教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙倉 喜信

タカクラ ヨシノブ

薬学研究科 薬学専攻病態機能解析学講座 教授

髙倉 喜信
list
    Last Updated :2022/07/01

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • American Association of Gene THerapy
    • 日本医療薬学会
    • Controlled Reliase Society
    • American Association of Pharmaceutical Scientists
    • 日本癌学会
    • 日本DDS学会
    • 日本薬物動態学会
    • 日本薬剤学会
    • 日本薬学会
    • American Association of Gene Therapy

    学位

    • 薬学修士(京都大学)
    • 薬学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程薬学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部薬学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/07/01

      研究

      研究キーワード

      • ドラッグデリバリーシステム
      • 生物薬剤学
      • Drug Delivery System
      • Biopharmaceutics

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学
      • ライフサイエンス, 薬理学
      • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学

      論文

      • Enhanced Immunostimulatory Activity of Covalent DNA Dendrons
        Yusuke Kawamoto; Wen Liu; Ji Hye Yum; Soyoung Park; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        ChemBioChem, 2021年12月08日
      • Calcium Peroxide-Containing Polydimethylsiloxane-Based Microwells for Inhibiting Cell Death in Spheroids through Improved Oxygen Supply
        Yuya Mizukami; Yuki Takahashi; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2021年10月01日
      • 糖修飾による蛋白質の肝臓特異的ターゲティングにおける分子サイズの影響
        西川 元也; 平林 英樹; 高倉 喜信; 橋田 充
        Drug Delivery System, 1994年
      • 単離腫よう潅流実験系を利用した薬物移行特性評価法の開発
        井本 博文; 大河内 一宏; 高倉 喜信; 橋田 充; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1990年
      • デキストラン誘導体を用いた分子構造修飾によるウリカーゼの体内挙動制御
        高倉 喜信; 藤田 卓也; 安田 芳久; 橋田 充; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1989年
      • モノクローナル抗体をcarrierとした癌のtargeting:モノクローナル抗体を carrier とした癌の targeting
        野口 明則; 高橋 俊雄; 山口 俊晴; 北村 和也; 高倉 喜信; 橋田 充; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1989年
      • デキストランをキャリヤーに用いた分子構造修飾型DDS
        高倉 喜信; 安田 芳久; 橋田 充; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1988年
      • 動注療法における効果増強を目的としたマイトマイシンCプロドラッグの開発
        橋田 充; 高倉 喜信; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1987年
      • [MOURNING] 塚越 茂先生の逝去を悼む
        髙倉 喜信
        Drug Delivery System, 2016年
      • Phosphatidylserine-deficient small extracellular vesicle is a major somatic cell-derived sEV subpopulation in blood.
        Akihiro Matsumoto; Yuki Takahashi; Kosuke Ogata; Shimpei Kitamura; Naoki Nakagawa; Aki Yamamoto; Yasushi Ishihama; Yoshinobu Takakura
        iScience, 2021年08月20日
      • Determining the role of surface glycans in the pharmacokinetics of small extracellular vesicles.
        Aki Yamamoto; Yukari Yasue; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Journal of pharmaceutical sciences, 2021年06月03日
      • Critical contribution of macrophage scavenger receptor 1 to the uptake of nanostructured DNA by immune cells.
        Keisuke Umemura; Shozo Ohtsuki; Makoto Nagaoka; Kosuke Kusamori; Takao Inoue; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Nanomedicine : nanotechnology, biology, and medicine, 2021年03月24日
      • Combined use of chemically modified nucleobases and nanostructured DNA for enhanced immunostimulatory activity of CpG oligodeoxynucleotide.
        Yuki Araie; Shozo Ohtsuki; Soyoung Park; Makoto Nagaoka; Keisuke Umemura; Hiroshi Sugiyama; Kosuke Kusamori; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Bioorganic & medicinal chemistry, 2021年01月01日
      • Intercellular delivery of NF-κB inhibitor peptide utilizing small extracellular vesicles for the application of anti-inflammatory therapy.
        Misako Takenaka; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society, 2020年12月10日
      • Antitumor immunity by small extracellular vesicles collected from activated dendritic cells through effective induction of cellular and humoral immune responses.
        Akihiro Matsumoto; Maho Asuka; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Biomaterials, 2020年09月, 査読有り
      • DNA density-dependent uptake of DNA origami-based two-or three-dimensional nanostructures by immune cells.
        Tatsuoki Maezawa; Shozo Ohtsuki; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Masayuki Endo; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Nanoscale, 2020年07月16日, 査読有り
      • Development of CD40L-modified tumor small extracellular vesicles for effective induction of antitumor immune response.
        Wen Liu; Yuki Takahashi; Masaki Morishita; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        Nanomedicine (London, England), 2020年07月15日, 査読有り
      • Adiponectin Stimulates Exosome Release to Enhance Mesenchymal Stem-Cell-Driven Therapy of Heart Failure in Mice.
        Yuto Nakamura; Shunbun Kita; Yoshimitsu Tanaka; Shiro Fukuda; Yoshinari Obata; Tomonori Okita; Hiroyuki Nishida; Yuki Takahashi; Yusuke Kawachi; Yuri Tsugawa-Shimizu; Yuya Fujishima; Hitoshi Nishizawa; Yoshinobu Takakura; Shigeru Miyagawa; Yoshiki Sawa; Norikazu Maeda; Iichiro Shimomura
        Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy, 2020年07月08日, 査読有り
      • Construction of Monomeric and Dimeric G-Quadruplex-Structured Cytosine-Phosphate-Guanine Oligodeoxynucleotides for Enhanced Uptake and Activation in Toll-Like Receptor 9-Positive Macrophages.
        Wenqing Liao; Mengmeng Tan; Kosuke Kusamori; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Nucleic acid therapeutics, 2020年06月22日, 査読有り
      • Development of RNA/DNA Hydrogel Targeting Toll-Like Receptor 7/8 for Sustained RNA Release and Potent Immune Activation.
        Fusae Komura; Kana Okuzumi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Molecules (Basel, Switzerland), 2020年02月07日, 査読有り
      • Analysis of Tertiary Structural Features of Branched DNA Nanostructures with Partially Common Sequences Using Small-Angle X-ray Scattering
        Mengmeng Tan; Natsuki Takahashi; Shota Fujii; Kazuo Sakurai; Kosuke Kusamori; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        ACS Applied Bio Materials, 2020年01月21日, 査読有り
      • Therapeutic Application of Small Extracellular Vesicles (sEVs): Pharmaceutical and Pharmacokinetic Challenges.
        Yoshinobu Takakura; Akihiro Matsumoto; Yuki Takahashi
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2020年, 査読有り
      • Incorporation of gelatin microspheres into HepG2 human hepatocyte spheroids for functional improvement through improved oxygen supply to spheroid core
        Yuya Mizukami; Ai Moriya; Yuki Takahashi; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2020年, 査読有り
      • Enhanced Immunostimulatory Activity of CpG Oligodeoxynucleotide by the Combination of Mannose Modification and Incorporation into Nanostructured DNA
        Wenqing Liao; Sakiko Akahira; Rintaro; Iwata Hara; Takeshi Wada; Kosuke Kusamori; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2020年, 査読有り
      • Blood concentrations of small extracellular vesicles are determined by a balance between abundant secretion and rapid clearance.
        Matsumoto A; Takahashi Y; Chang HY; Wu YW; Yamamoto A; Ishihama Y; Takakura Y
        Journal of extracellular vesicles, 2020年, 査読有り
      • Development of DNA-anchored assembly of small extracellular vesicle for efficient antigen delivery to antigen presenting cells.
        Matsumoto A; Takahashi Y; Ariizumi R; Nishikawa M; Takakura Y
        Biomaterials, 2019年12月, 査読有り
      • Effects of Localization of Antigen Proteins in Antigen-Loaded Exosomes on Efficiency of Antigen Presentation.
        Arima Y; Liu W; Takahashi Y; Nishikawa M; Takakura Y
        Molecular pharmaceutics, 2019年06月, 査読有り
      • Multifunctionalization of Cells with a Self-Assembling Molecule to Enhance Cell Engraftment
        Ippei Takashima; Kosuke Kusamori; Hayase Hakariya; Megumi Takashima; Thi Hue Vu; Yuya Mizukami; Naotaka Noda; Yukiya Takayama; Yousuke Katsuda; Shin-ichi Sato; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa; Motonari Uesugi
        ACS Chemical Biology, 2019年04月19日, 査読有り
      • Erratum to 'Preservation of exosomes at room temperature using lyophilization' [International Journal of Pharmaceutics 553 (2018) 1-7].
        Chonlada Charoenviriyakul; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        International journal of pharmaceutics, 2019年03月25日
      • Folding of single-stranded circular DNA into rigid rectangular DNA accelerates its cellular uptake.
        S. Ohtsuki; Y. Shiba; T. Maezawa; K. Hidaka; H. Sugiyama; M. Endo; Y. Takahashi; Y. Takakura; M. Nishikawa
        Nanoscale, 2019年03月, 査読有り
      • Regulation of the Distribution of Cells in Mixed Spheroids by Altering Migration Direction.
        Mizukami Y; Takahashi Y; Shimizu K; Konishi S; Takakura Y; Nishikawa M
        Tissue engineering. Part A, 2019年03月, 査読有り
      • Development of a nanostructured RNA/DNA assembly as an adjuvant targeting Toll-like receptor 7/8.
        Komura F; Takahashi Y; Inoue T; Takakura Y; Nishikawa M
        NUCLEIC ACID THER, 2019年, 査読有り
      • Preservation of exosomes at room temperature using lyophilization.
        Charoenviriyakul C; Takahashi Y; Nishikawa M; Takakura Y
        International journal of pharmaceutics, 2018年12月, 査読有り
      • Combined encapsulation of a tumor antigen and immune cells using a self-assembling immunostimulatory DNA hydrogel to enhance antigen-specific tumor immunity.
        Umeki Y; Saito M; Kusamori K; Tsujimura M; Nishimura M; Takahashi Y; Takakura Y; Nishikawa M
        Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society, 2018年10月, 査読有り
      • Development of orally-deliverable DNA hydrogel by microemulsification and chitosan coating
        Daiki Nomura; Masaaki Saito; Yosuke Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        International Journal of Pharmaceutics, 2018年08月25日, 査読有り
      • Possibility of Exosome-Based Therapeutics and Challenges in Production of Exosomes Eligible for Therapeutic Application
        Takuma Yamashita; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2018年06月01日, 査読有り
      • Construction of nanostructured DNA harbouring phosphorodiamidate morpholino oligonucleotide for controlled tissue distribution in mice
        Yosuke Takahashi; Yuki Araie; Daiki Nomura; Yuki Takahashi; Kohei Sano; Hideo Saji; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Journal of Drug Targeting, 2018年04月21日, 査読有り
      • Role of Extracellular Vesicle Surface Proteins in the Pharmacokinetics of Extracellular Vesicles.
        Chonlada Charoenviriyakul; Yuki Takahashi; Masaki Morishita; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        Molecular pharmaceutics, 2018年03月05日, 査読有り
      • Safe and effective interferon-beta gene therapy for the treatment of multiple sclerosis by regulating biological activity through the design of interferon-beta-galectin-9 fusion proteins
        Atsushi Hamana; Yuki Takahashi; Akane Tanioka; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        International Journal of Pharmaceutics, 2018年01月30日, 査読有り
      • Control of polarization and tumoricidal activity of macrophages by multicellular spheroid formation
        Yutaro Tanaka; Makiya Nishikawa; Yuya Mizukami; Kosuke Kusamori; Yuka Ogino; Shunsuke Nishimura; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Journal of Controlled Release, 2018年01月28日, 査読有り
      • Enhanced activity of immunosuppressive oligodeoxynucleotides by incorporating them into hexapod-like nanostructured DNA
        Yuki Araie; Yosuke Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2018年, 査読有り
      • Screening of Exosome-Tropic RNA
        Takuma Yamashita; Haruka Shinotsuka; Yuki Takahashi; Kana Kato; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2017年12月, 査読有り
      • Elucidation of the Mechanism of Increased Activity of Immunostimulatory DNA by the Formation of Polypod-like Structure
        Kohta Mohri; Kengo Nagata; Shozo Ohtsuki; Shiori Toyama; Mao Nonomura; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa; Shinji Sakuma
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2017年11月, 査読有り
      • DNA nanotechnology-based composite-type gold nanoparticle-immunostimulatory DNA hydrogel for tumor photothermal immunotherapy
        Tomoya Yata; Yuki Takahashi; Mengmeng Tan; Hirotaka Nakatsuji; Shozo Ohtsuki; Tatsuya Murakami; Hiroshi Imahori; Yuka Umeki; Tomoki Shiomi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        BIOMATERIALS, 2017年11月, 査読有り
      • Enhanced Class I Tumor Antigen Presentation via Cytosolic Delivery of Exosomal Cargos by Tumor-Cell-Derived Exosomes Displaying a pH-Sensitive Fusogenic Peptide
        Masaki Morishita; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Reiichi Ariizumi; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR PHARMACEUTICS, 2017年11月, 査読有り
      • Evaluation of antiviral effect of type I, II, and III interferons on direct-acting antiviral-resistant hepatitis C virus
        Atsushi Hamana; Yuki Takahashi; Takuro Uchida; Makiya Nishikawa; Michio Imamura; Kazuaki Chayama; Yoshinobu Takakura
        ANTIVIRAL RESEARCH, 2017年10月, 査読有り
      • Reconstruction of Toll-like receptor 9-mediated responses in HEK-Blue hTLR9 cells by transfection of human macrophage scavenger receptor 1 gene
        Shozo Ohtsuki; Yuki Takahashi; Takao Inoue; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年10月, 査読有り
      • Retardation of Antigen Release from DNA Hydrogel Using Cholesterol-Modified DNA for Increased Antigen-Specific Immune Response
        Yuka Umeki; Masaaki Saito; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS, 2017年10月, 査読有り
      • Accelerated growth of B16BL6 tumor in mice through efficient uptake of their own exosomes by B16BL6 cells
        Akihiro Matsumoto; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Kohei Sano; Masaki Morishita; Chonlada Charoenviriyakul; Hideo Saji; Yoshinobu Takakura
        CANCER SCIENCE, 2017年09月, 査読有り
      • Pharmacokinetics of Exosomes-An Important Factor for Elucidating the Biological Roles of Exosomes and for the Development of Exosome-Based Therapeutics
        Masaki Morishita; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2017年09月, 査読有り
      • In Vitro and In Vivo Stimulation of Toll-Like Receptor 9 by CpG Oligodeoxynucleotides Incorporated Into Polypod-Like DNA Nanostructures.
        Takahashi Y; Maezawa T; Araie Y; Takahashi Y; Takakura Y; Nishikawa M
        Journal of pharmaceutical sciences, 2017年09月, 査読有り
      • Accelerated growth of B16BL6 tumor in mice through efficient uptake of their own exosomes by B16BL6 cells.
        Akihiro Matsumoto; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Kohei Sano; Masaki Morishita; Chonlada Charoenviriyakul; Hideo Saji; Yoshinobu Takakura
        Cancer science, 2017年09月, 査読有り
      • Using size-controlled multicellular spheroids of murine adenocarcinoma cells to efficiently establish pulmonary tumors in mice
        Tomoko Nishikawa; Yutaro Tanaka; Kosuke Kusamori; Narumi Mizuno; Yuya Mizukami; Yuka Ogino; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 2017年08月, 査読有り
      • Amelioration of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis in Mice by Interferon-Beta Gene Therapy, Using a Long-Term Expression Plasmid Vector
        Atsushi Hamana; Yuki Takahashi; Akane Tanioka; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR PHARMACEUTICS, 2017年04月, 査読有り
      • Targeted Delivery of Interferon Gamma Using a Recombinant Fusion Protein of a Fibrin Clot-Binding Peptide With Interferon Gamma for Cancer Gene Therapy
        Mitsuru Ando; Mai Fujimoto; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Atsushi Hamana; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2017年03月, 査読有り
      • Optimization of Albumin Secretion and Metabolic Activity of Cytochrome P450 1A1 of Human Hepatoblastoma HepG2 Cells in Multicellular Spheroids by Controlling Spheroid Size
        Tomoko Nishikawa; Yutaro Tanaka; Makiya Nishikawa; Yuka Ogino; Kosuke Kusamori; Narumi Mizuno; Yuya Mizukami; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2017年03月, 査読有り
      • In Vivo Tracking of Extracellular Vesicles in Mice Using Fusion Protein Comprising Lactadherin and Gaussia Luciferase.
        Takahashi Y; Nishikawa M; Takakura Y
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2017年, 査読有り
      • Role of Phosphatidylserine-Derived Negative Surface Charges in the Recognition and Uptake of Intravenously Injected B16BL6-Derived Exosomes by Macrophages
        Akihiro Matsumoto; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Kohei Sano; Masaki Morishita; Chonlada Charoenviriyakul; Hideo Saji; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2017年01月, 査読有り
      • Cell type-specific and common characteristics of exosomes derived from mouse cell lines: Yield, physicochemical properties, and pharmacokinetics
        Chonlada Charoenviriyakul; Yuki Takahashi; Masaki Morishita; Akihiro Matsumoto; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2017年01月, 査読有り
      • Improved sustained release of antigen from immunostimulatory DNA hydrogel by electrostatic interaction with chitosan
        Yumiko Ishii-Mizuno; Yuka Umeki; Yoshinori Onuki; Hiroshi Watanabe; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2017年01月, 査読有り
      • Exosome-based tumor antigens-adjuvant co-delivery utilizing genetically engineered tumor cell-derived exosomes with immunostimulatory CpG DNA
        Masaki Morishita; Yuki Takahashi; Akihiro Matsumoto; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        BIOMATERIALS, 2016年12月, 査読有り
