教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

石井 暁

イシイ アキラ

医学部附属病院 脳神経外科 特定准教授

石井 暁
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学内兼務

    • 医学研究科, 医学研究科 医学専攻

    所属学協会

    • 自 2007年, 至 現在
      World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
    • Mt. Fuji Workshop on CVD
    • 日本心血管脳卒中学会
    • 日本脳神経外科コングレス
    • 日本脳卒中の外科学会
    • 日本脳卒中学会
    • 日本脳神経血管内治療学会
    • 日本脳神経外科学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程脳統御医科学系専攻, 研究指導認定退学
    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程脳統御医科学系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      福岡県立東筑高校, とうちく

    経歴

    • 自 2016年08月, 至 2020年07月
      京都大学大学院医学研究科, 脳神経外科, 講師, 医学博士
    • 自 2020年07月, 至 現在
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 特定准教授, 医学博士
    • 自 2016年04月, 至 2016年07月
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 特定講師, 医学博士
    • 自 2015年04月, 至 2016年03月
      平成紫川会 小倉記念病院, 脳神経外科, 主任部長, 医学博士
    • 自 2014年10月, 至 2015年03月
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 助教, 医学博士
    • 自 2013年04月, 至 2014年09月
      康生会 武田病院, 脳卒中センター・脳神経外科, 部長, 医学博士
    • 自 2008年05月, 至 2013年03月
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 助教
    • 自 2007年09月, 至 2008年04月
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 医員
    • 自 2006年10月, 至 2007年08月
      神戸市立医療センター中央市民病院, 脳神経外科, 副医長
    • 自 2006年03月, 至 2006年09月
      University of California, Los Angeles, Division of Interventional Neuroradiology, Department of Radiology, adjunct assistant professor
    • 自 2004年04月, 至 2006年02月
      University of California, Los Angeles, Division of Interventional Neuroradiology, Department of Radiology, Visiting Researcher
    • 自 1997年05月, 至 2000年03月
      倉敷中央病院, 脳神経外科, 研修医・医員
    • 自 1996年05月, 至 1997年04月
      京都大学医学部附属病院, 脳神経外科, 研修医

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ


        1)生体吸収性脳動脈瘤ステントの開発
        2)人工知能を用いた脳卒中診断および治療の迅速化
      • 研究概要


        1) さまざまな生体吸収性材料を用いて、動脈瘤治療に用いられるステント型デバイスを開発している。これにより抗血小板薬投与期間の大幅な短縮が可能となる。
        2) 脳主幹動脈閉塞症で機械的血栓回収術が著効する症例を人工知能を用いて短時間に診断し治療につなげる試みを行っている。

      研究キーワード

      • 人工知能
      • 近赤外線
      • 生体吸収性ステント

      研究分野

      • ライフサイエンス, 脳神経外科学
      • ライフサイエンス, 医用システム, 人工知能
      • ライフサイエンス, 生体医工学, 生体吸収性ステント

