教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

齊藤 尚平

サイトウ シヨウヘイ

理学研究科 化学専攻有機化学講座 准教授

齊藤 尚平
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 日本レオロジー学会
    • 日本液晶学会
    • 高分子学会
    • 光化学協会
    • 基礎有機化学会
    • 有機合成化学協会
    • 日本化学会
    • The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan
    • The Chemical Society of Japan

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部理学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      私立武蔵高校

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      JST創発的研究支援事業
    • 自 2016年03月, 至 現在
      京都大学大学院理学研究科, 理学研究科, 准教授
    • 自 2016年10月, 至 2020年03月
      JSTさきがけ研究者「光極限」領域
    • 自 2012年10月, 至 2016年03月
      JSTさきがけ研究者「分子技術」領域
    • 自 2012年10月, 至 2016年03月
      国立研究開発法人科学技術振興機構
    • 自 2010年04月, 至 2016年02月
      名古屋大学, 物質科学国際研究センター, 助教
    • 自 2007年04月, 至 2010年03月
      京都大学大学院理学研究科 JSPS特別研究員DC1, Graduate School of Science

    プロフィール

    • プロフィール

      学歴
      2005年 京都大学理学部卒業
      2007年 京都大学大学院理学研究科 修士課程化学専攻修了
      (指導教官:大須賀篤弘教授)
      2010年 京都大学大学院理学研究科 博士課程化学専攻修了
      (指導教官:大須賀篤弘教授)
      博士号取得年月日:西暦2010年3月23日取得
      取得機関:京都大学大学院理学研究科 化学専攻 種類:博士(理学)

      研究歴
      2007〜2010年  日本学術振興会特別研究員(DC1)
      (大須賀篤弘教授研究室で環拡張ポルフィリンの研究に従事)
      2010〜2016年2月 名古屋大学物質科学国際研究センター 助教
      (山口茂弘教授研究室でホウ素を含むπ共役分子の研究に従事)
      2012〜2016年3月 JSTさきがけ研究者(兼任)
      「分子技術と新機能創出」領域1期生(加藤隆史 総括)
      2016〜2020年3月 JSTさきがけ研究者(兼任)
      「光の極限制御・積極利用と新分野開拓」領域2期生(植田憲一 総括)
      2016年3月〜現在 京都大学 大学院理学研究科化学専攻 准教授
      2020年4月〜現在 JST創発研究者


      研究内容:独自の光機能分子に立脚した新材料開発と新技術創出

      受賞:2018年 APA Prize for Young Scientist(アジア光化学協会)
      2017年 井上科学振興財団 井上リサーチアウォード
      2016年 光化学協会 奨励賞
      2015年 日本化学会 進歩賞
      2014年 文部科学大臣表彰 若手科学者賞


      【集合有機分子機能研究室での研究を考えている学生さんへ】

      当研究室では、京都大学らしい自由な研究環境のもとで、学生たちが活き活きと主体的に個々の研究テーマを進めています。日頃から先輩の学生たちが高いレベルの研究をしているので、自然と研究モチベーションが高くなっていくはずです。実際、当研究室で博士号を取得した数多くの卒業生たちが、日本中の大学と企業で、今も研究者として活躍しています。

      私のグループでは、柔軟に形をかえることのできる「羽ばたく光機能分子(FLAP)」を設計・合成し、その動きを活用した新しい機能有機材料を創出しています。学生たちは自分だけのオリジナル分子を頑張って合成し、革新的な分子物性や材料機能の発現を目指して研究しています。

      これからは、大学でも企業でも、1つの狭い研究分野にとらわれず、幅広い視野でサイエンスとテクノロジーを俯瞰し、さまざまな能力を身につけた科学のプロフェッショナルが活躍する時代です。そのための第一歩として、当研究室の学生は、有機合成、分子・材料の構造解析、光物性・力学物性測定、量子化学計算をはじめとする数多くの化学の技術を身につけることができます。また、積極的に共同研究も展開しており、高分子やバイオ関連の研究者(時にはレーザー科学、高分子物理学、機械工学、流体力学、メカノバイオロジーなどの研究者)とのディスカッションをとおして、ケミストリーの枠を越えた新しいサイエンスの創出に向けて交流を深めることができます。やる気が充実している人は、ぜひ次の世代の「扇子の要」となる Scientist を目指して、力強く羽ばたいてください。我々は全力でそれをサポートします。

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究キーワード

      • ナノテク
      • メカノケミストリー
      • 機能材料
      • 蛍光
      • 分子
      • 高圧
      • 接着
      • 物理化学
      • 有機合成
      • 光化学
      • 液晶
      • 高分子
      • 有機化学

