教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

谷向 仁

タニムカイ ヒトシ

医学研究科 人間健康科学系専攻先端作業療法学講座 准教授

谷向 仁
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学位

    • 博士(医学)(大阪大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ・がん医療における精神医学的問題に関する研究(せん妄、睡眠障害、抑うつ、不安、認知機能障害など)
        ・リエゾン領域における精神医学的問題に関する研究
        ・急性期病院における認知症患者への対応に関する教育プログラム開発研究
        ・心理精神的支援に対するバリア研究 
        など
      • 研究概要

        主にコンサルテーション-リエゾン領域における、心理社会的な問題を対象とした研究を行っている。
        せん妄、不安・抑うつ、睡眠障害の諸問題に加え、身体治療に伴う認知機能障害などを対象としての研究、急性期病院における認知症ケアについて、心理社会的サポートへのアクセス時における心理的バリア、メンタルヘルスの領域の研究も行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 精神神経科学

      論文

      • An alarm on vitamin D therapy for Alzheimer's disease patients: a case with Alzheimer's disease whose symptoms were exacerbated under chronic use of eldecalcitol
        Nakajima-Ohyama KC; Tansho K; Tanimukai H
        Psychogeriatrics, 2021年11月, 査読有り, 最終著者
      • 前立腺癌治療における認知機能マネジメントの重要性
        谷向 仁; 佐藤 威文; 美津島 大; 赤倉功一郎
        泌尿器外科, 2021年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • アンドロゲン受容体阻害薬が認知機能に及ぼす影響─血液脳関門透過性の臨床的意義─
        美津島 大; 赤倉功一郎; 谷向 仁; 佐藤 威文
        泌尿器外科, 2021年08月, 査読有り
      • Usefulness of hangekobokuto (Banxia-houpo-tang) to treat panic disorder in patients with bipolar disorder: A case report
        Kakusho Chigusa; Nakajima-Ohyama KC; Shizusawa Y; Tanimukai H
        Traditional & Kampo Medicine, 2021年08月, 査読有り, 最終著者
      • Perception Gap in Health-Related Quality of Life Between Young Adult Survivors of Childhood Cancer and Their Family
        Morino T; Shinohara Y; Niu Q; Shimoura K; Tabata A; Hanai A; Ogawa M; Kato T; Tanimukai H; Tsuboyama T; Matsuoka M; Adachi S; Aoyama T
        J Adolesc Young Adult Oncol., 2021年03月, 査読有り
      • Low-Dose Trazodone for Delirium in Patients with Cancer Who Received Specialist Palliative Care: A Multicenter Prospective Study.
        Isseki Maeda; Shinichiro Inoue; Keiichi Uemura; Hitoshi Tanimukai; Yutaka Hatano; Naosuke Yokomichi; Koji Amano; Keita Tagami; Kazuhiro Yoshiuchi; Asao Ogawa; Satoru Iwase
        Journal of palliative medicine, 2021年02月11日, 査読有り
      • 周術期における薬剤と転倒予防:せん妄のリスクに配慮した不眠治療の薬剤選択
        大沢恭子; 谷向 仁
        月刊薬事, 2021年02月, 最終著者
      • Factors that influence psychiatric help-seeking behavior in Japanese university students.
        Hiroyoshi Adachi; Asayo Yamamura; Nanako Nakamura-Taira; Hitoshi Tanimukai; Ryohei Fujino; Takashi Kudo; Kei Hirai
        Asian journal of psychiatry, 2020年06月, 査読有り
      • JPOS/JASCC clinical guidelines for delirium in adult cancer patients: a summary of recommendation statements.
        Yoshinobu Matsuda; Hitoshi Tanimukai; Shinichiro Inoue; Shuji Inada; Koji Sugano; Hideaki Hasuo; Masafumi Yoshimura; Saho Wada; Chikako Dotani; Hiroyoshi Adachi; Yoshiaki Okamoto; Mari Takeuchi; Daisuke Fujisawa; Jun Kako; Chiyuki Sasaki; Yasuhiro Kishi; Nobuya Akizuki; Masatoshi Inagaki; Yosuke Uchitomi; Eisuke Matsushima; Toru Okuyama
        Japanese journal of clinical oncology, 2020年05月05日, 査読有り
      • 身体疾患による休職経験者における職場ストレスと関連要因
        小林 清香, 平井 啓, 谷向 仁, 小川 朝生, 原田 恵理, 藤野 遼平, 立石 清一郎, 足立 浩祥
        総合病院精神医学, 2020年, 査読有り
      • Psychologic stress and disease activity in patients with inflammatory bowel disease: A multicenter cross-sectional study.
        Manabu Araki; Shinichiro Shinzaki; Takuya Yamada; Shoko Arimitsu; Masato Komori; Narihiro Shibukawa; Akira Mukai; Sachiko Nakajima; Kazuo Kinoshita; Shinji Kitamura; Yoko Murayama; Hiroyuki Ogawa; Yuichi Yasunaga; Masahide Oshita; Hiroyuki Fukui; Eiji Masuda; Masahiko Tsujii; Shoichiro Kawai; Satoshi Hiyama; Takahiro Inoue; Hitoshi Tanimukai; Hideki Iijima; Tetsuo Takehara
        PloS one, 2020年, 査読有り
      • Psychological Effects of Hands-On Training Using Public Transportation among Inpatients with Physical Disabilities: Analysis of the Self-Efficacy and Perception of Occupational Enablement Using a Multimethod Design.
        Masahiro Ogawa; Yoriko Hayashi; Tatsunori Sawada; Mizuki Kobashi; Hitoshi Tanimukai
        Occupational therapy international, 2020年, 査読有り
      • Assessment of Quality of Activities for Clients with Dementia Analyzed by the Rash Model.
        Ogawa M; Shirai H; Nishida S; Tanimukai H
        American Journal of Occupational Therapy, 2020年, 査読有り
      • メンタルヘルスケアに関する行動特徴とそれに対応する受療促進コンテンツ開発の試み
        平井 啓; 谷向 仁; 中村 菜々子; 山村 麻予; 佐々木 淳; 足立 浩祥
        心理学研究, 2019年04月, 査読有り
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣(第4回) コミュニケーションスタイル
        伊達 泰彦; 嶋田 和貴; 谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2019年03月
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣 第3回 人間関係論
        伊達泰彦; 嶋田和貴; 谷向仁; 恒藤暁
        緩和ケア, 2019年
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣 第6回 ストレスマネジメント
        伊達泰彦; 嶋田和貴; 谷向 仁; 恒藤暁
        緩和ケア, 2019年
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣 第5回 コンフリクト・マネジメント
        嶋田和貴; 伊達泰彦; 谷向仁; 恒藤暁
        緩和ケア, 2019年
      • A Pilot Study of Barriers to Psychiatric Treatment among Japanese Healthcare Workers
        Taniguchi T; Tanimukai H; Hirai K; Tajime K
        Medical Science & Healthcare Practice, 2018年09月, 査読有り, 責任著者
      • 緩和ケアが生存期間に与える効果
        嶋田 和貴; 伊達 泰彦; 木原 歩美; 諏訪 直子; 谷向 仁; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2018年06月, 査読有り
      • Prevalence of cognitive impairments following chemotherapy and its relationship to depression in Japanese breast cancer survivors: an exploratory study.
        Tanimukai H; Matsui T
        2018年03月, 査読有り
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣 第1回 チームビルディングとチームワーク
        谷向仁; 伊達泰彦; 嶋田和貴; 恒藤暁
        緩和ケア, 2018年, 筆頭著者, 責任著者
      • 緩和ケアコンサルテーションの秘訣 第2回 リーダーシップ論
        恒藤暁; 伊達泰彦; 嶋田和貴; 谷向仁
        緩和ケア, 2018年
      • Novel Therapeutic Strategies for Delirium in Patients With Cancer: A Preliminary Study.
        Hitoshi Tanimukai; Hiroshi Tsujimoto; Yoshinobu Matsuda; Akihiro Tokoro; Seitetsu Kanemura; Motoo Watanabe; Ichiro Tsujio; Isseki Maeda; Kiyozumi Takei; Shinichiro Nakajima; Toshihiro Taira; Madoka Tokuyama; Toshihiro Kai; Yoshiaki Okamoto; Sho Goya; Yujiro Kashiwagi
        The American journal of hospice & palliative care, 2016年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • せん妄
        井上真一郎; 谷向 仁; 内富庸介
        月刊Nursing, 2016年
      • せん妄のアドバンスドな知識と実践-緩和ケアのエキスパートに必須のスキル 低活動型せん妄への対応
        谷向仁; 山口崇
        緩和ケア, 2016年, 筆頭著者, 責任著者
      • Fluvoxamine alleviates paclitaxel-induced neurotoxicity.
        Hitoshi Tanimukai; Takashi Kudo
        Biochemistry and biophysics reports, 2015年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • FAST FACT(第5回) 不眠の評価
        谷向 仁
        緩和ケア, 2015年09月, 筆頭著者, 責任著者
      • がん患者に認められる様々な認知機能障害 これまでの知見と今後の課題
        谷向 仁
        精神神経学雑誌, 2015年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Association between depressive symptoms and changes in sleep condition in the grieving process.
        Hitoshi Tanimukai; Hiroyoshi Adachi; Kei Hirai; Tomoko Matsui; Megumi Shimizu; Mitsunori Miyashita; Satoru Tsuneto; Yasuo Shima
        Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer, 2015年07月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • フェンタニル口腔粘膜吸収剤の使用実態調査
        原伸輔; 前田一石; 松田陽一; 大野由美子; 谷向仁; 恒藤暁; 門脇裕子; 竹上学; 三輪芳弘
        Palliative Care Research (Web), 2015年, 査読有り
      • 新入生健診におけるメンタルヘルスチェック尺度の検討-UPI,K6,レジリエンス尺度の比較-
        足立由美; 水田一郎; 工藤喬; 足立浩祥; 谷向仁; 壁下康信; 石金直美; 竹中菜苗; 守山敏樹; 瀧原圭子
        Campus Health, 2015年, 査読有り
      • Sleep problems and psychological distress in family members of patients with hematological malignancies in the Japanese population.
        Tanimukai H; Hirai K; Adachi H; Kishi A
        Annals of hematology, 2014年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Fluvoxamine alleviates ER stress via induction of Sigma-1 receptor
        Omi, T; Tanimukai, H; Kanayama, D; Sakagami, Y; Tagami, S; Okochi, M; Morihara, T; Sato, M; Yanagida, K; Kitasyoji, A
        CELL DEATH & DISEASE, 2014年, 査読有り
      • Can gradual dose titration of ketamine for management of neuropathic pain prevent psychotomimetic effects in patients with advanced cancer?
        Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Yumiko Ohno; Mamiko Tsugane; Etsuko Uejima
        The American journal of hospice & palliative care, 2013年08月, 査読有り
      • Paclitaxel induces neurotoxicity through endoplasmic reticulum stress.
        Hitoshi Tanimukai; Daisuke Kanayama; Tsubasa Omi; Masatoshi Takeda; Takashi Kudo
        Biochemical and biophysical research communications, 2013年07月19日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • がん疼痛症候群患者のオピオイドに関する異常薬物関連行動
        松田 陽一; 鈴木 史子; 恒藤 暁; 前田 一石; 谷向 仁; 大野 由美子; 原 伸輔; 船奥 あゆみ; 楠 寿子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月, 査読有り
      • An observational study of insomnia and nightmare treated with trazodone in patients with advanced cancer.
        Hitoshi Tanimukai; Tasuku Murai; Namiko Okazaki; Yoichi Matsuda; Yoshiaki Okamoto; Yasunobu Kabeshita; Yumiko Ohno; Satoru Tsuneto
        The American journal of hospice & palliative care, 2013年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The AKT1 gene is associated with attention and brain morphology in schizophrenia.
        Kazutaka Ohi; Ryota Hashimoto; Yuka Yasuda; Motoyuki Fukumoto; Kiyotaka Nemoto; Takashi Ohnishi; Hidenaga Yamamori; Hidetoshi Takahashi; Naomi Iike; Kouzin Kamino; Tetsuhiko Yoshida; Michiyo Azechi; Koji Ikezawa; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Masao Iwase; Hiroaki Kazui; Masatoshi Takeda
        The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry, 2013年03月, 査読有り
      • Involvement of endoplasmic reticulum stress in tauopathy.
        Yukako Sakagami; Takashi Kudo; Hitoshi Tanimukai; Daisuke Kanayama; Tsubasa Omi; Kikumi Horiguchi; Masayasu Okochi; Kazunori Imaizumi; Masatoshi Takeda
        Biochemical and biophysical research communications, 2013年01月11日, 査読有り
      • 大規模災害の後遺障害に対する統合医療的アプローチ
        林紀行; 前田和久; 八木絵香; 平井啓; 谷向仁; 谷向仁; 伊藤和憲; 川口裕子; 渡辺眞実; 福田文彦; 石崎直人; 上島悦子; 阪上未紀; 松本めぐみ; 足立由香; 谷口敏淳; 宇留島隼人; 坂本淑子; 岩田昌美; 伊藤壽記
        日本統合医療学会誌, 2013年, 査読有り
      • A retrospective chart review of terminal patients with cancer with agitation and their risk factors.
        Mie Nagase; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Nao Okishiro; Yumiko Oono; Mamiko Tsugane; Tatsuya Takagi; Etsuko Uejima
        Journal of palliative medicine, 2012年11月, 査読有り
      • Comparison and analysis of delirium induced by histamine h(2) receptor antagonists and proton pump inhibitors in cancer patients.
        Shiro Fujii; Hitoshi Tanimukai; Yujiro Kashiwagi
        Case reports in oncology, 2012年05月, 査読有り, 責任著者
      • Sigma-1Rs are upregulated via PERK/eIF2α/ATF4 pathway and execute protective function in ER stress.
        Mitsuda T; Omi T; Tanimukai H; Sakagami Y; Tagami S; Okochi M; Kudo T; Takeda M
        Biochemical and biophysical research communications, 2011年11月25日, 査読有り
      • Can milnacipran used for neuropathic pain in patients with advanced cancer cause neuromuscular and somatosensory disorders?
