教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

岡田 徹也

オカダ テツヤ

理学研究科 生物科学専攻情報分子細胞学講座 助教

岡田 徹也
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 日本細胞生物学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本生化学会
    • Japan Society for Cell Biology
    • The Molecular Biology Society of Japan
    • The Japanese Biochemical Society

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院生命科学研究科博士後期課程高次生命科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科修士課程高次生命科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部生物生産科学科, 卒業

    経歴

    • 自 2004年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院理学研究科
    • 自 2004年
      - Instructor, Graduate School of Science, Kyoto University

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        小胞体におけるタンパク質の品質管理機構と恒常性維持
      • 研究概要

        新しく合成された膜タンパク質や分泌タンパク質は、小胞体で正しい高次構造を獲得したのち、それぞれの最終目的地へ輸送される。このようなタンパク質の品質管理を担うのが、分子シャペロンなどによる高次構造形成促進と、構造異常タンパク質の分解である。私はこれらのシステムが種々の生理的病理的環境に応じて増強される分子機構の解析を行っている。

      研究キーワード

      • 構造異常タンパク質
      • タンパク質の品質管理
      • 小胞体ストレス
      • unfolded protein
      • Quality Control
      • ER stress

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • 第二世代抗精神病薬オランザピンは、ジスルフィド結合の形成異常を起因としたプロインスリンの小胞体関連分解を誘発する
        蜷川 暁; 多田 誠一郎; 井ノ口 健太; 今見 考志; 梅澤 元; 石川 時郎; 岡田 徹也; Robert Mackin; 鳥居 征司; 石濱 泰; 穴澤 貴行; 長嶺 敬彦; 森 和俊
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • EDEM2 stably disulfide-bonded to TXNDC11 catalyzes the first mannose trimming step in mammalian glycoprotein ERAD.
        Ginto George; Satoshi Ninagawa; Hirokazu Yagi; Taiki Saito; Tokiro Ishikawa; Tetsushi Sakuma; Takashi Yamamoto; Koshi Imami; Yasushi Ishihama; Koichi Kato; Tetsuya Okada; Kazutoshi Mori
        eLife, 2020年02月17日, 査読有り
      • Development of a Rapid in vivo Assay to Evaluate the Efficacy of IRE1-specific Inhibitors of the Unfolded Protein Response Using Medaka Fish.
        Byungseok Jin; Tokiro Ishikawa; Mai Taniguchi; Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Shigehide Kagaya; Kazutoshi Mori
        Cell structure and function, 2020年02月07日
      • Reinvestigation of Disulfide-bonded Oligomeric Forms of the Unfolded Protein Response Transducer ATF6.
        Hibiki Koba; Shengyu Jin; Nanami Imada; Tokiro Ishikawa; Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Tetsushi Sakuma; Takashi Yamamoto; Kazutoshi Mori
        Cell structure and function, 2020年01月30日
      • メダカを用いた小胞体ストレスに起因するアポトーシス分子機構の解析
        陳 炳碩; 石川 時郎; 蜷川 暁; 岡田 徹也; 森 和俊
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 小胞体ストレスセンサーATF6αはジスルフィド結合を介して2種類の二量体を形成する(Endoplasmic reticulum stress sensor ATF6α forms two types of dimers via disulfide-bonding)
        古場 玲; 金 聖宇; 岡田 徹也; 石川 時郎; 蜷川 暁; 森 和俊
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 小胞体膜タンパク質Seipinの神経変性誘導変異体に起因する小胞体ストレス発生機構の解析
        齊藤 峻介; 石川 時郎; 蜷川 暁; 岡田 徹也; 森 和俊
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 第二世代抗精神病薬オランザピンが、副作用として糖尿病を引き起こす分子メカニズムの解析 インスリンは、適切なジスルフィド結合形成を阻害され、小胞体関連分解により処理される
        蜷川 暁; 岡田 徹也; 梅澤 元; 石川 時郎; 鳥居 征司; Mackin Robert; 長嶺 敬彦; 森 和俊
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • UPR transducer BBF2H7 allows export of type II collagen in a cargo- and developmental stage-specific manner.
        T. Ishikawa; T. Toyama; Y. Nakamura; K. Tamada; H. Shimizu; S. Ninagawa; T. Okada; Y. Kamei; T. Ishikawa-Fujiwara; T. Todo; E. Aoyama; M. Takigawa; A. Harada; K. Mori
        The Journal of Cell Biology, 2017年05月, 査読有り
      • SEL1L-dependent Substrates Require Derlin2/3 and Herp1/2 for Endoplasmic Reticulum-associated Degradation
        Takehiro Sugimoto; Satoshi Ninagawa; Shimpei Yamano; Tokiro Ishikawa; Tetsuya Okada; Shunichi Takeda; Kazutoshi Mori
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2017年, 査読有り
      • A High-Throughput Screen Identifies 2,9-Diazaspiro[5.5]Undecanes as Inducers of the Endoplasmic Reticulum Stress Response with Cytotoxic Activity in 3D Glioma Cell Models
        Natalia J. Martinez; Ganesha Rai; Adam Yasgar; Wendy A. Lea; Hongmao Sun; Yuhong Wang; Diane K. Luci; Shyh-Ming Yang; Kana Nishihara; Shunichi Takeda; Mohiuddin Sagor; Irina Earnshaw; Tetsuya Okada; Kazutoshi Mori; Kelli Wilson; Gregory J. Riggins; Menghang Xia; Maurizio Grimaldi; Ajit Jadhav; David J. Maloney; Anton Simeonov
        PLOS ONE, 2016年08月, 査読有り
      • オルガネラ局域の間取り図 分解執行局域における新展開
        蜷川 暁; 岡田 徹也; 住友 嘉樹; 堀本 賢; 鈴木 匡; 武田 俊一; 佐久間 哲史; 山本 卓; 神谷 由紀子; 加藤 晃一; 森 和俊
