教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

寺井 健太

テライ ケンタ

医学研究科 医学専攻基礎病態学講座病態生物医学 准教授

寺井 健太
list
    Last Updated :2022/09/17

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学位

    • 博士(医学)(大阪大学)

    経歴

    • 自 2021年02月, 至 現在
      京都大学, 大学院医学研究科, 准教授
    • 自 2016年11月, 至 2021年01月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 准教授
    • 自 2016年04月, 至 2016年10月
      京都大学, 大学院医学研究科, 特定准教授
    • 自 2012年02月, 至 2016年03月
      東京大学, 分子細胞生物学研究所分子機能形態分野, 特任助教
    • 自 2011年05月, 至 2012年01月
      国立研究開発法人国立循環器病研究センター 研究所, 細胞生物学部, 研究員
    • 自 2006年06月, 至 2011年04月
      University of Virginia, Biochemistry & Molecular Genetics, Research Associate

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/17

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        蛍光顕微鏡を用いた生体内分子活性の可視化と操作
      • 研究概要

        生命現象を、生体内で観察・操作する事を目指しています。個々の細胞における機能は、自己の増殖・分化に留まらず、周囲の細胞に対しても影響を与えます。このような複雑系を維持したまま解析する事により、生体内での機能である恒常性や、発生、病態を理解しようと試みています。

