教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

佐藤 慎一

サトウ シンイチ

化学研究所 生体機能化学研究系 准教授

佐藤 慎一
list
    Last Updated :2022/06/24

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 ケミカルバイオロジー, 准教授

    学位

    • 修士(工学)(京都工芸繊維大学)
    • 博士(工学)(京都工芸繊維大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都工芸繊維大学, 大学院工芸科学研究科博士前期課程物質工学専攻, 修了
    • 京都工芸繊維大学, 大学院工芸科学研究科博士後期課程材料科学専攻, 研究指導認定退学

    出身学校・専攻等

    • 京都工芸繊維大学, 工芸学部物質工学科, 卒業

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/24

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        RNAツールと小分子化合物を利用した細胞機能解析

      研究分野

      • ナノテク・材料, 生体化学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ナノテク・材料, ケミカルバイオロジー
      • ライフサイエンス, 生物有機化学

      論文

      • Discovery of a phase-separating small molecule that selectively sequesters tubulin in cells
        Genyir Ado; Naotaka Noda; Hue T. Vu; Amelie Perron; Amarjyoti D. Mahapatra; Karla Pineda Arista; Hideaki Yoshimura; Daniel M. Packwood; Fumiyoshi Ishidate; Shin-ichi Sato; Takeaki Ozawa; Motonari Uesugi
        Chemical Science, 2022年04月20日, 査読有り
      • Discovery of Non-Cysteine-Targeting Covalent Inhibitors by Activity-Based Proteomic Screening with a Cysteine-Reactive Probe
        Yejin Jung; Naotaka Noda; Junichiro Takaya; Masahiro Abo; Kohei Toh; Ken Tajiri; Changyi Cui; Lu Zhou; Shin-ichi Sato; Motonari Uesugi
        ACS Chemical Biology, 2022年02月18日, 査読有り
      • RNA-based cooperative protein labeling that permits direct monitoring of the intracellular concentration change of an endogenous protein
        Kathleen Beverly Alog Pe; Kenji Yatsuzuka; Hayase Hakariya; Tomoki Kida; Yousuke Katsuda; Masatora Fukuda; Shin-ichi Sato
        Nucleic Acids Research, 2021年12月16日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Guanine-Tethered Oligonucleotides Restore Abnormal Protein Synthesis with a SNP Mutation in a 5’-UTR G-quadruplex of Human MSH2
        Masaki Hagihara; Shuhei Shiroto; Shunya Igarashi; Shin-ichi Sato
        Chemistry Letters, 2021年07月21日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Longer DNA exhibits greater potential for cell-free gene expression
        Takashi Nishio; Yuko Yoshikawa; Kenichi Yoshikawa; Shin-ichi Sato
        Scientific Reports, 2021年06月03日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Non-genetic cell-surface modification with a self-assembling molecular glue
        Hayase Hakariya; Ippei Takashima; Misao Takemoto; Naotaka Noda; Shin-ichi Sato; Motonari Uesugi
        Chemical Communications, 2021年02月11日, 査読有り
      • Chemoproteomic Profiling of a Pharmacophore-Focused Chemical Library
        Louvy Lynn Punzalan; Lulu Jiang; Di Mao; Amarjyoti Das Mahapatra; Shinichi Sato; Yasushi Takemoto; Mari Tsujimura; Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Lu Zhou; Motonari Uesugi
        Cell Chemical Biology, 2020年06月, 査読有り
      • Discovery of a Small-Molecule-Dependent Photolytic Peptide.
        Yasushi Takemoto; Di Mao; Louvy Lynn Punzalan; Sebastian Götze; Shin-Ichi Sato; Motonari Uesugi
        Journal of the American Chemical Society, 2020年01月22日, 査読有り
      • Nutrient-Based Chemical Library as a Source of Energy Metabolism Modulators.
        Furuta T; Mizukami Y; Asano L; Kotake K; Ziegler S; Yoshida H; Watanabe M; Sato S; Waldmann H; Nishikawa M; UesugiM
        ACS Chem. Biol., 2019年08月, 査読有り
      • Multifunctionalization of Cells with a Self-Assembling Molecule to Enhance Cell Engraftment
        Ippei Takashima; Kosuke Kusamori; Hayase Hakariya; Megumi Takashima; Thi Hue Vu; Yuya Mizukami; Naotaka Noda; Yukiya Takayama; Yousuke Katsuda; Shin-ichi Sato; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa; Motonari Uesugi
        ACS Chemical Biology, 2019年04月19日, 査読有り
      • Live-cell imaging of multiple endogenous mRNAs permits the direct observation of RNA granule dynamics
        Kenji Yatsuzuka; Shin-ichi Sato; Kathleen Beverly Pe; Yousuke Katsuda; Ippei Takashima; Mizuki Watanabe; Motonari Uesugi
        Chemical Communications, 2018年, 査読有り, 責任著者
      • Chemical decontamination of iPS cell-derived neural cell mixtures
        Di Mao; Xie Khim Watson Chung; Tomoko Andoh-Noda; Ying Qin; Shin-Ichi Sato; Yasushi Takemoto; Wado Akamatsu; Hideyuki Okano; Motonari Uesugi
        Chemical Communications, 2018年, 査読有り
      • Method for Imaging Live-Cell RNA Using an RNA Aptamer and a Fluorescent Probe
        Shin-ichi Sato; Kenji Yatsuzuka; Yousuke Katsuda; Motonari Uesugi
        Methods in Molecular Biology, 2018年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Vitamin D Metabolite, 25-Hydroxyvitamin D, Regulates Lipid Metabolism by Inducing Degradation of SREBP/SCAP
        Lisa Asano; Mizuki Watanabe; Yuta Ryoden; Kousuke Usuda; Takuya Yamaguchi; Bilon Khambu; Megumi Takashima; Shin-ichi Sato; Juro Sakai; Kazuo Nagasawa; Motonari Uesugi
        CELL CHEMICAL BIOLOGY, 2017年02月, 査読有り
      • A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures
        Di Mao; Shin Ando; Shin-ichi Sato; Ying Qin; Nao Hirata; Yousuke Katsuda; Eihachiro Kawase; Ting-Fang Kuo; Itsunari Minami; Yuji Shiba; Kazumitsu Ueda; Norio Nakatsuji; Motonari Uesugi
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2017年02月, 査読有り
      • A Small Molecule That Represses Translation of G-Quadruplex-Containing mRNA