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2016年05月
      • 糖鎖非依存小胞体関連分解経路によるシビアな構造異常糖タンパク質の強制分解
        蜷川 暁; 岡田 徹也; 住友 嘉樹; 堀本 賢; 杉本 岳大; 石川 時郎; 武田 俊一; 山本 卓; 神谷 由紀子; 加藤 晃一; 森 和俊
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Derlin2/3およびHerp1/2はSEL1L依存的な構造異常タンパク質分解経路に必要である
        杉本 岳大; 蜷川 暁; 山野 晋平; 石川 時郎; 岡田 徹也; 武田 俊一; 森 和俊
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway
        Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Yoshiki Sumitomo; Satoshi Horimoto; Takehiro Sugimoto; Tokiro Ishikawa; Shunichi Takeda; Takashi Yamamoto; Tadashi Suzuki; Yukiko Kamiya; Koichi Kato; Kazutoshi Mori
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step
        Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Yoshiki Sumitomo; Yukiko Kamiya; Koichi Kato; Satoshi Horimoto; Tokiro Ishikawa; Shunichi Takeda; Tetsushi Sakuma; Takashi Yamamoto; Kazutoshi Mori
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2014年08月, 査読有り
      • The Unfolded Protein Response Transducer ATF6 Represents a Novel Transmembrane-type Endoplasmic Reticulum-associated Degradation Substrate Requiring Both Mannose Trimming and SEL1L Protein
        Satoshi Horimoto; Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Hibiki Koba; Takehiro Sugimoto; Yukiko Kamiya; Koichi Kato; Shunichi Takeda; Kazutoshi Mori
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2013年11月, 査読有り
      • ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish
        T. Ishikawa; T. Okada; T. Ishikawa-Fujiwara; T. Todo; Y. Kamei; S. Shigenobu; M. Tanaka; T.L. Saito; J. Yoshimura; S. Morishita; A. Toyoda; Y. Sakaki; Y. Taniguchi; S. Takeda; K. Mori
        Molecular Biology of the Cell, 2013年05月, 査読有り
      • The antipsychotic olanzapine induces apoptosis in insulin-secreting pancreatic β cells by blocking perk-mediated translational attenuation
        R. Ozasa; T. Okada; S. Nadanaka; T. Nagamine; A. Zyryanova; H. Harding; D. Ron; K. Mori
        Cell Structure and Function, 2013年, 査読有り
      • An IFN-γ-stimulated ATF6-C/EBP-β-signaling pathway critical for the expression of death associated protein kinase 1 and induction of autophagy
        P. Gade; G. Ramachandran; U.B. Maachani; M.A. Rizzo; T. Okada; R. Prywes; A.S. Cross; K. Mori; D.V. Kalvakolanu
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2012年06月, 査読有り
      • A Thrombospondin-Dependent Pathway for a Protective ER Stress Response
        Jeffrey M. Lynch; Marjorie Maillet; Davy Vanhoutte; Aryn Schloemer; Michelle A. Sargent; N. Scott Blair; Kaari A. Lynch; Tetsuya Okada; Bruce J. Aronow; Hanna Osinska; Ron Prywes; John N. Lorenz; Kazutoshi Mori; Jack Lawler; Jeffrey Robbins; Jeffery D. Molkentin
        CELL, 2012年06月, 査読有り
      • ERにおける蛋白質品質管理システムに関する逆遺伝学的解析(Reverse Genetic Analysis of Protein Quality Control System in the ER)
        蜷川 暁; 住友 嘉樹; 岡田 徹也; 武田 俊一; 森 和俊
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2011年09月
      • Vertebrate Unfolded Protein Response: Mammalian Signaling Pathways Are Conserved in Medaka Fish
        Tokiro Ishikawa; Yoshihito Taniguchi; Tetsuya Okada; Shunichi Takeda; Kazutoshi Mori
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2011年, 査読有り
      • SEL1L Is Required for Endoplasmic Reticulum-associated Degradation of Misfolded Luminal Proteins but not Transmembrane Proteins in Chicken DT40 Cell Line
        Satoshi Ninagawa; Tetsuya Okada; Shunichi Takeda; Kazutoshi Mori
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2011年, 査読有り
      • Luminal Domain of ATF6 Alone Is Sufficient for Sensing Endoplasmic Reticulum Stress and Subsequent Transport to the Golgi Apparatus
        Yoshimi Sato; Satomi Nadanaka; Tetsuya Okada; Katsuya Okawa; Kazutoshi Mori
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2011年, 査読有り
      • トリDT40細胞のERADの解析 Sel1Lノックアウトの影響(Analysis of ERAD in chicken DT40 cells: effects of Sel1L knockout)
        蜷川 暁; 岡田 徹也; 武田 俊一; 森 和俊
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
      • Induction of liver steatosis and lipid droplet formation in ATF6α-knockout mice burdened with pharmacological endoplasmic reticulum stress
        K. Yamamoto; K. Takahara; S. Oyadomari; T. Okada; T. Sato; A. Harada; K. Mori
        Molecular Biology of the Cell, 2010年09月, 査読有り
      • p31 Deficiency Influences Endoplasmic Reticulum Tubular Morphology and Cell Survival
