教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

市村 敦彦

イチムラ アツヒコ

薬学研究科 薬科学専攻生体分子薬学講座 助教

市村 敦彦
list
    Last Updated :2024/02/21

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    学位

    • 修士(薬学)(京都大学)
    • 博士(薬科学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/02/21

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        脂肪酸受容体や小胞体イオンチャネルなど生体機能分子の生理機能解析および創薬応用研究
      • 研究概要


        過剰なエネルギー摂取や低酸素といった外部環境に起因する変化や、細胞内の電荷の偏りやpHなどといった、内部環境に起因する細胞レベルの影響まで、生物は日々様々な種類のストレスに晒されています。生命にとってこれらのストレスに応答し、生体内の恒常性を保つための仕組みは非常に重要であり、この機構が破綻すると様々な疾患が引き起こされます。特に、この機構には環境の変化を感知するセンサーが大事な役割を担っており、私はセンサーとなる細胞の受容体の働きを解明することで、これらの異常によって現れる病態を理解し、新たな薬の創出に役立てることを目指しています。

      論文

      • Atypical cell death and insufficient matrix organization in long-bone growth plates from Tric-b-knockout mice
        Atsuhiko Ichimura; Yuu Miyazaki; Hiroki Nagatomo; Takaaki Kawabe; Nobuhisa Nakajima; Ga Eun Kim; Masato Tomizawa; Naoki Okamoto; Shinji Komazaki; Sho Kakizawa; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima
        Cell Death & Disease, 2023年12月20日
      • Docosahexaenoic acid inhibits TNF-α-induced osteoclast formation and orthodontic tooth movement through GPR120.
        Jinghan Ma; Hideki Kitaura; Saika Ogawa; Fumitoshi Ohori; Takahiro Noguchi; Aseel Marahleh; Yasuhiko Nara; Adya Pramusita; Ria Kinjo; Kayoko Kanou; Akiko Kishikawa; Atsuhiko Ichimura; Itaru Mizoguchi
        Frontiers in immunology, 2022年
      • C-type natriuretic peptide facilitates autonomic Ca2+ entry in growth plate chondrocytes for stimulating bone growth
        Yuu Miyazaki; Atsuhiko Ichimura; Ryo Kitayama; Naoki Okamoto; Tomoki Yasue; Feng Liu; Takaaki Kawabe; Hiroki Nagatomo; Yohei Ueda; Ichiro Yamauchi; Takuro Hakata; Kazumasa Nakao; Sho Kakizawa; Miyuki Nishi; Yasuo Mori; Haruhiko Akiyama; Kazuwa Nakao; Hiroshi Takeshima
        eLife, 2022年03月15日
      • Enhanced Ca2+ handling in thioglycolate-elicited peritoneal macrophages
        Feng Liu; Luxin Xu; Miyuki Nishi; Atsuhiko Ichimura; Hiroshi Takeshima
        Cell Calcium, 2021年06月
      • Total Synthesis of Zephycarinatines via Photocatalytic Reductive Radical ipso-Cyclization
        Haruka Takeuchi; Shinsuke Inuki; Kohei Nakagawa; Takaaki Kawabe; Atsuhiko Ichimura; Shinya Oishi; Hiroaki Ohno
        Angewandte Chemie - International Edition, 2020年11月16日
      • Free fatty acid receptors in health and disease
        Ikuo Kimura; Atsuhiko Ichimura; Ryuji Ohue-Kitano; Miki Igarashi
        Physiological Reviews, 2020年01月, 査読有り
      • Gut microbiota confers host resistance to obesity by metabolizing dietary polyunsaturated fatty acids
        Junki Miyamoto; Miki Igarashi; Keita Watanabe; Shin ichiro Karaki; Hiromi Mukouyama; Shigenobu Kishino; Xuan Li; Atsuhiko Ichimura; Junichiro Irie; Yukihiko Sugimoto; Tetsuya Mizutani; Tatsuya Sugawara; Takashi Miki; Jun Ogawa; Daniel J. Drucker; Makoto Arita; Hiroshi Itoh; Ikuo Kimura
        Nature Communications, 2019年12月01日, 査読有り
      • TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development.
        Nianchao Qian; Atsuhiko Ichimura; Daisuke Takei; Reiko Sakaguchi; Akihiro Kitani; Ryohei Nagaoka; Masato Tomizawa; Yuu Miyazaki; Hitoshi Miyachi; Tomohiro Numata; Sho Kakizawa; Miyuki Nishi; Yasuo Mori; Hiroshi Takeshima
        Science signaling, 2019年04月09日, 査読有り
      • Docosahexaenoic Acid Inhibits Inflammation-Induced Osteoclast Formation and Bone Resorption in vivo Through GPR120 by Inhibiting TNF-α Production in Macrophages and Directly Inhibiting Osteoclast Formation.
        Kishikawa A; Kitaura H; Kimura K; Ogawa S; Qi J; Shen WR; Ohori F; Noguchi T; Marahleh A; Nara Y; Ichimura A; Mizoguchi I
        Frontiers in endocrinology, 2019年, 査読有り
      • Complex formation between the vasopressin 1b receptor, β-arrestin-2, and the μ-opioid receptor underlies morphine tolerance
