教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

飯尾 能久

イイオ ヨシヒサ

防災研究所 防災研究所附属地震災害研究センター 教授

飯尾 能久
list
    Last Updated :2022/09/29

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 地球惑星科学専攻 応用固体地球物理学講座, 教授

    所属学協会

    • 日本活断層学会
    • 日本地震学会

    学位

    • 理学修士(京都大学)
    • 理学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程地球物理学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      兵庫県立明石高等学校

    経歴

    • 自 2002年09月
      京都大学防災研究所地震予知研究センター, 助教授
    • 自 2000年04月
      東京大学地震研究所地震予知研究推進センター企画部, 助教授
    • 自 1996年07月
      防災科学技術研究所地圏地球科学技術研究部地球化学研究室, 室長
    • 自 1993年04月
      防災科学技術研究所地圏地球科学技術研究部, 主任研究官
    • 自 1990年06月
      京都大学防災研究所, 助手
    • 自 1983年07月
      京都大学理学部, 助手
    • 自 2007年, 至 現在
      京都大学, 防災研究所, 教授

    プロフィール

    • プロフィール

      内陸地震の発生予測に関する研究をしている。教育に関しては、大学院生との共同研究の中で、自らの頭で考え行動することが身につくようにしている。関西の企業との共同研究等により、新しい観測システムの開発を行っている。地震災害の軽減と理科の普及のため、アウトリーチ活動を積極的に行っている。

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/29

      研究

      研究キーワード

      • 断層
      • 南アフリカ
      • 微小地震
      • 地震観測
      • 内陸地震
      • 震源過程
      • 減衰
      • 誘発地震
      • 震源スペクトル
      • 非弾性変形
      • 比抵抗
      • 地震準備過程
      • ロックバースト
      • 山はね
      • 観測
      • 長野県西部地震
      • コーダ波
      • 地震波速度
      • メカニズム解
      • 低速度異常
      • 歪計
      • 地震断層
      • 長野県西部
      • 応力
      • 初期破壊過程
      • ボアホ-ル
      • 初期破壊
      • 金鉱山
      • 極微小地震