        Sari Nakagawa; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Hitoshi Tanimukai; Sho Goya; Yoichi Matsuda; Yumiko Oono; Mamiko Tsugane; Etsuko Uejima
        Journal of palliative medicine, 2011年04月, 査読有り
      • The impact of a genome-wide supported psychosis variant in the ZNF804A gene on memory function in schizophrenia.
        Ryota Hashimoto; Kazutaka Ohi; Yuka Yasuda; Motoyuki Fukumoto; Masao Iwase; Naomi Iike; Michiyo Azechi; Koji Ikezawa; Masahiko Takaya; Hidetoshi Takahashi; Hidenaga Yamamori; Tomo Okochi; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Hiroaki Kazui; Nakao Iwata; Masatoshi Takeda
        American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics : the official publication of the International Society of Psychiatric Genetics, 2010年12月05日, 査読有り
      • Can "steroid switching" improve steroid-induced musical hallucinations in a patient with terminal cancer?
        Seitetsu Kanemura; Hitoshi Tanimukai; Satoru Tsuneto
        Journal of palliative medicine, 2010年12月, 査読有り
      • The production ratios of AICDε51 and Aβ42 by intramembrane proteolysis of βAPP do not always change in parallel.
        Mori K; Okochi M; Tagami S; Nakayama T; Yanagida K; Kodama TS; Tatsumi S; Fujii K; Tanimukai H; Hashimoto R; Morihara T; Tanaka T; Kudo T; Funamoto S; Ihara Y; Takeda M
        Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society, 2010年09月, 査読有り
      • Can anti-infective drugs improve the infection-related symptoms of patients with cancer during the terminal stages of their lives?
        Sari Nakagawa; Yoshie Toya; Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Sho Goya; Hitoshi Tanimukai; Yoichi Matsuda; Yumiko Ohno; Hiroshi Eto; Mamiko Tsugane; Tatsuya Takagi; Etsuko Uejima
        Journal of palliative medicine, 2010年05月, 査読有り
      • The chitinase 3-like 1 gene and schizophrenia: evidence from a multi-center case-control study and meta-analysis.
        Kazutaka Ohi; Ryota Hashimoto; Yuka Yasuda; Tetsuhiko Yoshida; Hidetoshi Takahashi; Naomi Iike; Masao Iwase; Kouzin Kamino; Ryouhei Ishii; Hiroaki Kazui; Motoyuki Fukumoto; Hironori Takamura; Hidenaga Yamamori; Michiyo Azechi; Koji Ikezawa; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Kazuo Yamada; Shusuke Numata; Masashi Ikeda; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Shu-Ichi Ueno; Takeo Yoshikawa; Tetsuro Ohmori; Nakao Iwata; Norio Ozaki; Masatoshi Takeda
        Schizophrenia research, 2010年02月, 査読有り
      • KIBRA genetic polymorphism influences episodic memory in Alzheimer's disease, but does not show association with disease in a Japanese cohort.
        Noriyuki Hayashi; Hiroaki Kazui; Kouzin Kamino; Hiromasa Tokunaga; Masahiko Takaya; Mikiko Yokokoji; Ryo Kimura; Yumiko Kito; Tamiki Wada; Keiko Nomura; Hiromichi Sugiyama; Daisuke Yamamoto; Tetsuhiko Yoshida; Antonio Currais; Salvador Soriano; Toshimitsu Hamasaki; Mitsuko Yamamoto; Yuka Yasuda; Ryota Hashimoto; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Masayasu Okochi; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Takashi Morihara; Masatoshi Takeda
        Dementia and geriatric cognitive disorders, 2010年, 査読有り
      • Reduced O-GlcNAcylation links lower brain glucose metabolism and tau pathology in Alzheimer's disease.
        Fei Liu; Jianhua Shi; Hitoshi Tanimukai; Jinhua Gu; Jianlan Gu; Inge Grundke-Iqbal; Khalid Iqbal; Cheng-Xin Gong
        Brain : a journal of neurology, 2009年07月, 査読有り
      • Novel therapeutic strategies for neurodegenerative disease.
        Hitoshi Tanimukai; Takashi Kudo; Toshihisa Tanaka; Inge Grundke-Iqbal; Khalid Iqbal; Masatoshi Takeda
        Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society, 2009年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Can "steroid switching" improve steroid-induced psychosis in a patient with advanced cancer?
        Nao Okishiro; Hitoshi Tanimukai; Satoru Tsuneto; Noriyuki Ito
        Journal of palliative medicine, 2009年05月, 査読有り
      • Association study of the G72 gene with schizophrenia in a Japanese population: a multicenter study.
        Kazutaka Ohi; Ryota Hashimoto; Yuka Yasuda; Tetsuhiko Yoshida; Hidetoshi Takahashi; Naomi Iike; Motoyuki Fukumoto; Hironori Takamura; Masao Iwase; Kouzin Kamino; Ryouhei Ishii; Hiroaki Kazui; Ryuji Sekiyama; Yuri Kitamura; Michiyo Azechi; Koji Ikezawa; Ryu Kurimoto; Eiichiro Kamagata; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayuki Ogasawara; Masayasu Okochi; Hiromasa Tokunaga; Shusuke Numata; Masashi Ikeda; Tohru Ohnuma; Shu-Ichi Ueno; Tomoko Fukunaga; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Heii Arai; Tetsuro Ohmori; Nakao Iwata; Norio Ozaki; Masatoshi Takeda
        Schizophrenia research, 2009年04月, 査読有り
      • Decrease of dynamin 2 levels in late-onset Alzheimer's disease alters Abeta metabolism.
        Eiichiro Kamagata; Takashi Kudo; Ryo Kimura; Hitoshi Tanimukai; Takashi Morihara; Md Golam Sadik; Kouzin Kamino; Masatoshi Takeda
        Biochemical and biophysical research communications, 2009年02月13日, 査読有り
      • A clinical survey of gabapentin for cancer pain management in a university hospital.
        Eto H; Okamoto Y; Tsuneto S; Goya S; Matsuda Y; Tanimukai H; Ohno Y; Tpya Y; Yasuda S; Uejima E
        Jpn J Pharm Palliat Care Sci, 2009年, 査読有り
      • Impaired prepulse inhibition and habituation of acoustic startle response in Japanese patients with schizophrenia.
        Hidetoshi Takahashi; Masao Iwase; Ryouhei Ishii; Kazutaka Ohi; Motoyuki Fukumoto; Michiyo Azechi; Koji Ikezawa; Ryu Kurimoto; Leonides Canuet; Takayuki Nakahachi; Naomi Iike; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Toshihisa Tanaka; Hiroaki Kazui; Tetsuhiko Yoshida; Hitoshi Tanimukai; Yuka Yasuda; Takashi Kudo; Ryota Hashimoto; Masatoshi Takeda
        Neuroscience research, 2008年11月, 査読有り
      • 大阪大学医学部附属病院における緩和ケアチームの活動について
        谷向 仁; 合屋 将; 松田 陽一; 松村 陽子; 岡本 禎晃; 大野 由美子; 工藤 喬; 恒藤 暁; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2008年05月, 査読有り
      • Failure of neuronal maturation in Alzheimer disease dentate gyrus.
        Bin Li; Hidenaga Yamamori; Yoshitaka Tatebayashi; Bridget Shafit-Zagardo; Hitoshi Tanimukai; She Chen; Khalid Iqbal; Inge Grundke-Iqbal
        Journal of neuropathology and experimental neurology, 2008年01月, 査読有り
      • A retrospective chart review of the antiemetic effectiveness of risperidone in refractory opioid-induced nausea and vomiting in advanced cancer patients.
        Yoshiaki Okamoto; Satoru Tsuneto; Yoichi Matsuda; Takaya Inoue; Hitoshi Tanimukai; Keiko Tazumi; Yumiko Ono; Nobuo Kurokawa; Etsuko Uejima
        Journal of pain and symptom management, 2007年08月, 査読有り
      • 困難な症例から学ぶ 精神疾患の並存が全く気づかれず、入院直後に精神運動興奮を呈し、当科に共観依頼があった統合失調症の症例
        谷向 仁; 高橋 秀俊; 数井 裕光; 武田 雅俊; 林 直樹
        Schizophrenia Frontier, 2007年03月, 査読有り
      • Altered localization of amyloid precursor protein under endoplasmic reticulum stress.
        Takashi Kudo; Masayo Okumura; Kazunori Imaizumi; Wataru Araki; Takashi Morihara; Hitoshi Tanimukai; Eiichiro Kamagata; Nobuhiko Tabuchi; Ryo Kimura; Daisuke Kanayama; Akio Fukumori; Shinji Tagami; Masayasu Okochi; Mikiko Kubo; Hisashi Tanii; Masaya Tohyama; Takeshi Tabira; Masatoshi Takeda
        Biochemical and biophysical research communications, 2006年06月02日, 査読有り
      • Up-regulation of inhibitors of protein phosphatase-2A in Alzheimer's disease.
        Hitoshi Tanimukai; Inge Grundke-Iqbal; Khalid Iqbal
        The American journal of pathology, 2005年06月, 査読有り
      • Tau pathology in Alzheimer disease and other tauopathies.
        Khalid Iqbal; Alejandra del C Alonso; She Chen; M Omar Chohan; Ezzat El-Akkad; Cheng-Xin Gong; Sabiha Khatoon; Bin Li; Fei Liu; Abdur Rahman; Hitoshi Tanimukai; Inge Grundke-Iqbal
        Biochimica et biophysica acta, 2005年01月03日, 査読有り
      • Elevation of the level and activity of acid ceramidase in Alzheimer's disease brain.
        Yu Huang; Hitoshi Tanimukai; Fei Liu; Khalid Iqbal; Inge Grundke-Iqbal; Cheng-Xin Gong
        The European journal of neuroscience, 2004年12月, 査読有り
      • Inhibitors of protein phosphatase-2A: topography and subcellular localization.
        Hitoshi Tanimukai; Inge Grundke-Iqbal; Khalid Iqbal
        Brain research. Molecular brain research, 2004年07月26日, 査読有り
      • Pivotal role of neurofibrillary degeneration in Alzheimer disease and therapeutic targets
        K Iqbal; ADC Alonso; E El-Akkad; CX Gong; N Haque; S Khatoon; H Tanimukai; K Tsujio; Grundke-Iqbal, I
        Molecular Neurobiology of Alzheimer Disease and Related Disorders, 2004年, 査読有り
      • Alzheimer neurofibrillary degeneration: therapeutic targets and high-throughput assays.
        Khalid Iqbal; Alejandra del C Alonso; Ezzat El-Akkad; Cheng-Xin Gong; Niloufar Haque; Sabiha Khatoon; Jin-Jing Pei; Hitoshi Tanimukai; Ichiro Tsujio; Jian-Zhi Wang; Inge Grundke-Iqba
        Journal of molecular neuroscience : MN, 2003年, 査読有り
      • Tau protein is a potential biological marker for normal pressure hydrocephalus
        Kudo, T; Mima, T; Hashimoto R; Morihara T; Tanimukai H; Tujio I; Nakamura Y; Mori K; Takeda M
        Psychiatry Clin Neurosci, 2000年04月, 査読有り
      • Are cerebrovascular factors involved in Alzheimer's disease?
        T Kudo; K Imaizumi; H Tanimukai; T Katayama; N Sato; Y Nakamura; T Tanaka; Y Kashiwagi; Y Jinno; M Tohyama; M Takeda
        NEUROBIOLOGY OF AGING, 2000年03月, 査読有り
      • Mechanism of neurodegeneration in the brain of presenilin-1 knock-in mice
        M Takeda; T Kudo; Y Nakano; H Tanimukai; J Takeda; T Tanaka; Y Nakamura; Y Kashiwagi; K Shinosaki; T Nishikawa
        FRONTIERS OF THE MECHANISMS OF MEMORY AND DEMENTIA, 2000年, 査読有り
      • Regional distribution of presenilin-1 messenger RNA in the embryonic rat brain : comparison with β-amyloid precursor protein messenger RNA localization.
        TANIMUKAI H; SATO K; KUDO T; KASHIWAGI Y; TOHYAMA M; TAKEDA M
        90/1,27-39, 1999年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • Quantitative analysis of neurofilament proteins in Alzheimer brain by enzyme linked immunosorbent assay system
        Hashimoto R; Nakamura Y; Tujio I; Tanimukai H; Kudo T; Takeda M
        Psychiatry Clin Neurosci, 1999年10月, 査読有り
      • Presenilin-2 mutation and polymorphism In Japanese Alzheimer disease patients
        Tanimukai H; Tujio I; Hashimoto R; Kudo T; Kamino K; Shinozaki K; Takeda M
        Clinica Chimica Acta, 1999年05月, 査読有り
      • Alzheimer-associated presenilin 1 gene is inuced in gerbil hippocampus after transient ischemia
        TANIMUKAI H; IMAIZUMI K; KUDO T; KATAYAMA T; TSUDA M; TAKAGI T; TOHYAMA M; TAKEDA M
        54/,212-218, 1998年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • Presenilin-1 mRNA and beta-amyloid precursor protein mRNA are expressed in the developing rat olfactory and vestibulocochlear systems
        M Utsumi; K Sato; H Tanimukai; T Kudo; M Nishimura; M Takeda; M Tohyama
        ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 1998年07月, 査読有り