        Koshimizu T.-A; Honda K; Nagaoka-Uozumi S; Ichimura A; Kimura I; Nakaya M; Sakai N; Shibata K; Ushijima K; Fujimura A; Hirasawa A; Kurose H; Tsujimoto G; Tanoue A; Takano Y
        Nature Neuroscience, 2018年06月, 査読有り
      • Furan- and Thiophene-2-Carbonyl Amino Acid Derivatives Activate Hypoxia-Inducible Factor via Inhibition of Factor Inhibiting Hypoxia-Inducible Factor-1.
        Shin-Ichi Kawaguchi; Yuhei Gonda; Takuya Yamamoto; Yuki Sato; Hiroyuki Shinohara; Yohsuke Kobiki; Atsuhiko Ichimura; Takashi Dan; Motohiro Sonoda; Toshio Miyata; Akiya Ogawa; Tadayuki Tsujita
        Molecules (Basel, Switzerland), 2018年04月11日, 査読有り
      • The natural flavonoid myricetin inhibits gastric H+, K+-ATPase.
        Yuu Miyazaki; Atsuhiko Ichimura; Shun Sato; Takuto Fujii; Shinya Oishi; Hideki Sakai; Hiroshi Takeshima
        European journal of pharmacology, 2018年02月05日, 査読有り
      • Gm7325 Transcription Is Regulated by MyoD in Activated Muscle Satellite Cells
        Daisuke Takei; Miyuki Nishi; So-ichiro Fukada; Masao Doi; Hitoshi Okamura; Akiyoshi Uezumi; Lidan Zhang; Morikatsu Yoshida; Mikiya Miyazato; Atsuhiko Ichimura; Hiroshi Takeshima
        Biophysical Journal, 2018年02月, 査読有り
      • Plasminogen activator inhibitor-1 regulates macrophage-dependent postoperative adhesion by enhancing EGF-HER1 signaling in mice.
        Kumpei Honjo; Shinya Munakata; Yoshihiko Tashiro; Yousef Salama; Hiroshi Shimazu; Salita Eiamboonsert; Douaa Dhahri; Atsuhiko Ichimura; Takashi Dan; Toshio Miyata; Kazuyoshi Takeda; Kazuhiro Sakamoto; Koichi Hattori; Beate Heissig
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2017年06月, 査読有り
      • Polymorphic Variation in FFA Receptors: Functions and Consequences.
        Atsuhiko Ichimura
        Handbook of experimental pharmacology, 2017年, 査読有り
      • Gm7325 is MyoD-dependently expressed in activated muscle satellite cells.
        Daisuke Takei; Miyuki Nishi; So-Ichiro Fukada; Masao Doi; Hitoshi Okamura; Akiyoshi Uezumi; Lidan Zhang; Morikatsu Yoshida; Mikiya Miyazato; Atsuhiko Ichimura; Hiroshi Takeshima
        Biomedical research (Tokyo, Japan), 2017年, 査読有り
      • Mice lacking the intracellular cation channel TRIC-B have compromised collagen production and impaired bone mineralization.
        Chengzhu Zhao; Atsuhiko Ichimura; Nianchao Qian; Tsunaki Iida; Daiju Yamazaki; Naruto Noma; Masataka Asagiri; Koji Yamamoto; Shinji Komazaki; Chikara Sato; Fumiyo Aoyama; Akira Sawaguchi; Sho Kakizawa; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima
        Science signaling, 2016年05月17日, 査読有り
      • Nutritional Signaling via Free Fatty Acid Receptors.
        Junki Miyamoto; Sae Hasegawa; Mayu Kasubuchi; Atsuhiko Ichimura; Akira Nakajima; Ikuo Kimura
        International journal of molecular sciences, 2016年03月25日, 査読有り
      • TRIC-B Mutations Causing Osteogenesis Imperfecta.
        Atsuhiko Ichimura; Hiroshi Takeshima
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2016年, 査読有り
      • Mitsugumin 56 (hedgehog acyltransferase-like) is a sarcoplasmic reticulum-resident protein essential for postnatal muscle maturation.
        Bo Van; Miyuki Nishi; Shinji Komazaki; Atsuhiko Ichimura; Sho Kakizawa; Keita Nakanaga; Junken Aoki; Ki-Ho Park; Jianjie Ma; Tomomi Ueyama; Takehiro Ogata; Naoki Maruyama; Hiroshi Takeshima
        FEBS letters, 2015年04月28日, 査読有り
      • Dietary gut microbial metabolites, short-chain fatty acids, and host metabolic regulation.
        Mayu Kasubuchi; Sae Hasegawa; Takero Hiramatsu; Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura
        Nutrients, 2015年04月14日, 査読有り
      • Small Molecule Inhibitors of Plasminogen Activator Inhibitor-1 Elicit Anti-Tumorigenic and Anti-Angiogenic Activity.
