教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

内田 周作

ウチダ シュウサク

医学研究科 メディカルイノベーションセンター 特定准教授

内田 周作
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    所属学協会

    • 北米神経科学会
    • 日本生物学的精神医学会
    • 日本神経化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本神経科学会
    • 日本神経精神薬理学会

    学位

    • 修士(農芸化学)(東京農業大学)
    • 博士(農芸化学)(東京農業大学)

    経歴

    • 自 2013年12月, 至 2018年03月
      山口大学, 医学部附属病院, 講師
    • 自 2011年02月, 至 2013年11月
      日本学術振興会海外特別研究員(ラトガース・ニュージャージー州立大学), ポスドク
    • 自 2008年, 至 2011年
      山口大学 医学(系)研究科(研究院), 助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ストレス適応・不適応の脳内分子神経基盤
      • 研究概要

        気分障害の発症には、生物学的要因や心理学的要因に加えてストレスなどの環境要因が関わると指摘されている。すなわち、うつ病患者はストレスに対して脆弱な生物学的素因を有しており、慢性的な環境ストレス暴露により神経可塑性異常を引き起こすことで発症に至る、といったストレス脆弱性仮説である。現在までに、脳画像・遺伝学・分子生物学的手法等を用いて、精神疾患発病脆弱性や危険因子に関わる遺伝・神経生物学的基盤の解析研究が精力的に行われている。一方、慢性ストレスに暴露された人すべてが精神疾患を発症するわけではなく、むしろ大多数の人はストレスに適応して精神的安定性を維持することができる。このようなストレスの影響に対する予防・緩衝要因としてのレジリエンスは、ストレッサーに暴露されても健康的な精神状態を維持する力(抵抗力)と、発病後に健康な状態へと導く力(回復力)、の二側面を持つ概念と捉えられている。しかしながら、従来の精神疾患の神経生物学的基盤研究は、もっぱら脆弱性や発病後の病態を想定したものであり、精神疾患の発症・病態・回復の機序をより深く理解するためには、レジリエンスの側面も取り入れた、一面的でない基盤研究が望まれる。我々は、ストレス脆弱性とレジリエンスの生物学的基盤を解明することでうつ病などのストレス関連精神疾患の発症・回復機序の理解をめざしている。

      研究キーワード

      • 層別化
      • 個体差
      • 包括脳ネットワーク
      • 記憶・学習
      • 気分障害
      • ストレス
      • 遺伝子発現
      • うつ病
      • 遺伝子発現制御
      • エピジェネティクス
      • 神経可塑性
      • ストレス脆弱性
      • 神経新生

      研究分野

      • 人文・社会, 実験心理学
      • ライフサイエンス, スポーツ科学
      • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学
      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 精神神経科学

