教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

德山 奈帆子

トクヤマ ナホコ

野生動物研究センター 助教

德山 奈帆子
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類・野生動物系, 助教

    所属学協会

    • 日本アフリカ学会
    • 日本霊長類学会

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程生物科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程生物科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部理学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      宮城第一女子高校

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, 霊長類研究所国際共同先端研究センター, 助教
    • 自 2017年04月, 至 2020年03月
      日本学術振興会, 特別研究員(SPD)
    • 自 2016年04月, 至 2017年03月
      京都大学, 霊長類研究所長期野外研究プロジェクト, 特定研究員
    • 自 2013年04月, 至 2016年04月
      日本学術振興会, 特別研究員(DC1)

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        大型類人猿を中心とした野生霊長類の社会生態学的研究
      • 研究概要

        なぜ一人は「寂しい」のだろう、なぜ「誰かと一緒にいたい」のだろうという疑問から始まり、集団生活を送る動物の社会交渉の研究を始めました。幼いころからのアフリカへのあこがれもこの道へ進んだ動機の一つです。コンゴ民主共和国・ルオー学術保護区ワンバのボノボを対象として、メス同士の連合関係や集団の凝集性を保つメカニズム、集団間の攻撃的・親和的交渉といった社会生態学的研究を行っています。ウガンダ共和国・カリンズ森林のチンパンジーとの比較研究も進めています。