      • Interferon-Inducible Mx Promoter-Driven, Long-Term Transgene Expression System of Interferon-β for Cancer Gene Therapy.
        Hamana A; Takahashi Y; Nishikawa M; Takakura Y
        Human gene therapy, 2016年11月, 査読有り
      • Effects of transgene expression level per cell in mice livers on induction of transgene-specific immune responses after hydrodynamic gene transfer
        Y. Yin; Y. Takahashi; A. Hamana; M. Nishikawa; Y. Takakura
        GENE THERAPY, 2016年07月, 査読有り
      • Depressive symptoms as a side effect of Interferon-α therapy induced by induction of indoleamine 2,3-dioxygenase 1.
        Murakami Y; Ishibashi T; Tomita E; Imamura Y; Tashiro T; Watcharanurak K; Nishikawa M; Takahashi Y; Takakura Y; Mitani S; Fujigaki H; Ohta Y; Kubo H; Mamiya T; Nabeshima T; Kim HC; Yamamoto Y; Saito K
        Scientific reports, 2016年07月, 査読有り
      • Polypod-Shaped DNAs: Small-Angle X-ray Scattering and Immunostimulatory Activity
        Yusuke Sanada; Tomoki Shiomi; Tadashi Okobira; Mengmeng Tan; Makiya Nishikawa; Isamu Akiba; Yoshinobu Takakura; Kazuo Sakurai
        LANGMUIR, 2016年04月, 査読有り
      • エキソソームのマクロファージによる取り込みにおけるホスファチジルセリンの関与
        松本 明宏; 高橋 有己; 佐野 紘平; 森下 将輝; Charoenviriyakul Chonlada; 西川 元也; 佐治 英郎; 高倉 喜信
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • Application of Magnesium Pyrophosphate-Based Sponge-Like Microparticles to Enhance the Delivery Efficiency and Adjuvant Effects of Polyriboinosinic-Polyribocytidylic Acid in Immune Cells
        Shoichi Takagi; Yuki Takahashi; Kanako Sugimura; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2016年02月, 査読有り
      • Efficient amplification of self-gelling polypod-like structured DNA by rolling circle amplification and enzymatic digestion (vol 5, 14979, 2015)
        Tomoya Yata; Yuki Takahashi; Mengmeng Tan; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Masayuki Endo; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年01月, 査読有り
      • Analysis and Control of in Vivo Kinetics of Exosomes for the Development of Exosome-based DDS
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2016年01月, 査読有り
      • Increased Insulin Secretion from Insulin-Secreting Cells by Construction of Mixed Multicellular Spheroids
        Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Narumi Mizuno; Tomoko Nishikawa; Akira Masuzawa; Yutaro Tanaka; Yuya Mizukami; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2016年01月, 査読有り
      • Self-assembling DNA hydrogel-based delivery of immunoinhibitory nucleic acids to immune cells
        Yu Nishida; Shozo Ohtsuki; Yuki Araie; Yuka Umeki; Masayuki Endo; Tomoko Emura; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        NANOMEDICINE-NANOTECHNOLOGY BIOLOGY AND MEDICINE, 2016年01月, 査読有り
      • Effect of exosome isolation methods on physicochemical properties of exosomes and clearance of exosomes from the blood circulation
        Takuma Yamashita; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 2016年01月, 査読有り
      • Self-assembling DNA hydrogel-based delivery of immunoinhibitory nucleic acids to immune cells
        Yu Nishida; Shozo Ohtsuki; Yuki Araie; Yuka Umeki; Masayuki Endo; Tomoko Emura; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        NANOMEDICINE-NANOTECHNOLOGY BIOLOGY AND MEDICINE, 2016年01月, 査読有り
      • Increased Insulin Secretion from Insulin-Secreting Cells by Construction of Mixed Multicellular Spheroids
        Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Narumi Mizuno; Tomoko Nishikawa; Akira Masuzawa; Yutaro Tanaka; Yuya Mizukami; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2016年01月, 査読有り
      • Atomic force microscopy analysis of orientation and bending of oligodeoxynucleotides in polypod-like structured DNA
        Tomoki Shiomi; Mengmeng Tan; Natsuki Takahashi; Masayuki Endo; Tomoko Emura; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        NANO RESEARCH, 2015年12月, 査読有り
      • Efficient amplification of self-gelling polypod-like structured DNA by rolling circle amplification and enzymatic digestion
        Tomoya Yata; Yuki Takahashi; Mengmeng Tan; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Masayuki Endo; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年10月, 査読有り
      • Optimal Arrangement of Four Short DNA Strands for Delivery of Immunostimulatory Nucleic Acids to Immune Cells
        Shozo Ohtsuki; Noriyuki Matsuzaki; Kohta Mohri; Masayuki Endo; Tomoko Emura; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Kenichi Ishiyama; Norimitsu Kadowaki; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        NUCLEIC ACID THERAPEUTICS, 2015年10月, 査読有り
      • Induction of Potent Antitumor Immunity by Sustained Release of Cationic Antigen from a DNA-Based Hydrogel with Adjuvant Activity
        Yuka Umeki; Kohta Mohri; Yohji Kawasaki; Hiroshi Watanabe; Rei Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS, 2015年09月, 査読有り
      • Contribution of epigenetic modifications to the decline in transgene expression from plasmid DNA in mouse liver
        Lei Zang; Makiya Nishikawa; Mitsuru Ando; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Pharmaceutics, 2015年08月09日, 査読有り
      • Self-Assembling DNA Dendrimer for Effective Delivery of Immunostimulatory CpG DNA to Immune Cells
        Kohta Mohri; Eri Kusuki; Shozo Ohtsuki; Natsuki Takahashi; Masayuki Endo; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        BIOMACROMOLECULES, 2015年04月, 査読有り
      • Nasal delivery of Japanese cedar pollen Cryj1 by using self-gelling immunostimulatory DNA for effective induction of immune responses in mice
        Yumiko Ishii-Mizuno; Yuka Umeki; Yuki Takahashi; Yukinori Kato; Tetsuji Takabayashi; Shigeharu Fujieda; Yoshinobu Takakura; Makiya Nishikawa
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2015年02月, 査読有り
      • Quantitative Analysis of Tissue Distribution of the B16BL6-Derived Exosomes Using a Streptavidin-Lactadherin Fusion Protein and Iodine-125-Labeled Biotin Derivative After Intravenous Injection in Mice
        Masaki Morishita; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Kohei Sano; Kana Kato; Takuma Yamashita; Takafumi Imai; Hideo Saji; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2015年02月, 査読有り
      • Macrophage-dependent clearance of systemically administered B16BL6-derived exosomes from the blood circulation in mice.
        Takafumi Imai; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Kana Kato; Masaki Morishita; Takuma Yamashita; Akihiro Matsumoto; Chonlada Charoenviriyakul; Yoshinobu Takakura
        Journal of extracellular vesicles, 2015年, 査読有り
      • Synthetic Molecules that Protect Cells from Anoikis and Their Use in Cell Transplantation
        Heidie L. Frisco-Cabanos; Mizuki Watanabe; Naoki Okumura; Kosuke Kusamori; Naohiro Takemoto; Junichiro Takaya; Shin-ichi Sato; Sayumi Yamazoe; Yoshinobu Takakura; Shigeru Kinoshita; Makiya Nishikawa; Noriko Koizumi; Motonari Uesugi
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2014年10月, 査読有り
      • Effects of upregulated indoleamine 2, 3-dioxygenase 1 by interferon γ gene transfer on interferon γ-mediated antitumor activity.
        Watcharanurak K; Zang L; Nishikawa M; Yoshinaga K; Yamamoto Y; Takahashi Y; Ando M; Saito K; Watanabe Y; Takakura Y
        Gene therapy, 2014年09月, 査読有り
      • X-ray Scattering from Immunostimulatory Tetrapod-Shaped DNA in Aqueous Solution To Explore Its Biological Activity-Conformation Relationship
        Yusuke Sanada; Shunsuke Sakamoto; Tomoki Shiomi; Tadashi Okobira; Efstratios Mylonas; Noboru Ohta; Naoto Yagi; Makiya Nishikawa; Isamu Akiba; Yoshinobu Takakura; Kazuo Sakurai
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 2014年09月, 査読有り
      • Streptavidin-biotin結合に基づいたexosome放射標識法によるexosome体内動態の定量的解析
        森下 将輝; 高橋 有己; 佐野 紘平; 西川 元也; 佐治 英郎; 高倉 喜信
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2014年07月
      • DNA nanotechnology-based development of delivery systems for bioactive compounds
        Kohta Mohri; Makiya Nishikawa; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2014年07月, 査読有り
      • Enhancement of anticancer effect of interferon-γ gene transfer against interferon-γ-resistant tumor by depletion of tumor-associated macrophages.
        Kiyota T; Takahashi Y; Watcharanurak K; Nishikawa M; Ohara S; Ando M; Watanabe Y; Takakura Y
        Molecular pharmaceutics, 2014年05月, 査読有り
      • Efficient delivery of immunostimulatory DNA to mouse and human immune cells through the construction of polypod-like structured DNA
        Shota Uno; Makiya Nishikawa; Kohta Mohri; Yuka Umeki; Noriyuki Matsuzaki; Yuki Takahashi; Haruyuki Fujita; Norimitsu Kadowaki; Yoshinobu Takakura
        NANOMEDICINE-NANOTECHNOLOGY BIOLOGY AND MEDICINE, 2014年05月, 査読有り
      • Injectable, self-gelling, biodegradable, and immunomodulatory DNA hydrogel for antigen delivery
        Makiya Nishikawa; Kohei Ogawa; Yuka Umeki; Kohta Mohri; Yohji Kawasaki; Hiroshi Watanabe; Natsuki Takahashi; Eri Kusuki; Rei Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2014年04月, 査読有り
      • Streptavidin-biotin結合を利用したexosomeの放射標識によるexosome体内動態定量的解析法の開発
        森下 将輝; 高橋 有己; 佐野 紘平; 西川 元也; 佐治 英郎; 高倉 喜信
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • Removal of transgene-expressing cells by a specific immune response induced by sustained transgene expression
        Yalei Yin; Yuki Takahashi; Norifumi Ebisuura; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2014年03月, 査読有り
      • Long-term elimination of hepatitis C virus from human hepatocyte chimeric mice after interferon-γ gene transfer.
        Takahashi Y; Ando M; Nishikawa M; Hiraga N; Imamura M; Chayama K; Takakura Y
        Human gene therapy. Clinical development, 2014年03月, 査読有り
      • The perspective of DDS from the viewpoint of a basic researcher
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2014年, 査読有り
      • Prevention of adverse events of interferon γ gene therapy by gene delivery of interferon γ-heparin-binding domain fusion protein in mice.
        Ando M; Takahashi Y; Yamashita T; Fujimoto M; Nishikawa M; Watanabe Y; Takakura Y
        Molecular therapy. Methods & clinical development, 2014年, 査読有り
      • Transplantation of insulin-secreting multicellular spheroids for the treatment of type 1 diabetes in mice
        Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Narumi Mizuno; Tomoko Nishikawa; Akira Masuzawa; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2014年01月, 査読有り
      • Expression Profile-Dependent Improvement of Insulin Sensitivity by Gene Delivery of Interleukin-6 in a Mouse Model of Type II Diabetes
        Hanae Mukumoto; Yuki Takahashi; Mitsuru Ando; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR PHARMACEUTICS, 2013年10月, 査読有り
      • Gene Delivery of Albumin Binding Peptide-Interferon-gamma Fusion Protein with Improved Pharmacokinetic Properties and Sustained Biological Activity
        Noriko Miyakawa; Makiya Nishikawa; Yuki Takahashi; Mitsuru Ando; Masayuki Misaka; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2013年09月, 査読有り
      • Small-Molecule-Induced Clustering of Heparan Sulfate Promotes Cell Adhesion
        Naohiro Takemoto; Tetsuya Suehara; Heidie L. Frisco; Shin-ichi Sato; Takuhito Sezaki; Kosuke Kusamori; Yoshinori Kawazoe; Sun Min Park; Sayumi Yamazoe; Yoshiyuki Mizuhata; Rintaro Inoue; Gavin J. Miller; Steen U. Hansen; Gordon C. Jayson; John M. Gardiner; Toshiji Kanaya; Norihiro Tokitoh; Kazumitsu Ueda; Yoshinobu Takakura; Noriyuki Kioka; Makiya Nishikawa; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年07月, 査読有り
      • Poly(N-isopropylacrylamide)-coated microwell arrays for construction and recovery of multicellular spheroids
        Kazunori Shimizu; Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Narumi Mizuno; Tomoko Nishikawa; Akira Masuzawa; Shingo Katano; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura; Satoshi Konishi
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2013年06月, 査読有り
      • Regulation of immunological balance by sustained interferon-γ gene transfer for acute phase of atopic dermatitis in mice
        K. Watcharanurak; M. Nishikawa; Y. Takahashi; K. Kabashima; R. Takahashi; Y. Takakura
        Gene Therapy, 2013年05月, 査読有り
      • Visualization and in vivo tracking of the exosomes of murine melanoma B16-BL6 cells in mice after intravenous injection
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Haruka Shinotsuka; Yuriko Matsui; Saori Ohara; Takafumi Imai; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 2013年05月, 査読有り
      • Development of multicellular spheroid for cell-based therapy
        Kosuke Kusamori; Makiya Nishikawa; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2013年04月, 査読有り
      • Control of spatiotemporal distribution of interferon γ by genetically fusing functional peptides
        M. Ando; Y. Takahashi; M. Nishikawa; Y. Takakura
        Yakugaku Zasshi, 2012年12月, 査読有り
      • Controlling the kinetics of interferon transgene expression for improved gene therapy
        Kanitta Watcharanurak; Makiya Nishikawa; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2012年11月, 査読有り
      • Increased immunostimulatory activity of polypod-like structured DNA by ligation of the terminal loop structures
        Kohta Mohri; Natsuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Eri Kusuki; Tomoki Shiomi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2012年11月, 査読有り
      • Fibronectin inhibits cytokine production induced by CpG DNA in macrophages without direct binding to DNA
        Hiroyuki Yoshida; Makiya Nishikawa; Sachiyo Yasuda; Hiroyasu Toyota; Tsuyoshi Kiyota; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        CYTOKINE, 2012年10月, 査読有り
      • Self-assembling CpG DNA nanoparticles for efficient antigen delivery and immunostimulation
        Sakulrat Rattanakiat; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2012年09月, 査読有り
      • Design and Development of Nanosized DNA Assemblies in Polypod-like Structures as Efficient Vehicles for Immunostimulatory CpG Motifs to Immune Cells
        Kohta Mohri; Makiya Nishikawa; Natsuki Takahashi; Tomoki Shiomi; Nao Matsuoka; Kohei Ogawa; Masayuki Endo; Kumi Hidaka; Hiroshi Sugiyama; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        ACS NANO, 2012年07月, 査読有り
      • Near-Infrared Fluorescence Probes for Enzymes Based on Binding Affinity Modulation of Squarylium Dye Scaffold
        Daihi Oushiki; Hirotatsu Kojima; Yuki Takahashi; Toru Komatsu; Takuya Terai; Kenjiro Hanaoka; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Tetsuo Nagano
        ANALYTICAL CHEMISTRY, 2012年05月, 査読有り
      • Constant and steady transgene expression of interferon-γ by optimization of plasmid construct for safe and effective interferon-γ gene therapy
        M. Ando; Y. Takahashi; M. Nishikawa; Y. Watanabe; Y. Takakura
        Journal of Gene Medicine, 2012年04月, 査読有り
      • Comparison of antigen expression from plasmid DNA in tumor-free and antigen-expressing tumor-bearing mice
        Xin Guan; Makiya Nishikawa; Hisoon Li; Rei Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        Human Vaccines and Immunotherapeutics, 2012年02月, 査読有り
      • Comparison of antigen expression from plasmid DNA in tumor-free and antigen-expressing tumor-bearing mice
        Xin Guan; Makiya Nishikawa; Hisoon Li; Takahashi Rei; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS, 2012年02月, 査読有り
      • Comparison of antigen expression from plasmid DNA in tumor-free and antigen-expressing tumor-bearing mice
        Xin Guan; Makiya Nishikawa; Hisoon Li; Takahashi Rei; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS, 2012年02月, 査読有り
      • Development of safe and effective nonviral gene therapy by eliminating CpG motifs from plasmid DNA vector
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        Frontiers in Bioscience - Scholar, 2012年01月01日, 査読有り
      • Saturation of Transgene Protein Synthesis From mRNA in Cells Producing a Large Number of Transgene mRNA
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Naomi Takiguchi; Tetsuya Suehara; Yoshinobu Takakura
        BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING, 2011年10月, 査読有り
      • Inhibition of nuclear delivery of plasmid DNA and transcription by interferon γ: hurdles to be overcome for sustained gene therapy
        L. Zang; M. Nishikawa; K. MacHida; M. Ando; Y. Takahashi; Y. Watanabe; Y. Takakura
        Gene Therapy, 2011年09月, 査読有り
      • Inhibition of surgical trauma-enhanced peritoneal dissemination of tumor cells by human catalase derivatives in mice
        Chika Nishizaki; Makiya Nishikawa; Tomoya Yata; Toshiyuki Yamada; Yuki Takahashi; Masahide Oku; Hiroya Yurimoto; Yasuyoshi Sakai; Kenji Nakanishi; Yoshinobu Takakura
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2011年08月, 査読有り
      • Increase in CpG DNA-induced inflammatory responses by DNA oxidation in macrophages and mice
        Hiroyuki Yoshida; Makiya Nishikawa; Tsuyoshi Kiyota; Hiroyasu Toyota; Yoshinobu Takakura
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2011年07月, 査読有り
      • Prolonged circulation half-life of interferon γ activity by gene delivery of interferon γ-serum albumin fusion protein in mice
        N. Miyakawa; M. Nishikawa; Y. Takahashi; M. Ando; M. Misaka; Y. Watanabe; Y. Takakura
        Journal of Pharmaceutical Sciences, 2011年06月, 査読有り
      • Positive Correlation Between the Generation of Reactive Oxygen Species and Activation/Reactivation of Transgene Expression After Hydrodynamic Injections into Mice