      論文

      • Antidepressant Response and Stress Resilience Are Promoted by CART Peptides in GABAergic Neurons of the Anterior Cingulate Cortex
        Yuki Funayama; Haiyan Li; Erina Ishimori; Ayako Kawatake-Kuno; Hiromichi Inaba; Hirotaka Yamagata; Tomoe Seki; Shin Nakagawa; Yoshifumi Watanabe; Toshiya Murai; Naoya Oishi; Shusaku Uchida
        Biological Psychiatry Global Open Science, 2022年01月
      • A novel mouse model of postpartum depression using emotional stress as evaluated by nesting behavior.
        Tomoe Seki; Hirotaka Yamagata; Shusaku Uchida; Ayumi Kobayashi; Yoshifumi Watanabe; Shin Nakagawa
        Scientific reports, 2021年11月19日
      • Experience-Regulated Neuronal Signaling in Maternal Behavior.
        Ileana Fuentes; Yoshikazu Morishita; Sofia Gonzalez-Salinas; Frances A Champagne; Shusaku Uchida; Gleb P Shumyatsky
        Frontiers in molecular neuroscience, 2022年
      • Optimized protocol for the extraction of RNA and DNA from frozen whole blood sample stored in a single EDTA tube.
        Hirotaka Yamagata; Ayumi Kobayashi; Ryouichi Tsunedomi; Tomoe Seki; Masaaki Kobayashi; Kosuke Hagiwara; Chong Chen; Shusaku Uchida; Go Okada; Manabu Fuchikami; Toshiharu Kamishikiryo; Jun-Ichi Iga; Shusuke Numata; Makoto Kinoshita; Takahiro A Kato; Ryota Hashimoto; Hiroaki Nagano; Yasumasa Okamoto; Shuichi Ueno; Tetsuro Ohmori; Shin Nakagawa
        Scientific reports, 2021年08月23日
      • Gene-environment interactions mediate stress susceptibility and resilience through the CaMKIIβ/TARPγ-8/AMPAR pathway.
        Yusuke Sakai; Haiyan Li; Hiromichi Inaba; Yuki Funayama; Erina Ishimori; Ayako Kawatake-Kuno; Hirotaka Yamagata; Tomoe Seki; Teruyuki Hobara; Shin Nakagawa; Yoshifumi Watanabe; Susumu Tomita; Toshiya Murai; Shusaku Uchida
        iScience, 2021年05月21日
      • Distinct epigenetic signatures between adult-onset and late-onset depression.
        Hirotaka Yamagata; Hiroyuki Ogihara; Koji Matsuo; Shusaku Uchida; Ayumi Kobayashi; Tomoe Seki; Masaaki Kobayashi; Kenichiro Harada; Chong Chen; Shigeo Miyata; Masato Fukuda; Masahiko Mikuni; Yoshihiko Hamamoto; Yoshifumi Watanabe; Shin Nakagawa
        Scientific reports, 2021年01月27日
      • A Multiscale View of the Mechanisms Underlying Ketamine's Antidepressant Effects: An Update on Neuronal Calcium Signaling.
        Ayako Kawatake-Kuno; Toshiya Murai; Shusaku Uchida
        Frontiers in behavioral neuroscience, 2021年
      • The Molecular Basis of Depression: Implications of Sex-Related Differences in Epigenetic Regulation.
        Ayako Kawatake-Kuno; Toshiya Murai; Shusaku Uchida
        Frontiers in molecular neuroscience, 2021年
      • Metalloprotein-Catalyzed Click Reaction for In Situ Generation of a Potent Inhibitor
        Yuka Miyake; Yukihiro Itoh; Yoshinori Suzuma; Hidehiko Kodama; Takashi Kurohara; Yasunobu Yamashita; Remy Narozny; Yutaro Hanatani; Shusaku Uchida; Takayoshi Suzuki
        ACS CATALYSIS, 2020年05月, 査読有り
      • Characterization of the signature of peripheral innate immunity in women with later-life major depressive disorder.
        Shigeo Miyata; Hirotaka Yamagata; Koji Matsuo; Shusaku Uchida; Kenichiro Harada; Kazuyuki Fujihara; Yuchio Yanagawa; Yoshifumi Watanabe; Masahiko Mikuni; Shin Nakagawa; Masato Fukuda
        Brain, behavior, and immunity, 2020年03月23日, 査読有り
      • Altered expression of long noncoding RNAs in patients with major depressive disorder.
        Seki T; Yamagata H; Uchida S; Chen C; Kobayashi A; Kobayashi M; Harada K; Matsuo K; Watanabe Y; Nakagawa S
        Journal of psychiatric research, 2019年07月, 査読有り
      • Altered plasma protein glycosylation in a mouse model of depression and in patients with major depression
        Hirotaka Yamagata; Shusaku Uchida; Koji Matsuo; Kenichiro Harada; Ayumi Kobayashi; Mami Nakashima; Fumihiro Higuchi; Toshio Watanuki; Toshio Matsubara; Yoshifumi Watanabe
        Journal of Affective Disorders, 2018年06月01日, 査読有り
      • Epigenetic mechanisms of major depression: Targeting neuronal plasticity
        Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Tomoe Seki; Yoshifumi Watanabe
        Psychiatry and Clinical Neurosciences, 2018年04月01日, 査読有り
      • Synaptically Localized Transcriptional Regulators in Memory Formation
        Shusaku Uchida; Gleb P. Shumyatsky
        Neuroscience, 2018年02月01日, 査読有り
      • Identification of commonly altered genes between in major depressive disorder and a mouse model of depression.
        Hirotaka Yamagata; Shusaku Uchida; Koji Matsuo; Kenichiro Harada; Ayumi Kobayashi; Mami Nakashima; Masayuki Nakano; Koji Otsuki; Naoko Abe-Higuchi; Fumihiro Higuchi; Toshio Watanuki; Toshio Matsubara; Shigeo Miyata; Masato Fukuda; Masahiko Mikuni; Yoshifumi Watanabe
        Scientific reports, 2017年06月08日, 査読有り
      • CRTC1 Nuclear Translocation Following Learning Modulates Memory Strength via Exchange of Chromatin Remodeling Complexes on the Fgf1 Gene
        Shusaku Uchida; Brett J. W. Teubner; Charles Hevi; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Rutu M. Dave; Tatsushi Shintaku; Pattaporn Jaikhan; Hirotaka Yamagata; Takayoshi Suzuki; Yoshifumi Watanabe; Stanislav S. Zakharenko; Gleb P. Shumyatsky
        CELL REPORTS, 2017年01月, 査読有り
      • Hippocampal Sirtuin 1 Signaling Mediates Depression-like Behavior
        Naoko Abe-Higuchi; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Fumihiro Higuchi; Teruyuki Hobara; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Yoshifumi Watanabe
        BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 2016年12月, 査読有り
      • Hippocampal microRNA-124 enhances chronic stress resilience in mice
        Fumihiro Higuchi; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Naoko Abe-Higuchi; Teruyuki Hobara; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Tatsushi Shintaku; Yukihiro Itoh; Takayoshi Suzuki; Yoshifumi Watanabe
        Journal of Neuroscience, 2016年07月06日, 査読有り
      • Genetic Demonstration of a Role for Stathmin in Adult Hippocampal Neurogenesis, Spinogenesis, and NMDA Receptor-Dependent Memory
        Guillaume Martel; Shusaku Uchida; Charles Hevi; Itzamarie Chevere-Torres; Ileana Fuentes; Young Jin Park; Hannah Hafeez; Hirotaka Yamagata; Yoshifumi Watanabe; Gleb P. Shumyatsky
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2016年01月, 査読有り
      • Deceivingly dynamic: Learning-dependent changes in stathmin and microtubules
        Shusaku Uchida; Gleb P. Shumyatsky
        NEUROBIOLOGY OF LEARNING AND MEMORY, 2015年10月, 査読有り
      • Learning-induced and stathmin-dependent changes in microtubule stability are critical for memory and disrupted in ageing
        Shusaku Uchida; Guillaume Martel; Alice Pavlowsky; Shuichi Takizawa; Charles Hevi; Yoshifumi Watanabe; Eric R. Kandel; Juan Marcos Alarcon; Gleb P. Shumyatsky
        NATURE COMMUNICATIONS, 2014年07月, 査読有り
      • The alteration of hypoxia inducible factor-1 (HIF-1) and its target genes in mood disorder patients
        Tomohiko Shibata; Hirotaka Yamagata; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Fumihiro Higuchi; Naoko Abe; Yoshifumi Watanabe
        PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 2013年06月, 査読有り
      • Epigenetic regulation in depression