      研究分野

      • ナノテク・材料, 高分子材料
      • ナノテク・材料, 機能物性化学
      • ナノテク・材料, 基礎物理化学

      論文

      • CCDC 937163: Experimental Crystal Structure Determination
        Nagura Kazuhiko; Saito Shohei; Yusa Hitoshi; Yamawaki Hiroshi; Fujihisa Hiroshi; Sato Hiroyasu; Shimoikeda Yuichi; Yamaguchi Shigehiro
        Cambridge Structural Database, 2013年, 査読有り
      • 光応答カラムナー液晶の超高速構造解析
        齊藤,尚平; 羽田,真毅; 重田,育照; 恩田,健
        日本液晶学会討論会講演予稿集, 2018年
      • Ratiometric Flapping Force Probe That Works in Polymer Gels
        Takuya Yamakado; Shohei Saito
        Journal of the American Chemical Society, 2022年02月02日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Bridging pico-to-nanonewtons with a ratiometric force probe for monitoring nanoscale polymer physics before damage
        Ryota Kotani; Soichi Yokoyama; Shunpei Nobusue; Shigehiro Yamaguchi; Atsuhiro Osuka; Hiroshi Yabu; Shohei Saito
        Nature Communications, 2022年01月13日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Probing a microviscosity change at the nematic–isotropic liquid crystal phase transition by a ratiometric flapping fluorophore
        Ryo Kimura; Hidetsugu Kitakado; Takuya Yamakado; Hiroyuki Yoshida; Shohei Saito
        Chemical Communications, 2022年
      • On‐Surface Synthesis of Porphyrin‐Complex Multi‐Block Co‐Oligomers by Defluorinative Coupling
        Shigeki Kawai; Atsushi Ishikawa; Shin‐ichiro Ishida; Takuya Yamakado; Yujing Ma; Kewei Sun; Yoshitaka Tateyama; Rémy Pawlak; Ernst Meyer; Shohei Saito; Atsuhiro Osuka
        Angewandte Chemie International Edition, 2021年12月02日
      • Dynamic Polymer Free Volume Monitored by Single-Molecule Spectroscopy of a Dual Fluorescent Flapping Dopant
        Yuma Goto; Shun Omagari; Ryuma Sato; Takuya Yamakado; Ryo Achiwa; Nilanjan Dey; Kensuke Suga; Martin Vacha; Shohei Saito
        Journal of the American Chemical Society, 2021年08月27日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Nitrogen-Substitution in the Flapping Wings of Cyclooctatetraene-Fused Molecules
        Kensuke Suga; Takuya Yamakado; Shohei Saito
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2021年06月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Flapping Peryleneimide as a Fluorescent Viscosity Probe: Comparison with BODIPY and DCVJ Molecular Rotors
        Ryo Kimura; Hidetsugu Kitakado; Atsuhiro Osuka; Shohei Saito
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2020年09月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Flapping Peryleneimide as a Fluorogenic Dye with High Photostability and Strong Visible‐Light Absorption
        Ryo Kimura; Hikaru Kuramochi; Pengpeng Liu; Takuya Yamakado; Atsuhiro Osuka; Tahei Tahara; Shohei Saito
        Angewandte Chemie, 2020年09月14日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Flapping Peryleneimide as a Fluorogenic Dye with High Photostability and Strong Visible‐Light Absorption
        Ryo Kimura; Hikaru Kuramochi; Pengpeng Liu; Takuya Yamakado; Atsuhiro Osuka; Tahei Tahara; Shohei Saito
        Angewandte Chemie International Edition, 2020年09月14日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Magnetism of Topological Boundary States Induced by Boron Substitution in Graphene Nanoribbons
        Niklas Friedrich; Pedro Brandimarte; Jingcheng Li; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi; Iago Pozo; Diego Pena; Thomas Frederiksen; Aran Garcia-Lekue; Daniel Sanchez-Portal; Jose Ignacio Pascual
        PHYSICAL REVIEW LETTERS, 2020年09月, 査読有り
      • Controlling the S1 Energy Profile by Tuning Excited-State Aromaticity
        Ryota Kotani; Li Liu; Pardeep Kumar; Hikaru Kuramochi; Tahei Tahara; Pengpeng Liu; Atsuhiro Osuka; Peter B. Karadakov; Shohei Saito
        Journal of the American Chemical Society, 2020年08月10日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Can Anti‐Aufbau DFT Calculations Estimate Singlet Excited State Aromaticity? Correspondence on “Dibenzoarsepins: Planarization of 8π‐Electron System in the Lowest Singlet Excited State”
        Peter B. Karadakov; Shohei Saito
        Angewandte Chemie, 2020年06月08日, 査読有り
      • Can Anti‐Aufbau DFT Calculations Estimate Singlet Excited State Aromaticity? Correspondence on “Dibenzoarsepins: Planarization of 8π‐Electron System in the Lowest Singlet Excited State”
        Peter B. Karadakov; Shohei Saito
        Angewandte Chemie International Edition, 2020年06月08日, 査読有り
      • Monitoring Fluorescence Response of Amphiphilic Flapping Molecules in Compressed Monolayers at the Air-Water Interface
        Nakanishi Waka; Saito Shohei; Sakamoto Naoki; Kashiwagi Akihiro; Yamaguchi Shigehiro; Sakai Hideki; Ariga Katsuhiko
