教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

小林 妙子

コバヤシ タエコ

生命科学研究科 高次生命科学専攻システム生物学講座 准教授

小林 妙子
list
    Last Updated :2022/08/12

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 細胞生物学, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 細胞生物学, 助教

    学内兼務

    • 高等研究院, 物質-細胞統合システム拠点, 連携助教

    所属学協会

    • 日本神経科学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 奈良女子大学, 理学部化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      四天王寺高校, してんのうじこうこう

    経歴

    • 自 2021年07月, 至 現在
      京都大学大学院生命科学研究科, 准教授
    • 自 2016年, 至 2021年06月
      京都大学ウイルス・再生医科学研究所, 助教
    • 自 2007年, 至 2016年
      京都大学 ウイルス研究所, 助教
    • 自 2005年, 至 2007年
      京都大学 ウイルス研究所, 助手
    • 自 2002年, 至 2005年
      京都大学大学院 生命科学研究科, 日本学術振興会特別研究員(PD)
    • 自 2000年, 至 2002年
      京都大学 ウイルス研究所, 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    プロフィール

    • プロフィール

      リソソーム機能による神経幹細胞の休眠・増殖の制御について興味をもって研究をしています。

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/12

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        神経幹細胞の休眠状態の制御について

      研究キーワード

      • タンパク質恒常性
      • リソソーム
      • 神経幹細胞
      • 包括脳ネットワーク
      • 細胞分化
      • タンパク質分解

      研究分野

      • ライフサイエンス, 発生生物学, 幹細胞
      • ライフサイエンス, 発生生物学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学