      論文

      • Impact of thrombus migration on clinical outcomes in patients with internal carotid artery occlusions and patent middle cerebral artery
        Junpei Koge; Shoji Matsumoto; Ichiro Nakahara; Akira Ishii; Taketo Hatano; Yujiro Tanaka; Daisuke Kondo; Jun-ichi Kira; Izumi Nagata
        Journal of the Neurological Sciences, 2020年05月
      • 脳卒中急性期診療におけるチーム医療支援ICTシステムTask Calc. Strokeの開発
        松本 省二; 小山 裕司; 中原 一郎; 石井 暁; 波多野 武人; 太田 剛史; 古田 興之介; 田中 弘二; 須山 嘉雄; 沖田 晋平; 永田 泉; 吉良 潤一
        脳血管内治療, 2019年11月, 査読有り
      • 急性期脳卒中診療支援ICTシステムTask Calc.Stroke(タスカル)の開発
        松本 省二; 小山 裕司; 中原 一郎; 石井 暁; 波多野 武人; 太田 剛史; 古田 興之介; 田中 弘二; 小田 淳平; 我那覇 司; 永田 泉; 吉良 潤一
        脳血管内治療, 2018年11月, 査読有り
      • 急性期主幹動脈閉塞の診断と治療における人工知能の活用の取組み
        西 秀久; 石井 暁; 大石 直也; 佐々木 夏一; 小野 功朗; 片野 雄大; 定政 信猛; 波多野 武人; 中原 一郎; 坂井 信幸; 木村 和美; 宮本 享
        脳血管内治療, 2020年11月
      • 脳神経圧迫症状で発症した動脈瘤に対してFlow Diverter留置後の経過の検討
        山尾 幸広; 石井 暁; 西 秀久; 安部倉 友; 片野 雄大; 大川 将和; 菊池 隆幸; 宮本 享
        脳血管内治療, 2018年11月
      • 塞栓源不明脳塞栓症における血栓病理
        片野 雄大; 大久保 誠二; 西 秀久; 山尾 幸広; 大川 将和; 菊池 隆幸; 石井 暁; 木村 和美; 宮本 享
        脳血管内治療, 2018年11月
      • Flow diverter留置後のjailing branchに関する検討
        大川 将和; 石井 暁; 西 秀久; 安部倉 友; 片野 雄大; 山尾 幸広; 菊池 隆幸; 宮本 享
        脳血管内治療, 2018年11月
      • Flow diverter留置術後の抗血小板療法と遠隔期合併症の関係
        西 秀久; 石井 暁; 片野 雄大; 安部倉 友; 千原 英夫; 山尾 幸広; 大川 将和; 菊池 隆幸; 宮本 享
        脳血管内治療, 2018年11月
      • 頚動脈ステント留置術後再狭窄の同側脳梗塞発症リスクと予測因子
        宮田 悠; 中原 一郎; 石井 暁; 太田 剛史; 定政 信猛; 松本 省二; 甲斐 康稔; 石橋 良太; 五味 正憲; 坂 真人; 岡田 卓也; 瀧田 亘; 西 秀久; 園田 和隆; 高下 純平; 渡邉 定克; 永田 泉
        Journal of Neuroendovascular Therapy, 2015年
      • Clinical trial of carotid artery stenting using dual-layer CASPER stent for carotid endarterectomy in patients at high and normal risk in the Japanese population.
        Hirotoshi Imamura; Nobuyuki Sakai; Yasushi Matsumoto; Hiroshi Yamagami; Tomoaki Terada; Toshiyuki Fujinaka; Shinichi Yoshimura; Kenji Sugiu; Akira Ishii; Yuji Matsumaru; Takashi Izumi; Hidenori Oishi; Toshio Higashi; Koji Iihara; Naoya Kuwayama; Yasushi Ito; Masato Nakamura; Akio Hyodo; Kuniaki Ogasawara
        Journal of neurointerventional surgery, 2021年06月
      • Preoperative obliteration of choroidal arteries in the treatment of large hypervascular tumors in the lateral ventricle.
        Yukihiro Yamao; Kazumichi Yoshida; Akira Ishii; Masahiro Tanji; Masakazu Okawa; Yohei Mineharu; Takayuki Kikuchi; Yoshiki Arakawa; Hiroharu Kataoka; Yasushi Takagi; Susumu Miyamoto
        BMC neurology, 2021年03月12日
      • Clopidogrel response predicts thromboembolic events associated with coil embolization of unruptured intracranial aneurysms: A prospective cohort study.
        Eiji Higashi; Shoji Matsumoto; Ichiro Nakahara; Taketo Hatano; Akira Ishii; Nobutake Sadamasa; Tsuyoshi Ohta; Takuma Ishihara; Keisuke Tokunaga; Mitsushige Ando; Hideo Chihara; Konosuke Furuta; Tetsuya Hashimoto; Koji Tanaka; Kazutaka Sonoda; Junpei Koge; Wataru Takita; Takuro Hashikawa; Yusuke Funakoshi; Daisuke Kondo; Takahiko Kamata; Atsushi Tsujimoto; Takuya Matsushita; Hiroyuki Murai; Keitaro Matsuo; Takanari Kitazono; Junichi Kira
        PloS one, 2021年
      • [Indication and Technical Tips for Flow Diveter Placement:Pipeline and FRED].
        Akira Ishii
        No shinkei geka. Neurological surgery, 2021年01月
      • Candidate drugs for preventive treatment of unruptured intracranial aneurysms: A cross-sectional study.
        Kampei Shimizu; Hirotoshi Imamura; Shoichi Tani; Hidemitsu Adachi; Chiaki Sakai; Akira Ishii; Hiroharu Kataoka; Susumu Miyamoto; Tomohiro Aoki; Nobuyuki Sakai
        PloS one, 2021年
      • Changes in treatment strategy over time for arteriovenous malformation in a Japanese high-volume center.
        Katsuya Komatsu; Yasushi Takagi; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Yukihiro Yamao; Kazumichi Yoshida; Susumu Miyamoto
        BMC neurology, 2020年11月05日
      • A Case of Intracerebral Hemorrhage During the Untreated Course of a Benign Dural Arteriovenous Fistula.
        Yukihiro Yamao; Akira Ishii; So Matsukawa; Hidehisa Nishi; Hiroyuki Ikeda; Masakazu Okawa; Yohei Takenobu; Takayuki Kikuchi; Susumu Miyamoto
        World neurosurgery, 2020年08月
      • Deep Learning–Derived High-Level Neuroimaging Features Predict Clinical Outcomes for Large Vessel Occlusion
        Hidehisa Nishi; Naoya Oishi; Akira Ishii; Isao Ono; Takenori Ogura; Tadashi Sunohara; Hideo Chihara; Ryu Fukumitsu; Masakazu Okawa; Norikazu Yamana; Hirotoshi Imamura; Nobutake Sadamasa; Taketo Hatano; Ichiro Nakahara; Nobuyuki Sakai; Susumu Miyamoto
        Stroke, 2020年05月, 査読有り
      • Eicosapentaenoic acid prevents the progression of intracranial aneurysms in rats.
        Yu Abekura; Isao Ono; Akitsugu Kawashima; Katsumi Takizawa; Hirokazu Koseki; Haruka Miyata; Kampei Shimizu; Mieko Oka; Mika Kushamae; Susumu Miyamoto; Hiroharu Kataoka; Akira Ishii; Tomohiro Aoki
        Journal of neuroinflammation, 2020年04月24日, 査読有り
      • Activatable Fluorescence Imaging of Macrophages in Cerebral Aneurysms Using Iron Oxide Nanoparticles Conjugated With Indocyanine Green
        Hiroyuki Ikeda; Akira Ishii; Kohei Sano; Hideo Chihara; Daisuke Arai; Yu Abekura; Hidehisa Nishi; Masahiro Ono; Hideo Saji; Susumu Miyamoto
        Frontiers in Neuroscience, 2020年04月22日, 査読有り
      • A Case of Ischemic Stroke With Congenital Protein C Deficiency and Carotid Web Successfully Treated by Anticoagulant and Carotid Stenting
        Sadayoshi Watanabe; Shoji Matsumoto; Ichiro Nakahara; Akira Ishii; Taketo Hatano; Minako Mori; Eriko Morishita; Izumi Nagata
        Frontiers in Neurology, 2020年02月18日
      • The Current Status of Endovascular Treatment for Extracranial Steno-occlusive Diseases in Japan: Analysis Using the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 3 (JR-NET3).
        Yukihiro Yamao; Akira Ishii; Tetsu Satow; Koji Iihara; Nobuyuki Sakai
        Neurologia medico-chirurgica, 2020年01月15日
      • 脳動脈瘤治療用多孔性カバードステントシステム医師主導治験最終報告
        佐藤 徹; 坂井 信幸; 山本 晴子; 大石 英則; 石井 暁; 高橋 淳
        脳血管内治療, 2019年11月
      • 脳卒中急性期診療のための視覚的タスクマネジメントICTシステムの開発と試験運用
        松本 省二; 小山 裕司; 中原 一郎; 石井 暁; 波多野 武人; 古田 興之介; 田中 弘二; 須山 嘉雄; 小田 淳平; 我那覇 司; 鈴木 健也; 長谷部 朗子; 大見 達夫; 田邉 淳; 渡邉 定克; 陶山 謙一郎; 石原 拓磨; 永田 泉; 吉良 潤一
        臨床神経学, 2019年11月
      • Biodegradable Flow Diverter for the Treatment of Intracranial Aneurysms: A Pilot Study Using a Rabbit Aneurysm Model.
        Hidehisa Nishi; Akira Ishii; Isao Ono; Yu Abekura; Hiroyuki Ikeda; Daisuke Arai; Yukihiro Yamao; Masakazu Okawa; Takayuki Kikuchi; Akiyoshi Nakakura; Susumu Miyamoto
        Journal of the American Heart Association, 2019年10月15日, 査読有り
      • Expansive carotid artery remodeling: possible marker of vulnerable plaque.
        Kazumichi Yoshida; Tao Yang; Yu Yamamoto; Yoshitaka Kurosaki; Takeshi Funaki; Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Hiroharu Kataoka; Susumu Miyamoto
        Journal of neurosurgery, 2019年10月04日, 査読有り
      • Long-term Outcomes After Intraprocedural Aneurysm Rupture During Coil Embolization of Unruptured Intracranial Aneurysms.
        Yamagami K; Hatano T; Nakahara I; Ishii A; Ando M; Chihara H; Ogura T; Suzuki K; Kondo D; Kamata T; Higashi E; Sakai S; Sakamoto H; Iihara K; Nagata I
        World neurosurgery, 2019年10月, 査読有り
      • Predicting Clinical Outcomes of Large Vessel Occlusion Before Mechanical Thrombectomy Using Machine Learning.
        Nishi H; Oishi N; Ishii A; Ono I; Ogura T; Sunohara T; Chihara H; Fukumitsu R; Okawa M; Yamana N; Imamura H; Sadamasa N; Hatano T; Nakahara I; Sakai N; Miyamoto S
        Stroke, 2019年09月, 査読有り
      • A comparison of the prevalence and risk factors of complications in intracranial tumor embolization between the Japanese Registry of NeuroEndovascular Therapy 2 (JR-NET2) and JR-NET3
        Tomohito Hishikawa; Kenji Sugiu; Satoshi Murai; Yu Takahashi; Naoya Kidani; Shingo Nishihiro; Masafumi Hiramatsu; Isao Date; Tetsu Satow; Koji Iihara; Nobuyuki Sakai; Akio Hyodo; Shigeru Miyachi; Yoji Nagai; Chiaki Sakai; Tetsu Satoh; Waro Taki; Tomoaki Terada; Masayuki Ezura; Toshio Hyogo; Shunji Matsubara; Kentaro Hayashi; Toshiyuki Fujinaka; Yasushi Ito; Shigeki Kobayashi; Masaki Komiyama; Naoya Kuwayama; Yuji Matsumaru; Yasushi Matsumoto; Yuichi Murayama; Ichiro Nokahara; Shigeru Nemoto; Koichi Sato; Shinichi Yoshimura; Susumu Miyamoto; Kunihiro Nishimura; Kazunori Toyoda; Masaru Hirohata; Akira Ishii; Hirotoshi Imamura; Hidenori Oishi
        ACTA NEUROCHIRURGICA, 2019年08月
      • Development of a stent capable of the controlled release of basic fibroblast growth factor and argatroban to treat cerebral aneurysms: In vitro experiment and evaluation in a rabbit aneurysm model.
        Daisuke Arai; Akira Ishii; Hiroyuki Ikeda; Yu Abekura; Hidehisa Nishi; Susumu Miyamoto; Yasuhiko Tabata
        Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials, 2019年08月, 査読有り
      • Factors Associated with Postprocedural Diffusion-Weighted Imaging-Positive Lesions in Endovascular Treatment for Unruptured Cerebral Aneurysms.