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2019年08月16日, 査読有り, 責任著者
      • Electronic Properties of Substitutionally Boron-Doped Graphene Nanoribbons on a Au(111) Surface
        Eduard Carbonell-Sanromà; Aran Garcia-Lekue; Martina Corso; Guillaume Vasseur; Pedro Brandimarte; Jorge Lobo-Checa; Dimas G. de Oteyza; Jingcheng Li; Shigeki Kawai; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi; J. Enrique Ortega; Daniel Sánchez-Portal; Jose Ignacio Pascual
        The Journal of Physical Chemistry C, 2018年07月19日, 査読有り
      • Novel techniques for observing structural dynamics of photoresponsive liquid crystals
        Masaki Hada; Shohei Saito; Ryuma Sato; Kiyoshi Miyata; Yasuhiko Hayashi; Yasuteru Shigeta; Ken Onda
        Journal of Visualized Experiments, 2018年05月29日
      • Compression of a Flapping Mechanophore Accompanied by Thermal Void Collapse in a Crystalline Phase
        Takuya Yamakado; Kazuya Otsubo; Atsuhiro Osuka; Shohei Saito
        Journal of the American Chemical Society, 2018年05月23日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Charge-Transfer Character Drives Möbius Antiaromaticity in the Excited Triplet State of Twisted [28]Hexaphyrin
        Fumitoshi Ema; Mana Tanabe; Shohei Saito; Tomoki Yoneda; Kenji Sugisaki; Takashi Tachikawa; Seiji Akimoto; Seigo Yamauchi; Kazunobu Sato; Atsuhiro Osuka; Takeji Takui; Yasuhiro Kobori
        The Journal of Physical Chemistry Letters, 2018年05月17日, 査読有り
      • Conformational Planarization versus Singlet Fission: Distinct Excited-State Dynamics of Cyclooctatetraene-Fused Acene Dimers
        Takuya Yamakado; Shota Takahashi; Kazuya Watanabe; Yoshiyasu Matsumoto; Atsuhiro Osuka; Shohei Saito
        Angewandte Chemie, 2018年05月04日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Conformational Planarization versus Singlet Fission: Distinct Excited-State Dynamics of Cyclooctatetraene-Fused Acene Dimers
        Takuya Yamakado; Shota Takahashi; Kazuya Watanabe; Yoshiyasu Matsumoto; Atsuhiro Osuka; Shohei Saito
        Angewandte Chemie - International Edition, 2018年05月04日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structural Monitoring of the Onset of Excited-State Aromaticity in a Liquid Crystal Phase
        Masaki Hada; Shohei Saito; Sei’ichi Tanaka; Ryuma Sato; Masahiko Yoshimura; Kazuhiro Mouri; Kyohei Matsuo; Shigehiro Yamaguchi; Mitsuo Hara; Yasuhiko Hayashi; Fynn Röhricht; Rainer Herges; Yasuteru Shigeta; Ken Onda; R. J. Dwayne Miller
        Journal of the American Chemical Society, 2017年11月08日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Quantum Dots Embedded in Graphene Nanoribbons by Chemical Substitution
        Eduard Carbonell-Sanroma; Pedro Brandimarte; Richard Balog; Martina Corso; Shigeki Kawai; Aran Garcia-Lekue; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi; Ernst Meyer; Daniel Sanchez-Portal; Jose Ignacio Pascual
        NANO LETTERS, 2017年01月, 査読有り
      • Flapping viscosity probe that shows polarity-independent ratiometric fluorescence
        Kotani, R.; Sotome, H.; Okajima, H.; Yokoyama, S.; Nakaike, Y.; Kashiwagi, A.; Mori, C.; Nakada, Y.; Yamaguchi, S.; Osuka, A.; Sakamoto, A.; Miyasaka, H.; Saito, S.
        Journal of Materials Chemistry C, 2017年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • A Soluble Dynamic Complex Strategy for the Solution-Processed Fabrication of Organic Thin-Film Transistors of a Boron-Containing Polycyclic Aromatic Hydrocarbon
        Kyohei Matsuo; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi
        Angewandte Chemie International Edition, 2016年08月, 査読有り
      • A Soluble Dynamic Complex Strategy for the Solution-Processed Fabrication of Organic Thin-Film Transistors of a Boron-Containing Polycyclic Aromatic Hydrocarbon
        Kyohei Matsuo; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi
        Angewandte Chemie, 2016年08月, 査読有り
      • Ultrafast snapshots of the molecules twisting in liquid crystal state
        Masaki Hada; Shohei Saito; Sei'ichi Tanaka; Ryuma Sato; Kyohei Matsuo; Mitsuo Hara; Yasuhiko Hayashi; Kazuhiro Mouri; Masahiko Yoshimura; Yasuteru Shigeta; Shigehiro Yamaguchi; Ken Onda; R.J. Dwayne Miller
        Optics InfoBase Conference Papers, 2016年07月18日, 査読有り
      • A Macrocyclic Fluorophore Dimer with Flexible Linkers: Bright Excimer Emission with a Long Fluorescence Lifetime
        Hiroshi Osaki; Chih-Ming Chou; Masayasu Taki; Kai Welke; Daisuke Yokogawa; Stephan Irle; Yoshikatsu Sato; Tetsuya Higashiyama; Shohei Saito; Aiko Fukazawa; Shigehiro Yamaguchi
        Angewandte Chemie International Edition, 2016年04月, 査読有り
      • A Macrocyclic Fluorophore Dimer with Flexible Linkers: Bright Excimer Emission with a Long Fluorescence Lifetime
