教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

挾間 雅章

ハザマ マサアキ

医学部附属病院 精神科神経科 助教

挾間 雅章
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    所属学協会

    • Motivational Interviewing Network of Trainers
    • 寛容と連携の日本動機づけ面接学会
    • 日本精神神経学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        動機づけ面接およびそのトレーニングの効果

      研究キーワード

      • 認知行動療法
      • 気分障害
      • 精神医学
      • 動機づけ面接

      研究分野

      • ライフサイエンス, 精神神経科学

      論文

      • ギャンブル障害患者の島皮質をseedとした安静時脳機能結合について
        鶴身 孝介; 川田 良作; 村尾 託朗; 竹内 秀暁; 竹村 有由; 挾間 雅章; 村井 俊哉; 高橋 英彦
        日本アルコール・薬物医学会雑誌, 2015年08月
      • Anti-PDHA1 antibody is detected in a subset of patients with schizophrenia
        Yukako Nakagami; Genichi Sugihara; Noriyuki Nakashima; Masaaki Hazama; Shuraku Son; Shuhe Ma; Riki Matsumoto; Toshiya Murai; Akio Ikeda; Kosaku Murakami
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Early and late effects of electroconvulsive therapy associated with different temporal lobe structures.
        Shimpei Yamasaki; Toshihiko Aso; Jun Miyata; Genichi Sugihara; Masaaki Hazama; Kiyotaka Nemoto; Yujiro Yoshihara; Yukiko Matsumoto; Tomohisa Okada; Kaori Togashi; Toshiya Murai; Hidehiko Takahashi; Taro Suwa
        Translational psychiatry, 2020年10月13日
      • 統合失調症患者の血清に存在する抗PDHA1抗体と抗体陽性者の脳画像的特徴
        中神 由香子; 杉原 玄一; 中島 則行; 挾間 雅章; 孫 樹洛; 馬 舒荷; 松本 理器; 村井 俊哉; 池田 昭夫; 村上 孝作
        日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集, 2020年08月
      • 統合失調症に特異的な新規抗体探索へのアプローチ 予備的研究結果
        中神 由香子; 中島 則行; 杉原 玄一; 挾間 雅章; 松本 理器; 村上 孝作; 池田 昭夫; 村井 俊哉
        精神神経学雑誌, 2019年06月
      • Multimodal neuroimaging as a window into the pathological physiology of schizophrenia: Current trends and issues
        Masanori Isobe; Jun Miyata; Masaaki Hazama; Hidenao Fukuyama; Toshiya Murai; Hidehiko Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2016年01月, 査読有り
      • ギャンブル障害患者の安静時脳機能結合について
        鶴身 孝介; 川田 良作; 挾間 雅章; 村尾 託朗; 竹内 秀暁; 竹村 有由; 杉原 玄一; 宮田 淳; 村井 俊哉; 高橋 英彦
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • Polymorphism within a Neuronal Activity-Dependent Enhancer of NgR1 Is Associated with Corpus Callosum Morphology in Humans.
        Masanori Isobe; Kenji Tanigaki; Kazue Muraki; Jun Miyata; Ariyoshi Takemura; Genichi Sugihara; Hidehiko Takahashi; Toshihiko Aso; Hidenao Fukuyama; Masaaki Hazama; Toshiya Murai
        Molecular neuropsychiatry, 2015年07月, 査読有り
      • Global Association Between Cortical Thinning and White Matter Integrity Reduction in Schizophrenia
        Akihiko Sasamoto; Jun Miyata; Manabu Kubota; Kazuyuki Hirao; Ryosaku Kawada; Shinsuke Fujimoto; Yusuke Tanaka; Masaaki Hazama; Genichi Sugihara; Nobukatsu Sawamoto; Hidenao Fukuyama; Hidehiko Takahashi; Toshiya Murai
        SCHIZOPHRENIA BULLETIN, 2014年03月, 査読有り
      • 【通電療法アップデート】日帰り電気けいれん療法の麻酔・周術期管理
        佐藤 雅美; 広田 喜一; 諏訪 太朗; 挾間 雅章; 白神 豪太郎; 村井 俊哉; 福田 和彦
        臨床精神医学, 2013年04月, 査読有り
      • Establishment of an efficient BAC transgenesis protocol and its application to functional characterization of the mouse Brachyury locus
        K Abe; M Hazama; H Katoh; K Yamamura; M Suzuki
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2004年07月, 査読有り
      • Different regulatory sequences are required for parvalbumin gene expression in skeletal muscles and neuronal cells of transgenic mice
        M Hazama; D Watanabe; M Suzuki; A Mizoguchi; Pastan, I; S Nakanishi
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 2002年04月, 査読有り
      • Putative pheromone receptors related to the Ca2+-sensing receptor in Fugu
        T Naito; Y Saito; J Yamamoto; Y Nozaki; K Tomura; M Hazama; S Nakanishi; S Brenner
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年04月, 査読有り
      • Constitutive activation of NF-kappa B is essential for transformation of rat fibroblasts by the human T-cell leukemia virus type I Tax protein
        S Yamaoka; H Inoue; M Sakurai; T Sugiyama; M Hazama; T Yamada; M Hatanaka
        EMBO JOURNAL, 1996年02月, 査読有り

      MISC

      • NgR1遺伝子の神経活動依存性エンハンサー領域の遺伝子多型はヒトの脳梁の形態に影響する(Polymorphism within a neuronal activity-dependent enhancer of NgR1 is associated with corpus callosum morphology in humans)
        磯部 昌憲; 谷垣 健二; 村木 一枝; 宮田 淳; 竹村 有由; 杉原 玄一; 高橋 英彦; 麻生 俊彦; 福山 秀直; 挟間 雅章; 村井 俊哉
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • 精神科・心療内科と婦人科の併診が有効だったPME(premenstrual exacerbation)の9症例
        江川美保; 山崎信幸; 挾間雅章; 船曳康子; 高尾龍雄; 小西郁生
        第42回日本女性心身医学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • Putative pheromone receptors related to the Ca2+-sensing receptor in Fugu
        T Naito; Y Saito; J Yamamoto; Y Nozaki; K Tomura; M Hazama; S Nakanishi; S Brenner
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年04月, 査読有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 病的賭博の神経学的および遺伝学的基盤の研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        挾間 雅章
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        病的賭博;MRI;遺伝子多型;ドーパミン;ギャンブル障害;MRI;脳画像
      • 大脳皮質視覚野の眼優位可塑性における転写因子NF-κBの役割の研究
        若手研究(B)
        独立行政法人理化学研究所
        挾間 雅章
        完了
        NF-κB;眼優位可塑性;大脳皮質一次視覚野;1-κB kinase2;cre;lox P;I-κB kinase 2
      list
        Last Updated :2022/08/06

        学術・社会貢献

        学術貢献活動

        • 第9回日本動機づけ面接協会大会
          企画立案・運営等
          日本動機づけ面接協会, 自 2021年02月20日, 至 2021年02月20日

        社会貢献活動

        • 京都市精神医療審査会
          その他
          -, 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
        • 第9回日本動機づけ面接協会大会
          その他
          -, 自 2021年02月20日, 至 2021年02月20日
        • 京都精神医療審査会
          その他
          京都市, 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
        • 京都精神医療審査会
          その他
          京都市, 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日

        ページ上部へ戻る