教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

松田 道行

マツダ ミチユキ

生命科学研究科 附属生命情報解析教育センター 教授

松田 道行
list
    Last Updated :2024/02/27

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 基礎病態学講座病態生物医学分野, 教授

    学部兼担

    • 医学部

    学内兼務

    • 高等研究院, 物質-細胞統合システム拠点, 連携主任研究者

    所属学協会

    • 日本細胞生物学会
    • 日本病理学会
    • 日本ウイルス学会
    • 日本癌学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 1987年
      医学博士 (東京大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院医学系研究科第三基礎医学専門課程博士課程, Division of the The Third Basic Medicine, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京大学, 医学部, 医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2021年09月, 至 現在
      国立研究開発法人国立循環器病センター, 共創研究育成センター, 建都イメージングサポート拠点長
    • 自 2020年11月, 至 現在
      国立研究開発法人国立循環器病センター, 客員部長
    • 自 2018年04月, 至 2023年03月
      京都大学大学院生命科学研究科, 生命動態研究センター, センター長
    • 自 2007年04月, 至 現在
      京都大学大学院生命科学研究科, 生体制御学分野, 教授
    • 自 2006年04月, 至 現在
      京都大学大学院医学研究科, 病態生物医学分野, 教授
    • 自 2001年01月, 至 2006年03月
      大阪大学微生物病研究所, 腫瘍ウイルス分野, 教授
    • 自 1996年10月, 至 2000年12月
      国立国際医療センター研究所, 臨床病理研究部, 部長
    • 自 1996年04月, 至 1996年09月
      国立感染症研究所, 感染病理部, 室長
    • 自 1992年04月, 至 1996年03月
      国立感染症研究所, 感染病理部, 主任研究官
    • 自 1987年04月, 至 1992年03月
      国立予防衛生研究所, 病理部, 研究員
    • 自 1988年09月, 至 1990年08月
      ロックフェラー大学, 研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      http://www.fret.lif.kyoto-u.ac.jp/

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/02/27

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        蛍光生体イメージングとシステム生物学の手法を使って「がんの包括的理解」を目指す
      • 研究概要

        フェルスター共鳴エネルギー移動(FRET)の原理に基づくバイオセンサーを作成し、生細胞内での情報伝達を可視化している。FRETバイオセンサーは細胞内情報伝達系およびその活性をそれぞれの組織の個々の細胞で可視化するのに非常に優れたツールである。また、このようにして得られた画像データは細胞内情報伝達分子の生化学的性質をあらわすパラメータを抽出するためにも使用できる。実際、画像データから得られたパラメータを作って、細胞増殖因子情報伝達系のシミュレーションモデルも作成している。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学, Cell Biology
      • ライフサイエンス, 実験病理学, Experimental Pathology

