教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

清水 美香

シミズ ミカ

総合生存学館 SDGs達成に向けた地球社会レジリエンス共同講座(産学共同) 特定准教授

清水 美香
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      shimizu.mika.5akyoto-u.ac.jp

    学位

    • 修士(国際関係)(American University)
    • 博士(国際公共政策)(大阪大学)

    出身大学院・研究科等

    • American University, School of International Service 修士課程, 修了
    • 大阪大学, 大学院国際公共政策研究科博士後期課程, 修了

    経歴

    • 京都大学
    • 京都大学

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        公共政策、社会システムデザイン、災害リスクマネジメント、組織論、レジリエンス、ガバナンス

      研究分野

      • その他, その他

      論文

      • 日米におけるモバイルアラートおよび警告: 国際協調の課題を克服
        Bean, H; Cruz, A. M; Shimizu, M; Stephens, K. K; McGlone, M; Strover, S
        International Journal of Disaster Risk Science, 2021年11月, 査読有り
      • SDGsを促進するためのレジリエンスアプローチ
        Mika Shimizu
        PRESSER, American Geophysical Union Educational Section, 2020年11月, 査読有り
      • 気候変動適応における人間社会とテクノロジー ; SDGsとレジリエンスアプローチの視点から
        清水美香
        生存科学, 2020年09月, 査読有り
      • 地震リスクと不確実性
        橋本学; 清水美香; 中鉢奈津子; 福島洋; 久利美和
        自然災害科学, 2020年07月, 筆頭著者, 責任著者
      • 生存のための環境力とレジリエンス
        清水 美香
        生存科学, 2019年04月, 査読有り
      • ニューヨークのハリケーン"Sandy"の復興事例からみる復興、レジリエンス、公共政策の関係性
        清水 美香
        日本災害復興学会論文集, 2018年05月, 査読有り
      • 人と自然と社会の繋ぎにおける「レジリエンス」生存性に向けて
        清水 美香
        生存科学, 2017年03月, 査読有り
      • 「協働知創造のレジリエンスの視点から:原子力防災政策・施策の隙間」
        清水 美香
        日本原子力学会誌, 2017年03月, 招待有り
      • 地震リスクの不確実性を,どう捉えるか:科学と社会を繋ぐ試み,シナリオベースワークショップを踏まえて
        橋本学; 清水美香
        日本自然災害学会学術講演会講演概要集, 2017年
      • “Civil Society through Linkages of Resilience and Public Policy in a Modern Risk Society”
        Mika Shimizu
        IWorking Papers Series, International Society for Third-Sector Research,, 2017年01月, 査読有り
      • “Interconnected Risks, Cascading Disasters and Disaster Management Policy: A Gap Analysis”
        清水 美香
        Planet @Risk Global Risk Forum, 2015年05月, 査読有り
      • “How Assessment and Evaluation is Interlinked with Disaster Governance? A Case of the Tohoku Disaster”
        Mika Shimizu
        京都大学防災研究所年報, 2014年10月
      • “Resilience in Disaster Management and Public Policy: A Case of Study of the Tohoku Disaster”
        Risks, Hazards, & Crisis in Public Policy, 2013年03月, 査読有り
      • アジアにおける感染症ガバナンス:パンデミック対策を入り口とした再興・新興感染症までの備え
        清水 美香; 浦島 充佳; 大村 和弘; 河本 志朗; 橋本 靖明; 福田 充; 本田 茂樹
        笹川平和財団, 2011年06月, 査読有り
      • グローバルエイジング・グローバルヘルスが移民・外国人労働者問題に及ぼす政策インプリケーション~移民・外国人労働者をより良く受け入れるために・日米ケース~
        清水美香; 編集統括; 筆頭執筆者; Michael McDonald・Robyn Stone; 清田英己; 上岡尚子; 江原裕美; Christine Kitchens
        国際交流基金・グローバル政策イニシアティブ, 2011年05月, 査読有り
      • 新たなグローバルリスクの構造的課題とグローバルガバナンスアプローチ:重要情報インフラ防護(CIIP)のケース
        清水 美香
        国際公共政策研究, 2006年09月
      • Governance for a New Security Issue: Cyber Security in Critical Infrastructure Protection
        Mika Shimizu
        American Political Science Association, 2004年10月, 査読有り
      • 情報セキュリティのグローバル化とガバナンス
        清水美香
        知的資産創造, 2004年02月

