教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中山 和久

ナカヤマ カズヒサ

薬学研究科 薬科学専攻生体情報薬学講座 教授

中山 和久
list
    Last Updated :2022/08/05

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    学位

    • 薬学修士(京都大学)
    • 医学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程, 修了
    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部製薬化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      島根県立出雲高等学校

    経歴

    • 自 2003年05月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 教授
    • 自 2002年04月, 至 2003年04月
      金沢大学, 薬学部, 教授
    • 自 1994年01月, 至 2002年03月
      筑波大学, 生物科学系, 助教授
    • 自 1987年04月, 至 1994年01月
      筑波大学, 生物科学系, 講師

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/05

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        繊毛内タンパク質輸送と繊毛病の分子基盤

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • Molecular basis underlying the ciliary defects caused by IFT52 variations found in skeletal ciliopathies.
        Yamato Ishida; Koshi Tasaki; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Molecular biology of the cell, 2022年06月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • BROMI/TBC1D32 together with CCRK/CDK20 and FAM149B1/JBTS36 contributes to IFT turnaround involving ICK/CILK1.
        Yuuki Satoda; Tatsuro Noguchi; Taiju Fujii; Aoi Taniguchi; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Molecular biology of the cell, 2022年05月24日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Impaired cooperation between IFT74/BBS22–IFT81 and IFT25–IFT27/BBS19 causes Bardet-Biedl syndrome
        Zhuang Zhou; Hantian Qiu; Roiner-Francisco Castro-Araya; Ryota Takei; Kazuhisa Nakayama; Yohei Katoh
        Human Molecular Genetics, 2022年05月15日, 査読有り, 責任著者
      • Combinations of deletion and missense variations of the dynein-2 DYNC2LI1 subunit found in skeletal ciliopathies cause ciliary defects.
        Hantian Qiu; Yuta Tsurumi; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Scientific reports, 2022年01月07日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • CCRK/CDK20 regulates ciliary retrograde protein trafficking via interacting with BROMI/TBC1D32
        Tatsuro Noguchi; Kentaro Nakamura; Yuuki Satoda; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        PLOS ONE, 2021年10月08日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The interaction of ATP11C-b with ezrin contributes to its polarized localization
        Hiroki Inoue; Hiroyuki Takatsu; Asuka Hamamoto; Masahiro Takayama; Riki Nakabuchi; Yumeka Muranaka; Tsukasa Yagi; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        Journal of Cell Science, 2021年09月16日, 査読有り
      • ARL3 and ARL13B GTPases participate in distinct steps of INPP5E targeting to the ciliary membrane
        Sayaka Fujisawa; Hantian Qiu; Shohei Nozaki; Shuhei Chiba; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Biology Open, 2021年08月27日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Molecular basis of ciliary defects caused by compound heterozygous IFT144/WDR19 mutations found in cranioectodermal dysplasia
        Yamato Ishida; Takuya Kobayashi; Shuhei Chiba; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Human Molecular Genetics, 2021年01月30日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Interaction of INPP5E with ARL13B is essential for its ciliary membrane retention but dispensable for its ciliary entry
        Hantian Qiu; Sayaka Fujisawa; Shohei Nozaki; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Biology Open, 2021年01月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Cooperation of the IFT-A complex with the IFT-B complex is required for ciliary retrograde protein trafficking and GPCR import
        Takuya Kobayashi; Yamato Ishida; Tomoaki Hirano; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Molecular Biology of the Cell, 2021年01月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Anterograde trafficking of ciliary MAP kinase–like ICK/CILK1 by the intraflagellar transport machinery is required for intraciliary retrograde protein trafficking
        Kentaro Nakamura; Tatsuro Noguchi; Mariko Takahara; Yoshihiro Omori; Takahisa Furukawa; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Journal of Biological Chemistry, 2020年09月18日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Formation of the B9-domain protein complex MKS1–B9D2–B9D1 is essential as a diffusion barrier for ciliary membrane proteins
        Misato Okazaki; Takuya Kobayashi; Shuhei Chiba; Ryota Takei; Luxiaoxue Liang; Kazuhisa Nakayama; Yohei Katoh
        Molecular Biology of the Cell, 2020年09月15日, 査読有り, 責任著者
      • Practical method for superresolution imaging of primary cilia and centrioles by expansion microscopy using an amplibody for fluorescence signal amplification
        Yohei Katoh; Shuhei Chiba; Kazuhisa Nakayama
        Molecular Biology of the Cell, 2020年09月15日, 査読有り, 最終著者
      • The N- or C-terminal cytoplasmic regions of P4-ATPases determine their cellular localization
        Sayuri Okamoto; Tomoki Naito; Ryo Shigetomi; Yusuke Kosugi; Kazuhisa Nakayama; Hiroyuki Takatsu; Hye-Won Shin
        Molecular Biology of the Cell, 2020年09月01日, 査読有り
      • Architecture of the IFT ciliary trafficking machinery and interplay between its components
        Kazuhisa Nakayama; Yohei Katoh
        Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology, 2020年03月03日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ATPase reaction cycle of P4‐ATPases affects their transport from the endoplasmic reticulum
        Takuya Tone; Kazuhisa Nakayama; Hiroyuki Takatsu; Hye‐Won Shin
        FEBS Letters, 2020年02月, 査読有り
      • Requirement of IFT-B–BBSome complex interaction in export of GPR161 from cilia
        Shohei Nozaki; Roiner Francisco; Castro Araya; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Biology Open, 2019年09月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The cytoplasmic C-terminal region of the ATP11C variant determines its localization at the polarized plasma membrane
        Masahiro Takayama; Hiroyuki Takatsu; Asuka Hamamoto; Hiroki Inoue; Tomoki Naito; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        Journal of Cell Science, 2019年09月01日, 査読有り
      • Interactions of the dynein-2 intermediate chain WDR34 with the light chains are required for ciliary retrograde protein trafficking
        Yuta Tsurumi; Yuki Hamada; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Molecular Biology of the Cell, 2019年03月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • C11ORF74 interacts with the IFT-A complex and participates in ciliary BBSome localization
        Mariko Takahara; Masataka Kunii; Kentaro Nakamura; Akihiro Harada; Tomoaki Hirano; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        The Journal of Biochemistry, 2018年11月22日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Interaction of heterotrimeric kinesin-II with IFT-B–connecting tetramer is crucial for ciliogenesis
        Teruki Funabashi; Yohei Katoh; Misato Okazaki; Maho Sugawa; Kazuhisa Nakayama
        The Journal of Cell Biology, 2018年08月06日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Robust interaction of IFT70 with IFT52–IFT88 in the IFT-B complex is required for ciliogenesis
        Ryota Takei; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Biology Open, 2018年05月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Phospholipid-flipping activity of P4-ATPase drives membrane curvature
        Naoto Takada; Tomoki Naito; Takanari Inoue; Kazuhisa Nakayama; Hiroyuki Takatsu; Hye-Won Shin
        EMBO Journal, 2018年05月02日, 査読有り
      • BBS1 is involved in retrograde trafficking of ciliary GPCRs in the context of the BBSome complex
        Shohei Nozaki; Hemant Khanna; Yohei Katoh; Takuya Kobayashi; Kazuhisa Nakayama
        PLOS ONE, 2018年03月28日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Ciliopathy-associated mutations of IFT122 impair ciliary protein trafficking but not ciliogenesis
        Mariko Takahara; Yohei Katoh; Kentaro Nakamura; Tomoaki Hirano; Maho Sugawa; Yuta Tsurumi; Kazuhisa Nakayama
        Human Molecular Genetics, 2018年02月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Visible Immunoprecipitation (VIP) Assay: a Simple and Versatile Method for Visual Detection of Protein-protein Interactions
        Yohei Katoh; Kentaro Nakamura; Kazuhisa Nakayama
        Bio-protocol, 2018年01月05日, 査読有り, 最終著者
      • Ciliary protein trafficking mediated by IFT and BBSome complexes with the aid of kinesin-2 and dynein-2 motors
        Nakayama, K.; Katoh, Y.
        Journal of Biochemistry, 2018年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Interaction of WDR60 intermediate chain with TCTEX1D2 light chain of the dynein-2 complex is crucial for ciliary protein trafficking
        Hamada, Y.; Tsurumi, Y.; Nozaki, S.; Katoh, Y.; Nakayama, K.
        Molecular Biology of the Cell, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Phospholipid flippase ATP11C is endocytosed and downregulated following Ca2+-mediated protein kinase C activation
        Hiroyuki Takatsu; Masahiro Takayama; Tomoki Naito; Naoto Takada; Kazuya Tsumagari; Yasushi Ishihama; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        NATURE COMMUNICATIONS, 2017年11月, 査読有り
      • RABL2 interacts with the intraflagellar transport-B complex and CEP19 and participates in ciliary assembly
        Yuya Nishijima; Yohei Hagiya; Tomohiro Kubo; Ryota Takei; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2017年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Practical method for targeted disruption of cilia-related genes by using CRISPR/Cas9-mediated, homology-independent knock-in system
        Yohei Katoh; Saki Michisaka; Shohei Nozaki; Teruki Funabashi; Tomoaki Hirano; Ryota Takei; Kazuhisa Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2017年04月, 査読有り, 最終著者
      • Ciliary entry of KIF17 is dependent on its binding to the IFT-B complex via IFT46-IFT56 as well as on its nuclear localization signal
        Teruki Funabashi; Yohei Katoh; Saki Michisaka; Masaya Terada; Maho Sugawa; Kazuhisa Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2017年03月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Intraflagellar transport-A complex mediates ciliary entry and retrograde trafficking of ciliary G protein-coupled receptors
        Tomoaki Hirano; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2017年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Regulation of ciliary retrograde protein trafficking by the Joubert syndrome proteins ARL13B and INPP5E
        Shohei Nozaki; Yohei Katoh; Masaya Terada; Saki Michisaka; Teruki Funabashi; Senye Takahashi; Kenji Kontani; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2017年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Overall architecture of the intraflagellar transport (IFT)-B complex revealed by a visible immunoprecipitation (VIP) assay
        Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        Seikagaku, 2017年, 査読有り, 招待有り, 最終著者
      • The phospholipid flippase ATP9A is required for the recycling pathway from the endosomes to the plasma membrane
        Yoshiki Tanaka; Natsuki Ono; Takahiro Shima; Gaku Tanaka; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama; Hiroyuki Takatsu; Hye-Won Shin
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年12月, 査読有り
      • Phospholipid flippase activities and substrate specificities of human type IV P-type ATPases localized to the plasma membrane (vol 289, pg 33543, 2014)