      研究分野

      • 自然科学一般, 固体地球科学

      論文

      • 地震発生における地殻流体の役割ー物理的 or 化学的?ー
        飯尾 能久
        日本地質学会学術大会講演要旨, 2012年
      • 岐阜県川上村,付知町における400m断層ドリリングによる阿寺断層破砕帯コア採取(序報)
        小村 健太朗; 池田 隆司; 飯尾 能久; 水落 幸広
        日本地質学会学術大会講演要旨, 1998年
      • Ambient Noise Tomography for a High-resolution 3D S-Wave Velocity Model of the Kinki Region, Southwestern Japan, using Dense Seismic Array Data
        BOKANI NTHABA; Tatsunori Ikeda; Hiro Nimiya; Takeshi Tsuji; Yoshihisa Iio
        2021年12月22日
      • Three-Dimensional S-Wave Velocity Structure of the Kinki Region, Southwestern Japan based on Ambient Seismic Noise Tomography using Data from Dense Seismic Array
        BOKANI NTHABA; Tatsunori Ikeda; Hiro Nimiya; Takeshi Tsuji; Yoshihisa Iio
        2021年12月10日
      • 0.1満点地震観測による,地殻活動の可視化にむけて
        松本 聡; 飯尾 能久; 酒井 慎一; 加藤 愛太郎
        可視化情報学会誌, 2018年
      • 地殻構造と地震活動:ディタッチメントのすべりと内陸地震
        飯尾 能久
        活断層研究, 1996年
      • Spatial and temporal stress field changes in the focal area of the 2016 Kaikōura earthquake, New Zealand: A multi-fault process interpretation
        Matsuno, Miu; Tagami, Ayaka; Okada, Tomomi; Matsumoto, Satoshi; Kawamura, Yuta; Iio, Yoshihisa; Sato, Tadashi; Nakayama, Takashi; Hirahara, Satoshi; Bannister, Stephen; Ristau, John; Savage, Martha K; Thurber; Clifford H; Sibson, Richard H
        Tectonophysics, 2022年07月, 査読有り
      • Velocity changes around the Kaikōura earthquake ruptures from ambient noise cross-correlations
        Madley, Megan; Yates, Alexander; Savage, Martha; Wang, Weiwei; Okada, Tomomi; Matsumoto, Satoshi; Iio, Yoshihisa; Jacobs, Katrina
        Geophysical Journal International, 2022年02月, 査読有り
      • Three-Dimensional P and S Wave Velocity Structure in the Focal Region of the 1984 Western Nagano Prefecture Earthquake.
        Kazuro Hirahara; Naoshi Hirata; Akira Ikami; Hiroki Miyamachi; Tetsuichiro Yabuki; Harumi Aoki; Iwao Fujii; Toshio Haneda; Akira Hasegawa; Shin'ichi Hashimoto; Norio Hirano; Shigeki Horiuchi; Yoshihisa Iio; Yukio Ishiketa; Akihiko Ito; Kiyoshi Ito; Toshihiko Kanazawa; Satoshi Kaneshima; Ikuo Karakama; Masaru Kobayashi; Makoto Koizumi; Toshio Kono; Masahiro Kosuga; Yuji Kurata; Satoru Kuriyama; Akio Kuroiso; Toru Matsuzawa; Takeshi Mikumo; Toshio Mitsunami; Katsumi Miura; Kazuaki Miura; Rikio Miyajima; Megumi Mizoue; Takeo Moriya; Atsushi Nakajima; Isao Nakamura; Masaru Nakamura; Toru Nakamura; Kinya Nishigami; Kazuo Oike; Takuo Okamoto; Takahiro Okura; Tooru Ooida; Toru Ouchi; Tatsuo Saeki; Kaname Sakai; Takuo Shibutani; Masayuki Suzuki; Sadaomi Suzuki; Masayoshi Takahashi; Akio Takagi; Fumiaki Takeuchi; Toshikazu Tanada; Shoji Tomita; Tameshige Tsukuda; Yasuhiro Umeda; Hiroo Wada; Mamoru Yamada; Akihiko Yamamoto; Ken'ichiro Yamashina; Fumihito Yamazaki; Manabu Yokohama
        Journal of Physics of the Earth, 1992年
      • Stress relaxation arrested the mainshock rupture of the 2016 Central Tottori earthquake
        Yoshihisa Iio; Satoshi Matsumoto; Yusuke Yamashita; Shin’ichi Sakai; Kazuhide Tomisaka; Masayo Sawada; Takashi Iidaka; Takaya Iwasaki; Megumi Kamizono; Hiroshi Katao; Aitaro Kato; Eiji Kurashimo; Yoshiko Teguri; Hiroo Tsuda; Takashi Ueno
        Communications Earth & Environment, 2021年12月, 査読有り
      • 地震学のオープンサイエンス―地震観測所のサイエンスミュージアム・プロジェクトをめぐって―
        矢守 克也; 飯尾 能久; 城下 英行
        実験社会心理学研究, 2021年
      • Conjugate faulting and structural complexity on the young fault system associated with the 2000 Tottori earthquake.
        Kato, A; Sakai, S. I; Matsumoto, S; Iio, Y
        Communications Earth & Environment, 2021年01月, 査読有り
      • Focal mechanisms and the stress field in the aftershock area of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (M-JMA=6.7)
        Yuki Susukida; Kei Katsumata; Masayoshi Ichiyanagi; Mako Ohzono; Hiroshi Aoyama; Ryo Tanaka; Masamitsu Takada; Teruhiro Yamaguchi; Kazumi Okada; Hiroaki Takahashi; Shin'ichi Sakai; Satoshi Matsumoto; Tomomi Okada; Toru Matsuzawa; Hiroki Miyamachi; Shuichiro Hirano; Yoshiko Yamanaka; Shinichiro Horikawa; Masahiro Kosuga; Hiroshi Katao; Yoshihisa Iio; Airi Nagaoka; Noriko Tsumura; Tomotake Ueno; Koji Miyakawa; Shin'ichi Tanaka; Miwako Ando; Naoki Uchida; Ryosuke Azuma; Ryota Takagi; Keisuke Yoshida; Takashi Nakayama; Satoshi Hirahara; Toshiko Terakawa; Yuta Maeda; Hiroki Miyamachi; Hiroshi Yakiwara
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2021年01月, 査読有り
      • Inelastic strain in the hypocentral region of the 2000 Western Tottori earthquake (M 7.3) inferred from aftershock seismic moment tensors
        Satoshi Matsumoto; Yoshihisa Iio; Shinichi Sakai; Aitaro Kato
        Earth, Planets and Space, 2020年12月01日, 査読有り
      • Stationarity of aftershock activities of the 2016 Central Tottori Prefecture earthquake revealed by dense seismic observation
        Yoshihisa Iio; Satoshi Matsumoto; Yusuke Yamashita; Shin’ichi Sakai; Kazuhide Tomisaka; Masayo Sawada; Takashi Iidaka; Takaya Iwasaki; Megumi Kamizono; Hiroshi Katao; Aitaro Kato; Eiji Kurashimo; Yoshiko Teguri; Hiroo Tsuda; Takashi Ueno
        Earth, Planets and Space, 2020年12月, 査読有り
      • Spatio-temporal analysis of seismic anisotropy associated with the Cook Strait and Kaikoura earthquake sequences in New Zealand
        Kenny M. Graham; Martha K. Savage; Richard Arnold; Hubert J. Zal; Tomomi Okada; Yoshihisa Iio; Satoshi Matsumoto
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2020年12月, 査読有り
      • Spatiotemporal Change in the Stress State Around the Hypocentral Area of the 2016 Kumamoto Earthquake Sequence
        Ayaho Mitsuoka; Azusa Shito; Satoshi Matsumoto; Yusuke Yamashita; Manami Nakamoto; Shin-ichi Sakai; Yoshihisa Iio; Hiroshi Shimizu; Kazuhiko Goto; Tomomi Okada; Mako Ohzono; Yoshiko Yamanaka; Masahiro Kosuga; Masayuki Yoshimi; Youichi Asano
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2020年09月, 査読有り
      • Estimation of the heterogeneity of stress fields using misfit angles in focal mechanisms
        Yohei Yukutake; Takaki Iwata; Yoshihisa Iio
        TECTONOPHYSICS, 2020年09月, 査読有り
      • 3-D Intrinsic and Scattering Seismic Attenuation Structures Beneath Kyushu, Japan
        A. Shito; S. Matsumoto; T. Ohkura; H. Shimizu; S. Sakai; Y. Iio; H. Takahashi; H. Yakiwara; T. Watanabe; M. Kosuga; T. Okada; M. Yoshimi; Y. Asano
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2020年08月, 査読有り
      • The Achievement of Archiving Analog Seismograms in Japanese Institutes for 15 Yr
        Ritsuko S. Matsu'ura; Norihito Umino; Yoshiaki Tamura; Yoshihisa Iio; Minoru Kasahara; Takahiro Ohkura
        SEISMOLOGICAL RESEARCH LETTERS, 2020年05月
      • The Advancement of Research on Inland Earthquake Generation 2014-2018
        Satoshi Matsumoto; Tomomi Okada; Toshiko Terakawa; Makoto Uyeshima; Yoshihisa Iio
        JOURNAL OF DISASTER RESEARCH, 2020年03月
      • Non-Double-Couple Microearthquakes in the Focal Area of the 2000 Western Tottori Earthquake (M 7.3) via Hyperdense Seismic Observations
        Yuto Hayashida; Satoshi Matsumoto; Yoshihisa Iio; Shin'ich Sakai; Aitaro Kato
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2020年02月, 査読有り
      • Identification of a nascent tectonic boundary in the San-in area, southwest Japan, using a 3D S-wave velocity structure obtained by ambient noise surface wave tomography
        Yudai Suemoto; Tatsunori Ikeda; Takeshi Tsuji; Yoshihisa Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2020年02月, 査読有り
      • 超多点稠密地震観測による断層帯発達過程の解明に向けて—2000 年鳥取県西部地震域への適用—
        松本聡; 飯尾能久; 酒井慎一; 加藤愛太郎
        地学雑誌, 2020年, 査読有り
      • P-wave first-motion polarity determination of waveform data in western Japan using deep learning
        Shota Hara; Yukitoshi Fukahata; Yoshihisa Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2019年11月, 査読有り
      • Origin of the seismic belt in the San-in district, southwest Japan, inferred from the seismic velocity structure of the lower crust
        Tsuda Hiroo; Iio Yoshihisa; Shibutani Takuo
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2019年10月25日, 査読有り
      • Comparative tomography of reverse-slip and strike-slip seismotectonic provinces in the northern South Island, New Zealand
        Okada Tomomi; Iio Yoshihisa; Matsumoto Satoshi; Bannister Stephen; Ohmi Shiro; Horiuchi Shintaro; Sato Tadashi; Miura Tsutomu; Pettinga Jarg; Ghisetti Francesca; Sibson Richard H
        TECTONOPHYSICS, 2019年08月20日, 査読有り
      • The 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (M-JMA=6.7) was triggered by a strike-slip faulting in a stepover segment: insights from the aftershock distribution and the focal mechanism solution of the main shock
        Kei Katsumata; Masayoshi Ichiyanagi; Mako Ohzono; Hiroshi Aoyama; Ryo Tanaka; Masamitsu Takada; Teruhiro Yamaguchi; Kazumi Okada; Hiroaki Takahashi; Shin'ichi Sakai; Satoshi Matsumoto; Tomomi Okada; Toru Matsuzawa; Shuichiro Hirano; Toshiko Terakawa; Shinichiro Horikawa; Masahiro Kosuga; Hiroshi Katao; Yoshihisa Iio; Airi Nagaoka; Noriko Tsumura; Tomotake Ueno; Koji Miyakawa; Shin'ichi Tanaka; Miwako Ando; Naoki Uchida; Ryosuke Azuma; Ryota Takagi; Keisuke Yoshida; Takashi Nakayama; Satoshi Hirahara; Yoshiko Yamanaka; Yuta Maeda; Shuichiro Hirano; Hiroki Miyamachi; Hiroshi Yakiwara; Takuto Maeda; Masahiro Shimazaki; Youichi Asano
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2019年05月, 査読有り
      • 地殻流体の起源・分布と変動現象.
        岩森光; 行竹洋平; 飯尾能久; 中村仁美
        地学雑誌, 2019年, 査読有り
      • 地形・地質・物理探査データに基づく 2018年大阪府北部の地震の震源域周辺の 活構造の再検討
        堤 浩之; 飯尾能久
        地震, 2019年, 査読有り
      • The relationship between S-wave reflectors and deep low-frequency earthquakes in the northern Kinki district, southwestern Japan
        Katoh Shinya; Iio Yoshihisa; Katao Hiroshi; Sawada Masayo; Tomisaka Kazuhide; Miura Tsutomu; Yoneda Itaru
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2018年09月19日, 査読有り
      • 断層の強度に関する論争と学際的アプローチの必要性
        高橋美紀; 廣瀬丈洋; 飯尾能久
        地質学雑誌, 2018年09月15日, 査読有り
      • Extremely weak fault planes: An estimate of focal mechanisms from stationary seismic activity in the San'in district, Japan
        Yoshihisa Iio; Shinji Kishimoto; Setsuro Nakao; Tsutomu Miura; Itaru Yoneda; Masayo Sawada; Hiroshi Katao
        Tectonophysics, 2018年01月16日, 査読有り
      • Prestate of Stress and Fault Behavior During the 2016 Kumamoto Earthquake (M7.3)
        Satoshi Matsumoto; Yusuke Yamashita; Manami Nakamoto; Masahiro Miyazaki; Shinichi Sakai; Yoshihisa Iio; Hiroshi Shimizu; Kazuhiko Goto; Tomomi Okada; Mako Ohzono; Toshiko Terakawa; Masahiro Kosuga; Masayuki Yoshimi; Youichi Asano
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2018年01月, 査読有り
      • Which is heterogeneous, stress or strength? An estimation from high-density seismic observations Crustal Dynamics: Unified Understanding of Geodynamics Processes at Different Time and Length Scales Yoshihisa Iio, Richard H. Sibson, Toru Takeshita, Takeshi Sagiya, Bunichiro Shibazaki and Junichi Nakajima 4.Seismology
        Yoshihisa Iio; Itaru Yoneda; Masayo Sawada; Tsutomu Miura; Hiroshi Katao; Yoichiro Takada; Kentaro Omura; Shigeki Horiuchi
        Earth, Planets and Space, 2017年12月01日, 査読有り
      • Why do aftershocks occur? Relationship between mainshock rupture and aftershock sequence based on highly resolved hypocenter and focal mechanism distributions
        Yohei Yukutake; Yoshihisa Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2017年05月, 査読有り
      • Disaster education based on legitimate peripheral participation theory:A New model of disaster science communication.
        Iwahori Takuya; Yamori Katsuya; Miyamoto Takumi; Shirosita,Iio
        Journal of Natural Disaster Science, 2017年, 査読有り
      • 防災教育における「伝達型」・「参加型」モデルの関係性−満点計画学習プログラムをめぐって−
        岩堀卓弥; 矢守克也; 城下英行; 飯尾能久; 米田格; 米山望
        災害情報, 2016年07月, 査読有り
      • Stress accumulation process in and around the Atotsugawa fault, central Japan, estimated from focal mechanism analysis
        Youichiro Takada; Kei Katsumata; Hiroshi Katao; Masahiro Kosuga; Yoshihisa Iio; Takeshi Sagiya
        TECTONOPHYSICS, 2016年07月, 査読有り
      • Three-dimensional distribution of S wave reflectors in the northern Kinki district, southwestern Japan
        Sho Aoki; Yoshihisa Iio; Hiroshi Katao; Tsutomu Miura; Itaru Yoneda; Masayo Sawada
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2016年06月, 査読有り
      • Determining changes in the state of stress associated with an earthquake via combined focal mechanism and moment tensor analysis: Application to the 2013 Awaji Island earthquake, Japan
        Satoshi Matsumoto; Hiroshi Katao; Yoshihisa Ho
        TECTONOPHYSICS, 2015年05月, 査読有り
      • 稠密地震観測に基づく近畿地方北部における地震波速度構造
        海谷絵未; 片尾 浩; 澁谷拓郎; 飯尾能久; 三浦勉
        京都大学防災研究所年報, 2014年11月
      • Pore pressure distribution in the focal region of the 2008 M7.2 Iwate-Miyagi Nairiku earthquake
        Keisuke Yoshida; Akira Hasegawa; Tomomi Okada; Hiroaki Takahashi; Masahiro Kosuga; Takaya Iwasaki; Yoshiko Yamanaka; Hiroshi Katao; Yoshihisa Iio; Atsuki Kubo; Takeshi Matsushima; Hiroki Miyamachi; Youichi Asano
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2014年06月, 査読有り
      • Relationship between hypocentral distributions and Vp/Vs ratio structures inferred from dense seismic array data: a case study of the 1984 western Nagano Prefecture earthquake, central Japan
        Issei Doi; Shunta Noda; Yoshihisa Iio; Shigeki Horiuchi; Shoji Sekiguchi
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2013年11月, 査読有り
      • Temporal changes in attenuation of S waves through a fault zone in a South African gold mine
        Nana Yoshimitsu; Hironori Kawakata; Akihito Yamamoto; Hiroshi Ogasawara; Yoshihisa Iio
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2012年12月, 査読有り
      • 東北地方太平洋沖地震と地震防災に関する最先端の研究(<特集>近畿支部)
        飯尾 能久; 矢守 克也; 岩堀 卓弥; 城下 英行
        物理教育, 2012年12月
