教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

古賀 章彦

コガ アキヒコ

ヒト行動進化研究センター 教授

古賀 章彦
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      koga.akihiko.5nkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本遺伝学会
    • 日本進化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本霊長類学会

    学位

    • 理学博士(九州大学)

    出身大学院・研究科等

    • 九州大学, 大学院理学研究科博士後期課程生物学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 九州大学, 理学部生物学科, 卒業

    経歴

    • 自 2008年10月, 至 現在
      京都大学・霊長類研究所(ヒト行動進化研究センターへ2022に改組)・教授
    • 自 1996年04月
      名古屋大学・理学部・助教授(2005年より准教授)
    • 自 1993年04月
      名古屋大学・理学部・助手
    • 自 1990年10月
      広島大学・総合科学部・助手
    • 自 1989年04月
      ワシントン大学・医学部・博士研究員
    • 自 1987年04月
      日本学術振興会・特別研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      ヒトへの進化の観点から、遺伝子およびゲノムに関して、構造や機
      能の変化の研究を行っています。
       
      主な対象は、
       類人猿(チンパンジー、ゴリラ、テナガザルなど)
       旧世界ザル(アカゲザル、マントヒヒ、ミドリザルなど)
       新世界ザル(マーモセット、リスザル、ヨザルなど)
      です。必要に応じ、
       モデル生物(マウス・ニワトリ・メダカなど)
       野生動物(タヌキ・カラスなど)
      も、調べます。
       
      最近の個別の研究テーマは、
       
      ◆ヒトの染色体◆
       ヒト・チンパンジー・ボノボ・ゴリラの共通祖先には、染色体
       端部に大きな反復配列があった。ヒトのみで、これが消失した。
      →ヒトでなぜ消えたのか?
       
      ◆夜行性◆
       中南米の森に棲むヨザル(夜猿)は、昼行性から夜行性に移行
       した。移行に伴い、視細胞の中に微小レンズを獲得し、夜間視
       力が向上した。
      →獲得はどのような経過で進行したか?
      →他の霊長類(たとえばヒト)でもこれが起こり得るか?
       
      ◆レトロウイルス◆
       カンガルーで、内在性レトロウイルスが縦列に多数つながって、
       大規模反復配列を形成している。
      →哺乳類全般で(たとえばヒトでも)これは起こり得るか?
      →ヨザルの微小レンズの形成にこの機構が作用したのではないか?
       
      ◆都市への適応◆
       タヌキの自然集団で、白い体色をもたらす変異遺伝子(生存に
       不利となる面が多いはず)が広域に拡散している。
      →タヌキでは都市環境への適応(建造物をねぐらに利用、余剰食
       物から採餌、など)が進み、これがタヌキ個体間の生存競争を
       緩和しているのか?

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ヒトへの進化の観点から、遺伝子およびゲノムに関して、構造や機能の変化の研究を行っています。
      • 研究概要

        最近の研究テーマは、◆染色体(ヒト)、◆夜行性(ヨザル)、◆レトロウイルス(カンカルー)◆都市への適応(タヌキ)。具体的な内容を、基本情報(前ページ)のプロフィール欄に記しています。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 遺伝学
      • ライフサイエンス, 進化生物学
      • ライフサイエンス, 自然人類学