      MISC

      • Mental Health Affects the Disease Course in IBD: A Multi-Center Observational Study by the Osaka Gut Forum
        Manabu Araki; Shinichiro Shinzaki; Hideki Iijima; Satoshi Hiyama; Takuya Yamada; Shoko Arimitsu; Masato Komori; Narihiro Shibukawa; Akira Mukai; Sachiko Nakajima; Kazuo Kinoshita; Takuya Miyagi; Shinji Kitamura; Yoko Murayama; Hiroyuki Ogawa; Yuichi Yasunaga; Masahide Oshita; Eiji Masuda; Hitoshi Tanimukai; Masahiko Tsujii; Tetsuo Takehara
        GASTROENTEROLOGY, 2016年04月
      • せん妄の定義・3因子を知る
        谷向 仁
        薬局, 2022年02月, 筆頭著者
      • [不眠にベルソムラがよい」は本当か?
        谷向仁
        緩和ケア, 2022年01月, 筆頭著者
      • がん治療におけるせん妄への対応
        菅野 康二; 長谷川 貴昭; 稲田修士; 原島 沙季; 松田 能宣; 谷向 仁
        癌と化学療法, 2022年01月, 最終著者
      • 緩和ケア・エンドオブライフケアにおける最新のせん妄対策
        貞廣良一; 平山貴敏; 和田佐保; 北浦祐一; 谷向 仁
        精神科治療学, 2021年12月, 最終著者
      • 癌患者の終末期せん妄の特徴とは
        竹内麻理; 角甲純; 菅野雄介; 堂谷知香子; 谷向 仁
        エンド・オブ・ライフケア, 2021年10月, 最終著者
      • 在宅療養への移行にも関わらず在宅看取りに至らなかった症例の要因に関する研究(J-HOPE4付帯研究No.34)
        西本 武史; 島田 瑠奈; 谷向 仁; 高橋 哲也
        Palliative Care Research, 2021年06月
      • 怒り・衝動行為とその対応
        谷向仁
        臨床精神医学, 2020年12月, 筆頭著者
      • ガバペンチンの抗せん妄効果についての後ろ向き観察研究
        大山 覚照; 滝本 佳予; 沈沢 欣恵; 谷向 仁
        総合病院精神医学, 2020年11月
      • 総合病院における認知症対応 急性期病院における認知症診療の課題 実態調査から見えてきたこと
        谷向 仁; 小川 朝生
        精神神経学雑誌, 2020年09月
      • 小児がん医療における退院前多職種連携の実態調査
        小橋 美月; 松岡 真里; 足立 壯一; 滝田 順子; 小川 真寛; 谷向 仁
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 日本サイコオンコロジー学会/日本サポーティブケア学会がん患者のせん妄ガイドライン第二版策定状況について
        貞廣 良一; 谷向 仁; 井上 真一郎; 松田 能宣; 稲田 修士; 岡本 禎晃; 角甲 純; 菅野 雄介; 岸 泰宏; 北浦 祐一; 菅野 康二; 竹内 麻理; 堂谷 知香子; 長谷川 貴昭; 原島 沙季; 平山 貴敏; 藤澤 大介; 吉村 匡史; 和田 佐保; 奥山 徹
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 治療と職業生活の両立支援における高ストレス状態の測定ツールとしての脳疲労尺度の開発
        平井 啓; 足立 浩祥; 村中 直人; 小林 清香; 小川 朝生; 谷向 仁; 谷口 敏淳; 山村 麻予; 原田 恵理; 藤野 遼平; 堀井 健司; 桜井 なおみ; 立石 清一郎
        Palliative Care Research, 2020年08月
      • 【研究の観点からみた症例報告】せん妄の臨床研究からみた症例報告
        井上 真一郎; 谷向 仁; 松田 能宣; 足立 浩祥; 稲田 修士; 岡本 禎晃; 菅野 康二; 堂谷 知香子; 蓮尾 英明; 吉村 匡史; 和田 佐保; 稲垣 正俊; 奥山 徹
        精神科, 2020年08月
      • メンタルヘルス受診意思決定モデルの行動経済学的検討
        平井 啓; 山村 麻予; 藤野 遼平; 中村 菜々子; 本岡 寛子; 足立 浩祥; 谷口 敏淳; 谷向 仁
        日本心理学会大会発表論文集, 2020年08月
      • コンサルテーション・リエゾン精神医学
        村井 俊哉; 井上 真一郎; 倉田 明子; 谷向 仁
        精神科臨床Legato, 2020年03月
      • 高齢者身体疾患患者に認められる認知機能障害の把握のためのアセスメントツールの開発
        小川真寛; 谷向仁; 小橋美月; 内海絢女
        大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集, 2020年
      • 人工知能を活用した行動・心理症状の予防と早期発見,適切な対応方法を提案する認知症対応支援システムの開発と導入プログラムに関する研究 認知症ケアチーム・病棟看護師に対するAI支援システムの開発
        上村恵一; 谷向仁; 井上真一郎; 榎戸正則
        人工知能を活用した行動・心理症状の予防と早期発見、適切な対応方法を提案する認知症対応支援システムの開発と導入プログラムに関する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web), 2020年
      • メンタルヘルス不調状態への受診勧奨メッセージの違いが受診意図に及ぼす影響~不調理由の説明とフレーミングの組み合わせの観点から~
        中村菜々子; 山村麻予; 山村麻予; 藤野遼平; 平井啓; 足立浩祥; 本岡寛子; 谷口敏淳; 谷向仁
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 脳疲労尺度におけるプレゼンティズムと高ストレス状態の関連について~妥当性と利用方法の検討~
        平井啓; 足立浩祥; 立石清一郎; 谷向仁; 小林清香; 山村麻予; 原田恵理; 藤野遼平; 金子茉央
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究 高齢者がん患者のサイコオンコロジー
        内富庸介; 奥山徹; 稲垣正俊; 貞廣良一; 谷向仁; 井上真一郎; 松田能宣; 秋月伸哉; 稲田修士; 岡本禎晃; 角甲純; 菅野雄介; 岸泰宏; 北浦祐一; 菅野康二; 竹内麻理; 堂谷知香子; 長谷川貴昭; 原島沙季; 原島沙季; 平山貴敏; 藤澤大介; 吉村匡史; 和田佐保
        高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書(Web), 2020年
      • 精神科臨床における意識障害-せん妄ともうろう状態を中心に-意識障害と注意障害
        武田朱公; 谷向仁
        臨床精神医学, 2020年
      • 視線計測装置を用いた評価が症状理解に有用であったBalint症候群を呈した脳腫瘍患者一例の介入経験
        田畑阿美; 谷向仁; 上田敬太; 山脇理恵; 村井俊哉
        高次脳機能研究, 2020年
      • 脳器質的要因を背景とした怒り~認知症,せん妄,脳転移を中心に~
        谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 小児がん医療における退院前多職種連携の実態調査
        小橋美月; 松岡真里; 足立壯一; 足立壯一; 足立壯一; 滝田順子; 滝田順子; 滝田順子; 小川真寛; 谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 日本サイコオンコロジー学会/日本サポーティブケア学会がん患者のせん妄ガイドライン第二版策定状況について
        貞廣良一; 谷向仁; 井上真一郎; 松田能宣; 稲田修士; 岡本禎晃; 角甲純; 菅野雄介; 岸泰宏; 北浦祐一; 菅野康二; 竹内麻理; 堂谷知香子; 長谷川貴昭; 原島沙季; 平山貴敏; 藤澤大介; 吉村匡史; 和田佐保; 奥山徹
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2020年
      • 治療と職業生活の両立支援における高ストレス状態の測定ツールとしての脳疲労尺度の開発
        平井啓; 足立浩祥; 村中直人; 小林清香; 小川朝生; 谷向仁; 谷口敏淳; 山村麻予; 原田恵理; 藤野遼平; 堀井健司; 桜井なおみ; 立石清一郎
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2020年
      • リエゾンにおける意思決定支援について考える がん医療における意思決定支援 緩和ケアチームにおける精神科医の立場から
        谷向 仁
        総合病院精神医学, 2019年11月
      • 身体疾患治療からの復職後に生じる職場不適応に関する研究
        小林 清香; 平井 啓; 谷向 仁; 小川 朝生; 原田 恵理; 藤野 遼平; 立石 清一郎; 足立 浩祥
        総合病院精神医学, 2019年11月
      • 化学療法の難治性悪心に対しオランザピンからミルタザピンへ変更し改善した症例
        大山 覚照; 田村 孝雄; 沈沢 欣恵; 滝本 佳予; 中島 陽; 谷向 仁
        総合病院精神医学, 2019年11月
      • 一般病院における看護師を対象とした認知症教育プログラムの効果検証
        榎戸 正則; 谷向 仁; 井上 真一郎; 上村 恵一; 植田 真司; 田中 久美; 木野 美和子; 東谷 敬介; 小川 朝生
        総合病院精神医学, 2019年11月
      • 高齢COPD患者と健常高齢者における認知機能の特性の比較
        内海 絢女; 小川 真寛; 佐藤 晋; 濱川 瑶子; 谷向 仁
        日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2019年10月
      • 急性期一般病院における認知症教育プログラムの効果検討
        小川 朝生; 井上 真一郎; 谷向 仁; 上村 恵一; 榎戸 正則; 平井 啓; 田中 久美; 木野 美和子; 東谷 敬介
        Dementia Japan, 2019年10月
      • FAST FACT(第29回) 化学療法に伴う認知機能障害ケモブレインとは
        谷向 仁
        緩和ケア, 2019年09月
      • 大学生における認知症に対する態度と知識量および交流経験との関連性 構造方程式モデリングを用いた分析
        小橋 美月; 小川 真寛; 谷向 仁
        日本作業療法学会抄録集, 2019年09月
      • がんに伴う認知機能障害のリハビリテーション職種への認知度調査
        馬場 千夏; 小川 真寛; 小橋 美月; 谷向 仁
        日本作業療法学会抄録集, 2019年09月
      • 【緩和ケアで知っておきたい抗精神病薬と精神疾患】精神疾患の知識 認知症
        谷向 仁
        緩和ケア, 2019年07月
      • 高齢者の運転及び免許更新制度に関する高齢世代の認識について 中年世代、若年世代における認識との比較検討
        谷向 仁; 小川 真寛; 城村 海斗
        老年精神医学雑誌, 2019年06月
      • 鎮痛剤が無効な難治性疼痛への対応(表現としての痛みにどう向き合うか) チーム医療における難治性疼痛へのアプローチ 精神科医の思考過程とその役割
        谷向 仁
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • せん妄の最新事情〜日本発のエビデンス〜 「がん患者におけるせん妄ガイドライン」の刊行と今後の方向性
        谷向 仁
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • がん医療における認知機能障害について 「がん治療中にみられる様々な症状に関する医療者への調査」より
        谷向 仁; 井沢 知子; 市原 香織; 小椋 奈津子; 古谷 和紀; 小川 真寛; 馬場 千夏; 小橋 美月; 華井 明子; 内海 絢女
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • がん医療における認知機能障害に関する患者、家族向けのリーフレットの作成
        谷向 仁; 井沢 知子; 市原 香織; 小椋 奈津子; 小川 真寛; 馬場 千夏; 小橋 美月; 華井 明子; 内海 絢女