        Yousuke Katsuda; Shin-ichi Sato; Lisa Asano; Yoshitaka Morimura; Tomoyuki Furuta; Hiroshi Sugiyama; Masaki Hagihara; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2016年07月, 査読有り, 責任著者
      • Intracellular Generation of a Diterpene-Peptide Conjugate that Inhibits 14-3-3-Mediated Interactions
        Prakash Parvatkar; Nobuo Kato; Motonari Uesugi; Shin-ichi Sato; Junko Ohkanda
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年12月, 査読有り
      • Live-cell Imaging of Endogenous mRNAs with a Small Molecule
        S. Sato; M. Watanabe; Y. Katsuda; A. Murata; D.O. Wang; M. Uesugi
        Angewandte Chemie International Edition in English, 2015年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Biochemical Isolation of Protein Targets Using Biotinylated Compounds
        S. Sato; Y. Katsuda; M. Uesugi
        CSJ Current Review., 2015年, 筆頭著者
      • Affinity-Based Isolation of Molecular Targets of Clinically Used Drugs
        Shin-Ichi Sato; Motonari Uesugi
        Concepts and Case Studies in Chemical Biology, 2014年10月06日, 査読有り, 筆頭著者
      • Synthetic Molecules that Protect Cells from Anoikis and Their Use in Cell Transplantation
        Heidie L. Frisco-Cabanos; Mizuki Watanabe; Naoki Okumura; Kosuke Kusamori; Naohiro Takemoto; Junichiro Takaya; Shin-ichi Sato; Sayumi Yamazoe; Yoshinobu Takakura; Shigeru Kinoshita; Makiya Nishikawa; Noriko Koizumi; Motonari Uesugi
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2014年10月, 査読有り
      • A Chemical Probe that Labels Human Pluripotent Stem Cells
        Nao Hirata; Masato Nakagawa; Yuto Fujibayashi; Kaori Yamauchi; Asako Murata; Itsunari Minami; Maiko Tomioka; Takayuki Kondo; Ting-Fang Kuo; Hiroshi Endo; Haruhisa Inoue; Shin-ichi Sato; Shin Ando; Yoshinori Kawazoe; Kazuhiro Aiba; Koh Nagata; Eihachiro Kawase; Young-Tae Chang; Hirofumi Suemori; Koji Eto; Hiromitsu Nakauchi; Shinya Yamanaka; Norio Nakatsuji; Kazumitsu Ueda; Motonari Uesugi
        CELL REPORTS, 2014年03月, 査読有り
      • In vitro selection of RNA aptamers for a small-molecule dye
        Asako Murata; Shin-Ichi Sato
        Methods in Molecular Biology, 2014年01月01日, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Small-Molecule-Induced Clustering of Heparan Sulfate Promotes Cell Adhesion
        Naohiro Takemoto; Tetsuya Suehara; Heidie L. Frisco; Shin-ichi Sato; Takuhito Sezaki; Kosuke Kusamori; Yoshinori Kawazoe; Sun Min Park; Sayumi Yamazoe; Yoshiyuki Mizuhata; Rintaro Inoue; Gavin J. Miller; Steen U. Hansen; Gordon C. Jayson; John M. Gardiner; Toshiji Kanaya; Norihiro Tokitoh; Kazumitsu Ueda; Yoshinobu Takakura; Noriyuki Kioka; Makiya Nishikawa; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年07月, 査読有り
      • Deactivation of STAT6 through Serine 707 Phosphorylation by JNK
        Takashi Shirakawa; Yoshinori Kawazoe; Tomoko Tsujikawa; Dongju Jung; Shin-ichi Sato; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • Marine Natural Product Aurilide Activates the OPA1-Mediated Apoptosis by Binding to Prohibitin
        Shin-ichi Sato; Asako Murata; Tsubasa Orihara; Takashi Shirakawa; Kiyotake Suenaga; Hideo Kigoshi; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2011年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Small-molecule fluorescent probes for specific RNA targets
        Asako Murata; Shin-ichi Sato; Yoshinori Kawazoe; Motonari Uesugi
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2011年, 査読有り
      • Biochemical Target Isolation for Novices: Affinity-Based Strategies
        Shin-ichi Sato; Asako Murata; Takashi Shirakawa; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2010年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • A Dumbbell-Shaped Small Molecule that Promotes Cell Adhesion and Growth (DOI:10.1016/j.chembiol.2009.06.008)
        S. Yamazoe; H. Shimogawa; S.-i. Sato; J.D. Esko; M. Uesugi
        Chemistry and Biology, 2010年, 査読有り
      • 化合物推理ゲーム
        Sato, S; Uesugi, M
        ファルマシア, 2009年12月01日, 査読有り
      • A Small Molecule That Blocks Fat Synthesis By Inhibiting the Activation of SREBP
        Shinji Kamisuki; Qian Mao; Lutfi Abu-Elheiga; Ziwei Gu; Akira Kugimiya; Youngjoo Kwon; Tokuyuki Shinohara; Yoshinori Kawazoe; Shin-ichi Sato; Koko Asakura; Hea-Young Park Choo; Juro Sakai; Salih J. Wakil; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2009年08月, 査読有り
      • A Dumbbell-Shaped Small Molecule that Promotes Cell Adhesion and Growth
        Sayumi Yamazoe; Hiroki Shimogawa; Shin-ichi Sato; Jeffrey D. Esko; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2009年07月, 査読有り
      • A Dumbbell-Shaped Small Molecule that Promotes Cell Adhesion and Growth
        Sayumi Yamazoe; Hiroki Shimogawa; Shin-ichi Sato; Jeffrey D. Esko; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2009年07月, 査読有り
      • Wrenchnolol Derivative Optimized for Gene Activation in Cells
        Dongju Jung; Hiroki Shimogawa; Youngjoo Kwon; Qian Mao; Shin-ichi Sato; Shinji Kamisuki; Hideo Kigoshi; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年04月, 査読有り
      • Polyproline-rod approach to isolating protein targets of bioactive small molecules: Isolation of a new target of indomethacin