      MISC

      • 東日本大震災のケースに見る日本の政策システム : 現況と課題
        清水 美香; Shimizu Mika; シミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2013年03月
      • 東日本大震災の教訓「レジリエンス」と災害マネジメントおよび公共政策の連関性
        清水 美香
        国際公共政策研究, 2012年03月
      • グローバルリスクと政策知・政策デザイン : パンデミックインフルエンザを事例に
        清水 美香; Shimizu Mika; シミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2010年09月
      • グローバル・ヘルスと国家戦略の連関性 : 分析的枠組みと米国・英国のケース
        清水 美香; Shimizu Mika; スミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2009年09月
      • グローバルリスクマネジメントアプローチのための構造的戦略に向けて : 米国の包括的リスクマネジメント戦略の検証
        清水 美香; Shimizu Mika; シミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2008年09月
      • グローバル化の深化に伴う公共政策の構造的変化 : 米国におけるパンデミック・インフルエンザのケース
        清水 美香; Shimizu Mika; シミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2007年09月
      • 新たなグローバルリスクの構造的課題とグローバルガバナンスアプローチ : 重要情報インフラ防護(CIIP)のケース・パートII(政策デザインモデル)
        清水 美香; Shimizu Mika; シミズ ミカ
        国際公共政策研究, 2007年03月

      講演・口頭発表等

      • Collaborating on Human-Centered Data for Resilience Research
        Shimizu, M; Stephens, K. K; Castellanos, S; Cruz, A. M; Faust, K. M; Kimura, N; Potts, J; Sun, J; Takara, K; Tasuji, T; Tiedmann
        第47回 Annual Natural Hazards Research and Applications Workshop, 2022年07月13日
      • Governance for a New Security Issue: Cyber Security in Critical Infrastructure Protection
        Mika Shimizu
        米国政治科学学会米国, 2004年
      • レジリエンスとは
        清水美香
        「どんなときも折れない しなやかな暮らしの作り方 ~ コミュニティレジリエンス×パーマカルチャー ~」静岡2.0主催, 2022年03月06日, 招待有り
      • つなぐことが生きること
        清水美香
        阪本小学校(東京)道徳授業地区公開講座, 2022年02月19日, 招待有り
      • 持続可能な暮らし~「レジリエンス」から紐解く~
        清水美香
        Yakushima GreenSchool, 2021年12月27日, 招待有り
      • 地震リスクと不確実性:複眼的学習アプローチの促進
        清水美香 橋本学
        防災学術連携体・特別シンポジウム 防災教育と災害伝承への多様な視点-東日本大震災から10年を経て, 2021年11月06日
      • Collaborative Knowledge Creation-based Resilience in a Modern Risk Society
        Mika Shimizu
        ”HOW CAN GENDER EQUALITY, DIVERSITY AND INCLUSION SUPPORT RESILIENCE? " in the international conference organized by University of Twente in the Netherland, 2021年10月28日, 招待有り
      • “Managing Cascading Disaster Risks under Uncertainties : Case of the Covid-19 in Japan through Resilience Perspectives
        Mika Shimizu; Norio Okada
        the Integrated Disaster Risk Management (IDRiM) 2021 Conference, 2021年09月21日
      • Community Perspectives
        Mika Shimizu
        U.S.-Japan Expert Workshop: Improving Mobile Public Alert and Warning Globally, 2021年09月08日, 招待有り
      • ダイアローグ「地球社会の調和ある共存へ」
        宇佐美誠、清水美香
        京都大学カーボンニュートラル推進フォーラム キックオフシンポジウム‐地球社会の調和ある共存に向けて, 2021年07月19日, 招待有り
      • 「コロナ時代の不確実性にどう向き合うか」
        清水美香
        京都大学レジリエント社会創造研究会, 2021年05月31日
      • レジリエンスアプローチのSDGsへの適用 -地域災害リスクマネジメントを事例に-
        清水美香 土田亮
        JpGU-AGU Joint Meeting 2021, 2021年05月09日
      • 「どんなときも折れない しなやかな暮らしのつくり方 ~協働でつくる静岡のレジリエンス~
        清水美香
        静岡2.0主催ワークショップ, 2021年03月17日, 招待有り
      • レジリエンスの観点から:日本のケース
        Mika Shimizu
        Analysis of National-Local Policy Processes and Governance under Uncertainties for the Covid-19 Pandemic: Lessons Learned (by University of Grenoble, France), 2021年01月14日, 招待有り
      • 南海トラフ地震の不確実性に向き合う:レジリエンスアプローチの適用: ―複眼学習アプローチ手法―
        清水美香
        日本災害復興学会2020年度遠隔大会, 2020年12月20日
      • レジリエントな観光ビジネスと社会ネットワーク
        清水美香
        城西国際大学観光経営人材育成講座, 2020年12月06日, 招待有り
      • Covid-19パンデミックの不確実性の下での国家・地方の政策プロセスとガバナンスの国際比較分析:教訓 (日本のケース)
        Mika Shimizu
        Association for Public Policy Analysis and Management(APPAM) 42nd Annual Conference, 2020年11月12日
      • 「不確実性と地震リスク:複眼学習アプローチ」
        清水美香
        東北大学災害科学国際研究所主催「コロナ時代の不確実性と地震リスク:複眼学習の視点から見直そう」, 2020年10月01日
      • "Looking at Nature, Humans and Society in a Continuum"
        Mika Shimizu
        UNESCO Yakushima School, 2020年09月11日
      • Resilience and Public Engagement for Advancing Sustainability Policy, Research and Education
        Mika Shimizu
        JpGU-AGU Joint Meeting 2020, 2020年07月12日, 招待有り
      • 東日本大震災(東北)災害からの教訓:災害、気候変動、およびCovid-19における課題への影響
        Mika Shimizu
        International Institute of Administrative Sciences e-Conference, 2020年06月24日