        Tokunaga K; Hatano T; Nakahara I; Ishii A; Higashi E; Kamata T; Funakoshi Y; Hashikawa T; Takita W; Chihara H; Ando M; Sadamasa N; Kitazono T; Nagata I
        World neurosurgery, 2019年06月, 査読有り
      • Ex Vivo Assessment of Various Histological Differentiation in Human Carotid Plaque with Near-infrared Spectroscopy Using Multiple Wavelengths.
        Munemitsu T; Ishii A; Okada E; Chihara H; Yoshida K; Takahashi JC; Takagi Y; Miyamoto S
        Neurologia medico-chirurgica, 2019年05月, 査読有り
      • Evaluating the safety and technical effectiveness of a newly developed intravascular 'flow isolator' stent for the treatment of intracranial aneurysms: study protocol for a first-in-human single-arm multiple-site clinical trial in Japan.
        Yamamoto H; Hamasaki T; Onda K; Nakayama Y; Ishii A; Oishi H; Sakai N; Satow T
        BMJ open, 2019年05月, 査読有り
      • 血管壁評価を重視した頸動脈狭窄症に対する新たな治療戦略
        吉田 和道; 舟木 健史; 菊池 隆幸; 武信 洋平; 石井 暁; 高木 康志; 宮本 享
        脳卒中の外科, 2019年03月, 査読有り
      • Carotid Endarterectomy for Medical Therapy-Resistant Symptomatic Low-Grade Stenosis.
        Kazumichi Yoshida; Ryu Fukumitsu; Yoshitaka Kurosaki; Manabu Nagata; Yang Tao; Megumu Suzuki; Yu Yamamoto; Takeshi Funaki; Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Susumu Miyamoto
        World neurosurgery, 2019年03月, 査読有り
      • Predicting clinical outcomes of acute ischemic stroke due to large vessel occlusion: The approach to utilize high-dimensional neuroimaging data as a whole with deep learning
        Hidehisa Nishi; Naoya Oishi; Akira Ishii; Isao Ono; Takehiro Katano; Yu Abekura; Hideo Chihara; Yukihiro Yamao; Masakazu Okawa; Takayuki Kikuchi; Taketo Hatano; Ichiro Nakahara; Susumu Miyamoto
        International Stroke Conference 2019, 2019年02月, 査読有り
      • A Visual Task Management Application for Acute Ischemic Stroke Care.
        Matsumoto S; Koyama H; Nakahara I; Ishii A; Hatano T; Ohta T; Tanaka K; Ando M; Chihara H; Takita W; Tokunaga K; Hashikawa T; Funakoshi Y; Kamata T; Higashi E; Watanabe S; Kondo D; Tsujimoto A; Furuta K; Ishihara T; Hashimoto T; Koge J; Sonoda K; Torii T; Nakagaki H; Yamasaki R; Nagata I; Kira JI
        Frontiers in neurology, 2019年, 査読有り
      • [Possible Segmental Arterial Mediolysis Associated with Intraperitoneal Hemorrhage in the Acute Stage of Subarachnoid Hemorrhage:A Case Report].
        Ohara J; Yamao Y; Ishii A; Shimizu H; Kikuchi T; Takenobu Y; Komatsu K; Ikeda H; Inada T; Nishi H; Abekura Y; Miyamoto S
        No shinkei geka. Neurological surgery, 2019年01月, 査読有り
      • Successful Reperfusion with Endovascular Therapy Has Beneficial Effects on Long-Term Outcome Beyond 90 Days.
        Kenichi Todo; Nobuyuki Sakai; Hirotoshi Imamura; Hiroshi Yamagami; Hidemitsu Adachi; Tomoyuki Kono; Junya Kobayashi; Shiro Yamamoto; Takeshi Morimoto; Shoichi Tani; Michi Kawamoto; Manabu Sakaguchi; Yasushi Ueno; Takeharu Kunieda; Osamu Narumi; Chiaki Sakai; Akira Ishii; Taku Hoshi; Masaomi Koyanagi; Yohei Mineharu; Tatsuya Ishikawa; Yoji Kuramoto; Shinsuke Sato; Nobuyuki Ohara; Koichi Arimura; Hajime Nakamura; Takeo Nishida; Yasufumi Gon; Toshiyuki Fujinaka; Kazuhisa Yoshiya; Haruhiko Kishima; Hideki Mochizuki; Nobuo Kohara
        Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland), 2019年, 査読有り
      • Parent Artery Occlusion for Unruptured Cerebral Aneurysms: Results of the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy 3.
        Nishi H; Ishii A; Satow T; Iihara K; Sakai N; Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) investigators
        Neurologia medico-chirurgica, 2019年01月, 査読有り
      • Long-term outcomes of coil embolization of unruptured intracranial aneurysms.
        Koyanagi M; Ishii A; Imamura H; Satow T; Yoshida K; Hasegawa H; Kikuchi T; Takenobu Y; Ando M; Takahashi JC; Nakahara I; Sakai N; Miyamoto S
        Journal of neurosurgery, 2018年12月, 査読有り
      • Different learning curves between stent retrieval and a direct aspiration first-pass technique for acute ischemic stroke.
        Nishi H; Ishii A; Nakahara I; Matsumoto S; Sadamasa N; Kai Y; Ishibashi R; Yamamoto M; Morita S; Nagata I
        Journal of neurosurgery, 2018年12月, 査読有り
      • Ruptured intranidal aneurysm of an arteriovenous malformation diagnosed by delay alternating with nutation for tailored excitation (DANTE)-prepared contrast-enhanced magnetic resonance imaging.
        Komatsu K; Takagi Y; Ishii A; Kikuchi T; Yamao Y; Fushimi Y; Grinstead J; Ahn S; Miyamoto S
        Acta neurochirurgica, 2018年12月, 査読有り
      • 脳動脈瘤治療用多孔性カバードステントシステム医師主導治験中間報告
        佐藤 徹; 坂井 信幸; 山本 晴子; 大石 英則; 石井 暁; 中山 泰秀; 高橋 淳
        脳血管内治療, 2018年11月
      • Erratum. Contribution of the straightening effect of the parent artery to decreased recanalization in stent-assisted coiling of large aneurysms.
        Ishii A
        Journal of neurosurgery, 2018年11月, 査読有り
      • Activatable fluorescence imaging of macrophages in atherosclerotic plaques using iron oxide nanoparticles conjugated with indocyanine green
        Hiroyuki Ikeda; Akira Ishii; Kohei Sano; Hideo Chihara; Daisuke Arai; Yu Abekura; Hidehisa Nishi; Masahiro Ono; Hideo Saji; Susumu Miyamoto
        Atherosclerosis, 2018年08月01日, 査読有り
      • 放射線治療後の頸動脈狭窄症に関する前向き観察研究の初期データ
        山本 優; 吉田 和道; 楊 祷; 鈴木 芽; 舟木 健史; 菊池 隆幸; 武信 洋平; 石井 暁; 片岡 大治; 宮本 亨
        Neurosonology, 2018年06月, 査読有り
      • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術の長期治療成績
        小柳 正臣; 石井 暁; 今村 博敏; 佐藤 徹; 吉田 和道; 長谷川 仁; 菊池 隆幸; 武信 洋平; 高橋 淳; 中原 一郎; 坂井 信幸; 宮本 享
        脳血管内治療, 2017年11月
      • Occlusion Status on Magnetic Resonance Angiography Is Associated with Risk of Delayed Ischemic Events in Cerebral Aneurysms Treated with Stent-Assisted Coiling
        Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Hideo Chihara; Daisuke Arai; Mitsushige Ando; Yohei Takenobu; Tomohisa Okada; Yasushi Takagi; Susumu Miyamoto
        WORLD NEUROSURGERY, 2017年11月, 査読有り
      • Contribution of the straightening effect of the parent artery to decreased recanalization in stent-assisted coiling of large aneurysms
        Akira Ishii; Hideo Chihara; Takayuki Kikuchi; Daisuke Arai; Hiroyuki Ikeda; Susumu Miyamoto
        JOURNAL OF NEUROSURGERY, 2017年11月, 査読有り
      • Deployment technique that takes advantage of the characteristics of Enterprise VRD2: an in vitro study
        Hideo Chihara; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Hiroyuki Ikeda; Daisuke Arai; Susumu Miyamoto
        JOURNAL OF NEUROINTERVENTIONAL SURGERY, 2017年10月, 査読有り
      • Improving treatment times for patients with in-hospital stroke using a standardized protocol
        Junpei Koge; Shoji Matsumoto; Ichiro Nakahara; Akira Ishii; Taketo Hatano; Nobutake Sadamasa; Yasutoshi Kai; Mitsushige Ando; Makoto Saka; Hideo Chihara; Wataru Takita; Keisuke Tokunaga; Takahiko Kamata; Hidehisa Nishi; Tetsuya Hashimoto; Atsushi Tsujimoto; Jun-ichi Kira; Izumi Nagata
        JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 2017年10月, 査読有り
      • The drug delivery system used in interventional radiology
        Hidehisa Nishi; Akira Ishii
        Drug Delivery System, 2017年, 査読有り
      • Ruptured Aneurysms of the Occipital Artery Associated with Congenital Occipital Bone Defect
        Toshinari Kawasaki; Kazumichi Yoshida; Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Yasushi Takagi; Susumu Miyamoto
        WORLD NEUROSURGERY, 2017年01月, 査読有り
      • Histological examination of vascular damage caused by stent retriever thrombectomy devices
        Daisuke Arai; Akira Ishii; Hideo Chihara; Hiroyuki Ikeda; Susumu Miyamoto
        JOURNAL OF NEUROINTERVENTIONAL SURGERY, 2016年10月, 査読有り
      • Platelet reactivity and hemorrhage risk in neurointerventional procedures under dual antiplatelet therapy
        Hidehisa Nishi; Ichiro Nakahara; Shoji Matsumoto; Tetsuya Hashimoto; Tsuyoshi Ohta; Nobutake Sadamasa; Ryota Ishibashi; Masanori Gomi; Makoto Saka; Haruka Miyata; Sadayoshi Watanabe; Takuya Okata; Kazutaka Sonoda; Junpei Kouge; Akira Ishii; Izumi Nagata; Jun-ichi Kira
        JOURNAL OF NEUROINTERVENTIONAL SURGERY, 2016年09月, 査読有り
      • In vivo detection of atherosclerotic plaque using non-contact and label-free near-infrared hyperspectral imaging.
        Chihara H; Oishi N; Ishii A; Munemitsu T; Arai D; Ikeda H; Miyamoto S
        Atherosclerosis, 2016年07月, 査読有り
      • Training guidelines for endovascular stroke intervention: an international multi-society consensus document