      論文

      • Marsupial satellite DNA as faithful reflections of long terminal repeat (LTR) retroelement structure[レトロ転移因子が正確に縦列重複をなす構造の有袋類サテライトDNA]
        Hayashi S, Honda Y, Kanesaki K, *Koga A
        Genome, 2022年07月, 査読有り, 責任著者
      • An endogenous retrovirus presumed to have been endogenized or relocated recently in a marsupial, the red-necked wallaby[有袋類で最近内在化または移動した内在性レトロウイルス]
        Hayashi S, Shimizu K, Honda Y, Katsura Y, *Koga A
        Genome, 2022年05月, 査読有り, 責任著者
      • Replacement of owl monkey centromere satellite by a newly evolved variant was a recent and rapid process[ヨザルのセントロメア領域でのサテライト配列の置換は最近進行した急速な事象であった]
        Nishihara H, Stanyon R, Tanabe H, *Koga A
        Genes to Cells, 2021年12月, 査読有り, 責任著者
      • The medaka fish Tol2 transposable element is in an early stage of decay: identification of a nonautonomous copy[メダカの Tol2 トランスポゾンは崩壊の初期段階にある:非自律的コピーの同定]
        Hayashi S; Tsukiyama T; Iida A; Kinoshita M; *Koga A
        Genome, 2021年09月, 査読有り, 責任著者
      • The heterochromatin block that functions as a rod cell microlens in owl monkeys formed within a 15 million year time span[夜間視力上昇に寄与する視細胞内微小レンズをヨザルは 15 My 以内の期間で獲得した]
        Tanabe H; Kusakabe K; Imai H; Yokota S; Kuraishi T; Hattori S; Kai C; *Koga A
        Genome Biology and Evolution, 2021年03月, 査読有り, 責任著者
      • A mutant gene for albino body color is widespread in natural populations of tanuki (Japanese raccoon dog)[アルビノ体色をもたらす変異遺伝子がタヌキの自然集団に拡散している]
        Yamamoto S; Murase M; Miyazaki M; Hayashi S; *Koga A
        Genes & Genetic Systems, 2021年03月, 査読有り, 責任著者
      • Complex intra-gene deletion leads to oculocutaneous albinism in tanuki (Japanese raccoon dog)[遺伝子内部の複雑な構造変化がタヌキのアルビノ体色の原因となっている]
        Mae Y; Nagara K; Miyazaki M; Katsura Y; Enomoto Y; *Koga A
        Genome, 2020年08月, 査読有り, 責任著者
      • Baboon bearing resemblance in pigmentation pattern to Siamese cat carries a missense mutation in the tyrosinase gene(体色がシャム猫に類似するマントヒヒでチロシナーゼ遺伝子にアミノ酸を換える変異がある)
        *Koga A; Hisakawa C; Yoshizawa M
        Genome, 2020年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The CENP-B box, a nucleotide motif involved in centromere formation, has multiple origins in New World monkeys(セントロメア形成に関与するシグナルである CENP-B ボックスは新世界ザルの多くの系統で独立に生じている)
        Thongchum R, Nishihara H, Srikulnath K, Hirai H, *Koga A
        Genes & Genetic Systems, 2019年12月01日, 査読有り, 責任著者
      • Structural variations of subterminal satellite blocks and their source mechanisms as inferred from the meiotic configurations of chimpanzee chromosome termini(チンパンジーの減数分裂の様相から推測される染色体端部での変異創出の機構)
        *Hirai H, Hirai Y, Udono T, Matsubayashi K, Tosi AJ, Koga A (2019)
        Chromosome Research, 2019年09月, 査読有り
      • Alpha satellite DNA-repeat OwlAlp1 forms centromeres in Azara’s owl monkey(ヨザルではアルファサテライトDNAである OwlAlp1 がセントロメアを構成している)
        Oizumi Y, Koga A, *Kanoh J (2019)
        Genes to Cells, 2019年07月, 査読有り
      • Fusion of piggyBac-like transposons and herpesviruses occurs frequently in teleosts(トランスポゾンとウイルスの結合での新たな転移因子の形成が魚類で頻繁に起こっている)
        Inoue Y, Kumagai M, Zhang X, Saga T, Wang D, Koga A, *Takeda H (2018)
        Zoological Letters, 2018年02月21日, 査読有り
      • Evolutionary origin of OwlRep, a megasatellite DNA associated with adaptation of owl monkeys to nocturnal lifestyle (夜行性適応に関与する夜猿のサテライト DNA の進化的起源)
        Nishihara H, Stanyon R, Kusumi J, Hirai H, *Koga A
        Genome Biology and Evolution, 2018年01月01日, 責任著者
      • DNA-based transposable elements with nucleotide sequence similar to Tol2 from medaka fish are prevalent in cyprinid fishes(メダカの Tol2 因子と類似の塩基配列をもつDNAトランスポゾンがコイ科に広く分布している)
        Ishiyama S, Yamazaki K, Kurihara F, Yamashita D, Sao K, Hattori A, *Koga A (2017)
        Gene Repors, 2017年12月01日, 査読有り, 責任著者
      • Complete fusion of a transposon and herpesvirus created the Teratorn mobile element in medaka fish(トランスポゾンとヘルペスウイルスの融合でメダカの転移因子 Teratorn が形成された)
        Inoue Y, Saga T, Aikawa T, Kumagai M, Shimada A, Kawaguchi K, Naruse K, Morishita S, Koga A, *Takeda H (2017)
        Nature Communications, 2017年09月, 査読有り
      • Co-opted megasatellite DNA drives evolution of secondary night vision in Azara's owl monkey(夜猿は新しい大規模反復DNAを利用して夜間視力を二次的に獲得した)
        *Koga A, Tanabe H, Hirai Y, Imai H, Imamura M, Oishi T, Stanyon R, Hirai H (2017)
        Genome Biology and Evolution, 2017年07月, 査読有り, 責任著者
      • Night monkey hybrids exhibit de novo genomic and karyotypic alterations: the first such case in primates(夜猿の交雑個体に生じたゲノムおよび核型の新規変異:霊長類での初めての例)
        *Hirai H, Hirai Y, Morimoto M, Kaneko A, Kamanaka Y, Koga A (2017)
        Genome Biology and Evolution, 2017年04月, 査読有り
      • An LTR retrotransposon-derived gene displays lineage-specific structural and putative species-specific functional variations in eutherians(レトロトランスポゾン由来の遺伝子が真獣類で系統特異的な構造変異を示し種特異的な機能変異もあると推測される)
        Irie M, Koga A, Kaneko-Ishino T, *Ishino F (2016)
        Frontiers in Chemistry, 2016年06月, 査読有り
      • Formation of functional CENP-B boxes at diverse locations in repeat units of centromeric DNA in New World monkeys.(CENP-B box が新世界ザルではセントロメア反復配列の異なる多くの場所に生じている)
        Kugou K, Hirai H, *Masumoto H, *Koga A (2016)
        Scientific Reports, 2016年06月, 査読有り, 責任著者
