教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

高谷 光

タカヤ ヒカル

化学研究所 附属元素科学国際研究センター 准教授

高谷 光
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, 物質エネルギー化学専攻 物質変換科学講座, 准教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      takaya.hikaru.2mkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • アメリカ化学会
    • 近畿化学協会
    • 有機合成協会
    • (]G0048[)分子学会
    • 日本化学会

    学位

    • 修士(工学)(大阪大学)
    • 博士(工学)(大阪大学)

    出身大学院・研究科等

    • 大阪大学, 大学院基礎工学研究科博士前期課程化学系専攻, 修了
    • 大阪大学, 大学院基礎工学研究科博士後期課程化学系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 大阪大学, 基礎工学部, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      兵庫県立 川西北陵高校, ひょうごけんりつ かわにしほくりょうこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2019年12月, 至 現在
      自然科学研究機構, 特別研究部門/光科学第三部門, 准教授
    • 自 2008年03月, 至 現在
      京都大学, 化学研究所, 准教授
    • 自 2006年09月, 至 2010年03月
      科学技術振興機構, さきがけ 構造制御と機能, 研究員
    • 自 2002年, 至 2003年
      The Scripps Research Institute (Prof. R. Z. Ghadiri)
    • 自 1998年04月, 至 2002年03月
      大阪大学, 大学院基礎工学研究科 合成化学科, 助手
    • 自 2002年
      - 大阪大学未来ラボシステム研究員
    • 自 1995年, 至 1998年
      日本学術振興会 特別研究員
    • 自 1995年, 至 1998年
      JSPS Research Fellowship for Young Scientists
    • 自 1998年
      - 大阪大学基礎工学研究科助手
    • 大阪大学 大学院基礎工学研究科 物質創成専攻 機能物質化学領域, 助手

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1)メタル化アミノ酸およびメタル化ペプチドの創出および機能開拓
        2)元素戦略に根差した触媒開発
        3)X線吸収分光(XAFS/XAS)および第一原理計算のハイブリッドによる均一系触媒の溶液中構造解析と反応機構研究
        4)メタル化アミノ酸・ペプチド基盤人工酵素の創出
        5)未利用バイオマス資源の有効利用
      • 研究概要

        金属錯体をアミノ酸やペプチドに導入することで,生体触媒である酵素では実現不可能な光・電子・磁気機能を付与することが可能です。現在,ルテニウムや鉄錯体を有するアミノ酸 およびペプチドを合成し,特異な反応性や選択性を示す「人工酵素」触媒の開発に取り組んでいます。とりわけ,木質バイオマスを基質とする精密木質分子変換反応の開発に注力しています。

      研究キーワード

      • X線吸収分光
      • 超分子科学
      • ペプチド科学
      • 触媒化学
      • 有機金属化学
      • 有機化学
      • catalysis in organometallics
      • organometallic chemistry
      • organic chemistry

      研究分野

      • ナノテク・材料, 生体化学
      • ナノテク・材料, 分析化学
      • エネルギー, 量子ビーム科学
      • ナノテク・材料, 有機機能材料
      • ライフサイエンス, 生物有機化学
      • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学
      • ナノテク・材料, 有機合成化学
      • ライフサイエンス, 生物有機化学
      • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