        S. D. Lavine; K. Cockroft; B. Hoh; N. Bambakidis; A. A. Khalessi; H. Woo; H. Riina; A. Siddiqui; J. A. Hirsch; W. Chong; H. Rice; J. Wenderoth; P. Mitchell; A. Coulthard; T. J. Signh; C. Phatorous; M. Khangure; P. Klurfan; K. ter Brugge; D. Iancu; T. Gunnarsson; O. Jansen; M. Muto; I. Szikora; L. Pierot; P. Brouwer; J. Gralla; S. Renowden; T. Andersson; J. Fiehler; F. Turjman; P. White; A. C. Januel; L. Spelle; Z. Kulcsar; R. Chapot; A. Biondi; S. Dima; C. Taschner; M. Szajner; A. Krajina; N. Sakai; Y. Matsumaru; S. Yoshimura; M. Ezura; T. Fujinaka; K. Iihara; A. Ishii; T. Higashi; M. Hirohata; A. Hyodo; Y. Ito; M. Kawanishi; H. Kiyosue; E. Kobayashi; S. Kobayashi; N. Kuwayama; Y. Matsumoto; S. Miyachi; Y. Murayama; I. Nagata; I. Nakahara; S. Nemoto; Y. Niimi; H. Oishi; J. Satomi; T. Satow; K. Sugiu; M. Tanaka; T. Terada; H. Yamagami; O. Diaz; P. Lylyk; M. V. Jayaraman; A. Patsalides; C. D. Gandhi; S. K. Lee; T. Abruzzo; B. Albani; S. A. Ansari; A. S. Arthur; B. W. Baxter; K. R. Bulsara; M. Chen; J. E. Delgado Almandoz; J. F. Fraser; D. V. Heck; S. W. Hetts; M. S. Hussain; R. P. Klucznik; T. M. Leslie-Mawzi; W. J. Mack; R. A. McTaggart; P. M. Meyers; J. Mocco; C. J. Prestigiacomo; G. L. Pride; P. A. Rasmussen; R. M. Starke; P. J. Sunenshine; R. W. Tarr; D. F. Frei; M. Ribo; R. G. Nogueira; O. O. Zaidat; T. Jovin; I. Linfante; D. Yavagal; D. Liebeskind; R. Novakovic; S. Pongpech; G. Rodesch; M. Soderman; A. Taylor; T. Krings; D. Orbach; L. Picard; D. C. Suh; H. Q. Zhang
        NEURORADIOLOGY, 2016年06月, 査読有り
      • Training Guidelines for Endovascular Ischemic Stroke Intervention: An International Multi-Society Consensus Document
        S. D. Lavine; K. Cockroft; B. Hoh; N. Bambakidis; A. A. Khalessi; H. Woo; H. Riina; A. Siddiqui; J. A. Hirsch; W. Chong; H. Rice; J. Wenderoth; P. Mitchell; A. Coulthard; T. J. Signh; C. Phatorous; M. Khangure; P. Klurfan; K. terBrugge; D. Iancu; T. Gunnarsson; O. Jansen; M. Muto; I. Szikora; L. Pierot; P. Brouwer; J. Gralla; S. Renowden; T. Andersson; J. Fiehler; F. Turjman; P. White; A. C. Januel; L. Spelle; Z. Kulcsar; R. Chapot; L. Spelle; A. Biondi; S. Dima; C. Taschner; M. Szajner; A. Krajina; N. Sakai; Y. Matsumaru; S. Yoshimura; M. Ezura; T. Fujinaka; K. Iihara; A. Ishii; T. Higashi; M. Hirohata; A. Hyodo; Y. Ito; M. Kawanishi; H. Kiyosue; E. Kobayashi; S. Kobayashi; N. Kuwayama; Y. Matsumoto; S. Miyachi; Y. Murayama; I. Nagata; I. Nakahara; S. Nemoto; Y. Niimi; H. Oishi; J. Satomi; T. Satow; K. Sugiu; M. Tanaka; T. Terada; H. Yamagami; O. Diaz; P. Lylyk; M. V. Jayaraman; A. Patsalides; C. D. Gandhi; S. K. Lee; T. Abruzzo; B. Albani; S. A. Ansari; A. S. Arthur; B. W. Baxter; K. R. Bulsara; M. Chen; J. E. Delgado Almandoz; J. F. Fraser; D. V. Heck; S. W. Hetts; M. S. Hussain; R. P. Klucznik; T. M. Leslie-Mawzi; W. J. Mack; R. A. McTaggart; P. M. Meyers; J. Mocco; C. J. Prestigiacomo; G. L. Pride; P. A. Rasmussen; R. M. Starke; P. J. Sunenshine; R. W. Tarr; D. F. Frei; M. Ribo; R. G. Nogueira; O. O. Zaidat; T. Jovin; I. Linfante; D. Yavagal; D. Liebeskind; R. Novakovic; S. Pongpech; G. Rodesch; M. Soderman; K. terBrugge; A. Taylor; T. Krings; D. Orbach; A. Biondi; L. Picard; D. C. Suh; M. Tanaka; H. Q. Zhang
        AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • Immunohistochemical Analysis of Sox17 Associated Pathway in Brain Arteriovenous Malformations
        Yulius Hermanto; Yasushi Takagi; Akira Ishii; Kazumichi Yoshida; Takayuki Kikuchi; Takeshi Funaki; Yohei Mineharu; Susumu Miyamoto
        WORLD NEUROSURGERY, 2016年03月, 査読有り
      • Histopathological Features of Brain Arteriovenous Malformations in Japanese Patients
        Yulius Hermanto; Yasushi Takagi; Kazumichi Yoshida; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Takeshi Funaki; Yohei Mineharu; Susumu Miyamoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2016年, 査読有り
      • Delayed aneurysm rupture due to residual blood flow at the inflow zone of the intracranial paraclinoid internal carotid aneurysm treated with the Pipeline embolization device: Histopathological investigation
        Hiroyuki Ikeda; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Mitsushige Ando; Hideo Chihara; Daisuke Arai; Etsuko Hattori; Susumu Miyamoto
        INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY, 2015年12月, 査読有り
      • Multimodal therapy for cerebral arteriovenous malformation: The role of embolization
        Akira Ishii; Susumu Miyamoto
        Japanese Journal of Neurosurgery, 2015年, 査読有り
      • 部分血栓化脳動脈瘤に対する瘤内塞栓術 動脈瘤縮小を目指した症例選択と治療戦略
        池田 宏之; 石井 暁; 長谷川 仁; 菊池 隆幸; 安藤 充重; 千原 英夫; 新井 大輔; 宮本 享
        JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 2014年12月
      • Usefulness of Tumor Blood Flow Imaging by Intraoperative Indocyanine Green Videoangiography in Hemangioblastoma Surgery
        Masato Hojo; Yoshiki Arakawa; Takeshi Funaki; Kazumichi Yoshida; Takayuki Kikuchi; Yasushi Takagi; Yoshio Araki; Akira Ishii; Takeharu Kunieda; Jun C. Takahashi; Susumu Miyamoto
        WORLD NEUROSURGERY, 2014年09月, 査読有り
      • 真のmixed pial-dural arteriovenous malformationの1例
        牧 貴紀; 舟木 健史; 高橋 淳; 高木 康志; 石井 暁; 菊池 隆幸; 吉田 和道; 牧野 恭秀; 宮本 享
        Neurological Surgery, 2014年08月, 査読有り
      • Surgical Dissection of the Internal Carotid Artery Under Flow Control by Proximal Vessel Clamping Reduces Embolic Infarcts During Carotid Endarterectomy
        Kazumichi Yoshida; Yoshitaka Kurosaki; Takeshi Funaki; Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Jun C. Takahashi; Yasushi Takagi; Sen Yamagata; Susumu Miyamoto
        WORLD NEUROSURGERY, 2014年07月, 査読有り
      • Differential Gene Expression in Relation to the Clinical Characteristics of Human Brain Arteriovenous Malformations
        Yasushi Takagi; Tomohiro Aoki; Jun C. Takahashi; Kazumichi Yoshida; Akira Ishii; Yoshiki Arakawa; Takayuki Kikuchi; Takeshi Funaki; Susumu Miyamoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年03月, 査読有り
      • Endovascular Treatment of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage in Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Hirotoshi Imamura; Nobuyuki Sakai; Chiaki Sakai; Toshiyuki Fujinaka; Akira Ishii
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年02月, 査読有り
      • Endovascular Treatment of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage in Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Hirotoshi Imamura; Nobuyuki Sakai; Chiaki Sakai; Toshiyuki Fujinaka; Akira Ishii
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年02月, 査読有り
      • Pregnancy-associated Intracranial Hemorrhage: Results of a Survey of Neurosurgical Institutes across Japan
        Jun C. Takahashi; Koji Iihara; Akira Ishii; Eiju Watanabe; Tomoaki Ikeda; Susumu Miyamoto
        JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 2014年02月, 査読有り
      • Parent Artery Occlusion for Unruptured Cerebral Aneurysms: The Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Akira Ishii; Susumu Miyamoto; Yasushi Ito; Toshiyuki Fujinaka; Chiaki Sakai; Nobuyuki Sakai
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年02月, 査読有り
      • Parent Artery Occlusion for Unruptured Cerebral Aneurysms: The Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Akira Ishii; Susumu Miyamoto; Yasushi Ito; Toshiyuki Fujinaka; Chiaki Sakai; Nobuyuki Sakai
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年02月, 査読有り
      • 脳動脈瘤の治療におけるXperGuide脳神経外科手術の有用性
        Hidemitsu Adachi; Nobuyuki Sakai; Hirotoshi Imamura; Yasushi Ueno; Takeharu Kunieda; Chiaki Sakai; Masaomi Koyanagi; Yoji Kuramoto; Ryuichiro Kajikawa; Tomoyoshi Shigematsu; Akira Ishii; Yoshihiko Ioroi; Taichiro Imahori; Sumiya Shibata; Hideo Chihara
        Japanese Journal of Neurosurgery, 2014年
      • Recent Trends in Neuroendovascular Therapy in Japan: Analysis of a Nationwide Survey-Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Nobuyuki Sakai; Shinichi Yoshimura; Waro Taki; Akio Hyodo; Shigeru Miyachi; Yoji Nagai; Chiaki Sakai; Tetsu Satow; Tomoaki Terada; Masayuki Ezura; Toshio Hyogo; Shunji Matsubara; Kentaro Hayashi; Toshiyuki Fujinaka; Yasushi Ito; Shigeki Kobayashi; Masaki Komiyama; Naoya Kuwayama; Yuji Matsumaru; Yasushi Matsumoto; Yuichi Murayama; Ichiro Nakahara; Shigeru Nemoto; Koichi Satoh; Kenji Sugiu; Akira Ishii; Hirotoshi Imamura
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年01月, 査読有り
      • Recent Trends in Neuroendovascular Therapy in Japan: Analysis of a Nationwide Survey-Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2
        Nobuyuki Sakai; Shinichi Yoshimura; Waro Taki; Akio Hyodo; Shigeru Miyachi; Yoji Nagai; Chiaki Sakai; Tetsu Satow; Tomoaki Terada; Masayuki Ezura; Toshio Hyogo; Shunji Matsubara; Kentaro Hayashi; Toshiyuki Fujinaka; Yasushi Ito; Shigeki Kobayashi; Masaki Komiyama; Naoya Kuwayama; Yuji Matsumaru; Yasushi Matsumoto; Yuichi Murayama; Ichiro Nakahara; Shigeru Nemoto; Koichi Satoh; Kenji Sugiu; Akira Ishii; Hirotoshi Imamura
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2014年01月, 査読有り
      • Japanese Registry of Neuroendovascular therapy: Extracranial steno-occlusive diseases except for internal carotid artery stenosis
        Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Ichiro Nakahara; Susumu Miyamoto; Nobuyuki Sakai
        Neurologia Medico-Chirurgica, 2014年, 査読有り
      • Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy: Extracranial Steno-occlusive Diseases except for Internal Carotid Artery Stenosis.