      研究キーワード

      • 癌、イメージング、細胞間相互作用
      • 光遺伝学
      • 細胞間情報伝達
      • 生体イメージング

      研究分野

      • ライフサイエンス, 実験病理学
      • ライフサイエンス, 医化学

      論文

      • A FRET biosensor, SMART, monitors necroptosis in renal tubular epithelial cells in a cisplatin-induced kidney injury model
        Shin Murai; Kanako Takakura; Kenta Sumiyama; Kenta Moriwaki; Kenta Terai; Sachiko Komazawa-Sakon; Yoshifumi Yamaguchi; Tetuo Mikami; Kimi Araki; Masaki Ohmuraya; Michiyuki Matsuda; Hiroyasu Nakano
        2022年06月19日
      • Functional visualization of NK cell-mediated killing of metastatic single tumor cells.
        Hiroshi Ichise; Shoko Tsukamoto; Tsuyoshi Hirashima; Yoshinobu Konishi; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Satoshi Iwano; Atsushi Miyawaki; Kenta Sumiyama; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        eLife, 2022年02月03日
      • Redundant roles of EGFR ligands in the ERK activation waves during collective cell migration.
        Shuhao Lin; Daiki Hirayama; Gembu Maryu; Kimiya Matsuda; Naoya Hino; Eriko Deguchi; Kazuhiro Aoki; Ryo Iwamoto; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Life science alliance, 2022年01月
      • A Dual Promoter System to Monitor IFN-γ Signaling in vivo at Single-cell Resolution.
        Taisei Tanaka; Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Shinya Tsukiji; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell structure and function, 2021年12月22日
      • Two-photon AMPK and ATP imaging reveals the bias between rods and cones in glycolysis utility.
        Jiazhou He; Masamichi Yamamoto; Kenta Sumiyama; Yumi Konagaya; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda; Shinya Sato
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2021年09月
      • Intravital imaging identifies the VEGF-TXA2 axis as a critical promoter of PGE2 secretion from tumor cells and immune evasion.
        Yoshinobu Konishi; Hiroshi Ichise; Tetsuya Watabe; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Yoko Hamazaki; Yasuhiro Murakawa; Akifumi Takaori-Kondo; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        Cancer research, 2021年05月25日, 査読有り
      • Metastatic Single Tumor Cells Evade NK Cell-mediated Killing by Thrombin-mediated Loss of the Activating Ligand CD155/PVR/Necl-5
        Hiroshi Ichise; Shoko Tsukamoto; Tsuyoshi Hirashima; Yoshinobu Konishi; Choji Oki; Shinya Tsukiji; Satoshi Iwano; Atsushi Miyawaki; Kenta Sumiyama; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        2021年01月17日
      • Visualization of Spatially-Controlled Vasospasm by Sympathetic Nerve-Mediated ROCK Activation.
        Ayako Imanishi; Hiroshi Ichise; Chuyun Fan; Yasuaki Nakagawa; Koichiro Kuwahara; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        The American journal of pathology, 2021年01月, 査読有り
      • Single-Cell Activation of the cAMP-Signaling Pathway in 3D Tissues with FRET-Assisted Two-Photon Activation of bPAC.
        Tomoaki Kinjo; Tetsuya Watabe; Kenju Kobachi; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        ACS chemical biology, 2020年11月20日, 査読有り
      • Intravital imaging reveals cell cycle-dependent myogenic cell migration during muscle regeneration.
        Yumi Konagaya; Kanako Takakura; Maina Sogabe; Anjali Bisaria; Chad Liu; Tobias Meyer; Atsuko Sehara-Fujisawa; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell cycle (Georgetown, Tex.), 2020年11月, 査読有り
      • Altered G1 signaling order and commitment point in cells proliferating without CDK4/6 activity.
        Chad Liu; Yumi Konagaya; Mingyu Chung; Leighton H Daigh; Yilin Fan; Hee Won Yang; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda; Tobias Meyer
        Nature communications, 2020年10月20日, 査読有り
      • Biliverdin Reductase-A Deficiency Brighten and Sensitize Biliverdin-binding Chromoproteins.
        Kenju Kobachi; Sota Kuno; Shinya Sato; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell structure and function, 2020年08月21日, 査読有り