        Hiroshi Osaki; Chih-Ming Chou; Masayasu Taki; Kai Welke; Daisuke Yokogawa; Stephan Irle; Yoshikatsu Sato; Tetsuya Higashiyama; Shohei Saito; Aiko Fukazawa; Shigehiro Yamaguchi
        Angewandte Chemie, 2016年04月, 査読有り
      • Boron-doped nanographene: Lewis acidity, redox properties, and battery electrode performance
        Shinichiro Osumi; Shohei Saito; Chuandong Dou; Kyohei Matsuo; Keita Kume; Hirofumi Yoshikawa; Kunio Awaga; Shigehiro Yamaguchi
        Chem. Sci., 2016年, 査読有り, 責任著者
      • A Macrocyclic Fluorophore Dimer with Flexible Linkers: Bright Excimer Emission with a Long Fluorescence Lifetime
        Osaki, H.; Chou, C.-M.; Taki, M.; Welke, K.; Yokogawa, D.; Irle, S.; Sato, Y.; Higashiyama, T.; Saito, S.; Fukazawa, A.; Yamaguchi, S.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2016年, 査読有り
      • Light-melt adhesive based on dynamic carbon frameworks in a columnar liquid-crystal phase
        Saito, S.; Nobusue, S.; Tsuzaka, E.; Yuan, C.; Mori, C.; Hara, M.; Seki, T.; Camacho, C.; Irle, S.; Yamaguchi, S.
        Nature Communications, 2016年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A Soluble Dynamic Complex Strategy for the Solution-Processed Fabrication of Organic Thin-Film Transistors of a Boron-Containing Polycyclic Aromatic Hydrocarbon
        Matsuo, K.; Saito, S.; Yamaguchi, S.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2016年, 査読有り
      • Highly bent crystals formed by restrained π-stacked columns connected via alkylene linkers with variable conformations
        Chou C.-M; Nobusue S; Saito S; Inoue D; Hashizume D; Yamaguchi S
        Chemical Science, 2015年, 査読有り, 責任著者
      • Fluorescent benzene-centered mono-, bis- and tris-triazapentadiene–boron complexes
        Christoph Glotzbach; Nadine Gödeke; Roland Fröhlich; Constantin-Gabriel Daniliuc; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi; Ernst-Ulrich W; thwein
        Dalton Trans., 2015年, 査読有り
      • Fluorescent benzene-centered mono-, bis- and tris-triazapentadiene-boron complexes
        Glotzbach, C.; Gödeke, N.; Fröhlich, R.; Daniliuc, C.-G.; Saito, S.; Yamaguchi, S.; Würthwein, E.-U.
        Dalton Transactions, 2015年, 査読有り
      • Atomically controlled substitutional boron-doping of graphene nanoribbons
        Kawai, S.; Saito, S.; Osumi, S.; Yamaguchi, S.; Foster, A.S.; Spijker, P.; Meyer, E.
        Nature Communications, 2015年, 査読有り
      • A Strap Strategy for Construction of an Excited-State Intramolecular Proton Transfer (ESIPT) System with Dual Fluorescence
        Naoya Suzuki; Aiko Fukazawa; Kazuhiko Nagura; Shohei Saito; Hirotaka Kitoh-Nishioka; Daisuke Yokogawa; Stephan Irle; Shigehiro Yamaguchi
        Angew. Chem., 2014年06月, 査読有り
      • Inside Cover: Hybridization of a Flexible Cyclooctatetraene Core and Rigid Aceneimide Wings for Multiluminescent Flapping π Systems (Chem. Eur. J. 8/2014)
        Chunxue Yuan; Shohei Saito; Cristopher Camacho; Tim Kowalczyk; Stephan Irle; Shigehiro Yamaguchi
        Chem. Eur. J., 2014年02月11日, 査読有り
      • COD ID: 4120128
        Nagura Kazuhiko; Saito Shohei; Yusa Hitoshi; Yamawaki Hiroshi; Fujihisa Hiroshi; Sato Hiroyasu; Shimoikeda Yuichi; Yamaguchi Shigehiro
        Crystallography Open Database, 2014年, 査読有り
      • Photodissociation of B-N Lewis adducts: A partially fused trinaphthylborane with dual fluorescence
        Matsuo, K.; Saito, S.; Yamaguchi, S.
        Journal of the American Chemical Society, 2014年, 査読有り
      • Heterotriangulenes π-expanded at bridging positions
        Chou C.-M; Saito S; Yamaguchi S
        Organic Letters, 2014年, 査読有り
      • A strap strategy for construction of an excited-state intramolecular proton transfer (ESIPT) system with dual fluorescence
        Suzuki, N.; Fukazawa, A.; Nagura, K.; Saito, S.; Kitoh-Nishioka, H.; Yokogawa, D.; Irle, S.; Yamaguchi, S.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2014年, 査読有り
      • Hybridization of a flexible cyclooctatetraene core and rigid aceneimide wings for multiluminescent flapping π systems
        Yuan, C.; Saito, S.; Camacho, C.; Kowalczyk, T.; Irle, S.; Yamaguchi, S.
        Chemistry - A European Journal, 2014年, 査読有り, 責任著者
      • Fluorescent modular boron systems based on NNN- and ONO-tridentate ligands: Self-assembly and cell imaging
        Christoph Glotzbach; Ulrike Kauscher; Jens Voskuhl; N. Seda Kehr; Marc C. A. Stuart; Roland Fröhlich; Hans J. Galla; Bart Jan Ravoo; Kazuhiko Nagura; Shohei Saito; Shigehiro Yamaguchi; Ernst-Ulrich Würthwein
        Journal of Organic Chemistry, 2013年05月03日, 査読有り
