教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

春本 敏之

ハルモト トシユキ

白眉センター 特定助教

春本 敏之
list
    Last Updated :2024/02/20

    基本情報

    所属学協会

    • 自 2021年04月, 至 現在
      日本動物学会

    学位

    • 修士(学術)(神戸大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 神戸大学, 大学院総合人間科学研究科人間環境科学専攻修士課程, 修了
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科博士後期課程統合生命科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 神戸大学, 発達科学部人間環境科学科, 卒業

    経歴

    • 自 2019年10月, 至 現在
      京都大学白眉センター, 特定助教
    • 自 2015年04月, 至 2019年09月
      スイス連邦工科大学ローザンヌ校, 博士研究員
    • 自 2012年04月, 至 2015年03月
      国立研究開発法人産業技術総合研究所, 日本学術振興会特別研究員 PD

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/02/20

      研究

      研究キーワード

      • ボルバキア
      • 生殖操作
      • 細胞生物学
      • 分子遺伝学
      • 発生生物学
      • スピロプラズマ
      • 共生細菌
      • 共生微生物
      • ショウジョウバエ
      • 昆虫
      • 内部共生

      研究分野

      • ライフサイエンス, 遺伝学
      • ライフサイエンス, 細菌学
      • 環境・農学, 昆虫科学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 発生生物学

      論文

      • Self-stabilization mechanism encoded by a bacterial toxin facilitates reproductive parasitism
        Toshiyuki Harumoto
        Current Biology, 2023年09月25日, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Combined actions of bacteriophage-encoded genes in Wolbachia-induced male lethality
        Hiroshi Arai; Hisashi Anbutsu; Yohei Nishikawa; Masato Kogawa; Kazuo Ishii; Masahito Hosokawa; Shiou-Ruei Lin; Masatoshi Ueda; Madoka Nakai; Yasuhisa Kunimi; Toshiyuki Harumoto; Daisuke Kageyama; Haruko Takeyama; Maki N. Inoue
        iScience, 2023年06月16日, 査読有り
      • Mechanisms underpinning morphogenesis of a symbiotic organ specialized for hosting an indispensable microbial symbiont in stinkbugs
        Sayumi Oishi; Toshiyuki Harumoto; Keiko Okamoto-Furuta; Minoru Moriyama; Takema Fukatsu
        mBio, 2023年04月25日, 査読有り
      • A male-killing gene encoded by a symbiotic virus of Drosophila.
        Daisuke Kageyama; Toshiyuki Harumoto; Keisuke Nagamine; Akiko Fujiwara; Takafumi N Sugimoto; Akiya Jouraku; Masaru Tamura; Takehiro K Katoh; Masayoshi Watada
        Nature Communications, 2023年03月13日, 査読有り, 筆頭著者
      • Perplexing dynamics of Wolbachia proteins for cytoplasmic incompatibility.
        Toshiyuki Harumoto; Takema Fukatsu
        PLoS Biology, 2022年05月25日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Male-killing toxin in a bacterial symbiont of Drosophila
        Toshiyuki Harumoto; Bruno Lemaitre
        Nature, 2018年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Common and unique strategies of male killing evolved in two distinct Drosophila symbionts
        Toshiyuki Harumoto; Takema Fukatsu; Bruno Lemaitre
        Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 2018年03月28日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Male-killing symbiont damages host's dosage-compensated sex chromosome to induce embryonic apoptosis
        Toshiyuki Harumoto; Hisashi Anbutsu; Bruno Lemaitre; Takema Fukatsu
        Nature Communications, 2016年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Male-killing Spiroplasma induces sex-specific cell death via host apoptotic pathway
        Toshiyuki Harumoto; Hisashi Anbutsu; Takema Fukatsu
        PLoS Pathogens, 2014年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Atypical cadherins Dachsous and Fat control dynamics of noncentrosomal microtubules in planar cell polarity
        Toshiyuki Harumoto; Masayoshi Ito; Yuko Shimada; Tetsuya J. Kobayashi; Hiroki R. Ueda; Bingwei Lu; Tadashi Uemura
        Developmental Cell, 2010年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • Wing-to-leg homeosis by spineless causes apoptosis regulated by fish-lips, a novel leucine-rich repeat transmembrane protein
        T Adachi-Yamada; T Harumoto; K Sakurai; R Ueda; K Saigo; MB O'Connor; H Nakato
        Molecular and Cellular Biology, 2005年04月, 査読有り

