教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

有川 敬

アリカワ タカシ

理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻量子光学講座 助教

有川 敬
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究分野

      • ナノテク・材料, 光工学、光量子科学

      論文

      • 24pAC-1 水分子を吸着した一次元チャネル構造を持つ多孔性配位高分子のテラヘルツ分光
        市井 智章; 有川 敬; 佐藤 弘志; 北川 進; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 18pPSA-76 テラヘルツ光渦による擬似局在表面プラズモンの角運動量選択励起
        有川 敬; 平岡 友基; 森本 祥平; 谷 峻太郎; 田中 智子; Blanchard Francois; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 21pPSA-55 テラヘルツ近接場測定を用いた疑似局在表面プラズモンの研究
        森本 祥平; 有川 敬; Blanchard Francois; 酒井 恭輔; 笹木 敬司; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2016年
      • 21pPSA-57 テラヘルツ時間領域分光法を用いたスピンパイエルス物質CuGeO_3の研究
        有川 敬; 岡本 茜; van Loosdrecht Paul H. M.; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2016年
      • Dynamical visualization of anisotropic electromagnetic re-emissions from a single metal micro-helix at THz frequencies
        T. Notake; T. Iyoda; T. Arikawa; K. Tanaka; C. Otani; H. Minamide
        Scientific Reports, 2021年02月08日
      • Injection locking and noise reduction of resonant tunneling diode terahertz oscillator
        Tomoki Hiraoka; Takashi Arikawa; Hiroaki Yasuda; Yuta Inose; Norihiko Sekine; Iwao Hosako; Hiroshi Ito; Koichiro Tanaka
        APL Photonics, 2021年02月01日
      • Dynamical Collectivity and Nuclear Quantum Effects on the Intermolecular Stretching Mode of Liquid Water
        Keiichiro Shiraga; Yasuhiro Fujii; Akitoshi Koreeda; Koichiro Tanaka; Takashi Arikawa; Yuichi Ogawa
        The Journal of Physical Chemistry B, 2021年01月04日
      • Transfer of orbital angular momentum of light to plasmonic excitations in metamaterials
        T. Arikawa; T. Hiraoka; S. Morimoto; F. Blanchard; S. Tani; T. Tanaka; K. Sakai; H. Kitajima; K. Sasaki; K. Tanaka
        Science Advances, 2020年06月
      • Observation of an exotic state of water in the hydrophilic nanospace of porous coordination polymers
        Tomoaki Ichii; Takashi Arikawa; Kenichiro Omoto; Nobuhiko Hosono; Hiroshi Sato; Susumu Kitagawa; Koichiro Tanaka
        Communications Chemistry, 2020年02月07日
      • Characterization of thin-film optical properties by THz near-field imaging method
        F. Amirkhan; R. Sakata; K. Takiguchi; T. Arikawa; T. Ozaki; K. Tanaka; F. Blanchard
        Journal of the Optical Society of America B, 2019年08月
      • Injection Locking of Resonant Tunneling Diode Oscillator Using Coherent Terahertz Pulses
        Takashi Arikawa; Jaeyong Kim; Toshikazu Mukai; Naoki Nishigami; Masayuki Fujita; Tadao Nagatsuma; Koichiro Tanaka
        2019 44TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2019年
      • Injection Locking of Resonant Tunneling Diode Oscillator with a Single-Frequency Terahertz Wave
        Tomoki Hiraoka; Takashi Arikawa; Hiroshi Ito; Koichiro Tanaka
        2019 44TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2019年
      • Numerical Study on Oscillation and Domain Formation in Series Connected Resonant Tunneling Diodes
        Hiroaki Yasuda; Norihiko Sekine; Iwao Hosako; Tomoki Hiraoka; Yuta Inose; Takashi Arikawa; Koichiro Tanaka
        2019 44TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2019年
      • Terahertz microscopy assisted by semiconductor nonlinearities
        François Blanchard; Xin Chai; Tomoko Tanaka; Takashi Arikawa; Tsuneyuki Ozaki; Roberto Morandotti; Koichiro Tanaka
        Optics Letters, 2018年10月09日, 査読有り
      • Control of Spoof Localized Surface Plasmons Using Terahertz Near-field Microscope
        Takashi Arikawa; Shohei Morimoto; Tomoki Hiraoka; Francois Blanchard; Kyosuke Sakai; Keiji Sasaki; Koichiro Tanaka
        2018 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO), 2018年
      • Reconsideration of the relaxational and vibrational line shapes of liquid water based on ultrabroadband dielectric spectroscopy
        Keiichiro Shiraga; Koichiro Tanaka; Takashi Arikawa; Shinji Saito; Yuichi Ogawa
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年, 査読有り
      • Coexistence of Kosmotropic and Chaotropic Impacts of Urea on Water As Revealed by Terahertz Spectroscopy
        Keiichiro Shiraga; Yuichi Ogawa; Koichiro Tanaka; Takashi Arikawa; Naotaka Yoshikawa; Masahito Nakamura; Katsuhiro Ajito; Takuro Tajima
        The Journal of Physical Chemistry B, 2018年01月, 査読有り
      • Focusing light with orbital angular momentum by circular array antenna
        Takashi Arikawa; Shohei Morimoto; Koichiro Tanaka
        Optics Express, 2017年06月08日, 査読有り