      • CENP-B box, a nucleotide motif involved in centromere formation, occurs in a New World monkey(セントロメア形成に関与するシグナル CENP-B box が新世界ザルに存在する)
        Suntronpong A, Kugou K, Masumoto H, Srikulnath K, Ohshima K, Hirai H, *Koga A
        Biology Letters, 2016年03月, 査読有り, 責任著者
      • Higher-order repeat structure in alpha satellite DNA occurs in New World monkeys and is not confined to hominoids(アルファサテライトDNAの高次構造は新世界ザルにもありヒト上科に限定されない)
        Sujiwattanarat P, Thapana W, Srikulnath K, Hirai Y, Hirai H, *Koga A (2015)
        Scientific Reports, 2015年05月, 査読有り
      • Establishment of Gal4 transgenic zebrafish lines for analysis of development of cerebellar neural circuitry(小脳神経回路の発生の解析に有用な遺伝子導入ゼブラフィッシュ系統の確立)
        Takeuchi M, Matsuda K, Yamaguchi S, Asakawa K, Miyasaka N, Lal P, Yoshihara Y, Koga A, Kawakami K, Shimizu T, *Hibi (2015)
        Developmental Biology, 2015年01月, 査読有り
      • Locational diversity of alpha satellite DNA and intergeneric hybridization aspects in the Nomascus and Hylobates genera of small apes(テナガザル科 Nomascus 属と Hylobates 属でのアルファサテライトDNAの所在の変化および属間雑種での様相)
        Baicharoen S; Miyabe-Nishiwaki T; Arsaithamkul V; Hirai Y; Duangsa-ard K; Siriaroonrat B; Domae H; Srikulnath K; Koga A; Hirai H; ournal.pone
        PLOS ONE, 2014年10月, 査読有り
      • Novel variable number of tandem repeats of gibbon MAOA gene and its evolutionary significance.(テナガザル MAOA 遺伝子にみられる新規反復配列とその進化的意義)
        Choi Y; Jung YD; Ayarpadikannan S; Koga A; Imai H; Hirai H; Roos C; Kim H
        Genome, 2014年08月, 査読有り
      • Evolutionary origin of higher-order repeat structure in alpha-satellite DNA of primate centromeres(霊長類のセントロメア反復配列にみられる高次構造の進化的起源)
        *Koga A, Hirai Y, Terada S, Jahan I, Baicharoen S, Arsaithamkul V, Hirai H (2014)
        DNA Research, 2014年08月, 査読有り
      • Spontaneous germline excision of Tol1, a DNA-based transposable element naturally occurring in the medaka fish genome.(メダカの内在性トランスポゾン Tol1 の生殖系列での切り出し)
        Watanabe K; Koga H; Nakamura K; Fujita A; Hattori A; Matsuda M; Koga A
        Genome, 2014年04月, 査読有り
      • Corrigendum: A novel composite retrotransposon derived from or generated independently of the SVA (SINE/VNTR/Alu) transposon has undergone proliferation ingibbon genomes [Genes Genet. Syst. (2012) 87, p. 181–190]
        Hara Toru; Hirai Yuriko; Baicharoen Sudarath; Hayakawa Takashi; Hirai Hirohisa; Koga Akihiko
        Genes & Genetic Systems, 2014年
      • Reduction in the structural instability of cloned eukaryotic tandem-repeat DNA by low-temperature culturing of host bacteria(低温での培養は反復配列クローンの崩壊の軽減をもたらす)
        Thapana W, Sujiwattanarat P, Srikulnath K, Hirai H, *Koga A (2014)
        Genetics Research, 2014年, 査読有り
      • Highly species-specific centromeric repetitive DNA sequences in lizards: molecular cytogenetic characterization of a novel family of satellite DNA sequences isolated from the water monitor lizard (Varanus salvator macromaculatus, Platynota)(トカゲにみられる種特異的なセ
        Chaiprasertsri N; Uno Y; Peyachoknagul S; Prakhongcheep O; Baicharoen S; Charernsuk S; Nishida C; Matsuda Y; Koga A; Srikulnath K; hered/es
        Journal of Heredity, 2013年11月, 査読有り
      • Higher-order repeat structure in alpha satellite DNA is an attribute of hominoids rather than hominids(アルファサテライトDNAの高次構造はヒト科に限定されずヒト上科に広くみられる)
        Terada S; Hirai Y; Hirai H; Koga A
        Journal of Human Genetics, 2013年11月, 査読有り
      • Heterochromatin blocks constituting the entire short arms of acrocentric chromosomes of Azara's owl monkey: formation processes inferred from chromosomal locations(ヨザルのアクロセントリック染色体短腕を構成するヘテロクロマチン:染色体上の配置から推測される形成過程)
        Prakhongcheep O; Chaiprasertsri N; Terada S; Hirai Y; Srikulnath K; Hirai H; Koga A; nares/ds
        DNA Research, 2013年10月, 査読有り
      • Two types of alpha satellite DNA in distinct chromosomal locations in Azara's owl monkey(ヨザルの染色体上で異なる部位に存在する2種類のアルファサテライトDNA)
        Prakhongcheep O; Hirai Y; Hara T; Srikulnath K; Hirai H; Koga A; nares/ds
        DNA Research, 2013年06月, 査読有り
      • Tandem repeat sequences evolutionarily related to SVA-type retrotransposons are expanded in the centromere region of the western hoolock gibbon, a small ape(類人猿のフーロックテナガサルのセントロメア近辺でSVAレトロトランスポゾンに関連した縦列反復配列が増幅している)
        Hara T; Hirai Y; Jahan I; Hirai H; Koga A
        Journal of Human Genetics, 2012年12月, 査読有り
      • In situ hybridization analysis of gibbon chromosomes suggests that amplification of alpha satellite DNA in the telomere region is confined to two of the four genera(テロメア領域でアルファサテライトDNAが増幅する現象はテナガザル科4属のうち2属のみで起こっていると推測される)
        Baicharoen S; Arsaithamkul V; Hirai Y; Hara T; Koga A; Hirai H
        Genome, 2012年11月, 査読有り
      • Repetitive sequences originating from the centromere constitute large-scale heterochromatin in the telomere region in the siamang, a small ape(類人猿フクロテナガザルで、セントロメアに由来する反復配列がテロメアで大規模ヘテロクロマチンを形成している)
        Koga A; Hirai Y; Hara T; Hirai H
        Heredity, 2012年09月, 査読有り, 招待有り
      • A novel composite retrotransposon derived from or generated independently of the SVA (SINE/VNTR/Alu) transposon has undergone proliferation in gibbon genomes(SVAトランスポゾンからの派生または類似の機構で別に生じたと考えられる新規のレトロトランスポゾンが、テナガザルのゲノムで増幅している)
