教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

森本 幸生

モリモト ユキオ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 教授

森本 幸生
list
    Last Updated :2022/08/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 物理学・宇宙物理学専攻 核物性学講座, 教授

    所属学協会

    • 日本蛋白質科学会
    • 日本放射光学会
    • 日本生物物理学会
    • 日本生化学会
    • 日本化学会
    • 日本結晶学会

    学位

    • 工学修士(鳥取大学)
    • 理学博士(大阪大学)

    出身大学院・研究科等

    • 大阪大学, 大学院理学研究科博士後期課程高分子学専攻, 修了
    • 鳥取大学, 大学院工学研究科修士課程工業化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 鳥取大学, 工学部工業化学科, 卒業

    経歴

    • 自 1996年, 至 2003年
      姫路工業大学大学院理学研究科
    • 自 1996年, 至 2003年
      姫路工業大学
    • 自 1991年, 至 1996年
      徳島大学工学部, Faculty of Engineering
    • 自 1991年, 至 1996年
      徳島大学
    • 自 1987年, 至 1991年
      姫路工業大学理学部
    • 自 1987年, 至 1991年
      姫路工業大学
    • Associate Professor
    • Associate Professor
    • Research Assistant

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        超分子複合体の構造と機能の相関
      • 研究概要

        複合体を形成する蛋白質集合体の立体構造と機能発現の相関を探る。特に複合体を形成して初めて機能を生み出す仕組みついて、原子レベル、分子レベルで解明する。手法は放射光、中性子を利用した散乱、回折方法である。

      研究キーワード

      • 構造生物学
      • Structural Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 構造生物化学

