教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

坂田 昌嗣

サカタ マサツグ

医学研究科 社会健康医学系専攻健康要因学講座健康増進・行動学 助教

坂田 昌嗣
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      sakata.masatsugu.3tkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 自 2022年03月, 至 現在
      Cochrane Collaboration
    • 自 2020年12月, 至 現在
      日本プライマリ・ケア連合学会
    • 自 2020年04月, 至 現在
      コクラン・ジャパン
    • 不眠症の認知行動療法・睡眠行動医学研究会
    • American Psychological Association International Affiliate
    • 京都府臨床心理士会
    • 日本臨床心理士会
    • 日本心理臨床学会
    • 日本認知・行動療法学会
    • 日本睡眠学会
    • 日本心理学会

    学位

    • 修士(臨床心理学)(川崎医療福祉大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科医学専攻博士課程, School of Public Health, 退学
    • 川崎医療福祉大学, 大学院医療福祉学研究科臨床心理学専攻修士課程, Department of Clinical Psychology, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都学園大学, 人間文化学部人間関係学科, Department of Human Relation, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      熊本県立第二高等学校, くまもとけんりつだいにこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 健康増進・行動学分野, 助教
    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都CBTセンター, カウンセラー
    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都市, スクールカウンセラー
    • 自 2018年08月, 至 2021年03月
      名古屋市立大学, 大学院医学研究科 精神・認知・行動医学分野, 研究員
    • 自 2014年05月, 至 2018年03月
      熊本県, 高等学校, スクールカウンセラー
    • 自 2011年04月, 至 2018年03月
      医療法人精翠会吉田病院, 心理相談室, 臨床心理士(常勤)
    • 自 2010年09月, 至 2018年03月
      五木村, 自殺対策事業相談員
    • 自 2009年11月, 至 2011年03月
      熊本大学医学部附属病院, こころの診療科, 臨床心理士
    • 自 2008年12月, 至 2011年03月
      医療法人精翠会吉田病院, 心理相談室, 臨床心理士(非常勤)
    • 自 2009年06月, 至 2009年10月
      熊本大学大学院, 医学薬学研究部臨床行動科学分野, 技術補佐員
    • 自 2007年03月, 至 2008年03月
      川崎医科大学附属病院, 患者診療支援センター, 心理検査担当

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究キーワード

      • 臨床疫学
      • 行動睡眠医学
      • 認知行動療法
      • 睡眠

      研究分野

      • 人文・社会, 臨床心理学
      • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
      • ライフサイエンス, 精神神経科学
      • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学