      • 東北地方太平洋沖地震の発生過程:なぜM9が発生したのか?
        飯尾能久; 松澤暢
        地質学雑誌, 2012年, 査読有り, 招待有り
      • Detailed stress fields in the focal region of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake - Implication for the distribution of moment release
        Keita Chiba; Yoshihisa Iio; Yukitoshi Fukahata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2012年, 査読有り
      • A scenario for the generation process of the 2011 Tohoku earthquake based on dynamic rupture simulation: Role of stress concentration and thermal fluid pressurization
        Yuta Mitsui; Yoshihisa Iio; Yukitoshi Fukahata
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2012年, 査読有り
      • Anomalous depth dependency of the stress field in the 2007 Noto Hanto, Japan, earthquake: Potential involvement of a deep fluid reservoir
        Aitaro Kato; Shinichi Sakai; Takashi Iidaka; Takaya Iwasaki; Eiji Kurashimo; Toshihiro Igarashi; Naoshi Hirata; Toshihiko Kanazawa; Kei Katsumata; Hiroaki Takahashi; Ryo Honda; Takahiro Maeda; Masayoshi Ichiyanagi; Teruhiro Yamaguchi; Masahiro Kosuga; Tomomi Okada; Junichi Nakajima; Shuichiro Hori; Takashi Nakayama; Akira Hasegawa; Toshio Kono; Syuichi Suzuki; Noriko Tsumura; Yoshihiro Hiramatsu; Katsunori Sugaya; Aiko Hayashi; Tetsuya Hirose; Akihiro Sawada; Keisuke Tanaka; Yoshiko Yamanaka; Haruhisa Nakamichi; Takashi Okuda; Yoshihisa Iio; Kin'ya Nishigami; Masatoshi Miyazawa; Hiroo Wada; Norio Hirano; Hiroshi Katao; Shiro Ohmi; Kiyoshi Ito; Issei Doi; Shunta Noda; Satoshi Matsumoto; Takeshi Matsushima; Atsushi Saiga; Hiroki Miyamachi; Kazutoshi Imanishi; Tetsuya Takeda; Youichi Asano; Yohei Yukutake; Tomotake Ueno; Takuto Maeda; Takanori Matsuzawa; Shutaro Sekine; Makoto Matsubara; Kazushige Obara
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2011年03月, 査読有り
      • How did the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake start and grow? The role of a conditionally stable area
        Yuta Mitsui; Yoshihisa Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2011年, 査読有り
      • Detailed spatial changes in the stress field of the 1984 western Nagano earthquake region
        Yohei Yukutake; Yoshihisa Iio; Shigeki Horiuchi
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2010年06月, 査読有り
      • 近畿地方中北部における臨時地震観測
        三浦 勉; 飯尾能久; 片尾 浩; 中尾節郎; 米田格; 藤田安良; 近藤和男; 西村和浩; 澤田麻沙代; 多田光弘; 平野憲雄; 山崎友也; 冨阪和秀; 辰己賢一; 加茂正人
        京都大学防災研究所年報 53B, pp.203-212, 2010年
      • High resolution Q-1 estimation based on extension of coda normalization method and its application to P-wave attenuation structure in the aftershock area of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (M7.0)
        S. Matsumoto; K. Uehira; A. Watanabe; K. Goto; Y. Iio; N. Hirata; T. Okada; H. Takahashi; H. Shimizu; M. Shinohara; T. Kanazawa
        GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 2009年11月, 査読有り
      • 南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験 : 至近距離観測による地震発生過程の解明に向けて
        小笠原 宏; 川方 裕則; 石井 紘; 中谷 正生; 矢部 康男; 飯尾 能久; 南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験国際共同研究グループ
        地震. 2輯, 2009年07月31日, 査読有り
      • 内陸地震の発生過程
        飯尾能久
        地震. 2輯, 2009年07月31日, 査読有り
      • 1984年長野県西部地震震源域周辺でのAMT観測
        吉村令慧; 大志万直人; 笠谷貴史; 飯尾能久; 三浦勉; 西村和浩; 山崎友也; 比嘉哲也; 広瀬成章; 平加奈子
        京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B, 2009年06月, 査読有り
      • Precise aftershock distribution of the 2004 Mid-Niigata prefecture earthquake-Implication for a very weak region in the lower crust
        Yoshihisa Iio; Takuo Shibutani; Satoshi Matsumoto; Hiroshi Katao; Takeshi Matsushima; Shiro Ohmi; Fumiaki Takeuchi; Kenji Uehira; Kinya Nishigami; Masatoshi Miyazawa; Bogdan Enescu; Issei Hirose; Yasuyuki Kano; Yuhki Kohno; Ken'ichi Tatsumi; Tomotake Ueno; Hiroo Wada; Yohei Yukutake
        PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS, 2009年02月, 査読有り
      • Upper crustal resistivity structure around earthquake swarm deduced from dense AMT/MT observations
        Yoshimura Ryokei Oshiman Naoto Kasaya; Takafumi Iio; Yoshihisa Miura Tsutomu; Nishimura Kazuhiro; Yamazaki Tomoya; Omura Kentaro
        IAGA 11th Scientific Assembly 2009 Abstruct, 2009年
      • Earthquake nucleation process - Does the initiation of earthquake rupture know about its termination?
        Iio, Y
        Earthquakes, Tsunamis, and Volcanoes in Encyclopedia of Complexity and Systems Science, edited by R. A. Meyers, Springer, New York., 2009年, 査読有り
      • Local stress concentration in the seismic belt along the Japan Sea coast inferred from precise focal mechanisms: Implications for the stress accumulation process on intraplate earthquake faults
        Rie Kawanishi; Yoshihisa Iio; Yohei Yukutake; Takuo Shibutani; Hiroshi Katao
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2009年01月, 査読有り
      • Faulting processes controlled by the nonuniform thermal structure of the crust and uppermost mantle beneath the northeastern Japanese island arc
        Bunichiro Shibazaki; Kazuteru Garatani; Takaya Iwasaki; Akiko Tanaka; Yoshihisa Iio
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2008年08月, 査読有り
      • In situ stress measurements in NIED boreholes in and around the fault zone near the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, Japan
        Ryuji Ikeda; Yoshihisa Iio; Kentaro Omura
        Island Arc, 2008年07月07日, 査読有り
      • Faulting processes controlled by the nonuniform thermal structure of the crust and uppermost mantle beneath the northeastern Japanese island arc
        Shibazaki; B K. Garatani T; Iwasaki A. Tanaka; Y. Iio
        J. Geophys. Res, 2008年, 査読有り
      • Estimation of the stress field in the region of the 2000 western Tottori earthquake: Using numerous aftershock focal mechanisms (vol 112, art no B09306, 2007)
        Yohei Yukutake; Yoshihisa Iio; Hiroshi Katao; Takuo Shibutani
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2007年12月, 査読有り
      • Estimation of the stress field in the region of the 2000 Western Tottori Earthquake: Using numerous aftershock focal mechanisms
        Yohei Yukutake; Yoshihisa Iio; Hiroshi Katao; Takuo Shibutani
        Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 2007年09月04日, 査読有り
      • Correction to ‘‘Estimation of the stress field in the region of the 2000 western Tottori earthquake: Using numerous aftershock focal mechanisms
        Yukutake Youhei; Iio Yoshihisa Katao Hiroshi; Shibutani Takuo
        J. Geophys. Res. doi:10.1029/2007JB005509, 2007年09月, 査読有り
      • Similar microearthquakes observed in western Nagano, Japan, and implications for rupture mechanics
        Xin Cheng; Fenglin Niu; Paul G. Silver; Shigeki Horiuchi; Kaori Takai; Yoshihisa Iio; Hisao Ito
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2007年04月, 査読有り
      • Stress drops and radiated seismic energies of microearthquakes in a South African gold mine
        Takuji Yamada; James J. Mori; Satoshi Ide; Rachel E. Abercrombie; Hironori Kawakata; Masao Nakatani; Yoshihisa Iio; Hiroshi Ogasawara
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2007年03月, 査読有り
      • 2005年福岡県西方沖地震 福岡県西方沖地震の精密震源分布と発震機構
        植平賢司; 山田知朗; 篠原雅尚; 中東和夫; 宮町宏樹; 飯尾能久; 岡田知己; 高橋浩晃; 松尾のり道; 内田和也; 金沢敏彦; 清水洋
        月刊地球, 2007年02月01日
      • High-resolution aftershock observations in the source region of the 2004 mid-Niigata Prefecture Earthquake
        Aitaro Kato; Masakatsu Arao; Keisuke Ariyoshi; Youichi Asano; Keiji Doi; Bogdan Enescu; Shinya Fujieda; Hiroko Hagiwara; Toshio Haneda; Akira Hasegawa; Shin'ichi Hashimoto; Satoshi Hirahara; Naoshi Hirata; Yasuhiro Hirata; Issei Hirose; Shusaku Hondo; Kumiko Hori; Shuichiro Hori; Shigeki Horiuchi; Toshihiko Igarashi; Takashi Iidaka; Yoshihisa Iio; Ryoya Ikuta; Takeo Ito; Takaya Iwasaki; Aya Kamimura; Toshihiko Kanazawa; Yasuyuki Kano; Hiroshi Katao; Satoshi Kawamoto; Tomonori Kawamura; Saeko Kita; Masaru Kobayashi; Yuhki Kohno; Toshio Kono; Masahiro Kosuga; Atsuki Kubo; Eiji Kurashimo; Satoshi Matsumoto; Takeshi Matsushima; Toru Matsuzawa; Noa Mitsui; Reiko Miura; Masatoshi Miyazawa; Tomoko Mizukami; Satoko Murotani; Satoru Nagai; Junichi Nakajima; Takashi Nakayama; Hiroaki Negishi; Kinya Nishigami; Izumi Ogino; Shiro Ohmi; Tomomi Okada; Hiroki Onaha; Shantha S.N. Gamage; Mamoru Saka; Shin'ichi Sakai; Katsuhito Sato; Toshiya Sato; Masato Serizawa; Takuo Shibutani; Junpei Shimizu; Junichi Suganomata; Kiyoko Tagami; Keisuke Takahashi; Kaori Takai; Fumiaki Takeuchi; Yasuda Takumi; Kazuo Tanaka; Ken'ichi Tatsumi; Takashi Tonegawa; Hiroaki Tsushima; Naoki Uchida; Kenji Uehira; Tomotake Ueno; Norihito Umino; Hiroo Wada; Kazutoshi Watanabe; Shigeru Watanabe; Yasuo Yabe; Tadashi Yaginuma; Mamoru Yamada; Shunroku Yamamoto; Yoshiko Yamanaka; Futoshi Yamashita; Fumihito Yamazaki; Satoshi Yui; Yohei Yukutake
        Earth, Planets and Space, 2007年, 査読有り
      • Small slow-strain steps and their forerunners observed in gold mine in South Africa
        M Naoi; H Ogasawara; J Takeuchi; A Yamamoto; N Shimoda; K Morishita; H Ishii; S Nakao; G van Aswegen; AJ Mendecki; P Lenegan; R Ebrahim-Trollope; Y Iio
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2006年06月, 査読有り
      • 2004年新潟県中越地震の発生過程 : オンライン合同余震観測結果から
        飯尾 能久; 松本 聡; 松島 健; 植平 賢司; 片尾 浩; 大見 士朗; 澁谷 拓郎; 竹内 文朗; 西上 欽也; ENESCU Bogdan; 廣瀬 一聖; 加納 靖之; 儘田 豊; 宮澤 理稔; 辰己 賢一; 和田 博夫; 河野 裕希; 是永 将宏; 上野 友岳; 行竹 洋平
        地震. 2輯, 2006年03月31日
      • Measurements of spectral similarity for microearthquakes in western Nagano, Japan
        A Venkataraman; GC Beroza; S Ide; K Imanishi; H Ito; Y Iio
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2006年03月, 査読有り
      • 2004年新潟中越地震の発生過程
        飯尾能久; 松本聡; 松島健; 植平賢司; 片尾浩; 大見士朗; 澁谷拓郎; 竹内文朗; 西上欽也; Enescu Bogdan; 廣瀬一聖; 加納靖之; 儘田豊; 宮澤理稔; 辰己賢一; 他
        地震 Vol.58, pp.463-475, 2006年, 査読有り
      • Spatial distribution of static stress drops for aftershocks of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture earthquake
        Yoshihisa Iio; Hiroshi Katao; Tomotake Ueno; Bogdan Enescu; Norio Hirano; Tomomi Okada; Naoki Uchida; Satoshi Matsumoto; Takeshi Matsushima; Kenji Uehira; Hiroshi Shimizu
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2006年, 査読有り
      • Three-dimensional seismic velocity structure as determined by double-difference tomography in and around the focal area of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake
        M. Hori; S. Matsumoto; K. Uehira; T. Okada; T. Yamada; Y. Iio; M. Shinohara; H. Miyamachi; H. Takahashi; K. Nakahigashi; A. Watanabe; T. Matsushima; N. Matsuwo; T. Kanazawa; H. Shimizu
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2006年, 査読有り
      • Precise aftershock distribution of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (Mj=7.0) using a dense onshore and offshore seismic network
        Kenji Uehira; Tomoaki Yamada; Masanao Shinohara; Kazuo Nakahigashi; Hiroki Miyamachi; Yoshihisa Iio; Tomomi Okada; Hiroaki Takahashi; Norimichi Matsuwo; Kazunari Uchida; Toshihiko Kanazawa; Hiroshi Shimizu
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2006年, 査読有り
      • Aftershock seismicity and fault structure of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (M(JMA)7.0) derived from urgent joint observations
        Hiroshi Shimizu; Hiroaki Takahashi; Tomomi Okada; Toshihiko Kanazawa; Yoshihisa Iio; Hiroki Miyamachi; Takeshi Matsushima; Masayoshi Ichiyanagi; Naoki Uchida; Takaya Iwasaki; Hiroshi Katao; Kazuhiko Goto; Satoshi Matsumoto; Naoshi Hirata; Shigeru Nakao; Kenji Uehira; Masanao Shinohara; Hiroshi Yakiwara; Nobuki Kame; Taku Urabe; Norimichi Matsuwo; Tomoaki Yamada; Atsushi Watanabe; Kazuo Nakahigashi; Bogdan Enescu; Kazunari Uchida; Shin'ichi Hashimoto; Syuichiro Hirano; Takeo Yagi; Yuhki Kohno; Tomotake Ueno; Masaki Saito; Mio Hori
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2006年, 査読有り
      • Radiation efficiency and apparent stress of small earthquakes in a South African gold mine (vol 110, art no B01305, 2005)
        T Yamada; JJ Mori; S Ide; H Kawakata; Y Iio; H Ogasawara
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2005年06月, 査読有り
      • Radiation efficiency and apparent stress of small earthquakes in a South African gold mine
        T. Yamada; J. J. Mori; S. Ide; H. Kawakata; Y. Iio; H. Ogasawara
        J. Geophys. Res., 2005年, 査読有り
      • 糸魚川−静岡構造線断層帯北部における変形過程の有限要素モデル
        鷺谷威; 飯尾能久; 西村卓也
        月刊地球号外, 2005年
      • 高サンプリング地震観測による長野県西部の地震活動,断層破砕帯の構造
        堀内茂木; 高井香里; 飯尾能久
        月刊地球号外, 2005年
      • 長町利府断層帯における歪蓄積過程のモデリング
        飯尾能久; 鷺谷威; 海野徳仁; 西村卓也; 高橋邦彦; 本間高弘
        月刊地球号外, 2005年
      • 何が陸域の大地震の発生をコントロールしているか?
        飯尾能久; 鷺谷威; 小林洋二
        月刊地球号外, 2005年
      • Aftershock distribution of the 2004 Mid Niigata Prefecture Earthquake derived from a combined analysis of temporary online observations and permanent observations
        T Shibutani; Y Iio; S Matsumoto; H Katao; T Matsushima; S Ohmi; F Takeuchi; K Uehira; K Nishigami; B Enescu; Hirose, I; Y Kano; Y Kohno; M Korenaga; Y Mamada; M Miyazawa; K Tatsumi; T Ueno; H Wada; Y Yukutake
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2005年, 査読有り
      • Triggering sequence of large aftershocks of the Mid Niigata prefecture, Japan Earthquake in 2004 by static stress changes
        M Miyazawa; J Mori; Y Iio; T Shibutani; S Matsumoto; H Katao; S Ohmi; K Nishigami
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2005年, 査読有り
      • Three dimensional velocity structure around aftershock area of the 2004 mid Niigata prefecture earthquake (M6.8) by the Double-Difference tomography
        M Korenaga; S Matsumoto; Y Iio; T Matsushima; K Uehira; T Shibutani
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2005年, 査読有り
      • Imaging of S-wave reflectors in and around the hypocentral area of the 2004 mid Niigata Prefecture Earthquake (M6.8)
        S Matsumoto; Y Iio; T Matsushima; K Uehira; T Shibutani