      論文

      • STRUCTURE OF A CUMULENE BEARING BULKY SUBSTITUENTS - X-RAY STUDY OF 1,1,4,4-TETRAKIS(TRIMETHYLSILYL)BUTATRIENE
        Y MORIMOTO; Y HIGUCHI; K WAKAMATSU; K OSHIMA; K UTIMOTO; N YASUOKA
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 1989年02月, 査読有り
      • Hydrogen/Deuterium Exchange Behavior During Denaturing/Refolding Processes Determined in Tetragonal Hen Egg-White Lysozyme Crystals
        A. Kita; Y. Morimoto
        Mol Biotechnol., 2022年01月, 査読有り
      • 2P298 シアノバクテリアの新規青色光受容体PixDの構造、光受容機構の解析(光生物 A) 視覚・光受容))
        岡島 公司; 喜田 昭子; 福島 佳優; 落合 有里子; 柴田 穣; 片山 光徳; 森本 幸生; 伊藤 繁; 三木 邦夫; 池内 昌彦
        生物物理, 2005年
      • 特集「タンパク質結晶学のブレイクスルー」にあたって
        神谷 信夫; 野中 孝昌; 森本 幸生
        日本結晶学会誌, 2003年02月28日
      • 特集「構造生物学研究の新展開」発刊によせて
        森本 幸生; 若槻 壮市
        日本結晶学会誌, 2010年02月28日
      • 入門講座「タンパク質結晶構造解析入門-ブラックボックスの中身-」を始めるにあたって
        森本 幸生
        日本結晶学会誌, 2006年06月30日
      • 2P009 乳酸酸化酵素変異体のX線結晶構造解析 : 活性部位のFMNに及ぼす影響(蛋白質 A) 構造)
        梅名 泰史; 頼田 和子; 松岡 毅; 阿部 真琴; 喜田 昭子; 福井 清; 森本 幸生
        生物物理, 2004年
      • 2P085 顕微分光で観測した高分子量チトクロム分子のX線照射による還元反応(ヘム蛋白質)
        佐藤 翠; 森本 幸生; 柴田 直樹; 小森 博文; 高山 裕生; 小澤 潔; 阿久津 秀雄; 樋口 芳樹
        生物物理, 2004年
      • 2C1615 硫酸還元菌由来高分子量チトクロムcのX線結晶構造解析
        須藤 恭子; 柴田 直樹; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        生物物理, 2000年
      • 2PA066 大腸菌トリプトファン合成酵素βサブユニットの精製および結晶化
        西尾 和也; 森本 幸生; 柴田 直樹; 小笠原 京子; 油谷 克英; 安岡 則武
        生物物理, 1999年
      • 2PA065 ラット肝臓由来ミトコンドリア膜輸送促進因子(MSF)の分子充填と高分解能回折
        宮崎 忠嗣; 森本 幸生; 柴田 直樹; 小宮 徹; 坂口 雅郎; 三原 勝芳; 安岡 則武
        生物物理, 1999年
      • イメージングプレートに記録されたX線回折強度データの処理システムの開発
        藤井 功; 三木 邦夫; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1988年
      • イメージング・プレートを用いた硫酸還元菌ヒドロゲナーゼ結晶のX線回折データの収集と評価
        藤本 聖; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武; 八木 達彦; 井口 洋夫
        日本結晶学会誌, 1987年
      • ウシ肝臓20SプロテアソームのX線結晶構造解析
        海野 昌喜; 富杉 佳計; 水島 恒裕; 森本 幸生; 安岡 則武; 田中 啓二; 月原 冨武
        日本結晶学会誌, 1998年
      • q Diol dehydratase-cyanocobalamin複合体のX線結晶構造解析
        増田 純; 山口 徹也; 柴田 直樹; 森本 幸生; 飛松 孝正; 虎谷 哲夫; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1998年
      • Rhodobacter palustris由来単量体型Cytochrome c'の構造精密化と分子表面電荷分布の比較
        柴田 直樹; 射場 聡明; 岬 真太郎; 樋口 芳樹; 森本 幸生; Meyer T.; Cusanovich M.A; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1997年
      • FMN結合蛋白質の結晶構造解析と低温結晶のX線回折実験
        須藤 恭子; 柴田 直樹; 森本 幸生; 北村 昌也; 仲谷 忠雄; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1997年
      • 大腸菌―本鎖DNA結合タンパク質のシステイン導入による構造解析
        松本 崇; 柴田 直樹; 森本 幸生; 月原 冨武; 嶋本 伸雄; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1997年
      • Rhodobacter palustrisに含まれるチトクロムc'の分子置換法による構造解析
        射場 聡明; 岬 真太郎; 樋口 芳樹; 森本 幸生; MEYER T.E.; CUSANOVICH M.A.; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1996年
      • アデノシルコバラミンに関与する酵素ジオールデヒドラーゼの結晶化
        樋口 佳則; 岬 真太郎; 森本 幸生; 飛松 孝昌; 虎谷 哲夫; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1996年
      • D. vulgaris Miyazakiの高分子量チトクロムc (Hmc) の結晶学的研究
        吉村 和高; 樋口 芳樹; 岬 真太郎; 森本 幸生; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1996年
      • 牛肝プロテアソームの結晶学的研究
        森本 幸生; 水島 恒裕; 棚橋 信行; 田中 啓二; 月原 冨武
        日本結晶学会誌, 1994年
      • 自動結晶化装置による超分子複合体の結晶化
        八木 亜希子; 水島 恒裕; 佐藤 孝雄; 森本 幸生; 月原 冨武; 渋谷 明宏; 後藤 寿夫; 田中 啓二; 市原 明
        日本結晶学会誌, 1993年
      • 分子置換法を用いた硫酸還元菌ルブレドキシンの構造研究
        杉山 成; 伊中 浩治; 松島 正明; 森川 耿右; 森本 幸生; 八木 達彦; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1991年
      • Crystallographic Workstation I. UNIXマシンによる結晶構造解析システムの開発
        森本 幸生; 藤井 功; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1990年
      • Crystallographic Workstation II. UNIXマシンによる3次元分子表示プログラムの作成
        藤井 功; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1990年
      • ヒドロゲナーゼの重原子同型置換法による低分解能結晶構造解析
        岡本 卓也; 樋口 芳樹; 森本 幸生; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1990年
      • ジチオアミニルラジオルの2量体の結晶構造
        杉山 成; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武; 三浦 洋三
        日本結晶学会誌, 1990年
      • 分子置換法による硫酸還元菌 (Hildenborough株) チトクロムC3の構造解析
        谷 利樹; 森本 幸生; 樋口 芳樹; 安岡 則武
        日本結晶学会誌, 1989年
      • ネイティブ・ヒドロゲナーゼ結晶の異常分散効果を利用した低分解能結晶構造解析
        樋口 芳樹; 藤本 聖; 森本 幸生; 安岡 則武; 八木 達彦; 井口 洋夫
        日本結晶学会誌, 1988年
      • Crystal structure analysis of the 20S proteasome grown in space: Comparison between space and ground crystals
        Y. Morimoto; M. Kamo; N. Furubayashi; Y. Higashino; K. Inaka
        Int. J. Microgravity Sci. Appl, 2020年10月, 査読有り
      • 構造研究における宇宙・微小重力環境の利用―高精度抗がん剤開発のために―
        森本幸生; 加茂昌之; 古林直樹; 東野ゆうき; 伊中浩治
        放射線生物研究, 2020年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals affected by solution state
        Akiko Kita; Yukio Morimoto
        Journal of Applied Crystallography, 2020年06月01日, 査読有り
      • Organomercury Captured by Lyase Overexpressed <i>Escherichia coli</i> and Its Evaluation by <i>In-Cell</i> Radiometry*
        Yukio Morimoto; Koichi Takamiya
        Advances in Enzyme Research, 2020年
      • Six tris(bipyridyl)iron(II) complexes with 2-substituted 1,1,3,3-tetracyanopropenide, perchlorate and tetrafluoridoborate anions; order versus disorder, hydrogen bonding and C—N...π interactions
        Abderezak Addala; Zouaoui Setifi; Yukio Morimoto; Be; n } }at Artetxe; Takashi Matsumoto; Juan M. Guti{\'{e } }rrez-Zorrilla, Christopher Glidewell
        Acta Crystallographica Section E Crystallographic Communications, 2018年12月, 査読有り
      • Preparation of F1Fo-ATP Synthase as a Whole Body Complex from Bovine Heart for Structural Analaysis by Cryo-electron Microscopy and X-ray Crystallography
        C.Jiko; A.Uehara; C.Gerle; Y.Morimoto
        KURRI Progress Report 2017, 2018年03月
      • Studies on the Binding Mechanism and Stoichiometry of Mercury Atoms in an Organomercury Lyase from Smeared Solution by an in-cell Radioactivation Analysis
        K.Takamiya; Y.Morimoto
        KURRI Progress Report 2017, 2018年03月
      • Complex structure of Irons Coordinated with Hydrophillic Polymer 18. Application for Mataric Plating on Resin Surface (2).
        A.Kawaguchi; Y.Morimoto
        KURRI Progress Report 2017, 2018年03月
      • Crystal structure of octocoral lectin SLL-2 complexed with Forssman antigen tetrasaccharide
        Akiko Kita; Mitsuru Jimbo; Ryuichi Sakai; Yukio Morimoto; Ryota Takeuchi; Hiroshi Tanaka; Takashi Takahashi; Kunio Miki
        GLYCOBIOLOGY, 2017年08月, 査読有り
      • Inhibitory effects of local anesthetics on the proteasome and their biological actions
        Udin Bahrudin; Masaki Unno; Kazuya Nishio; Akiko Kita; Peili Li; Masaru Kato; Masashi Inoue; Shunichi Tsujitani; Takuto Murakami; Rina Sugiyama; Yasushi Saeki; Yuji Obara; Keiji Tanaka; Hiroshi Yamaguchi; Isao Sakane; Yasushi Kawata; Toshiyuki Itoh; Haruaki Ninomiya; Ichiro Hisatome; Yukio Morimoto
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年07月, 査読有り
      • Complex Structure of Ions Coordinated with Hydrophilic Polymer. 17. Inner Precipitation of Inorganic Salt as Fillers and Their Dissolution.
        A.Kawaguchi; Y.Morimoto
        KURRI Progress report 2016, 2017年03月, 査読有り
      • Evaluation of molecular perturbation of a deuterated protein by temperature factor refinement in X-ray structural analysis of high-resolution diffraction data
        T. Uemura; A. Kita; Y. Morimoto
        J.Biotech.Biomat., 2016年10月, 査読有り
      • Structural insight into protein binding of boron tracedrug UTX-97 revealed by the co-crystal structure with lysozyme at 1.26 Å resolution
        Y. Morimoto; H. Nagasawa; Y. Uto; T. Chatake; H. Hori
        J.Pharm.Sci., 2016年08月, 査読有り
      • Structural Insights of the Degradation Scheme of Yeast 20S Proteasome Studied by Genetic Mutation and AFM Motion Imaging
        H.Yamaguchi; T.Amako; M.Unno; U.Hisatome; K.Hosokawa; Y.Morimoto
        KURRI Progress report 2015, 2016年03月, 査読有り
      • Complex Structure of Ions Coordinated with Hydrophilic Polymer. 1 6. Application for Metaric Plating on Resin Surface . (1)
        A.Kawaguchi; Y.Morimoto
        KURRI Pogress report 2015, 2016年03月, 査読有り
      • An Effective Deuterium Exchange Method for Neutron Crystal Structure Analysis with Unfolding–Refolding Processes
        A.Kita; Y.Morimoto
        Mol Biotechnol, 2016年02月, 査読有り
      • The catalytic mechanism of decarboxylative hydroxylation of salicylate hydroxylase revealed by crystal structure analysis at 2.5 Å resolution
        T. Uemura; A. Kita; Y. Watanabe; M. Adachi; R. Kuroki; Y. Morimoto
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2016年01月, 査読有り
      • Subunit arrangement of a 2-ketoisovalerate ferredoxin oxidoreductase from Thermococcus profundus revealed by a low resolution X-ray analysis
        Y. Ozawa; Y. Umena; T. Imai; Y. Morimoto
        Advances in Enzyme Research, 2015年10月, 査読有り
      • Crystal structure of a symbiosis-related lectin from octocoral
        Akiko Kita; Mitsuru Jimbo; Ryuichi Sakai; Yukio Morimoto; Kunio Miki
        GLYCOBIOLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Direct observation of the proton or protonation in a protein molecule by neutron and high resolution X -ray joint analysis
        Y.Morimoto
        KURRI Progress report 2014, 2015年03月, 査読有り
      • Crystal structure of Boron tracedrug: (2-{[3,5-bis(1,1-dimethylethyl)- 4-hydroxyphenyl](5-methyl-2H-pyrrol-2-ylidene)-methyl}-5-methyl-1H-pyrrolato-k2NN’ )difluoridoboron
        Y. Morimoto; K. Ogawa; Y. Uto; H. Nagasawa; H. Hori
        Acta Cryst. E, 2015年, 査読有り
      • ヘモグロビン
        森本幸生
        日本の結晶学II, 2014年11月, 査読有り
      • X-ray structure determination and deuteration of nattokinase
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Chieko Yatagai; Hiroyuki Sumi; Akio Kawaguchi; Kaori Chiba-Kamosida; Megumi Ogawa; Tatsumi Adachi; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2013年11月, 査読有り
      • X-ray structure determination and deuteration of nattokinase