        Naomi Takiguchi; Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yuriko Matsui; Yasushi Fukuhara; Daihi Oushiki; Kazuki Kiyose; Kenjiro Hanaoka; Tetsuo Nagano; Yoshinobu Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2011年04月, 査読有り
      • Nucleic Acid Drug Delivery and Targeting
        Yoshinobu Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2011年04月, 査読有り
      • 5′-Phosphate oligodeoxynucleotides enhance the phosphodiester-CpG DNA-induced inflammatory response in macrophages
        H. Yoshida; M. Nishikawa; T. Kiyota; S. Uno; H. Toyota; R. Takahashi; M. Narita; Y. Takakura
        European Journal of Immunology, 2011年02月, 査読有り
      • Biodegradable CpG DNA hydrogels for sustained delivery of doxorubicin and immunostimulatory signals in tumor-bearing mice
        Makiya Nishikawa; Yumiko Mizuno; Kohta Mohri; Nao Matsuoka; Sakulrat Rattanakiat; Yuki Takahashi; Hisakage Funabashi; Dan Luo; Yoshinobu Takakura
        BIOMATERIALS, 2011年01月, 査読有り
      • Structural and immunostimulatory properties of Y-shaped DNA consisting of phosphodiester and phosphorothioate oligodeoxynucleotides
        Nao Matsuoka; Makiya Nishikawa; Kohta Mohri; Sakulrat Rattanakiat; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2010年12月, 査読有り
      • Optimization of Gene Therapy Effect by Spaciotemporal Control of Expressed Proteins
        Makiya Nishikawa; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2010年11月, 査読有り
      • Persistent interferon transgene expression by RNA interference-mediated silencing of interferon receptors
        Yuki Takahashi; Elin Vikman; Makiya Nishikawa; Mitsuru Ando; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2010年09月, 査読有り
      • Enhanced Generation of Cytotoxic T Lymphocytes by Heat Shock Protein 70 Fusion Proteins Harboring Both CD8(+) T Cell and CD4(+) T Cell Epitopes
        Seiji Takemoto; Makiya Nishikawa; Xin Guan; Yuji Ohno; Tomoya Yata; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR PHARMACEUTICS, 2010年09月, 査読有り
      • DNA-based nano-sized systems for pharmaceutical and biomedical applications
        Makiya Nishikawa; Sakulrat Rattanakiat; Yoshinobu Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2010年04月, 査読有り
      • Bootstrap Method-Based Estimation of the Minimum Sample Number for Obtaining Pharmacokinetic Parameters in Preclinical Experiments
        Seiji Takemoto; Kiyoshi Yamaoka; Makiya Nishikawa; Yoshitaka Yano; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2010年04月, 査読有り
      • Development of a novel Hsp70-based DNA vaccine as a multifunctional antigen delivery system
        Ayumi Yamaoka; Xin Guan; Seiji Takemoto; Yoshinobu Takakura
        Journal of Controlled Release, 2010年03月19日, 査読有り
      • Sustained exogenous expression of therapeutic levels of IFN-γ ameliorates atopic dermatitis in NC/Nga mice via Th1 polarization
        K. Hattori; M. Nishikawa; K. Watcharanurak; A. Ikoma; K. Kabashima; H. Toyota; Y. Takahashi; R. Takahashi; Y. Watanabe; Y. Takakura
        Journal of Immunology, 2010年03月, 査読有り
      • Comparison of the Type of Liposome Involving Cytokine Production Induced by Non-CpG Lipoplex in Macrophages
        Sachiyo Yasuda; Hiroyuki Yoshida; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR PHARMACEUTICS, 2010年03月, 査読有り
      • Injection site-dependent induction of immune response by DNA vaccine: comparison of skin and spleen as a target for vaccination
        Xin Guan; Makiya Nishikawa; Seiji Takemoto; Yuji Ohno; Tomoya Yata; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2010年03月, 査読有り
      • Induction of Tumor-specific Immune Response by Gene Transfer of Hsp70-cell-penetrating Peptide Fusion Protein to Tumors in Mice
        Makiya Nishikawa; Takayuki Otsuki; Atsushi Ota; Xin Guan; Seiji Takemoto; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2010年02月, 査読有り
      • Development of oligonucleotide-based nano-sized DDS
        Kohta Mohri; Makiya Nishikawa; Yuki Takahaski; Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2010年, 査読有り
      • Simultaneous delivery of doxorubicin and immunostimulatory CpG motif to tumors using a plasmid DNA/doxorubicin complex in mice
        Yumiko Mizuno; Tomoyuki Naoi; Makiya Nishikawa; Sakulrat Rattanakiat; Nobuko Hamaguchi; Mitsuru Hashida; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2010年01月, 査読有り
      • Control of hypoxia-induced tumor cell adhesion by cytophilic human catalase
        Tomoya Yata; Makiya Nishikawa; Chika Nishizaki; Masahide Oku; Hiroya Yurimoto; Yasuyoshi Sakai; Yoshinobu Takakura
        FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2009年12月, 査読有り
      • The assembly of a short linear natural cytosine-phosphate-guanine DNA into dendritic structures and its effect on immunostimulatory activity
        Sakulrat Rattanakiat; Makiya Nishikawa; Hisakage Funabashi; Dan Luo; Yoshinobu Takakura
        BIOMATERIALS, 2009年10月, 査読有り
      • TLR9-dependent systemic interferon-β production by intravenous injection of plasmid DNA/cationic liposome complex in mice
        H. Yoshida; M. Nishikawa; S. Yasuda; Y. Mizuno; H. Toyota; T. Kiyota; R. Takahashi; Y. Takakura
        Journal of Gene Medicine, 2009年08月, 査読有り
      • Nonviral vector-mediated RNA interference: Its gene silencing characteristics and important factors to achieve RNAi-based gene therapy
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2009年07月, 査読有り
      • Towards therapeutic application of RNA-mediated gene regulation Preface
        Yoshinobu Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2009年07月, 査読有り
      • Effect of the content of unmethylated CpG dinucleotides in plasmid DNA on the sustainability of transgene expression
        Masaru Mitsui; Makiya Nishikawa; Lei Zang; Mitsuru Ando; Kayoko Hattori; Yuki Takahashi; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2009年05月, 査読有り
      • Effects of methyl-β-cyclodextrin treatment on secretion profile of interferon-/? and zonula occuludin-1 architecture in madin-darby canine kidney cell monolayers
        M. Maruyama; K. Ishida; Y. Watanabe; M. Nishikawa; Y. Takakura
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2009年05月, 査読有り
      • Enhanced CTL response by controlled intracellular trafficking of antigen in dendritic cells following DNA vaccination
        Keiko Isaji; Atsushi Kawase; Mitsuhiro Matono; Xin Guan; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2009年05月, 査読有り
      • Catalase delivery for inhibiting ROS-mediated tissue injury and tumor metastasis
        Makiya Nishikawa; Mitsuru Hashida; Yoshinobu Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2009年04月, 査読有り
      • Enhanced generation of cytotoxic T lymphocytes by increased cytosolic delivery of MHC class I epitope fused to mouse heat shock protein 70 via polyhistidine conjugation
        Seiji Takemoto; Makiya Nishikawa; Takayuki Otsuki; Ayumi Yamaoka; Kazuki Maeda; Atsushi Ota; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2009年04月, 査読有り
      • Quantitative and Temporal Analysis of Gene Silencing in Tumor Cells Induced by Small Interfering RNA or Short Hairpin RNA Expressed from Plasmid Vectors
        Yuki Takahashi; Kiyoshi Yamaoka; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2009年01月, 査読有り
      • Gene silencing of β-catenin in melanoma cells retards their growth but promotes the formation of pulmonary metastasis in mice
        Y. Takahashi; M. Nishikawa; T. Suehara; N. Takiguchi; Y. Takakura
        International Journal of Cancer, 2008年11月, 査読有り
      • Reactivation of Silenced Transgene Expression in Mouse Liver by Rapid, Large-Volume Injection of Isotonic Solution
        Makiya Nishikawa; Ayumi Nakayama; Yuki Takahashi; Yasushi Fukuhara; Yoshinobu Takakura
        HUMAN GENE THERAPY, 2008年10月, 査読有り
      • Cellular activation by plasmid DNA in various macrophages in primary culture
        Hiroyuki Yoshida; Makiya Nishikawa; Sachiyo Yasuda; Yumiko Mizuno; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2008年10月, 査読有り
      • Enhancement of antiproliferative activity of interferons by RNA interference-mediated silencing of SOCS gene expression in tumor cells
        Yuki Takahashi; Haruka Kaneda; Nana Takasuka; Kayoko Hattori; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        CANCER SCIENCE, 2008年08月, 査読有り
      • Effects of inflammatory response on in vivo transgene expression by plasmid DNA in mice
        Keiko Kako; Makiya Nishikawa; Hiroyuki Yoshida; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2008年08月, 査読有り
      • Enhanced immunostimulatory activity of oligodeoxynucleotides by Y-shape formation
        Makiya Nishikawa; Mitsuhiro Matono; Sakulrat Rattanakiat; Nao Matsuoka; Yoshinobu Takakura
        IMMUNOLOGY, 2008年06月, 査読有り
      • Unique cytokine production profile following stimulation with DNA in macrophages from NZB/W F-1 mice
        Yoshiyuki Ogawa; Takaharu Yoshinaga; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2008年06月, 査読有り
      • Pharmacokinetic considerations regarding non-viral cancer gene therapy
        Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        CANCER SCIENCE, 2008年05月, 査読有り
      • Heat shock protein derivatives for delivery of antigens to antigen presenting cells
        Makiya Nishikawa; Seiji Takemoto; Yoshinobu Takakura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2008年04月, 査読有り
      • Inhibition of tumor cell growth in the liver by RNA interference-mediated suppression of HIF-1α expression in tumor cells and hepatocytes
        Y. Takahashi; M. Nishikawa; Y. Takakura
        Gene Therapy, 2008年04月, 査読有り
      • Erratum: (Cancer Science (2008) (1650))
        Yuki Takahashi; Haruka Kaneda; Nana Takasuka; Kayoko Hattori; Makiya Nishikawa; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        Cancer Science, 2008年, 査読有り
      • Design of PCR-amplified DNA fragments for in vivo gene delivery: Size-dependency on stability and transgene expression
        Kazuhiro Hirata; Makiya Nishikawa; Naoki Kobayashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2007年09月, 査読有り
      • Hsp-based tumor vaccines: State-of-the-art and future directions
        Yoshinobu Takakura; Seiji Takemoto; Makiya Nishikawa
        CURRENT OPINION IN MOLECULAR THERAPEUTICS, 2007年08月, 査読有り
      • Improved anti-cancer effect of interferon gene transfer by sustained expression using CpG-reduced plasmid DNA
        Hiroki Kawano; Makiya Nishikawa; Masaru Mitsui; Yuki Takahashi; Keiko Kako; Kiyoshi Yamaoka; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 2007年07月, 査読有り
      • Plasmid DNA uptake and subsequent cellular activation characteristics in human monocyte-derived cells in primary culture
        Yuga Fukuhara; Tomoyuki Naoi; Yoshiyuki Ogawa; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2007年06月, 査読有り
      • Enhanced pharmacological activity of recombinant human interleukin-11 (rhIL 11) by chemical modification with polyethylene glycol
        Akira Takagi; Noboru Yamashita; Tatsunobu Yoshioka; Yuuki Takaishi; Kyoko Sano; Hideto Yamaguchi; Atsushi Maeda; Katsumi Saito; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2007年06月, 査読有り
      • Action mechanism of tachyplesin I and effects of PEGylation
        Yuichi Imura; Minoru Nishida; Yoshiyuki Ogawa; Yoshinobu Takakura; Katsumi Matsuzaki
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES, 2007年05月, 査読有り
      • Action mechanism of tachyplesin I and effects of PEGylation.
        Imura Y; Nishida M; Ogawa Y; Takakura Y; Matsuzaki K
        Biochimica et biophysica acta, 2007年05月, 査読有り
      • DNA and its cationic lipid complexes induce CpG motif-dependent activation of murine dendritic cells
        Takaharu Yoshinaga; Kei Yasuda; Yoshiyuki Ogawa; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        IMMUNOLOGY, 2007年03月, 査読有り
      • Fetuin mediates hepatic uptake of negatively charged nanoparticles via scavenger receptor
        Susumu Nagayama; Ken-ichi Ogawara; Keiko Minato; Yoshiko Fukuoka; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida; Kazutaka Higaki; Toshikiro Kimura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2007年02月, 査読有り
      • Novel material and strategy for gene delivery
        Hatakeyama Hiroto; Takahashi Yuki; NISHIKAWA Makiya; TAKAKURA Yoshinobu
        JOURNAL-PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2007年, 査読有り
      • Development of heat shock proteins with controlled distribution properties and their application to vaccine delivery
        Makiya Nishikawa; Seiii Takemoto; Yoshinobu Takakura
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2007年, 査読有り
      • In vivo siRNA delivery to tumor cells and its application to cancer gene therapy
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2007年, 査読有り
      • Induction of antigen-specific cytotoxic T lymphocytes by immunization with negatively charged soluble antigen through scavenger receptor-mediated delivery
        Yasuomi Yamasaki; Tomoko Ikenaga; Takayuki Otsuki; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        VACCINE, 2007年01月, 査読有り
      • Suppression of tumor growth by intratumoral injection of short hairpin RNA-expressing plasmid DNA targeting beta-catenin or hypoxia-inducible factor 1 alpha
        Yuki Takahashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2006年11月, 査読有り
      • Incorporation into a biodegradable hyaluronic acid matrix enhances in vivo efficacy of recombinant human interleukin 11 (rhIL 11)
        Akira Takagi; Noboru Yamashita; Tatsunobu Yoshioka; Yuuki Takaishi; Kiyo Nakanishi; Shigeo Takemura; Atsushi Maeda; Katsumi Saito; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2006年10月, 査読有り
      • Enhanced antigen-specific antibody production following polyplex-based DNA vaccination via the intradermal route in mice
        Atsushi Kawase; Keiko Isaji; Ayumi Yamaoka; Naoki Kobayashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        VACCINE, 2006年07月, 査読有り
      • Moment analysis for kinetics of gene silencing by RNA interference
        Y Takahashi; K Yamaoka; M Nishikawa; Y Takakura
        BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING, 2006年03月, 査読有り
      • Role of immunostimulatory DNA and TLR9 in gene therapy
        Kei Yasuda; Hermann Wagner; Yoshinobu Takakura
        CRITICAL REVIEWS IN THERAPEUTIC DRUG CARRIER SYSTEMS, 2006年, 査読有り
      • Histogram analysis of pharmacokinetic parameters by bootstrap resampling from one-point sampling data in animal experiments
        Seiji Takemoto; Kiyoshi Yamaoka; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 2006年, 査読有り
      • Sequence-specific suppression of mdr1a/1b expression in mice via RNA interference
        Y Matsui; N Kobayashi; M Nishikawa; Y Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2005年12月, 査読有り
      • Inhibition of metastatic tumor growth by targeted delivery of antioxidant enzymes
        M Nishikawa; K Hyoudou; Y Kobayashi; Y Umeyama; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2005年12月, 査読有り
      • Cellular uptake and activation characteristics of naked plasmid DNA and its cationic liposome complex in human macrophages
        Yamane, I; M Nishikawa; Y Takakura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2005年11月, 査読有り
      • The uptake and degradation of DNA is impaired in macrophages and dendritic cells from NZB/W F-1 mice
        Y Ogawa; T Yoshinaga; K Yasuda; M Nishikawa; Y Takakura
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2005年10月, 査読有り
      • Gene silencing in primary and metastatic tumors by small interfering RNA delivery in mice: Quantitative analysis using melanoma cells expressing firefly and sea pansy luciferases
        Y Takahashi; M Nishikawa; N Kobayashi; Y Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2005年07月, 査読有り
      • Cholesterol is required for the polarized secretion of erythropoietin in Madin-Darby canine kidney cells
        M Maruyama; M Kishimoto; K Ishida; Y Watanabe; M Nishikawa; S Masuda; R Sasaki; Y Takakura
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2005年06月, 査読有り
      • Gene Therapy and Gene Delivery
        Naoki Kobayashi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery: Principles and Applications, 2005年05月13日, 査読有り
      • Manipulation of local disposition and gene expression characteristics of plasmid DNA following intramuscular administration by complexation with cationic macromolecule
        A Kawase; N Kobayashi; K Isaji; M Nishikawa; Y Takakura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2005年04月, 査読有り
      • Theoretical considerations involving the pharmacokinetics of plasmid DNA
        M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2005年04月, 査読有り
      • The hydrodynamics-based procedure for controlling the pharmacokinetics of gene medicines at whole body, organ and cellular levels
        N Kobayashi; M Nishikawa; Y Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2005年04月, 査読有り
      • Pharmacokinetics in gene delivery
        Y Takakura; M Hashida
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2005年04月, 査読有り
      • Pharmacokinetic and tissue distribution mechanism of mouse recombinant heat shock protein 70 in mice
        S Takemoto; M Nishikawa; Y Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2005年03月, 査読有り
      • Evaluation of the immune response after administration of plasmid DNA-non-viral vector complexes
        Fuminori Sakurai; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery, 2005年, 査読有り
      • Permeability modulation of human intestinal Caco-2 cell monolayers by interferons