        Shin-ichi Sato; Youngjoo Kwon; Shinji Kamisuki; Neeta Srivastava; Qian Mao; Yoshinori Kawazoe; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Identification of the cardiac beta-adrenergic receptor protein: solubilization and purification by affinity chromatography
        S. Sato; A. Murata; M. Uesugi
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2007年, 査読有り, 筆頭著者
      • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloidgenic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; A Hirata; SI Sato; S Oiki; K Ikura
        BIOCHEMISTRY, 2005年02月, 査読有り
      • Stepwise molding of a highly selective ribonucleopeptide receptor
        S Sato; M Fukuda; M Hagihara; Y Tanabe; K Ohkubo; T Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2005年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Covalent blocking of amyloid formation and protein aggregation by transglutaminase-catalyzed intra-molecular cross-linking
        T. Konno; T. Morii; A. Hirata; S. Sato; H. Naiki; S. Oiki; K. Ikura
        44,2072-2079,2005, 2005年, 査読有り
      • RNAペプチド複合体の段階的高機能化
        福田将虎; 佐藤慎一; 萩原正規; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • Ribonucleopeptides: Functional RNA-peptide complexes
        M Hagihara; T Hasegawa; S Sato; S Yoshikawa; K Ohkubo; T Morii
        BIOPOLYMERS, 2004年02月06日, 査読有り
      • Ribonucleopeptide receptors
        Masaki Hagihara; Tetsuya Hasegawa; Shin-ichi Sato; Susumu Yoshikawa; Katsutoshi Ohkubo; Takashi Morii
        Peptide Revolution: Genomics, Proteomics & Therapeutics, 2004年, 査読有り
      • Design of Functional Ribonucleopeptide Complexes
        Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Katsutoshi Ohkubo; Takashi Morii
        The New Frontier of RNA Science,Kyoto, 2003年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドによる小分子のセンシング
        萩原正規; 佐藤慎一; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第83春期年会,2G8-17,2003, 2003年, 査読有り
      • リン酸化チロシンを認識するリボヌクレオペプチドリセプター
        長谷川哲也; 萩原正規; 佐藤慎一; 吉川暹; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第83春期年会,2G8-13,2003, 2003年, 査読有り
      • ペプチドライブラリー法を用いたリボヌクレオペプチドリセプターの最適化
        佐藤慎一; 萩原正規; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井 孝
        日本化学会第83春季年会,2003.3, 2003年, 査読有り, 筆頭著者
      • Optimization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor.
        S. Sato; T. Hasegawa; M. Hagihara; M. Fukuda; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2003年, 査読有り, 筆頭著者
      • Chemical approaches untangling sequence-specific DNA binding by proteins
        S Sato; M Hagihara; K Sugimoto; T Morii
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2002年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • In vitro selection of ATP-binding receptors using a ribonucleopeptide complex
        T Morii; M Hagihara; SI Sato; K Makino
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2002年05月, 査読有り
      • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region
        T Morii; S Sato; M Hagihara; Y Mori; K Imoto; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 2002年02月, 査読有り
      • A general strategy to determine a target DNA sequence of a short peptide: Application to a D-peptide
        T Morii; T Tanaka; S Sato; M Hagihara; Y Aizawa; K Makino
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2002年01月, 査読有り
      • オリゴペプチド標的DNA配列の一般的決定法
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2F6-10,2002, 2002年, 査読有り, 筆頭著者
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列決定法の確立
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2002.3, 2002年, 査読有り, 筆頭著者
      • A new strategy to determine the target DNA sequence of a short peptide.
        S. Sato; H. Honjyo; S. Tsuji; M. Hagihara; K. Makino; T. Morii
        Nucleic Acids Res Suppl, 2002年, 査読有り, 筆頭著者
      • High-level expression of human acidic fibroblast growth factor and basic fibroblast growth factor in silkworm (Bombyx mori L.) using recombinant baculovirus
        XF Wu; K Kamei; H Sato; S Sato; R Takano; M Ichida; H Mori; S Hara
        PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 2001年02月, 査読有り
      • Structure-based designによる新しいDNA結合ドメインの設計とDNA認識機構の解明
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会79春季年会,1F637,2001, 2001年, 査読有り, 筆頭著者
      • Cloning and expression of the Momordica charantia trypsin inhibitor II gene in silkworm by using a baculovirus vector
        S Sato; K Kamei; M Taniguchi; H Sato; R Takano; H Mori; M Ichida; S Hara
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2000年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Pectinolytic enzymes from Pseudomonas marginalis MAFF 03-01173
        K Hayashi; Y Inoue; M Shiga; S Sato; R Takano; K Hirayae; T Hibi; S Hara
        PHYTOCHEMISTRY, 1997年08月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF THE POSITIONS OF DISULFIDE BONDS OF CHITINASE FROM A MARINE BACTERIUM, ALTEROMONAS SP STRAIN O-7
        K HAYASHI; S SATO; R TAKANO; H TSUJIBO; H ORIKOSHI; C IMADA; Y OKAMI; Y INAMORI; S HARA
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1995年10月, 査読有り
      • Glucose as a Protein-Condensing Cellular Solute
        Naotaka Noda; Yejin Jung; Genyir Ado; Yoshiyuki Mizuhata; Masakazu Higuchi; Tetsuya Ogawa; Fumiyoshi Ishidate; Shin-ichi Sato; Hiroki Kurata; Norihiro Tokitoh; Motonari Uesugi
        ACS Chemical Biology, 2022年03月18日, 査読有り