      論文

      • Synthesis and structural confirmation of calibagenin and saxosterol
        Bunta Watanabe; Katsunori Makino; Masaharu Mizutani; Hikaru Takaya
        TETRAHEDRON, 2021年07月
      • Close-Stacking of Iron-Oxo-Based Double-Decker Complex on Graphite Surface Achieved High Catalytic CH4 Oxidation Activity Comparable to that of Methane Monooxygenases
        Yasuyuki Yamada; Kentaro Morita; Takuya Sugiura; Yuka Toyoda; Nozomi Mihara; Masanari Nagasaka; Hikaru Takaya; Kiyohisa Tanaka; Takanori Koitaya; Naoki Nakatani; Hiroko Ariga-Miwa; Satoru Takakusagi; Yutaka Hitomi; Toshiji Kudo; Yuta Tsuji; Kazunari Yoshizawa; Kentaro Tanaka
        ChemRxiv, 2021年06月04日, 査読有り
      • ron-catalysed enantioselective carbometalation of azabicycloalkenes
        L. Adak; M. Jin; S. Saito; T. Kawabata; T. Itoh; S. Ito; A. K. Sharma; N. J. Gower; P. Cogswell; J. Geldsetzer; H. Takaya; K. Isozaki; M. Nakamura
        Chem. Commun, 2021年, 査読有り
      • Thermal stability of crown-motif [Au9(PPh3)8]3+ and [MAu9(PPh3)8]2+ (M = Pd, Pt) clusters: Effects of gas composition, single-atom doping, and counter anions
        T. Matsuyama; S. Kikkawa; Y. Fujiki; M. Tsukuda; H. Takaya; N. Yasuda; K. Nitta; N; Nakatani; Y. Negishi; S. Yamazoe
        J. Chem. Phys, 2021年, 査読有り
      • Lithium Hexaphenylrhodate(III) and –Iridate(III): Structure in the Solid State and in Solution
        T. Iwasaki; Y. Hirooka; H. Takaya; T. Honma; K. Nozaki
        Organometallics, 2021年, 査読有り
      • Gold Nanocluster Functionalized with Peptide Dendron Thiolates: Unprecedented Acceleration of the Photocatalytic Oxidation of an Amino Alcohol in a Supramolecular Reaction Field
        K. Isozaki; R. Ueno; K. Ishibashi; G. Nakano; H. Yin; K. Iseri; M. Sakamoto; H. Takaya; T. Teranishi; M. Nakamura
        ACS Catal, 2021年, 査読有り
      • Competing Roles of Two Kinds of Ligand during Nonclassical Crystallization of Pillared-Layer Metal-Organic Frameworks Elucidated Using Microfluidic Systems
        Tanaka, Y.; Kitamura, Y.; Kawano, R.; Shoji, K.; Hiratani, M.; Honma, T.; Takaya, H.; Yoshikawa, H.; Tsuruoka, T.; Tanaka, D.
        Chemistry - A European Journal, 2020年07月, 査読有り
      • A Five-layer π-Aromatic Structure Formed through Self-assembly of a Porphyrin Trimer and Two Aromatic Guests
        Ueda, M.; Kimura, M.; Miyagawa, S.; Takaya, H.; Naito, M.; Tokunaga, Y.
        Chemistry - An Asian Journal, 2020年07月, 査読有り
      • Activator-Promoted Aryl Halide-Dependent Chemoselective Buchwald-Hartwig and Suzuki-Miyaura Type Cross-Coupling Reactions
        Dhital, R.N.; Sen, A.; Sato, T.; Hu, H.; Ishii, R.; Hashizume, D.; Takaya, H.; Uozumi, Y.; Uozumi, Y.; Yamada, Y.M.A.
        Organic Letters, 2020年06月, 査読有り
      • Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate: Synchrotron Radiation Sheds Light on the Cu Cycle Mechanism
        Kanazawa, Y.; Mitsudome, T.; Takaya, H.; Hirano, M.
        ACS Catalysis, 2020年05月, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Chemoselective C−N Coupling Reaction: A Protecting-Group-Free Amination of Aryl Halides Bearing Amino or Hydroxy Groups
        Aoki, Y.; Toyoda, T.; Kawasaki, H.; Takaya, H.; Sharma, A.K.; Morokuma, K.; Nakamura, M.
        Asian Journal of Organic Chemistry, 2020年03月, 査読有り
      • Rotaxanes comprising cyclic phenylenedioxydiacetamides and secondary mono- And bis-dialkylammonium ions: Effect of macrocyclic ring size on pseudorotaxane formation
        Nakamura, T.; Mori, Y.; Naito, M.; Okuma, Y.; Miyagawa, S.; Takaya, H.; Kawasaki, T.; Tokunaga, Y.
        Organic Chemistry Frontiers, 2020年02月, 査読有り
      • マイクロ波化学のルネサンス 2 マイクロ波による有機合成反応促進効果の理解と現状
        高谷光; 高谷光
        化学と工業, 2020年, 査読有り
      • Locking the Dynamic Axial Chirality of Biphenyl Crown Ethers through Threading
        Kimura, T.; Miyagawa, S.; Takaya, H.; Naito, M.; Tokunaga, Y.
        Chemistry - An Asian Journal, 2020年, 査読有り
      • Separation of saccharides using fullerene-bonded silica monolithic columns via π interactions in liquid chromatography
        Kobayashi, H.; Okada, K.; Tokuda, S.; Kanao, E.; Masuda, Y.; Naito, T.; Takaya, H.; Yan, M.; Kubo, T.; Otsuka, K.
        Scientific Reports, 2020年, 査読有り
      • Amphoteric Homotropic Allosteric Association between a Hexakis-Urea Receptor and Dihydrogen Phosphate
        Kondo, S.; Masuda, J.; Komiyama, T.; Yasuda, N.; Takaya, H.; Yamanaka, M.
        Chemistry - A European Journal, 2019年12月, 査読有り
      • Controlling the Packing of Metal-Organic Layers by Inclusion of Polymer Guests
        Le Ouay, B.; Takaya, H.; Uemura, T.
        Journal of the American Chemical Society, 2019年09月, 査読有り
      • Rotational isomerism of the amide units in rotaxanes based on a cyclic tetraamide and secondary ammonium ions
        Okuma, Y.; Tsukamoto, T.; Inagaki, T.; Miyagawa, S.; Kimura, M.; Naito, M.; Takaya, H.; Kawasaki, T.; Tokunaga, Y.
        Organic Chemistry Frontiers, 2019年04月, 査読有り
      • Site-Selective Supramolecular Complexation Activates Catalytic Ethane Oxidation by a Nitrido-Bridged Iron Porphyrinoid Dimer
        Mihara, N.; Yamada, Y.; Takaya, H.; Kitagawa, Y.; Igawa, K.; Tomooka, K.; Fujii, H.; Tanaka, K.
        Chemistry - A European Journal, 2019年03月01日, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Cross Coupling of Aryl Chlorides with Alkyl Grignard Reagents: Synthetic Scope and Fe-II/Fe-IV Mechanism Supported by X-ray Absorption Spectroscopy and Density Functional Theory Calculations
        Ryosuke Agata; Hikaru Takaya; Hiroshi Matsuda; Naoki Nakatani; Katsuhiko Takeuchi; Takahiro Iwamoto; Takuji Hatakeyama; Masaharu Nakamura
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2019年02月, 査読有り
      • Ligand-Free Iron-Catalyzed C-F Amination of Diarylamines: A One-Pot Regioselective Synthesis of Diaryl Dihydrophenazines
        Aoki, Y.; O'Brien, H.M.; Kawasaki, H.; Takaya, H.; Nakamura, M.
        Organic Letters, 2019年01月, 査読有り
      • マイクロ波有機合成 : マイクロ波による反応促進の科学的理解はどこまで進んだか?
        高谷 光; 中村 正治
        ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering, 2019年01月
      • Comprehensive Analysis and Identification of the Root of "Hinomaru
        H. Takaya; M. Yokoyama; T. Inoue; H. Uchihara; M. Onoda; S. Kashiwagi; E. Iso; A. Ogasawara; A. Ogasawara; M. Yamamoto; K. Yamamoto; S. Yoshioka
        International Council of Museums (ICOM) Kyoto 2019, 2019年, 査読有り
      • マイクロ波有機合成~マイクロ波による反応促進の科学的理解はどこまで進んだか?~
        高谷光; 中村正治
        ケミカルエンジニヤリング, 2019年, 査読有り
      • マイクロ波を用いる有機合成:学理探求と社会実装の狭間で
        高谷光
        日本電磁場エネルギー応用学会総会紀要, 2019年, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Chemoselective C–N Coupling Reaction: A Protecting-Group-Free Amination of Aryl Halides Bearing Amino or Hydroxy Groups
        Y. Aoki; T. Toyota; H. Kawasaki; H. Takaya; A. K. Sharma; K. Morokuma; M. Nakamura
        Asian J. Org. Chem., 2019年, 査読有り
      • Polymer Guest Directing the Solid-State Conversion of a Metal-Organic Framework
        L. O. Benjamin; H. Takaya; T. Uemura
        J. Am. Chem. Soc., 2019年, 査読有り
      • メタル化アミノ酸・ペプチドの合成と機能開拓
        高谷光; 磯崎勝弘; 吉田亮太; 吉田亮太; 横井友哉; 横井友哉; 尾形和樹; 尾形和樹; 社納貴文; 社納貴文; 安田伸広; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 中村正治
        有機合成化学協会誌, 2018年10月, 査読有り
      • Recognition Behavior of a Porphyrin Heterodimer Self-Assembled through an Amidinium-Carboxylate Salt Bridge
        Kimura, M.; Miyashita, J.; Miyagawa, S.; Kawasaki, T.; Takaya, H.; Tokunaga, Y.
        Asian Journal of Organic Chemistry, 2018年08月, 査読有り
      • Mechanistic Insights on Pd/Cu-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Dimethyl Phthalate
        Hirano, M.; Sano, K.; Kanazawa, Y.; Komine, N.; Maeno, Z.; Mitsudome, T.; Takaya, H.
        ACS Catalysis, 2018年07月, 査読有り
      • Robust Surface Plasmon Resonance Chips for Repetitive and Accurate Analysis of Lignin-Peptide Interactions
        Isozaki, K.; Shimoaka, T.; Oshiro, S.; Yamaguchi, A.; Pincella, F.; Ueno, R.; Hasegawa, T.; Watanabe, T.; Takaya, H.; Nakamura, M.
        ACS Omega, 2018年07月, 査読有り
      • Controlled Self-Assembly of a 2-D Sheet Coordination Polymer and Monomer Containing an Eight-Membered Cu4I4 Crown Motif
        Sugimoto, K.; Takaya, H.; Maekawa, M.; Kuroda-Sowa, T.
        Crystal Growth and Design, 2018年02月, 査読有り
      • メタル化アミノ酸 メカノフルオロクロミズム 面性不斉[2.2]パラシクロファン 電極表面状態の評価法
        高谷 光; 大山 陽介; 森崎 泰弘; 佐々木 由比; 南木 創; 南 豪
        有機合成化学協会誌, 2018年01月
      • Metalated Amino Acids and Peptides: Programmable Metal Array Fabrication and Application to Supramolecular Catalyst
        Takaya, H.; Isozaki, K.; Yoshida, R.; Shanoh, T.; Yasuda, N.; Nakamura, M.
        Advances in Bioorganometallic Chemistry, 2018年, 査読有り
      • Synthesis and Structural Analysis of (Imido) vanadium Dichloride Complexes Containing 2-(2 '-Benz-imidazolyl) pyridine Ligands: Effect of Al Cocatalyst for Efficient Ethylene (Co)polymerization
        Kotohiro Nomura; Mari Oshima; Takato Mitsudome; Hitoshi Harakawa; Peng Hao; Ken Tsutsumi; Go Nagai; Toshiaki Ina; Hikaru Takaya; Wen-Hua Sun; Seiji Yamazoe
        ACS OMEGA, 2017年12月, 査読有り
      • Iron-Catalyzed anti-Selective Carbosilylation of Internal Alkynes
        Takahiro Iwamoto; Tatsushi Nishikori; Naohisa Nakagawa; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2017年10月, 査読有り
      • Synthesis of Aryl C-Glycosides via Iron-Catalyzed Cross Coupling of Halosugars: Stereoselective Anomeric Arylation of Glycosyl Radicals
        Laksmikanta Adak; Shintaro Kawamura; Gabriel Toma; Toshio Takenaka; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Akihiro Orita; Ho C. Li; Tony K. M. Shing; Masaharu Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2017年08月
      • Oxygen Reduction to Water by a Cofacial Dimer of Iron(III)-Porphyrin and Iron(III)- Phthalocyanine Linked through a Highly Flexible Fourfold Rotaxane
        Nozomi Mihara; Yasuyuki Yamada; Hikaru Takaya; Yasutaka Kitagawa; Shin Aoyama; Kazunobu Igawa; Katsuhiko Tomooka; Kentaro Tanaka
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2017年06月, 査読有り
      • Synthesis and Structural Analysis of Ruthenium-bound Norvaline Peptides
        Hikaru Takaya; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Katsuhiro Isozaki; Toru Kawakami; Toshio Takenaka; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2017年05月, 査読有り
      • Iron-catalyzed Methylation of Arylboron Compounds with Iodomethane
        Sho Nakajima; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2017年05月, 査読有り
      • Synthesis of (Adamantylimido)vanadium(V) Dimethyl Complex Containing (2-Anilidomethyl)pyridine Ligand and Selected Reactions: Exploring the Oxidation State of the Catalytically Active Species in Ethylene Dimerization
        Kotohiro Nomura; Takato Mitsudome; Atsushi Igarashi; Go Nagai; Ken Tsutsumi; Toshiaki Ina; Takuya Omiya; Hikaru Takaya; Seiji Yamazoe
        ORGANOMETALLICS, 2017年02月, 査読有り
      • Ion-Pairing Assemblies Based on Pentacyano-Substituted Cyclopentadienide as a π-Electronic Anion
        Yuya Bando; Yohei Haketa; Tsuneaki Sakurai; Wakane Matsuda; Shu Seki; Hikaru Takaya; Hiromitsu Maeda