      • Experimental pathology by intravital microscopy and genetically encoded fluorescent biosensors.
        Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Pathology international, 2020年07月
      • Booster, a Red-Shifted Genetically Encoded Förster Resonance Energy Transfer (FRET) Biosensor Compatible with Cyan Fluorescent Protein/Yellow Fluorescent Protein-Based FRET Biosensors and Blue Light-Responsive Optogenetic Tools.
        Tetsuya Watabe; Kenta Terai; Kenta Sumiyama; Michiyuki Matsuda
        ACS sensors, 2020年03月27日, 査読有り
      • Two Decades of Genetically Encoded Biosensors Based on Förster Resonance Energy Transfer.
        Kenta Terai; Ayako Imanishi; Chunjie Li; Michiyuki Matsuda
        Cell structure and function, 2019年11月02日
      • FRET-assisted photoactivation of flavoproteins for in vivo two-photon optogenetics.
        Tomoaki Kinjo; Kenta Terai; Shoichiro Horita; Norimichi Nomura; Kenta Sumiyama; Kaori Togashi; So Iwata; Michiyuki Matsuda
        Nature methods, 2019年10月, 査読有り
      • Live-Cell FRET Imaging Reveals a Role of Extracellular Signal-Regulated Kinase Activity Dynamics in Thymocyte Motility.
        Yoshinobu Konishi; Kenta Terai; Yasuhide Furuta; Hiroshi Kiyonari; Takaya Abe; Yoshihiro Ueda; Tatsuo Kinashi; Yoko Hamazaki; Akifumi Takaori-Kondo; Michiyuki Matsuda
        iScience, 2018年12月21日, 査読有り
      • A Novel Morphological Marker for the Analysis of Molecular Activities at the Single-cell Level.
        Ayako Imanishi; Tomokazu Murata; Masaya Sato; Kazuhiro Hotta; Itaru Imayoshi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Cell structure and function, 2018年08月10日, 査読有り
      • A platform of BRET-FRET hybrid biosensors for optogenetics, chemical screening, and in vivo imaging.
        Naoki Komatsu; Kenta Terai; Ayako Imanishi; Yuji Kamioka; Kenta Sumiyama; Takashi Jin; Yasushi Okada; Takeharu Nagai; Michiyuki Matsuda
        Scientific reports, 2018年06月12日, 査読有り
      • A Highly Sensitive FRET Biosensor for AMPK Exhibits Heterogeneous AMPK Responses among Cells and Organs.
        Yumi Konagaya; Kenta Terai; Yusuke Hirao; Kanako Takakura; Masamichi Imajo; Yuji Kamioka; Norio Sasaoka; Akira Kakizuka; Kenta Sumiyama; Tomoichiro Asano; Michiyuki Matsuda
        Cell reports, 2017年11月28日, 査読有り
      • Flow-Dependent Endothelial YAP Regulation Contributes to Vessel Maintenance.
        Hiroyuki Nakajima; Kimiko Yamamoto; Sobhika Agarwala; Kenta Terai; Hajime Fukui; Shigetomo Fukuhara; Koji Ando; Takahiro Miyazaki; Yasuhiro Yokota; Etienne Schmelzer; Heinz-Georg Belting; Markus Affolter; Virginie Lecaudey; Naoki Mochizuki
        Developmental cell, 2017年03月27日, 査読有り
      • Osteocrin, a peptide secreted from the heart and other tissues, contributes to cranial osteogenesis and chondrogenesis in zebrafish.
        Ayano Chiba; Haruko Watanabe-Takano; Kenta Terai; Hajime Fukui; Takahiro Miyazaki; Mami Uemura; Hisashi Hashimoto; Masahiko Hibi; Shigetomo Fukuhara; Naoki Mochizuki
        Development (Cambridge, England), 2017年01月15日, 査読有り
      • A FRET Biosensor for ROCK Based on a Consensus Substrate Sequence Identified by KISS Technology.
        Chunjie Li; Ayako Imanishi; Naoki Komatsu; Kenta Terai; Mutsuki Amano; Kozo Kaibuchi; Michiyuki Matsuda
        Cell structure and function, 2017年01月11日, 査読有り
      • Yap/Taz transcriptional activity is essential for vascular regression via Ctgf expression and actin polymerization.
        Ayumi Nagasawa-Masuda; Kenta Terai
        PloS one, 2017年, 査読有り
      • ERK activation in endothelial cells is a novel marker during neovasculogenesis.
        Ayumi Nagasawa-Masuda; Kenta Terai
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2016年11月, 査読有り
      • Yap/Taz transcriptional activity in endothelial cells promotes intramembranous ossification via the BMP pathway.
        Mami Uemura; Ayumi Nagasawa; Kenta Terai
        Scientific reports, 2016年06月07日, 査読有り