      MISC

      • 脂質生合成を抑制する内因性小分子化合物
        渡邉瑞貴; 浅野理沙; 領田優太; KHAMBA Bilon; 薄田晃佑; 飯田圭介; 岩田淳; 佐藤慎一; 長澤和夫; 上杉志成
        天然有機化合物討論会講演要旨集(Web), 2014年
      • Fluorescent chemical probes for human stem \ncells.
        Hirata N; Nakagawa M; Fujibayashi Y; Yamauchi K; Murata A; Kawase E; Sato S; Ando S; Young-Tae Chang; Suemori H; Nakatsuji N; Ueda K; Yamanaka S; Uesugi M
        AIMECS11 8th AFMC International Medical Chemistry Symposium.(Tokyo, 2011, 11, 29)., 2011年11月29日, 査読有り
      • A Dumbbell-Shaped Small Molecule that Promotes Cell Adhesion and Growth (vol 16, pg 773, 2009)
        Sayumi Yamazoe; Hiroki Shimogawa; Shin-ichi Sato; Jeffrey D. Esko; Motonari Uesugi
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2010年03月
      • Small molecule-based FRET probes for specific RNA targets
        Murata, A; Sato, S; Kawazoe, Y; Uesugi M
        The 5th Japan-Korea Chemical Biology Symposium, Busan, Korea, 2010年
      • Marine Natural Product Aurilide Activates the OPA1-Mediated Apoptosis by Binding to Prohibitin.
        Sato, S; Murata, A; Orihara, T; Suenaga, K; Kigoshi, H; Uesugi, M
        The 23rd Naito Conference on Chemical Biology [II], Sapporo, Japan, 2009年
      • Isolating and identifying protein targets of marine natural product aurilide.
        Sato, S; Murata, A; Orihara, T; Suenaga, K; Kigoshi, H; Uesugi, M
        The 4th iCeMS International Symposium: “Integrated Physical/Chemical Biology of the Cell: from Genes to Membrane Systems”, Kyoto, Japan, 2009年
      • Development of a Nanobiodevice based Ribonucleopeptide Complex
        T. Hasegawa; M. Hagihara; S. Sato; K. Ohkubo; T. Morii; S. Yoshikawa
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto (Japan),2004.12.17-18, 2004年12月17日, 査読有り
      • Tailoring receptors and sensors from an RNA-peptide assmebly
        Y. Tanabe; M. Hagihara; S. Sato; K. Ohkubo; T. Morii
        International symposium on Nano-organization and Function,Tokyo,2004.11.11-12, 2004年11月11日, 査読有り
      • リボヌクレオペプチド複合体を利用した蛍光センサーの開発
        萩原正規; 田邊優貴子; 佐藤慎一; 長谷川哲也; 吉川暹; 大久保捷敏; 森井孝
        第19回生体機能関連化学シンポジウム,東京大学弥生講堂,2004.10.8-9, 2004年, 査読有り
      • Design of sensing ribonucleopeptides for small ligands.
        M. Hagihara; T. Hasegawa; Y. Tanabe; S. Sato; S. Yoshikawa; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2004年, 査読有り
      • Recognition of Small Molecules by an RNA-peptide Complex
        HAGIHARA Masaki; SATO Shin-ichi; MORII Takashi; MAKINO Keisuke
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2003年02月01日
      • Design of phosphotyrosine-specific ribonucleopeptide receptors
        Tetsuya Hasegawa; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Takashi Morii; Katsutoshi Ohkubo; Susumu Yoshikawa
        The 1st International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University 21COE Establishment of COE on Sustainable Energy System,Kyoto, 2003年, 査読有り
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列の決定
        佐藤慎一; 本庄弘一; 辻晋司; 萩原正規; 牧野圭祐; 森井孝
        第29回核酸化学シンポジウム,2-P37,2002, 2002年, 査読有り
      • bZIP構造によるDNA塩基配列特異的認識における構造転移の役割
        森井孝; 佐藤慎一; 牧野圭祐
        第74回日本生化学会大会,1P-195,2001, 2001年, 査読有り
      • ロイシンジッパータンパク質によるDNA認識と構造転移の役割
        佐藤慎一; 何冬蘭; 森井孝; 牧野圭祐
        第16回生体機能関連化学シンポジウム,2001.9, 2001年, 査読有り
      • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region