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JORNAL, 2016年06月01日, 査読有り
      • Doubly N-Methylated Porphyrinoids
        Wakana Naito; Nobuhiro Yasuda; Tatsuki Morimoto; Yasuteru Shigeta; Hikaru Takaya; Ichiro Hisaki; Hiromitsu Maeda
        ORGANIC LETTERS, 2016年06月, 査読有り
      • Synthesis and Applications of (ONOPincer)Ruthenium-Complex-Bound Norvalines
        Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Kazuki Ogata; Daisuke Hashizume; Nobuhiro Yasuda; Koichiro Sadakane; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2016年04月, 査読有り
      • Discovery of 12-mer peptides that bind to wood lignin
        Asako Yamaguchi; Katsuhiro Isozaki; Masaharu Nakamura; Hikaru Takaya; Takashi Watanabe
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • X線吸収分光と分子性触媒種の溶液中構造決定 (特集 その場観察で何がわかるか?)
        高谷 光; 仲嶋 翔; 中村 正治
        化学と工業 = Chemistry & chemical industry, 2016年01月, 査読有り
      • ONO-pincer ruthenium complex-bound norvaline for efficient catalytic oxidation of methoxybenzenes with hydrogen peroxide
        Ryota Yoshida; Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Nobuhiro Yasuda; Koichiro Sadakane; Takahiro Iwamoto; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2016年, 査読有り
      • Synchrotron X-ray Absorption Spectroscopy and Solution-Phase Structure of Organoiron Catalysts
        Takaya, H; Nakajima, S; Nakamura, M
        CHEMISTRY $ CHEMICAL INDUSTRY,69,391-393, 2016年, 査読有り
      • Investigation of Organoiron Catalysis in Kumada-Tamao-Corriu-Type Cross-Coupling Reaction Assisted by Solution-Phase X-ray Absorption Spectroscopy
        Hikaru Takaya; Sho Nakajima; Naohisa Nakagawa; Katsuhiro Isozaki; Takahiro Iwamoto; Ryuji Imayoshi; Nicholas J. Gower; Laksmikanta Adak; Takuji Hatakeyama; Tetsuo Honma; Masafumi Takagaki; Yusuke Sunada; Hideo Nagashima; Daisuke Hashizume; Osamu Takahashi; Masaharu Nakamura
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2015年03月, 査読有り
      • Synthesis of 2,7-disubstituted 5,10-diaryl-5,10-dihydrophenazines via iron-catalyzed intramolecular ring-closing C-H amination
        Aoki, Y.; Imayoshi, R.; Hatakeyama, T.; Takaya, H.; Nakamuraa, M.
        Heterocycles, 2015年, 査読有り
      • Iron fluoride/N-heterocyclic carbene catalyzed cross coupling between deactivated aryl chlorides and alkyl grignard reagents with or without β-hydrogens
        Agata, R.; Iwamoto, T.; Nakagawa, N.; Isozaki, K.; Hatakeyama, T.; Takaya, H.; Nakamura, M.
        Synthesis (Germany), 2015年, 査読有り
      • 放射光X線および理論計算を用いたシクロパラフェニレン-フラーレン超分子錯体の構造解析
        岩本 貴寛; 高谷 光; 山子 茂
        日本結晶学会誌, 2015年, 査読有り
      • Partial Charge Transfer in the Shortest Possible Metallofullerene Peapod, La@C-82 subset of[11]Cycloparaphenylene
        Takahiro Iwamoto; Zdenek Slanina; Naomi Mizorogi; Jingdong Guo; Takeshi Akasaka; Shigeru Nagase; Hikaru Takaya; Nobuhiro Yasuda; Tatsuhisa Kato; Shigeru Yamago
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2014年10月, 査読有り
      • Synthesis and Self-assembling Properties of Pt-Complex-bound Oligo(glutamic acid)s
        Hikaru Takaya; Katsuhiro Isozaki; Yusuke Haga; Kazuki Ogata; Takeshi Naota
        CHEMISTRY LETTERS, 2014年07月, 査読有り
      • Hydrogen-Bond and Metal-Ligand Coordination Bond Hybrid Supramolecular Capsules: Identification of Hemicapsular Intermediate and Dual Control of Guest Exchange Dynamics
        Yuki Nito; Hirofumi Adachi; Naoaki Toyoda; Hikaru Takaya; Kenji Kobayashi; Masamichi Yamanaka
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2014年04月, 査読有り
      • Isolation and Characterization of the Cycloparaphenylene Radical Cation and Dication
        Eiichi Kayahara; Takahiko Kouyama; Tatsuhisa Kato; Hikaru Takaya; Nobuhiro Yasuda; Shigeru Yamago
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2013年12月, 査読有り
      • Synthesis and physical properties of a ball-like three-dimensional pi-conjugated molecule
        Eiichi Kayahara; Takahiro Iwamoto; Hikaru Takaya; Toshiyasu Suzuki; Mamoru Fujitsuka; Tetsuro Majima; Nobuhiro Yasuda; Naoto Matsuyama; Shu Seki; Shigeru Yamago
        NATURE COMMUNICATIONS, 2013年10月, 査読有り
      • Synthesis and Self-Assembly of NCN-Pincer Pd-Complex-Bound Norvalines
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Ryota Yoshida; Toshio Takenaka; Hirofumi Seike; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Nobuhiro Yasuda; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2013年09月, 査読有り
      • Synthesis, Structure, and Function of PCP Pincer Transition-Metal-Complex-Bound Norvaline Derivatives
        Hikaru Takaya; Takashi Iwaya; Kazuki Ogata; Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Nobuhiro Yasuda; Hirofumi Seike; Toshio Takenaka; Masaharu Nakamura
        SYNLETT, 2013年09月, 査読有り
      • Size- and orientation-selective encapsulation of C70 by cycloparaphenylenes
        Takahiro Iwamoto; Yoshiki Watanabe; Hikaru Takaya; Takeharu Haino; Nobuhiro Yasuda; Shigeru Yamago
        Chemistry - A European Journal, 2013年, 査読有り
      • Novel synthesis of zerumbone-pendant derivatives and their biological activity
        T. Kitayama; M. Nakahira; K. Yamasaki; H. Inoue; C. Imada; Y. Yonekura; M. Awata; H. Takaya; Y. Kawai; K. Ohnishi; A. Murakami
        Tetrahedron, 2013年, 査読有り
      • Dimerization Reactions of 2-Bromo-3,5,6-Trimethyl-1,4-Benzoquinone
        Shuhei Azuma; Motohiro Ota; Akito Ishida; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura; Takahiro Sasamori; Norihiro Tokitoh; Kouji Kuramochi; Kazunori Tsubaki
        Chemistry Letters, 2013年, 査読有り
      • Metal array fabrication based on ultrasound-induced self-assembly of metalated dipeptides
        Katsuhiro Isozaki; Yusuke Haga; Kazuki Ogata; Takeshi Naota; Hikaru Takaya
        DALTON TRANSACTIONS, 2013年, 査読有り
      • Platinum electrodeposition in porous silicon: The influence of surface solvation effects on a chemical reaction in a nanospace
        Kazuhiro Fukami; Ryo Koda; Tetsuo Sakka; Tomoko Urata; Ken Ichi Amano; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura; Yukio Ogata; Masahiro Kinoshita
        Chemical Physics Letters, 2012年07月23日, 査読有り
      • Pd-complex-bound Amino Acid-based Supramolecular Gel Catalyst for Intramolecular Addition-Cyclization of Alkynoic Acids in Water
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hirofumi Seike; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2012年05月, 査読有り
      • Synthesis and Supramolecular Association of NCN-Pincer Pd-Complex-bound Norvaline Derivatives toward Fabrication of Controlled Metal Array
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hirofumi Seike; Nobuhiro Yasuda; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2012年02月, 査読有り
      • 放射光X線分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        高谷 光; 畠山 琢次; 中村 正治; 為則 雄佑
        電気学会研究会資料. OQD, 光・量子デバイス研究会, 2012年01月
      • Iron-catalyzed aromatic amination for nonsymmetrical triarylamine synthesis
        Hatakeyama, T.; Imayoshi, R.; Yoshimoto, Y.; Ghorai, S.K.; Jin, M.; Takaya, H.; Norisuye, K.; Sohrin, Y.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2012年, 査読有り
      • Metal array fabrication through self-assembly of Pt-complex-bound amino acids
        Katsuhiro Isozaki; Kazuki Ogata; Yusuke Haga; Daisuke Sasano; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Masaharu Nakamura; Takeshi Naota; Hikaru Takaya
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2012年, 査読有り
      • Structural Alteration of Hybrid Supramolecular Capsule Induced by Guest Encapsulation
        Masamichi Yamanaka; Masashi Kawaharada; Yuki Nito; Hikaru Takaya; Kenji Kobayashi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年10月, 査読有り
      • 超伝導で量る分子の質量 フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計
        高谷光; 齋藤和徳; 根岸雄一
        化学, 2011年01月
      • Kumadatamaocorriu coupling of alkyl halides catalyzed by an ironbisphosphine complex
        Hatakeyama, T.; Fujiwara, Y.-I.; Okada, Y.; Itoh, T.; Hashimoto, T.; Kawamura, S.; Ogata, K.; Takaya, H.; Nakamura, M.
        Chemistry Letters, 2011年, 査読有り
      • Iron-catalyzed Suzuki-Miyaura coupling of alkyl halides
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, T.; Kondo, Y.; Fujiwara, Y.; Seike, H.; Takaya, H.; Tamada, Y.; Ono, T.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2010年, 査読有り
      • The first iron-catalysed aluminium-variant Negishi coupling: critical effect of co-existing salts on the dynamic equilibrium of arylaluminium species and their reactivity
        Shintaro Kawamura; Kentaro Ishizuka; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2010年, 査読有り
      • Dynamic Vapochromic Behaviors of Organic Crystals Based on the Open-Close Motions of S-Shaped Donor-Acceptor Folding Units
        Eiji Takahashi; Hikaru Takaya; Takeshi Naota
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2010年, 査読有り
      • Rhenium-Catalyzed Addition of Carbonyl Compounds to the Carbon-Nitrogen Triple Bonds of Nitriles: alpha-C-H Activation of Carbonyl Compounds
        Hikaru Takaya; Masatsup Ito; Shun-Ichi Murahashi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年08月, 査読有り
      • Iron-catalysed fluoroaromatic coupling reactions under catalytic modulation with 1,2-bis(diphenylphosphino)benzene
        Hatakeyama, T.; Kondo, Y.; Fujiwara, Y.-I.; Takaya, H.; Ito, S.; Nakamura, E.; Nakamura, M.
        Chemical Communications, 2009年, 査読有り
      • Development of Vapochromic Organic Crystals for Monitoring Systems of Sick-House Syndrome Gases
        Eiji Takahashi; Hikaru Takaya; Takeshi Naota
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES, 2008年
      • Switchable C- and N-bound isomers of transition-metal cyanocarbanions: Synthesis and interconversions of cyclopentadienyl ruthenium complexes of phenylsulfonylacetonitrile anions
        Takeshi Naota; Akio Tannna; Shigeaki Kamuro; Masayuki Hieda; Kazuki Ogata; Shun-Ichi Murahashi; Hikaru Takaya
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2008年, 査読有り
      • ウィルスを使った金属集積制御
        高谷光
        Organometallic News, 2007年, 査読有り
      • 遷移金属シアノカルバニオンの構造と反応性
        高谷 光; 直田 健
        有機合成化学協会誌, 2007年, 査読有り
      • Ultrasound-induced gelation of organic fluids with metalated peptides
        Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Takeshi Naota
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2007年, 査読有り
      • Rhodium-catalyzed direct aldol condensation of ketones: A facile synthesis of fused aromatic compounds
        Terai H; Takaya H; Naota T
        Tetrahedron Letters, 2006年, 査読有り
      • 海外研究室レポート-スクリプス研究所
        高谷光
        Organometallic News, 2005年, 査読有り
      • Iridium-catalyzed selective C-C bond cleavage of nitriles and ketones
        H Terai; H Takaya; S Murahashi
        SYNLETT, 2004年10月, 査読有り
      • ルイス酸-塩基両機能性イリジウム触媒を用いる多成分連結反応の開発
        高谷 光; 村橋俊一
        有機合成化学協会誌, 2002年, 査読有り
      • アザアレニル型シアノカルバニオン錯体の構造と反応性-X線ではなくNMRが構造決定の決め手となる場合
        高谷光
        大阪大学NMR委員会刊行「NMRを用いた動的な構造解析」, 2001年, 査読有り
      • 国際学会レポートOMCOS 10
        高谷光
        Organometallic News, 1999年, 査読有り