      研究キーワード

      • 行動生態学
      • 霊長類学
      • 動物行動

      研究分野

      • ライフサイエンス, 自然人類学, 霊長類学

      論文

      • Prevalence of antibodies against human respiratory viruses potentially involving anthropozoonoses in wild bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Chie Hashimoto; Mina Isaji; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        Primates, 2021年08月02日
      • Two wild female bonobos adopted infants from a different social group at Wamba
        Nahoko Tokuyama; Kazuya Toda; Marie Laure Poiret; Bahanande Iyokango; Batuafe Bakaa; Shintaro Ishizuka
        Scientific Reports, 2021年03月
      • Occurrence and transmission of flu-like illness among neighboring bonobo groups at Wamba
        Heungjin Ryu; David A. Hill; Tetsuya Sakamaki; Cintia Garai; Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        Primates, 2020年06月19日, 査読有り
      • Comparisons of between-group differentiation in male kinship between bonobos and chimpanzees.
        Shintaro Ishizuka; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Kazuya Toda; Chie Hashimoto; Takeshi Furuichi
        Scientific reports, 2020年01月14日, 査読有り
      • Inter‐group aggressive interaction patterns indicate male mate defense and female cooperation across bonobo groups at Wamba, Democratic Republic of the Congo
        Nahoko Tokuyama; Tetsuya Sakamaki; Takeshi Furuichi
        American Journal of Physical Anthropology, 2019年12月, 査読有り
      • Snare-related disability led to the near-fatal accident of a bonobo at Wamba, Democratic Republic of the Congo
        Nahoko Tokuyama
        Pan Africa News, 2019年06月, 査読有り
      • Males with a mother living in their group have higher paternity success in bonobos but not chimpanzees.
        Martin Surbeck; Christophe Boesch; Catherine Crockford; Melissa Emery Thompson; Takeshi Furuichi; Barbara Fruth; Gottfried Hohmann; Shintaro Ishizuka; Zarin Machanda; Martin N Muller; Anne Pusey; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Kara Walker; Richard Wrangham; Emily Wroblewski; Klaus Zuberbühler; Linda Vigilant; Kevin Langergraber
        Current biology : CB, 2019年05月20日, 査読有り
      • A Short-Term Visit of an Adult Male Bonobo from the Neighboring Unit-group at Wamba
        Kazuya Toda; Nahoko Tokuyama; Shintaro Ishizuka; Takeshi Furuichi
        Pan Africa News, 2018年12月, 査読有り
      • Paternity and kin structure among neighbouring groups in wild bonobos at Wamba.
        Shintaro Ishizuka; Yoshi Kawamoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Kazuya Toda; Hiroki Okamura; Takeshi Furuichi
        Royal Society open science, 2018年01月, 査読有り
      • Increased frequency of intergroup encounters in wild bonobos (Pan paniscus) around the yearly peak in fruit abundance at Wamba.
        Sakamaki T; Ryu H; Toda K; Tokuyama N; Furuichi T
        Int J Primatol, 2018年, 査読有り
      • An Old Female Bonobo Carried a Dead Red-Tailed Monkey for over a Month
        Kazuya Toda; Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        Pan Africa News, 2017年12月, 査読有り
      • The mitochondrial ancestor of bonobos and the origin of their major haplogroups
        Hiroyuki Takemoto; Yoshi Kawamoto; Shoko Higuchi; Emiko Makinose; John A. Hart; Terese B. Hart; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Gay E. Reinartz; Patrick Guislain; Jef Dupain; Amy K. Cobden; Mbangi N. Mulavwa; Kumugo Yangozene; Serge Darroze; Celine Devos; Takeshi Furuichi
        PLOS ONE, 2017年05月, 査読有り
      • Leadership of old females in collective departures in wild bonobos (Pan paniscus) at Wamba
        Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        BEHAVIORAL ECOLOGY AND SOCIOBIOLOGY, 2017年03月, 査読有り
      • Cases of maternal cannibalism in wild bonobos (Pan paniscus) from two different field sites, Wamba and Kokolopori, Democratic Republic of the Congo
        Nahoko Tokuyama; Deborah Lynn Moore; Kirsty Emma Graham; Albert Lokasola; Takeshi Furuichi
        PRIMATES, 2017年01月, 査読有り
      • Erratum: Corrigendum to “Do friends help each other? Patterns of female coalition formation in wild bonobos at Wamba” (Animal Behaviour (2016) 119 (27–35)(S0003347216301130)(10.1016/j.anbehav.2016.06.021))
        Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        Animal Behaviour, 2017年01月01日, 査読有り
      • Do friends help each other? Patterns of female coalition formation in wild bonobos at Wamba
        Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        ANIMAL BEHAVIOUR, 2016年09月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Yoshi Kawamoto; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Munehiro Okamoto; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • A Case of Infant Carrying against the Mother’s Will by an Old Adult Female Bonobo at Wamba, Democratic Republic of Congo
        Nahoko Tokuyama
        Pan Africa News, 2015年12月, 査読有り
      • Association of a Young Emigrant Female Bonobo during an Encounter with her Natal Group
        Kazuya Toda; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        Pan Africa News, 2015年06月, 査読有り
      • Intergroup transfer of females and social relationships between immigrants and residents in bonobo (Pan paniscus) societies.
        Sakamaki T; Behncke, I; Laporte, M; Mulavwa, M; Ryu H; Takemoto H; Tokuyama, N; Yamamoto, S; Furuichi T/In; Furuichi T; Yamagiwa J; Aureli F
        Dispersing primate females, Springer, 2015年, 査読有り
      • Why do wild bonobos not use tools like chimpanzees do?
        T. Furuichi; C. Sanz; K. Koops; T. Sakamaki; H. Ryu; N. Tokuyama; D. Morgan
        BEHAVIOUR, 2015年, 査読有り
      • Redirected aggression reduces the cost for victims in semi-provisioned free-ranging Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata)
        Nahoko Tokuyama; Takeshi Furuichi
        BEHAVIOUR, 2014年, 査読有り
      • Genetic Structure of Wild Bonobo Populations: Diversity of Mitochondrial DNA and Geographical Distribution
        Yoshi Kawamoto; Hiroyuki Takemoto; Shoko Higuchi; Tetsuya Sakamaki; John A. Hart; Terese B. Hart; Nahoko Tokuyama; Gay E. Reinartz; Patrick Guislain; Jef Dupain; Amy K. Cobden; Mbangi N. Mulavwa; Kumugo Yangozene; Serge Darroze; Celine Devos; Takeshi Furuichi
        PLOS ONE, 2013年03月, 査読有り
      • Bonobos apparently search for a lost member injured by a snare
        Nahoko Tokuyama; Besao Emikey; Batuafe Bafike; Batuafe Isolumbo; Bahanande Iyokango; Mbangi N. Mulavwa; Takeshi Furuichi
        PRIMATES, 2012年07月, 査読有り