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Chieko Yatagai; Hiroyuki Sumi; Akio Kawaguchi; Kaori Chiba-Kamosida; Megumi Ogawa; Tatsumi Adachi; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2013年11月, 査読有り
      • 生体分子の中性子単結晶回折(第一回)
        茶竹俊行; 森本幸生
        波紋, 2013年10月, 査読有り
      • Increasing the electron-transfer ability of Cyanidioschyzon merolae ferredoxin by a one-point mutation - A high resolution and Fe-SAD phasing crystal structure analysis of the Asp58Asn mutant
        Yuko Ueno; Takashi Matsumoto; Akihito Yamano; Takeo Imai; Yukio Morimoto
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2013年07月12日, 査読有り
      • Complex Structure of Ions Coordinated with Hydrophilic Polymer. 12: Stain Growth on Composite under DC Field.
        A. Kawaguchi; Y. Gotoh; Y. Morimoto
        KURRI Prog. Rep. 2011, 237-237., 2012年10月01日
      • High-resolution X-ray study of the effects of deuteration on crystal growth and the crystal structure of proteinase K
        Toshiyuki Chatake; Takuya Ishikawa; Yasuhide Yanagisawa; Taro Yamada; Ichiro Tanaka; Satoru Fujiwara; Yukio Morimoro
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2011年11月, 査読有り
      • Cyanidioschyzon merolae ferredoxin: A high resolution crystal structure analysis and its thermal stability
        Asami Yamaoka; Yukiko Ozawa; Yuko Ueno; Tsukasa Endo; Yukio Morimoto; Akio Urushiyama; Daijiro Ohmori; Takeo Imai
        FEBS LETTERS, 2011年05月, 査読有り
      • Cyanidioschyzon merolae ferredoxin: A high resolution crystal structure analysis and its thermal stability
        Asami Yamaoka; Yukiko Ozawa; Yuko Ueno; Tsukasa Endo; Yukio Morimoto; Akio Urushiyama; Daijiro Ohmori; Takeo Imai
        FEBS LETTERS, 2011年05月, 査読有り
      • Time of Flight Neutron Diffractometer Dedicated to Structural Biology
        T. CHATEKE; Y. MORIMOTO; K. KUSAKA; I. TANAKA; N. NIIMURA
        KENS Report, 2011年
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction experiment of nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Kaori Chiba-Kamoshida; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Hiroyuki Sumi; Ichiro Yasuda; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2010年12月, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction experiment of nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Kaori Chiba-Kamoshida; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Hiroyuki Sumi; Ichiro Yasuda; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2010年12月, 査読有り
      • Protonation states of histidine and other key residues in deoxy normal human adult hemoglobin by neutron protein crystallography
        Andrey Kovalevsky; Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Takuya Ishikawa; Marat Mustyakimov; S. Zoe Fisher; Paul Langan; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2010年11月, 査読有り
      • Protonation states of histidine and other key residues in deoxy normal human adult hemoglobin by neutron protein crystallography
        Andrey Kovalevsky; Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Takuya Ishikawa; Marat Mustyakimov; S. Zoe Fisher; Paul Langan; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2010年11月, 査読有り
      • Large conformational changes in the Escherichia coli tryptophan synthase β2 subunit upon pyridoxal 5′-phosphate binding
        K. Nishio; K. Ogasahara; Y. Morimoto; T. Tsukihara; S.J. Lee; K. Yutani
        FEBS Journal, 2010年05月, 査読有り
      • Direct Determination of Protonation States of Histidine Residues in a 2 angstrom Neutron Structure of Deoxy-Human Normal Adult Hemoglobin and Implications for the Bohr Effect
        Andrey Y. Kovalevsky; Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Takuya Ishikawa; Marat Mustyakimov; Zoe Fisher; Paul Langan; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2010年04月, 査読有り
      • An Approach to DNA Crystallization Using the Thermal Reversible Process of DNA Duplexes
        Toshiyuki Chatake; Gen Sazaki; Tatsuhiko Kikkou; Satoru Fujiwara; Takuya Ishikawa; Osamu Matsumoto; Yukio Morimoto
        CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 2010年03月, 査読有り
      • An Approach to DNA Crystallization Using the Thermal Reversible Process of DNA Duplexes
        Toshiyuki Chatake; Gen Sazaki; Tatsuhiko Kikkou; Satoru Fujiwara; Takuya Ishikawa; Osamu Matsumoto; Yukio Morimoto
        CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 2010年03月, 査読有り
      • Structural Insights on the Mammalian Supra-Macromolecular Complex and its Subunit Exchanges
        Yukio Morimoto
        Viva Origin, 2010年, 査読有り
      • SAXS and SANS Observations of Abnormal Aggregation of Human alpha-Crystallin
        Masaaki Sugiyama; Norihiko Fujii; Yukio Morimoto; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Toshiharu Fukunaga; Noriko Fujii
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • SAXS and SANS Observations of Abnormal Aggregation of Human alpha-Crystallin
        Masaaki Sugiyama; Norihiko Fujii; Yukio Morimoto; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Toshiharu Fukunaga; Noriko Fujii
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • Crystal structure of the de-ubiquitinating enzyme UCH37 (human UCH-L5) catalytic domain
        Kazuya Nishio; Sang-Woo Kim; Kentaro Kawai; Tsunehiro Mizushima; Takashi Yamane; Jun Hamazaki; Shigeo Murata; Keiji Tanaka; Yukio Morimoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2009年12月, 査読有り
      • SANS simulation of aggregated protein in aqueous solution
        Masaaki Sugiyama; Kei Hamada; Koichi Kato; Eiji Kurimoto; Kenta Okamoto; Yukio Morimoto; Susumu Ikeda; Sachio Naito; Michihiko Furusaka; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Toshiharu Fukunaga
        NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT, 2009年02月, 査読有り
      • Study of Effect of Deuteration on Crystal Structure of Proteinase K by High Resolution X-ray Diffraction Technique
        T. Ishikawa; T. Chatake; A. Kawaguchi; Y. Yanagisawa; S. Fujiwara; Y. Morimoto
        KURRI Progress Report 2009, 2009年
      • Purification and Crystallization of Nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Y. Yanagisawa; T. Chatake; T. Ishikawa; Y. Morimoto; I. Yasuda; T. Ohsugi; H. Sumi
        KURRI Progress Report 2009, 2009年
      • Large Scale Preparation of Bio-Macromolecules with a Jar-Fermentor System to Deuterium Treatments
        T. Chatake; T. Saito; N. Fujii; Y. Morimoto
        KURRI Progress Report 2009, 2009年
      • Crystallization of Ribonuclease A and H/D Exchange for Neutron Diffraction Experiment
        T. Chatake; S. Fujiwara; Y. Morimoto
        KURRI Progress Report 2009, 2009年
      • デオキシヘモグロビンの中性子結晶構造解析
        茶竹俊行; 森本幸生
        生物物理 49、 suppl.1、 S20, 2009年
      • Assembly state of proteasome activator 28 in an aqueous solution as studied by small-angle neutron scattering
        M.Sugiyama; E.Kurimoto; Y.Morimoto; H.Sahashi; E.Sakata; K.Hamada; K.Itoh; K.Mori; T.Fukunaga; Y.Minami; K.Kato
        J. Phys. Soc. Jpn., 2009年
      • An abnormal pK(a) value of internal histidine of the insulin molecule revealed by neutron crystallographic analysis
        Takuya Ishikawa; Toshiyuki Chatake; Yukio Morimoto; Mitsuru Maeda; Kazuo Kurihara; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年11月, 査読有り
      • 中性子小角散乱で見るタンパク質の異常凝集
        杉山正明; 藤井紀子; 森本幸生; 福永俊晴
        波紋, 2008年10月, 査読有り
      • 中性子小角散乱で見るタンパク質の異常凝集
        杉山正明; 藤井紀子; 森本幸生; 福永俊晴
        波紋, 2008年10月, 査読有り
      • Hydrogen bonds of DsrD protein revealed by neutron crystallography
        Toshiyuki Chatake; Yoshiki Higuchi; Nobuhiro Mizuno; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2008年05月, 査読有り
      • Preliminary time-of-flight neutron diffraction study of human deoxyhemoglobin
        A. Y. Kovalevsky; T. Chatake; N. Shibayama; S. -Y. Park; T. Ishikawa; M. Mustyakimov; S. Z. Fisher; P. Langan; Y. Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2008年04月, 査読有り
      • Structural evolution of human recombinant alpha B-crystallin under UV irradiation
        Masaaki Sugiyama; Noriko Fujii; Yukio Morimoto; Sakie Kurabayashi; Martin E. Vigild; Tatsuo Nakagawa; Takashi Sato; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Toshiharu Fukunaga
        BIOMACROMOLECULES, 2008年02月, 査読有り
      • パルス中性子によるヘモグロビンの結晶構造解析と分子内プロトン機能の解明
        茶竹俊行; 石川卓哉; Andrey KOvalevsky; 柴山修哉; 朴三用; Marat Mustyakimov; Paul Langan; 森本幸生
        KENS REPORT 2006-2008, 2008年
      • Preliminary expriment for neutron diffraction study of proteinase K
        T. Chatake; T. Ishikawa; A. Kawaguchi; Y. Morimoto; Y. Yanagisawa; I. Tanaka
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • 中性子散乱で見るタンパク質の異常凝集 (SANS observation of abnormal aggregation of protein)
        杉山正明; 藤井紀子; 森本幸生; 福永俊晴
        日本中性子科学会誌「波紋」, 2008年
      • Protonation states of buried histidine residues in human deoxyhemoglobin revealed by neutron crystallography
        Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Kazuo Kurihara; Taro Tamada; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura; Ryota Kuroki; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年12月, 査読有り
      • Protocol of Refinement in neutron crystallographic analysis
        T. Chatake; Y. Morimoto
        波紋, 2007年10月
      • Crystallographic study on the interaction of L-lactate oxidase with pyruvate at 1.9 angstrom resolution
        Shu Jie Li; Yasufumi Umena; Kazuko Yorita; Takeshi Matsuoka; Akiko Kita; Kiyoshi Fukui; Yukio Morimoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年07月, 査読有り
      • Determination of the role of the carboxyl-terminal leucine-122 in FMN-binding protein by mutational and structural analysis
        Masaya Kitamura; Koji Terakawa; Hideo Inoue; Takuto Hayashida; Kyoko Suto; Yukio Morimoto; Noritake Yasuoka; Naoki Shibata; Yoshiki Higuchi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2007年04月, 査読有り