      • β-Catenin-dependent transcription is central to Bmp-mediated formation of venous vessels.
        Kashiwada T; Fukuhara S; Terai K; Tanaka T; Wakayama Y; Ando K; Nakajima H; Fukui H; Yuge S; Saito Y; Gemma A; Mochizuki N
        Development (Cambridge, England), 2015年02月01日, 査読有り
      • S1P-Yap1 signaling regulates endoderm formation required for cardiac precursor cell migration in zebrafish.
        Hajime Fukui; Kenta Terai; Hiroyuki Nakajima; Ayano Chiba; Shigetomo Fukuhara; Naoki Mochizuki
        Developmental cell, 2014年10月13日, 査読有り
      • PCDH10 is required for the tumorigenicity of glioblastoma cells.
        Kanae Echizen; Mitsutoshi Nakada; Tomoatsu Hayashi; Hemragul Sabit; Takuya Furuta; Miyuki Nakai; Ryo Koyama-Nasu; Yukiko Nishimura; Kenzui Taniue; Yasuyuki Morishita; Shinji Hirano; Kenta Terai; Tomoki Todo; Yasushi Ino; Akitake Mukasa; Shunsaku Takayanagi; Ryohei Ohtani; Nobuhito Saito; Tetsu Akiyama
        Biochemical and biophysical research communications, 2014年01月31日, 査読有り
      • Degradation of p12 subunit by CRL4Cdt2 E3 ligase inhibits fork progression after DNA damage.
        Kenta Terai; Etsuko Shibata; Tarek Abbas; Anindya Dutta
        The Journal of biological chemistry, 2013年10月18日, 査読有り
      • Heat shock proteins regulates cardiomyocytes via Toll-like receptors.
        Kenta Terai; Naoki Mochizuki
        Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 2011年, 査読有り
      • The scaffold protein Shoc2/SUR-8 accelerates the interaction of Ras and Raf.
        Rie Matsunaga-Udagawa; Yoshihisa Fujita; Sayaka Yoshiki; Kenta Terai; Yuji Kamioka; Etsuko Kiyokawa; Katsuyuki Yugi; Kazuhiro Aoki; Michiyuki Matsuda
        The Journal of biological chemistry, 2010年03月05日, 査読有り
      • CRL4(Cdt2) E3 ubiquitin ligase monoubiquitinates PCNA to promote translesion DNA synthesis.
        Kenta Terai; Tarek Abbas; Amir A Jazaeri; Anindya Dutta
        Molecular cell, 2010年01月15日, 査読有り
      • PCNA-dependent regulation of p21 ubiquitylation and degradation via the CRL4Cdt2 ubiquitin ligase complex.
        Tarek Abbas; Uma Sivaprasad; Kenta Terai; Virginia Amador; Michele Pagano; Anindya Dutta
        Genes & development, 2008年09月15日, 査読有り
      • The amino-terminal B-Raf-specific region mediates calcium-dependent homo- and hetero-dimerization of Raf.
        Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        The EMBO journal, 2006年08月09日, 査読有り
      • Plexin-A1 and its interaction with DAP12 in immune responses and bone homeostasis.
        Noriko Takegahara; Hyota Takamatsu; Toshihiko Toyofuku; Tohru Tsujimura; Tatsusada Okuno; Kazunori Yukawa; Masayuki Mizui; Midori Yamamoto; Durbaka V R Prasad; Kazuhiro Suzuki; Masaru Ishii; Kenta Terai; Masayuki Moriya; Yuji Nakatsuji; Saburo Sakoda; Shintaro Sato; Shizuo Akira; Kiyoshi Takeda; Masanori Inui; Toshiyuki Takai; Masahito Ikawa; Masaru Okabe; Atsushi Kumanogoh; Hitoshi Kikutani
        Nature cell biology, 2006年06月, 査読有り
      • Dynamics of the Ras/ERK MAPK cascade as monitored by fluorescent probes.
        Aki Fujioka; Kenta Terai; Reina E Itoh; Kazuhiro Aoki; Takeshi Nakamura; Shinya Kuroda; Eisuke Nishida; Michiyuki Matsuda
        The Journal of biological chemistry, 2006年03月31日, 査読有り
      • Ras binding opens c-Raf to expose the docking site for mitogen-activated protein kinase kinase.
        Kenta Terai; Michiyuki Matsuda
        EMBO reports, 2005年03月, 査読有り
      • Interferon-alpha induction through Toll-like receptors involves a direct interaction of IRF7 with MyD88 and TRAF6.
        Taro Kawai; Shintaro Sato; Ken J Ishii; Cevayir Coban; Hiroaki Hemmi; Masahiro Yamamoto; Kenta Terai; Michiyuki Matsuda; Jun-ichiro Inoue; Satoshi Uematsu; Osamu Takeuchi; Shizuo Akira
        Nature immunology, 2004年10月, 査読有り
      • Visualizing the signal transduction pathways in living cells with GFP-based FRET probes
        Kazuo Kurokawa; Akiyuki Takaya; Kenta Terai; Aki Fujioka; Michiyuki Matsuda
        Acta Histochemica et Cytochemica, 2004年, 査読有り

