教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

鈴木 樹理

スズキ ジユリ

霊長類研究所 附属人類進化モデル研究センター 准教授

鈴木 樹理
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 准教授

    所属学協会

    • 霊長類学会
    • 日本野生動物医学会
    • 日本比較内分泌学会
    • 日本繁殖生物学会
    • 日本獣医学会
    • 日本獣医解剖学会
    • 日本実験動物学会
    • 日本実験動物医学会
    • 日本解剖学会

    学位

    • 農学修士(東京大学)
    • 博士(獣医学)(東京大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院農学系研究科獣医学専門課程修士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 帯広畜産大学, 畜産学部獣医学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        霊長類の成長・老化に関する内分泌研究、ストレス反応の基礎及び応用研究、動物福祉、マカクのリンパ腫に関する研究
      • 研究概要

        霊長類の成長および老化の内分泌学的特徴を明らかにするために、マカク類の代謝ホルモン(成長ホルモン、インシュリン様成長因子1型)および性ステロイドホルモン分泌動態の年齢変化の把握を行ってきた。飼育下霊長類の生活の質向上のために、彼らが飼育環境や実験環境から受ける様々なストレス評価系の開発を行ってきた。霊長類は腫瘍の中ではリンパ腫が多く、マカク類における様々なリンパ腫の病理学的な検索を行っている。

      研究キーワード

      • 内分泌学
      • コーチゾル
      • ストレス
      • 霊長類
      • 成長
      • endocrinology
      • cortisol
      • stress
      • primate
      • growth

