教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

大坪 主弥

オオツボ カズヤ

理学研究科 化学専攻相関化学講座 助教

大坪 主弥
list
    Last Updated :2022/06/24

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    学位

    • 修士(理学)(九州大学)
    • 博士(理学)(九州大学)

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/24

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1. 新規梯子型混合原子価金属錯体の合成と物性探索
        2. 結晶配向性配位高分子ナノ薄膜の開発と機能評価

      研究分野

      • ナノテク・材料, 無機・錯体化学

      論文

      • Ni@onion-like carbon and Co@amorphous carbon: control of carbon structures by metal ion species in MOFs
        Megumi Mukoyoshi; Hirokazu Kobayashi; Kohei Kusada; Kazuya Otsubo; Mitsuhiko Maesato; Yoshiki Kubota; Tomokazu Yamamoto; Syo Matsumura; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2021年05月
      • Surface morphology-induced spin-crossover-inactive high-spin state in a coordination framework
        Shun Sakaida; Kazuya Otsubo; Ken Ichi Otake; Shogo Kawaguchi; Mitsuhiko Maesato; Susumu Kitagawa; Hiroshi Kitagawa
        Chemical Communications, 2021年02月11日
      • A mixed-valent metal-organic ladder linked by pyrazine
        Ken-ichi Otake; Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER, 2021年01月
      • Crystal Size Effect on the Spin-Crossover Behavior of {Fe(py)2[Pt(CN)4]} (py = Pyridine) Monitored by Raman Spectroscopy.
        Shun Sakaida; Kazuya Otsubo; Mitsuhiko Maesato; Hiroshi Kitagawa
        Inorganic chemistry, 2020年12月07日
      • Remarkably enhanced proton conduction of {NBu2(CH2COOH)2}[MnCr(ox)3] by multiplication of carboxyl carrier in the cation.
        Hisashi Ōkawa; Kazuya Otsubo; Yukihiro Yoshida; Hiroshi Kitagawa
        Chemical communications (Cambridge, England), 2020年06月07日, 査読有り
      • A Phosphate-Based Silver-Bipyridine 1D Coordination Polymer with Crystallized Phosphoric Acid as Superprotonic Conductor.
        Arun Pal; Shyam Chand Pal; Kazuya Otsubo; Dae-Woon Lim; Santanu Chand; Hiroshi Kitagawa; Madhab C Das
        Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany), 2020年04月06日, 査読有り
      • Confined water-mediated high proton conduction in hydrophobic channel of a synthetic nanotube
        Ken-ichi Otake; Kazuya Otsubo; Tokutaro Komatsu; Shun Dekura; Jared M. Taylor; Ryuichi Ikeda; Kunihisa Sugimoto; Akihiko Fujiwara; Chien-Pin Chou; Aditya Wibawa Sakti; Yoshifumi Nishimura; Hiromi Nakai; Hiroshi Kitagawa
        Nature Communications, 2020年02月, 査読有り
      • Network-Selectivity, Magnetism, and Proton Conduction of 2-D and 3-D Metal-Organic Frameworks of the Constituents {P(CH2OH)4}+/MII (MnII, FeII, or CoII)/[CrIII(ox)3]3.
        Hisashi O Kawa; Yukihiro Yoshida; Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        Inorganic chemistry, 2020年01月06日, 査読有り
      • A Novel Platinum(III)-Platinum(III) Neutral Dimer Complex, Pt-2(cdtb)(4)I-2 (cdtb: 4-Cyanodithiobenzoate)
        Moriyama Hayato; Otsubo Kazuya; Aoki Kentaro; Maesato Mitsuhiko; Sugimoto Kunihisa; Kitagawa Hiroshi
        CHEMISTRY LETTERS, 2019年09月, 査読有り
      • Modular Cavities: Induced Fit of Polar and Apolar Guests into Halogen-Based Receptors
        Kentaro Aoki; Kazuya Otsubo; Garry S. Hanan; Kunihisa Sugimoto; Hiroshi Kitagawa