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2005年, 査読有り
      • Radiation efficiency and apparent stress of small earthquakes in a South African gold mine
        T Yamada; JJ Mori; S Ide; H Kawakata; Y Iio; H Ogasawara
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 2005年01月, 査読有り
      • High-Resolution Strain Monitoring During M > 2 Events in a South African Deep Gold Mine in Close Proximity to Hypocentres
        H. Ogasawara; J. Takeuchi; N. Shimoda; H. Ishii; S. Nakao; G. van Aswegen; A. J. Mendecki; A. Cichowicz; R. Ebrahim-Trollope; H. Kawakata; Y. Iio; T. Ohkura; M. Ando
        RASIM6: CONTROLLING SEISMIC RISK, 2005年, 査読有り
      • Source parameters and rupture velocities of microearthquakes in western Nagano, Japan, determined using stopping phases
        K Imanishi; M Takeo; WL Ellsworth; H Ito; T Matsuzawa; Y Kuwahara; Y Iio; S Horiuchi; S Ohmi
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2004年10月, 査読有り
      • Local attenuation in western Nagano, central Japan, estimated from seismograms recorded in three boreholes
        S Ito; H Ito; S Horiuchi; Y Iio
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2004年10月, 査読有り
      • 稠密地震観測データを用いた長野県西部地域の3次元速度構造とその時間変化の可能性
        関口渉次; 飯尾能久; 大見士朗; 伊藤久男; 堀内茂木
        地震. 2輯, 2004年08月25日, 査読有り
      • S-wave energy estimation of small-earthquakes in the western Nagano region, Japan
        T Matsuzawa; M Takeo; S Ide; Y Iio; H Ito; K Imanishi; S Horiuchi
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2004年02月, 査読有り
      • 2003年の南アフリカ金鉱山の地震発生・制御・防災と予知
        小笠原宏; 飯尾能久; 中谷正生; 南ア金鉱山半制御地震発生実験国際共同研究グループ
        月刊地球, 2004年
      • What controls the occurrence of shallow intraplate earthquakes?
        Yoshihisa Iio; Takeshi Sagiya; Yoji Kobayashi
        Earth, Planets and Space, 2004年, 査読有り
      • Heterogeneous crustal deformation along the central-northern Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line Fault System, Central Japan
        T Sagiya; T Nishimura; Y Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2004年, 査読有り
      • A comprehensive model of the deformation process in the Nagamachi-Rifu Fault Zone
        Y Iio; T Sagiya; N Umino; T Nishimura; K Takahashi; T Homma
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2004年, 査読有り
      • Origin of the concentrated deformation zone in the Japanese Islands and stress accumulation process of intraplate earthquakes
        Y Iio; T Sagiya; Y Kobayashi
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2004年, 査読有り
      • 断層破砕帯部の物理検層 : 野島断層平林NIED井の場合
        小村 健太朗; 池田 隆司; 飯尾 能久; 新井 崇史; 小林 健太; 島田 耕史; 田中 秀実; 平野 聡; 松田 達生
        物理探査, 2003年12月01日
      • 非地震性すべりの時空間変化と大地震の発生予測―三陸沖における近年の進展を中心に―
        飯尾能久; 松沢暢; 吉田真吾; 加藤照之; 平田直
        地震, 2003年09月16日, 査読有り
      • 長野県西部地域における二重スペクトル比によるS波減衰の推定
        松澤 孝紀; 武尾 実; 井出 哲; 飯尾 能久; 伊藤 久男; 今西 和俊; 堀内 茂木
        地震. 2輯, 2003年06月02日, 査読有り
      • 南ア金鉱山での震源過程直接観察
        小笠原宏; 飯尾能久; 南ア金鉱山半制御地震発生実験国際共同研究グループ
        地震ジャーナル, 2003年06月
      • First synthesis of olivine single crystal as large as 250 carats
        K Ito; H Sato; H Kanazawa; N Kawame; O Tamada; K Miyazaki; S Uehara; Y Iio; H Takei; T Kitazawa; M Koike; Y Matsushita; Y Ito
        JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH, 2003年06月, 査読有り
      • On the physical mechanism of silent slip events along the deeper part of the seismogenic zone
        B Shibazaki; Y Iio
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2003年05月, 査読有り
      • 南ア金鉱山における半制御地震発生実験(2002-2006)
        小笠原宏; 飯尾能久; 中谷正生; 南ア金鉱山半制御地震発生実験国際共同研究グループ
        月刊地球、特集「地震予知のための科学情報の総合化」, 2003年
      • 断層破砕帯部の物理検層-野島平林NIED井の場合-
        小村健太朗; 池田隆司; 飯尾能久; 新井崇史; 小林健太; 島田耕史; 田中秀実; 平野 聡 松田達生
        物理探査 pp.401-414, 2003年, 査読有り
      • Stress drop distribution of microearthquakes at Outaki, Nagano prefecture, Japan. obtained from waveform data, Seismotectonics in convergent plate boundary, Eds. Y. Fujinawa and A. Yoshida
        Horiuchi,S; Y,.Iio
        TERRAPUB, 2003年
      • Water-weakened lower crust and its role in the concentrated deformation in the Japanese Islands
        Y Iio; T Sagiya; Y Kobayashi; Shiozaki, I
        EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS, 2002年10月, 査読有り
      • Large earthquakes initiate by the acceleration of slips on the downward extensions of seismogenic faults
        Y Iio; Y Kobayashi; T Tada
        EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS, 2002年09月, 査読有り
      • Semi-controlled seismogenic experiments in South African deep gold mines
        H Ogasawara; S Sato; S Nishii; N Sumitomo; H Ishii; Y Iio; S Nakao; M Ando; M Takano; N Nagai; T Ohkura; H Kawakata; T Satoh; K Kusunose; A Cho; AJ Mendecki; A Cichowicz; RWE Green; MO Kataka
        JOURNAL OF THE SOUTH AFRICAN INSTITUTE OF MINING AND METALLURGY, 2002年05月, 査読有り
      • Seismoelectromagnetic effect associated with the Izmit earthquake and its aftershocks
        M Matsushima; Y Honkura; N Oshiman; S Baris; MK Tuncer; SB Tank; C Celik; F Takahashi; M Nakanishi; R Yoshimura; R Pektas; T Komut; E Tolak; A Ito; Y Lio; AM Isikara
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2002年02月, 査読有り
      • Aftershock distribution in the eastern part of the aftershock region of the 1999 Izmit, Turkey, earthquake
        Y Iio; S Horiuchi; S Baris; C Celik; J Kyomen; B Ucer; Y Honkura; AM Isikara
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2002年02月, 査読有り
      • Seismoelectromagnetic effect associated with the Izmit earthquake and its aftershocks
        M Matsushima; Y Honkura; N Oshiman; S Baris; MK Tuncer; SB Tank; C Celik; F Takahashi; M Nakanishi; R Yoshimura; R Pektas; T Komut; E Tolak; A Ito; Y Lio; AM Isikara
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 2002年02月, 査読有り
      • Resistivity structure around the hypocentral area of the 1984 Western Nagano Prefecture earthquake in central Japan
        T Kasaya; N Oshiman; N Sumitomo; M Uyeshima; Y Iio; D Uehara
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Is the plastic flow uniformly distributed below the seismogenic region?
        Y Lio; Y Kobayashi
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • A physical understanding of large intraplate earthquakes
        Y Lio; Y Kobayashi
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Small electric and magnetic signals observed before the arrival of seismic wave
        Y Honkura; M Matsushima; N Oshiman; MK Tuncer; S Baris; A Ito; Y Iio; AM Isikara
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Crustal deformation around the northern and central Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line
        T Sagiya; T Nishimura; Y Iio; T Tada
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Spatial and temporal characteristics of low-magnitude seismicity from a dense array in western Nagano Prefecture, Japan
        PA Rydelek; S Horiuchi; Y Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Acceleration of slip motion in deep extensions of seismogenic faults in and below the seismogenic region
        BE Hobbs; H Tanaka; Y Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Modeling slip processes at the deeper part of the seismogenic zone using a constitutive law combining friction and flow laws
        B Shibazaki; H Tanaka; H Horikawa; Y Iio
        EARTH PLANETS AND SPACE, 2002年, 査読有り
      • Microseismicity induced by heavy rainfall around flooded vertical ore veins
        H Ogasawara; K Fujimori; N Koizumi; N Hirano; S Fujiwara; S Otsuka; S Nakao; K Nishigami; K Taniguchi; Y Iio; R Nishida; K Oike; Y Tanaka
        PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 2002年01月, 査読有り
      • In situ stress measurements in NIED boreholes in and around the fault zone near the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, Japan
        R Ikeda; Y Iio; K Omura
        ISLAND ARC, 2001年09月, 査読有り
      • Terrestrial heat flow at Hirabayashi on Awaji Island, south-west Japan
        T Kitajima; Y Kobayashi; R Ikeda; Y Iio; K Omura
        ISLAND ARC, 2001年09月, 査読有り
      • Preparations for the Coming Large Earthquakes at the Nankai Trough. Crustal Stress and Strain Measurements on Land for Studying the Nankai Trough Earthquake.
        池田隆司; 小村健太朗; 飯尾能久; 石井紘; 小林洋二; 西上欽也; 山内常生
        地学雑誌, 2001年08月25日, 査読有り
      • 日本列島のモデリング
        飯尾能久; 鷺谷威
        月刊地球, 2001年
      • 稠密GPS観測アレイによる断層深部すべり過程の解明
        鷺谷威; 西村卓也; 三浦哲; 飯尾能久; 多田堯
        月刊地球, 2001年
      • 南海トラフ地震に向けた陸域での地殻応力・歪測定
        池田隆司; 小村健太朗; 飯尾能久; 石井 絋; 小林洋二; 西上欽也; 山内常生
        地学雑誌, 2001年, 査読有り
      • 長野県西部地域における地震発生域の電気伝導度構造
        飯尾能久; 池田隆司; 小村健太朗; 松田陽一; 汐川雄一; 武田祐啓; 上原大二郎
        物理探査, 2000年02月, 査読有り
      • 下部地殻の水が島弧の地殻の変形を規定する
        飯尾能久; 小林洋二; 鷺谷 威; 塩崎一郎
        月刊地球, 2000年
      • 日本地震学会誌「地震」-その概要と課題-
        飯尾 能久
        地學雜誌, 1999年12月01日
      • Slow initial phase generated by microearthquakes occurring in the Western Nagano prefecture, Japan - The source effect
        Y Iio; S Ohmi; R Ikeda; E Yamamoto; H Ito; H Sato; Y Kuwahara; T Ohminato; B Shibazaki; M Ando
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 1999年07月, 査読有り
      • Vp/Vs 比から推定される震源域の飽和度とサイスシミティーの関係−長野県西部地域稠密観測データを用いて−
        竹田順子; 飯尾能久; 小林洋二; 山本清彦; 佐藤春夫; 大見士朗; 伊藤久男; 池田隆司; 山本英二
        地震 pp.419-430, 1999年
      • Frequency-dependent attenuation of high-frequency P and S waves in the upper crust in western Nagano, Japan
        K Yoshimoto; H Sato; Y Iio; H Ito; T Ohminato; M Ohtake
        PURE AND APPLIED GEOPHYSICS, 1998年12月, 査読有り
      • 地震のはじまり-長野県西部高精度地震観測網から-
        飯尾能久; 大見士朗; 池田隆司; 山本英二; 伊藤久男; 佐藤春夫; 大湊隆雄; 桑原保人; 芝崎文一郎; 安藤雅孝
        月間地球 pp.637-643, 1998年
      • 地震発生の半制御巨大実験
        住友則彦; 飯尾能久
        月刊地球号外, 1998年
      • Frictional coefficient on faults in a seismogenic region inferred from earthquake mechanism solutions
        Y Iio
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 1997年03月, 査読有り
      • Detailed mapping of focal mechanisms in/around the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake rupture zone
        H Katao; N Maeda; Y Hiramatsu; Y Iio; S Nakao
        JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH, 1997年, 査読有り
      • Depth-dependent change in the focal mechanism of shallow earthquakes: Implications for brittle-plastic transition in a seismogenic region
        Y Iio
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 1996年05月, 査読有り
      • STRESS DROP DISTRIBUTION OF THE AFTERSHOCKS OF THE 1993 HOKKAIDO-NANSEI-OKI EARTHQUAKE
        E FUJITA; Y IIO; E FUKUYAMA
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 1995年11月, 査読有り
      • OBSERVATIONS OF THE SLOW INITIAL PHASE GENERATED BY MICROEARTHQUAKES - IMPLICATIONS FOR EARTHQUAKE NUCLEATION AND PROPAGATION
        Y IIO
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 1995年08月, 査読有り
      • SEISMIC SOURCE SPECTRUM OF MICROEARTHQUAKES
        Y IIO
        BULLETIN OF THE SEISMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA, 1992年12月, 査読有り
      • SLOW INITIAL PHASE OF THE P-WAVE VELOCITY PULSE GENERATED BY MICROEARTHQUAKES
        Y IIO
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 1992年03月, 査読有り
      • Hypocenter Locations by a Dense Network
        Akio Takagi; Toshio Kono; Toru Nakayama; Akira Hasegawa; Toru Matsuzawa; Shigeki Horiuchi; Shigeki Horiuchi; Akio Kuroiso; Kiyoshi Ito; Yasuhiro Umeda; Kazuo Oike; Yoshihisa Iio; Kinya Nishigami; Kiyoshi Ito; Kinya Nishigami; Sadaomi Suzuki; Takeo Moriya; Akihiko Yamamoto; Masaru Nakamura; Mamoru Yamada; Tooru Ooida; Rikio Miyajima; Fumihito Yamazaki; Harumi Aoki; Iwao Fujii; Akira Ikami; Akira Ikami; Toru Ouchi; Toshikazu Tanada; Manabu Yokohama; Tameshige Tsukuda; Toshio Haneda; Shin-Ich Hashimoto; Ken-Ichiro Yamashina; Katsumi Miura; Yukio Ishiketa; Isao Nakamura; Megumi Mizoue; Masaru Kobayashi; Masayoshi Takahashi; Kaname Sakai; Takahiro Ohkura; Tatsuo Saeki; Fumiaki Takeuchi; Hiroo Wada; Takuo Shibutani; Kazurou Hirahara; Satoshi Kaneshima; Makoto Koizumi; Yuji Kurata; Satoru Kuriyama; Takeshi Mikumo; Norio Hirano; Naoshi Hirata; Toshihiko Kanazawa; Tetsuichiro Yabuki; Shoji Tomita; Akihiko Ito; Masayuki Suzuki; Masahiro Kosuga; Atsushi Nakajima; Kazuaki Miura; Toshio Mitsunami; Takuo Okamoto
        Journal of Physics of the Earth, 1992年, 査読有り
      • STRONG GROUND MOTION IN THE SOURCE REGION OF THE 1984 WESTERN NAGANO PREFECTURE EARTHQUAKE - INFERRED FROM DISPLACED BOULDERS
        Y IIO; K YOSHIOKA
        JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH, 1992年, 査読有り
      • MINIMUM SIZE OF EARTHQUAKES AND MINIMUM VALUE OF DYNAMIC RUPTURE VELOCITY
        Y IIO
        TECTONOPHYSICS, 1991年10月, 査読有り
      • MICROSEISMIC ACTIVITY AROUND THE WESTERN EXTENSION OF THE 1967 MUDURNU EARTHQUAKE FAULT
        Y IIO; C GURBUZ; K NISHIGAMI; A PINAR; N AYBEY; SB UCER; Y HONKURA; AM ISIKARA
        TECTONOPHYSICS, 1991年07月, 査読有り
      • Search for the Buried Subfault(s) of the 16 July 1990 Luzon Earthquake, the Philippines Using Aftershock Observations
        Shibutani, T; Ohkura, T; Iio, Y; Kanao, M; Nishigami, K; Tasaki, K; Iwata, T; Kakehi, Y; Hirano, N; Ando, M; Bautista, B. C; Puertollano, J. R; Lanuza, A. G; Melosantos, A. A; Chu, A; Pigtain, R; Cruz, E. D; Punongbayan; R. S
        J. Natural Disaster Science, 1991年, 査読有り
      • Microseismic Activity and Spatial Distribution of Coda-Q in the Westernmost Part of the North Anatolian Fault Zone, Turkey
        NISHIGAMI Kin'ya; ITO Yoshihisaho; GURBUZ Cemil; PINAR Ali; AYBEY Naz; UCER S. Balamir; HONKURA Yoshimori; ISIKARA A. Mete
        Bulletin of the Disaster Prevention Research Institute, 1990年06月, 査読有り
      • Scaling relation between earthquake size and duration of faulting for shallow earthquakes in seismic moment between 1010 and 1025 dyne*cm
        Yoshihisa Iio
        Journal of Physics of the Earth, 1986年, 査読有り