      論文

      • Validation of the Japanese Big Five Scale Short Form in a University Student Sample
        Rie Toyomoto; Masatsugu Sakata; Kazufumi Yoshida; Yan Luo; Yukako Nakagami; Taku Iwami; Shuntaro Aoki; Tomonari Irie; Yuji Sakano; Hidemichi Suga; Michihisa Sumi; Hiroshi Ichikawa; Takafumi Watanabe; Aran Tajika; Teruhisa Uwatoko; Ethan Sahker; Toshi A. Furukawa
        Frontiers in Psychology, 2022年06月23日
      • Perinatal internet-based cognitive behavioural therapy for preventing postnatal depression
        Rie Toyomoto; Kazufumi Yoshida; Ethan Sahker; Masatsugu Sakata; Yan Luo; Aran Tajika; Norio Watanabe
        Cochrane Database of Systematic Reviews, 2022年03月25日
      • Development and validation of the Japanese version of the uMARS (user version of the mobile app rating system).
        Yoshikazu Shinohara; Kazumichi Yamamoto; Masami Ito; Masatsugu Sakata; Shiho Koizumi; Mizuho Hashisako; Masaaki Sato; Muhammad Wannous; Stoyan R Stoyanov; Jun Nakajima; Toshiaki A Furukawa
        International Journal of Medical Informatics, 2022年06月13日
      • Components of smartphone cognitive-behavioural therapy for subthreshold depression among 1093 university students: A factorial trial.
        Masatsugu Sakata; Rie Toyomoto; Kazufumi Yoshida; Yan Luo; Yukako Nakagami; Teruhisa Uwatoko; Tomonari Shimamoto; Aran Tajika; Hidemichi Suga; Hiroshi Ito; Michihisa Sumi; Takashi Muto; Masataka Ito; Hiroshi Ichikawa; Masaya Ikegawa; Nao Shiraishi; Takafumi Watanabe; Ethan Sahker; Yusuke Ogawa; Steven D Hollon; Linda M Collins; Edward R Watkins; James Wason; Hisashi Noma; Masaru Horikoshi; Taku Iwami; Toshi A Furukawa
        Evidence-Based Mental Health, 2022年05月16日, 査読有り, 筆頭著者
      • Efficacy of brief intervention for unhealthy drug use in outpatient medical care: A systematic review and meta-analysis
        Ethan Sahker; Yan Luo; Masatsugu Sakata; Rie Toyomoto; Chiyoung Hwang; Kazufumi Yoshida; Norio Watanabe; Toshi A Furukawa
        Journal of General Internal Medicine, 2022年04月13日, 査読有り
      • Development and validation of a Japanese version of the Mobile App Rating Scale (MARS).
        Kazumichi Yamamoto; Masami Ito; Masatsugu Sakata; Shiho Koizumi; Mizuho Hashisako; Masaaki Sato; Stoyan R Stoyanov; Toshiaki A Furukawa
        JMIR mHealth and uHealth, 2022年02月17日, 査読有り
      • Group cognitive-behavioral therapy with interoceptive exposure for drug-refractory irritable bowel syndrome: A randomized controlled trial
        Shino Kikuchi; Yuki Oe; Yuri Ito; Takashi Sozu; Yohei Sasaki; Masatsugu Sakata; Yan Luo; Ethan Sahker; Masaru Horikoshi; Hiroshi Seno; Toshi A. Furukawa
        American Journal of Gastroenterology, 2022年04月, 査読有り
      • Initial treatment choices to achieve sustained response in major depression: A systematic review and network meta-analysis.
        Toshi A Furukawa; Kiyomi Shinohara; Ethan Sahker; Eirini Karyotaki; Clara Miguel; Marketa Ciharova; Claudi L H Bockting; Josefien J F Breedvelt; Aran Tajika; Hissei Imai; Edoardo G Ostinelli; Masatsugu Sakata; Rie Toyomoto; Sanae Kishimoto; Masami Ito; Yuki Furukawa; Andrea Cipriani; Steven D Hollon; Pim Cuijpers
        World Psychiatry : Official Journal of the World Psychiatric Association (WPA), 2021年10月, 査読有り
      • Response to Jordan, Nich, Babuscio, Quainoo, and Carroll.