      • Shape of a-crystallin analyzed by small-angle neutron scattering
        Masaaki Sugiyama; Noriko Fujii; Yukio Morimoto; Toshiya Otomo; Shinichi Takata; Masakatsu Misawa; Masahiko Annaka; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Takashi Sato; Sakie Kurabayashi; Toshiharu Fukunaga
        JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY, 2007年04月, 査読有り
      • 「量子ビーム利用研究の最前線」放射光・中性子結晶解析によるタンパク質の構造機能研究
        森本幸生
        波紋, 2007年01月, 査読有り
      • Age-related changes of alpha-crystallin aggregate in human lens
        N. Fujii; Y. Shimmyo; M. Sakai; Y. Sadakane; T. Nakamura; Y. Morimoto; T. Kinouchi; Y. Goto; K. Lampi
        AMINO ACIDS, 2007年01月, 査読有り
      • Structure and Functional studies on Proteins by Synchrtron and Neutron Crystallography
        Y. Morimoto
        HAMON, 2007年
      • The crystal structure of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans at 2.1 angstrom resolution reveals the mechanism of strict substrate recognition
        Yasufumi Umena; Kazuko Yorita; Takeshi Matsuoka; Akiko Kita; Kiyoshi Fukui; Yukio Morimoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2006年11月, 査読有り
      • Preliminary X-ray Studies of L-lactate oxidase R181M mutant –;; products complex.
        Y. Umena; K. Yorita; A. Kita; Y. Morimoto
        SPring-8 User Experiment Rep, 2006年, 査読有り
      • Neutron Diffraction Studies on Proteins Complexed with Pharmaceutical and Chemical Compounds ? Inspection of Three-Dimensional Structure inside Molecules ?
        Y.Morimoto
        KURRI Prog. Rep 2005, 2006年
      • 放射光・中性子結晶解析によるタンパク質の構造機能研究
        森本幸生
        日本中性子科学会誌\n, 2006年
      • Complex structure of ions coordinated with hydrophilic polymer. 7
        A. Kawaguchi; Y. Gotoh; Y. Morimoto
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • Structure of a cyanobacterial BLUF protein, Tll0078, containing a novel FAD-binding blue light sensor domain
        A Kita; K Okajima; Y Morimoto; M Ikeuchi; K Miki
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2005年05月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray diffraction study of L-lactate oxidase (LOX), R181M mutant, from Aerococcus viridans
        Y Umena; K Yorita; T Matsuoka; M Abe; A Kita; K Fukui; T Tsukihara; Y Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2005年04月, 査読有り
      • Conformational changes in the alpha-subunit coupled to binding of the beta(2)-subunit of tryptophan synthase from Escherichia coli: Crystal structure of the tryptophan synthase alpha-subunit alone
        K Nishio; Y Morimoto; M Ishizuka; K Ogasahara; T Tsukihara; K Yutani
        BIOCHEMISTRY, 2005年02月, 査読有り
      • ボロン化合物タンパク質複合体の中性子解析による分子内損傷の構造生物学的研究
        森本幸生
        第9回日本原子力研究所黎明研究報告会要旨集, 2005年
      • The increase of heterogeneity and size of alpha-crystallin aggregate in human lens during aging.
        N. Fujii; M. Sugiyama; Y. Morimoto
        KURRI Prog. Rep., 2005年
      • 2.5Å分解能結晶構造にもとづく牛肝臓20Sプロテアソームの抗原提示機構の解明
        森本幸生
        基盤研究(C)(2)報告書, 2005年
      • Structural Biology of the Internal Protein Molecules by the Neutron Diffraction Studies of Boron-Binding Protein Complexes
        Y. Morimoto
        The 9th Report of REIMEI、 JAERI, 2005年
      • タンパク質のX線構造解析
        森本幸生; 三木邦夫
        ぶんせき\n, 2005年
      • X-Ray Structure Analysis of Proteins
        Y. Morimoto; K. Miki
        BUNSEKI, 2005年
      • Correlation between annihilation of radiation defects and tritium release in Li2TiO3
        M Oyaidzu; Y Morimoto; H Kodama; M Sasaki; H Kimura; K Munakata; M Okada; K Kawamoto; H Moriyama; M Nishikawa; K Okuno
        JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS, 2004年08月, 査読有り
      • Crystallization and MAD data collection of high-molecular weight cytochrome C from Desulfovibrio vulgaris miyazaki F
        N Shibata; K Suto; E Ichimura; K Yoshimura; K Muneo; S Tomigami; Y Morimoto; M Ogata; T Yagi; Y Higuchi; N Yasuoka
        PROTEIN AND PEPTIDE LETTERS, 2004年02月, 査読有り
      • X-ray induced reduction of the crystal of high-molecular weight cytochrome c revealed by microspectrophotometry
        M Sato; N Shibata; Y Morimoto; Y Takayama; K Ozawa; H Akutsu; Y Higuchi; N Yasuoka
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2004年01月, 査読有り
      • Crystal structure of Tryptophan Synthase a subunit from Escherichiacoli
        K.Nishio; Y.Morimoto; M.Ishiduka; E.Yamashita; K.Ogasawara; K.Yutani; T.Tsukihara
        SPring-8 User Experiment Report, 2004年
      • Crystal structure analysis of the fully oxidized High Molecular-WeightCytochrome (HMC)
        Y.Morimoto; M.Sato; N.Shibata; Y.Higuchi
        SPring-8 User Experiment Report, 2004年
      • 中性子科学への招待−中性子入門−
        森本幸生; 池田,新井
        日本結晶学会誌\n, 2004年
      • Invitation to the Neutron Science - An Introduction on Neutron
        Y. Morimoto; Y. Morii; S. Ikeda; M. Arai
        J. Cryst. Soc. Jpn, 2004年
      • Neutron diffraction studies on amino acids and chemical compounds
        Y. Morimoto
        KURRI Progress Report, 2004年, 査読有り
      • The Future of the Protein Crystallography and the Structural Biology
        T. Nonaka; N. Kamiya; Y. Morimoto
        J. Cryst. Soc. Jpn, 2003年
      • 蛋白質結晶学における二次元検出器の利用
        森本幸生
        日本結晶学会誌 \n, 2003年
      • Two-Dimensional Detectors in the Protein Crystallography
        Y. Morimoto
        J. Cryst. Soc. Jpn, 2003年
      • Structural biology developed by the neutron and synchrotron radiation facilities
        Y. Morimoto; A. Kita
        KURRI Progress Report, 2003年, 査読有り
      • Substrate-induced conformational change of a coenzyme B-12-dependent enzyme: Crystal structure of the substrate-free form of diol dehydratase
        N Shibata; J Masuda; Y Morimoto; N Yasuoka; T Toraya
        BIOCHEMISTRY, 2002年10月, 査読有り
      • The crystal structure of coenzyme B-12-dependent glycerol dehydratase in complex with cobalamin and propane-1,2-diol
        M Yamanishi; M Yunoki; T Tobimatsu; H Sato; J Matsui; A Dokiya; Y Iuchi; K Oe; K Suto; N Shibata; Y Morimoto; N Yasuoka; T Toraya
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2002年09月, 査読有り
      • The structure of the mammalian 20S proteasome at 2.75 angstrom resolution
        M Unno; T Mizushima; Y Morimoto; Y Tomisugi; K Tanaka; N Yasuoka; T Tsukihara
        STRUCTURE, 2002年05月, 査読有り
      • Diffraction Check and Crystallographic study of High-molecular weightcytochrome c
        Y.Morimoto; K.Suto; M.Nakabayashi; N.Shibata; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2002年
      • A Conventional Phasing Technique in Protein Crystallography by Rb orBr soaking crystals with use of Multiple-wavelength Anomalous Diffraction(MAD) data
        Y.Morimoto; K.Suto; N.Shibata; T.Hayashida; Y.Umena; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2002年
      • Neutronics Experiment of 6Li2TiO3/Be/F82H assembly using d-T Nuetron
        K. Ochiai; A. Klix; J. Hori; Y. Morimoto; M. Wada; T. Nishitani
        J. Nucl. Sci. Technol.\n, 2002年, 査読有り
      • Radical production simulated by photoirradiation of the diol dehydratase-adeninylpentylcobalamin complex
        J Masuda; N Shibata; Y Morimoto; T Toraya; N Yasuoka
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2001年11月, 査読有り
      • 牛肝臓プロテアソーム活性化因子PA28の高分解能X線結晶構造解析
        森本幸生
        基盤研究(C)(2)報告書, 2001年
      • Diffraction Check and Data Collection of Diol-dehydratase Rubidiumcomplex and Deuterium FMN-binding Protein
        Y.Morimoto; N.Kurotani; K.Tanimoto; M.Sato; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2001年
      • An X-ray Data Collection of the 20S Proteasomefrom Bovine Liver at the BL41XU
        Yukio Morimoto; Masaki Unno; Yoshikazu Tomisugi; Midori Sato; Noritake Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2001年
      • High Resolution Structure of FMN-binding Protein
        K.Suto; N.Shibata; Y.Morimoto; N.Yasuoka
        J.Phys.Soc.Jpn.\n, 2001年, 査読有り
      • How a protein generates a catalytic radical from coenzyme B-12: X-ray structure of a diol-dehydratase-adeninylpentylcobalamin complex
        J Masuda; N Shibata; Y Morimoto; T Toraya; N Yasuoka
        STRUCTURE WITH FOLDING & DESIGN, 2000年07月, 査読有り
      • New crystal forms and low resolution structure analysis of 20S proteasomes from bovine liver
        Y Tomisugi; M Unno; T Mizushima; Y Morimoto; N Tanahashi; K Tanaka; T Tsukihara; N Yasuoka
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年06月, 査読有り
      • How do the X-ray Structure and the NMR structure of FMN-binding protein differ?
        K Suto; K Kawagoe; N Shibata; Y Morimoto; Y Higuchi; M Kitamura; T Nakaya; N Yasuoka
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2000年03月, 査読有り
      • Roles of functional loops and the C-terminal segment of a single-stranded DNA binding protein elucidated by x-ray structure analysis
        T Matsumoto; Y Morimoto; N Shibata; T Kinebuchi; N Shimamoto; T Tsukihara; N Yasuoka
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年02月, 査読有り
      • 抗原提示機能を持つ免疫応答型蛋白質分解酵素プロテアソームの構造生物学的研究
        森本幸生
        住友財団年次報告書2000, 2000年
      • Synchrotron Radiation Study of cobalamin-dependent enzymes complexedwith cobalamins
        N.Shibata; J.Masuda; Y.Morimoto; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2000年
      • Studies on structure and function of photosystem I complexes isolatedfrom a cyanobacterium
        K.Satoh; Y.Yano; H.Koike; N.Shibata; Y.Morimoto; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2000年
      • High-resolution crystal structural analysis of dioldehydratase-cyanocobalamin complex
        N.Shibata; J.Masuda; Y.Morimoto; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2000年
      • Crystal structure analysis of Hmc by using anomalous dispersion
        N.Shibata; K.Suto; Y.Morimoto; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2000年