        Hiroyuki Takatsu; Gaku Tanaka; Katsumori Segawa; Jun Suzuki; Shigekazu Nagata; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年10月, 査読有り
      • Alteration of transbilayer phospholipid compositions is involved in cell adhesion, cell spreading, and focal adhesion formation
        Rie Miyano; Takashi Matsumoto; Hiroyuki Takatsu; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        FEBS LETTERS, 2016年07月, 査読有り
      • Modulation of primary cilia length by melanin-concentrating hormone receptor 1
        Akie Hamamoto; Shogo Yamato; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama; Kentaro Yoshimura; Sen Takeda; Yuki Kobayashi; Yumiko Saito
        CELLULAR SIGNALLING, 2016年06月, 査読有り
      • Overall Architecture of the Intraflagellar Transport (IFT)-B Complex Containing Cluap1/IFT38 as an Essential Component of the IFT-B Peripheral Subcomplex
        Yohei Katoh; Masaya Terada; Yuya Nishijima; Ryota Takei; Shohei Nozaki; Hiroshi Hamada; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Class I Arfs (Arf1 and Arf3) and Arf6 are localized to the Flemming body and play important roles in cytokinesis
        Ayako Hanai; Minako Ohgi; Chikako Yagi; Tomoko Ueda; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2016年02月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Regulation of cytokinesis by membrane trafficking involving small GTPases and the ESCRT machinery
        Kazuhisa Nakayama
        CRITICAL REVIEWS IN BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2016年01月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • ATP11C mutation is responsible for the defect in phosphatidylserine uptake in UPS-1 cells
        Naoto Takada; Hiroyuki Takatsu; Rie Miyano; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2015年11月, 査読有り
      • COPI-mediated retrieval of SCAP is crucial for regulating lipogenesis under basal and sterol-deficient conditions
        Kouhei Takashima; Akina Saitoh; Teruki Funabashi; Shohei Hirose; Chikako Yagi; Shohei Nozaki; Ryuichiro Sato; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2015年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • SNAP23/25 and VAMP2 mediate exocytic event of transferrin receptor-containing recycling vesicles
        Keiji Kubo; Minako Kobayashi; Shohei Nozaki; Chikako Yagi; Kiyotaka Hatsuzawa; Yohei Katoh; Hye-Won Shin; Senye Takahashi; Kazuhisa Nakayama
        BIOLOGY OPEN, 2015年07月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • GM130 is a parallel tetramer with a flexible rod-like structure and N-terminally open (Y-shaped) and closed (I-shaped) conformations
        Ryuichi Ishida; Akitsugu Yamamoto; Kazuhisa Nakayama; Miwa Sohda; Yoshio Misumi; Takuo Yasunaga; Nobuhiro Nakamura
        FEBS JOURNAL, 2015年06月, 査読有り
      • Architectures of multisubunit complexes revealed by a visible immunoprecipitation assay using fluorescent fusion proteins
        Yohei Katoh; Shohei Nozaki; David Hartanto; Rie Miyano; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2015年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Phospholipid Flippase ATP10A Translocates Phosphatidylcholine and Is Involved in Plasma Membrane Dynamics
        Tomoki Naito; Hiroyuki Takatsu; Rie Miyano; Naoto Takada; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2015年06月, 査読有り
      • ATP9B, a P4-ATPase (a putative aminophospholipid translocase), localizes to the trans-Golgi network in a CDC50 protein-independent manner (vol 286, pg 38159, 2011)
        Hiroyuki Takatsu; Keiko Baba; Takahiro Shima; Hiroyuki Umino; Utako Kato; Masato Umeda; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2015年01月, 査読有り
      • Phospholipid Flippase Activities and Substrate Specificities of Human Type IV P-type ATPases Localized to the Plasma Membrane
        Hiroyuki Takatsu; Gaku Tanaka; Katsumori Segawa; Jun Suzuki; Shigekazu Nagata; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年11月, 査読有り
      • Histamine synthesis is required for granule maturation in murine mast cells
        Shunsuke Nakazawa; Mariko Sakanaka; Kazuyuki Furuta; Mayuko Natsuhara; Hirotsugu Takano; Soken Tsuchiya; Yasushi Okuno; Hiroshi Ohtsu; Masahiro Nishibori; Robin L. Thurmond; Noriyasu Hirasawa; Kazuhisa Nakayama; Atsushi Ichikawa; Yukihiko Sugimoto; Satoshi Tanaka
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • ARF1 and ARF4 regulate recycling endosomal morphology and retrograde transport from endosomes to the Golgi apparatus
        Waka Nakai; Yumika Kondo; Akina Saitoh; Tomoki Naito; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        Molecular Biology of the Cell, 2013年08月15日, 査読有り
      • EFA6 activates Arf6 and participates in its targeting to the Flemming body during cytokinesis
        Tomoko Ueda; Ayako Hanai; Tomomi Takei; Keiji Kubo; Minako Ohgi; Hiroyuki Sakagami; Senye Takahashi; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        FEBS LETTERS, 2013年06月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Mitosis-Coupled, Microtubule-Dependent Clustering of Endosomal Vesicles around Centrosomes
        Hiroyuki Takatsu; Yohei Katoh; Tomoko Ueda; Satoshi Waguri; Takashi Murayama; Senye Takahashi; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2013年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Rab11 regulates exocytosis of recycling vesicles at the plasma membrane
        Senye Takahashi; Keiji Kubo; Satoshi Waguri; Atsuko Yabashi; Hye-Won Shin; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structural Basis for Membrane Binding Specificity of the Bin/Amphiphysin/Rvs (BAR) Domain of Arfaptin-2 Determined by Arl1 GTPase
        Kensuke Nakamura; Zhiqiu Man; Yong Xie; Ayako Hanai; Hisayoshi Makyio; Masato Kawasaki; Ryuichi Kato; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama; Soichi Wakatsuki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2012年07月, 査読有り
      • Structural basis for Arf6-MKLP1 complex formation on the Flemming body responsible for cytokinesis
        Hisayoshi Makyio; Minako Ohgi; Tomomi Takei; Senye Takahashi; Hiroyuki Takatsu; Yohei Katoh; Ayako Hanai; Tomoko Ueda; Yasunori Kanaho; Yong Xie; Hye-Won Shin; Hironari Kamikubo; Mikio Kataoka; Masato Kawasaki; Ryuichi Kato; Soichi Wakatsuki; Kazuhisa Nakayama
        EMBO JOURNAL, 2012年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Shigella Targets Epithelial Tricellular Junctions and Uses a Noncanonical Clathrin-Dependent Endocytic Pathway to Spread Between Cells
        Makoto Fukumatsu; Michinaga Ogawa; Satoko Arakawa; Masato Suzuki; Kazuhisa Nakayama; Shigeomi Shimizu; Minsoo Kim; Hitomi Mimuro; Chihiro Sasakawa
        CELL HOST & MICROBE, 2012年04月, 査読有り
      • Restriction of Mast Cell Proliferation through Hyaluronan Synthesis by Co-cultured Fibroblasts
        Hirotsugu Takano; Kazuyuki Furuta; Kazuhito Yamashita; Mariko Sakanaka; Naoki Itano; Eiichi Gohda; Kazuhisa Nakayama; Koji Kimata; Yukihiko Sugimoto; Atsushi Ichikawa; Satoshi Tanaka
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年03月, 査読有り
      • ARF1 and ARF3 Are Required for the Integrity of Recycling Endosomes and the Recycling Pathway
        Yumika Kondo; Ayako Hanai; Waka Nakai; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2012年, 査読有り
      • Roles of small GTPases and BAR domain proteins in post-Golgi membrane traffic
        Hye-Won Shin; Zhiqiu Man; Kazuhisa Nakayama
        Seikagaku, 2012年, 査読有り
      • Mechanisms of membrane curvature generation in membrane traffic
        Hye-Won Shin; Hiroyuki Takatsu; Kazuhisa Nakayama
        Membranes, 2012年, 査読有り
      • ATP9B, a P4-ATPase (a Putative Aminophospholipid Translocase), Localizes to the trans-Golgi Network in a CDC50 Protein-independent Manner
        Hiroyuki Takatsu; Keiko Baba; Takahiro Shima; Hiroyuki Umino; Utako Kato; Masato Umeda; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年11月, 査読有り
      • Distinct roles of Rab11 and Arf6 in the regulation of Rab11-FIP3/arfophilin-1 localization in mitotic cells
        Senye Takahashi; Tomomi Takei; Hiroshi Koga; Hiroyuki Takatsu; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        GENES TO CELLS, 2011年09月, 査読有り
      • Arfaptins Are Localized to the trans-Golgi by Interaction with Arl1, but Not Arfs
        Zhiqiu Man; Yumika Kondo; Hiroshi Koga; Hiroyuki Umino; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年04月, 査読有り
      • GBF1-Arf-COPI-ArfGAP-mediated Golgi-to-ER Transport Involved in Regulation of Lipid Homeostasis
        Kouhei Takashima; Akina Saitoh; Shohei Hirose; Waka Nakai; Yumika Kondo; Yasuaki Takasu; Hideaki Kakeya; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2011年, 査読有り
      • Functional Cross-Talk between Rab14 and Rab4 through a Dual Effector, RUFY1/Rabip4
        Hideaki Yamamoto; Hiroshi Koga; Yohei Katoh; Senye Takahashi; Kazuhisa Nakayama; Hye-Won Shin
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2010年08月, 査読有り
      • Three Homologous ArfGAPs Participate in Coat Protein I-mediated Transport
        Akina Saitoh; Hye-Won Shin; Akane Yamada; Satoshi Waguri; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年05月, 査読有り
      • Differential Effects of Depletion of ARL1 and ARFRP1 on Membrane Trafficking between the trans-Golgi Network and Endosomes
        Kirika Nishimoto-Morita; Hye-Won Shin; Hiroko Mitsuhashi; Masashi Kitamura; Qian Zhang; Ludger Johannes; Kazuhisa Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年04月, 査読有り
      • Involvement of CD44 in mast cell proliferation during terminal differentiation
        Hirotsugu Takano; Shunsuke Nakazawa; Naritoshi Shirata; Shigero Tamba; Kazuyuki Furuta; Sohken Tsuchiya; Kazushi Morimoto; Naoki Itano; Atsushi Irie; Atsushi Ichikawa; Koji Kimata; Kazuhisa Nakayama; Yukihiko Sugimoto; Satoshi Tanaka
        LABORATORY INVESTIGATION, 2009年04月, 査読有り
      • Retroendocytosis pathway of ABCA1/apoA-I contributes to HDL formation
        Yuya Azuma; Mie Takada; Hye-Won Shin; Noriyuki Kioka; Kazuhisa Nakayama; Kazumitsu Ueda
        GENES TO CELLS, 2009年02月, 査読有り
      • Redundant roles of BIG2 and BIG1, guanine-nucleotide exchange factors for ADP-ribosylation factors in membrane traffic between the trans-Golgi network and endosomes
        Ray Ishizaki; Hye-Won Shin; Hiroko Mitsuhashi; Kazuhisa Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2008年06月, 査読有り
      • Establishment of the culture model system that reflects the process of terminal differentiation of connective tissue-type mast cells
        Hirotsugu Takano; Shunsuke Nakazawa; Yasushi Okuno; Naritoshi Shirata; Sohken Tsuchiya; Takayuki Kainoh; Seigoh Takamatsu; Kazuyuki Furuta; Yoshitaka Taketomi; Yuko Naito; Hiromu Takematsu; Yasunori Kozutsumi; Gozoh Tsujimoto; Makoto Murakami; Ichiro Kudo; Atsushi Ichikawa; Kazuhisa Nakayama; Yukihiko Sugimoto; Satoshi Tanaka
        FEBS LETTERS, 2008年04月, 査読有り
      • Recruitment of Tom1L1/Srcasm to Endosomes and the Midbody by Tsg101
        Yuko Yanagida-Ishizaki; Tomomi Takei; Ray Ishizaki; Hitoshi Imakagura; Senye Takahashi; Hye-Won Shin; Yohei Katoh; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2008年, 査読有り
      • [Roles of the Arf family of small GTPases in membrane traffic].
        Nakayama K; Shin H.W
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2008年, 査読有り
      • [A bit of this and that on endocytosis].
        Nakayama K
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2008年, 査読有り
      • Functional involvement of TMF/ARA160 in Rab6-dependent retrograde membrane traffic