        H Kawaguchi; Y Akazawa; Y Watanabe; Y Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 2005年01月, 査読有り
      • Pharmacokinetics of Plasmid DNA-Based Non-viral Gene Medicine
        Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        NON-VIRAL VECTORS FOR GENE THERAPY, 2ND EDITION: PART 1, 2005年, 査読有り
      • Macrophage activation by a DNA/cationic liposome complex requires endosomal acidification and TLR9-dependent and -independent pathways
        K Yasuda; Y Ogawa; Yamane, I; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2005年01月, 査読有り
      • Subcellular trafficking of exogenously expressed interferon-β in Madin-Darby canine kidney cells
        M. Maruyama; T. Nishio; T. Kato; T. Yoshida; C. Ishida; Y. Watanabe; M. Nishikawa; Y. Kaneda; Y. Takakura
        Journal of Cellular Physiology, 2004年10月, 査読有り
      • Secretion mode and subcellular localization of human interferon-β exogenously expressed in porcine renal epithelial LLC-PK1 cells
        T. Nishio; M. Maruyama; T. Yoshida; Y. Watanabe; M. Nishikawa; Y. Takakura
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2004年10月, 査読有り
      • Simultaneous detection of DsRed2-tagged and EGFP-tagged human β-interferons in the same single cells
        M. Maruyama; T. Nishio; T. Yoshida; C. Ishida; K. Ishida; Y. Watanabe; M. Nishikawa; Y. Takakura
        Journal of Cellular Biochemistry, 2004年10月, 査読有り
      • Exogenous expression of interferon-β in cultured brain microvessel endothelial cells
        M. Nakamura; S. Yamaguchi; Y. Watanabe; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2004年09月, 査読有り
      • Significant role of liver sinusoidal endothelial cells in hepatic uptake and degradation of naked plasmid DNA after intravenous injection
        J Hisazumi; N Kobayashi; M Nishikawa; Y Takakura
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2004年07月, 査読有り
      • Induction of cytotoxic T lymphocytes following immunization with cationized soluble antigen
        T Ikenaga; Y Yamasaki; K Shakushiro; M Nishikawa; Y Takakura
        VACCINE, 2004年06月, 査読有り
      • Efficient scavenger receptor-mediated uptake and cross-presentation of negatively charged soluble antigens by dendritic cells
        K Shakushiro; Y Yamasaki; M Nishikawa; Y Takakura
        IMMUNOLOGY, 2004年06月, 査読有り
      • Hepatic uptake of negatively charged particles in rats: possible involvement of serum proteins in recognition by scavenger receptor
        K Furumoto; S Nagayama; K Ogawara; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2004年05月, 査読有り
      • Hyrodynamics-based procedure involves transient hyperpermeability in the hepatic cellular membrane: implication of a nonspecific process in efficient intracellular gene delivery
        N Kobayashi; M Nishikawa; K Hirata; Y Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2004年05月, 査読有り
      • Hepatic delivery of particulates in the submicron range by a hydrodynamics-based procedure: implications for particulate gene delivery systems
        N Kobayashi; K Hirata; S Chen; A Kawase; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2004年04月, 査読有り
      • Expression and visualization of a human interferon-β-enhanced green fluorescent protein chimeric molecule in cultured cells
        M. Nakamura; M. Maruyama; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida; Y. Watanabe
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2004年03月, 査読有り
      • Restricted cytokine production from mouse peritoneal macrophages in culture in spite of extensive uptake of plasmid DNA
        K Yasuda; H Kawano; Yamane, I; Y Ogawa; T Yoshinaga; M Nishikawa; Y Takakura
        IMMUNOLOGY, 2004年03月, 査読有り
      • Vector-based in vivo RNA interference: Dose- and time-dependent suppression of transgene expression
        N Kobayashi; Y Matsui; A Kawase; K Hirata; M Miyagishi; K Taira; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2004年02月, 査読有り
      • An evaluation method for nonlinear local disposition in rat liver and kidney
        T Kato; K Yamaoka; Y Takakura
        DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 2004年02月, 査読有り
      • Sugars and dds
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2004年, 査読有り
      • Effects of PEGylation on the activity of tachyplesin I
        Y Imura; M Nishida; Y Ogawa; Y Takakura; K Matsuzaki
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2004年, 査読有り
      • RNAiによるマウス個体での遺伝子ノックダウン
        西川元也; 小林直樹; 高倉喜信
        Drug Delivery System, 2004年, 査読有り
      • Cancer gene therapy - Gene delivery research
        Y. Takakura
        Biotherapy, 2004年, 査読有り
      • Analysis methods and recent advances in nonlinear pharmacokinetics from in vitro through in loci to in vivo.
        K. Yamaoka; Y. Takakura
        Drug metabolism and pharmacokinetics, 2004年, 査読有り
      • Inhibition of experimental hepatic metastasis by targeted delivery of catalase in mice
        M Nishikawa; A Tamada; K Hyoudou; Y Umeyama; Y Takahashi; Y Kobayashi; H Kumai; E Ishida; F Staud; Y Yabe; Y Takakura; F Yamashita; M Hashida
        CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 2004年, 査読有り
      • Effect of Interferon-γ on the Pharmacokinetics of Digoxin, a P-glycoprotein Substrate, Intravenously Injected into the Mouse
        H. Kawaguchi; Y. Matsui; Y. Watanabe; Y. Takakura
        Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 2004年01月, 査読有り
      • Intravenous fate of poly(2-(dimethylamino)ethyl methacrylate)-based polyplexes
        F Verbaan; van Dam, I; Y Takakura; M Hashida; W Hennink; G Storm; C Oussoren
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2003年12月, 査読有り
      • Residualizing indium-111-radiolabel for plasmid DNA and its application to tissue distribution study
        M Nishikawa; T Nakano; T Okabe; N Hamaguchi; Y Yamasaki; Y Takakura; F Yamashita; M Hashida
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2003年09月, 査読有り
      • Therapeutic effect of intravenous delivery of lipoplexes containing the interferon-β gene and poly I: Poly C in a murine lung metastasis model
        F. Sakurai; T. Terada; M. Maruyama; Y. Watanabe; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Cancer Gene Therapy, 2003年09月, 査読有り
      • In vivo disposition characteristics of plasmid DNA complexed with cationic liposomes
        RI Mahato; K Kawabata; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2003年06月, 査読有り
      • Disposition and gene expression characteristics in solid tumors and skeletal muscle after direct injection of naked plasmid DNA in mice
        A Kawase; T Nomura; K Yasuda; N Kobayashi; M Hashida; Y Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2003年06月, 査読有り
      • Validation of the chloramine-T induced oxidation of human serum albumin as a model for oxidative damage in vivo
        M Anraku; U Kragh-Hansen; K Kawai; T Maruyama; Y Yamasaki; Y Takakura; M Otagiri
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2003年04月, 査読有り
      • Efficient scavenger receptor-mediated hepatic targeting of proteins by introduction of negative charges on the proteins by aconitylation: the influence of charge density and size of the proteins molecules
        Y Yamasaki; J Hisazumi; K Yamaoka; Y Takakura
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2003年04月, 査読有り
      • Efficient uptake and rapid degradation of plasmid DNA by murine dendritic cells via a specific mechanism
        T Yoshinaga; K Yasuda; Y Ogawa; Y Takakura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年12月, 査読有り
      • Pharmacokinetics and preventive effects of targeted catalase derivatives on hydrogen peroxide-induced injury in perfused rat liver
        Y Yabe; N Kobayashi; M Nishikawa; K Mihara; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 2002年12月, 査読有り
      • Therapeutic effect of intravenous interferon gene delivery with naked plasmid DNA in murine metastasis models
        N Kobayashi; T Kuramoto; S Chen; Y Watanabe; Y Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2002年12月, 査読有り
      • Effect of interferons on P-glycoprotein-mediated rhodamine-123 efflux in cultured rat Hepatocytes
        Y Akazawa; H Kawaguchi; M Funahashi; Y Watanabe; K Yamaoka; M Hashida; Y Takakura
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2002年10月, 査読有り
      • Important role of serum proteins associated on the surface of particles in their hepatic disposition
        K Furumoto; K Ogawara; S Nagayama; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2002年09月, 査読有り
      • The role of tissue macrophages in the induction of proinflammatory cytokine production following intravenous injection of lipoplexes
        F Sakurai; T Terada; K Yasuda; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        GENE THERAPY, 2002年08月, 査読有り
      • Secretion polarity of interferon-β in epithelial cell lines
        K. Nakanishi; Y. Watanabe; M. Maruyama; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Archives of Biochemistry and Biophysics, 2002年06月, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of in vivo disposition of succinylated proteins targeted to liver nonparenchymal cells via scavenger receptors: Importance of molecular size and negative charge density for in vivo recognition by receptors
        Y Yamasaki; K Sumimoto; M Nishikawa; F Yamashita; K Yamaoka; M Hashida; Y Takakura
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2002年05月, 査読有り
      • Plasmid DNA activates murine macrophages to induce inflammatory cytokines in a CpG motif-independent manner by complex formation with cationic liposomes
        K Yasuda; Y Ogawa; M Kishimoto; T Takagi; M Hashida; Y Takakura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年04月, 査読有り
      • Electrical charge on protein regulates its absorption from the rat small intestine
        M Nishikawa; S Hasegawa; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 2002年04月, 査読有り
      • Influence of physicochemical properties on pharmacokinetics of non-viral vectors for gene delivery
        Y Takakura; M Nishikawa; F Yamashita; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2002年03月, 査読有り
      • Effect of Co-administration of Cationic Macromolecules on the In Vivo Disposition and In situ Renal Disposition Characteristics of rhIL-11
        Akira Takagi; Yoshiyuki Yabe; Yoshikazu Oka; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2002年, 査読有り
      • Synthesis and pharmacological activity of a novel water-soluble hepatocyte-specific polymeric prodrug of prostaglandin E-1 using lactosylated poly(L-glutamic hydrazide) as a carrier
        K Akamatsu; Y Yamasaki; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 2001年12月, 査読有り
      • Surface hydrophobicity of particles is not necessarily the most important determinant in their in vivo disposition after intravenous administration in rats
        K Ogawara; K Furumoto; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2001年12月, 査読有り
      • Cell-specific delivery of genes with glycosylated carriers
        M Hashida; M Nishikawa; F Yamashita; Y Takakura
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 2001年11月, 査読有り
      • Prevention of neutrophil-mediated hepatic ischemia/reperfusion injury by superoxide dismutase and catalase derivatives
        Y Yabe; N Kobayashi; T Nishihashi; R Takahashi; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2001年09月, 査読有り
      • Effects of erythrocytes and serum proteins on lung accumulation of lipoplexes containing cholesterol or DOPE as a helper lipid in the single-pass rat lung perfusion system
        F Sakurai; T Nishioka; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 2001年09月, 査読有り
      • Transport characteristics of ebastine and its metabolites across human intestinal epithelial Caco-2 cell monolayers
        Y Imamura; K Shimizu; F Yamashita; K Yamaoka; Y Takakura; M Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2001年08月, 査読有り
      • Hepatic uptake and gene expression mechanisms following intravenous administration of plasmid DNA by conventional and hydrodynamics-based procedures
        N Kobayashi; T Kuramoto; K Yamaoka; M Hashida; Y Takakura
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2001年06月, 査読有り
      • Interaction between DNA-cationic liposome complexes and erythrocytes is an important factor in systemic gene transfer via the intravenous route in mice: the role of the neutral helper lipid
        F Sakurai; T Nishioka; H Saito; T Baba; A Okuda; O Matsumoto; T Taga; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        GENE THERAPY, 2001年05月, 査読有り
      • In vivo recognition of mannosylated proteins by hepatic mannose receptors and mannan-binding protein
        P Opanasopit; K Shirashi; M Nishikawa; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 2001年05月, 査読有り
      • Biliary excretion of polystyrene microspheres depends on the type of receptor-mediated uptake in rat liver
        K Furumoto; K Ogawara; M Yoshida; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2001年05月, 査読有り
      • Development of gene drug delivery systems based on pharmacokinetic studies
        Y Takakura; M Nishikawa; F Yamashita; M Hashida
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2001年04月, 査読有り
      • The fate of poly(2-dimethyl amino ethyl)methacrylate-based polyplexes after intravenous administration
        FJ Verbaan; C Oussoren; IM van Dam; Y Takakura; M Hashida; DJA Crommelin; WE Hennink; G Storm
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2001年02月, 査読有り
      • Drug delivery systems and micromachines
        Yoshinobu Takakura; Kazuo Maruyama; Masayuki Yokoyama
        Drug Delivery System, 2001年, 査読有り
      • Tumor metastasis models
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2001年, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of lectin-dependent biodistribution of fucosylated bovine serum albumin: A possible carrier for Kupffer cells
        P Opanasopit; M Nishikawa; F Yamashita; Y Takakura; N Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2001年, 査読有り
      • Erratum: Effect of DNA/liposome mixing ratio on the physicochemical characteristics, cellular uptake and intracellular trafficking of plasmid DNA/cationic liposome complexes and subsequent gene expression (Journal of Controlled Release 66 (2000) (255-269) PII: S0168365999002801)
        F. Sakurai; R. Inoue; Y. Nishino; A. Okuda; O. Matsumoto; T. Taga; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Journal of Controlled Release, 2000年10月03日, 査読有り
      • The 4F2hc/LAT1 complex transports L-DOPA across the blood-brain barrier
        T Kageyama; M Nakamura; A Matsuo; Y Yamasaki; Y Takakura; M Hashida; Y Kanai; M Naito; T Tsuruo; N Minato; S Shimohama
        BRAIN RESEARCH, 2000年10月, 査読有り
      • Effect of DNA/liposome mixing ratio on the physicochemical characteristics, cellular uptake and intracellular trafficking of plasmid DNA/cationic liposome complexes and subsequent gene expression
        F Sakurai; R Inoue; Y Nishino; A Okuda; O Matsumoto; T Taga; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2000年05月, 査読有り
      • Intratumoral pharmacokinetics of oligonucleotides in a tissue-isolated tumor perfusion system
        S Nakajima; Y Koshino; T Nomura; F Yamashita; S Agrawal; Y Takakura; M Hashida
        ANTISENSE & NUCLEIC ACID DRUG DEVELOPMENT, 2000年04月, 査読有り
      • Hepatocyte-targeted in vivo gene expression by intravenous injection of plasmid DNA complexed with synthetic multi-functional gene delivery system
        M Nishikawa; M Yamauchi; K Morimoto; E Ishida; Y Takakura; M Hashida
        GENE THERAPY, 2000年04月, 査読有り
      • Design of polymeric prodrugs of PGE1 for cell-specific hepatic targeting
        M Hashida; K Akamatsu; M Nishikawa; F Yamashita; H Yoshikawa; Y Takakura
        PHARMAZIE, 2000年03月, 査読有り
      • Effect of cationic liposomes on intracellular trafficking and efficacy of antisense oligonucleotides in mouse peritoneal macrophages
        T Takagi; M Hashiguchi; T Hiramatsu; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2000年, 査読有り
      • Pharmacokinetics and in vivo gene transfer of plasmid DNA complexed with mannosylated poly(L-lysine) in mice
        M Nishikawa; S Takemura; F Yamashita; Y Takakura; DKF Meijer; M Hashida; PJ Swart
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2000年, 査読有り
      • Effect of cationic liposomes on intracellular trafficking and efficacy of antisense oligonucleotides in mouse peritoneal macrophages
        T Takagi; M Hashiguchi; T Hiramatsu; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2000年, 査読有り
      • Design of polymeric prodrugs of prostaglandin E-1 having galactose residue for hepatocyte targeting
        M Hashida; K Akamatsu; M Nishikawa; F Yamashita; Y Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1999年11月, 査読有り
      • Interaction of polystyrene microspheres with liver cells: roles of membrane receptors and serum proteins
        K Ogawara; M Yoshida; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1999年10月, 査読有り
      • Mechanisms of hepatic disposition of polystyrene microspheres in rats: Effects of serum depend on the sizes of microspheres
        K Ogawara; M Yoshida; J Kubo; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1999年09月, 査読有り
      • Development of a hepatocyte-specific prostaglandin E-1 polymeric prodrug and its potential for preventing carbon tetrachloride-induced fulminant hepatitis in mice
        K Akamatsu; Y Yamasaki; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1999年09月, 査読有り
      • Disposition of radioactivity after injection of liver-targeted proteins labeled with In-111 or I-125. Effect of labeling on distribution and excretion of radioactivity in rats