        Sato S; Hagihara M; Makino K; Morii T
        PACIFICHEM 2000, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, 2000年
      • “新しいDNA結合ドメインをもつロイシンジッパータンパク質によるDNA認識”
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        第15回生体関連化学シンポジウム,2000.9, 2000年, 査読有り
      • “塩基性領域を新しいドメインに改変したロイシンジッパータンパク質によるDNA認識”
        森井 孝; 佐藤 慎一; 牧野 圭祐
        蛋白合同年会東京2000年6月, 2000年, 査読有り
      • DNA binding of a basic leucine-zipper protein with novel folding domain.
        S. Sato; K. Makino; T. Morii
        Nucleic acids symposium series, 2000年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • RNA高次構造変化に伴う新規核酸医薬技術の開発
        勝田陽介; 嘉村匠人; 木田朋輝; 北村裕介; 佐藤慎一; 萩原正規; 井原敏博
        日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会, 2022年05月31日
      • 新規パーキンソン病治療薬開発に向けたStaple核酸による遺伝子発現制御
        五木結愛; 勝田陽介; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        日本ケミカルバイオロジー学会 第16回年会, 2022年05月31日
      • 生細胞内でRNA機能を操作して生命現象を理解する~核酸の機能的デザイン~
        佐藤慎一
        岩手大学理工学部セミナー, 2021年10月06日, 招待有り
      • A Small-Molecule-Based Technology for Live-Cell Imaging of Energy Metabolism
        Shin-ichi Sato; Hayase Hakariya; Eiji Nakata; Takashi Morii
        The 12th International Symposium of Advanced Energy Science, 2021年09月07日
      • 核酸医薬への応用を目指した Staple XNAs による標的遺伝子発現抑制
        木田朋輝; 勝田陽介; 嘉村匠人; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会, 2021年06月23日
      • 細胞内でチュブリンを凝集させる相分離小分子化合物の発見
        アド ゲニール; 野田尚孝; フエ ティ ヴー; アメリ ペロン; アマルジョウチ ヂ; マハパトラ; カルラ ピネダ アリスタ; 吉村英哲; ダニエル パックウッド; 佐藤慎一; 小澤岳昌; 上杉志成
        日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会, 2021年06月22日
      • RNA高次構造の形成誘導に基づく新規遺伝子発現制御技術の開発
        嘉村匠人; 勝田陽介; 中村太志; 辻田賢一; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        日本化学会 第101春季年会, 2021年03月20日
      • 細胞内microRNAの高感度検出を目的とした新規リボスイッチの開発
        吉田翔; 勝田陽介; 北村裕介; 佐藤慎一; 井原敏博
        日本分析化学会第69年会, 2020年09月16日
      • RNA 高次構造の分割と再構成による新規リボスイッチの設計
        吉田翔; 勝田陽介; 佐藤慎一; 北村裕介; 井原敏博
        第14回バイオ関連化学シンポジウム2020, 2020年09月07日
      • 生細胞内でRNA機能を操って生命現象を理解する~核酸の機能的デザイン~
        佐藤慎一
        福岡大学理学部特別講義セミナー, 2020年08月06日, 招待有り
      • 人工修飾核酸を利用した次世代型核酸医薬の開発
        勝田陽介; 佐藤慎一; 萩原正規; 嘉村匠人; 北村裕介; 井原敏博
        日本化学会第100春季年会, 2020年03月23日
      • RNAツールを利用した生体高分子の生細胞内動態観察
        佐藤慎一
        第119回 化学研究所研究発表会, 2019年12月13日, 招待有り
      • Live-cell imaging of multiple endogenous mRNAs with small fluorescent probes
        佐藤慎一
        第42回日本分子生物学会, 2019年12月04日, 招待有り
      • Comprehensive search for the G-quadruplex structure in RNA using an RGB-1
        Maimi Inoue; Yousuke Katsuda; Yusuke Kitamura; Motonari Uesugi; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Toshihiro Ihara
        The 14th International Student Conference on Advanced Science and Technology, 2019年11月30日
      • Development of a novel technology for suppression of gene expression based on specific secondary structure induction in RNA by staple oligomer
        Takuto Kamura; Yousuke Katsuda; Yusuke Kitamura; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Toshihiro Ihara
        The 14th International Student Conference on Advanced Science and Technology, 2019年11月29日
      • Short nucleic acid which modulates the stability of RNA G-quadruplexes regulates protein expression level
        Yousuke Katsuda; Takuto Kamura; Yusuke Kitamura; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Toshihiro Ihara