        Junko Yamane; Akiharu Kubo; Kazuhisa Nakayama; Akiko Yuba-Kubo; Tatsuya Katsuno; Shoichiro Tsukita; Sachiko Tsukita
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2007年10月, 査読有り
      • FIP3による低分子量 GTPase Rab11 の認識機構の研究
        志波 智生; 古賀 裕士; 申 惠媛; 川崎 政人; 加藤 龍一; 中山 和久; 若槻 壮市
        日本結晶学会誌, 2007年08月30日
      • Molecular basis for autoregulatory interaction between GAE domain and hinge region of GGA1
        Michio Inoue; Tomoo Shiba; Kentaro Ihara; Yusuke Yamada; Satoshi Hirano; Hironari Kamikubo; Mikio Kataoka; Masato Kawasaki; Ryuichi Kato; Kazuhisa Nakayama; Soichi Wakatsuki
        TRAFFIC, 2007年07月, 査読有り
      • Activation of histidine decarboxylase through post-translational cleavage by caspase-9 in a mouse mastocytoma P-815
        Kazuyuki Furuta; Kazuhisa Nakayama; Yukihiko Sugimoto; Atsushi Ichikawa; Satoshi Tanaka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年05月, 査読有り
      • Regulation of phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase activity by partner proteins
        Yasunori Kanaho; Kazuhisa Nakayama; Michael A. Frohman; Takeaki Yokozeki
        LIPIDOMICS AND BIOACTIVE LIPIDS, 2007年, 査読有り
      • Monoubiquitylation of GGA3 by hVPS18 regulates its ubiquitin-binding ability
        Satomi Yogosawa; Masato Kawasaki; Soichi Wakatsuki; Eiki Kominami; Yoko Shiba; Kazuhisa Nakayama; Shinichi Kohsaka; Chihiro Akazawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2006年11月, 査読有り
      • Structural basis for Rab11-dependent membrane recruitment of a family of Rab11-interacting protein 3 (FIP3)/Arfophilin-1
        Tomoo Shiba; Hiroshi Koga; Hye-Won Shin; Masato Kawasaki; Ryuichi Kato; Kazuhisa Nakayama; Soichi Wakatsuki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2006年10月, 査読有り
      • AMY-1 (associate of Myc-1) localization to the trans-Golgi network through interacting with BIG2, a guanine-nucleotide exchange factor for ADP-ribosylation factors
        Ray Ishizaki; Hye-Won Shin; Sanae M. M. Iguchi-Ariga; Hiroyoshi Ariga; Kazuhisa Nakayama
        GENES TO CELLS, 2006年08月, 査読有り
      • Membrane orientation of the precursor 74-kDa form of L-histidine decarboxylase
        K Furuta; A Ichikawa; K Nakayama; S Tanaka
        INFLAMMATION RESEARCH, 2006年05月, 査読有り
      • Recruitment of clathrin onto endosomes by the Tom1-Tollip complex
        Y Katoh; H Imakagura; M Futatsumori; K Nakayama
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2006年03月, 査読有り
      • ARFによるメンブレントラフィックの調節
        申 惠媛; 中山和久
        細胞工学, 2006年, 招待有り
      • Regulation of membrane traffic by ubiquitin
        Nakayama K
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 2006年, 査読有り
      • Membrane recruitment of effector proteins by Arf and Rab GTPases
        M Kawasaki; K Nakayama; S Wakatsuki
        CURRENT OPINION IN STRUCTURAL BIOLOGY, 2005年12月, 査読有り
      • Erratum: Cellular and subcellular localization of EFA6C, a third member of the EFA6 family, in adult mouse Purkinje cells (Journal of Neurochemistry (2005) 93 (674-85))
        Shigetsune Matsuya; Hiroyuki Sakagami; Akira Tohgo; Yuji Owada; Hye-Won Shin; Hiroshi Takeshima; Kazuhisa Nakayama; Shoichi Kokubun; Hisatake Kondo
        Journal of Neurochemistry, 2005年11月, 査読有り
      • GGAs: Structure and function of a novel family of clathrin adaptors invoved in membrane trafficking between the TGN and endosomes
        K Nakayama; S Wakatsuki
        SEIKAGAKU, 2005年11月, 査読有り
      • Structural basis for recognition of ubiquitinated cargo by Tom1-GAT domain
        M Akutsu; M Kawasaki; Y Katoh; T Shiba; Y Yamaguchi; R Kato; K Kato; K Nakayama; S Wakatsuki
        FEBS LETTERS, 2005年10月, 査読有り
      • Roles of ARFRP1 (ADP-ribosylation factor-related protein 1) in post-Golgi membrane trafficking
        HW Shin; H Kobayashi; M Kitamura; S Waguri; T Suganuma; Y Uchiyama; K Nakayama
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2005年09月, 査読有り
      • Molecular mechanism of ubiquitin recognition by GGA3 GAT domain
        M Kawasaki; T Shiba; Y Shiba; Y Yamaguchi; N Matsugaki; N Igarashi; M Suzuki; R Kato; K Kato; K Nakayama; S Wakatsuki
        GENES TO CELLS, 2005年07月, 査読有り
      • Convergence of cell cycle regulation and growth factor signals on GRASP65
        S Yoshimura; K Yoshioka; FA Barr; M Lowe; K Nakayama; S Ohkuma; N Nakamura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年06月, 査読有り
      • Structure determination of GGA-GAE and γ1-ear in complex with peptides: Crystallization of low-affinity complexes in membrane traffic
        Yamada Y; Inoue M; Shiba T; Kawasaki M; Kato R; Nakayama K; Wakatsuki S
        Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography, 2005年06月, 査読有り
      • Role of ARFRP1 (ADP-ribosylation factor-related protein 1) in post-Golgi membrane traffic
        Kitamura Masashi; Shin Hye-Won; Kobayashi Hiromi; Waguri Satoshi; Uchiyama Yasuo; Nakayama Kazuhisa
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月, 査読有り
      • Cellular and subcellular localization of EFA6C, a third member of the EFA6 family, in adult mouse Purkinje cells
        S Matsuya; H Sakagami; A Tohgo; Y Owada; HW Shin; H Takeshima; K Nakayama; S Kokubun; H Kondo
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2005年05月, 査読有り
      • Expression of BIG2 and analysis of its function in mammalian cells
        HW Shin; C Shinotsuka; K Nakayama
        GTPASES REGULATING MEMBRANE DYNAMICS, 2005年, 査読有り
      • Analysis of arf interaction with GGAs in vitro and in vivo
        K Nakayama; H Takatsu
        GTPASES REGULATING MEMBRANE DYNAMICS, 2005年, 査読有り
      • Roles of BIG family proteins in membrane trafficking
        HW Shin; R Ishizaki; K Nakayama
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2005年, 査読有り
      • Stabilin-1 localizes to endosomes and the trans-Golgi network in human macrophages and interacts with GGA adaptors
        J Kzhyshkowska; A Gratchev; JH Martens; O Pervushina; S Mamidi; S Johansson; K Schledzewski; B Hansen; XG He; J Tang; K Nakayama; S Goerdt
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2004年12月, 査読有り
      • Guanine nucleotide-exchange factors for Arf GTPases: Their diverse functions in membrane traffic
        HW Shin; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2004年12月, 査読有り
      • Membrane traffic: Editorial overview
        K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2004年12月, 査読有り
      • BIG2, a guanine nucleotide exchange factor for ADP-ribosylation factors: Its localization to recycling endosomes and implication in the endosome integrity
        HW Shin; N Morinaga; M Noda; K Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年12月, 査読有り
      • BIG2, a guanine nucleotide exchange factor for ADP-ribosylation factors: Its localization to recycling endosomes and implication in the endosome integrity
        K Nakayama; H Shin
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月, 査読有り
      • Dual control of membrane targeting by Ptdlns(4)P and ARF
        HW Shin; K Nakayama
        TRENDS IN BIOCHEMICAL SCIENCES, 2004年10月, 査読有り
      • Tollip and Tom1 form a complex and recruit ubiquitin-conjugated proteins onto early endosomes
        Y Katoh; Y Shiba; H Mitsuhashi; Y Yanagida; H Takatsu; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年06月, 査読有り
      • GAT (GGA and Tom1) domain responsible for ubiquitin binding and ubiquitination
        Y Shiba; Y Katoh; T Shiba; K Yoshino; H Takatsu; H Kobayashi; HW Shin; S Wakatsuki; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年02月, 査読有り
      • Identification of a five-pass transmembrane protein family localizing in the Golgi apparatus and the ER
        A Shakoori; G Fujii; S Yoshimura; M Kitamura; K Nakayama; T Ito; H Ohno; N Nakamura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年12月, 査読有り
      • The structures and function of GGAs, the traffic controllers at the TGN sorting crossroads
        K Nakayama; S Wakatsuki
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2003年10月, 査読有り
      • Role of ADP-ribosylation factor 6 (ARF6) in gastric acid secretion
        J Matsukawa; K Nakayama; T Nagao; H Ichijo; T Urushidani
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年09月, 査読有り
      • Predominant expression of the short form of GGA3 in human cell lines and tissues
        M Wakasugi; S Waguri; S Kametaka; Y Tomiyama; S Kanamori; Y Shiba; K Nakayama; Y Uchiyama
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年07月, 査読有り
      • Molecular mechanism of membrane recruitment of GGA by ARF in lysosomal protein transport
        T Shiba; M Kawasaki; H Takatsu; T Nogi; N Matsugaki; N Igarashi; M Suzuki; R Kato; K Nakayama; S Wakatsuki
        NATURE STRUCTURAL BIOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • GGA proteins associate with Golgi membranes through interaction between their GGAH domains and ADP-ribosylation factors
        H Takatsu; K Yoshino; K Toda; K Nakayama
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2002年07月, 査読有り
      • GBF1, a guanine nucleotide exchange factor for ADP-ribosylation factors, is localized to the cis-golgi and involved in membrane association of the COPI coat
        K Kawamoto; Y Yoshida; H Tamaki; S Torii; C Shinotsuka; S Yamashina; K Nakayama
        TRAFFIC, 2002年07月, 査読有り
      • Structural basis for the accessory protein recruitment by the γ-adaptin ear domain
        Nogi T; Shiba Y; Kawasaki M; Shiba T; Matsugaki N; Igarashi N; Suzuki M; Kato R; Nakayama K; Wakatsuki S
        Nature Structural Biology, 2002年07月, 査読有り
      • Dominant-negative mutant of BIG2, an ARF-guanine nucleotide exchange factor, specifically affects membrane trafficking from the trans-Golgi network through inhibiting membrane association of AP-1 and GGA coat proteins
        C Shinotsuka; S Waguri; M Wakasugi; Y Uchiyama; K Nakayama
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年06月, 査読有り
      • Overexpression of an ADP-ribosylation factor-guanine nucleotide exchange factor, BIG2, uncouples brefeldin A-induced adaptor protein-1 coat dissociation and membrane tubulation
        C Shinotsuka; Y Yoshida; K Kawamoto; H Takatsu; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年03月, 査読有り
      • gamma-adaptin interacts directly with rabaptin-5 through its ear domain
        Y Shiba; H Takatsu; HW Shin; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2002年03月, 査読有り
      • γ-adaptin interacts directly with Rabaptin-5 through its ear domain
        Shiba Y; Takatsu H; Shin H.-W; Nakayama K
        Journal of Biochemistry, 2002年03月, 査読有り
      • Structural basis for recognition of acidic-cluster dileucine sequence by GGA1
        T Shiba; H Takatsu; T Nogi; N Matsugaki; M Kawasaki; N Igarashi; M Suzuki; R Kato; T Earnest; K Nakayama; S Wakatsuki
        NATURE, 2002年02月, 査読有り
      • Golgi-localizing, γ-Adaptin Ear Homology Domain, ADP-ribosylation Factor-binding (GGA) Proteins Interact with Acidic Dileucine Sequences within the Cytoplasmic Domains of Sorting Receptors through their Vps27p/Hrs/STAM (VHS) Domains
        Takatsu H; Katoh Y; Shiba Y; Nakayama K
        Journal of Biological Chemistry, 2001年07月, 査読有り
      • Significantly higher activity of a cytoplasmic hammerhead ribozyme than a corresponding nuclear counterpart: engineered tRNAs with an extended 3 ' end can be exported efficiently and specifically to the cytoplasm in mammalian cells
        T Kuwabara; M Warashina; S Koseki; M Sano; J Ohkawa; K Nakayama; K Taira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2001年07月, 査読有り