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Teruyuki Hobara; Hirotaka Yamagata; Yoshifuini Watanabe
        Japanese Journal of Neuropsychopharmacology, 2012年08月, 査読有り
      • 【当事者に届く生物学的精神医学研究:バイオマーカーを用いた精神疾患の客観的補助診断法の開発】気分障害のバイオマーカー開発、とくに白血球での遺伝子発現からみた気分障害の状態診断、亜型分類
        渡辺 義文; 内田 周作; 大朏 孝治; 山形 弘隆; 芳原 輝之; 阿部 尚子; 樋口 文宏; 綿貫 俊夫; 松原 敏郎
        精神神経学雑誌, 2012年07月
      • Murine GRPR and Stathmin Control in Opposite Directions both Cued Fear Extinction and Neural Activities of the Amygdala and Prefrontal Cortex
        Guillaume Martel; Charles Hevi; Alexandra Wong; Ko Zushida; Shusaku Uchida; Gleb P. Shumyatsky
        PLOS ONE, 2012年02月, 査読有り
      • Dysfunction of the RAR/RXR signaling pathway in the forebrain impairs hippocampal memory and synaptic plasticity
        Masanori Nomoto; Yohei Takeda; Shusaku Uchida; Koji Mitsuda; Hatsune Enomoto; Kaori Saito; Tesu Choi; Ayako M. Watabe; Shizuka Kobayashi; Shoichi Masushige; Toshiya Manabe; Satoshi Kida
        MOLECULAR BRAIN, 2012年02月, 査読有り
      • [Functional biomarkers of mood disorders: differential diagnosis and clinical classification with gene expression in peripheral leukocytes].
        Watanabe Y; Uchida S; Otsuki K; Yamagata H; Hobara T; Abe N; Higuchi F; Watanuki T; Matsubara T
        Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica, 2012年, 査読有り
      • State-dependent changes in the expression of DNA methyltransferases in mood disorder patients
        Fumihiro Higuchi; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Naoko Abe; Tomohiko Shibata; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2011年10月, 査読有り
      • Altered sirtuin deacetylase gene expression in patients with a mood disorder
        Naoko Abe; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Hirotaka Yamagata; Fumihiro Higuchi; Tomohiko Shibata; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2011年08月, 査読有り
      • Development of a tightly-regulated tetracycline-dependent transcriptional activator and repressor co-expression system for the strong induction of transgene expression
        Hiroshi Hosoda; Takahisa Miyao; Shusaku Uchida; Shinsuke Sakai; Satoshi Kida
        CYTOTECHNOLOGY, 2011年05月, 査読有り
      • Impaired hippocampal spinogenesis and neurogenesis and altered affective behavior in mice lacking heat shock factor 1
        Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Mitsuaki Fujimoto; Koji Otsuki; Hirotaka Yamagata; Teruyuki Hobara; Naoko Abe; Fumihiro Higuchi; Tomohiko Shibata; Shunsuke Hasegawa; Satoshi Kida; Akira Nakai; Yoshifumi Watanabe
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年01月, 査読有り
      • Epigenetic Status of Gdnf in the Ventral Striatum Determines Susceptibility and Adaptation to Daily Stressful Events
        Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Koji Otsuki; Hirotaka Yamagata; Teruyuki Hobara; Takayoshi Suzuki; Naoki Miyata; Yoshifumi Watanabe
        NEURON, 2011年01月, 査読有り
      • Early Life Stress Enhances Behavioral Vulnerability to Stress through the Activation of REST4-Mediated Gene Transcription in the Medial Prefrontal Cortex of Rodents
        Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Hiromasa Funato; Teruyuki Hobara; Koji Otsuki; Hirotaka Yamagata; Bruce S. McEwen; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2010年11月, 査読有り
      • Altered gene expression of histone deacetylases in mood disorder patients
        Teruyuki Hobara; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Toshio Matsubara; Hiromasa Funato; Koji Matsuo; Masatomo Suetsugi; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2010年04月, 査読有り
      • Aberrant REST-mediated transcriptional regulation in major depressive disorder
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Yusuke Wakabayashi; Toshio Matsubara; Teruyuki Hobara; Hiromasa Funato; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2010年04月, 査読有り
      • Maternal and genetic factors in stress-resilient and -vulnerable rats: A cross-fostering study
        Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Hirotaka Yamagata; Yoshifumi Watanabe
        BRAIN RESEARCH, 2010年02月, 査読有り
      • 気分障害患者における選択的スプライシング機構異常の検討
        大朏 孝治; 内田 周作; 綿貫 俊夫; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2009年03月
      • Altered expression of neurotrophic factors in patients with major depression
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Toshio Watanuki; Yusuke Wakabayashi; Michiko Fujimoto; Toshio Matsubara; Hiromasa Funato; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF PSYCHIATRIC RESEARCH, 2008年10月, 査読有り
      • Increased expression of splicing factor SRp20 mRNA in bipolar disorder patients
        Toshio Watanuki; Hiromasa Funato; Shusaku Uchida; Toshio Matsubara; Ayumi Kobayashi; Yusuke Wakabayashi; Koji Otsuki; Akira Nishida; Yoshifumi Watanabe
        JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS, 2008年09月, 査読有り
      • State-dependent changes in the expression levels of NCAM-140 and L1 in the peripheral blood cells of bipolar disorders, but not in the major depressive disorders
        Yusuke Wakabayashi; Shusaku Uchida; Hiromasa Funato; Toshio Matsubara; Toshio Watanuki; Koji Otsuki; Michiko Fujimoto; Akira Nishida; Yoshifumi Watanabe
        PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 2008年07月, 査読有り
      • Reduced expression of glyoxalase-1 mRNA in mood disorder patients
        Michiko Fujimoto; Shusaku Uchida; Toshio Watanuki; Yusuke Wakabayashi; Koji Otsuki; Toshio Matsubara; Masatomo Suetsugi; Hiromasa Funato; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2008年06月, 査読有り
      • Characterization of the vulnerability to repeated stress in Fischer 344 rats: possible involvement of microRNA-mediated down-regulation of the glucocorticoid receptor
        Shusaku Uchida; Akira Nishida; Kumiko Hara; Toshiki Kamemoto; Masatomo Suetsugi; Michiko Fujimoto; Toshio Watanuki; Yusuke Wakabayashi; Koji Otsuki; Bruce S. McEwen; Yoshifumi Watanabe
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年05月, 査読有り
      • The effect of placebo administration on the first-night effect in healthy young volunteers
        Masatomo Suetsugi; Yasushi Mizuki; Kazuhiro Yamamoto; Shusaku Uchida; Yoshifumi Watanabe
        PROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 2007年05月, 査読有り
      • Chronic reduction in dietary tryptophan leads to a selective impairment of contextual fear memory in mice
        Shusaku Uchida; Hisahiro Umeeda; Aya Kitamoto; Shoichi Masushige; Satoshi Kida
        BRAIN RESEARCH, 2007年05月, 査読有り
      • Tight regulation of transgene expression by tetracycline-dependent activator and repressor in brain
        S Uchida; S Sakai; T Furuichi; H Hosoda; K Toyota; T Ishii; A Kitamoto; M Sekine; K Koike; S Masushige; G Murphy; AJ Silva; S Kida
        GENES BRAIN AND BEHAVIOR, 2006年02月, 査読有り
      • Chronic reduction in dietary tryptophan leads to changes in the emotional response to stress in mice
        S Uchida; A Kitamoto; H Umeeda; N Nakagawa; S Masushige; S Kida
        JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY, 2005年06月, 査読有り
      • [Regulation of emotional behavior by nuclear receptors].
        Kida S; Uchida S
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2005年01月, 査読有り