      MISC

      • 満点(万点)計画-次世代型地震観測システムの開発-
        飯尾能久; 三浦勉; 片尾浩; 澁谷拓郎; 宮澤理稔; 井口正人; 平野憲雄; 西村和浩; 大見士朗; 平原和朗; 大倉敬宏; 松本聡; 高畠一徳; 大橋善和; 古屋和雄
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007年
      • 福岡県西方沖地震の余震の応力降下量分布
        飯尾能久; 片尾浩; 上野友岳; ENESCU Bogdan; 平野憲雄; 岡田知巳; 内田直希; 植平賢司; 松本聡; 松島健; 清水洋
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2005年
      • 2004年新潟県中越地震の発生過程
        飯尾能久; 松本聡; 片尾浩; 松島健; 大見士朗; 渋谷拓郎; 竹内文朗; 植平賢司; 西上欽也; ENESCU Bogdan; 広瀬一聖; 加納靖之; 河野裕希; 是永将宏; 侭田豊; 宮沢理稔; 辰己賢一; 上野友岳; 和田博夫; 行竹洋平
        京都大学防災研究所年報, 2005年
      • 大地震は地震断層の下部延長におけるすべりの加速で始まる (総特集 日本列島の地殻変動と地震・火山・テクトニクス(上)多田堯先生を偲ぶ)
        飯尾 能久; 小林 洋二
        月刊地球, 2003年01月
      • 地殻応力測定の意義 (地殻応力の絶対量測定--その現状・問題点・今後の課題(上巻))
        飯尾 能久
        月刊地球, 2004年01月
      • 地震予知のための新たな観測研究計画--現状・展望・挑戦 (総特集 地震予知のための科学情報の統合化)
        松澤 暢; 平田 直; 飯尾 能久
        月刊地球, 2003年10月
      • 断層深部で発生するゆっくり地震の物理機構について--不安定-安定遷移領域の構成則 (総特集 地震予知のための科学情報の統合化)
        芝崎 文一郎; 飯尾 能久; 田中 秀実
        月刊地球, 2003年10月
      • 内陸大地震の発生の仕組み (特集 地震防災と危機管理--東海地震と地震研究をめぐる四半世紀) -- (近年の地震研究の動向)
        飯尾 能久; 小林 洋二
        科学, 2003年09月
      • プロジェクト総論:陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究 (総特集 陸域震源断層--深部すべり過程のモデル化)
        飯尾 能久
        号外地球, 2005年
      • 内陸地震は応力の大きなところで起こるのか? (総特集 地球科学の新たな視点を求めて(下)--小林洋二先生退官記念論文集)
        飯尾 能久
        月刊地球, 2005年07月
      • 2003年の南アフリカ金鉱山の地震発生・制御・防災と予知 (総特集 地震予知--予測科学の最前線と社会への適用) -- (1部 地震予知--社会は何を望み我々は何ができるか?)
        小笠原 宏; 飯尾 能久; 中谷 正生
        号外地球, 2004年
      • 内陸地震の発生の仕組み--応力蓄積過程を中心に (総特集 地震予知--予測科学の最前線と社会への適用) -- (1部 地震予知--社会は何を望み我々は何ができるか?)
        飯尾 能久; 小林 洋二
        号外地球, 2004年
      • 深層学習によるP波検出・到達時刻決定・初動極性決定
        原将太; 深畑幸俊; 飯尾能久
        京都大学防災研究所年報(CD-ROM), 2020年
      • 中国・四国地方の基盤的比抵抗構造調査(2017年度)
        塩崎一郎; 宇都智史; 山本真二; 池添保雄; 畑岡寛; 野口竜也; 小粥裕之; 中西勁; 村上英記; 大志万直人; 飯尾能久; 安藤和也
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2018年
      • 熊本地震はなぜ起こったのか? (特集 熊本地震災害から学ぶものはなにか : 災害研究・防災対策の現状と到達点)
        飯尾 能久
        日本の科学者, 2017年02月
      • 兵庫県南部地震とはどういう地震だったのか?
        飯尾 能久
        地震ジャーナル, 2015年06月
      • 地震 地殻ダイナミクスの解明 : 東北沖地震後の内陸変動の統一的理解を目指して
        飯尾 能久
        JGL = 日本地球惑星科学連合ニュースレター : Japan geoscience letters, 2015年05月
      • iii 陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化((2)陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究,a.総合研究,4.科学技術振興調整費による研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 2001年10月30日
      • ii 陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する研究((2)陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究,a.総合研究,5.科学技術振興調整費による研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • 「地震」について頂いたご意見
        飯尾 能久
        日本地震学会ニュースレター, 2000年01月10日
      • 初期破壊過程のソースパラメータの決定(2)
        安孫子 友祐; 佐藤 魂夫; 飯尾 能久
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 地震の一生を捉える (特集 地震を手にとって調べる--南アフリカ金鉱山での地震発生の研究)
        飯尾 能久
        月刊地球, 1998年07月
      • 大地震の始まりの物理的解明に向けて.
        飯尾能久
        地震予知研究シンポジウム(1997)予稿集, 1997年
      • 地震の始まりの始まり(7)-長野県西部超高解像度地震観測から-
        飯尾能久
        地球惑星関連学会1996年合同大会予稿集, 1996年
      • 3.8.5(1) 地震観測・解析による地震メカニズムの解明(3.8.5 緊急研究,3.8 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 1995年03月05日
      • 地震発生域の応力場と強度-内陸直下型地震のダイナミクスの解明-
        飯尾能久
        地質ニュース, 1995年
      • 北海道南西沖地震の広帯域余震観測について
        飯尾 能久
        防災科学技術, 1994年02月10日
      • 長野県西部地震はなぜ起こったか?
        飯尾能久
        日本地震学会講演予稿集, 1994年
      • 微小地震メカニズムの大量決定(3)-地震発生域における応力場の鉛直断面-
        飯尾能久
        日本地震学会講演予稿集, 1993年
      • 微小地震メカニズムの大量決定(2)
        飯尾能久
        地球惑星関連学会1993年合同大会予稿集, 1993年
      • 西南日本 東北日本のプレート境界と福井地震
        飯尾能久
        月刊地球, 1989年
      • 有馬 高槻構造線の南側で発生した小地震(M=4.2)について
        飯尾能久
        地震予知「きんき, けいはんしん」研究論文集, 1989年
      • 震源域直上における長野県西部地震の地震動-石の跳躍現象の調査-
        飯尾能久
        月刊地球, 1988年
      • 1984年長野県西部地震の地変および大加速度域の調査
        黒磯 章夫; 伊藤 潔; 飯尾 能久; 梅田 康弘; 村松 郁栄
        京都大学防災研究所年報, 1985年04月
      • 丹波山地の微小地震の発震機構
        片尾 浩; 飯尾 能久
        京都大学防災研究所年報, 2003年
      • 新島・式根島・神津島の変動はなぜ時間変化するのか?ー2000年三宅島噴火に伴う地殻変動ー
        飯尾 能久
        東京大學地震研究所彙報, 2002年
      • (5) 地震発生機構に関する研究((3) 地震による被害軽減に資する地震調査研究の推進,1 プロジェクト研究,I 研究活動)
        小村 健太朗; 石田 瑞穂; 堀内 茂木; 福山 英一; 関口 渉次; 山田 隆二; 池田 隆司; 久保 篤規; 松田 達生; 高井 香里; 小林 洋二; 飯尾 能久; 田中 秀実
        防災科学技術研究所年報, 2004年01月09日
      • (6) 陸域震源断層深部すべり過程のモデル化に関する総合研究 : a)実験による断層深部物質の物性の解明 b)高サンプリング稠密微小地震観測研究((2) 科学技術振興調整費による研究,4 競争的資金等の外部からの資金導入による研究開発の推進,I 研究活動)
        小村 健太朗; 堀内 茂木; 根岸 弘明; 飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 2004年01月09日
      • 日本列島のモデリング (総特集 陸域震源断層--深部すべり過程のモデル化)
        飯尾 能久; 鷺谷 威
        月刊地球, 2001年05月
      • 内陸大地震の始まり (総特集 陸域震源断層--深部すべり過程のモデル化)
        飯尾 能久; 小林 洋二
        月刊地球, 2001年05月
      • i 高サンプリング稠密微小地震観測((2)陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究,a.総合研究,5.科学技術振興調整費による研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        堀内 茂木; 飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • iii 地殻活動観測網の能力維持及び性能向上に関する研究((2)関東・東海地域における地殻活動に関する研究,a.震災対策特別研究,1.特別研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        野口 伸一; 井元 政二郎; 鵜川 元雄; 大久保 正; 木村 尚紀; 岡田 義光; 藤田 英輔; 松村 正三; 松本 拓己; 山水 史夫; 飯尾 能久; 井上 公; 江口 孝雄; 坂田 正治; 島田 誠一; 関口 渉次; 福山 英一; 山本 英二; 青井 真; 小原 一成; 笠原 敬司; 堀 貞喜; 石田 瑞穂
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • i 震源域近傍での観測・調査技術の研究開発 : ヒンジライン周辺における応力・歪モニタリング((7)南海トラフにおける海溝型地震災害軽減のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する総合研究(II期),a.総合研究,5.科学技術振興調整費による研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • i 関東・東海地殻活動観測網による地震調査研究((2)関東・東海地域における地殻活動に関する研究,a.震災対策特別研究,1.特別研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        岡田 義光; 井元 政二郎; 鵜川 元雄; 大久保 正; 木村 尚紀; 藤田 英輔; 松村 正三; 松本 拓己; 野口 伸一; 山水 史夫; 飯尾 能久; 井上 公; 江口 孝雄; 坂田 正治; 島田 誠一; 関口 渉次; 福山 英一; 山本 英二; 青井 真; 小原 一成; 笠原 敬司; 堀 貞喜; 石田 瑞穂
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • 高精度余震観測による震源過程の検討((1)1999年トルコ北西部の地震に関する緊急研究,h.緊急研究,5.科学技術振興調整費による研究,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        飯尾 能久; 堀内 茂木
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • (2)広帯域地震観測施設整備(9.基盤観測,2.(1)研究課題一覧,2.研究活動)
        堀内 茂木; 井上 公; 福山 英一; 山本 英二; 飯尾 能久; 池田 隆司; 江口 孝雄
        防災科学技術研究所年報, 2000年10月30日
      • CSAMT法と流電電位検層法による淡路島北部の活断層調査
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗
        防災科学技術研究所研究報告, 2000年03月
      • iii 島弧超深層掘削による地球深部ダイナミクスに関する研究((3) 地震発生機構に関する研究,a. 震災対策特別研究,1. 特別研究,2.(1) 研究課題一覧,2. 研究活動)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久; 坂田 正治
        防災科学技術研究所年報, 1999年10月30日
      • (1) 深部地殻に関する研究(3. 海洋開発及び地球科学技術調査研究促進費による研究,2.(1) 研究課題一覧,2. 研究活動)
        藤縄 幸雄; 鈴木 宏芳; 池田 隆司; 江口 孝雄; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 坂田 正治
        防災科学技術研究所年報, 1999年10月30日
      • ii 直下型地震のダイナミクスに関する研究((3) 地震発生機構に関する研究,a. 震災対策特別研究,1. 特別研究,2.(1) 研究課題一覧,2. 研究活動)
        飯尾 能久; 堀内 茂木; 池田 隆司; 小村 健太朗; 山本 英二
        防災科学技術研究所年報, 1999年10月30日
      • i ボアホール利用による地下深部における地殻応力測定及び地殻活動観測技術等の研究開発((3) 南海トラフにおける海溝型地震災害軽減のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する総合研究(I期),a. 総合研究,5. 科学技術振興調整費による研究,2.(1) 研究課題一覧,2. 研究活動)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 1999年10月30日
      • i 内陸地震の発生機構に関する実験研究((3) 地震発生機構に関する研究,a. 震災対策特別研究,1. 特別研究,2.(1) 研究課題一覧,2. 研究活動)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久
        防災科学技術研究所年報, 1999年10月30日
      • 3.1.3 地震発生機構に関する研究(震災対策特別研究,3.1 特別研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 吉田 則夫; 浜田 和郎; 塚原 弘昭; 小林 洋二; 佐々木 嘉三; 伊藤 久男; 佐藤 春夫; 住友 則彦; 浦辺 徹郎
        防災科学技術研究所年報, 1998年03月25日
      • 3.3.31 地震破壊の成長と停止機構の解明(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        飯尾 能久; 大見 士朗; 芝崎 文一郎; 佐藤 春夫; 伊藤 久男; 西沢 保人; 大湊 隆雄
        防災科学技術研究所年報, 1998年03月25日
      • 3.7.5(2) 掘削による地震断層帯の強度に関する共同研究(3.7.5 国際共同研究推進制度二国間型,3.7 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久; 坂田 正治; 田中 秀実; 小林 健太; Hickman S.; Ellsworth W.; Lockner D.; Agar S.
        防災科学技術研究所年報, 1998年03月25日
      • 3.7.1(5) 南海トラフにおける海溝型巨大地震災害軽滅のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する調査研究 : ボアホール利用による地下深部における地殻応力測定及び地殻活動観測技術等の研究開発(3.7.1 総合研究,3.7 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 坂田 正治
        防災科学技術研究所年報, 1998年03月25日
      • i. MT法による活断層の研究(3.8.1(6) 巨大地震災害軽減のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する調査研究,3.8.1 総合研究,3.8 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗
        防災科学技術研究所年報, 1997年03月28日
      • 3.3.27 地震発生域における熱構造に関する研究(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        小村 健太朗; 池田 隆司; 飯尾 能久; 小林 洋二; 宝来 帰一
        防災科学技術研究所年報, 1997年03月28日
      • 3.3.36 地震破壊の成長と停止機構の解明(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        飯尾 能久; 大見 士朗; 芝崎 文一郎; 佐藤 春夫; 伊藤 久男; 西沢 安人; 大湊 隆雄
        防災科学技術研究所年報, 1997年03月28日
      • 3.1.3 地震発生機構に関する研究(震災対策特別研究,3.1 特別研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 吉田 則夫; 山水 史生; 飯尾 能久; 木下 繁夫; 塚原 弘昭
        防災科学技術研究所年報, 1995年03月05日
      • 3.7.4.1 不均質構造における地震破壊と波動伝播に関する基礎研究(3.7.4 省際基礎研究,3.7 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        佐藤 春夫; 井元 政二郎; 野口 伸一; 小原 一成; 木下 繁夫; 福山 英一; 楠瀬 勤一郎; 西澤 修; 千場 充之; 尾形 良彦; 平田 隆幸; 飯尾 能久; 増田 幸治; 岸本 章士; 福島 美光; Scherbaum Frank; House Leigh S.; Fehler Michaelc.
        国立防災科学技術センター年報, 1991年03月29日
      • 3.3.21 地震発生モデルおよひ波形パターンに関する研究(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        佐藤 春夫; 木下 繁夫; 小原 一成; 福山 英一; 飯尾 能久
        国立防災科学技術センター年報, 1989年10月20日
      • 稠密地震観測による近畿地方北部の地震活動と地殻構造
        片尾 浩; 三浦 勉; 飯尾 能久
        京都大学防災研究所年報, 2012年
      • Heterogeneous crustal deformation along the central-northern Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line Fault system, Central Japan
        Sagiya Takeshi; Nishimura Takuya; Iio Yoshihisa
        Earth, planets and space, 2004年12月01日
      • Origin of the concentrated deformation zone in the Japanese Islands and stress accumulation process of intraplate earthquakes
        Iio Yoshihisa; Sagiya Takeshi; Kobayashi Yoji
        Earth, planets and space, 2004年08月01日
      • 内陸地震はどうして起こるのか?
        飯尾 能久
        地震ジャ-ナル, 2010年06月
      • 北海道胆振地方の地震波速度構造
