弟例
        池本 亘; 及川 巧; 大崎 雅也; 三浦 純一; 中山 憲司
        日本小児科学会雑誌, 2003年05月
      • ウイルソン病患者尿中のヘム代謝産物動態について
        中山 憲司; 市原 侃; 久保 亜希子; 加藤 芳伸; 澤田 幸治; 田村 正秀; 寺井 格; 窪田 満; 小林 邦彦; 宮本 晶恵; 藤枝 憲二; 山本 重則; 小川 恵美
        Biomedical Research on Trace Elements, 2003年03月
      • 培養大脳皮質神経細胞の甲状腺ホルモン依存的なシナプス形成に環境ホルモンが与える影響
        細田 律子; 中山 憲司; 川原 正博; 黒田 洋一郎
        環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 2002年11月25日
      • クレチン症マス・スクリーニングにおいてFT4濃度を高値化させた郵送汚染
        中山 憲司; 林 三起子; 山崎 由香; 市原 侃; 寺井 格; 藤井 正
        環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 2002年11月25日
      • LECラット尿中での銅とポルフィリンの関係
        中山 憲司; 高澤 啓; 宍戸 直美; 奥井 登代; 市原 侃; 中村 正雄; 田村 守; 田村 正秀
        生化学, 2002年08月25日
      • 北海道における3歳児健診を利用したウイルソン病スクリーニング
        中山憲司; 市原侃; 寺井格; 中島美知子; 浦口弘子; 山崎由香; 林三紀子; 林玲子; 窪田満; 小林邦彦; 実吉孝幸; 木村浩男; 藤井千恵子; 斉藤勝衛; 白坂亜紀; 影久真美; 鈴木健; 青木継稔; 田村正秀
        第49回日本実験動物学会, 2002年05月23日
      • 北海道におけるFT4高値傾向に対する検討
        林 三起子; 山崎 由香; 中山 憲司; 市原 侃; 新井 純理; 寺井 格; 三上 篤; 水嶋 好清; 藤井 正
        日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening, 2002年03月01日
      • Uroporphyrin-induced photooxidation of conjugated bilirubin
        N Shishido; K Nakayama; S Nakamura; M Nakamura
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2002年
      • 甲状腺ホルモンが大脳皮質機能発達に与える影響:in vitroスクリーニング系の開発
        細田 律子; 中山 憲司; 川原 正博; 黒田 洋一郎
        環境ホルモン学会研究発表会要旨集, 2001年12月
      • 甲状腺ホルモンはラット大脳皮質ニューロンのシナプス形成を促進する
        細田 律子; 中山 憲司; 村本 和世; 川原 正博; 黒田 洋一郎
        神経化学, 2001年09月26日
      • 甲状腺ホルモンはラット大脳皮質ニューロンのシナプス形成を促進する
        細田律子; 中山憲司; 村本和世; 川原正博; 黒田洋一郎
        神経化学, 2001年09月01日
      • 北海道におけるFT4高値傾向に対する検討
        林 三起子; 山崎 由香; 中山 憲司; 市原 侃; 寺井 格; 藤井 正
        日本マス・スクリーニング学会誌, 2001年09月01日
      • LECラットにおけるヘム代謝異常への銅と鉄の関与に関して
        中山 憲司; 高澤 啓; 寺井 格; 奥井 登代; 市原 侃; 大山 徹; 田村 守
        生化学, 2001年08月25日
      • 銅(II)とウロポルフィリン錯体に対する分光学的およびクロマトグラフ的研究
        高沢啓; 中山憲司; 寺井格; 奥井登代; 市原侃; 大山徹; 田村守
        ポルフィリン, 2001年08月10日
      • 銅(II)とウロポルフィリンとの複合体に関するスペクトロスコピーおよびクロマトグラフィー研究
        高澤 啓; 中山 憲司; 寺井 格; 奥井 登代; 市原 侃; 大山 徹; 田村 守
        ポルフィリン, 2001年08月
      • LECラットにおけるポルフィリン代謝異常について-第一銅メタロチオネイン由来黄橙色蛍光の可視化検出とポルフィリン代謝異常の発見 -
        中山憲司
        日本実験動物科学技術大会2001シンポジウム, 2001年05月12日
      • LECラット肝臓における銅の蓄積によるDNA切断の生成
        林正信; 久家知子; 遠藤大二; 中山憲司; 有川二郎; 高沢啓; 奥井登代
        日本実験動物学会総会講演要旨集, 2001年
      • LECラットにおけるポルフィリン代謝異常について 第一銅メタロチオネイン由来黄とう色蛍光の可視化検出とポルフィリン代謝異常の発見
        中山憲司
        日本実験動物学会総会講演要旨集, 2001年
      • LECラットにおけるヘム代謝異常への銅の影響
        高澤 啓; 中山 憲司; 奥井 登代; 寺井 格; 大山 徹; 田村 守
        生化学, 2000年08月25日
      • LECラットにおける肝機能障害へのヘム代謝異常の関与について
        中山 憲司; 高澤 啓; 寺井 格; 奥井 登代; 大山 徹; 田村 守
        生化学, 2000年08月25日
      • 北海道におけるウイルソン病スクリーニングの基礎的検討 尿中セルロプラスミン測定値について
        中山 憲司; 市原 侃; 寺井 格; 中島 美知子; 浦口 弘子; 林 三起子; 山崎 由香; 新井 純理; 田村 正秀; 窪田 満; 小林 邦彦; 鈴木 健; 青木 継稔
        日本マス・スクリーニング学会誌, 2000年07月31日
      • ウイルソン病患者尿中のヘム代謝産物の動態に関して