      研究分野

      • ライフサイエンス, 実験動物学

      論文

      • Propofol infusions using a human target controlled infusion (TCI) pump in chimpanzees (Pan troglodytes)
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; A. Yamanaka; N. Maeda; J. Suzuki; M. Tomonaga; T. Matsuzawa; K. Muta; R. Nishimura; I. Yajima; D. J. Eleveld; A. R. Absalom; K. Masui
        Scientific Reports, 2021年01月, 査読有り
      • Correction: Minor contributions of the maxillary sinus to the air-conditioning performance in macaque monkeys.
        Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Teruo Matsuzawa; Takeshi Nishimura
        The Journal of experimental biology, 2020年10月09日
      • オスニホンザルへのニューロキニンB受容体拮抗剤皮下インプラントによる繁殖抑制効果の検証
        迫野 貴大; 陳 晶; 真方 文絵; 佐々木 拓弥; 山本 昂輝; 大石 真也; 井上 直子; 上野山 賀久; 束村 博子; 鈴木 樹理; 松田 二子
        The Journal of Reproduction and Development, 2019年09月
      • Hematological and blood chemistry values in captive Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata).
        Miyabe-Nishiwaki T; MacIntosh AJJ; Kaneko A; Morimoto M; Suzuki J; Akari H; Okamoto M
        Journal of medical primatology, 2019年08月, 査読有り
      • T-cell/Histiocyte-rich Large B-cell Lymphoma of the Larynx in a Juvenile Japanese Macaque (Macaca fuscata).
        Hirata A; Kaneko A; Sakai H; Nakamura S; Yanai T; Miyabe-Nishiwaki T; Suzuki J
        Journal of Comparative Pathology, 2019年05月, 査読有り
      • Identification and structure of an MHC class I-encoded protein with the potential to present N-myristoylated 4-mer peptides to T cells.
        Yamamoto Y; Morita D; Shima Y; Midorikawa A; Mizutani T; Suzuki J; Mori N; Shiina T; Inoko H; Tanaka Y; Mikai B; Sugita M
        Journal of Immunology, 2019年05月, 査読有り
      • Hepatic neuroendocrine carcinoma in a Japanese macaque (Macaca fuscata)
        Akihiro Hirata; Yoko Miyamoto; Akihisa Kaneko; Hiroki Sakai; Kyoko Yoshizaki; Tokuma Yanai; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki
        Journal of Medical Primatology, 2019年04月, 査読有り
      • Experimental infection of Japanese macaques with simian retrovirus 5.
        Rie Koide; Rokusuke Yoshikawa; Munehiro Okamoto; Shoichi Sakaguchi; Juri Suzuki; Tadashi Isa; So Nakagawa; Hiromi Sakawaki; Tomoyuki Miura; Takayuki Miyazawa
        The Journal of general virology, 2019年02月, 査読有り
      • ちびっこチンパンジーたちの18年
        林美里; 高島友子; 打越万喜子; 前田典彦; 鈴木樹理; 友永雅己; 松沢哲郎
        科学, 2018年08月
      • Japanese macaque phonatory physiology.
        Herbst CT; Koda H; Kunieda T; Suzuki J; Garcia M; Fitch WT; Nishimura T
        The Journal of experimental biology, 2018年06月, 査読有り
      • Developmental trajectory of the corpus callosum from infancy to the juvenile stage: Comparative MRI between chimpanzees and humans
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Takako Miyabe-Nishiwaki; Mie Matsui; Masaki Tomonaga; Yuzuru Hamada; Tetsuro Matsuzawa; Hideyuki Okano; Kenichi Oishi
        PLOS ONE, 2017年06月, 査読有り
      • Hepatocellular carcinoma with intracranial metastasis in a Japanese macaque (Macaca fuscata)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihiro Hirata; Akihisa Kaneko; Akiyo Ishigami; Yoko Miyamoto; Atsushi Yamanaka; Keishi Owaki; Hiroki Sakai; Tokuma Yanai; Juri Suzuki
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • ホモロジーの概念を用いた組織画像解析法.
        中根和昭; 小野英理; 鈴木樹理; 澤野俊憲; 稲垣忍
        実験医学, 2017年03月, 査読有り
      • The first smile: spontaneous smiles in newborn Japanese macaques (Macaca fuscata)
        Fumito Kawakami; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki
        PRIMATES, 2017年01月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Yoshi Kawamoto; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Munehiro Okamoto; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • Impaired Air Conditioning within the Nasal Cavity in Flat-Faced Homo
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Kaouthar Samarat; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        PLOS ONE, 2016年03月, 査読有り
      • Impaired Air Conditioning within the Nasal Cavity in Flat-Faced Homo
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Kaouthar Samarat; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY, 2016年03月, 査読有り
      • Analysis of hair cortisol levels in captive chimpanzees: Effect of various methods on cortisol stability and variability
        Yumi Yamanashi; Migaku Teramoto; Naruki Morimura; Satoshi Hirata; Juri Suzuki; Misato Hayashi; Kodzue Kinoshita; Miho Murayama; Gen'ichi Idani
        MethodsX, 2016年, 査読有り
      • Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex
        Daisuke Morita; Yukie Yamamoto; Tatsuaki Mizutani; Takeshi Ishikawa; Juri Suzuki; Tatsuhiko Igarashi; Naoki Mori; Takashi Shiina; Hidetoshi Inoko; Hiroaki Fujita; Kazuhiro Iwai; Yoshimasa Tanaka; Bunzo Mikami; Masahiko Sugita
        NATURE COMMUNICATIONS, 2016年01月, 査読有り
      • Minor contributions of the maxillary sinus to the air-conditioning performance in macaque monkeys
        Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Teruo Matsuzawa; Takeshi D. Nishimura
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Primatological studies by medicine Nobel laureates
        Sachi Sri Kantha; Juri Suzuki
        CURRENT SCIENCE, 2015年08月, 査読有り
      • Characterization of Spontaneous Malignant Lymphomas in Japanese Macaques (Macaca fuscata)
        A. Hirata; K. Hashimoto; Y. Katoh; H. Sakai; A. G. Bruce; T. M. Rose; A. Kaneko; J. Suzuki; H. Nikami; T. Yanai
        VETERINARY PATHOLOGY, 2015年05月, 査読有り
      • Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host
        Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa; Shigeru Morikawa; Fumiko Ono; Shota Nakamura; Eiji Sato; Tomoyuki Yoshida; Rokusuke Yoshikawa; Kouji Sakai; Tetsuya Mizutani; Noriyo Nagata; Jun-ichiro Takano; Sachi Okabayashi; Masataka Hamano; Koji Fujimoto; Takaaki Nakaya; Tetsuya Iida; Toshihiro Horii; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akino Watanabe; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Atsushi Matsui; Toshiyuki Hayakawa; Juri Suzuki; Hirofumi Akari; Tetsuro Matsuzawa; Hirohisa Hirai
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年03月, 査読有り
      • Behavioral sleep of captive owl monkey (Aotus lemurinus) in Amami Oshima,
        Sri Kantha S; Kuraishi T; Hattori S; Ishida T; Kiso Y; Kai C; Suzuki J
        International Medical Journal, 2015年, 査読有り
      • Behavioral sleep in normal males and females of Japanese macaque (Macaca fuscata) plus vasectomized or castrated males.
        Suzuki J; Sri Kantha S; Nagata K
        International Medical Journal, 2015年, 査読有り
      • Spectrocolourimetry Visualized Differences in Sexual Skin Colouration in Macaques
        Eiri Ono; Juri Suzuki; Takafumi Ishida
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2015年, 査読有り
      • Oestrogen-Induced Activation of Preoptic Kisspeptin Neurones May be Involved in the Luteinising Hormone Surge in Male and Female Japanese Monkeys
        Y. Watanabe; Y. Uenoyama; J. Suzuki; K. Takase; Y. Suetomi; S. Ohkura; N. Inoue; K. -I. Maeda; H. Tsukamura
        JOURNAL OF NEUROENDOCRINOLOGY, 2014年12月, 査読有り
      • Computed fluid dynamics of the air-conditioning through the nasal passage in humans, chimpanzees, and macaques
        Nishimura Takeshi; Mori Futoshi; Hanida Sho; Kumahata Kiyoshi; Ishikawa Shigeru; Miyabe Takako; Hayashi Misato; Tomonaga Masaki; Suzuki Juri; Matsuzawa Tetsuro; Matsuzawa Teruo
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • In vitroとin vivoにおけるマカク歯髄幹細胞の細胞特性.
        筒井 健夫; 鈴木 樹理; 筒井 健機
        口腔組織培養学会誌, 2014年, 査読有り
      • Intracranial arachnoid cysts in a chimpanzee (Pan troglodytes)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Takaaki Kaneko; Tomoko Sakai; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Shohei Watanabe; Norihiko Maeda; Kiyonori Kumazaki; Juri Suzuki; Reina Fujiwara; Haruyuki Makishima; Takeshi Nishimura; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Akichika Mikami
        PRIMATES, 2014年01月, 査読有り
      • Cortisol analysis of hair of captive chimpanzees (Pan troglodytes)
        Yumi Yamanashi; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Misato Hayashi; Juri Suzuki
        GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 2013年12月, 査読有り
      • Efficient in vivo depletion of CD8(+) T lymphocytes in common marmosets by novel CD8 monoclonal antibody administration
        Tomoyuki Yoshida; Saori Suzuki; Yuki Iwasaki; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Yuki Enomoto; Atsunori Higashino; Akino Watanabe; Juri Suzuki; Kenichi Inoue; Teiko Kuroda; Masahiko Takada; Ryoji Ito; Mamoru Ito; Hirofumi Akari
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2013年07月, 査読有り
      • Characteristics of stable isotope signature of diet in tissues of captive Japanese macaques as revealed by controlled feeding
        Rumiko Nakashita; Yuzuru Hamada; Eishi Hirasaki; Juri Suzuki; Toru Oi
        PRIMATES, 2013年07月, 査読有り
      • Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain
        Tomoko Sakai; Mie Matsui; Akichika Mikami; Ludise Malkova; Yuzuru Hamada; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 2013年, 査読有り
      • Spontaneous T/NK-cell Lymphoma associated with Simian Lymphocryptovirus in a Japanese Macaque (Macaca fuscata)
        A. Hirata; Y. Tachikawa; K. Hashimoto; H. Sakai; A. Kaneko; J. Suzuki; K. Eguchi; K. Shigematsu; H. Nikami; T. Yanai
        JOURNAL OF COMPARATIVE PATHOLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Characteristics of stable isotope signature of diet in tissues of captive Japanese macaques as revealed by controlled feeding (Primates, 10.1007/s10329-013-0346-6)
        R. Nakashita; Y. Hamada; E. Hirasaki; J. Suzuki; T. Oi
        Primates, 2013年, 査読有り
      • Molecular Requirements for T Cell Recognition of N-Myristoylated Peptides Derived from the Simian Immunodeficiency Virus Nef Protein