        Kikuchi T; Ishii A; Nakahara I; Miyamoto S; Sakai N
        Neurologia medico-chirurgica, 2014年, 査読有り
      • Endovascular Therapy for Asymptomatic Unruptured Intracranial Aneurysms JR-NET and JR-NET2 Findings
        Tomoyoshi Shigematsu; Toshiyuki Fujinaka; Toshiki Yoshimine; Hirotoshi Imamura; Akira Ishii; Chiaki Sakai; Nobuyuki Sakai
        STROKE, 2013年10月, 査読有り
      • Endovascular Treatment in Pregnancy
        Akira Ishii; Susumu Miyamoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2013年08月, 査読有り
      • Surgical Treatment of Spetzler-Martin Grade III to V Cerebral Arteriovenous Malformations: 10 Years Experience in Kyoto University
        Yasushi Takagi; Jun C. Takahashi; Kazumichi Yoshida; Akira Ishii; Nobuo Hashimoto; Susumu Miyamoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2012年12月, 査読有り
      • Evaluation of CT angiography for visualisation of the lenticulostriate artery: difference between normotensive and hypertensive patients
        K. Gotoh; T. Okada; N. Satogami; M. Yakami; J. C. Takahashi; K. Yoshida; A. Ishii; S. Tanaka; S. Miyamoto; K. Togashi
        BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Initial experience of Enterprise VRD-assisted coil embolization for wide-necked aneurysms
        Koichiro Takemoto; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Masanori Goto; Toshihiro Munemitsu; Mitsushige Ando; Yukihiro Yamao; Susumu Miyamoto
        Journal of Neuroendovascular Therapy, 2012年, 査読有り
      • Intravascular tissue reactions induced by various types of bioabsorbable polymeric materials: correlation between the degradation profiles and corresponding tissue reactions
        Ichiro Yuki; Naoyuki Uchiyama; Yuichi Murayama; Yih-Lin Nien; Daniel Lee; Masaki Ebara; Akira Ishii; Alexander Chiang; Harry V. Vinters; Ichiro Nishimura; Benjamin M. Wu; Fernando Vinuela
        NEURORADIOLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • Vulnerable Plaque in a Swine Model of Carotid Atherosclerosis
        Z. -S. Shi; L. Feng; X. He; A. Ishii; J. Goldstine; H. V. Vinters; F. Vinuela
        AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 2009年03月, 査読有り
      • 脳血管外科手術における術中Indocyanine Green Videoangiographyの使用経験
        高木 康志; 菊田 健一郎; 西村 真樹; 石井 暁; 野崎 和彦; 橋本 信夫
        脳卒中の外科, 2009年
      • IMMEDIATE AND MIDTERM OUTCOMES OF PATIENTS WITH CEREBRAL ANEURYSMS TREATED WITH MATRIX1 AND MATRIX2 COILS: A COMPARATIVE ANALYSIS BASED ON A SINGLE-CENTER EXPERIENCE IN 250 CONSECUTIVE CASES
        Akira Ishii; Yuichi Murayama; Yih-Lin Nien; Ichiro Yuki; P. Henry Adapon; Robert Kim; Reza Jahan; Gary Duckwiler; Fernando Vinuela
        NEUROSURGERY, 2008年12月, 査読有り
      • Plical resection in pre-temporal approach for basilar bifurcation aneurysms: preliminary surgical experience and cadaveric study
        K. -I. Kikuta; S. Yamagata; Y. Arakawa; M. Hojo; A. Ishii; K. Nozaki; N. Hashimoto
        ACTA NEUROCHIRURGICA, 2008年08月, 査読有り
      • Thrombus organization and healing in the swine experimental aneurysm model. Part I. A histological and molecular analysis
        Daniel Lee; Ichiro Yuki; Yuichi Murayama; Alexander Chiang; Ichiro Nishimura; Harry V. Vinters; Chiachien J. Wang; Yih-Lin Nien; Akira Ishii; Benjamin M. Wu; Fernando Vinuela
        JOURNAL OF NEUROSURGERY, 2007年07月, 査読有り
      • Thrombus organization and healing in an experimental aneurysm model. Part II. The effect of various types of bioactive bioabsorbable polymeric coils
        Ichiro Yuki; Daniel Lee; Yuichi Murayama; Alexander Chiang; Harry V. Vinters; Ichiro Nishimura; Chiachien J. Wang; Akira Ishii; Benjamin M. Wu; Fernando Vinuela
        JOURNAL OF NEUROSURGERY, 2007年07月, 査読有り
      • Swine model of carotid artery atherosclerosis: Experimental induction by surgical partial ligation and dietary hypercholesterolemia
        A. Ishii; F. Vinuela; Y. Murayama; I. Yuki; Y. L. Nien; D. T. Yeh; H. V. Vinters
        AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY, 2006年10月, 査読有り
      • Initial clinical experience with Matrix detachable coils for the treatment of intracranial aneurysms
        Yuichi Murayama; Fernando Vinuela; Akira Ishii; Yih-Lin Nien; Ichiro Yuki; Gary Duckwiler; Reza Jahan
        JOURNAL OF NEUROSURGERY, 2006年08月, 査読有り
      • Use of a large angioplasty balloon for predilation is a risk factor for embolic complications in protected carotid stenting
        A Sadato; T Satow; A Ishii; T Ohta; N Hashimoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2004年07月, 査読有り
      • Large vertebral arteriovenous fistula treated with stent-grafts - Case report
        A Sadato; T Satow; A Ishii; M Takayama; N Hashimoto
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2003年05月, 査読有り
      • Milrinone for the treatment of cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage: Report of seven cases
        Y Arakawa; K Kikuta; M Hojo; Y Goto; A Ishii; S Yamagata
        NEUROSURGERY, 2001年04月, 査読有り
      • Magnetic resonance imaging findings of postresuscitation encephalopathy: Sequential change and correlation with clinical outcome
        Y. Goto; T. Wataya; Y. Arakawa; M. Hojo; M. Chin; S. Yamagata; K. Kikuta; A. Ishii
        Brain and Nerve, 2001年, 査読有り
      • Carotid stenting with the use of Wallstent
        A Ishii; K Mitsudo; K Kikuta; Y Arakawa; M Hojo; Y Goto; Y Ueno; S Yamagata
        INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY, 2000年11月, 査読有り
      • Carotid stenting with the use of wallstent.
        Ishii A; Mitsudo K; Kikuta K; Arakawa Y; Hojo M; Goto Y; Ueno Y; Yamagata S
        Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences, 2000年11月, 査読有り
      • Stenting for intracranial internal carotid artery stenosis with the use of a coronary stent: a case report
        A Ishii; Y Arakawa; M Hojo; K Kikuta; H Yoshidumi; Y Goto; S Yamagata; K Mitsudo
        NEUROLOGICAL SURGERY, 2000年10月, 査読有り
      • Terson syndrome caused by ventricular hemorrhage associated with Moyamoya disease - Case report
        Y Arakawa; Y Goto; A Ishii; Y Ueno; K Kikuta; H Yoshizumi; H Katsuta; S Kenmochi; S Yamagata
        NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA, 2000年09月, 査読有り
      • 頸部内頸動脈高位病変に対する下顎骨垂直骨切り術の有用性
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 赤松 順
        Neurological Surgery, 2000年04月
      • The use of a modified vertical mandibular osteotomy for exposure of a distal cervical internal carotid artery
        Y Arakawa; A Ishii; Y Ueno; K Kikuta; H Yoshizumi; Y Goto; S Yamagata; J Akamatsu
        NEUROLOGICAL SURGERY, 2000年04月, 査読有り
      • 研修医のためのクリニカルカンファレンス Dissecting Aneurysm of Posterior Inferior Cerebellar Artery(PICA)の診断と治療
        荒川 芳輝; 石井 暁; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        脳神経外科速報, 2000年02月
      • 脳・脊髄のMRI画像アトラス 蘇生後脳症のMRI拡散強調画像
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        脳と神経, 2000年02月
      • 小脳橋角部悪性類上皮腫の1例
        善積 秀幸; 山形 専; 後藤 泰伸; 菊田 健一郎; 上野 泰; 石井 暁; 荒川 芳輝; 西崎 順也; 森本 将史; 佐藤 徹
        脳神経外科ジャーナル, 2000年02月
      • Terson syndrome caused by ventricular hemorrhage associated with moyamoya disease
        Yoshiki Arakawa; Yasunobu Goto; Akira Ishii; Yasushi Ueno; Ken-Ichiro Kikuta; Hideyuki Yoshizumi; Hideto Katsuta; Seiji Kenmochi; Sen Yamagata
        Neurologia Medico-Chirurgica, 2000年, 査読有り
      • 頸部内頸動脈狭窄性病変に対する自己拡張型ステント(Wallstent)を併用した経皮的血管形成術の経験と問題点
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 西崎 順也; 森本 将史; 佐藤 徹; 光藤 和明; 山形 専
        Neurological Surgery, 1999年09月
      • Self-expanding stent (Wallstent (R)) supported angioplasty for carotid artery stenosis
        Y Arakawa; A Ishii; Y Ueno; K Kikuta; H Yoshizumi; Y Goto; J Nishizaki; M Morimoto; T Satow; K Mitsudo; S Yamagata
        NEUROLOGICAL SURGERY, 1999年09月, 査読有り
      • Analysis of dynamic CT functional imaging parameters in patients with acute basilar artery occlusion
        Yasunobu Goto; Yoshiki Arakawa; Akira Ishii; Jyun-Ya Nishizaki; Yasushi Ueno; Ken-Ichiro Kikuta; Hideyuki Yoshizumi; Sen Yamagata
        Brain and Nerve, 1999年, 査読有り
      • Percutaneous transluminal angioplasty (PTA) with wallstent for internal carotid artery stenosis - A case report
        J Nishizaki; Y Arakawa; A Ishii; M Morimoto; H Yoshizumi; Y Goto; S Yamagata; SK Mitsudo
        INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY, 1998年11月, 査読有り
      • Percutaneous Transluminal Angioplasty (PTA) with Wallstent for Internal Carotid Artery Stenosis. A Case Report.
        Nishizaki J; Arakawa Y; Ishii A; Morimoto M; Yoshizumi H; Goto Y; Yamagata S; Mitsudo SK
        Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences, 1998年11月, 査読有り
      • A multicenter prospective registry of Borden type I dural arteriovenous fistula: results of a 3-year follow-up study.
        Hidehisa Nishi; Hiroyuki Ikeda; Akira Ishii; Takayuki Kikuchi; Ichiro Nakahara; Tsuyoshi Ohta; Nobuyuki Sakai; Hirotoshi Imamura; Jun C Takahashi; Tetsu Satow; Tomohisa Okada; Susumu Miyamoto
        Neuroradiology, 2022年04月

