教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中野 雅博

ナカノ マサヒロ

医生物学研究所 ウイルス感染研究部門 助教

中野 雅博
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 生命科学研究科, 統合生命科学専攻 微細構造ウイルス学, 助教

    学位

    • 修士(農学)(九州大学)
    • 博士(農学)(九州大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        インフルエンザウイルスのゲノム転写・複製機構の解明
      • 研究概要

        インフルエンザウイルスのゲノムRNAは、核タンパク質NPやポリメラーゼとともにvRNPを形成する。vRNPはmRNA合成(転写)およびcRNA合成(複製の第一段階)を担う。ウイルス粒子から精製したvRNPは、柔軟な二重らせん構造を持つことが近年の電子顕微鏡解析より明らかとなっている。しかし、mRNAあるいはcRNA合成中のvRNPの構造については全く解明されておらず、また、これらのRNAがどのようにして合成されるのかも分かっていない。そこで私は、高速原子間力顕微鏡(AFM)を用いて機能的な状態のvRNPを解析することによって、微細構造学的観点からインフルエンザウイルスのゲノム転写・複製機構を明らかにすることを目的として研究を行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, ウイルス学

      論文

      • Contribution of RNA-RNA Interactions Mediated by the Genome Packaging Signals for the Selective Genome Packaging of Influenza A Virus.
        Sho Miyamoto; Yukiko Muramoto; Keiko Shindo; Yoko Fujita-Fujiharu; Takeshi Morikawa; Ryoma Tamura; Jamie L Gilmore; Masahiro Nakano; Takeshi Noda
        Journal of virology, 2022年03月23日
      • Structural insight into Marburg virus nucleoprotein-RNA complex formation.
        Yoko Fujita-Fujiharu; Yukihiko Sugita; Yuki Takamatsu; Kazuya Houri; Manabu Igarashi; Yukiko Muramoto; Masahiro Nakano; Yugo Tsunoda; Ichiro Taniguchi; Stephan Becker; Takeshi Noda
        Nature communications, 2022年03月04日
      • CP100356 Hydrochloride, a P-Glycoprotein Inhibitor, Inhibits Lassa Virus Entry: Implication of a Candidate Pan-Mammarenavirus Entry Inhibitor
        Toru Takenaga; Zihan Zhang; Yukiko Muramoto; Sarah Katharina Fehling; Ai Hirabayashi; Yuki Takamatsu; Junichi Kajikawa; Sho Miyamoto; Masahiro Nakano; Shuzo Urata; Allison Groseth; Thomas Strecker; Takeshi Noda
        Viruses, 2021年09月03日, 査読有り
      • Acetylation of the influenza A virus polymerase subunit PA in the N-terminal domain positively regulates its endonuclease activity.
        Dai Hatakeyama; Masaki Shoji; Seiryo Ogata; Takeshi Masuda; Masahiro Nakano; Tsugunori Komatsu; Ayaka Saitoh; Kyoko Makiyama; Hazuki Tsuneishi; Asuka Miyatake; Mizuki Takahira; Erina Nishikawa; Ayana Ohkubo; Takeshi Noda; Yoshihiro Kawaoka; Sumio Ohtsuki; Takashi Kuzuhara
        The FEBS journal, 2021年07月16日, 査読有り
      • Ultrastructure of influenza virus ribonucleoprotein complexes during viral RNA synthesis.
        Masahiro Nakano; Yukihiko Sugita; Noriyuki Kodera; Sho Miyamoto; Yukiko Muramoto; Matthias Wolf; Takeshi Noda
        Communications biology, 2021年07月09日, 査読有り
      • Amplification-free RNA detection with CRISPR-Cas13.
        Hajime Shinoda; Yuya Taguchi; Ryoya Nakagawa; Asami Makino; Sae Okazaki; Masahiro Nakano; Yukiko Muramoto; Chiharu Takahashi; Ikuko Takahashi; Jun Ando; Takeshi Noda; Osamu Nureki; Hiroshi Nishimasu; Rikiya Watanabe
        Communications biology, 2021年04月19日, 査読有り
      • Molecular Basis of Sulfosugar Selectivity in Sulfoglycolysis.
        Mahima Sharma; Palika Abayakoon; Ruwan Epa; Yi Jin; James P Lingford; Tomohiro Shimada; Masahiro Nakano; Janice W-Y Mui; Akira Ishihama; Ethan D Goddard-Borger; Gideon J Davies; Spencer J Williams
        ACS central science, 2021年03月24日, 査読有り
      • Influenza virus ribonucleoprotein complex formation occurs in the nucleolus
        Sho Miyamoto; Masahiro Nakano; Takeshi Morikawa; Ai Hirabayashi; Ryoma Tamura; Yoko Fujita; Nanami Hirose; Yukiko Muramoto; Takeshi Noda
        2021年02月24日
      • Influenza A virus NS1 optimises virus infectivity by enhancing genome packaging in a dsRNA-binding dependent manner.
        Tim Wai Sha; Michaela Weber; Dacquin M Kasumba; Takeshi Noda; Masahiro Nakano; Hiroki Kato; Takashi Fujita
        Virology journal, 2020年07月16日, 査読有り
      • vRNA-vRNA interactions in influenza A virus HA vRNA packaging
        Sho Miyamoto; Yukiko Muramoto; Keiko Shindo; Yoko Fujita; Takeshi Morikawa; Ryoma Tamura; Jamie L Gilmore; Masahiro Nakano; Takeshi Noda
        2020年01月16日
      • Microtubule-dependent transport of arenavirus matrix protein demonstrated using live-cell imaging microscopy.
        Yuki Takamatsu; Junichi Kajikawa; Yukiko Muramoto; Masahiro Nakano; Takeshi Noda
        Microscopy (Oxford, England), 2019年12月03日, 査読有り
      • Generation of a purely clonal defective interfering influenza virus.
        Yutaro Yamagata; Yukiko Muramoto; Sho Miyamoto; Keiko Shindo; Masahiro Nakano; Takeshi Noda