        Hara T; Hirai Y; Baicharoen S; Hayakawa T; Hirai H; Koga A; oi: o
        Genes & Genetic Systems, 2012年06月, 査読有り
      • Under-representation of repetitive sequences in whole-genome shotgun sequence databases: an illustration using a recently acquired transposable element(反復配列はホールゲノムショットガン塩基配列データベースには過小に反映されている:ゲノムに最近侵入したトランスポゾンを用いての例証)
        Koga A
        Genome, 2012年02月, 査読有り
      • Corrigendum: A novel composite retrotransposon derived from or generated independently of the SVA (SINE/VNTR/Alu) transposon has undergone proliferation in gibbon genomes [Genes Genet. Syst. (2012) 87, p. 181–190]
        Hara Toru; Hirai Yuriko; Baicharoen Sudarath; Hayakawa Takashi; Hirai Hirohisa; Koga Akihiko
        Genes & Genetic Systems, 2012年
      • Occurrence of a short variant of the Tol2 transposable element in natural populations of the medaka fish.(メダカの自然集団での短い Tol2 因子の生起)
        Koga A; Sasaki S; Naruse K; Shimada A; Sakaizumi; oi: o
        Genetics Research, 2011年02月, 査読有り
      • Evolution of subterminal satellite (StSat) repeats in hominids(ヒト科での染色体次端部反復配列の進化)
        Koga A; Notohara M; Hirai H
        Genetica, 2011年02月, 査読有り
      • Distribution of complete and defective copies of the Tol1 transposable element in natural populations of the medaka fish Oryzias latipes.(完全型および欠損型 Tol1 因子のメダカの自然集団での分布)
        Koga A; Wakamatsu Y; Sakaizumi M; Hamaguchi S; Shimada A; oi: o
        Genes & Genetic Systems, 2009年10月, 査読有り
      • Polycystic kidney disease in the medaka (Oryzias latipes) pc mutant caused by a mutation in the Gli-Similar3 (glis3) gene.Gli-Similar3.(遺伝子の変異が原因となっているメダカの多嚢胞性腎)
        Hashimoto H; Miyamoto R; Watanabe N; Shiba D; Ozato K; Inoue C; Kubo Y; Koga A; Jindo T; Narita T; Naruse K; Ohishi K; Nogata K; Shin-I T; Asakawa S; Shimizu N; Miyamoto T; Mochizuki T; Yokoyama T; Hori H; Takeda H; Kohara Y; Wakamatsu Y; oi: o; ournal.pone
        PLOS ONE, 2009年07月, 査読有り
      • The Tol1 element of the medaka fish, a member of the hAT transposable element family, jumps in Caenorhabditis elegans.(hAT ファミリーの転移因子であるメダカの Tol1 因子は線虫で転移する)
        Kodama K; Takagi S; Koga A
        Heredity, 2008年09月, 査読有り
      • Germline transgenesis of zebrafish using the medaka Tol1 transposon system.(メダカの Tol1 因子を利用したゼブラフィッシュ生殖系列への遺伝子導入)
        Koga A; Cheah FS; Hamaguchi S; Yeo GH; Chong SS
        Developmental Dynamics, 2008年09月, 査読有り
      • The Tol1 element of medaka fish is transposed with only terminal regions and can deliver large DNA fragments into the chromosomes. (メダカの Tol1 因子は末端部のみで転移し、長いDNA断片を染色体に組み込むことができる)
        Koga A; Higashide I; Hori H; Wakamatsu Y; Kyono-Hamaguchi Y; Hamaguchi S
        Journal of Human Genetics, 2007年12月, 査読有り
      • PCR detection of excision suggests mobility of the medaka fish Tol1 transposable element in the frog Xenopus laevis. (PCR を用いた切り出しの検出から、メダカの Tol1 因子がカエルで転移することが推察される)
        Hikosaka A; Koga A; oi: o
        Genetical Research, 2007年08月, 査読有り
      • The Tol1 transposable element of the medaka fish moves in human and mouse cells.(メダカの Tol1 因子はヒトとマウスの細胞で転移する)
        Koga A; Shimada A; Kuroki T; Hori H; Kusumi J; Kyono-Hamaguchi Y; Hamaguchi S
        Journal of Human Genetics, 2007年06月, 査読有り
      • Vertebrate DNA transposon as a natural mutator: the medaka fish Tol2 element contributes to genetic variation without recognizable traces.(脊椎動物での自然突然変異原としての転移因子:メダカの Tol2 因子は痕跡を残さずに遺伝的変異を供給する)
        Koga A; Iida A; Hori H; Shimada A; Shima A; lbev
        Molecular Biology and Evolution, 2006年07月, 査読有り
      • Targeted reduction of the DNA methylation level with 5-azacytidine promotes excision of the medaka fish Tol2 transposable element.(人為的にメチル化を低下させるとメダカの Tol2 因子のエクシジョンが活発になる)
        Iida A; Shimada A; Shima A; Takamatsu N; Hori H; Takeuchi K; Koga A; oi: o
        Genetical Research, 2006年06月, 査読有り
      • Color reversion of the albino medaka fish associated with spontaneous somatic excision of the Tol-1 transposable element from the tyrosinase gene.(転移因子 Tol1 の切り出しで生じるアルビノメダカの野生型体色への復帰)
        Tsutsumi M; Imai S; Kyono-Hamaguchi Y; Hamaguchi S; Koga A; Hori H
        Pigment Cell Research, 2006年06月, 査読有り
      • Reversion mutation of ib oculocutaneous albinism to wild-type pigmentation in medaka fish.(メダカのibアルビノ変異から野生型体色への復帰)
        Iida A; Takamatsu N; Hori H; Wakamatsu Y; Shimada A; Shima A; Koga A
        Pigment Cell Research, 2005年10月, 査読有り
      • Low transposition frequency of the medaka fish Tol2 element may be due to extranuclear localization of its transposase.(メダカの Tol2 因子の低い転移頻度は核外移行シグナルが原因となっている可能性がある)
        Iida A; Tachibana A; Hamada S; Hori H; Koga A; oi: o
        Genes & Genetic Systems, 2004年04月, 査読有り
      • The tyrosinase gene of the i(b) albino mutant of the medaka fish carries a transposable element insertion in the promoter region.(メダカのi(b)アルビノ変異体のチロシナーゼ遺伝子にはプロモーター領域に転移因子の挿入がある)
        Iida A; Inagaki H; Suzuki M; Wakamatsu Y; Hori H; Koga A
        Pigment Cell Research, 2004年04月, 査読有り
      • Long and short mRNAs transcribed from the medaka fish transposon Tol2 respectively exert positive and negative effects on excision.(メダカの Tol2 因子からの長い mRNA は切り出しを促進し短い mRNA は抑制する)
        Tsutsumi M; Koga A; Hori H
        Genetical Research, 2003年08月, 査読有り