      • Significantly higher activity of a cytoplasmic hammerhead ribozyme than a corresponding nuclear counterpart: Engineered tRNAs with an extended 3′ end can be exported efficiently and specifically to the cytoplasm in mammalian cells
        Kuwabara T; Warashina M; Koseki S; Sano M; Ohkawa J; Nakayama K; Taira K
        Nucleic Acids Research, 2001年07月, 査読有り
      • Similar subunit interactions contribute to assembly of clathrin adaptor complexes and COPI complex: Analysis using yeast three-hybrid system
        H Takatsu; M Futatsumori; K Yoshino; Y Yoshida; HW Shin; K Nakayama
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年06月, 査読有り
      • Cloning and characterization of a rat ortholog of MMP-23 (matrix metalloproteinase-23), a unique type of membrane-anchored matrix metalloproteinase and conditioned switching of its expression during the ovarian follicular development
        J Ohnishi; E Ohnishi; M Jin; W Hirano; D Nakane; H Matsui; A Kimura; H Sawa; K Nakayama; H Shibuya; K Nagashima; T Takahashi
        MOLECULAR ENDOCRINOLOGY, 2001年05月, 査読有り
      • Cloning and characterization of a rat ortholog of MMP-23 (matrix metalloproteinase-23), a unique type of membrane-anchored matrix metalloproteinase and conditioned switching of its expression during the ovarian follicular development
        J Ohnishi; E Ohnishi; M Jin; W Hirano; D Nakane; H Matsui; A Kimura; H Sawa; K Nakayama; H Shibuya; K Nagashima; T Takahashi
        MOLECULAR ENDOCRINOLOGY, 2001年05月, 査読有り
      • Identification and characterization of novel isoforms of COPI subunits
        M Futatsumori; K Kasai; H Takatsu; FW Shin; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年11月, 査読有り
      • Identification and characterization of novel isoforms of COPI subunits
        M Futatsumori; K Kasai; H Takatsu; FW Shin; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年11月, 査読有り
      • Adaptor γ ear homology domain conserved in γ-adaptin and GGA proteins that interact with γ-synergin
        Takatsu H; Yoshino K; Nakayama K
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2000年05月, 査読有り
      • Subtype-specific trafficking of endothelin receptors
        Y Abe; K Nakayama; A Yamanaka; T Sakurai; K Goto
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年03月, 査読有り
      • Prohormone convertase PC4 processes the precursor of PACAP in the testis
        M Li; M Mbikay; K Nakayama; A Miyata; A Arimura
        VIP, PACAP, GLUCAGON, AND RELATED PEPTIDES, 2000年, 査読有り
      • Phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase α is a downstream effector of the small G protein ARF6 in membrane ruffle formation
        Honda A; Nogami M; Yokozeki T; Yamazaki M; Nakamura H; Watanabe H; Kawamoto K; Nakayama K; Morris A.J; Frohman M.A; Kanaho Y
        Cell, 1999年11月, 査読有り
      • Dynamin II is involved in endocytosis but not in the formation of transport vesicles from the trans-Golgi network
        K Kasai; HW Shin; C Shinotsuka; K Murakami; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1999年04月, 査読有り
      • Intermolecular and interdomain interactions of a dynamin-related GTP-binding protein, Dnm1p/Vps1p-like protein
        HW Shin; H Takatsu; H Mukai; E Munekata; K Murakami; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年01月, 査読有り
      • Colocalization of phospholipase D1 and GTP-binding-defective mutant of ADP-ribosylation factor 6 to endosomes and lysosomes
        K Toda; M Nogami; K Murakami; Y Kanaho; K Nakayama
        FEBS LETTERS, 1999年01月, 査読有り
      • Vesicular transport through the golgi complex
        Nakayama K
        Japanese Journal of Clinical Chemistry, 1999年, 査読有り
      • ADP-ribosylation factor-1 is sensitive to N-Ethylmaleimide
        T Yamaguchi; K Nakayama; K Hatsuzawa; K Tani; M Himeno; M Tagaya
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年12月, 査読有り
      • Identification and characterization of novel clathrin adaptor-related proteins
        H Takatsu; M Sakurai; HW Shin; K Murakami; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年09月, 査読有り
      • Testis-specific prohormone convertase PC4 processes the precursor of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP)
        M Li; K Nakayama; Y Shuto; A Somogyvari-Vigh; A Arimura
        PEPTIDES, 1998年, 査読有り
      • Furin: a mammalian subtilisin/Kex2p-like endoprotease involved in processing of a wide variety of precursor proteins
        K Nakayama
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1997年11月, 査読有り
      • Identification and subcellular localization of a novel mammalian dynamin-related protein homologous to yeast Vps1p and Dnm1p
        HW Shin; C Shinotsuka; S Torii; K Murakami; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年09月, 査読有り
      • Proteolytic processing of pro-opiomelanocortin occurs in acidifying secretory granules of AtT-20 cells
        S Tanaka; T Yora; K Nakayama; K Inoue; K Kurosumi
        JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 1997年03月, 査読有り
      • Processing of wild-type and mutant proinsulin-like growth factor-IA by subtilisin-related proprotein convertases
        SJ Duguay; WM Milewski; BD Young; K Nakayama; DF Steiner
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年03月, 査読有り
      • Regulation of association of a 58-kDa peripheral membrane protein (58K) with the Golgi apparatus: Its membrane binding properties related to but distinct from those of COP I coat proteins
        S Torii; K Murakami; K Nakayama
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 1997年02月, 査読有り
      • Interleukin-1 and lipopolysaccharide enhance intercellular adhesion molecule-1 expression in cell lines of human squamous cell carcinoma
        H Fujisawa; K Nakayama; T Nomura; Y Kawachi; F Otsuka
        JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE, 1997年02月, 査読有り
      • The isoforms of proprotein convertase PC5 are sorted to different subcellular compartments
        DeBie, I; M Marcinkiewicz; D Malide; C Lazure; K Nakayama; M Bendayan; NG Seidah
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1996年12月, 査読有り
      • Structure and intracellular localization of mouse ADP-ribosylation factors type 1 to type 6 (ARF1-ARF6)
        M Hosaka; K Toda; H Takatsu; S Torii; K Murakami; K Nakayama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1996年10月, 査読有り
      • Further identification of neurokinin receptor types and mechanisms of calcium signaling evoked by neurokinins in the murine neuroblastoma C1300 cell line
        S Fukuhara; H Mukai; K Kako; K Nakayama; E Munekata
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1996年09月, 査読有り
      • Immunocytochemical localization of prohormone convertases PC1/PC3 and PC2 in rat pancreatic islets
        S Tanaka; S Kurabuchi; H Mochida; T Kato; S Takahashi; T Watanabe; K Nakayama
        ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY, 1996年08月, 査読有り
      • LOCALIZATION OF FURIN TO THE TRANS-GOLGI NETWORK AND RECYCLING FROM THE CELL-SURFACE INVOLVES SER AND TYR RESIDUES WITHIN THE CYTOPLASMIC DOMAIN
        S TAKAHASHI; T NAKAGAWA; T BANNO; T WATANABE; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年11月, 査読有り
      • A 2ND MUTANT ALLELE OF FURIN IN THE PROCESSING-INCOMPETENT CELL-LINE, LOVO - EVIDENCE FOR INVOLVEMENT OF THE HOMO-B DOMAIN IN AUTOCATALYTIC ACTIVATION
        S TAKAHASHI; T NAKAGAWA; K KASAI; T BANNO; SJ DUGUAY; WJM VANDEVEN; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年11月, 査読有り
      • A FAMILY OF KEX2-LIKE ENDOPROTEASES INVOLVED IN PROCESSING OF PRECURSORS FOR BIOLOGICALLY-ACTIVE PEPTIDES AND PROTEINS
        K NAKAYAMA
        SEIKAGAKU, 1995年08月, 査読有り
      • STRAIN-SPECIFIC PRESENCE OF 2 TGN38 ISOFORMS AND ABSENCE OF TGN41 IN MOUSE
        K KASAI; S TAKAHASHI; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年06月, 査読有り
      • CYTOTOXICITY OF BREFELDIN-A CORRELATES WITH ITS INHIBITORY EFFECT ON MEMBRANE-BINDING OF COP COAT PROTEINS
        S TORII; T BANNO; T WATANABE; Y IKEHARA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1995年05月, 査読有り
      • Role of Cathepsin B as Prorenin Processing Enzyme in Human Kidney
        Tatsuo Shinagawa; Yutaka Doi; Kunitake Hashiba; Katsusuke Yano; Kazuhisa Nakayama; Yasuo Uchiyama; Eiki Kominami; Willa A. Hsueh; Kazuo Murakami
        Hypertension Research - Clinical and Experimental, 1995年, 査読有り
      • PACE4A IS A UBIQUITOUS ENDOPROTEASE THAT HAS SIMILAR BUT NOT IDENTICAL SUBSTRATE-SPECIFICITY TO OTHER KEX2-LIKE PROCESSING ENDOPROTEASES
        M HOSAKA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 1994年12月, 査読有り
      • PROPROTEIN-PROCESSING ENDOPROTEASES PC6 AND FURIN BOTH ACTIVATE HEMAGGLUTININ OF VIRULENT AVIAN INFLUENZA-VIRUSES
        T HORIMOTO; K NAKAYAMA; SP SMEEKENS; Y KAWAOKA
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1994年09月, 査読有り
      • FUNCTIONAL EXPRESSION OF INTESTINAL DIPEPTIDE BETA-LACTAM ANTIBIOTIC TRANSPORTER IN XENOPUS-LAEVIS OOCYTES
        TAMAI, I; N TOMIZAWA; A KADOWAKI; T TERASAKI; K NAKAYAMA; H HIGASHIDA; A TSUJI
        BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 1994年08月, 査読有り
      • SEQUENCE REQUIREMENTS FOR ENDOPROTEOLYTIC PROCESSING OF PRECURSOR PROTEINS BY FURIN - TRANSFECTION AND IN-VITRO EXPERIMENTS
        S TAKAHASHI; K HATSUZAWA; T WATANABE; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1994年07月, 査読有り
      • A FURIN-DEFECTIVE CELL-LINE IS ABLE TO PROCESS CORRECTLY THE GP160 OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1
        Y OHNISHI; T SHIODA; K NAKAYAMA; S IWATA; B GOTOH; M HAMAGUCHI; Y NAGAI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1994年06月, 査読有り
      • CLEAVAGE OF PROALBUMIN PEPTIDES BY FURIN REVEALS UNEXPECTED RESTRICTIONS AT THE P-2 AND P'(1), SITES
        SO BRENNAN; K NAKAYAMA
        FEBS LETTERS, 1994年06月, 査読有り
      • 生理活性ペプチドおよびタンパク質前駆体のKex2 様プロセシング酵素ファミリー
        中山 和久
        生物物理, 1994年05月25日
      • FURIN HAS THE PROALBUMIN SUBSTRATE-SPECIFICITY AND SERPIN INHIBITORY PROPERTIES OF AN IN-SITU HEPATIC CONVERTASE
        SO BRENNAN; K NAKAYAMA
        FEBS LETTERS, 1994年01月, 査読有り
      • PURIFICATION OF RECOMBINANT SOLUBLE FORMS OF FURIN PRODUCED IN CHINESE-HAMSTER OVARY CELLS
        K NAKAYAMA
        PROTEOLYTIC ENZYMES: SERINE AND CYSTEINE PEPTIDASES, 1994年, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF PREPROTACHYKININ-B PROCESSING IN HETEROLOGOUS ENDOCRINE CELL-LINES
        K KAKO; E MUNEKATA; T AKUTSU; T WATANABE; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 1993年12月, 査読有り
      • EVIDENCE FOR INVOLVEMENT OF FURIN IN CLEAVAGE AND ACTIVATION OF DIPHTHERIA-TOXIN
        M TSUNEOKA; K NAKAYAMA; K HATSUZAWA; M KOMADA; N KITAMURA; E MEKADA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年12月, 査読有り
      • PROPROTEIN PROCESSING ACTIVITY AND CLEAVAGE SITE SELECTIVITY OF THE KEX2-LIKE ENDOPROTEASE PACE4
        JWM CREEMERS; PJG KORMELINK; AJM ROEBROEK; K NAKAYAMA; WJM VANDEVEN
        FEBS LETTERS, 1993年12月, 査読有り
      • CLONING AND CHARACTERIZATION OF A 23-KDA STRESS-INDUCED MOUSE PERITONEAL MACROPHAGE PROTEIN
        T ISHII; M YAMADA; H SATO; M MATSUE; S TAKETANI; K NAKAYAMA; Y SUGITA; S BANNAI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年09月, 査読有り
      • A MUTATION OF FURIN CAUSES THE LACK OF PRECURSOR-PROCESSING ACTIVITY IN HUMAN COLON-CARCINOMA LOVO CELLS
        S TAKAHASHI; K KASAI; K HATSUZAWA; N KITAMURA; Y MISUMI; Y IKEHARA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1993年09月, 査読有り
      • CLONING AND SEQUENCE-ANALYSIS OF MOUSE CDNAS ENCODING PREPROTACHYKININ-A AND PREPROTACHYKININ-B