      MISC

      • 脳動脈瘤塞栓術における合併症と血小板凝集能検査(VerifyNow)
        波多野 武人; 東 英司; 松本 省二; 中原 一郎; 石井 暁; 安藤 充重; 千原 英夫; 徳永 敬介; 瀧田 亘; 橋川 拓郎; 永田 泉; 吉良 潤一
        脳血管内治療, 2017年11月
      • 急性期主幹動脈閉塞に対する血栓回収術のlearning curve 初期導入以降のstent retrieverとADAPTの治療成績の変化
        西 秀久; 石井 暁; 松本 省二; 定政 信猛; 甲斐 康稔; 石橋 良太; 坂 真人; 安藤 充重; 園田 和隆; 中原 一郎; 永田 泉; 宮本 享
        脳血管内治療, 2016年11月
      • 脳梗塞急性期治療を早期開始するためのプロトコルおよび支援システムの研究・開発
        松本 省二; 石井 暁; 小山 裕司; 定政 信猛; 甲斐 康稔; 石橋 良太; 坂 真人; 岡田 卓也; 園田 和隆; 西 秀久; 宮田 悠; 瀧田 亘; 高下 純平; 永田 泉; 中原 一郎; 吉良 潤一
        The Mt. Fuji Workshop on CVD, 2016年08月
      • 急性期血栓回収療法Multi-deviceの有効活用と治療環境整備 t-PA静注療法の早期開始のためのICT支援システム(Task Calc.Stroke)<タスカル>の開発
        松本 省二; 石井 暁; 小山 裕司; 定政 信猛; 甲斐 康稔; 石橋 良太; 坂 真人; 西 秀久; 宮田 悠; 中原 一郎; 永田 泉; 吉良 潤一
        JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 2015年11月
      • 頭蓋頸椎移行部動静脈瘻における血管構築の検討
        石橋 良太; 石井 暁; 松本 省二; 定政 信猛; 甲斐 康稔; 五味 正憲; 坂 真人; 岡田 卓也; 西 秀久; 宮田 悠; 中原 一郎; 永田 泉
        JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 2015年11月
      • t-PA静注療法の早期開始のためのICTを利用した支援システム(Task Calc.Stroke)<タスカル>の開発
        松本 省二; 石井 暁; 小山 裕司; 定政 信猛; 甲斐 康稔; 石橋 良太; 坂 真人; 岡田 卓也; 西 秀久; 宮田 悠; 園田 和隆; 高下 純平; 中原 一郎; 永田 泉; 吉良 潤一
        脳循環代謝, 2015年10月
      • 主幹動脈閉塞症例の予後予測:Deep learningによる高次元データの活用
        西 秀久; 大石 直也; 石井 暁; 千原 英夫; 小倉 健紀; 石橋 良太; 安藤 充重; 定政 信猛; 太田 剛史; 山尾 幸広; 大川 将和; 菊池 隆幸; 波多野 武人; 中原 一郎; 宮本 享
        第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年03月, 査読有り
      • 両側視床病変を伴う硬膜動静脈瘻に対してOnyxで治療した2症例
        池田 宏之; 石井 暁; 荒川 芳輝; 福井 伸行; 菊池 隆幸; 山尾 幸広; 安部倉 友; 西 秀久; 宮本 享
        脳血管内治療, 2018年11月
      • 機械学習を用いた急性主幹動脈閉塞の予後予測
        西秀久; 大石直也; 石井暁; 小野功朗; 片野雄大; 山尾幸広; 大川将和; 菊池隆幸; 宮本享
        日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月, 査読有り
      • 脳動脈瘤発生増大破裂のメカニズムに迫る多面的アプローチ
        片岡大治; 池堂太一; 林晃佑; 宮田武; 清水寛平; 今井宏彦; 八木高伸; 南学; 青木友浩; 石井暁; 吉田和道; 宮本享
        日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月
      • 急性期主幹動脈閉塞における機械学習を応用した予後予測
        西秀久; 大石直也; 石井暁; 菊池隆幸; 武信洋平; 山尾幸広; 池田宏之; 安部倉友; 中原一郎; 宮本享; 永田泉
        第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年03月, 査読有り
      • 高齢日本人一般集団における未破裂脳動脈瘤の有病率とその危険因子-ながはま0次コホート研究-
        楊涛; 永田学; 山本優; 吉田和道; 森本貴昭; 峰晴陽平; 石井暁; 片岡大治; 田原康玄; 松田文彦; 宮本享
        日本心血管脳卒中学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年
      • 両側視床病変を伴う硬膜動静脈瘻に対してOnyxで治療した2症例
        池田宏之; 池田宏之; 石井暁; 荒川芳輝; 福井伸行; 菊池隆幸; 山尾幸広; 安部倉友; 西秀久; 宮本享
        脳血管内治療(Web), 2018年
      • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術の長期治療成績
        小柳正臣; 石井暁; 今村博敏; 佐藤徹; 吉田和道; 長谷川仁; 菊池隆幸; 武信洋平; 高橋淳; 中原一郎; 坂井信幸; 宮本享
        脳血管内治療(Web), 2017年11月
      • Training guidelines for endovascular stroke intervention: an international multi-society consensus document (vol 58, pg 537, 2016)
        S. D. Lavine; K. Cockroft; B. Hoh; N. Bambakidis; A. A. Khalessi; H. Woo; H. Riina; A. Siddiqui; J. A. Hirsch; W. Chong; H. Rice; J. Wenderoth; P. Mitchell; A. Coulthard; T. J. Signh; C. Phatouros; M. Khangure; P. Klurfan; K. ter Brugge; D. Iancu; T. Gunnarsson; O. Jansen; M. Muto; I. Szikora; L. Pierot; P. Brouwer; J. Gralla; S. Renowden; T. Andersson; J. Fiehler; F. Turjman; P. White; A. C. Januel; L. Spelle; Z. Kulcsar; R. Chapot; A. Biondi; S. Dima; C. Taschner; M. Szajner; A. Krajina; N. Sakai; Y. Matsumaru; S. Yoshimura; M. Ezura; T. Fujinaka; K. Iihara; A. Ishii; T. Higashi; M. Hirohata; A. Hyodo; Y. Ito; M. Kawanishi; H. Kiyosue; E. Kobayashi; S. Kobayashi; N. Kuwayama; Y. Matsumoto; S. Miyachi; Y. Murayama; I. Nagata; I. Nakahara; S. Nemoto; Y. Niimi; H. Oishi; J. Satomi; T. Satow; K. Sugiu; M. Tanaka; T. Terada; H. Yamagami; O. Diaz; P. Lylyk; M. V. Jayaraman; A. Patsalides; C. D. Gandhi; S. K. Lee; T. Abruzzo; B. Albani; S. A. Ansari; A. S. Arthur; B. W. Baxter; K. R. Bulsara; M. Chen; J. E. Delgado Almandoz; J. F. Fraser; D. V. Heck; S. W. Hetts; M. S. Hussain; R. P. Klucznik; T. M. Leslie-Mawzi; W. J. Mack; R. A. McTaggart; P. M. Meyers; J. Mocco; C. J. Prestigiacomo; G. L. Pride; P. A. Rasmussen; R. M. Starke; P. J. Sunenshine; R. W. Tarr; D. F. Frei; M. Ribo; R. G. Nogueira; O. O. Zaidat; T. Jovin; I. Linfante; D. Yavagal; D. Liebeskind; R. Novakovic; S. Pongpech; G. Rodesch; M. Soderman; A. Taylor; T. Krings; D. Orbach; L. Picard; D. C. Suh; H. Q. Zhang
        NEURORADIOLOGY, 2017年08月
      • 頚動脈ステント留置術(CAS) (特集 急性期看護のポイントがまる見え 脳神経外科手術と術後3日間のケア)
        西 秀久; 石井 暁
        Brain nursing = ブレインナーシング, 2017年06月
      • 高齢日本人一般集団における未破裂脳動脈瘤の有病率とその危険因子―ながはま0次コホート研究―
        吉田和道; 永田学; 楊涛; 森本貴昭; 峰晴陽平; 舟木健史; 菊池隆幸; 荒川芳輝; 石井暁; 高木康志; 宮本享
        日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集, 2017年
      • The Association Between MRI-detected Carotid Vulnerable Plaque and Coronary Artery Stenosis.
        Manabu Nagata; Kazumichi Yoshida; Kazumichi Yoshida; Ryu Fukumitsu; Yohei Takenobu; Takayuki Kikuchi; Akira Ishii; Yasushi Takagi; Susumu Miyamoto
        STROKE, 2016年02月
      • Platelet Reactivity Monitoring In Neuro-endovascular Treatment -The PLANET Multicenter Study-
        Hiroshi Yamagami; Nobuyuki Sakai; Yasushi Matsumoto; Shinichi Yoshimura; Yukiko Enomoto; Akira Ishii; Chiaki Sakai; Yuji Matsumaru; Mikito Hayakwa; Tatsuro Takada
        STROKE, 2015年02月
      • 局所麻酔による未破裂脳動脈瘤塞栓術の治療成績
        菊池隆幸; 石井暁; 武信洋平; 安藤充重; 千原英夫; 新井大輔; 池田宏之; 長谷川仁; 吉田和道; 高木康志; 宮本享
        Journal of Neuroendovascular Therapy, 2014年12月01日
      • 脳動脈瘤コイル塞栓術 (特集 動画と写真で見てわかる! 術後ケアにばっちりリンク! 脳神経外科手術と看護ポイント)
        菊池 隆幸; 石井 暁
        Brain nursing, 2013年10月
      • Drip, Drive, and Retrieve - New Application of Mobile Neuro IVR Team
        Yohei Takenobu; Akira Ishii; Kazumichi Yoshida; Takayuki Kikuchi; Mitsushige Ando; Yukihiro Yamao; Hideo Chihara; Masahiro Takezawa; Kaoru Koike; Susumu Miyamoto
        STROKE, 2013年02月
      • 下垂体炎の診断のピットフォール
        北条雅人; 安藤充重; 五百蔵義彦; 荒木芳生; 舟木健史; 菊池隆幸; 荒川芳輝; 石井暁; 吉田和道; 國枝武治; 高橋淳; 高木康志; 宮本享
        月刊医学と薬学, 2012年12月25日
      • 覚醒下手術においてプロポフォールが発作間欠期のてんかん性活動に与える影響
        芝田純也; 國枝武治; 稲野理賀; 澤田真寛; 山尾幸広; 菊池隆幸; 荒川芳輝; 石井暁; 吉田和道; 北条雅人; 高木康志; 高橋淳; 松本理器; 池田昭夫; 宮本享