        Takefumi Uemura; Takashi Sato; Takehiro Aoki; Akitsugu Yamamoto; Tetsuya Okada; Rika Hirai; Reiko Harada; Kazutoshi Mori; Mitsuo Tagaya; Akihiro Harada
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2009年04月, 査読有り
      • Human HRD1 promoter carries a functional unfolded protein response element to which XBP1 but not ATF6 directly binds
        Keisuke Yamamoto; Natsumi Suzuki; Tadashi Wada; Tetsuya Okada; Hiderou Yoshida; Randal J. Kaufman; Kazutoshi Mori
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • ATF6 Is a Transcription Factor Specializing in the Regulation of Quality Control Proteins in the Endoplasmic Reticulum
        Yusuke Adachi; Keisuke Yamamoto; Tetsuya Okada; Hiderou Yoshida; Akihiro Harada; Kazutoshi Mori
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2008年, 査読有り
      • Transcriptional Induction of Mammalian ER Quality Control Proteins Is Mediated by Single or Combined Action of ATF6α and XBP1
        K. Yamamoto; T. Sato; T. Matsui; M. Sato; T. Okada; H. Yoshida; A. Harada; K. Mori
        Developmental Cell, 2007年09月, 査読有り
      • Role of disulfide bridges formed in the luminal domain of ATF6 in sensing endoplasmic reticulum stress
        Satomi Nadanaka; Tetsuya Okada; Hiderou Yoshida; Kazutoshi Mori
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • Derlin-2 and Derlin-3 are regulated by the mammalian unfolded protein response and are required for ER-associated degradation
        Y Oda; T Okada; H Yoshida; RJ Kaufman; K Nagata; K Mori
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2006年01月, 査読有り
      • A cellular UDP-glucose deficiency causes overexpression of glucose/oxygen-regulated proteins independent of the endoplasmic reticulum stress elements
        M Flores-Diaz; JC Higuita; Florin, I; T Okada; P Pollesello; T Bergman; M Thelestam; K Mori; A Alape-Giron
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年05月, 査読有り
      • A serine protease inhibitor prevents endoplasmic reticulum stress-induced cleavage but not transport of the membrane-bound transcription factor ATF6
        T Okada; K Haze; S Nadanaka; H Yoshida; NG Seidah; Y Hirano; R Sato; M Negishi; K Mori
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年08月, 査読有り
      • Activation of the ATF6, XBP1 and grp78 genes in human hepatocellular carcinoma: a possible involvement of the ER stress pathway in hepatocarcinogenesis
        M Shuda; N Kondoh; N Imazeki; K Tanaka; T Okada; K Mori; A Hada; M Arai; T Wakatsuki; O Matsubara; N Yamamoto; M Yamamoto
        JOURNAL OF HEPATOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • Distinct roles of activating transcription factor 6 (ATF6) and double-stranded RNA-activated protein kinase-like endoplasmic reticulum kinase (PERK) in transcription during the mammalian unfolded protein response
        T Okada; H Yoshida; R Akazawa; M Negishi; K Mori
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2002年09月, 査読有り
      • IREI-mediated unconventional mRNA splicing and S2P-mediated ATF6 cleavage merge to regulate XBP1 in signaling the unfolded protein response
        K Lee; W Tirasophon; XH Shen; M Michalak; R Prywes; T Okada; H Yoshida; K Mori; RJ Kaufman
        GENES & DEVELOPMENT, 2002年02月, 査読有り
      • XBP1 mRNA is induced by ATF6 and spliced by IRE1 in response to ER stress to produce a highly active transcription factor
        H Yoshida; T Matsui; A Yamamoto; T Okada; K Mori
        CELL, 2001年12月, 査読有り
      • Identification of the G13 (cAMP-response-element-binding protein-related protein) gene product related to activating transcription factor 6 as a transcriptional activator of the mammalian unfolded protein response
        K Haze; T Okada; H Yoshida; H Yanagi; T Yura; M Negishi; K Mori
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2001年04月, 査読有り
      • Endoplasmic reticulum stress-induced formation of transcription factor complex ERSF including NF-Y (CBF) and activating transcription factors 6α and 6β that activates the mammalian unfolded protein response
        H. Yoshida; T. Okada; K. Haze; H. Yanagi; T. Yura; M. Negishi; K. Mori
        Molecular and Cellular Biology, 2001年02月, 査読有り
      • ATF6 activated by proteolysis binds in the presence of NF-Y (CBF) directly to the cis-acting element responsible for the mammalian unfolded protein response
        H Yoshida; T Okada; K Haze; H Yanagi; T Yura; M Negishi; K Mori
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2000年09月, 査読有り