      論文

      • がん研究におけるイメージング技術の新展開 FRETバイオセンサーを用いた癌研究 情報伝達分子のゆらぎが癌細胞の多様性をもたらす(New development of imaging technique in cancer research Cancer research with FRET biosensors: Fluctuation of signaling molecules causes heterogeneity of cancer cells)
        松田 道行; 幸長 弘子
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • FRETバイオセンサーを用いた癌細胞のトランスクリプトーム解析(Transcriptome of Glioblastoma Cells Sorted with FRET Biosensors)
        幸長 弘子; 平田 英周; 村口 輝行; 平尾 敦; 程 久美子; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2010年05月
      • 【生体イメージングの最前線-絶え間ない技術革新と生命医科学の新展開】技術・機器の進歩 マウス生体内イメージングに向けたツール開発
        寺井 健太; 松田 道行
        医学のあゆみ, 2023年07月
      • 【蛍光タンパク質センサー】赤色蛍光タンパクでのFRETプローブ開発
        寺井 健太; 松田 道行
        細胞, 2023年04月
      • MDCK細胞の集団遊走および増殖におけるErbBファミリー受容体の機能の重畳性(Redundant roles of ErbB-family receptors in the collective cell migration and cell growth of MDCK cells)
        松田 樹生也; 平山 大記; 林 抒豪; 真流 玄武; 青木 一洋; 寺井 健太; 日野 直也; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2021年06月
      • プロテインキナーゼA活性の細胞間制御機構の解析
        渡部 哲也; 寺井 健太; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2020年06月
      • MDCK細胞系におけるERK活性の伝搬と細胞集団運動に必須のEGFリガンド(EGF ligands are essential for ERK activation wave propagation and collective cell migration in MDCK cell line)
        Lin Shuhao; 日野 直也; 真流 玄武; 岩本 亮; 青木 一洋; 寺井 健太; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2020年06月
      • がん微小環境におけるインターフェロンγシグナル伝達の生体内イメージング
        田中 泰生; 寺井 健太; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2020年06月
      • 局所損傷における好中球遊走の生体イメージング
        中西 彬; 松田 道行; 寺井 健太
        日本病理学会会誌, 2020年03月
      • がん組織の生体イメージング: 現場を押さえろ! 肺毛細血管におけるNK細胞による転移腫瘍排除過程の可視化(In vivo microscopy of cancer tissues: catch the scene! Visualization of NK cell-mediated elimination of metastatic tumor cells in the pulmonary capillaries)
        一瀬 大志; 寺井 健太; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • NK細胞におけるERK活性は標的細胞の殺傷に必要である(ERK activation in NK cells is required for killing the target cells)
        一瀬 大志; 寺井 健太; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • MAGI-1 is required for Rap1 activation upon cell-cell contact and for enhancement of vascular endothelial cadherin-mediated cell adhesion
        A Sakurai; S Fukuhara; A Yamagishi; K Sako; Y Kamioka; M Masuda; Y Nakaoka; N Mochizuki
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2006年02月, 査読有り
      • Selective inhibition of vascular endothelial growth factor receptor-2 (VEGXR-2) identifies a central role for VEGFR-2 in human aortic endothelial cell responses to VEGF
        A Endo; S Fukuhara; M Masuda; T Ohmori; N Mochizuki
        JOURNAL OF RECEPTORS AND SIGNAL TRANSDUCTION, 2003年, 査読有り
      • Calcium transients trigger switch-like discharge of prostaglandin E2 in an extracellular signal-regulated kinase-dependent manner
        Tetsuya Watabe; Shinya Yamahira; Kanako Takakura; Dean Thumkeo; Shuh Narumiya; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        eLife, 2024年01月26日
      • Calcium transients trigger switch-like discharge of prostaglandin E2 in an extracellular signal-regulated kinase-dependent manner
        Tetsuya Watabe; Shinya Yamahira; Kanako Takakura; Dean Thumkeo; Shuh Narumiya; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        eLife, 2024年01月26日
      • Visual quantification of prostaglandin E2 discharge from a single cell
        Tetsuya Watabe; Shinya Yamahira; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell Structure and Function, 2023年
      • ERK-mediated curvature feedback regulates branching morphogenesis in lung epithelial tissue
        Tsuyoshi Hirashima; Michiyuki Matsuda
        Current Biology, 2024年02月
      • Visualization of protein kinase activities in living cells
        Aoki, K.; Komatsu, N.; Goto, A.; Matsuda, M.
        Neuromethods, 2012年
      • Activation of Rap1, antagonist to Ras, by Crk C3G
        Hattori, S.; Matsuda, M.
        Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 1997年
      • The 3rd German-Japanese Joint Workshop. Cell Death in the CNS: Molecules and Programs
        Müller, W.E.G.; Romero, F.J.; Perg; e, G.; Perovic, S.; Graeber, M.B.; Kösel, S.; Egensperger, R.; Schnopp, N.M.; Mehraein, P.; Miura, M.; Okada, M.; Von Holst, A.; Lefcort, F.B.; Rodriguez-Tébar, A.; Michaille, J.-J.; Dhouailly, D.; Bäckström, A.; Ebendal, T.; Rohrer, H.; Sendtner, M.; Michaelidis, T.; Gravel, C.; Götz, R.; Ochs, G.; Toyka, K.V.; Thoenen, H.; Egensperger, R.; Kösel, S.; Mehraein, P.; Graeber, M.B.; Homma, S.; Oppenheim, R.W.; Kwak, S.; Heumann, R.; Narz, F.; Algür, Y.; Bartsch, D.; Hüser, M.; Klinz, F.-J.; Wagner, E.; Berns, H.; Obst, K.; Wahle, P.; Tanaka, H.; Nakamura, M.; Fukushima, M.; Ohta, K.; Jones, L.L.; Banati, R.B.; Raivich, G.; Kreutzberg, G.W.; Reiter, C.; Nie, Z.; Fischbach, K.-F.; Eguchi, Y.; Shimizu, S.; Tsujimoto, Y.; Davies, A.M.; Adu, J.; Middleton, G.; Kuchino, Y.; Kitanaka, C.; Sugiyama, A.; Asai, A.; Gold, R.; Hartung, H.-P.; Matsuoka, I.; Kobayashi, M.; Fujii, M.; Kurihara, K.; Suda, T.; Tanaka, M.; Adachi, M.; Nagata, S.; Hattori, S.; Matsuda, M.; Nakamura, S.; Hamanoue, M.; Machide, M.; Matsumoto, K.; Nakamura, T.; Nakajima, K.; Kohsaka, S.; Wanaka, A.; Imaizumi, K.; Tsuda, M.; Imai, Y.; Tohyama, M.; Takagi, T.; Barde, Y.-A.; Mannherz, H.G.; Rauch, F.; Zanotti, S.; Stephan, H.; Paddenberg, R.; Polzar, B.; Engelmann, H.; Hess, S.; Gottfried, E.
        Journal of Brain Research, 1996年
      • Production of monoclonal antibodies specific to the carboxyl terminal region of the 85 kDa subunit of phosphatidylinositol 3‐kinase: Use of the antibodies in recognition of mutant p85
        DADUANG, S.; NAGATA, S.; MATSUDA, M.; YAMORI, T.; ONODERA, K.; FUKUI, Y.
        Immunology and Cell Biology, 1995年
      • Biological and biochemical activity of v-Crk chimeras containing the SH2/SH3 regions of phosphatidylinositol-specific phospholipase C-γ and Src
        Matsuda, M.; Reichman, C.T.; Hanafusa, H.
        Journal of Virology, 1992年
      • Identification of domains of the v-crk oncogene product sufficient for association with phosphotyrosine-containing proteins
        Matsuda, M.; Mayer, B.J.; Hanafusa, H.
        Molecular and Cellular Biology, 1991年
      • Binding of transforming protein, P47gag-crk, to a broad range of phosphotyrosine-containing proteins
        Matsuda, M.; Mayer, B.J.; Fukui, Y.; Hanafusa, H.
        Science, 1990年
      • Purification and characterization of P47gag-crk expressed in insect cells
        Matsuda, M.; Marshall, C.P.; Hanafusa, H.
        Journal of Biological Chemistry, 1990年
      • Host range bias of the JC virus mutant enhancer with DNA rearrangement
        Shinohara, T.; Matsuda, M.; Yasui, K.; Yoshiike, K.
        Virology, 1989年
      • Local activation of Rap1 contributes to directional vascular endothelial cell migration accompanied by extension of microtubules on which RAPL, a Rap1-associating molecule, localizes
        H Fujita; S Fukuhara; A Sakurai; A Yamagishi; Y Kamioka; Y Nakaoka; M Masuda; N Mochizuki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年02月, 査読有り
      • EphA4-mediated rho activation via Vsm-RhoGEF expressed specifically in vascular smooth muscle cells
        H Ogita; S Kunimoto; Y Kamioka; H Sawa; M Masuda; N Mochizuki
        CIRCULATION RESEARCH, 2003年07月
      • Knockout of all ErbB-family genes delineates their roles in proliferation, survival, and migration.
        Kimiya Matsuda; Daiki Hirayama; Naoya Hino; Sota Kuno; Asako Sakaue-Sawano; Atsushi Miyawaki; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Journal of cell science, 2023年07月31日
      • Stretching the limits of extracellular signal-related kinase (ERK) signaling - Cell mechanosensing to ERK activation.
        Tsuyoshi Hirashima; Naoya Hino; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        Current opinion in cell biology, 2023年08月11日
      • Dispensable role of Rac1 and Rac3 after cochlear hair cell specification
        Takashi Nakamura; Hirofumi Sakaguchi; Hiroaki Mohri; Yuzuru Ninoyu; Akihiro Goto; Taro Yamaguchi; Yoshitaka Hishikawa; Michiyuki Matsuda; Naoaki Saito; Takehiko Ueyama
        Journal of Molecular Medicine, 2023年05月19日
      • Biliverdin reductase-A遺伝子欠損による近赤外蛍光タンパク質高輝度化とビリベルジン要求性光遺伝学ツールの光応答性上昇
        小鉢 健樹; 隅山 健太; 松田 道行; 寺井 健太
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2020年06月
      • 組織細胞間コミュニケーションのライブイメージングに資する細胞形態マーカー発現マウスの作成
        今西 彩子; 小松 直貴; 隅山 健太; 松田 道行
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2016年05月
      • In vivo FRET Imaging 分子活性と細胞動態を同時に観察する新しい研究手法
        松田 道行; 水野 礼; 平塚 拓也; 隅山 健太; 坂井 義治; 上岡 裕治
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2014年11月
      • Generation of transgenic mice expressing a FRET biosensor, SMART, that responds to necroptosis.
        Shin Murai; Kanako Takakura; Kenta Sumiyama; Kenta Moriwaki; Kenta Terai; Sachiko Komazawa-Sakon; Takao Seki; Yoshifumi Yamaguchi; Tetuo Mikami; Kimi Araki; Masaki Ohmuraya; Michiyuki Matsuda; Hiroyasu Nakano
        Communications biology, 2022年12月05日
      • A feedback loop between lamellipodial extension and HGF-ERK signaling specifies leader cells during collective cell migration.
        Naoya Hino; Kimiya Matsuda; Yuya Jikko; Gembu Maryu; Katsuya Sakai; Ryu Imamura; Shinya Tsukiji; Kazuhiro Aoki; Kenta Terai; Tsuyoshi Hirashima; Xavier Trepat; Michiyuki Matsuda
        Developmental cell, 2022年09月26日
      • cis interaction of CD153 with TCR/CD3 is crucial for the pathogenic activation of senescence-associated T cells.
        Yuji Fukushima; Keiko Sakamoto; Michiyuki Matsuda; Yasunobu Yoshikai; Hideo Yagita; Daisuke Kitamura; Misaki Chihara; Nagahiro Minato; Masakazu Hattori
        Cell reports, 2022年09月20日
      • A FRET biosensor, SMART, monitors necroptosis in renal tubular epithelial cells in a cisplatin-induced kidney injury model
        Shin Murai; Kanako Takakura; Kenta Sumiyama; Kenta Moriwaki; Kenta Terai; Sachiko Komazawa-Sakon; Yoshifumi Yamaguchi; Tetuo Mikami; Kimi Araki; Masaki Ohmuraya; Michiyuki Matsuda; Hiroyasu Nakano
        Commun Biol, 2022年06月19日, 査読有り
      • 2P313 細胞内での上皮成長因子受容体とアダプター分子間解離速度の計測(生体膜・人工膜(情報伝達),ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会)
        森松 美紀; 松田 道行
        生物物理, 2007年
      • CT10レトロウイルスの癌遺伝子v‐crkとそのヒト相同遺伝子CRKの機能解析
        松田 道行
        ウイルス, 1994年
      • 生きた細胞で情報伝達を可視化する
        黒川 量雄; 松田 道行
        生物物理, 2002年02月25日
      • 3K1346 FRETイメージングと統計的信号処理に基づく自発的な細胞運動を制御する細胞内シグナル伝達経路の同定(細胞生物的課題4,第49回年会講演予稿集)
        Kunida Katsuyuki; Aoki Kazuhiro; Matsuda Michiyuki
        生物物理, 2011年
      • 1P230 1C1355 FRETイメージングと統計的信号解析に基づく自発的な細胞運動時における分子ネットワークの同定(細胞生物的課題(接着,運動,骨格,伝達,膜),口頭発表,第48回日本生物物理学会年会)
        Kunida Katsuyuki; Aoki Kazuhiro; Matsuda Michiyuki
        生物物理, 2010年
      • Cell image segmentation by integrating multiple CNNs
        Yuki Hiramatsu; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        IEEE Computer Society Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Workshops, 2018年12月13日
      • Segmentation of cell membrane and nucleus by improving Pix2pix
        Masaya Sato; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        BIOSIGNALS 2018 - 11th International Conference on Bio-Inspired Systems and Signal Processing, Proceedings; Part of 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies, BIOSTEC 2018, 2018年
      • Segmentation of cell membrane and nucleus using branches with different roles in deep neural network
        Tomokazu Murata; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        BIOSIGNALS 2018 - 11th International Conference on Bio-Inspired Systems and Signal Processing, Proceedings; Part of 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies, BIOSTEC 2018, 2018年
      • Cell Image Segmentation by Integrating Multiple CNNs.
        Yuki Hiramatsu; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        2018 IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Workshops, 2018年
      • Segmentation of Cell Membrane and Nucleus using Branches with Different Roles in Deep Neural Network.
        Tomokazu Murata; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Proceedings of the 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018) - Volume 4: BIOSIGNALS(BIOSIGNALS), 2018年
      • Segmentation of Cell Membrane and Nucleus by Improving Pix2pix.
        Masaya Sato; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Proceedings of the 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018) - Volume 4: BIOSIGNALS(BIOSIGNALS), 2018年
      • 1H1710 細胞表面の受容体密度依存的に起こるシグナルの細胞内伝播(31.ビデオセッション,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        沢野-阪上 朝子; Takayama Shuichi; 松田 道行; 宮脇 敦史
        生物物理, 2002年
      • C-type Natriuretic Peptide-induced PKA Activation Promotes Endochondral Bone Formation in Hypertrophic Chondrocytes.
        Keisho Hirota; Tsuyoshi Hirashima; Kazuki Horikawa; Akihiro Yasoda; Michiyuki Matsuda
        Endocrinology, 2022年03月01日, 査読有り, 最終著者
      • Functional visualization of NK cell-mediated killing of metastatic single tumor cells.
        Hiroshi Ichise; Shoko Tsukamoto; Tsuyoshi Hirashima; Yoshinobu Konishi; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Satoshi Iwano; Atsushi Miyawaki; Kenta Sumiyama; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        eLife, 2022年02月03日, 査読有り
      • Redundant roles of EGFR ligands in the ERK activation waves during collective cell migration
        Shuhao Lin; Daiki Hirayama; Gembu Maryu; Kimiya Matsuda; Naoya Hino; Eriko Deguchi; Kazuhiro Aoki; Ryo Iwamoto; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Life Science Alliance, 2022年01月, 査読有り
      • A Dual Promoter System to Monitor IFN-γ Signaling in vivo at Single-cell Resolution.
        Taisei Tanaka; Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Shinya Tsukiji; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell structure and function, 2021年12月22日, 査読有り
      • Stalling interkinetic nuclear migration in curved pseudostratified epithelium of developing cochlea
        Mamoru Ishii; Tomoko Tateya; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        Royal Society Open Science, 2021年12月, 査読有り
      • Two-photon AMPK and ATP imaging reveals the bias between rods and cones in glycolysis utility.
        Jiazhou He; Masamichi Yamamoto; Kenta Sumiyama; Yumi Konagaya; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda; Shinya Sato
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2021年09月, 査読有り
      • Intravital Imaging Identifies the VEGF-TXA2 Axis as a Critical Promoter of PGE2 Secretion from Tumor Cells and Immune Evasion.
        Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Tetsuya Watabe; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Yoko Hamazaki; Yasuhiro Murakawa; Akifumi Takaori-Kondo; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Cancer research, 2021年08月01日, 査読有り, 最終著者
      • Retrograde ERK activation waves drive base-to-apex multicellular flow in murine cochlear duct morphogenesis.
        Mamoru Ishii; Tomoko Tateya; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        eLife, 2021年03月05日, 査読有り
      • Metastatic Single Tumor Cells Evade NK Cell-mediated Killing by Thrombin-mediated Loss of the Activating Ligand CD155/PVR/Necl-5
        Hiroshi Ichise; Shoko Tsukamoto; Tsuyoshi Hirashima; Yoshinobu Konishi; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Satoshi Iwano; Atsushi Miyawaki; Kenta Sumiyama; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        2021年01月17日
      • Visualization of Spatially-Controlled Vasospasm by Sympathetic Nerve-Mediated ROCK Activation.
        Ayako Imanishi; Hiroshi Ichise; Chuyun Fan; Yasuaki Nakagawa; Koichiro Kuwahara; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        The American journal of pathology, 2021年01月
      • Spatiotemporal ATP Dynamics during AKI Predict Renal Prognosis.
        Shinya Yamamoto; Masamichi Yamamoto; Jin Nakamura; Akiko Mii; Shigenori Yamamoto; Masahiro Takahashi; Keiichi Kaneko; Eiichiro Uchino; Yuki Sato; Shingo Fukuma; Hiromi Imamura; Michiyuki Matsuda; Motoko Yanagita
        Journal of the American Society of Nephrology : JASN, 2020年12月
      • Single-Cell Activation of the cAMP-Signaling Pathway in 3D Tissues with FRET-Assisted Two-Photon Activation of bPAC.
        Tomoaki Kinjo; Tetsuya Watabe; Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        ACS chemical biology, 2020年11月20日
      • Intravital imaging reveals cell cycle-dependent myogenic cell migration during muscle regeneration.
        Yumi Konagaya; Kanako Takakura; Maina Sogabe; Anjali Bisaria; Chad Liu; Tobias Meyer; Atsuko Sehara-Fujisawa; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell cycle (Georgetown, Tex.), 2020年11月
      • Rhodopsin-mediated light-off-induced protein kinase A activation in mouse rod photoreceptor cells.
        Shinya Sato; Takahiro Yamashita; Michiyuki Matsuda
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2020年10月27日
      • Altered G1 signaling order and commitment point in cells proliferating without CDK4/6 activity.
        Chad Liu; Yumi Konagaya; Mingyu Chung; Leighton H Daigh; Yilin Fan; Hee Won Yang; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda; Tobias Meyer
        Nature communications, 2020年10月20日
      • Biliverdin Reductase-A Deficiency Brighten and Sensitize Biliverdin-binding Chromoproteins.
        Kenju Kobachi; Sota Kuno; Shinya Sato; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell structure and function, 2020年08月21日, 査読有り
      • Experimental pathology by intravital microscopy and genetically encoded fluorescent biosensors.
        Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Pathology international, 2020年07月
      • ERK-Mediated Mechanochemical Waves Direct Collective Cell Polarization.
        Naoya Hino; Leone Rossetti; Ariadna Marín-Llauradó; Kazuhiro Aoki; Xavier Trepat; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        Developmental cell, 2020年06月22日, 査読有り
      • Engineering Orthogonal, Plasma Membrane-Specific SLIPT Systems for Multiplexed Chemical Control of Signaling Pathways in Living Single Cells.
        Akinobu Nakamura; Choji Oki; Kenya Kato; Satoko Fujinuma; Gembu Maryu; Keiko Kuwata; Tatsuyuki Yoshii; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki; Shinya Tsukiji
        ACS chemical biology, 2020年04月17日
      • Booster, a Red-Shifted Genetically Encoded Förster Resonance Energy Transfer (FRET) Biosensor Compatible with Cyan Fluorescent Protein/Yellow Fluorescent Protein-Based FRET Biosensors and Blue Light-Responsive Optogenetic Tools.
        Tetsuya Watabe; Kenta Terai; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda
        ACS sensors, 2020年03月27日, 査読有り
      • Serotonin 5-HT4 receptor boosts functional maturation of dendritic spines via RhoA-dependent control of F-actin.
        Yvonne Schill; Monika Bijata; Olga Kopach; Volodymyr Cherkas; Dalia Abdel-Galil; Katrin Böhm; Markus H Schwab; Michiyuki Matsuda; Valerie Compan; Subhadip Basu; Krystian Bijata; Jakub Wlodarczyk; Lucie Bard; Nicholas Cole; Alexander Dityatev; Andre Zeug; Dmitri A Rusakov; Evgeni Ponimaskin
        Communications biology, 2020年02月14日
      • Indispensable role of STIL in the regulation of cancer cell motility through the lamellipodial accumulation of ARHGEF7-PAK1 complex.
        Hideaki Ito; Takumi Tsunoda; Miho Riku; Shingo Inaguma; Akihito Inoko; Hideki Murakami; Hiroshi Ikeda; Michiyuki Matsuda; Kenji Kasai
        Oncogene, 2020年02月
      • Incoherent Feedforward Regulation via Sox9 and ERK Underpins Mouse Tracheal Cartilage Development.
        Takuya Yoshida; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        Frontiers in cell and developmental biology, 2020年
      • Two Decades of Genetically Encoded Biosensors Based on Förster Resonance Energy Transfer.
        Kenta Terai; Ayako Imanishi; Chunjie Li; Michiyuki Matsuda
        Cell structure and function, 2019年11月02日
      • 細胞・組織動態解析と数理モデルで解く形態形成の原理 多細胞のパターン形成のメカノケミカルフィードバックモデル
        平島 剛志; 日野 直也; 松田 道行
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, 査読有り
      • FRET-assisted photoactivation of flavoproteins for in vivo two-photon optogenetics.
        Kinjo T; Terai K; Horita S; Nomura N; Sumiyama K; Togashi K; Iwata S; Matsuda M
        Nature methods, 2019年09月, 査読有り
      • Divergent Dynamics and Functions of ERK MAP Kinase Signaling in Development, Homeostasis and Cancer: Lessons from Fluorescent Bioimaging
        Yu Muta; Michiyuki Matsuda; Masamichi Imajo; corresponding author
        Cancers, 2019年04月, 査読有り
      • An amphipathic helix of vinexin $α$ is necessary for a substrate stiffness-dependent conformational change in vinculin
        Hino Naoya; Ichikawa Takafumi; Kimura Yasuhisa; Matsuda Michiyuki; Ueda Kazumitsu; Kioka Noriyuki
        J Cell Sci, 2019年, 査読有り
      • Single-cell quantification of the concentrations and dissociation constants of endogenous proteins
        Komatsubara, Akira T; Goto, Yuhei; Kondo, Yohei; Matsuda, Michiyuki; Aoki, Kazuhiro
        Journal of Biological Chemistry, 2019年, 査読有り
      • Composite regulation of ERK activity dynamics underlying tumour-specific traits in the intestine
        Yu Muta; Yoshihisa Fujita; Kenta Sumiyama; Atsuro Sakurai; M. Mark Taketo; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda; Masamichi Imajo
        Nature Communications, 2018年12月01日, 査読有り
      • Dynamic MAPK/ERK Activity Sustains Nephron Progenitors through Niche Regulation and Primes Precursors for Differentiation.
        Anneliis Ihermann-Hella; Tsuyoshi Hirashima; Jussi Kupari; Kristen Kurtzeborn; Hao Li; Hyuk Nam Kwon; Cristina Cebrian; Abdul Soofi; Arvydas Dapkunas; Ilkka Miinalainen; Gregory R Dressler; Michiyuki Matsuda; Satu Kuure
        Stem cell reports, 2018年10月09日, 査読有り
      • Dynamic ERK signaling regulation in intestinal tumorigenesis
        Yu Muta; Michiyuki Matsuda; Masamichi Imajo
        Molecular & Cellular Oncology, 2018年09月, 査読有り
      • PAR-3 controls endothelial planar polarity and vascular inflammation under laminar flow.
        Hikita T; Mirzapourshafiyi F; Barbacena P; Riddell M; Pasha A; Li M; Kawamura T; Brandes RP; Hirose T; Ohno S; Gerhardt H; Matsuda M; Franco CA; Nakayama M
        EMBO reports, 2018年07月, 査読有り
      • A platform of BRET-FRET hybrid biosensors for optogenetics, chemical screening, and in vivo imaging.
        Naoki Komatsu; Kenta Terai; Ayako Imanishi; Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Takashi Jin; Yasushi Okada; Takeharu Nagai; Michiyuki Matsuda
        Scientific reports, 2018年06月12日, 査読有り
      • A novel morphological marker for the analysis of molecular activities at the single-cell level.
        Imanishi A; Murata T; Sato M; Hotta K; Imayoshi I; Matsuda M; Terai K
        Cell structure and function, 2018年06月, 査読有り
      • Live-cell imaging with genetically encoded protein kinase activity reporters
        Gembu Maryu; Haruko Miura; Youichi Uda; Akira T. Komatsubara; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        Cell Structure and Function, 2018年, 査読有り
      • Live-cell FRET imaging reveals a role of extracellular signal-regulated kinase activity dynamics in thymocyte motility
        Konishi Yoshinobu; Terai Kenta; Furuta Yasuhide; Kiyonari Hiroshi; Abe Takaya; Ueda Yoshihiro; Kinashi Tatsuo; Hamazaki Yoko; Takaori-Kondo Akifumi; Matsuda Michiyuki
        iScience, 2018年, 査読有り
      • Gliding basal cell migration of the urothelium during wound healing
        Sano, Takeshi; Kobayashi, Takashi; Ogawa, Osamu; Matsuda, Michiyuki
        The American journal of pathology, 2018年, 査読有り
      • Cell-to-cell heterogeneity in p38-mediated cross-inhibition of JNK causes stochastic cell death
        Miura Haruko; Kondo Yohei; Matsuda Michiyuki; Aoki Kazuhiro
        Cell reports, 2018年, 査読有り
      • Propagating Wave of ERK Activation Orients Collective Cell Migration
        Kazuhiro Aoki; Yohei Kondo; Honda Naoki; Toru Hiratsuka; Reina E. Itoh; Michiyuki Matsuda
        DEVELOPMENTAL CELL, 2017年11月, 査読有り
      • Genetically Encoded Tools for Optical Dissection of the Mammalian Cell Cycle
        Asako Sakaue-Sawano; Masahiro Yo; Naoki Komatsu; Toru Hiratsuka; Takako Kogure; Tetsushi Hoshida; Naoki Goshima; Michiyuki Matsuda; Hiroyuki Miyoshi; Atsushi Miyawaki
        MOLECULAR CELL, 2017年11月, 査読有り
      • Efficient synthesis of phycocyanobilin in mammalian cells for optogenetic control of cell signaling
        Youichi Uda; Yuhei Goto; Shigekazu Oda; Takayuki Kohchi; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2017年11月, 査読有り
      • A Highly Sensitive FRET Biosensor for AMPK Exhibits Heterogeneous AMPK Responses among Cells and Organs
        Yumi Konagaya; Kenta Terai; Yusuke Hirao; Kanako Takakura; Masamichi Imajo; Yuji Kamioka; Norio Sasaoka; Akira Kakizuka; Kenta Sumiyama; Tomoichiro Asano; Michiyuki Matsuda
        CELL REPORTS, 2017年11月, 査読有り
      • Live imaging of extracellular signal-regulated kinase and protein kinase A activities during thrombus formation in mice expressing biosensors based on Förster resonance energy transfer
        Hiratsuka T; Sano T; Kato H; Komatsu N; Imajo M; Kamioka Y; Sumiyama K; Banno F; Miyata T; Matsuda M
        Journal of Thrombosis and Haemostasis, 2017年07月, 査読有り
      • Intravital Förster resonance energy transfer imaging reveals osteopontin-mediated polymorphonuclear leukocyte activation by tumor cell emboli
        Kamioka Y; Takakura K; Sumiyama K; Matsuda M
        Cancer Science, 2017年02月, 査読有り
      • A FRET Biosensor for ROCK Based on a Consensus Substrate Sequence Identified by KISS Technology
        Chunjie Li; Ayako Imanishi; Naoki Komatsu; Kenta Terai; Mutsuki Amano; Kozo Kaibuchi; Michiyuki Matsuda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2017年, 査読有り
      • Cell Density-Dependent Increase in Tyrosine-Monophosphorylated ERK2 in MDCK Cells Expressing Active Ras or Raf
        Noriyuki Kawabata; Michiyuki Matsuda
        PLOS ONE, 2016年12月, 査読有り
      • Intravital imaging of mouse urothelium reveals activation of extracellular signal-regulated kinase by stretch-induced intravesical release of ATP
        Takeshi Sano; Takashi Kobayashi; Hiromitsu Negoro; Atsushi Sengiku; Takuya Hiratsuka; Yuji Kamioka; Louis S. Liou; Osamu Ogawa; Michiyuki Matsuda
        Physiological Reports, 2016年11月01日, 査読有り
      • Cancer-specific mutations in p53 induce the translation of Δ160p53 promoting tumorigenesis
        Candeias M.M; Hagiwara M; Matsuda M
        EMBO Reports, 2016年11月, 査読有り
      • Two New FRET Imaging Measures: Linearly Proportional to and Highly Contrasting the Fraction of Active Molecules
        Masataka Yamao; Kazuhiro Aoki; Naoto Yukinawa; Shin Ishii; Michiyuki Matsuda; Honda Naoki
        PLOS ONE, 2016年10月, 査読有り
      • Osteopontin in Spontaneous Germinal Centers Inhibits Apoptotic Cell Engulfment and Promotes Anti-Nuclear Antibody Production in Lupus-Prone Mice.
        Keiko Sakamoto; Yuji Fukushima; Koyu Ito; Michiyuki Matsuda; Shigekazu Nagata; Nagahiro Minato; Masakazu Hattori
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2016年09月15日, 査読有り
      • In Vivo FRET Imaging of Tumor Endothelial Cells Highlights a Role of Low PKA Activity in Vascular Hyperpermeability
        Fumio Yamauchi; Yuji Kamioka; Tetsuya Yano; Michiyuki Matsuda
        CANCER RESEARCH, 2016年09月, 査読有り
      • Identification of Aging-Associated Gene Expression Signatures That Precede Intestinal Tumorigenesis
        Yoshihisa Okuchi; Masamichi Imajo; Rei Mizuno; Yuji Kamioka; Hiroyuki Miyoshi; Makoto Mark Taketo; Satoshi Nagayama; Yoshiharu Sakai; Michiyuki Matsuda
        PLOS ONE, 2016年09月, 査読有り
      • Live imaging of transforming growth factor-β activated kinase 1 activation in Lewis lung carcinoma 3LL cells implanted into syngeneic mice and treated with polyinosinic: Polycytidylic acid
        Takaoka S; Kamioka Y; Takakura K; Baba A; Shime H; Seya T; Matsuda M
        Cancer Science, 2016年05月, 査読有り
      • Visualization of signaling molecules during neutrophil recruitment in transgenic mice expressing FRET Biosensors
        Mizuno, R.; Kamioka, Y.; Sakai, Y.; Matsuda, M.
        Methods in Molecular Biology, 2016年, 査読有り
      • Multiplexed Fluorescence Imaging of ERK and Akt Activities and Cell-cycle Progression
        Gembu Maryu; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2016年, 査読有り
      • Distinct predictive performance of Rac1 and Cdc42 in cell migration
        Masataka Yamao; Honda Naoki; Katsuyuki Kunida; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda; Shin Ishii
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年12月, 査読有り
      • mTORC1 upregulation via ERK-dependent gene expression change confers intrinsic resistance to MEK inhibitors in oncogenic KRas-mutant cancer cells
        Komatsu N; Fujita Y; Matsuda M; Aoki K
        Oncogene, 2015年11月, 査読有り
      • mTORC1 upregulation via ERK-dependent gene expression change confers intrinsic resistance to MEK inhibitors in oncogenic KRas-mutant cancer cells
        N. Komatsu; Y. Fujita; M. Matsuda; K. Aoki
        ONCOGENE, 2015年11月, 査読有り
      • Role of PKA signaling in D2 receptor-expressing neurons in the core of the nucleus accumbens in aversive learning
        Takashi Yamaguchi; Akihiro Goto; Ichiro Nakahara; Satoshi Yawata; Takatoshi Hikida; Michiyuki Matsuda; Kazuo Funabiki; Shigetada Nakanishi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2015年09月, 査読有り
      • Quantitative analysis of recombination between YFP and CFP genes of FRET biosensors introduced by lentiviral or retroviral gene transfer
        Akira T. Komatsubara; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年08月, 査読有り
      • Circuit-dependent striatal PKA and ERK signaling underlies rapid behavioral shift in mating reaction of male mice
        Akihiro Goto; Ichiro Nakahara; Takashi Yamaguchi; Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Shigetada Nakanishi; Kazuo Funabiki
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2015年05月26日, 査読有り
      • Circuit-dependent striatal PKA and ERK signaling underlies rapid behavioral shift in mating reaction of male mice
        Akihiro Goto; Ichiro Nakahara; Takashi Yamaguchi; Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Shigetada Nakanishi; Kazuo Funabiki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2015年05月, 査読有り
      • Intravital imaging reveals how BRAF inhibition generates drug-tolerant microenvironments with high integrin β1/FAK Signaling
        Hirata E; Girotti M.R; Viros A; Hooper S; Spencer-Dene B; Matsuda M; Larkin J; Marais R; Sahai E
        Cancer Cell, 2015年04月, 査読有り
      • Heterogeneity in ERK activity as visualized by in vivo FRET imaging of mammary tumor cells developed in MMTV-Neu mice
        Y. Kumagai; H. Naoki; E. Nakasyo; Y. Kamioka; E. Kiyokawa; M. Matsuda
        ONCOGENE, 2015年02月, 査読有り
      • Intercellular propagation of extracellular signal-regulated kinase activation revealed by in vivo imaging of mouse skin
        Toru Hiratsuka; Yoshihisa Fujita; Honda Naoki; Kazuhiro Aoki; Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        ELIFE, 2015年02月, 査読有り
      • Cdc42 Mediates Bmp-Induced Sprouting Angiogenesis through Fmnl3-Driven Assembly of Endothelial Filopodia in Zebrafish
        Yuki Wakayama; Shigetomo Fukuhara; Koji Ando; Michiyuki Matsuda; Naoki Mochizuki
        DEVELOPMENTAL CELL, 2015年01月, 査読有り
      • In vivo imaging of intracellular signaling molecules: Come/Stop signals of neutrophils during acute inflammation
        Kamioka, Y.; Mizuno, R.; Matsuda, M.
        [Rinshō ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 2015年, 査読有り
      • PKA modulation of Rac in neuronal cells
        Akihiro Goto; Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        FRONTIERS IN CELLULAR NEUROSCIENCE, 2014年10月, 査読有り
      • Quantitative In Vivo Fluorescence Cross-Correlation Analyses Highlight the Importance of Competitive Effects in the Regulation of Protein-Protein Interactions
        Wakako Sadaie; Yoshie Harada; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • Fluorescence resonance energy transfer based quantitative analysis of feedforward and feedback loops in epidermal growth factor receptor signaling and the sensitivity to molecular targeting drugs
        Yoshihisa Fujita; Naoki Komatsu; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        FEBS JOURNAL, 2014年07月, 査読有り
      • In vivo imaging reveals PKA regulation of ERK activity during neutrophil recruitment to inflamed intestines
        Rei Mizuno; Yuji Kamioka; Kenji Kabashima; Masamichi Imajo; Kenta Sumiyama; Eiji Nakasho; Takeshi Ito; Yoko Hamazaki; Yoshihisa Okuchi; Yoshiharu Sakai; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2014年06月, 査読有り
      • Maintenance of stereocilia and apical junctional complexes by Cdc42 in cochlear hair cells
        Takehiko Ueyama; Hirofumi Sakaguchi; Takashi Nakamura; Akihiro Goto; Shigefumi Morioka; Aya Shimizu; Kazuki Nakao; Yoshitaka Hishikawa; Yuzuru Ninoyu; Hidetoshi Kassai; Shiro Suetsugu; Takehiko Koji; Bernd Fritzsch; Shigenobu Yonemura; Yasuo Hisa; Michiyuki Matsuda; Atsu Aiba; Naoaki Saito
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2014年05月, 査読有り
      • Fluctuation of Rac1 activity is associated with the phenotypic and transcriptional heterogeneity of glioma cells
        Hiroko Yukinaga; Clara Shionyu; Eishu Hirata; Kumiko Ui-Tei; Takeshi Nagashima; Shinji Kondo; Mariko Okada-Hatakeyama; Honda Naoki; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2014年04月, 査読有り
      • Development of a FRET Biosensor with High Specificity for Akt
        Haruko Miura; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2014年, 査読有り
      • Cell Cycle-Dependent Rho GTPase Activity Dynamically Regulates Cancer Cell Motility and Invasion In Vivo
        Yoshinori Kagawa; Shinji Matsumoto; Yuji Kamioka; Koshi Mimori; Yoko Naito; Taeko Ishii; Daisuke Okuzaki; Naohiro Nishida; Sakae Maeda; Atsushi Naito; Junichi Kikuta; Keizo Nishikawa; Junichi Nishimura; Naotsugu Haraguchi; Ichiro Takemasa; Tsunekazu Mizushima; Masataka Ikeda; Hirofumi Yamamoto; Mitsugu Sekimoto; Hideshi Ishii; Yuichiro Doki; Michiyuki Matsuda; Akira Kikuchi; Masaki Mori; Masaru Ishii
        PLOS ONE, 2013年12月, 査読有り
      • Stochastic ERK activation induced by noise and cell-to-cell propagation regulates cell density-dependent proliferation
        Kazuhiro Aoki; Yuka Kumagai; Atsuro Sakurai; Naoki Komatsu; Yoshihisa Fujita; Clara Shionyu; Michiyuki Matsuda
        Molecular Cell, 2013年11月21日, 査読有り
      • Development of a FRET biosensor with high specificity for Akt
        Haruko Miura; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        Cell Structure and Function, 2013年11月09日, 査読有り
      • Fluorescence resonance energy transfer imaging of cell signaling from in vitro to in vivo: Basis of biosensor construction, live imaging, and image processing
        Kazuhiro Aoki; Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        Development Growth and Differentiation, 2013年05月, 査読有り
      • GDNF and endothelin 3 regulate migration of enteric neural crest-derived cells via protein kinase A and Rac1
        Akihiro Goto; Kenta Sumiyama; Yuji Kamioka; Eiji Nakasyo; Keisuke Ito; Mitsuhiro Iwasaki; Hideki Enomoto; Michiyuki Matsuda