        K KAKO; E MUNEKATA; M HOSAKA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 1993年08月, 査読有り
      • PROTEOLYTIC PROCESSING OF THE HEPATOCYTE GROWTH-FACTOR SCATTER FACTOR-RECEPTOR BY FURIN
        M KOMADA; K HATSUZAWA; S SHIBAMOTO; F ITO; K NAKAYAMA; N KITAMURA
        FEBS LETTERS, 1993年08月, 査読有り
      • PROCESSING OF MUTATED PROINSULIN WITH TETRABASIC CLEAVAGE SITES TO MATURE INSULIN REFLECTS THE EXPRESSION OF FURIN IN NONENDOCRINE CELL-LINES
        M YANAGITA; H HOSHINO; K NAKAYAMA; T TAKEUCHI
        ENDOCRINOLOGY, 1993年08月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF AN ISOFORM WITH AN EXTREMELY LARGE CYS-RICH REGION OF PC6, A KEX2-LIKE PROCESSING ENDOPROTEASE
        T NAKAGAWA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        FEBS LETTERS, 1993年07月, 査読有り
      • EXPRESSION OF THE NA+ DEPENDENT URIDINE TRANSPORT-SYSTEM OF RABBIT SMALL-INTESTINE - STUDIES WITH MESSENGER RNA-INJECTED XENOPUS-LAEVIS OOCYTES
        T TERASAKI; A KADOWAKI; H HIGASHIDA; K NAKAYAMA; TAMAI, I; A TSUJI
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1993年05月, 査読有り
      • PROTEIN-SYNTHESIS INHIBITORS INDUCE INTERCELLULAR-ADHESION MOLECULE-1 GENE-EXPRESSION IN HUMAN SQUAMOUS-CELL CARCINOMA CELL-LINES
        H FUJISAWA; K NAKAYAMA; T NOMURA; F OTSUKA
        BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 1993年04月, 査読有り
      • POSITIONAL AND ADDITIVE EFFECTS OF BASIC-AMINO-ACIDS ON PROCESSING OF PRECURSOR PROTEINS WITHIN THE CONSTITUTIVE SECRETORY PATHWAY
        T WATANABE; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        FEBS LETTERS, 1993年04月, 査読有り
      • IDENTIFICATION AND FUNCTIONAL EXPRESSION OF A NEW MEMBER OF THE MAMMALIAN KEX2-LIKE PROCESSING ENDOPROTEASE FAMILY - ITS STRIKING STRUCTURAL SIMILARITY TO PACE4
        T NAKAGAWA; M HOSAKA; S TORII; T WATANABE; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1993年02月, 査読有り
      • LOCALIZATION OF KEX2-LIKE PROCESSING ENDOPROTEASES, FURIN AND PC4, WITHIN MOUSE TESTIS BY INSITU HYBRIDIZATION
        S TORII; T YAMAGISHI; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        FEBS LETTERS, 1993年01月, 査読有り
      • Processing enzymes for precursors of biologically active peptides and proteins: Kex2-like endoproteases in higher eukaryotes
        Nakayama K
        Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 1993年, 査読有り
      • Processing of mutated proinsulin with tetrabasic cleavage sites to mature insulin reflects the expression of furin in nonendocrine cell lines
        M. Yanagita; H. Hoshino; K. Nakayama; T. Takeuchi
        Endocrinology, 1993年, 査読有り
      • PROTEOLYTIC CLEAVAGES OF PROALBUMIN AND COMPLEMENT PRO-C3 INVITRO BY A TRUNCATED SOLUBLE FORM OF FURIN, A MAMMALIAN HOMOLOG OF THE YEAST KEX2 PROTEASE
        K ODA; Y MISUMI; Y IKEHARA; SO BRENNAN; K HATSUZAWA; K NAKAYAMA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1992年12月, 査読有り
      • MAMMALIAN SUBTILISIN-RELATED PROTEINASES IN CLEAVAGE ACTIVATION OF THE PARAMYXOVIRUS FUSION GLYCOPROTEIN - SUPERIORITY OF FURIN PACE TO PC2 OR PC1/PC3
        B GOTOH; Y OHNISHI; NM INOCENCIO; E ESAKI; K NAKAYAMA; PJ BARR; G THOMAS; Y NAGAI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • PROCESSING OF MUTATED PROINSULIN WITH TETRABASIC CLEAVAGE SITES TO BIOACTIVE INSULIN IN THE NONENDOCRINE CELL-LINE, COS-7
        M YANAGITA; K NAKAYAMA; T TAKEUCHI
        FEBS LETTERS, 1992年10月, 査読有り
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF FURIN, A KEX2-LIKE PROCESSING ENDOPROTEASE, PRODUCED IN CHINESE-HAMSTER OVARY CELLS
        K HATSUZAWA; M NAGAHAMA; S TAKAHASHI; K TAKADA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年08月, 査読有り
      • CONSENSUS SEQUENCE FOR PRECURSOR PROCESSING AT MONO-ARGINYL SITES - EVIDENCE FOR THE INVOLVEMENT OF A KEX2-LIKE ENDOPROTEASE IN PRECURSOR CLEAVAGES AT BOTH DIBASIC AND MONO-ARGINYL SITES
        K NAKAYAMA; T WATANABE; T NAKAGAWA; WS KIM; M NAGAHAMA; M HOSAKA; K HATSUZAWA; K KONDOHHASHIBA; K MURAKAMI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年08月, 査読有り
      • SEQUENCE REQUIREMENTS FOR PRECURSOR CLEAVAGE WITHIN THE CONSTITUTIVE SECRETORY PATHWAY
        T WATANABE; T NAKAGAWA; J IKEMIZU; M NAGAHAMA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年04月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF THE 4TH MEMBER OF THE MAMMALIAN ENDOPROTEASE FAMILY HOMOLOGOUS TO THE YEAST KEX2 PROTEASE - ITS TESTIS-SPECIFIC EXPRESSION
        K NAKAYAMA; WS KIM; S TORII; M HOSAKA; T NAKAGAWA; J IKEMIZU; T BABA; K MURAKAMI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年03月, 査読有り
      • MOLECULAR AND ENZYMATIC-PROPERTIES OF FURIN, A KEX2-LIKE ENDOPROTEASE INVOLVED IN PRECURSOR CLEAVAGE AT ARG-X-LYS ARG-ARG SITES
        K HATSUZAWA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1992年03月, 査読有り
      • EXPRESSION OF MOUSE CYSTINE TRANSPORTER IN XENOPUS OOCYTES
        T ISHII; K NAKAYAMA; H SATO; K MIURA; M YAMADA; M MATSUE; Y SUGITA; S BANNAI
        FRONTIERS AND NEW HORIZONS IN AMINO ACID RESEARCH, 1992年, 査読有り
      • EVIDENCE THAT DIFFERENTIATES BETWEEN PRECURSOR CLEAVAGES AT DIBASIC AND ARG-X-LYS/ARG-ARG SITES
        M NAGAHAMA; J IKEMIZU; Y MISUMI; Y IKEHARA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1991年11月, 査読有り
      • THE PRESENCE OF 2 TYPES OF PRORENIN CONVERTING ENZYMES IN THE MOUSE SUBMANDIBULAR-GLAND
        WS KIM; K NAKAYAMA; K MURAKAMI
        FEBS LETTERS, 1991年11月, 査読有り
      • MOUSE SUBMANDIBULAR-GLAND PRORENIN-CONVERTING ENZYME IS A MEMBER OF GLANDULAR KALLIKREIN FAMILY
        WS KIM; K NAKAYAMA; T NAKAGAWA; Y KAWAMURA; K HARAGUCHI; K MURAKAMI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年10月, 査読有り
      • EXPRESSION OF THE MOUSE MACROPHAGE CYSTINE TRANSPORTER IN XENOPUS-LAEVIS OOCYTES
        T ISHII; K NAKAYAMA; H SATO; K MIURA; M YAMADA; K YAMADA; Y SUGITA; S BANNAI
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 1991年08月, 査読有り
      • ARG-X-LYS/ARG-ARG MOTIF AS A SIGNAL FOR PRECURSOR CLEAVAGE CATALYZED BY FURIN WITHIN THE CONSTITUTIVE SECRETORY PATHWAY
        M HOSAKA; M NAGAHAMA; WS KIM; T WATANABE; K HATSUZAWA; J IKEMIZU; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年07月, 査読有り
      • CLONING AND FUNCTIONAL EXPRESSION OF A NOVEL ENDOPROTEASE INVOLVED IN PROHORMONE PROCESSING AT DIBASIC SITES
        K NAKAYAMA; M HOSAKA; K HATSUZAWA; K MURAKAMI
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1991年06月, 査読有り
      • Sequence requirements for prohormone processing in mouse pituitary AtT‐20 cells: Analysis using prorenins as model substrates
        NAGAHAMA M; NAKAYAMA K; MURAKAMI K
        European Journal of Biochemistry, 1991年04月, 査読有り
      • STRUCTURE AND EXPRESSION OF MOUSE FURIN, A YEAST KEX2-RELATED PROTEASE - LACK OF PROCESSING OF COEXPRESSED PRORENIN IN GH4C1 CELLS
        K HATSUZAWA; M HOSAKA; T NAKAGAWA; M NAGASE; A SHODA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年12月, 査読有り
      • SUBSTRATE-SPECIFICITY OF PRORENIN CONVERTING ENZYME OF MOUSE SUBMANDIBULAR-GLAND - ANALYSIS USING SITE-DIRECTED MUTAGENESIS
        K NAKAYAMA; WS KIM; T NAKAGAWA; M NAGAHAMA; K MURAKAMI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年12月, 査読有り
      • STRUCTURE AND EXPRESSION OF MOUSE FURIN, A YEAST KEX2-RELATED PROTEASE - LACK OF PROCESSING OF COEXPRESSED PRORENIN IN GH4C1 CELLS
        K HATSUZAWA; M HOSAKA; T NAKAGAWA; M NAGASE; A SHODA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年12月, 査読有り
      • THE INFLUENCE OF GLYCOSYLATION ON THE FATE OF RENIN EXPRESSED IN XENOPUS OOCYTES
        K NAKAYAMA; K HATSUZAWA; WS KIM; K HASHIBA; T YOSHINO; H HORI; K MURAKAMI
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1990年07月, 査読有り
      • PURIFICATION OF MOUSE REN-2 PRORENIN PRODUCED IN CHINESE HAMSTER OVARY CELLS
        K HATSUZAWA; WS KIM; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1990年06月, 査読有り
      • EFFECTS OF PROPEPTIDE DELETION ON HUMAN RENIN SECRETION FROM MOUSE PITUITARY ATT-20 CELLS
        M NAGAHAMA; K NAKAYAMA; K MURAKAMI
        FEBS LETTERS, 1990年05月, 査読有り
      • A PROCESSING ENZYME FOR PRORENIN IN MOUSE SUBMANDIBULAR-GLAND - PURIFICATION AND CHARACTERIZATION
        WS KIM; K HATSUZAWA; Y ISHIZUKA; K HASHIBA; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1990年04月, 査読有り
      • EXPRESSION OF A DELETION MUTANT OF THE PROSEGMENT OF HUMAN PRORENIN IN CHINESE-HAMSTER OVARY CELLS
        M NAGAHAMA; K NAKAYAMA; H HORI; K MURAKAMI
        FEBS LETTERS, 1989年12月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF A CDNA CODING FOR MOUSE REN1 PREPRORENIN
        WS KIM; K MURAKAMI; K NAKAYAMA
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1989年11月, 査読有り
      • PRORENIN IS SORTED INTO THE REGULATED SECRETORY PATHWAY INDEPENDENT OF ITS PROCESSING TO RENIN IN MOUSE PITUITARY ATT-20 CELLS
        K NAKAYAMA; M NAGAHAMA; WS KIM; K HATSUZAWA; K HASHIBA; K MURAKAMI
        FEBS LETTERS, 1989年10月, 査読有り
      • TISSUE DISTRIBUTION AND CHARACTERIZATION OF PRORENIN-CONVERTING ENZYME IN MOUSE
        K NAKAYAMA; WS KIM; K HATSUZAWA; K HASHIBA; K MURAKAMI
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年01月, 査読有り
      • Control of kininogen gene expression.
        Nakanishi S; Kitamura N; Ohkubo H; Kakizuka A; Kageyama R; Masu Y; Nakayama K
        Advances in experimental medicine and biology, 1989年, 査読有り
      • EFFECT OF CHANGES IN SODIUM-BALANCE ON RENIN, ANGIOTENSINOGEN AND ATRIAL NATRIURETIC FACTOR MESSENGER-RNA LEVELS IN RATS
        H IWAO; K FUKUI; S KIM; K NAKAYAMA; H OHKUBO; S NAKANISHI; Y ABE
        JOURNAL OF HYPERTENSION, 1988年12月, 査読有り
      • SODIUM-BALANCE EFFECTS ON RENIN, ANGIOTENSINOGEN, AND ATRIAL NATRIURETIC POLYPEPTIDE MESSENGER-RNA LEVELS
        H IWAO; K FUKUI; S KIM; K NAKAYAMA; H OHKUBO; S NAKANISHI; Y ABE
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 1988年08月, 査読有り
      • STRUCTURE OF THE RAT RENIN GENE
        A FUKAMIZU; K NISHI; T CHO; M SAITOH; K NAKAYAMA; H OHKUBO; S NAKANISHI; K MURAKAMI
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1988年05月, 査読有り
      • EXPRESSION OF 2 DIFFERENT TACHYKININ RECEPTORS IN XENOPUS OOCYTES BY EXOGENOUS MESSENGER-RNAS
        Y HARADA; T TAKAHASHI; M KUNO; K NAKAYAMA; Y MASU; S NAKANISHI
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 1987年10月, 査読有り
      • CDNA CLONING OF BOVINE SUBSTANCE-K RECEPTOR THROUGH OOCYTE EXPRESSION SYSTEM
        Y MASU; K NAKAYAMA; H TAMAKI; Y HARADA; M KUNO; S NAKANISHI
        NATURE, 1987年10月, 査読有り
      • CLONING AND SEQUENCE-ANALYSIS OF CDNA FOR MOUSE PROLACTIN
        T HARIGAYA; K NAKAYAMA; H OHKUBO; S NAKANISHI; H SEO; K HOSHINO
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1986年10月, 査読有り
      • TISSUE DISTRIBUTION OF RAT ANGIOTENSINOGEN MESSENGER-RNA AND STRUCTURAL-ANALYSIS OF ITS HETEROGENEITY
        H OHKUBO; K NAKAYAMA; T TANAKA; S NAKANISHI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1986年01月, 査読有り
      • PURIFICATION AND PROPERTIES OF EXTRACELLULAR POLY(3-HYDROXYBUTYRATE) DEPOLYMERASES FROM PSEUDOMONAS-LEMOIGNEI
        K NAKAYAMA; T SAITO; T FUKUI; Y SHIRAKURA; K TOMITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1985年, 査読有り
      • MESSENGER-RNA SEQUENCE FOR HUMAN CARDIODILATIN-ATRIAL NATRIURETIC FACTOR PRECURSOR AND REGULATION OF PRECURSOR MESSENGER-RNA IN RAT ATRIA
        K NAKAYAMA; H OHKUBO; T HIROSE; S INAYAMA; S NAKANISHI
        NATURE, 1984年, 査読有り
      • AN EXTRACELLULAR D(-)-3-HYDROXYBUTYRATE OLIGOMER HYDROLASE FROM ALCALIGENES-FAECALIS
        Y SHIRAKURA; T FUKUI; T TANIO; K NAKAYAMA; R MATSUNO; K TOMITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1983年, 査読有り