      MISC

      • 環状テトラアミドとアンモニウムイオンによるロタキサン合成,及び擬ロタキサン形成における環サイズ効果
        中村崇憲; 森友香; 内藤順也; 大熊侑香里; 宮川しのぶ; 高谷光; 徳永雄次
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 相補性を用いた自己集合ポルフィリンサンドイッチ
        上田将宏; 木村元紀; 伴勇利; 宮川しのぶ; 高谷光; 内藤順也; 徳永雄次
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 絡み合い構造を有する不斉クリプタンドの合成
        藤原拓樹; 内藤順也; 宮川しのぶ; 高谷光; 徳永雄次
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 木質バイオマスの選択的分解反応のためのリグニン認識ペプチドの開発
        中谷祐也; 中谷祐也; 高谷光; 高谷光; 林一広; 中田栄司; 森井孝; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • DFT-XASによる鉄触媒エチレンオリゴマー化反応機構研究:MAOによるビスイミンピリジル鉄触媒の活性化機構
        高谷光; 高谷光; 相田冬樹; 本間徹生; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • ニッケル触媒を用いるアリールアミン類の位置選択的C-Hアリール化反応
        川崎皓斗; 川崎皓斗; 青木雄真; 青木雄真; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • マイクロ波有機合成の学理解明はどこまで進んだのか
        高谷光; 高谷光
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • マイクロ波感応型カオトロピック触媒を用いる木質バイオマスの循環資源化
        高谷光; 樫村京一郎; 藤井隆司; 三谷友彦; 長坂将成; DUDLEY Gregory; 篠原真; 中村正治
        京都大学研究連携基盤グローバル生存基盤展開ユニット研究成果報告書, 2020年
      • 低原子価コバルト触媒によるC-H結合活性化反応の反応機構研究
        吉戒直彦; LEE Pin Sheng; XU Wengang; 中村正治; 岩本貴寛; 磯崎勝弘; 仲嶋翔; 吉田亮太; 高谷光
        SPring-8/SACLA利用研究成果集(Web), 2020年
      • Strategy of lignocellulose conversion using catalysts with controlled affinity to lignin
        Takashi Watanabe; Yuki Tokunaga; Satoshi Oshiro; Kaori Saito; Hiroyuki Okano; Hiroshi Nishimura; Takashi Nagata; Keiko Kondo; Masato Katahira; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ. (oral), 2019年09月
      • ラマン分光によるアルカリ環境下における鉄系腐食生成物の生成プロセスおよび現場測定の適用性の検討
        羽村陽平; 高谷哲; 左藤眞市
        日本材料学会腐食防食部門委員会資料, 2019年
      • ヘキサキスウレアの合成とアニオン認識能
        山中正道; 増田純也; 近藤聖矢; 高谷光
        ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 2019年
      • カウンターアニオンによるホスフィン保護金属クラスターの構造制御
        藤木裕宇; 松山知樹; 高谷光; 安田伸広; 中谷直輝; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • X線顕微CTによる木質組織の酸化分解過程の観察
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 武田佳彦; 中谷祐也; 中谷祐也; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • M4-Mo4O16複合クラスター(M=Ru,Rh)の触媒応用
        小島拓; 三浦大樹; 三浦大樹; 宍戸哲也; 宍戸哲也; 高谷光; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • スルホニルアミド鉄錯体触媒によるリグニンの酸化分解
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 伊藤正人; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • ウレア誘導体のゲル化能評価
        小宮山友希; 原田洋子; 増田純也; 高谷光; 山中正道
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • ポリオキソメタレートによるホスフィン保護金属クラスターの構造異性化
        松山知樹; 藤木裕宇; 高谷光; 安田伸広; 中谷直輝; 平山純; 平山純; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        分子科学討論会講演プログラム&要旨(Web), 2019年
      • 水素結合によるD2対称ポルフィリントリマーの分子認識
        木村元紀; 宮川しのぶ; 高谷光; 内藤順也; 徳永雄次
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • M4-Mo4O16複合クラスターの触媒への応用
        小島拓; 三浦大樹; 三浦大樹; 宍戸哲也; 宍戸哲也; 高谷光; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        ナノ学会大会講演予稿集, 2019年
      • カウンターアニオンによるホスフィン保護合金クラスターの構造異性化
        藤木裕宇; 松山知樹; 高谷光; 安田伸広; 中谷直輝; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        ナノ学会大会講演予稿集, 2019年
      • 金属-金属酸化物複合クラスターの合成と触媒特性評価
        平山純; 平山純; 小島拓; 松山知樹; 柴田香菜子; 塚田実緒; 三浦大樹; 三浦大樹; 宍戸哲也; 宍戸哲也; 高谷光; 山添誠司; 山添誠司; 山添誠司
        触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM), 2019年
      • ヘキサキスウレアの協同的アニオン認識
        山中正道; 増田純也; 近藤聖矢; 高谷光
        基礎有機化学討論会要旨集, 2019年
      • 電磁波化学による木質バイオマスの循環資源化
        高谷光; 樫村京一郎; 藤井隆司; 三谷友彦; 篠原真毅; 渡辺隆司; 中村正治
        京都大学研究連携基盤グローバル生存基盤展開ユニット研究成果報告書, 2019年
      • 毛髪の内部で作用する整髪技術の開発
        占部駿; 中川淳史; 岡本将典; 伊澤禎二; 磯崎勝弘; 高谷光
        SCCJ研究討論会講演要旨集, 2019年
      • メタル化アミノ酸・ペプチドの合成と機能開拓
        髙谷 光
        有機合成化学協会誌, 2018年10月, 査読有り, 招待有り
      • Approaches for valorization of lignovelluloses using microwave technology and lignin-binding catalysts
        Takashi Watanabe; Chen Qu; Satoshi Oshiro; Hiroshi Nishimura; Keiichiro Kashimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        lignobiotech 2018, p21, 5th Symposium of Biotechnology Applied to Lignocelluloses, Helsinki, 2018年08月31日
      • Oxidative Degradation of Lignin and Its Related Compounds Catalyzed by Metalated Amino Acids Bearing ONO-Pincer Ruthenium Complexes
        Takafumi Shanoh; Ryota Yoshida; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hiroshi Nishimura; Satoshi Oshiro; Keiko Kondo; Takashi Watanabe; Masato Katahira; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        International Conference on Coordination Chemistry(ICCC) 2018, Sendai, Japan, 2018年08月
      • 超分子会合体形成反応を利用した窒素架橋鉄ポルフィリノイド二核錯体型エタン酸化触媒の活性化
        山田泰之; 三原のぞみ; 森田健太郎; 高谷光; 北河康隆; 井川和宣; 友岡克彦; 田中健太郎
        ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 2018年
      • 非ヘム鉄アミド錯体触媒による芳香族アルコール類の酸化反応
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 伊藤正人; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 鉄触媒を用いるジアリールアミンの官能基選択的N-アリール化反応
        豊田貴大; 豊田貴大; 青木雄真; 青木雄真; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリング反応における機構研究:溶液XAFSによるパラジウム錯体触媒の解析
        佐野浩介; 小峰伸之; 満留敬人; 高谷光; 平野雅文
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • マイクロ流路を用いた多成分系MOFの結晶生成過程の解明
        田中陽子; 北村由羽; 平谷萌恵; 川野竜司; 本間徹生; 高谷光; 吉川浩史; 田中大輔
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 鉄触媒を用いる木質リグニンの酸化分解反応
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 中谷祐也; 中谷祐也; 武田佳彦; 伊藤正人; 中村正治; 中村正治
        リグニン討論会講演集, 2018年
      • フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変
        嶋根康弘; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 前田亜鈴悠; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 磯崎勝弘; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        リグニン討論会講演集, 2017年10月
      • リグニンの資源化を目指したルテニウム結合型ペプチド人工酵素の創製
        高谷光; 吉田亮太; 吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 横井友哉; 社納貴文; 社納貴文; 西村裕志; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2017年09月
      • リグニンの資源化を目指したRu結合型ペプチド基盤人工酵素の創製
        高谷光; 吉田亮太; 磯_勝弘; 横井友哉; 社納貴文; 西村裕志; 近藤敬子; 渡辺隆司; 片平正人
        第64回有機金属化学討論会, 2017年09月
      • 4重ロタキサン構造で連結した鉄ポルフィリン・鉄フタロシアニンヘテロ二量体を利用した電気化学的酸素還元反応
        山田泰之; 三原のぞみ; 高谷光; 北河康隆; 青山慎; 井川和宣; 友岡克彦; 田中健太郎
        電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM), 2017年
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの光触媒作用
        上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒タンデムC-Fアミノ化反応によるジヒドロフェナジン類のワンポット合成
        青木雄真; O’BRIEN Harry; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒を用いるジアリールアミンの官能基選択的N-アリール化反応
        青木雄真; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • ルテニウム錯体結合リグニン親和性ペプチドを触媒とする酸化的リグニン分解
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 渡邊隆司; 西村裕志; 大城理志; 片平正人; 近藤敬子; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒不斉カップリング反応を用いたα-アリールプロピオン酸誘導体の立体選択的合成
        奥園智絵美; 奥園智絵美; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 岩本貴寛; ADAK Laksmikanta; ADAK Laksmikanta; 神将吉; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • フタル酸ジメチルの脱水素アレーンカップリング反応における機構研究
        佐野浩介; 小峰伸之; 満留敬人; 高谷光; 平野雅文
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 超分子的に連結したポルフィリン・フタロシアニンスタッキング型鉄二核錯体オキソ種によるメタン酸化活性評価
        森田健太郎; 山田泰之; 三原のぞみ; 高谷光; 北河康隆; 井川和宣; 友岡克彦; 田中健太郎
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2017年
      • 実構造物から採取した鉄さびのラマン分光法による生成物評価
        齊藤亮介; 高谷哲; 羽村陽平; 西村徹也
        コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集, 2017年
      • 軍艦島(端島)における鉄筋腐食の進展メカニズム
        高谷哲; 羽村陽平; 土井康太郎; 左藤眞市; 野口貴文
        コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集, 2017年
      • コンクリート構造物にて生じた鉄さびのラマン分光法による生成物評価
        齊藤亮介; 羽村陽平; 高谷哲; 西村徹也
        土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2017年
      • アルカリ環境下における鉄系腐食生成物の生成プロセスおよびコンクリート中における鉄筋の腐食環境
        高谷哲; 奥野翔矢; 本田正和; 川上圭司; 左藤眞市; 羽村陽平; 山本貴士; 宮川豊章
        材料, 2017年
      • リグニン固定化自己組織化単分子膜を利用したSPRセンサーの開発
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 下赤卓史; 大城理志; 山口亜佐子; PINCELLA Francesca; PINCELLA Francesca; 上野亮; 上野亮; 長谷川健; 渡辺隆司; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2017年
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの合成と光触媒特性
        上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治; 上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2017年
      • 電磁波応答性触媒反応を介した植物からのリグニン系機能性ポリマーの創成
        渡辺隆司; 篠原真毅; 高谷 光; 片平正人; 平岡俊治; 林 利夫; 鳥津 誠二
        成28年度CREST/さきがけ合同領域会議, 2016年12月
      • 均一系触媒分野における放射光XAFS分析の進歩~鉄触媒クロスカップリング反応の機構研究
        高谷光; 仲嶋翔; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 青木雄真; 縣亮介; 鈴木毅; 鈴木毅; 磯崎勝弘; 砂田祐輔; 高垣昌史; 本間徹生; 永島英夫; 永島英夫; 中村正治
        石油・石油化学討論会講演要旨, 2016年11月17日
      • ルテニウム錯体結合型アミノ酸触媒を用いるリグニンおよびモデル化合物の酸化的分解
        吉田亮太; 吉田亮太; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 横井友哉; 横井友哉; 渡辺隆司; 渡辺隆司; 西村裕志; 西村裕志; 片平正人; 片平正人; 近藤敬子; 近藤敬子; 高谷光; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        リグニン討論会講演集, 2016年10月14日
      • 海洋性細菌に由来するリグニンβ-O-4還元開裂酵素GST4の解析
        嶋根康弘; 前田亜鈴悠; 塩谷美夏; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        リグニン討論会講演集, 2016年10月
      • リグノセルロースバイオリファイナリーのためのリグニン・ペプチド間相互作用解析
        山口亜佐子; 山口亜佐子; 末富高志; 大城理志; 大城理志; 徳永有希; 西村裕志; 西村裕志; 永田崇; 永田崇; 真嶋司; 真嶋司; 片平正人; 片平正人; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治; 渡辺隆司; 渡辺隆司
        リグニン討論会講演集, 2016年10月
      • 放射光X線吸収分光による鉄触媒の溶液構造解析
        高谷光; 仲嶋翔; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 青木雄真; 縣亮介; 磯崎勝弘; 砂田祐輔; 高垣昌史; 本間徹生; 永島英夫; 永島英夫; 中村正治
        触媒討論会討論会A予稿集, 2016年09月14日
      • X線吸収分光と分子性触媒種の溶液中構造決定
        髙谷 光
        SPring-8/SACLA Research Frontiers 2015, 2016年09月, 査読有り, 招待有り
      • 放射光で観る分子性錯体の溶液中分子構造と触媒作用
        高谷光; 仲嶋翔; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 青木雄真; 縣亮介; 磯崎勝弘; 本間徹生; 高垣昌史; 為則雄祐; 永島英夫; 永島英夫; 砂田祐輔; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2016年08月30日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの合成と触媒機能
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 石橋幸典; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2016年06月14日
      • Analysis of molecular interaction of peptides with lignin for lignocellulosic biorefinery
        Watanabe, T; Yamaguchi, A; Oshiro, S; Suetomi, T; Nishimura, H; Nagata, T; Mashima, T; Katahira, M; Isozaki, K; Takaya, H; Nakamura, M
        Lignobiotech IV, 2016年06月
      • その場観察で何がわかるか?2 X線吸収分光と分子性触媒種の溶液中構造決定
        高谷光; 仲嶋翔; 中村正治
        化学と工業, 2016年05月, 査読有り, 招待有り
      • ルテニウム錯体結合型ノルバリンを触媒とするメトキシベンゼン類の酸化反応機構
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年03月10日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの合成と触媒作用
        石橋幸典; 磯崎勝弘; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年03月10日
      • フェニル鉄中間体の溶液構造解析に基づく鉄触媒クロスカップリング反応の機構研究
        仲嶋翔; 高谷光; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 中川尚久; GOWER N.J.; 今吉隆治; 本間徹生; 高垣昌史; 砂田祐輔; 永島英夫; 永島英夫; 畠山琢次; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年03月10日
      • ルテニウム錯体結合型ノルバリンを触媒とするリグニン類の酸化的分解
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 渡邊隆司; 西村裕志; 片平正人; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年03月
      • フッ化鉄/NHC触媒系を用いた芳香族塩化物とアルキルGrignard反応剤とのクロスカップリング反応と放射光X線吸収微細構造解析による反応機構解析
        縣亮介; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年
      • 鉄触媒を用いたα-ハロエステルとアリールホウ素反応剤との不斉クロスカップリング反応
        奥園智絵美; 岩本貴寛; 岩本貴寛; ADAK Laksmikanta; 神将吉; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年
      • 鉄‐NHC触媒系を用いた芳香族塩化物のアルキル化反応の開発と放射光X線吸収分光による反応機構解析
        縣亮介; 岩本貴寛; 中川尚久; 磯崎勝弘; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2015年10月23日
      • 放射光の多角利用に基づく鉄錯体触媒の構造解析
        高谷光; 高谷光; 仲嶋翔; 仲嶋翔; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 安田伸宏; 本間徹生; 高垣昌史; 砂田祐輔; 永島英夫; 中村正治; 中村正治
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2015年10月17日
      • ルテニウム錯体結合ノルバリン触媒を用いるメトキシアレーン類の過酸化水素酸化
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 高谷光; 中村正治
        触媒討論会討論会A予稿集, 2015年09月09日
      • メタル化アミノ酸・ペプチドの合成と機能開拓
        高谷光; 高谷光; 吉田亮太; 吉田亮太; 伊藤蘭; 伊藤蘭; 横井友哉; 横井友哉; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 安田伸広; 中村正治; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2015年08月25日
      • 自己組織化単分子膜-金ナノ粒子界面を利用した高効率触媒反応
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 田口知弥; 田口知弥; 石橋幸典; 石橋幸典; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治; 三木一司; 三木一司
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2015年08月25日
      • Synthesis of Gold Nanoparticles Bearing Supramolecular Interfaces for Highly Efficient Catalysts
        ISOZAKI Katsuhiro; ISOZAKI Katsuhiro; ISHIBASHI Kosuke; ISHIBASHI Kosuke; MIKI Kazushi; TAKAYA Hikaru; TAKAYA Hikaru; NAKARMURA Masaharu; NAKARMURA Masaharu
        Symp Organomet Chem Jpn, 2015年08月21日
      • Synthesis, Structure and Reactivity of Aryliron Intermediates in Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reaction
        NAKAJIMA Sho; ISOZAKI Katsuhiro; ISOZAKI Katsuhiro; NAKAGAWA Naohisa; NAKAGAWA Naohisa; IMAYOSHI Ryuji; HASHIMOTO Toru; GOWER Nicholas J; ADAK Laksmikanta; HONMA Tetsuo; TAKAGAKI Masafumi; SUNADA Yusuke; NAGASHIMA Hideo; NAGASHIMA Hideo; HASHIZUME Daisuke; IWAMOTO Takahiro; IWAMOTO Takahiro; HATAKEYAMA Takuji; TAKAYA Hikaru; NAKAMURA Masaharu
        Symp Organomet Chem Jpn, 2015年08月21日
      • アルカンチオレート単分子膜を反応場とした金ナノ粒子固定化触媒によるシランのアルコホリシス反応
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 田口知弥; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治; 三木一司
        ナノ学会大会講演予稿集, 2015年05月11日
      • ペプチドデンドリマーチオラート修飾金クラスターの合成
        石橋幸典; 磯崎勝弘; 高谷光; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2015年05月11日
      • ペプチドデンドリマー置換基を有するチオラート修飾金クラスターの合成
        石橋幸典; 磯崎勝弘; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • ルテニウム錯体結合型ノルバリンを触媒とする電子豊富な芳香族化合物の酸化反応
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 伊藤蘭; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • ピンサー型ルテニウム錯体結合型ノルバリンペプチドの合成
        伊藤蘭; 吉田亮太; 横井友哉; 岩本貴寛; 磯崎勝弘; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • 鉄触媒によるアルキンのアンチ選択的カルボシリル化反応
        西郡達志; 中川尚久; 岩本貴寛; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • 新規リグニン親和性ペプチドの探索と機能解析
        山口亜佐子; 山口亜佐子; 高谷光; 磯崎勝弘; 中村正治; 渡辺隆司; 渡辺隆司
        日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 2015年03月01日
      • 放射光X線および理論計算を用いたシクロパラフェニレン-フラーレン超分子錯体の構造解析