        Inorganic Chemistry, 2018年06月04日, 査読有り
      • Compression of a Flapping Mechanophore Accompanied by Thermal Void Collapse in a Crystalline Phase
        Takuya Yamakado; Kazuya Otsubo; Atsuhiro Osuka; Shohei Saito
        Journal of the American Chemical Society, 2018年05月23日, 査読有り
      • Emergence of Surface- and Interface-Induced Structures and Properties in Metal–Organic Framework Thin Films
        Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        European Journal of Inorganic Chemistry, 2018年04月30日, 査読有り
      • Superprotonic Phase Change to a Robust Phosphonate Metal–Organic Framework
        Zohreh Hassanzadeh Fard; Norman E. Wong; Christos D. Malliakas; Padmini Ramaswamy; Jared M. Taylor; Kazuya Otsubo; George K; H. Shimizu
        Chemistry of Materials, 2018年01月23日, 査読有り
      • A highly crystalline oriented metal–organic framework thin film with an inorganic pillar
        Yuki Watanabe; Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        Chemical Communications, 2017年09月, 査読有り
      • Nanoscale crystalline architectures of Hofmann-type metal–organic frameworks
        Kazuya Otsubo; Tomoyuki Haraguchi; Hiroshi Kitagawa
        Coordination Chemistry Reviews, 2017年09月, 査読有り
      • Fabrication and Structural Characterization of an Ultrathin Film of a Two-Dimensional-Layered Metal–Organic Framework, {Fe(py)2[Ni(CN)4]} (py = pyridine)
        Shun Sakaida; Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        Inorganic Chemistry, 2017年07月, 査読有り
      • Mixed-Valence Nickel Bis(azamacrocycle) Compounds with Ghost-Leg-type Sheets
        Ryota Hashiguchi; Kazuya Otsubo; Mitsuhiko Maesato; Kunihisa Sugimoto; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2017年03月, 査読有り
      • An Electrically Conductive Single-Component Donor-Acceptor-Donor Aggregate with Hydrogen-Bonding Lattice.
        Hayashi M; Otsubo K; Maesato M; Komatsu T; Sugimoto K; Fujiwara A; Kitagawa H
        Inorganic chemistry, 2016年12月19日, 査読有り
      • Guest-Induced Two-Way Structural Transformation in a Layered Metal-Organic Framework Thin Film
        Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Osami Sokota; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2016年12月, 査読有り
      • Conducting Behavior and Valence Ordering of a One-Dimensional MMX-Type Coordination Polymer under High Pressure
        Kazuya Otsubo; Tomohiko Suto; Atsushi Kobayashi; Ryuichi Ikeda; Masato Hedo; Yoshiya Uwatoko; Hiroshi Kitagawa
        EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY, 2016年09月, 査読有り
      • Crystalline coordination framework endowed with dynamic gate-opening behaviour by being downsized to a thin film
        Shun Sakaida; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Chulho Song; Akihiko Fujiwara; Masaki Takata; Hiroshi Kitagawa
        NATURE CHEMISTRY, 2016年04月, 査読有り
      • Ultrafine metal-organic right square prism shaped nanowires
        Otake, K.-I.; Otsubo, K.; Sugimoto, K.; Fujiwara, A.; Kitagawa, H.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2016年, 査読有り
      • Neutral-Type One-Dimensional Mixed-Valence Halogen-Bridged Platinum Chain Complexes with Large Charge-Transfer Band Gaps