      • Light-induced electron localization in a quantum Hall system
        T. Arikawa; K. Hyodo; Y. Kadoya; K. Tanaka
        Nature Physics, 2017年04月03日, 査読有り
      • Infrared Spectroscopy of Water Molecules in Porous Coordination Polymer
        Tomoaki Ichii; Takashi Arikawa; Hiroshi Sato; Susumu Kitagawa; Koichiro Tanaka
        2016 41ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2016年
      • Observation and Control of Spoof Localized Surface Plasmons Using Terahertz Near-field Microscope
        Shohei Morimoto; Takashi Arikawa; Francois Blanchard; Kyosuke Sakai; Keiji Sasaki; Koichiro Tanaka
        2016 41ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2016年
      • Control of Spoof Localized Surface Plasmons by Vortex of Light in Terahertz Region
        Shohei Morimoto; Takashi Arikawa; Francois Blanchard; Kyosuke Sakai; Keiji Sasaki; Koichiro Tanaka
        2016 41ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2016年
      • High-Voltage Breakdown and the Gunn Effect in GaAs/AlGaAs Nanoconstrictions
        Rui Chen; Weilu Gao; Xuan Wang; Gregory R. Aizin; John Mikalopas; Takashi Arikawa; Koichiro Tanaka; David B. Eason; Gottfried Strasser; Junichiro Kono; Jonathan P. Bird
        IEEE Transactions on Nanotechnology, 2015年05月, 査読有り
      • 21pCN-11 テラヘルツ周波数の光渦による擬似局在表面プラズモンの角運動量選択励起
        平岡 友基; 谷 峻太郎; 有川 敬; 田中 智子; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • Visualization and Manipulation of Terahertz Light in the Near-Field
        Francois Blanchard; Tomoki Hiraoka; Takashi Arikawa; Koichiro Tanaka; Shuntaro Tani; Tomoko Tanaka; Koichiro Tanaka
        2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON UBIQUITOUS WIRELESS BROADBAND (ICUWB), 2015年
      • Superradiant Decay of Cyclotron Resonance of Two-Dimensional Electron Gases
        Qi Zhang; Takashi Arikawa; Eiji Kato; John L. Reno; Wei Pan; John D. Watson; Michael J. Manfra; Michael A. Zudov; Mikhail Tokman; Maria Erukhimova; Alexey Belyanin; Junichiro Kono
        Physical Review Letters, 2014年07月, 査読有り
      • Superradiant Decay of Coherent Cyclotron Resonance in Ultrahigh-Mobility Two-Dimensional Electron Gases
        Qi Zhang; Takashi Arikawa; Michael A. Zudov; John L. Reno; Wei Pan; John D. Watson; Michael J. Manfra; Junichiro Kono
        2014 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO), 2014年
      • Review of Anisotropic Terahertz Material Response
        Takashi Arikawa; Qi Zhang; Lei Ren; Alexey A. Belyanin; Junichiro Kono
        Journal of Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves, 2013年08月, 査読有り
      • Collective antenna effects in the terahertz and infrared response of highly aligned carbon nanotube arrays
        L. Ren; Q. Zhang; C. L. Pint; A. K. Wójcik; M. Bunney; T. Arikawa; I. Kawayama; M. Tonouchi; R. H. Hauge; A. A. Belyanin; J. Kono
        Physical Review B, 2013年04月02日, 査読有り
      • Coherent Terahertz Magneto-spectroscopy of Ultrahigh-Mobility Two-Dimensional Electron Gases
        Qi Zhang; Takashi Arikawa; John Reno; Wei Pan; John Watson; Michael Manfra; Junichiro Kono
        2013 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO), 2013年
      • Giant tunable Faraday effect in a semiconductor magneto-plasma for broadband terahertz polarization optics
        Takashi Arikawa; Xiangfeng Wang; Alexey A. Belyanin; Junichiro Kono
        Optics Express, 2012年08月10日, 査読有り
      • Broadband Terahertz Polarizers with Ideal Performance Based on Aligned Carbon Nanotube Stacks
        Lei Ren; Cary L. Pint; Takashi Arikawa; Kei Takeya; Iwao Kawayama; Masayoshi Tonouchi; Robert H. Hauge; Junichiro Kono
        Nano Letters, 2012年01月, 査読有り
      • Quantum control of a Landau-quantized two-dimensional electron gas in a GaAs quantum well using coherent terahertz pulses
        T. Arikawa; X. Wang; D. J. Hilton; J. L. Reno; W. Pan; J. Kono
        Physical Review B, 2011年, 査読有り
      • Hydration structures of 2-butoxyethanol monomer and micelle in solution
        Takashi Arikawa; Masaya Nagai; Koichiro Tanaka
        Chemical Physics Letters, 2009年07月, 査読有り
      • Characterizing hydration state in solution using terahertz time-domain attenuated total reflection spectroscopy
        Takashi Arikawa; Masaya Nagai; Koichiro Tanaka
        Chemical Physics Letters, 2008年05月, 査読有り
      • Terahertz time-domain attenuated total reflection spectroscopy in water and biological solution
        Masaya Nagai; Hiroyuki Yada; Takashi Arikawa; Koichiro Tanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF INFRARED AND MILLIMETER WAVES, 2006年04月, 査読有り