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ1)がん患者のせん妄には、どのような評価方法があるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        稲田 修士; 菅野 康二; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ2)がん患のせん妄には、どのような原因(身体的原因・薬剤原因)があるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        菅野 康二; 稲田 修士; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ3)せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的として抗精神病薬を投与することは推奨されるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        蓮尾 英明; 吉村 匡史; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ4)せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてヒドロキシジンを単独で投与することは推奨されるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        和田 佐保; 堂谷 知香子; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてベンゾジアピン系薬を単独で投与することは推奨されるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        足立 浩祥; 岡本 禎晃; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ6)せん妄を有するオピオイド投与中のがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的としてオピオイドを変更することは推奨されるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        岡本 禎晃; 足立 浩祥; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ7)せん妄を有するがん患者に対して、せん妄症状の軽減を目的として推奨される非薬物療法にはどのようなものがあるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        堂谷 知香子; 和田 佐保; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ8)がん患者の終末期のせん妄に対して、せん妄症状の軽減を目的として推奨されるアプローチにはどのようなものがあるか? JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        竹内 麻理; 藤澤 大介; 角甲 純; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • (CQ9)せん妄を有するがん患者に対して、家族が望むケアにはどのようなものがあるか JPOS/JASCCせん妄ガイドライン
        角甲 純; 藤澤 大介; 竹内 麻理; 谷向 仁; 松田 能宣; 井上 真一郎; 奥山 徹; 稲垣 正俊; 内富 庸介
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • せん妄治療薬の効果予測に関する検討
        谷向 仁; 嶋田 和貴
        Palliative Care Research, 2019年06月
      • 認知症を併存するがん患者への対応
        谷向 仁
        日本医学会総会会誌, 2019年04月
      • パーキンソン病患者のせん妄治療におけるガバペンチンの有効性と安全性について
        大山 覚照; 岡田 章; 早野 絵梨; 滝本 佳予; 岩本 千晶; 沈沢 欣恵; 谷向 仁
        総合病院精神医学, 2019年04月, 査読有り, 最終著者
      • 【いまはこうする!急性期・一般病院の認知症対応】[向精神薬使用の適切な判断] 認知症に対する抗精神病薬使用の適切な判断
        谷向 仁
        薬事, 2019年02月
      • 高齢COPD患者と健常高齢者における認知機能の特性の比較
        内海絢女; 小川真寛; 佐藤晋; 濱川瑶子; 谷向仁
        日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌(Web), 2019年
      • 高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究 高齢者がん患者のサイコオンコロジー
        内富庸介; 奥山徹; 稲垣正俊; 松島英介; 谷向仁; 井上真一郎; 松田能宣; 秋月伸哉; 足立浩祥; 稲田修士; 岡本禎晃; 角甲純; 岸泰宏; 佐々木千幸; 菅野康二; 竹内麻理; 堂谷知香子; 蓮尾英明; 蓮尾英明; 藤澤大介; 藤澤大介; 吉村匡史; 和田佐保
        高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究 平成30年度 総括・分担研究報告書(Web), 2019年
      • がん医療における認知機能障害~「治療中にみられるがん患者の様々な症状に関する医療者への調査」と我々の取り組み~
        谷向仁
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2019年
      • 両立支援において復職後のパフォーマンスに影響を与える要因について~抑うつ状態並びに脳疲労状態の観点から~
        平井啓; 足立浩祥; 原田恵理; 藤野遼平; 小林清香; 谷向仁; 立石精一郎
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2019年
      • がん患者の精神症状,認知機能障害に対する医療者の診療について~職種別特徴の検討~
        谷向仁; 小川真寛; 小川真寛; 小橋美月; 小橋美月; 内海絢女; 馬場千夏; 馬場千夏; 井沢知子; 井沢知子; 石橋直哉; 小椋奈津子; 西川徹; 濱田涼太; 古谷和紀; 古谷和紀; 梁楠; 梁楠; 吉田路子
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2019年
      • 医療現場での怒り-どのように評価しどのように対応するべきか 認知症の怒りに対処する
        谷向仁
        精神医学, 2019年
      • CQ1 がん患者のせん妄には,どのような評価方法があるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        稲田修士; 菅野康二; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ2 がん患者のせん妄には,どのような原因(身体的原因・薬剤原因)があるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        菅野康二; 稲田修士; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ3 せん妄を有するがん患者に対して,せん妄症状の軽減を目的として抗精神病薬を投与することは推奨されるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        蓮尾英明; 吉村匡史; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ4 せん妄を有するがん患者に対して,せん妄症状の軽減を目的としてヒドロキシジンを単独で投与することは推奨されるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        和田佐保; 堂谷知香子; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ5 せん妄を有するがん患者に対して,せん妄症状の軽減を目的としてベンゾジアピン系薬を単独で投与することは推奨されるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        足立浩祥; 岡本禎晃; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ6 せん妄を有するオピオイド投与中のがん患者に対して,せん妄症状の軽減を目的としてオピオイドを変更することは推奨されるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        岡本禎晃; 足立浩祥; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ7 せん妄を有するがん患者に対して,せん妄症状の軽減を目的として推奨される非薬物療法にはどのようなものがあるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        堂谷知香子; 和田佐保; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ8 がん患者の終末期のせん妄に対して,せん妄症状の軽減を目的として推奨されるアプローチにはどのようなものがあるか?-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        竹内麻理; 藤澤大介; 角甲純; 角甲純; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • CQ9 せん妄を有するがん患者に対して,家族が望むケアにはどのようなものがあるか-JPOS/JASCCせん妄ガイドライン-
        角甲純; 藤澤大介; 竹内麻理; 谷向仁; 谷向仁; 松田能宣; 井上真一郎; 奥山徹; 稲垣正俊; 内富庸介
        総合病院精神医学, 2019年
      • 高齢者の転倒防止を念頭に置いた睡眠薬ラメルテオンとスボレキサントの使用法は?【入眠の4〜5時間前に同時服用してもらう】
        谷向 仁; 谷口 充孝
        日本医事新報, 2018年12月
      • ガバペンチンの導入によりベンゾジアゼピン系薬物依存から円滑に離脱できた1症例
        大山 覚照; 中島 陽; 谷向 仁
        総合病院精神医学, 2018年11月
      • 【高齢者に対する睡眠薬の正しい使い方】転倒、せん妄などの問題点と合併症を抱えた不眠患者への対応
        谷向 仁
        日本医事新報, 2018年07月
      • 認知症を抱えるがん患者と家族のサポート、倫理的課題 認知症を併存するがん患者とその家族の臨床的問題/課題
        谷向 仁
        Palliative Care Research, 2018年06月
      • サイコオンコロジーの現場から サイコオンコロジーと精神科医の役割
        谷向 仁
        精神神経学雑誌, 2018年06月
      • 【せん妄をめぐる最近の動向】せん妄と鑑別に迷う病態
        吉村 匡史; 足立 浩祥; 榎戸 正則; 白波瀬 丈一郎; 貞廣 良一; 谷向 仁
        精神医学, 2018年03月
      • がん医療で見られる精神症状~緩和ケアチームの活動から~
        谷向仁
        日本社会精神医学会プログラム・抄録集, 2018年
      • 緩和ケアががん患者の生存期間に与える効果
        嶋田和貴; 伊達泰彦; 木原歩美; 諏訪直子; 谷向仁; 恒藤暁
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2018年
      • 視線計測装置を用いた評価が症状理解に有用であったBalint症候群を呈した脳腫瘍患者一例の介入経験
        田畑阿美; 山脇理恵; 谷向仁; 上田敬太; 菊池隆幸; 吉田和道; 村井俊哉
        日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録, 2018年
      • エキスパートに学ぶ!がん医療におけるせん妄対策で重要なポイントとは 薬剤師に求められるせん妄対策のエッセンス
        谷向 仁
        日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集, 2017年10月
      • 急性期病院における認知症患者の実態調査から見えてきたこと
        谷向 仁
        日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集, 2017年10月
      • 【「眠れない!」みかたをかえて問いなおす】点滴の睡眠薬(ロヒプノール・ドルミカムなど) 安全に使いこなすためには
        嶋田 和貴; 谷向 仁
        緩和ケア, 2017年07月
      • がん患者におけるオピオイド中止により退薬症状を呈した2例
        木原 歩美; 諏訪 直子; 前田 紗耶架; 谷向 仁; 市原 香織; 角 裕子; 井沢 知子; 尾崎 幹子; 寺尾 真琴; 石橋 直哉; 恒藤 暁
        Palliative Care Research, 2017年06月
      • ここが知りたかった 緩和ケアで使える心療内科エッセンス コンサルテーション・チームからみた医療者-患者・家族間の関係性 どのように評価し、どのように介入するかを考える
        谷向 仁
        日本心療内科学会誌, 2017年05月
      • メンタルヘルスに関する講義を通した向社会的態度の養成 文系学部・理系学部の比較から
        山村麻予; 平井啓; 足立浩洋; 谷向仁
        日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM), 2017年
      • 急性期病院における認知症患者の実態調査から見えてきたこと
        谷向仁
        日本臨床死生学会大会プログラム・抄録集, 2017年
      • 地域・在宅ケアに役立つせん妄の必須知識と対策《せん妄のなぜ?-診断・治療から予防まで-》2)なぜせん妄は特定の患者で起こりやすいのか
        武田朱公; 谷向仁
        モダンフィジシャン, 2017年
      • 急性期病院を受診する認知症の人の受け入れ 入院中-転院・退院調整に関する実態調査
        谷向 仁; 小川 朝生
        老年精神医学雑誌, 2016年06月
      • [一般病棟における高齢者の睡眠]医師の立場からその注意点と介入について考える
        谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2016年
      • 急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 急性期病院入院中の認知症患者の医療の全国調査
        谷向仁
        急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書, 2016年