        Otake, K.-I.; Otsubo, K.; Sugimoto, K.; Fujiwara, A.; Kitagawa, H.
        Inorganic Chemistry, 2016年, 査読有り
      • A three-dimensional accordion-like metal organic framework: synthesis and unconventional oriented growth on a surface
        Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Shogo Kawaguchi; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2016年, 査読有り
      • Remarkable Lattice Shrinkage in Highly Oriented Crystalline Three-Dimensional Metal-Organic Framework Thin Films
        Tomoyuki Haraguchi; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        INORGANIC CHEMISTRY, 2015年12月, 査読有り
      • Lithium Ion Diffusion in a Metal–Organic Framework Mediated by an Ionic Liquid
        Fujie, Kazuyuki; Ikeda, Ryuichi; Otsubo, Kazuya; Yamada, Teppei; Kitagawa, Hiroshi
        Chemistry of Materials, 2015年11月, 査読有り
      • Proton Conduction Study on Water Confined in Channel or Layer Networks of La<sup>III</sup>M<sup>III</sup>(ox)<inf>3</inf>·10H<inf>2</inf>O (M = Cr, Co, Ru, La)
        Okawa H; Sadakiyo M; Otsubo K; Yoneda K; Yamada T; Ohba M; Kitagawa H
        Inorganic Chemistry, 2015年09月08日, 査読有り
      • Proton Conduction Study on Water Confined in Channel or Layer Networks of (LaMIII)-M-III(ox)(3)center dot 10H(2)O (M = Cr, Co, Ru, La)
        Hisashi Okawa; Masaaki Sadakiyo; Kazuya Otsubo; Ko Yoneda; Teppei Yamada; Masaaki Ohba; Hiroshi Kitagawa
        INORGANIC CHEMISTRY, 2015年09月, 査読有り
      • The Role of a Three Dimensionally Ordered Defect Sublattice on the Acidity of a Sulfonated Metal-Organic Framework
        Jared M. Taylor; Tokutaro Komatsu; Shun Dekura; Kazuya Otsubo; Masaki Takata; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年09月, 査読有り
      • Low temperature ionic conductor: ionic liquid incorporated within a metal-organic framework
        Kazuyuki Fujie; Kazuya Otsubo; Ryuichi Ikeda; Teppei Yamada; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL SCIENCE, 2015年, 査読有り
      • Homochiral metal phosphonate nanotubes
        Xun-Gao Liu; Song-Song Bao; Jian Huang; Kazuya Otsubo; Jian-Shen Feng; Min Ren; Feng-Chun Hu; Zhihu Sun; Li-Min Zheng; Shiqiang Wei; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • A compact planar low-energy-gap molecule with a donor-acceptor-donor nature based on a bimetal dithiolene complex
        Mikihiro Hayashi; Kazuya Otsubo; Tatsuhisa Kato; Kunihisa Sugimoto; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • Metal-organic framework thin films with well-controlled growth directions confirmed by x-ray study
        Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        APL MATERIALS, 2014年12月, 査読有り
      • Influence of Confined Polymer Structure on Proton Transport Property in Sulfonated Polyimide Thin Films
        Karthik Krishnan; Tomoaki Yamada; Hiroko Iwatsuki; Mitsuo Hara; Shusaku Nagano; Kazuya Otsubo; Osami Sakata; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa; Yuki Nagao
        ELECTROCHEMISTRY, 2014年10月, 査読有り
      • Enhancing Proton Conduction in 2D Co-La Coordination Frameworks by Solid-State Phase Transition
        Song-Song Bao; Kazuya Otsubo; Jared M. Taylor; Zheng Jiang; Li-Min Zheng; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年07月, 査読有り