      MISC

      • 水の配向緩和ダイナミクスに関する再検討
        白神慧一郎; 田中耕一郎; 田中耕一郎; 有川敬; 斉藤真司; 斉藤真司; 小川雄一
        シンポジウムテラヘルツ科学の最先端講演要旨集, 2018年
      • 21pWB-5 THz全反射減衰法を用いた水溶液中における2-ブトキシエタノールの水和と相分離の研究(21pWB 溶液・液体,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))
        有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2008年08月25日
      • 13pPSA-85 テラヘルツ時間領域全反射分光法による水溶液の複素屈折率測定(領域 5)
        山下 功美子; 有川 敬; 広理 英基; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2004年08月25日
      • 21pPSA-51 液体芳香族分子におけるテラヘルツKerr効果(21pPSA 領域5ポスターセッション,領域5(光物性))
        浅井 岳; 有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2011年08月24日
      • 23pRJ-10 テラヘルツ時間領域全反射減衰分光法で測定した生体関連分子の水和状態の温度依存性(溶液・液体,領域12,ソフトマター物理,化学物理,生物物理)
        有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2007年08月21日
      • 26pWG-5 テラヘルツ時間領域全反射減衰分光法を用いた生体関連分子の水和状態の研究(26pWG 化学物理(溶液・液体),領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))
        有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2006年08月18日
      • 29pTH-8 テラヘルツ時間領域全反射減衰分光法による生体関連分子の水和状態の研究(29pTH 溶液・液体,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))
        有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2006年03月04日
      • 20pBF-10 赤外分光による多孔性配位高分子中の水分子の結合状態の解明
        市井 智章; 有川 敬; 佐藤 弘志; 北川 進; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2016年03月19日
      • 同位体・温度効果に基づく水の分子間伸縮振動の特性評価
        白神慧一郎; 小川雄一; 田中耕一郎; 田中耕一郎; 有川敬; 中村昌人; 味戸克裕
        シンポジウムテラヘルツ科学の最先端講演要旨集, 2017年
      • 7aAJ-9 量子ホール系におけるテラヘルツ波誘起電子局在(7aAJ 超高速現象(磁性体・磁性半導体),領域5(光物性))
        有川 敬; 兵頭 克也; 角屋 豊; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2014年08月22日
      • 29pPSA-35 超短テラヘルツパルスを用いた量子ホール系における光伝導(29pPSA 領域5ポスターセッション(放射光,光電子分光,発光,非線形,フォトニック結晶),領域5(光物性))
        兵頭 克也; 有川 敬; 角屋 豊; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2014年03月05日
      • 29pPSA-40 らせん状位相板を用いて生成した軌道角運動量を持つテラヘルツ光の二次元分布測定(29pPSA 領域5ポスターセッション(放射光,光電子分光,発光,非線形,フォトニック結晶),領域5(光物性))
        平岡 友基; 谷 峻太郎; 有川 敬; 田中 智子; 林 伸一郎; 南出 泰亜; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2014年03月05日
      • 27aBA-6 テラヘルツ領域におけるラゲールガウスビームの生成と位相分布の直接測定(量子エレクトロニクス(量子情報・冷却原子,量子縮退原子),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理))
        平岡 友基; 谷 峻太郎; 有川 敬; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2013年08月26日
      • 28pPSB-36 超高速分光のための水薄膜生成フローシステムの構築(28pPSB 領域5ポスターセッション(放射光・励起子・フォトニック結晶・超高速現象ほか),領域5(光物性))
        周藤 睦人; 有川 敬; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2013年03月26日
      • 27aBL-7 テラヘルツ領域におけるショ糖単結晶の基礎振動分光(27aBL 非線形工学・高密度現象,領域5(光物性))
        足立 安比古; 有川 敬; 永井 正也; 田中 耕一郎
        日本物理学会講演概要集, 2012年03月05日
      • Terahertz Coherent Control of Many-electron Qubits in a Quantum Hall System
        T. Arikawa; X. Wang; D. J. Hilton; J. L. Reno; W. Pan; J. Kono
        2011 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO), 2011年, 査読有り
      • Broadband terahertz polarization optics using the giant Faraday effect in n-type InSb
        T. Arikawa; X. Wang; A. A. Belyanin; S. A. Crooker; J. Kono
        2011 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2011年, 査読有り
      • Origin of the Terahertz Absorption Peak in Single-Walled Carbon Nanotubes