        Daisuke Morita; Yukie Yamamoto; Juri Suzuki; Naoki Mori; Tatsuhiko Igarashi; Masahiko Sugita
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Hepatitis E Virus Outbreak in Monkey Facility, Japan
        Hiroshi Yamamoto; Juri Suzuki; Atsushi Matsuda; Takafumi Ishida; Yasushi Ami; Yuriko Suzaki; Isao Adachi; Takaji Wakita; Naokazu Takeda; Tian-Cheng Li
        EMERGING INFECTIOUS DISEASES, 2012年12月, 査読有り
      • Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, Hamada Y, Tanaka M, Miyabe-Nishiwaki T, Makishita H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T
        Sakai T; Mikami A; Tomonaga M; Matsui M; Suzuki J; Hamada Y; Tanaka M; Miyabe-Nishiwaki T; Makishita H; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        Erratum in: Curr Biol. 2012 Jan 24;22(2):171, 2012年, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonotic pathogens by screening of IgA antibodies in wild great apes in Africa.
        Yoshida T; Takemoto H; Sato E; Sakamaki T; Miyabe-Nishiwaki T; Ikoma T; Watanabe A; Kaneko A; Watanabe S; Hayakawa T; Suzuki J; Okamoto M; Matsuzawa T; Akari H; Furuichi T
        International Primatological Society XXIV Congress (2012/08, Cancun, Mexico)., 2012年, 査読有り
      • Differential Prefrontal White Matter Development in Chimpanzees and Humans (vol 21, pg 1397, 2011)
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Masaki Tomonaga; Mie Matsui; Juri Suzuki; Yuzuru Hamada; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        CURRENT BIOLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • SRV-4の関与が疑われるニホンザルの血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        オベリスク17: 5-10., 2012年
      • Differential Prefrontal White Matter Development in Chimpanzees and Humans (vol 21, pg 1397, 2011)
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Masaki Tomonaga; Mie Matsui; Juri Suzuki; Yuzuru Hamada; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        CURRENT BIOLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • Differential Prefrontal White Matter Development in Chimpanzees and Humans
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Masaki Tomonaga; Mie Matsui; Juni Suzuki; Yuzuru Hamada; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        CURRENT BIOLOGY, 2011年08月, 査読有り
      • Short Communication: Epidemiological Evidence That Simian T-Lymphotropic Virus Type 1 in Macaca fuscata Has an Alternative Transmission Route to Maternal Infection
        Katsuyuki Eguchi; Kazutaka Ohsawa; Mieko Fuse (Kiyono); Juni Suzuki; Kenji Kurokawa; Taro Yamamoto
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2011年02月, 査読有り
      • Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese macaques.
        Yoshida T; Okamoto M; Akari H; Suzuki J; Miyabe-Nishiwaki T; Hayakawa T; Imai H; Matsui A; Watanebe A; Kaneko A; Hirai H
        The Unlimited World Microbes International Union of Microbiological Societies 2011 Congress XV International Congress of Virology. (2011/09, Sapporo, Japan)., 2011年, 査読有り
      • Tetraparesis resembling acute transverse myelitis in a captive chimpanzee (Pan troglodytes): long-term care and recovery
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; K. Nishiwaki; A. Watanabe; S. Watanabe; N. Maeda; K. Kumazaki; M. Morimoto; R. Hirokawa; J. Suzuki; Y. Ito; M. Hayashi; M. Tanaka; M. Tomonaga; T. Matsuzawa
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Longitudinal development of volu,etric cerebral asymmetries of chimpanzees
        Makishima H; Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        XXIII Congress of the International Promatological Society (2010/09/12-18, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • Health management of macaque outdoor colonies with focus on hepatitis E infection.
        Suzuki J; Yamamoto H; Ishida T; Li T-C; Takeda N
        International Primatological Society13th Congress Kyoto 2010, Kyoto, Japan, 2010/9/12-18, Abstracts & Program of IPS 13th Congress, Abstracts p.31., 2010年, 査読有り
      • Prolonged maturation of prefrontal white matter in chimpanzees.
        Sakai T; Hirai D; Mikami A; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe-Nishiwaki T; Makishima H; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        Nature Precedings 4411:1., 2010年, 査読有り
      • 匂い刺激はストレスを緩和するか―ニホンザルとヒトの比較を通して―
        川上清文; 友永雅己; 鈴木樹理
        人間環境学研究, 2009年12月, 査読有り
      • Primate species in Darwin's major books on evolution
        Sachi Sri Kantha; Juri Suzuki
        CURRENT SCIENCE, 2009年09月, 査読有り
      • Owl Monkey Vocalizations at the Primate Research Institute, Inuyama.
        Kantha SS; Koda H; Suzuki J
        (2009) Neotropical Primates 16:43-46., 2009年, 査読有り
      • サル類の飼養および実験を規定する法律
        鈴木樹理
        国立大学法人動物実験施設協議会高度技術研修 滋賀医科大学, 2009年, 査読有り
      • コモンマーモセット「えむお」の人工保育
        森本真弓; 葉栗和枝; 梅田せつ子; 西脇弘樹; 兼子明久; 釜中慶朗; 宮部貴子; 鈴木樹理
        平成20年度京都大学総合技術研究会 (2009/03, 京都)., 2009年, 査読有り
      • 四肢不全麻痺で寝たきりになったチンパンジー「レオ」の長期療養
        兼子明久; 宮部貴子; 渡邉朗野; 渡邉祥平; 前田典彦; 熊崎清則; 森本真弓; 鈴木樹理
        平成20年度京都大学総合技術研究会 (2009/03, 京都)., 2009年, 査読有り
      • The influence of rearing conditions on the physical growth of captive Japanese macaques.
        Suzuki J; Miwa N; Kumazaki K; Abe M; Kamanaka Y; Matsubayashi N; Gotoh S; Matsubayashi K
        Neotropical Primates 16(1): 43-46., 2009年, 査読有り
      • Behavioral sleep in captive owl monkey (Aotus azarae) and squirrel monkey (Saimiri boliviensis)
        Sachi Sri Kantha; Juri Suzuki; Yuriko Hirai; Hirohisa Hirai
        ACTA NEUROBIOLOGIAE EXPERIMENTALIS, 2009年, 査読有り
      • Development of the supralaryngeal vocal tract in Japanese macaques: Implications for the evolution of the descent of the larynx
        Takeshi Nishimura; Takao Oishi; Juri Suzuki; Keiji Matsuda; Toshimitsu Takahashi
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • Mapping of prefrontal development during infancy and childhood in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        The 85th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan (2008/03, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • Malignant lymphoma (plasma cell neoplasm) in a long-tailed macaque (Macaca fascicularis)
        Suzuki J; Kato A; Kaneko A; Takao S; Ishida T; Isowa K
        Joint meeting of the 3rd international meeting on Asian Zoo/ Wildlife Medicine and Conservation (AZWMC 2008) (2008/08, Bogor, Indonesia)., 2008年, 査読有り
      • Immobilization with a combination of Ketamine and Medetomidine in wild Japanese monkeys
        Miyabe T; Morimoto M; Kamanaka Y; Watanabe A; Kaneko A; Nishiwaki K; Suzuki J; Muroyama Y; Suzumura T; Kanchi F; Tanaka H; Hayakawa S; Hamada Y
        (Macaca fuscata fuscata). the 3rd International Meeting on Asian Zoo/ Wildlife Medicine and Conservation (2008/08, Bogor, Indonesia)., 2008年, 査読有り
      • Development of the laryngeal air sac in chimpanzees
        Takeshi Nishimura; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2007年04月, 査読有り
      • Spontaneous smile and spontaneous laugh: An intensive longitudinal case study
        Kiyobumi Kawakami; Kiyoko Takai-Kawakami; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Fumiyo Kusaka; Takashi Okai
        INFANT BEHAVIOR & DEVELOPMENT, 2007年02月, 査読有り
      • Immobilization with a combination of Ketamine Hydrochloride and Medetomidine in wild Japanese monkeys (Macaca fuscata fuscata)
        Miyabe T; Morimoto M; Suzuki J; Muroyama Y; Suzumura T; Kanchi F; Tanaka H; Hayakawa S; Hamada
        American College of Veterinary Anesthesiologists (ACVA) (2007/09, ニューオーリンズ, アメリカ) (2007), 2007年, 査読有り
      • Sleep parameters in captive female owl monkey (Aotus) hybrids.
        Sri Kantha S; Suzuki J; Hirai Y; Hirai H
        Neotropical Primates 14(3):141-144., 2007年, 査読有り
      • 四肢不全麻痺で寝たきりになったチンパンジー, レオの長期療養
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 渡邉祥平; 前田典彦; 熊崎清則; 森本真弓; 廣川類; 鈴木樹理; 林美里
        SAGA10 (2007/11, 東京), 2007年, 査読有り
      • Quantitation of sleep and spinal curvature in an unusually longevous owl monkey (Aotus azarae)
        Juri Suzuki; Sachi Sri Kantha
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2006年12月, 査読有り
      • Descent of the hyoid in chimpanzees: evolution of face flattening and speech
        Takeshi Nishimura; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa
        JOURNAL OF HUMAN EVOLUTION, 2006年09月, 査読有り
      • ニホンザル視床下部におけるメタスチンニューロン発現部位の検索
        川原 万季; 山田 俊児; 鈴木 樹理; 上野山 賀久; 前多 敬一郎; 束村 博子
        The Journal of Reproduction and Development, 2006年08月
      • Sleep profile and longevity in three generations of a family of captive Bolivian Aotus
        Sachi Sri Kantha; Juri Suzuki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2006年06月, 査読有り
      • Sleep quantitation in common marmoset, cotton top tamarin and squirrel monkey by non-invasive actigraphy
        SS Kantha; J Suzuki
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR & INTEGRATIVE PHYSIOLOGY, 2006年06月, 査読有り
      • Erratum to "Origins of smile and laughter: A preliminary study" [Early Human Development 82 (2006) 61-66] (DOI:10.1016/j.earlhumdev.2005.07.011)
        Kiyobumi Kawakami; Kiyoko Takai-Kawakami; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Fumiyo Kusaka; Takashi Okai
        Early Human Development, 2006年05月, 査読有り
      • Characterization of obesity in Japanese monkeys (Macaca fuscata) in a pedigreed colony
        T Takahashi; A Higashino; K Takagi; Y Kamanaka; M Abe; M Morimoto; KH Kang; S Goto; J Suzuki; Y Hamada; T Kageyama
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2006年02月, 査読有り
      • Usage of the network of purine and pyrimidine nucleotides in an embryo-fetus on primate and its DNA chip development.
        Asaoka K; Hayashi M; Kamanaka Y; Suzuki J; Wakita M; Hirayama K; Okamura H
        International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids (Sep. 2006, Bern, Switzerland)., 2006年, 査読有り