      • これがいま,臨床でできるベスト!がん薬物療法の副作用対策 最新エビデンス&現場のノウハウ Part 4 これも知っておきたい!がん薬物療法やがん自体の影響により現れる症状とその対応 せん妄
        井上真一郎; 谷向仁; 内富庸介
        月刊ナーシング, 2016年
      • がん患者のこころを救え~サイコオンコロジーの最前線~8.認知症を併存した高齢がん患者のこころのケア
        谷向仁
        医薬ジャーナル, 2016年
      • コンサルテーションチームからみた医療者-患者-家族間の関係性~どのように評価し介入するかを考える~
        谷向仁
        日本心療内科学会誌, 2016年
      • 総合病院でのサイコオンコロジーの魅力 総合病院でのサイコオンコロジーの魅力 困難をやりがいに変えることが出来るか?
        谷向 仁
        総合病院精神医学, 2015年10月
      • 急性期病院における認知症ケアに関する全国調査
        小川 朝生; 谷向 仁; 比嘉 謙介; 野畑 宏之; 菅野 雄介; 岩田 愛雄; 上田 淳子; 柿沼 里奈; 西村 知子
        Dementia Japan, 2015年09月
      • 【神経難病の終末期医療】神経難病の終末期医療
        荻野 美恵子; 谷向 仁; 森 啓
        BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩, 2015年08月
      • 新入生健診におけるメンタルヘルスチェック結果と保健センター来談状況の関連
        石金 直美; 足立 由美; 水田 一郎; 竹中 菜苗; 足立 浩祥; 谷向 仁; 壁下 康信; 西田 誠; 山本 陵平; 小関 正博; 中西 香織; 樋口 周久; 工藤 喬; 守山 敏樹; 瀧原 圭子
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2015年08月
      • Associations of the Future Intention of Using Psychosocial Support Services with Concerns and Psychological Distress among Breast Cancer Patients
        Tomoko Matsui; Hitoshi Tanimukai
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2015年07月
      • The Use of Psychosocial Support Services among Breast Cancer Patients
        Matsui Tomoko; Tanimukai Hitoshi
        PSYCHO-ONCOLOGY, 2015年07月, 査読有り
      • 重粒子線治療に伴う有害事象としての慢性疼痛の実態
        林 奈輔子; 松田 陽一; 博多 紗綾; 前田 一石; 大野 由美子; 谷向 仁; 原 伸輔; 大迫 正一; 溝渕 敦子; 植松 弘進; 藤野 裕士; 大阪大学医学部附属病院緩和ケアチーム
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年06月
      • 学生健康教育としてのがん・緩和ケア・サイコオンコロジー講義の有用性と課題について
        壁下 康信; 足立 浩祥; 谷向 仁; 竹中 菜苗; 石金 直美; 水田 一郎; 工藤 喬; 瀧原 圭子
        CAMPUS HEALTH, 2015年03月
      • 新入生健診におけるメンタルチェックの試み UPI、K6、レジリエンス尺度を用いて
        竹中 菜苗; 足立 由美; 石金 直美; 水田 一郎; 足立 浩祥; 谷向 仁; 壁下 康信; 西田 誠; 川田 典孝; 大濱 透; 中西 香織; 樋口 周久; 工藤 喬; 守山 敏樹; 瀧原 圭子
        CAMPUS HEALTH, 2015年03月
      • 急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 急性期病院入院中の認知症患者の医療の全国調査
        谷向仁
        急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年
      • フェンタニル口腔粘膜吸収剤の使用実態調査
        原伸輔; 前田一石; 松田陽一; 大野由美子; 谷向仁; 門脇裕子; 三輪芳弘
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年
      • 乳がん患者における化学療法による認知機能障害と不安/抑うつとの関係に関する検討
        谷向仁; 松井智子
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2015年
      • 乳がん患者における心理社会的サポートサービスの利用の実態
        松井智子; 谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2015年
      • Fluvoxamineは、Sigma-1 receptor発現を誘導し、ERストレスを軽減する(Fluvoxamine alleviate ER stress via induction of Sigma-1 receptors)
        近江 翼; 谷向 仁; 金山 大祐; 北庄司 輝; 原 英彰; 今泉 和則; 工藤 喬
        Pharma Medica, 2014年08月
      • 学生健康教育としてのがん・緩和ケア・サイコオンコロジー講義の有用性と課題について
        壁下 康信; 足立 浩祥; 谷向 仁; 竹中 菜苗; 石金 直美; 水田 一郎; 工藤 喬; 瀧原 圭子
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2014年08月
      • メンタルヘルス受療行動の適正化に有用なメッセージ開発
        平井 啓; 中村 菜々子; 佐々木 淳; 岸 あかね; 谷向 仁
        日本心理学会大会発表論文集, 2014年08月
      • Effectiveness of antiepileptics for behavioral symptoms in persons with severe intellectual disabilities using a severe behavioral disorder assessment scale
        K. Taniguchi; K. Kamino; T. Kudo; H. Tanimukai; M. Takeda
        JOURNAL OF APPLIED RESEARCH IN INTELLECTUAL DISABILITIES, 2014年07月
      • 新規抗精神病薬および抗うつ薬、睡眠薬を緩和医療の現場で使いこなす 新規睡眠薬を使いこなす 従来薬との違いを含めて
        谷向 仁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年06月
      • がん患者にみられるせん妄に対する新たな薬物療法アルゴリズム作成に関する検討
        谷向仁; 辻本浩; 所昭宏; 松田能宣; 所昭宏; 辻尾一郎; 甲斐利弘; 徳山まどか; 竹井清純; 中嶋真一郎; 渡邊元雄; 金村誠哲; 前田一石; 平俊浩; 高谷衣美; 川島正宏; 吉村匡史; 岡本禎晃; 柏木雄次郎; 合屋将
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2014年
      • 医療従事者が人工透析患者の心理的ケアにおいて必要なスキルのニーズ調査
        中村菜々子; 三輪雅子; 平井啓; 谷向仁; 佐々木淳; 五十嵐友里; 堀川直史
        生活習慣病認知行動療法研究会プログラム・抄録集, 2014年
      • 急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 急性期病院における認知症医療の実態に関する研究
        谷向仁; 林由美; 稲野聖子; 田中啓子; 小田静子; 柏木秀紀; 鈴木美佐; 中尾俊介; 十河千愛; 高橋裕美; 福森優司
        急性期病院における認知症患者の入院・外来実態把握と医療者の負担軽減を目指した支援プログラムの開発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014年
      • メンタルヘルスの専門機関の利用と心理的問題の原因認知の変化
        佐々木淳; 中村菜々子; 平井啓; 岸あかね; 谷向仁
        日本摂食障害学会学術集会プログラム・講演抄録集, 2014年
      • メンタルヘルス受療行動を実行した者の特徴:受療を決めた理由の質的分類
        中村菜々子; 平井啓; 佐々木淳; 谷向仁; 岸あかね
        日本摂食障害学会学術集会プログラム・講演抄録集, 2014年
      • メンタルヘルス受療行動・提供機関に対するイメージとその変化に関する研究
        平井啓; 中村菜々子; 佐々木淳; 西村知子; 岸あかね; 山村麻予; 谷向仁
        日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集, 2014年
      • 医療現場における薬剤師のコミュニケーションに関する意識調査
        原伸輔; 谷向仁; 松井智子; 上森美和子; 岡本禎晃; 三輪芳弘
        日本医療薬学会年会講演要旨集, 2014年
      • 進行がん患者のうつ病に対してエスシタロプラムが有効であった2症例
        中嶋 真一郎; 谷向 仁; 馬場 美華; 天野 晃滋; 川崎 宗謙; 若山 宏
        Palliative Care Research, 2013年12月, 査読有り
      • 【がん患者の精神症状へのアプローチ】がん患者にみられる通常の心理反応と精神疾患 がん患者にみられる不眠
        谷向 仁
        薬事, 2013年11月
      • がん疼痛治療におけるメサドン導入に際しての地域がん診療連携拠点病院の取り組み
        原 伸輔; 松田 陽一; 前田 一石; 大迫 正一; 大野 由美子; 谷向 仁; 門脇 裕子; 竹上 学; 三輪 芳弘; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2013年11月
      • 悲嘆を経験する遺族の睡眠障害の実態調査
        谷向 仁; 足立 浩祥; 平井 啓; 松井 智子; 宮下 光令; 清水 恵; 恒藤 暁; 志真 泰夫
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年06月
      • 【臨床で役立つ サイコオンコロジーの最新エビデンス】認知症のマネジメント BPSDに対する薬物療法と非薬物療法
        谷向 仁
        緩和ケア, 2013年05月
      • 大規模災害の後遺障害に対する統合医療的アプローチ
        林 紀行; 前田 和久; 八木 絵香; 平井 啓; 谷向 仁; 伊藤 和憲; 川口 裕子; 渡辺 眞実; 福田 文彦; 石崎 直人; 上島 悦子; 阪上 未紀; 松本 めぐみ; 足立 由香; 谷口 敏淳; 宇留島 隼人; 坂本 淑子; 岩田 昌美; 伊藤 壽記
        日本統合医療学会誌, 2013年05月
      • 【一般病棟における認知症・せん妄・うつ病患者へのケア】(第1章)認知症・せん妄・うつ病の違いを知ろう 治療薬の違い
        谷向 仁
        看護技術, 2013年04月
      • 抗潰瘍薬による薬剤性せん妄への対処法の検討
        藤井志郎; 谷向仁; 柏木雄次郎
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2013年
      • 医療者はがん患者の抑うつ症状をどのように捉えているか?
        谷向仁; 所昭宏; 柏木雄次郎
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2013年
      • せん妄の多施設研究紹介~高次機能障害からみた薬剤選択を考える~
        谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2013年
      • 【これだけは知っておきたい-婦人科がんの緩和ケア】緩和ケアの実際 精神症状のケア
        谷向 仁
        臨床婦人科産科, 2012年12月
      • 大学病院における終末期がん患者に対する持続的鎮静の施行状況
        野澤 孝子; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 谷向 仁; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本緩和医療薬学雑誌, 2012年12月
      • 終末期がん患者に付随したうつ病に対し、ペモリンが有効であった2症例
        中嶋 真一郎; 馬場 美華; 谷向 仁; 後明 郁男
        精神神経学雑誌, 2012年05月
      • 【術前・術後管理必携】合併症を有する患者の術前・術後管理 精神神経系 精神疾患
        谷向 仁; 武田 雅俊
        消化器外科, 2012年04月
      • 終末期がん患者のうつ病に対するエスシタロプラムの有用性について
        中嶋真一郎; 谷向仁; 川崎宗謙; 天野晃滋; 若山宏; 馬場美華
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2012年
      • 終末期がん患者の不眠や苦痛の緩和のためのミダゾラム舌下投与の有効性と安全性
        村井扶; 恒藤暁; 岡崎凡子; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 上田要一; 大石雅子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2012年
      • 当院緩和ケア病棟におけるせん妄出現状況と使用薬剤について
        上森美和子; 谷向仁; 馬場美香; 秋好健志; 大谷壽一