        Veronica R Placencio; Atsuhiko Ichimura; Toshio Miyata; Yves A DeClerck
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • Plasminogen Activator Inhibitor-1 Antagonist TM5484 Attenuates Demyelination and Axonal Degeneration in a Mice Model of Multiple Sclerosis.
        Nicolas Pelisch; Takashi Dan; Atsuhiko Ichimura; Hiroki Sekiguchi; Douglas E Vaughan; Charles van Ypersele de Strihou; Toshio Miyata
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • Inhibition of plasminogen activator inhibitor-1 is a potential therapeutic strategy in ovarian cancer.
        Satsuki Mashiko; Kazuyuki Kitatani; Masafumi Toyoshima; Atsuhiko Ichimura; Takashi Dan; Toshinori Usui; Masumi Ishibashi; Shogo Shigeta; Satoru Nagase; Toshio Miyata; Nobuo Yaegashi
        Cancer biology & therapy, 2015年, 査読有り
      • Editorial: Obesity and Diabetes: Energy Regulation by Free Fatty Acid Receptors.
        Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura
        Frontiers in endocrinology, 2015年, 査読有り
      • A novel antidiabetic therapy: free fatty acid receptors as potential drug target.
        Hiroki Sekiguchi; Mayu Kasubuchi; Sae Hasegawa; Nicolas Pelisch; Ikuo Kimura; Atsuhiko Ichimura
        Current diabetes reviews, 2015年, 査読有り
      • Role of free fatty acid receptors in the regulation of energy metabolism.
        Takafumi Hara; Daiji Kashihara; Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura; Gozoh Tsujimoto; Akira Hirasawa
        Biochimica et biophysica acta, 2014年09月, 査読有り
      • Plasminogen activator inhibitor-1(PAI-1)分子 新たな生理的役割と臨床応用
        段 孝; 市村 敦彦; ニコラス・ペリッシュ; 宮田 和彦; 赤堀 浩司; 宮田 敏男
        臨床血液, 2014年04月
      • Therapeutic role and ligands of medium- to long-chain Fatty Acid receptors.
        Takafumi Hara; Atsuhiko Ichimura; Akira Hirasawa
        Frontiers in endocrinology, 2014年, 査読有り
      • Regulation of Energy Homeostasis via GPR120.
        Atsuhiko Ichimura; Takafumi Hara; Akira Hirasawa
        Frontiers in endocrinology, 2014年, 査読有り
      • Free fatty acid receptors as therapeutic targets for the treatment of diabetes.
        Atsuhiko Ichimura; Sae Hasegawa; Mayu Kasubuchi; Ikuo Kimura
        Frontiers in pharmacology, 2014年, 査読有り
      • Plasminogen activator inhibitor-1 antagonist TM5441 attenuates Nω-Nitro-L-Arginine methyl ester-induced hypertension and vascular senescence
        Boe A.E; Eren M; Murphy S.B; Kamide C.E; Ichimura A; Terry D; McAnally D; Smith L.H; Miyata T; Vaughan D.E
        Circulation, 2013年11月19日, 査読有り
      • A small molecule inhibitor to plasminogen activator inhibitor 1 inhibits macrophage migration.
        Atsuhiko Ichimura; Sachiko Matsumoto; Shinobu Suzuki; Takashi Dan; Satoshi Yamaki; Yayoi Sato; Hideyasu Kiyomoto; Naoto Ishii; Kiyotaka Okada; Osamu Matsuo; Fan-Fan Hou; Douglas E Vaughan; Charles van Ypersele de Strihou; Toshio Miyata
        Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology, 2013年05月, 査読有り
      • 【肥満症-肥満症の最新知見-】食事性肥満とGPR120遺伝子
        市村 敦彦
        日本臨床, 2013年02月, 査読有り
      • Free fatty acid receptors and their role in regulation of energy metabolism.
        Takafumi Hara; Ikuo Kimura; Daisuke Inoue; Atsuhiko Ichimura; Akira Hirasawa
        Reviews of physiology, biochemistry and pharmacology, 2013年, 査読有り
      • [Physiological functions of fatty acid receptors and their therapeutic potential].
        Takafumi Hara; Akira Hirasawa; Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura; Gozoh Tsujimoto
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2012年12月, 査読有り
      • Early treatment with olmesartan prevents juxtamedullary glomerular podocyte injury and the onset of microalbuminuria in type 2 diabetic rats.