      論文

      • Direct visualization of the transition status during neural differentiation by dual-fluorescent reporter human pluripotent stem cells
        Gwanghyun Park; Minkyung Shin; Wonyoung Lee; Akitsu Hotta; Taeko Kobayashi; Yoichi Kosodo
        Stem Cell Reports, 2022年08月, 査読有り
      • Functional rejuvenation of aged neural stem cells by Plagl2 and anti-Dyrk1a activity
        Takashi Kaise; Masahiro Fukui; Risa Sueda; Wenhui Piao; Mayumi Yamada; Taeko Kobayashi; Itaru Imayoshi; Ryoichiro Kageyama
        Genes & Development, 2022年01月01日, 査読有り
      • Novel roles of small extracellular vesicles in regulating the quiescence and proliferation of neural stem cells
        Jingtian Zhang; Junki Uchiyama; Koshi Imami; Yasushi Ishihama; Ryoichiro Kageyama; Taeko Kobayashi
        Frontiers in Cell and Developmental Biology, 2021年08月20日, 査読有り
      • Lysosomes and signaling pathways for maintenance of quiescence in adult neural stem cells
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        The FEBS Journal, 2021年05月15日, 査読有り
      • Enhanced lysosomal degradation maintains the quiescent state of neural stem cells
        Taeko Kobayashi; Wenhui Piao; Toshiya Takamura; Hiroshi Kori; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Yumiko Iwamoto; Mayumi Yamada; Itaru Imayoshi; Seiji Shioda; Andrea Ballabio; Ryoichiro Kageyama
        Nature Communications, 2019年12月, 査読有り
      • Multi-layered control of gene activities ensures timely exit from stemness during asymmetric neural stem cell division
        KOMORI H; GOLDEN KI; KOBAYASHI T; KAGEYAMA R; LEE CY
        Genes & Development, 2018年12月, 査読有り
      • Multilayered gene control drives timely exit from the stem cell state in uncommitted progenitors during Drosophila asymmetric neural stem cell division
        Hideyuki Komori; Krista L. Golden; Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama; Cheng-Yu Lee
        Genes & Development, 2018年11月, 査読有り
      • Hes1の脱ユビキチン化酵素によるHes1の安定性と神経幹細胞分化制御
        小林妙子
        FEBS J., 2015年04月, 査読有り
      • Hes1の発現振動について
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Cell Cycle, 2014年10月, 査読有り
      • マウスHes遺伝子群の周期的発現振動の役割とメカニズム
        Yukiko Harima; Itaru Imayoshi; Hiromi Shimojo; Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Semin Cell Dev Biol., 2014年10月, 査読有り
      • 新規効率的細胞移植技術を活用した、マウスおよびヒト胚性幹細胞に由来する大脳皮質細胞の極性突起形成機構の解明
        Fumiaki Nagashima; Ikuo K. Suzuki; Atsunori Shitamukai; Haruko Sakaguchi; Misato Iwashita; Taeko Kobayashi; Shigenobu Tone; Kazunori Toida; Pierre Vanderhaeghen; Yoichi Kosodo
        Stem Cells Dev, 2014年09月, 査読有り
      • 発生過程や疾患におけるHes1の発現ダイナミクスと機能
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Curr Top Dev Biol., 2014年, 査読有り
      • Hes ファミリー
        小林妙子
        脳科学辞典, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • 腸の発生・ホメオスタシス・腫瘍形成におけるHes遺伝子の役割
        T. Ueo; I. Imayoshi; T. Kobayashi; T. Ohtsuka; H. Seno; H. Nakase; T. Chiba; R. Kageyama
        Development, 2012年02月08日, 査読有り
      • Hes1の発現振動はES細胞の異なる細胞応答に寄与する
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Genes, 2011年02月, 査読有り
      • Hes1はNotchシグナルを抑制することによりES細胞分化を制御する
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Genes to Cells, 2010年06月10日, 査読有り
      • ダイナミックな生命現象を制御するノッチシグナルにおける発現振動
        Ryoichiro Kageyama; Yasutaka Niwa; Hiromi Shimojo; Taeko Kobayashi; Toshiyuki Ohtsuka
        Current Topics in Developmental Biology, 2010年, 査読有り
      • 幹細胞分化の運命決定に寄与するリズム現象
        小林妙子; 影山龍一朗
        医学のあゆみ, 2010年, 査読有り
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells
        T. Kobayashi; H. Mizuno; I. Imayoshi; C. Furusawa; K. Shirahige; R. Kageyama
        Genes & Development, 2009年08月, 査読有り
      • NF-kBシグナル解析における動的な進展
        T. Kobayashi; R. Kageyama
        Science Signaling, 2009年07月, 査読有り
      • Requirement of multiple lysine residues for the transcriptional activity and the instability of Hes7
        Akiko Ishii; Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年07月, 査読有り
      • Roles of Hes genes in neural development
        Ryoichiro Kageyama; Toshiyuki Ohtsuka; Taeko Kobayashi
        Development, Growth & Differentiation, 2008年04月, 査読有り
      • bHLH 因子Hes1による神経分化制御
        影山龍一朗; 小林妙子
        蛋白質核酸酵素, 2008年, 査読有り
      • Involvement of valosin-containing protein (VCP)/p97 in the formation and clearance of abnormal protein aggregates
        Taeko Kobayashi; Atsushi Manno; Akira Kakizuka
        Genes to Cells, 2007年07月, 査読有り
      • Hes遺伝子ファミリー
        R. Kageyama; T. Ohtsuka; T. Kobayashi
        Development, 2007年02月, 査読有り
      • リジン残基を介したHes7 の転写抑制活性調節機構の解 析
        石井章子; 小林妙子; 影山龍一郎
        Neuro 2007 、横浜、2007, 2007年, 査読有り
      • 胚性幹細胞におけるHes1のオシレーション
        小林妙子; 水野浩彰; 影山龍一郎
        Neuro 2007 、 横浜、2007, 2007年, 査読有り
      • マチャドドジョセフ病の分子解析
        T. Kobayashi; A. Kakizuka
        Cytogenetic and Genome Research, 2003年10月, 査読有り
      • p97/VCPのATPase活性はPC12細胞における小胞体の品質管理に必要である
        Taeko Kobayashi; Keiko Tanaka; Kiyoshi Inoue; Akira Kakizuka
        Journal of Biological Chemistry, 2002年09月, 査読有り
      • DsbBの呼吸鎖と共役した酸化に必須の領域の同定
        Taeko Kobayashi; Yuki Takahashi; Koreaki Ito
        MOLECULAR MICROBIOLOGY, 2001年01月, 査読有り
      • 大腸菌のジスルフィド結合形成において呼吸鎖はDsbBのCXXCモチーフを強く酸化する
        T Kobayashi; K Ito
        EMBO Journal, 1999年03月, 査読有り
      • 呼吸鎖電子伝達系は好気的に増殖している大腸菌のDsbA-DsbBジスルフィド結合形成システムの酸化状態を維持するために必要である。
        T Kobayashi; S Kishigami; M Sone; H Inokuchi; T Mogi; K Ito
        PNAS, 1997年10月, 査読有り