      • The medaka fish Tol2 transposable element can undergo excision in human and mouse cells.(メダカの Tol2 因子の切り出し反応がヒトとマウスの細胞で進行する)
        Koga A; Iida A; Kamiya M; Hayashi R; Hori H; Ishikawa Y; Tachibana A
        Journal of Human Genetics, 2003年, 査読有り
      • Transposable elements in medaka fish
        A Koga; M Sakaizumi; H Hori
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2002年01月, 査読有り
      • Gene transfer and cloning of flanking chromosomal regions using the medaka fish Tol2 transposable element.(メダカの Tol2 因子を用いた遺伝子導入および挿入点に隣接する領域のクローニング)
        Koga A; Hori H; Sakaizumi
        Marine Biotechnology, 2002年01月, 査読有り
      • The Tol2 transposable element of the medaka fish: an active DNA-based element naturally occurring in a vertebrate genome. (メダカの Tol2 因子:脊椎動物のゲノムに存在する活性型 DNA トランスポゾン)
        Koga A; Hori H; doi.or
        Genes & Genetic Systems, 2001年02月, 査読有り
      • Detection of de novo insertion of the medaka fish transposable element Tol2
        A Koga; H Hori
        GENETICS, 2000年11月, 査読有り
      • Evidence for recent invasion of the medaka fish genome by the Tol2 transposable element
        A Koga; A Shimada; A Shima; M Sakaizumi; H Tachida; H Hori
        GENETICS, 2000年05月, 査読有り
      • Amino acid sequence of a putative transposase protein of the medaka fish transposable element Tol2 deduced from mRNA nucleotide sequences
        A Koga; M Suzuki; Y Maruyama; M Tsutsumi; H Hori
        FEBS LETTERS, 1999年11月, 査読有り
      • Oculocutaneous albinism in the i(6) mutant of the medaka fish is associated with a deletion in the tyrosinase gene
        A Koga; Y Wakamatsu; J Kurosawa; H Hori
        PIGMENT CELL RESEARCH, 1999年08月, 査読有り
      • Homogeneity in the structure of the medaka fish transposable element Tol2
        A Koga; H Hori
        GENETICAL RESEARCH, 1999年02月, 査読有り
      • Excision of the Tol2 transposable element of the medaka fish, Oryzias latipes, in zebrafish, Danio rerio
        K Kawakami; A Koga; H Hori; A Shima
        GENE, 1998年12月, 査読有り
      • The tyrosinase gene from medakafish: transgenic expression rescues albino mutation.(メダカのチロシナーゼ遺伝子:アルビノ変異体への遺伝子導入で発現がみられる)
        Inagaki H; Koga A; Bessho Y; Hori H
        Pigment Cell Research, 1998年10月, 査読有り
      • An active Ac-like transposable element in teleost fish
        H Hori; M Suzuki; H Inagaki; T Oshima; A Koga
        JOURNAL OF MARINE BIOTECHNOLOGY, 1998年, 査読有り
      • Albinism due to transposable element insertion in fish.(転移因子t@引き起こす魚類のアルビノ変異)
        Koga A; Hori H
        Pigment Cell Research, 1997年12月, 査読有り
      • Transposable element in fish.(魚類の転移因子)
        Koga A; Suzuki M; Inagaki H; Bessho Y; Hori H
        Nature, 1996年09月, 査読有り
      • Insertion of a novel transposable element in the tyrosinase gene is responsible for an albino mutation in the medaka fish, Oryzias latipes.(チロシナーゼ遺伝子への転移因子の挿入がメダカのアルビノ変異の原因となっている)
        Koga A; Inagaki H; Bessho Y; Hori H
        Molecular and General Genetics, 1995年12月, 査読有り
      • Expression of the tyrosinase-encoding gene in a colorless melanophore mutant of the medaka fish, Oryzias latipes.(メダカの色素欠損変異体でのチロシナーゼ遺伝子の発現様式)
        Inagaki H; Bessho Y; Koga A; Hori H
        Gene, 1994年12月, 査読有り
      • DISTRIBUTION OF POLYMORPHIC GENE DUPLICATION AT THE GPDH LOCUS IN NATURAL-POPULATIONS OF DROSOPHILA-MELANOGASTER
        A KOGA; H BABA; S KUSAKABE; M HATTORI; T MUKAI
        JOURNAL OF MOLECULAR EVOLUTION, 1993年06月, 査読有り
      • A REPETITIVE DNA ELEMENT, ASSOCIATED WITH TELOMERIC SEQUENCES IN DROSOPHILA-MELANOGASTER, CONTAINS OPEN READING FRAMES
        ON DANILEVSKAYA; DA PETROV; MN PAVLOVA; A KOGA; EV KURENOVA; DL HARTL
        CHROMOSOMA, 1992年12月, 査読有り
      • SPONTANEOUS MUTATIONS AFFECTING GLYCEROL-3-PHOSPHATE DEHYDROGENASE ENZYME-ACTIVITY IN DROSOPHILA-MELANOGASTER
        A KOGA; K HARADA; S KUSAKABE; T MUKAI
        JAPANESE JOURNAL OF GENETICS, 1992年04月, 査読有り
      • SEQUENCE-ANALYSIS OF ACTIVE MARINER ELEMENTS IN NATURAL-POPULATIONS OF DROSOPHILA-SIMULANS
        P CAPY; A KOGA; DAVID, JR; DL HARTL
        GENETICS, 1992年03月, 査読有り
      • A METHOD FOR DETECTING EFFECT OF BENEFICIAL MUTATIONS IN NATURAL-POPULATIONS OF DROSOPHILA-MELANOGASTER
        A KOGA; S KUSAKABE; F TAJIMA; T TAKANO; K HARADA; T MUKAI
        GENETICAL RESEARCH, 1991年10月, 査読有り
      • INTRODUCTION OF THE TRANSPOSABLE ELEMENT MARINER INTO THE GERMLINE OF DROSOPHILA-MELANOGASTER
        D GARZA; M MEDHORA; A KOGA; DL HARTL
        GENETICS, 1991年06月, 査読有り
      • HE-T FAMILY DNA-SEQUENCES IN THE Y-CHROMOSOME OF DROSOPHILA-MELANOGASTER SHARE HOMOLOGY WITH THE X-LINKED STELLATE GENES
        ON DANILEVSKAYA; EV KURENOVA; MN PAVLOVA; DV BEBEHOV; AJ LINK; A KOGA; A VELLEK; DL HARTL
        CHROMOSOMA, 1991年02月, 査読有り
      • GENE DUPLICATION AND CONCERTED EVOLUTION OF THE GPDH LOCUS IN NATURAL-POPULATIONS OF DROSOPHILA-MELANOGASTER
        S KUSAKABE; H BABA; A KOGA; GC BEWLEY; T MUKAI
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 1990年12月, 査読有り
      • POLYMORPHISM FOR THE NUMBER OF TANDEMLY MULTIPLIED GLYCEROL-3-PHOSPHATE DEHYDROGENASE GENES IN DROSOPHILA-MELANOGASTER
        T TAKANO; S KUSAKABE; A KOGA; T MUKAI
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1989年07月, 査読有り