      • Transcription factors for the switching of globins during embryo-fetus by the analyses of clonings and DNA chips.
        Asaoka K; Hayashi M; Kamanaka Y; Suzuki J; Wakita M; Hirayama K; Okamura H
        20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Jun. 2006, Kyoto, 日本)., 2006年, 査読有り
      • Origins of smile and laughter: A preliminary study
        K Kawakami; K Takai-Kawakami; M Tomonaga; J Suzuki; T Kusaka; T Okai
        EARLY HUMAN DEVELOPMENT, 2006年01月, 査読有り
      • Malignant NK/T-cell lymphoma associated with simian Epstein-Barr virus infection in a Japanese macaque (Macaca fuscata)
        J Suzuki; S Goto; A Kato; C Hashimoto; N Miwa; S Takao; T Ishida; A Fukuoka; H Nakayama; K Doi; K Isowa
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2005年01月, 査読有り
      • Development of the brain in infant chimpanzees.
        Mikami A; Nishimura T; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Hashimoto C
        (2005)The 28th Annual Meeting of The Japan Neuroscience Society (2005年7月, Yokohama) Neuroscience Research 52(Suppl.): S53., 2005年, 査読有り
      • ヒト以外の霊長類における脂肪蓄積とその性差・季節変化・年齢変化
        濱田穣; 早川清治; 茶谷薫; 鈴木樹理
        京都大学霊長類研究所共同利用研究会 (2005年12月, 犬山)., 2005年, 査読有り
      • Changes in testicular and nipple volume related to age and seasonality in Japanese macaques (Macaca fuscata), especially in the pre- and post-pubertal periods
        Y Hamada; J Suzuki; S Ohkura; S Hayakawa
        PRIMATES, 2005年01月, 査読有り
      • Long-term treatment effects of Pueraria mirifica phytoestrogens on parathyroid hormone and calcium levels in aged menopausal cynomolgus monkeys
        H Trisomboon; S Malaivijitnond; J Suzuki; Y Hamada; G Watanabe; K Taya
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2004年12月, 査読有り
      • Development of the brain structures in chimpanzee infants
        A. Mikami; T. Nishimura; T. Miwa; M. Matsui; M. Tanaka; M. Tomonaga; T. Matsuzawa; J. Suzuki; A. Kato; K. Matsubayashi; S. Goto; C. Hashimoto
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 2004年, 査読有り
      • Growth and development in adolescent Japanese Macaques (Macaca fuscata) .
        Hamada Y; Hayakawa S; Chatani K; Suzuki J; Prossinger H
        Vth Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (Mar. 2004, 奈良, 日本) Trends In Comparative Endocrinology (ed. by Oishi T., Tsutsui K., Tanaka S., and Kikuyama S.) : 98-100., 2004年, 査読有り
      • Plasma insulin-like growth factor-1, testosterone and morphological changes in the growth of captive agile gibbons (Hylobates agilis) from birth to adolescence
        J Suzuki; A Kato; N Maeda; C Hashimoto; M Uchikoshi; T Mizutani; C Doke; T Matsuzawa
        PRIMATES, 2003年07月, 査読有り
      • In vitro aging of macaque adherent cells: similar pattern of cellular aging between human and macaque
        Y Shimizu; J Suzuki; K Terao; T Ishida
        MECHANISMS OF AGEING AND DEVELOPMENT, 2003年02月, 査読有り
      • Body fat and its seasonality in Japanese Macaques (Macaca fuscata).
        Hamada Y; Hayakawa S; Suzuki J; Watanabe K; Ohkura S
        Mammal Study 28: 79-88., 2003年, 査読有り
      • ダイオキシン類のサル女性器官の遺伝子発現におよぼす影響の解析
        飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 安田峯生; 久保田俊一郎; 渡辺邦夫; 浅岡一雄
        平成14年度科学研究費補助金(特定領域研究(1))研究成果報告書: 282-283, 2003年, 査読有り
      • ちびっこチンパンジー:発達の障害とケア
        松沢哲郎; 熊崎清則; 前田典彦; 後藤俊二; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 友永雅己
        科学 73 (10): 1174-1175, 2003年, 査読有り
      • Lactation-associated infertility in Japanese monkeys (Macaca fuscata) during the breeding season
        M Kondo; H Kishi; C Kojima; WZ Jin; J Suzuki; K Shimizu; M Itoh; S Ohkura; H Tsukamura; KI Maeda; G Watanabe; K Taya
        ZOO BIOLOGY, 2003年, 査読有り
      • Bisphenol-A administration during pregnancy results in fetal exposure in mice and monkeys
        K Uchida; A Suzuki; Y Kobayashi; DL Buchanan; T Sato; H Watanabe; Y Katsu; J Suzuki; K Asaoka; J Suzuki; K Asaoka; C Mori; K Arizono; T Iguchi
        JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 2002年12月, 査読有り
      • Baseline and stress levels of cortisol in conscious and unrestrained Japanese macaques (Macaca fuscata)
        J Suzuki; S Ohkura; K Terao
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2002年12月, 査読有り
      • Yersinia pseudotuberculosis infection in breeding monkeys: detection and analysis of strain diversity by PCR
        T Kageyama; A Ogasawara; R Fukuhara; Y Narita; N Miwa; Y Kamanaka; M Abe; K Kumazaki; N Maeda; J Suzuki; S Gotoh; K Matsubayashi; C Hashimoto; A Kato; N Matsubayashi
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • Development of the brain in baby chimpanzees
        Mikami A; Matsui M; Nishimura T; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Hashimoto C
        The Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies (Aug. 2002, Seoul, Korea)., 2002年, 査読有り
      • ニホンザル(Macaca fuscata)における精巣サイズと乳首サイズの年齢変化と季節性:縦断的分析と横断的分析
        濱田穣; 鈴木樹理; 大蔵聡; 早川清治
        平成11-13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書「ニホンザルに見られる季節性機序の解明」:49-55, 2002年, 査読有り
      • 時系列解析によるニホンザル体重の季節的変動
        濱田穣; 早川清治; 鈴木樹理; 大蔵聡
        平成11-13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(1))研究成果報告書「ニホンザルに見られる季節性機序の解明」:31-47, 2002年, 査読有り
      • 形態学的及び内分泌学的手法によるサル類の成長研究-吉田論文へのコメント-
        鈴木樹理
        心理学評論 45(3): 288-295, 2002年, 査読有り
      • The calming effect of stimuli presentation on infant Japanese Macaques (Macaca fuscata) under stress situation: A preliminary study
        K Kawakami; M Tomonaga; J Suzuki
        PRIMATES, 2002年01月, 査読有り
      • Age changes in plasma IGF-1 concentration in free-ranging Japanese macaques (Macaca fuscata)
        J Suzuki; T Ishida
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2001年06月, 査読有り
      • The influence of rearing conditions on the physical growth of captive Japanese macaques (Macaca fuscata)
        J Suzuki; N Miwa; K Kumazaki; M Abe; Y Kamanaka; N Matsubayashi; S Gotoh; K Matsubayashi
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2001年04月, 査読有り
      • 栄養による生殖機能の制御-飼育下ニホンザルの性成熟過程に関する縦断的研究から-
        大蔵 聡; 鈴木 樹理; 早川 清治; 濱田 穣
        Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌, 2001年01月01日, 査読有り
      • 脂肪酸代謝阻害剤(2-mercaptoacetate)の末梢投与がニホンザルのパルス状LH分泌に及ぼす効果
        松山 秀一; 鈴木 樹理; 束村 博子; 前多 敬一郎; 大蔵 聡
        The Journal of Reproduction and Development, 2000年12月
      • Autoimmune hemolytic anemia (AIHA) in an infant rhesus macaque (Macaca mulatta)
        J Suzuki; S Gotoh; N Miwa; K Terao; H Nakayama
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Time Series Analysis of Plasma Insulin-like Growth Factor-1 and Gonadal Steroids in Adolescent Japanese Macaques (Macaca fuscata)
        Juri Suzuki; Satoshi Ohkura; Seiji Hayakawa; Yuzuru Hamada
        Journal of Reproduction and Development, 2000年, 査読有り
      • Adolescent growth and development in Japanese macaques (Macaca fuscata): Punctuated adolescent growth spurt by season
        Y Hamada; S Hayakawa; J Suzuki; S Ohkura
        PRIMATES, 1999年07月, 査読有り
      • Preliminary report on the short stature of Southeast Asian forest dwellers, the Manni, in southern Thailand: Lack of an adolescent spurt in plasma IGF-I concentration
        Takafumi Ishida; Juri Suzuki; Phaibool Duangchan; Wannapa Settheetham-Ishida
        Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health, 1998年03月, 査読有り
      • SEROLOGICAL FEATURES OF INFECTION WITH AN EPSTEIN-BARR-VIRUS-LIKE AGENT IN JAPANESE MACAQUES (MACACA-FUSCATA)
        T ISHIDA; J SUZUKI; K YAMAMOTO
        FOLIA PRIMATOLOGICA, 1993年, 査読有り
      • SUPPRESSION OF OVARIAN ACTIVITY DURING THE BREEDING-SEASON IN SUCKLING JAPANESE MONKEY (MACACA-FUSCATA)
        KI MAEDA; H TSUKAMURA; S OHKURA; T KANAIZUKA; J SUZUKI
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND FERTILITY, 1991年07月, 査読有り
      • SEASONAL-CHANGES IN PLASMA-CONCENTRATIONS OF IMMUNOREACTIVE INHIBIN AND TESTICULAR ACTIVITY IN MALE JAPANESE MONKEYS
        K MATSUBAYASHI; G WATANABE; K TAYA; Y KATAKAI; S SASAMOTO; J SUZUKI; M NOZAKI
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 1991年05月, 査読有り
      • SEASONAL-CHANGES IN CONCENTRATIONS OF IMMUNOREACTIVE INHIBIN AND TESTOSTERONE IN THE PERIPHERAL-BLOOD OF MALE JAPANESE MONKEYS (MACACA-FUSCATA-FUSCATA)
        K MATSUBAYASHI; M NOZAKI; J SUZUKI; G WATANABE; K TAYA; Y KATAKAI; S SASAMOTO
        PRIMATOLOGY TODAY, 1991年, 査読有り
      • WORKSHOP - GROWTH STUDY OF NONHUMAN-PRIMATES - PRACTICAL AND IDEAL DESIGN OF THE STUDY
        Y HAMADA; J SUZUKI
        PRIMATOLOGY TODAY, 1991年, 査読有り
      • LACTATION IN THE JAPANESE MONKEY (MACACA-FUSCATA) - YIELD AND COMPOSITION OF MILK AND NIPPLE PREFERENCE OF YOUNG
        K OTA; Y MAKINO; M KIMURA; J SUZUKI
        PRIMATES, 1991年01月, 査読有り
      • Dominance and Immunity in Chimpanzees (Pan troglodytes)
        Nobuo Masataka; Takafumi Ishida; Juri Suzuki; Shuiti Matsumura; Shunji Udono; Sadanobu Sasaoka
        Ethology, 1990年, 査読有り
      • Pneumocystis infection in macaque monkeys: Macaca fuscata fuscata and Macaca fascicularis
        Y. Matsumoto; M. Yamada; T. Tegoshi; Y. Yoshida; S. Gotoh; J. Suzuki; K. Matsubayashi
        Parasitology Research, 1987年07月, 査読有り
      • Effect of outbreeding on weight and growth rate of captive infant rhesus macaques
        David Glenn Smith; Fredrick W. Lorey; Juri Suzuki; Masamitsu Abe
        Zoo Biology, 1987年, 査読有り
      • PNEUMOCYSTIS INFECTION IN MACAQUE MONKEYS - MACACA-FUSCATA-FUSCATA AND MACACA-FASCICULARIS
        Y MATSUMOTO; M YAMADA; T TEGOSHI; Y YOSHIDA; S GOTOH; J SUZUKI; K MATSUBAYASHI
        ZEITSCHRIFT FUR PARASITENKUNDE-PARASITOLOGY RESEARCH, 1987年, 査読有り
      • CHANGES IN IMPORT OF NONHUMAN-PRIMATES AFTER RATIFICATION OF CITES (WASHINGTON CONVENTION) IN JAPAN
        K MATSUBAYASHI; S GOTOH; J SUZUKI
        PRIMATES, 1986年01月, 査読有り