      • A Fine Slice Oscillation Method applied to the data collection ofFMN-binding protein with a CCD detector
        Y.Morimoto; K.Sudo; N.Shibata; N.Yasuoka
        SPring-8 User Experiment Report, 2000年
      • BL41XUの到達点とアンジュレータX線の拓く構造生物学
        河本正秀; 河野能顕; 神谷信夫; 山根 隆; 三木邦夫; 森本幸生
        日本結晶学会誌, 2000年
      • A new mode of B-12 binding and the direct participation of a potassium ion in enzyme catalysis: X-ray structure of diol dehydratase
        N Shibata; J Masuda; T Tobimatsu; T Toraya; K Suto; Y Morimoto; N Yasuoka
        STRUCTURE WITH FOLDING & DESIGN, 1999年08月, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray study of two crystal forms of Klebsiella oxytoca diol dehydratase-cyanocobalamin complex
        J Masuda; T Yamaguchi; T Tobimatsu; T Toraya; K Suto; N Shibata; Y Morimoto; Y Higuchi; N Yasuoka
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1999年04月, 査読有り
      • Structure determination of rubredoxin from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F in two crystal forms
        S Misaki; Y Morimoto; M Ogata; T Yagi; Y Higuchi; N Yasuoka
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1999年02月, 査読有り
      • Neutron Irradiation Effects on Migration of Tritium Produced in Ceramic Breeder Materials
        M. Nishikawa; K. Munakata; A. Baba; T. Kawagoe; K. Okuno; K. Iguchi; Y. Morimoto; H. Moriyama; K. Kawamoto; M. Okada
        KURRI Prog. Rep., 1999年
      • CT complexes based on TEMPO radicals
        S Nakatsuji; A Takai; K Nishikawa; Y Morimoto; N Yasuoka; K Suzuki; T Enoki; H Anzai
        JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY, 1999年, 査読有り
      • Preparation and magnetic properties of novel CT complexes derived from organic stable radicals
        S Nakatsuji; A Takai; M Mizumoto; H Anzai; K Nishikawa; Y Morimoto; N Yasuoka; J Boy; G Kaupp
        MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 1999年, 査読有り
      • A low-resolution structure of rice dwarf virus determined by ab initio phasing
        H Naitow; Y Morimoto; H Mizuno; H Kano; T Omura; M Koizumi; T Tsukihara
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1999年01月, 査読有り
      • Basis for monomer stabilization in Rhodopseudomonas palustris cytochrome c ' derived from the crystal structure
        N Shibata; S Iba; S Misaki; TE Meyer; RG Bartsch; MA Cusanovich; Y Morimoto; Y Higuchi; N Yasuoka
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1998年12月, 査読有り
      • Preliminary crystallographic study of two crystal forms of rubredoxin from sulfate-reducing bacterium
        Y Higuchi; S Misaki; S Sugiyama; Y Morimoto; M Ogata; T Yagi; N Yasuoka
        PROTEIN AND PEPTIDE LETTERS, 1998年06月, 査読有り
      • L-lactate oxidase from Aerococcus viridans crystallized as an octamer. Preliminary X-ray studies
        Y Morimoto; K Yorita; K Aki; H Misaki; Massey, V
        BIOCHIMIE, 1998年04月, 査読有り
      • CT complexes derived from verdazyl radicals
        S Nakatsuji; A Kitamura; A Takai; K Nishikawa; Y Morimoto; N Yasuoka; H Kawamura; H Anzai
        ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION B-A JOURNAL OF CHEMICAL SCIENCES, 1998年04月, 査読有り
      • Preparation and Properties of CT Complexes Derived from 4-Substituted-amino-TEMPO Radicals
        Shin'ichi Nakatsuji; Atsushi Takai; Kazuyoshi Nishikawa; Yukio Morimoto; Noritake Yasuoka; Hiroyuki Anzai
        MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 1998年, 査読有り
      • Preparation and Properties of CT Complexes Derived from Verdazyl Radicals
        Shin'ichi Nakatsuji; Akari Kitamura; Kazuyoshi Nishikawa; Yukio Morimoto; Noritake Yasuoka; Haruki Kawamura; Hiroyuki Anzai
        MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 1998年, 査読有り
      • Structural studies on proteases by protein crystallography
        Y. Morimoto
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1997年, 査読有り
      • Crystallization and preliminary X-ray analysis of salicylate hydroxylase from Pseudomonas putida S-1
        T Yabuuchi; K Suzuki; T Sato; K Ohnishi; E Itagaki; Y Morimoto
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1996年05月, 査読有り
      • ORDERED STRUCTURE OF THE CRYSTALLIZED BOVINE 20S PROTEASOME
        Y MORIMOTO; T MIZUSHIMA; A YAGI; N TANAHASHI; K TANAKA; A ICHIHARA; T TSUKIHARA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1995年03月, 査読有り
      • CRYSTAL STRUCTURAL-ANALYSIS OF TOBACCO NECROSIS VIRUS AT 5 ANGSTROM RESOLUTION
        M BANDO; Y MORIMOTO; T SATO; T TSUKIHARA; Y YOKOTA; K FUKUYAMA; H MATSUBARA
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1994年11月, 査読有り
      • LOCATION OF ACTIVE-SITES OF NIFE HYDROGENASE DETERMINED BY THE COMBINATION OF MULTIPLE ISOMORPHOUS REPLACEMENT AND MULTIWAVELENGTH ANOMALOUS-DIFFRACTION METHODS
        Y HIGUCHI; T OKAMOTO; K FUJIMOTO; S MISAKI; Y MORIMOTO; N YASUOKA
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1994年09月, 査読有り
      • XVIEWER - An Interactive Image Processing Program for Diffraction Data from the Weissenberg Camera for Macromolecular Crystallography
        I. Fujii; Y. Morimoto; Y. Higuchi; N. Yasuoka
        BioImages, 1994年06月, 査読有り
      • An Integrated X-ray Measurement and Computation System in Protein Crystallography
        I. Fujii; N. Hirayama; Y. Morimoto; S. Misaki; Y. Higuchi; N. Yasuoka
        BioImages, 1994年06月, 査読有り
      • STRUCTURE OF [2FE-2S] FERREDOXIN-I FROM EQUISETUM-ARVENSE AT 1.8 ANGSTROM RESOLUTION
        S IKEMIZU; M BANDO; T SATO; Y MORIMOTO; T TSUKIHARA; K FUKUYAMA
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1994年03月, 査読有り
      • Crystal Structural analysis of Tobacco Necrosis Virus (TNV) at 5 (]E88FD[) Resolution (jointly worked)
        森本 幸生
        Acta. Crystallographica. D,D50/,878, 1994年, 査読有り
      • CRYSTAL STRUCTURAL-ANALYSIS OF TOBACCO NECROSIS VIRUS (TNV)
        T TSUKIHARA; Y MORIMOTO; H ATARASHI; T UMEOKA; Y YOKOTA; K FUKUYAMA; H MATSUBARA
        SYNCHROTRON RADIATION IN THE BIOSCIENCES, 1994年, 査読有り
      • STRUCTURE STUDY OF HYDROGENASE AND RELATED PROTEINS IN SULFATE-REDUCING BACTERIA
        Y HIGUCHI; Y MORIMOTO; S MISAKI; A NAKAGAWA; K INAKA; N YASUOKA
        SYNCHROTRON RADIATION IN THE BIOSCIENCES, 1994年, 査読有り
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY STUDIES OF WILD-TYPE AND CATALYTIC-SITE MUTANT ALPHA-AMYLASE FROM BACILLUS-SUBTILIS
        H MIZUNO; Y MORIMOTO; T TSUKIHARA; T MATSUMOTO; K TAKASE
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1993年12月, 査読有り
      • X-ray crystal structural analysis of biological assembly
        T. Tsukihara; Y. Morimoto; E. Yamashita
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1993年, 査読有り
      • INTRAMOLECULAR HYDROGEN SHIFT IN REDUCTION OF BETA-MERCURO KETAL - PREPARATION OF OPTICALLY-ACTIVE SEC-TERT-1,3-DIOLS
        T SUGIMURA; S GOTO; K KOGURO; T FUTAGAWA; S MISAKI; Y MORIMOTO; N YASUOKA; A TAI
        TETRAHEDRON LETTERS, 1993年01月, 査読有り
      • XELE - A POLYPEPTIDE MODEL-BUILDING PROGRAM FOR A GRAPHICS WORKSTATION
        FUJII, I; Y MORIMOTO; Y HIGUCHI; N YASUOKA
        JOURNAL OF MOLECULAR GRAPHICS, 1992年09月, 査読有り
      • EFFECTS OF AMINO-ACID SUBSTITUTION ON 3-DIMENSIONAL STRUCTURE - AN X-RAY-ANALYSIS OF CYTOCHROME-C3 FROM DESULFOVIBRIO-VULGARIS HILDENBOROUGH AT 2-A RESOLUTION
        Y MORIMOTO; T TANI; H OKUMURA; Y HIGUCHI; N YASUOKA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1991年10月, 査読有り
      • 1H NMR studies on ferricytochrome c3 from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F and its interaction with ferredoxin I
        Jang-Su Park; Katsuhiro Kano; Yukio Morimoto; Yoshiki Higuchi; Noritake Yasuoka; Mari Ogata; Katsumi Niki; Hideo Akutsu
        Journal of Biomolecular NMR, 1991年09月, 査読有り
      • Structure of the nitrogen-centered thioaminyl radical dimer.
        Yukio Morimoto; Shigeru Sugiyama; Yoshiki Higuchi; Akio Tanaka; Yozo Miura; Noritake Yasuoka
        Chemistry Express, 1991年09月, 査読有り
      • EVALUATION OF X-RAY-DIFFRACTION DATA FROM PROTEIN CRYSTALS BY USE OF AN IMAGING PLATE
        FUJII, I; Y MORIMOTO; Y HIGUCHI; N YASUOKA; C KATAYAMA; K MIKI
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION B-STRUCTURAL SCIENCE, 1991年02月, 査読有り
      • イメージングプレートの生物結晶学への応用:回折データの一貫処理システム
        藤井 功; 片山忠二; 三木邦夫; 森本幸生; 樋口芳樹; 安岡則武
        日本結晶学会誌, 1990年
      • MOLECULAR-ORGANIZATION OF A HIGH MOLECULAR-WEIGHT MULTI-PROTEASE COMPLEX FROM RAT-LIVER
        K TANAKA; T YOSHIMURA; A ICHIHARA; A IKAI; M NISHIGAI; Y MORIMOTO; M SATO; N TANAKA; Y KATSUBE; K KAMEYAMA; T TAKAGI
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1988年10月, 査読有り
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY STUDIES ON HUMAN EPIDERMAL GROWTH-FACTOR
        Y HIGUCHI; Y MORIMOTO; A HORINAKA; N YASUOKA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1988年06月, 査読有り
      • ISOLATION, CHARACTERIZATION, AND COMPARISON OF A UBIQUITOUS PIGMENT-PROTEIN COMPLEX CONSISTING OF A REACTION CENTER AND LIGHT-HARVESTING BACTERIOCHLOROPHYLL PROTEINS PRESENT IN PURPLE PHOTOSYNTHETIC BACTERIA
        T UEDA; Y MORIMOTO; M SATO; T KAKUNO; J YAMASHITA; T HORIO
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1985年, 査読有り
      • Dynamic interactions in the l-lactate oxidase active site facilitate substrate binding at pH4.5
        Naoki Furubayashi; Koji Inaka; Masayuki Kamo; Yasufumi Umena; Takeshi Matsuoka; Yukio Morimoto
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2021年09月, 査読有り, 責任著者
      • 特集「J-PARCで迎える結晶学の新展開」にあたって
        尾関 智二; 森本 幸生; 神山 崇
        日本結晶学会誌, 2008年02月29日
      • Small-angle X-ray scattering study of cytochrome oxidase from beef heart and its complex with cytochrome c using contrast variation method.
        Morimoto Yukio; Sato Mamoru; Kato Tatsuhisa; Tanaka Nobuo; Katsube Yukiteru; Tanaka Masashi; Ozawa Takayuki
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 1991年