      MISC

      • 人間の娯楽にチンパンジーを利用することの何が問題か
        松阪崇久; 徳山奈帆子
        モンキー, 2021年, 招待有り
      • 霊長類の違法取引と大型類人猿のエンターテイメント利用に専門家としてどう向き合うか
        山梨 裕美; 徳山 奈帆子; 赤見 理恵; 松阪 崇久; 北出 智美; 徐 沈文; 林 美里; 白井 啓; 諸坂 佐利
        霊長類研究, 2021年, 査読有り, 招待有り
      • コロナ禍におけるコンゴ民主共和国ルオー学術保護区ワンバでの研究・保全活動継続の取り組み
        徳山奈帆子; 戸田和弥; 古市剛史
        霊長類研究, 2021年, 招待有り, 筆頭著者
      • ボノボのメスを怒らせてはいけない-オス間の急激な順位変動を引き起こしたメスたち
        徳山奈帆子
        モンキー, 2019年, 招待有り, 筆頭著者
      • ワンバのボノボにおけるオスの繁殖成功, および隣接複数集団の血縁構造
        石塚真太郎; 川本芳; 坂巻哲也; 徳山奈帆子; 戸田和弥; 岡村弘樹; 古市剛史
        第33回日本霊長類学会大会, 福島市, 2017年07月
      • ワンバの野生ボノボにおけるオスの血縁構造
        石塚真太郎; 川本芳; 坂巻哲也; 徳山奈帆子; Rhu H; 戸田和弥; 古市剛史
        第32回日本霊長類学会大会, 鹿児島市. (2016/07/16), 2016年07月
      • 次世代シークエンサーによる屋久島ニホンザル ( Macaca fuscata yakui) に採食品目及び腸内細菌叢の網羅的探索
        澤田 晶子; 鈴村 崇文; 松川 あおい; 安 洋; 井筒 弥那子; 鹿島 誠; 佐藤 勇輝; Pinto L C; 原 宏輔; 平山 実季; Hong W-T; 早川 卓志; Hor C-S; 岸本 結; 小村井 亮平; 小山 卓也; Kulanthavelu M; 熊谷 信是; Lajmi A; 前田 祐伽; 三品 達平; 中村 恭子; 瀬尾 明弘; 西村 良太; 岡本 晃大; 酒井 理; 榊原 香鈴美; 沢田 幾太郎; 島 悠希; 清水 将裕; Nivia Aparecida; Silva do Carmo; Sinha I; 炭谷 麗; 竹内 寛彦; 田島 知之; 徳山 奈帆子; 山崎 曜; 矢戸 崇; 川口 恵里; 東 浩司; 村山 美穂; 曽田 貞滋; 湯本 貴和; 杉浦 秀樹; Adenyo C; 幸島 司郎; 阿形 清和; 岸田 拓士; 福田 真嗣; 小椋 義俊; 藤田 志歩
        霊長類研究 Supplement, 2013年
      • ニホンザルはなぜ二次攻撃を行うのか
        徳山 奈帆子
        霊長類研究 Supplement, 2011年
      • 長野県で発見されたハコネサンショウウオのアルビノ幼生
        徳山 奈帆子; 木林 理; 吉川 夏彦
        爬虫両棲類学会報, 2009年03月

      講演・口頭発表等

      • 類人猿たちの「ソーシャルディスタンス」
        徳山奈帆子
        第16回京都大学附置研究所・センター シンポジウム, 2021年03月06日, 招待有り
      • ボノボを知る、まもる
        徳山奈帆子
        第36回日本霊長類学会市民公開講座, 2020年12月06日, 招待有り
      • ワンバの野生ボノボにおける、メスが他集団のコドモを「養子」とした 2 事例
        徳山奈帆子; 戸田和弥; Marie Poiret; Iyokango Bahanande; 石塚真太郎
        第36回日本霊長類学会, 2020年12月05日
      • 「愛と平和」の類人猿ボノボにおける、集団間攻撃交渉パターンが示すオス間競合とメスの協力
        徳山奈帆子
        FSコロキアム:ヒトを見るようにサルを見る, 2020年09月04日, 招待有り
      • 住民主体の保全体制を目指してーコンゴ民主共和国ルオー学術保護区ワンバ村での試み
        徳山奈帆子
        SAGA22, 2019年11月16日, 招待有り
      • Activities for raising local people's awareness about the conservation of bonobos and the forest at Wamba, Luo Scientific Reserve, DRC.
        N Tokuyama
        3rd Symposium of The African Primatological Consortium for Conservation, 2019年08月26日, 招待有り
      • Patterns of coalition formation and social bonding in females bonobos (Pan paniscus) at Wamba.
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 27th Congress of the International Primatological Society, 2018年08月22日, 招待有り
      • Inter-group aggressive interactions in wild bonobos (Pan paniscus) at Wamba, Democtatic Republic of the Congo
        N Tokuyama; T Sakamaki; T Furuichi
        The 27th Congress of the International Primatological Society, 2018年08月21日, 招待有り
      • ワンバの野生ボノボにおける,集団内・集団間攻撃交渉パターンの比較
        徳山奈帆子; 古市剛史
        第34回日本霊長類学会, 2018年07月14日
      • ボノボの父系社会におけるメスの連合関係パターンとその機能
        徳山奈帆子; 古市剛史
        日本アフリカ学会第55回学術大会, 2018年05月27日
      • Partially shared decision-making in wild bonobos at Wamba, DR Congo
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 26th Congress of the International Primatological Society, 2016年08月23日
      • Is blood thicker than water? The social bonds and coalition formations in wild bonobos.
        N Tokuyama; Y Kawamoto; E Makinose; S Isizuka; T Furuichi
        The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月29日, 招待有り
      • Affiliative social bonds and patterns of coalition formation of female wild bonobos in Wamba, DR Congo.
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 31st International Congress of Psychology, 2016年07月26日, 招待有り
      • 野生ボノボのメスにおける連合形成パターン
        徳山奈帆子; 古市剛史
        第32回日本霊長類学会, 2016年07月18日
      • 誰についていこうか?‐野生ボノボ(Pan paniscus)における、遊動開始の意思決定-
        徳山奈帆子; 古市剛史
        第63回日本生態学会, 2016年03月22日
      • Affiliative social bond and intra-group coalition formation of female bonobos in Wamba, DR Congo
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 34th International Ethological Conference, 2015年08月10日
      • Who to follow? Collective decision making in wild bonobos
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 5th International Wildlife Management Congress, 2015年07月28日
      • ボノボのメスを怒らせてはいけない-メスからの攻撃による、第一位オスの失脚 -
        徳山奈帆子; 坂巻哲也
        SAGA17 アジアアフリカに生きる大型類人猿を支援する集い, 2014年11月15日
      • ボノボのメスの団結力
        徳山奈帆子
        モンキー日曜サロン, 2014年11月09日, 招待有り
      • Redirected aggression reduces the cost for victims among semi-provisioned free-ranging Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata).
        N Tokuyama; T Furuichi
        The 33rd International Ethological Conference, 2013年08月04日
      • ニホンザルはなぜ二次攻撃を行うのか
        徳山奈帆子
        第27回日本霊長類学会, 2011年07月17日