      MISC

      • 血管摯縮時における細胞内・細胞間情報伝達の解明
        寺井健太; 今西彩子; FAN Chuyun; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2021年
      • バイオイメージング極秘ファイル フェルスター共鳴エネルギー移動を利用した分子活性バイオセンサー
        寺井健太; 松田道行
        Optronics, 2021年
      • 次世代病理技術講座 第11回 生体イメージングに基づく実験病理学
        寺井健太; 松田道行
        病理と臨床, 2020年
      • Foerster共鳴エネルギー移動の原理に基づく二光子励起光遺伝学操作法の開発
        金城智章; 寺井健太
        生体の科学, 2020年
      • 生体イメージングによる腫瘍細胞由来プロスタノイドによる腫瘍微小環境の形成機構解析
        寺井健太; 小西義延; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2020年
      • 病理形態学の新技術 細胞の個性を紐解く蛍光生体イメージングの進展
        今西彩子; 寺井健太
        病理と臨床, 2019年
      • マウス体内におけるAMPキナーゼ活性の可視化
        小長谷有美; 寺井健太
        医学のあゆみ, 2019年
      • 抗腫瘍免疫応答の可視化
        寺井健太; 一瀬大志; 松田道行; 松田道行
        日本病理学会会誌, 2019年
      • Cell Image Segmentation by Integrating Multiple CNNs.
        Yuki Hiramatsu; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        2018 IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition Workshops, 2018年
      • Segmentation of Cell Membrane and Nucleus using Branches with Different Roles in Deep Neural Network.
        Tomokazu Murata; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Proceedings of the 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018) - Volume 4: BIOSIGNALS(BIOSIGNALS), 2018年
      • Segmentation of Cell Membrane and Nucleus by Improving Pix2pix.
        Masaya Sato; Kazuhiro Hotta; Ayako Imanishi; Michiyuki Matsuda; Kenta Terai
        Proceedings of the 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018) - Volume 4: BIOSIGNALS(BIOSIGNALS), 2018年
      • クラス別学習による細胞画像セグメンテーション
        松月大輔; 堀田一弘; 平松侑樹; 松田道行; 寺井健太; 今西彩子
        日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 蛍光生体イメージングの最前線
        寺井健太; 松田道行
        月刊細胞, 2018年
      • タンパク質・核酸の分子修飾 II.細胞質/オルガネラでの分子修飾 細胞内シグナル リン酸化(セリオ/スレオニン)
        寺井健太; 松田道行
        生体の科学, 2018年
      • FRETバイオセンサーを用いたin vitroおよびin vivo imaging
        小長谷有美; 寺井健太; 松田道行
        月刊臨床免疫・アレルギー科, 2018年
      • FRETイメージングを用いたシグナル伝達の可視化 : 分子活性と細胞機能を顕微鏡で観る技術 (第5土曜特集 生命現象を観る : 革新的な構造生命科学が観せてくれる世界) -- (FRET(蛍光共鳴エネルギー移動))
        寺井 健太; 松田 道行
        医学のあゆみ, 2017年07月29日
      • 細胞多様性解明に資する光技術-見て,動かす II.見えなかったものを視る リン酸化酵素とGタンパク質のFRETバイオセンサー
        寺井健太
        生体の科学, 2017年
      • S1P-Yapシグナルは内胚葉における生存シグナル発現調節を介して心筋前駆細胞移動を制御する
        福井一; 寺井健太; 福原茂朋; 望月直樹
        血管, 2014年
      • ゼブラフィッシュを利用した心筋細胞分裂促進因子の探索
        千葉彩乃; 福井一; 寺井健太; 福原茂朋; 望月直樹
        日本内分泌学会雑誌, 2013年
      • FRETを用いた蛋白間相互作用解析
        寺井健太; 松田道行
        分子呼吸器病, 2005年