      MISC

      • 小胞体関連分解因子EDEM2は,TXNDC11とジスルフィド結合を介した複合体を形成し,マンノシダーゼ活性を発揮する
        蜷川暁; GEORGE Ginto; 矢木宏和; 住友嘉樹; 石川時郎; 佐久間哲史; 山本卓; 今見考志; 石濱泰; 加藤晃一; 加藤晃一; 岡田徹也; 森和俊
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • EDEM2酵素活性発揮には,TXNDC11とのジスルフィド結合形成が必要である
        蜷川暁; GEORGE Ginto; 矢木宏和; 斎藤泰輝; 住友嘉樹; 石川時郎; 佐久間哲史; 山本卓; 今見考志; 石濱泰; 加藤晃一; 加藤晃一; 岡田徹也; 森和俊
        日本糖質学会年会要旨集, 2020年
      • 小胞体タンパク質品質管理機構の中心を担うN型糖鎖依存/非依存小胞体関連分解経路の分子メカニズムの解析
        蜷川暁; GINTO George; 矢木宏和; 今見考志; 石濱泰; 石川時郎; 佐久間哲史; 山本卓; 武田俊一; 加藤晃一; 加藤晃一; 岡田徹也; 森和俊
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • 小胞体に存在する複数のオルガネラ・ゾーン
        森和俊; 岡田徹也
        生体の科学, 2018年12月
      • 糖タンパク質の小胞体関連分解におけるマンノーストリミング機構
        岡田 徹也; 蜷川 暁; 森 和俊
        生化学, 2016年, 査読有り
      • 生き物たちのつづれ織り(下) 第5章-1 「タンパク合成を支える細胞内システム」
        岡田徹也
        2012年, 筆頭著者
      • 小胞体ストレスに応答して活性化される転写因子
        岡田徹也; 森和俊
        脳21, 2002年, 筆頭著者