        Journal of Neuroscience, 2013年03月13日, 査読有り
      • A Quantitative Model of ERK MAP Kinase Phosphorylation in Crowded Media
        Kazuhiro Aoki; Koichi Takahashi; Kazunari Kaizu; Michiyuki Matsuda
        SCIENTIFIC REPORTS, 2013年03月, 査読有り
      • Insufficient ability of Rac1b to perturb cystogenesis.
        Mori, Y.; Yagi, S.; Sakurai, A.; Matsuda, M.; Kiyokawa, E.
        Small GTPases, 2013年01月, 査読有り
      • 2光子励起顕微鏡を用いたFRETイメージング
        上岡裕治; 松田道行
        生体の科学, 2013年
      • Chimaerin Suppresses Rac1 Activation at the Apical Membrane to Maintain the Cyst Structure
        Shunsuke Yagi; Michiyuki Matsuda; Etsuko Kiyokawa
        PLOS ONE, 2012年12月, 査読有り
      • Activated Ras Protein Accelerates Cell Cycle Progression to Perturb Madin-Darby Canine Kidney Cystogenesis
        Atsuro Sakurai; Michiyuki Matsuda; Etsuko Kiyokawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2012年09月, 査読有り
      • FRETプローブを発現するトランスジェニックマウスを用いたTPAによるERK活性変化のライブイメージング(Chronological imaging of TPA-induced ERK activation in TG mice expressing a FRET biosensor)
        平塚 徹; 野中 太一郎; 木下 和生; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2012年08月
      • FRET imaging and statistical signal processing reveal positive and negative feedback loops regulating the morphology of randomly migrating HT-1080 cells
        Katsuyuki Kunida; Michiyuki Matsuda; Kazuhiro Aoki
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年05月, 査読有り
      • Syndecan 4 Regulates FGFR1 Signaling in Endothelial Cells by Directing Macropinocytosis
        Arye Elfenbein; Anthony Lanahan; Theresa X. Zhou; Alisa Yamasaki; Eugene Tkachenko; Michiyuki Matsuda; Michael Simons
        SCIENCE SIGNALING, 2012年05月, 査読有り
      • Stable expression of FRET biosensors: A new light in cancer research
        Kazuhiro Aoki; Naoki Komatsu; Eishu Hirata; Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        CANCER SCIENCE, 2012年04月, 査読有り
      • Suppression of Rac1 activity at the apical membrane of MDCK cells is essential for cyst structure maintenance
        Shunsuke Yagi; Michiyuki Matsuda; Etsuko Kiyokawa
        EMBO REPORTS, 2012年03月, 査読有り
      • In vivo fluorescence resonance energy transfer imaging reveals differential activation of Rho-family GTPases in glioblastoma cell invasion
        Eishu Hirata; Hiroko Yukinaga; Yuji Kamioka; Yoshiki Arakawa; Susumu Miyamoto; Takaharu Okada; Erik Sahai; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年02月, 査読有り
      • Live imaging of protein kinase activities in transgenic mice expressing FRET biosensors
        Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Rei Mizuno; Yoshiharu Sakai; Eishu Hirata; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        Cell Structure and Function, 2012年, 査読有り
      • Development of an optimized backbone of FRET biosensors for kinases and GTPases
        Naoki Komatsu; Kazuhiro Aoki; Masashi Yamada; Hiroko Yukinaga; Yoshihisa Fujita; Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年12月, 査読有り
      • A genetically encoded Förster resonance energy transfer biosensor for two-photon excitation microscopy
        Y. Kumagai; Y. Kamioka; S. Yagi; M. Matsuda; E. Kiyokawa
        Analytical Biochemistry, 2011年06月, 査読有り
      • SH3BP1, an Exocyst-Associated RhoGAP, Inactivates Rac1 at the Front to Drive Cell Motility
        Maria Carla Parrini; Amel Sadou-Dubourgnoux; Kazuhiro Aoki; Katsuyuki Kunida; Marco Biondini; Anastassia Hatzoglou; Patrick Poullet; Etienne Formstecher; Charles Yeaman; Michiyuki Matsuda; Carine Rosse; Jacques Camonis
        MOLECULAR CELL, 2011年06月, 査読有り
      • Phosphorylation of STEF/Tiam2 by protein kinase A is critical for Rac1 activation and neurite outgrowth in dibutyryl cAMP-treated PC12D cells
        Akihiro Goto; Mikio Hoshino; Michiyuki Matsuda; Takeshi Nakamura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年05月, 査読有り
      • Spatiotemporal regulation of small GTPases as revealed by probes based on the principle of f̈orster resonance energy transfer (FRET): Implications for signaling and pharmacology
        E. Kiyokawa; K. Aoki; T. Nakamura; M. Matsuda
        Annual Review of Pharmacology and Toxicology, 2011年, 査読有り
      • 癌と生体イメージング 癌のFRET ライブイメージング FRET live imaging of cancer
        清川悦子; 上岡裕治; 松田道行
        Surgery Frontier, 2011年
      • Heterogeneity of phosphatidic acid levels and distribution at the plasma membrane in living cells as visualized by a Förster Resonance Energy Transfer (FRET) biosensor
        T. Nishioka; M.A. Frohman; M. Matsuda; E. Kiyokawa
        Journal of Biological Chemistry, 2010年11月, 査読有り
      • Revolving movement of a dynamic cluster of actin filaments during mitosis
        Masaru Mitsushima; Kazuhiro Aoki; Miki Ebisuya; Shigeru Matsumura; Takuya Yamamoto; Michiyuki Matsuda; Fumiko Toyoshima; Eisuke Nishida
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • Real-time Fluorescent Resonance Energy Transfer Analysis to Monitor Drug Resistance in Chronic Myelogenous Leukemia
        Ahmet Tunceroglu; Michiyuki Matsuda; Raymond B. Birge
        MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS, 2010年11月, 査読有り
      • TWO MODES OF GLIOBLASTOMA INVASION: ANALYSIS WITH TWO-PHOTON EXCITATION MICROSCOPY AND FRET IMAGING
        Michiyuki Matsuda; Eishu Hirata; Yoshiki Arakawa; Susumu Miyamoto
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • Multiple Decisive Phosphorylation Sites for the Negative Feedback Regulation of SOS1 via ERK
        Yuji Kamioka; Shuhei Yasuda; Yoshihisa Fujita; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年10月, 査読有り
      • Palmitoylated Ras proteins traffic through recycling endosomes to the plasma membrane during exocytosis
        Ryo Misaki; Miki Morimatsu; Takefumi Uemura; Satoshi Waguri; Eiji Miyoshi; Naoyuki Taniguchi; Michiyuki Matsuda; Tomohiko Taguchi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Ras and Calcium Signaling Pathways Converge at Raf1 via the Shoc2 Scaffold Protein
        Sayaka Yoshiki; Rie Matsunaga-Udagawa; Kazuhiro Aoki; Yuji Kamioka; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2010年03月, 査読有り
      • The Scaffold Protein Shoc2/SUR-8 Accelerates the Interaction of Ras and Raf
        Rie Matsunaga-Udagawa; Yoshihisa Fujita; Sayaka Yoshiki; Kenta Terai; Yuji Kamioka; Etsuko Kiyokawa; Katsuyuki Yugi; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年03月, 査読有り
      • Dissecting Activation of the PAK1 Kinase at Protrusions in Living Cells
        Maria Carla Parrini; Jacques Camonis; Michiyuki Matsuda; Jean de Gunzburg
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年09月, 査読有り
      • Endogenous tenascin-C enhances glioblastoma invasion with reactive change of surrounding brain tissue
        Eishu Hirata; Yoshiki Arakawa; Mitsuaki Shirahata; Makoto Yamaguchi; Yo Kishi; Takashi Okada; Jun A. Takahashi; Michiyuki Matsuda; Nobuo Hashimoto
        CANCER SCIENCE, 2009年08月, 査読有り
      • Suppression of RhoG activity is mediated by a syndecan 4-synectin-RhoGDI1 complex and is reversed by PKC alpha in a Rac1 activation pathway
        Arye Elfenbein; John M. Rhodes; Julia Meller; Martin A. Schwartz; Michiyuki Matsuda; Michael Simons
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2009年07月, 査読有り
      • Regulation of focal adhesion and cell migration by ANKRD28-DOCK180 interaction
        Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        CELL ADHESION & MIGRATION, 2009年07月, 査読有り
      • [Activity change of small GTPases Rac1 and Rab5 during phagocytosis].
        Takeshi Nakamura; Masahiro Kitano; Michio Nakaya; Shigekazu Nagata; Michiyuki Matsuda
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2009年06月, 査読有り
      • A clathrin-dependent pathway leads to KRas signaling on late endosomes en route to lysosomes
        Albert Lu; Francesc Tebar; Blanca Alvarez-Moya; Cristina Lopez-Alcala; Maria Calvo; Carlos Enrich; Neus Agell; Takeshi Nakamura; Michiyuki Matsuda; Oriol Bachs
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2009年03月, 査読有り
      • Human Mena Associates with Rac1 Small GTPase in Glioblastoma Cell Lines
        Morihiro Higashi; Chieko Ishikawa; Jianyong Yu; Akihiro Toyoda; Hidetada Kawana; Kazuo Kurokawa; Michiyuki Matsuda; Motoo Kitagawa; Kenichi Harigaya
        PLOS ONE, 2009年03月, 査読有り
      • Ankyrin repeat domain 28 (ANKRD28), a novel binding partner of DOCK180, promotes cell migration by regulating focal adhesion formation
        Mitsuhiro Tachibana; Etsuko Kiyokawa; Shigeo Hara; Shun-ichiro Iemura; Tohru Natsume; Toshiaki Manabe; Michiyuki Matsuda
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2009年03月, 査読有り
      • On the Synchrony of Morphological and Molecular Signaling Events in Cell Migration
        Justin Dauwels; Yuki Tsukada; Yuichi Sakumura; Shin Ishii; Kazuhiro Aoki; Takeshi Nakamura; Michiyuki Matsuda; Francois Vialatte; Andrzej Cichocki
        ADVANCES IN NEURO-INFORMATION PROCESSING, PT I, 2009年, 査読有り
      • In vivo imaging of signal transduction cascades with probes based on Förster Resonance Energy Transfer (FRET).
        Nakamura, Takeshi; Matsuda, Michiyuki
        Current protocols in cell biology / editorial board, Juan S. Bonifacino ... [et al.], 2009年, 査読有り
      • Visualization of small GTPase activity with fluorescence resonance energy transfer-based biosensors
        Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        NATURE PROTOCOLS, 2009年, 査読有り
      • Quantification of Local Morphodynamics and Local GTPase Activity by Edge Evolution Tracking
        Yuki Tsukada; Kazuhiro Aoki; Takeshi Nakamura; Yuichi Sakumura; Michiyuki Matsuda; Shin Ishii
        PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY, 2008年11月, 査読有り
      • Rapid Turnover Rate of Phosphoinositides at the Front of Migrating MDCK Cells
        Teruko Nishioka; Kazuhiro Aoki; Kazuhiro Hikake; Hisayoshi Yoshizaki; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2008年10月, 査読有り
      • The DHR1 domain of DOCK180 binds to SNX5 and regulates cation-independent mannose 6-phosphate receptor transport
        Shigeo Hara; Etsuko Kiyokawa; Shun-ichiro Iemura; Tohru Natsume; Thomas Wassmer; Peter J. Cullen; Hiroshi Hiai; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2008年09月, 査読有り
      • FRET imaging and in silico simulation: analysis of the signaling network of nerve growth factor-induced neuritogenesis
        Takeshi Nakamura; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        BRAIN CELL BIOLOGY, 2008年08月, 査読有り
      • Phosphorylation and activation of the Rac1 and Cdc42 GEF Asef in A431 cells stimulated by EGF
        Reina E. Itoh; Etsuko Kiyokawa; Kazuhiro Aoki; Teruko Nishioka; Tetsu Akiyama; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2008年08月, 査読有り
      • Visualization of growth signal transduction cascades in living cells with genetically encoded probes based on Forster resonance energy transfer
        Kazuhiro Aoki; Etsuko Kiyokawa; Takeshi Nakamura; Michiyuki Matsuda
        PHILOSOPHICAL TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2008年06月, 査読有り
      • Imaging of Rab5 activity identifies essential regulators for phagosome maturation
        Masahiro Kitano; Michio Nakaya; Takeshi Nakamura; Shigekazu Nagata; Michiyuki Matsuda
        NATURE, 2008年05月, 査読有り
      • Mutation of Dock5, a member of the guanine exchange factor Dock180 superfamily, in the rupture of lens cataract mouse
        Natsue Omi; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda; Kazuo Kinoshita; Shuichi Yamada; Kazumi Yamada; Yoshibumi Matsushima; Yun Wang; Jun Kawai; Masanori Suzuki; Yoshihide Hayashizaki; Hiroshi Hiai
        EXPERIMENTAL EYE RESEARCH, 2008年05月, 査読有り
      • Rap1-PDZ-GEF1 interacts with a neurotrophin receptor at late endosomes, leading to sustained activation of Rap1 and ERK and neurite outgrowth
        Shu Hisata; Toshiaki Sakisaka; Takeshi Baba; Tomohiro Yamada; Kazubiro Aoki; Mlchiyuki Matsuda; Yoshimi Takai
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2007年08月, 査読有り
      • アンキリンリピートドメイン28(ANKRD28)[新規DOCK180結合因子]は、細胞遊走を制御する(Ankyrin repeat domain 28 (ANKRD28), a novel binding partner of DOCK180, regulates cell migration)
        橘 充弘; 清川 悦子; 原 重雄; 真鍋 俊明; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2007年08月
      • DOCK180はSNX5相互作用を介してカチオン非依存性マンノース-6-リン酸受容体輸送を制御する(DOCK180 regulates cation-independent mannose-6-phosphate receptor transport through SNX5 interaction)
        原 重雄; 清川 悦子; 橘 充弘; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2007年08月
      • An essential role for the SHIP2-dependent negative feedback loop in neuritogenesis of nerve growth factor-stimulated PC12 cells
        Kazuhiro Aoki; Takeshi Nakamura; Takanari Inoue; Tobias Meyer; Michiyuki Matsuda
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2007年06月, 査読有り
      • R-ras regulates exocytosis by Rgl2/Rlf-mediated activation of RalA on endosomes
        Akiyuki Takaya; Takahiro Kamio; Michitaka Masuda; Naoki Mochizuki; Hirofumi Sawa; Mami Sato; Kazuo Nagashima; Akiko Mizutani; Akira Matsuno; Etsuko Kiyokawa; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2007年05月, 査読有り
      • Differential ras activation between caveolae/raft and non-raft Microdomains
        Takashi Fukano; Asako Sawano; Yusuke Ohba; Michiyuki Matsuda; Atsushi Miyawaki
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2007年, 査読有り
      • Akt-PDK1 complex mediates epidermal growth factor-induced membrane protrusion through Ral activation
        Hisayoshi Yoshizaki; Naoki Mochizuki; Yukiko Gotoh; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2007年01月, 査読有り
      • Purification and characterization of Heteroscorpine-1 (HS-1) toxin from Heterometrus laoticus scorpion venom
        Nunthawun Uawonggul; Sompong Thammasirirak; Arunrat Chaveerach; Tarinee Arkaravichien; Wandee Bunyatratchata; Wipaporn Ruangjirachuporn; Pornpimol Jearranaiprepame; Takeshi Nakamura; Michiyuki Matsuda; Michimoto Kobayashi; Seisuke Hattori; Sakda Daduang
        TOXICON, 2007年01月, 査読有り
      • Regulation of RaIA GTPase by phosphatidylinositol 3-kinase as visualized by FRET probes
        H. Yoshizaki; K. Aoki; T. Nakamura; M. Matsuda
        BIOCHEMICAL SOCIETY TRANSACTIONS, 2006年11月, 査読有り
      • The Rho-mDia1 pathway regulates cell polarity and focal adhesion turnover in migrating cells through mobilizing Apc and c-Src
        Norikazu Yamana; Yoshiki Arakawa; Tomohiro Nishino; Kazuo Kurokawa; Masahiro Tanji; Reina E. Itoh; James Monypenny; Toshimasa Ishizaki; Haruhiko Bito; Kazuhiko Nozaki; Nobuo Hashimoto; Michiyuki Matsuda; Shuh Narumiya
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2006年09月, 査読有り
      • GTP hydrolysis by the Rho family GTPase TC10 promotes exocytic vesicle fusion
        Kazuho Kawase; Takeshi Nakamura; Akiyuki Takaya; Kazuhiro Aoki; Kazuhiko Namikawa; Hiroshi Kiyama; Shuichiro Inagaki; Hiroshi Takemoto; Alan R. Saltiel; Michiyuki Matsuda
        DEVELOPMENTAL CELL, 2006年09月, 査読有り
      • The amino-terminal B-Raf-specific region mediates calcium-dependent homo- and hetero-dimerization of Raf
        Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        EMBO JOURNAL, 2006年08月, 査読有り
      • Dynamics of the Ras/ERK MAPK cascade as monitored by fluorescent probes
        A Fujioka; K Terai; RE Itoh; K Aoki; T Nakamura; S Kuroda; E Nishida; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年03月, 査読有り
      • Activity of Rho-family G proteins as visualized with FRET-based probes
        H. Yoshizak; N. Mochizuki; M. Matsuda
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 2006年, 査読有り
      • Fluorescence (Forster) resonance energy transfer imaging of oncogene activity in living cells
        E Kiyokawa; S Hara; T Nakamura; M Matsuda
        CANCER SCIENCE, 2006年01月, 査読有り
      • Analysis of the spatiotemporal activation of rho GTPases using Raichu probes
        T Nakamura; K Kurokawa; E Kiyokawa; M Matsuda
        METHODS IN ENZYMOLOGY, VOL 406, REGULATORS AND EFFECTORS OF SMALL GTPASES: RHO FAMILY, 2006年, 査読有り
      • Monitoring spatio-temporal regulation of Ras and Rho GTPases with GFP-based FRET probes
        T Nakamura; K Aoki; M Matsuda
        METHODS, 2005年10月, 査読有り
      • FRET imaging in nerve growth cones reveals a high level of RhoA activity within the peripheral domain
        T Nakamura; K Aoki; M Matsuda
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 2005年10月, 査読有り
      • Localized RhoA activation as a requirement for the induction of membrane ruffling
        K Kurokawa; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2005年09月, 査読有り
      • Spatiotemporal regulation of the Pak1 kinase
        MC Parrini; M Matsuda; J de Gunzburg
        BIOCHEMICAL SOCIETY TRANSACTIONS, 2005年08月, 査読有り
      • Mechanism and role of localized activation of Rho-family GTPases in growth factor-stimulated fibroblasts and neuronal cells
        K Kurokawa; T Nakamura; K Aoki; M Matsuda
        BIOCHEMICAL SOCIETY TRANSACTIONS, 2005年08月, 査読有り
      • A FRET-based probe for epidermal growth factor receptor bound non-covalently to a pair of synthetic amphipathic helixes
        RE Itoh; K Kurokawa; A Fujioka; A Sharma; BJ Mayer; M Matsuda
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2005年07月, 査読有り
      • Local phosphatidylinositol 3,4,5-trisphosphate accumulation recruits Vav2 and Vav3 to activate Rac1/Cdc42 and initiate neurite outgrowth in nerve growth factor-stimulated PC12 cells
        K Aoki; T Nakamura; K Fujikawa; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2005年05月, 査読有り