      • 金属錯体を用いたナノメートルスケールの階層的構造構築
        大坪 主弥; 北川 宏
        京都大学低温物質科学研究センター誌 : LTMセンター誌, 2014年06月
      • Structural design and electronic properties of halogen-bridged mixed-valence ladder systems with even numbers of legs
        Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        CRYSTENGCOMM, 2014年, 査読有り
      • Structural design and electronic properties of halogen-bridged mixed-valence ladder systems with even numbers of legs
        Kazuya Otsubo; Hiroshi Kitagawa
        CRYSTENGCOMM, 2014年, 査読有り
      • Variable-Rung Design for a Mixed-Valence Two-Legged Ladder System Situated in a Dimensional Crossover Region
        Kazuya Otsubo; Atsushi Kobayashi; Kunihisa Sugimoto; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        INORGANIC CHEMISTRY, 2014年01月, 査読有り
      • Superprotonic Conductivity in a Highly Oriented Crystalline Metal-Organic Framework Nanofilm
        Gang Xu; Kazuya Otsubo; Teppei Yamada; Shun Sakaida; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年05月, 査読有り
      • A novel triangular macrocyclic compound, [(tmeda)- Pt(azpy)] 3 (PF6)6•13H2O (tmeda: Tetramethylethylenediamine, azpy: 4,4\\'-Azopyridine)
        R. Hashiguchi; K. Otsubo; H. Ohtsu; H. Kitagawa
        Chemistry Letters, 2013年04月, 査読有り
      • Designer coordination polymers: dimensional crossover architectures and proton conduction
        Teppei Yamada; Kazuya Otsubo; Rie Makiura; Hiroshi Kitagawa
        CHEMICAL SOCIETY REVIEWS, 2013年, 査読有り
      • Facile "Modular Assembly" for Fast Construction of a Highly Oriented Crystalline MOF Nanofilm
        Gang Xu; Teppei Yamada; Kazuya Otsubo; Shun Sakaida; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2012年10月, 査読有り
      • Step-by-Step Fabrication of a Highly Oriented Crystalline Three-Dimensional Pillared-Layer-Type Metal-Organic Framework Thin Film Confirmed by Synchrotron X-ray Diffraction
        Kazuya Otsubo; Tomoyuki Haraguchi; Osami Sakata; Akihiko Fujiwara; Hiroshi Kitagawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2012年06月, 査読有り
      • Bottom-up realization of a porous metal-organic nanotubular assembly
        Kazuya Otsubo; Yusuke Wakabayashi; Jun Ohara; Shoji Yamamoto; Hiroyuki Matsuzaki; Hiroshi Okamoto; Kiyofumi Nitta; Tomoya Uruga; Hiroshi Kitagawa
        NATURE MATERIALS, 2011年04月, 査読有り
      • Magnetic properties of segregated layers containing MII33-OH)2 (M = Co or Ni) diamond chains bridged by cis,cis,cis-1,2,4,5-cyclohexanetetracarboxylate
        M. Kurmoo; K. Otsubo; H. Kitagawa; M. Henry; M. Ohba; S. Takagi
        Inorganic Chemistry, 2010年10月, 査読有り
      • Pressure-Induced Consecutive Phase Transitions of a Metallic MMX-Chain Complex, Pt-2(dtp)(4)I (dtp: C2H5CS2-)
        Kazuya Otsubo; Atsushi Kobayashi; Masato Hedo; Yoshiya Uwatoko; Hiroshi Kitagawa
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2009年, 査読有り
      • Most stable metallic phase of the mixed-valence MMX-chain, Pt-2(dtp)(4)I (dtp=C2H5CS2-), in purely d-electronic conductors based on the transition-metal complex
        K Otsubo; A Kobayashi; H Kitagawa; M Hedo; Y Uwatoko; H Sagayama; Y Wakabayashi; H Sawa
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年06月, 査読有り