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2012年
      • 外科手術後に激しいせん妄を呈し、せん妄回復直後から双極性障害が再発した1例
        谷向 仁; 吉山 顕次; 武田 雅俊
        精神科, 2011年12月
      • 小胞体ストレスによりタウ蛋白は増加する
        阪上 由香子; 工藤 喬; 光田 輝彦; 谷向 仁; 大河内 正康; 今泉 和則; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2011年10月
      • BACEとγセクレターゼによって産生される脳内Aβ様ペプチドを末梢血中で検出・同定する
        田上 真次; 大河内 正康; 柳田 寛太; 児玉 高志; 池内 健; 佐野 聖三; 渡邊 史生; 数井 裕光; 森原 剛史; 谷向 仁; 田中 稔久; 工藤 喬; 朝長 毅; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2011年10月
      • 初期の統合失調症における「繰り返し考えること」の症状評価をめぐって
        壁下 康信; 谷向 仁; 阪上 由香子; 田中 稔久; 工藤 喬; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2011年07月
      • 血液がん患者における精神科受診に対する意向・バリア・イメージの関連に関する研究
        平井 啓; 谷向 仁; 岸 あかね; 足立 浩祥
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • ミルタザピンが重粒子線治療による神経障害性疼痛に有効であった一症例
        熊倉 康友; 沖代 奈央; 大野 由美子; 岡本 禎晃; 松田 陽一; 谷向 仁; 恒藤 暁
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • 血液がん患者における不眠の実態及び抑うつとの関連に関する研究
        谷向 仁; 平井 啓; 足立 浩祥
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2011年06月
      • トリアムシノロン水懸注の腹腔内投与が悪性腹水の症状緩和に有効であった4症例
        長瀬 未恵; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 中川 左理; 松田 陽一; 谷向 仁; 沖代 奈央; 大野 由美子; 田川 高巳; 津金 麻実子; 上島 悦子
        緩和ケア, 2011年05月
      • 【がん疼痛治療の最新情報】がん疼痛に伴う精神症状の評価とその対策 トータルケアを視野に入れて
        谷向 仁; 壁下 康信
        Progress in Medicine, 2011年05月
      • Aβ42産生を阻害するγセクレターゼ修飾薬はNotchシグナルに影響を及ぼすか?
        田上 真次; 大河内 正康; 柳田 寛太; 児玉 高志; 森 康治; 藤井 加奈; 谷向 仁; 橋本 亮太; 森原 剛史; 田中 稔久; 工藤 喬; 武田 雅俊
        精神薬療研究年報, 2011年03月
      • 医療従事者における精神科受療に関する探索的研究:精神科受診へのバリアに注目して
        谷口敏淳; 谷向仁; 田治米佳世; 平井啓; 武田雅俊
        総合病院精神医学, 2011年
      • 血液がん患者の家族における睡眠障害の実態に関する研究
        谷向仁; 平井啓; 岸あかね; 足立浩祥
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2011年
      • 血液がん患者の家族における精神科受診に対する意向・バリア・イメージの関連に関する研究
        平井啓; 谷向仁; 岸あかね; 足立浩祥
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2011年
      • 緩和ケアチームと主治医・病棟看護師の間で起こり得る心理的問題:主治医の心理とチーム内力動の観点から
        谷向仁
        日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集, 2011年
      • ε切断からみたγセクレターゼ修飾薬の作用点
        森 康治; 大河内 正康; 田上 真次; 中山 泰亮; 柳田 寛太; 児玉 高志; 辰巳 真一; 藤井 加奈; 谷向 仁; 森原 剛史; 橋本 亮太; 田中 稔久; 工藤 喬; 舟本 聡; 井原 康夫; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2010年09月
      • 小胞体ストレスによりタウ蛋白は増加する(Endoplasmic reticulum stress increases tau levels)
        阪上 由香子; 工藤 喬; 堀口 喜久美; 谷向 仁; 辰巳 真一; 大河内 正康; 今泉 和則; 武田 雅俊
        神経化学, 2010年08月
      • 【覚せい剤精神病】統合失調症と覚せい剤精神病の鑑別
        谷向 仁; 武田 雅俊
        Schizophrenia Frontier, 2010年06月
      • 統合失調症におけるTCIによるパーソナリティー傾向 日本人患者対照研究及びメタ解析からのエビデンス
        大井 一高; 橋本 亮太; 安田 由華; 福本 素由己; 井池 直美; 山森 英長; 谷向 仁; 田上 真次; 森原 剛史; 大河内 正康; 田中 稔久; 工藤 喬; 岩瀬 真生; 数井 裕光; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2010年05月
      • PERSONALITY TRAITS AND SCHIZOPHRENIA: EVIDENCE FROM A CASE-CONTROL STUDY AND META-ANALYSIS
        Kazutaka Ohi; Ryota Hashimoto; Yuka Yasuda; Motoyuki Fukumoto; Naomi Iike; Hidenaga Yamamori; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Toshihisa Tanaka; Takashi Kudo; Masao Iwase; Hiroaki Kazui; Masatoshi Takeda
        SCHIZOPHRENIA RESEARCH, 2010年04月
      • CHI3L1遺伝子プロモーター領域多型と統合失調症のリスク及び性格傾向の関連
        大井 一高; 橋本 亮太; 安田 由華; 吉田 哲彦; 高橋 秀俊; 井池 直美; 岩瀬 真生; 紙野 晃人; 石井 良平; 数井 裕光; 福本 素由己; 疇地 道代; 池澤 浩二; 谷向 仁; 田上 真次; 森原 剛史; 大河内 正康; 沼田 周助; 池田 匡志; 上野 修一; 田中 稔久; 工藤 喬; 大森 哲郎; 岩田 仲生; 尾崎 紀夫; 武田 雅俊
        精神薬療研究年報, 2010年03月
      • セザリー症候群の皮膚病変による痛みに対してケタミン持続静注が奏功した1症例
        森尾佳代子; 恒藤暁; 岡本禎晃; 松田陽一; 谷向仁; 谷向仁; 大野由美子; 沖代奈央; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • 終末期がん患者にみられる精神運動興奮状態に関する後ろ向き調査
        長瀬未恵; 岡本禎晃; 恒藤暁; 谷向仁; 松田陽一; 沖代奈央; 熊倉康友; 大野由美子; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • 大学病院における死亡前72時間の終末期がん患者に対する持続的鎮静の施行状況
        野澤孝子; 岡本禎晃; 恒藤暁; 谷向仁; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • Endoplasmic reticulum stress increases tau levels
        Yukako Sakagami; Takashi Kudo; Kikumi Horiguchi; Hitoshi Tanimukai; Shinichi Tatsumi; Masayasu Ohkochi; Kazunori Imaizumi; Masatoshi Takeda
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • 薬剤抵抗性の統合失調症に対してブロナンセリンが有効であった1例
        山本 大介; 谷向 仁; 田中 稔久; 工藤 喬; 武田 雅俊
        新薬と臨牀, 2009年10月
      • Prevention of psychiatric illness in the elderly, I: Path to prevention of dementia
        Toshihisa Tanaka; Hiroaki Kazui; Golam Sadik; Hitoshi Tanimukai; Shinji Tagami; Takashi Morihara; Masayasu Okochi; Takashi Kudo; Masatoshi Takeda
        PSYCHOGERIATRICS, 2009年09月
      • 神経障害性疼痛に対するガバペンチン投与後早期の鎮痛効果
        衛藤 広士; 松田 陽一; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 谷向 仁; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        ペインクリニック, 2009年08月
      • 強度の対人緊張と幻聴が併存した統合失調症に対しリスペリドン及びブロマゼパムの併用により奏功が認められた一例
        山本 大介; 谷向 仁; 井上 聡; 田中 稔久; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2009年08月
      • 微量脳内ペプチドリストの作成
        児玉 高志; 大河内 正康; 田上 真次; 柳田 寛太; 中山 泰亮; 辰巳 真一; 森 康治; 谷向 仁; 橋本 亮太; 森原 剛史; 田中 稔久; 工藤 喬; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2009年08月
      • プレセニリン/γ-セクレターゼによるニューレグリン1のタンパク質分解の分析(Analysis of proteolysis of Neuregulin1 by Presenilin/gamma-secretase)
        辰巳 真一; 大河内 正康; 田上 真次; Willem Michael; 柳田 寛太; 中山 泰亮; 児玉 高志; 森 康治; Fleck Daniel; 田中 稔久; 橋本 亮太; 森原 剛史; 谷向 仁; 工藤 喬; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2009年08月
      • 【いかに精神症状に対応するか 適応障害とうつ病を中心に】うつ病の理解とケア がん医療におけるうつ病
        谷向 仁; 恒藤 暁
        緩和ケア, 2009年05月
      • 補助人工心臓装着患者および家族への支援 補助人工心臓装着患者に対する精神的支援について
        谷向 仁
        医工学治療, 2009年04月
      • ガバペンチンの使用動向および鎮痛効果・有害事象に関する検討
        衛藤 広士; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • 末期がん患者における感染症治療薬の適正使用
        戸谷 良江; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 中川 左理; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 衛藤 広士; 安田 宗一郎; 津金 麻実子; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • 多発性骨髄腫患者におけるボルテゾミブによる末梢性ニューロパシーの発現状況とその治療実態
        中川左理; 岡本禎晃; 岡本禎晃; 恒藤暁; 恒藤暁; 合屋将; 合屋将; 松田陽一; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 衛藤広士; 戸谷良江; 安田宗一郎; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2009年
      • トリアムシノロン水懸注の腹腔内投与が悪性腹水の改善に有効であった4症例
        長瀬未恵; 岡本禎晃; 恒藤暁; 中川佐里; 松田陽一; 谷向仁; 沖代奈央; 大野由美子; 田川高巳; 津金麻実子; 上島悦子
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2009年
      • 培養細胞における膜貫通型NRG1の段階的タンパク分解によって産生されるAβ様ペプチドの同定
        辰巳真一; 大河内正康; 田上真次; 柳田寛太; 中山泰亮; 児玉高志; 森康治; 田中稔久; 橋本亮太; 森原剛史; 谷向仁; 工藤喬; 武田雅俊
        日本未病システム学会学術総会抄録集, 2009年
      • Wntシグナル経路に関与する新規presenilin様タンパク質の探索
        中山泰亮; 大河内正康; 田上真次; 児玉高志; 柳田寛太; 辰己真一; 森康治; 谷向仁; 橋本亮太; 森原剛史; 田中稔久; 工藤喬; 武田雅俊
        日本未病システム学会学術総会抄録集, 2009年
      • LC/MS/MSを用いた脳脊髄液及び末梢血中でのAPL1βの同定と定量
        児玉高志; 大河内正康; 田上真次; 中山泰亮; 柳田寛太; 辰巳真一; 森康治; 谷向仁; 橋本亮太; 森原剛史; 田中稔久; 工藤喬; 武田雅俊