        Tadashi Sofue; Hideyasu Kiyomoto; Hiroyuki Kobori; Maki Urushihara; Yoko Nishijima; Kumiko Kaifu; Taiga Hara; Sachiko Matsumoto; Atsuhiko Ichimura; Hiroyuki Ohsaki; Hirofumi Hitomi; Hiroshi Kawachi; Melvin R Hayden; Adam Whaley-Connell; James R Sowers; Sadayoshi Ito; Masakazu Kohno; Akira Nishiyama
        American journal of hypertension, 2012年05月, 査読有り
      • Dysfunction of lipid sensor GPR120 leads to obesity in both mouse and human.
        Atsuhiko Ichimura; Akira Hirasawa; Odile Poulain-Godefroy; Amélie Bonnefond; Takafumi Hara; Loïc Yengo; Ikuo Kimura; Audrey Leloire; Ning Liu; Keiko Iida; Hélène Choquet; Philippe Besnard; Cécile Lecoeur; Sidonie Vivequin; Kumiko Ayukawa; Masato Takeuchi; Kentaro Ozawa; Maithé Tauber; Claudio Maffeis; Anita Morandi; Raffaella Buzzetti; Paul Elliott; Anneli Pouta; Marjo-Riitta Jarvelin; Antje Körner; Wieland Kiess; Marie Pigeyre; Roberto Caiazzo; Wim Van Hul; Luc Van Gaal; Fritz Horber; Beverley Balkau; Claire Lévy-Marchal; Konstantinos Rouskas; Anastasia Kouvatsi; Johannes Hebebrand; Anke Hinney; Andre Scherag; François Pattou; David Meyre; Taka-aki Koshimizu; Isabelle Wolowczuk; Gozoh Tsujimoto; Philippe Froguel
        Nature, 2012年02月19日, 査読有り
      • Free fatty acid receptors FFAR1 and GPR120 as novel therapeutic targets for metabolic disorders.
        Takafumi Hara; Akira Hirasawa; Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura; Gozoh Tsujimoto
        Journal of pharmaceutical sciences, 2011年09月, 査読有り
      • Short-chain fatty acids and ketones directly regulate sympathetic nervous system via G protein-coupled receptor 41 (GPR41).
        Ikuo Kimura; Daisuke Inoue; Takeshi Maeda; Takafumi Hara; Atsuhiko Ichimura; Satoshi Miyauchi; Makio Kobayashi; Akira Hirasawa; Gozoh Tsujimoto
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2011年05月10日, 査読有り
      • miRNAs and regulation of cell signaling.
        Atsuhiko Ichimura; Yoshinao Ruike; Kazuya Terasawa; Gozoh Tsujimoto
        The FEBS journal, 2011年05月, 査読有り
      • [Free fatty acid receptors and their physiological role in metabolic regulation].
        Akira Hirasawa; Takafumi Hara; Atsuhiko Ichimura; Gozoh Tsujimoto
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2011年, 査読有り
      • MicroRNA-34a inhibits cell proliferation by repressing mitogen-activated protein kinase kinase 1 during megakaryocytic differentiation of K562 cells.
        Atsuhiko Ichimura; Yoshinao Ruike; Kazuya Terasawa; Kazuharu Shimizu; Gozoh Tsujimoto
        Molecular pharmacology, 2010年06月, 査読有り
      • New frontiers in gut nutrient sensor research: free fatty acid sensing in the gastrointestinal tract.
        Satoshi Miyauchi; Akira Hirasawa; Atsuhiko Ichimura; Takafumi Hara; Gozoh Tsujimoto
        Journal of pharmacological sciences, 2010年, 査読有り
      • Free fatty acid receptors act as nutrient sensors to regulate energy homeostasis.
        Atsuhiko Ichimura; Akira Hirasawa; Takafumi Hara; Gozoh Tsujimoto
        Prostaglandins & other lipid mediators, 2009年09月, 査読有り
      • Sustained activation of ERK1/2 by NGF induces microRNA-221 and 222 in PC12 cells.
        Kazuya Terasawa; Atsuhiko Ichimura; Fumiaki Sato; Kazuharu Shimizu; Gozoh Tsujimoto
        The FEBS journal, 2009年06月, 査読有り
      • In silico approach to identify the expression of the undiscovered molecules from microarray public database: identification of odorant receptors expressed in non-olfactory tissues.
        Atsuhiko Ichimura; Tadashi Kadowaki; Kayo Narukawa; Kayo Togiya; Akira Hirasawa; Gozoh Tsujimoto
        Naunyn-Schmiedeberg's archives of pharmacology, 2008年04月, 査読有り
      • Global correlation analysis for micro-RNA and mRNA expression profiles in human cell lines.
        Yoshinao Ruike; Atsuhiko Ichimura; Soken Tsuchiya; Kazuharu Shimizu; Ryo Kunimoto; Yasushi Okuno; Gozoh Tsujimoto
        Journal of human genetics, 2008年, 査読有り