      MISC

      • シアノ基を付与したジチオカルボン酸を配位子に持つ新規白金複核錯体の合成と物性
        森山隼人; 大坪主弥; 青木健太郎; 前里光彦; 杉本邦久; 杉本邦久; 北川宏; 北川宏
        京都大学物性科学センター誌, 2020年
      • 環状三角形錯体中への極性および非極性のゲスト分子の包接
        青木健太郎; 大坪主弥; HANAN Garry; 杉本邦久; 北川宏
        ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 2019年
      • シアノ基を付与したジチオカルボン酸を配位子に持つ新規Pt(III)複核錯体の合成と物性
        森山隼人; 大坪主弥; 青木健太郎; 前里光彦; 杉本邦久; 杉本邦久; 北川宏; 北川宏
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2019年
      • 電子アクセプター性を有する新規4本鎖MX‐tube錯体の合成
        青木健太郎; 大坪主弥; 北川宏
        京都大学物性科学センター誌, 2018年06月
      • アニオン性無機配位子を有する多孔性配位高分子を用いた新規結晶配向性ナノ薄膜の創製
        渡邉雄貴; 原口知之; 大坪主弥; 坂田修身; 藤原明比彦; 北川宏
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2017年09月01日
      • 多孔性金属錯体のナノ薄膜化による隠されたガス分子吸着特性の発現
        原口知之; 大坪主弥; 北川宏
        Isotope News (Web), 2017年08月
      • ナノサイズの薄膜化により動的なゲート開閉挙動を示す金属有機構造体
        大坪主弥; 北川宏
        応用物理, 2017年06月10日
      • Hofmann型多孔性配位高分子によるヘテロ接合型ナノ薄膜の構築とスピン転移の制御
        原口知之; 大坪主弥; 坂田修身; 藤原明比古; 北川宏
        京都大学物性科学センター誌, 2017年06月
      • 特異なあみだくじ状シート構造を有するニッケルMX‐Ghost‐Leg錯体の合成と電子物性
        橋口良太; 大坪主弥; 前里光彦; 北川宏
        京都大学物性科学センター誌, 2017年06月
      • 二次元物質の科学 グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界 日本化学会編 18 多孔性金属錯体の表面ナノアーキテクチャ
        牧浦理恵; 大坪主弥; 北川宏
        CSJ Current Review, 2017年03月30日
      • アニオン性ピラー配位子を有する多孔性配位高分子を用いた新規結晶配向性ナノ薄膜の構築
        渡邉雄貴; 原口知之; 大坪主弥; 坂田修身; 藤原明比古; 北川宏
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日
      • 特異な二次元シート構造を有するニッケルMX‐Ghost Leg錯体の合成と電子物性
        橋口良太; 大坪主弥; 前里光彦; 河口彰吾; 杉本邦久; 藤原明比古; 北川宏
        分子科学討論会講演プログラム&要旨(Web), 2016年
      • 金属錯体を基盤としたナノスケールの階層的構造構築
        大坪 主弥; 北川 宏
        ナノ学会会報 = The bulletin of the Society of Nano Science and Technology, 2013年04月
      • 27aXF-8 短い一次元鎖間距離を有する新規4本鎖MX-tube白金錯休の構造と電子物性(27aXF 籠状物質・ネットワーク物質,領域7(分子性固体・有機導体))
        大竹 研一; 大坪 主弥; 杉本 邦久; 藤原 明比古; 北川 宏
        日本物理学会講演概要集, 2013年
      • 21aEB-8 嵩高い配位子を有する4本鎖MX-tube型白金錯体の構造と電子状態(21aEB 新物質・装置開発,領域7(分子性固体・有機導体))
        大竹 研一; 大坪 主弥; 杉本 邦久; 藤原 明比古; 北川 宏
        日本物理学会講演概要集, 2012年
      • 新規水素結合型電荷移動錯体の合成・構造と電子状態
        柴原壮太; 大坪主弥; 山田鉄兵; 北川宏; 小澤芳樹; 鳥海幸四郎; 久保孝史; 中筋一弘
        錯体化学討論会講演要旨集, 2006年09月08日
      • 新規水素結合型電荷移動錯体[Ni(Hmepydt)2]TCNQの構造と物性
        柴原壮太; 大坪主弥; 稲垣祐二; 山田鉄兵; 北川宏; 小澤芳樹; 鳥海幸四郎; 久保孝史; 中筋一弘
        日本化学会講演予稿集, 2006年03月13日