        日本未病システム学会学術総会抄録集, 2009年
      • CHI3L1遺伝子プロモーター領域多型と統合失調症のリスク及び性格傾向の関連
        大井一高; 橋本亮太; 安田由華; 高村明孝; 福本素由己; 福本素由己; 山森英長; 高橋秀俊; 吉田哲彦; 井池直美; 岩瀬真生; 紙野晃人; 石井良平; 数井裕光; 疇地道代; 池澤浩二; 谷向仁; 田上真次; 森原剛史; 大河内正康; 沼田周助; 池田匡志; 上野修一; 田中稔久; 工藤喬; 大森哲郎; 岩田仲生; 尾崎紀夫; 武田雅俊
        日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録, 2009年
      • プレセニリン/γセクレターゼによるニューレグリン-1の蛋白質分解の解析
        辰巳真一; 大河内正康; 田上真次; WILLEM Michael; 柳田寛太; 中山泰亮; 児玉高志; 森康治; FLECK Daniel; 田中稔久; 橋本亮太; 森原剛史; 谷向仁; 工藤喬; 武田雅俊
        Dementia Japan, 2009年
      • 【癌終末期の心のケアと鎮痛剤の使い方】精神科医に相談すべきがん患者の心理・精神的症状
        谷向 仁; 恒藤 暁
        外科治療, 2008年12月
      • アミロイドβは神経細胞においてマクロオートファジーを誘導する(β-amyloid induces macroautophagy in neuron)
        鎌形 英一郎; 工藤 喬; 谷向 仁; 武田 雅俊
        神経化学, 2008年08月
      • アルツハイマー病におけるDynamin2の減少がAPPおよびAβに関する代謝の変化
        鎌形 英一郎; 工藤 喬; 木村 亮; 谷向 仁; 森原 剛史; 紙野 晃人; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 2008年08月
      • 日本人における統合失調症と疾患感受性遺伝子G72多型の関連研究(Associations of candidate gene G72 polymorphisms with schizophrenia in a Japanese population)
        大井 一高; 橋本 亮太; 安田 由華; 吉田 哲彦; 高橋 秀俊; 井池 直美; 岩瀬 真生; 紙野 晃人; 石井 良平; 数井 裕光; 喜多村 祐里; 疇地 道代; 池澤 浩二; 鎌形 英一郎; 谷向 仁; 田上 真次; 森原 剛史; 大河内 正康; 大沼 徹; 沼田 周助; 池田 匡志; 上野 修一; 福永 知子; 田中 稔久; 工藤 喬; 新井 平伊; 大森 哲郎; 岩田 仲生; 尾崎 紀夫; 武田 雅俊
        神経化学, 2008年08月
      • アルツハイマー病におけるDNM2の減少がAPPおよびAβに関する代謝を変化させる
        鎌形 英一郎; 工藤 喬; 木村 亮; 谷向 仁; 紙野 晃人; 武田 雅俊
        老年精神医学雑誌, 2008年06月
      • 【神経変性疾患とゲノム】アルツハイマー病とゲノム
        田中 稔久; 紙野 晃人; 森原 剛史; 工藤 喬; 大河内 正康; 田上 真次; 谷向 仁; 武田 雅俊
        ゲノム医学, 2008年06月
      • 【臨床に必要な高齢者精神障害の知識】高齢者のせん妄・意識障害
        谷向 仁; 武田 雅俊
        臨床精神医学, 2008年05月
      • パロキセチン投与中に胆道系酵素異常を呈した一症例
        井上 聡; 谷向 仁; 大河内 正康; 橋本 亮太; 工藤 喬; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2008年05月
      • 【高齢者における薬物療法 併用療法のあり方と注意点、合剤開発の現状】高齢者のうつ病における併用療法のあり方と注意点について
        谷向 仁; 武田 雅俊
        Geriatric Medicine, 2008年04月
      • 高用量フェンタニルパッチによるがん性疼痛治療の有効性
        岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 田墨 惠子; 井上 達也; 安田 宗一郎; 衛藤 広士; 戸谷 良江; 黒川 信夫; 上島 悦子
        ペインクリニック, 2008年03月
      • がん疼痛治療におけるオピオイド併用療法 フェンタニルと少量モルヒネ併用による鎮痛効果増強と副作用の検討
        岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 衛藤 広士; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 黒川 信夫; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2008年03月
      • 鎮痛補助薬としてのガバペンチンの有効性と安全性
        衛藤 広士; 岡本 禎晃; 恒藤 暁; 合屋 将; 松田 陽一; 谷向 仁; 大野 由美子; 戸谷 良江; 安田 宗一郎; 黒川 信夫; 上島 悦子
        日本薬学会年会要旨集, 2008年03月
      • 死亡前6カ月間の後ろ向き調査からみた末期がん患者の悪心の発現状況と治療効果
        岡本禎晃; 恒藤暁; 合屋将; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 戸谷良江; 衛藤広士; 安田宗一郎; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • 死亡前6カ月間の後ろ向き調査からみた末期がん患者の便秘の発現状況と治療効果
        戸谷良江; 岡本禎晃; 恒藤暁; 合屋将; 松田陽一; 谷向仁; 大野由美子; 衛藤広士; 安田宗一郎; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2008年
      • 【認知症とうつ病】前頭側頭型認知症とうつ病
        谷向 仁; 武田 雅俊
        精神科, 2007年07月
      • 【アルツハイマー病のゲノミックス ファルマコゲノミックスとニュートリゲノミックスによる治療と予防】
        武田 雅俊; 紙野 晃人; 田中 稔久; 工藤 喬; 大河内 正康; 田上 真二; 森原 剛史; 橋本 亮太; 谷向 仁; Cacabelos Ramon
        Cognition and Dementia, 2007年07月
      • 高齢発症の幻視を呈した2例 DLBとの関連について
        高屋 雅彦; 森 康治; 木藤 友実子; 吉田 哲彦; 久保 嘉彦; 木村 修代; 谷向 仁; 徳永 博正; 数井 裕光; 武田 雅俊
        精神神経学雑誌, 2007年06月
      • がん性疼痛に対するフェンタニルパッチの用量と有効性との関係
        岡本禎晃; 恒藤暁; 松岡洋人; 松田陽一; 安部剛志; 谷向仁; 田墨惠子; 大野由美子; 熊野かおり; 黒川信夫; 上島悦子
        日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集, 2007年
      • 大学病院における緩和ケアチームの活動 化学療法サポートの視点から
        田墨惠子; 恒藤暁; 大野由美子; 谷向仁; 松岡洋人; 阪上学; 井上隆弥; 松田陽一; 安部剛; 岡本禎晃; 水木満佐央
        日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集, 2007年
      • 向精神薬の副作用情報update 抗精神病薬による高齢者の死亡率増加
        谷向仁; 武田雅俊
        月刊精神科, 2007年
      • アルツハイマー病脳におけるProtein Phosphatase 2A Inhibitorの発現に関する検討
        谷向 仁; Grundke-Iqbal Inge; Iqbal Kalid; 工藤 喬; 武田 雅俊
        老年精神医学雑誌, 2006年06月
      • 高齢者の睡眠と概日リズム 夜間徘徊,不穏,昼夜逆転とその対応
        谷向知; 谷向仁
        老年精神医学雑誌, 2006年
      • 【BPSDの生物学】幻覚・妄想
        谷向 仁; 谷向 知
        老年精神医学雑誌, 2005年01月
      • Tau pathology in Alzheimer disease and other tauopathies
        K Iqbal; ADC Alonso; S Chen; MO Chohan; E El-Akkad; CX Gong; S Khatoon; B Li; F Liu; A Rahman; H Tanimukai; Grundke-Iqbal, I
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR BASIS OF DISEASE, 2005年01月
      • Inhibitors of protein phosphatase-2A colocalize with the abnormally hyperphosphorylated tau in Alzheimer disease
        H Tanimukai; Grundke-Iqbal, I; K Iqbal
        NEUROBIOLOGY OF AGING, 2004年07月
      • Alterations of glycoproteins in Alzheimer disease brain
        Y Huang; K Iqbal; Grundke-Iqbal, I; H Tanimukai; F Liu; CX Gong
        NEUROBIOLOGY OF AGING, 2004年07月
      • 【高齢者の自立障害と糖尿病】高齢者糖尿病と精神障害
        谷向 仁; 武田 雅俊
        Geriatric Medicine, 2000年07月
      • 一次変性痴呆治療のためのタウ蛋白重合・蓄積阻害剤についての研究
        武田 雅俊; 田中 稔久; 工藤 喬; 中村 祐; 柏木 雄次郎; 辻尾 一郎; 車谷 隆宏; 橋本 亮太; 谷向 仁; 中野 有香; 田上 真次; 森 裕; 小池 裕子; 神野 由華
        精神薬療研究年報, 2000年03月
      • 治療薬誕生秘話 5-HTP療法
        工藤 喬; 中嶋 照夫; 谷向 仁; 武田 雅俊
        臨床精神薬理, 2000年02月
      • PS1ノックインマウスの組織学的検討について
        谷向 仁; 工藤 喬; 中野 有香; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 1999年09月
      • プレセニリン変異ノックインマウス神経細胞の脆弱性について
        工藤 喬; 今泉 和則; 谷向 仁; 中野 有香; 神野 由華; 片山 泰一; 竹田 潤二; 遠山 正彌; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 1999年09月
      • 慢性脳血流低下動物における細胞内情報伝達系の変化 オートラジオグラフィーを用いた検討
        車谷 隆宏; 工藤 喬; 福所 英里子; 中村 裕; 谷向 仁; 橋本 亮太; 武田 雅俊
        神経化学, 1999年09月
      • タウ蛋白リン酸化抑制機序によるアルツハイマー病治療薬開発の研究
        武田 雅俊; 田中 稔久; 工藤 喬; 中村 祐; 柏木 雄次郎; 車谷 隆宏; 辻尾 一郎; 森原 剛史; 谷向 仁; 橋本 亮太; 中野 有香; 田上 真次; 森 裕; 小池 裕子
        精神薬療基金研究年報, 1999年03月
      • ラット脳におけるイボテン酸注入後のpresenilin 1 mRNAの誘導について
        谷向 仁; 工藤 喬; 武田 雅俊
        臨床神経学, 1999年01月
      • PI3Kインヒビターによるタウ蛋白リン酸化の変化について
        辻尾 一郎; 田中 稔久; 谷向 仁; 橋本 亮太; 工藤 喬; 中村 祐; 武田 雅俊
        臨床神経学, 1999年01月
      • アルツハイマー病脳と対照脳におけるELISA法を用いたニューロフィラメントの検討
        橋本 亮太; 辻尾 一郎; 谷向 仁; 工藤 喬; 中村 祐; 武田 雅俊
        臨床神経学, 1999年01月
      • ラット脳におけるイボテン酸注入後のPS1 mRNAの誘導について
        谷向 仁; 工藤 喬; 武田 雅俊
        Dementia Japan, 1998年09月
      • 胎生ラット脳におけるAmyloid Precursor Protein及びPresenilin 1の発現に関する検討
        谷向 仁
        Dementia Japan, 1998年06月
      • 神経損傷に伴うプレセニリン1の誘導 (厚生省S)
        武田雅俊; 工藤喬; 谷向仁
        長寿科学総合研究, 1998年
      • 変異プレセニリン1発現細胞のストレス反応について (厚生省S)
        工藤喬; 谷向仁; 武田雅俊
        脳機能研究班研究報告会抄録集 平成10年度 厚生省長寿科学総合研究事業, 1998年
      • 日本人アルツハイマー病患者におけるプレセニリン2遺伝子の関与に関する検討
        谷向 仁
        日本老年医学会雑誌, 1997年08月
      • 日本人アルツハイマー病患者におけるプレセニリン2遺伝子の関与に関する研究
        谷向 仁
        日本老年医学会雑誌, 1997年05月
      • 難治性水頭症のアポリポ蛋白Eとタウ蛋白について (厚生省S)
        武田雅俊; 工藤喬; 森原剛史; 谷向仁; 辻尾一郎; 橋本亮太; 篠崎和弘; 西川隆; 南野寿重
        難治性水頭症調査研究分科会 平成8年度研究報告書, 1997年

