教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

小池 雅昭

コイケ マサアキ

生命科学研究科 高次生命科学専攻高次生体統御学講座 助教

小池 雅昭
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    所属学協会

    • 日本細胞生物学会
    • 日本分子生物学会

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, 生命科学研究科
    • 自 2017年04月, 至 2020年03月
      奈良先端科学技術大学院大学, 研究推進機構, 特任助教
    • 自 2014年07月, 至 2017年03月
      奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科, 助教
    • 自 2013年09月, 至 2014年06月
      公益財団法人大阪バイオサイエンス研究科, システムズ生物学, 特別プロジェクト研究員
    • 自 2010年10月, 至 2013年09月
      京都大学大学院, 生命科学研究科, 研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究キーワード

      • 分子生物学
      • 細胞生物学
      • ジフタミド修飾
      • 小胞体ストレス
      • 翻訳因子

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • VCP relocalization limits mitochondrial activity, GSH depletion and ferroptosis during starvation in PC3 prostate cancer cells.
        Promise Ogor; Tomoki Yoshida; Masaaki Koike; Akira Kakizuka
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2021年05月25日
      • Novel VCP modulators mitigate major pathologies of rd10, a mouse model of retinitis pigmentosa
        Hanako Ohashi Ikeda; Norio Sasaoka; Masaaki Koike; Noriko Nakano; Yuki Muraoka; Yoshinobu Toda; Tomohiro Fuchigami; Toshiyuki Shudo; Ayana Iwata; Seiji Hori; Nagahisa Yoshimura; Akira Kakizuka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2014年08月, 査読有り
      • VCP Is an Integral Component of a Novel Feedback Mechanism that Controls Intracellular Localization of Catalase and H2O2 Levels
        Katsuhiro Murakami; Yuzuru Ichinohe; Masaaki Koike; Norio Sasaoka; Shun-ichiro Iemura; Tohru Natsume; Akira Kakizuka
        PLOS ONE, 2013年02月, 査読有り
      • Valosin-containing Protein (VCP) in Novel Feedback Machinery between Abnormal Protein Accumulation and Transcriptional Suppression
        Masaaki Koike; Junpei Fukushi; Yuzuru Ichinohe; Naoki Higashimae; Masahiko Fujishiro; Chiyomi Sasaki; Masahiro Yamaguchi; Toshiki Uchihara; Saburo Yagishita; Hiroshi Ohizumi; Seiji Hori; Akira Kakizuka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年07月, 査読有り
      • Maintaining ATP levels via the suppression of PERK-mediated rRNA synthesis at ER stress
        Akihiko Okamoto; Masaaki Koike; Kunihiko Yasuda; Akira Kakizuka
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2010年03月, 査読有り
      • p97/valosin-containing protein (VCP) is highly modulated by phosphorylation and acetylation
        Chiho Mori-Konya; Naruyoshi Kato; Ryota Maeda; Kunihiko Yasuda; Naoki Higashimae; Masakatsu Noguchi; Masaaki Koike; Yoko Kimura; Hiroshi Ohizumi; Seiji Hori; Akira Kakizuka
        GENES TO CELLS, 2009年04月, 査読有り
      • [Protein modifications in neurodegenerative disorders].
        Kakizuka A; Koike M
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2007年06月, 査読有り
      • 神経変性疾患に関わる蛋白質の種々の修飾
        垣塚 彰; 小池雅昭
        蛋白質・核酸・酵素 52:768-773, 2007年
      • ATPase activity of p97/valosin-containing protein is regulated by oxidative modification of the evolutionally conserved cysteine 522 residue in walker a motif
        M Noguchi; T Takata; Y Kimura; A Manno; K Murakami; M Koike; H Ohizumi; S Hori; A Kakizuka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年12月, 査読有り