        F Staud; M Nishikawa; K Morimoto; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1999年06月, 査読有り
      • Hepatic uptake of polystyrene microspheres in rats: Effect of particle size on intrahepatic distribution
        K Ogawara; M Yoshida; K Higaki; T Kimura; K Shiraishi; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1999年05月, 査読有り
      • Targeted delivery and improved therapeutic potential of catalase by chemical modification: Combination with superoxide dismutase derivatives
        Y Yabe; M Nishikawa; A Tamada; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1999年05月, 査読有り
      • Liver uptake and hepato-biliary transfer of galactosylated proteins in rats are determined by the extent of galactosylation
        F Staud; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1999年04月, 査読有り
      • Characterization of plasmid DNA binding and uptake by peritoneal macrophages from class a scavenger receptor knockout mice
        Y Takakura; T Takagi; M Hashiguchi; M Nisihikawa; F Yamashita; T Doi; T Imanishi; H Suzuki; T Kodama; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1999年04月, 査読有り
      • Cell specific targeting of drugs and genes with glycosylated liposomes.
        M Hashida; M Nishikawa; F Yamashita; Y Takakura
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1999年03月, 査読有り
      • Pharmacokinetics and disposition characteristics of recombinant decorin after intravenous injection into mice
        H Masuda; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1999年02月, 査読有り
      • Pharmacokinetic evaluation of biodistribution data obtained with radiolabeled proteins in mice
        M Nishikawa; F Staud; S Takemura; Y Takakura; M Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1999年02月, 査読有り
      • Passive targeting with macromolecular drug carriers
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 1999年, 査読有り
      • Passive targeting of drug
        Yoshinobu Takakura; Kazuo Maruyama; Masayuki Yokoyama
        Drug Delivery System, 1999年, 査読有り
      • Stimulation side-dependent asymmetrical secretion of poly I:poly C-induced interferon-β from polarized epithelial cell lines
        S. Okamoto; K. Nakanishi; Y. Watanabe; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 1999年01月, 査読有り
      • Synthesis and pharmacokinetics of a novel macromolecular prodrug of Tacrolimus (FK506), FK506-dextran conjugate
        H Yura; N Yoshimura; T Hamashima; K Akamatsu; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1999年01月, 査読有り
      • Gene expression and antitumor effects following direct interferon (IFN)-γ gene transfer with naked plasmid DNA and DC-chol liposome complexes in mice
        T. Nomura; K. Yasuda; T. Yamada; S. Okamoto; R.I. Mahato; Y. Watanabe; Y. Takakura; M. Hashida
        Gene Therapy, 1999年01月, 査読有り
      • Uptake by hepatocytes and biliary excretion of intravenously administered polystyrene microspheres in rats
        K Ogawara; M Yoshida; K Furumoto; Y Takakura; M Hashida; K Higaki; T Kimura
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1999年, 査読有り
      • Pharmacokinetic evaluation of mannosylated bovine serum albumin as a liver cell-specific carrier: Quantitative comparison with other hepatotropic ligands
        KI Ogawara; S Hasegawa; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1999年, 査読有り
      • Hepatocyte-specific distribution of catalase and its inhibitory effect on hepatic ischemia/reperfusion injury in mice
        Y Yabe; Y Koyama; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        FREE RADICAL RESEARCH, 1999年, 査読有り
      • Hepatic disposition characteristics of recombinant human interleukin-11 (rhIL-11) in the perfused rat liver
        A Takagi; Y Yabe; M Yoshida; Y Takakura; M Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1998年12月, 査読有り
      • Asialoglycoprotein receptor-mediated gene transfer using novel galactosylated cationic liposomes
        S Kawakami; F Yamashita; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年11月, 査読有り
      • Cationic liposome-mediated efficient induction of type I interferons by a low dose of poly I : poly C in mouse cell lines
        S Okamoto; Y Watanabe; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年10月, 査読有り
      • Targeted delivery of plasmid DNA to hepatocytes in vivo: Optimization of the pharmacokinetics of plasmid DNA galactosylated poly(L-lysine) complexes by controlling their physicochemical properties
        M Nishikawa; S Takemura; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1998年10月, 査読有り
      • Extravasation of macromolecules
        Y Takakura; RI Mahato; M Hashida
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 1998年10月, 査読有り
      • Control of plasma cholesterol-lowering action of probucol with various lipid carrier systems
        T Takino; N Koreeda; T Nomura; T Sakaeda; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1998年05月, 査読有り
      • Targeted delivery of plasmid DNA complexed with galactosylated poly(L-lysine)
        M Hashida; S Takemura; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1998年04月, 査読有り
      • Involvement of specific mechanism in plasmid DNA uptake by mouse peritoneal macrophages
        T Takagi; M Hashiguchi; RI Mahato; H Tokuda; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年04月, 査読有り
      • Uptake and gene expression of naked plasmid DNA in cultured brain microvessel endothelial cells
        M Nakamura; P Davila-Zavala; H Tokuda; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年04月, 査読有り
      • Pharmacokinetic characteristics and therapeutic effects of mitomycin C-dextran conjugates after intratumoural injection
        Takehiko Nomura; Akira Saikawa; Satoko Morita; Toshiyuki Sakaeda; Fumiyoshi Yamashita; Kazuo Honda; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Journal of Controlled Release, 1998年03月31日, 査読有り
      • Cellular uptake properties of oligonucleotides in LLC-PK1 renal epithelial cells
        Y Takakura; Y Oka; M Hashida
        ANTISENSE & NUCLEIC ACID DRUG DEVELOPMENT, 1998年02月, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of hepatic uptake of galactosylated bovine serum albumin in a perfused rat liver
        K Ogawara; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1998年01月, 査読有り
      • Effect of particle size and charge on the disposition of lipid carriers after intratumoral injection into tissue-isolated tumors
        T Nomura; N Koreeda; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1998年01月, 査読有り
      • Drug delivery systems in gene therapy
        Y. Takakura
        Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 1998年, 査読有り
      • Disposition characteristics of glycosylated poly(amino acids) as liver cell-specific drug carrier
        K Akamatsu; M Imai; Y Yamasaki; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1998年, 査読有り
      • Biological effects and cellular uptake of c-myc antisense oligonucleotides and their cationic liposome complexes
        T Kanamaru; T Takagi; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1998年, 査読有り
      • Synthesis and biodistribution study of liver-specific prostaglandin E-1 polymeric conjugate
        K Akamatsu; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1997年09月, 査読有り
      • Intratumoral pharmacokinetics and in vivo gene expression of naked plasmid DNA and its cationic liposome complexes after direct gene transfer
        T Nomura; S Nakajima; K Kawabata; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        CANCER RESEARCH, 1997年07月, 査読有り
      • Effects of skin metabolism on percutaneous penetration of lipophilic drugs
        H Bando; S Mohri; F Yamashita; Y Takakura; M HAshida
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1997年06月, 査読有り
      • Targeted delivery of drugs and proteins to the liver via receptor-mediated endocytosis
        M Hashida; H Hirabayashi; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1997年05月, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of scavenger receptor-mediated uptake of anionized proteins in the isolated perfused rat liver
        H Furitsu; K Ogawara; T Fujita; F Yamashita; Y Takakura; H Sezaki; M Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1997年05月, 査読有り
      • Augmented inhibitory effect of superoxide dismutase on superoxide anion release from macrophages by direct cationization
        T Takagi; M Kitano; S Masuda; H Tokuda; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1997年04月, 査読有り
      • Non-polarized secretion of mouse interferon-β from gene-transferred human intestinal Caco-2 cells
        K. Kawabata; M. Kondo; Y. Watanabe; Y. Takakura; M. Hashida
        Pharmaceutical Research, 1997年04月, 査読有り
      • Physicochemical and disposition characteristics of antisense oligonucleotides complexed with glycosylated poly(L-lysine)
        RI Mahato; S Takemura; K Akamatsu; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 1997年03月, 査読有り
      • A physiological role of interferon (IFN)-β derived from tumor: Tumor growth of a mouse bladder carcinoma line MBT-2 is partially suppressed by autocrine IFN-β
        K. Kawabata; S. Okamoto; Y. Takakura; M. Hashida; T. Hashimura; Y. Watanabe
        Cancer Letters, 1997年02月, 査読有り
      • Estimation of drug concentration profiles in skin based on a skin diffusion model
        Noritaka Seko; Hiroto Bando; Fumiyoshi Yamashita; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Drug Delivery System, 1997年, 査読有り
      • Uptake characteristics of anionized and cationized proteins in brain microvessel endothelial cells
        H. Tokuda; H. Nagano; Y. Takakura; M. Hashida
        Pharmaceutical Sciences, 1997年, 査読有り
      • Nonviral vectors for in vivo gene delivery: Physicochemical and pharmacokinetic considerations
        RI Mahato; Y Takakura; M Hashida
        CRITICAL REVIEWS IN THERAPEUTIC DRUG CARRIER SYSTEMS, 1997年, 査読有り
      • Cancer gene therapy by direct intratumoral injection: Gene expression and intratumoral pharmacokinetics of plasmid dna
        T. Nomura; Y. Takakura; M. Hashida
        Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 1997年, 査読有り
      • Renal disposition of recombinant human interleukin-11 in the isolated perfused rat kidney
        A Takagi; Y Yabe; Y Oka; K Sawai; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1997年01月, 査読有り
      • In vivo evaluation of acyclovir prodrug penetration and metabolism through rat skin using a diffusion/bioconversion model
        H Bando; M Sahashi; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1997年01月, 査読有り
      • Development of targeted delivery systems for nucleic acid drugs
        RI Mahato; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1997年, 査読有り
      • In vivo skin penetration enhancement of acyclovir by theoretical design of prodrug-enhancer combination
        H Bando; M Sahashi; S Mohri; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1996年12月, 査読有り
      • Disposition of oligonucleotides in isolated perfused rat kidney: Involvement of scavenger receptors in their renal uptake
        K Sawai; RI Mahato; Y Oka; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1996年10月, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of drug disposition after intratumoral injection in a tissue-isolated tumor perfusion system
        A Saikawa; T Nomura; F Yamashita; Y Takakura; H Sezaki; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1996年10月, 査読有り
      • Pharmacokinetic evaluation of polymeric carriers
        M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 1996年09月, 査読有り
      • Pharmacokinetics and targeted delivery of proteins and genes
        M Hashida; RI Mahato; K Kawabata; T Miyao; M Nishikawa; Y Takakura
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1996年08月, 査読有り
      • Delivery of plasmid DNA to endothelial cells
        Y Takakura; M Hashida
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 1996年08月, 査読有り
      • Development of drug delivery systems for macromolecular drugs
        Y Takakura
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 1996年07月, 査読有り
      • Control of pharmacokinetic profiles of drug-macromolecule conjugates
        Y Takakura; RI Mahato; M Nishikawa; M Hashida
        ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 1996年06月, 査読有り
      • Development and pharmacokinetics of galactosylated poly-L-glutamic acid as a biodegradable carrier for liver-specific drug delivery
        H Hirabayashi; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1996年06月, 査読有り
      • Analysis of in vitro skin penetration of acyclovir prodrugs based on a diffusion model with a metabolic process
        H Bando; M Sahashi; T Takagi; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1996年06月, 査読有り
      • Macromolecular carrier systems for targeted drug delivery: Pharmacokinetic considerations on biodistribution
        Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1996年06月, 査読有り
      • Disposition characteristics of plasmid DNA in the single-pass rat liver perfusion system
        M Yoshida; RI Mahato; K Kawabata; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1996年04月, 査読有り
      • Theoretical design of prodrug-enhancer combination based on a skin diffusion model: Prediction of permeation of acyclovir prodrugs treated with 1-geranylazacycloheptan-2-one
        H Bando; T Takagi; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1996年03月, 査読有り
      • Receptor-mediated cell specific delivery of drugs to the liver and kidney
        M Hashida; M Nishikawa; Y Takakura
        ADVANCED BIOMATERIALS IN BIOMEDICAL ENGINEERING AND DRUG DELIVERY SYSTEMS, 1996年, 査読有り
      • Theoretical design of skin penetration enhancement via prodrug-enhancer combination based on a diffusion model
        H Bando; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        ADVANCED BIOMATERIALS IN BIOMEDICAL ENGINEERING AND DRUG DELIVERY SYSTEMS, 1996年, 査読有り
      • Development of delivery systems for antisense oligonucleotides
        Y Takakura; RI Mahato; T Nomura; K Sawai; M Yoshida; T Kanamaru; M Hashida
        ADVANCED BIOMATERIALS IN BIOMEDICAL ENGINEERING AND DRUG DELIVERY SYSTEMS, 1996年, 査読有り
      • Biliary excretion of polystyrene microspheres with covalently linked FITC fluorescence after oral and parenteral administration to male Wistar rats
        PU Jani; T Nomura; F Yamashita; Y Takakura; AT Florence; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1996年, 査読有り
      • Uptake characteristics of oligonucleotides in the isolated rat liver perfusion system
        Yoshinobu Takakura; Ram I. Mahato; Mitsunobu Yoshida; Taro Kanamaru; Mitsuru Hashida
        Antisense and Nucleic Acid Drug Development, 1996年, 査読有り
      • A deconvolution method for estimating the first-pass metabolism of orally administered drugs
        F Yamashita; H Bando; Y Takakura; M Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1995年12月, 査読有り
      • Characterization of LLC-PK1 kidney epithelial cells as an in vitro model for studying renal tubular reabsorption of protein drugs
        Y Takakura; T Morita; M Fujikawa; M Hayashi; H Sezaki; M Hashida; RT Borchardt
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1995年12月, 査読有り
      • DISPOSITION CHARACTERISTICS OF RECOMBINANT HUMAN INTERLEUKIN-11 AFTER A BOLUS INTRAVENOUS ADMINISTRATION IN MICE
        A TAKAGI; H MASUDA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1995年11月, 査読有り
      • PHYSICOCHEMICAL AND PHARMACOKINETIC CHARACTERISTICS OF PLASMID DNA CATIONIC LIPOSOME COMPLEXES
        RI MAHATO; K KAWABATA; T NOMURA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1995年11月, 査読有り
      • HEPATIC TARGETING OF DRUGS AND PROTEINS BY CHEMICAL MODIFICATION
        M HASHIDA; M NISHIKAWA; Y TAKAKURA
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1995年09月, 査読有り
      • THE FATE OF PLASMID DNA AFTER INTRAVENOUS-INJECTION IN MICE - INVOLVEMENT OF SCAVENGER RECEPTORS IN ITS HEPATIC-UPTAKE
        K KAWABATA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1995年06月, 査読有り
      • IN-VITRO CYTOTOXICITY OF MACROMOLECULES IN DIFFERENT CELL-CULTURE SYSTEMS
        S CHOKSAKULNIMITR; S MASUDA; H TOKUDA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1995年06月, 査読有り
      • GALACTOSYLATED PROTEINS ARE RECOGNIZED BY THE LIVER ACCORDING TO THE SURFACE-DENSITY OF GALACTOSE MOIETIES
        M NISHIKAWA; C MIYAZAKI; F YAMASHITA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 1995年05月, 査読有り
      • ANALYSIS OF IN-VIVO SKIN PENETRATION ENHANCEMENT BY OLEIC-ACID BASED ON A 2-LAYER DIFFUSION-MODEL WITH POLAR AND NONPOLAR ROUTES IN THE STRATUM-CORNEUM
        F YAMASHITA; Y KOYAMA; M KITANO; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1995年04月, 査読有り
      • MACROMOLECULAR DRUG CARRIER SYSTEMS IN CANCER-CHEMOTHERAPY - MACROMOLECULAR PRODRUGS
        Y TAKAKURA; M HASHIDA
        CRITICAL REVIEWS IN ONCOLOGY/HEMATOLOGY, 1995年03月, 査読有り
      • DESIGN FOR CELL-SPECIFIC TARGETING OF PROTEINS UTILIZING SUGAR-RECOGNITION MECHANISM - EFFECT OF MOLECULAR-WEIGHT OF PROTEINS ON TARGETING EFFICIENCY
        M NISHIKAWA; H HIRABAYASHI; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1995年02月, 査読有り
      • Biodistribution control of lipophilic drugs with lipid carrier system
        Toichi Takino; Noriko Koreeda; Fumiyoshi Yamashita; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Drug Delivery System, 1995年, 査読有り
      • Development of delivery systems of DNA medicines and possible obstacles to be overcome
        Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Drug Delivery System, 1995年, 査読有り
      • Renal Disposition Characteristics of Oligonucleotides Modified at Terminal Linkages in the Perfused Rat Kidney
        Kenzo Sawai; Takenori Miyao; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Antisense Research and Development, 1995年, 査読有り
      • Control of Disposition Characteristics of Proteins by Direct Cationization in Mice
        TAKUYA FUJITA; YOSHINOBU TAKAKURA; HITOSHI SEZAKI; MITSURU HASHIDA
        Pharmacy and Pharmacology Communications, 1995年
      • IN-VIVO DISPOSITION CHARACTERISTICS OF PLASMID DNA COMPLEXED WITH CATIONIC LIPOSOMES
        RI MAHATO; K KAWABATA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1995年, 査読有り
      • PHARMACOKINETIC DISPOSITION ANALYSIS OF LIPOPHILIC DRUGS INJECTED WITH VARIOUS LIPID CARRIERS IN THE SINGLE-PASS RAT-LIVER PERFUSION SYSTEM
        T TAKINO; E NAGAHAMA; T SAKAEDA; F YAMASHITA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1995年01月, 査読有り
      • Stability and Pharmacokinetic Characteristics of Oligonucleotides Modified at Terminal Linkages in Mice
        Takenori Miyao; Yoshinobu Takakura; Taishin Akiyama; Fumio Yoneda; Hitoshi Sezaki; Mitsuru Hashida
        Antisense Research and Development, 1995年, 査読有り
      • PHARMACOKINETICS IN DESIGN OF POLYMERIC DRUG-DELIVERY SYSTEMS
        M HASHIDA; Y TAKAKURA
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1994年09月, 査読有り
      • IMPROVEMENT OF THE PULMONARY ABSORPTION OF (ASU(1,7))-EEL CALCITONIN BY VARIOUS PROTEASE INHIBITORS IN RATS
        T MORITA; A YAMAMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1994年06月, 査読有り
      • PHARMACOKINETICS OF SUCCINYLATED PROTEINS AND DEXTRAN SULFATE IN MICE - IMPLICATIONS FOR HEPATIC TARGETING OF PROTEIN DRUGS BY DIRECT SUCCINYLATION VIA SCAVENGER RECEPTORS
        Y TAKAKURA; T FUJITA; H FURITSU; M NISHIKAWA; H SEZAKI; M HASHIDA
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1994年04月, 査読有り
      • TARGETED DELIVERY OF SUPEROXIDE-DISMUTASE TO MACROPHAGES VIA MANNOSE RECEPTOR-MEDIATED MECHANISM
        Y TAKAKURA; S MASUDA; H TOKUDA; M NISHIKAWA; M HASHIDA
        BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 1994年03月, 査読有り
      • COMPARATIVE-ANALYSIS OF PERCUTANEOUS-ABSORPTION ENHANCEMENT BY D-LIMONENE AND OLEIC-ACID BASED ON A SKIN DIFFUSION-MODEL
        Y KOYAMA; H BANDO; F YAMASHITA; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1994年03月, 査読有り
      • MANIPULATION OF RENAL DISPOSITION OF HUMAN RECOMBINANT SUPEROXIDE-DISMUTASE BY CHEMICAL MODIFICATION
        K MIHARA; K SAWAI; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1994年02月, 査読有り
      • IN-VIVO AND IN-VITRO ANALYSIS OF SKIN PENETRATION ENHANCEMENT BASED ON A 2-LAYER DIFFUSION-MODEL WITH POLAR AND NONPOLAR ROUTES IN THE STRATUM-CORNEUM
        F YAMASHITA; H BANDO; Y KOYAMA; S KITAGAWA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1994年02月, 査読有り
      • CONTROL OF THE DISPOSITION PROFILES OF PROTEINS IN THE KIDNEY VIA CHEMICAL MODIFICATION
        Y TAKAKURA; K MIHARA; M HASHIDA
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1994年01月, 査読有り
      • Control of in vivo characteristics of gene and antisense DNA disposition
        Y. Takakura; T. Miyao; K. Kawabata; M. Hashida
        Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 1994年, 査読有り
      • LONG CIRCULATING EMULSION CARRIER SYSTEMS FOR HIGHLY LIPOPHILIC DRUGS
        T TAKINO; K KONISHI; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1994年01月, 査読有り
      • CONTROL OF IN-VIVO FATE OF ALBUMIN DERIVATIVES UTILIZING COMBINED CHEMICAL MODIFICATION
        T FUJITA; M NISHIKAWA; Y OHTSUBO; J OHNO; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1994年, 査読有り
      • TARGETING DELIVERY OF PROTEIN DRUGS BY CHEMICAL MODIFICATION
        M HASHIDA; M NISHIKAWA; F YAMASHITA; Y TAKAKURA
        DRUG DEVELOPMENT AND INDUSTRIAL PHARMACY, 1994年, 査読有り
      • IMPROVEMENT OF THERAPEUTIC EFFECT OF HUMAN RECOMBINANT SUPEROXIDE-DISMUTASE ON ISCHEMIC ACUTE-RENAL-FAILURE IN THE RAT VIA CATIONIZATION AND CONJUGATION WITH POLYETHYLENE-GLYCOL
        K MIHARA; Y OKA; K SAWAI; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1994年, 査読有り
      • SPECIFIC UPTAKE OF SUCCINYLATED PROTEINS VIA A SCAVENGER RECEPTOR-MEDIATED MECHANISM IN CULTURED BRAIN MICROVESSEL ENDOTHELIAL-CELLS
        H TOKUDA; S MASUDA; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1993年10月, 査読有り
      • SYNTHESIS AND PHARMACOKINETICS OF A NEW LIVER-SPECIFIC CARRIER, GLYCOSYLATED CARBOXYMETHYL-DEXTRAN, AND ITS APPLICATION TO DRUG TARGETING
        M NISHIKAWA; A KAMIJO; T FUJITA; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1993年09月, 査読有り
      • DISPOSITION CHARACTERISTICS OF PROTEIN DRUGS IN THE PERFUSED RAT-KIDNEY
        K MIHARA; T HOJO; M FUJIKAWA; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1993年06月, 査読有り
      • Controlled Biodistribution of Highly Lipophilic Drugs with Various Parenteral Formulations
        Toichi Takino; Chisato Nakajima; Yoshinobu Takakura; Hitoshi Sezaki; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 1993年, 査読有り
      • TARGETED DELIVERY OF HUMAN RECOMBINANT SUPEROXIDE-DISMUTASE BY CHEMICAL MODIFICATION WITH MONOSACCHARIDE AND POLYSACCHARIDE DERIVATIVES
        T FUJITA; M NISHIKAWA; C TAMAKI; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1992年12月, 査読有り
      • THERAPEUTIC EFFECTS OF SUPEROXIDE-DISMUTASE DERIVATIVES MODIFIED WITH MONOSACCHARIDES OR POLYSACCHARIDES ON HEPATIC-INJURY INDUCED BY ISCHEMIA REPERFUSION
        T FUJITA; H FURITSU; M NISHIKAWA; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1992年11月, 査読有り
      • DISPOSITION CHARACTERISTICS OF MACROMOLECULES IN THE PERFUSED TISSUE-ISOLATED TUMOR PREPARATION
        H IMOTO; Y SAKAMURA; K OHKOUCHI; R ATSUMI; Y TAKAKURA; H SEZAKI; M HASHIDA
        CANCER RESEARCH, 1992年08月, 査読有り
      • DEMONSTRATION OF THE RECEPTOR-MEDIATED HEPATIC-UPTAKE OF DEXTRAN IN MICE
        M NISHIKAWA; F YAMASHITA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, 1992年05月, 査読有り
      • PREPARATION AND PROPERTIES OF THE IMMUNOCONJUGATE COMPOSED OF ANTI-HUMAN COLON CANCER MONOCLONAL-ANTIBODY AND MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE
        A NOGUCHI; T TAKAHASHI; T YAMAGUCHI; K KITAMURA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 1992年03月, 査読有り
      • CHEMICAL MODIFICATION AND DISPOSITION OF PROTEINS AND PEPTIDES - BIOPHARMACEUTICAL ASPECTS
        H SEZAKI; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        TOPICS IN PHARMACEUTICAL SCIENCES 1991, 1992年, 査読有り
      • PERMEABILITY OF MACROMOLECULES IN CULTURED ENDOTHELIAL AND TUMOR-CELL LAYERS ON MICROPOROUS MEMBRANES
        M MASEGI; N WAKABAYASHI; K SAGARA; Y TERAMURA; A YAMAMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1992年01月, 査読有り
      • Cultured brain microvessel endothelial cells as in vitro models of the blood-brain barrier.
        Y. Takakura; K.L. Audus; R.T. Borchardt
        NIDA research monograph, 1992年, 査読有り
      • HEXOSE UPTAKE IN PRIMARY CULTURES OF BOVINE BRAIN MICROVESSEL ENDOTHELIAL-CELLS .2. EFFECTS OF CONDITIONED MEDIA FROM ASTROGLIAL AND GLIOMA-CELLS
        Y TAKAKURA; AM TRAMMEL; SL KUENTZEL; TJ RAUB; A DAVIES; SA BALDWIN; RT BORCHARDT
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年11月, 査読有り
      • HEXOSE UPTAKE IN PRIMARY CULTURES OF BOVINE BRAIN MICROVESSEL ENDOTHELIAL-CELLS .1. BASIC CHARACTERISTICS AND EFFECTS OF D-GLUCOSE AND INSULIN
        Y TAKAKURA; SL KUENTZEL; TJ RAUB; A DAVIES; SA BALDWIN; RT BORCHARDT
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年11月, 査読有り
      • TISSUE DISTRIBUTION OF IN-111 LABELED URICASE CONJUGATED WITH CHARGED DEXTRANS AND POLYETHYLENE-GLYCOL
        T FUJITA; Y YASUDA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1991年11月, 査読有り
      • HEPATIC DISPOSITION CHARACTERISTICS OF IN-111 LABELED LACTOSAMINATED BOVINE SERUM-ALBUMIN IN RATS
        K NISHIDA; Y EGUCHI; T TAKINO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1991年10月, 査読有り
      • HEPATIC DISPOSITION CHARACTERISTICS OF ELECTRICALLY CHARGED MACROMOLECULES IN RAT INVIVO AND IN THE PERFUSED LIVER
        K NISHIDA; K MIHARA; T TAKINO; S NAKANE; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1991年04月, 査読有り
      • TUMOR-LOCALIZATION AND INVIVO ANTITUMOR-ACTIVITY OF THE IMMUNOCONJUGATE COMPOSED OF ANTI-HUMAN COLON CANCER MONOCLONAL-ANTIBODY AND MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE
        A NOGUCHI; T TAKAHASHI; T YAMAGUCHI; K KITAMURA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1991年02月, 査読有り
      • Immunoconjugate of monoclonal antibody A7 and mitomycin C-dextran conjugate linked through thioether bond
        Akinori Noguchi; Toshio Takahashi; Kazuya Kitamura; Toskiharu Yamaguchi; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sezaki
        Drug Delivery System, 1991年, 査読有り
      • Control of in vivo fate of protein drugs using chemical modification with sugars
        T. Fujita; Y. Takakura; M. Hashida; H. Sezaki
        Journal of Pharmacobio-Dynamics, 1991年, 査読有り
      • Blood—Brain Barrier: Transport Studies in Isolated Brain Capillaries and in Cultured Brain Endothelial Cells
        Yoshinobu Takakura; Kenneth L. Audus; Ronald T. Borchardt
        Advances in Pharmacology, 1991年01月01日, 査読有り
      • EFFECT OF ELECTRIC CHARGE ON THE HEPATIC-UPTAKE OF MACROMOLECULES IN THE RAT-LIVER
        K NISHIDA; C TONEGAWA; S NAKANE; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1990年11月, 査読有り
      • BIOCHEMICAL AND BIOPHARMACEUTICAL PROPERTIES OF MACROMOLECULAR CONJUGATES OF URICASE WITH DEXTRAN AND POLYETHYLENE-GLYCOL
        Y YASUDA; T FUJITA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1990年07月, 査読有り
      • BILIARY-EXCRETION OF MITOMYCIN-C DEXTRAN CONJUGATES IN RELATION TO PHYSICOCHEMICAL CHARACTERISTICS OF CARRIER DEXTRAN
        M HASHIDA; R ATSUMI; K NISHIDA; S NAKANE; Y TAKAKURA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1990年07月, 査読有り
      • DISPOSITION CHARACTERISTICS OF MACROMOLECULES IN TUMOR-BEARING MICE
        Y TAKAKURA; T FUJITA; M HASHIDA; H SEZAKI
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1990年04月, 査読有り
      • DISPOSITION OF ANTICANCER DRUGS AFTER BOLUS ARTERIAL ADMINISTRATION IN A TISSUE-ISOLATED TUMOR PERFUSION SYSTEM
        K OHKOUCHI; H IMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CANCER RESEARCH, 1990年03月, 査読有り
      • ALTERATION OF BIOPHARMACEUTICAL PROPERTIES OF DRUGS BY THEIR CONJUGATION WITH WATER-SOLUBLE MACROMOLECULES - URICASE DEXTRAN CONJUGATE
        T FUJITA; Y YASUDA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1990年01月, 査読有り
      • PHYSICOCHEMICAL PROPERTIES AND ANTITUMOR ACTIVITIES OF POLYMERIC PRODRUGS OF MITOMYCIN-C WITH DIFFERENT REGENERATION RATES
        Y TAKAKURA; S MATSUMOTO; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 1989年10月, 査読有り
      • CONTROL OF PHARMACEUTICAL PROPERTIES OF SOYBEAN TRYPSIN-INHIBITOR BY CONJUGATION WITH DEXTRAN .2. BIOPHARMACEUTICAL AND PHARMACOLOGICAL PROPERTIES
        Y TAKAKURA; T FUJITA; M HASHIDA; H MAEDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1989年03月, 査読有り
      • CONTROL OF PHARMACEUTICAL PROPERTIES OF SOYBEAN TRYPSIN-INHIBITOR BY CONJUGATION WITH DEXTRAN .1. SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION
        Y TAKAKURA; Y KANEKO; T FUJITA; M HASHIDA; H MAEDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1989年02月, 査読有り
      • Comparison of polythylene glycol and dextran conjugation with protein drug
        Yoshinobu Takakura; Takuya Fujita; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sezaki
        Drug Delivery System, 1989年, 査読有り
      • Design and evaluation of monoclonal antibody-antitumor agent conjugate
        Y. Takakura; M. Hashida; H. Sezaki; K. Honda; A. Noguchi; T. Takahashi
        Journal of Pharmacobio-Dynamics, 1989年, 査読有り
      • DISPOSITION OF A POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE, IN THE PERFUSED RAT-LIVER
        K SATO; K ITAKURA; K NISHIDA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1989年01月, 査読有り
      • Soluble macromolecular carriers for the delivery of antitumour drugs
        Hitoshi Sezaki; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Advanced Drug Delivery Reviews, 1989年, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF A LIPOPHILIC PRODRUG OF 5-FLUOROURACIL WITH A CHOLESTEROL PROMOIETY AND ITS APPLICATION TO LIPOSOMES
        M HASHIDA; K SATO; Y TAKAKURA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1988年08月, 査読有り
      • Strategy for tumor targeting by macromolecule-drug conjugates
        Yoshinobu Takakura; Takuya Fujita; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sezaki
        Drug Delivery System, 1988年, 査読有り
      • Development of monoclonal antibody-drug conjugate A7-MMC utilizing dextran as intermediate carrier
        A. Noguchi; T. Takahashi; T. Yamaguchi; K. Kitamura; T. Yokota; Y. Takakura; M. Hashida; H. Sezaki
        International Journal of Immunopharmacology, 1988年, 査読有り
      • THE ACCUMULATION MECHANISM OF CATIONIC MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATES IN THE LIVER - INVIVO CELLULAR-LOCALIZATION AND INVITRO INTERACTION WITH HEPATOCYTES
        S NAKANE; S MATSUMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY, 1988年01月, 査読有り
      • Control of Biopharmaceutical Properties by Dextran Conjugates
        Hitoshi Sezaki; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF BIOACTIVE AND COMPATIBLE POLYMERS, 1988年01月, 査読有り
      • DISPOSITION CHARACTERISTICS OF MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE IN NORMAL AND TUMOR-BEARING MUSCLES OF RABBITS
        R ATSUMI; K ENDO; T KAKUTANI; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CANCER RESEARCH, 1987年11月, 査読有り
      • CELLULAR INTERACTION AND INVITRO ANTITUMOR EFFECT OF VARIOUS MITOMYCIN-C PRODRUGS IN MITOMYCIN-C-RESISTANT L1210 LEUKEMIA-CELL LINES
        S MATSUMOTO; T SHIGEOKA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1987年09月, 査読有り
      • DISPOSITION AND TUMOR-LOCALIZATION OF MITOMYCIN-C DEXTRAN CONJUGATES IN MICE
        Y TAKAKURA; A TAKAGI; M HASHIDA; H SEZAKI
        PHARMACEUTICAL RESEARCH, 1987年08月, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF A NOVEL POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE WITH ANIONIC CHARGE .2. DISPOSITION AND PHARMACOKINETICS FOLLOWING INTRAVENOUS AND INTRAMUSCULAR ADMINISTRATION
        Y TAKAKURA; R ATSUMI; M HASHIDA; H SEZAKI
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1987年06月, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF A NOVEL POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE WITH ANIONIC CHARGE .1. PHYSICOCHEMICAL CHARACTERISTICS AND INVIVO AND INVITRO ANTITUMOR ACTIVITIES
        Y TAKAKURA; M KITAJIMA; S MATSUMOTO; M HASHIDA; H SEZAKI
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1987年06月, 査読有り
      • CELLULAR INTERACTION AND INVITRO ANTITUMOR-ACTIVITY OF MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE
        S MATSUMOTO; A YAMAMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; N TANIGAWA; H SEZAKI
        CANCER RESEARCH, 1986年09月, 査読有り
      • ABSORPTION CHARACTERISTICS OF MACROMOLECULAR PRODRUGS OF MITOMYCIN-C FOLLOWING INTRAMUSCULAR ADMINISTRATION
        Y TAKAKURA; K MORI; M HASHIDA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1986年04月, 査読有り
      • CELLULAR INTERACTION AND ANTITUMOR-ACTIVITY OF MITOMYCIN-C PRODRUGS
        S MATSUMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1985年, 査読有り
      • FATE OF LIPID AND ENCAPSULATED DRUG AFTER INTRAMUSCULAR ADMINISTRATION OF LIPOSOMES PREPARED BY THE FREEZE-THAWING METHOD IN RATS
        T OHSAWA; Y MATSUKAWA; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1985年, 査読有り
      • URINARY-EXCRETION CHARACTERISTICS OF A POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE
        Y TAKAKURA; A KATO; M HASHIDA; K HONDA; A ARIMOTO; K SATOMURA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1985年, 査読有り
      • PLASMA DISPOSITION AND INVIVO AND INVITRO ANTITUMOR ACTIVITIES OF MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE IN RELATION TO THE MODE OF ACTION
        S MATSUMOTO; Y ARASE; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1985年, 査読有り
      • ANTITUMOR-ACTIVITY OF LIPOPHILIC PRODRUGS OF MITOMYCIN-C ENTRAPPED IN LIPOSOME OR O/W EMULSION
        H SASAKI; Y TAKAKURA; M HASHIDA; T KIMURA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1984年, 査読有り
      • DISPOSITION AND PHARMACOKINETICS OF A POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE, IN THE RAT
        M HASHIDA; A KATO; Y TAKAKURA; H SEZAKI
        DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 1984年, 査読有り
      • PHYSICOCHEMICAL AND ANTITUMOR CHARACTERISTICS OF SOME POLYAMINO ACID PRODRUGS OF MITOMYCIN-C
        CF ROOS; S MATSUMOTO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 1984年, 査読有り
      • ENHANCED LYMPHATIC DELIVERY OF MITOMYCIN-C CONJUGATED WITH DEXTRAN
        Y TAKAKURA; S MATSUMOTO; M HASHIDA; H SEZAKI
        CANCER RESEARCH, 1984年, 査読有り
      • REGENERATION CHARACTERISTICS OF MITOMYCIN C-DEXTRAN CONJUGATE IN RELATION TO ITS ACTIVITY
        M HASHIDA; Y TAKAKURA; S MATSUMOTO; H SASAKI; A KATO; T KOJIMA; S MURANISHI; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1983年, 査読有り
      • PHYSICOCHEMICAL AND ANTI-TUMOR CHARACTERISTICS OF HIGH MOLECULAR-WEIGHT PRODRUGS OF MITOMYCIN-C
        A KATO; Y TAKAKURA; M HASHIDA; T KIMURA; H SEZAKI
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1982年, 査読有り