      MISC

      • Body color mutants and a transposable element affecting the tyrosinase gene of the medaka fish, Oryzias latipes
        Koga Akihiko; Inagaki Hidehito; Bessho Yoshitaka; Hori Hirosi
        The fish biology journal Medaka, 1994年
      • メダカのトランスポゾンTo12の構造
        古賀章彦; 島田幸枝; 鈴木美穂; 武田修一; 稲垣秀人; 別所義隆; 堀寛
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 1995年
      • TRANSPOSABLE ELEMENT Tol-2 IN MEDAKAFISH
        KOGA A.; SHIMADA S.; SUZUKI M.; TAKEDA S.; INAGAKI H.; BESSHO Y.; HORI H.
        The Japanese journal of genetics, 1995年12月01日
      • ALBINO MUTATION MEDAKAFISH II : Tol-2 INSERTION IS RESPONSIBLE FOR THE i^5 ALBINO PHENOTYPE
        INAGAKI H.; BESSHO Y.; KOGA A.; HORI H.
        The Japanese journal of genetics, 1995年12月01日
      • メダカ嗅覚受容体遺伝子群の進化集団遺伝学的研究
        近藤 るみ; 孫 暉; 金子 聡子; 嶋 昭紘; 成瀬 清; 掘 寛; 古賀 章彦; 酒泉 満; 石和 貞男
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • MEDAKA FISH ALBINO REVERTANT BY EXCISION OF A TRANSPOSABLE ELEMENT TOL-1(Genetics)Proceedings of the Seventy-First Annual Meeting of the Zoological Society of Japan :
        Tsutsumi M.; Koga A.; Hori H.; Kyono-Hamaguchi Y.; Hamaguchi S.
        Zoological science, 2000年
      • 夜行性への移行に関与してと考えられるヨザルの大規模反復配列
        古賀章彦; 平井啓久
        霊長類研究, 2015年07月
      • ヨザルの種間雑種形成が原因と思われる染色体変異の分子細胞遺伝学的解析
        平井啓久; 平井百合子; 古賀章彦
        第30回日本霊長類学会大会(214/7/5-7/6, 大阪), 2014年07月
      • セントロメアを構成する反復配列の高次構造はヒト科ではなくヒト上科の特性である.
        古賀章彦; 平井百合子; 寺田祥子; 平井啓久
        日本遺伝学会第85回大会, 2013年09月
      • ヒト科とテナガザル科におけるセントロメア反復配列高次構造の起源.
        寺田祥子; 平井百合子; 平井啓久; 古賀章彦
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • ヨザルのアクロセントリック染色体短腕にあるヘテロクロマチンの形成過程.
        平井啓久; オーン・プラコンチ; ナンペ・チャイパセルチ; 平井百合子; 古賀章彦
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • ヨザルのセントロメアを構成する反復配列の急速な置換.
        古賀章彦; オーン・プラコンチ; コンソン・シクルナト; 平井百合子; 平井啓久
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • メダカで発見された巨大な新規DNAトランスポゾンAlbatross
        井上雄介; 近藤真理子; 森下真一; 成瀬清; 島田敦子; 古賀章彦; 武田洋幸
        日本動物学会大会予稿集, 2013年08月12日
      • Possible genomic impact of SVA retrotransposon in humans similar to that in gibbons
        Hara T; Hirai Y; Hirai H; Koga A
        Annulal Meeting of the American Society of Human Genetics (2012/11/08, San Francisco, CA, USA), 2012年11月, 査読有り
      • 反復配列の増減を指標としたテナガザル科4属の系統関係推定の試み
        寺田祥子; 平井百合子; 平井啓久; 古賀章彦
        第14回日本進化学会 (2012/08/ 21, 八王子市)., 2012年08月, 査読有り
      • メダカで発見された巨大な新規DNAトランスポゾンAlbatross
        井上雄介; 近藤真理子; 森下真一; 成瀬清; 島田敦子; 古賀章彦; 武田洋幸
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • テナガザルの染色体端部にある大規模ヘテロクロマチンの主成分.
        平井啓久; 原暢; 平井百合子; 古賀章彦
        第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市)., 2012年, 査読有り
      • テナガザルにみられるトランスポゾンのゲノムへの影響:新規因子の形成と増幅
        原暢; 古賀章彦; スダラ バイシャルン; 平井百合子; 平井啓久
        第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市)., 2012年, 査読有り
      • ヨザルのヘテロクロマチンを構成する切れやすそうな縦列反復配列:染色体構成の急速な変化への関与に関する仮説
        古賀章彦; 平井百合子; オーン プラコンチ; 平井啓久
        日本遺伝学会第84回大会, ワークショップ (2012/09/26, 福岡市), 2012年, 査読有り
      • チンパンジーにあってヒトにない染色体端部ゲノム不毛地帯:存在様式変異.
        平井啓久; 平井百合子; 古賀章彦; 鵜殿俊史
        第62回染色体学会 (2011/11/11-13, 平塚), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーにあってヒトにない染色体端部ゲノム不毛地帯:(1) 存在様式変異から推測される非相同染色体間末端組換え
        平井啓久; 平井百合子; 古賀章彦; 鵜殿俊史
        第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/16-18, 犬山市), 2011年, 査読有り
      • Origin and evolution of retrotransposable compound repeat DNA organization.
        Koga A; Hirai H
        (2010) International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/09, Kyoto)., 2010年09月, 査読有り
      • 霊長類の転移性反復配列複合体 (RCRO) の起源
        古賀章彦; 平井啓久
        日本遺伝学会第81回大会 (2009/09/18, 松本市)., 2009年, 査読有り
      • Gamera, a family of LINE-like repetitive sequences widely distributed in medaka and related fishes. "jointly worked"
        A. Koga; H. Hori; Y. Ishikawa
        Heredity, 2002年
      • メダカのチロシナーゼ遺伝子変異系統の解析(2)
        稲垣 秀人; 別所 義隆; 古賀 章彦; 堀 寛
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日