      講演・口頭発表等

      • 小胞体ストレスにより誘導される膜結合性転写因子ATF6細胞内輸送の超解像ライブイメージング
        岡田徹也; 森和俊
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日, 招待有り
      • 超解像イメージングによる小胞体ストレスセンサーATF6選別輸送ゾーンの解析
        岡田徹也; 森和俊
        第3回オルガネラ・ゾーン研究会, 2019年11月27日, 招待有り
      • タンパク質の品質管理に関わる小胞体内ゾーンの解析
        岡田徹也; 杉本岳大; 蜷川暁; 石川時郎; 森和俊
        第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日, 招待有り
      • タンパク質の品質管理を担う小胞体内オルガネラ・ゾーン
        岡田徹也; 森和俊
        日本薬学会 第138年会, 2018年03月19日, 招待有り
      • 小胞体の恒常性維持における膜結合性転写因子ATF6の役割
        岡田 徹也
        第89回 日本薬理学会年会 年会企画ワークショップ「小胞体ストレス入門」, 2016年03月, 招待有り
      • The unfolded protein response in chicken DT40 cell line: A novel tool for comprehensive genetic analysis of the mammalian-type unfolded protein response
        岡田 徹也; 森 和俊
        FASEB summer research conference, 2010年
      • Role of XBP1-ATF6 heterodimerization in the mammalian unfolded protein response
        Tetsuya Okada; Toshie Matsui; Hiderou Yoshida; Kazutoshi Mori
        Summer Research Conferences-From Unfolded Proteins in the Endoplasmic Reticulum to Desease, 2007年08月
      • Darlin-2 and Darlin-3 regulated by mammalian Unfolded Protein Response are required for ER-associated Degradation.
        Yukako Oda; Tetsuya Okada; Hiderou Yoshida; Randal J. kaufman; Kazuhiro Nagata; Kazutoshi Mori
        International Symposium on Life of Proteins, Awaji (Japan), 2005. 10. 30-11.3, 2005年10月30日
      • CERD, a novel component of ER-associated degradation machinery, regulated by the IRE1-XBP1 pathway.
        Tetsuya Okada; Yukako Oda; Hiderou Yoshida; Randal J. Kaufman; Kazuhiro Nagata; Kazutoshi Mori
        FASEB 2004 Summer Reserch Conferences(2004.9.31~8.5. Vermont (USA), 2004年
      • IRE1-XBP1 経路で制御される新規遺伝子CERD1/Derlin-2 の機能解析
        小田裕香子; 岡田徹也; 吉田秀郎; Randal J. Kaufman; 永田和宏; 森和俊
        第27 回日本分子生物学会大会(2004.12.9. 神戸市), 2004年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 分子間ジスルフィド結合を介した小胞体マンノシダーゼEDEMの活性調節機構
        基盤研究(C)
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学
        岡田 徹也
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        小胞体;マンノシダーゼ;タンパク分解;小胞体関連分解;タンパク質分解;糖鎖
      • 小胞体マンノシダーゼEDEMの基質特異性と異常タンパク質選別機構
        基盤研究(C)
        京都大学
        岡田 徹也
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        タンパク質分解;マンノシダーゼ;小胞体;小胞体関連分解;糖鎖;マンノース
      • 小胞体膜結合性転写因子ATF6の制御機構ならびに脊椎動物進化における意義の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        森 和俊
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        タンパク質品質管理;小胞体;転写因子;分子シャペロン;小胞体関連分解;ゴルジ体;エスコート;進化;細部内情報伝達;小胞体ストレス;小胞輸送;膜結合性転写因子;エスコートタンパク質
      • 遺伝子破壊細胞を使った、化学物質の生物効果をハイスループットに解析するシステム
        基盤研究(S)
        京都大学
        武田 俊一
        自 2011年05月31日, 至 2016年03月31日, 完了
        有害化学物質;化審法;遺伝毒物学;発がん物質;変異原;小核実験;ハイスループットスクリーニング;レギュラトリーサイエンス;小核試験;はいスループットスクリーニング;情報学;データマイニング;DT40細胞
      • 膜結合性転写因子ATF6の小胞体ストレス応答性出芽機構
        若手研究(B)
        京都大学
        岡田 徹也
        完了
        小胞体ストレス;ATF6;DT40;転写誘導
      • 小胞体ストレスに応答した膜結合性転写因子ATF6の選択的出芽機構
        若手研究(B)
        京都大学
        岡田 徹也
        完了
        小胞体;小胞体ストレス;小胞輸送;ストレス応答
      • 小胞体膜結合性転写因子ATF6の活性化に関与する小胞輸送の分子機構解析
        若手研究(B)
        京都大学
        岡田 徹也
        完了
        小胞体;小胞輸送;酸化還元;小胞体ストレス;プロテオリシス
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物学実習A (2)
          前期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物学セミナ-B (12)
          後期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物学実習A
          前期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物学実習A
          前期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物学セミナ−B
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学実習A
          前期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学実習A
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生物学実験II
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学実習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学セミナ-B (12)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学実習A (2)
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム情報発現学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学セミナ-B (12)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学実習A (2)
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学特論B
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞と分子の基礎生物学実験
          後期, 理学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科社会交流室運営委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            理学研究科社会交流室運営委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科国際・社会交流・広報委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            理学研究科国際・社会交流・広報委員会 国際交流・奨学生推薦小委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 基金運営小委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 基金運営小委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 基金運営小委員会委員

          ページ上部へ戻る