      MISC

      • Boundaries between humans and captive chimpanzees: Two cases of intensive care in Japan
        Vanessa Nadine Gris; Gabriela Bezerra de Melo Daly; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Atsushi Yamanaka; Juri Suzuki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa
        18th Brazilian Congress of Primatology, 2019年11月, 査読有り
      • 脳内出血を発症したニホンザルの2症例.
        兼子明久; 平田暁大; 宮部貴子; 石上暁代; 宮本陽子; 酒井洋樹; 鈴木樹理
        第28回サル疾病ワークショップ, 2019年07月, 責任著者
      • Facial Expressions of Acute Pain in Japanese Macaques: development of an assessment tool
        Vanessa Gris; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kanako Muta; Nelson Broshe Jr; Lauren Finka; Akihisa Kaneko; Munehiro Okamoto; Michael A. Huffman; Juri Suzuki; Ryohei Nishimura; Daniel Mills
        The 14th International Conference on Environmental Enrichment (Kyoto), 2019年06月
      • チンパンジーにおけるプロポフォール静脈麻酔法の検討-ヒト薬物動態モデルでチンパンジーの血中濃度を予測できるか?
        宮部貴子; 兼子明久; 山中淳史; 石上暁代; 前田典彦; 鈴木樹理; 友永雅己; 松沢哲郎; 牟田佳那子; 西村亮平; 矢島功; Douglas Eleveld; Anthony Absalom; 増井健一
        SAGA21 (熊本), 2018年11月
      • マカクザルの発声メカニズムの特徴について
        西村剛; クリスチャン・ヘルブスト; 香田啓貴; 國枝匠; 鈴木樹理; 兼子明久; マキシム・ガルシア; 徳田功; W・テカムセ・フィッチ
        第72回日本人類学会大会 (2018/10, 三島市民文化会館, 三島), 2018年10月21日
      • Evaluation of the predictive performance of human pharmacokinetic models of propofol in chimpanzees
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Atsushi Yamanaka; Akiyo Ishigami; Norihiko Maeda; Juri Suzuki; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Kanako Muta; Ryohei Nishimura; Douglas Eleveld; Anthony Absalom; Isao Yajima; Kenichi Masui
        13th World Congress of Veterinary Anaesthesiology (Italy), 2018年09月
      • マカクザルの発声メカニズムに関する実験的研究
        西村剛; クリスチャン・ヘルブスト; 香田啓貴; 國枝匠; 鈴木樹理; 兼子明久; マキシム・ガルシア; 徳田功; W・テカムセ・フィッチ
        第34回日本霊長類学会大会 (2018/7, 武蔵大学江古田キャンパス, 東京), 2018年07月15日
      • ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の一例
        宮部 貴子; 平田 暁大; 兼子 明久; 宮本 陽子; 石上 暁代; 山中 淳史; 酒井 洋樹; 柳井 徳磨; 鈴木 樹理
        サル類の疾病と病理のための研究会 (犬山), 2018年07月
      • ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の1例
        宮部貴子; 平田曉大; 兼子明久; 宮本陽子; 石上暁代; 山中淳史; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • ニホンザルの肝臓に発生した神経内分泌腫瘍の1例
        宮本陽子; 兼子明久; 平田曉大; 石上暁代; 宮部貴子; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 中村克樹; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • 膵島アミロイド沈着による2型糖尿病を発症したボンネットモンキーの1例
        石上暁代; 兼子明久; 平田曉大; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • チンパンジーのくも膜下出血の1例
        兼子明久; 平田曉大; 宮部貴子; 石上暁代; 山中淳史; 林美里; 友永雅己; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • 京都大学霊長類研究所におけるチンパンジーの健康診断
        兼子明久; 山中淳史; 石上暁代; 前田典彦; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 鈴木樹理
        第20回SAGAシンポジウム, 2017年11月
      • 閉経期雌ニホンザルの生殖器官におけるSTLV‐1感染動態の解析
        平舘裕希; 水上拓郎; 関洋平; 村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 手塚健太; 鈴木樹理; 兼子明久; 石上暁代; 安永純一朗; 蔵田潔; 松岡雅雄; 明里宏文; 明里宏文; 浜口功
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2017年08月30日
      • 集団飼育マカクの寄生虫駆除への取り組み
        石上暁代; 兼子明久; 前田典彦; 森本真弓; 橋本直子; 愛洲星太郎; 山中淳史; 夏目尊好; 鈴木樹理
        第26回サル疾病ワークショップ, 2017年07月
      • 京都大学霊長類研究所における50年間のマカク死因調査と今後の展望
        兼子明久; 石上暁代; 山中淳史; 宮部貴子; 鈴木樹理
        第26回サル疾病ワークショップ, 2017年07月
      • 閉経期雌ニホンザルの生殖器官におけるSTLV‐1感染動態の解析
        平舘裕希; 水上拓郎; 関洋平; 村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 手塚健太; 鈴木樹理; 兼子明久; 佐々木永太; 野島清子; 石上暁代; 安永純一朗; 蔵田潔; 松岡雅雄; 明里宏文; 明里宏文; 浜口功
        日本HTLV‐1学会学術集会, 2017年
      • チンパンジーにおける静脈麻酔薬プロポフォール投与法の検討
        宮部 貴子; 兼子 明久; 山中 淳史; 石上 暁代; 前田 典彦; 鈴木樹理; 松沢 哲郎; 矢島 功; 増井 健一; 霊長類研究所; 防衛医科大学校
        第22回日本野生動物医学会大会, 2016年09月
      • サルレトロウイルス5型感染によるニホンザル血小板減少症
        吉川禄助; 吉川禄助; 坂口翔一; 坂口翔一; 中川草; 中村紳一朗; 阪脇廣美; 兼子明久; 三浦智行; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮沢孝幸
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2016年08月30日
      • サルレトロウイルス5型(SRV-5)のニホンザルへの感染実験.
        岡本宗裕; 吉川禄助; 阪脇廣美; 鈴木樹理; 坂口翔一; 兼子明久; 中村紳一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第32回日本霊長類学会大会, 2016年07月
      • Electroglottographic assessment of in vivo Japanese Macaque sound production
        Herbst, C.T; Koda, H; Kunieda, T; Suzuki, J; Garcia, M; Fitch, T; Nishimura, T
        The 10th International Conference on Voice Physiology and Biomechanics (2016/3, Viña del Mar, Chile), 2016年03月, 査読有り
      • ヒト,チンパンジー,コモンマーモセットにおける脳梁発達の比較研究:ヒト特異的な脳構造の発達機構の解明に向けて
        酒井朋子; 三上章允; 小牧裕司; 小牧裕司; 畑純一; 畑純一; 畑純一; 松井三枝; 岡原純子; 岡原純子; 岡原則夫; 岡原則夫; 井上貴司; 井上貴司; 佐々木えりか; 佐々木えりか; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子; 松沢哲郎; 岡野栄之; 岡野栄之
        霊長類研究, 2015年06月20日
      • サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2014年08月11日
      • Few contributions of the maxillary sinus to air-conditioning in macaques.
        Nishimura TD; Mori F; Hanida S; Kumahata K; Miyabe-Nishiwaki T; Suzuki J; Matsuzawa T
        The 25th Congress of the International Primatological Society. (2014/8, Melia Hotel, Hanoi)., 2014年08月
      • Geographical distribution of a SNP variation of Stat6: A population genetic study of species diagnostic marker between rhesus and long-tailed macaques in Southeast Asia.
        Kawamoto Y; Suzuki J; Ishida T; Hamada Y; Malaivijitnond S; Jadejaoen J; Suryobroto B
        Diversity and Conservation of Asian Primates-The 4th International Congress on Asian Primates, Bogor, Indonesia. (2014/08/20), 2014年08月
      • どんなチンパンジーがストレスを感じている?:園館をまたいだ情報蓄積に向けて
        山梨裕美; 寺本研; 森村成樹; 平田聡; 野上悦子; 森裕介; 田中正之; 松永雅之; 藤森唯; ゴドジャリ静; 鈴木樹理; 林美里; 木下こづえ; 村山美穂; 伊谷原一
        「ず~じゃん。」動物園大学,横浜, 2014年03月
      • Hair cortisol analysis of captive chimpanzees (Pan troglodytes) –stability and effects of captive environment-
        Yamanashi Y; Teramoto M; Morimura N; Hirata S; Kinoshita K; Hayashi M; Suzuki J; Inoue-Murayama M; Idani G
        The 25 th Congress of the International Primatological Society, 2014年8月13日Hanoi., 2014年
      • Effects of relocation on long-term stress level in captive chimpanzees using hair cortisol measurement
        Yamanashi Y; Teramoto M; Morimura N; Hirata S; Kinoshita K; Hayashi M; Suzuki J; Inoue-Murayama M; Idani G
        日本動物心理学会2014年7月19-21日(犬山), 2014年
      • Spontaneous smiles in newborn japanese macaques.
        Kawakami, F; Kawakami, K; Suzuki, J; Tomonaga, M
        XXVth Congress of the International Primatological Society, August 11-16, 2014, Hanoi, Vietnam. (Abstract: p. 697), 2014年
      • Characteristics of stable isotope signature of diet in tissues of captive Japanese macaques as revealed by controlled feeding (vol 54, pg 271, 2013)
        Rumiko Nakashita; Yuzuru Hamada; Eishi Hirasaki; Juri Suzuki; Toru Oi
        PRIMATES, 2013年10月
      • ヒトとサル類における鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的シミュレーション
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 宮部貴子; 鈴木樹理; 林美里; 友永雅己; 松沢哲郎; 松澤照男
        霊長類研究, 2013年09月06日
      • ニホンザルの血液および体毛と食物との炭素・窒素安定同位体比の関係
        中下留美子; 濱田 穣; 平崎鋭矢; 鈴木樹理; 大井徹
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会(岡山市), 2013年09月
      • ニホンザルの臨床病理学的特徴
        兼子明久; 渡邉朗野; 山中淳史; 石上暁代; 齋藤波子; 鈴木樹理
        第19回野生動物医学会, 2013年08月
      • チンパンジー(Pan troglodytes)の体毛中コルチゾル濃度に影響を与える生理・環境要因の検討
        山梨裕美; 森裕介; 森村成樹; 平田聡; 林美里; 鈴木樹理
        第19回日本野生動物医学会 京都大会, 2013年
      • チンパンジー(Pan troglodytes)における体毛中コルチゾルの測定
        山梨裕美; 森村成樹; 平田聡; 不破紅樹; 森裕介; 野上悦子; 林美里; 鈴木樹理
        日本応用動物行動学会2012年度春季研究発表会, 2013年
      • Cortisol analysis from hair of captive chimpanzees: methodological validation and application to social management
        Yumi Yamanashi; Naruki Morimura; Yusuke Mori; Misato Hayashi; Juri Suzuki
        JSPS Core-to-Core Program, A.Advanced Research Networks "Tropical Biodiversity Conservation", 2013年
      • SRV-4
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 森本真弓; 宮沢孝幸; 吉川禄助
        サル疾病ワークショップ, 2013年, 査読有り
      • サルレトロウイルス4型持続感染ニホンザルにおける免疫学的役割の解明
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 齊藤波子; 牧野瀬恵美子; 道家由美子; 塩澤裕子; 安江美雪; 森本真弓; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • ニホンザルにおけるサルレトロウイルス4型の臓器特異性の調査
        佐藤英次; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 兼子明久; 吉川禄助; 吉田友教; 山中淳史; 齊藤暁; 齊藤波子; 明里宏文; 宮沢孝幸; 岡本宗裕
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • 雌雄ニホンザルにおいてエストロジェンはKISS1ニューロンの活性化を介して黄体形成ホルモンのサージ状分泌を誘起する
        渡辺 雄貴; 上野山 賀久; 家田 菜穂子; 川原 万季; 高瀬 健志; 末富 祐太; 鈴木 樹理; 大蔵 聡; 前多 敬一郎; 束村 博子
        日本内分泌学会雑誌, 2012年09月
      • ニホンザルのサージ状黄体形成ホルモン(LH)分泌におけるキスペプチンニューロンの役割
        渡辺 雄貴; 上野山 賀久; 家田 菜穂子; 川原 万季; 高瀬 健志; 末富 祐太; 鈴木 樹理; 大蔵 聡; 前多 敬一郎; 束村 博子
        The Journal of Reproduction and Development, 2012年08月
      • ニホンザル身体形態に見られる加齢変化
        濱田 穣; 早川清治; 鈴木樹理
        第28回日本霊長類学会大会(名古屋市), 2012年07月
      • チンパンジーの体毛からストレスを測る
        山梨裕美; 森村成樹; 不破紅樹; 森裕介; 野上悦子; 平田聡; 林美里; 鈴木樹理
        第15回SAGAシンポジウム, 2012年
      • 大型類人猿における糞便サンプルを用いた人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹本博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 斎藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第28回日本霊長類学会 (2012/7 名古屋), 2012年
      • アフリカ野生大型類人猿におけるIgA抗体スクリーニングによる人獣共通感染症の実態調査
        吉田友教; 竹本博幸; 佐藤英次; 坂巻哲也; 宮部貴子; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 明里宏文; 古市剛史
        第59回日本実験動物学会総会 (2012/5/24-26 別府), 2012年