      MISC

      • 輸送小胞の形成と低分子量GTP結合タンパク質ARF
        中山 和久
        日本内分泌学会雑誌, 1997年04月20日
      • アダプタータンパク質GGAの構造と機能 (第25回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム--ダイナミックインターフェイスとしての生体膜 講演要旨集)
        中山 和久; 芝 陽子; 加藤 洋平
        薬学雑誌, 2003年11月13日
      • 遺伝子解析による疾病発症のメカニズム解明および創薬 マウスマスト細胞の成熟に伴う特異的機能の獲得に関与する遺伝子発現
        高野裕嗣; 田中智之; 中沢俊介; 奥野恭史; 辻本豪三; 市川厚; 中山和久; 杉本幸彦
        日本薬学会年会要旨集, 2006年03月06日
      • P-38-A Predominant expression of the short form of GGA3 in human cell lines and tissues(THE JOINT MEETING OF THE 44TH ANNUAL MEETING OF THE JAPAN SOCIETY OF HISTOCHEMISTRY AND CYTOCHEMISTRY AND THE 35TH ANNUAL MEETING OF THE CLINICAL ELECTRON MICROSCOPY SOCIETY OF JAPAN) :
        Waguri Satoshi; Wakasugi Masaki; Kametaka Satoshi; Tomiyama Yuji; Kanamori Shiro; Shiba Yoko; Nakayama Kazuhisa; Uchiyama Yasuo
        Acta histochemica et cytochemica, 2004年
      • ヒト細胞株と組織におけるGGA3短型の優性発現(Predominant expression of the short form of GGA3 in human cell lines and tissues)
        和栗 聡; 若杉 正樹; 亀高 諭; 富山 雄二; 金森 市朗; 芝 陽子; 中山 和久; 内山 安男
        日本組織細胞化学会・日本臨床電子顕微鏡学会合同学術集会講演プログラム・予稿集, 2003年10月
      • VIPアッセイーウエスタンいらずのタンパク質間相互作用解析法
        加藤 洋平; 中山和久
        実験医学, 2017年01月, 招待有り
      • Regulation of ciliary retrograde protein trafficking by Joubert syndrome proteins Arl13b and INPP5E
        S. Nozaki; Y. Katoh; K. Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年
      • Phospholipid flippase ATP10A, a member of type IV P-type ATPases, translocates phosphatidylcholine and is involved in plasma membrane dynamics.
        T. Naito; H. Takatsu; R. Miyano; N. Takada; K. Nakayama; H. Shin
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年
      • Architectures of the BBSome, IFT-B, and Exocyst Complexes Revealed by Visible Immunoprecipitation (VIP) Assay Using Fluorescent Fusion Proteins
        Kazuhisa Nakayama
        FASEB Science Research Conference, “Biology o f Cilia and Flagella”, 2015年07月
      • リサイクリングエンドソームを介する輸送経路におけるタンパク質とリン脂質の協調的作用.
        日本生化学会, 2013年09月
      • Roles of Arf and Rab GTPases in cytokinesis.
        Nakayama,K
        FASEB, 2013年07月
      • Membrane remodeling in post-Golgi trafficking.
        日本細胞生物学会, 2013年06月
      • ゴルジ体に局在する低分子量GTPase ARFの機能の再考
        第84回日本生化学会大会シンポジウム, 2011年09月
      • Mitosis-Coupled Sequestration of Recycling Endosomes around Spindle Pole Centrosomes
        第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学 会大会合同大会シンポジウム, 2010年12月
      • 紡錘体極中心体のまわりに形成されるリサイクリングエンドソームのクラスター.
        第115回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム, 2010年03月
      • RabファミリーとArfファミリーの低分子量GTPaseによる細 胞質分裂の調節
        第82回日本生化学会大会シンポジウム, 2009年10月
      • タンパク質の細胞膜への輸送とエンドサイトー シスの調節
        第82回日本薬理学会年会シンポジウム, 2009年03月
      • 低分 子量GTPaseによるリサイクリングエンドソーム機能と細胞質分裂 の調節
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学 会大会合同大会シンポジウム, 2008年12月
      • FIP3、FIP4によるRab11とARFの機能のクロスト ーク
        日本分子生物学会2006 フォーラムシンポジウム, 2006年12月
      • ARFによるメンブレントラフィックの調節 (特集 メンブレントラフィック研究の新局面--いま明かされる細胞内輸送の仕組み)
        申 惠媛; 中山 和久
        細胞工学, 2006年11月
      • ヒスタミン合成の欠損によるマスト細胞の顆粒形成異常のメカニズムの解析
        田中 智之; 中沢 俊介; 土屋 創健; 高野 裕嗣; 奥野 恭史; 辻本 豪三; 中山 和久; 市川 厚; 杉本 幸彦
        日本薬学会年会要旨集, 2006年03月
      • タンパク質のユビキチン化とメンブレントラフィックの共役
        第28回日本分子生物学会年会シンポジウム, 2005年12月
      • Cellular and subcellular localization of EFA6C, a third member of the EFA6 family, in adult mouse Purkinje cells (vol 95, pg 1215, 2005)
        S Matsuya; H Sakagami; A Tohgo; Y Owada; HW Shin; H Takeshima; K Nakayama; S Kokubun; H Kondo
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2005年11月
      • Analyses of interaction of FlP3 and FIP4 with Rab11 and ARFs and their roles in membrane traffic
        Hiroshi Koga; Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • Tom1-Tollip complex regulates clathrin-mediated endosomal protein sorting
        Yohei Katoh; Hitoshi Intakalzur; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • GAT (GGA and Tom1) domain responsible for ubiquitin binding and ubiquitination
        Y Shiba; Y Katoh; T Shiba; S Wakatsuki; K Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月
      • BIG2 function on the endosomal compartment
        Hye-Won Shin; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • The subcellular localization and the role of ARF-related protein (ARF-RP)
        O. Hye-Won Shin; Hiromi Kobayashi; Kazuhisa Nakayama
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • Stabilin-1 is involved in endocytic and sorting process in human macrophages
        J Kzhyshkowska; A Gratchev; JH Martens; O Pervushina; S Mamidi; S Johansson; K Schledzewski; B Hansen; He, X; J Tang; K Nakayama; S Goerdt
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2004年
      • GAT (GGA and Tom1) ドメイン:新奇のユビキチン結合ドメイン
        第56回日本細胞生物学会大会, 2003年05月
      • タンパク質の輸送と細胞内局在、タンパク質がわかる
        中山和久; 申惠媛; 中村暢宏
        わかる実験医学シリーズ, 2003年
      • Regulation of membrane trafficking by ARF-GEFs
        K Nakayama; C Shinotsuka; K Kawamoto; Y Yoshida
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2002年11月
      • ARF-GEFによるメンブレントラフィックの調節
        第75回日本生化学会大会シンポジウム, 2002年10月
      • GGA proteins interact with acidic dileucine sequences within the cytoplasmic domains of sorting receptors through their VHS domains
        H Takatsu; Y Katoh; Y Shiba; K Nakayama
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2001年11月
      • Overexpression of an ARF-guanine nucleotide exchange factor, BIG2, uncouples brefeldin A-induced AP-1 coat dissociation and membrane tubulation
        K Nakayama; C Shinotsuka; Y Yoshida; K Kawamoto
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2001年11月
      • GGA蛋白質のVHSドメインとTGNに局在する選別輸送受容体の酸性ジロイシン・モチーフとの相互作用
        第74回日本生化学会大会シンポジウム, 2001年10月
      • 低分子量GTP結合蛋白質ARFによる細胞内小胞輸送の調節
        第48回毒素シンポジウム, 2001年07月
      • gamma-Adaptin interacts directly with Rabaptin-5 through its ear domain
        K Nakayama; Y Shiba; H Takatsu; HW Shin
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2000年12月
      • ARFとそのグアニンヌクレオチド交換因子の機能
        第53回日本細胞生物学会大会シンポジウム, 2000年11月
      • GGAタンパク質ファミリー:新奇のARFエフェクター.
        第73回日本生化学会大会シンポジウム, 2000年10月
      • THE C-TERMINAL DOMAIN OF THE PRO-PROTEIN CONVERTASE PC5 IS INVOLVED IN ITS INTRACELLULAR ROUTING IN ATT-20 CELLS
        DEBIE, I; M MARCINKIEWICZ; R DAY; K NAKAYAMA; NG SEIDAH
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 1995年11月
      • RENIN MESSENGER-RNA AND ATRIAL-NATRIURETIC-PEPTIDE (ANP) MESSENGER-RNA LEVELS IN SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS
        H IWAO; S KIM; S NAKANISHI; K NAKAYAMA; H OHKUBO; K FUKUI; Y ABE
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1986年