      MISC

      • ビタミンB12を補酵素とするジオールデヒドラーゼの構造
        安岡則武; 増田純; 樋口佳則; 山口徹也; 柴田直樹; 森本幸生; 樋口芳樹
        日本生物物理学会年会講演予稿集, 1997年
      • 1-II-4 X線結晶構造解析に基づいたL-乳酸酸化酵素の基質結合様式(ビタミン学の原点・栄養学への21世紀的回帰, 日本ビタミン学会第59回大会)
        頼田 和子; 梅名 泰史; 森本 幸生; 福井 清
        ビタミン, 2007年04月25日
      • 放射線によるたんぱく質の構造変化及び機能変化の解析 (京都大学原子炉実験所第42回学術講演会報文集) -- (放射線による蛋白質の構造と機能変化の解析及び修復酵素の探索)
        藤井 紀子; 森本 幸生; 杉山 正明
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2008年01月
      • 11. タンパク質はいかにしてビタミンB_12補酵素から触媒ラジカルを生成させ,基質と立体特異的に反応させるか : ジオールデヒドラターゼの立体構造と反応機構
        増田 純; 柴田 直樹; 森本 幸生; 安岡 則武; 虎谷 哲夫
        ビタミン, 2001年01月25日
      • 2-III-26 結晶X線回折法によるL-乳酸酸化酵素の活性中心の構造(一般研究発表,日本ビタミン学会 第58回大会研究発表要旨)
        頼田 和子; 梅名 泰史; 松岡 毅; 喜田 昭子; 森本 幸生; 福井 清
        ビタミン, 2006年04月25日
      • タンパク質構造解析のモデルビルディングのためのグラフィックスプログラムの開発
        藤井 功; 森本 幸生; 樋ロ 芳樹; 安岡 則武
        情報処理学会論文誌, 1991年05月15日
      • ミトコンドリア膜輸送促進因子の回折実験とシグナルペプチド複合体の調製
        宮崎 忠嗣; 森本 幸生; 柴田 直樹; 坂口 雅郎; 三原 勝芳; 安岡 則武
        生物物理, 1998年09月07日
      • ジオールデヒドラターゼーシアノコバラミン複合体の結晶構造解析
        安岡 則武; 増田 純; 山口 徹也; 柴田 直樹; 森本 幸生; 飛松 孝正; 虎谷 哲夫
        生物物理, 1998年09月07日
      • 牛肝臓プロテアソーム活性化因子PA28の溶液中における分子様態
        鳴海 有剛; 森本 幸生; 小澤 亨; 佐藤 衛; 棚橋 伸行; 田中 啓二; 安岡 則武
        生物物理, 1998年09月07日
      • FMN結合タンパク質の高分解能X線回折データによる構造精密化
        須藤 恭子; 川越 一宏; 柴田 直樹; 森本 幸生; 北村 昌也; 仲矢 忠雄; 安岡 則武
        生物物理, 1998年09月07日
      • 遺伝子操作による-本鎖DNA結合蛋白質の重原子誘導体調整
        松本 崇; 柴田 直樹; 森本 幸生; 月原 冨武; 嶋本 伸雄; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • ラット由来ミトコンドリア膜輸送促進因子の結晶化
        宮崎 忠嗣; 森本 幸生; 柴田 直樹; 阪口 雅郎; 三原 勝芳; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • FMN結合タンパク質の結晶学的研究
        須藤 恭子; 柴田 直樹; 森本 幸生; 北村 昌也; 仲谷 忠雄; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • サリチル酸水酸化酵素のX線結晶構造解析
        八木 陽士; 柴田 直樹; 森本 幸生; 鈴木 健之; 板垣 英治; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • トリプトファン合成酵素αサブユニットの立体構造
        森本 幸生; 竹田 康弘; 柴田 直樹; 小笠原 京子; 油谷 克英; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • Rhodopseudomonas palustris由来モノマー型チトクロムc (prime)の立体構造
        柴田 直樹; 射場 聡明; 岬 真太郎; 樋口 芳樹; 森本 幸生; 安岡 則武; Cusanovich Michael A.; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • ビタミンB_<12>を補酵素とするジオールデヒドラーゼの構造
        安岡 則武; 増田 純; 樋口 佳則; 山口 徹也; 柴田 直樹; 森本 幸生; 樋口 芳樹
        生物物理, 1997年10月
      • プロテアソーム活性化因子PA28の精製と結晶化
        富杉 佳計; 鳴海 有剛; 森本 幸生; 柴田 直樹; 棚橋 伸行; 田中 啓二; 安岡 則武
        生物物理, 1997年10月
      • S2-2 哺乳類タンパク複合体に見られるサプユニット交換と立体構造の特徴(立体構造からみたタンパク質の進化,シンポジウム2,第34回学術講演会講演要旨集)
        森本 幸生
        Viva origino, 2009年
      • 哺乳類タンパク複合体に見られるサブユニット交換と立体構造の特徴(<特集2>シンポジウム「立体構造からみたタンパク質の進化」)
        森本 幸生
        Viva origino, 2010年
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals affected by solution state
        Akiko Kita; Yukio Morimoto
        Journal of Applied Crystallography, 2020年06月01日, 査読有り
      • Structural analysis of ligand binding mechanism of L-lactate oxidase from Aerococcus viridans by use of ligand soaking crystals
        Y. Morimoto; N. Furubayashi; M. Kamo; Y. Umena; A. Kita; T. Matsuoka; K. Inaka
        16th Conference of the Asian Crystallographic Association (AsCA2019), 2019年12月
      • 重水内変性/再生試料に対するコントロールとしての,ニワトリ卵白リゾチームの中性子線結晶構造
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会令和元年(2019年)度年会および総会, 2019年11月
      • Hydrogen/deuterium exchange behavior in tetragonal hen egg-white lysozyme crystals analyzed by the neutron diffraction methods
        A. Kita; Y. Morimoto
        International Symposium on Diffraction Structural Biology 2019, 2019年10月
      • 中性子線結晶解析の手法を使ったタンパク質変性研究
        喜田 昭子; 森本 幸生
        第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会合同年次大会, 2019年06月
      • The neutron structure analysis of the protein crystal deuterated with unfolding-refolding processes
        喜田昭子; 森本幸生
        AsCA2018/CRYSTAL32, 2018年12月
      • ナットウキナーゼによる血栓溶解ならびに疾病予防 (特集 つまらない、もれない血管力)
        須見 洋行; 矢田貝 智恵子; 茶竹 俊行; 森本 幸生; 柳澤 泰任; 満尾 正; 井上 浩義; 丸山 眞杉
        Food style 21, 2018年11月
      • 様々な変性状態を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線回折実
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会2018年度年会, 2018年11月
      • Boron Tracedrugs: Drug-Design Challenge For Neutron Dynamic Therapy
        Hitoshi Hori; Takumichi Sugihara; Takuya Tashiro; Hiroshi Terada; Ryota Takeuchi; Nobuyuki Kamegawa; Yukio Morimoto
        Int.Cong.Neutron Capture Therapy, 2018年10月, 査読有り
      • 4液混合液体クロマトグラフィーポンプを用いた各種濃度溶液の作成
        森本 幸生
        JASCO Report, 2018年07月, 招待有り
      • 有機水銀分解酵素の中性子解析のための最小培地試料作成と構造解析
        森本幸生; 喜田昭子
        京都大学原子炉実験所学術講演会, 2018年01月
      • 変性重水素化リゾチームの中性子結晶構造解析
        喜田昭子; 森本幸生
        日本中性子科学会 第17回年会, 2017年12月
      • 哺乳動物のミトコンドリアFoF1ATP合成酵素完全複合体の精製
        慈幸千真理; 森本幸生; Christoph Gerle
        日本生体エネルギー研究会第43回討論会, 2017年12月, 査読有り
      • 変性状態を利用した重水素化タンパク質結晶の中性子線回折実験の試み
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会 年会, 2017年10月
      • サンゴ由来レクチン4糖複合体の結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第51回学術講演会, 2017年01月
      • Crystal structure of symbiosis related lectin SLL-2 in complex with tetrasaccharides
        A. Kita; M. Jimbo; R. Sakai; Y. Morimoto; R. Takeuchi; H. Tanaka; T. Takahashi; K. Miki
        14th Conf. Asian Crystallographic Association, 2016年12月, 査読有り
      • 共生に関与する珊瑚由来レクチンの4糖糖鎖結合様式
        喜田昭子; 神保 充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        日本結晶学会年会, 2016年11月
      • An effective deuterium exchange method for a neutron structure analysis by use of unfolding-refolding processes
        A.Kita; Y.Morimoto
        Int.Nat.Symp.Diff.Strct.Biol., 2016年08月, 査読有り
      • カテコール産生における脱炭酸・水酸基付加反応機構の考察 ―サリチル酸水酸化酵素の結晶構造解析からー
        上村拓也; 喜田昭子; 安達; 黒木; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第50回学術講演会, 2016年01月
      • 結晶解析のための,効率的なタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第50回学術講演会, 2016年01月
      • 変性状態を利用したタンパク質の重水素化変性状態を利用したタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        日本結晶学会年会, 2015年10月
      • 有機水銀分解酵素の中性子構造解析のための試料調製および結晶化
        森本幸生; 上村拓也; 喜田昭子; 三木邦夫
        日本結晶学会年会, 2015年10月
      • 中性子線結晶構造解析のためのタンパク質の重水素化
        喜田; 森本
        日本蛋白質科学会, 2015年06月, 招待有り
      • サリチル酸水酸化酵素・基質複合体の結晶構造解析
        上村拓也; 喜田昭子; 安達基泰; 黒木良太; 森本幸生
        2015年06月
      • 蛋白質分子内のプロトン・プロトン化の直接観察
        森本幸生; 山口宏; 細川桂一; 村上琢人; 喜田昭子; 海野昌喜; 久留一郎; 茶竹俊行; 柳澤泰任; 藤原悟; 田中伊知朗; 日高雄二; 島本茂; 藤原充俊; 中西健祥
        KURRI-KR, 2015年
      • 牛肝臓カタラーゼの重水調製結晶による構造解析
        上村拓也; 喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第49回学術講演会, 2015年01月
      • 結晶解析のためのタンパク質の重水素化
        喜田昭子; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所第49回学術講演会, 2015年01月
      • Weak interaction of an inhibitor in the 20S proteasome
        Takuto Murakami; Hiroshi Yamaguchi; Udin Bahrudin; Akiko Kita; Ichiro Hisatome; Yasushi Saeki; Keiji Tanaka; Masaki Unno; Yukio Morimoto
        The 23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography, 2014年08月05日, 査読有り
      • 共生に関与するサンゴ由来レクチンの結晶構造
        喜田昭子; 神保 充; 酒井隆一; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所学術講演会, 2014年01月30日
      • 納豆由来水溶性ビタミンK2の研究
        茶竹俊行; 柳澤泰任; 松尾龍人; 藤原悟; 森本幸生
        KURRI-KR, 2014年
      • 中性子結晶構造解析取り組みについて
        喜田昭子; 森本幸生
        大阪大学タンパク研セミナー, 2013年12月, 招待有り
      • 結晶学会プロテアソームを緩やかに阻害する臨床薬剤と20Sプロテアソームの複合体構造解析
        海野昌喜; 前川拓磨; 村上琢人; 佐伯泰; 田中啓二; 山口宏; 久留一郎; 森本幸生
        日本結晶学会, 2013年11月01日
      • 酵母26Sおよび20Sプロテアソームの構造研究
        Yuya Morita; Takuto Murakami; Hiroshi Yamaguchi; Yukio Morimoto
        生物物理年会, 2013年10月01日
      • 軟サンゴ由来レクチンと直鎖多糖の複合体の結晶構造
        喜田昭子; 神保 充; 森本幸生; 武内良太; 田中浩士; 高橋孝志; 三木邦夫
        蛋白質科学会, 2013年06月15日
      • プロテアソームを弱く阻害する臨床薬剤の結合様式の解明
        海野; 前川; 村上琢人; 佐伯泰; 田中啓二; 久留; 山口; 森本
        蛋白質科学会, 2013年06月15日
      • 入門講座 中性子生物(7) 生体分子の中性子単結晶回折(第一回) 蛋白質中性子結晶学の基礎
        茶竹俊行; 森本幸生
        中性子科学会誌 23, pp. 81-86., 2013年02月
      • 20Sプロテアソームの機能阻害とX線結晶構造解析
        Takuma Maekawa; Kazuya Nishio; Udin Bahrudin; c Ichiro Hisatome; c; Yasushi Saeki; Keiji Tanaka; Hiroshi Yamaguchi; Yukio Morimoto
        生物物理年会, 2012年10月01日
      • X線小角散乱法による酵母26Sプロテアソームの構造研究
        Y.Morita; T.Matsumoto; A.Yamano; Y.Morimoto
        生物物理年会, 2012年10月01日
      • 20Sプロテアソームの機能阻害とX線結晶構造解析
        Takuma Maekawa; Kazuya Nishio; Udin Bahrudin; c Ichiro Hisatome; c; Yasushi Saeki; Keiji Tanaka; Hiroshi Yamaguchi; Yukio Morimoto
        日本生物物理学会, 2012年09月
      • 生体試料解析のための重水素化手法の確立
        森本幸生; 杉山正明; 茶竹俊行; 藤井紀子; 斎藤毅; 藤原悟; 日高雄二
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会, 2012年
      • Thermal stability of a [2Fe-2S] ferredoxin from Cyanidioschyzon merolae can\nbe modified by a single amino acid substitution
        Yuko Ueno; Ayumi Sando; Hiroaki Tokiwa; Yukio Morimoto; Yasuyuki Kato-Yamada; Takeo Imai
        Extremophiles 2012, 9th international congress, 2012年
      • 新規プロテアソーム阻害剤の構造学的考察
        前川拓摩; 西尾和也; Udin Bahrudin; 久留一郎; 佐伯泰; 田中啓二; 山口宏; 森本幸生
        日本結晶学会, 2011年11月
      • Time of Flight Neutron Crystallographic analysis of Human Carbonmonoxyhemoglobin
        T. Chatake; N. Shibayama; S.Y. Park; K. Tomoyori; T. Hosoya; T. Ohhara; K. Kusaka; K. Kurihara; I. Tanaka; N. Niimura; Y. Morimoto
        1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering AONSA 2011, 2011年11月01日, 査読有り
      • 納豆菌由来ナットウキナーゼの結晶構造解析
        柳澤泰任; 茶竹俊行; 千葉かおり; 大杉忠則; 内藤佐和; 須見洋行; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2011年
      • DEVELOPMENT OF A SURVEILLANCE SYSTEM WITH MOTION DETECTION AND SELF-LOCATION CAPABILITY
        M. Tanigaki?; T. Sano; Y. Hirai; M. Miyabe; S. Fukutani; H. Kawabe; Y. Kobayashi; Y. Kuriyama; N. Sato; K. Takamiya; Y. Morimoto
        ICALEPCS 2011, 2011年
      • Structural Insights of the S1 Pocket in the Yeast 20S Proteasome
        T. Maekawa; K. Nishio; U. Bahrudin; I. Hisatome; Y. Saeki; K. Tanaka; H. Yamaguchi; Y. Morimoto
        IUCr2011, Congress of Internation Union of Crystallography, 2011年
      • Crystal structures of symbiosis related lectin and its saccharide\nbound form
        Akiko Kita; Mitsuru Jimbo; Yukio Morimoto; Ryuichi Sakai; Hisao Kamiya; Kunio Miki
        IUCr2011, Congress of Internation Union of Crystallography, 2011年
      • A liberal structure of the yeast 26S proteasome by small-angle scattering analysis
        Y. Morita; K. Nishio; T. Inobe; M. Sugiyama; Y. Morimoto
        Neutrons in Biology and Biotechnology, 2011年
      • 軟サンゴ由来レクチンの2Å分解能の結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2010年05月15日
      • SANS Study of Kinetics of Subunit Exchange in Proteasome alpha-Ring.
        M. Sugiyama; M. Hirai; K. Kato; E. Kurimoto; Y. Morimoto
        Annual Report of Institut Laue-Langevin, 2010年
      • 宇宙環境下における眼や皮膚組織中の蛋白質の構造変化
        藤井紀子; 森本幸生; 渡邉正己; 杉山正明; 木野内忠稔; 齊藤毅; 三田 肇; 加治優一
        Space Utiliz. Res., 2010年
      • 軟珊瑚由来レクチンSLL‐2の糖鎖結合状態
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2010年
      • 軟サンゴ由来レクチンの結晶構造
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        PFシンポジウム要旨集, 2010年
      • SANS investigation of assembly state of proteasome activator 28 and the 20S proteasome
        Masaaki Sugiyama; Eiji Kurimoto; Hiroki Sahashi; Eri Sakata; Yukio Morimoto; Keiji Itoh; Kazuhiro Mori; Toshiharu Fukunaga; Yasufumi Minami; Koichi Kato
        XIV INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMALL-ANGLE SCATTERING (SAS09), 2010年
      • 共生に関与する軟サンゴ由来レクチンの結晶構造解析
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 神谷久男; 酒井隆一; 三木邦夫
        第26回PFシンポジウム, 2009年03月
      • 納豆菌培養液由来ナットウキナーゼの精製と結晶化
        柳澤泰任; 茶竹俊行; 大杉忠則; 千葉かおり; 安田一郎; 森本幸生; 須見洋行
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2009年
      • 3SA4-03 デオキシヘモグロビンの中性子結晶構造解析(3SA4 ヘモグロビンはいま,第47回日本生物物理学会年会)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        生物物理, 2009年
      • 青色光受容体BLUFタンパク質の構造生物学的研究
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        京都大学原子炉実験所第43回学術講演会, 2009年01月
      • 宇宙環境下における眼や皮膚組織中の蛋白質の構造変化
        藤井紀子; 森本幸生; 渡邉正己; 杉山正明; 木野内忠稔; 齊藤毅; 三田肇; 加治優一
        Space Utiliz. Res, 2009年