      MISC

      • Overgrowth-induced apoptosis by dco3, a Drosophila mutant allele for Casein kinase Iδ/ε
        Adachi-Yamada Takashi; Harumoto Toshiyuki; Okabe Atsushi; Takemura Masahiko; Maeda Kousuke; Umemori Makoto; Tagami Ayumu; Shimoda Masami
        New Development in Cell Apoptosis Research, 2007年, 査読有り
      • 2006 応力場のパターンと形態形成のダイナミクス(OS20. 細胞・生体分子の計算バイオメカニクス(2),オーガナイズドセッション講演)
        杉村 薫; 石原 秀至; 春本 敏之; 上村 匡; 金子 邦彦; 宮脇 敦史
        計算力学講演会講演論文集, 2010年09月23日
      • 共生細菌スピロプラズマによる雄殺し : その表現型と分子機構 (特集 明らかになりつつある共生細菌による昆虫の生殖操作メカニズム)
        春本 敏之
        蚕糸・昆虫バイオテック, 2018年12月, 招待有り
      • 昆虫の共生細菌がもつ雄殺し毒素の発見
        春本 敏之
        実験医学「カレントトピックス」, 2018年10月, 招待有り
      • 共生細菌の産生するオス殺し毒素
        春本 敏之
        ライフサイエンス 新着論文レビュー, 2018年05月, 招待有り
      • 微小管がつかさどる細胞ダイナミクス 平面上において全組織非対称性をどのようにして細胞極性へと関連させるのか(How to connect global tissue asymmetry to cell polarity on the plane)
        上村 匡; 春本 敏之; 島田 裕子; 上田 泰己; 小林 徹也
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2008年11月
      • ショウジョウバエ-スピロプラズマ共生系における宿主-共生細菌間相互作用 (第41回日本マイコプラズマ学会学術集会) -- (シンポジウム 寄生・共生体と宿主の攻防)
        安佛 尚志; 春本 敏之; 二河 成男
        日本マイコプラズマ学会雑誌 = Japanese journal of mycoplasmology, 2014年05月23日