      MISC

      • Significant advance in DDS science
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2017年
      • 自然免疫活性化による感染症予防を目的としたCpG DNA徐放DNAハイドロゲルの開発
        齋藤昌朗; 野村大貴; 菅田謙治; 松岡雅雄; 高橋洋介; 佐野紘平; 佐治英郎; 高橋有己; 高倉喜信; 西川元也
        日本核酸医薬学会年会講演要旨集, 2016年11月01日
      • For further evolution of drug delivery system
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2016年04月25日
      • 先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 SP養成・PBLチュートリアル教育プログラム及び高度医療人養成・レギュラトリーサイエンスプログラム
        山下 富義; 入江 徹美; 新田 淳美; 高倉 喜信; 赤池 昭紀
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • エキソソームのマクロファージによる取り込みにおけるホスファチジルセリンの関与
        松本明宏; 高橋有己; 佐野紘平; 森下将輝; CHAROENVIRIYAKUL Chonlada; 西川元也; 佐治英郎; 高倉喜信
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年
      • 【生体膜シンポジウム「細胞外ベクシル・エクソソーム研究の最前線」】 DDSに資するエクソソームの開発
        森下 将輝; 高橋 有己; 西川 元也; 高倉 喜信
        膜, 2015年09月
      • 先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 SP養成・PBLチュートリアル教育プログラム及び高度医療人養成・レギュラトリーサイエンスプログラム
        入江 徹美; 新田 淳美; 山下 富義; 栄田 敏之; 高倉 喜信; 赤池 昭紀
        日本薬学会年会要旨集, 2015年03月
      • Towards the next decade, next two decade and further future
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2015年
      • 核酸医薬のための次世代DDS開発
        西川元也; 高橋有己; 高倉喜信
        PHARM TECH JAPAN, 2015年01月
      • クローズアップ実験法 ハイドロダイナミクス法-高効率なin vivo遺伝子導入法
        高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        実験医学, 2015年01月
      • X-ray scattering from tetrapod-shaped DNA in aqueous solution to determine its structures relating to biological activity
        Yusuke Sanada; Shunsuke Salamoto; Tomoki Shiomi; Tadashi Okobira; Efstratios Mylonas; Naoto Yagi; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Kazuo Sakurai
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年08月
      • 【脂質から形成されるナノマテリアル】 Exosomeの特性とexosomeを利用した診断・治療法の開発
        森下 将輝; 高橋 有己; 西川 元也; 高倉 喜信
        オレオサイエンス, 2014年07月
      • Streptavidin-biotin結合を利用したexosomeの放射標識によるexosome体内動態定量的解析法の開発
        森下将輝; 高橋有己; 佐野紘平; 西川元也; 佐治英郎; 高倉喜信
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • Streptavidin-biotin結合に基づいたexosome放射標識法によるexosome体内動態の定量的解析
        森下将輝; 高橋有己; 佐野紘平; 西川元也; 佐治英郎; 高倉喜信
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2014年
      • The 30th anniversary of the JSDDS
        Yoshinobu Takakura
        Drug Delivery System, 2014年
      • Structural Analysis of Polypod DNA by Small-Angle X-ray
        Yusuke SANADA; Shunsuke SAKAMOTO; Tomoki SHIOMI; Tadashi OKOBIRA; Efstratios MYLONAS; Naoto YAGI; Makiya NISHIKAWA; Yoshinobu TAKAKURA; Kazuo SAKURAI
        第63回高分子学会年次大会, 2014年
      • エクソソームの体内動態
        高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        Drug Delivery System, 2014年, 査読有り
      • バイオ医薬品の動態制御
        高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        薬剤学, 2014年, 査読有り
      • DNAハイドロゲル
        西川元也; 毛利浩太; 高倉喜信
        遺伝子医学MOOK別冊「ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線-古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)-」, 2013年01月
      • Professor Mitsuru Hashida: His outstanding achievements in drug delivery research
        Yoshinobu Takakura
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2012年11月
      • Long-Term Elimination of Human Hepatitis C Virus in Human Hepatocyte Chimeric Mice after Single Administration of Plasmid DNA Expressing Human Interferon-gamma
        Yuki Takahashi; Misturu Ando; Makiya Nishikawa; Nobuhiko Hiraga; Michio Imamura; Kazuaki Chayama; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2012年05月
      • RNA干渉を利用した疾患治療システム
        高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        生体の科学, 2012年03月
      • 機能性ペプチド融合によるInterferon ?時空間制御
        安藤満; 高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        YAKUGAKU ZASSHI, 2012年01月
      • 核酸ナノデバイスの開発とDDS応用
        西川元也; 毛利浩太; 高橋有己; 高倉喜信
        遺伝子医学MOOK20号「ナノバイオ技術と最新創薬応用研究」, 2012年01月
      • フォーラム 遺伝子・細胞製剤フォーカスグループの活動について
        西川元也; 高倉喜信
        薬剤学, 2012年01月
      • DEVELOPMENT OF DNA NANOGELS AND HYDROGELS AS INJECTABLE DELIVERY SYSTEMS FOR CPG DNA AND OTHER NUCLEIC ACID-BASED DRUGS
        Makiya Nishikawa; Kohta Mohri; Kohei Ogawa; Natsuki Takahashi; Yuki Takahashi; Yoshinobu Takakura
        NUCLEIC ACID THERAPEUTICS, 2011年10月
      • KINETIC COMPARISON OF GENE SILENCING PROFILE OF SIRNA AND SHRNA-EXPRESSING PLASMID DNA IN VIVO
        Yuki Takahashi; Yuriko Matsui; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        NUCLEIC ACID THERAPEUTICS, 2011年10月
      • 遺伝子・細胞製剤フォーカスグループの活動について
        高倉 喜信; 西川 元也
        薬剤学 = The archives of practical pharmacy, 2010年07月01日
      • 細胞親和性ペプチド融合による動態制御型ヒトカタラーゼの開発とその癌転移抑制効果
        西崎智香; 矢田智也; 西川元也; 奥公秀; 由里本博也; 阪井康能; 高倉喜信
        Drug Deliv Syst, 2010年05月28日
      • Increasing the Duration of Transgene Expression of Interferon y for Amelioration of Atopic Dermatitis in NC/Nga Mice
        Kayoko Hattori; Makiya Nishikawa; Akihiko Ikoma; Kenji Kabashima; Rei Takahashi; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2009年05月
      • Enhancement of antiproliferative activity of interferons by RNA interference-mediated silencing of SOCS gene expression in tumor cells (vol 99, pg 1650, 2008)
        Yuki Takahashi; Haruka Kaneda; Nana Takasuka; Kayoko Hattori; Makiya Nishikawa; Yoshihiko Watanabe; Yoshinobu Takakura
        CANCER SCIENCE, 2008年10月
      • IN VIVO ANTI-TUMOR EFFECTS OF PEG-MODIFIED LIPOSOMAL DOXORUBICIN ON p-GLYCOPROTEIN OVER-EXPRESSING TUMOR-BEARING MICE
        Keita Un; Takaaki Nakao; Ken-ichi Ogawara; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Kazutaka Higaki; Toshikiro Kimura
        DRUG METABOLISM REVIEWS, 2007年
      • 遺伝子・核酸医薬品のデリバリー がん治療のための short hairpin RNA 発現ベクターのデリバリー
        西川元也; 高橋有己; 高倉喜信
        Drug Delivery System, 2007年, 査読有り
      • プラスミドベクターおよび投与方法の最適化によるインターフェロン遺伝子治療効果の増強
        町田一哉; 西川元也; 光井優; 高橋有己; 高倉喜信
        薬剤学= Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 2007年, 査読有り
      • Induction of Antitumor Immunity by Cell-Penetrating Peptide-Coupled Hsp70 Gene Transfer to Tumor Cells
        Takayuki Otsuki; Makiya Nishikawa; Atsushi Ota; Seiji Takemoto; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2006年05月
      • Enhancement of Antitumor Activity of Interferons by RNAi-Mediated Silencing of SOCS Genes in Tumor Cells
        Yuki Takahashi; Haruka Kaneda; Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2006年05月
      • Increased Transgene Expression of Dystrophin in mdx Muscle by RNAi-Mediated Silencing of Calpain Expression
        Makiya Nishikawa; Kazuhiro Hirata; Kazuya Machida; Yuki Takahashi; Katsutoshi Yuasa; Shin'ichi Takeda; Yoshinobu Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2006年05月
      • Chemically modified catalase for prevention of ROS-mediated injury and tumor metastasis
        M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        FEBS JOURNAL, 2005年07月
      • Pharmacokinetics of Plasmid DNA-Based Non-viral Gene Medicine
        Makiya Nishikawa; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida
        Advances in Genetics, 2005年
      • RNAiベクターの生体への応用
        西川元也; 小林直樹; 高倉喜信
        Mol Med, 2004年01月
      • Hydrodynamics法を用いたRNAiベクターの導入法
        高橋有己; 西川元也; 高倉喜信
        改訂RNAi実験プロトコール, 2004年01月
      • siRNA・siRNA発現ベクターデリバリーシステム
        西川元也; 小林直樹; 高倉喜信
        遺伝子医学, 2003年09月
      • Utilization of biological response against nonviral vectors for enhancing transgene expression
        M Nishikawa; T Kuramoto; T Okabe; Y Takakura; M Hashida
        MOLECULAR THERAPY, 2003年05月
      • Manipulation of immune responses by DNA vaccination through controlled local pharmacokinetics of DNA by complex formation with cationic macromolecule
        A Kawase; K Isaji; N Kobayashi; M Nishikawa; Y Takakura
        MOLECULAR THERAPY, 2003年05月
      • Effect of DNA/liposome mixing ratio on the physicochemical characteristics, cellular uptake and intracellular trafficking of plasmid DNA/cationic liposome complexes and subsequent gene expression (vol 66, pg 255, 2000)
        F Sakurai; R Inoue; Y Nishino; A Okuda; O Matsumoto; T Taga; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2000年10月
      • Cell-specific targeting of drugs and genes with glycosylated liposomes: Comparison with glycosylated poly(amino acids)
        M. Hashida; M. Nishikawa; F. Yamashita; Y. Takakura
        ACS Symposium Series, 2000年, 査読有り
      • Development of a macromolecular prodrug of FK506: I. Synthesis of FK506-dextran conjugate
        H Yura; N Yoshimura; T Hamashima; T Oka; Y Takakura; M Hashida
        TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 1998年11月, 査読有り
      • Development of a macromolecular prodrug of FK 506: II: In vitro study for FK 506 dextran conjugate
        H Yura; N Yoshimura; T Hamashima; T Oka; Y Takakura; M Hashida
        TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 1998年06月, 査読有り
      • Development of a macromolecular prodrug of FK 506: III: In vivo disposition of FK 506 dextran conjugate
        N Yoshimura; H Yura; T Hamashima; T Oka; Y Takakura; M Hadhida
        TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 1998年06月, 査読有り
      • スカベンジャー受容体ノックアウトマウスを用いたDNAの取り込み機構の解析
        高木 敏英; 橋口 美和; 土井 健史; 今西 武; 鈴木 宏志; 児玉 龍彦; 高倉 喜信; 橋田 充
        薬剤学, 1998年03月05日
      • ガラクトース修飾ポリ-L-グルタミン酸ヒドラジドを用いたprostaglandin E_1高分子化プロドラッグの体内動態とその肝炎治療効果
        赤松 憲; 山崎 泰臣; 西川 元也; 高倉 喜信; 橋田 充
        薬剤学, 1998年03月05日
      • 分子構造に基づく ab initio 薬物経皮吸収予測
        LIM Chee Wooi; 山下 富義; 高倉 喜信; 橋田 充
        薬剤学, 1998年03月05日
      • 受容体介在性エンドサイトーシスを利用した活性酸素分解酵素の細胞選択的同時ターゲティング
        矢部 義之; 玉田 あゆみ; 西川 元也; 高倉 喜信; 橋田 充
        薬剤学, 1998年03月05日
      • Pharmacokinetic Analysis of the in Vivo Disposition of Chemically Modified Proteins in Rats : Effect of Radiolabeling Method
        STAUD Frantisek; MORIMOTO Kensuke; NISHIKAWA Makiya; TAKAKURA Yoshinobu; HASHIDA Mitsuru
        薬剤学, 1998年03月05日
      • Polystyrene Microsphere の粒子サイズに依存した肝移行動態の解析
        吉田 実; 大河原 賢一; 久保 淳一; 檜垣 和孝; 木村 聰城郎; 白石 啓子; 高倉 喜信; 橋田 充
        薬剤学, 1998年03月05日
      • マクロファージにおけるプラスミドDNAの取り込み機構 クラスAスカベンジャー受容体は関与するか?
        高木敏英; 橋口美和; 高倉喜信; 橋田充; 土井健史; 今西武; 鈴木宏志; 児玉龍彦
        日本薬学会年会要旨集, 1998年03月
      • Pharmacokinetic analysis of mannose receptor-mediated hepatic targeting of proteins: Capacity-limited hepatic uptake and saturable binding in plasma
        M. Nishikawa; P. Opanasopit; K. Shiraishi; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1998年, 査読有り
      • Disposition and gene expression of plasmid DNA complexed with cationic carriers
        RI Mahato; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Control of disposition characteristics of catalase by chemical modification
        Y Yabe; Y Koyama; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Pharmacokinetic evaluation of the in vivo disposition characteristics of protein drugs radiolabeled by different methods
        M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • In vivo gene expression following direct injection of naked plasmid DNA into tumor
        T Nomura; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Renal disposition characteristics of unmodified and phosphorothioated antisense oligonucleotides in situ and in vitro
        Y Oka; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of hepatocyte-specific targeting of plasmid DNA using galactosylated poly-L-lysine
        S Takemura; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Analysis of in vivo skin penetration enhancement by prodrug-enhancer combination based on a diffusion/bioconversion model
        H Bando; M Sahashi; F Yamashita; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Pharmacokinetics and hepatic uptake mechanism of recombinant rat decorin after intravenous injection in mice
        H Masuda; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Biological activity and intracellular pharmacokinetics of antisense oligonucleotides: Effect of cationic liposomes
        T Takagi; T Kanamaru; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Hepatic disposition characteristics of glycosylated bovine serum albumin in rats
        K Ogawara; M Nishikawa; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • Interferon gene transfer into intestinal epithelial cells
        K Kawabata; Y Watanabe; Y Takakura; M Hashida
        23RD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONTROLLED RELEASE OF BIOACTIVE MATERIALS, 1996 PROCEEDINGS, 1996年, 査読有り
      • 糖鎖認識機構を利用した細胞特異的薬物ターゲティング
        西川元也; 平林英樹; 高倉喜信; 橋田充
        PHARM TECH JAPAN, 1995年01月
      • Molecular design of protein derivatives targeted to the liver via the asialoglycoprotein receptor
        M. Nishikawa; F. Yamashita; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1995年, 査読有り
      • Pharmacokinetic analysis of various lipid carrier systems after intratumoral injection in tissue-isolated tumors
        T. Nomura; F. Yamashita; Y. Takakura; N. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1995年, 査読有り
      • Targeted delivery of superoxide dismutase to macrophages by direct cationization
        Y. Takakura; T. Takagi; S. Masuda; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1995年, 査読有り
      • SKIN PENETRATION ENHANCEMENT OF ACYCLOVIR BY PRODRUG-ENHANCER COMBINATION
        H BANDO; F YAMASHITA; Y TAKAKURA; M HASHIDA
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1994年08月
      • In vivo stability and disposition characteristics of plasmid DNA
        K. Kawabata; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1994年, 査読有り
      • Uptake characteristics and cytotoxicity of plasmid DNA in cultured macrophages and endothelial cells
        H. Tokuda; S. Choksakulnimitr; S. Masuda; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1994年, 査読有り
      • 機構論に基づく吸収促進剤適用の最適化の試み
        山下 富義; 小山 靖夫; 坂東 博人; 高倉 喜信; 橋田 充
        Drug Delivery System, 1993年
      • 各種糖修飾superoxide dismutaseの肝障害抑制効果
        振津 尚夫; 高倉 喜信; 橋田 充; 藤田 卓也; 瀬崎 仁
        Drug Delivery System, 1993年
      • Disposition Characteristics of Model Macromolecules in the Perfused Rat Kidney
        Kiyoshi Mihara; Mihoko Mori; Takami Hojo; Yoshinobu Takakura; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sezaki
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 1993年
      • Targeted delivery of polyanions to the brain
        H. Tokuda; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1993年, 査読有り
      • Stability and in vivo disposition characteristics of oligonucleotides and oligonucleotide conjugated with macromolecule
        T. Miyao; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1993年, 査読有り
      • Comparison of action mechanism of penetration enhancers based on a skin diffusion model
        F. Yamashita; Y. Koyama; Y. Takakura; M. Hashida
        Proceedings of the Controlled Release Society, 1993年, 査読有り
      • MECHANISM OF HEPATIC-UPTAKE OF POLYMERIC PRODRUG OF MITOMYCIN-C, MITOMYCIN-C-DEXTRAN CONJUGATE
        Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 1987年11月
      • ENHANCED LYMPHATIC DELIVERY OF MITOMYCIN-C BY POLYMERIC MODIFICATION
        Y TAKAKURA; M HASHIDA; H SEZAKI
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1984年