      MISC

      • 6. レチノイン酸を中心とした脂溶性ビタミン・ステロイドホルモンの情動行動に対する役割の行動学的解析
        喜田 聡; 内田 周作; 城出 裕子; 林 秀樹; 外重 正一
        ビタミン, 2002年02月25日
      • 2-I-5 レチノイン酸を中心とした脂溶性生理活性物質の情動行動に対する役割の行動学的解析
        林 秀樹; 西脇 俊祐; 内田 周作; 永田 幹; 吉田 綾; 舛重 正一; 喜田 聡
        ビタミン, 2000年04月25日
      • レチノイン酸による情動行動制御 (特集 ビタミンA研究の最前線)
        喜田 聡; 内田 周作; 舛重 正一
        細胞, 2002年03月
      • グルココルチコイド受容体 (精神科領域の用語解説(第21回))
        内田 周作; 渡辺 義文
        分子精神医学, 2008年01月
      • 1-I-15 レチノイン酸を中心とした脂溶性リガンドの情動行動に対する役割とその制御機構の解析
        内田 周作; 城出 裕子; 林 秀樹; 鈴木 礼子; 舛重 正一; 喜田 聡
        ビタミン, 2001年04月25日
      • 1-III-13 ビタミンB_1欠乏回復マウスを用いたビタミンB_1の学習・記憶形成能に対する役割の解析
        喜田 聡; 永田 幹; 内田 周作; 二宮 律子; 舛重 正一
        ビタミン, 2001年04月25日
      • レチノイン酸受容体,エストロゲン受容体を介する情動行動制御機構の解析
        内田 周作; 城出 裕子; 林 秀樹; 舛重 正一; 喜田 聡
        ビタミン, 2002年03月25日
      • 成人発症うつ病患者と高齢発症うつ病患者の白血球DNAメチル化解析
        山形弘隆; 荻原宏是; 浜本義彦; 關友恵; 内田周作; 松尾幸治; 松尾幸治; 宮田茂雄; 福田正人; 三國雅彦; 渡邉義文; 中川伸
        日本生物学的精神医学会(Web), 2019年
      • 【ストレスと神経系】ストレス・レジリエンス(ストレスに対する感受性と抵抗性をめぐって) 海馬の変化にみるストレス・レジリエンス
        内田 周作
        Clinical Neuroscience, 2021年06月
      • レジリエンスの本体に迫る 遺伝・環境相互作用によるレジリエンス形成の分子基盤
        内田 周作
        日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集, 2020年08月
      • 中高年齢うつ病患者の白血球に認められる遺伝子発現変化には性差が存在する
        宮田 茂雄; 山形 弘隆; 松尾 幸治; 内田 周作; 原田 健一郎; 藤原 和之; 柳川 右千夫; 渡邉 義文; 三國 雅彦; 中川 伸; 福田 正人
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • よくわかるうつ病脳科学入門-臨床医のための脳科学研究講座- ストレスに強い脳と弱い脳の分子神経メカニズム
        内田 周作
        精神神経学雑誌, 2019年06月
      • 【精神障害の神経細胞内カルシウム病態】ストレス関連精神疾患におけるカルシウムシグナリングの役割
        内田 周作
        日本生物学的精神医学会誌, 2019年03月
      • 脳の健康づくりと運動-運動の効果発現メカニズムを考える- 運動によるストレスレジリエンス獲得の分子メカニズム
        内田 周作
        体力科学, 2019年02月
      • 【臨床医にもわかる分子精神医学講座】非コードRNAによる脳機能制御とその破綻による精神疾患
        内田 周作
        精神神経学雑誌, 2018年09月
      • 遺伝子発現のエピジェネティック制御とその破綻 ストレス関連精神疾患におけるエピジェネティクス制御機構の破綻と神経可塑性異常
        内田 周作
        日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集, 2018年09月
      • 【精神疾患領域における標的分子の探索と創薬への可能性】うつ病・不安障害におけるサーチュインの役割と創薬への可能性
        内田 周作
        日本生物学的精神医学会誌, 2018年06月
      • 展望 うつ病におけるヒストン脱アセチル化酵素の役割と新たな治療薬創出の試み
        内田 周作; 渡邉 義文
        精神医学, 2017年11月
      • うつ病患者白血球とうつ病モデルマウス血液に共通した遺伝子発現変化
        山形 弘隆; 内田 周作; 松尾 幸治; 原田 健一郎; 宮田 茂雄; 福田 正人; 三國 雅彦; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 精神疾患領域における標的分子の探索と創薬への可能性 うつ病・不安障害におけるサーチュインの役割と創薬への可能性
        内田 周作; 樋口 尚子; 山形 弘隆; 渡辺 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 【精神疾患の生物学的診断指標-現状と開発研究の展望】白血球の遺伝子発現からみた気分障害の診断
        山形 弘隆; 内田 周作; 關 友恵; 渡邉 義文
        精神医学, 2017年09月
      • ストレス適応機構におけるヒストン脱アセチル化酵素の役割の解析(The role of histone deacetylase in stress-induced depression-like behavior in mice)
        樋口 文宏; 内田 周作; 山形 弘隆; 關 友恵; 渡辺 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 大うつ病性障害患者における長鎖非コードRNAの発現解析(Expression profiling of long, noncoding RNAs in patients with major depression)
        關 友恵; 山形 弘隆; 内田 周作; 原田 健一郎; 松尾 幸治; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 注目の遺伝子(第38回) Sirtuin 1遺伝子
        内田 周作
        分子精神医学, 2017年07月
      • Nature, Cell, Scienceを読むための分子精神医学講座 非コードRNAによる脳機能制御とその破綻による精神疾患
        内田 周作
        精神神経学雑誌, 2017年06月
      • 【社会と共創するスポーツ科学研究の展開I】ストレスに強い脳をつくる運動トレーニングの制御機構
        内田 周作
        体育の科学, 2017年05月
      • 精神機能の発達に対する海馬神経新生の役割の解明
        内田 周作
        上原記念生命科学財団研究報告集, 2016年12月
      • ビタミンA情報伝達経路活性化による記憶能力向上の分子機構
        海老原 てい; 篠沢 貴寛; 野本 真順; 内田 周作; 喜田 聡
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2016年04月
      • 運動トレーニングが脳内ストレス適応機構に及ぼす影響とその分子メカニズムの解明
        内田 周作; 芳原 輝之; 樋口 文宏
        若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書, 2016年04月
      • Click Chemistryを用いたHDAC1/2選択的阻害薬の創製
        東條 敏史; 伊藤 幸裕; 展 鵬; 太田 庸介; 鈴木 美紀; 内田 周作; 鈴木 孝禎
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • BubR1を介した神経突起伸展の制御
        山形弘隆; 内田周作; 樋口文宏; 芳原輝之; 渡邉義文; 渡邉義文
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年
      • うつ病の発病脆弱性の分子機構を考える
        渡辺義文; 内田周作; 山形弘隆; 樋口文宏
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年
      • ストレス適応破綻からみたうつ病態における神経可塑性異常とその分子基盤
        内田周作; 山形弘隆; 芳原輝之; 樋口文宏; 樋口尚子; 渡辺義文
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年
      • うつ病と神経細胞死
        山形弘隆; 内田周作; 樋口文宏; 渡邉義文
        日本生物学的精神医学会(Web), 2016年
      • レクチンアレイを用いたうつ病患者血漿タンパク質の糖鎖解析
        山形 弘隆; 内田 周作; 芳原 輝之; 樋口 文宏; 原田 健一郎; 松尾 幸治; 三國 雅彦; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • 精神疾患の診断・治療におけるエピジェネティクスの貢献を考える エピジェネティクスによるうつ病の分子・細胞基盤
        内田 周作; 芳原 輝之; 樋口 文宏; 樋口 尚子; 山形 弘隆; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • レジリエンス的視点の導入 分子から社会まで レジリエンスの視点からうつ病の発症・回復の分子メカニズムを理解する
        内田 周作; 樋口 尚子; 山形 弘隆; 芳原 輝之; 樋口 文宏; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2015年09月
      • Understanding Fear Memory Encoding Is Critical for Improving Memory Strength
        Gleb Shumyatsky; Shusaku Uchida; Guillaume Martel
        BIOLOGICAL PSYCHIATRY, 2015年05月