      講演・口頭発表等

      • 中央アルプスの白タヌキは、黒色素合成に必須の遺伝子で、5個のエクソンのうちの1個が欠けている
        古賀章彦
        日本遺伝学会第91回大会, 2019年09月13日
      • なくてもよいけれど、あれば多少は有利といえそうな、DNAの短いモチーフ
        古賀章彦、西原秀典、平井啓久 Thongchum R.、Srikulnath K.
        日本進化学会第21回大会, 2019年08月09日
      • Dynamic role changes among three megasatellite DNAs associated with adaptation of owl monkeys to nocturnal lifestyle(夜猿の夜行性への適応との関連で進行した3種類のメガサテライトDNAの役割の変化)【Koga A】
        KOGA Akihiko
        2018 International Joint Conference on Genetics and Medicine (Seoul, Korea), 2018年11月29日, 招待有り
      • Recruitment and co-option of megasatellite DNAs coordinately facilitated adaptation of owl monkeys to nocturnal lifestyle(メガサテライトDNAの登用と転用が同時に作用してヨザルの夜行性への適応が進行した)【Koga A】
        KOGA Akihiko
        第41回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜), 2018年11月28日, 招待有り
      • 夜猿はサテライトDNAを巧みに利用し短期間で夜間視力を高めた【古賀章彦、田辺秀之、Roscoe Stanyon、西原秀典、平井啓久】
        古賀章彦; 田辺秀之; Roscoe Stanyon; 西原秀典; 平井啓久
        日本遺伝学会第90回大会(奈良先端科学技術大学院大学), 2018年09月19日, 招待有り
      • ガラクタだらけになっていたDNAトランスポゾンが急に元気になった【Koga A】
        古賀章彦
        転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化(国立遺伝学研究所), 2018年08月20日, 招待有り
      • チンパンジーにあってヒトにない大規模サテライトDNA:染色体端部での多様性創出に影響する可能性
        古賀章彦; 平井百合子; 鵜殿俊史; 松林清明; 平井啓久
        第34回日本霊長類学会大会(東京都), 2018年07月14日
      • Adaptation of owl monkeys to nocturnal lifestyle driven by rapid expansion of simple repeat sequence to form megasatellite DNA(サテライトDNAの急速な増幅でもたらされた夜猿の夜行性への適応)【Koga A, Nishihara H, Stanyon R, Hirai H】
        Koga A; Nishihara H; Stanyon R; Hirai H
        Society for Molecular Biology and Evolution 2018 (Pacifico Yokohama), 2018年07月08日
      • Tol2トランスポゾンの分布と構造から推測されるホスト間の移動【石山涼太郎、山﨑健太朗、栗原史弥、山下大介、佐尾賢太郎、服部明正、古賀章彦】
        石山涼太郎; 山﨑健太朗; 栗原史弥; 山下大介; 佐尾賢太郎; 服部明正; 古賀章彦
        日本遺伝学会第89回大会(岡山大学), 2017年09月13日
      • 夜猿が昼行性から夜行性に戻ったことの分子レベルでの証拠【古賀章彦】
        古賀章彦
        日本進化学会第19回大会(京都大学), 2017年08月24日, 招待有り
      • Amplification of tandem repeat DNA may be responsible for a rapid shift from diurnality to nocturnality in a primate taxon(縦列反復配列の急速な増幅が夜行性への変化に関与した可能性がある)【Koga A, Tanabe H, Hirai H】
        Koga A; Tanabe H; Hirai H
        第39回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜), 2016年12月01日, 招待有り
      • セントロメア反復配列の急速な入れ替わり:テナガザルとヨザルの例【古賀章彦、平井啓久】
        古賀章彦; 平井啓久
        日本遺伝学会第88回大会(静岡県三島市, 2016年09月
      • Rapid replacement of centromeres by a variant-type repetitive DNA in a primate taxon(変異型反復配列でのセントロメアの急速な置換)【Koga A】
        古賀章彦
        Society for Molecular Biology and Evolution 2016 Conference (Goldcoast, Australia), 2016年07月
      • CENP-B box is likely to confer a selective advantage on its host organism(CENP-B box はホストの長期的な生存に有利に作用することが考えられる)【Suntronpong A, Kugou K, Masumoto H, Hirai H, Koga A】
        Suntronpong A; Kugou K; Masumoto H; Hirai H; Koga A
        日本遺伝学会第87回大会(仙台市), 2015年09月, 招待有り
      • 夜行性への移行に関与したと考えられるヨザルの大規模反復配列【古賀章彦,平井啓久】
        古賀章彦; 平井啓久
        第31回日本霊長類学会大会(大阪市), 2015年07月
      • Higher-order repeat structure in centromere-region satellite DNA occurs in a wide range of primates(セントロメア反復配列の高次構造は霊長類で広くみられる)【Koga A, Hirai Y, Sujiwattanarat P, Thapana W, Baicharoen S, Srikulnath K, Hirai H】
        Koga A; Hirai Y; Sujiwattanarat P; Thapana W; Baicharoen S; Srikulnath K; Hirai H
        The 5th Asian Chromosome Colloquium (Bangkok, Thailand), 2015年04月, 招待有り
      • DNA-based transposable elements as natural mutators in vertebrate genomes(脊椎動物で自然発生突然変異の原因となっているDNA型トランスポゾン)【Koga A】
        古賀章彦
        The 26th International Conference of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology (Suoul, Korea), 2014年10月, 招待有り
      • Intergeneric hybrid offspring in gibbon between Hylobates and Nomascus(テナガザル科Hylobates属とNamascus属との間の属間雑種)
        Baicharoen S; Miyabe-Nishiwaki; Hirai Y; Duangsa-Ard K; Siriaroonrat B; Koga A; Hirai H(ポスタ
        The 4th International Congress on Asian Primates (Bogor, Indonesia), 2014年08月
      • Diversity in the organization of repetitive DNA among the four gibbon genera(反復配列の構成に関してテナガザル科4属の間にみられる変異)
        Koga A; HIirai Y; Jahan I; Bbicharoen S; ArsaIthamkul V; Hirai H
        The 4th International Congress on Asian Primates (Bogor, Indonesia), 2014年08月, 招待有り
      • Higher-order repeat structure in centromeric repetitive DNA is not confined to central regions(セントロメア反復配列の高次構造の所在は中心部に限定されない)
        Sujiwattanarat P; Thapana W; Srikulnath K; Hirai H; Koga A
        日本進化学会第16回大会(大阪府高槻市), 2014年08月
      • ヨザルの染色体変異に関与したと考えられる大規模反復配列
        古賀章彦; オーン プラコンチープ; ナンペ チャイブラセルチ; 平井百合子; 平井啓久
        第30回日本霊長類学会大会(大阪市), 2014年07月
      • ヨザルの種間雑種形成が原因と思われる染色体変異の分子細胞遺伝学的解析
        平井啓久; 平井百合子; 古賀章彦
        第30回日本霊長類学会大会(大阪市), 2014年07月
      • ヨザルのセントロメアを構成する反復配列の急速な置換
        古賀章彦; Prakhongcheep O; Srikulnath K; 平井百合子; 平井啓久
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会(岡山市), 2013年09月
      • ヨザルのアクロセントリック染色体短腕にあるヘテロクロマチンの形成過程
        平井啓久; Prakhongcheep O; Chaiprasertsri N; 平井百合子; 古賀章彦
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会(岡山市), 2013年09月
      • ヒト科とテナガザル科におけるセントロメア反復配列高次構造の起源
        寺田祥子; 平井百合子; 平井啓久; 古賀章彦
        第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会, 2013年09月
      • セントロメアを構成する反復配列の高次構造はヒト科ではなくヒト上科の特性である
        古賀章彦; 平井百合子; 寺田祥子; 平井啓久
        日本遺伝学会第85回大会, 2013年08月
      • ヨザルのヘテロクロマチンを構成する切れやすそうな縦列反復配列:染色体構成の急速な変化への関与に関する仮説
        古賀章彦; 平井百合子; ORNJIRA Prakhongcheep; 平井啓久
        日本遺伝学会第84回大会, 2012年08月
      • 小型類人猿における新規複合型レトロトランスポゾンの形成
        原暢; 平井百合子; スダラット バイチャローン; 早川卓志; 平井啓久; 古賀章彦
        日本遺伝学会第84回大会, 2012年08月
      • メダカにみられる対照的な2つの転移因子:侵入直後の元気な因子と崩壊の危機に立つ因子
        古賀 章彦
        日本遺伝学会第83回大会, 2011年08月
      • 体色突然変異を指標とした活性型DNAトランスポゾンの探索
        原暢; 山本博章; 三浦郁夫; 古賀章彦
        日本遺伝学会第83回大会, 2011年08月
      • 染色体次端部反復配列はアフリカ類人猿の共通祖先にあってヒトでは消滅したことの統計的検証
        古賀章彦; 平井啓久
        日本遺伝学会第82回大会, 2010年09月
      • hATファミリーのトランスポゾンであるメダカのTol1因子は旧口動物と新口動物の両方で転移する
        古賀 章彦
        日本遺伝学会第80回大会, 2008年08月
      • トランスポゾンは原因として認識されることなく突然変異を誘発する (日本の遺伝学の潮流--日本遺伝学会第78回大会ハイライト) -- (ワークショップ 生命の多様性を生み出すゲノム変化--分子遺伝学から比較ゲノム学まで)
        古賀 章彦
        生物の科学「遺伝」 別冊, 2007年03月

      産業財産権

      • 特許第5320546号, 特願2008-549271, Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム
        古賀 章彦; 濱口 哲
      • WO2008-072540, JP2007073565, Tol1因子のトランスポザーゼ及びそれを用いたDNA導入システム
        古賀 章彦; 濱口 哲