      • SANS Investigation of Packing Structure of Proteasome Activator 28 with Deuterated Subunit
        M. Sugiyama; E. Kurimoto; Y. Morimoto; K. Ito; K. Mori; T. Fukunaga; K. Kato
        SAS2009, 2009年
      • Neutron crystallographic analysis of human deoxyhemoglobin
        Toshiyuki Chatake; Yukio Morimoto
        日本生物物理学会2009年会マイクロシンポジウム, 2009年
      • 納豆菌由来メナキノン-7(MK-7)の結晶化
        柳澤泰任; 中里祐; 内田麻友; 染谷智恵; 足立達美; 安田一郎; 大杉忠則; 須見洋行; 茶竹俊行; 森本幸生; ポスタ; 澤泰任
        京都大学原子炉実験所第43回学術講演会, 2009年
      • 軟サンゴ由来SLL‐2レクチンの結晶構造解析
        喜田昭子; 神保充; 森本幸生; 酒井隆一; 神谷久男; 三木邦夫
        生化学, 2008年
      • The Effect of Deuterium Oxide on Hydration Structure of Proteinase K
        T. Ishikawa; T. Chatake; Y. Morimoto
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • The Crystallographic Study of the Deubiquitinating Enzyme UCH37 N-Terminal Domain
        K. Nishio; K. Kawai; S.-W. Kim; T. Mizushima; T. Yamane; J. Hamasaki; S. Murata; K. Tanaka; Y. Morimoto
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • Crystal Structure of Z-DNA d(CGCGCG) Complexed with Ca2+ Ion 、 and Mg2+ Ion
        T. Chatake; T. Ishikawa; Y. Morimoto
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • Crystal Structure of a Lectin from the Octocoral
        A. Kita; M. Jimbo; Y. Morimoto; R. Sakai; H. Kamiya; K. Miki
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • Time-of-Flight Neutron Diffraction Study of Human Deoxyhemoglobin
        A. Y. Kovalevsky; T. Chatake; T. Ishikawa; N. Shibayama; S.-Y. Park; M. Mustyakimov; P. Langan; Y. Morimoto
        ACA 2008 (Meeting of the American Crystallographic Association), 2008年
      • Time of Flight Neutron Crystallographic Analysis of Human Deoxyhemoglobin
        Toshiyuki Chatake; Andrii Y. Kovalevsky; Naoya Shibayama; SamYong Park; Takuya Ishikawa; Marat Mustyakimov; Paul Langan; Yukio Morimoto
        IUCr2008 Satellite symposium, 2008年
      • 生体分子の水素・水和構造と中性子結晶解析 (第41回京都大学原子炉実験所学術講演会 報文集)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2007年01月
      • 中性子解析による蛋白質の水素・水和構造の精密化 (第41回京都大学原子炉実験所学術講演会 報文集)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2007年01月
      • Crystallographic studies of a lectin from the octocoral.
        A. Kita; M. Jimbo; Y. Morimoto; R. Sakai; H. Kamiya; K. Miki
        The 8th Conference of the Asian Crystallographic association, 2007年
      • Crystallization of Proteinase K in the Deuterated Solution for Neutron Analysis
        T. Chatake; K. Kurihara; R. Kuroki; Y. Morimoto
        International Symposium on Diffraction Structural Biology, 2007年
      • ”Substrate recognition mechanism of L-lactate oxidase \nfrom Aerococcus viridans at 2 ? resolution\n”
        Yasufumi Umena; Kazuko Yorita; Takeshi Matsuoka; Makoto Abe; Akiko Kita; Kiyoshi Fukui; Tomitake Tsukihara; Yukio Morimoto
        Joint Conference of the Asian Crystallographic Association and the Crystallographic Society of Japan、 Abst.p426、 2006、 Tsukuba、 \n, 2006年11月20日
      • Crystallographic Studies of FAD Bound Form of Ssalicylate Hydroxylase from Pseudomonas Putida S-1
        Y. Watanabe; A. Kita; K. Ohinishi; K. Suzuki; K. Miki; Y. Morimoto
        Joint Conference of the Asian Crystallographic Association and the Crystallographic Society of Japan、 Abst.p350, 2006年11月20日
      • Three-dimensional Shape of α-Crystallin Analyzed by Small-Angle Neutron Scattering with Monte Carlo Method
        M. Sugiyama; N. Fujii; Y. Morimoto; T. Otomo; S. Takata; M. Misawa; K. Itoh; K. Mori; T. Sato; T. Fukunaga
        ”XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS2006), 2006年
      • アミノ酸のD化がおよぼす蛋白質立体構造への影響
        森本幸生
        第2回D-アミノ酸研究会学術講演会 2006年9月8日 京都大学芝蘭会館, 2006年
      • Structures of Arg-181 Mutant and wild Type of L-lactate Oxidase from A. viridans
        Yasufumi Umena; Kazuko Yorita; Takeshi Matsuoka; Makoto Abe; Akiko Kita; Kiyoshi Fukui; Tomitake Tukihara; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES, 2005年
      • L-乳酸酸化酵素の野生型および2種類の変位型(R181MとR268M)の結晶構造
        頼田和子; 梅名泰史; 松岡 毅; 喜田昭子; 森本幸生; 福井 清
        第78回日本生化学大会年会, 2005年
      • Characterization of alpha-crystallin aggregate of lens from elderly donors
        Noriko Fujii; Yoshiari Shimmyo; Miyo Sakai; Yutaka Sadakane; Tooru Nakamura; Tadatoshi Kinouchi; Yuji Goto; Yukio Morimoto; Kirsten Lampi
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアのフラビン結合光受容体PixD (BLUFタンパク質)の結晶構造解析
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        日本植物学会第69回大会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアのPixDの変異導入による光受容機構の解析
        岡島公司; 喜田昭子; 福島佳優; 落合有里子; 柴田 穣; 片山光徳; 森本幸生; 伊藤 繁; 三木邦夫; 池内昌彦
        日本植物学会第69回大会, 2005年
      • 好熱性シアノバクテリアの走光性の光受容体PixD(BLUFタンパク質)の光受容機構の変異導入による解析
        岡島公司; 喜田昭子; 福島佳優; 落合有里子; 柴田 穣; 片山光徳; 森本幸生; 渡辺正勝; 伊藤 繁; 三木邦夫; 池内昌彦
        第12回日本光生物学協会年会, 2005年
      • 青色光受容体タンパク質Tll0078の結晶学的研究
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        第5回蛋白質科学会年会, 2005年
      • ミトコンドリア透過装置、ペルオキシソーム形成因子、ユビキチン・プロテアソーム関連蛋白質の構造生物学
        森本幸生
        タンパク3000プロジェクトタンパク質高次構造と機能発現協議会, 2005年
      • 新規短鎖青色光受容体タンパク質PixDの結晶構造
        喜田昭子; 岡島公司; 森本幸生; 池内昌彦; 三木邦夫
        第12回日本光生物学協会年会(京都テルサ・京大院総人)2005/8/5-6, 2005年
      • Crystal Structure of a Cyanobacterial BLUF Protein、 Tll0078.
        A. Kita; K. Okajima; Y. Morimoto; M. Ikeuchi; K. Miki
        XX congress of the International Union of Crystallography、 Congress and General Assembly, 2005年
      • Crystal Structures of Wild-type and R181M L-Lactate Oxidase from Aerococcus viridans
        Kazuko Yorita; Yasufumi Umena; Takeshi Matsuoka; Makoto Abe; Akiko Kita; Tomitake Tsukihara; Yukio Morimoto; Kiyoshi Fukui
        15th International Symposium of Flavins and Flavoproteins、 \n, 2005年
      • Neutron structural studies on the Human hemoglobin
        Yukio MORIMOTO
        The Organized Research Combination System (ORCS) symposium. ‘ Development of New Structural Biology Including Hydrogen and Hydration’.\n\n, 2005年
      • 老人の水晶体より得たαA-クリスタリン会合体の性質
        藤井紀子; 新名芳有; 酒井美世; 定金豊; 中村徹; 木野内忠稔; 後藤祐児; 森本幸生; カーステン・ランピ
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • 2P006 ヒトヘモグロビンの中性子回折による構造研究(蛋白質 A) 構造)
        森本 幸生; 朴 三用; 柴山 修哉; 栗原 和男; 田中 伊知朗; 玉田 太郎; 黒木 良太; 新村 信雄
        生物物理, 2004年
      • ヒトヘモグロビンの中性子回折による構造研究
        森本幸生; PARK S. Y; 柴山修哉; 栗原和男; 田中伊知朗; 玉田太郎; 黒木良太; 新村信雄
        日本中性子科学会年会講演概要集, 2004年
      • 補酵素結合型タンパク質の構造解析と構造構築
        森本幸生
        平成16年度 「コンポジット生体触媒」総括班会議, 2004年
      • Structure determination of the constitutive 20S proteasome from bovine liver at 2.75 Å resolution
        Masaki Unno; Tsunehiro Mizushima; Tsunehiro Mizushima; Yukio Morimoto; Yoshikazu Tomisugi; Keiji Tanaka; Noritake Yasuoka; Tomitake Tsukihara
        Journal of Biochemistry, 2002年
      • 動的光散乱法を用いた網羅的蛋白質結晶化方法に関する研究
        森本幸生
        兵庫県立3大学合同研究発表会, 2002年
      • 20Sプロテアソームの立体構造によるペプチド生成機構および核内移行シグナルの考察
        森本幸生
        生物マシーナリー第5回夏のワークショップ, 2002年
      • A novel multi-heme structure of high molecular-weight cytochrome cfrom D.vulgaris Hildenborough
        M.Sato; S.Nakazawa; K.Suto; N.Shibata; Y.Morimoto; Y.Higuchi; N.Yasuoka
        XIXth Congress and General Assembly、 International Union of Crystallography\n, 2002年
      • Bovine 20S Proteasome
        M.Unno; T.Mizushima; Y.Morimoto; Y.Tomisugi; K.Tanaka; N.Yasuoka; T.Tsukihara
        The 6th Harima Int. Nat. Forum、 HARIMA conference HIF2002、Structural Organization of Macromolecular Assemblies\n, 2002年
      • Structure of the 20S proteasome from bovine liver at 2.75A resolution
        M.Unno; T.Mizushima; Y.Morimoto; T.Tomisugi; K.Tanaka; N.Yasuoka; T.Tsukihara
        IVth Meeting of Asian Crystallographic Association、 Indian Inst.Sci.\n, 2001年11月18日
      • New mechanic insights revealed by structure analysis of the Dioldehydratase cobalamin complexes
        N.Yasuoka; J.Masuda; N.Shibata; Y.Morimoto; T.Toraya
        IVth Meeting of Asian Crystallographic Association、 Indian Inst.Sci.\n, 2001年11月18日
      • ミトコンドリア膜透過因子蛋白質の構造解析と精製・結晶化
        森本幸生
        多元的情報伝達 合同班会議, 2001年
      • 20Sプロテアソームの構造解析
        森本幸生
        生物マシーナリーワークショップ, 2001年
      • 牛肝臓20Sプロテアソームのモデルビルディングと精密化
        森本幸生
        生物マシーナリー 第2回公開シンポジウム, 2001年
      • New crystal forms and low resolution structure analysis of 20S proteasomes from bovine liver
        Yoshikazu Tomisugi; Masaki Unno; Tsunehiro Mizushima; Yukio Morimoto; Nobuyuki Tanahashi; Keiji Tanaka; Tomitake Tsukihara; Noritake Yasuoka
        Journal of Biochemistry, 2000年
      • Roles of functional loops and the C-terminal segment of a single- stranded DNA binding protein elucidated by X-ray structure analysis
        Takashi Matsumoto; Yukio Morimoto; Naoki Shibata; Takashi Kinebuchi; Nobuo Shimamoto; Tomitake Tsukihara; Noritake Yasuoka
        Journal of Biochemistry, 2000年
      • 微小振動角振動写真法による蛋白質結晶データ収集
        森本幸生; 須藤恭子; 柴田直樹; 安岡則武
        日本結晶学会平成12年度年会 仙台 宮城県民会館, 2000年
      • 大腸菌トリプトファン合成酵素βサブユニットの結晶構造解析
        森本幸生; 西尾和也; 柴田直樹; 小笠原京子; 油谷克英; 安岡則武
        日本生物物理学会平成12年度年会 東北大学, 2000年
      • Crystallization and preliminary crystallographic studies of FMN-binding protein from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F
        K Suto; K Kawagoe; N Shibata; Y Morimoto; Y Higuchi; M Kitamura; T Nakaya; N Yasuoka
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1999年05月
      • SPring‐8におけるタンパク質結晶解析共用ビームライン
        神谷信夫; 河野能顕; 河本正秀; 富杉佳計; 八木陽士; 森本幸生; 秋田昌岳; 石田裕一; 三木邦夫
        日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集, 1998年01月09日
      • Magnetic properties of charge-transfer complexes based on TEMPO radicals
        Shin'ichi Nakatsuji; Atsushi Takai; Kazuyoshi Nishikawa; Yukio Morimoto; Noritake Yasuoka; Kazuya Suzuki; Toshiaki Enoki; Hiroyuki Anzai
        Chemical Communications, 1997年
      • Crystallization and preliminary X-ray analysis of salicylate hydroxylase from Pseudomonas putida S-1
        Tsuyoshi Yabuuchi; Kenzi Suzuki; Takao Sato; Kuniharu Ohnishi; Eiji Itagaki; Yukio Morimoto
        Journal of Biochemistry, 1996年
      • 地球ウイルスの構造と機能
        森本 幸生
        生化学, 1995年10月25日
      • Ordered structure of the crystallized bovine 20S proteasome
        Yukio Morimoto; Tsunehiro Mizushima; Akiko Yagi; Nobuyuki Tanahashi; Keiji Tanaka; Akira Ichihara; Tomitake Tsukihara
        Journal of Biochemistry, 1995年
      • Dynamic properties of nucleic acids in biosupramolecular systems, as studied by P NMR
        Takayuki Odahara; Shozo Nishimoto; Naruo Katsutani; Yoshimasa Kyogoku; Yukio Morimoto; Aizo Matsushiro; Hideo Akutsu
        Journal of Biochemistry, 1994年
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY STUDIES OF WILD-TYPE AND CATALYTIC-SITE MUTANT ALPHA-AMYLASE FROM BACILLUS-SUBTILIS
        H MIZUNO; Y MORIMOTO; T TSUKIHARA; T MATSUMOTO; K TAKASE
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1993年12月
      • Structures of {diethyl 2-[(8-hydroxy-κO-2-quinolyl-κN)methyl]malonato(2-)-κC 2}(pyridine)palladium(II) and the analogous ethyl complex
        A. Yoneda; George R. Newkome; Yukio Morimoto; Yoshiki Higuchi; Noritake Yasuoka
        Acta Crystallographica Section C: Crystal Structure Communications, 1993年
      • ON THE ACTIVE-SITES OF HYDROGENASE FROM DESULFOVIBRIO-VULGARIS MIYAZAKI-F
        N YASUOKA; S SUGIYAMA; Y MORIMOTO; Y HIGUCHI; S EMURA; H MAEDA; K KOTO; NAKAI, I; A YOSHIASA
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 1993年
      • Effects of amino acid substitution on three-dimensional structure: An x-ray analysis of cytochrome c3, from Desulfovibrio vulgaris hildenborough at 2 å resolution
        Yukio Morimoto; Toshiki Tani; Hirokazu Okumura; Yoshiki Higuchi; Noritake Yasuoka
        Journal of Biochemistry, 1991年
      • UNIXワークステーション上でのタンパク質結晶解析システムの構築
        樋口芳樹; 森本幸生; 安岡則武; 藤井功; 伊賀祐一
        日本結晶学会誌, 1990年12月, 招待有り
      • 31p-Y-5 ヒト上皮細胞成長因子の結晶構造解析(生体物理)
        樋口 芳樹; 森本 幸生; 堀中 章男; 安時 則武
        年会講演予稿集, 1989年03月28日