        岩本貴寛; 高谷光; 山子茂
        日本結晶学会誌, 2015年, 査読有り
      • 放射光が映し出す有機金属活性種の溶液構造
        高谷 光; 中村 正治; 永島 英夫
        日本化学会会誌「化学と工業」, 2014年10月, 査読有り, 招待有り
      • Structural analyses of lignin using ultra-high sensitivity NMR for biorefinery
        Watanabe, T; Nishimura, H; Okamura, H; Sakai, H; Nakamura, Y; Nakamura, M; Takaya, H; Katahira, M
        5th Int. Symp. Adv. Energy Sci., Kyoto (ZE26A-17), 2014年09月30日
      • メタル化アミノ酸・ペプチド超分子の触媒作用
        高谷光; 磯崎勝弘; 吉田亮太; 吉田亮太; 横井友哉; 横井友哉; 竹中健朗; 伊藤蘭; 伊藤蘭; 岩本貴寛; 安田伸宏; 吉岡康一; 渡辺隆司; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2014年09月03日
      • 金ナノ粒子触媒における自己組織化単分子膜の反応加速効果
        石橋幸典; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 田口知弥; 高谷光; 中村正治; 三木一司
        ナノ学会大会講演予稿集, 2014年05月22日
      • 制限空間と高分子 アミノ酸/ペプチド超分子で操る金属集積
        高谷光; 中村正治; 磯崎勝弘
        高分子, 2014年04月01日
      • ルテニウム錯体結合型ノルバリン触媒を用いる電子豊富な芳香族化合物の酸化反応
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 竹中健朗; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2014年03月12日
      • 鉄触媒クロスカップリング反応におけるアリール鉄中間体の構造および反応性
        仲嶋翔; 橋本徹; 中川尚久; 今吉隆治; GOWERN J.; ADAK Laksmikanta; 本間徹生; 砂田祐輔; 永島英夫; 磯崎勝弘; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2014年03月12日
      • 自己組織化単分子膜を利用した金ナノ粒子の触媒反応加速効果
        石橋幸典; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 田口知弥; 高谷光; 中村正治; 三木一司
        日本化学会講演予稿集, 2014年03月12日
      • 亜硝酸リチウムとシラン系含浸材が鋼材の分極特性に与える影響
        金光俊徳; 高谷哲; 山本貴士; 宮川豊章
        土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2014年
      • 鉄触媒を用いた新規なC-Hアミノ化反応による芳香族アミン類の合成
        青木雄真; 今吉隆治; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2014年
      • 亜硝酸リチウムとシラン系含浸材が鋼材の分極特性に与える影響
        金光俊徳; 高谷哲; 山本貴士; 宮川豊章
        土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 2014年
      • シクロパラフェニレンとLa@C82との最短メタロフラーレンピーポッドの形成
        岩本貴寛; SLANINA Zdenek; GUO Jingdong; 溝呂木直美; 赤阪健; 加藤立久; 永瀬茂; 高谷光; 安田伸広; 山子茂
        日本化学会講演予稿集, 2014年
      • Metal array fabrication based on the self-assembly of metalated amino acids and -peptides
        Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura; Kastuhiro Isozaki
        Kobunshi, 2014年01月01日
      • Ru結合型アミノ酸/ペプチドの合成と触媒作用
        高谷光; 磯崎勝弘; 竹中健朗; 横井友哉; 吉田亮太; 西郡達志; 石橋幸典; 安田伸宏; 吉岡康一; 渡辺隆司; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2013年10月15日
      • 鉄触媒クロスカップリング反応におけるアリール鉄中間体の構造および反応性
        仲嶋翔; 橋本徹; 橋本徹; 中川尚久; 今吉隆治; GOWER N. J.; 本間徹生; 砂田祐輔; 永島英夫; 磯崎勝弘; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2013年10月15日
      • シクロパラフェニレンラジカルカチオン,ジカチオンの単離と同定
        茅原栄一; 茅原栄一; 香山貴彦; 加藤立久; 加藤立久; 高谷光; 安田伸広; 山子茂; 山子茂
        基礎有機化学討論会要旨集, 2013年08月22日
      • メタル化アミノ酸およびペプチドを用いる金属の精密集積制御
        高谷光; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 横井友哉; 吉田亮太; 安田伸宏; 小川哲也; 倉田博基; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2013年06月06日
      • かご型白金多核錯体を用いた含歪み三次元π共役系化合物の合成とその基礎的物性
        茅原栄一; 茅原栄一; 岩本貴寛; 高谷光; 高谷光; 鈴木敏泰; 鈴木敏泰; 山子茂; 山子茂
        日本化学会講演予稿集, 2013年03月08日
      • ピンサー型ルテニウム錯体結合型ノルバリン触媒を用いる電子豊富な芳香族化合物の過酸化水素酸化反応
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2013年03月08日
      • ピンサールテニウム錯体結合型ノルバリンペプチドの合成と構造決定
        横井友哉; 磯崎勝弘; 吉田亮太; 尾形和樹; 笹野大輔; 清家弘史; 川上徹; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2013年03月08日
      • ピンサールテニウム錯体結合型ノルバリン触媒の合成とアルコールの過酸化水素酸化
        横井友哉; 磯崎勝弘; 吉田亮太; 尾形和樹; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2013年03月08日
      • アリール鉄中間体の構造解析と鉄触媒クロスカップリング反応の反応機構研究
        仲嶋翔; 橋本徹; 中川尚久; 今吉隆治; GOWER N. J.; 砂田祐輔; 永島英夫; 磯崎勝弘; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2013年03月08日
      • シクロパラフェニレンによるオニオン型超分子構造体の形成
        岩本貴寛; 倉知大介; 高谷光; 山子茂; 山子茂
        日本化学会講演予稿集, 2013年
      • メタル化アミノ酸/ペプチドを用いる金属集積制御と機能開拓―自己組織化による人工酵素を目指して―
        高谷 光; 磯崎 勝弘; 中村 正治
        生命化学研究レター, 2013年01月, 招待有り
      • メタル化ペプチドの自己組織化による金属集積制御と機能開拓
        高谷光; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 尾形和樹; 尾形和樹; 横井友哉; 横井友哉; 吉田亮太; 吉田亮太; 小川哲也; 倉田博基; 直田健; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2012年09月19日, 査読有り
      • シクロパラフェニレンとフラーレンとの超分子錯体の形成
        岩本貴寛; 茅原栄一; 茅原栄一; 高谷光; 灰野武晴; 山子茂; 山子茂
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2012年09月05日
      • メタル化アミノ酸およびペプチドの超分子ゲル中における化学変換と触媒作用
        高谷光; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 横井友哉; 横井友哉; 吉田亮太; 吉田亮太; 尾形和樹; 尾形和樹; 安田伸宏; 小川哲也; 倉田博基; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2012年09月05日
      • リグニンの選択的酸化分解のための超分子触媒開発 23DF-13
        高谷光; 横井友哉; 吉田亮太; 尾形和樹; 磯崎勝弘; 中村正治; 吉岡康一; 西村裕志; 渡辺 隆司
        第3回DASH/FBAS全国共同利用成果報告会要旨集(第207回生存圏シンポジウム): 25-26, 宇治, 2012年07月18日
      • 有機超分子材料の粉末X線構造解析
        高谷光; 高橋永次; 直田健; 磯崎勝弘; 尾形和樹; 小川哲也; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • NCNピンサーパラジウム錯体結合型ノルバリンの合成と機能開拓
        尾形和樹; 横井友哉; 磯崎勝弘; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • ONOピンサールテニウム錯体結合型ノルバリンの合成とその触媒能
        横井友哉; 磯崎勝弘; 尾形和樹; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • 遷移金属ピンサー錯体結合型ノルバリンペプチドの合成と機能
        横井友哉; 磯崎勝弘; 尾形和樹; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2012年03月09日
      • 放射光X線分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        高谷光; 畠山琢次; 中村正治; 為則雄佑
        電気学会光・量子デバイス研究会資料, 2012年03月04日
      • メタル化アミノ酸の最近の進歩と展開
        高谷 光; 磯崎 勝弘; 中村 正治
        Peptide Newsletter Japan, 2012年03月, 招待有り
      • 鉄ホスフィン錯体触媒によるクロスカップリングの反応機構:X線吸収分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        高谷光; 畠山琢次; 為則雄祐; 橋本徹; 今吉隆治; 中川尚久; 藤原優一; 河村伸太郎; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2012年
      • 貴金属ナノ粒子を充填したミクロ多孔質シリコンによる光エネルギー変換
        深見一弘; 深見一弘; 高谷光; 作花哲夫; 作花哲夫; 中村正治; 尾形幸生
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2012年
      • ピリジンジカルボキシラトルテニウム錯体を側鎖に有するノルバリン誘導体の合成とその機能開拓
        横井友哉; 尾形和樹; 磯崎勝弘; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2011年09月01日
      • NCNピンサー遷移金属錯体結合型ノルバリンを用いる超分子触媒の開発
        尾形和樹; 横井知哉; 磯崎勝弘; 笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2011年09月01日
      • 超伝導で量る分子の質量--フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計
        高谷 光; 齋藤 和徳; 根岸 雄一
        化学, 2011年09月
      • 木質リグニンを用いるアロマティックリファイナリープロセスの開拓
        高谷光; 横井友哉; 尾形和樹; 磯崎勝弘; 清家弘史; 中村正治; 西村裕志; 渡辺 隆司
        第2回DASH/FBAS全国共同利用成果報告会要旨集(第178回生存圏シンポジウム): 27-28, 宇治, 2011年06月20日
      • NCNピンサーパラジウム錯体結合型ノルバリンを用いる超分子触媒の開発
        尾形和樹; 笹野大輔; 横井友哉; 磯崎勝弘; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2011年03月11日
      • ONOピンサールテニウム錯体結合型ノルバリンの合成
        横井友哉; 笹野大輔; 尾形和樹; 磯崎勝弘; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2011年03月11日
      • NCNピンサー遷移金属錯体結合型ノルバリンペプチドの合成と機能開拓
        笹野大輔; 尾形和樹; 横井友哉; 磯崎勝弘; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2011年03月11日
      • NCN白金およびパラジウムピンサー錯体結合型ノルバリン誘導体の合成および発光特性
        笹野大輔; 尾形和樹; 横井友哉; 磯崎勝弘; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2011年03月11日
      • ベイポクロミック有機結晶センサーの開発
        髙谷 光
        SPring-8 Research Frontier 2010, 2011年03月, 査読有り, 招待有り
      • ピンサー錯体結合型ノルバリンを用いる金属集積制御と機能開拓
        笹野大輔; 尾形和樹; 磯崎勝弘; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        錯体化学討論会講演要旨集, 2010年09月16日
      • NCNピンサー錯体結合型ノルバリンペプチドを用いる金属集積制御と光機能開拓
        高谷光; 高谷光; 笹野大輔; 笹野大輔; 尾形和樹; 尾形和樹; 横井友哉; 清家弘史; 磯崎勝弘; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2010年09月01日
      • NHC-Rh二核錯体触媒を用いるカルボニル化合物の水素移動型還元反応
        福井貞之; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • N,N’位にピリジル基を有する飽和型NHC配位子を有するRh二核錯体の合成
        福井貞之; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • アルケニルホウ素化合物とハロゲン化アルキルとの鉄触媒クロスカップリング反応
        橋本徹; 清家弘史; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • 湾曲型π電子系を有するナフトペリレン誘導体の合成
        大場剛士; 橋本士雄磨; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • 元素戦略型有機合成反応によるバイオリニューアル炭素資源活用技術の開拓
        中村正治; 中村正治; 高谷光; 高谷光; 石塚賢太郎; 石塚賢太郎; 渡辺隆司; 渡辺隆司
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2010年
      • 未来を拓く金属錯体 メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓
        高谷光; 磯崎勝弘; 中村正治
        触媒, 2009年12月10日
      • メタル化ペプチドを用いた超分子プログラミング~超音波刺激応答ゲル化に基づく異種金属集積制御~
        磯崎勝弘; 高谷光; 高谷光
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2009年09月01日
      • 界面を利用するメタル化ペプチドの自己組織化
        高谷光; 高谷光; 磯崎勝弘; 直田健; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2009年09月01日
      • 生体分子を用いる金属集積制御の最前線:組成・配列・空間配置制御を目指して
        髙谷 光
        Organometallic News, 2009年09月, 招待有り
      • フリーラジカルによるリグニンモデル化合物の立体選択的分解
        安東大介; 大橋泰典; 石塚賢太郎; 高谷光; 中村正治; 渡邊崇人; 本田与一; 渡辺隆司
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • 白金結合型ノルバリンの合成およびその自己組織化特性
        笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2009年
      • 放射光を用いる超分子集合体の粉末X線構造解析-有機合成化学および有機金属化学からのアプローチ-
        高谷光
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2009年
      • 遷移金属結合型グルタミンペプチドの合成と機能開拓
        高谷光; 高谷光; 磯崎勝弘; 芳賀祐輔; 笹野大輔; 直田健; 中村正治
        錯体化学討論会講演要旨集, 2008年09月05日
      • 白金結合型ノルバリンの合成および自己組織化
        中谷昭彦; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2008年03月12日
      • 金属結合型ノルバリンペプチドの合成および構造
        中谷昭彦; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2008年03月12日
      • 白金結合型ペプチドの合成,構造および自己組織化特性
        芳賀祐輔; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2008年03月12日
      • 異種金属結合型ペプチドの合成とその特異的金属配列制御に基づく自己組織化および発光特性
        芳賀祐輔; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2008年03月12日
      • 嵩高いジホスフィン配位子を有する鉄錯体を触媒とするクロスカップリング反応
        藤原優一; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        錯体化学討論会講演要旨集, 2008年
      • Structure and reactivity of transition metal cyanocarbanions
        Hikaru Takaya; Takeshi Naota
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 2007年10月, 査読有り
      • 金属結合型ノルバリンの合成および自己組織化
        中谷昭彦; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        錯体化学討論会講演要旨集, 2007年09月10日
      • パラジウム結合型‐γ‐グルタミン酸の超音波刺激応答性分子集合における構造依存性
        小川克浩; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • パラジウム結合型ジペプチドのレーザー応答性自己組織化
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健; 片山哲郎; 伊都将司; 宮坂博
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • パラジウム結合型ジペプチドの超音波応答性自己組織化
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • 金属結合型ジペプチドの超音波応答性自己組織化における金属依存性
        芳賀祐輔; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • 白金結合型ノルバリン誘導体の自己組織化
        中谷昭彦; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2007年03月12日
      • 十字路
        橘高 敦史; 齋藤 望; 田中 孝徳; 林 昌彦; 稲永 純二; 高谷 光
        有機合成化学協会誌, 2007年
      • パラジウム結合型‐γ‐グルタミンの合成と自己組織化
        小川克浩; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        錯体化学討論会講演要旨集, 2006年09月08日
      • パラジウム結合型‐γ‐グルタミン酸の合成と自己組織化
        小川克浩; 磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2006年03月13日
      • グルタミン酸部位を有するベンズアルジミン白金錯体の合成および集合特性
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2006年03月13日
      • パラジウム結合型ペプチドの合成
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2006年03月13日
      • 海外の研究室訪問(14)スクリプス研究所 ガジーリ研へようこそ!
        高谷 光
        化学, 2006年03月
      • 白金結合型アミノ酸錯体の合成
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        錯体化学討論会講演要旨集, 2005年09月01日
      • ベンズアルジミン白金を側鎖に有するアミノ酸誘導体の合成
        磯崎勝弘; 高谷光; 直田健
        日本化学会講演予稿集, 2005年03月11日
      • Transition metal-based Lewis acid and base ambiphilic catalysts of iridium hydride complexes: Multicomponent synthesis of glutarimides.
        H Takaya; K Yoshida; K Isozaki; H Terai; SI Murahashi
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2005年03月
      • 触媒的炭素--炭素結合切断反応の開発とポリマーのケミカルリサイクルへの応用
        寺井 宏樹; 高谷 光; 直田 健
        環境資源工学, 2005年
      • 若者 いまさら留学?--Scripps研究所で学んだこと
        高谷 光
        生産と技術, 2004年
      • ルイス酸および塩基代替遷移金属錯体触媒の開拓とそれらを用いる多成分連結反応
        高谷 光; 村橋 俊一
        有機合成化学協会誌 : JOURNAL OF Synthetic Organic Chemistry JAPAN, 2002年05月01日
      • Ruthenium catalysis in organic synthesis
        Shun-Ichi Murahashi; Hikaru Takaya; Takeshi Naota
        Pure and Applied Chemistry, 2002年
      • Rhodium complex-catalyzed reaction of isonitriles with carbonyl compounds: Catalytic synthesis of pyrroles
        H Takaya; S Kojima; SI Murahashi
        ORGANIC LETTERS, 2001年02月
      • イリジウムおよびロジウムを中心金属として有するアザアレニル型シアノカルバニオン錯体の構造とその動的挙動
        高谷光
        大阪大学低温センター研究報告書, 2001年
      • Synthesis, Structure, and Fluxionality of Cyanocarbanion Complexes of Iridium and Rhodium.
        Annual Reports of Low Temperature Center, Osaka University, 2001年
      • Synthesis of 2.6-Piperidiones
        patent, 2001年
      • Lenis-Acid and Base Ambiphilic Catalyst of Iridium Complex : Multicomponent Synthesis of Glutarimides
        Journal of the American Chemical Society, 2001年
      • Activation of C-H bonds alpha to nitriles for combinatorial chemistry: Ruthenium-catalyzed aldol and Michael reactions of polymer-supported nitriles
        H Takaya; SI Murahashi
        SYNLETT, 2001年
      • Aldol and Michael reactions of nitriles catalyzed by cyclopentadienylruthenium enolate complexes
        S Murahashi; K Take; T Naota; H Takaya
        SYNLETT, 2000年07月
      • Low-valent ruthenium and iridium hydride complexes as alternatives to Lewis acid and base catalysts
        S Murahashi; H Takaya
        ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH, 2000年04月
      • Iridium-Catalyzed Addition of Pronucleophiles to CN Triple Bonds of Nitriles
        髙谷 光
        Iridium-Catalyzed Addition of Pronucleophiles to CN Triple Bonds of Nitriles, 2000年04月, 査読有り, 招待有り
      • 第10回有機合成指向有機金属会議
        オルガノメタリック ニュース, 1999年
      • Ruthenium-catalyzed reactions for organic synthesis
        T Naota; H Takaya; SI Murahashi
        CHEMICAL REVIEWS, 1998年11月
      • Iridium hydride complex catalyzed addition of nitriles to carbon-nitrogen triple bonds of nitriles
        H Takaya; T Naota; S Murahashi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1998年05月
      • Ruthenium-catalyzed aldol and Michael reactions of nitriles. Carbon-carbon bond formation by alpha-C-H activation of nitriles
        SI Murahashi; T Naota; H Taki; M Mizuno; H Takaya; S Komiya; Y Mizuho; N Oyasato; M Hiraoka; M Hirano; A Fukuoka
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1995年12月
      • 金属酸化物半導体触媒を用いた低級飽和炭化水素等の光酸化反応
        和田健司; 吉田潔観; 高谷剛; 渡部良久
        石油学会年会講演要旨, 1992年