      MISC

      • Deubiquitinating enzymes regulate Hes1 stability and neuronal differentiation
        Taeko Kobayashi; Yumiko Iwamoto; Kazuhiro Takashima; Akihiro Isomura; Yoichi Kosodo; Koichi Kawakami; Tomoki Nishioka; Kozo Kaibuchi; Ryoichiro Kageyama
        FEBS JOURNAL, 2015年07月
      • Hes1の脱ユビキチン化酵素はHes1タンパク質の安定性と機能を制御する
        小林妙子
        第87回日本生化学会大会、京都、国立京都国際会館, 2014年10月
      • Deubiquitination modulates Hes1 repressor activity by Hes1 protein stabilization
        Taeko Kobayashi
        5th International congress on stem cells and tissue formation, Dresden, Germany, 2014年07月
      • 転写因子 Hesl の発現振動による ES 細胞の分化調節機構 (第8回生物数学の理論とその応用)
        小林 妙子; 影山 龍一郎
        数理解析研究所講究録, 2012年06月
      • 転写因子Hes1 の発現振動によるES 細胞の分化調節機構
        小林妙子
        第18 回日本時間生物学会シンポジウム, 名古屋, 2011年11月, 招待有り
      • Hes1はNotchシグナルを抑制してES細胞の分化を制御する。
        小林妙子
        BMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)、神戸, 2010年12月
      • 転写因子Hes1の発現振動によるES細胞の分化調節機構
        小林妙子
        第3 回定量生物学年会、東京, 2010年11月, 招待有り
      • Hes1 contributes to diverse differentiation responses of ES cells by regulating Notch signaling.
        Taeko Kobayashi
        The Notch Meeting 2010, Athens, Greece, 2010年10月
      • 振動遺伝子Hesl はNotch シグナル制御を介してES 細胞の多様な分化応答に寄与する
        小林妙子; 影山龍一郎
        第33 回日本神経科学大会、神戸, 2010年09月
      • 振動遺伝子Hes1によるES細胞の分化調節機構
        小林妙子
        理研シンポジウム「細胞システムの動態と論理II」、理研和光, 2010年04月, 招待有り
      • 振動遺伝子Hes1が胚性幹細胞の多様な分化応答に寄与する
        小林妙子
        第2回定量生物の会、東京, 2010年01月
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of mouse embryonic stem (ES) cells by regulating Notch signaling activation
        Taeko Kobayashi; Ryoichiro Kageyama
        Neuroscience Research, 2010年01月, 招待有り
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells.
        小林妙子
        第82回 日本生化学会大会、神戸, 2009年10月
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells.
        Taeko Kobayashi; Hiroaki Mizuno; Itaru Imayoshi; Chikara Furusawa; Katsuhiko Shirahige; Ryoichiro Kageyama
        Genes & development, 2009年08月15日
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells
        Taeko Kobayashi; Hiroaki Mizuno; Itaru Imayoshi; Chikara Furusawa; Katsuhiko Shirahige; Ryoichiro Kageyama
        GENES & DEVELOPMENT, 2009年08月
      • MicroRNA-9 regulates the timing of neural stem cell differentiation by fine-tuning Hes1 expression in the developing cortex.
        Tan, S.L; Kageyama, R; Ohtsuka, T; Kobayashi, T
        第82回日本生化学会大会, 2009年, 査読有り
      • マウス胚性幹(ES)細胞におけるHes1の発現振動
        小林妙子
        第1回 定量生物の会、東京, 2009年01月
      • Oscillatory expression of Hes1 in mouse embryonic stem cells.
        Kobayashi T
        3rd International Symposium of the Institute Network. Oita, Feb 1-2, 2008., 2008年, 査読有り
      • 凝集タンパク質の分解過程におけるVCP/p97 の関与
        小林妙子; 萬野篤; 垣塚彰
        第78 回日本生化学会大会、神戸, 2005年