        Microbiology and immunology, 2019年05月, 査読有り
      • Regulatory role of CsqR (YihW) in transcription of the genes for catabolism of the anionic sugar sulfoquinovose (SQ) in Escherichia coli K-12.
        Tomohiro Shimada; Kaneyoshi Yamamoto; Masahiro Nakano; Hiroki Watanabe; David Schleheck; Akira Ishihama
        Microbiology (Reading, England), 2019年01月, 査読有り
      • Influenza A virus nucleoprotein is acetylated by histone acetyltransferases PCAF and GCN5.
        Dai Hatakeyama; Masaki Shoji; Seiya Yamayoshi; Rina Yoh; Naho Ohmi; Shiori Takenaka; Ayaka Saitoh; Yumie Arakaki; Aki Masuda; Tsugunori Komatsu; Rina Nagano; Masahiro Nakano; Takeshi Noda; Yoshihiro Kawaoka; Takashi Kuzuhara
        The Journal of biological chemistry, 2018年05月11日, 査読有り
      • A structural sketch of RcdA, a transcription factor controlling the master regulator of biofilm formation.
        Hirotaka Sugino; Takanori Usui; Tomohiro Shimada; Masahiro Nakano; Hiroshi Ogasawara; Akira Ishihama; Akira Hirata
        FEBS letters, 2017年07月, 査読有り
      • Differential Regulation of rRNA and tRNA Transcription from the rRNA-tRNA Composite Operon in Escherichia coli.
        Hiraku Takada; Tomohiro Shimada; Debashish Dey; M Zuhaib Quyyum; Masahiro Nakano; Akira Ishiguro; Hideji Yoshida; Kaneyoshi Yamamoto; Ranjan Sen; Akira Ishihama
        PloS one, 2016年, 査読有り
      • Regulatory role of transcription factor SutR (YdcN) in sulfur utilization in Escherichia coli
        Kaneyoshi Yamamoto; Masahiro Nakano; Akira Ishiharna
        MICROBIOLOGY-SGM, 2015年01月, 査読有り
      • Amyloid-like Conformation and Interaction for the Self-Assembly in Barnacle Underwater Cement
        Masahiro Nakano; Kei Kamino
        BIOCHEMISTRY, 2015年01月, 査読有り
      • A Novel Functional Site in the PB2 Subunit of Influenza A Virus Essential for Acetyl-CoA Interaction, RNA Polymerase Activity, and Viral Replication
        Dai Hatakeyama; Masaki Shoji; Seiya Yamayoshi; Takenori Hirota; Monami Nagae; Shin Yanagisawa; Masahiro Nakano; Naho Ohmi; Takeshi Noda; Yoshihiro Kawaoka; Takashi Kuzuhara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年09月, 査読有り
      • Involvement of cAMP-CRP in transcription activation and repression of the pck gene encoding PEP carboxykinase, the key enzyme of gluconeogenesis.
        Masahiro Nakano; Hiroshi Ogasawara; Tomohiro Shimada; Kaneyoshi Yamamoto; Akira Ishihama
        FEMS microbiology letters, 2014年06月, 査読有り
      • A novel regulator RcdA of the csgD gene encoding the master regulator of biofilm formation in Escherichia coli.
        Tomohiro Shimada; Yasunori Katayama; Shuichi Kawakita; Hiroshi Ogasawara; Masahiro Nakano; Kaneyoshi Yamamoto; Akira Ishihama
        MicrobiologyOpen, 2012年12月, 査読有り
      • Significance of the conformation of building blocks in curing of barnacle underwater adhesive
        Kei Kamino; Masahiro Nakano; Satoru Kanai
        FEBS JOURNAL, 2012年05月, 査読有り
      • Single molecule analysis of transcription factor-DNA complexes using atomic force microscopy
        Masahiro Nakano; Jun Teramoto; Tomohiro Shimada; Kaneyoshi Yamamoto; Akira Ishihama
        2011 Int. Symp. on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Symp. on "COE for Education and Research of Micro-Nano Mechatronics", Symposium on "Hyper Bio Assembler for 3D Cellular System Innovation", 2012年, 査読有り
      • Calcite-specific coupling protein in barnacle underwater cement.
        Youichi Mori; Youhei Urushida; Masahiro Nakano; Susumu Uchiyama; Kei Kamino
        The FEBS journal, 2007年12月, 査読有り
      • Identification and functional characterization of a novel barnacle cement protein.
        Youhei Urushida; Masahiro Nakano; Satoru Matsuda; Naoko Inoue; Satoru Kanai; Naho Kitamura; Takashi Nishino; Kei Kamino
        The FEBS journal, 2007年08月, 査読有り
      • Self-assembling peptide inspired by a barnacle underwater adhesive protein.
        Masahiro Nakano; Jian-Ren Shen; Kei Kamino
        Biomacromolecules, 2007年06月, 査読有り
      • Characterization of functional domains of the hemolytic lectin CEL-III from the marine invertebrate Cucumaria echinata.
        Yoshiaki Kouzuma; Yota Suzuki; Masahiro Nakano; Kayo Matsuyama; Sumiki Tojo; Makoto Kimura; Takayuki Yamasaki; Haruhiko Aoyagi; Tomomitsu Hatakeyama
        Journal of biochemistry, 2003年09月, 査読有り