      講演・口頭発表等

      • Microwave-Assisted Ni-Catalyzed Coupling Reactions
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2021年12月18日, 招待有り
      • マイクロ波による有機合成反応制御
        第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 2021年10月30日, 招待有り
      • X線吸収分光による均一系触媒反応機構の解明
        日本化学会第11回CSJ化学フェスタ 「大型研究施設を用いた化学研究・材料開発」, 2021年10月21日, 招待有り
      • X線吸収分光による均一系触媒反応機構の解明
        第128回触媒討論会, 2021年09月15日, 招待有り
      • マイクロ波による有機反応制御
        日本化学会第101春季年会 特別企画「故きを温ね新しきを知るマイクロ波化学」, 2021年03月22日, 招待有り
      • マイクロ波による有機反応制御:マイクロ波で操る反応選択性
        第433回生存圏シンポジウム-マイクロ波高度利用と先端分析化学, 2020年10月30日, 招待有り
      • マイクロ波有機合成の学理解明はどこまで進んだのか
        日本化学会第100春季年会 特別企画「マイクロ波加熱と化学プロセス」, 2020年03月25日, 招待有り
      • Comprehensive Spectroscopic Sutdies for Identification of the Root of "Hinomaru", the Japanese Emperor Go-Daigo's Flag of the Rising Sun
        Hikaru TAKAYA
        ICOM 2019 Kyoto, 2019年09月02日, 招待有り
      • XAS- and DFT-based Mechanistic Study on Iron Catalysis in Organic Chemistry
        Takaya HIKARU
        The 1st Workshop of Reaction Infography (R-ing) Unit, 2019年07月11日, 招待有り
      • マイクロ波を用いる有機合成:学理探求と社会実装の狭間で
        日本電磁波エネルギー応用学会 第10会講演会, 2019年05月30日, 招待有り
      • 日本の伝統美「術」『一化学者と文化財,伝統美術とのかかわり:正倉院布から薬師寺東塔水煙まで,あれこれ』
        平成30年度 応用物理学会春季学術講演会(ランチョンセミナー), 2019年03月09日, 招待有り
      • X線で観る世界:原子・分子から薬師寺東塔まで
        髙谷 光
        日本表面真空学会 市民講座, 2018年11月04日
      • XAFSと量子化学計算の融合による均一系触媒反応の機構研究
        髙谷 光
        中部東海支部・錯体化学若手の会, 2018年09月29日
      • XAFSと量子化学計算の融合的利用による均一系鉄触媒反応の機構研究
        髙谷 光
        第21回XAFS討論会, 2018年09月05日
      • X線吸収分光と量子化学計算の融合による溶液中分子構造解析と均一系触媒機構の研究
        髙谷 光
        立教大学理学部化学科講演会, 2018年08月23日
      • ある触媒化学者のベンゼン環との闘い:~クロスカップリングから木質リグニンまで,あれこれ
        髙谷 光
        第50回構造有機若手の会, 2018年08月10日
      • Mechanistic Study on Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reaction Illuminated by Solution-Phase XAS Analysis
        International X-ray Absorption Society (IXAS), 17th International Conference on X-ray Absorption and Related Phenomena (XAFS2018), 2018年07月23日, 招待有り
      • Mechanistic Study on Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reaction Illuminated by Solution-Phase XAS Analysis
        髙谷 光
        International X-ray Absorption Society (IXAS), 17th International Conference on X-ray Absorption and Related Phenomena, 2018年07月20日, 招待有り
      • X線吸収分光と量子化学計算の融合による,均一系触媒反応機構の解析
        髙谷 光
        触媒学会界面分子変換研究会・日本表面真空学会触媒表面科学研究部会合同ワークショップ「触媒化学と分析技術の新展開」, 2018年06月29日, 招待有り
      • Solution-Phase XAS Studies into Homogeneous Metal Catalysyst in Organic Synthesis
        髙谷 光
        3rd International Symposium of Quantum Beam Science at Ibaraki University in 2018 “Quantum Beam Science in Biology and Soft Materials”, 2018年05月31日, 招待有り
      • 非ヘム鉄アミド錯体触媒による芳香族アルコール類の酸化反応
        社納 貴文; 高谷 光; 伊藤 正人; 中村 正治
        日本化学会第97回春季年会, 2018年03月21日
      • 鉄触媒を用いたジアリールアミンの官能基選択的N-アリール化
        豊田 貴大; 青木 雄真; 高谷 光; 中村 正治
        日本化学会第97回春季年会, 2018年03月20日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターによるアミノアルコールの光触媒的酸化反応
        上野 亮; 磯﨑 勝弘; 石橋 幸典; 高谷 光; 中村 正治
        日本化学会第97回春季年会, 2018年03月20日
      • Microwave-assisted oxidation of secondary alcohols with magnetic nanoparticle catalysts
        Francesca Pincella; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        日本化学会第97回春季年会, 2018年03月20日
      • Solution-Phase Structure of Homogeneous Organoiron Catalysts Illuminated by Synchrotron X-ray Absorption Spectroscopy
        髙谷 光
        IRCCS-JST CREST Joint Symposium “Chemical sciences facing difficult challenges”, 2018年01月25日, 招待有り
      • Synthesis and Photocatalysis of Gold Clusters Functionalized by Peptide Dendron Thiolates
        K. Isozaki; K. Ishibashi; R. Ueno; H. Takaya; M. Nakamura
        Awaji Yumebutai International Conference, 2017年11月15日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの光触媒機能
        上野 亮; 磯﨑 勝弘; 石橋幸典; 高谷 光; 中村 正治
        統合物質創製化学研究推進機構 第3回国内シンポジウム, 2017年10月30日
      • リグニンの資源化を目指したRu結合型ペプチド人工酵素の創製
        髙谷 光
        JSTさきがけ終了領域シンポ 「構造制御と機能」領域, 2017年10月02日, 招待有り
      • リグニンの資源化を目指したRu結合型ペプチド人工酵素の創製
        髙谷 光
        第66回高分子討論会 特定テーマシンポジウム, 2017年09月21日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの光触媒機能
        野 亮; 磯﨑 勝弘; 石橋 幸典; 高谷 光; 中村 正治
        第64回有機金属化学討論会, 2017年09月08日
      • イミド配位バナジウム錯体によるエチレンの重合・二量化と溶液XAFS手法を活用した触媒活性種解析
        野村琴広; 満留敬人; 永井 豪; 五十嵐 淳; 堤 健; 末木俊輔; 高谷 光; Tamm Matthias; 山添誠司
        第64回有機金属化学討論会, 2017年09月07日
      • リグニンの資源化を目指したRu結合型ペプチド人工酵素の創製
        高谷 光; 吉田 亮太; 磯碕 勝弘; 横井 友哉; 社納 貴文; 西村 裕志; 近藤 敬子; 渡辺隆司; 片平 正人; 中村 正治
        第64回有機金属化学討論会, 2017年09月07日
      • 普遍元素を用いる高機能触媒の創製:先端放射光技術の包括的利用に立脚した触媒元素戦略の実現
        髙谷 光
        2017年09月04日
      • 放射光を用いたその場計測研究会の活動状況
        髙谷 光
        SPring-8シンポジウム2017, 2017年09月04日
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの光触媒作用
        上野 亮; 磯﨑 勝弘; 石橋 幸典; 高谷 光; 中村 正治
        日本化学会第97回春季年会, 2017年03月17日
      • Chemoselective N-Arylation of Diarylamines Catalyzed by Iron
        AOKI, Yuma; TAKAYA, Hikaru; NAKAMURA, Masaharu
        日本化学会第97回春季年会, 2017年03月17日
      • One-Pot Synthesis of Dihydrophenazines by Iron-Catalyzed Tandem C-F Amination Reactions
        AOKI, Yuma; O'BRIEN, Harry; TAKAYA, Hikaru; NAKAMURA, Masaharu
        日本化学会第97回春季年会, 2017年03月17日
      • ルテニウム錯体結合リグニン親和性ペプチドを触媒とする酸化的リグニン分解
        吉田 亮太; 磯﨑 勝弘; 横井 友哉; 渡辺 隆司; 西村 裕志; 大城 理志; 片平 正人; 近藤 敬子; 高谷 光; 中村 正治
        日本化学会第97回春季年会, 2017年03月16日
      • 均一系触媒分野における放射光XAFS分析の進歩
        髙谷 光
        第46回石油・石油化学討論会, 2016年11月17日, 招待有り
      • リグノセルロースバイオリファイナリーのためのリグニン・ペプチド間相互作用解析
        山口亜佐子; 末富高志; 大城理志; 徳永有希; 西村裕志; 永田崇; 真嶋司; 片平正人; 磯﨑勝弘; 高谷光; 中村正治; 渡辺隆司
        第61回リグニン討論会, 2016年10月28日
      • ルテニウム錯体結合型アミノ酸触媒を用いるリグニンおよびモデル化合物の酸化的分解
        吉田亮太; 磯﨑勝弘; 横井友哉; 渡辺隆司; 西村裕志; 片平正人; 近藤敬子; 高谷光; 中村正治
        第61回リグニン討論会, 2016年10月28日
      • 放射光X線吸収分光による鉄触媒の溶液構造 収分光による鉄触媒の溶液構造 解析
        髙谷 光
        第118回触媒討論会 元素戦略セッション, 2016年09月22日, 招待有り
      • Mechanistic Study on Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reaction Illuminated by Solution-Phase XAS Analysis
        髙谷 光
        Base Metal Catalysis Symposium, 2016年09月02日, 招待有り
      • 放射光で観る溶液中分子性触媒の構造と機能
        髙谷 光
        SPring-8シンポジウム2016, 2016年08月30日, 招待有り
      • 放射光で観る分子性錯体の溶液中構造と触媒作用
        髙谷 光
        錯体化学会第66回討論会シンポジウム「量子ビームを用いた極限状態における錯体の構造化学と物性」, 2016年08月30日, 招待有り
      • Metal-Array Fabrication based on Metalated Amino Acids/Peptides: Application to Supramolecular Catalyst
        Hikaru TAKAYA
        China-Japan International Symposium on Polymer and Related Materials, 2016年07月11日, 招待有り
      • 放射光XAFSで観るレアメタルフリークロスカップリング反応
        髙谷 光
        第4回SPring-8先端利用技術ワークショップ「明日(あす)をひらくSPring-8発イノベーション」, 2016年06月07日, 招待有り
      • 均一系触媒反応のXAFS 解析
        髙谷 光
        2016年度ファインケミカルズ合成触媒研究会セミナー, 2016年05月21日, 招待有り
      • 放射光X線吸収分光による有機鉄活性種の溶液構造解析
        髙谷 光
        有機合成協会九州・山口支部講演会, 2016年04月22日, 招待有り
      • Supramolecular Catalysts based on Metalated-Amino Acids and Peptides Self-Assembly
        Hikaru TAKAYA
        Institute for Chemical Research International Symposium 2016 (ICRIS’16), 2016年03月08日, 招待有り
      • 放射光の多角利用に基づく鉄錯体触媒の構造解析
        髙谷 光
        平成27年度日本結晶学会および総会,化学系シンポジウム「結晶構造をBackboneとするAdvanced Chemical Science」, 2015年10月18日, 招待有り
      • 有機金属化学における放射光単結晶X線構造解析のメリット
        髙谷 光
        SPring-8 単結晶・粉末構造解析BL研修会, 2015年10月02日, 招待有り
      • ルテニウム錯体結合ノルバリン触媒を用いるメトキシアレーン類の過酸化水素酸化
        吉田 亮太; 磯崎 勝弘; 横井 友哉; 高谷 光; 中村 正治
        第116回触媒討論会, 2015年09月16日
      • 鉄触媒クロスカップリング反応におけるアリール鉄中間体の合成,構造および反応性
        Nakajima, Sho; Isozaki, Katsuhiro; Nakagawa, Naohisa; Imayoshi, Ryuji; Hashimoto, Toru; Gower; Nicholas J; Adak, Laksmikanta; Honma, Tetsuo; Takagaki, Masafumi; Sunada, Yusuke; Nagashima, Hideo; Hashizume, Daisuke; Iwamoto, Takahiro; Hatakeyama, Takuji; Takaya, Hikaru; Nakamura, Masaharu
        第62回有機金属化学討論会, 2015年09月07日
      • 溶液XAFSで観る鉄触媒クロスカップリング
        髙谷 光
        第52回錯体化学会近畿支部勉強会, 2015年05月16日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸・ペプチドで操る金属集積
        髙谷 光
        東京理科大学応用化学系セミナー, 2015年04月03日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸/ペプチドを用いる金属集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        分子研研究会:金属イオンを用いた超構造体の構築と機能-錯体化学における境界領域研究の現状と展望-, 2015年03月15日, 招待有り
      • X線吸収分光による鉄クロスカップリング機構の探求:放射光で観る溶液中化学種の姿
        髙谷 光
        理研セミナー, 2015年02月24日, 招待有り
      • 放射光X線吸収分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        髙谷 光
        出光機能材料研究所講演会, 2015年02月24日, 招待有り
      • Solution-Phase Structure of Homogeneous Organoiron Catalysts Illuminated by Synchrotron X-ray Absorption Spectroscopy
        Hikaru TAKAYA
        IRCCS-JST CREST Joint Symposium “Chemical sciences facing difficult challenges”, 2015年01月25日, 招待有り
      • Metal-Array Fabrication based on Metalated Amino Acids/Peptides: Application to Supramolecular Catalyst
        髙谷 光
        China-Japan International Symposium on Polymer and Related Materials, 2014年12月14日, 招待有り
      • Supramolecular Catalysts based on Metalated-Amino Acids and Peptides Self-Assembly
        Hikaru TAKAYA
        China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures, 2014年12月12日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸・ペプチドの触媒作用
        髙谷 光
        第63回高分子討論会 特定テーマ, 2014年09月23日, 招待有り
      • ビームライン横断利用による革新的マテリアルの創製
        髙谷 光
        SPring-8シンポジウム2014, 2014年09月13日, 招待有り
      • アミノ酸・ペプチドで操る金属集積
        髙谷 光
        新学術領域「動的秩序と機能」機能超分子化学ミニシンポジウム, 2014年03月11日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸・ペプチドの超分子構造解析~SPring-8での成果を中心に~
        髙谷 光
        第一回SPring-8ワークショップ, 2014年02月01日
      • メタル化アミノ酸・ペプチドを用いる金属集積と機能開拓
        髙谷 光
        北海道大学フロンティア化学教育研究センター,第三回「次世代の物質科学・ナノサイエンスを探る」シンポジウム, 2014年01月10日, 招待有り
      • Supramolecular Smart Materials based on Transition-Metal-Bound Amino Acids and Peptides
        髙谷 光
        The NZ-Japan Joint Symposium on Supramolecular Materials, 2013年12月14日, 招待有り
      • 一(いち)合成化学者ユーザーの立場から実感した超分子化学構造解析におけるSPring-8の威力
        髙谷 光
        ソフト界面科学研究会, 2013年09月07日, 招待有り
      • ユーザーの立場から見たSPring-8における微小結晶構造解析~京大化研有機合成系研究室の最近の利用状況と成果
        髙谷 光
        結晶化学研究会, 2013年09月06日, 招待有り
      • Supramolecular Catalyst based on Transition-Metal-Bound Amino Acids/Peptides
        Hikaru TAKAYA
        The 2nd China-Japan Joint Inorganic Chemistry Symposium for Young Scientists: Supramolecular Science and Nanomaterials, 2013年07月15日, 招待有り
      • Supramolecular Catalyst based on Transition-Metal-Bound Amino Acids/Peptides
        髙谷 光
        The 2nd China-Japan Joint Inorganic Chemistry Symposium for Young Scientists: Supramolecular Science and Nanomaterials, 2013年06月15日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸/ペプチドを基盤とする金属集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        ナノ学会 シンポジウム, 2013年05月05日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸/ペプチドを基盤とするメゾスコピック金属集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        新学術領域研究会 メゾスコピックアーキテクチャーの化学, 2013年05月01日, 招待有り
      • Self-assembly of Pt-complex-bound amino acids
        Hikaru TAKAYA
        The 5th “MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis” Forum: Unique peptide assemblies with biological functions, 2012年12月19日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸およびペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        奈良先端未来開拓コロキウム2012〜分子,超分子から分子技術の時代へ〜, 2012年12月08日, 招待有り