      MISC

      • 分子から迫る神経薬理学 FFAR(free fatty acid receptor、遊離脂肪酸受容体)の臨床応用
        市村 敦彦
        Clinical Neuroscience, 2022年03月
      • C型ナトリウムペプチドによる軟骨細胞内Ca2+活性化と骨伸長作用の解析
        市村 敦彦
        日本応用酵素協会誌, 2022年03月
      • C型ナトリウム利尿ペプチドは軟骨細胞内Ca2+シグナル経路を活性化し骨伸長を促進する
        岡本 直樹; 市村 敦彦; 宮崎 侑; 北山 諒; 安江 智己; 劉 楓; 川邊 隆彰; 長友 宏樹; 柿澤 昌; 西 美幸; 竹島 浩
        日本薬学会年会要旨集, 2022年03月
      • 分子から迫る神経薬理学 FFAR(free fatty acid receptor、遊離脂肪酸受容体)の生理的および薬理的作用
        市村 敦彦
        Clinical Neuroscience, 2022年02月
      • 分子から迫る神経薬理学 FFAR(free fatty acid receptor、遊離脂肪酸受容体)の種類
        市村 敦彦
        Clinical Neuroscience, 2022年01月
      • 軟骨細胞における細胞内Ca2+制御機構と生理機能の解析
        市村 敦彦
        日本応用酵素協会誌, 2021年03月
      • 膜タンパク質の生理機能解明に基づく新規薬物標的候補分子の同定
        市村 敦彦
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • カウンターイオンチャネルTRIC-Bの欠損はマウス成長板軟骨細胞において形態異常を引き起こす
        宮崎 侑; 市村 敦彦; 北山 諒; 辻本 真人; 山崎 大樹; 西 美幸; 竹島 浩
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • 長鎖遊離脂肪酸を感知するGPCRsの生理機能
        市村 敦彦
        日本薬理学会年会要旨集, 2020年
      • 軟骨細胞におけるCa2+動態の分子機構及び生理機能の解明
        市村 敦彦
        日本応用酵素協会誌, 2019年03月
      • 小胞体カウンターイオンチャネルTRIC-Bの骨形成不全症における病態生理学的解析
        市村 敦彦
        日本応用酵素協会誌, 2018年03月
      • 天然フラボノイドミリセチンは胃のH+、K+-ATPaseを抑制する
        宮崎 侑; 市村 敦彦; 佐藤 駿; 藤井 拓人; 大石 真也; 酒井 秀紀; 竹島 浩
        日本薬学会年会要旨集, 2018年03月
      • 新規PAI-1阻害剤はマウス骨髄除去モデルにおいて骨形成を促進する
        Aobulikasimu Alkebaier; 金 光文; 朴 金瑛; Zulipiya Aibibula; 段 孝; 市村 敦彦; 宮田 敏男; 越智 広樹; 佐藤 信吾; 大川 淳; 麻生 義則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年08月
      • 新規PAI-1阻害薬は閉経後骨粗鬆症モデルの骨密度を回復させる
        金 光文; 朴 英瑛; Aobulikasimu Alkebaier; Zulipiya Aibibula; 段 孝; 市村 敦彦; 赤堀 浩司; 宮田 敏男; 越智 広樹; 佐藤 信吾; 大川 淳; 麻生 義則
        日本整形外科学会雑誌, 2017年08月
      • 活性化した筋衛星細胞におけるMyoD依存的なGm7325遺伝子の発現
        武井 大祐; 西 美幸; 深田 宗一朗; 土居 雅夫; 岡村 均; 上住 聡芳; 吉田 守克; 宮里 幹也; 市村 敦彦; 竹島 浩
        日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年07月
      • 小胞体カウンターイオンチャネルTRIC-Bの骨形成不全症における病態生理学的解析
        市村 敦彦
        日本応用酵素協会誌, 2017年03月
      • 病理学 TRIC-B遺伝子変異による骨形成不全症
        市村 敦彦; 趙 成珠; 竹島 浩
        医学のあゆみ, 2017年02月
      • 生物系薬学 Pitx2は抗酸化応答の活性化によって傷害後の心臓修復を促進する
        市村 敦彦
        ファルマシア, 2017年01月
      • Physiological function of short-chain fatty acid receptor under ketogenic condition
        Mayu Kasubuchi; Sae Hasegawa; Atsuhiko Ichimura; Ikuo Kimura
        FASEB JOURNAL, 2016年04月
      • TRIC-Bチャネルの骨形成と破骨細胞における生理機能の解析
        銭 年超; 市村 敦彦; 朝霧 成挙; 竹島 浩
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • TRIC-Bチャネルの骨形成と骨芽細胞における生理機能の解析
        趙 成珠; 市村 敦彦; 山本 浩司; 竹島 浩
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • 腹腔内癒着における線溶系阻害因子PAI-1の機能解明
        宗像 慎也; 本庄 薫平; 島津 浩; 田代 良彦; 市村 敦彦; 段 孝; 宮田 敏男; Heissig Beate; 服部 浩一; 坂本 一博
        日本消化器外科学会総会, 2015年07月
      • 下部消化管 腹腔内癒着における線溶系阻害因子PAI-1の機能解明
        本庄 薫平; 塚本 亮一; 植山 孝恵; 伊藤 慎吾; 市川 亮介; 呉 一眞; 盧 尚志; 田代 良彦; 宗像 慎也; 高橋 玄; 小見山 博光; 小島 豊; 五藤 倫敏; 冨木 裕一; 市村 敦彦; 段 孝; 宮田 敏男; Heissig Beate; 服部 浩一; 坂本 一博
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2015年04月