        中山 憲司; 高澤 啓; 市原 侃; 寺井 格; 長坂 博範; 小川 恵美; 山本 重則; 鈴木 健; 青木 継稔; 田村 守
        ポルフィリン, 2000年07月
      • 新生児の哺乳量評価に関する研究
        市原 侃; 新井 純理; 山野 公明; 中山 憲司; 寺井 格; 住吉 好雄; 成瀬 浩
        日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening, 2000年06月01日
      • LECラット肝臓におけるDNA損傷のコメット法による解析
        林 正信; 久家 知子; 遠藤 大二; 中山 憲司; 有川 二郎; 奥井 登代
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2000年03月01日
      • 第1銅メタロチオネインとポルフィリン由来蛍光の顕微分光学的分別 ヒト・ウイルソン病モデル動物におけるポルフィリン代謝異常症の発見
        中山憲司; 高沢啓; 寺井格; 奥井登代; 大山徹; 田村守
        生体機能関連化学シンポジウム講演要旨集, 1999年09月23日
      • ヒト・ウイルソン病モデル動物におけるポルフィリン代謝異常
        中山 憲司; 高澤 啓; 寺井 格; 奥井 登代; 大山 徹; 田村 守
        ポルフィリン, 1999年08月
      • ヒト・ウイルソン病モデル動物におけるポルフィリン代謝異常(I)
        中山 憲司; 高澤 啓; 寺井 格; 奥井 登代; 大山 徹; 田村 守
        生化学, 1999年08月
      • ヒト・ウィルソン病モデル動物におけるポルフィリン代謝異常(II)
        高澤 啓; 中山 憲司; 寺井 格; 奥井 登代; 大山 徹; 田村 守
        生化学, 1999年08月
      • LECラット肝サイトゾルにおける銅の反応性
        宍戸 直美; 中山 憲司; 高澤 啓; 大山 徹; 中村 正雄
        生化学, 1999年08月
      • 銅によるDNA切断はGSH又はMTsの存在で抑制される
        宍戸 直美; 中山 憲司; 高沢 啓; 大山 徹; 中村 正雄
        生化学, 1998年08月
      • 石狩川水系における水田除草剤の流出状況
        神和夫; 小林智; 小川広; 中山憲司; 堀義宏
        環境化学討論会講演要旨集, 1998年06月
      • メタロチオネインに結合する銅により活性酸素種が生成する
        宍戸 直美; 中山 憲司; 大山 徹; 林 隆章; 弓野 邦夫; 中村 正雄
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • メタロチオネインに結合する銅により活性酸素種が生成する
        宍戸直美; 中山憲司; 大山徹; 林隆章; 弓野邦夫; 中村正雄
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年07月
      • ホタテガイ中腸腺に蓄積したカドミウムの存在形態に関する研究
        中山憲司; 神和夫; 都築俊文
        日本分析化学会年会講演要旨集, 1995年09月
      • ホタテガイのヒ素の存在状態
        神和夫; 中山憲司; 柴田康行; 森田昌敏
        日本分析化学会年会講演要旨集, 1992年08月
      • Nakayama K. et al. (1996)
        Biochem. Biophys. Acta 1289, 150-158
      • Nakamura M. et al. (1997)
        Biochem. Biophys. Res. Commun. 231, 549-552
      • Nakayama K. et al. (1998)
        Biochem. Biophys. Res. Commun. 242, 164-169
      • Takazawa A. et al. (2000)
        Porphyrins 8, 17-22
      • Nakayama K. et al. (2000)
        Arch. Biochem. Biophys. 375, 240-250
      • Hayashi M. et al. (2000)
        Biochem. Biophys. Res. Commun. 276, 174-178
      • Shishido N.et al. (2001)
        Arch. Biochem. Biophys.,387,1-7
      • Hayashi,M.et al. (2001)
        J. Vet. Med. Sci. 63, 1109-1113
      • Shishido N. et al. (2002)
        Free Rad. Biol. Med.,S179
      • Hayashi M. et al. (2002)
        Exp. Anim.,51,43-8
      • Nakayama K. et al. (2002)
        Biomed. Res. Trace Elements, 14, 62-63
      • Sagane Y. et al. (2002)
        J Protein Chem.,22,99-108
      • Hosoda R. et al. (2002)
        Cell. Mol. Neurobiol.,23,895-906
      • Shishido N. et al. (2003)
        Free Radic Res.,37,1061-1067
      • Suzuki M. et al. (2004)
        Alcohol Clin. Exp. Res.,28,98S-105S
      • Nakayama K. et al. (2004)
        Biomed. Res. Trace Elements, 15, 299-300
      • Katoh Y. et al.
        Biomed. Res. Trace Elements, 15, 304