      書籍等出版物

      • がん患者におけるせん妄ガイドライン 2022年版 第2版
        谷向 仁; 日本サイコオンコロジー学会; 日本がんサポーティブケア学会編, 共著, 統括、総論、臨床の手引き、今後の検討課題、用語集
        金原出版株式会社, 2022年06月
      • 緩和ケアレジデントマニュアル 第2版
        谷向 仁(監修; 森田 達也; 木澤 義之; 編集; 西 智弘; 松本 禎久; 森 雅紀; 山口 崇, 分担執筆, 不眠
        医学書院, 2022年05月
      • がんサバイバーシップ学 がんにかかわるすべての人へ
        谷向 仁 (髙橋; 佐, 々木治一郎, 久村和穂監訳), 共訳, 第11章 認知機能障害
        メディカルサイエンスインターナショナル, 2022年01月26日
      • スペシャリストが教える 認知症を合併している患者の診かた、関わりかた
        谷向 仁, 共編者(共編著者)
        新興医学出版社, 2021年07月
      • 認知症plus院内対応と研修
        谷向 仁, 共著
        日本看護協会出版会, 2021年06月
      • がんと認知機能障害 : 気づく,評価する,支援する
        谷向 仁, 共編者(共編著者)
        中外医学社, 2020年10月
      • がん診療における精神症状・心理状態・発達障害ハンドブック
        谷向 仁, 分担執筆
        羊土社, 2020年08月
      • DELTAプログラムによるせん妄対策 : 多職種で取り組む予防,対応,情報共有
        谷向 仁, 分担執筆
        医学書院, 2019年09月
      • 専門家をめざす人のための緩和医療学(改訂第2版)
        谷向 仁, 分担執筆
        2019年06月, 査読無し
      • がん患者におけるせん妄ガイドライン
        日本サイコオンコロジー学会; 日本がんサポーティブケア, 分担執筆
        金原出版, 2019年02月, 査読無し
      • いまさら訊けない! がん支持療法Q&A
        谷向 仁, 分担執筆
        中外医学社, 2018年06月, 査読無し
      • 「はたらく」を支える!女性のメンタルヘルス
        谷向 仁, 分担執筆
        南山堂, 2017年11月
      • そうだったんだ!認知症 : 治療・ケアがうまくいかないのは認知症のせい?
        谷向 仁, 分担執筆
        文光堂, 2016年09月
      • 緩和ケアレジデントマニュアル
        谷向 仁, 分担執筆
        医学書院, 2016年07月
      • 緩和ケア 2016年03月号 (せん妄のアドバンスドな知識と実践 緩和ケアのエキスパートに必須のスキル)
        森田 達也; 山口 崇; 小川 朝生; 中村 悠一; 矢野 和美; 根本 清貴; 山川 宣; 柏木 夕香; 上村 恵一; 谷向 仁; 岩本 純子; 石田 真弓; 徳永 進; 三浦 智史; 天野 晃滋; 宇野 さつき; 松原 康美; ボガ 志津子; 三宮 暁子, 共著
        青海社, 2016年03月18日, 査読無し
      • がん患者の精神症状はこう診る 向精神薬はこう使う
        上村 恵一; 小川 朝生; 谷向 仁; 船橋 英樹, 共編者(共編著者)
        じほう, 2015年06月30日, 査読無し
      • 認知症の緩和ケア : 診断時から始まる患者と家族の支援
        Pace, Victor; Treloar, Adrian; Scott, Sharon; 小川, 朝生; 篠崎, 和弘; 武田, 雅俊, 共訳, 谷向 仁
        新興医学出版社, 2015年04月
      • 臨床精神神経薬理学テキスト 改訂第3版
        谷向 仁, 工藤 喬, 武田雅俊, 分担執筆
        星和書店, 2014年11月
      • 1ランクアップをめざす!がん疼痛治療
        谷向 仁, 分担執筆
        南山堂, 2013年11月
      • 緩和医療薬学
        谷向 仁, 分担執筆
        南江堂, 2013年10月
      • 内科医のための不眠診療はじめの一歩 : 誰も教えてくれなかった対応と処方のコツ
        谷向 仁, 分担執筆
        羊土社, 2013年02月
      • 腎・泌尿器系/脳・神経系/精神/女性生殖器系/小児
        谷向 仁, 分担執筆
        南江堂, 2010年11月
      • 臨床精神神経薬理学テキスト 改訂第2版
        谷向 仁, 工藤 喬, 武田雅俊, 分担執筆
        星和書店, 2008年09月
      • 絵でみる心の保健室
        谷向 仁, 分担執筆
        アルタ出版, 2007年01月
      • この十年のあゆみ
        谷向 仁, 分担執筆
        メディカルレビュー社, 2006年11月
      • 臨床精神神経薬理学テキスト
        谷向 仁, 工藤 喬, 武田雅俊, 分担執筆
        星和書店, 2006年10月
      • 老年期精神障害
        谷向 知, 谷向 仁, 分担執筆
        メジカルビュー社, 2005年09月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 医療従事者を支える心理教育アプリとメンタルヘルスケアシステムの開発と評価
        基盤研究(B)
        小区分58060:臨床看護学関連
        和洋女子大学
        金子 眞理子
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        心理教育アプリ;マインドフルネス;セルフコンパッション;コンパッションフォーカストセラピー;メンタルヘルス;マインドフルネス認知療法;医療従事者;ケアシステム
      • メンタルヘルスケア受診行動の適正化のための心理教育プログラムの開発と有効性の検証
        基盤研究(B)
        小区分10030:臨床心理学関連
        大阪大学
        平井 啓
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        メンタルヘルスケア;早期受療;心理教育;教育プログラム開発;実践研究;メンタルヘルス;受療勧奨
      • 症状-バイオマーカー-薬理プロファイルから考える新たなせん妄薬物療法に関する検討
        基盤研究(C)
        京都大学
        谷向 仁
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 交付
        せん妄;注意機能;視線計測;早期発見;薬物療法;神経伝達物質;抗精神病薬;高齢者;認知機能
      • メンタルヘルスケア受療行動の最適化のための受診勧奨・心理教育プログラムの開発
        基盤研究(C)
        大阪大学
        平井 啓
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        メンタルヘルス;受療勧奨;受診勧奨;心理教育;教育的介入;受療行動;リテラシー;心の健康教育;メンタルヘルス・リテラシー;メンタルヘルスケア;抑うつ;不安
      • 抗精神病薬により引き起こされるメタボリック症候群様症状の新たな生物学的機序の解明
        基盤研究(C)
        大阪大学
        谷向 仁
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 中途終了
        11β- HSD1;抗精神病薬;メタボリック症候群;体重増加;コルチゾール;オランザピン;アリピプラゾール;ハロペリドール;細胞内コルチゾール再活性化酵素;11β-HSD1;非定型抗精神病薬;クロルプロマジン;非定形抗精神病薬;代謝異常
      • メンタルヘルス受療行動の最適化を実現する心理教育プログラムの開発
        基盤研究(C)
        大阪大学
        平井 啓
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        メンタルヘルス;行動学;ストレス;受療行動;精神科;カウンセリング;心療内科;ソーシャルマーケティング
      • がん化学療法による認知機能障害の分子メカニズムの解明とその予防について
        基盤研究(C)
        大阪大学
        谷向 仁
        完了
        認知機能障害;抗がん剤;ケモブレイン;小胞体ストレス;予防;認知機能;がん化学療法;Caspase4;サイトカイン
      • がん患者におけるガイドラインに基く精神心理的支援:実臨床への実装方略の開発
        基盤研究(C)
        小区分10030:臨床心理学関連
        名古屋市立大学
        奥山 徹
        自 2022年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        精神腫瘍学;緩和ケア;抑うつ;不安;せん妄

      外部資金:その他

      • 認知症政策 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • (2019年度分)
        認知症政策研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • (2020度分)
        認知症政策研究事業
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          大学院教育コース(実習)
          M053, 通年, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和ケア特論II
          M302, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          脳機能リハビリテーション学セミナー
          M611, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床実習III
          7226, 通年, 医学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          健康心理学II
          U108, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          脳機能リハビリテーション学特講
          D610, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端リハビリテーション科学特別研究
          M619, 通年, 医学研究科, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論F
          3228, 後期前半, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          卒業研究
          7229, 通年, 医学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          慢性看護学特論VI
          M316, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          がん看護学演習I
          M303, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          健康心理学II
          U108, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          緩和ケア論
          4315, 前期前半, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          総合臨床実習I
          7237, 後期, 医学部, 9
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          脳機能リハビリテーション学特別研究
          D612, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床実習IV
          7227, 後期前期, 医学部, 18
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床評価実習
          7236, 通年, 医学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          教育学特論I
          M620, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論F
          C323, 後期前半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          脳機能リハビリテーション学演習
          M610, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          脳機能リハビリテーション学特講演習
          D611, 通年, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人間健康科学III
          3203, 後期, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人間健康科学I
          3201, 前期, 医学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床コミュニケーション論I
          3216, 後期前半, 医学部, 1
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          リハビリテーション科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          脳機能リハビリテーション学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作業療法学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          共通課題ゼミ
          前期集中, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          リハビリテーション科学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          脳機能リハビリテーション学セミナー
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          脳機能リハビリテーション学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          脳機能リハビリテーション学特講演習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床実習IV
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床実習III
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床実習IV
          後期前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作業療法学特論
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          がん看護学演習I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          リハビリテーション科学特別研究(谷向)
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和ケア特論II
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          脳機能リハビリテーション学演習(谷向)
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          脳機能リハビリテーション学特講演習
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          脳機能リハビリテーション学セミナー(谷向)
          後期前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床実習III
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床実習IV
          後期前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          コンサルテーション
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          健康心理学II
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          健康心理学II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先端リハビリテーション科学特別研究(谷向)
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          卒業研究
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          慢性看護学特論VI
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          がん看護学演習I
          前期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和ケア特論II
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          緩和ケア論
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          脳機能リハビリテーション学演習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          脳機能リハビリテーション学特別研究
          通年, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床実習III
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床実習IV
          後期前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            広報委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            学術委員会
          list
            Last Updated :2022/08/06

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 評議員, 日本神経精神医学会
            • 評議員, 日本総合病院精神医学会

            ページ上部へ戻る