      • Thermal 8π electrocyclic reaction of heteroarene tetramers: New efficient access to π-extended cyclooctatetraenes
        Mouri K; Saito S; Hisaki I; Yamaguchi S
        Chemical Science, 2013年, 査読有り
      • Sequential electrophilic and photochemical cyclizations from bis(bithienyl)acetylene to a tetrathienonaphthalene core
        Dou, C.; Saito, S.; Gao, L.; Matsumoto, N.; Karasawa, T.; Zhang, H.; Fukazawa, A.; Yamaguchi, S.
        Organic Letters, 2013年, 査読有り
      • S-Pechmann dye: A thiolactone-containing organic dye with a pronounced electron-accepting character and its solid-state photophysical properties
        Fukazawa, A.; Adachi, M.; Nakakura, K.; Saito, S.; Yamaguchi, S.
        Chemical Communications, 2013年, 査読有り
      • Borylated dibenzoborepin: Synthesis by skeletal rearrangement and photochromism based on bora-Nazarov cyclization
        Iida, A.; Saito, S.; Sasamori, T.; Yamaguchi, S.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2013年, 査読有り
      • A pentacoordinate boron-containing π-electron system with Cl-B-Cl three-center four-electron bonds
        Dou C; Saito S; Yamaguchi S
        Journal of the American Chemical Society, 2013年, 査読有り
      • A π-Conjugated System with Flexibility and Rigidity that Shows Environment-Dependent RGB Luminescence
        C. Yuan; S. Saito; C. Camacho; S. Irle; I. Hisaki; S. Yamaguchi
        J. Am. Chem. Soc., 2013年, 査読有り, 責任著者
      • Distinct responses to mechanical grinding and hydrostatic pressure in luminescent chromism of tetrathiazolylthiophene
        Nagura, K.; Saito, S.; Yusa, H.; Yamawaki, H.; Fujihisa, H.; Sato, H.; Shimoikeda, Y.; Yamaguchi, S.
        Journal of the American Chemical Society, 2013年, 査読有り
      • N-heterocyclic carbene boranes as electron-donating and electron-accepting components of π-conjugated systems
        Nagura K; Saito S; Fr{\"o}hlich R; Glorius F; Yamaguchi S
        Angewandte Chemie - International Edition, 2012年, 査読有り
      • Macrocyclic restriction with flexible alkylene linkers: A simple strategy to control the solid-state properties of π-conjugated systems
        Saito S; Nakakura K; Yamaguchi S
        Angewandte Chemie - International Edition, 2012年, 査読有り
      • Highly flexible π-expanded cyclooctatetraenes: Cyclic thiazole tetramers with head-to-tail connection
        Mouri K; Saito S; Yamaguchi S
        Angewandte Chemie - International Edition, 2012年, 査読有り
      • Facile synthesis of biphenyl-fused BODIPY and its property
        Hayashi, Y.; Obata, N.; Tamaru, M.; Yamaguchi, S.; Matsuo, Y.; Saeki, A.; Seki, S.; Kureishi, Y.; Saito, S.; Yamaguchi, S.; Shinokubo, H.
        Organic Letters, 2012年, 査読有り
      • Polycyclic π-electron system with boron at its center
        Saito, S.; Matsuo, K.; Yamaguchi, S.
        Journal of the American Chemical Society, 2012年, 査読有り
      • A boron-containing PAH as a substructure of boron-doped graphene
        Dou, C.; Saito, S.; Matsuo, K.; Hisaki, I.; Yamaguchi, S.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2012年, 査読有り
      • Solvent- and temperature-dependent conformational changes between hückel antiaromatic and möbius aromatic species in meso-trifluoromethyl substituted [28]hexaphyrins
        Yoon M.-C; Kim P; Yoo H; Shimizu S; Koide T; Tokuji S; Saito S; Osuka A; Kim D
        Journal of Physical Chemistry B, 2011年12月, 査読有り
      • CCDC 807128: Experimental Crystal Structure Determination
        Yoneda T; Saito S; Yorimitsu H; Osuka A
        Cambridge Structural Database, 2011年, 査読有り
      • Solvent-dependent aromatic versus antiaromatic conformational switching in meso-(heptakis)pentafluorophenyl [32]heptaphyrin
        Yoon, M.-C.; Shin, J.-Y.; Lim, J.M.; Saito, S.; Yoneda, T.; Osuka, A.; Kim, D.
        Chemistry - A European Journal, 2011年, 査読有り
      • Palladium(II)-triggered rearrangement of heptaphyrins to N-confused porphyrins
        Yoneda, T.; Saito, S.; Yorimitsu, H.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2011年, 査読有り
      • Expanded porphyrins: Intriguing structures, electronic properties, and reactivities
        Saito, S.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2011年, 査読有り
      • Expanded porphyrins and aromaticity
        Osuka, A.; Saito, S.
        Chemical Communications, 2011年, 査読有り
      • A Möbius aromatic Pd(I10) complex of [28]hexaphyrin(2.1.1.0.1.1)
        Moriya K; Yoneda T; Saito S; Osuka A
        Chemistry Letters, 2011年, 査読有り
      • Fully pi-conjugated helices from oxidative cleavage of meso-aryl-substituted expanded porphyrins
        Shohei Salto; Ko Furukawa; Atsuhiro Osuka
        Journal of the American Chemical Society, 2010年03月03日, 査読有り, 筆頭著者