      • Thrombocytopenia caused by SRV-4 in Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Akari H; Okamoto M; Yoshida T; Okabayashi S
        Satellite Symposium of the 5th Annual Meeting of the ASZWM(2012/10/14, Chiang Mai)., 2012年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 明里宏文; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日, 2012年, 査読有り
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹元博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 齊藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会, 2012年, 査読有り
      • チンパンジーにおける鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的研究
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 鈴木樹理; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 松沢哲郎; 松澤照男
        第15 回SAGA シンポジウム (2012/11/17-18, 札幌市立大学, 札幌円山動物園), 2012年, 査読有り
      • 慢性化膿性硬化症骨髄炎のニホンザルの1例
        渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 藤原玲奈; 磯和弘一
        第18回日本野生動物医学大会 (2012/08/24, 十和田)., 2012年, 査読有り
      • SRV-4の関与が疑われる血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        第20回サル疾病ワークショップ (2011/07/02, 麻布大学(神奈川県)), 2011年07月02日, 査読有り
      • チンパンジー(Pan troglodytes)における毛中コルチゾルの測定
        山梨裕美; 森村成樹; 森裕介; 林美里; 鈴木樹理
        第14回SAGAシンポジウム, 2011年
      • 腎臓に多数の嚢胞が認められた慢性腎不全のアカゲザルの1例について
        渡邉 朗野; 兼子 明久; 西脇 弘樹; 宮部貴子; 鈴木 樹理; 磯和 弘一
        第17回日本野生動物医学会 (2011/9/29-10/2 東京), 2011年
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(1):概要報告
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 熊崎清則; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第58回日本実験動物学会(2011/5 東京), 2011年
      • ニホンザル血小板減少症発症ザルからのサルレトロウイルス4型の分離
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 宮沢孝幸
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
        吉田友教; 岡本宗裕; 明里宏文; 今井啓雄; 松井淳; 早川敏之; 生駒智子; 伯川美穂; 齋藤波子; 渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 平井啓久
        第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京), 2011年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年, 査読有り
      • 「腎臓に多数の嚢胞が認められた慢性腎不全のアカゲザルの1例について,A case of chronic renal failure with multiple cysts in a rhesus macaque」
        渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 西脇弘樹; 鈴木樹理; 磯和弘一
        第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/16-18, 犬山市), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーにおける毛中コルチゾル測定
        山梨裕美; 森村成樹; 森裕介; 林美里; 鈴木樹理
        第14回SAGAシンポジウム (2011/11/12-13, 熊本), 2011年, 査読有り
      • 体毛により指に絞扼創を生じたニホンザル乳児の症例.Digit strangulation by hair wrapping in infant Japanese macaques (Macaca fuscata)
        兼子明久; 渡邉朗野; 須田(橋本)直子; 鈴木樹理
        第17回日本野生動物医学会 (2011/09/29-10/02, 東京), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程:ヒトの脳の進化的基盤の理解に向けて
        酒井朋子; 松井三枝; 中務真人; 友永雅己; 三上章允; 鈴木樹理; 濱田穣; 田中正之; 宮部貴子; 巻島美幸; 松沢哲郎
        日本赤ちゃん学会第11回学術集会 (2011/05/07-08, 中部学院大学), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーの大脳組織の発達過程はヒトの脳進化を理解する上での新たな洞察を与える
        酒井朋子; 松井三枝; Malkova L; 三上章允; 中務真人; 友永雅己; 鈴木樹理; 濱田穣; 田中正之; 宮部貴子; 巻島美幸; 松沢哲郎
        第65回日本人類学会大会 (2011/11/04-06, 那覇市), 2011年, 査読有り
      • 血小板減少症ニホンザルとサルレトロウイルス4 型との関係性に関する解析
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 宮沢孝幸
        第17 回日本野生動物医学会大会、東京、2011 年9 月29 日―10 月2 日, 2011年, 査読有り
      • ニホンザルの子宮頸部平滑筋肉腫の一例
        渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 磯和弘一
        第19回サル疾病ワークショップ(相模原).(2010/07/03), 2010年, 査読有り
      • チンパンジー乳児の脳成長様式はヒトの脳進化を理解する上での重要な手掛かりになる―縦断的MRI 研究からの考察.
        酒井朋子; 三上章允; 平井大地; 鈴木樹理; 濱田穣; 友永雅己; 田中正之; 宮部-西脇貴子; 巻島美幸; 中務真人; 松沢哲郎
        第64回日本人類学会大会 (2010/10, 伊達)., 2010年, 査読有り
      • Maturation of the prefrontal area in chimpanzees
        SAKAI Tomoko; MIKAMI Akichika; NISHIMURA Takeshi; HIRAI Daichi; SUZUKI Juri; HAMADA Yuzuru; MATSUZAWA Tetsuro
        Neurosci Res, 2009年
      • Brain development in chimpanzees: A longitudinal MRI study.
        Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (2009/12, 犬山, 京都大学霊長類研究所)., 2009年, 査読有り
      • ニホンザルにおける肝細胞癌の一例
        渡邉朗野; 兼子明久; 西脇弘樹; 宮部貴子; 鈴木樹理
        第18回サル疾病ワークショップ (2009/07/04, 相模原), 2009年, 査読有り
      • ボトリオミセス症を発症したサルの2例
        兼子明久; 渡辺朗野; 西脇弘樹; 宮部貴子; 鈴木樹理; 磯和弘一
        第18回 サル疾病ワークショップ (2009/07/04, 相模原), 2009年, 査読有り
      • チンパンジーにおける脳の発達過程
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 平井大地; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子; 友永雅己; 田中正之; 松沢哲郎
        第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原)., 2009年, 査読有り
      • Maturation of the amygdala in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Matsuzawa T; Tomonaga M; Tanaka M; Hamada Y; Suzuki J; Miyabe T
        The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • Longitudinal Growth Study on non-human Primates.
        Hamada Y; Hayakawa S; Suzuki J
        第62回日本人類学会大会 (2008/11, 名古屋)., 2008年, 査読有り
      • Development of brain and temporalis in chimpanzees First step: Development of brain in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        (2008)The 1st International Symposium of the Global COE Project “from Genome to Ecosystem” (2008/03, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • チンパンジー乳幼児の扁桃体の発達
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 松沢哲郎; 友永雅己; 田中正之; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子
        第62回日本人類学会大会 (2008/11, 名古屋)., 2008年, 査読有り
      • 脊髄炎を発症したチンパンジーの褥瘡治癒にいたるまで
        伊藤康代; 宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 渡邉祥平; 前田典彦; 熊崎清則; 森本真弓; 鈴木樹理
        第11回SAGAシンポジウム (2008/11, 東京)., 2008年, 査読有り
      • 非アルコール性脂肪性肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis; NASH)と類似した病理所見を呈した肥満ニホンザルの一例
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 鈴木樹理; 磯和 弘一
        第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12/7 つくば), 2007年
      • チンパンジーの前頭前野の発達過程; 核磁気共鳴断層画像法(MRI)を用いて
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 渡邊朗野; 松林清明; 後藤俊二; 宮部貴子
        第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根), 2007年, 査読有り
      • 幸島のニホンザルにおける血清生化学検査
        宮部貴子; 森本真弓; 鈴木樹理; 室山泰之; 鈴村崇文; 冠地富士男; 田中洋之; 早川清治; 濱田穣
        第23回霊長類学会 (2007/07, 彦根), 2007年, 査読有り
      • Origins of smile and laughter: A preliminary study (vol 82, pg 61, 2006)
        K Kawakami; K Takai-Kawakami; M Tomonaga; J Suzuki; F Kusaka; T Okai
        EARLY HUMAN DEVELOPMENT, 2006年05月
      • Origins of smile and laughter: Two intensive longitudinal case studies.
        Kawakami K; Takai-Kawakami K; Tomonaga M; Suzuki J; Kusada F; Okai T
        XVth Biennial International Conference on Infant Studies (Jun. 2006, Kyoto, Japan)., 2006年, 査読有り
      • 飼育下のサルの病気と健康管理
        鈴木樹理
        京都大学霊長類研究所・第5回東京公開講座「ラボからフィールドまで」 (2006年9月, 東京), 2006年, 査読有り
      • 京都大学霊長類研究所における ケタミン麻薬指定に対する取り組み
        宮部貴子; 兼子明久; 渡邉朗野; 鈴木樹理; 松林清明
        第2回霊長類医科学フォーラム(2006年12月, 茨城)., 2006年, 査読有り
      • 腎炎を伴う貧血症チンパンジー乳児の治療と病理解剖・組織学的検索
        鈴木樹理; 後藤俊二; 加藤朗野; 兼子明久; 森本真弓; 熊崎清則; 前田典彦; 松林清明; 松沢哲郎; 磯和弘一
        第22回霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Supplement): S-29, 2006年, 査読有り
      • チンパンジー4頭の脳形態の発達
        三上章允; 西村剛; 三輪隆子; 松井三枝; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Suppl.): S-30, 2006年, 査読有り
      • Establishment of ELISA for Japanese monkey calreticulin to evaluate monkey stress
        Atsunori Higashino; Satoshi Yonezawa; Juri Suzuki; Takashi Kageyama
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2005年12月
      • Descent of the larynx in chimpanzee infants (vol 100, pg 6930, 2003)
        T Nishimura; A Mikami; J Suzuki; T Matsuzawa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年11月
      • チンパンジーにおける舌骨の下降
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第59回日本人類学会大会 (2005年11月, 横浜開港記念会館, 横浜). Anthoropological Science 113(3): 324., 2005年11月
      • Growth and aging in Japanese macaques (*Macaca fuscata*): trunk length and bone mineral content.
        Hamada, Y; Chatani, K; Hayakawa, S; Newell-M, L; Suzuki, J
        (2005) 第59回日本人類学会大会シンポジウム2 “Growth, Aging and Motor Performance” (Nov. 2005, Yokohama, Japan) Anthropological. Science 113(3): 310., 2005年, 査読有り
      • 微笑の起源(5)
        川上清文; 高井清子; 友永雅己; 鈴木樹理; 日下冨美代; 岡井崇
        日本発達心理学会第16回大会 (2005年3月, 神戸)., 2005年, 査読有り
      • ニホンザルの発達にともなうHorsley-Clarke座標系における脳の移動と成長
        大石高生; 松田圭司; 肥後範行; 杉田陽一; 鈴木樹理; 高橋俊光
        第21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21, suppl.: 100., 2005年, 査読有り
      • ‘空中通路’導入によるテナガザルの捕獲時負傷事故の防止
        打越万喜子; 鈴木樹理; 加藤朗野; 前田典彦; 兼子明久
        第8回SAGAシンポジウム (2005年11月, 大阪)., 2005年, 査読有り
      • ニホンザルのストレス評価のためのカルレティキュリンELISA法の確立
        東濃篤徳; 米澤敏; 鈴木樹理; 景山節
        日本動物学会第76回大会 (2005年10月, つくば)Zoological Science22:1502. ., 2005年, 査読有り
      • ニホンザルのストレス評価のためのcalreticulin (Crt) ELISA法の確立
        東濃篤徳; 米澤敏; 鈴木樹理; 景山節
        第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷)霊長類研究21(Supplement):32 ., 2005年, 査読有り
      • ちびっこチンパンジー
        熊崎清則; 前田典彦; 加藤朗野; 鈴木樹理; 山内志乃; 兼子明久; 後藤俊二; 松沢哲郎
        (第48回)ピコの思い出. 科学 75(12), 2005年, 査読有り
      • Erratum: Descent of the larynx in chimpanzee infants (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (June 10, 2003) 100, 12 (6930-6933))
        T. Nishimura; A. Mikami; J. Suzuki; T. Matsuzawa
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2005年, 査読有り
      • Phylogenic characteristics of genes expressed in macaque monkeys and the Application for ecotoxicogenomics of dioxin disorder.