      受賞

      • 2012年04月01日
        日本学術振興会, 科学研究費補助金 審査委員表彰

      外部資金:科学研究費補助金

      • ゲノム組成の変化を伴ってヨザルで実現した暗環境への適応:霊長類全般での再現性
        基盤研究(B)
        小区分45050:自然人類学関連
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        適応;ゲノム;反復配列;霊長類;視細胞
      • 眼の不合理な構造の謎:視細胞内レンズの進化的起源から迫る
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        眼;視細胞;夜行性;ゲノム;ヘテロクロマチン;進化;脊椎動物
      • 縦列反復配列の正確な塩基配列決定
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        塩基配列決定;反復配列;変異導入;コンセンサス配列;コンティグ配列;コンセスサスハイレツ;トランスポゾン;塩基配列;バイオテクノロジー
      • ヒトと類人猿のゲノムの大きな違い:組換え頻度に関する仮説のゲノム編集を用いた検証
        基盤研究(B)
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        進化;ヒト;類人猿;ゲノム;染色体;反復配列;多様性;霊長類;ヘテロクロマチン;遺伝学;人類学;組換え
      • 霊長類ゲノムをモデルとした塩基配列進化の総合的研究
        基盤研究(A)
        国立遺伝学研究所
        斎藤 成也
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ゲノム進化;霊長類;CNS;反復配列;カニクイザル;Rh式血液型遺伝子;チベットモンキー;突然変異パターン;遺伝子変換;ABO式血液型遺伝子;ゲノム解析;カピバラ;ムササビ;比較ゲノム;突然変異;ゲノム;進化;哺乳類
      • 染色体構成の急速な変化がみられる霊長類:反復配列の関与に関する仮説の検証
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        染色体;反復配列;ゲノム;霊長類;増幅;セントロメア;ヘテロクロマチン;進化
      • ヒト上科で種特異的に生じている反復配列増減の比較ゲノム実験に基づく定量的な解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ゲノム;反復配列;サテライトDNA;ヒト;霊長類;分子進化;セントロメア;高次構造;進化的起源;進化;遺伝学;人類学
      • アジア霊長類と病原体の宿主寄生体関係史の探索
        基盤研究(A)
        京都大学
        平井 啓久
        自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        アジア霊長類;病原体;サルレトロウイルス;ヘリコバクター;マラリア;DNA;遺伝子;染色体;国際研究者交流;宿主寄生体関係;寄生病原体;マレーシア;タイ;ベトナム
      • ヒトでの構成的ヘテロクロマチンの消失:機構解明へ向けた痕跡部分の構造解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        古賀 章彦
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        染色体;反復配列;ヘテロクロマチン;セントロメア;テロメア;ヒト科;テナガザル科
      • 染色体維持におけるヘテロクロマチンの機能
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        名古屋市立大学;独立行政法人理化学研究所
        中山 潤一
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        非コードDNA;ヘテロクロマチン;染色体;HP1;反復配列;ヌクレオソーム;rDNA
      • ゲノム不毛地帯(RCRO)の進化と意義
        基盤研究(A)
        京都大学
        平井 啓久
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        RCRO;RCRO;末端ヘテロクロマチン領域;サブターミナルサテライト;ブーケステージ;チンパンジー;テナガザル;ゲノム不毛地帯;subterminal satellite;染色体;染色体顕微切断法;ゲノムデータベース解析;連鎖不平衡;アフリカ類人猿;霊長類
      • メダカの転移因子の突発的転移頻度上昇の機構
        基盤研究(C)
        京都大学;名古屋大学
        古賀 章彦
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        転移因子;トランスポゾン;転移頻度;突然変異;遺伝的変異;メダカ;転移酵素遺伝子;ゲノム
      • 脊椎動物で唯一の自家受精魚Rivulusmarmoratus実験系の立ち上げ
        萌芽研究
        名古屋大学
        金森 章
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        遺伝子;ゲノム;発現制御;発生・分化;性分化
      • メダカ卵形成開始機構の解析から性分化の分子カスケードへ迫る
        特定領域研究
        生物系
        名古屋大学
        金森 章
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        遺伝子;ゲノム;発現制御;発生・分化;性分化
      • メダカの自然発生突然変異率への転移性遺伝因子の関与
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        古賀 章彦
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        トランスポゾン;転移;自然突然変異;突然変異率;メダカ;脊椎動物, Transposon;Transposition;Spontaneous mutation;Mutation rate;Medaka;Vertebrates
      • メダカ転移因子による遺伝子改変系の構築:mRNA卵内注入による転移の活性化
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        堀 寛
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        メダカ;Oryzias latipes;転移因子;Tol-2;遺伝子ヌギング;トランスポゾン;遺伝子改変系;トランスポゼースmRNA;トランスポゼースcDNA;人工mRNA, medaka;Oryzias latipes;transposable element;Tol-2;tagging
      • メダカ転移因子Tol2の転移制御機構の解明および遺伝子改変系の構築
        特定領域研究
        生物系
        名古屋大学
        古賀 章彦
        自 1998年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        メダカ;転移性遺伝因子;トランスポゾン;Tol2因子;転移機構;遺伝子導入;転移酵素;転移因子;挿入;Tol2;変異;自然集団, Medaka fish;Mobile genetioc element;Transposable element;Tol2 element;Transposition mechanisms;Gene transfer;Transposase
      • 遺伝的組み換えの新展開:DNAの切断と再結合
        特定領域研究
        生物系
        東京大学;(社)北里研究所
        大坪 栄一;池田 日出男
        自 1998年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        非相同組換え;エンドジョイニング;動く遺伝子;トラシスポゾン;転移;遺伝子スイッチ;遺伝子ホーミング;遺伝病;トランスポゾン;DNA二本鎖切断;DNAエンドジョイニング;遺伝的組換え;トランスポゼース;ブルーム症候群;シャフロン;DNAの切断と再結合;RecQヘリカーゼ;DNA切断再結合;DNAヘリカーゼ;エンドヌクレアーゼ, Illegitimate recombination;DNA end-Joining;Mobile genetic elements;Transposon;Transposition;Shaffron;Gene homing;Bloom syndrome
      • メダカのDNA型転移因子の転移機構
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        古賀 章彦
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        メダカ;転移因子;トランスポゾン;Tol2;転移機構;自然集団;変異;戻し交配;突然変異, Medaka Fish;Transposable element;Transposon;Tol2;Transposition;Natural population;Genetic variation
      • メダカのAC様トランスポゾンによる小型実験魚類の遺伝子改変系構築
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        堀 寛
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        メダカ;トランスポゾン;トランスポゼース;遺伝子タギング;遺伝子導入, medaka;Oryzias latipes;transposable element;Tol-2;tagging
      • トランスポゾンの転移に必要なホストの遺伝子の同定
        奨励研究(A)
        名古屋大学
        古賀 章彦
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        トランスポゾン;ショウジョウバエ;転移頻度;遺伝子導入;種分化
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          9688, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          9686, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          9643, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          9687, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ゲノム細胞学実習
          9657, 後期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類細胞生理学特論
          9646, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          9689, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類学のすすめ
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          霊長類学の現在
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          遺伝学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          遺伝学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類遺伝学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム細胞学実習
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類細胞生理学特論
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2009年07月01日, 至 2011年03月31日
            英文一覧等小委員会 委員
          • 自 2009年07月01日, 至 2011年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2010年03月31日
            学生部委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            教育制度委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            広報委員会 楽友編集専門部会
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            広報委員会 楽友編集専門部会
          • 自 2009年07月01日, 至 2011年06月30日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            広報委員会 楽友編集専門部会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            広報委員会 紅萠編集専門部会
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            図書館協議会オープンアクセス特別委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            図書館協議会オープンアクセス特別委員会 委員
          • 自 2020年04月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            オープンアクセス・研究支援特別委員会 委員

          ページ上部へ戻る