      • Protonated [4n] and [4n+2]π octaphyrins choose their möbius/hückel aromatic topology
        Lim J.M; Shin J.-Y; Tanaka Y; Saito S; Osuka A; Kim D
        Journal of the American Chemical Society, 2010年, 査読有り
      • Phosphorus complexes of the first expanded isophlorins
        Miura, T.; Higashino, T.; Saito, S.; Osuka, A.
        Chemistry - A European Journal, 2010年, 査読有り
      • Möbius antiaromatic bisphosphorus complexes of [30]hexaphyrins
        Higashino T; Lim J.M; Miura T; Saito S; Shin J.-Y; Kim D; Osuka A
        Angewandte Chemie - International Edition, 2010年, 査読有り
      • Metal complexes of chiral Möbius aromatic [28]hexaphyrin(1.1.1.1.1.1): Enantiomeric separation, absolute stereochemistry, and asymmetric synthesis
        Tanaka T; Sugita T; Tokuji S; Saito S; Osuka A
        Angewandte Chemie - International Edition, 2010年, 査読有り
      • Meso-trifluoromethyl-substituted subporphyrin from ring-splitting reaction of meso-trifluoromethyl-substituted [32]Heptaphyrin(1.1.1.1.1.1.1)
        Sakamoto, R.; Saito, S.; Shimizu, S.; Inokuma, Y.; Aratani, N.; Osuka, A.
        Chemistry Letters, 2010年, 査読有り
      • Boron(III) induced skeletal rearrangement of hexaphyrin(1.1.1.1.1.1) to hexaphyrin(2.1.1.0.1.1)
        Moriya, K.; Saito, S.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2010年, 査読有り
      • Triply N-confused hexaphyrins: Near-infrared luminescent dyes with a triangular shape
        Xie, Y.-S.; Yamaguchi, K.; Toganoh, M.; Uno, H.; Suzuki, M.; Mori, S.; Saito, S.; Osuka, A.; Furuta, H.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2009年, 査読有り
      • Temperature-dependent conformational change of weso- Hexakis(pentafluorophenyl) [28]Hexaphyrins(1.1.1.1.1.1) into mobius structures
        Kim, S.; Yoon, S.; Ricks, B.; Shin, Y.; Mori, S.; Sankar, J.; Saito, S.; Jung, Y.M.; Wasielewski, M.R.; Osuka, A.; Kim, D.
        Journal of Physical Chemistry A, 2009年, 査読有り
      • T-shaped three-coordinate copper(II) heptaphyrin complexes
        Saito, S.; Furukawa, K.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2009年, 査読有り, 筆頭著者
      • Multiple conformational changes of β-tetraphenyl meso- hexakis(pentafluorophenyl) substituted [26] and [28]hexaphyrins(1.1.1.1.1.1)
        Koide T; Youfu K; Saito S; Osuka A
        Chemical Communications, 2009年, 査読有り
      • Facile formation of a benzopyrane-fused [28]hexaphyrin that exhibits distinct Möbius aromaticity
        Tokuji S; Shin J.-Y; Kil S.K; Jong M.L; Youfu K; Saito S; Kim D; Osuka A
        Journal of the American Chemical Society, 2009年, 査読有り
      • INOR 322-Mobius aromaticity of expanded porphyrins
        Jeyaraman Sankar; Yasuo Tanaka; Shigeki Mori; Shohei Saito; Naoki Aratani; Hiroshi Shinokubo; Dongho Kim; Atsuhiro Osuka
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年08月, 査読有り
      • Unambiguous identification of Möbius aromaticity for meso-aryl-substituted [28]hexaphyrins(1.1.1.1.1.1)
        Sankar J; Mori S; Saito S; Rath H; Suzuki M; Inokuma Y; Shinokubo H; Kil S.K; Zin S.Y; Shin J.-Y; Jong M.L; Matsuzaki Y; Matsushita O; Muranaka A; Kobayashi N; Kim D; Osuka A
        Journal of the American Chemical Society, 2008年, 査読有り
      • Synthesis and characterization of meso-aryl-substituted subchlorins
        Tsurumaki, E.; Saito, S.; Kil, S.K.; Jong, M.L.; Inokuma, Y.; Kim, D.; Osuka, A.
        Journal of the American Chemical Society, 2008年, 査読有り
      • Protonation-triggered conformational changes to Möbius aromatic [32]heptaphyrins(1.1.1.1.1.1.1)
        Saito S; Shin J.-Y; Lim J.M; Kim K.S; Kim D; Osuka A
        Angewandte Chemie - International Edition, 2008年, 査読有り, 筆頭著者
      • Metalation of expanded porphyrins: A chemical trigger used to produce molecular twisting and Möbius aromaticity
        Tanaka Y; Saito S; Mori S; Aratani N; Shinokubo H; Shibata N; Higuchi Y; Yoon Z.S; Kim K.S; Noh S.B; Park J.K; Kim D; Osuka A
        Angewandte Chemie - International Edition, 2008年, 査読有り
      • Extrusion of boron(III) subporphyrin from meso-heptakis(pentafluorophenyl) [32]heptaphyrin upon cooperative CuII and BIII metalation
        Saito, S.; Kim, K.S.; Yoon, Z.S.; Kim, D.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2007年, 査読有り, 筆頭著者
      • N-fusion reaction sequence of heptaphyrin(1.1.1.1.1.1.1): Singly, doubly, and quadruply N-fused heptaphyrins
        Saito, S.; Osuka, A.
        Chemistry - A European Journal, 2006年, 査読有り, 筆頭著者
      • Internally 1,4-phenylene-bridged meso aryl-substituted expanded porphyrins: The decaphyrin and octaphyrin cases
        Anand, V.G.; Saito, S.; Shimizu, S.; Osuka, A.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2005年, 査読有り