      MISC

      • Regulation of autophagosome formation by Golgi dyanamics via CDC2-p37/p47/VCP axis
        Yuko Ito; Masaaki Koike; Akira Kakizuka
        The 11th International Student Seminar(ポスター発表), 2013年03月05日, 査読有り
      • 異常タンパク質の蓄積によるVCPの翻訳後修飾とその機能
        小池雅昭
        第9回細胞死研究会, 2010年01月19日, 査読有り
      • p97/VCPのATPase活性に作用する新規翻訳後修飾の同定:Identification of novel post-translational modifications which affect the ATPase activity of p97/VCP
        紺谷千穂; 加藤成芳; 前田良太; 小池雅昭; 安田邦彦; 野口昌克; 東前直樹; 木村洋子; 大泉 宏; 堀 清次; 垣塚 彰
        第82回日本生化学会大会, 2009年10月22日, 査読有り
      • Modificaions of VCP via abnormal protein accumulation lead to neuronal cell atrophy and neurodegeneration.
        Masaaki Koike; Naoki Higashimae; Masahiko Fujishiro; Junpei Fukushi; Akira Kkaizuka
        7th international conference on AAA proteins, 2007年09月09日, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • XBP1における進化的に保存された重複機能ドメインの同定
        小池雅昭; 河野憲二
        第72回日本細胞生物学会大会, 2020年06月09日
      • XBP1 encodes SRP recognition motif and transactivation domain in a conserved dual coding frame
        小池 雅昭; 河野憲二
        International symposium, Proteins: From the Cradle to the Grave, 2018年08月
      • Conserved overlapping coding frame regulates two types of XBP1 functions
        小池 雅昭
        第39回 日本細胞生物学大会, 2018年06月
      • Conserved overlapping coding frame regulates two types of XBP1 functions
        小池 雅昭
        新学術領域研究「新生鎖の生物学」第5回若手の会, 2018年05月
      • in vitro, in vivo解析を用いたジフタミド修飾の生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 赤沼啓志; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        新学術領域研究「新生鎖の生物学」第一回班会議, 2017年11月
      • XBP1sタンパク質における転写活性ドメインの同定
        小池雅昭; 河野憲二
        第12回 小胞体ストレス研究会, 2017年10月
      • ペプチド鎖伸長因子2に形成されるジフタミドの生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 赤沼啓志; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        新学術領域研究「新生鎖の生物学」第4回若手の会, 2017年08月
      • The role of translational pausing in the delivery of XBP1u mRNA to the ER via the SRP pathway
        小池雅昭; 苅田聡; 柳谷耕太; 河野憲二
        第17回 日本蛋白質科学大会, 2017年06月
      • ペプチド鎖伸長因子2に形成されるジフタミドの生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 赤沼啓志; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        第38回日本細胞生物学大会, 2017年06月
      • ペプチド鎖伸長因子2に形成されるジフタミドの生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 赤沼啓志; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        第40回日本分子生物学大会, 2016年12月
      • Studies on physiological meanings of diphthamide in eEF2
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 赤沼啓志; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        Nascent Chain Biology, 2016年09月01日
      • ジフタミドの生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        第68回 日本細胞生物学会, 2016年06月
      • ペプチド鎖伸長因子におけるジフタミド修飾の生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        新学術領域研究「新生鎖の生物学」第3回若手の会, 2016年05月
      • 小胞体ストレスセンサーIRE1αによるXBP1u mRNAスプライシングに必須な構造の解析
        小池雅昭; 池端悠介; 柳谷耕太; 今川佑介; 河原; 郁美; 児嶋; 長次郎; 河野憲二
        BMB2015, 2015年12月
      • ペプチド鎖伸長因子におけるジフタミド修飾の生理的意義の解明
        小池雅昭; 額田知実; 山田麗奈; 斎藤美知子; 井川正人; 河野憲二
        新学術領域研究「新生鎖の生物学」班会議, 2015年11月
      • 飢餓時でのVCPによる細胞内ATPレベル調節機構
        小池雅昭; 今村博臣; 垣塚彰
        第37回 日本生体エネルギー研究会, 2011年12月
      • 飢餓時でのVCPによる細胞内ATPレベル調節機構
        小池雅昭; 今村博臣; 垣塚彰
        第84回 日本生化学大会, 2011年09月
      • 神経変性疾患に関わるVCPの翻訳後修飾とその機能解析
        小池雅昭; 一戸勇弦; 福士順平; 佐々木千代美; 垣塚彰
        第82回日本生化学大会, 2009年10月
      • Modifications of VCP via Abnormal Protein Accumulation lead to Neuronal Cell Atrophy and Neurodegeneration
        小池雅昭; 一戸勇弦; 福士順平; 佐々木千代美; 垣塚彰
        第9回 日本蛋白質科学会年会, 2009年10月, 招待有り
      • Modifications of VCP/p97 via Abnormal Protein Accumulation lead to Neuronal Cell Atrophy and Neurodegeneration
        小池 雅昭
        The 7th International meeting on AAA proteins, 2007年09月09日
      • 過剰な変性タンパク質の蓄積により誘導されるVCP/p97の修飾と機能解析
        小池雅昭; 東前直樹; 藤代昌彦; 福士順平; 野口昌克; 大泉宏; 堀清次; 垣塚彰
        「タンパク質の一生」班会議, 2006年12月
      • ポリグルタミンの発現により誘導されるVCP修飾の解析
        小池雅昭; 大泉宏; 堀清次; 垣塚彰
        CREST「脳を守る」シンポジウム, 2004年

      書籍等出版物

      • タンパク質・核酸の分子修飾
        小池 雅昭, 分担執筆, ジフタミド修飾
        生体の科学, 2018年09月, 査読無し
      • 細胞シグナル操作法
        小池 雅昭, 分担執筆, タンパク質品質管理
        生体の科学, 2015年09月, 査読無し

      産業財産権

      • 特許P110003637, 修飾化バロシン含有タンパク質に対する抗体
        垣塚 彰; 大泉 宏; 堀 清次; 前田 良太; 野口 昌克; 小池 雅昭

      外部資金:科学研究費補助金

      • 蛍光共鳴エネルギー移動システムを利用した小胞体ストレス応答バイオセンサーの開発
        挑戦的萌芽研究
        奈良先端科学技術大学院大学
        小池 雅昭
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        バイオセンサー;小胞体ストレス;小胞体ストレス応答;FRET;UPR
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:基礎から学ぶ生命医学
          前期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日
            化学物質管理小委員会 委員

          ページ上部へ戻る