        The 46th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2019年10月31日
      • RNAツールと小分子化合物による内在性mRNA動態の生細胞内観察
        佐藤 慎一
        日本分析化学会第68回年会, 2019年09月12日, 招待有り
      • RNAツールと小分子化合物による内在性mRNA動態の生細胞内観察
        佐藤 慎一
        同志社大学 医情報科学セミナー, 2019年09月10日, 招待有り
      • Live-Cell Imaging of Bioorganic Molecules with a Fluorescent Probe
        Shin-ichi Sato
        10th RSC-CSJ Joint Symposium -Chemistry for Complex Biological Systems, 2019年09月07日, 招待有り
      • Development of a novel Tool to Regulate Gene Expression Level by Short Nucleic Acid
        Yousuke Katsuda; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Toshihiro Ihara
        10th RSC-CSJ Joint Symposium -Chemistry for Complex Biological Systems, 2019年09月07日
      • RNA高次構造形成に基づく新規遺伝子発現制御技術の開発
        嘉村匠人; 勝田陽介; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019年09月05日
      • A small-molecule-based technology for live-cell imaging of energy metabolism
        Shin-ichi Sato; Hayase Hakariya; Eiji Nakata; Takashi Morii
        The 10th International Symposium of Advanced Energy Science, 2019年09月04日
      • Development of a novel nucleic acid medicine by staple oligomer
        Yousuke Katsuda; Shin-ichi Sato; Takuto Kamura; Maimi Inoue; Yusuke Kitamura; Masaki Hagihara; Toshihiro Ihara
        International Symposium of the Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2019年07月13日
      • Staple核酸によるRNA高次構造形成誘導を利用した 遺伝子機能解析技術の開発
        嘉村匠人; 勝田陽介; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        第56回支部合同, 2019年07月13日
      • Staple核酸を利用した核酸医薬概念の開発
        勝田陽介; 嘉村匠人; 井上舞美; 北村裕介; 萩原正規; 佐藤慎一; 井原敏博
        日本核酸医薬学会第5回年会, 2019年07月10日
      • Development of a novel gene expression control strategy which is able to eliminate off-target effect
        Katsuda, Y; Sato, S; Kamura, T; Kitamura, Y; Hagihara, M; Ihara, T
        The 45th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry 2018, 2018年11月08日
      • Live-Cell Imaging of Bioorganic Molecules with a Small Molecule and a Short RNA
        Yatsuzuka K; Sato S; Katsuda Y; Pe K. B; Uesugi M
        日本化学会第97春季年会, 2017年03月
      • Exploration the RNA G-quadruplex using a small molecule
        Katsuda Y; Sato S; Yatsuzuka K; Uesugi M
        日本化学会第97春季年会, 2017年03月
      • 蛍光プローブを用いた内在性mRNAイメージング法の改良
        八塚研治; 佐藤慎一; 勝田陽介; 上杉志成
        第10回バイオ関連シンポジウム, 2016年09月
      • RNA G-quadruplex選択的化合物を用いた網羅的なRNA G-quadruplexの探索
        勝田陽介; 佐藤慎一; 萩原正規; 八塚研治; 上杉志成
        第10回バイオ関連シンポジウム, 2016年09月
      • 小分子化合物を用いた新規RNA G-quadruplexの発見
        勝田陽介; 佐藤慎一; 古田智行; 萩原正規; 上杉志成
        ケミカルバイオロジー学会第11回年会, 2016年06月
      • 内在性mRNA可視化プローブの機能改善に向けた検討
        八塚研治; 佐藤慎一; 勝田陽介; 上杉志成
        日本化学会第96春季年会, 2016年03月
      • RNA G-quadruplex-targeting translational inhibition using a small molecule
        Katsuda Y; Sato S; Yatsuzuka K; Uesugi M
        日本化学会第96春季年会, 2016年03月
      • 細胞機能を解析するためのRNAツール開発
        佐藤慎一; 勝田陽介; 上杉志成
        第9回バイオ関連シンポジウム, 2015年09月
      • RNA G-quadruplex選択的結合化合物を用いた翻訳阻害
        勝田陽介; 佐藤慎一; 古田智行; 上杉志成
        第9回バイオ関連シンポジウム, 2015年09月
      • 蛍光プローブによる生細胞内RNAイメージング
        佐藤慎一; 渡邉瑞貴; 勝田陽介; 上杉志成
        ケミカルバイオロジー学会第10回年会, 2015年06月
      • 内在性mRNA 細胞内動態の新規イメージング法
        佐藤慎一; 勝田陽介; 渡邉瑞貴; 上杉志成
        日本化学会第95春季年会, 2015年03月
      • 新規 RNA G-quadruplex 結合化合物の開発及び利用
        勝田陽介; 佐藤慎一; 上杉志成