      MISC

      • パラジウム(II)錯化によるヘプタフィリンのN‐混乱ポルフィリン骨格を有する錯体への転位反応
        米田友貴; 斉藤尚平; 依光英樹; 大須賀篤弘
        基礎有機化学討論会要旨集, 2011年09月07日

      書籍等出版物

      • "Rigid-flexible hybrid design for photofunctional molecules and materials" In Light-Active Functional Organic Materials; Yamada, H.; Yagai, S. Eds.
        齊藤 尚平, 分担執筆, chapter 2
        Pan Stanford Publishing, 2019年02月, 査読無し
      • "Flapping molecules for photofunctional materials" In Molecular Technology: Materials Innovation; Yamamoto, H.; Kato, T. Eds.
        齊藤 尚平, 分担執筆, chapter 2
        Wiley-VCH, 2018年12月, 査読無し
      • "Functional Photoactive Materials Based on Flexible π Molecules" In Photosynergetic Responses in Molecules and Molecular Aggregates; Miyasaka, H.; Matsuda, K.; Abe, J.; Kawai, T. Eds.
        齊藤 尚平, 分担執筆, chapter 20
        Springer Nature

      産業財産権

      • 特許第6444429号, 特願2014-233309, メカノクロミック発光材料、該メカノクロミック発光材料を架橋したメカノクロミック樹脂、メカノクロミック発光材料の製造方法及びメカノクロミック樹脂の製造方法
        藪浩; 齊藤祐太; 齊藤尚平; 山口茂弘; 信末俊平
      • 特許第6284184号, 特開2015ー157769, 特願2014ー032173, π共役化合物、π共役化合物を用いた接着剤、接着剤の使用方法、接合部の剥離方法、及びπ共役化合物の製造方法
        齊藤尚平; 山口茂弘; 小谷真央; 渡辺 淳

      Works(作品等)