      講演・口頭発表等

      • 高塩濃度下で形成されるDNA と二価金属の直接的相互作用
        日本結晶学会2010年会
      • 生体プロトン解析用中性子回折計の計画
        日本中性子科学会2009年会
      • 納豆菌培養液由来ナットウキナーゼの精製と結晶化
        日本結晶学会2009年会
      • 温度制御によるDNAの結晶化
        日本結晶成長学会2009年会
      • Neutron crystallographic analysis revealed details of DNA binding protein DsrD
        8th Korea-Japan meeting on Neutron Science
      • Spring-8における蛋白質科学研究の将来展望
        第1回Spring-8ユーザーズミーティング
      • タンパク質結晶構造解析の実際—放射光でできること、放射光でするべきことー
        SPring8夏の学校
      • タンパク質の立体構造—放射光でできること、放射光でするべきことー
        むつ小川原地域における放射光施設整備研究会 (日本原子力産業会議)

      書籍等出版物

      • 巨大なタンパク分解酵素複合体の特異な立体構造と機能相関
        森本幸生, 単著
        https://humans-in-space.jaxa.jp/kibouser/pickout/72801.html, 2021年04月
      • 日本の結晶学 II
        森本 幸生, 分担執筆, ヘモグロビン
        日本結晶学会, 2014年10月, 査読無し
      • 入門講座 中性子科学への招待
        神山崇; 森本幸生, 共著
        2006年03月, 査読無し
      • ナノバイオ辞典 (分担執筆)
        森本幸生
        フジテクノシステム, 2006年, 査読無し
      • An Introduction to the Neutron Science
        T. Kamiyama; Y. Morimoto
        J. Cryst. Soc. Jpn, 2006年, 査読無し
      • 極限状態を見る放射光アナリシス (尾嶋正治編、分担執筆)日本分光学会測定法シリーズ
        森本幸生
        学会出版センター, 2001年, 査読無し
      • SYNCHROTRON RADIATION IN THE BIOSCIENCES (jointly worked)
        森本 幸生
        Oxford University Press.,, 1994年, 査読無し

      産業財産権

      • 特開特許第4314364号, スクリーニング用溶液の作製方法及び装置
        森本幸生; 阿部真琴; 鈴木雅洋; 梅名泰史

      外部資金:科学研究費補助金

      • 極低温単粒子解析による哺乳動物のF-ATP合成酵素の原子レベルの構造機能研究
        基盤研究(B)
        大阪大学
        Gerle Christoph
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        mitochondria;F-ATP synthase;cryo-EM;membrane protein;super complex;cristae;membrane architecture;membrane transport;supercomplex;protein structure;PTP;channel;高分解能電子顕微鏡解析;膜タンパク質複合体;クライオ電顕;FoF1ATP合成酵素;膜蛋白質複合体;FoF1ATP合成;FoF1 ATP synthase;bioenergetics;single particle cryo-EM;structural biology;membrane biology;proton transport;rotary ATPase;分子モータ;蛋白質;電子顕微鏡;生体分子
      • 26Sプロテアソームの低分解能結晶構造解析による分子様態に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        森本 幸生
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        X線結晶構造解析;プロテアソーム;分子動態;X線結晶構造解析;結晶構造解析;脱ユビキチン化酵素
      • タンパク質高次構造におけるダイナミクスの解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        杉山 正明
        完了
        生物物理;サブユニット交換;重水素化;中性子小角散乱;コントラスト変調法;タンパク質高次構造
      • 蛋白質異常凝集過程の解明とその修復機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤井 紀子
        自 2008年04月08日, 至 2013年03月31日, 完了
        蛋白質の異常凝集;D-アミノ酸;白内障;老化;ラセミ化;紫外線;加齢性疾患;皮膚の光老化;蛋白質異常凝集;光学異性体分析;紫外線影響;プロテオミクス
      • 酵母26Sプロテアソームの低分解能結晶構造解析と分子様態に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        森本 幸生
        完了
        X線結晶構造解析;プロテアソーム;結晶構造解析
      • 牛脾臓プロテアソームおよびユビキチン関連酵素システムの複合体構造研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;超分子複合体;結晶構造解析;分子凝集;ユビキチン
      • 2.5Å分解能結晶構造にもとづく牛肝臓20Sプロテアソームの抗原提示機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学;姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;超分子複合体;結晶構造解析;X線結晶構造解析;免疫応答;核内移行シグナル, poroteasome;supramolecules;crystal structure;immuno-respose
      • 補酵素結合型タンパク質の精密X線解析と生体触媒設計
        特定領域研究
        理工系
        大阪市立大学
        広津 建
        完了
        composite blocatalyst;glutamine amidotransferase;quinoprotein;pyridoxal phosphate;flavin;X-ray Crystallography;コンポジット触媒;PLP酵素;トレオニン合成酵素;グルタミンアミノ基転移酵素;CTP合成酵素;基質認識;結晶構造;X線結晶解析;アルギニノコハク酸合成酵素;グルタミンアミドトランスフェラーゼ;高度好熱菌;分子内チャネル;フラビン依存型酵素;アミノ基転移酵素;キノプロテイン;フラビン依存型酸化酵素;ビルトイン補酵素
      • 牛肝臓20Sプロテアソームの2.5Å分解能結晶構造解析
        特定領域研究
        生物系
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;超分子複合体;X線結晶構造解析;免疫応答;核内移行シグナル
      • 14-3-3/MSF蛋白における選択的シグナルあるいはペプチド認識機構の解明
        特定領域研究(A)
        生物系
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        14-3-3タンパク質;ミトコンドリア膜透過;X線結晶構造解析;シグナルペプチド;プロテインターゲッティング
      • 牛肝臓20Sプロテアソームの高分解能結晶構造解析
        特定領域研究(A)
        生物系
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;超分子複合体;X線結晶構造解析;免疫応答
      • 牛肝臓プロテアソーム活性化因子PA28の高分解能X線結晶構造解析
        基盤研究(C)
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;超分子複合体;X線結晶構造解析;免疫応答;プロテアソーム活性化因子, proteasome;supramolecule;crystal structure;immuno-response
      • ビタミンB_<12>と結合する酵素ジオールデヒドラーゼの構造研究
        基盤研究(B)
        姫路工業大学
        安岡 則武
        完了
        ビタミンB_<12>酵素;X線構造解析;プロパンジオール;ジオールデヒドラターゼ;シンクロトロン放射光;カリウムイオン;シアノコバラミン;TIMバレル;ビタミンB12酵素;放射光;ビタミンB12;ジオールデヒドラーゼ;低温X線回折;膜タンパク質複合体, vitamin B12 enzyme;X-ray structure analysis;propanediol;diol dehydratase;synchrotron radiation;potassium ion;cyanocobalamin;TIM barrel
      • ミトコンドリア蛋白質輸入因子MSFのX線解析による構造生物学的研究
        重点領域研究
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        蛋白質選別機構;ターゲッティング;14-3-3-蛋白質
      • 牛肝臓プロテアソームおよびその活性化因子の構造生物学的研究
        重点領域研究
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        免疫プロテアソーム;プロテアソーム調節;X線解析
      • Trp合成酵素βサブユニットのX線解析による複合体形成原理の解明
        重点領域研究
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        トリプトファン合成酵素;立体構造構築原理;X線解析
      • MSF/14-3-3蛋白質及びその標的蛋白質との複合体の構造解析
        重点領域研究
        九州大学
        三原 勝芳
        完了
        ミトコンドリア;前駆体蛋白質;蛋白質輸送;シグナルペプチド;TOM;TIM;膜透過;シャペロン
      • プロテアソームの分子様態・結晶構造と機能解析に関する研究
        重点領域研究
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        免疫プロテアソーム;X線構造解析;蛋白分解
      • Trp合成酵素αおよびαβ複合体のX線解析による高次構造構築原理の解明
        重点領域研究
        姫路工業大学
        森本 幸生
        完了
        トリプトファン合成酵素;立体構造構築原理;X線解析
      • MSF/14-3-3蛋白質及びその標的蛋白質との複合体の構造解析
        重点領域研究
        九州大学
        三原 勝芳
        完了
        ミトコンドリア;蛋白質輸送;14-3-3蛋白質;分子シャペロン;Hsp70;輸送促進因子
      • 牛肝臓20Sプロテアソームの高分解能X線結晶構造解析
        基盤研究(C)
        姫路工業大学;徳島大学
        森本 幸生
        完了
        プロテアソーム;X線結晶構造解析;免疫応答;X線結晶解析;X線構造解析;蛋白分解;細胞内蛋白分解, Proteasome;Crystal Structure;Immuno-response
      • 蛋白質結晶解析における高速画像処理法の開発
        基盤研究(B)
        姫路工業大学;徳島大学
        森本 幸生
        完了
        蛋白質結晶解析;画像処理;圧縮画像;画像圧縮;ウォルッシュ・アダマ-ル変換, Protein Crystallography;Image Processing;Image Compress
      • Trp合成酵素αサブユニットのX線解析による三次および四次構造構築原理の解明
        重点領域研究
        徳島大学
        森本 幸生
        完了
        トリプトファン合成酵素;立体構造構築原理;X線解析
      • MSF/14-3-3蛋白質及びその標的蛋白質との複合体の構造解析
        重点領域研究
        九州大学
        阪口 雅郎
        完了
        ミトコンドリア;ATP;シャペロン;膜透過;MSF
      • 特異な殻構造を持つイネ萎縮病ウィルスの殻形態形成に関する研究
        奨励研究(A)
        徳島大学
        森本 幸生
        完了
        X線結晶構造解析;ウィルス;二重殻
      • 超分子複合体のための高精度X線回析強度測定法の開発
        基盤研究(A)
        大阪大学;徳島大学
        月原 冨武;月原 富武
        完了
        生体超分子複合体;結晶構造解析;X線回析;蛋白質;X線回折;回折強度測定法;チトクロム酸化酵素;立体構造;超分子複合体, Biological macromolecular assemblies;Crystal structure analysis;X-ray diffraction;Proteins
      • デスルホビブリオに存在する高分子量チトクロムの機能と立体構造
        一般研究(B)
        姫路工業大学
        安岡 則武
        完了
        硫酸還元菌;X線解析;高分子量チトクロム;チトクロムC553;チトクロムC_<553>;イメージングプレート, Sulfate Reducin Bacteria;High Molecular Weight Cytochrome C;X-Ray Analysis

      外部資金:その他

      • 超分子複合体のX線結晶構造解析
      • 中性子と放射光の連携利用によるタンパク質反応プロセスの解明
        光・量子融合連携基盤技術開発プログラム
        自 2013年07月01日, 至 2018年03月31日
        三木邦夫
      list
        Last Updated :2022/08/14

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子構造ゼミナールC
          2065, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子構造ゼミナールA
          2063, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子構造ゼミナールD
          2066, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人類と放射線
          U132, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-2
          2210, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理学第一分野特別講義3
          2503, 通年集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体分子構造ゼミナールB
          2064, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-1
          2209, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-1
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-2
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-1
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験物理学特論ⅠⅠⅠ-2
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験物理学特論Ⅲ-1
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験物理学特論Ⅲ-2
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生体分子構造ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/08/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            学生生活委員会第一小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            京都大学奨学金返還免除候補者選考委員会 4号委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            教育制度委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日
            運営委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            所員会議委員
          • 自 2003年04月01日
            協議員会協議員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            粒子線物質科学研究本部長
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            研究計画委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2020年07月13日
            原子炉医療委員会

          ページ上部へ戻る