      • Plasminogen activator inhibitor-1(PAI-1)分子 新たな生理的役割と臨床応用
        段 孝; 市村 敦彦; ニコラス・ペリッシュ; 宮田 和彦; 赤堀 浩司; 宮田 敏男
        臨床血液, 2014年04月
      • 乳糖不耐と遊離脂肪酸をリガンドとするGPCR(G-protein coupled receptor)
        須山 享三; 市村 敦彦
        乳業技術, 2014年
      • 【CKDと血栓】CKDと抗血栓療法 CKDにおける抗血栓療法の新たな展開
        段 孝; 市村 敦彦; 宮田 敏男
        血栓と循環, 2013年08月
      • PAI-1阻害薬の臨床応用
        市村 敦彦; 段 孝; 宮田 敏男
        日本血栓止血学会誌, 2013年08月
      • 特論 食事性肥満とGPR120遺伝子 (特集 肥満症 : 肥満症の最新知見)
        市村 敦彦
        日本臨床, 2013年02月
      • 脂肪酸受容体の生理機能と創薬標的としての可能性
        原 貴史; 平澤 明; 市村 敦彦; 木村 郁夫; 辻本 豪三
        日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica, 2012年12月01日
      • 【CKDと脳心血管疾患との密接な関連を読み解く】脳心腎連関における危険因子の関与 血管老化の関与 AGEを中心に
        段 孝; 市村 敦彦; 松本 幸子; 宮田 敏男
        Circulation, 2012年05月
      • 糸球体障害におけるポドサイトの役割と新規Plasminogen activator inhibitor(PAI)-1阻害薬TM5275の効果
        松本 幸子; 清元 秀泰; 市村 敦彦; 中道 崇; 段 孝; 森 建文; 伊藤 貞嘉; 宮田 敏男
        日本腎臓学会誌, 2012年04月
      • The alteration of insaturated fatty acid receptors of type-omega-3 GPR120 leads to obesity in Men and Mice
        A. Bonnefond; O. Poulain-Godefroy; A. Ichimura; A. Hirasawa; L. Yengo; A. Leloire; H. Choquet; D. Meyre; F. Pattou; I. Wolowczuk; G. Tsujimoto; P. Froguel
        DIABETES & METABOLISM, 2012年03月
      • 創薬標的としての遊離脂肪酸受容体 : 循環器疾患とメタボリックシンドローム
        市村 敦彦; 原 貴史; 木村 郁夫; 平澤 明; 辻本 豪三
        血管, 2011年12月31日
      • 栄養素センサー研究の新展開 長寿健康社会のための栄養薬学(Nutritional Pharmacy) 消化管脂肪酸受容体の生理作用
        平澤 明; 原 貴史; 市村 敦彦; 宮内 諭; 辻本 豪三
        日本薬学会年会要旨集, 2011年03月
      • 脂肪酸受容体GPR120機能不全は食餌誘発性の肥満及び脂肪肝を惹起する
        市村 敦彦; 平澤 明; 宮内 諭; 木村 郁夫; 鮎川 公美子; 竹内 理人; 辻本 豪三
        血管, 2011年01月
      • 消化管脂肪酸受容体とその生理作用
        平澤 明; 原 貴史; 市村 敦彦; 辻本 豪三
        薬学雑誌. 乙号, 2011年
      • 脂肪酸受容体 : メタボリックシンドロームと循環器系疾患
        木村 郁夫; 井上 大輔; 前田 岳志; 宮内 諭; 市村 敦彦; 平澤 明; 辻本 豪三
        血管, 2010年10月28日
      • GPR120の遺伝子多型(Arg67Cys)と2型糖尿病の関連の検討
        村上 智史; 永瀬 晃正; 三井 雅子; 鮎川 公美子; 市村 敦彦; 孫 き; 平澤 明; 辻本 豪三; 桂 善也
        糖尿病, 2010年04月
      • 短鎖脂肪酸受容体GPR41の生体における発現解析
        井上 大輔; 木村 郁夫; 前田 岳志; 宮内 諭; 市村 敦彦; 平澤 明; 辻本 豪三
        日本薬理学雑誌, 2010年03月
      • ヒトGPR120遺伝子多型の機能解析
        鮎川 公美子; 市村 敦彦; 孫 き; 村上 智史; 永瀬 晃正; 平澤 明; 辻本 豪三
        日本薬学会年会要旨集, 2010年03月
      • Novel function of long-chain free fatty acid receptor GPR120
        Gozoh Tsujimoto; Akira Hirasawa; Atsuhiko Ichimura
        ENDOCRINE JOURNAL, 2010年03月
      • 短鎖脂肪酸受容体の交感神経を介した循環器系機能へ及ぼす影響
        木村 郁夫; 井上 大輔; 前田 岳志; 宮内 諭; 市村 敦彦; 平澤 明; 辻本 豪三
        血管, 2010年01月
      • Role of free fatty acid receptor GPR120 in metabolic regulation
        Akira Hirasawa; Takafumi Hara; Atsuhiko Ichimura; Satoshi Miyauchi; Ikuo Kimura; Koshimizu Taka-aki; Gozoh Tsujimoto
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2010年
      • Fat sensing in the gut
        Akira Hirasawa; Takafumi Hara; Atsuhiko Ichimura; Ning Liu; Keiko Iida; Gozoh Tsujimoto
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2009年
      • 公共マイクロアレイデータベースを用いたマウス嗅覚受容体のIn Silico発現分布
        市村 敦彦; 門脇 正史; 研谷 佳代; 生川 佳代; 平澤 明; 辻本 豪三
        日本薬理学雑誌, 2006年08月