      • Transition-metal-complex-bound Amino Acids-/Peptides-based Supramolecular Gel Catalysts
        髙谷 光
        The 1st International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN), 2012年10月24日, 招待有り
      • Self-assembly of Pt-complex-bound amino acids
        髙谷 光
        The 5th “MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis” Forum: Unique peptide assemblies with biological functions, 2012年09月24日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        髙谷 光
        Canada-Japan Symposium for Supramolecular Nanomaterials Chemistry, 2012年05月13日
      • 有機超分子化合物の粉末X線構造解析
        髙谷 光
        日本化学会第92回春季年会特別企画「化学者のための放射光ことはじめ」, 2012年03月28日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸およびペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        大阪府立大学第5回生体分子科学シンポジウム, 2012年03月21日, 招待有り
      • 放射光X線分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        髙谷 光
        電気学会「光・量子科学研究会」, 2012年03月02日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸を用いる高次機能触媒の開拓
        髙谷 光
        さきがけ「ナノと創発」-「構造制御と機能」合同シンポジウム, 2012年01月09日
      • メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        第2回統合物質シンポジウム, 2011年11月08日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        第4回バイオナノシステムズ研究会, 2011年08月05日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        Hikaru TAKAYA
        The 1st China-Japan Joint Inorganic Chemistry Symposium for Young Scientists: Supramolecular Science and Nanomaterials, 2011年07月18日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        髙谷 光
        The 1st China-Japan Joint Inorganic Chemistry Symposium for Young Scientists: Supramolecular Science and Nanomaterials, 2011年06月18日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        髙谷 光
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010年12月17日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の組成・配列・空間配置制御 :分子周期表の創成を目指して
        髙谷 光
        京都大学グローバルCOE「物質科学の新基盤構築と次世代育成国際拠点」第7回有機元素セミナー, 2010年11月01日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Amino Acids and Peptides: Synthesis, Structure, and Functions
        Hikaru TAKAYA
        2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Self-Assembly and Coordination Chemistry, 2010年10月17日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の組成・配列・空間配置制御 と機能開拓
        髙谷 光
        アステラス製薬つくば事業所バイオイメージング研究所 セミナー, 2010年08月20日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御と機能開拓:分子周期表の創成を目指して
        髙谷 光
        第38回有機反応懇談会, 2010年08月03日, 招待有り
      • Multi Metal Catalyst Based on Self-Assembly of Transition-Metal-Bound Peptides
        髙谷 光
        Joint Symposium of Post-TOCAT6/TOCAT5 and 25th CRC International Symposium: Novel Nanostructures and Catalysis-Seeking for Breaks through-, 2010年07月25日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の組成・配列・空間配置制御 :分子周期表の創成を目指して
        髙谷 光
        第4回超分子若手懇談会~超分子ナノ材料の創製~, 2010年07月09日, 招待有り
      • 放射光を用いる超分子集合体の粉末X線構造解析-有機合成化学および有機金属化学からのアプローチ
        髙谷 光
        日本結晶学会2009年年会シンポジウム, 2009年12月05日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御:組成・配列・空間配置制御を目指して
        髙谷 光
        高分子学会第73回高分子若手研究会“高分子・超分子の階層化と機能, 2009年11月28日, 招待有り
      • 芳香族ジイミド誘導体によるベイポクロミック有機結晶の開発と変色メカニズムの解明
        高橋 永次; 高谷 光; 直田 健
        第19回基礎有機化学討論会, 2009年10月03日
      • 窒素結合型ルテニウムシアノカルバニオン錯体の合成と構造および炭素-炭素結合形成能
        尾形 和樹; 丹那 晃央; 禿 恵明; 稗田 将之; 高谷 光; 村橋 俊一; 直田 健
        第19回基礎有機化学討論会, 2009年10月03日
      • 遷移金属結合型グルタミンペプチドの合成と機能開拓
        高谷 光; 磯崎 勝弘; 福井 貞之; 直田 健; 中村 正治
        第58回錯体化学討論会, 2009年09月28日
      • 嵩高い置換基を有するジホスフィン錯体を触媒とするクロスカップリング反応
        藤原 優一; 畠山 琢次; 高谷 光; 中村 正治
        第58回錯体化学討論会, 2009年09月28日
      • 安定な金属-炭素結合を有するアミノ酸結合型錯体およびペプチド
        高谷 光; 磯崎 勝弘; 笹野 大輔; 上杉 隆; 畠山 琢次; 直田 健; 中村 正治
        第55回有機金属化学討論会, 2009年09月20日
      • 界面を利用するメタル化ペプチドの自己組織化制御
        高谷 光; 磯崎 勝弘; 直太 健; 中村 正治
        第58回高分子討論会, 2009年09月18日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いた超分子プログラミング-超音波刺激応答ゲル化に基づく異種金属集積制御
        高谷 光; 磯崎 勝弘
        第58回高分子討論会, 2009年09月17日
      • 刺激応答型自己組織化能を有する遷移金属錯体の粉末X線構造解析
        髙谷 光
        第6回産業利用報告会-SPring-8利用の学術と産業の融合, 2009年09月03日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        髙谷 光
        China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures, 2009年08月03日, 招待有り
      • Transition-Metal-Bound Peptide: Synthesis, Structure, and Functions
        髙谷 光
        The Japan Scripps Forum, 2009年07月20日, 招待有り
      • 白金結合型ノルバリンの合成およびその自己組織化特性
        笹野 大輔; 清家 弘史; 高谷 光; 中村 正治
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月30日
      • スピン制御を目指した新規ジホスフィン配位子(SciOPP)を有する鉄錯体の構造と電子状態に関する理論的研究
        岡田 吉弘; 鍾 龍華; 畠山 琢次; 高谷 光; 中村 正治; 諸熊 奎治
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月30日
      • ルテニウムシアノカルバニオン錯体触媒を用いるニトリルのマイケル付加反応における配位子効果
        尾形 和樹; 丹那 晃央; 高谷 光; 村橋 俊一; 直田 健
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月29日
      • 芳香族ジイミドを用いるベイポクロミック有機結晶の構造変化と変色機構に関する研究
        高橋 永次; 高谷 光; 直田 健
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月29日
      • 新規ジホスフィン(SciOPP)-鉄錯体を用いる鉄触媒鈴木-宮浦カップリング反応
        橋本 徹; 藤原 優一; 畠山 琢次; 高谷 光; 中村 正治
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月29日
      • N,N' 位にピリジル基を有するNHC配位子とその遷移金属錯体の合成
        福井 貞之; 清家 弘史; 高谷 光; 中村 正治
        第89回日本化学会春季年会, 2009年03月29日
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御~組成・配列・空間配置制御を目指して~
        髙谷 光
        大阪大学蛋白研セミナー「蛋白質合成法の最近の進歩と生命科学」, 2008年09月26日, 招待有り
      • 生体分子を用いる金属集積制御の最前線~組成・配列・空間配置制御を目指して~
        髙谷 光
        近畿化学協会 有機金属部会平成20年度第4回例会, 2008年09月26日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        有機合成化学協会「第24回若手化学者のための化学道場」, 2008年09月11日, 招待有り
      • Development of Vapochromic Organic Crystals for Monitoring Systems of Sick-House Syndrome Gases
        高橋 永次; 高谷 光; 直田 健
        国際結晶学会(IUCr 2008), 2008年08月24日
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御
        髙谷 光
        分子研研究会「物質系と生体系での自己組織化」~異分野融合的研究の新展開に向けて~, 2008年08月07日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御
        髙谷 光
        高分子学会九州支部フォーラム~自己組織化高分子~, 2008年08月02日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸およびペプチドを用いる金属精密集積制御
        髙谷 光
        藤田研コロキウム, 2008年05月31日, 招待有り
      • 芳香族ジイミド発色団を用いるベイポクロミック有機結晶の開発と変色メカニズムの解明
        高橋 永次; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月29日
      • 超音波誘起ゲル化における環状二核パラジウム錯体の自己組織化構造の解明
        和久田 幸嗣; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月29日
      • サリチルアルジミン配位子を有する単核パラジウム錯体による有機流体のゲル化
        和久田 幸嗣; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月29日
      • 中谷 昭彦・磯崎 勝弘・高谷 光・直田 健
        白金結合型ノルバリンの合成および自己組織化
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月28日
      • 異種金属結合型ペプチドの合成とその特異的金属配列制御に基づく自己組織化および発光特性
        芳賀 祐輔; 磯崎 勝弘; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月28日
      • ルテニウムシアノカルバニオン錯体の合成と反応性
        尾形 和樹; 丹那 晃央; 禿 恵明; 稗田 将之; 高谷 光; 村橋 俊一; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月27日
      • 白金結合型ペプチドの合成、構造および自己組織化特性
        芳賀 祐輔; 磯崎 勝弘; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月27日
      • 金属結合型ノルバリンペプチドの合成および構造
        中谷 昭彦; 磯崎 勝弘; 高谷 光; 直田 健
        第88回日本化学会春季年会, 2008年03月27日
      • シックハウスガス可視化検知のためのベイポクロミック有機結晶の開発と粉末X線構造解析
        髙谷 光
        理研シンポジウム「分析・解析技術と化学の最先端」, 2007年12月07日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御
        髙谷 光
        若い世代の特別講演,第88回日本化学会春季年会, 2007年12月07日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属精密集積制御
        髙谷 光
        分子研シンポジウム「金属と分子集合-新領域創製を目指して」, 2007年06月02日, 招待有り
      • メタル化アミノ酸を用いる金属集積制御と機能開拓
        髙谷 光
        住友化学有機合成研究所 講演会, 2007年05月31日, 招待有り
      • 環状2核パラジウム錯体の超音波応答性分子集合における発光特性
        和久田幸嗣; 高谷 光; 直田 健
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月27日
      • 芳香族ジイミド誘導体による多孔質有機結晶のベイポクロミズム
        高橋永次; 高谷 光; 直田 健
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月27日
      • パラジウム結合型--グルタミン酸の超音波刺激応答性分子集合における構造依存性
        小川克浩; 磯崎勝弘; 高谷 光; 直田 健
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月26日
      • パラジウム結合型ジペプチドのレーザー応答性自己組織化
        磯崎勝弘; 高谷 光; 直田 健; 片山哲郎; 伊都将司; 宮坂 博
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日
      • 金属結合型ジペプチドの超音波応答性自己組織化における金属依存性
        芳賀祐輔; 磯崎勝弘; 高谷 光; 直田 健
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日
      • 白金結合型ノルバリン誘導体の自己組織化
        中谷昭彦; 磯崎勝弘; 高谷 光; 直田 健
        日本化学会第87春季年会, 2007年03月25日
      • メタル化ペプチドを用いる金属集積と機能創出
        髙谷 光
        第一回元素相乗系若手コロキウム「元素相乗系化学との遭遇」, 2007年03月08日, 招待有り
      • メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御
        髙谷 光
        第1回京都大学有機化学系COE合同シンポジウム「精密有機合成の多様性と展望」, 2006年07月11日, 招待有り
      • 遷移金属化合物に関する理論的研究
        髙谷 光
        平成18年度PIO研究会, 2006年06月24日, 招待有り
      • 計算化学的アプローチによる生理活性化合物制御
        髙谷 光
        第一回ゼルンボン研究会, 2006年06月03日, 招待有り
      • ポリメタル化ペプチドの創製を目指した遷移金属結合型アミノ酸の開発
        髙谷 光
        松下電器産業(株)先端科学研究所, 2005年08月26日, 招待有り
      • ポリメタル化ペプチドの創製を目指した遷移金属結合型アミノ酸の開発
        髙谷 光
        アステラス製薬羽咋セミナー, 2005年08月08日, 招待有り
      • 触媒的炭素―炭素結合切断反応の開発とポリマーのケミカルリサイクルへの応用
        髙谷 光
        環境資源工学会第114回例会, 2005年06月02日, 招待有り
      • ポリメタル化ペプチドの創製を目指した遷移金属結合型アミノ酸の開発
        髙谷 光
        癌研究会癌研究所蛋白質創製部門 第18回 Craftie Salon, 2005年06月02日, 招待有り
      • イリジウム触媒を用いる炭素―炭素結合切断反応の開発:ポリマーのケミカルリサイクルを目指した取り組み
        髙谷 光
        第9回近畿大学学術フロンティアセミナー, 2005年04月28日, 招待有り
      • Transition-Metal-Based Lewis Acid and Base Catalysts of Iridium Hydride Complexes: Multicomponent Synthesis of Glutarimides
        髙谷 光
        229th ACS National Meeting, 2005年03月17日
      • Transition-Metal-Based Lewis Acid-Base Catalysts for Environmentally Benign Processes
        髙谷 光
        静岡大学理学部化学科 講演会, 2004年12月17日, 招待有り
      • 触媒的炭素―炭素結合切断反応の開発とポリマーのケミカルリサイクルへの応用
        髙谷 光
        関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団, 2004年12月17日, 招待有り
      • 多機能型イリジウム触媒を用いる多成分連結反応
        髙谷 光
        名古屋大学21世紀COE第1回無機化学若手研究会, 2004年11月14日, 招待有り
      • C-H結合活性化を鍵とする多成分連結反応の開発
        髙谷 光
        第82回日本化学会秋季年会, 2002年09月26日, 招待有り
      • 遷移金属ルイス酸および塩基触媒の開発とコンビケムを指向した多成分連結反応への応用
        髙谷 光
        Combinatorial Chemistry 研究会第15回公開セミナー, 2002年09月19日, 招待有り
      • Iridium Hydride Complex Catalyzed Addition of Pronucleophiles to Carbon-Nitrogen Triple Bonds of Nitriles
        髙谷 光
        222th ACS National Meeting, 2001年08月30日
      • Transition-Metal Hydride Complexes as Chimera Catalysts for Transformation of Nitriles
        髙谷 光
        MERCK & Co. Inc. Symposium, 2000年08月19日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 錯体化合物辞典
        髙谷 光, 共著, No. 367: FeHC6Si2
        朝倉書店, 2018年12月, 査読無し
      • Bioorganometallic Chemistry
        髙谷 光, 共著, 第10章 Metal Array Fabrication based on Self-Assembly of Metalated Amino Acids and Peptides
        Elsevier, 2018年11月, 査読無し
      • Briefs in Molecular Science Series
        髙谷 光, 共著, Metalated Amino Acids and Peptides: Programmable Metal Array Fabrication and Application to Supramolecular Catalys
        Springer, 2013年06月, 査読無し
      • 金属と分子集合-最新技術と応用-
        髙谷 光, 共著, メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御-組成・配列・空間配置と機能開拓
        シーエムシー出版, 2010年07月, 査読無し
      • バイオナノプロセス-溶液中でナノ構造を作るウェット・テクノロジーの薦め-
        髙谷 光, 共著, メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御
        シーエムシー出版, 2008年03月, 査読無し
      • Iridium - Catalyzed Addition of Carbon Pronuoleophiles to CN Triple Bonds of Nitriles
        GRATAMA WORKSHOP 2000 CONFERENCE REPORT, 2000年, 査読無し