      • Interleukin-1 receptor-associated kinase-1 plays an essential role for Toll-like receptor (TLR)7- and TLR9-mediated interferon-alpha induction
        S Uematsu; S Sato; M Yamamoto; T Hirotani; H Kato; F Takeshita; M Matsuda; C Coban; KJ Ishii; T Kawai; O Takeuchi; S Akira
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2005年03月, 査読有り
      • Ras binding opens c-Raf to expose the docking site for mitogen-activated protein kinase kinase
        K Terai; M Matsuda
        EMBO REPORTS, 2005年03月, 査読有り
      • Involvement of the c-Src-Crk-C3G-Rap1 signaling in the nectin-induced activation of Cdc42 and formation of adherens junctions
        T Fukuyama; H Ogita; T Kawakatsu; T Fukuhara; T Yamada; T Sato; K Shimizu; T Nakamura; M Matsuda; Y Takai
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年01月, 査読有り
      • Cell type-specific regulation of RhoA activity during cytokinesis
        H Yoshizaki; Y Ohba; MC Parrini; NG Dulyaninova; AR Bresnick; N Mochizuki; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年10月, 査読有り
      • Interferon-alpha induction through Toll-like receptors involves a direct interaction of IRF7 with MyD88 and TRAF6
        T Kawai; S Sato; KJ Ishii; C Coban; H Hemmi; M Yamamoto; K Terai; M Matsuda; J Inoue; S Uematsu; O Takeuchi; S Akira
        NATURE IMMUNOLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • STAT3 noncell-autonomously controls planar cell polarity during zebrafish convergence and extension
        C Miyagi; S Yamashita; Y Ohba; H Yoshizaki; M Matsuda; T Hirano
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2004年09月, 査読有り
      • A novel dynamin-associating molecule, formin-binding protein 17, induces tubular membrane invaginations and participates in endocytosis
        Y Kamioka; S Fukuhara; H Sawa; J Nagashima; M Masuda; M Matsuda; N Mochizuki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年09月, 査読有り
      • Roles played by a subset of integrin signaling molecules in cadherin-based cell-cell adhesion
        H Yano; Y Mazaki; K Kurokawa; SK Hanks; M Matsuda; H Sabe
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2004年07月, 査読有り
      • RalA activation at nascent lamellipodia of epidermal growth factor-stimulated Cos7 cells and migrating Madin-Darby canine kidney Cells
        A Takaya; Y Ohba; K Kurokawa; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年06月, 査読有り
      • Coactivation of Rad1 and Cdc42 at lamellipodia and membrane ruffles induced by epidermal growth factor
        K Kurokawa; RE Itoh; H Yoshizaki; Y Ohba; T Nakamura; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年03月, 査読有り
      • A novel role of nectins in inhibition of the e-cadherin-induced activation of Rac and formation of cell-cell adherens junctions
        T Hoshino; K Shimizu; T Honda; T Kawakatsu; T Fukuyama; T Nakamura; M Matsuda; Y Takai
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年03月, 査読有り
      • Spatio-temporal regulation of Rac1 and Cdc42 activity during nerve growth factor-induced neurite outgrowth in PC12 cells
        K Aoki; T Nakamura; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年01月, 査読有り
      • Visualization of signal transduction of Ras
        Y Ohba; M Matsuda
        SEIKAGAKU, 2004年01月, 査読有り
      • Visualizing the signal transduction pathways in living cells with GFP-based FRET probes
        K Kurokawa; A Takaya; K Terai; A Fujioka; M Matsuda
        ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA, 2004年, 査読有り
      • Activity of Rho-family GTPases during cell division as visualized with FRET-based probes
        H Yoshizaki; Y Ohba; K Kurokawa; RE Itoh; T Nakamura; N Mochizuki; K Nagashima; M Matsuda
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2003年07月, 査読有り
      • Cdc42 and Rac small G proteins activated by trans- interactions of nectins are involved in activation of c-Jun N-terminal kinase, but not in association of nectins and cadherin to form adherens junctions, in fibroblasts
        T Honda; K Shimizu; T Kawakatsu; A Fukuhara; K Irie; T Nakamura; M Matsuda; Y Takai
        GENES TO CELLS, 2003年05月, 査読有り
      • Mechanism of the spatio-temporal regulation of Ras and Rap1
        Y Ohba; K Kurokawa; M Matsuda
        EMBO JOURNAL, 2003年02月, 査読有り
      • Novel function of Chat in controlling cell adhesion via Cas-Crk-C3G-pathway-mediated Rap1 activation
        A Sakakibara; Y Ohba; K Kurokawa; M Matsuda; S Hattori
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2002年12月, 査読有り
      • Adaptor protein Crk is required for ephrin-B1-induced membrane ruffling and focal complex assembly of human aortic endothelial cells
        KI Nagashima; A Endo; H Ogita; A Kawana; A Yamagishi; A Kitabatake; M Matsuda; N Mochizuki
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2002年12月, 査読有り
      • Activation of Rac and Cdc42 video imaged by fluorescent resonance energy transfer-based single-molecule probes in the membrane of living cells
        RE Itoh; K Kurokawa; Y Ohba; H Yoshizaki; N Mochizuki; M Matsuda
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2002年09月, 査読有り
      • Lateral propagation of EGF signaling after local stimulation is dependent on receptor density
        A Sawano; S Takayama; M Matsuda; A Miyawaki
        DEVELOPMENTAL CELL, 2002年08月, 査読有り
      • A mammalian two-hybrid screening system for inhibitors of interaction between HIV Nef and the cellular tyrosine kinase Hck
        Y Murakami; H Fukazawa; T Kobatake; S Yamagoe; Y Takebe; M Tobiume; M Matsuda; Y Uehara
        ANTIVIRAL RESEARCH, 2002年07月, 査読有り
      • Sphingosine 1-phosphate induces membrane ruffling and increases motility of human umbilical vein endothelial cells via vascular endothelial growth factor receptor and CrkII
        A Endo; KI Nagashima; H Kurose; S Mochizuki; M Matsuda; N Mochizuki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年06月, 査読有り
      • Inefficient enhancement of viral infectivity and CD4 downregulation by human immunodeficiency virus type 1 nef from Japanese long-term nonprogressors
        M Tobiume; M Takahoko; T Yamada; M Tatsumi; A Iwamoto; M Matsuda
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • Establishment of a MAGI-derived indicator cell line that detects the Nef enhancement of HIV-1 infectivity with high sensitivity
        M Tobium; M Takahoko; M Tatsumi; M Matsuda
        JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS, 2001年09月, 査読有り
      • A pair of fluorescent resonance energy transfer-based probes for tyrosine phosphorylation of the CrkII adaptor protein in vivo
        K Kurokawa; N Mochizuki; Y Ohba; H Mizuno; A Miyawaki; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年08月, 査読有り
      • Requirement for C3G-dependent Rap1 activation for cell adhesion and embryogenesis
        Y Ohba; K Ikuta; A Ogura; J Matsuda; N Mochizuki; K Nagashima; K Kurokawa; BJ Mayer; K Maki; J Miyazaki; M Matsuda
        EMBO JOURNAL, 2001年07月, 査読有り
      • Infectious DNA clone of HIV type 1 A/G recombinant (CRF02_AG) replicable in peripheral blood mononuclear cells
        M Takahoko; M Tobiume; K Ishikawa; W Ampofo; N Yamamoto; M Matsuda; M Tatsumi
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2001年07月, 査読有り
      • Spatio-temporal images of growth-factor-induced activation of Ras and Rap1
        N Mochizuki; S Yamashita; K Kurokawa; Y Ohba; T Nagai; A Miyawaki; M Matsuda
        NATURE, 2001年06月, 査読有り
      • Membrane recruitment of DOCK180 by binding to Ptdlns(3,4,5)P-3
        S Kobayashi; T Shirai; E Kiyokawa; N Mochizuki; M Matsuda; Y Fukui
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2001年02月, 査読有り
      • Requirement of Nef for HIV-1 infectivity is biased by the expression levels of Env in the virus-producing cells and CD4 in the target cells
        M Tobiume; K Tokunaga; E Kiyokawa; M Takahoko; N Mochizuki; M Tatsumi; M Matsuda
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 2001年, 査読有り
      • CalDAG-GEFIII activation of Ras, R-Ras, and Rap1
        S Yamashita; N Mochizuki; Y Ohba; M Tobiume; Y Okada; H Sawa; K Nagashima; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年08月, 査読有り
      • Rap2 as a slowly responding molecular switch in the Rap1 signaling cascade
        Y Ohba; N Mochizuki; K Matsuo; S Yamashita; M Nakaya; Y Hashimoto; M Hamaguchi; T Kurata; K Nagashima; M Matsuda
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2000年08月, 査読有り
      • Regulatory proteins of R-Ras, TC21/R-Ras2, and M-Ras/R-Ras3
        Y Ohba; N Mochizuki; S Yamashita; AM Chan; JW Schrader; S Hattori; K Nagashima; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年06月, 査読有り
      • Crk activation of JNK via C3G and R-Ras
        N Mochizuki; Y Ohba; S Kobayashi; N Otsuka; AM Graybiel; S Tanaka; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年04月, 査読有り
      • Differential interaction of CrkII adaptor protein with platelet-derived growth factor alpha- and beta-receptors is determined by its internal tyrosine phosphorylation
        T Matsumoto; K Yokote; A Take; M Takemoto; S Asaumi; Y Hashimoto; M Matsuda; Y Saito; S Mori
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年04月, 査読有り
      • Non-adherent cell-specific expression of DOCK2, a member of the human CDM-family proteins
        H Nishihara; S Kobayashi; Y Hashimoto; F Ohba; N Mochizuki; T Kurata; K Nagashima; M Matsuda
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1999年11月, 査読有り
      • Epidermal growth factor-dependent dissociation of CrkII proto-oncogene product from the epidermal growth factor receptor in human glioma cells
        H Katayama; Y Hashimoto; E Kiyokawa; M Nakaya; A Sakamoto; R Machinami; T Kurata; N Mochizuki; M Matsuda
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1999年10月, 査読有り
      • An infectious DNA clone of HIV type 1 subtype C
        N Mochizuki; N Otsuka; K Matsuo; T Shiino; A Kojima; T Kurata; K Sakai; N Yamamoto; S Isomura; TN Dhole; Y Takebe; M Matsuda; M Tatsumi
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1999年09月, 査読有り
      • Activation of the ERK/MAPK pathway by an isoform of rap1GAP associated with G alpha(i)
        N Mochizuki; Y Ohba; E Kiyokawa; T Kurata; T Murakami; T Ozaki; A Kitabatake; K Nagashima; M Matsuda
        NATURE, 1999年08月, 査読有り
      • Activation of C3G guanine nucleotide exchange factor for Rap1 by phosphorylation of tyrosine 504
        T Ichiba; Y Hashimoto; M Nakaya; Y Kuraishi; S Tanaka; T Kurata; N Mochizuki; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年05月, 査読有り
      • The cellular kinase binding motifs (PxxP and RR) in human immunodeficiency virus type 1 Nef protein are dispensable for producer-cell-dependent enhancement of viral entry
        K Tokunaga; K Ikuta; A Adachi; M Matsuda; T Kurata; A Kojima
        VIROLOGY, 1999年05月, 査読有り
      • A family of cAMP-binding proteins that directly activate Rap1
        H Kawasaki; GM Springett; N Mochizuki; S Toki; M Nakaya; M Matsuda; DE Housman; AM Graybiel
        SCIENCE, 1998年12月, 査読有り
      • Activation of Rac1 by a Crk SH3-binding protein, DOCK180
        E Kiyokawa; Y Hashimoto; S Kobayashi; H Sugimura; T Kurata; M Matsuda
        GENES & DEVELOPMENT, 1998年11月, 査読有り
      • Evidence that DOCK180 up-regulates signals from the CrkII-p130(Cas) complex
        E Kiyokawa; Y Hashimoto; T Kurata; H Sugimura; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年09月, 査読有り
      • Inhibition of human immunodeficiency virus type 1 virion entry by dominant-negative Hck
        K Tokunaga; E Kiyokawa; M Nakaya; N Otsuka; A Kojima; T Kurata; M Matsuda
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1998年07月, 査読有り
      • Phosphorylation of CrkII adaptor protein at tyrosine 221 by epidermal growth factor receptor
        Y Hashimoto; H Katayama; E Kiyokawa; S Ota; T Kurata; N Gotoh; N Otsuka; M Shibata; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年07月, 査読有り
      • Insulin regulates the dynamic balance between Ras and Rap1 signaling by coordinating the assembly states of the Grb2-SOS and CrkII-C3G complexes
        S Okada; M Matsuda; M Anafi; T Pawson; JE Pessin
        EMBO JOURNAL, 1998年05月, 査読有り
      • Constitutive association of EGF receptor with the CrkII-23 mutant that inhibits transformation of NRK cells by EGF and TGF-beta
        S Ota; S Kizaka-Kondoh; Y Hashimoto; H Nishihara; K Nagashima; T Kurata; H Okayama; M Matsuda
        CELLULAR SIGNALLING, 1998年04月, 査読有り
      • Enhancement of guanine-nucleotide exchange activity of C3G for Rap1 by the expression of Crk, CrkL, and Grb2
        T Ichiba; Y Kuraishi; O Sakai; S Nagata; J Groffen; T Kurata; S Hattori; M Matsuda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年08月, 査読有り
      • Activation of R-Ras by Ras-guanine nucleotide-releasing factor
        T Gotoh; Y Niino; M Tokuda; O Hatase; S Nakamura; M Matsuda; S Hattori
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年07月, 査読有り
      • Role of Crk oncogene product in physiologic signaling
        E Kiyokawa; N Mochizuki; T Kurata; M Matsuda
        CRITICAL REVIEWS IN ONCOGENESIS, 1997年, 査読有り
      • B cell antigen receptor signaling induces the formation of complexes containing the Crk adapter proteins
        RJ Ingham; DL Krebs; SM Barbazuk; CW Turck; H Hirai; M Matsuda; MR Gold
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年12月, 査読有り
      • Emerging components of the Crk oncogene product: The first identified adaptor protein
        M Matsuda; T Kurata
        CELLULAR SIGNALLING, 1996年08月, 査読有り
      • Chromosomal mapping of the gene encoding DOCK180, a major Crk-binding protein, to 10q26.13-q26.3 by fluorescence in situ hybridization
        S Takai; H Hasegawa; E Kiyokawa; K Yamada; T Kurata; M Matsuda
        GENOMICS, 1996年07月, 査読有り
      • Interaction between the amino-terminal SH3 domain of CRK and its natural target proteins
        M Matsuda; S Ota; R Tanimura; H Nakamura; K Matuoka; T Takenawa; K Nagashima; T Kurata
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年06月, 査読有り
      • DOCK180, a major CRK-binding protein, alters cell morphology upon translocation to the cell membrane
        H Hasegawa; E Kiyokawa; S Tanaka; K Nagashima; N Gotoh; M Shibuya; T Kurata; M Matsuda
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1996年04月, 査読有り
      • Molecular analysis of phosphorylated tyrosine-binding proteins in the transduction of proliferation and differentiation signals
        K Nagashima; S Tanaka; S Ota; H Hasegawa; M Matsuda
        BRAIN TUMOR, 1996年, 査読有り
      • Ras signal transduction pathways in PC12 cells.
        S Hattori; M Matsuda; S Nakamura
        JOURNAL OF BRAIN RESEARCH-JOURNAL FUR HIRNFORSCHUNG, 1996年, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF RAP1 AS A TARGET FOR THE CRK SH3 DOMAIN-BINDING GUANINE NUCLEOTIDE-RELEASING FACTOR C3G
        T GOTOH; S HATTORI; S NAKAMURA; H KITAYAMA; M NODA; Y TAKAI; K KAIBUCHI; H MATSUI; O HATASE; H TAKAHASHI; T KURATA; M MATSUDA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1995年12月, 査読有り
      • MAPPING OF THE HUMAN C3G GENE CODING A GUANINE-NUCLEOTIDE RELEASING PROTEIN FOR RAS FAMILY TO 9Q34.3 BY FLUORESCENCE IN-SITU HYBRIDIZATION
        S TAKAI; M TANAKA; H SUGIMURA; K YAMADA; Y NAITO; KINO, I; M MATSUDA
        HUMAN GENETICS, 1994年11月, 査読有り
      • CRK PROTEIN BINDS TO 2 GUANINE NUCLEOTIDE-RELEASING PROTEINS FOR THE RAS FAMILY AND MODULATES NERVE GROWTH FACTOR-INDUCED ACTIVATION OF RAS IN PC12 CELLS
        M MATSUDA; Y HASHIMOTO; K MUROYA; H HASEGAWA; T KURATA; S TANAKA; S NAKAMURA; S HATTORI
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1994年08月, 査読有り
      • BK VIRUS-INFECTION OF THE HUMAN URINARY-TRACT
        T SHINOHARA; M MATSUDA; SH CHENG; J MARSHALL; M FUJITA; K NAGASHIMA
        JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 1993年12月, 査読有り
      • BOTH THE SH2 AND SH3 DOMAINS OF HUMAN CRK PROTEIN ARE REQUIRED FOR NEURONAL DIFFERENTIATION OF PC12 CELLS
        S TANAKA; S HATTORI; T KURATA; K NAGASHIMA; Y FUKUI; S NAKAMURA; M MATSUDA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1993年07月, 査読有り
      • INSULIN STIMULATES ASSOCIATION OF INSULIN-RECEPTOR SUBSTRATE-1 WITH THE PROTEIN ABUNDANT SRC HOMOLOGY GROWTH-FACTOR RECEPTOR-BOUND PROTEIN-2
        K TOBE; K MATUOKA; H TAMEMOTO; K UEKI; Y KABURAGI; S ASAI; T NOGUCHI; M MATSUDA; S TANAKA; S HATTORI; Y FUKUI; Y AKANUMA; Y YAZAKI; T TAKENAWA; T KADOWAKI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年05月, 査読有り
      • STRUCTURE OF 85-KDA SUBUNIT OF HUMAN PHOSPHATIDYLINOSITOL 3-KINASE ANALYZED BY USING MONOCLONAL-ANTIBODIES
        S TANAKA; M MATSUDA; S NAGATA; T KURATA; K NAGASHIMA; Y SHIZAWA; Y FUKUI
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1993年03月, 査読有り
      • STRUCTURAL REQUIREMENT OF CRK SH2 REGION FOR BINDING TO PHOSPHOTYROSINE-CONTAINING PROTEINS - EVIDENCE FROM REACTIVITY TO MONOCLONAL-ANTIBODIES
        M MATSUDA; S NAGATA; S TANAKA; K NAGASHIMA; T KURATA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年02月, 査読有り
      • 2 SPECIES OF HUMAN CRK CDNA ENCODE PROTEINS WITH DISTINCT BIOLOGICAL-ACTIVITIES
        M MATSUDA; S TANAKA; S NAGATA; A KOJIMA; T KURATA; M SHIBUYA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1992年08月, 査読有り
      • A GLYCOPROTEIN IN THE PLASMA-MEMBRANE MATRIX AS A MAJOR POTENTIAL SUBSTRATE OF P60V-SRC
        M HAMAGUCHI; M MATSUDA; H HANAFUSA
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 1990年02月, 査読有り
      • ORIGIN OF THE MEDULLOBLASTOMA EXPERIMENTALLY INDUCED BY HUMAN POLYOMAVIRUS JC
        M MATSUDA; K YASUI; K NAGASHIMA; W MORI
        JOURNAL OF THE NATIONAL CANCER INSTITUTE, 1987年09月, 査読有り
      • CYTOPLASMIC TUBULAR INCLUSION IN GANGLIONEUROMA
        M MATSUDA; K NAGASHIMA
        ACTA NEUROPATHOLOGICA, 1984年, 査読有り