      • うつ様行動と神経可塑性におけるmicroRNA‐124の役割の解析
        樋口文宏; 内田周作; 山形弘隆; 芳原輝之; 樋口尚子; 渡邉義文
        先進医薬研究振興財団 2014年度 研究成果報告集, 2015年
      • ヒストン脱アセチル化酵素(SIRT1)のうつ状態、抗うつ薬作用機序への関与の検討
        芳原 輝之; 阿部 尚子; 内田 周作; 山形 弘隆; 樋口 文宏; 大朏 孝治; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2014年03月
      • 慢性ストレス負荷BALB/cマウスの海馬における遺伝子発現マイクロアレイ解析
        山形弘隆; 内田周作; 芳原輝之; 樋口文宏; 渡邉義文
        日本生物学的精神医学会誌, 2014年
      • 抗うつ効果の早期発現を実現する薬物治療法の開発
        大朏 孝治; 内田 周作; 山形 弘隆; 芳原 輝之; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2013年03月
      • 【ストレスによる脳機能障害の分子基盤】うつ病におけるエピジェネティクス
        大朏 孝治; 内田 周作; 芳原 輝之; 山形 弘隆; 渡辺 義文
        日本神経精神薬理学雑誌, 2012年08月
      • 【うつ病の分子基盤を考える】うつ病とエピジェネティクス
        山形 弘隆; 内田 周作; 芳原 輝之; 大朏 孝治; 渡邉 義文
        精神科, 2012年06月
      • 【分子遺伝学の新しいアプローチによる精神疾患解明】ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の早期抗うつ効果発現における分子機構の解析
        芳原 輝之; 内田 周作; 山形 弘隆; 大朏 孝治; 渡邉 義文
        日本生物学的精神医学会誌, 2012年03月
      • ストレスによる脳機能障害の分子基盤 気分障害におけるエピジェネティクス(Molecular mechanism of brain dysfunction induced by stress Epigenetic regulation in depression)
        大朏 孝治; 内田 周作; 芳原 輝之; 山形 弘隆; 渡邉 義文
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2011年10月
      • Molecular Basis of Depression エピジェネティクスとストレス脆弱性、うつ病(Molecular Basis of Depression Epigenetic regulation of stress vulnerability and depression)
        山形 弘隆; 内田 周作; 大朏 孝治; 芳原 輝之; 渡邉 義文
        神経化学, 2011年09月
      • 【精神疾患とマイクロRNA】気分障害とマイクロRNA
        内田 周作; 渡辺 義文
        分子精神医学, 2011年07月
      • うつ病とエピジェネティクス
        大朏 孝治; 内田 周作; 芳原 輝之; 渡辺 義文
        日本生物学的精神医学会誌 = Japanese journal of biological psychiatry, 2011年06月25日
      • 【気分障害研究UP TO DATE】うつ病とエピジェネティクス
        大朏 孝治; 内田 周作; 芳原 輝之; 渡辺 義文
        日本生物学的精神医学会誌, 2011年06月
      • 【精神疾患のエピジェネティクス】うつ病とエピジェネティクス
        内田 周作; 渡辺 義文
        分子精神医学, 2011年04月
      • MicroRNA-124 might be involved in the mechanism of depression-like behavior and neuronal plasticity
        Fumihiro Higuchi; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Naoko Abe; Tomohiko Shibata; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Molecular mechanisms of rapid antidepressant action induced by histone deacetylase inhibitor
        Teruyuki Hobara; Shusaku Uchida; Fumihiro Higuchi; Naoko Abe; Tomohiko Shibata; Koji Otsuki; Hirotaka Yamagata; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • BubR1 regulates neurite outgrowth of neuroblastoma cells
        Hirotaka Yamagata; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Tomohiko Shibata; Fumihiro Higuchi; Naoko Abe; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Roles of retinoic acid signaling pathway in emotional behavior
        Kaori Saito; Masanori Nomoto; Shusaku Uchida; Satoshi Kida
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Possible involvement of SIRT1, a histone deacetylase, in neural plasticity and depression-like behavior
        Naoko Abe; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Tomohiko Shibata; Fumihiro Higuchi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • うつ病と神経可塑性に対するBubR1の役割
        山形弘隆; 内田周作; 渡邉義文
        日本生物学的精神医学会誌, 2010年10月
      • アポトーシス制御因子であるBH3‐only proteinのうつ病における役割
        柴田朋彦; 山形弘隆; 内田周作; 渡邉義文
        日本生物学的精神医学会誌, 2010年10月
      • 前脳領域レチノイン酸受容体情報伝達経路による記憶形成の制御(Regulation of memory formation by Retinoic acid receptors)
        武田 陽平; 野本 真順; 榎本 初音; 崔 泰樹; 内田 周作; 宮尾 貴久; 喜田 聡
        神経化学, 2010年08月
      • REST4を介した遺伝子発現調節異常はストレス脆弱性を高める(Involvement of REST4-mediated gene regulations in stress vulnerability)
        内田 周作; 原 久美子; 古林 亜由美; 渡辺 義文
        神経化学, 2010年08月
      • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤による抗うつ効果の分子機構の解析(Molecular mechanisms of the antidepressant actions by histone deacetylase inhibitors)
        芳原 輝之; 内田 周作; 大朏 孝治; 山形 弘隆; 渡邊 義文
        神経化学, 2010年08月
      • 抗うつ薬はHDAC4によるヒストン修飾を介してGDNF遺伝子の転写活性を増加させる(Antidepressants increase GDNF gene transcription through the histone modifications by HDAC4)
        大朏 孝治; 内田 周作; 山形 弘隆; 渡邉 義文
        神経化学, 2010年08月
      • 気分障害患者におけるヒストン脱アセチル化酵素SIRT遺伝子群の発現変化(Altered gene expression of sirtuins in mood disorder patients)
        阿部 尚子; 内田 周作; 大朏 孝治; 芳原 輝之; 樋口 文宏; 渡邉 義文
        神経化学, 2010年08月
      • 気分障害患者におけるDNAメチル基転移酵素群遺伝子の発現解析(Altered gene expression of DNA methyltransferases in mood disorder patients)
        樋口 文宏; 内田 周作; 大朏 孝治; 芳原 輝之; 阿部 尚子; 渡邉 義文
        神経化学, 2010年08月
      • 脳栄養学・精神栄養学の最前線 ビタミンA情報伝達経路による学習・記憶能力制御
        喜田 聡; 野本 真順; 榎本 初音; 武田 陽平; 内田 周作
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2010年05月
      • 気分障害患者における転写抑制因子NRSFを介した遺伝子発現調節異常の検討
        大朏 孝治; 内田 周作; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2010年03月
      • Antidepressants increase GDNF gene transcription through the histone modifications by HDAC4
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Hirotaka Yamagata; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Involvement of REST4-mediated gene regulations in stress vulnerability
        Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Altered gene expression of DNA methyltransferases in mood disorder patients
        Fumihiro Higuchi; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Hobara Teruyuki; Naoko Abe; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Molecular mechanisms of the antidepressant actions by histone deacetylase inhibitors
        Teruyuki Hobara; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Hirotaka Yamagata; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Altered gene expression of sirtuins in mood disorder patients
        Naoko Abe; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Teruyuki Hobara; Fumihiro Higuchi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • Regulation of memory formation by retinoic acid receptors
        Yohei Takeda; Masanori Nomoto; Hatsune Enomoto; Tesu Choi; Shusaku Uchida; Takahisa Miyao; Satoshi Kida
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • レチノイン酸受容体群による記憶形成制御機構の解明
        喜田 聡; 野本 真順; 榎本 初音; 崔 泰樹; 内田 周作; 本間 清一; 舛重 正一
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2009年05月
      • Altered gene expression of histone deacetylases in mood disorder patients
        Teruyuki Hobara; Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Toshio Matsubara; Hiromasa Funato; Koji Matsuo; Masatomo Suetsugi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • HDAC2-mediated epigenetic repression of the GDNF gene in the striatum modulates behavioral vulnerability to stress
        Shusaku Uchida; Koji Otsuki; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Teruyuki Hobara; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • Positive and negative regulation of memory formation by Retinoic acid receptors
        Masanori Nomoto; Hatsune Enomoto; Yohei Takeda; Tesu Choi; Shusaku Uchida; Satoshi Kida
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • Antidepressant drugs upregurate glial astrocyte GDNF gene transcription throgh the histone modifications
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • ビタミンA情報伝達経路活性化による学習・記憶能力の向上
        喜田 聡; 榎本 初音; 崔 泰樹; 内田 周作; 本間 清一; 舛重 正一
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2008年04月
      • 慢性的なトリプトファン摂取制限によるマウスの海馬依存性恐怖記憶形成の異常
        喜田 聡; 鈴木 章円; 内田 周作; 梅枝 久裕; 北本 綾
        アミノ酸研究, 2008年03月
      • Involvement of glucocorticoids-mediated downregulation of GDNF expression in the susceptibility to chronic ultra mild stress
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Kumiko Hara; Ayunmi Kobayashi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • Retinoic acid receptors function as positive regulators for memory formation
        Masanori Nomoto; Hatsune Enomoto; Tesu Choi; Shusaku Uchida; Takahisa Miyao; Satoshi Kida
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • Involvement of REST/NRSF repressor-mediated gene regulations in the risk of developing depression-like behavior in the maternally separated rats
        Uchida Shusaku; Kumiko Hara; Ayumi Kobayashi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • Expression analysis of cell adhesion molecules in mood disorders
        Y. Wakabayashi; S. Uchida; T. Matsubara; H. Funato; A. Kobayashi; A. Nishida; Y. Watanabe
        PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 2007年04月
      • 気分障害患者における選択的スプライシング調節機構異常の検討
        綿貫 俊夫; 船戸 弘正; 内田 周作; 松原 敏郎; 若林 祐介; 大朏 孝治; 西田 朗; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2007年03月
      • Roles of retinoic acid receptors in learning and memory
        Hatune Enomoto; Tesu Choi; Shusaku Uchida; Takahisa Miyao; Satoshi Kida
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • Expression analysis of adhesion molecule CD44 isoform mRNA in the patients with mood disorders
        Toshio Watanuki; Shusaku Uchida; Hiromasa Funato; Koji Otsuki; Yusuke Wakabayashi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • Expression analysis of neurotrophic factors in patients with mood disorders
        Koji Otsuki; Shusaku Uchida; Toshio Matsubara; Toshio Watanuki; Yusuke Wakabayashi; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • Involvement of microRNA-mediated downregulation of glucocorticoid receptor in vulnerability to stress
        Shusaku Uchida; Akira Nishida; Kumiko Hara; Masatomo Suetsugi; Michiko Fujimoto; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • レチノイン酸受容体コンディショナル変異マウスにおける脳内レチノイン酸情報伝達系活性化による不安行動の亢進
        喜田 聡; 内田 周作; 崔 泰樹
        必須アミノ酸研究, 2006年08月
      • 気分障害患者におけるグルココルチコイド受容体の発現異常と機能障害の統合的検討
        綿貫 俊夫; 松原 敏郎; 船戸 弘正; 内田 周作; 西田 朗; 渡邉 義文
        精神薬療研究年報, 2006年03月
      • Expression analysis of alternative splicing-related SR protein family in patients with mood disorders
        Toshio Watanuki; Hiromasa Funato; Toshio Matsubara; Shusaku Uchida; Yoshifumi Watanabe
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年