        日本化学会第95春季年会, 2015年03月
      • 内在性mRNA細胞内動態の新規イメージング法の開発
        佐藤慎一; 渡邉瑞貴; 勝田陽介; 王 丹; 上杉志成
        第8回バイオ関連シンポジウム, 2014年09月
      • スクリーニングによるRNA G-quadruplex選択性化合物の開発
        勝田陽介; 佐藤慎一; 森村吉貴; 上杉志成
        第8回バイオ関連シンポジウム, 2014年09月
      • 転写因子SREBPの活性化を阻害する内因性化合物
        領田優太; 渡邉瑞貴; Bilon KHAMB; 白川貴詩; 佐藤慎一; 川添嘉徳; 酒井寿郎; 上杉志成
        日本薬学会第133年会, 2013年03月
      • 海洋天然物オーリライドの標的タンパク質決定
        佐藤慎一; 村田亜沙子; 折原翼; 白川貴詩; 末永聖武; 木越英夫; 上杉志成
        第53回天然有機化合物討論会, 2011年09月
      • Small molecule-based FRET probes for specific RNA targets.
        Murata, A; Sato, S; Kawazoe, Y; Uesugi M
        The 5th Japan-Korea Chemical Biology Symposium, 2010年01月
      • Marine Natural Product Aurilide Activates the OPA1-Mediated Apoptosis by Binding to Prohibitin.
        Sato, S; Murata, A; Orihara, T; Suenaga, K; Kigoshi, H; Uesugi, M
        The 23rd Naito Conference on Chemical Biology [II], 2009年10月
      • RNAペプチド複合体の段階的高機能化
        福田将虎; 佐藤慎一; 萩原正規; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会, 2005年03月
      • Development of a Nanobiodevice based Ribonucleopeptide Complex.
        Hasegawa T; Hagihara M; Sato S; Ohkubo K; Morii T; Yoshikawa S
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System, 2004年12月
      • Tailoring receptors and sensors from an RNA-peptide assmebly.
        Tanabe Y; Hagihara M; Sato S; Ohkubo K; Morii T
        International symposium on Nano-organization and Function, 2004年11月
      • リボヌクレオペプチド複合体を利用した蛍光センサーの開発
        萩原正規; 田邊優貴子; 佐藤慎一; 長谷川哲也; 吉川暹; 大久保捷敏; 森井孝
        第19回生体機能関連化学シンポジウム, 2004年10月
      • リボヌクレオペプチドによる小分子のセンシング
        萩原正規; 佐藤慎一; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第84春期年会, 2004年03月
      • リン酸化チロシンを認識するリボヌクレオペプチドリセプター
        長谷川哲也; 萩原正規; 佐藤慎一; 吉川暹; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第84春期年会, 2004年03月
      • ペプチドライブラリー法を用いたリボヌクレオペプチドリセプターの最適化
        佐藤慎一; 萩原正規; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井 孝
        日本化学会第84春期年会, 2004年03月
      • オリゴペプチド標的DNA配列の一般的決定法
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第83春季年会, 2003年03月
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列の決定,第29回核酸化学シンポジウム
        佐藤慎一; 本庄弘一; 辻晋司; 萩原正規; 牧野圭祐; 森井孝
        第29回核酸化学シンポジウム, 2002年09月
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列決定法の確立
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会, 2002年03月
      • bZIP構造によるDNA塩基配列特異的認識における構造転移の役割
        森井孝; 佐藤慎一; 牧野圭祐
        第74回日本生化学会大会, 2001年10月
      • ロイシンジッパータンパク質によるDNA認識と構造転移の役割
        佐藤慎一; 何冬蘭; 森井孝; 牧野圭祐
        第16回生体機能関連化学シンポジウム, 2001年09月
      • Structure-based designによる新しいDNA結合ドメインの設計とDNA認識機構の解明
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第79春季年会, 2001年03月
      • DNA binding of a basic leucine-zipper protein with novel folding domain.
        Sato S; Makino K; Morii T
        Nucleic acids symposium, 2000年10月
      • 新しいDNA結合ドメインをもつロイシンジッパータンパク質によるDNA認識
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        第15回生体関連化学シンポジウム, 2000年09月
      • 塩基性領域を新しいドメインに改変したロイシンジッパータンパク質によるDNA認識
        森井孝; 佐藤慎一; 牧野 圭祐
        蛋白合同年会東京, 2000年06月
      • 次世代型核酸医薬開発を指向した人工核酸型Stapleの遺伝子発現制御
        木田 朋輝; 勝田 陽介; 北村 裕介; 萩原 正規; 佐藤 慎一; 井原 敏博
        日本化学会第102春季年会(2022), 2022年03月25日
      • Staple核酸によるmRNA高次構造の形成誘導戦略に基づく遺伝子発現制御法の開発
        嘉村 匠人; 勝田 陽介; 中村 太志; 辻田 賢一; 北村 裕介; 萩原 正規; 佐藤 慎一; 井原 敏博
        日本化学会第102春季年会(2022), 2022年03月24日

