教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

馬 騰

マ トウ

経済学研究科 特定講師

馬 騰
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    学部兼担

    • 国際高等教育院

    所属学協会

    • European Association of Environmental and Resource Economists
    • The East Asian Association of Environmental and Resource Economics
    • 環境経済政策学会

    学位

    • 修士(環境科学)(滋賀県立大学)
    • 博士(経済学)(神戸大学)

    出身大学院・研究科等

    • 滋賀県立大学, 大学院環境科学研究科博士前期課程環境計画学専攻, 修了
    • 神戸大学, 大学院経済学研究科博士後期課程経済学専攻, 修了

    経歴

    • 自 2019年09月, 至 現在
      京都大学, 経済学研究科, 特定講師
    • 自 2017年11月, 至 2019年08月
      アジア太平洋研究所, 研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究分野

      • 人文・社会, 経済政策, 環境経済学、エネルギー経済学、気候変動、電力市場、大気汚染

      論文

      • From FIT to FIP: assessing the impact of feed-in policies on renewable development in Germany
        Yimeng Du; Teng Ma
        Applied Economics Letters, 2022年07月12日, 査読有り, 責任著者
      • Cross-regional effects of renewable power generation on the electricity market: an empirical study on Japan's electricity spot market
        Teng Ma; Yimeng Du; Tao Xu; Wang Chen
        Applied Economics, 2022年08月17日, 査読有り, 筆頭著者
      • Impact of electricity pricing strategy on residential energy consumption decisions in China: empirical evidence from a household survey
        Yimeng Du; Teng Ma
        Journal of Environmental Economics and Policy, 2021年05月31日, 査読有り, 責任著者
      • Cleaning up the Air for the 2008 Beijing Olympic Games: Empirical Study on China ’s Thermal Power Sector
        Teng MA; Kenji Takeuchi
        Resource and Energy Economics, 2020年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Technology choice for reducing NOxemissions: An empirical study of Chinese power plants
        Teng Ma; Kenji Takeuchi
        Energy Policy, 2017年, 査読有り, 筆頭著者
      • 中国企業における環境配慮型融資の利用意欲に関する実証研究:武漢市の企業を対象としたサーベイ
        馬 騰
        六甲台論集, 2015年10月, 筆頭著者

      講演・口頭発表等

      • Controlling SO2 emissions in China: A panel data analysis of the 11th Five-Year Plan
        Teng Ma
        神戸大学六甲フォーラム, 2016年04月
      • 中国における火力発電生産 と CO2 排出権取引の活性化に関する実証分析
        馬 騰
        京都大学中国経済セミナー第1回, 2022年04月
      • 中国におけるカーボンニュートラル推進政策
        馬 騰
        北東アジアにおけるカーボンユニットラル:現状と課題, 2021年11月, 招待有り
      • 日本における再エネの地域間電力調達と卸電力市場
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2021 年大会, 2021年09月
      • 中国における火力発電生産とCO2排出権取引 の活性化に関する実証分析
        Teng Ma
        SEEPs Camp 2021, 2021年02月
      • 中国の全国CO2排出権取引制度の導入における排出権取引の活性化に関する実証分析
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2020 年大会, 2020年09月
      • 再エネ電力供給が日本卸電力市場に与える影響に関する研究
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2018 年大会, 2018年09月
      • 中国の火力発電所における地域連携政策評価に関する実証分析 ー北京オリンピックを例として
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2017 年大会, 2017年09月
      • 中国における火力発電所の窒素酸化物対策: 脱硝技術選択に関する計量経済学的分析
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2016 年大会, 2016年09月
      • 中国の第11次五ヵ年計画におけるSO2削減政策の評価に関する研究
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2015年大会, 2015年09月
      • 中国企業における環境配慮型融資の利用意欲に関する実証研究:武漢市の企業を対象としたサーベイ
        馬 騰
        環境経済・政策学会(SEEPS) 2014 年大会, 2014年09月
      • Renewable Energy Generation Effects on the Electricity Market: An Empirical Study on Japan’s Electricity Spot Market
        Teng Ma
        International Energy Workshop, 39th Annual Conference., 2021年06月
      • Renewable Energy Generation Effects on the Electricity Market: An Empirical Study on Japan’s Electricity Spot Market
        Teng Ma
        The European Association of Environmental and Resource Economists, 26th Annual Conference., 2021年06月
      • Cleaning up the Air for the 2008 Beijing Olympic Games: Empirical Study on China ’s Thermal Power Sector
        Teng Ma
        World Congress of Environmental;Resource Economists;th Annual Meeting, 2018年06月
      • Cleaning up the Air for the 2008 Beijing Olympic Games: Empirical Study on China ’s Thermal Power Sector
        Teng Ma
        The Asian Association of Environmental and Resource Economics, 7th Annual Meeting., 2017年07月
      • 関西経済白書2019
        分担執筆, 中国経済の現状と課題
        2019年09月
      • 関西経済白書2018
        馬 騰, 分担執筆, 中国における環境対策の現状
        一般財団法人アジア太平洋研究所, 2018年10月, 査読無し
      • Kansai and the Asia Pacific Economic Outlook: 2017-2018
        馬 騰, 分担執筆, The State of The Chinese Economy and The Belt and Road Initiative
        Asia Pacific Institute of Research, 2018年05月, 査読無し
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          外国文献研究(経・英)A-E1
          HA08, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Econometrics
          A905, 後期, 経済学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Contemporary Economics II-E2
          H918, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Contemporary Economics I-E2
          H917, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Master Thesis Design
          J101, 後期, 経済学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Econometrics
          3620, 後期, 経営管理教育部, 2
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Contemporary Economics I-E2
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Contemporary Economics II-E2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Econometrics
          後期, 経営管理教育部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Econometrics
          後期, 経済学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          外国文献研究(経・英)A-E1
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          外国文献研究(経・英)B-E1
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Contemporary Economics I-E2
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Contemporary Economics II-E2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          外国文献研究(経・英)A-E1
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          外国文献研究(経・英)B-E1
          後期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/09/30

          学術・社会貢献

          学術貢献活動

          • 京都大学大学院経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 ディスカッションペーパー審査委員
            審査・評価
            自 2020年04月, 至 現在
          • Referee of the Scientific Programme Committee for the 6th World Congress of Environmental and Resource Economists (WCERE)
            審査・評価
            自 2018年02月08日, 至 2018年03月08日

          ページ上部へ戻る