      産業財産権

      • セルロース及び/又はヘミセルロースの製造方法
        高谷 光
      • イミダゾール誘導体の製造方法
        高谷 光
      • 金属イミド錯体及びこれを用いた基質変換方法
        髙谷 光
      • 非対称ビス(1,2−ジアリールアミノ)ベンゼン類及びその製造方法
        中村 正治; 高谷 光; 畠山 琢次; 鈴木 毅; 今吉 隆治; 青木 雄真; 萩原 秀樹; 曽我 真一
      • フェノール誘導体の製造方法
        渡辺 隆司; 中村 正治; 高谷 光; 勝山 勇; 福田 健治
      • フェノール誘導体の製造方法
        渡辺 隆司; 中村 正治; 高谷 光; 福田 健治; 下平 晴記
      • トリアリールアミン類の製造方法
        高谷 光
      • 発光ゲルの製造方法、その製造装置、及び発光デバイス、並びに発光制御方法
        直田 健; 高谷 光
      • 2,6−ピペリジンジオン類の製造方法
        村橋 俊一; 高谷 光; 吉田 和徳

      Works(作品等)

      • ナノネット シリコンベースバイオコンピューティングシステムの開発
        自 2003年
      • 有機金属若手研究者の会 (代表幹事)
        自 2001年
      • 第31回有機反応若手の会 (代表幹事)
        自 1996年

      受賞

      • 2000年10月01日
        有機合成化学協会 , 研究企画賞(N.E.ケムキャット賞)
      • 2008年03月24日
        日本化学会, 若い世代の特別講演賞
      • 2012年12月16日
        Theme , Chemistry Journal Award
      • 2015年03月24日
        日本化学会, BCSJ賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 植物バイオマス循環資源化のためのメタル化ペプチド人工酵素の創製
        基盤研究(C)
        小区分33020:有機合成化学関連
        京都大学
        高谷 光
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        バイオマス;リグニン;セルロース;ペプチド;人工酵素
      • メタル化ペプチドを基盤とする人工酵素の創製
        基盤研究(B)
        京都大学
        高谷 光
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        メタル化アミノ酸;メタル化ペプチド;金属配列制御;超分子錯体;人工酵素;ペプチド中分子;リグニン;リグニン親和性ペプチド;木質バイオマス;Ru触媒;過酸化水素酸化;マイクロ波;マイクロ波有機合成;ペプチド;リグニン認識ペプチド;鉄触媒;酸化反応;アミノ酸;ファージディスプレイ
      • X線吸収分光による常磁性錯体触媒の溶液中分子構造解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高谷 光
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        鉄触媒;クロスカップリング;有機鉄錯体;X線吸収分光;XAFS;XANES;EXAFS;反応機構;クロスカップリング反応;均一系触媒反応;溶液XAS;放射光;鉄錯体;SPring-8;溶液構造;常磁性金属錯体
      • メタル化アミノ酸・ペプチドを基盤とする機能性超分子空間の創出
        基盤研究(B)
        京都大学
        高谷 光
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        メタル化アミノ酸;メタル化ペプチド;自己組織化;超分子;金属配列制御;酸化反応;Ru;アミノ酸;ペプチド;Ru錯体;ヘリックス;超分子触媒;人工酵素;超分子ゲル
      • 3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        首都大学東京
        野村 琴広
        自 2014年06月27日, 至 2019年03月31日, 完了
        触媒・化学プロセス;合成化学;有機金属化学;分子触媒化学;触媒設計学;協奏機能表面;環境調和型合成手法;効率炭素-炭素結合形成;効率炭素ー炭素結合形成;触媒・化学プロセス;効率炭素-炭素結合形成
      • 配位プログラミングによるメタル化ペプチド超構造体の創製と超分子触媒への展開
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        高谷 光
        自 2012年06月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        アミノ酸;ペプチド;超分子;メタル化アミノ酸;メタル化ペプチド;β-シート;超分子触媒;ナノチューブ;自己組織化;β-バレル
      • メタル化ペプチドによる金属集積制御と多元素協働機能触媒の創出
        基盤研究(C)
        京都大学
        高谷 光
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        メタル化アミノ酸;メタル化ペプチド;ペプチド科学;超分子触媒;アミノ酸;ペプチド;超分子ゲル;超分子;自己組織化;多機能触媒;超分子化学;酸化反応;循環型炭素資源
      • 分子エレクトロニクスのためのメタル化ペプチド創製と機能開拓
        若手研究(B)
        京都大学;大阪大学
        高谷 光
        完了
        ペプチド;アミノ酸;超分子ゲル;超音波;異種金属集積型分子;分子エレクトロニクス;メタル化アミノ酸;メタル化ペプチド;分子コンデンサー;ベイポクロミズム;有機結晶センサー;シックハウスガス;ポテンシャル場;白金;パラジウム
      • 音響応答性分子集合の精密制御に基づく機能性物質の創製
        基盤研究(B)
        大阪大学
        直田 健
        完了
        パラジウム錯体;瞬時ゲル化;超音波;分子集合;流動性制御, palladium complex;instant gelation;untrasound;molecular aggregation;control of fluidity
      • 多成分連結反応のためのポリメタル化ペプチド錯体触媒の開発
        若手研究(B)
        大阪大学
        高谷 光
        完了
        メタル化ペプチド;メタル化アミノ酸;超分子ゲル;超音波;多成分連結反応;金属集積型分子;α-ヘリックス;β-シート;ペプチド;遷移金属;触媒ライブラリー;ゲル化;ナノワイヤー
      • 音響で集合する分子の合理設計を基盤とする安定有機流動体の瞬時ゲル化技術の開拓
        萌芽研究
        大阪大学
        直田 健
        完了
        超音波;瞬時ゲル化;パラジウム錯体;音響応答
      • 塩基代替型新触媒機能を有する反応性遷移金属シアノカルバニオンの創製
        基盤研究(B)
        大阪大学
        直田 健
        完了
        ルテニウム錯体;シアノカルバニオン;炭素-炭素結合形成;ルテニウム;シアノカルバニオン錯体, ruthenium;cyanocarbanion;carbon-carbon bond formation
      • 多機能型遷移金属錯体触媒を用いる多成分連結反応の開発
        若手研究(B)
        大阪大学
        高谷 光
        完了
        多機能型触媒;イリジウム;ルイス酸;塩基;グルタルイミド;多成分連結反応;ニトリル;C-H結合活性化;イリジウムヒドリド錯体;C-H活性化;CN3重結合活性化;グルタルイミド医薬品;環境調和型プロセス
      • 新規な二核錯体触媒を用いるニトリル類の触媒的変換反応の開発
        若手研究(B)
        大阪大学
        高谷 光
        完了
        二核錯体;ニトリル;水和;イリジウム;ロジウム;ルテニウム;4座配位子;PN配位子;二トリル;PN配位
      • 新規な複核ヒドリド錯体触媒の開発とそれを用いるC-H結合活性化に関する研究
        奨励研究(A)
        大阪大学
        高谷 光
        完了
        C-H結合活性化;複核錯体;ヒドリド錯体;PN配位子;4座配位子;イリジウム;ロジウム;ルテニウム;ルイス酸;塩基
      • P-450酵素型酸化触媒反応の開拓と有機合成への応用
        基盤研究(A)
        大阪大学
        村橋 俊一
        完了
        アルカンの酸化;シクロヘキサンの酸素酸化;第3アミンの酸化;アミドの酸化;ルテニウム触媒;銅触媒;過酸化物酸化;アルコールの酸化;フェノールの酸化;アルカンの酸素;アルチルヒドロペルオキシド;過酢酸, Oxidation of Alkanes;Aerobic Oxidation;Oxidation of Cyclohexane;Oxidation of Amines;Oxidation of Amides;Ruthenium Catalyst;Copper Catalyst;Peroxides

      外部資金:その他

      • 電磁波応答性触媒反応を介した植物からのリグニン系機能性ポリマーの創出/リグニン精密分解のためのメタル化ペプチド触媒の開発
        独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST
        自 2012年10月01日, 至 2017年03月31日
        渡辺 隆司
      • 有機合成用鉄触媒の高機能化/分子性金属種の解析手法の開発、ニッケル触媒の設計指針の確立と特異的な反応開発、および超分子反応場の構築・反応制御
        独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST
        自 2012年04月01日, 至 2018年03月31日
        永島 英夫
      • メタル化ペプチドを用いる金属の組成・配列・空間配置制御と異種金属集積型分子デバイスの創製
        独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
        自 2006年10月01日, 至 2010年03月31日
        高谷 光
      • 近赤外発光特性を有するアミノ酸の開発
        地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘
        自 2009年07月08日, 至 2010年03月31日
        高谷 光
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機金属化学2
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          有機金属化学2
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物質エネルギー化学特論第三
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物質エネルギー化学特論第四
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          有機金属化学2
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          先端有機化学続論
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          先端有機化学続論
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先端有機化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機分光学
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科

        指導学生の業績:受賞

        • 日本科学協会 笹川研究助
          寺井 宏樹, 日本科学協会, 2003年03月12日
        • 大阪大学21世紀COE「自然共生化学の創成」平成17年度準優秀論文賞
          寺井 宏樹, 大阪大学, 2005年12月10日
        • 日本化学会第86春季年会 学生講演賞
          磯崎 勝弘, 日本化学会, 2006年04月25日
        • 日本化学会第88回春季年会 学生講演賞
          和久田 幸嗣, 日本化学会, 2008年04月25日
        • 第19回基礎有機化学討論会ポスター賞
          高橋 永次, 第19回基礎有機化学討論会, 2009年06月11日
        • 第61回リグニン討論会 学生口頭発表賞
          吉田 亮太, リグニン学会, 2016年10月27日
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2021年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            宇治地区実験系廃棄物処理委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所広報委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            宇治地区化学物質管理委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所広報委員会委員
          list
            Last Updated :2022/05/13

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2019年04月, 至 現在
              課題選定委員, 京都大学学内委員 国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会
            • 自 2019年, 至 現在
              機関紙編集委員, 日本電磁波エネルギー応用学会(JEMEA)
            • 自 2017年, 至 現在
              「SPring-8先端放射光技術による化学イノベーション研究会」代表, SPring-8利用推進懇談会
            • 自 2016年, 至 現在
              委員, 京都大学 化学研究所 共同利用・共同研究拠点推進委員会
            • 自 2015年04月, 至 現在
              ATP企画 委員, 日本化学会
            • 自 2021年04月, 至 2022年03月
              副委員長, 京都大学 化学研究所 化学研究所広報委員会
            • 自 2020年04月, 至 2021年03月
              委員, 京都大学 化学研究所 化学研究所広報委員会
            • 自 2019年, 至 2020年
              幹事委員, 日本学術振興会 産学協力研究委員会「電磁波励起反応場 R024委員会」
            • 自 2019年, 至 2020年
              「電磁波励起反応場 R024委員会」 幹事委員, 日本学術振興会 産学協力研究委員会
            • 自 2018年10月, 至 2019年09月
              討論会実行委員, 日本XAFS研究会
            • 自 2018年04月, 至 2019年03月
              委員, 京都大学 化学研究所総務・教務委員会
            • 自 2017年, 至 2019年
              幹事委員, 日本学術振興会 産学協力研究委員会「電磁波励起反応場第188委員会」
            • 自 2017年, 至 2019年
              幹事, 有機合成化学協会近畿地区
            • 自 2017年, 至 2019年
              「電磁波励起反応場第188委員会」 幹事委員, 日本学術振興会 産学協力研究委員会
            • 自 2019年
              委員, 京都大学 化学研究所安全衛生委員会
            • 自 2017年04月, 至 2018年04月
              近畿地区幹事, 有機合成化学協会 近畿支部
            • 自 2017年04月, 至 2018年03月
              宇治地区代表委員, 京都大学学内委員 環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会
            • 自 2017年, 至 2018年
              委員, 京都大学 宇治地区化学物質管理委員会
            • 自 2018年
              XAFS討論会実行委員, 日本XAFS研究会
            • 自 2015年, 至 2017年
              「放射光を用いたその場計測研究会」代表, SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)研究会
            • 自 2015年04月, 至 2016年03月
              委員, 京都大学 化学研究所 化学研究所広報委員会
            • 自 2015年, 至 2016年
              委員, 京都大学 化学研究所図書委員会
            • 自 2015年, 至 2016年
              委員, 京都大学 宇治地区実験系廃棄物処理委員会
            • 自 2016年
              委員, 京都大学 化学研究所講演委員会
            • 自 2013年04月, 至 2014年03月
              代議委員, 日本化学会
            • 自 2013年04月, 至 2014年03月
              委員, 京都大学 化学研究所総務・教務委員会
            • 自 2013年, 至 2014年
              「革新的分子集積マテリアル研究会」代表, SPring-8ユーザー協同体(SPRUC)研究会
            • 自 2013年
              代議員, 日本化学会「化学と工業」誌
            • 自 2006年04月, 至 2010年03月
              「化学と工業」誌 編集委員, 日本化学会

            ページ上部へ戻る