        日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 2012年12月20日
      • Drip,Drive,and Retrieve mobile neuro IVR teamの試み
        武信 洋平; 石井 暁; 吉田 和道; 菊池 隆之; 安藤 充重; 山尾 幸広; 千原 英夫; 武澤 正浩; 小池 薫; 宮本 享
        JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 2012年11月
      • 下垂体炎の診断と治療
        北条 雅人; 安藤 充重; 五百蔵 義彦; 荒川 芳輝; 千原 英夫; 荒木 芳生; 舟木 健史; 菊池 隆幸; 石井 暁; 吉田 和道; 國枝 武治; 高橋 淳; 高木 康志; 宮本 享
        日本内分泌学会雑誌, 2012年08月
      • 小児下垂体腫瘍性病変の診断における経蝶形骨洞手術の有用性と問題点
        北条 雅人; 五百蔵 義彦; 安藤 充重; 荒川 芳輝; 千原 英夫; 荒木 芳生; 舟木 健史; 菊池 隆幸; 石井 暁; 吉田 和道; 國枝 武治; 高橋 淳; 高木 康志; 宮本 享
        日本内分泌学会雑誌, 2012年08月
      • 小児下垂体腫瘍性病変の診断における経蝶形骨洞手術の有用性と問題点
        北条雅人; 五百藏義彦; 安藤充重; 荒川芳輝; 千原英夫; 荒木芳生; 舟木健史; 菊池隆幸; 石井暁; 吉田和道; 國枝武治; 高橋淳; 高木康志; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2012年01月27日
      • 下垂体炎に対する診断と治療
        北条雅人; 安藤充重; 五百藏義彦; 荒川芳輝; 千原英夫; 荒木芳生; 舟木健史; 菊池隆幸; 石井暁; 吉田和道; 國枝武治; 高橋淳; 高木康志; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2012年01月27日
      • 非機能性下垂体腺腫再発症例の傾向と治療戦略
        五百蔵義彦; 北条雅人; 荒川芳輝; 荒木芳生; 菊池隆幸; 千原英夫; 舟木健史; 石井暁; 吉田和道; 國枝武治; 高木康志; 高橋淳; 宮本享
        日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 2012年01月27日
      • ラトケ嚢胞の長期自然経過・治療成績の検討
        北条 雅人; 荒川 芳輝; 稲野 理賀; 荒木 芳生; 竹本 光一郎; 舟木 健史; 石井 暁; 吉田 和道; 國枝 武治; 高木 康志; 高橋 淳; 宮本 享
        医学と薬学, 2011年10月
      • 当院での慢性頭蓋内電極留置に関連した感染症の調査報告
        芝田 純也; 國枝 武治; 澤田 真寛; 山尾 幸弘; 荒川 芳輝; 石井 暁; 吉田 和道; 北条 雅人; 高木 康志; 高橋 淳; 松本 理器; 池田 昭夫; 高橋 良輔; 宮本 享
        NEUROINFECTION, 2011年10月
      • 頸動脈内膜剥離術後の急性閉塞に対して、血栓除去とステント留置による再開通で完全回復した一例
        石井 暁; 荒川 芳輝; 中江 卓郎; 西村 真樹; 高橋 淳; 高木 康志; 宮本 享
        JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 2009年11月
      • 18年の経過で悪性転化したcentral neurocytomaの1例
        鐘本 学; 白畑 充章; 山口 真; 平田 英周; 岡田 崇志; 石井 暁; 荒川 芳輝; 岸 陽; 三國 信啓; 中嶋 安彬
        Brain Tumor Pathology, 2009年05月
      • RESULTS, OUTCOMES, AND FOLLOW-UP OF REMNANTS IN THE TREATMENT OF OPHTHALMIC ANEURYSMS: A 16-YEAR EXPERIENCE OF A COMBINED NEUROSURGICAL AND ENDOVASCULAR TEAM COMMENT
        Akira Ishii; Nobuo Hashimoto
        NEUROSURGERY, 2009年02月
      • 荒木千里記念脳外科症例検討研究会(276)18年後に播種再発したCentral Neurocytomaの1症例
        峰晴 陽平; 石井 暁; 荒川 芳輝
        北野病院紀要, 2008年
      • 蘇生後脳症のMRI 時間的変化と予後の分析
        後藤泰伸; 綿谷崇史; 荒川芳輝; 北条雅人; 沈正樹; 山形専; 菊田健一郎; 石井暁
        Brain Nerve, 2001年06月01日
      • 蘇生後脳症のMRI 時間的変化と予後の分析
        後藤 泰伸; 綿谷 崇史; 荒川 芳輝; 北条 雅人; 沈 正樹; 山形 専; 菊田 健一郎; 石井 暁
        脳と神経, 2001年06月
      • 広範囲脳梗塞に対する減圧開頭,低体温療法3例
        後藤 泰伸; 荒川 芳輝; 石井 暁; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 山形 専
        日本神経救急研究会雑誌, 2001年05月
      • スパズムに対する最新の治療法 脳血管攣縮に対するMilrinoneの有用性について治療経験と問題点
        荒川 芳輝; 菊田 健一郎; 北条 雅人; 後藤 泰伸; 石井 暁; 上野 泰; 善積 秀幸; 山形 専
        脳血管攣縮, 2001年03月
      • 頭蓋内内頸動脈狭窄病変に対する冠動脈ステント留置術の経験
        石井 暁; 荒川 芳輝; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 光藤 和明
        Neurological Surgery, 2000年10月
      • 頸動脈ステント留置術における血管内エコー(IVUS)による病変部観察
        石井 暁; 光藤 和明; 菊田 健一郎; 荒川 芳輝; 北条 雅人; 後藤 泰伸; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 2000年10月
      • 脳血管攣縮に対するMilrinoneの有用性
        荒川 芳輝; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 後藤 泰伸; 石井 暁; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 2000年10月
      • マクロファージによる酸化赤血球膜の貪食と脳血管攣縮
        菊田 健一郎; 荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 北条 雅人; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 小室 太郎; 野崎 和彦; 橋本 信夫; 沢村 達也; 真崎 知生
        脳血管攣縮, 2000年06月
      • 脳血管攣縮に対するミルリーラ(ミルリノン)選択的動注療法の有用性について
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        脳血管攣縮, 2000年06月
      • クモ膜下出血の原因はどこまで明らかにできるか
        後藤 泰伸; 荒川 芳輝; 石井 暁; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 山形 専
        脳卒中, 2000年04月
      • 頸動脈狭窄症に対するステント併用PTAの中期的成績と効果
        荒川 芳輝; 石井 暁; 北条 雅人; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 光藤 和明
        脳卒中, 2000年04月
      • 脳・脊髄のMRIの画像アトラス 蘇生後脳症のMRI拡散強調画像
        荒川芳輝; 石井暁; 上野泰; 菊田健一郎; 善積秀幸; 後藤泰伸; 山形専
        Brain Nerve, 2000年02月01日
      • Dissecting Aneurysm of Posterior Inferior Cerebellar Artery (PICA)の診断と治療
        荒川芳輝; 石井暁; 北条雅人; 菊田健一郎; 善積秀幸; 後藤泰伸; 山形専
        脳神経外科速報, 2000年
      • 出血源の不明なクモ膜下出血患者への対応
        後藤 泰伸; 荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • 脳血管攣縮に対するミルリーラ(ミルリノン)選択的動注療法の有用性
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • Acetazolamideを用いたprovocative balloon occlusion testの試み 定性的検討から定量評価へ
        上野 泰; 荒川 芳輝; 石井 暁; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • 慢性硬膜下血腫穿頭術後のhyperperfusion syndrome
        石井 暁; 荒川 芳輝; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • Sphenoidal ridge内側部髄膜腫の手術法
        山形 専; 荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • 酸化赤血球膜で誘発される脳血管攣縮はスカベンジャー受容体の阻害剤フコイジンによって抑制される
        菊田 健一郎; 荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 野崎 和彦; 橋本 信夫
        日本脳神経外科学会総会抄録集, 1999年10月
      • 脳底動脈閉塞症急性期のFID‐CT(functional image of dynamic CT)による病態解析
        後藤泰伸; 荒川芳輝; 石井暁; 西崎順也; 上野泰; 菊田健一郎; 善積秀幸; 山形専
        Brain Nerve, 1999年05月01日
      • Carotid artery stentingにおけるIVUS study
        石井 暁; 荒川 芳輝; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 光藤 和明
        脳卒中, 1999年03月
      • 頸部頸動脈狭窄症に対するステント併用PTAが局所脳血流に及ぼす影響について
        荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 光藤 和明
        脳卒中, 1999年03月
      • 脳虚血急性期のdiffusion MRI(DWI)
        後藤 泰伸; 荒川 芳輝; 石井 暁; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 山形 専
        脳卒中, 1999年03月
      • 中大脳動脈狭窄症に対する経皮的血管形成術
        石井 暁; 荒川 芳輝; 菊田 健一郎; 上野 泰; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        脳卒中, 1999年03月
      • 前外側大腿皮弁術が有効であった頭蓋底開放骨折による硬膜外膿瘍の1例
        菊田 健一郎; 荒川 芳輝; 石井 暁; 森本 将史; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専; 太田 正佳; 赤松 順
        日本外科宝函, 1999年03月
      • 頸部内頸動脈狭窄症に対するStentsupported PTA
        石井 暁; 荒川 芳輝; 上野 泰; 菊田 健一郎; 善積 秀幸; 後藤 泰伸; 山形 専
        日本外科宝函, 1999年03月
      • Wallstentを用いた内頸動脈狭窄症に対する経皮的血管形成術
        西崎 順也; 山形 専; 後藤 泰伸; 善積 秀幸; 森本 将史; 石井 暁; 荒川 芳輝; 佐藤 徹; 光藤 和明
        日本外科宝函, 1998年03月