      講演・口頭発表等

      • 次元交差領域における新規物質開発と機能探索
        大坪 主弥
        日本化学会第98春季年会2018, 2018年03月20日, 招待有り
      • SPring-8の高輝度放射光を利用した 多孔性金属錯体の研究例
        大坪 主弥
        新学術領域研究「配位アシンメトリ」融合基礎・実習コース 「SPring-8における放射光先端計測の利活用法 / SPring-8/SACLA見学会」, 2018年01月17日, 招待有り
      • Confined Water in a Hydrophobic Channel of a Metal–Organic Nanotube: Ice-tube Formation and High Proton Conduction
        大坪 主弥
        2nd Korea-Japan Joint Symposium on Hydrogen in Materials, 2016年11月19日, 招待有り
      • Confined Water in a Hydrophobic Channel of a Synthetic Nanotube: Ice-tube Formation and High Proton Conduction
        大坪 主弥
        The 18th International Conference on Solid State Protonic Conductors (SSPC-18), 2016年09月20日, 招待有り
      • 多孔性金属-有機ナノチューブにおけるプロトン輸送空間
        大坪 主弥
        分子研研究会「金属錯体の非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質創成科学」, 2016年03月05日, 招待有り
      • プロトン輸送空間材料としての多孔性金属–有機ナノチューブの創成
        大坪 主弥
        第二回放射光分析を用いたその場観察研究最前線, 2015年09月12日, 招待有り
      • プロトン輸送空間材料としての多孔性金属-有機ナノチューブ
        大坪 主弥
        錯体化学若手の会勉強会・東北支部講演会, 招待有り

      受賞

      • 2017年03月30日
        (公社) 日本化学会, 日本化学会第97春季年会 優秀講演賞(学術)
      • 2018年03月21日
        (公社) 日本化学会, 日本化学会 第67回 進歩賞
      • 2018年05月02日
        錯体化学会, 錯体化学会 平成30年度 研究奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • ボトムアップ合成に立脚した錯体ナノチューブの空間構築と伝導機構解明
        基盤研究(C)
        小区分34010:無機・錯体化学関連
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ナノチューブ;疎水性空間;水クラスター;プロトン伝導;薄膜材料
      • 非対称要素の導入による機能性次元クロスオーバー錯体の開発
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        梯子型錯体;ナノチューブ;らせん錯体;多孔性配位高分子;薄膜
      • 非対称要素の導入による次元クロスオーバー錯体の機能創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        金属-有機構造体;ナノチューブ;らせん錯体;混合原子価錯体;プロトン伝導;多孔性物質;混合原子価;らせん構造;キラリティー
      • 次元交差領域における新しい物性化学
        基盤研究(A)
        京都大学
        北川 宏
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        金属錯体化学;無機化学;固体物性化学
      • 金属錯体ナノチューブを基盤とした機能性材料の創成と物性探索
        若手研究(A)
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ナノチューブ;金属-有機構造体;水クラスター;プロトン伝導;水分子クラスター;多孔性物質;疎水場;クラスター
      • 一方向プロトン輸送ナノ薄膜の創製
        基盤研究(A)
        京都大学
        北川 宏
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        無機化学;金属錯体化学;無機固体化学;ナノ化学
      • 階層制御された多孔性配位高分子ナノ薄膜の構築と物性探索
        若手研究(B)
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        多孔性配位高分子;薄膜;ナノ界面技術;多孔性物質;金属有機構造体;ヘテロ接合
      • 錯体ナノチューブにおける内空間を舞台とした物性開拓
        基盤研究(C)
        小区分34010:無機・錯体化学関連
        京都大学
        大坪 主弥
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択
      list
        Last Updated :2022/06/24

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学演習IC
          7202, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学ゼミナールIB
          7097, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学演習ID
          7203, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学実験A
          8634, 前期集中, 理学部, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学演習IA
          7200, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学実験B
          8635, 後期集中, 理学部, 8
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学ゼミナールIA
          7096, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学のフロンティアII
          N358, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学演習IB
          7201, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学課題研究1
          5628, 通年集中, 理学部, 12
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学ゼミナールIC
          7098, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          相関化学ゼミナールID
          7099, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学実験A
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学実験B
          後期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学実験A
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学実験B
          後期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学課題研究1
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習ID
          後期, 理学研究科

        ページ上部へ戻る