        Ethan Sahker; George Pro; Masatsugu Sakata; Toshi A Furukawa
        Drug and Alcohol Dependence, 2021年06月01日
      • Development and validation of the Cognitive Behavioural Therapy Skills Scale among college students.
        Masatsugu Sakata; Rie Toyomoto; Kazufumi Yoshida; Yan Luo; Yukako Nakagami; Shuntaro Aoki; Tomonari Irie; Yuji Sakano; Hidemichi Suga; Michihisa Sumi; Takashi Muto; Nao Shiraishi; Ethan Sahker; Teruhisa Uwatoko; Toshi A Furukawa
        Evidence-Based Mental Health, 2021年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Efficacy of brief intervention for drug misuse in primary care facilities: Systematic review and meta-analysis protocol.
        Ethan Sahker; Masatsugu Sakata; Rie Toyomoto; Chiyoung Hwang; Kazufumi Yoshida; Yan Luo; Norio Watanabe; Toshi A Furukawa
        BMJ open, 2020年09月02日, 査読有り
      • Substance use improvement depends on Race/Ethnicity: Outpatient treatment disparities observed in a large US national sample.
        Ethan Sahker; George Pro; Masatsugu Sakata; Toshiaki A Furukawa
        Drug and alcohol dependence, 2020年05月24日, 査読有り
      • Translating the BDI and BDI-II into the HAMD and vice versa with equipercentile linking.
        Toshi A Furukawa; Mirjam Reijnders; Sanae Kishimoto; Masatsugu Sakata; Robert J DeRubeis; Sona Dimidjian; David J A Dozois; Ulrich Hegerl; Steven D Hollon; Robin B Jarrett; François Lespérance; Zindel V Segal; David C Mohr; Anne D Simons; Lena C Quilty; Charles F Reynolds; Claudio Gentili; Stefan Leucht; Rolf R Engel; Pim Cuijpers
        Epidemiology and Psychiatric Sciences, 2019年03月14日, 査読有り
      • Healthy Campus Trial: A multiphase optimization strategy (MOST) fully factorial trial to optimize the smartphone cognitive behavioral therapy (CBT) app for mental health promotion among university students: Study protocol for a randomized controlled trial.
        Teruhisa Uwatoko; Yan Luo; Masatsugu Sakata; Daisuke Kobayashi; Yu Sakagami; Kazumi Takemoto; Linda M Collins; Ed Watkins; Steven D Hollon; James Wason; Hisashi Noma; Masaru Horikoshi; Takashi Kawamura; Taku Iwami; Toshi A Furukawa
        Trials, 2018年07月04日, 査読有り
      • 社会的養護における青年の職業的自立サポートに関する研究 : アメリカ合衆国におけるIndependent Living Program (ILP)の効果研究の文献レビュー
        高岸 幸弘; 井出 智博; 坂田 昌嗣
        子どもの虐待とネグレクト = Japanese journal of child abuse and neglect : 日本子ども虐待防止学会学術雑誌, 2014年09月
      • Influence of rumination and self-efficacy on depression in Japanese undergraduate nursing students
        Yukihiro Takagishi; Masatsugu Sakata; Toshinori Kitamura
        Asian Journal of Social Psychology, 2013年09月, 査読有り
      • Influence of the Municipal Merger on Local Government Employees’ Stress Response in Japan
        Takagishi, Y; Sakata, M; Kitamura, T
        Industrial Health, 2012年, 査読有り
      • Effects of self-esteem on state and trait components of interpersonal dependency and depression in the workplace.
        Yukihiro Takagishi; Masatsugu Sakata; Toshinori Kitamura
        Journal of clinical psychology, 2011年09月, 査読有り
      • 情緒障害児短期治療施設における効果測定のあり方に関する研究
        高岸 幸弘; 坂田 昌嗣
        子どもの虐待とネグレクト, 2011年09月
      • Factors supporting substance use improvement for Black Americans: A population health observational study.
        Ethan Sahker; George Pro; Masatsugu Sakata; Hemant Poudyal; Ayana Jordan; Toshi A Furukawa
        Drug and Alcohol Dependence, 2022年03月16日