      書籍等出版物

      • Encyclopedia of Animal Behavior (2nd ed.)
        Yamamoto S; Tokuyama N; Clay Z; Hare B, 分担執筆, Chimpanzee and Bonobo
        Academic Press, 2019年
      • Dispersing Primates Females
        Sakamaki T; Behncke I; Laporte M; Mulavwa M; Ryu H; Takemoto H; Tokuyama N; Yamamoto S; Furuichi T, 分担執筆, Intergroup transfer of females and social relationships between immigrants and residents in bonobo (Pan paniscus) societies
        Springer, 2015年

      受賞

      • 2018年12月
        井上科学振興財団, 第35回井上研究奨励賞 
      • 2019年
        Primates 2019 Most-Cited Paper Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • 学際的統合研究によるアフリカにおける人と動物の相互関係の解明とその実践への応用
        基盤研究(A)
        中区分4:地理学、文化人類学、民俗学およびその関連分野
        静岡県立大学
        松浦 直毅
        自 2021年04月05日, 至 2026年03月31日, 交付
        アフリカ大型類人猿;人と動物の関係;生物多様性保全;持続可能な開発;学際研究
      • 戦争と協力の進化:集団間競合と集団内協力の比較認知科学的検討
        基盤研究(A)
        中区分10:心理学およびその関連分野
        京都大学
        山本 真也
        自 2019年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        社会性の進化;偏狭な利他性;集団間闘争;類人猿;自己家畜化;集団内協力;集団間競合;伴侶動物;集団行動;集団性;重層社会;家畜化;人間性の進化;オキシトシン
      • ヒト科における閉経の進化:野生類人猿の老齢メスの性ホルモン動態と繁殖戦略の研究
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        京都大学
        橋本 千絵
        自 2018年10月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        チンパンジー;ボノボ;閉経;おばあさん仮説;老齢メス;繁殖成功度;性ホルモン動態
      • ボノボにおける集団を越えた個体間関係:重層的地域社会構造の解明にむけて
        特別研究員奨励費
        総合研究大学院大学
        自 2017年04月26日, 至 2020年03月31日, 完了
        ボノボ;集団間関係;協力;攻撃交渉;親和的交渉
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2020年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較動物行動学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          学術・社会貢献

          社会貢献活動

          • アフリカ先生ウェビナー:コンゴ・森と河をつなぐ
            運営参加・支援
            NPO法人アフリック・アフリカ、NPO法人ビーリア(ボノボ)保護支援会, アフリカ先生ウェビナー:コンゴ・森と河をつなぐ, Youtube, 自 2020年11月28日, 至 2020年12月19日
          • ボノボのガールズパワー
            講師
            京都市動物園, 動物園DEサイエンストーク, 自 2020年07月26日

          ページ上部へ戻る