      講演・口頭発表等

      • 繊毛内タンパク質輸送複合体の構築様式と機能.
        中山 和久
        第41回蛋白質の酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2016年09月, 日本生化学会
      • Trafficking Machineries within Cilia: Arc hitectures and Functions of the IFT-A and IFT-B complexes.
        中山 和久
        68回日本細胞生物学会大会シンポジウム「高次生命機能を司るメンブレ ントラフィック:分子基盤からその破綻による疾患発症の理解に向けて」, 2016年06月, 日本細胞生物学会
      • Regulation of cell division by membrane traffic involving Rab and Arf families of small GTPases
        Kazuhisa Nakayama
        International Symposium: Epigenetic Landscape in Biological Rhythms, “RNA and Clock”, 2015年03月
      • Architecture of multi-subunit complexes involved in membrane trafficking revealed by visible immunopreci pitation (VIP) assay.
        Kazuhisa Nakayama
        The 18th iCeMS International Symposium/The 15th International Membrane Research Forum., 2015年03月
      • メンブレントラフィックと連動する動物細胞の細胞質分裂
        中山 和久
        第66回日本細胞生物学会大会シンポジウム, 2014年06月, 日本細胞生物学会
      • メンブレントラフィックと共役する多様な細胞機能の調節.
        中山 和久
        第80回日本生化学会東北支部例会シンポジウム, 2014年05月, 日本生化学会
      • Regulation of cytokinesis coupled with membrane traffic.
        Kazuhisa Nakayama
        Regulation of cytokinesis coupled with membrane traffic. International Symposium of Insect Biomedical Research Center in KIT,, 2014年
      • メンブレントラフィックと共役する細胞分裂の調節
        中山 和久
        第86回日本生化学会大会シンポジウム, 2013年09月, 日本生化学会
      • 細胞分裂におけるメンブレントラフィックの役割:細胞生物学と構造生物学の融合研究
        中山和久
        第1回物構研サイエンスフェスタ, 2013年03月, KEK 物質構造科学研究所
      • 細胞分裂時のオルガネラ分配の調節
        中山和久
        千里ライフサイエンスセミナー:生命科学を支えるオルガネラ研究の新展開, 2011年09月, 千里ライフサイエンス振興財団
      • Regulation of Arf6 and Rab11 during cell division
        FASEB Summer Research Conference, “Arf Family G Proteins”. Carefree, 2010年08月, FASEB
      • Positive and negative regulation of membrane traffic during cell division.
        緒方洪庵生誕200周年記念国際シンポジウム, 2010年07月, 大阪大学
      • ARFRP1 and ARL1 independently regulate membrane trafficking ‘from’ and ‘to’ the TGN.
        International Symposium on Membrane Traffic, 2007年09月
      • Distinct and redundant functions of BIG1 and BIG2 in TGN and recycling endosome
        FASEB Summer Research/CNRS Conference “Arf Family GTPases”., 2007年06月, FASEB
      • Regulation of membrane trafficking between the TGN and endosomes by ARF-GEFs. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
        Symposium "Regulating Membrane Traffic to Endosomes/Lysosomes", 2006年06月, 日本分子生物学会
      • BIG2, a Guanine Nucleotide Exchange Factor for ADP-Ribosylation Factors: Its Function at the Recycling Endosome.
        第78回日本生化学会大会ミニシンポジウム, 2005年10月, 日本生化学会
      • GGAs: Traffic controllers at the TGN crossroads.
        International Symposium “Membrane Traffic”, 2005年01月
      • GGAタンパク質:TGN-エンドソーム間の輸送を制御するクラスリン・アダプター
        公開シンポジウム「蛋白質分解:新たなる展開をめざして」., 2004年09月, 特定領域研究:蛋白質分解-新しいモディファイアー蛋白質による制御-
      • Regulation of membrane trafficking by ARF-GEFs.
        Third International Symposium on Autophagy., 2002年09月
      • Functions of BIG2 and GBF1, Guanine-nucleotide Exchange factors for ARFs.
        Symposium “Molecular Mechanisms of Intracellular Membrane Traffic”, 2002年01月

      書籍等出版物

      • レーニンジャーの新生化学:生化学と分子生物学の基本原理(第7版下)
        中山 和久, 編者(編著者)
        廣川書店, 2019年05月, 査読無し
      • レーニンジャーの新生化学:生化学と分子生物学の基本原理(第7版上)
        中山 和久, 編者(編著者)
        廣川書店, 2019年05月, 査読無し
      • くすりをつくる研究者の仕事:薬のタネ探しから私たちに届くまで
        中山 和久, 7-33
        化学同人, 2017年03月, 査読無し
      • Arfファミリーによるメンブレントラフィックの調節.メンブレントラフィック:膜・小胞による細胞内輸送ネッ トワーク
        中山 和久, 104-119
        化学同人, 2016年07月, 査読無し
      • レーニンジャーの新生化学:生化学と分子生物学の基本原理(第6版下)
        中山 和久, 編者(編著者)
        廣川書店, 2015年03月, 査読無し
      • レーニンジャーの新生化学:生化学と分子生物学の基本原理(第6版上)
        中山 和久, 編者(編著者)
        廣川書店, 2015年03月, 査読無し
      • 基礎コース細胞生物学
        中山 和久, 共訳, 18. 機械的分子
        東京化学同人, 2013年09月, 査読無し
      • プロッパー細胞生物学:細胞の基本原理を学ぶ
        中山和久, 編者(編著者)
        化学同人, 2013年03月, 査読無し
      • ベーシック薬学教科書シリーズ 生化学
        中山 和久, 共著, 2章 細胞の構造と細胞小器官の役割
        化学同人, 2012年04月, 査読無し
      • 遺伝子医学MOOK20:ナノバイオ技術と最新創薬応用研究
        中山 和久, 共著, メンブレントラフィックによる細胞分裂制御機構の解明
        メディカルドゥ, 2012年01月, 査読無し
      • レーニンジャーの新生化学(第5版上,下)
        中山和久編集, 編者(編著者)
        廣川書店, 2010年, 査読無し