      書籍等出版物

      • ケミカルバイオロジー化合物集~研究展開のヒント~
        佐藤慎一; 上杉志成, 共著, 全体
        オーム社, 2018年, 査読無し
      • 生細胞内で RNA を操る~RNA ツールと化合物による細胞機能の理解~
        佐藤 慎一, 単著
        生命科学研究レター, 2018年, 査読無し
      • ビオチン化体を利用した生化学的標的タンパク質精製法
        佐藤慎一; 勝田陽介; 上杉志成, 共著, 全般
        化学同人, 2015年, 査読無し
      • Affinity-based isolation of molecular targets of clinically used drugs
        佐藤 慎一, 共著
        Case Studies in Chemical Biology, 2014年, 査読無し
      • 生理活性物質による創薬標的同定のコツ
        Sato, S; Murata, A; Shirakawa, T; Uesugi, M
        創薬研究のためのタンパク質・プロテオミクス解析, 別冊, 141-146, 2010年, 査読無し
      • 海洋天然物のケミカルジェネティクス
        Sato, S; Murata, A; Uesugi, M
        細胞工学; 28(4), 332-337, 2009年, 査読無し
      • 化合物推理ゲーム
        Sato, S; Uesugi, M, 共著, 全体
        ファルマシア, 44(12), 1219-1221, 2008年, 査読無し
      • Identification of the cardiac beta-adrenergic receptor protein: solubilization and purification by affinity chromatography.
        Sato S; Murata A; Uesugi M
        Tanpakushitsu Kakusan Koso., 52, 1782-1783, 2007年, 査読無し
      • 生物医学研究を加速するケミカルゲノミクス
        Murata A; Sato S; Uesugi M
        最新医学, 9, 2205-2213, 2007年, 査読無し
      • ケミカルゲノミクスにおける標的タンパク質同定
        Sato S; Uesugi M
        ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス, Springer, p77-90, 2005年, 査読無し

      産業財産権

      • 特願2018-201074, Staple核酸を利用したタンパク質翻訳反応の抑制法
        勝田陽介; 佐藤慎一; 萩原正規; 井原敏博; 北村裕介
      • 特願2018-128424, タンパク質標的核酸アプタマー、その製造方法、及び標的タンパク質の検出方法
        佐藤 慎一; 福田将虎
      • 特願2016-102872, リボソーム侵入サイト(IRES)を用いた人工リボスイッチ
        佐藤 慎一; 上杉志成; 勝田陽介

      受賞

      • 2009年
        内藤記念科学振興財団, 第23回内藤カンファレンス賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 日本発の革新的バイオ医薬開発を目指した細胞内RNA機能の制御機構の解明と創薬応用
        挑戦的研究(開拓)
        中区分37:生体分子化学およびその関連分野
        京都大学
        佐藤 慎一
        自 2021年07月09日, 至 2025年03月31日, 交付
        機能性RNA;核酸;小分子化合物;ケミカルバイオロジー
      • 機能性核酸と小分子化合物を利用した細胞機能解析の技術基盤の創生
        基盤研究(B)
        小区分37010:生体関連化学
        京都大学
        佐藤 慎一
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        機能性RNA;核酸;小分子化合物;ケミカルバイオロジー
      • 人工リボスイッチによる真核細胞内タンパク質発現の精密制御
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        佐藤 慎一
        自 2017年06月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        リボスイッチ;RNA;核酸;タンパク質翻訳制御
      • スクリーニングによるRNA G-quadruplex選択性化合物の探索及び利用
        若手研究(B)
        熊本大学;京都大学
        勝田 陽介
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        RNA G-quadrupelx;translation;screening;RNA G-quadruplex;Translation;スクリーニング;タンパク質翻訳反応制御;核酸
      • 小分子蛍光プローブ利用した内在性mRNA細胞内動態の網羅的イメージング解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        佐藤 慎一
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        RNA生細胞内イメージング;蛍光プローブ;ケミカルバイオロジー;RNAアプタマー;RNA性細胞内イメージング
      • レンチノロールを基にした分子間相互作用阻害剤の合理的デザイン
        基盤研究(C)
        京都大学
        佐藤 慎一
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        X線結晶構造解析;ケミカルバイオロジー
      • 3次元構造を基にした、生理活性小分子化合物のデザイン
        研究活動スタート支援
        京都大学
        佐藤 慎一
        完了
        X線結晶解析;標的タンパク質同定;生理活性化合物;分子設計;分子認識

      外部資金:その他

      • 海洋天然化合物オーリライドの標的タンパク質同定
        内藤記念科学振興財団 研究助成
        自 2010年, 至 2011年
        佐藤慎一
      • Development of Core Technologies for Industrial Applications of Human Stem Cells
        New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO)
        自 2011年, 至 2015年
        中辻憲夫
      • 分子蛍光化合物プローブを用いた内在性RNAイメージングキットの開発
        科学技術振興機構
        自 2012年07月01日, 至 2014年03月31日
        佐藤慎一
      list
        Last Updated :2022/06/24

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究計画作文演習A
          8402, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命の有機化学
          N324, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創発医薬科学研究A
          8406, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学論文解読演習A
          8404, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命有機化学演習
          C019, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験コーチング演習A
          8301, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          細胞と物質をつなぐ科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞と物質をつなぐ科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          細胞と物質をつなぐ科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞と物質をつなぐ科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命の有機化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命の有機化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命の有機化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命の有機化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命の有機化学
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命の有機化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命有機化学演習
          後期, 薬学部

        非常勤講師

        • 自 2020年04月01日, 至 2020年09月20日
          医情報応用実験Ⅲ
          週1回 1回6時間, 同志社大学
        • 自 2020年04月01日, 至 2020年08月31日
          機能生物化学特別講義Ⅰ、機能生物化学特別講義Ⅰ
          期間中8回、1回 90分, 福岡大学
        list
          Last Updated :2022/06/24

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区化学物質管理委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            環境管理専門委員会無機廃液管理小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所広報委員会委員
          list
            Last Updated :2022/06/24

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2019年
              第99春季年会 プログラム小委員会 編成委員 (10-生体機能関連化学・バイオテクノロジー 部門), 日本化学会

            ページ上部へ戻る