      講演・口頭発表等

      • 昆虫の性を操る微生物たち
        春本 敏之
        白眉合宿, 2023年12月04日, 京都大学白眉センター
      • Self-stabilization mechanism encoded by a bacterial toxin facilitates reproductive manipulation
        Toshiyuki Harumoto
        The 11th International Wolbachia Conference, 2023年06月14日
      • ショウジョウバエ共生微生物によるオス殺し:オス殺し因子の作用機序を追究する
        春本 敏之
        ERATO公開シンポジウム「延長された表現型の機構解明 〜生物がいかにして他の生物を改変、操作するのか〜」, 2023年02月19日, ERATO深津共生進化機構, 招待有り
      • 昆⾍の性を操る共⽣微⽣物たち 〜なぜ・いかに操作するのか︖〜
        春本 敏之
        世界の《不思議》に迫る︕京⼤「⽩眉」研究者たち【京都⼤学⽩眉センター× NHKカルチャー】, 2022年12月24日, NHKカルチャー京都, 招待有り
      • 昆虫共生微生物が産生するオス殺し毒素とその作用機序
        春本 敏之
        日本動物学会 第93回 早稲田大会, 2022年09月10日, 日本動物学会
      • スピロプラズマのオス殺し毒素−発見とその後の研究展開−
        春本 敏之
        第49回日本マイコプラズマ学会学術集会, 2022年05月28日, 日本マイコプラズマ学会, 招待有り
      • The action mechanisms of male-killing toxin produced by Drosophila symbionts
        Toshiyuki Harumoto
        Max Planck Institute for Infection Biology webinar "New Voices in Infection Biology", 2022年05月11日, Max Planck Institute for Infection Biology, 招待有り
      • The action mechanisms of male-killing toxin produced by Drosophila symbionts
        Toshiyuki Harumoto
        The 14th Japan Drosophila Research Conference, 2021年09月15日, Japan Drosophila Research Conference
      • 昆虫の性を操る共生微生物たち
        春本 敏之
        日本蚕糸学会第 91 回大会, 2021年03月20日, 日本蚕糸学会, 招待有り
      • 昆虫の生殖を操る共生微生物たち
        春本 敏之
        第22回日本進化学会オンライン大会「進化学夏の学校 機能ゲノミクスからせまる進化学研究」, 2020年09月06日, 日本進化学会, 招待有り
      • Reproductive manipulation caused by bacterial symbionts
        Toshiyuki Harumoto
        Chromatin seminar in Biomedical Center of LMU, 2018年09月06日, LMU Munich, 招待有り
      • Male-killing toxin produced by a bacterial symbiont
        Toshiyuki Harumoto
        The 10th International Wolbachia Conference, 2018年06月19日
      • Male-killing toxin produced by a bacterial symbiont
        Toshiyuki Harumoto
        Royal Entomological Society endosymbiont SIG meeting, 2018年03月21日, Royal Entomological Society
      • 共生細菌による昆虫性比操作の分子機構
        春本 敏之
        第8回細菌学若手コロッセウム, 2014年08月07日, 細菌学若手コロッセウム, 招待有り
      • Spiroplasma infection induces male-specific DNA damage response in Drosophila melanogaster
        Toshiyuki Harumoto
        The 8th International Wolbachia Conference, 2014年06月10日
      • 器官のグローバルな非対称性と一細胞の極性を結びつける機構の解明
        春本 敏之; 島田 裕子; 上村 匡
        第82回日本生化学会大会, 2009年10月24日, 日本生化学会, 招待有り
      • Atypical cadherins Dachsous and Fat control alignment and polarity of microtubules in planar cell polarity
        Toshiyuki Harumoto
        The 9th Japan Drosophila Research Conference, 2009年07月07日, Japan Drosophila Research Conference

      受賞

      • 2022年04月01日
        公益財団法人 長瀬科学技術振興財団, 長瀬研究振興賞
        日本国, 出版社・新聞社・財団等の賞
        春本敏之
      • 2013年02月04日
        公益財団法人 井上科学振興財団, 第29回 井上研究奨励賞
        日本国, 出版社・新聞社・財団等の賞
        春本敏之

      メディア報道

      • 「オス殺し」毒素の作用メカニズムを解明
        国立研究開発法人 科学技術振興機構, JSTnews, NEWS & TOPICS, 2023年12月01日, 会誌・広報誌
      • オス殺し毒素で「性」操る細菌
        東京新聞 TOKYO Web, 社会・科学欄 <フロンティア発>, 2023年10月01日, 新聞・雑誌
      • オス殺しのコストパフォーマンスが高いわけ ―共生細菌の毒素は自己安定化のしくみをもつ―
        京都大学大学院生命科学研究科, 2023年09月27日, 会誌・広報誌
      • オス殺しのコストパフォーマンスが高いわけ―共生細菌の毒素は自己安定化のしくみをもつ―
        京都大学, 2023年09月08日, 会誌・広報誌
      • Mystery solved: The bacterial protein that kills male fruit flies
        École Polytechnique Fédérale de Lausanne, 2018年05月07日, 会誌・広報誌
      • 「メスのみ孵化」解明-産総研 天敵農薬への応用期待
        化学工業日報, 5面(ライフイノベーション), 2016年09月26日, 新聞・雑誌
      • 共生細菌が宿主昆虫をメスだけにするしくみを解明 -オスのX染色体を切断して細胞死を引き起こす-
        国立研究開発法人 産業技術総合研究所, 2016年09月23日, 会誌・広報誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • 液性免疫を司る経路の使い方は個体ごとにゆらぐ?
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
        西出 雄大
        自 2022年06月30日, 至 2024年03月31日, 交付
        昆虫免疫;液性免疫;IMD経路;Toll経路;抗菌性タンパク質;抗菌ペプチド

      ページ上部へ戻る