      受賞

      • 2017年
        日本生化学会, 日本生化学会JB論文賞
      • 2001年
        日本生化学会, 日本生化学会JB論文賞
      • 1994年
        日本生化学会, 日本生化学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 繊毛内と細胞質を隔てるトランジション・ゾーンの構築様式と選択的タンパク質透過機構
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        繊毛内タンパク質輸送;繊毛病;タンパク質間相互作用;CRISPR/CAS9システム;トランジション・ゾーン;繊毛;トランジションゾーン;CRISPR/Cas9システム
      • 繊毛内タンパク質輸送複合体の構築様式と機能の相関:繊毛病の分子基盤
        基盤研究(A)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        中山 和久
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        繊毛;タンパク質複合体;タンパク質輸送;繊毛病;繊毛内タンパク質輸送;タンパク質間相互作用;CRISPR/CAS9システム;CRISPR/Cas9システム
      • 観るだけでわかるタンパク質間相互作用のハイスループット解析法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        中山 和久
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        タンパク質間相互作用;GFP;Nanobody;繊毛内タンパク質輸送複合体;マイクロプレート;ポリスチレン親和性タグ
      • 繋留複合体とSNARE複合体の連動による小胞輸送の調節
        基盤研究(B)
        京都大学
        中山 和久
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        小胞輸送;SNAREタンパク質;Exocyst複合体;IFT-B複合体;SNARE;Exorcist;VIPアッセイ;IFT複合体;細胞・組織;細胞内タンパク質輸送;タンパク質複合体
      • タンパク質間相互作用解析とイメージングに基づく繊毛形成と繊毛内輸送機構の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        細胞・組織;シグナル伝達;繊毛;タンパク質間相互作用;タンパク質輸送
      • 生細胞でのイメージングを基盤とするシリアの形成とタンパク質輸送機構の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        シリア;小胞輸送;ライブセル・イメージング;BBSome;一次繊毛;Rab;Arf;イメージング
      • 細胞運動の調節における小胞輸送と細胞骨格リモデリングの共役
        基盤研究(B)
        京都大学
        中山 和久
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        メンブレントラフィック;小胞輸送;細胞骨格;細胞運動;細胞分裂;低分子量GTPase;細胞質分裂;Arfaptin;Arl1;Rac1;BARドメイン
      • ARF-COPI輸送系が関与する新たな細胞機能の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        完了
        メンブレントラフィック;小胞輸送;COPI;Arf;脂肪滴
      • 細胞質分裂の調節における低分子量GTPaseとそのエフェクターの役割
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        完了
        細胞質分裂;Rab11;Arf6;小胞輸送;メンブレントラフィック;ミッドボディー;ミッドボデイー;低分子量GTPase;ARF;Rab
      • 低分子量GTPaseによる細胞内小胞輸送とユビキチン化の調節
        基盤研究(A)
        京都大学
        中山 和久
        完了
        小胞輸送;メンブレントラフィック;低分子量GTPase;ユビキチン;細胞質分裂;Arf6;ゴルジ体;エンドサイトーシス;Rab11;クラスリン
      • ARFおよびARLの活性化定量法および細胞内局在決定法の開発
        萌芽研究
        京都大学
        中山 和久
        完了
        GGA;ARF;X線結晶構造解析;小胞輸送;ARF-GEF;アダプター;GATドメイン;BIG2
      • 活性型ARFの定量法および細胞内局在決定法の開発
        萌芽研究
        京都大学
        中山 和久
        完了
        GGA;ARF;X線結晶構造解析;小胞輸送;ARF-GEF;アダプター;GATドメイン;ユビキチン
      • 多機能アダプター蛋白質GGAの細胞内小胞輸送における役割
        基盤研究(A)
        京都大学
        中山 和久
        完了
        細胞・組織;生体分子;蛋白質;薬学;GGA;GATドメイン;ユビキチン;小胞輸送;X線結晶構造解析;Tom1;Tollip, Cells and tissues;Biomolecules;Proteins;Pharmaceutical sciences
      • ゴルジ体を中心とするメンブレントラフィックの制御機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        中山 和久
        完了
        ARF;Rab;メンブレントラフィック;小胞輸送;細胞・組織;生体分子;蛋白質;薬学;BIG2;TGN;エンドソーム;GGA;Tom1;GATドメイン;ユビキチン;X線結晶構造解析
      • 「メンブレントラフィック-分子機構から高次機能への展開」の取りまとめ
        特定領域研究
        生物系
        独立行政法人理化学研究所;金沢大学
        大野 博司
        完了
        メンブレントラフィック;小胞輸送;細胞内膜系;オートファジー;調節性分泌;オルガネラ;分泌系;ポストゴルジ;細胞・組織;蛋白質;細胞内輸送;細胞生物学
      • 低分子量GTP結合蛋白質ARFの活性型の定量法の開発
        萌芽的研究
        筑波大学
        中山 和久
        完了
        GGA;ARF;X線結晶構造解析;小胞輸送;ARF-GEF;アダプター
      • 細胞運動およびがん化におけるRho-mDia-Src系の機能と作用機構の解明
        特定領域研究(C)
        生物系
        (財)国際科学振興財団
        富永 知子
        完了
        Rho;mDia;がん化;浸潤・転移;細胞接着;Rhoキナーゼ;Src
      • 軸索伸長におけるRho-mDiaを介する低分子量G蛋白質間の協調作用の解明
        特定領域研究
        生物系
        (財)国際科学振興財団
        富永 知子
        完了
        神経科学;脳・神経;発生・分化;Rho;mDia;Rhoキナーゼ;成長円錐;軸索伸展
      • クラスリン・アダプター様タンパク質の細胞内タンパク質輸送における役割
        特定領域研究(B)
        生物系
        京都大学;筑波大学
        中山 和久
        完了
        クラスリン;アダプター;GGA;ARF;小胞輸送;ラバプチン5;γ-シナージン;マンノース6リン酸受容体;GGAタンパク質;チロシン・シグナル, clathrin;adapter;GGA;ARF;vesicular transtport;rabaptin-5;γ-synergin;mannose 6-phosphate receptor
      • 細胞内輸送小胞の形成におけるGTP結合タンパク質の役割
        基盤研究(B)
        筑波大学
        中山 和久
        完了
        GTP結合タンパク質;小胞輸送;ARF;グアニンヌクレオチド交換因子;GGAタンパク質;ダイナミン;エンドサイトーシス;ADP-リボシル化因子;小胞体, GTP-binding protein;vesicular transport;ARF;guanine nucleotide exchange factor;GGA protein;dynamin;endocytosis
      • 細胞内小胞輸送における低分子量GTP結合蛋白質および3量体G蛋白質の役割
        基盤研究(C)
        筑波大学
        中山 和久
        完了
        ADPリボシル因子;低分子量GTP結合蛋白質;小胞輸送
      • 生理活性ペプチド前駆体のプロセシング酵素に関する研究
        一般研究(C)
        筑波大学
        中山 和久
        完了
        プロセシング酵素;kex2プロテアーゼ;furin;塩基性アミノ酸対;Kex2プロテアーゼ;Kex2 プロテアーゼ;プロホルモン, Processing endoprotease;Kex2 protease;furin;paired basic amino acids
      • レニンとその前駆体の高次構造と機能
        特別推進研究
        筑波大学
        村上 和雄
        完了
        レニン;プロレニン;アンジオテンシノーゲン;X線結晶解析;発生工学;プロセッシング;トランスジェニック・マウス;高血圧;高血圧マウス;遺伝子工学;プロテイン・エンジニアリング;組織特異的発現, Renin;Prorenin;Angiotensinogen;X ray analysis;Embryonic Engineering;Processing;Transgenic mice;Hypertension
      • 新しいペプチドないしタンパク性神経作動因子の研究
        一般研究(A)
        筑波大学
        宗像 英輔
        完了
        神経作動因子;PC12h;ニュ-ロキニン群;プロニュ-ロキニンB;免疫組織化学;構造解析;EGF;構造活性相関;神経ペプチド;神経蛋白;神経成長因子;腸管ペプチド;スクリ-ニング;アミノ酸配列;神経活性蛋白;神経突起伸長活性;副腎髄質クロム親和細胞;アミノ酸配列決定

      外部資金:その他

      • 繊毛内タンパク質輸送複合体とモータータンパク質の機能的相互作用 (2021年度分)
        独立行政法人 日本学術振興会, 国際共同研究事業英国との共同研究プログラム(UKRI)
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表者
      • 繊毛内タンパク質輸送複合体とモータータンパク質の機能的相互作用 (平成30年度分)
        国際共同研究事業英国との共同研究プログラム(UKRI)
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        中山 和久
      • 繊毛内タンパク質輸送複合体とモータータンパク質の機能的相互作用 (2019年度分)
        国際共同研究事業英国との共同研究プログラム(UKRI)
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        中山 和久
      • 繊毛内タンパク質輸送複合体とモータータンパク質の機能的相互作用 (2020年度分)
        国際共同研究事業英国との共同研究プログラム(UKRI)
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        中山 和久
      list
        Last Updated :2022/08/05

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生物化学実験技術
          1207, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生命科学概論
          1027, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体情報薬学実験
          3206, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          「薬の世界」入門
          U129, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生物科学概論
          8103, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体情報薬学実習
          4206, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究概論
          6002, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          衛生薬学II(環境衛生学)
          C213, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習[生体情報制御学]
          B811, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          衛生薬学2(環境衛生学)
          A213, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          衛生薬学I(健康化学)
          C212, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(生体情報制御学)
          D142, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          衛生薬学1(健康化学)
          A212, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体情報薬学演習
          2306, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(生体情報制御学)
          8142, 通年, 薬学部, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物化学II(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          衛生薬学II(環境衛生学)
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          衛生薬学I(衛生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生物化学特論Ⅰ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬つくりにおける生命科学の役割
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物化学II(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬つくりにおける生命科学の役割
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          衛生薬学II(環境衛生学)
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          衛生薬学I(衛生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物学I(細菌学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物学1(細菌学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物学1(細菌学)
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          偏見・差別・人権
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬つくりにおける生命科学の役割
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          偏見・差別・人権
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学2(代謝生化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実験
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実験
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学演習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学演習
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          衛生薬学II(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          衛生薬学I(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実験(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学実験(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学演習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体情報薬学演習(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論III
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          衛生薬学II(環境衛生学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          衛生薬学I(健康化学)【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実習(秋入学用)
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実験(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学実験(秋入学用)
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学演習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体情報薬学演習(秋入学用)
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学特論Ⅰ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(生体情報制御学)【H30以降入学者用】
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習[生体情報制御学]
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(生体情報制御学)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          衛生薬学II(環境衛生学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          衛生薬学I(健康化学)【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          衛生薬学1(健康化学)
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          衛生薬学2(環境衛生学)
          後期, 薬学部

        博士学位審査

        • Mechanism of thermal entrainment of the circadian clock by newly identified post-transcriptional regulation (新規転写後調節機構による体内時計の温度サイクルへの位相適応メカニズム)
          井ノ上 雄一, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Regulation of Siesta by the Central Circadian Clock in the Brain and its Physiological Role in Memory Consolidation (脳内中枢時計による昼寝の制御機構とその記憶形成における役割)
          前川 洋太, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • グルコース飢餓におけるアミノ酸トランスポーターxCTを介したEphA2リガンド非依存的シグナルの制御
          寺本 昂司, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Studies on the mechanism of ciliary protein localization and the molecular basis of ciliopathies (繊毛タンパク質の局在機構および繊毛病の分子基盤の解析)
          QIU HANTIAN, 薬学研究科, 主査
          2021年09月24日
        • エクトドメインシェディング、リシンアシル化、およびホスファターゼ大規模解析のためのプロテオミクス基盤技術の開発
          津曲 和哉, 薬学研究科, 副査
          2021年09月24日
        list
          Last Updated :2022/08/05

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2009年01月31日
            放射性同位元素等管理委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            京都大学障害学生支援室管理運営委員会 委員
          • 自 2011年09月11日, 至 2013年09月10日
            京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2013年09月11日, 至 2015年09月10日
            ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2014年11月01日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 5号委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年08月31日
            京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            部局長会議
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年09月30日
            研究科長部会
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            総長選考会議 委員 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬学系 学系長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬学研究科 研究科長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬学部 学部長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬用植物園長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬学研究科附属統合薬学教育開発センター長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            教養・共通教育協議会
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2014年11月01日, 至 2016年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            入学試験委員会 委員
          • 自 2016年01月31日, 至 2018年01月30日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            博士課程教育リーディングプログラム運営会議 委員
          • 自 2015年09月11日, 至 2015年12月31日
            ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2016年04月01日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2016年04月01日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            京都大学奨学金返還免除候補者選考委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            京都大学利益相反マネジメント委員会 3号委員
          • 自 2014年07月01日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 健康・スポーツ系部会 委員
          • 自 2015年05月01日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 生物学部会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 大学院共通・横断教育基盤協議会 協議員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究科長部会
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年04月01日
            総長選考会議
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            部局長会議
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 委員
          • 自 2016年04月01日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            京都大学奨学金返還免除候補者選考委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            入学試験委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬学系長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            競争的資金等の不正防止計画推進室 室員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            京都大学利益相反マネジメント委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2020年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            総長選考会議
          • 自 2016年10月01日, 至 2020年03月31日
            財務委員会 委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            オープンキャンパス委員会 委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2021年01月01日, 至 2021年12月31日
            オープンキャンパス委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            教育制度委員会FD専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            GST推進室 室員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            教育制度委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日
            薬学研究科副研究科長
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科薬科学専攻長
          • 自 2008年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            組換えDNA実験 安全主任者
          • 自 2008年04月01日, 至 2016年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            兼業審査委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            兼業審査・利益相反審査委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            学術事業審査委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2014年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員長
          • 自 2008年04月01日, 至 2014年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員長
          • 自 2008年04月01日, 至 2016年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
            寄附講座「システム創薬科学講座」運営委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2020年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
            革新的ナノバイオ創薬研究拠点運営委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            共用試験委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            利益相反審査委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2022年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            人権委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            ハラスメント相談窓口 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2017年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            教務委員会 副委員長
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日
            RI管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬用植物管理委員会委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            兼業審査・利益相反審査委員会委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            寄附講座検討委員会委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            寄附講座「ナノバイオ医薬創成科学講座」運営委員 
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            元素分析研究施設運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            質量分析運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            NMR運営管理委員会 委員
          • 自 2017年05月01日, 至 2020年03月31日
            薬学部構内実験排水系管理委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            iSAL薬学運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月01日
            将来計画委員会 委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2020年04月04日, 至 2022年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            産学協同講座「ナノバイオ医薬創成科学講座」運営委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報セキュリティ委員会委員長

          ページ上部へ戻る