      講演・口頭発表等

      • 遊離脂肪酸受容体の新たな生理機能
        市村 敦彦
        第94回日本薬理学会年会, 2021年03月10日, 招待有り
      • カウンターイオンチャネルTRIC-Bの欠損はマウス成長板軟骨細胞において形態異常を引き起こす
        宮崎 侑; 市村 敦彦; 北山 諒; 辻本 真人; 山崎 大樹; 西 美幸; 竹島 浩
        第140回 日本薬学会年会, 2020年03月28日
      • 膜タンパク質の生理機能解明に基づく新規薬物標的候補分子の同定
        市村 敦彦
        第140回 日本薬学会年会, 2020年03月26日, 招待有り
      • 長鎖遊離脂肪酸を感知するGPCRsの生理機能
        市村 敦彦
        第93回 薬理学会年会, 2020年03月16日, 招待有り
      • 骨形成と細胞内カルシウム制御
        Atsuhiko Ichimura
        15th Retreat of “Regeneration Medicine and Organ Reconstruction, 2019年10月19日, 招待有り
      • フラボノイドミリセチンは胃のH+, K+-ATPaseを抑制する
        宮崎侑; 市村敦彦; 佐藤駿; 藤井拓人; 大石真也; 酒井秀紀; 竹島浩
        日本薬学会 第138回年会, 2018年03月26日
      • Spontaneous Ca2+ fluctuations mediated by TRPM7 channels in growth plate chondrocytes
        Nianchao Qian; Atsuhiko Ichimura; Daisuke Takei; Hua Zhu; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima
        Biophysical society 62nd Annual Meeting, 2018年02月
      • 細胞のストレス応答機構を解き明かす―細胞はストレスにどう対処するのか?
        市村 敦彦
        産学間知識交流(ファーストコンタクト)プログラム KRPアイデア・シェアリング・コミュニティ(KRP-ISC), 2017年03月07日, 招待有り
      • TRIC-B チャネルの骨形成と破骨細胞における生理機能の解析
        銭年超; 市村敦彦; 朝霧成挙; 竹島浩
        日本薬学会 第136年会, 2017年03月
      • TRIC-Bチャネルの骨形成と骨芽細胞における生理機能の解析
        趙成珠; 市村敦彦; 山本浩司; 竹島浩
        日本薬学会 第136年会, 2017年03月
      • Compromised Collagen Production in Tric-b-knockout Osteoblast
        Chengzhu Zhao; Nianchao Qian; Atsuhiko Ichimura; Daiju Yamazaki; Masataka Asagiri; Koji Yamamoto; Shinji Komazaki; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima
        Biophysical society 60th Annual Meeting, 2017年02月
      • ストレスに適応する生体恒常性の制御機構の解明と創薬応用
        市村 敦彦
        京都大学学祭融合教育研究推進センター 生理化学研究ユニット 第5回シンポジウム, 2016年12月25日
      • Regulation of energy homeostasis via GPR120/FFAR4: A receptor for long chain fatty acids
        市村 敦彦
        特別セミナー「生命創薬科学の最前線」, 2015年05月, 招待有り
      • Drug deveropment of Plasminogen Activator Inhibitor-1 inhibior; a novel candidate of anti-inflammatory drug
        市村 敦彦
        第37 回日本血栓止血学会学術集会, 2015年05月, 招待有り
      • Regulation of energy homeostasis via GPR120
        市村 敦彦
        第48 回日本味と匂学会大会, 2014年10月, 招待有り
      • A plasminogen activator inhibitor (PAI)-1 inhibitor attenuates high fat diet induced obesity and improves glucose metabolism
        Atsuhiko Ichimura
        ISI Nexus Symposium, 2014年04月
      • A small molecule inhibitor to plasminogen activator inhibitor (PAI)-1 inhibits macrophage migration and attenuates renal injury
        Atsuhiko Ichimura
        ISI Nexus Symposium, 2014年04月
      • A Small Molecule Inhibitor to Plasminogen Activator Inhibitor 1 Inhibits Macrophage Migration
        Atsuhiko Ichimura
        NIH-Tohoku University-JSPS国際シンポジウム, 2013年05月
      • Generation of Glyoxalase 1-deficient mouse
        Atsuhiko Ichimura
        11th International Symposium on the Maillard Reaction, 2012年09月
      • GLO1欠損マウスの創出
        市村敦彦; 段孝; 宮田敏男
        第21回日本メイラード学会年会, 2011年11月
      • 脂肪酸受容体GPR120機能不全は食餌誘発性の肥満及び脂肪肝を惹起する
        市村 敦彦; 平澤 明; 宮内 諭; 木村 郁夫; 鮎川 公美子; 竹内 理人; 辻本 豪三
        第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年02月
      • GPR120 mediates high-fat diet-induced adipocyte hypertrophy and obesity
        Atsuhiko Ichimura; Akira Hirasawa; Satoshi Miyauchi; Gozoh Tsujimoto
        WorldPharma 2010, 2010年07月
      • GPR120 mediate high-fat diet-induced adipocyte hypertrophy and obesity
        市村 敦彦; 宮内 諭; 原 貴史; 伊賀 朋世; 劉; 飯田 桂子; 鮎川 公美子; 竹内 理人; 輿水崇鏡; 木村 郁夫; 平澤 明; 辻本 豪三
        第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月
      • 慢性骨髄性白血病細胞株K562においてTPA刺激により誘導されるmiRNAおよび標的遺伝子探索
        市村 敦彦; 類家 慶直; 寺澤 和哉; 辻本 豪三
        BMB2007 (第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会), 2007年12月
      • 公共マイクロアレイデータベースを用いたマウス嗅覚受容体のIn Silico発現分布
        市村 敦彦; 門脇 正史; 平澤 明; 辻本 豪三
        第109回日本薬理学会近畿部会, 2006年06月