      講演・口頭発表等

      • 情緒障害児短期治療施設入所児童の問題改善における個別心理療法の役割
        高岸幸弘; 坂田昌嗣
        日本子ども虐待防止学会第19回学術集会, 2013年12月14日
      • アルコールと睡眠
        坂田 昌嗣
        平成25年度第4回熊本県依存症治療に関わるスタッフミーティング, 2013年10月09日, 熊本県精神保健福祉センター
      • 精神科臨床で患者の起きられない悩みに応じる
        坂田 昌嗣
        日本心理学会第77回大会公募シンポジウム「 臨床現場での睡眠学のエビデンスの活用:臨床心理士はエビデンスをどのように臨床応用しているか?」, 2013年09月20日
      • 不眠症に対するストレスマネジメント
        坂田昌嗣
        日本ストレスマネジメント学会第10回研修会, 2011年07月
      • うつ病患者の不眠に対する認知行動療法の実践例
        坂田昌嗣
        日本行動療法学会第36回大会自主シンポジウム「うつと不眠を考える-不眠はうつ病の症状?合併疾患?-」, 2010年12月
      • 不眠における睡眠習慣とストレス反応の役割
        坂田昌嗣; 保野孝弘
        日本心理学会第74回大会, 2010年09月
      • 認知的負荷が終夜睡眠に与える影響-生理的睡眠過程の実験的検討
        坂田昌嗣; 高寄誠; 保野孝弘
        日本睡眠学会第35回定期学術集会, 2010年07月
      • 不眠症を持続させる習慣のアセスメントと行動的介入
        坂田昌嗣
        日本心理学会第73回大会ワークショップ「不眠症の臨床心理学-認知行動論の視点から-」, 2009年09月
      • 心的負荷条件下での睡眠・覚醒意図が入眠に与える影響―主観的・生理的指標を用いた実験的検討
        坂田昌嗣; 保野孝弘
        日本心理学会第72回大会, 2008年09月
      • 心的負荷条件下での逆説的意図が入眠過程に与える影響の検討
        坂田昌嗣; 保野孝弘
        日本睡眠学会第33回定期学術集会, 2008年06月
      • 入眠時認知活動及び時間切迫性が主観的入眠に与える影響
        坂田昌嗣; 保野孝弘
        岡山心理学会第29回大会, 2007年12月

      書籍等出版物

      • 睡眠障害に対する認知行動療法:行動睡眠医学的アプローチへの招待
        マイケル・L・ペルリス; マーク・S・アロイア; ブレット・R・クーン; 岡島 義; 福田 一彦, 共訳, 14章 集中的睡眠再訓練法:原発性不眠症に対する条件づけ療法, ぺルリス,M.L; アロイア,M.S; クーン,B.R
        風間書房, 2015年09月, 査読無し
      • 不眠症の認知行動療法:治療者向けマニュアル(患者向けワークブックCD-ROM付)
        北村 俊則; 坂田 昌嗣, 単訳, エディンガー,J.D; カーニィ,C.E
        日本評論社, 2009年09月, 査読無し

      メディア報道

      • 【特集(睡眠)】1/5が抱える問題,あなたは大丈夫
        湯前町, 広報ゆのまえ, 2013年11月, 会誌・広報誌
      list
        Last Updated :2022/11/23

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2014年07月, 至 2018年03月
          委員, 熊本県立人吉高等学校いじめ問題対策委員会
        • 自 2013年, 至 2018年03月
          心の健康アドバイザー, 熊本県学校保健会
        • 自 2011年07月
          実行委員, 日本ストレスマネジメント学会第10回大会

        社会貢献活動

        • 仲間になろうストレスと―楽しく学ぶこころの回復力
          講師
          地域生活支援センター翠, 熊本県こころの健康普及啓発講演会, 自 2019年03月24日
        • 気を付けたい心の健康のポイント:周囲のSOSに気づくために
          講師
          あさぎり町, あさぎり町ゲートキーパー講座, 自 2017年11月13日
        • 認知症の症状評価のための検査
          講師
          熊本県立大学, 看護職員の認知症ケア研修会, 自 2016年02月24日
        • 気を付けたい心の健康のポイント:周囲のSOSに気づくために
          講師
          五木村, 自殺対策事業講演会, 五木村, 自 2015年03月
        • ストレスから自分と周囲を守るために
          講師
          多良木町, 自殺対策推進事業講演会, 多良木町, 自 2015年02月25日
        • 子どもの得意なところをどう生かすか—知能検査結果の活かし方
          講師
          熊本県学校保健会, 心の健康アドバイザー研修会, 山江村立万江小学校, 自 2015年02月03日
        • 高齢期の睡眠と心の健康
          講師
          五木村, 自殺対策事業講演会, 五木村, 自 2014年03月26日
        • 老年期の知恵
          講師
          五木村, 自殺対策事業講演会, 五木村, 自 2012年03月
        • 高齢者の身体愁訴とうつ
          講師
          五木村, 自殺対策事業講演会, 五木村, 自 2011年03月

        ページ上部へ戻る