        椎名高裕; 勝俣啓; 一柳昌義; 高橋浩晃; 中村亮一; 加藤愛太郎; 大園真子; 青山裕; 田中良; 高田真秀; 山口照寛; 岡田和見; 酒井慎一; 松本聡; 岡田知己; 松澤暢; 平野舟一郎; 寺川寿子; 堀川信一郎; 小菅正裕; 片尾浩; 飯尾能久; 長岡愛理; 津村紀子; 上野友岳
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • 2018年北海道胆振東部地震の余震の震源メカニズム解と応力場
        薄田悠樹; 勝俣啓; 一柳昌義; 大園真子; 青山裕; 田中良; 高田真秀; 山口照寛; 岡田和見; 高橋浩晃; 酒井慎一; 松本聡; 岡田知己; 松澤暢; 平野舟一郎; 寺川寿子; 堀川信一郎; 小菅正弘; 片尾浩; 飯尾能久; 長岡愛理; 津村紀子; 上野友岳
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • 丹波山地における微小地震のメカニズム解決定と応力場の推定
        小笠原 知彦; 片尾 浩; 飯尾 能久
        京都大学防災研究所年報, 2005年
      • 地球内部の水とその沈み込み帯変動での役割
        岩森光; 行竹洋平; 飯尾能久; 中村仁美
        日本地質学会学術大会講演要旨, 2019年
      • 京都大学防災研究所平成21年度公開講座(第20回)災害のことわざシリーズ(1)地震,台風,火事,おやじ
        飯尾 能久; 岡田 憲夫; 大志 万直人
        京都大学防災研究所年報, 2009年
      • 公衆回線テレメ-タを用いた琵琶湖周辺地域での高精度地震観測システムについて
        西上 欽也; 伊藤 潔; 渡辺 邦彦; 飯尾 能久; 竹内 文朗; 渋谷 拓郎; 松村 一男; 片尾 浩; 松尾 成光; 小泉 誠
        京都大学防災研究所年報, 1993年04月
      • 光ディスクを用いた地震波形デ-タ収録処理システムについて
        飯尾 能久; 片尾 浩; 浅田 照行; 中川 渥; 竹内 晴子; 渡辺 晃
        京都大学防災研究所年報, 1992年04月
      • 平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査
        高橋 浩晃; 勝俣 啓; 大園 真子; 橋本 武志; 青山 裕; 酒井 慎一; 松本 聡; 岡田 知己; 小菅 正裕; 寺川 寿子; 飯尾 能久; 中尾 茂; 上嶋 誠; 柴田 智郎; 大津 直; 高井 伸雄; 飯場 正紀; 渡部 要一; 菊地 優; 岡崎 太一郎; 白井 和貴; 西村 裕一; 石川 達也; 高瀬 裕也; 永井 宏; 宮森 保紀; 三宅 弘恵; 松島 信一; 浅野 公之; 重藤 迪子; 卜部 厚志; 前田 宜浩; 石澤 友浩; 廣瀬 亘; 小山内 信智; 山田 孝; 笠井 美青; 檜垣 大助; 風間 基樹; 千木良 雅弘; 渦岡 良介; 竹林 洋史; 木村 誇; 石丸 聡; 岡田 成幸; 内田 賢悦; 有村 幹治; 植松 武是; 多々納 裕一; 梶谷 義雄; 能島 暢呂; 田村 圭子; 中村 洋光; 戸松 誠
        自然災害科学総合シンポジウム講演論文集, 2019年09月11日
      • Correction to: Which is heterogeneous, stress or strength? An estimation from high-density seismic observations (Earth, Planets and Space, (2017), 69, 1, (144), 10.1186/s40623-017-0730-3)
        Yoshihisa Iio; Itaru Yoneda; Masayo Sawada; Tsutomu Miura; Hiroshi Katao; Yoichiro Takada; Kentaro Omura; Shigeki Horiuchi
        Earth, Planets and Space, 2018年12月01日
      • 2016年熊本地震震源域における内部・散乱減衰空間分布と強散乱体
        神薗めぐみ; 松本聡; 志藤あずさ; 山下裕亮; 中元真美; 宮崎真大; 酒井慎一; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 2016年熊本地震震源断層および日奈久断層周辺の応力場の時空間変化について
        光岡郁穂; 松本聡; 志藤あずさ; 山下裕亮; 中元真美; 宮崎真大; 飯尾能久; 酒井慎一
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 鳥取県中部地震の余震観測
        飯尾能久; 松本聡; 飯高隆; 蔵下英司; 酒井慎一; 山下裕亮
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2018年
      • 鳥取県西部地域における満点地震観測
        飯尾能久; 米田 格; 澤田麻沙代; 片尾 浩; 冨坂和秀; 長岡愛理; 松本 聡; 宮崎真大; 酒井慎一; 加藤愛太郎; 林 能成; 山品匡史; 大久保慎人; 野口竜也; 香川敬生
        防災研究所年報, 2017年10月
      • 2016年熊本地震の発生過程について
        飯尾能久
        防災研究所年報, 2017年10月
      • 地震観測システムの小型化・軽量化・低コスト化
        飯尾能久
        日本地震工学会誌, 2017年10月
      • 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査
        清水 洋; 松本 聡; 酒井 慎一; 岡田 知己; 渡辺 俊樹; 飯尾 能久; 相澤 広記; 松島 健; 高橋 浩晃; 中尾 茂; 鈴木 康弘; 後藤 秀昭; 大倉 敬宏; 山本 希; 中道 治久; 山中 浩明; 神野 達夫; 三宅 弘恵; 纐纈 一起; 浅野 公之; 松島 信一; 福岡 浩; 若井 明彦; 大井 昌弘; 田村 圭子; 木村 玲欧; 井ノ口 宗成; 前原 喜彦; 赤星 朋比古; 矢田 俊文
        自然災害科学総合シンポジウム講演論文集, 2017年09月14日
      • 飛騨山脈焼岳火山の研究監視観測網の現状
        大見士朗; 井口正人; 飯尾能久
        京都大学防災研究所年報, 2017年09月
      • 熊本地震はなぜ起こったのか?
        飯尾能久
        日本の科学者, 2017年02月
      • 中国・四国地方の基盤的比抵抗構造調査(2016年度)
        塩崎一郎; 宇都智史; 山本真二; 池添保雄; 畑岡寛; 野口竜也; 川口智; 福本悠也; 吉村令慧; 村上英記; 大志万直人; 飯尾能久
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
      • 2016年熊本地震活動域における背景減衰構造と強散乱体の分布
        神薗めぐみ; 松本聡; 山下裕亮; 中元真美; 宮崎真大; 酒井慎一; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 2016年熊本地震前後の応力場変化 2
        松本聡; 山下裕亮; 中元真美; 宮崎真大; 酒井慎一; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 日奈久断層周辺の応力場について
        光岡郁穂; 松本聡; 中元真美; 山下裕亮; 宮崎真大; 飯尾能久; 酒井慎一
        日本地震学会秋季大会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 稠密臨時観測データを用いた2016年熊本地震における地震活動の時間発展(2)
        宮崎真大; 松本聡; 飯尾能久; 山下裕亮; 清水洋; 松島健; 中元真美; 内田和也; 神薗めぐみ; 手操佳子
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2017年
      • 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査
        清水 洋; 松本 聡; 酒井 慎一; 岡田 知己; 渡辺 俊樹; 飯尾 能久; 相澤 広記; 松島 健; 高橋 浩晃; 中尾 茂; 鈴木 康弘; 後藤 秀昭; 大倉 敬宏; 山本 希; 中道 治久; 山中 浩明; 神野 達夫; 三宅 弘恵; 纐纈 一起; 浅野 公之; 松島 信一; 福岡 浩; 若井 明彦; 大井 昌弘; 田村 圭子; 木村 玲欧; 井ノ口 宗成; 前原 喜彦; 赤星 朋比古
        自然災害科学総合シンポジウム講演論文集, 2016年09月22日
      • 2016年熊本地震の緊急合同地震観測-地震活動の特徴と背景-
        SHIMIZU Hiroshi; IIO Yoshihisa; SAKAI Shin’ichi; OKADA Tomomi; TAKAHASHI Hiroaki; WATANABE Toshiki; GOTO Kazuhiko; OHKURA Takahiro; ASANO Youichi; MATSUSHIMA Takeshi; YAMASHITA Yusuke; NAKAMOTO Manami; MIYAZAKI Masahiro; MATSUMOTO Satoshi; AIZAWA Koki; SHITO Azusa; UCHIDA Kazunari; MIYAMACHI Rintaro; KAMIZONO Megumi; TEGURI Yoshiko; MIYAMACHI Hiroki; NAKAO Shigeru; YAKIWARA Hiroshi; HIRANO Shuichiro; OHZONO Mako; SHIINA Takahiro; TAKADA Masamitsu; ICHIYANAGI Masayoshi; YAMAGUCHI Teruhiro; OKADA Kazumi; KOSUGA Masahiro; AZUMA Ryosuke; UCHIDA Naoki; EMOTO Kentaro; OHTA Yusaku; KAIDA Toshiki; KOZONO Tomofumi; SUZUKI Syuichi; TAKAGI Ryota; DEMACHI Tomotsugu; NAKAHARA Hisashi; NAKAYAMA Takashi; HIRAHARA Satoshi; MATSUZAWA Toru; MIURA Satoshi; YAMAMOTO Mare; IWASAKI Takaya; HIRATA Naoshi; IIDAKA Takashi; KURASHIMO Eiji; KATO Aitaro; NAKAGAWA Shigeki; YAMANAKA Yoshiko; ITO Takeo; TERAKAWA Toshiko; MAEDA Yuta; HORIKAWA Shinichiro; MATSUHIRO Kenjiro; OKUDA Takashi; KATAO Hiroshi; KANO Yasuyuki; MIURA Tsutomu; TSUDA Hiroo; MURAMOTO Tomoya; OKUBO Makoto; YAMASHINA Tadashi; UENO Tomotake
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年
      • 2016年熊本地震断層周辺の応力場とその変化
        松本聡; 山下裕亮; 中元真美; 宮崎真大; 酒井慎一; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2016年
      • 稠密観測データによって再決定された余震分布から推定される平成28年(2016年)熊本地震の断層構造
        山下裕亮; 松本聡; 中元真美; 宮崎真大; 松島健; 清水洋; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2016年
      • 稠密臨時観測データを用いた2016年熊本地震における地震活動の時間発展(1)前震から本震にかけて
        宮崎真大; 松本聡; 飯尾能久; 山下裕亮; 清水洋; 松島健; 中元真美; 内田和也; 神薗めぐみ
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年
      • 2016年熊本地震発生域における緊急合同地震観測-臨時地震観測網の構築-
        中元真美; 松本聡; 松島健; 酒井慎一; 山下裕亮; 宮崎真大; 飯尾能久; 岡田知己; 高橋浩晃; 渡辺俊樹; 後藤和彦; 浅野陽一; 清水洋
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2016年
      • 2013年4月13日淡路島付近の地震(M6.3)の余震の発震機構
        片尾浩; 久保篤規; 山品匡史; 松島健; 相澤広記; 酒井慎一; 澁谷拓郎; 中尾節郎; 吉村令慧; 木内亮太; 三浦勉; 飯尾能久
        京都大学防災研究所年報(CD-ROM), 2014年09月
      • 2013年4月13日淡路島付近の地震の余震の発震機構
        片尾浩; 久保篤規; 山品匡史; 松島健; 相澤広記; 酒井慎一; 澁谷拓郎; 中尾節郎; 吉村令慧; 木内亮太; 三浦勉; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2013年10月01日
      • ニュージーランド南島北部における地震観測
        三浦 勉; 飯尾 能久; SIBSON Richard H.
        京都大学防災研究所年報, 2013年
      • 阿武山観測所の紹介とサイエンス・ミュージアム化構想について (平成23年度 技術業務報告)
        米田 格; 矢守 克也; 飯尾 能久
        東京大学地震研究所技術研究報告, 2012年
      • 稠密地震観測による近畿地方北部におけるメカニズム解と応力場
        青木裕晃; 片尾浩; 飯尾能久; 三浦勉; 中尾愛子; 米田格; 澤田麻沙代; 中尾節郎
        京都大学防災研究所年報, 2012年
      • 東北地方太平洋沖地震の発生過程
        飯尾能久; 松澤 暢
        防災研究所研究発表講演会, 2012年
      • 満点計画ー次世代型稠密地震観測システムの開発ー
        飯尾能久
        物理探査学会ニュースレター, 2012年
      • 中竜鉱山における3成分地震計アレイ観測
        松本聡; 松島健; 平野憲雄; 池端慶; 中元真美; 山下裕亮; 糸谷夏実; 栢橋志郎; 佐々木裕樹; 千葉慶太; 千藏ひろみ; 宮崎真大; 野村和正; LI Tesshun; 武田哲也; 浅野陽一; 小原一成; 飯尾能久
        九州大学大学院理学研究院研究報告 地球惑星科学(Web), 2011年03月
      • 次世代型地震観測システムの開発と運用 : 満点(万点)を目指して
        飯尾能久
        京都大学防災研究所年報, 2011年
      • 第2回あぶやまオープン・ラボ
        飯尾能久; 矢守克也
        京都大学防災研究所ニュースレター(DPRI Newsletter), 2011年
      • 中竜鉱山地震計アレイ観測による濃尾地震断層周辺域の地殻内散乱体分布の推定
        松本聡; 松島健; 平野憲雄; 池端慶; 中元真美; 山下裕亮; 糸谷夏実; 栢橋志郎; 佐々木裕樹; 千葉慶太; 千蔵ひろみ; 宮崎真大; 野村和正; LI Tesshun; 武田哲也; 浅野陽一; 小原一成; 飯尾能久
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2010年
      • 満点(万点)計画 −次世代型地震計の開発−
        三浦勉; 飯尾能久; 片尾浩; 澁谷拓郎; 宮澤理稔; 井口正人; 平野憲雄; 西村和浩; 大見士朗; 大見士朗; 大倉敬宏; 松本聡; 高畠一徳; 大橋善和; 古屋和男
        日本地球惑星科学連合2008年大会 S144-007, 2008年
      • 2005年福岡県西方沖地震 福岡県西方沖地震の余震の応力降下量の空間分布
        飯尾能久; 片尾浩; 上野友岳; ENESCU Bogdan; 平野憲雄; 岡田知巳; 内田直希; 植平賢司; 松本聡; 松島健; 清水洋
        月刊地球, 2007年02月01日
      • 超高周波AE(<200kHz)・微小地震観測と,弾性波透過試験による観測網評価-南アフリカ半制御地震発生実験-
        直井誠; 中谷正生; 五十嵐俊博; 新谷陽一郎; 永田広平; 桑野修; 吉田真吾; 佐野修; 山田卓司; 矢部康男; 小笠原宏; 川方裕則; 安武剛太; 山本覚仁; 飯尾能久; STANCHITS S.; DRESEN G.; PHILIPP J.; MOREMA G.; WARD T.; NORTIJE T.; CARSTENS R.; PRETORIUS J.; VAN ASWEGEN G.; PINDER E.; MILEV A.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007年
      • Mw2~3級震源極近傍における2年間の相似地震活動-南アフリカBambanani金鉱山
        山本覚仁; 小笠原宏; 川方裕則; 吉光奈奈; 飯尾能久; MENDECKI A.J.; VAN ASWEGEN G.; EBRAHIM-TROLLOPE R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007年
      • 南ア金鉱山震源極近傍で観測された相似な地震波形を利用した地震波伝播特性の時間変化検出の試み
        吉光奈奈; 山本覚仁; 川方裕則; 小笠原宏; 飯尾能久; MENDECKI A.J.; EBRAHIM-TROLLOPE R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2007年
      • 南アフリカBambanani金鉱山における複数の地震群に対するb値の時間変化
        椛花剛; 小笠原宏; 川方裕則; 下田直之; 森下健; 直井誠; 山本覚仁; 飯尾能久; MENDECKI A. J.; VAN ASWEGEN G.; EBRAHIM-TROLLOPE R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年
      • 南アフリカBambanani金鉱山M2級震源極近傍での相似地震活動
        山本覚仁; 小笠原宏; 川方裕則; 下田直之; 直井誠; 飯尾能久; MENDECKI A. J.; VAN ASWEGEN G.; EBRAHIM-TROLLOPE R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年
      • 潮汐応答で見る地震震源域での応力・物性変化検出の試み-南アフリカ,Mponeng鉱金山-
        森下健; 小笠原宏; 川方裕則; 中尾茂; 中谷正生; 加藤愛太郎; 飯尾能久; 石井紘; 山内常生; WARD A. K.; MENDECKI A. J.; VAN ASWEGEN G.; LENEGAN P.; MCGILL R.; CARSTENS R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年
      • M2級鉱山地震群の中で観測された小さなSlow strain step(2)
        直井誠; 小笠原宏; 川方裕則; 竹内淳一; 山本覚仁; 下田直之; 森下健; 石井紘; 中尾茂; 飯尾能久; VAN ASWEGEN G.; MENDECKI A. J.; LENEGAN P.; EBRAHIM-TROLLOPE R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年
      • 南アフリカMponeng金鉱山地下約3km,約2.5年間の歪モニタリング
        安武剛太; 小笠原宏; 川方裕則; 森下健; 直井誠; 山本覚仁; 飯尾能久; 中谷正生; 加藤愛太郎; 石井紘; 中尾茂; 山内常生; WARD A. K.; VAN ASWEGEN G.; MENDECKI A. J.; LENEGAN P.; MCGILL R.; CARSTENS R.
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2006年
      • 2004年新潟県中越地震 2004年新潟県中越地震の発生過程
        飯尾能久; 松本聡; 片尾浩; 松島健; 大見士朗; 渋谷拓郎; 竹内文朗; 植平賢司; 西上欽也; 宮沢理稔; ENESCU Bogdan; 広瀬一聖; 加納靖之; 河野裕希; 辰己賢一; 上野友岳; 和田博夫; 行竹洋平
        月刊地球, 2006年01月01日
      • 緊急地震観測による福岡県西方沖地震の特徴について
        清水洋; 高橋浩晃; 岡田知己; 金沢敏彦; 飯尾能久; 宮町宏樹; 松島健; 一柳昌義; 内田直希; 岩崎貴哉; 片尾浩; 後藤和彦; 松本聡; 平田直; 中尾茂; 植平賢司; 篠原雅尚; 八木原寛; 亀伸樹; 卜部卓; 松尾のり道; 山田知朗; 渡辺篤志; 中東和夫; ENESCU Bogdan; 内田和也; 橋本信一; 平野舟一郎; 八木健夫; 河野裕希; 上野友岳; 斉藤政城; 堀美緒
        West Jpn NDIC News (Natural Disaster Inf Cent West Jpn), 2005年06月
      • 南アフリカ金鉱山の至近距離歪観測で見える震源変動