        Q. Zhang; L. Ren; E. H. Haroz; T. Arikawa; C. L. Pint; F. Mirri; R. H. Hauge; J. Kono
        2011 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2011年, 査読有り
      • Terahertz coherent control of a quantum Hall system: Kohn's theorem in the coherent regime
        T. Arikawa; X. Wang; D. J. Hilton; J. L. Reno; W. Pan; J. Kono
        2011 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2011年, 査読有り
      • Terahertz and Infrared Conductivity of Large-Area Graphene
        Lei Ren; Qi Zhang; Layla G. Booshehri; Erik H. Haroz; Takashi Arikawa; Sebastien Nanot; Junichiro Kono; Zhengzong Sun; Zheng Yan; Jun Yao; Zhong Jin; James M. Tour
        2011 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES (IRMMW-THZ), 2011年, 査読有り
      • Anisotropic Terahertz Dynamics of Highly-Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes
        Lei Ren; Cary L. Pint; Aleksander K. Wόjcik; Takashi Arikawa; Yoshiaki Takemoto; Kei Takeya; Iwao Kawayama; Alexey A. Belyanin; Masayoshi Tonouchi; Robert H. Hauge; Junichiro Kono
        Terahertz Science and Technology, 2010年03月30日, 査読有り
      • Anisotropic Terahertz Conductivity of One-Dimensional Electrons in Single-Walled Carbon Nanotubes
        L. Ren; T. Arikawa; J. Kono; C. L. Pint; R. H. Hauge; A. K. Wojcik; A. A. Belyanin; Y. Takemoto; K. Takeya; I. Kawayama; M. Tonouchi
        2010 CONFERENCE ON LASERS AND ELECTRO-OPTICS (CLEO) AND QUANTUM ELECTRONICS AND LASER SCIENCE CONFERENCE (QELS), 2010年, 査読有り
      • Terahertz dynamics of electron plasmas in solids
        X. Wang; L. Ren; L. G. Booshehri; W. D. Rice; D. J. Hilton; T. Arikawa; D. M. Mittleman; J. Kono; Y. Takemoto; K. Takeya; I. Kawayama; M. Tonouchi; A. K. Wojcik; A. A. Belyanin; C. L. Pint; R. H. Hauge; S. A. Crooker; J. L. Reno
        The International Workshop on Terahertz Technology (TeraTech '09), 2009年12月02日
      • Hydration structure of 2-butoxyethanol monomer and micelle in solution
        Takashi Arikawa; Masaya Nagai; Koichiro Tanaka
        2009 34TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER, AND TERAHERTZ WAVES, VOLS 1 AND 2, 2009年, 査読有り
      • Hydration number of biomolecules evaluated with THz time-domain attenuated total reflection spectroscopy
        Takashi Arikawa; Masaya Nagai; Koichiro Tanaka
        Conference on Lasers and Electro-Optics and 2006 Quantum Electronics and Laser Science Conference, CLEO/QELS 2006, 2006年, 査読有り
      • High sensitive detection of optical constants with phase shift in terahertz time-domain reflection spectroscopy
        Masaya Nagai; Hiroyuki Yada; Takashi Arikawa; Hideki Hirori; Koichiro Tanaka
        IQEC, International Quantum Electronics Conference Proceedings, 2005年, 査読有り
      • Accurate determination of complex dielectric constants by terahertz time domain attenuated total reflection spectroscopy
        H Hirori; T Arikawa; M Nagai; H Ohtake; M Yoshida; K Tanaka
        CONFERENCE DIGEST OF THE 2004 JOINT 29TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED AND MILLIMETER WAVES AND 12TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TERAHERTZ ELECTRONICS, 2004年, 査読有り