        Asaoka K; Iida H; Kamanaka Y; Suzuki J; Wakita M; Watanabe K; Mori C; Inouye M; Kubota S
        (2004)第77回日本生化学会大会 ( 2004年10月, 横浜)., 2004年, 査読有り
      • ニホンザルの胎生初期に高頻度で発現している遺伝子群の網羅的解析
        浅岡一雄; 飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 西村剛; 脇田真清; 渡辺邦夫
        第20回日本霊長類学会年会 (2004年7月, 犬山), 2004年, 査読有り
      • チンパンジーにおける喉頭嚢の成長.
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Sup. ): 13-14., 2004年, 査読有り
      • 磁気共鳴画像法を用いた幼若ニホンザルの脳発達の解析.
        大石高生; 松田圭司; 鈴木樹理
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Supplement):21-22., 2004年, 査読有り
      • チンパンジー乳幼児の喉頭下降
        西村剛; 三上章允; 鈴木樹理; 加藤朗野; 熊崎清則; 前田典彦; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 宮城教育大学・仙台市戦災復興記念館, 仙台). プログラム・予稿集: 35., 2003年06月
      • Descent of the larynx in chimpanzee infants
        T Nishimura; A Mikami; J Suzuki; T Matsuzawa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年06月, 査読有り
      • Comprehensive analysis of gene expression in monkey tissues and development of DNA microarray for the detection of environmental chemical affection.
        Asaoka K; Iida H; Suzuki J; Nishimura T; Wakita M; Ohba M; Okamura H; Kubota S
        The 5th International Workshop on Advanced Genetics (Jun. 2003, Yokohama, Japan) Abstracts : p.119., 2003年, 査読有り
      • Gene expression resemblance between Macaca monkey and human, and its application for environmental toxicogenomics.
        Asaoka K; Iida H; Kamanaka Y; Nishimura T; Wakita M; Suzuki J; Watanabe K; Ishikawa Y; Kawashima S; Mori C; Yasuda M; Kubota S
        Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (Oct. 2003, Kyoto, Japan) AIMECS 03 Abstracts : p.179., 2003年, 査読有り
      • cDNA cloning and microarray development of genes expressed in Macaca monkey embryo
        Asaoka K; Iida H; Kamanaka Y; Suzuki J; Watanabe K; Mori C; Ishikawa Y; Kawashima S
        The 5th International Workshop on Advanced Genetics (Jun. 2003, Yokohama, Japan) Abstracts : pp.120., 2003年, 査読有り
      • Gene expression disorder in various tissues in rhesus monkeys treated with 2,3,7,8- tetrachlorodibenzo-p-dioxin via subcutaneous single injection
        Asaoka K; Iida H; Suzuki J; Watanabe K; Inoue M; Fukusato T; Murata N; Nomizu M; Nagata R; Kubota S
        23rd International Symposium on Halogenated Organic & Persistent Organic Pollutants (Aug. 2003, Boston, U.S.A)., 2003年, 査読有り
      • ヒトとマカクサルに発現する遺伝子の類似性を用いたエコトキシコゲノミックス
        飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 脇田真清; 西村剛; 渡辺邦夫; 森千里; 浅岡一雄
        第6回日本内分泌攪乱化学物質学会年会 (2003年12月, 仙台市). 講演要旨集 : 428, 2003年, 査読有り
      • 焼却場などの周辺大気汚染とサルモデルによるモニタリング方法の構築
        浅岡一雄; 飯田景子; 渡辺邦夫; 鈴木樹理; 脇田真清; 西村剛; 郷田浩志; 安田峯生; 久保田俊一郎
        第6回日本内分泌攪乱化学物質学会年会 (2003年12月, 仙台市). 講演要旨集 : 429, 2003年, 査読有り
      • 飼育下ニホンザル群に見られる肥満
        高橋知子; 鈴木樹理; 釜中慶朗; 阿部政光; 三輪宣勝; 高木かおり; 濱田穣; 景山節
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 仙台), 2003年, 査読有り
      • 飼育下ニホンザルに見られる肥満とその生理学的解析
        高橋知子; 鈴木樹理; 釜中慶朗; 阿部正光; 三輪宣勝; 高木かおり; 濱田穣; 景山節
        日本動物学会第74回大会 (2003年9月, 函館). Zoological Science 20: 1609, 2003年, 査読有り
      • ニホンザル(Macaca fuscata)における精巣サイズと乳首サイズの年齢変化と季節性:ニホンザルの二次性徴発現
        濱田穣; 鈴木樹理; 大蔵聡; 早川清治
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 仙台), 2003年, 査読有り
      • 個別飼育ニホンザルの環境エンリッチメント
        山根到; 友永雅己; 上野吉一; 鈴木樹理
        第19回日本霊長類学会大会 (2003年6月, 仙台). プログラム・予稿集 : 46, 2003年, 査読有り
      • MRIで見たチンパンジー幼児の脳の発達
        三上章允; 松井三枝; 西村剛; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第5回SAGAシンポジウム (2002年11月, 犬山国際観光センター, 犬山). 研究発表要旨集:130., 2002年11月
      • Developmental studies of brain structures of chimpanzees.
        A Mikami; G Nishimura; M Tanaka; M Tomonaga; T Matsuzawa; J Suzuki; A Kato; K Mastubayashi; S Goto; C Hashimoto
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • Quantitative comparison of radial cross-sectional shapes among Chimpanzees and Macaques.
        Y Kikuchi; S Malaivijitnond; T Udono; J Suzuki; Y Hamada; O Takenaka
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月
      • A MRI study of brain structures in infant chimpanzees
        Mikami A; Matsui M; Nishimura T; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Hashimoto C
        COE International Symposium, (Nov. 2002, Inuyama, Japan)., 2002年, 査読有り
      • 飼育下のニホンザルの身体成長-飼育様式による差異について-
        鈴木樹理
        新しいサル像をめざして: 46-52, 京都大学霊長類研究所人類進化モデル研究センター編,文化出版, 犬山, 2002年, 査読有り
      • 個別飼育下の環境エンリッチメント─グルーミングボードの効果─
        山根到; 友永雅己; 上野吉一; 鈴木樹理
        日本霊長類学会第18回大会 (2002年7月, 東京) 霊長類研究 18(3): 432, 2002年, 査読有り
      • ダイオキシン類のサル子宮内膜におよぼす影響のDNAチップによる解析
        飯田景子; 釜中慶朗; 鈴木樹理; 渡邊邦夫; 安田峯生; 久保田俊一郎; 浅岡一雄
        環境ホルモン学会第5回研究発表会 (2002年11月, 広島), 2002年, 査読有り
      • アジルテナガザルの生後4年間における形態および生理学的成長変化
        鈴木樹理; 加藤朗野; 前田典彦; 橋本ちひろ; 打越万喜子; 水谷俊明; 道家千聡; 松沢哲郎
        第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京) 霊長類研究 18: 375, 2002年, 査読有り
      • サルにおける発現遺伝子解析を用いたダイオキシンが起すエストロゲン様作用について
        浅岡一雄; 飯田景子; 鈴木樹理; 矢野一行
        フォーラム2002: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2002年10月, 広島) 講演要旨集: 74, 2002年, 査読有り
      • チンパンジー脳形態の生後発達
        三上章允; 西村剛; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野; 松林清明; 後藤俊二; 橋本ちひろ
        第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会連合大会 (2001年7月, 京都国際会館, 京都). Anthoropological Science 110 (1): 97, 霊長類研究 17(1): 145., 2001年07月
      • ニホンザルの体脂肪とその季節変化
        濱田穣; 早川清治; 鈴木樹理; 大蔵聡
        第55回日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会連合大会 (2001年7月, 京都). 霊長類研究17(2):146. Body Fat and Seasonal change in Japanese macaques (Macaca fuscata)., 2001年, 査読有り
      • In vitro aging of macaque adherent cells
        Y Shimizu; T Ishida; K Terao; J Suzuki
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 2000年01月
      • Telomere dynamics between parents and offspring of the chimpanzee.
        Hirai H; Suzuki J; Miwa N; Maeda N; Kumazaki K; Katoh A; Tomonaga, M; Tanaka, M; Matsuzawa, T
        The 3rd SAGA Symposium “Research, Care and Conservation of Great Apes; Current states and future directions” (Nov. 2000, Inuyama)., 2000年, 査読有り
      • Changes of Age related factors in various age of cynomolgus monkeys and after treated with PUERARIA MIRIFICA Phytoestrogens.
        Malaivijitnond S; Trisomboon H; Cherdshewasart W; Suzuki J; Hamada Y; Kikuchi Y; Takenaka O
        COE International Symposium "Development and aging of primates" (Nov. 2000, Inuyama). Abstracts p.68., 2000年, 査読有り
      • アジルテナガザルにおける生後2歳までの成長に伴う血液性状の変化
        加藤朗野; 橋本ちひろ; 前田典彦; 打越万喜子; 水谷俊明; 道家千聡; 鈴木樹理
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月,名古屋). 霊長類研究16 (3) : 294, 2000年, 査読有り
      • マウスとサルにおけるビスフェノールAの胎盤透過性
        内田薫; 鈴木敦子; 小林良夫; 鈴木樹理; 浅岡一雄; 井口泰泉
        第71回日本動物学会 (2000年9月, 東京). 予稿集 p. 65., 2000年, 査読有り
      • 新生児ザルのストレスに対する反応 (4)
        川上清文; 友永雅己; 鈴木樹理
        日本心理学会第64回大会 (2000年11月, 京都). p. 964, 2000年, 査読有り
      • MRIによるチンパンジー脳形態の発達過程の検討
        三上章允; 西村剛; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 加藤朗野
        第3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護-現状と未来-」(2000年11月, 犬山), 2000年, 査読有り
      • サル胎盤のヒトとの構造類似性と環境ホルモンの透過性
        浅岡一雄; 飯田景子; 鈴木樹理; 内田薫; 井口泰泉; 桜井健一; 森千里; 矢野一行
        フォーラム2000: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2000年10月, 東京). 講演要旨集 p.138., 2000年, 査読有り
      • 周思春期成長パターンの比較
        濱田穣; 鈴木樹理; 大蔵聡; 早川清治; 鵜殿俊史
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3) : 234, 2000年, 査読有り
      • 霊長類におけるストレス研究
        鈴木樹理; 大蔵聡; 友永雅己
        日本心理学会第64回大会 ワークショップ「神経系-内分泌系-免疫系のクロストーク ─精神神経免疫学における生体内メカニズム」(2000年11月, 京都), 2000年, 査読有り
      • ニホンザルの思春期における血中IGF-1および性ステロイドの時系列解析
        鈴木樹理; 大蔵聡; 早川清治; 濱田穣
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3) : 25, 2000年, 査読有り
      • 薬理学的グルコース代謝阻害によるニホンザルのパルス状黄体形成ホルモン (LH) 分泌抑制
        大蔵聡; 鈴木樹理; 松山秀一; 束村博子; 前多敬一郎
        第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究 16 (3) : 249., 2000年, 査読有り
      • テナガザルの行動発達
        打越万喜子; 前田典彦; 橋本ちひろ; 加藤朗野; 脇知子; 明和政子; 道家千聡; 水谷俊明; 鈴木樹理; 松沢哲郎
        第3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護-現状と未来-」(2000年11月, 犬山), 2000年, 査読有り
      • Adolescent growth and development in Japanese macaques (Macaca fuscata): Punctuated accelerated growth by slow growing seasons
        Y Hamada; S Hayakawa; J Suzuki; S Ohkura
        ANTHROPOLOGICAL SCIENCE, 1999年01月
      • ニホンザルの周思春期における成長関連ホルモンの変化
        鈴木樹理; 大蔵聡; 濱田穣; 早川清治
        第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月、岡山). 霊長類研究 14 (3): 242., 1998年, 査読有り
      • ニホンザルの思春期発育加速:標準と個体変異
        濱田穣; 早川清治; 鈴木樹理; 大蔵聡
        第52回日本人類学会大会(1998年9月, 札幌学院大学,江別市). Anthropological Science 107(1): 68., 1998年, 査読有り
      • 思春期ニホンザルの中手骨成長と骨格成熟: 縦断的研究
        濱田穣; 早川清治; 鈴木樹理; 大蔵聡
        第13回日本霊長類学会大会(1997年7月, 札幌). 霊長類研究 13(3): 252, 1997年, 査読有り
      • ニホンザルにおけるパルス状LH分泌-月経周期回帰に伴う変化とエストロジェンによる抑制効果-
        大蔵聡; 鈴木樹理
        第90回日本繁殖生物学会大会 (1997年9月、東京). J. Reprod. Dev. 43(6): a32., 1997年, 査読有り
      • 雌ニホンザルにおける黄体形成ホルモンのパルス状分泌動態の検討
        大蔵聡; 鈴木樹理
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月、札幌). 霊長類研究13(3): 255., 1997年, 査読有り
      • マカクにおける非拘束連続採血システムを用いたストレス定量の試み
        鈴木樹理; 大蔵聡
        第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月、札幌) 霊長類研究13(3): 262., 1997年, 査読有り
      • サル類保健飼育管理施設(I 研究所の概要)
        竹中 修; 松林 清明; 後藤 俊二; 鈴木 樹理; 松林 伸子
        霊長類研究所年報, 1984年09月29日