      書籍等出版物

      • 最新主要文献でみる脳神経外科学レビュー
        石井 暁, 共著, p110-114 脳動脈瘤に対するフローダイバータ
        総合医学社, 2019年08月, 査読無し
      • NS Now Neurosurgical Controversies 脳神経外科の最新ディベート
        石井 暁, 共著, p62-75 内頚動脈海綿静脈洞部巨大動脈瘤の治療
        MEDICAL VIEW, 2019年08月, 査読無し
      • 脳血管内治療学 : 完全版 : 病態・治療法の本質的理解と臨床・研究発展のために
        滝 和郎; 宮地 茂; 松丸 祐司; 田中 美千裕
        メディカ出版, 2018年, 査読無し
      • 脳血管内治療の進歩ブラッシュアップセミナー
        診断と治療社, 2018年, 査読無し
      • アクセスのすべて : 脳血管内治療成功の鍵
        坂井 信幸
        診断と治療社, 2018年, 査読無し
      • 「超」入門脳血管内治療 : セットアップ・血栓回収からFDまで会話形式で臨床のリアルを再現!
        石井 暁, 単著
        メディカ出版, 2018年, 査読無し
      • 脳動脈瘤
        木内 博之; 斉藤 延人
        三輪書店, 2017年, 査読無し
      • 頭蓋内動脈ステントのすべて : コイル併用からFlow Diverter・ICADまで
        坂井 信幸
        メディカ出版, 2017年, 査読無し
      • パーフェクトマスター頚動脈狭窄症 : Best medical treatment,CEA,CAS
        永田 泉; 中原 一郎
        メジカルビュー社, 2017年, 査読無し
      • 脳動脈瘤に対する血管内治療 : 知行合一
        大石 英則
        メジカルビュー社, 2017年, 査読無し
      • Advanced脳血管内治療 : 一歩上の治療を目指して
        吉村 紳一; 伊達 勲; 森田 明夫; 菊田 健一郎
        メジカルビュー社, 2017年, 査読無し
      • EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 : evidence based medicine
        田村 晃; 松谷 雅生; 清水 輝夫; 辻 貞俊; 塩川 芳昭; 成田 善孝
        メジカルビュー社, 2016年, 査読無し
      • 基礎から最新知見まで : 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2016
        坂井 信幸; 江面 正幸; 松丸 祐司; 宮地 茂; 吉村 紳一
        診断と治療社, 2016年, 査読無し
      • 無症候性脳血管障害を解く
        飯原 弘二; 橋本 信夫
        文光堂, 2015年, 査読無し
      • 脳血管内治療レファレンス = Clinical reference for neuroendovascular therapy
        大石 英則
        中外医学社, 2015年, 査読無し
      • 治療困難な脳動脈瘤 : どう治療するか? : 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2015
        坂井 信幸; 江面 正幸; 松丸 祐司; 宮地 茂; 吉村 紳一
        診断と治療社, 2015年, 査読無し
      • パーフェクトマスター脳血管内治療 : 必須知識のアップデート
        中原 一郎; 滝 和郎
        メジカルビュー社, 2014年, 査読無し
      • ステント型血栓回収機器は急性再開通治療をどう変えるか?どう活用するか? : 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2014
        坂井 信幸
        診断と治療社, 2014年, 査読無し
      • もう一段上の治療を目指して : 血管撮影装置を使いこなす : 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2013
        坂井 信幸; 江面 正幸; 松丸 祐司; 宮地 茂; 吉村 紳一
        診断と治療社, 2013年, 査読無し
      • 脳血管内治療 : 技術と機器の最新情報
        坂井 信幸; 瓢子 敏夫; 松丸 祐司; 宮地 茂; 吉村 紳一
        診断と治療社, 2012年, 査読無し
      • 脳血管内治療 : 技術と知識の再確認 : 脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2012
        坂井信幸; ほか]編
        診断と治療社, 2012年, 査読無し
      • 「超」入門脳血管内治療 : テクニックの根拠と実際がわかる : 会話形式で手技のポイントを徹底理解!
        石井 暁, 単著
        メディカ出版, 2012年, 査読無し
      • 脳血管内治療の進歩2011 : 最新の機器をどう活かすか?~脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2010~
        坂井 信幸
        診断と治療社, 2011年, 査読無し
      • 脳血管内治療の進歩
        坂井 信幸
        診断と治療社, 査読無し
      • 脳血管内治療レファレンス
        石井 暁, 脳硬膜動静脈瘻 - 横・S状静脈洞部(p149-156)
        中外医学社, 査読無し
      • 脳血管内治療の進歩2016
        石井 暁, 共著, 脳動脈瘤治療のトラブルシューティング
        診断と治療社, 査読無し
      • 内頚動脈瘤のすべて 近位部 Proximal ICA
        石井 暁, 共著, 内頚動脈瘤のトラブルシューティング. コイリング
        メディカ出版, 査読無し
      • 脳神経外科診療プラクティス5. 無症候性脳血管障害を解く
        石井 暁, 共著, 脳動静脈奇形. 外科治療(p.288-292)
        文光堂, 査読無し
      • 脳血管内治療の進歩2015
        石井 暁, 共著, 脳動脈瘤塞栓術の標準的手技
        診断と治療社, 査読無し
      • パーフェクトマスター脳血管内治療(改訂2版)
        石井 暁, 共著, 脳動静脈奇形:Onyx
        査読無し

      産業財産権

      • 特許第6082321号, 特開2014-236911, 特願2013-121746, 手術用顕微鏡システム
        奥野 拓也; 祖川 伊知郎; 菅沼 寛; 石井 暁; 千原 英夫
      • 特許第5658146号, 特願2011-513375, 血管内壁分析装置
        岡田 一範; 菅沼 寛; 石井 暁; 宗光 俊博
      • 特許第5647604号, 特願2011-513367, 血管内壁分析装置
        岡田 一範; 菅沼 寛; 齋藤 達彦; 田中 正人; 石井 暁; 宗光 俊博; 岡田 英史
      • WO2010-131697, WO2010-131697, JP2010058085, 血管内壁分析装置及び血管内壁分析方法
        岡田 一範; 菅沼 寛; 齋藤 達彦; 田中 正人; 石井 暁; 宗光 俊博; 岡田 英史
      • WO2010-131713, WO2010-131713, JP2010058119, 血管内壁分析装置及び血管内壁分析方法
        岡田 一範; 菅沼 寛; 石井 暁; 宗光 俊博
      • 特願2019-199018, ステント及びその製造方法
        河村能人; 津田泰志; 黒木英雄; 大河内均; 石田峰央; 山田博一; 八木伸一; 石井暁; 西秀久
      • 特願2022-34781, 情報処理装置、方法およびプログラム、学習装置、方法およびプログラム、並びに判別モデル
        石井暁; 西秀久; 淵上卓也
      • 特願2022-034780, 情報処理装置、方法およびプログラム、学習装置、方法およびプログラム、並びに判別モデル
        石井暁; 西秀久; 淵上卓也
      • 特開2017-064405, 特願2016-189830, 光学測定装置及び光学測定方法
        奥野 拓也; 翁 由奈; 祖川 伊知郎; 菅沼 寛; 千原 英夫; 石井 暁

      受賞

      • 2007年11月16日
        日本脳神経血管内治療学会, 日本脳神経血管内治療学会優秀論文賞金賞
      • 2004年11月18日
        日本脳神経血管内治療学会, 日本脳神経血管内治療学会優秀ポスター賞銀賞 
      • 2005年11月10日
        日本脳神経血管内治療学会, 日本脳神経血管内治療学会優秀ポスター賞銅賞

      メディア報道

      • 名医のいる病院2021
        医療新聞社, 脳疾患, 2021年12月
      • 対談「私の手術論」
        メディカ出版, 脳神経外科速報, 2020年09月
      • 病院の実力 九州・山口編
        読売新聞, 読売新聞, 2016年12月, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • 脳動脈瘤治癒過程における血栓化ダイナミクスを説明する数理モデルの構築と臨床応用
        基盤研究(B)
        大阪大学
        杉山 由恵
        自 2018年07月18日, 至 2021年03月31日, 交付
        血栓形成シミュレータ;数理モデリング;数値流体力学;脳動脈瘤;ステント留置術
      • アクチベイタブル酸化鉄ナノ粒子蛍光プローベを用いた脳動脈瘤壁の炎症巣の可視化
        基盤研究(C)
        小区分56010:脳神経外科学関連
        京都大学
        石井 暁
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        macrophage;inflammation;cerebral aneurysm;iron oxide;nanoparticles;fluorescent imaging;indocyanine green;aneurysm;脳動脈瘤;慢性炎症;マクロファージ;酸化鉄;インドシアニングリーン
      • 近赤外線を用いた頚動脈不安定プラークの画像化に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        石井 暁
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        動脈硬化;プラーク;近赤外線;動脈硬化プラーク;頚動脈
      • ミニブタ頚動脈狭窄モデルを用いた高磁場MRIプラーク診断及び流体力学的解析
        若手研究(B)
        京都大学
        石井 暁
        完了
        MRI;不安定プラーク;頚動脈狭窄症;頚動脈;壁面せん断応力;近赤外線
      • ポリ乳酸ポリマー製フローダイバーター吸収過程におけるステント内膜と動脈瘤閉塞評価
        基盤研究(C)
        小区分56010:脳神経外科学関連
        京都大学
        石井 暁
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        aneurysm;flow diverter;biodegradable;PLLA

      外部資金:その他

      • 革新的Mg合金製の生体吸収性医療機器開発
        AMED産学連携医療イノベーション創出プログラムセットアップスキーム(ACT-MS)
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
        河村能人
      • 塞栓源不明脳塞栓症における回収血栓病理のAI診断を用いた塞栓源同定システムの開発
        日本脳神経血管内治療学会助成研究
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
        坂井信幸
      • 皮質静脈逆流を伴わない硬膜動静脈瘻の自然歴に関する多施設共同前向き登録研究
        日本脳神経血管内治療学会助成研究
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
        坂井信幸
      • 急性期脳梗塞における自動トリアージに向けた革新的診断技術の開発
        AMED循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業
        自 2021年07月01日, 至 2024年03月31日
        石井暁
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        指導学生の業績:受賞

        • IVY賞
          池田宏之, Kyoto Neurosurgery Camphor Tree Forum, 2019年02月09日
        • IVY賞
          千原英夫, Kyoto Neurosurgery Camphor Tree Forum, 2017年02月18日
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            医学図書館図書連絡委員
          list
            Last Updated :2022/08/06

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年, 至 現在
              専門医認定委員会作問委員, 日本脳神経外科学会
            • 自 2016年12月, 至 現在
              広報渉外委員会 副委員長, 日本脳神経血管内治療学会
            • 自 2012年12月, 至 現在
              専門医指導医認定委員会, 日本脳神経血管内治療学会
            • 自 2018年05月, 至 2021年04月
              COI委員長, 日本脳神経外科コングレス
            • 自 2021年, 至 現在
              将来構想委員長, 日本脳神経外科コングレス
            • 自 2020年12月, 至 現在
              専門医制度委員長, 日本脳神経血管内治療学会
            • 自 2019年12月, 至 現在
              生涯教育委員長, 日本脳神経血管内治療学会
            • 自 2018年, 至 現在
              理事, 日本脳神経外科コングレス
            • 自 2014年, 至 現在
              事務局長, 日本脳神経血管内治療学会近畿地方会
            • 自 2010年12月, 至 現在
              理事, 日本脳神経血管内治療学会
            • 至 現在
              代議員, 日本脳卒中の外科学会
            • 至 現在
              代議員, 日本脳卒中学会
            • 至 現在
              代議員, 日本脳神経外科学会
            • 事務局次長, 日本脳神経血管内治療学会

            学術貢献活動

            • Stroke2022 日本脳卒中学会第47回学術集会 事務局長
              企画立案・運営等
              宮本享, 自 2022年03月17日, 至 2022年03月20日
            • 第36回日本脳神経血管内治療学会学術総会 会長
              企画立案・運営等
              石井暁, 自 2020年11月19日, 至 2020年11月21日
            • 第78回日本脳神経外科学会学術総会 事務局長
              企画立案・運営等
              宮本享, 自 2019年10月09日, 至 2019年10月12日
            • 第5回日本脳神経血管内治療学会近畿地方会学術集会 会長
              企画立案・運営等
              石井暁, 自 2018年09月08日
            • 第31回 Mt. Fuji Workshop 事務局長
              企画立案・運営等
              宮本享, 自 2012年08月24日, 至 2012年08月25日

            ページ上部へ戻る