      書籍等出版物

      • ヒト先天性銅代謝異常症のウィルソン病について(その2)
        中山 憲司, 単著
        (社)北海道総合研究調査会 月刊誌 「しゃりばり」, 2008年04月, 査読無し
      • ヒト先天性銅代謝異常症のウィルソン病について(その1)
        中山 憲司, 単著
        (社)北海道総合研究調査会 月刊誌 「しゃりばり」, 2008年01月, 査読無し

      産業財産権

      • 前立腺癌の判定方法
        井上貴博; 小川修; 赤松 秀輔; 後藤崇之; 李新; 清水公治; 中山憲司
      • 特許6312141, 前立腺がん検査用尿中バイオマーカー
        中山 憲司; 清水 一治; 内海 潤; 井上 貴博; 小川 修
      • 特許US9575053B2, Urinary biomarker for use in test for prostate cancer
        Kenji Nakayama; Kazuharu Shimizu; Jun Utsumi; Takahiro Inoue; Osamu Ogawa

      受賞

      • 2015年06月30日
        MSACL 2015 EU 2nd European Congress & Exhibition, Trainee Grant Award of MSACL 2015 EU
      • 2019年06月21日
        MSACL 2019 EU 6th European Congress & Exhibition, Lab Director Grant Award of MSACL 2019 EU

      外部資金:科学研究費補助金

      • 脂質代謝異常に着目した新規前立腺癌診断・治療の開発
        基盤研究(B)
        小区分56030:泌尿器科学関連
        三重大学;京都大学
        井上 貴博
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        脂質;前立腺癌;尿;脂質過酸化反応;質量分析;尿中揮発性有機化合物
      • 犬の嗅覚に感知される前立腺がん診断マーカーの解明
        挑戦的萌芽研究
        神戸大学
        中山 憲司
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 採択
      • 高感度質量分析法を用いた尿ペプチドミクスによる前立腺癌の新規標的分子の探索
        基盤研究(C)
        京都大学
        井上 貴博
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        前立腺癌;診断;質量分析;PSA;前立腺;MALDI;iTRAQ;前立腺がん
      • 家系内遺伝子検索による先天性銅代謝異常症(ウイルソン病)の予防医学的研究
        基盤研究(C)
        北海道立衛生研究所
        中山 憲司
        完了
        母子保健;分子予防医学;ウイルソン病;銅代謝異常症;ATP7B;遺伝子診断;プロテオーム解析;予防医学;臨床検査;ウィルソン病

      外部資金:その他

      • 体内の金属分布と、老化現象やストレス及びある種の癌や遺伝性代謝異常症に関す研究
        北海道総合企画部創造的研究推進事業
        自 1995年04月01日, 至 1999年03月31日
        中山憲司
      • 尿中ポルフィリンを用いた先天性銅代謝異常症(ウイルソン病)の早期診断法の開発などに関する基礎的研究
        北海道総合企画部共同研究事業
        自 1998年04月01日, 至 2001年03月31日
        中山憲司
      • 先天性銅代謝異常症(ウイルソン病)の包括的医療システムの構築-3歳児健診を利用したウイルソン病スクリーニングの導入-
        北海道総合企画部重点領域研究事業
        自 2002年04月01日, 至 2005年03月31日
        中山憲司
      list
        Last Updated :2022/05/14

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2021年07月, 至 現在
          国際化委員会 委員, 日本医用マススペクトル学会
        • 自 2020年09月, 至 現在
          評議員, 日本医用マススペクトル学会
        • 自 2019年10月, 至 現在
          Asia Outreach Committee, The Association for Mass Spectrometry: Applications to the Clinical Laboratory (MSACL)
        • 自 2017年06月, 至 現在
          世話人, 京都生体質量分析研究会
        • 自 2008年07月, 至 現在
          研究会幹事, 北海道実験動物研究会
        • 自 2020年09月, 至 2020年09月
          第45回日本医用マススペクトル学会年会実行委員, 日本医用マススペクトル学会
        • 自 1999年06月, 至 2011年07月
          運営委員, LEC ラット研究会

        ページ上部へ戻る