      講演・口頭発表等

      • Enhanced lysosomal degradation in the quiescent state of neural stem cells
        小林妙子
        22nd Biennial Meeting of the International Society of Developmental Neuroscience, 2018年05月24日
      • The role of enhanced lysosomal degradation in quiescent neural stem cells
        小林妙子
        International Young Scientists Workshop on Neural Development and Stem Cells, 2018年03月, 招待有り
      • 神経幹細胞の休眠状態を制御する分解機構
        小林妙子
        「次世代脳」プロジェクト 冬のシンポジウム、「脳構築の時計と場」「スクラップビルド」合同若手シンポジウム, 2017年12月
      • Enhanced lysosomal degradation in quiescent neural stem cells
        小林妙子
        iCeMS Retreat, 2017年10月, 招待有り
      • リソソーム活性の上昇は神経幹細胞の休眠状態を維持するのに必須である
        小林妙子
        BMB2015, 2015年12月01日
      • Deubiquitinating Enzymes Regulate Hes1 Stability and Neuronal Differentiation.
        小林妙子
        The CDB Symposium 2015 "Time in Development", 2015年03月23日
      • Hes1 の脱ユビキチン化酵素は Hes1 タンパク質の安定性と機能を制御する
        小林妙子
        第87 回日本生化学会大会, 2014年10月
      • 発現振動する転写因子Hes1 の 解析
        小林妙子
        シンポジウム「分子から生命へ」, 2014年07月26日, 招待有り
      • Deubiquitination modulates Hes1 repressor activity by Hes1 protein stabilization.
        小林妙子
        5th International Congress on Stem Cells and Tissue Formation, 2014年07月08日
      • Hes1の発現振動によるES細胞の分化調節機構
        小林妙子
        第18回日本時間生物学会シンポジウム, 2011年11月, 招待有り
      • 転写因子Hes1 の発現振動によるES 細胞の分化調節機構
        小林妙子
        第8回「生物数学の理論とその応用」ミニシンポジウム, 2011年11月, 招待有り
      • 幹細胞について
        小林妙子
        臨床検査部会講演会, 2011年02月03日, 招待有り
      • Hes1はNotchシグナルを抑制し てES細胞の分化を制御する
        小林妙子
        BMB2010, 2010年12月
      • 転写因子Hes1の発現振動によるES細胞の分化調節機構
        小林妙子
        定量生物学の会 第3回年会, 2010年11月, 招待有り
      • Hes1 contributes to diverse diffe rentiation responses of ES cells by regulatin g Notch signaling
        小林妙子
        The Notch Meeting 2010, 2010年10月
      • 振動遺伝子Hes1はNotchシグナ ル制御を介してES細胞の多様な分化応答に 寄与する
        小林妙子
        Neuro 2010, 2010年09月
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of mouse embryonic stem (ES) cells by regulating Notch signaling activation
        小林妙子
        第49回日本生体医工学会大会, 2010年06月, 招待有り
      • 振動遺伝子Hes1によるES細胞の分化調節機構
        小林妙子
        理研シンポジウム「細胞システムの動態と論理II」, 2010年04月, 招待有り
      • 転写因子Hes1の発現振動が胚性幹細胞の多様な分化応答に寄与する
        小林妙子
        神戸薬科大学 研究セミナー, 2009年10月15日, 招待有り
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells.
        小林妙子
        京都大学 大学院教育コース, 2009年10月09日, 招待有り
      • The cyclic gene Hes1 contributes to diverse differentiation responses of embryonic stem cells.
        小林妙子
        京都大学 大学院教育コース, 2009年07月24日, 招待有り
      • Hes1 oscillations contribute to diverse differentiation response of embryonic stem cells.
        小林妙子
        京都大学 大学院教育コース, 2008年07月02日, 招待有り
      • Oscillatory expression of Hes1 in mouse embryonic stem cells
        小林妙子
        第三回研究所ネットワーク国際シンポジウム, 2008年02月

      外部資金:科学研究費補助金

      • リソソームによる神経幹細胞の微少環境制御と加齢による変化の解析
        基盤研究(B)
        小区分44020:発生生物学関連
        京都大学
        小林 妙子
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        リソソーム;神経幹細胞;休眠状態;加齢;微小環境;成体脳
      • 成体神経幹細胞の休眠状態を制御する細胞内分解機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        小林 妙子
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        成体神経幹細胞;リソソーム;休眠状態;TFEB;神経幹細胞;細胞内分解機構
      • 転写因子Hes1タンパク質の翻訳後修飾による幹細胞機能制御
        基盤研究(C)
        京都大学
        小林 妙子
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        Hes1;オシレーション;翻訳後修飾;幹細胞分化;発現振動;リプレッサー活性;タンパク質分解;神経幹細胞
      • ユビキチン修飾系による転写因子Hes1タンパク質の安定化と幹細胞制御
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        小林 妙子
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        脱ユビキチン化酵素;Hes1;オシレーション;神経幹細胞;ユビキチン;タンパク質分解
      • 幹細胞の多様化機構の分子基盤の解明および均一分化方法の開発
        若手研究(A)
        京都大学
        小林 妙子
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        Hes1;オシレーション;幹細胞分化;ES細胞;転写因子;翻訳後修飾;ユビキチン化;不均一性
      • 細胞分化のタイミングを制御する転写因子Hesの分解システムの解明
        若手研究(B)
        京都大学
        小林 妙子
        完了
        細胞内タンパク質分解;転写因子の発現振動(オシレーション);Hes1;オシレーション;ES細胞分化;不均一性;Hes7;タンパク質分解;ユビキチン化;リプレッサー活性;DNA結合;二量体化;リジン残基

      外部資金:その他

      • 幹細胞の多様化機構の分子基盤の解明および均一分化方法の開発
        武田科学振興財団 ライフサイエンス研究奨励
        自 2010年, 至 2015年
        小林妙子
      list
        Last Updated :2022/08/12

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習A
          2006, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          シグナル伝達学特論
          1029, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 前期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 前期不定, 生命科学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習B
          2007, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習C
          2008, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Global Frontier in Life Science B
          1033, 後期集中, 生命科学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物・生命科学入門
          N484, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実験及び演習D
          2009, 後期不定, 生命科学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          高次生命科学特別演習
          5013, 後期不定, 生命科学研究科, 4
        • ポケットゼミ
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/08/12

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学物質管理員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            化学物質管理委員会 委員

          ページ上部へ戻る