      書籍等出版物

      • “Cyclotron resonance,” in Characterization of Materials
        D. J. Hilton; T. Arikawa; J. Kono
        John Wiley & Sons, New York, 2012年05月12日, 査読無し

      受賞

      • 2018年03月23日
        日本物理学会, 若手奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 光の軌道角運動量を用いた固体物性研究
        基盤研究(C)
        小区分30020:光工学および光量子科学関連
        京都大学
        有川 敬
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        光渦;テラヘルツ;量子ホール効果;軌道角運動量;光の軌道角運動量
      • テラヘルツ近接場測定技術を用いた擬似局在表面プラズモンの時空間分解測定
        若手研究(B)
        京都大学
        有川 敬
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        テラヘルツ;プラズモニクス;近接場;メタマテリアル;擬似局在表面プラズモン;光渦;応用光学・量子光工学;テラヘルツ/赤外材料・素子
      • 階層的配位空間の化学
        特別推進研究
        理工系
        京都大学
        北川 進
        自 2013年04月26日, 至 2018年03月31日, 完了
        多孔性配位高分子;ガス分離・吸着材料;階層構造;多孔質材料;錯体;吸着;階層;ナノ空間;分離;金属-有機構造体;細孔;階層化;複合化;メンブレン
      • 高強度テラヘルツ電場によって実現する新しい物質状態
        基盤研究(A)
        京都大学
        田中 耕一郎
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        光物性;テラヘルツ分光;高強度テラヘルツ光;テラヘルツ光;非線形光学効果;キャリア増幅;テラヘルツ;非線形分光;半導体光物性
      • 電子デバイスを用いた広帯域テラヘルツパルス発生技術の開拓
        基盤研究(B)
        小区分30020:光工学および光量子科学関連
        京都大学
        有川 敬
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        テラヘルツ;共鳴トンネルダイオード;シングルショット
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          光物性ゼミナールC
          2053, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理科学課題研究Q2
          5211, 通年集中, 理学部, 12
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          光物性ゼミナールD
          2054, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理科学課題演習B2(後)
          8269, 後期, 理学部, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          光物性ゼミナールA
          2051, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          光物性ゼミナールB
          2052, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理科学課題演習B2(前)
          8268, 前期, 理学部, 5
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          光物性ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          光物性ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          光物性ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          光物性ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理科学課題演習B2(前)
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理科学課題演習B2(後)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理科学課題研究Q2
          通年, 理学部

        ページ上部へ戻る