      講演・口頭発表等

      • Epigenetic mechanisms driving synaptic plasticity and affective states under stressful situation
        内田周作
        第44回日本神経科学会, 2021年07月28日
      • ストレス感受性制御の脳内分子基盤
        内田周作
        第51回日本神経精神薬理学会・第43回日本生物学的精神医学会年会, 2021年07月
      • Epigenetic mechanisms of stress resilience and susceptibility and implications for drug development
        内田周作
        第94回⽇本薬理学会年会, 2021年03月
      • 遺伝・環境相互作用によるレジリエンス形成の分子基盤
        内田周作
        第50回日本神経精神薬理学会・第42回日本生物学的精神医学会年会, 2020年08月
      • Epigenetic mechanisms of stress-induced depression
        内田周作
        第6回アジア神経精神薬理学会, 2019年10月
      • Molecular and neural mechanisms of stress susceptibility and resilience
        内田周作
        第42回日本神経科学会, 2019年07月
      • Calcium signaling in stress-related psychiatric disorders
        内田周作
        第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会, 2018年09月
      • うつ病・不安障害におけるサーチュインの役割と創薬への可能性
        内田周作
        第39回日本生物学的精神医学会 第47回日本神経精神薬理合同年会, 2017年09月
      • 非コードRNAによる脳機能制御とその破綻による精神疾患
        内田周作
        第113回日本精神神経学会, 2017年06月
      • ストレス適応破綻からみたうつ病態における神経可塑性異常とその分子基盤
        内田周作; 山形弘隆; 芳原輝之; 樋口文宏; 樋口尚子; 渡辺義文
        第38回日本生物学的精神医学会 第59回日本神経化学会大会, 2016年09月