      MISC

      • 【パンデミック時代の感染症研究 病原体の病原性、多様性、生活環から新型コロナウイルスを取り巻く社会の動きまで】(第1章)病原体を理解するプラットフォーム ウイルスRNA合成装置の微細構造解析
        中野 雅博; 野田 岳志
        実験医学, 2021年02月

      講演・口頭発表等

      • NS1欠損インフルエンザウイルス感染により誘導される二本鎖RNAの合成とその細胞内局在
        中野 雅博; 宮本 翔; 梶川 純一; 村本 裕紀子; 野田 岳志
        9th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2020年01月
      • ウイルス由来二本鎖RNAのマスキングに重要なインフルエンザウイルスNS1アミノ酸残基の同定
        Masahiro Nakano; Sho Miyamoto; Junichi Kajikawa; Yukiko Muramoto; Takeshi Noda
        第67回 日本ウイルス学会学術集会, 2019年10月
      • Ultrastructure of the influenza virus ribonucleoprotein complexes producing viral RNAs
        中野 雅博
        17th NSV 2018, 2018年06月
      • 原子間力顕微鏡を用いたA型インフルエンザウイルスNS1の二本鎖RNAに対する結合機構の解析
        中野 雅博
        7th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2018年01月
      • インフルエンザウイルスRNPが合成するRNAの微細構造解析
        中野 雅博
        RNAフロンティアミーティング2017, 2017年11月
      • 高速原子間力顕微鏡を用いたインフルエンザウイルスのゲノム転写・複製機構の解明
        中野 雅博
        6th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2017年01月
      • 転写中インフルエンザウイルスRNPの微細構造解析
        中野 雅博
        5th Negative Strand Virus-Japan Symposium, 2016年01月
      • 高速原子間力顕微鏡を用いたインフルエンザウイルス転写機構の解析
        中野 雅博
        第29回 インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム, 2015年05月

      外部資金:科学研究費補助金

      • インフルエンザウイルスタンパク質NS1の二本鎖RNAマスキング機構の解析
        基盤研究(C)
        小区分49060:ウイルス学関連
        京都大学
        中野 雅博
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        インフルエンザウイルス;高速原子間力顕微鏡;リボヌクレオタンパク質複合体;二本鎖RNA;自然免疫;原子間力顕微鏡
      • インフルエンザウイルスゲノム転写機構のライブイメージング解析
        若手研究(B)
        京都大学
        神道 慶子
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        インフルエンザウイルス;転写;複製;RNP;リコンビナントRNP
      • 高速原子間力顕微鏡を用いたウイルス転写複合体の微細構造解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        中野 雅博
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        インフルエンザウイルス;転写;複製;原子間力顕微鏡;RNAウイルス;高速原子間力顕微鏡;ライブイメージング
      • インフルエンザウイルスが産生する二本鎖RNAとその自然免疫誘導に関する研究
        基盤研究(C)
        小区分49060:ウイルス学関連
        京都大学
        中野 雅博
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択
      list
        Last Updated :2022/05/14

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
          共同利用機器等委員会
        • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
          化学物質管理委員会 委員
        • 自 2016年10月01日, 至 2018年03月
          (旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員
        • 自 2016年10月01日
          化学物質管理委員会 委員
        • 自 2018年04月01日
          共同利用機器等委員会

        ページ上部へ戻る