      MISC

      • p53によるATMのフィードバック制御:FRETバイオセンサーを用いた解析
        林亜里香; 後藤明弘; 隅山健太; 松田道行; 松田道行; CANDEIAS Marco
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • Analysis of the hepatocyte growth factor receptor in regeneration and oncogenesis of the liver
        K. Annen; T. Nojima; Y. Hata; J. Uchino; S. Tanaka; M. Matsuda; E. Tahara; K. Nagashima
        General and Diagnostic Pathology, 1995年
      • FRETバイオセンサー—グリア細胞内・細胞外情報伝達の可視化
        松田 道行; 幸長 弘子
        ファルマシア, 2022年
      • SMART Tgマウスを用いた急性腎障害によるネクロプトーシスのin vivo FRET解析
        村井晋; 隅山健太; 森脇健太; 高倉加奈子; 山口良文; 駒澤幸子; 寺井健太; 松田道行; 中野裕康
        日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集, 2022年
      • ライブイメージングによる内軟骨性骨化におけるCNP/GC-Bシグナルの時空間的制御機構の解析
        廣田圭昭; 八十田明宏; 松田道行
        日本内分泌学会雑誌, 2022年
      • C3Gのチロシン燐酸化による活性制御
        中矢 実江; 市場 保; 橋本 裕子; 大塚 尚美; 倉田 毅; 松田 道行
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • CRK-SH3結合性ヌクレオチド交換因子C3Gの機能解析
        服部 成介; 松田 道行
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月
      • Ras/ERK MAPKカスケードのダイナミクス
        藤岡亜紀; 寺井健太; 伊藤玲奈; 青木一洋; 中村岳史; 黒田真也; 西田栄介; 松田道行
        日本分子生物学会年会講演要旨集, 2005年
      • FRETを用いた蛋白間相互作用解析
        寺井健太; 松田道行
        分子呼吸器病, 2005年
      • FRETを用いたc-Raf-1の構造変化解析
        寺井健太; 松田道行
        日本癌学会総会記事, 2004年
      • FRETを利用したRafの制御機序の時空間的解析
        寺井健太; 松田道行
        日本癌学会総会記事, 2003年
      • FRETを用いたc-Raf-1の構造変化解析
        寺井健太; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2003年
      • Small Gタンパク質活性化の時空間情報を取得する (特集 Small Gタンパク質--小さな巨人の秘密に迫る)
        清川 悦子; 八木 俊輔; 松田 道行
        細胞工学, 2009年12月
      • 細胞内シグナル伝達のFRETプローブによる可視化 (特集 がんの光イメージング)
        中村 岳史; 松田 道行
        メディカルバイオ, 2007年11月
      • 目で見るバイオ
        樋掛 和宏; 吉崎 尚良; 松田 道行
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2006年01月01日
      • FRETプローブによる細胞内情報伝達分子群の可視化
        樋掛 和宏; 吉崎 尚良; 松田 道行
        バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 2006年01月01日
      • Nipponのアダプター分子, Crk
        松田 道行; 平井 久丸; 近藤 科江; 田中 伸哉
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月
      • Crk及びCrk SH3結合蛋白による細胞の形態変化の解析
        橋本 裕子; 清川 悦子; 倉田 毅; 松田 道行
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • Blo-imaging of the activation of signaling molecules and cytoskeletal molecules
        Mochizuki Naoki; Matsuda Michiyuki; Miyawaki Atsushi
        Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 2002年03月31日
      • 【感染現象 その理解の深化から疾患制御への展望】生体防御機構研究の新展開 貪食過程における低分子量G蛋白質Rac1とRab5の活性変化
        中村 岳史; 北野 正寛; 仲矢 道雄; 長田 重一; 松田 道行
        蛋白質・核酸・酵素, 2009年06月
      • Rab5活性のイメージングにより同定されたファゴソーム成熟に必須の制御因子
        北野 正寛; 仲矢 道雄; 中村 岳史; 長田 重一; 松田 道行
        細胞工学, 2008年08月
      • 肺転移がん細胞におけるNecl-5の欠損は免疫回避の一因である
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 次世代病理技術講座 第11回 生体イメージングに基づく実験病理学
        寺井健太; 松田道行
        病理と臨床, 2020年
      • 腫瘍免疫のライブイメージング
        松田道行; 松田道行; 一瀬大志; 小西義延; 小西義延; 寺井健太
        日本癌治療学会学術集会(Web), 2020年
      • フェルスター共鳴エネルギー移動の原理に基づく二光子励起用光遺伝学ツールの開発
        金城智章; 寺井健太; 堀田彰一朗; 野村紀通; 隅山健太; 岩田想; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2019年
      • クラス別学習による細胞画像セグメンテーション
        松月大輔; 堀田一弘; 平松侑樹; 松田道行; 寺井健太; 今西彩子
        日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), 2018年
      • ライブイメージングに資する4次元ヒストロジーの創生
        今西彩子; 佐藤雅也; 寺井健太; 隅山健太; 堀田一弘; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2017年
      • 集団遊走における細胞の機械的拘束依存的な増殖因子シグナル活性動態変化による先導細胞の運命決定
        日野直也; 松田樹生也; 真流玄武; 酒井克也; 酒井克也; 今村龍; 今村龍; 青木一洋; 寺井健太; 平島剛志; 平島剛志; 松本邦夫; 松本邦夫; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • Split蛍光タンパク質を用いた蛍光ラベル技術の創生
        石井衛; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 赤色光/近赤外光による光遺伝学操作に向けたPhycocyanobilin生合成マウスの作出
        小鉢健樹; 隅山健太; 青木一洋; 松田道行; 寺井健太
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • MDCK細胞に発現するEGFRリガンドの分子特徴的な細胞外動態
        出口英梨子; LIN Shuhao; 岩本亮; 寺井健太; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • イメージングを用いた肺転移防御における免疫逃避機構の解明
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2021年
      • 血管摯縮時における細胞内・細胞間情報伝達の解明
        寺井健太; 今西彩子; FAN Chuyun; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2021年
      • バイオイメージング極秘ファイル フェルスター共鳴エネルギー移動を利用した分子活性バイオセンサー
        寺井健太; 松田道行
        Optronics, 2021年
      • 受容体型チロシンキナーゼ/Ras/MAPキナーゼ経路の可視化
        松田道行; 寺井健太
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • 癌細胞中のGq蛋白共役型受容体による免疫回避機構
        寺井健太; 小西義延; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • MDCK細胞におけるERK活性化ウエーブの伝播と集合的細胞移動におけるEGFリガンドの冗長な役割
        LIN Shuhao; 平山大記; 日野直也; 真流玄武; 岩本亮; 青木一洋; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 集団細胞遊走における細胞層の自由端依存的なHGF感受性上昇による先導細胞の運命決定
        日野直也; 真流玄武; 青木一洋; 寺井健太; 平島剛志; 平島剛志; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 細胞の集団遊走におけるErbBファミリーの機能
        松田樹生也; 真流玄武; 平山大記; 日野直也; 青木一洋; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ライブイメージングによるマウスクモ膜下出血時の分子活性
        范楚芸; 今西彩子; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 肺におけるがん細胞のNK細胞回避機構
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • プロスタグランジンE2はプロテインキナーゼAの同心円状活性化を引き起こす
        渡部哲也; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ビリベルジン還元酵素欠損マウスによる近赤外イメージングおよび光遺伝学
        小鉢健樹; 隅山健太; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 生体イメージングによる腫瘍細胞由来プロスタノイドによる腫瘍微小環境の形成機構解析
        寺井健太; 小西義延; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2020年
      • 肺毛細血管におけるNK細胞による転移腫瘍排除過程の可視化
        一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2019年
      • 長波長蛍光タンパク質を用いたFRETバイオセンサーの開発
        渡部哲也; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • 抗腫瘍免疫応答の可視化
        寺井健太; 一瀬大志; 松田道行; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2019年
      • 蛍光生体イメージングの最前線
        寺井健太; 松田道行
        月刊細胞, 2018年
      • タンパク質・核酸の分子修飾 II.細胞質/オルガネラでの分子修飾 細胞内シグナル リン酸化(セリオ/スレオニン)
        寺井健太; 松田道行
        生体の科学, 2018年
      • FRETバイオセンサーを用いたin vitroおよびin vivo imaging
        小長谷有美; 寺井健太; 松田道行
        月刊臨床免疫・アレルギー科, 2018年
      • Motesanib(VEGFR阻害薬)は血管内皮細胞PKAを活性化し血管透過性を抑制する
        松田道行
        がん分子標的治療, 2017年09月
      • FRETイメージングを用いたシグナル伝達の可視化 : 分子活性と細胞機能を顕微鏡で観る技術 (第5土曜特集 生命現象を観る : 革新的な構造生命科学が観せてくれる世界) -- (FRET(蛍光共鳴エネルギー移動))
        寺井 健太; 松田 道行
        医学のあゆみ, 2017年07月29日
      • 細胞間接着を超えて細胞社会を伝搬するERK MAPキナーゼシグナル伝達 (特集 細胞の社会学 : 細胞間で繰り広げられる協調と競争) -- (上皮細胞の協調を制御する分子メカニズム)
        青木 一洋; 平塚 徹; 松田 道行
        生体の科学, 2016年03月
      • 輝く : 日本人による発見と新規開発(Vol.25)SH2ドメインを介するチロシンリン酸化依存性蛋白質間相互作用
        松田 道行
        医学のあゆみ, 2016年02月27日
      • 細胞シグナル操作法 I.分子からみたシグナル操作法 2.Gタンパク質 Ras/Rap
        小松直貴; 松田道行
        生体の科学, 2015年10月, 招待有り
      • Visualization of ERK and PKA activities in the tumor microenvironment comprising of lung-metastasized 4T1 murine breast tumor cells
        Yuji Kamioka; Michiyuki Matsuda
        CANCER RESEARCH, 2015年01月
      • システム神経科学スプリングスクール2015開催報告
        中江 健; 松田 道行; 石井 信; 本田 直樹; 浦久保 秀俊; 山尾 将隆; 近藤 洋平; 塚田 祐基; 小山 雅典; 村上 陽平; 松田 哲也
        日本神経回路学会誌, 2015年
      • Constitutively-active HRAS suppresses stochastic Erk activity pulses in Madin-Darby canine kidney cells
        Noriyuki Kawabata; Michiyuki Matsuda
        MOLECULAR CANCER RESEARCH, 2014年12月
      • Inner ear hair cell-specific Cdc42-KO mice demonstrate progressive hearing loss by impaired actin turnover in stereocilia and apical junctions
        Takashi Nakamura; Takehiko Ueyama; Hirofumi Sakaguchi; Akihiro Goto; Shigefumi Morioka; Shigenobu Yonemura; Yasuo Hisa; Michiyuki Matsuda; Atsu Aiba; Naoaki Satio
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年
      • In vivo imaging of ERK activity of mouse breast cancer cells reveals heterogeneity in response to anti-cancer drugs and tumor forming capacity
        Yuka Kumagai; Michiyuki Matsuda
        CANCER RESEARCH, 2013年10月
      • Analysis of molecular mechanisms underlying colon cancer development by 3D culture system
        Atsuro Sakurai; Masamichi Imajo; Michiyuki Matsuda
        CANCER RESEARCH, 2013年10月
      • ポストゲノムプロジェクトとオーミクス研究の潮流 8.蛍光生体イメージングを用いてがん細胞の個性に迫る
        幸長弘子; 青木一洋; 松田道行
        実験医学, 2013年09月10日
      • 生細胞蛍光イメージングを用いたビジュアルスクリーニング (特集 アカデミアの創薬スクリーニング : 分子標的からリード化合物発見への戦略)
        八木 俊輔; 川越 鳴海; 松田 道行
        細胞工学, 2013年
      • Live imaging of transgenic mice expressing FRET biosensors
        Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Rei Mizuno; Michiyuki Matsuda
        Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS, 2013年, 査読有り
      • 「蛍光生物学」の最前線 5‐1 FRETバイオセンサーの最近の進歩
        青木一洋; 松田道行
        Dojin News, 2012年04月05日
      • FRETによる細胞シグナルの分子イメージング (特集 分子イメージングの最先端) -- (細胞の分子イメージング)
        水野 礼; 清川 悦子; 松田 道行
        最新医学, 2011年10月
      • Processive phosphorylation of ERK MAP kinase in mammalian cells
        Kazuhiro Aokia; Masashi Yamada; Katsuyuki Kunida; Shuhei Yasuda; Michiyuki Matsuda
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年08月, 査読有り
      • Rho-Family GTPase Activity in Invading Mammary Tumor Cells Visualized by Two-Photon Excitation Laser Scanning Microscopy
        Y. Kamioka; M. Matsuda
        CANCER RESEARCH, 2010年12月
      • 二光子励起蛍光顕微鏡及びFRET imagingを用いたグリオブラストーマ浸潤機構の解析(Analysis of glioblastoma invasion by two-photon excitation fluorescence microscopy and FRET microscopy)
        平田 英周; 幸長 弘子; 荒川 芳輝; 宮本 享; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2010年08月
      • 二光子励起蛍光顕微鏡によるglioblastoma浸潤機構のin vivo解析
        荒川 芳輝; 平田 英周; 宮本 享; 松田 道行
        Brain Tumor Pathology, 2010年05月
      • Rap1B plays an instructive role in neuronal polarization through RalA and Nore1A in addition to PI3-kinase
        Takeshi Nakamura; Akihiro Goto; Michiyuki Matsuda; Tatsuo Kinashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • FRET analysis of differences in signaling mechanism between dbcAMP- and NGF-induced neuritogenesis in PC12D cells
        Akihiro Goto; Takeshi Nakamura; Mikio Hoshino; Michiyuki Matsuda
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Rho‐family GTPaseによるグリオブラストーマ浸潤制御
        平田英周; 幸長弘子; 荒川芳輝; 宮本享; 松田道行
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2010年
      • 二光子励起蛍光顕微鏡及びFRET imagingを用いたグリオブラストーマ浸潤機構の解析(Analysis of glioblastoma invasion by two-photon excitation fluorescence microscopy and FRET microscopy)
        平田 英周; 荒川 芳輝; 松田 道行
        日本癌学会総会記事, 2009年08月
      • SPATIOTEMPORAL ACTIVATION OF Rac1 FOR ENGULFMENT OF APOPTOTIC CELLS
        Michio Nakaya; Masahiro Kitano; Michiyuki Matsuda; Shigekazu Nagata
        JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2009年
      • Differences in signaling mechanism and morphological change between dbcAMP- and NGF-induced neuritogenesis in PC12D cells
        Akihiro Goto; Takeshi Nakamura; Michiyuki Matsuda
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • 二光子励起蛍光顕微鏡及びFRET imagingを用いたグリオブラストーマ浸潤機構の解析
        平田英周; 荒川芳輝; 宮本享; 松田道行
        日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 2009年
      • FRET imaging and in silico analysis of nerve growth factor-induced neurite outgrowth
        T. Nakamura; K. Aoki; M. Matsuda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF DEVELOPMENTAL NEUROSCIENCE, 2008年12月
      • Spatiotemporal activation of Rac1 for engulfment of apoptotic cells
        Michio Nakaya; Masahiro Kitano; Michiyuki Matsuda; Shigekazu Nagata
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2008年07月, 査読有り
      • FRETイメージングによる神経突起伸展シグナルの解析 (特集 神経情報処理のイメージング)
        中村 岳史; 青木 一洋; 松田 道行
        細胞, 2008年04月
      • FRET imaging and in silico analysis of NGF-induced neurite outgrowth signaling
        Takeshi Nakamura; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • FRETの基礎と応用(D.GFPイメージング)
        中村 岳史; 青木 一洋; 松田 道行
        組織細胞化学, 2007年07月10日
      • 蛋白質の時空間情報--シミュレーション構築のための必須パラメータを求めて (第1土曜特集 システム生物医学) -- (システム生物医学のための方法論)
        松田 道行; 青木 一洋
        医学のあゆみ, 2006年12月02日
      • 細胞遊走・浸潤におけるRho/mDia1情報伝達系の制御
        山名 則和; 荒川 芳輝; 西野 共逹; 黒川 量雄; 丹治 正大; ジェームズ・モニペニー; 石崎 敏理; 尾藤 晴彦; 野崎 和彦; 橋本 信夫; 松田 道行; 成宮 周
        日本癌学会総会記事, 2006年09月
      • FRETプローブによるシグナル伝達分子の時空間的解析 (特集 プロテオミクスの細胞機能解析への挑戦)
        青木 一洋; 松田 道行
        細胞工学, 2006年06月
      • RhoファミリーG蛋白質の活性化イメージング (細胞骨格と接着) -- (Rhoファミリー)
        吉崎 尚良; 望月 直樹; 松田 道行
        蛋白質核酸酵素, 2006年05月
      • FRETプローブによるRhoファミリーGタンパク質の細胞内動態イメージング
        吉崎 尚良; 青木 一洋; 望月 直樹; 松田 道行
        日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA, 2005年08月01日
      • Localized RhoA activation as a requirement for the induction of membrane ruffling
        Kazuo Kurokawa; Michiyuki Matsuda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • Development of FRET-based probes for r-ras activation and R-Ras activation at Early/Recycling Endosomes
        Akiyuki Takaya; Takahiro Kamio; Michitaka Masuda; Naoki Mochizuki; Hirofumi Sawa; Mami Satoh; Kazuo Nagashim; Akiko Mizutani; Akira Matsuno; Michiyuki Matsuda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • Spatio-temporal regulation of RhoA activity in living cells
        K Kurokawa; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月
      • A novel dynamin-associating molecule, formin-binding protein 17, induces tubular membrane invaginations and participates in endocytosis
        Y Kamioka; S Fukuhara; M Masuda; H Sawa; K Nagashima; M Matsuda; N Mochizuki
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月
      • Local accumulation of PIP3 at plasma membrane recruits Vav2/Vav3 to activate Rac1/Cdc42 and to initiate outgrowth in NGF-stimulated PC12 cells
        K Aoki; T Nakamura; M Matsuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月
      • Roles played by a subset of integrin-signaling molecules in cadherin-based cell-cell adhesion
        Hajime Yano; Yuichi Mazaki; Kazuo Kurokawa; Steven Hanks; Michiyuki Matsuda; Hisataka Sabe
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • Signal transduction pathways as visualized by GFP-based FRET probes
        Michiyuki Matsuda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • RalA activation at nascent lamellipodia of EGF-stimulated Cos7 cells and migrating MDCK cells
        Akiyuki Takaya; Yusuke Ohba; Kazuo Kurokawa; Michiyuki Matsuda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • ネクチンによる細胞間接着の形成機構(II):Vav2の機能と作用機構
        福山泰平; 清水一也; 福原達朗; 川勝智生; 南有紀子; 中村岳史; 松田道行; 高井義美
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2003年11月25日
      • ネクチンによる細胞間接着の形成機構(I):c‐Srcの機能と作用機構
        川勝智生; 清水一也; 福原達朗; 福山泰平; 山田知広; 中村岳史; 松田道行; 高井義美
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2003年11月25日
      • ネクチン(2):E‐カドヘリン依存性細胞間接着形成の制御機構
        星野崇; 清水一也; 本田知之; 川勝智生; 福山泰平; 中村岳史; 松田道行; 高井義美
        日本癌学会総会記事, 2003年08月25日
      • 浮遊細胞特異的に発現するCDM‐family蛋白 DOCK2の機能の解析
        前田才恵; 西原広史; 田中伸哉; 松田道行; 沢洋文; 長嶋和郎
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2000年11月25日
      • Activation of the ERK/MAPK pathway by an isoform of Rap1gap associated with G alpha I
        N Mochizuki; Y Ohba; K Nagashima; A Endo; M Matsuda
        CIRCULATION, 2000年10月
      • 腫よう組織における前癌遺伝子産物CRKの発現と細胞増殖能に関する分子病理学的解析
        西原広史; 田中伸哉; 清水道生; 沢洋文; 松田道行; 長嶋和郎
        Jpn J Cancer Res, 2000年09月01日
      • ヒト腫よう組織における前癌遺伝子産物Crkの発現解析 免疫組織学的検討及びPCR‐SSCP法を用いた遺伝子変異の解析
        西原広史; 田中伸哉; 松田道行; 清水道生; 長嶋和郎
        日本病理学会会誌, 2000年03月10日
      • A Rap guanine nucleotide exchange factor enriched highly in the basal ganglia (vol 95, pg 13278, 1998)
        H Kawasaki; GM Springett; S Toki; JJ Canales; P Harlan; JP Blumenstiel; EJ Chen; IA Bany; N Mochizuki; A Ashbacher; M Matsuda; DE Housman; AM Graybiel
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1999年01月
      • The adaptor protein Crk connects multiple cellular stimuli to the JNK signaling pathway
        F Dolfi; M Garcia-Guzman; M Ojaniemi; H Nakamura; M Matsuda; K Vuori
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年12月, 査読有り
      • エイズウイルスの感染効率
        松田 道行
        計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers, 1998年10月
      • A Rap guanine nucleotide exchange factor enriched highly in the basal ganglia
        H Kawasaki; GM Sprihtgett; S Toki; JJ Canales; P Harlan; JP Blumenstiel; EJ Chen; IA Bany; N Mochizuki; A Ashbacher; M Matsuda; DE Housman; AM Graybiel
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年10月, 査読有り
      • CrkII signals from epidermal growth factor receptor to Ras
        S KizakaKondoh; M Matsuda; H Okayama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1996年10月, 査読有り
      • HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 REVERSE-TRANSCRIPTASE - ENHANCEMENT OF ACTIVITY BY INTERACTION WITH CELLULAR TOPOISOMERASE-I
        H TAKAHASHI; M MATSUDA; A KOJIMA; T SATA; T ANDOH; T KURATA; K NAGASHIMA; WW HALL
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1995年06月, 査読有り
      • C3G, A GUANINE NUCLEOTIDE-RELEASING PROTEIN EXPRESSED UBIQUITOUSLY, BINDS TO THE SRC HOMOLOGY-3 DOMAINS OF CRK AND GRB2 ASH PROTEINS
        S TANAKA; T MORISHITA; Y HASHIMOTO; S HATTORI; S NAKAMURA; M SHIBUYA; K MATUOKA; T TAKENAWA; T KURATA; K NAGASHIMA; M MATSUDA
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1994年04月, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Cell-to-cell communications as visualized by FRET biosensors
        Michiyuki Matsuda
        Research Seminar, Center for Molecular Medicine, UMC Utrecht, 2022年10月12日, 招待有り
      • Redundant and specific roles of epidermal growth factor receptors and their ligands in collective cell migration
        Michiyuki Matsuda
        IMPRS Distinguished Guests Seminar Series, 2022年10月11日, 招待有り
      • The Quantitative Landscape of ERK MAPK Signal Dynamics in Patient-Derived Pancreatic Cancer Organoids
        Shoko Tsukamoto; Akihito Machinaga; Nobuyuki Kakiuchi; Seishi Ogawa; Hiroshi Seno; Shigeki Higashiyama; Michiyuki Matsuda; Toru Hiratsuka
        The 7th JCA-AACR Special Joint Conference, 2022年07月08日
      • Split蛍光タンパク質を用いた多重蛍光ラベル技術
        石井衛; 金城智章; 寺井健太; 松田道行
        第74回日本細胞生物学会大会, 2022年06月28日
      • EXTRACELLULAR DYNAMICS OF EGFR LIGANDS CONTROLS THE INTERCELLULAR PROPAGATION OF ERK ACTIVATION
        Eriko Deguchi; Lin Shuhao; Kimiya Matsuda; Daiki Hirayama; Shinya Tsukiji; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        FASEB The Protein Kinases and Phosphorylation Conference: Mechanisms to Therapeutics, 2022年06月20日
      • 細胞間情報伝達の可視化に基づく 病態解明
        松田道行
        第29回肝細胞研究会, 2022年08月25日, 招待有り
      • FRET バイオセンサーを使った細胞間コミュニケーションの可視化
        松田 道行
        学術変革領域研究(A) 新興硫黄生物学が拓く生命原理変革(硫黄生物学) 第2回 領域会議, 2022年08月06日, 招待有り
      • FRETバイオセンサーと蛍光寿命顕微鏡
        松田道行
        LEICA Webセミナー, 2021年10月19日
      • 「実写版」はたらく細胞
        松田道行
        第12回形態科学シンポジウム:生命科学の魅力を語る高校生のための集い 〜分子と細胞を観る楽しさ〜, 2021年08月20日, 招待有り
      • 生体イメージングを用いた腫瘍細胞内カルシウムシグナルによる微小環境形成機構の解析
        寺井健太; 小西義延; 松田道行
        42回炎症再生医学会, 2021年07月07日
      • 肺転移がん細胞におけるNecl-5の欠損は免疫回避の一因である
        塚本 祥子; 一瀬 大志; 寺井 健太; 松田 道行
        第73回 日本細胞生物学会大会, 2021年06月29日
      • MDCK細胞の集団遊走および増殖におけるErbBファミリー受容体の機能の重畳性
        松田樹生也; 平山大記; 林 抒豪; 真流玄武; 青木一洋; 寺井健太; 日野直也; 松田道行
        第73回日本細胞生物学会大会, 2021年06月29日
      • MDCK細胞に発現するEGFRリガンドの分子特徴的な細胞外動態
        出口英梨子、林 抒豪、岩本亮、寺井健太、松田道行
        第73回日本細胞生物学会大会, 2021年06月29日
      • 集団細胞運動時の細胞間コミュニケーション
        松田道行
        2021 INSIDE (Insights in Signaling Dynamics and Encoding), 2021年06月03日, 招待有り
      • FRETバイオセンサーを使った細胞間コミュニケーションの可視化
        松田道行
        大阪大学・ニコンイメージングセンターオー プン記念シリーズセミナー第5回, 2021年03月15日, 招待有り
      • Intravital imaging identifies VEGF-TXA2 axis as a critical promoter of ​PGE2 secretion from tumor cells and immune evasion
        Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Tetsuya Watabe; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Yoko Hamazaki; Yasuhiro Murakawa; Akifumi Takaori-Kondo; Kenta Terai, MD; Michiyuki Matsuda
        The virtual meeting Tumor Metabolism and the Microenvironment, 2021年01月25日
      • ERK activation waves mediated by intercellular mechanical forces underlie long-range guidance for collective cell migration
        Naoya Hino; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        ASCB|EMBO 2019 meeting, 2020年12月07日
      • 肺におけるがん細胞のNK細胞回避機構
        Shoko Tsukamoto; Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        第43回 日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • Redundant roles of EGF ligands in the propagation of ERK activation wave and collective cell migration of MDCK cells
        LIN SHUHAO; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        The 43rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, 2020年12月02日
      • 一細胞解像度の網膜イメージングで可視化された代謝負荷に対する視細胞特異的な応答と乳酸による意外な代謝制御
        Jiazhou He; Shinya Sato; Masamichi Yamamoto; Michiyuki Matsuda
        The 43rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, 2020年12月02日
      • HB-EGF distribution and physiological function in the intercellular communication
        Eriko Deguchi; Ryo Iwamoto; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • Enhanced fluorescence of near-infrared fluorescent proteins by the deficiency of biliverdin reductase-A gene in vivo
        Kenju Kobachi; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • Radial spread of Protein kinase A activation is mediated by Prostaglandin E2
        渡部 哲也; 寺井 健太; 松田 道行
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • 内軟骨性骨化におけるC型ナトリウム利尿ペプチドによるプロテインキナーゼA活性の制御機構の解析
        Keisho Hirota; Akihiro Yasoda; Michiyuki Matsuda
        第43回 日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • Leader cell specification mediated by free edge-dependent HGF-sensitization during collective cell migration
        日野直也; 真流玄武; 青木一洋; 寺井健太; 平島剛志; 松田道行
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日
      • 癌細胞中のGq蛋白共役型受容体による免疫回避機構
        Kenta Terai; Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Tetsuya Watabe; Yukari Sando; Takefumi Kondo; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Yoko Hamazaki; Yasuhiro Murakawa; Akifumi Takaori-Kondo; Michiyuki Matsuda
        AACR Virtual Special Conference on Tumor Heterogeneity: From Single Cells to Clinical Impact, 2020年09月17日
      • Rhodopsin-mediated Light-off-induced Protein Kinase A Activation in Mouse Rod Photoreceptor Cells. (邦題:マウス桿体視細胞においてロドプシンを介するが光オフで生じるプロテインキナーゼAの活性化)
        佐藤慎哉; 山下高廣; 松田道行
        第58回日本生物物理学会年会, 2020年09月16日
      • Biliverdin reductase-A遺伝子欠損マウスにおける近赤外蛍光タンパク質の蛍光強度上昇
        小鉢健樹; 隅山健太; 松田道行; 寺井健太
        2020年度若手支援技術講習会, 2020年09月11日
      • Dynamic change of molecules and inflammatory cells in vasospasm induced by subarachnoid hemorrhage
        Fan Chuyun; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        ABiS International Symposium, 2020年02月17日
      • Development of FRET biosensors comprised of longer wavelength fluorescence proteins
        LIN SHUHAO; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        ABiS International Symposium, 2020年02月17日
      • Visualization of immune surveillance by NK cells against metastatic tumor cells within the pulmonary capillaries
        Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        日本免疫学会, 2019年12月11日
      • Development of FRET biosensors comprising long wavelength fluorescent proteins
        渡部 哲也; 松田 道行; 寺井 健太
        第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日
      • 多光子顕微鏡観察で見出された光照射後の暗黒下で起こる 視細胞PKA活性化
        佐藤慎哉; 松田道行
        異分野融合による次世代光生物学研究会, 2019年11月07日
      • "Whole-organ imaging for cochlear duct morphogenesis – Differential growth hypothesis for bending force generation"
        Mamoru Ishii; Tsuyoshi Hirashima; Michiyuki Matsuda
        Resonance Bio International Symposium, 2019年10月30日
      • Enhanced fluorescence of near-infrared fluorescent proteins by the deficiency of biliverdin reductase-A gene in vivo
        Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Resonance Bio International Symposium, 2019年10月30日
      • Cancer cell-derived prostanoids shape the pro-tumor microenvironment, enhancing calcium signaling in cancer cells
        Yoshinobu Konishi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Resonance Bio International Symposium, 2019年10月30日
      • Real-time evaluation of ROCK activation by a Förster resonance energy transfer-based biosensor during vasospasm in living mice
        Ayako Imanishi; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        EMBO_Seeing is Believing, 2019年10月09日
      • Visualization of immune surveillance by NK cells against metastatic tumor cells within the pulmonary capillaries
        Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        The 18th Meeting of Society for natural immunity, 2019年09月30日
      • Visualization of rapid elimination of hematogenous metastatic tumor cells by NK cells in the lung
        Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        日本癌学会, 2019年09月26日
      • ERK activation waves mediated by intercellular mechanical signals during collective cell migration
        Naoya Hino; Xavier Trepat; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        第57回日本生物物理学会年会, 2019年09月24日
      • Mechano-chemical coupling via ERK signal for repetitive branching morphogenesis of lung epithelial sheet
        Tsuyoshi Hirashima; Takuya Yoshida; Michiyuki Matsuda
        EMBL Symposium: Mechanical Forces in Development, 2019年07月03日
      • Resonance between FRET-biosensors and optogenetic tools
        Kenta Terai
        第71回日本細胞生物学会大会, 2019年06月24日
      • Identification of EGF-Family ligands and ErbB-family receptors required for Collective Cell Migration of MDCK cells.
        Daiki Hirayama; Naoya Hino; Tsuyoshi Hirashima; Kazuhiro Aoki; Gembu Maryu; Iwamoto Ryo; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        第71回日本細胞生物学会大会, 2019年06月24日
      • Control of AMP-Activated Protein Kinase by Optogenetic Protein Clustering
        Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        "第19回日本蛋白質学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会", 2019年06月24日
      • "フェルスター共鳴エネルギー移動の原理に基づくニ光子励起用光遺伝学ツールの開発 "
        金城 智章; 寺井 健太; 堀田 彰一朗; 野村 紀通; 隅山 健太; 岩田 想; 富樫かおり; 松田 道行
        第19回日本蛋白質科学会年会/第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会, 2019年06月23日
      • Förster resonance energy transfer-assisted photoactivation of CRY2 for the optical control of protein interactions by two-photon excitation microscopy
        Tomoaki Kinjo; Kenta Terai; Shoichiro Horita; Norimichi Nomura; Kenta Sumiyama; Kaori Togashi; So Iwata; Michiyuki Matsuda
        Next Generation Protein Therapeutics & Bioconjugates Summit, 2019年06月18日
      • マウスの桿体視細胞が光でProtein Kinase Aを活性化する仕組みは何なのか?
        佐藤慎哉; 松田道行
        日本動物学会近畿支部 春の発表会, 2019年05月11日
      • 抗腫瘍免疫応答の可視化
        寺井健太; 一瀬大志; 松田道行
        第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日
      • Control of AMP-activated protein kinase by optogenetic protein clustering
        Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        18th International Joint Mini-symposium on molecular and cell biology, 2019年05月02日
      • ERK activation waves mediated by intercellular mechanical signaling during collective cell migration
        Naoya Hino; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • Cell cycle-dependent myoblast migration during muscle regeneration.
        Yumi Konagaya; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • A Challenge of Generating Distal Tips in Developing Lung by Optogenetic Control of ERK
        Takuya Yoshida; Michiyuki Matsuda; Tsuyoshi Hirashima
        17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • Investigation for Functions of EGF Family ligands in Collective Cell Migration.
        Daiki Hirayama; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        "The 66th NIBB Conference ABiS International Symposium", 2019年02月17日
      • Control of AMP-Activated Protein Kinase by Optogenetic Protein Clustering
        Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        "The 66th NIBB Conference ABiS International Symposium ", 2019年02月17日
      • FRETバイオセンサーと光遺伝学の両立
        寺井健太
        "平成30年度【先端モデル動物支援プラットフォーム】成果発表会 ", 2019年01月30日
      • 腸上皮における細胞増殖シグナルの動態とその生理的意義
        今城 正道; 牟田 優; 松田 道行
        文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御 第3回公開シンポジウム「1細胞統合解析を駆使した組織内ダイバーシティー解明への挑戦」,, 2019年01月15日
      • 二光子顕微鏡によるマウス単離網膜での一細胞キナーゼ活性測定
        佐藤慎哉; 松田道行
        第89回日本動物学会札幌大会(中止)→東京大学での代替行事, 2018年12月09日
      • Live-cell FRET imaging reveals a role of ERK activity dynamics in thymocyte motility
        Yoshinobu Konishi; Kenta Terai; Takaya Abe; Yoko Hamazaki; Akifumi Takaori-Kondo; Michiyuki Matsud
        "The 60th American Society of Hematology Annual Meeting and Exhibition ", 2018年12月01日
      • "ERK活性を介したメカノ・ケミカルフィードバック制御による肺上皮の分岐形態形成 "
        平島剛志; 吉田琢; 哉; 松田道行
        日本分子生物学会, 2018年11月28日
      • Development of FRET biosensors comprised of longer wavelength fluorescence proteins
        Tetsuya Watabe; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        International Meeting on Optical Biosensors, 2018年11月15日
      • The strength of ERK activation in NK cells correlates with the fate of conjugated target cells.
        Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        日本癌学会, 2018年09月27日
      • "FRETバイオセンサーを用いたin vivoイメージングで紐解く血管平滑筋収縮におけるROCK活性の動態 "
        今西彩子; 寺井健太; 松田道行
        "平成30年度【先端モデル動物支援プラットフォーム】若手支援技術講習会 ", 2018年09月06日
      • Live imaging of extracellular signal-regulated kinase and protein kinase A activities during thrombus formation in mice expressing biosensors based on Förster resonance energy transfer
        T. HIRATSUKA; T. SANO; H. KATO; N; KOMATSU; M. IMAJO; Y. KAMIOKA; K. SUMIYAMA; F . BANNO; T. MIYATA; M. MATSUDA
        "平成30年度【先端モデル動物支援プラットフォーム】成果発表会 ", 2018年07月27日
      • Development of a cryptochrome-based optogenetic dimerizer for two-photon excitation based on Förster resonance energy transfer
        Tomoaki Kinjo; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Optogenetic Approaches to Understanding Neural Circuits and Behavior, 2018年07月16日
      • Timelapse FRET imaging reveals the correlation between the strength of ERK activation in NK cells and the fate of conjugated target cells.
        Hiroshi Ichise; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        The 17th Meeting of Society for natural immunity, 2018年05月28日