      産業財産権

      • 特願2017-91149, 50歳未満発症うつ病の罹患の有無を予測する方法
      • 特願2018-108464, ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤

      外部資金:科学研究費補助金

      • 運動によるストレスレジリエンス獲得の分子・神経メカニズム解明
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分59:スポーツ科学、体育、健康科学およびその関連分野
        京都大学
        内田 周作
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;レジリエンス;運動トレーニング
      • 細胞内分子複合体の多様性から紐解くストレス感受性の個体差構築のメカニズム
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        内田 周作
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;分子複合体;レジリエンス
      • ストレス感受性制御を司る脳内メカニズムの構成的理解
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        内田 周作
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;シナプス;遺伝環境相互作用;神経回路
      • ストレス感受性の個性創発の分子神経基盤解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        内田 周作
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;個体差;性差;個性
      • うつ病発症脆弱性の個体差・性差構築に関わる分子神経基盤の解明
        基盤研究(B)
        小区分52030:精神神経科学関連
        京都大学
        内田 周作
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ストレス;うつ病;エピゲノム;エピジェネティクス;個体差;性差;ストレス脆弱性
      • うつ病マーカーとなる糖タンパク質の同定とマウス脳内における機能解析
        基盤研究(C)
        山口大学
        山形 弘隆
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        うつ病;糖鎖;バイオマーカー;Glycosylation;Depression
      • ストレス脆弱性の形成機序の解明とその分子基盤を標的とした抗ストレス薬の開発
        基盤研究(C)
        山口大学
        内田 周作
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ストレス;うつ病;レジリエンス;神経新生;海馬
      • 次世代型の分子・神経ネットワーク基盤解析によるうつ病の病態解明
        基盤研究(B)
        山口大学
        渡辺 義文
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;うつ;遺伝子発現;神経ネットワーク;ストレス脆弱性;HDAC;CaMKII
      • 双極性障害における軸索構造ネットワークの分子生物学的病態解明
        基盤研究(C)
        山口大学
        松尾 幸治
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        躁うつ病;神経画像;双極性障害;気分障害;脳体積;白質走行;遺伝子;脳画像
      • うつモデルマウスにおけるエピジェネティックな遺伝子発現調節異常の検討
        若手研究(B)
        山口大学
        内田 周作
        完了
        うつ病;ストレス;エピジェネティクス;グリア細胞由来神経栄養因子;ヒストン脱アセチル化酵素
      • 抑うつに関与する脳腸神経ペプチドが気分障害患者の脳基盤異常に与える影響
        基盤研究(C)
        山口大学
        松尾 幸治
        完了
        うつ病;グレリン;MRI;気分障害;レプチン;前頭葉機能
      • 気分障害の発症機序における選択的スプライシング異常の検討
        若手研究(B)
        山口大学
        内田 周作
        完了
        気分障害;選択的スプライシング;遺伝子発現;撰択的スプライシング
      • ストレス脆弱性モデル動物における神経形態学的変化と神経可塑性異常の検討
        基盤研究(C)
        山口大学
        渡辺 義文
        完了
        ストレス脆弱性;気分障害;神経可塑性;モデル動物;神経新生
      • 双極性障害における選択的スプライシング機構異常と薬物治療反応性に関する研究
        若手研究(B)
        山口大学
        江頭 一輝
        完了
        気分障害;選択的スプライシング;遺伝子発現;双極性障害;薬物治療;リアルタイムPCR法
      • 気分障害におけるグルココルチコイド受容体遺伝子の選択的スプライシング異常の検討
        若手研究(B)
        山口大学
        内田 周作
        完了
        気分障害;選択的スプライシング;グルココルチコイド受容体;大うつ病;双極性障害;遺伝子発現制御;SRタンパク質ファミリー;定量的リアルタイムPCR法
      • うつ病の素因モデル動物における、神経樹状突起とspineの可塑性障害の検討
        基盤研究(C)
        山口大学
        渡辺 義文
        完了
        ストレス脆弱性;神経可塑性;うつ病モデル;spine;神経樹状突起;海馬;扁桃体;Fischer344ラット;Golgi染色, stress-vulnerability;neural plasticity;animal model for depression;spine;neural dendrite;hippocampus;amygdala
      • うつ病の素因モデル動物における、セロトニン神経系の可塑性障害の検討
        基盤研究(C)
        山口大学
        末次 正知
        完了
        うつ病;ストレス;神経可塑性;セロトニン;Wister Kyotoラット;セロトニン神経;Wistarラット;Wistar Kyotoラット, depression;stress;neural plasticity;serotonin;Wistar-Kyoto rat
      • 心の健康増進をめざしたストレス感受性の生物学的基盤の解明
        基盤研究(B)
        小区分59040:栄養学および健康科学関連
        京都大学
        内田 周作
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        ストレス;うつ病;エピジェネティクス;レジリエンス

      ページ上部へ戻る