      • 芳香族性と骨格柔軟性を鍵とした動的π共役系の機能発現
        自 2012年04月, 至 2015年03月

      受賞

      • 2018年09月05日
        日本液晶学会, 日本液晶学会 論文賞(デバイス・応用分野)
      • 2017年02月24日
        江野科学振興財団, 第28回 田中ゴム科学技術賞
      • 2017年02月03日
        井上科学振興財団, 第9回 井上リサーチアウォード
      • 2016年09月07日
        光化学協会, 第16回 光化学協会奨励賞
      • 2015年04月11日
        丸山記念研究奨励賞 実行委員会, 第6回 丸山記念研究奨励賞
      • 2014年04月15日
        文部科学省, 平成26年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
      • 2014年03月29日
        日本化学会 & 英国王立化学会, 第8回 PCCP Prize
      • 2014年03月03日
        コニカミノルタ, コニカミノルタ画像科学奨励賞
      • 2013年11月28日
        エヌエフ基金, エヌエフ基金 研究開発奨励賞
      • 2013年11月08日
        石田財団, 第2回 名古屋大学石田賞
      • 2011年02月18日
        有機合成化学協会 & 東ソー, 有機合成化学協会 第23回 東ソー研究企画賞
      • 2011年02月04日
        井上科学振興財団 , 第27回 井上研究奨励賞
      • 2015年03月28日
        日本化学会, 日本化学会 第64回 進歩賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 高密度分子集積構造を活用した新しい光電子機能材料の創出
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        齊藤 尚平
        自 2021年09月10日, 至 2023年03月31日, 交付
        高密度;πスタック;超分子;粘弾性;励起状態芳香族性
      • 分子の羽ばたきを鍵とした超低閾値の局所粘度・局所応力イメージング
        基盤研究(B)
        小区分33010:構造有機化学および物理有機化学関連
        京都大学
        齊藤 尚平
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        応力応答材料;蛍光フォースプローブ;圧力センシング;PDMS;蛍光イメージング;粘度;応力;ゲル・高分子;血液
      • 励起状態芳香族性を活用した新しい光機能材料の創出
        基盤研究(B)
        小区分32020:機能物性化学関連
        京都大学
        齊藤 尚平
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        羽ばたく分子;励起状態;芳香族性;蛍光粘度プローブ;一重項分裂;接着;液晶;光剥離;エネルギープロフィール;粘弾性;励起状態芳香族性;Baird則;コンフォメーション変化;粘度;蛍光プローブ;ライトメルト接着材料;羽ばたく分子FLAP;光機能分子;分子接着;光応答分子;シクロオクタテトラエン;オキセピン;フェナジン
      • 柔軟な発光団FLAPの動きを活かした新しい分子生物構造化学の開拓
        特別研究員奨励費
        小区分37020:生物分子化学関連
        京都大学
        自 2018年11月09日, 至 2021年03月31日, 完了
        羽ばたく分子;配位高分子;超分子;一次元錯体;蛍光;グルタチオン;細胞内合成;粘度イメージング;蛍光プローブ;粘度;細胞内有機反応;酸化ストレス;励起状態;芳香族性;蛍光粘度プローブ;羽ばたく発光分子
      • 多分子協調場としてのフレキシブル光応答分子の機能集合システム構築
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        齊藤 尚平
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        FLAP;励起状態;粘度プローブ;羽ばたく発光団;カラムナー液晶;分子動画;接着;光応答材料;蛍光;メカノケミストリー;液晶;光応答分子;光応答液晶;光機能分子;超高速ダイナミクス;励起状態芳香族性;時間分解電子線回折;一重項分裂;π共役系;材料;光応答;分子集合体
      • 機能性可視化剤としての柔軟な発光分子の開発とマテリアルイメージング技術の確立
        若手研究(A)
        京都大学;名古屋大学
        齊藤 尚平
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        コンフォメーション;液晶;蛍光分子;接着;剥離;励起状態;力学応答;FLAP;機能材料;蛍光;イメージング;粘度;応力;一重項分裂;π共役系;可視化;蛍光プローブ;レシオメトリック;エポキシ樹脂;硬化;自由体積;発光;メカノクロミズム;π電子系;動く発光団;励起状態計算;エキシマー;マテリアルイメージング
      • 多分子協調場としてのフレキシブル光応答分子の機能集合システム構築
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学;名古屋大学
        齊藤 尚平
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        光機能材料;カラムナー液晶;アントラセン;接着;光誘起相転移;励起状態;光剥離;光2量化;π電子系;発光;液晶;応力;Light melt adhesive;π共役分子;光二量化;薄膜
      • 芳香族性と骨格柔軟性を鍵とした動的π共役系の機能発現
        若手研究(B)
        名古屋大学
        齊藤 尚平
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        芳香族性;固体物性;π共役系;ホウ素;ナノグラフェン;動くπ共役系;コンフォメーション変化;多重発光特性;可視化技術;構造柔軟性;環境応答性;応力センサー;メカノクロミズム;骨格柔軟性;動的物性;反転障壁;励起状態;πスタッキング;高圧化学
      • 典型元素の特性を活かした動く3次元π電子系の開発
        研究活動スタート支援
        名古屋大学
        齊藤 尚平
        完了
        ホウ素;π電子系;近赤外蛍光;サーモクロミズム;速度論的安定化;デヒドロベンゾ[12]アヌレン;π共役分子;ヘリセン
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学ゼミナールIIIB
          7085, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学ゼミナールIIID
          7087, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学ゼミナールIIIA
          7084, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学実験A
          8634, 前期集中, 理学部, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学演習IIIA
          7188, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          集合有機化学論
          7027, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学演習IIIC
          7190, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学演習IIIB
          7189, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学II
          3614, 前期, 理学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学演習IIID
          7191, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          現代有機化学論
          7030, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学ゼミナールIIIC
          7086, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学課題研究15
          5642, 通年集中, 理学部, 12
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎有機化学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          集合有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎有機化学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          集合有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎有機化学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          集合有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎有機化学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          集合有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学実験A
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学III
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          集合有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学実験A
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学課題研究15
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学III
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学II
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習IIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習IIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習IIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学演習IIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          現代有機化学論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          集合有機化学論
          前期, 理学研究科

        博士学位審査

        • Studies on novel nitrogen-incorporated bowl-shaped molecules (新規含窒素ボウル状分子に関する研究)
          黄瀬 光稀, 理学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Development of Dual Fluorescent Probes by Controlling Photophysical Properties of Flapping Fluorophores (羽ばたく蛍光団の光物性制御による二重蛍光性プローブの創出)
          山角 拓也, 理学研究科, 主査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学研究科環境・安全委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学研究科放射線委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科環境・安全委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科環境・安全委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科環境・安全委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科放射線委員会委員

          ページ上部へ戻る