      産業財産権

      • 特許第3842729号, WO2002-014373, JP2001006967, 低分子量GTP結合タンパク質の活性モニタータンパク質
        松田 道行
      • 特開平7-250687, 特願平6-069861, ヒトアデノシン5’-ホスホ硫酸キナーゼのDNA断片及びDNAプローブ
        松田 道行; 恩田 昌明; 中島 宏
      • 特開平6-253886, 特願平4-260215, CRKタンパクに対するモノクローナル抗体と、この 抗体を産生するハイブリドーマ株
        松田 道行; 倉田 毅
      • 特許第2786068号, 特開平6-253886, 特願平4-260215, CRKタンパクに対するモノクローナル抗体と、この抗体を産生するハイブリドーマ株
        松田 道行; 倉田 毅
      • 特許第2937757号, 特開平7-051073, 特願平6-130699, C3G蛋白遺伝子のcDNA
        松田 道行; 倉田 毅
      • ヒトアデノシン5’-ホスホ硫酸キナーゼのDNA断片およびDNAプローブ
      • 特許第3053539号, 特開平8-196277, 特願平7-006775, DOCK180蛋白遺伝子のcDNA
        松田 道行; 倉田 毅
      • 特開2003-024078, 特願2001-218756, 三量体型G蛋白質の活性モニター分子
        松田 道行; 望月 直樹

      受賞

      • 2023年04月29日
        紫綬褒章
      • 2008年11月15日
        公益法人SGH財団, 第6回佐川特別研究助成賞
      • 2011年10月28日
        公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団, 持田記念学術賞
      • 2018年02月16日
        中谷医工計測技術振興財団, 中谷賞大賞
      • 2019年05月10日
        日本病理学会, 日本病理学賞