      講演・口頭発表等

      • SMART Tgマウス由来細胞を用いたネクロプトーシスのライブセルイメージング
        村井晋; 隅山健太; 森脇健太; 高倉加奈子; 山口良文; 駒澤幸子; 寺井健太; 三浦正幸; 松田道行; 中野裕康
        日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集, 2021年
      • イメージングを用いた肺転移防御における免疫逃避機構の解明
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2021年
      • 肺転移がん細胞におけるNecl-5の欠損は免疫回避の一因である
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • MDCK細胞に発現するEGFRリガンドの分子特徴的な細胞外動態
        出口英梨子; LIN Shuhao; 岩本亮; 寺井健太; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 赤色光/近赤外光による光遺伝学操作に向けたPhycocyanobilin生合成マウスの作出
        小鉢健樹; 隅山健太; 青木一洋; 松田道行; 寺井健太
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • Split蛍光タンパク質を用いた蛍光ラベル技術の創生
        石井衛; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 集団遊走における細胞の機械的拘束依存的な増殖因子シグナル活性動態変化による先導細胞の運命決定
        日野直也; 松田樹生也; 真流玄武; 酒井克也; 酒井克也; 今村龍; 今村龍; 青木一洋; 寺井健太; 平島剛志; 平島剛志; 松本邦夫; 松本邦夫; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • ビリベルジン還元酵素欠損マウスによる近赤外イメージングおよび光遺伝学
        小鉢健樹; 隅山健太; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • プロスタグランジンE2はプロテインキナーゼAの同心円状活性化を引き起こす
        渡部哲也; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 肺におけるがん細胞のNK細胞回避機構
        塚本祥子; 一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ライブイメージングによるマウスクモ膜下出血時の分子活性
        范楚芸; 今西彩子; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • HB-EGFの細胞間シグナル伝達における分布と生理的意義
        出口英梨子; 岩本亮; 寺井健太; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 腫瘍免疫のライブイメージング
        松田道行; 松田道行; 一瀬大志; 小西義延; 小西義延; 寺井健太
        日本癌治療学会学術集会(Web), 2020年
      • 細胞の集団遊走におけるErbBファミリーの機能
        松田樹生也; 真流玄武; 平山大記; 日野直也; 青木一洋; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 集団細胞遊走における細胞層の自由端依存的なHGF感受性上昇による先導細胞の運命決定
        日野直也; 真流玄武; 青木一洋; 寺井健太; 平島剛志; 平島剛志; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • MDCK細胞におけるERK活性化ウエーブの伝播と集合的細胞移動におけるEGFリガンドの冗長な役割
        LIN Shuhao; 平山大記; 日野直也; 真流玄武; 岩本亮; 青木一洋; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • 癌細胞中のGq蛋白共役型受容体による免疫回避機構
        寺井健太; 小西義延; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • 受容体型チロシンキナーゼ/Ras/MAPキナーゼ経路の可視化
        松田道行; 寺井健太
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • 長波長蛍光タンパク質を用いたFRETバイオセンサーの開発
        渡部哲也; 松田道行; 松田道行; 寺井健太
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • 肺毛細血管におけるNK細胞による転移腫瘍排除過程の可視化
        一瀬大志; 寺井健太; 松田道行; 松田道行
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2019年
      • フェルスター共鳴エネルギー移動の原理に基づく二光子励起用光遺伝学ツールの開発
        金城智章; 寺井健太; 堀田彰一朗; 野村紀通; 隅山健太; 岩田想; 松田道行; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2019年
      • クラス別学習による細胞画像セグメンテーション
        松月大輔; 堀田一弘; 平松侑樹; 松田道行; 寺井健太; 今西彩子
        日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 心臓に発現する分泌性ペプチドOsteocrinはゼブラフィッシュの骨形成・軟骨形成に寄与する。
        千葉彩乃; 高野晴子; 宮崎敬大; 寺井健太; 望月直樹
        日本細胞生物学会大会(Web), 2017年
      • ライブイメージングに資する4次元ヒストロジーの創生
        今西彩子; 佐藤雅也; 寺井健太; 隅山健太; 堀田一弘; 松田道行
        日本細胞生物学会大会(Web), 2017年
      • S1P-Yapシグナルは内胚葉における生存シグナル発現調節を介して心筋前駆細胞移動を制御する
        福井一; 寺井健太; 福原茂朋; 望月直樹
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 血管内皮特異的なβ-catenin依存的転写調節の蛍光生体イメージング
        柏田建; 柏田建; 寺井健太; 福原茂朋; 弦間昭彦; 望月直樹
        日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年
      • 心臓再生を目指した心筋細胞分裂誘導因子の探索
        千葉彩乃; 福井一; 寺井健太; 福原茂朋; 望月直樹
        日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年
      • Ras/ERK MAPKカスケードのダイナミクス
        藤岡亜紀; 寺井健太; 伊藤玲奈; 青木一洋; 中村岳史; 黒田真也; 西田栄介; 松田道行
        日本分子生物学会年会講演要旨集, 2005年
      • FRETを用いたc-Raf-1の構造変化解析
        寺井健太; 松田道行
        日本癌学会総会記事, 2004年
      • FRETを利用したRafの制御機序の時空間的解析
        寺井健太; 松田道行
        日本癌学会総会記事, 2003年