        小笠原宏; 竹内淳一; 下田直之; 森下健; 直井誠; 山本覚仁; 糀谷剛; 石井紘; 中尾茂; 山内常生; VAN ASWEGEN G.; MENDECKI A. J.; LENEGAN P.; DU PLESSIS F.; EBRAHIM-TROLLOPE R.; WARD A. K.; MCGILL R.; 川方裕則; 飯尾能久; 中谷正生; 加藤愛太郎; 佐藤隆司; 楠瀬勤一郎
        日本測地学会講演会要旨, 2005年
      • 余震分布から推定される新潟県中越地震の発生過程について
        飯尾能久
        2005年地球惑星関連学会合同大会 S101-020, 2005年
      • Multidisciplinary Monitoring of the Entire Life Span of an Earthquake in South African Gold Mines
        H. Ogasawara; J. Takeuchi; N. Shimoda; M. Nakatani; A. Kato; Y. Iio; H. Kawakata; T. Yamada; T. Yamauchi; H. Ishii; T. Satoh; K. Kusunose; K. Otsuki; S. Kita; S. Nakao; A. K. Ward; R. B. McGill; S. K. Murphy; A. J. Mendecki; G. van Aswegen
        RASIM6: CONTROLLING SEISMIC RISK, 2005年, 査読有り
      • S-25 「内陸震源領域での断層帯の滑りと流動」の紹介(シンポジウム : (4)内陸震源領域での断層帯の滑りと流動 : 地質学と地球物理学の統合研究)
        田中 秀実; 飯尾 能久
        日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
      • S-30 糸魚川-静岡構造線断層帯北部における地球物理学的観測とそのモデル化(シンポジウム : (4)内陸震源領域での断層帯の滑りと流動 : 地質学と地球物理学の統合研究)
        鷺谷 威; 飯尾 能久; 西村 卓也; 高橋 邦彦; 本間 高弘
        日本地質学会学術大会講演要旨, 2004年09月10日
      • 長町−利府断層帯における変形過程の総合モデル
        飯尾能久; 鷺谷 威; 海野徳仁; 西村卓也; 高橋邦彦; 本間高弘
        日本地質学会秋季大会, 2004年
      • 微小地震の断層面および破壊伝播速度の推定:地震波放射効率の拘束-南アフリカ金鉱山での至近距離高サンプリング地震観測-
        山田卓司; MORI J; 小笠原宏; 飯尾能久; 川方裕則; 井出哲
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2003年
      • 活断層ドリリングによる断層破砕帯の構造と応力
        小村健太朗; 池田隆司; 飯尾能久; 松田達生
        日本地震学会講演予稿集秋季大会, 2003年
      • 歪集中帯で起こっていることー上部地殻の非弾性変形ー
        飯尾能久; 鷺谷; 威 小林 洋二
        地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003年
      • 糸魚川−静岡構造線断層系中北部の応力蓄積過程
        鷺谷 威; 西村; 卓也; 飯尾能久
        地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003年
      • FEMによる地殻の非弾性変形のモデル化(?)―非線形流動と塑性の共存―
        柄谷和輝; 芝崎文一郎; 田中秀実; 飯尾能久; 奥田洋司
        日本地震学会講演予稿集秋季大会, 2003年
      • 断層深部における非線形流動解析ソフトの開発
        柄谷 和輝; 芝崎; 文一郎; 飯尾能久; 鷺谷 威; 堀川; 晴央; 奥田 洋司
        地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003年
      • 1984年長野県西部地震の断層破砕帯の内と外で起こる地震の違い―応力降下量,発震機構,地震波形の比較―
        堀内茂木; 高井香里; 伊藤 忍 飯尾能久
        日本地震学会講演予稿集秋季大会, 2003年
      • 複数のボアホールの地震記録によって得られた微小地震の初期破壊過程
        伊藤 忍; 堀内茂木; 飯尾能久; 伊藤 久男
        地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003年
      • 内陸地震の発生過程のモデル化(1)―列島規模の枠組みについて―
        飯尾能久; 鷺谷; 威 小林洋二
        日本地震学会講演予稿集秋季大会, 2003年
      • 稠密地震観測データを用いた長野県西部地域の3次元速度構造の時間変化
        関口 渉次; 飯尾能久; 大見士朗; 伊藤 久男; 堀内茂木
        地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 2003年
      • Acceleration of slip motion in deep extensions of seismogenic faults in and below the seismogenic region
        Hobbs Bruce E.; Tanaka Hidemi; Iio Yoshihisa
        Earth, planets and space, 2002年11月01日
      • 南アMponeng金鉱山-Pretrius断層 地震・歪アレイ観測と断層変位観測計画 南ア金鉱山における半制御地震発生実験 (31-2)
        加藤愛太郎; 小笠原宏; 川方裕則; 飯尾能久; 中尾茂
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2002年
      • 南アフリカTauTona金鉱山Spotted Dick Dyke 地震・ひずみ観測,応力測定 南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験 (31-1)
        川方裕則; 小笠原宏; 加藤愛太郎; 飯尾能久; 佐藤隆司; 石井紘; 山内常生
        日本地震学会秋季大会講演予稿集, 2002年
      • 内陸地震の予知へ向けて―何が内陸地震の発生間隔を決めるのか?―
        飯尾能久; 小林洋二
        地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 2002年
      • 内陸地震の発生過程について−断層の深部すべり等の観点から−
        飯尾能久
        日本地震学会講演秋期大会, 2002年
      • 南アフリカ金鉱山における半制御地震発生実験 (31) (2002-2006年度)
        飯尾能久; 小笠原宏
        日本地震学会講演秋期大会, 2002年
      • 大陸プレートの内部変形-新潟神戸歪集中帯の成因-
        飯尾能久
        地震学会予稿集2001年度秋季大会, 2001年
      • 1995年兵庫県南部地震に伴う野島断層を貫くドリリング調査
        池田隆司; 小村健太郎; 飯尾能久; 新井崇史; 小林健太; 松田達生; 島田耕史; 田中秀実; 富田倫明; 平野 聡
        防災科学技術研究所研究報告, 2001年
      • 野島断層平林NIED井破砕帯部の物理検層からみた特徴
        小村健太朗; 池田隆司; 飯尾能久; 新井崇史; 小林健太; 島田耕史; 田中秀実; 富田倫明; 平野 聡; 松田達生
        防災科学技術研究所研究報告, 2001年
      • 1999年トルコ・コジャエリ地震に伴う電磁場応答
        松島 政貴; 本蔵 義守; 高橋 太; 中西 無我; 大志万 直人; 吉村 令慧; ISIKARA A.M.; BARIS S.; TUNCER M.K.; TANK S.B.; CELIK C.; 飯尾 能久; 伊東 明彦
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 高サンプリングインテリジェントデータロガーの開発
        内田 淳; 口石 雅弘; 森安 貞夫; 堀内 茂木; 飯尾 能久; 長谷川 昭; 海野 徳仁; 松澤 暢; 吉本 和生; 伊藤 久男
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 内陸大地震の発生過程に関する1仮説
        飯尾 能久; 小林 洋二
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 自動処理機能付き高サンプリング地震観測テレメターシステムの開発
        堀内 茂木; 飯尾 能久; 内田 淳; 森安 貞夫; 口石 雅弘; 長谷川 昭; 海野 徳仁; 松澤 暢; 吉本 和生; 伊藤 久男
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 陸域震源断層の深部すべりのモデル化 -GPS観測と数値モデル-
        鷺谷 威; 西村 卓也; 多田 尭; 三浦 哲; 飯尾 能久; 芝崎 文一郎; 堀川 晴央
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 阿寺活断層ドリリング(II) -岐阜県福岡町における地殻応力測定-
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久; 石井 紘; 松本 滋夫; 山内 常生
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1999年11月09日
      • 阿寺断層系川上地域の電気伝導度構造
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 千葉 昭彦; 水落 幸広; 菊池 晃; 上原 大二郎
        物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference, 1999年10月
      • ヒンジラインでの応力・歪モニター (南海地震解明のための新しい手法の開発)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗
        号外地球, 1999年03月
      • V_p/V_s比から推定される震源域の飽和度とサイスミシティーの関係 -長野県西部地域稠密観測データを用いて-
        竹田 順子; 飯尾 能久; 小林 洋二; 山本 清彦; 佐藤 春夫; 大見 士朗; 伊藤 久男; 池田 隆司; 山本 英二
        地震. 2輯, 1999年03月01日
      • 3.1.2 関東・東海地域における地殼活動に関する研究(震災対策特別研究,3.1 特別研究,3. 研究業務)
        青井 真; 飯尾 能久; 石田 瑞穂; 井元 政二郎; 鵜川 元雄; 江口 孝雄; 大久保 正; 岡田 義光; 小原 一成; 笠原 敬司; 木村 尚紀; 坂田 正治; 島田 誠一; 関口 渉次; 野口 伸一; 福山 英一; 藤田 英輔; 堀 貞喜; 松村 正三; 松本 拓己; 山水 史生; 山本 英二; 藤繩 幸雄; 渡部 勲; 伊東 明彦; 川崎 一朗; 大見 士朗; 小林 洋二; 里村 幹夫; 徐 培亮
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 3.1.3 地震発生機構に関する研究(震災対策特別研究,3.1 特別研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 塚原 弘昭; 小林 洋二; 田中 秀実; 小林 健太; 伊藤 久男; 佐藤 春夫; 住友 則彦; 浦辺 徹郎
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 3.2.11 地震発生域における熱構造に関する研究(3.2 経常研究,3. 研究業務)
        小村 健太朗; 池田 隆司; 飯尾 能久; 小林 洋二; 寶来 帰一
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 3.2.12 地震破壊の成長と停止機構の解明(3.2 経常研究,3. 研究業務)
        飯尾 能久; 大見 士朗; 芝崎 文一郎; 佐藤 春夫; 伊藤 久男; 西沢 保人; 大湊 隆雄
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 3.6.4 南海トラフにおける海溝型巨大地震災害軽減のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する調査研究(3.6 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗; 坂田 正治
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 3.6.11 掘削による地震断層帯の強度に関する共同研究(知的基盤推進制度,3.6 科学技術振興調整費による研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久; 坂田 正治; 田中 秀実; 小林 健太; Hickman S; Ellsworth W; Lockner D; Agar S
        防災科学技術研究所年報, 1998年10月30日
      • 超高速サンプリング地震観測データによる微小地震の震源過程
        堀内 茂木; 飯尾 能久; 大見 士朗
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1998年10月09日
      • 地震の始まりの始まり(11) -長野県西部超高解像度地震観測から-
        飯尾 能久; 大見 士朗; 池田 隆司; 山本 英二; 伊藤 久男; 佐藤 春夫; 大湊 隆雄; 桑原 保人; 芝崎 文一郎; 安藤 雅孝
        日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1998年10月09日
      • 地震の始まり--長野県西部高精度地震観測から (総特集 地震発生に伴う物理現象--地震発生の場と物理過程(2))
        飯尾 能久; 大見 士朗; 池田 隆司
        月刊地球, 1998年10月
      • 地震を手にとって調べる 南アフリカ金鉱山での地震発生の研究 南アフリカ金鉱山の掘削と地震
        長秋雄; 楠瀬勤一郎; 佐藤隆司; 飯尾能久; 大倉敬宏; 安藤雅孝
        月刊地球, 1998年07月
      • 長野県西部地域電気伝導度調査 -MT法とCSAMT法による潜在断層調査例-
        飯尾 能久; 池田 隆司; 小村 健太朗; 松田 陽一; 汐川 雄一; 武田 祐啓; 上原 大二郎
        物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference, 1998年06月
      • σhmin--地震発生に関する役割 (大地震の長期予測はどこまで可能か?) -- (総合評価と地殻活動予測モデル)
        飯尾 能久
        地震, 1998年03月
      • 地表から震源深度に至る断層内物質の物質分布および物質収支の実証ー地震予測研究への震源物質解析からの視点ー
        田中秀実; 新井崇史; 飯尾能久; 池田隆司; 伊藤久男; 氏家恒太郎; 大谷具幸; 小村健太朗; 桑原保人; 小泉尚嗣; 小林健太; 小松正幸; 榊原正幸; 佐野広征; 澤口 隆; 高橋美紀; 塚原弘昭; 富田倫明; 中島善人; 平野 聡; 福地龍郎; 藤本光一郎; 増田幸治; 松田達生; 村山秀幸; 山崎暁子
        月刊地球, 1998年
      • 活断層の応力測定について (総特集 断層解剖計画) -- (1部 ボーリング孔内の実験・観測を通してみた野島断層)
        池田 隆司; 飯尾 能久; 小村 健太朗
        号外地球, 1998年
      • 長野県西部高精度地震観測データ処理システム
        大見士朗; 飯尾能久; 池田隆司; 堀内茂木; 伊藤久男; 佐藤春夫; 山本英二
        地球惑星関連学会1998年合同大会予稿集 Sg-017, 1998年
      • 長野県西部地域電気伝導度調査−潜在断層における MT法調査−
        飯尾能久; 池田隆司; 松田陽一; 小村健太郎; 汐川雄一; 武田祐啓; 上原大二郎; 大志万直人; 住友則彦; 笠谷貴史; 後藤忠徳
        地球惑星関連学会1998年合同大会予稿集 Sg020, 1998年
      • 兵庫県南部地震の発生過程-断層の固着とディタッチメントのすべり-
        飯尾 能久
        地震. 2輯, 1996年05月24日
      • 3.2.1 超深度科学掘削に向けた坑井内計測技術等の調査研究(3.2 指定研究,3. 研究業務)
        池田 隆司; 小村 健太朗; 飯尾 能久; 浜田 和郎
        防災科学技術研究所年報, 1996年03月29日
      • 3.3.37 長野県西部地域における高周波帯域での地震観測研究(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        飯尾 能久; 佐藤 春夫; 伊藤 久男; 西沢 保人; 大湊 隆雄
        防災科学技術研究所年報, 1996年03月29日
      • 兵庫県南部地震の発生機構(2)-ディタッチメント仮説-
        飯尾能久
        日本地震学会講演予稿集, 1995年
      • D13 足尾における 3 次元アレイ観測によるコーダ波の分解
        桑原 保人; 伊藤 久男; 飯尾 能久; 池田 隆司
        日本火山学会講演予稿集, 1994年10月20日
      • D22 足尾における坑井内地震観測概要
        伊藤 久男; 桑原 保人; 飯尾 能久; 池田 隆司
        日本火山学会講演予稿集, 1994年10月20日
      • Field Survey of the Nicaragua Earthquake and Tsunami of September 2, 1992.
        阿部邦昭; 阿部勝征; 都司嘉宣; 今村文彦; 飯尾能久; 佐竹健治; BOURGEOIS J; NOGUERA E; ESTRADA F
        東京大学地震研究所い報, 1993年06月
      • 旧生野鉱山における多項目総合観測システム
        小笠原 宏; 藤森 邦夫; 小泉 尚嗣; 藤原 智; 中尾 節郎; 西上 欽也; 谷口 慶祐; 大塚 成昭; 平野 憲雄; 西田 良平; 飯尾 能久
        京都大学防災研究所年報, 1992年04月
      • 大・中地震の観測記録に見られる短周期波について
        飯尾 能久
        地震. 2輯, 1992年03月24日
      • 近畿地方北部における人工地震探査(続)
        西南日本地殻構造研究グループ(伊藤 潔; 松村一男; 飯尾能久; 梅田康弘; 大倉敬宏; 小笠原 宏; 金尾政紀; 渋谷拓郎; 竹内文朗; 田崎幸司; 西上欽也; 渡辺邦彦
        京都大学防災研究所年報, 1992年
      • 地震から微小破壊までのスケ-リング (1980年代の地震学) -- (地震のメカニズム)
        飯尾 能久
        地震, 1991年07月
      • 6-3-3 極微小地震の震源スペクトル(震源における破壊過程の解明)
        飯尾 能久
        防災科学技術研究所研究資料, 1991年03月29日
      • 近畿地方北部における人工地震探査
        西南日本地殻構造研究グループ(伊藤 潔; 松村一男; 飯尾能久; 梅田康弘; 大倉敬宏; 小笠原 宏; 金尾政紀; 渋谷拓郎; 竹内文朗; 田崎幸司; 西上欽也; 渡辺邦彦
        京都大学防災研究所年報, 1991年
      • 長野県西部地震による木曽御岳ゴルフ場での地変
        飯尾 能久
        地震, 1990年12月
      • 3.3.17 地震発生モデル及び地震波形パターンに関する研究(3.3 経常研究,3. 研究業務)
        佐藤 春夫; 木下 繁夫; 小原 一成; 福山 英一; 塚原 弘昭; 池田 隆司; 飯尾 能久
        国立防災科学技術センター年報, 1989年03月30日
      • 1Hz速度型地震計に対するマグニチュ-ドの式の再検討
        吉岡 克平; 飯尾 能久
        地震, 1988年09月
      • 地表近くで発生した極微小地震(M=-3)--1984年長野県西部地震の余震
        飯尾 能久
        地震, 1986年12月
      • 余震を伴う微小破壊
        飯尾 能久
        地震, 1984年12月
      • 破壊のスケ-リング-2-群発活動の時・空間分布および規模別頻度分布について
        飯尾 能久
        地震, 1983年03月
      • 破壊のスケ-リング--自然地震からAEまで
        飯尾 能久
        地震, 1982年06月