      講演・口頭発表等

      • Evaluation of a novel activity monitor for captive Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Gris VN; Sawada Y; Kaneko A; Suzuki J; Yamamoto M; Miyabe-Nishiwaki T
        the 15th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, 2021年
      • ニホンザルおよびアカゲザルにおける胸部単純X線撮影の体位による心胸郭比への影響.
        澤田悠斗; 兼子明久; 森本真弓; 宮部貴子; 鈴木樹理; 白仲玉; 中山駿矢; 揚山直英; 鯉江洋
        第163回日本獣医学会学術集会, 2021年09月
      • Recognition of Pain in Japanese Macaques by Neural Networks -Preliminary Analysis.
        Gris VN; Crespo TR; Broche N; Kaneko A; Okamoto M; Miyabe-Nishiwaki T; Mills DS; Teramae J; Suzuki J
        the 14th International Symposium on Primatology and Wildlife Science, 2020年
      • Behavioral sleep in geriatric squirrel monkeys (Saimiri boliviensis) in Amami Oshima, Japan.
        Suzuki J; Sri Kantha S; Kuraishi T; Hattori S; Kiso Y; Kai C
        9th International Conference on Conservation Medicine “One Health in Asia-Pacific”., 2016年
      • マカクを中心とした様々な飼育環境下での日常観察
        鈴木 樹理
        第19回予防衛生協会セミナー, 2015年12月05日, 招待有り
      • サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析
        佐藤英次; 兼子明久; 齋藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        第157回日本獣医学会学術集会, 2014年
      • サルレトロウイルス4型持続感染ニホンザルにおける免疫学的役割の解明
        佐藤英次; 兼子明久; 齋藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 齋藤波子; 牧野瀬恵美子; 道家由美子; 塩澤裕子; 安江美雪; 森本真弓; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月
      • Epidemiological analyses of SRV-4 infection in Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Morimoto M; Akari H; Yoshida T; Okamoto M
        6th Asian Meeting on Zoo and Wildlife Medicine / Conservation in Singapore, 2013年10月
      • ニホンザルにおけるサルレトロウイルス4型の臓器特異性の調査
        佐藤英次; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 兼子明久; 吉川禄助; 吉田友教; 山中淳史; 齋藤暁; 齋藤波子; 坂口翔一; 明里宏文; 宮沢孝幸; 岡本宗裕
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年09月
      • ニホンザルの特徴的な感染症SRV-4
        鈴木 樹理; 明里 宏文; 岡本 宗裕; 吉田 友教; 森本 真弓; 宮沢 孝幸; 吉川 禄助
        第22回サル類疾病ワークショップ, 2013年07月
      • ニホンザルの臨床病理学的背景
        兼子明久; 鈴木樹理
        第22回サル類疾病ワークショップ, 2013年07月
      • Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain.
        T. Sakai; M. Matsui; A. Mikami; L. Malkova; Y. Hamada; M. Tomonaga; J. Suzuki; M. Tanaka; T. Miyabe-Nishiwaki; H. Makishima; M. Nakatsukasa; T. Matsuzawa
        Proceedings. Biological sciences / The Royal Society, 2013年
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹元博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 齊藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26, 別府), 2012年
      • ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 明里宏文; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日, 2012年
      • Thrombocytopenia caused by SRV-4 in Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Akari H; Okamoto M; Yoshida T; Okabayashi S
        Satellite Symposium of the 5th Annual Meeting of the ASZWM(2012/10/14, Chiang Mai)., 2012年
      • SRV-4の関与が疑われる血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        第20回サル疾病ワークショップ (2011/07/02, 麻布大学(神奈川県)), 2011年07月02日
      • ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
        吉田友教; 岡本宗裕; 明里宏文; 今井啓雄; 松井淳; 早川敏之; 生駒智子; 伯川美穂; 齋藤波子; 渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 平井啓久
        第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京), 2011年
      • ニホンザル血小板減少症発症ザルからのサルレトロウイルス4型の分離
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 宮沢孝幸
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年
      • Natural hepatitis E virus infection in macaque colonies.
        Suzuki J; Yamamoto H; Matsuda A; Ishida T; Li Tian-Cheng; Takeda N
        The 3rd International Workshop of Asian Society of Zoo and Wildlife Medicine & The 1st Meeting of Korean Society of Zoo and Wildlife Medicine (2009/08/18-19, Seoul, Korea)., 2009年
      • 老齢ザルの健康管理 -飼育から治療まで-
        兼子明久; 宮部貴子; 西脇弘樹; 鈴木樹理
        第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば)., 2007年
      • 非アルコール性脂肪性肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis; NASH)と類似した病理所見を呈した肥満ニホンザルの一例
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 鈴木樹理; 磯和 弘一
        第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば), 2007年
      • 老齢アジルテナガザルにおける膵炎を背景に発症したDICを伴う全身性炎症反応症候群
        鈴木樹理; 後藤俊二; 渡邉朗野; 兼子明久; 磯和弘一
        第16回サル類疾病国際ワークショップ (2007/12, つくば), 2007年
      • Three decades’ collected cases of bloat in the macaques
        Suzuki J; Matsubayashi N; Hashimoto C; Watanabe A; Kaneko A; Miyabe T; Nishiwaki K; Goto S
        Joint meeting of the 3rd meetingof ASVP, AAVS, and the 2nd Asian Conservation Medicine/Wildlife Pathology Workshop (ASZWM) (2007/08, Taiwan) (2007), 2007年
      • Malignant lymphoma associated with simian Epstein-Barr virus infection in a Japanese macaque (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Goto S; Kato A; Hashimoto C; Miwa N; Takao S; Ishida T; Fukuoka A; Nakayama H; Doi K; Isowa K
        The 2nd Symposium on The Asian Zoo and Wildlife Medicine & The 1st Workshop on Zoo and Wildlife Pathology (Oct. 2006, Bangkok, Thailand) Abstracts of the AZWMP 2006 :6 ., 2006年
      • マカク病理解剖例における心臓病変の病理組織学的検索
        鈴木樹理; 後藤俊二; 加藤朗野; 橋本ちひろ; 磯和弘一
        第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月, 犬山) 霊長類研究 20(Supplement): 50., 2004年

      書籍等出版物

      • 動物福祉の現在
        鈴木 樹理, 分担執筆, 第5章第3節 生理的評価
        農林統計出版, 2015年, 査読無し
      • サル類の疾病カラーアトラス
        吉川泰弘; 宇根有美; 小野文子; 後藤俊二; 鈴木樹理
        社団法人予防衛生協会, 2011年, 査読無し
      • サルにもストレスはありますか?
        鈴木樹理, 分担執筆
        「新しい霊長類学「人を深く知るための100問100答」」 (京都大学霊長類研究所編) p.235-238 講談社, 2009年, 査読無し
      • 霊長類の成長に関する内分泌学的研究
        鈴木樹理, 分担執筆
        「霊長類進化の科学」 (京都大学霊長類研究所編) p.361-371 京都大学学術出版会, 2007年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 霊長類を用いたアルツハイマー病に対する経口治療薬の開発とその臨床応用の試み
        自 2004年
      • Preliminary study on the creation and clinical application of oral medicines for Alzheimer disease by using primates.
        自 2004年

      外部資金:科学研究費補助金

      • レトロウイルス関連ニホンザル血小板減少症の発症機序と感染持続メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;発症機序;感染実験;SRV-5;感染持続
      • 長寿と適応のホミニゼーション
        基盤研究(A)
        東京大学
        石田 貴文
        完了
        ゲノム;バイオリソース;適応;ヒト化;ゲノム維持;老化;細胞;p53;GST
      • マカクを用いたガンマヘルペスウイルス関与リンパ腫モデル作成の基礎研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        鈴木 樹理
        完了
        ガンマヘルペスウイルス;疾患モデル;マカク;リンパ腫;ニホンザル;タイワンザル
      • ゲノム安定性から見た霊長類の寿命とホミニゼーション
        基盤研究(B)
        東京大学
        石田 貴文
        完了
        霊長類;進化;ヒト化;細胞;寿命;ゲノム;比較ゲノム;染色体, Primates;Evolution;Hominization;Cell;lifespan;Genome
      • 脊椎動物ペプシノゲンの多様性に関する酵素機能の特異性とゲノム解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        景山 節
        完了
        ペプシノゲン;ペプシン;P1;P‘1;ペプチド分解;S'1;基質特異性;P'1;霊長類;新世界ザル;食性, pepsinogen;pepsin;enzyme specificity;active site;peptide substrate
      • 内分泌攪乱物質のヒトへの影響を外挿するためのサルを用いた分子的疫学的リスク評価
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        浅岡 一雄;淺岡 一雄
        完了
        内分泌攪乱;サル動物モデル;ヒトへの外挿;DNAチップ;cDNAライブラリー;胎児影響;脳;発現遺伝子;胎児移行;サル;ヒト;外挿;モデル;胎児;遺伝子発現
      • タイ国における野生霊長類をモデルとした内分泌撹乱物質の疫学的研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        鈴木 樹里;鈴木 樹理
        完了
        霊長類;内分泌攪乱物質;IGF-1;性ステロイドホルモン;内分泌撹乱物質, Primate;Endcrine disruptors;IGF-1;Sexual steroids
      • ニホンザルに見られる季節性機序の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        濱田 穣;浜田 穣
        完了
        季節性;季節繁殖;体脂肪;ニホンザル(Macaca fuscata);思春期;体組成;レプチン;IGF-1;ニホンザル(Macaca fuscata fuscata), Seasonality;Seasonal Breeding;Body Fat;Japanese macaque;Adolescence;Body Composition;Leptin;IGF- 1
      • マカク細胞を用いたin vitroヒト加齢モデルの作成
        基盤研究(B)
        東京大学
        石田 貴文
        完了
        マカク;細胞加齢;in vitro;ヒト;老化モデル;細胞培養;老化;p53;ヘリケース;エイジング;細胞老化;細胞株化;テロメア, macaque;cellular aging;in vitro;human;model
      • 生命科学の手法を用いたベルグマンの法則の検証-ヒトとマカクを対象とした遺伝的・生理的背景の検索-
        基盤研究(B)
        東京大学
        石田 貴文
        完了
        ベルグマンの法則;成長;IGF;適応;カニクイザル;狩猟採集民;GH;IGF-I
      • 成長ホルモン結合タンパクとインシュリン様成長因子I型の民族疫学
        一般研究(C)
        東京大学
        石田 貴文
        完了
        IGF-I;低身長;アエタ;サカイ
      • ヒト以外の高等霊長類における周思春期発育に関する形態学・生理学的比較研究
        基盤研究(C)
        京都大学;岡山理科大学
        濱田 穣
        完了
        思春期発育;肥満;体脂肪;成長ホルモン;Macaca fuscata;Pan troglodytes;骨成熟;性ステロイドホルモン;チンパンジー;ニホンザル;思春期;発育;縦断的研究;性ホルモン;骨格成熟;性成熟;霊長類;GH(成長ホルモン);体組成;骨発達;生体計測;縦断的発育研究, Adolescent growth;Fatness;Body fat;Growth hormone;Macaca fuscata;Pan troglodytes;Skeletal maturation;Sex steroid hormone
      • ニホンザル加齢の特徴
        一般研究(C)
        京都大学
        庄武 孝義
        完了
        ニホンザル;加齢;GH;サル線維芽細胞;in vitro加齢
      • カニクイザルのαグロビン遺伝子とマラリア抵抗性
        国際学術研究
        京都大学
        竹中 修
        完了
        カニクイザル;マカク;遺伝子;αグロビン遺伝子;マラリア抵抗性;形態;身体発達;環境適応, Crab-eating monkey;Macaque;Gene;alpha-globin gene;Malaria-resistant;Morphology;Development;Adaptation
      • ニホンザルを用いたヒト加齢モデルの研究
        一般研究(C)
        京都大学
        松林 清明
        完了
        ニホンザル;加齢;オス生殖器;GH;染色体
      • 霊長類の成長に関する形態学的・生理学的総合研究
        総合研究(A)
        京都大学
        岩本 光雄
        完了
        成長;霊長類;生体計測;X線写真;血液性状;ホルモン, primate;growth;somatometry;hormone;haematology

      外部資金:その他

      • 1. 霊長類の成長に関する生理学的および形態学的研究 2. 霊長類のストレス測定のための基礎的研究
        自 1983年, 至 2013年
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類学総合ゼミナール
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:霊長類の獣医学・動物福祉学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:霊長類の獣医学・動物福祉学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2010年10月01日, 至 2012年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2012年10月01日, 至 2014年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2012年10月10日, 至 2013年12月31日
            動物実験委員会 教育訓練WG 委員
          • 自 2012年11月20日, 至 2013年10月10日
            動物実験委員会 外部評価導入WG 委員

          ページ上部へ戻る