      外部資金:科学研究費補助金

      • マウス生体内イメージング技術と光遺伝学ツールを用いた腫瘍微小環境の解明
        基盤研究(B)
        小区分49030:実験病理学関連
        京都大学
        寺井 健太
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        イメージング;光遺伝学;腫瘍微小環境;細胞間情報伝達
      • 血管透過性のダイナミクスを司る低分子量Gタンパク質Rap1の分子的基盤の解明
        基盤研究(B)
        小区分48020:生理学関連
        日本医科大学
        福原 茂朋
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        血管透過性;血流;低分子量Gタンパク質Rap1;急性呼吸窮迫症候群;腫瘍血管
      • 新規細胞死ネクロプトーシスの新たな制御機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分49030:実験病理学関連
        東邦大学
        中野 裕康
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        ネクロプトーシス;FRET;トランスジェニックマウス;DAMPs;1分子イメージング;一分子イメージング;in vivoイメージング;多光子顕微鏡;アポトーシス;MLKL;cFLIPL;MIB2
      • 生体内AMPK可視化による、恒常性維持機構におけるAMPK機能の解明
        基盤研究(C)
        小区分49030:実験病理学関連
        京都大学
        寺井 健太
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        AMPK;光遺伝学;生体イメージング;二光子顕微鏡;Imaging;代謝;intravital imaging
      • メカノストレスの可視化による動脈硬化の病態解明
        若手研究(B)
        京都大学
        寺井 健太
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        Hippo pathway;膜性骨化;fluid shear stress;血管新生;骨分化;動脈硬化;ゼブラフィッシュ;血管内皮;イメージング;循環器・高血圧
      • 個体内での血管新生・再生におけるβカテニンの機能解析
        若手研究(B)
        東京大学
        寺井 健太
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ゼブラフィッシュ;血管新生;次世代シークエンサー;ベータカテニン;血管形成
      • 超高感度バイオマーカー・ウイルス検出を実現する人工細胞センサーのボトムアップ構築
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        名古屋工業大学
        築地 真也
        自 2021年09月10日, 至 2026年03月31日, 交付
        人工細胞;バイオセンサー;バイオマーカー;情報伝達;シグナル増幅
      list
        Last Updated :2022/09/17

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学
          1034, 通年, 生命科学研究科, 1
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験系生物学者のための数理・統計・計算生物学入門
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験系生物学者のための数理・統計・計算生物学入門
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/09/17

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年06月27日
            医学部構内実験排水系管理委員会委員
          • 自 2019年04月01日
            化学物質管理小委員会委員

          ページ上部へ戻る