      メディア報道

      • 肺へ転移 隠れて免疫逃避
        読売新聞, 夕刊8ページ, 2022年03月10日, 新聞・雑誌
      • 分子活性化の伝搬解明
        日刊工業新聞, 18ページ, 2020年06月04日, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • グリア細胞間情報伝達の可視化
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        松田 道行
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        FRETバイオセンサー;グリア;多光子顕微鏡;近赤外蛍光タンパク質;ERK MAPキナーゼ;細胞間情報伝達;ERK;マップキナーゼ;蛍光タンパク質;蛍光イメージング;FRET;バイオセンサー
      • グリアデコーディング:脳-身体連関を規定するグリア情報の読み出しと理解
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        東京大学
        岡部 繁男
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        グリア;神経回路;脳末梢連関;イメージング;体内環境
      • 細胞増殖因子情報伝達系の活性波による細胞集団移動制御機構
        基盤研究(A)
        中区分44:細胞レベルから個体レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        松田 道行
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        上皮細胞増殖因子;FRETバイオセンサー;ERKマップキナーゼ;細胞集団運動;ERK;マップキナーゼ;上皮細胞増殖因子受容体;ERK MAPキナーゼ;細胞生物学;顕微鏡;バイオセンサー;細胞運動
      • 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
        新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』
        生理学研究所
        狩野 方伸
        自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日, 完了
        イメージング;光学顕微鏡;電子顕微鏡;磁気共鳴画像;画像解析;トレーニング;支援活動;科研費取得者;科研費;機能的磁気共鳴画像
      • レゾナンスバイオ国際活動支援
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        国立研究開発法人理化学研究所
        宮脇 敦史
        自 2015年11月06日, 至 2021年03月31日, 完了
        バイオイメージング;画像処理;ワークショップ;シンポジウム;顕微鏡技術;FRET;ケミカルバイオロジー;画像解析
      • 細胞間コミュニケーションのライブイメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        松田 道行
        自 2015年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        蛍光イメージング;蛍光顕微鏡;バイオセンサー;上皮細胞増殖因子;FRET;PKA;ERK;蛍光タンパク質;筋再生;イメージング;細胞生物学;再生;蛍光バイオセンサー;BRET;生体イメージング;発光イメージング;FRETバイオセンサー;分子プローブ;蛍光共鳴エネルギー移動;タンパク質リン酸化酵素;FRETバイオセンサー
      • 共鳴誘導で革新するバイオイメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        国立研究開発法人理化学研究所
        宮脇 敦史
        自 2015年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        バイオイメージング;蛍光・発光タンパク質;蛍光色素;多光子顕微鏡;画像処理;蛍光・発光たんぱく質;細胞周期;顕微鏡技術
      • FRETマウスを用いた生体イメージング
        基盤研究(A)
        京都大学
        松田 道行
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        蛍光プローブ;組織形態マーカー;FRETバイオセンサー;機械学習;ROCK;蛍光イメージング;血管収縮;イメージング;透明化;FRET;トランスジェニックマウス;ERK MAPキナーゼ;細胞増殖;蛍光タンパク質;多光子顕微鏡
      • ワクシニアウイルスを用いた腫瘍免疫誘導の開発と生体イメージング
        基盤研究(C)
        京都大学
        荒川 芳輝
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        悪性脳腫瘍;ワクシニアウイルス;生体イメージング;腫瘍免疫;免疫誘導;ウイルス治療;悪性グリオーマ
      • 生きたマウスでp53からATMへのフィードバックループの動態を解析する
        特別研究員奨励費
        京都大学
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        p53;ATM;Cancer;FRET
      • 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        京都大学
        自 2010年06月23日, 至 2015年03月31日
      • 細胞内情報伝達系の多次元FRETイメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        松田 道行
        自 2010年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        がん;二光子イメージング;フレットイメージング;蛍光タンパク質;バイオセンサー;FRETイメージング;FRET;蛍光共鳴エネルギー移動;生体イメージング;蛍光イメージング;神経発生;トランスジェニックマウス;Rac1;二光子顕微鏡;FRETバイオセンサー;Cdc42;MDCK細胞;脳腫瘍
      • 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        松田 道行
        自 2010年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        蛍光イメージング;蛍光顕微鏡;細胞生物学;蛍光タンパク質;蛍光プローブ;細胞生物;がん;蛍光生体イメージング;国際情報交換;国際研究者交流;ライブイメージング;ケミカルバイオロジー;生体イメージング;二光子顕微鏡;超解像度イメージング;緑色蛍光タンパク質;FRET
      • 細胞小胞輸送に関わる低分子量GTP結合蛋白の蛍光イメージングによる時空間的解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        松田 道行
        自 2007年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        FRET;G蛋白;R-Ras;Rab5;Rac;Ral;アポトーシス;小胞輸送;バイオセンサー;Rac1;SH3BP1;Exocyst
      • がん研究の推進、交流および人材養成を支援する中核拠点
        特定領域研究
        生物系
        財団法人癌研究会・癌研究所
        中村 卓郎
        自 2005年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        国際交流;若手支援;広報支援;青少年育成;広報活動
      • 細胞がん化過程の時空間制御機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学;大阪大学
        松田 道行
        自 2005年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        がん;FRETバイオセンサー;蛍光イメージング;システム生物学;細胞増殖因子;がん遺伝子;上皮細胞増殖因子;Ras;MAPキナーゼ;Shoc2;FRET;細胞増殖;Rac1;イノシトールリン脂質;Asef;G蛋白;セリンスレオニンキナーゼ;Akt;PI3キナーゼ;Raf;transformation;signal;transduction;simulation;細胞増殖情報伝達系;シミュレーション;FRETプローブ;MEK;ERK
      • がん科学のニューフロンティア
        特定領域研究
        生物系
        東京大学
        谷口 維紹
        自 2005年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        情報科学;がん免疫;構造生物学;発生と発がん;シグナル伝達
      • RhoファミリーG蛋白群の時空間的制御機構の解析
        基盤研究(B)
        京都大学;大阪大学
        松田 道行
        自 2004年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        Rho;Rac;Cdc42;GFP;FRET;TC10;全反射蛍光顕微鏡;小胞輸送;FRETプローブ;上皮細胞増殖因子, Rho;Rac;Cdc42;GFP;FRET
      • Ras-MAPKカスケードの情報伝達イメージング
        特定領域研究
        生物系
        大阪大学
        松田 道行
        自 2004年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        Ras;MAPK;Raf;シミュレーション, Ras;MAPK;Raf;Simulation
      • Rasファミリー活性化因子の多様性からのゲノム進化の検討
        特定領域研究(C)
        生物系
        国立国際医療センター(研究所)
        望月 直樹
        自 2000年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        ゲノム;Ras;GDP;GTP交換因子
      • 低分子量G蛋白が細胞膜で情報を受け取るメカニズムの可視化
        特定領域研究
        生物系
        大阪大学;国立国際医療センター(研究所)
        松田 道行
        自 1999年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        Ras;FRET;Rapl;G蛋白;低分子量G蛋白;イメージング;Rap1;GFP
      • Crkを介する癌遺伝子産物と癌抑制遺伝子産物のクロストーク
        基盤研究(B)
        大阪大学;国立国際医療センター(研究所)
        松田 道行
        自 1999年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        Crk;FRET;蛍光共鳴エネルギー移動;細胞内情報伝達;アダプター蛋白質;Ras;Rapl;バイオテクノロジー;上皮細胞増殖因子;リン酸化;Rap2;グアニンヌクレオチド交換因子;GTP水解促進酵素;C3G;癌遺伝子;癌抑制遺伝子, Crk;FRET;fluorescent resonance energy transfer;signal transduction;adaptor protein;Ras;Rap1;biotechnology
      • チロシンキナーゼおよびG蛋白によるHIV感染性の制御機構
        重点領域研究
        国立国際医療センター
        松田 道行
        自 1997年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        HIV;Hck;Src;チロシンキナーゼ;Nef
      • 低分子量G蛋白質による細胞の増殖、運動の制御機構
        特定領域研究(A)
        広島大学
        菊池 章
        自 1997年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        発がん;転移;低分子量G蛋白質;Ras;Rho;酵母;Ral;RasGRF1;GAP1m;CalDAGI;cAMP-GEF;PLD;細胞増殖;細胞運動
      • アダプター型癌遺伝子CRKによる癌化の解析
        基盤研究(C)
        国立国際医療センター
        松田 道行
        自 1996年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        CRK;C3G;Rap1;上皮細胞増殖因子;HIV;Hck;Src;チロシンキナーゼ;Nef;DOCK180;アダプター分子, CRK;C3G;Rap1;Epidermal growth factor
      • CRK前癌遺伝子産物に結合する信号伝達下流因子の解析
        奨励研究(A)
        国立予防衛生研究所
        松田 道行
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        CRK;チロシンキナーゼ;SH3領域
      • 遺伝子導入動物を用いたRas活性化因子C3Gの解析
        重点領域研究
        国立予防衛生研究所
        松田 道行
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        Ras;Rapl;CRK;チロシンキナーゼ
      • Ras蛋白を活性化するグアニンヌクレオチド交換因子の単離とその解析
        奨励研究(A)
        国立予防衛生研究所
        松田 道行
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        CRK;Ras;Sos;C3G;チロシンキナーゼ
      • EBウイルス前初期遺伝子蛋白(ZEBRA)のリン酸化
        一般研究(B)
        国立予防衛生研究所
        西連寺 剛
        自 1994年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        EBウイルス;EBV前初期遺伝子蛋白(ZEBRA);EBV活性化;EBV遺伝子発現;ZEBRA分子の多様性;IL-10;ZEBRAモノクローナル抗体;EBV遺伝子BCRF1蛋白;EBウイルス(EBV);EBV 前初期遺伝子蛋白(ZEBRA);ZEBRAのリン酸化, Epstein-Barr virus (EBV);BZLF1;BZLF1 promotor;EBV activation;EBV+T cell line;Second messengers;Chronic fatigue syndrome;Autibody response to human herpesviruses
      • 増殖因子からの信号伝達を担うCRK蛋白の下流因子の同定
        重点領域研究
        国立予防衛生研究所
        松田 道行
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        チロシンキナーゼ;Ras;CRK
      • B細胞シグナル伝達と潜伏EBウイルスの活性化機構
        重点領域研究
        国立予防衛生研究所
        西連寺 剛
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        EBウイルス(EBV);B細胞シグナル伝達;B細胞表面免疫グロブリン(sIg);BZLF1プロモーター;細胞内潜伏EBV;EBV潜伏感染T細胞株;vIL-10;EBV活性化
      • CRK遺伝子を介する細胞内信号伝達の機構
        奨励研究(A)
        国立予防衛生研究所
        松田 道行
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        チロシンキナーゼ;CRK遺伝子
      • HIV感染の発症に関与するウイルス(特にヘルペス群)の役割について
        重点領域研究
        国立予防衛生研究所
        倉田 毅
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        HIV感染;HHV6;EBV
      • HIV感染の発症に関与するウイルス(特にヘルペス群)の役割について
        重点領域研究
        国立予防衛生研究所
        倉田 毅
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        エイズ;PGL;EBV;HHV6;潜状感染;再活性化
      • HIV感染者の産生するJCウイルスの遺伝子構造とPML異常発生との相関
        重点領域研究
        (財)東京都神経科学総合研究所
        保井 孝太郎
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        エイズ;PML;JCウィルス;進行性多巣性白質脳症;HIV;制御領域遺伝子;エンハンサ-;AIDS;調節領域遺伝子;遺伝子変異
      • JCウイルスによる小脳髄芽腫の誘発と小脳分化の相関
        がん特別研究
        (財)東京都神経科学総合研究所
        保井 孝太郎
        自 1987年04月01日, 至 1988年03月31日, 完了
        JCウイルス;小脳髄芽腫;神経細胞分化;promotorーenhancer;T抗原
      • 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
        学術変革領域研究(学術研究支援基盤形成)
        生理学研究所
        鍋倉 淳一
        自 2022年04月01日, 至 2028年03月31日, 交付
        バイオイメージング;光学顕微鏡支援;電子顕微鏡支援;磁気共鳴画像支援;画像解析支援;トレーニング;科研費課題;Global BioImaging (GBI)

      外部資金:その他

      • 多次元定量イメージングに基づく数理モデルを用いた動的生命システムの革新的研究体系の開発・教育拠点
        文部科学省 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
        自 2012年, 至 2016年
        松田 道行
      • 多次元定量イメージングに基づく数理モデルを用いた動的生命システムの革新的研究体系の開発・教育拠点 (平成26年度分)
        文部科学省 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
        松田 道行
      • 多次元定量イメージングに基づく数理モデルを用いた動的生命システムの革新的研究体系の開発・教育拠点 (平成27年度分)
        文部科学省 医療研究開発推進事業費補助金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        松田 道行
      • 多次元定量イメージングに基づく数理モデルを用いた動的生命システムの革新的研究体系の開発・教育拠点 (平成28年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        松田 道行
      list
        Last Updated :2024/02/27

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          シグナル伝達学特論
          1029, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          B9 病理学総論
          B014, 前期, 医学部, 2.5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          病理学 II
          E012, 前期不定, 医学研究科, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 後期不定, 生命科学研究科, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 前期不定, 生命科学研究科, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          システム生物学特論
          8213, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          システム生物学特論
          8213, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          B9 病理学総論
          B014, 前期, 医学部, 2.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士演習)
          E054, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物・生命科学入門
          N484, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 前期不定, 生命科学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          B4 病理学総論
          L150, 前期, 医学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 後期不定, 生命科学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          シグナル伝達学特論
          1029, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士実習)
          E055, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          病理学 II
          E012, 前期不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          病理学
          M008, 前期不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          P030, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          P029, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 病理学総論
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          発生・細胞生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          発生・細胞生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学概論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学概論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          病理学
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          発生・細胞生物学(実習)
          通年, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          発生・細胞生物学(演習)
          通年, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          シグナル伝達学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学概論I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          シグナル伝達学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第1
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          後期前期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          高次生命科学特別演習
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学概論I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学概論I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          シグナル伝達学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          B9 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          B9 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          シグナル伝達学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          B9 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          B4 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          B9 病理学総論
          前期, 医学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          シグナル伝達学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (理論生物学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          病理学
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          病理学 II
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          発生・細胞生物学・システム生物学(演習)
          通年不定, 医学研究科

        博士学位審査

        • Calcium sparks enhance the tissue fluidity within epithelial layers and promote apical extrusion of transformed cells(カルシウムスパークは上皮層での組織流動性を亢進し、変異細胞の管腔側への逸脱を促進する)
          黒宮 敬介, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • 深部生体イメージングを目指したヘム代謝改変による近赤外蛍光タンパク質の高輝度化
          小鉢 健樹, 生命科学研究科, 主査
          2023年03月23日
        • An analysis of intestinal morphology and incretin-producing cells using tissue optical clearing and 3-D imaging(組織透明化と3次元イメージングを用いた腸管形態およびインクレチン産生細胞の解析)
          波床 朋信, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • The Clinical Significance of Either Extraprostatic Extension or Microscopic Bladder Neck Invasion Alone Versus Both in Men With pT3a Prostate Cancer Undergoing Radical ProstatectomyA Proposal for a New pT3a Subclassification(前立腺癌pT3a期における前立腺外進展および膀胱頸部浸潤の臨床的意義―新たなpT3aサブクラスの提案)
          寺本 祐記, 医学研究科, 副査
          2023年01月23日
        • Extracellular ATP facilitates cell extrusion from epithelial layers mediated by cell competition or apoptosis(細胞外ATPは上皮層からのがん原性変異細胞およびアポトーシス細胞の排除を促進する)
          森 祐輔, 医学研究科, 主査
          2022年07月25日
        • Cyclin J-CDK complexes limit innate immune responses by reducing proinflammatory changes in macrophage metabolism(Cyclin J-CDK複合体はマクロファージの代謝を介し炎症性変化を抑制することで自然免疫応答を調節する)
          Chong Yee Kien, 医学研究科, 副査
          2022年07月25日
        • Glucose as a Protein-Condensing Cellular Solute(タンパク質の凝集を促進する細胞内溶質としてのグルコース)
          野田 尚孝, 医学研究科, 副査
          2022年05月23日
        • Controlled lipid β-oxidation and carnitine biosynthesis by a vitamin D metabolite(ビタミンD代謝産物による脂質ベータ酸化とカルニチン生合成の制御)
          MENDOZA AILEEN DE LEON, 医学研究科, 副査
          2022年11月24日
        • Utility of Homologous Recombination Deficiency Biomarkers Across Cancer Types(相同組換え修復欠損のがん横断的バイオマーカーとしての有用性)
          高松 士朗, 医学研究科, 副査
          2022年11月24日
        • Imaging of glucose metabolism by 13C-MRI distinguishes pancreatic cancer subtypes in mice(13C-MRIを用いたグルコース代謝イメージングによるマウス膵臓癌の分類)
          岸本 俊, 医学研究科, 主査
          2022年05月23日
        • IFN-γ応答を一細胞レベルで定量するバイオセンサーの開発
          田中 泰生, 生命科学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • 数理モデル解析による上皮組織及び細胞の化学力学応答の解明
          浅倉 祥文, 生命科学研究科, 主査
          2021年09月24日
        • Endogenous agonist-bound S1PR3 structure reveals determinants of G protein-subtype bias (内在性作動薬結合型S1PR3の構造と基質依存的G蛋白質選択性の制御機構)
          前田 信太郎, 医学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Tranilast Inhibits TGF-β1-induced Epithelial-mesenchymal Transition and Invasion/Metastasis via the Suppression of Smad4 in Human Lung Cancer Cell Lines (ヒト非小細胞肺癌細胞株において、トラニラストはTGF-β1で誘導された上皮-間葉転換と浸潤/転移を、Smad4を抑制することにより回復させる)
          高橋 耕治, 医学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Hes1 is essential in proliferating ductal cell-mediated development of intrahepatic cholangiocarcinoma (Hes1遺伝子は細胆管由来の肝内胆管癌の発生に重要な役割を果たす)
          松森 友昭, 医学研究科, 副査
          2021年05月24日
        • Lamellipodium tip actin barbed ends serve as a force sensor (ラメリポディア先端のアクチン反矢じり端は力学センサーとして働く)
          小関 和馬, 医学研究科, 主査
          2022年01月24日
        • Visualization of stem cell activity in pancreatic cancer expansion by direct lineage tracing with live imaging (細胞系譜解析とライブイメージングによる膵癌幹細胞動態の可視化)
          丸野 貴久, 医学研究科, 主査
          2021年07月26日
        • Classification of glomerular pathological findings using deep learning and nephrologist-AI collective intelligence approach (深層学習および腎臓内科医と人工知能との集合知アプローチを用いた糸球体病理所見の分類)
          内野 詠一郎, 医学研究科, 副査
          2021年09月24日

        非常勤講師

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          岩手医科大学
        • 自 2015年04月02日, 至 2016年03月31日
          広島大学, 医学部
        • 自 2019年04月05日, 至 2020年03月31日
          熊本大学
        • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
          岩手医科大学
        list
          Last Updated :2024/02/27

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年10月01日, 至 2024年03月31日
            設備整備・共用促進委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日
            京都大学組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2011年09月11日, 至 2015年09月10日
            京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            奨学金返還免除候補者選考委員会 委員
          • 自 2015年01月01日, 至 2015年03月31日
            学生表彰選考委員会 委員
          • 自 2015年09月11日, 至 2015年12月31日
            ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2013年07月10日, 至 2015年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 生物学部会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            生命動態研究センター センター長
          • 自 2017年12月21日, 至 2019年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            設備整備・共用促進委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            施設整備委員会 吉田キャンパス整備専門委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            設備整備・共用促進委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2022年09月30日
            施設整備委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年12月01日
            生命動態共用研究施設運営委員会
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            生命科学研究科同窓会 監事
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            医生物学研究所諮問会議
          • 自 2021年04月01日
            医学・生命科学研究支援機構(iSAL)運営委員会
          • 自 2009年04月01日, 至 2014年03月31日
            制度・財政委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2010年03月31日
            高次生命科学副専攻長
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            高次生命科学専攻長
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            高次生命科学専攻長
          • 自 2009年07月01日, 至 2017年03月31日
            中期目標・中期計画検討委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            動物実験施設管理委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            動物実験施設運営委員会
          • 自 2012年10月01日, 至 2013年09月30日
            医学広報委員会
          • 自 2012年11月01日, 至 2014年10月31日
            医学研究科・医学部教授選考方針検討委員会(基礎系検討委員会)
          • 至 2014年09月30日
            医学研究科運営委員会
          • 自 2011年10月01日, 至 2013年09月30日
            大学評価部局委員会
          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            管理体制委員会
          • 自 2012年02月01日, 至 2022年03月31日
            医学研究科バイオ・フロンティア・プラットフォーム運営委員会
          • 自 2013年10月01日, 至 2016年09月30日
            間接経費使途検討委員会
          • 自 2014年10月01日, 至 2015年09月30日
            奨学金免除返還候補者審査委員会委員
          • 自 2015年06月11日, 至 2016年09月30日
            医学研究科基礎系副専攻長
          • 自 2016年04月01日
            利益相反予備審査委員会
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            医学研究科寄附講座運営委員会(創薬医学)
          • 自 2014年08月01日, 至 2017年11月30日
            医学研究科等防犯カメラ設置運用委員会
          • 自 2011年11月10日
            医学研究支援センター運営委員会
          • 自 2014年04月01日
            医学部資料館運営委員会
          • 自 2015年09月24日
            医学研究科人事活性化委員会
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            高次生命科学副専攻長
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院医の倫理委員会小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            ウイルス・再生医科学研究科諮問会議 構成員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            医学研究科・医学部将来計画検討委員会委員
          • 自 2018年10月01日
            医学研究科・人権委員会
          • 自 2018年10月01日
            医学研究科・IFOM-KU 国際共同ラボ 運営委員会
          • 自 2021年02月01日, 至 2022年03月31日
            医学部構内実験排水系管理委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            管理体制委員会委員
          list
            Last Updated :2024/02/27

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2023年01月, 至 現在
              編集委員長, 日本細胞生物学会
            • 自 2019年06月, 至 現在
              CREST「多細胞」領域総括, 科学技術振興機構
            • 自 2020年10月, 至 2023年09月
              第25期 基礎医学委員会委員長, 日本学術会議
            • 自 2021年03月, 至 2021年07月
              研究実施体制及び組織体制検証会議座長, 国立循環器病研究センター
            • 自 2017年10月, 至 2020年09月
              第24期 第二部会員, 日本学術会議

            ページ上部へ戻る