      講演・口頭発表等

      • 満点計画の15年―地震計の開発からデータ解析まで―
        飯尾能久
        日本地震工学会・大会-2021, 2021年11月30日, 招待有り
      • 防災教育における「参加型」・「伝達型」モデルの関係性
        飯尾 能久
        日本災害情報学会第19回学会大会 京都大学, 2017年10月21日
      • Spatial heterogeneity of crustal stress
        飯尾 能久
        IAG-IASPEI 2017, 2017年08月02日, 招待有り
      • Reconstructuring disaster education based on legitimate peripheral participation theory: A new model of disaster science communication.
        飯尾 能久
        第35回自然災害学会学術講演会 静岡市, 2016年09月20日
      • Fluid Path Below a Seismogenic Fault Estimated by S-Wave Reflection Analysis
        飯尾 能久
        AOGS 12th Annual meeting, 2016年08月05日, 招待有り
      • Fluid Path in the lower crust Estimated by S-Wave Reflection Analysis
        飯尾 能久
        Goldschmidt 2016, 2016年06月28日, 招待有り
      • 満点計画学習プログラムにおける知識共有についての考察
        飯尾 能久
        平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2016年02月24日
      • 阿武山観測所サイエンス・ミュージアム化計画
        飯尾 能久
        平成27年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2016年02月24日
      • 参加型防災教育における知識共有についての考察−満点計画学習プログラムの役割継承をめぐって−
        飯尾 能久
        第17回災害情報学会研究発表大会 山梨大学, 2015年10月25日
      • 島弧地殻の変形と内陸地震発生過程
        飯尾 能久
        日本地質学会第122回学術大会, 2015年09月13日, 招待有り
      • 内陸地震の謎と防災教育
        飯尾 能久
        日本地球惑星科学連合2015年大会「総合的防災教育」セッション 幕張メッセ, 2015年05月24日
      • 小学校における地震観測への参加による防災教育−地震計メンテナンスの役割継承と知識の共有について−
        飯尾 能久
        平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会, 2015年02月24日
      • 内陸地震(分担執筆)
        飯尾能久
        教育現場の防災読本(京大出版会), 2018年04月, 査読無し
      • くりかえす巨大地震(分担執筆)
        飯尾能久
        巨大地震 なぜ起こる?そのときどうする? (楽しい調べ学習シリーズ)(PHP出版), 2014年04月, 査読無し
      • 内陸地震の発生メカニズム(分担執筆)
        飯尾能久
        自然災害と防災の事典 寶 馨・戸田圭一・橋本 学編(丸善出版), 2012年04月, 査読無し
      • 内陸地震はなぜ起こるのか?
        飯尾能久
        近未来社, 2009年, 査読無し
      • Stress drop distribution of microearthquakes at Outaki, Nagano prefecture, Japan obtained from waveform data,
        Horiuchi Shigeki; Iio Yoshihisa
        Seismotectonics in convergent plate boundary, Eds. Y. Fujinawa and A. Yoshida, TERRAPUB, 2003年, 査読無し
      • Location and temporal variations of shear wave splitting in a South African gold mine,Seismogenic Process Monitoring
        Nagai, Naoko,Ando; Masataka,Ogasawara; Hiroshi,Ohkura; Takahiro,Iio; Yoshihisa,Cho; Akio,Nagai; Naoko,Ando; Masataka; Ogasawara Hiroshi,Ohkura; Takahiro,Cho; Akio
        Seismogenic Moritoring in mines, 2002年, 査読無し

      産業財産権

      • 2009-222487, 2008-065694, 速度センサ
        三浦 勉; 飯尾 能久; 高畠 一徳; 古屋 和男
      • 2009-222486, 2008-065690, 時刻装置および可搬型電子機器
        三浦 勉; 飯尾 能久; 高畠 一徳

      外部資金:科学研究費補助金

      • 稠密地震観測データ解析と地震活動モデル構築による前震の意義の理解
        基盤研究(B)
        小区分17040:固体地球科学関連
        京都大学
        直井 誠
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        前震活動;機械学習;地震活動
      • 天変地異のオープンサイエンス
        挑戦的研究(開拓)
        中区分9:教育学およびその関連分野
        京都大学
        矢守 克也
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        オープンサイエンス;サイエンスコミュニケーション;科学教育;アクションリサーチ;防災;サイエンス・学コミュニケーション
      • 地殻ダイナミクス -東北沖地震後の内陸変動の統一的理解-
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        応力;歪;強度;非弾性変形;媒質特性
      • 平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査
        特別研究促進費
        北海道大学
        高橋 浩晃
        自 2018年10月04日, 至 2019年03月31日, 完了
        平成30年北海道胆振東部地震;地震活動と地殻構造;強震動と地盤建築物被害;同時多発斜面崩壊;ブラックアウト;強震動と地盤建築被害;地震発生場;同時多発斜面災害;人的被害と社会へのインパクト
      • 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査
        特別研究促進費
        九州大学
        清水 洋
        自 2016年04月22日, 至 2017年03月31日, 完了
        熊本地震;地震活動;地殻変動;活断層;強震動;土砂災害;広域複合災害;エコノミークラス症候群;地震災害;自然災害;地震;災害過程
      • 地殻ダイナミクスー東北沖地震後の内陸変動の統一的理解ー(国際活動支援班)
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2015年11月06日, 至 2020年03月31日, 完了
        応力;非弾性変形;断層;岩石変形実験;地殻流体
      • 内陸地震の発生過程の解明-ニュージーランド南島北部における稠密地震観測による-
        基盤研究(B)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        内陸地震;水;ニュージーランド;断層;観測;ニュージーランド南島;地震観測
      • 地震サイエンス・ミュージアムに関する研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        矢守 克也
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        リスク・コミュニケーション;サイエンス・ミュージアム;アウトリサーチ;防災教育;地震観測研究;アウトリーチ
      • 地殻流体の実態と島弧ダイナミクスに対する役割の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2014年07月10日, 至 2019年03月31日, 完了
        地震波速度;電気伝導度;クラック;含水量;有馬型塩水
      • 地殻ダイナミクス ー東北沖地震後の内陸変動の統一的理解ー
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2014年07月10日, 至 2019年03月31日, 完了
        応力;歪;強度;非弾性変形;媒質特性
      • 地殻ダイナミクス ー東北沖地震後の内陸変動の統一的理解ー
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        自 2014年07月10日, 至 2019年03月31日
      • 内陸地震の断層直下はやわらかいのか?-ニュージーランド南島北部における稠密観測-
        基盤研究(A)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        内陸地震;活断層;下部地殻;地殻流体;クライストチャーチ地震;地震発生過程;余震分布;地殻構造;水;ニュージーランド;断層;観測
      • 2011年東北地方太平洋沖地震に関する総合調査
        東京大学
        篠原 雅尚
        自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        東北地方太平洋沖地震;海底地震観測;陸上臨時観測;海底地殻変動;マルチチャンネル反射法;強震動;津波;構造物等被害
      • 南アフリカ金鉱山におけるM2震源域での地震の準備と発生過程の総合観測
        基盤研究(S)
        立命館大学
        小笠原 宏
        自 2009年05月11日, 至 2014年03月31日, 完了
        南アフリカ金鉱山;誘発地震;至近距離観測;微小破壊;準静的ひずみ変化;動的破損過程;絶対応力;断層強度;準静的歪変化;鉱山地震;南アフリカ鉱山地震
      • 2008年岩手・宮城内陸地震に関する総合調査
        東北大学
        海野 徳仁
        自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        内陸地震;活断層;強震動災害;臨時余震観測;臨時GPS観測;変動地形学;災害救援;ボランティア活動
      • 地震はなぜ起こるのか?-地殻流体の真の役割の解明-
        基盤研究(A)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2007年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        水;地震波速度;比抵抗;内陸地震;長野県西部;応力;非弾性変形;断層;微小地震;低速度異常;メカニズム解
      • 南アフリカとインドの水没金鉱山の岩盤挙動観測
        基盤研究(B)
        立命館大学
        小笠原 宏
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        地震活動;岩盤歪変化;間隙水;水没鉱山;至近距離観測;国際研究者交流;南アフリカ;インド;南アフリカ:インド;地震;測地;地球電磁気;岩盤挙動;南アフリカ金鉱山
      • 南アフリカ大深度鉱山における超高周波までの地震学-1cmから200mまで。
        基盤研究(A)
        東京大学
        中谷 正生
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        地震;大深度;鉱山;微小破壊;AE;アコースティック・エミッション;岩石力学;スケーリング;防災;国際貢献;大深度地下;地殻・マントル物質;国際研究者交流;微少破壊;高周波;地霞
      • 地震滑りによる摩擦発熱量の直接測定
        基盤研究(B)
        東京大学
        中谷 正生
        自 2003年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        断層;鉱山;地震;摩擦;温度計;強度;滑り;発熱;温度;大深度;南アフリカ, fault;mine;earthquke;friction;thermometer;strength;slip;heating
      • 地震の準備過程の解明-南アフリカ金鉱山における地震包囲網の完成-
        基盤研究(A)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2002年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        地震準備過程;断層;南アフリカ;誘発地震;歪計;ロックバースト;金鉱山;山はね, Earthquake preparation process;fault;South Africa;Induced earthquake;Strainmeter;Rock burst;gold mine;Mine tremor
      • 地震・火山噴火予知研究成果の防災対策への活用方策に関する調査研究
        特別研究促進費
        東京大学
        平田 直
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        地震予知研究;火山噴火予知;予知情報の伝達;防災, Earthquake prediction research;Volcanic eruption research;Communication of research information;Disaster prevention
      • 震源断層に達するボアホールにおける準静的破壊過程の観測
        一般研究(C)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 1992年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        震源過程;微小地震;初期破壊;コーダ波;減衰
      • 1992年ニカラグマにおける地震とその津波に関する調査研究
        総合研究(A)
        日本歯科大学新潟短期大学
        阿部 邦昭
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        ニカラグア地震;津波;調査;最大水位分布;低角逆断層;津波地震;被害;カリブプレート
      • 火山噴火の前兆としての地震発生と広域応力場の変化ーピナツボ火山噴火ー
        重点領域研究
        京都大学
        安藤 雅孝
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        ピナツボ山;1990年フィリピン地震;地殻応力変化;ダイク;火山体構造;人工地震;タール火山;反射面
      • フィリピン地震(1990.7.16)から学ぶ都市直下型活断層と都市震災の研究
        重点領域研究
        京都大学
        安藤 雅孝
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        自然災害;フィリピン地震;直下型地震;都市震災;副次断層;多重震源;活断層地形;破壊過程
      • 内陸地震活動の総括的評価に関する研究
        重点領域研究
        東京大学
        溝上 恵
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        発震機構;標準化;応力場;地震内地震;フィリピン海プレ-ト;太平洋プレ-ト;プレ-ト間の相互作用;潜在断層
      • 震源断層に達するボアホ-ルにおける高周波帯域での地震観測
        一般研究(B)
        京都大学
        飯尾 能久
        自 1990年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        ボアホ-ル;震源スペクトル;高周波;長野県西部地震;極微小地震;初期破壊過程;地震断層;地震観測, borehole;seismic source spectrum;high frequency;earthquake fault;ultra-microearthquake;initial phase
      • 北アナトリア断層帯西部域の断層活動に関する調査(第2次)
        国際学術研究
        東京工業大学
        本蔵 義守
        自 1988年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        トルコ;北アナトリア断層;地震観測;トレンチ;活断層;地磁気・地電流;ラドン;地震予知, North Anatolian Fault;Seismic Observation;Trench;Active Fault;Geomagnetic and Electric Field;Radon;Earthquake Prediction
      • フラクタルと地震の数理
        総合研究(A)
        東京工業大学
        斎藤 正徳
        自 1988年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        フラクタル;地震;震源過程;岩石破壊;カオス;パターン形成, fractal;earthquake;focal mechanism;rock fracture;chaos
      • 歴史震記録のマイクロフィルム化
        一般研究(B)
        京都大学
        三木 晴男
        自 1984年04月01日, 至 1987年03月31日, 完了
        歴史地震記録;マイクロフィルム;阿武山地震観測所, Historical seismogram;Microfilm
      • 高圧水を必要としない地震の断層の新しいモデルと高サンプリングデータによる検証
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分17:地球惑星科学およびその関連分野
        京都大学
        飯尾 能久
        自 2022年06月30日, 至 2024年03月31日, 交付
        断層の強度;間隙水圧;粘性流動;地震活動;長野県西部

      外部資金:その他

      • 新学術領域研究「地殻ダイナミクス」 (平成28年度分)
        高山市コンベンション開催支援補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        飯尾 能久
      • 地殻ダイナミクス2017年全体集会 (平成29年度分)
        とっとりコンベンションビューロー補助金
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        飯尾 能久
      list
        Last Updated :2022/09/29

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地震学ゼミナールIIIC
          5258, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          固体地球物理数学
          5250, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地震学特論IV:地震発生機構
          5254, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地震学ゼミナールIIID
          5259, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地震学ゼミナールIIIB
          5257, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          地震学ゼミナールIIIA
          5256, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地震テクトニクスゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地震テクトニクスゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地震テクトニクスゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地震テクトニクスゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地震テクトニクスA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地震テクトニクスA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地震テクトニクスゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地震テクトニクスゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地震テクトニクスゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地震テクトニクスゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地震テクトニクスA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地震テクトニクスゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地震テクトニクスゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地震テクトニクスゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地震テクトニクスゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地震テクトニクスA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地震テクトニクスゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地震テクトニクスゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地震テクトニクスゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地震テクトニクスゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地震テクトニクスA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地震テクトニクスゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地震テクトニクスゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地震テクトニクスゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地震テクトニクスゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          固体地球物理数学
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地震学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地震学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地震学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地震学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地震学特論IV:地震発生機構
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          固体地球物理数学
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地震学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地震学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地震学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地震学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地震学特論IV:地震発生機構
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          固体地球物理数学
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地震学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地震学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地震学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地震学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地震学特論IV:地震発生機構
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          固体地球物理数学
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地震学ゼミナールIIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地震学ゼミナールIIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地震学ゼミナールIIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地震学ゼミナールIIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地震学特論IV:地震発生機構
          後期, 理学研究科

        博士学位審査

        • 山陰地方における地震波速度構造と内陸地震発生の関係
          津田 寛大, 理学研究科, 主査
          2021年05月24日

        非常勤講師

        • 自 2022年04月08日, 至 2023年03月31日
          地球科学特別講義Ⅱ
          期間中1回、集中講義16時間, 新潟大学, 理学部
        • 自 2021年10月01日, 至 2022年03月31日
          地球惑星科学特別講義Ⅰ
          集中講義15時間, 九州大学, 大学院理学研究院
        list
          Last Updated :2022/09/29

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2009年04月01日, 至 2017年03月31日
            地震予知研究センター長
          • 自 2014年11月01日, 至 2015年10月31日
            産官学連携本部運営会議委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            施設整備委員会 6号委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            施設整備委員会 6号委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日
            防災研究所附属地震予知研究センター長
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所産官学連携推進専門委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所施設設備専門委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2015年03月31日
            「別府-万年山断層帯(大分平野-由布院断層帯東部)における重点的な調査観測」運営委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            防災研究所情報基盤専門委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            防災研究所対外広報委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            防災研究所広報国際委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            防災研究所財務委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            防災研究所自己点検・評価委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所自己点検・評価委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            防災研究所将来計画検討委員会
          • 自 2012年11月01日, 至 2013年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            宇治地区4研究所共通的経費検討委員会
          • 自 2014年05月01日, 至 2016年03月31日
            宇治地区DNAシークエンスコア運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所人権委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            防災研究所研究コンプライアンス推進委員会

          ページ上部へ戻る