      受賞

      • 2011年02月05日
        日本心脈管作動物質学会, 第40回 日本心脈管作動物質学会研究奨励賞
      • 2011年10月28日
        日本メイラード学会, 第21回 日本メイラード学会年会若手奨励賞
      • 2020年03月25日
        公益社団法人 日本薬学会, 日本薬学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 軟骨細胞内Ca2+を通じた新規骨伸長促進法と骨系統疾患治療法の探索
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分56:生体機能および感覚に関する外科学およびその関連分野
        京都大学
        市村 敦彦
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 完了
        軟骨内骨化;細胞内Ca2+;C型ナトリウム利尿ペプチド;軟骨無形成症;細胞内カルシウム;軟骨細胞;イオンチャネル;骨伸長;スクリーニング
      • 軟骨内骨化における細胞内Ca2+制御機構の解明と骨関連疾患への応用
        基盤研究(B)
        小区分56020:整形外科学関連
        京都大学
        市村 敦彦
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        軟骨内骨化;細胞内Ca2+;小胞体ストレス;小胞体;Ca2+ストア;細胞死;細胞内カルシウム;軟骨細胞;イオンチャネル;シグナル経路;内軟骨骨化;細胞内シグナル;骨関連疾患
      • 胎児期軟骨組織カルシウムシグナルマッピング
        基盤研究(C)
        小区分59040:栄養学および健康科学関連
        京都大学
        武井 大祐
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日, 中途終了
        カルシウムシグナル;軟骨組織;生理学;イメージング;マッピング
      • 遊離脂肪酸受容体によって制御されるエネルギー代謝調節機構の解明
        若手研究(A)
        京都大学
        市村 敦彦
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        脂肪酸;受容体;GPCR;エネルギー代謝;肥満;糖尿病;脂肪酸受容体;遊離脂肪酸;生体分子;薬理学;薬学;脂質;ゲノム;ゲノム薬理学;分子薬理学;遺伝子多型;代謝異常;栄養学
      • PAI-1阻害薬の抗炎症効果に関する分子薬理学的解析
        若手研究(B)
        京都大学;東北大学
        市村 敦彦
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        分子薬理学;創薬;炎症;薬理学;糖尿病;肥満;代謝
      • 希少難治性炎症疾患に対する新規作用機序治療薬開発
        基盤研究(A)
        東北大学
        宮田 敏男
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        薬理学;生理活性;生体分子
      • プラスミノーゲン活性化抑制因子阻害薬を用いたマクロファージ浸潤炎症誘発機構の解明
        研究活動スタート支援
        東北大学
        市村 敦彦
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        薬理学;免疫学;炎症;マクロファージ;PAI-1;免疫細胞遊走;抗炎症;線溶系
      • 細胞内Ca2+動態と空間遺伝子発現の統合解析による軟骨内骨化制御の解明
        基盤研究(B)
        小区分49010:病態医化学関連
        京都大学
        市村 敦彦
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        細胞内Ca2+;軟骨内骨化;骨関連疾患;空間遺伝子発現
      • 筋収縮とカルシウムシグナリング
        基盤研究(C)
        小区分59020:スポーツ科学関連
        京都大学
        西 美幸
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        筋肉;カルシウム
      • 軟骨成長及び関節軟骨修復における軟骨細胞内Ca2+制御による分子機序の探索
        基盤研究(C)
        小区分56020:整形外科学関連
        公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構(臨床医学研究所 臨床医学研究開発部)
        伊藤 宣
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        軟骨細胞;関節軟骨;骨系統疾患

      外部資金:その他

      • PAI-1 阻害薬を用いた新規CKD-CVD-MBD 改善薬の開発
        JST 復興促進プログラム (A-STEP) 探索タイプ
        自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
        代表
      • ゲノム薬理学、バイオマーカーを用いた医薬品の有効性・安全性に関する評価方法
        医薬品等審査迅速化事業費補助金 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日
        分担
      • 健康寿命の延伸、重症化遅延を目指した早老症治療薬の創出
        厚生労働科学研究委託業務(難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾 患実用化研究事業)
        自 2014年10月01日, 至 2016年03月31日
        分担
      • 新規作用機序の多発性硬化症治療薬の開発
        厚生労働科学研究委託業務(難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾 患実用化研究事業)
        自 2014年10月01日, 至 2016年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2024/02/21

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          健康・生命科学入門
          U130, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          薬学専門実習IV
          C906, 後期, 薬学部, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          薬学専門実習4
          A906, 後期, 薬学部, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          創薬生物科学概論
          8103, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          薬学研究概論
          6002, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          創薬生命科学概論
          1027, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生物科学概論
          8103, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習IV
          C906, 後期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生命科学概論
          1027, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          健康・生命科学入門
          U130, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習4
          A906, 後期, 薬学部, 4
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          健康・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          健康・生命科学入門
          前期, 全学共通科目

        ページ上部へ戻る