      書籍等出版物

      • A Resilience Approach for Acceleration of Sustainable Development Goals
        Mika Shimizu, 編者(編著者)
        Springer, 2022年06月
      • 『自然災害科学・防災の百科事典』
        清水美香, 分担執筆, 1章・「防災とレジリエンス」
        丸善出版, 2022年01月
      • 災害対応:公的能力と不測の事態の管理
        Shimizu M; Yasui T, 分担執筆, “Chapter 19 Great East Japan Earthquake Disasters in 2011: Lessons for Public Management”
        IIAS, 2021年02月
      • 『実践する総合生存学』
        清水美香; 寶馨, 分担執筆, 「第9章 レジリエントな社会を創る」
        京都大学学術出版会, 2021年01月
      • Nexus of Resilience and Public Policy in a Modern Risk Society
        清水 美香; Allen Clark, 共著
        Springer, 2019年02月, 査読無し
      • 「アジア地域の人間安全保障:ダイナミックな変化への協働対応に向けて~リスクの複合連鎖がもたらす課題~」『安全保障論』
        清水 美香, 共著, 13章
        信山社, 2015年03月, 査読無し
      • “Think Tanks and Policy Analysis: Meeting the Challenges of Think Tanks in Japan” in Policy Analysis in Japan
        清水 美香, 共著, Chapter 14
        Policy Press, 2015年03月, 査読無し
      • 協働知創造のレジリエンス
        清水 美香, 単著
        Kyoto University Press, 2015年03月, 査読無し

      受賞

      • 2009年04月
        国際交流基金, 安倍フェローシップ

      外部資金:科学研究費補助金

      • 現代リスク社会における「深い不確実性」のマネジメント
        基盤研究(C)
        小区分25030:防災工学関連
        京都大学
        清水 美香
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        災害リスク;リスク社会;社会システム;レジリエンス;連鎖災害;災害リスクマネジメント;不確実性;ガバナンス;複合災害;システム思考;システムズアプローチ;デザイン思考;レジリエンス思考;市民社会;深い不確実性;地震リスク;リスク;マネジメント
      • 現代リスク社会の変容における公共政策の役割:公共政策と「不確実性」
        基盤研究(C)
        京都大学
        清水 美香
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        現代リスク社会;リスク;公共政策;マネジメント;地震リスク;リスクコミュニケーション;不確実性;地震;地震い;学際性;俯瞰性;防災政策;リスク社会
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          グローバル生存学
          M601, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          金属ビジネス特論 ~課題解決に向けた学生と企業の協働~
          2021, 前期, 総合生存学館, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          人間・社会・生態系のレジリエンスと持続可能性
          2018, 前期, 総合生存学館, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          グローバル生存学
          F113, 前期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          環境防災生存学特論
          3003, 前期, 総合生存学館, 2
        • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
          グローバル生存学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月01日, 至 2017年09月30日
          グローバル生存学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          グローバル生存学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人間・社会・生態系のレジリエンスと持続可能性
          前期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          環境防災生存学特論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          グローバル生存学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          グローバル生存学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人間・社会・生態系のレジリエンスと持続可能性
          前期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境防災生存学特論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          グローバル生存学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          グローバル生存学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          資源ビジネス特論 ~金属ビジネスの未来~
          前期, 総合生存学館

        ページ上部へ戻る