      書籍等出版物

      • Diagnostic and Therapeutic Applications of Exosomes in Cance
        高倉 喜信, 分担執筆
        Elsevier, 2018年, 査読無し
      • Extracellular Vesicles
        高倉 喜信, 分担執筆
        Wiley, 2017年, 査読無し
      • 飛躍するDDSサイエンス
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System,, 2017年, 査読無し
      • 医療薬学 Ⅳ. 薬理・病態・薬物治療(4)(スタンダード薬学シリーズⅡ6)
        高倉 喜信, 分担執筆
        東京化学同人, 2017年, 査読無し
      • パラダイムシフトをもたらすエクソソーム機能研究最前線
        高倉 喜信, 分担執筆
        NTS, 2017年, 査読無し
      • くすりをつくる研究者の仕事
        高倉 喜信, 分担執筆
        化学同人, 2017年, 査読無し
      • DDS 最近の進歩
        高倉 喜信, その他
        ファルマシア, 2016年, 査読無し
      • エクソソームを利用したDDSの開発
        高倉 喜信, その他
        実験医学,, 2016年, 査読無し
      • さらなるDDSの発展を目指して
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2016年, 査読無し
      • バイオマテリアル:その基礎と先端研究への展開
        高倉 喜信, 分担執筆
        東京化学同人, 2016年, 査読無し
      • 核酸医薬の創製と応用展開
        高倉 喜信, 分担執筆
        シーエムシー, 2016年, 査読無し
      • 核酸医薬のためのデリバリー技術
        高倉 喜信, その他
        日本核酸医薬学会会誌, 2015年, 査読無し
      • ドラッグデリバリーシステムとしてのエキソソーム
        高倉 喜信, その他
        細胞, 2015年, 査読無し
      • ハイドロダイナミクス法:高効率なin vivo遺伝子導入法
        高倉 喜信, その他
        実験医学, 2015年, 査読無し
      • 薬剤学慨史-私はこう見る 120人による俯瞰図
        高倉喜信, 分担執筆
        日本薬剤学会, 2015年, 査読無し
      • 核酸医薬のための次世代DDS開発
        高倉 喜信, その他
        ファームテクジャパン, 2015年, 査読無し
      • 発刊によせて
        高倉 喜信, その他
        ファームテクジャパン, 2015年, 査読無し
      • 新薬展望2015 第1部 新薬創出における日本医療研究開発機構(AMED)の役割
        高倉 喜信, その他
        医薬ジャーナル, 2015年, 査読無し
      • 10年後、20年後、そしてさらなる未来に向けて
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2015年, 査読無し
      • 薬剤学実験法必携マニュアル―(分担執筆)
        高倉喜信, 分担執筆, 遺伝子製剤
        南江堂, 2014年04月, 査読無し
      • オリゴ核酸を基盤とする多足型核酸構造体を利用した免疫刺激性核酸デリバリーシステムの開発
        高倉 喜信, その他
        Antisense, 2014年, 査読無し
      • バイオ薬医の動態制御
        高倉 喜信, その他
        薬剤学, 2014年, 査読無し
      • 30周年を迎えて
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2014年, 査読無し
      • 細胞スフェロイド化技術の開発と細胞治療への応用
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2014年, 査読無し
      • 細胞治療とDDS-細胞を制御する、細胞で制御するー
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2013年, 査読無し
      • 日本のプレセンスを!
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2013年, 査読無し
      • 応用が拡がるDDSー人体環境から農業・家電までー(分担執筆)
        高倉 喜信, 分担執筆, がん遺伝子治療
        NTS, 2013年, 査読無し
      • 遺伝子・細胞製剤フォーカスグループの活動について
        高倉 喜信, その他
        薬剤学, 2012年, 査読無し
      • RNA干渉を利用した疾患治療システム
        高倉 喜信, その他
        生体の科学, 2012年, 査読無し
      • 薬剤学研究の将来ー薬学教育6年制導入から6年ー
        高倉 喜信, その他
        薬剤学, 2012年, 査読無し
      • 昇り竜のごとく
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2012年, 査読無し
      • 新しい薬学事典(分担執筆)
        高倉 喜信, 分担執筆, 遺伝子治療
        朝倉書店, 2012年, 査読無し
      • DDSのさらなる発展のために
        高倉 喜信, その他
        Drug Delivery System, 2011年, 査読無し
      • 次世代バイオ医薬品の製剤設計と開発戦略(分担執筆)
        高倉 喜信, 分担執筆, 第1章バイオ薬物ターゲティングの動態解析
        シーエムーシ, 2011年, 査読無し
      • アジュバンド開発研究の新展開(分担執筆)
        高倉 喜信, 分担執筆, CpGDNAの立体化によるアジュバンド効果の増強
        シーエム-シー, 2011年, 査読無し
      • 図解で学ぶDDS―薬物治療の最適化を目指す先端創薬技術(編集)
        高倉喜信; 橋田 充; 京; 高倉喜信; 学研究
        じほう, 2010年08月, 査読無し
      • Biodrug Delivery Systems: Fundamentals, Applications and Clinical Development,
        高倉 喜信, 分担執筆
        Informa Healthcare, 2009年, 査読無し
      • Polymeric Gene Delivery Principles and Applications
        高倉 喜信, 分担執筆
        CRC Press, 2005年, 査読無し
      • Drug Delivery: Principles and Applications
        高倉 喜信, 分担執筆
        Wiley, 2005年, 査読無し
      • Pharmaceutical Perspectives of Nucleic Acid-Based Therapeutics
        高倉 喜信, 分担執筆
        Taylor & Francis, 2002年, 査読無し
      • 生体内薬物送達学 (基礎生体工学講座)(共著)
        橋田 充; 高倉 喜信, 共著
        産業図書, 1994年10月, 査読無し
      • バイオコンジュゲート医薬品(分担執筆)
        髙倉 喜信
        廣川書店,, 1993年, 査読無し

      受賞

      • 1995年
        日本薬物動態学会奨励賞
      • 1996年
        日本薬学会奨励賞
      • 2009年
        AAPSフェロー
      • 2011年
        タケル・アヤ・ヒグチ記念賞
      • 2019年05月
        日本薬剤学会賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 細胞外小胞を利用した経鼻脳デリバリー法の開発
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分90:人間医工学およびその関連分野
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        細胞外小胞
      • 樹状細胞由来細胞外小胞の免疫機能の最大化並びに動態制御に基づくワクチン療法開発
        基盤研究(B)
        小区分47020:薬系分析および物理化学関連
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        細胞外小胞;エクソソーム;樹状細胞
      • 天然ステルスエキソソームの解析とデリバリーキャリア開発への応用
        基盤研究(B)
        小区分90120:生体材料学関連
        京都大学
        高橋 有己
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        エキソソーム;血中滞留性;細胞外小胞
      • 免疫制御分子搭載エキソソームを利用したin vivo 遺伝子治療法の開発
        基盤研究(B)
        小区分47020:薬系分析および物理化学関連
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        エキソソーム;ルシフェラーゼ;免疫療法;サイトカイン;免疫;内因性
      • 遺伝子発現と生体応答の包括的制御による治療係数の高いサイトカイン遺伝子治療法開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        遺伝子治療;サイトカイン;プラスミドDNA;ドラッグデリバリー;インターフェロン;抗原特異的免疫応答
      • エキソソーム指向性siRNA誘導体の設計による生体内RNA干渉の効率的誘導
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高橋 有己
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        エキソソーム;ラジオアイソトープ;DDS;SELEX法
      • 自己粒子化RNAスポンジを利用した免疫療法用DDS開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;アジュバント;ワクチン;TLR3
      • 三次元ナノDNA構造体を基本ユニットとする疾患治療システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        西川 元也
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        核酸;DNA;DDS;ハイドロゲル;抗原
      • 混合型細胞スフェロイド化技術を駆使した高機能微小組織移植治療システムの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        西川 元也
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        細胞治療;スフェロイド;幹細胞;移植
      • RNA医薬を搭載した標的指向型多機能性エキソソームの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高橋 有己
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;エキソソーム;ルシフェラーゼ;イメージング;DDS
      • 転写・翻訳/体内動態/細胞応答の三元制御に基づくサイトカイン遺伝子治療の最適化
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;遺伝子治療;インターフェロン;IDO-1;腫瘍組織関連マクロファージ;抗原特異的免疫応答;サイトカイン;プラスミドDNA;融合タンパク質;RNA干渉
      • 細胞個性に立脚したターゲティング型細胞治療システムの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        西川 元也
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;細胞治療;体内分布;イメージング;細胞個性;細胞スフェロイド;PEG修飾
      • 多足型構造を形成する核酸を基盤とする核酸ナノDDS開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        西川 元也
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        核酸;ナノ粒子;DDS;CpG;siRNA
      • 一回の投与で繰り返しタンパク質を供給可能なオンデマンド型遺伝子治療システムの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子発現;肝臓;転写因子;非ウィルスベクター;物理刺激
      • 次世代細胞治療に向けた細胞製剤のステルス化・標的指向化
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        西川 元也
        完了
        細胞治療;ステルス化;体内動態;酸化ストレス;ターゲティング
      • 遺伝子発現再活性化現象を利用したリピータブルタンパク質発現システムの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子発現;肝臓;転写因子;非ウイルスベクター;物理刺激
      • 治療用タンパク・siRNA発現の時空間制御のためのプラスミドデザインとデリバリー
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        ドラッグデリバリー;遺伝子治療;RNA干渉;プラスミドDNA;融合タンパク質;デリバリー
      • レドックス制御型DDSを利用した癌化学・免疫治療システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        西川 元也
        完了
        ドラッグデリバリー;活性酸素;カタラーゼ;癌転移;高血糖;活性酵素;ハイドロゲル;デイバリー;デリバリー
      • インターフェロン遺伝子発現の増強・持続化による新規癌治療戦略
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子治療;インターフェロン;薬動学解析;ベクター開発;CpGモチーフ
      • 抗原投与を全く必要としない細胞内抗原トラップ型新規腫瘍ワクチンの開発
        萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        DNAワクチン;熱ショックタンパク質;膜透過ペプチド;抗原提示細胞;細胞内動態
      • 機能改変タンパク質および核酸を基盤とした包括的抗腫瘍免疫治療システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        抗原デリバリー;DNA ワクチン;熱ショックタンパク質;抗原提示細胞;CpGモチーフ;DNAワクチン
      • RNAiによる遺伝子ノックダウンと抗原デリバリーを組み合せた新規免疫療法の確立
        萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        RNA干渉;遺伝子ノックダウン;抗原提示細胞;樹状細胞;shRNA発現ベクター;siRNA発現ベクター;CD80;CD86;T細胞活性化
      • DNAワクチン療法の最適化を目指した核酸医薬品のデザインとデリバリー
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        DNAワクチン;樹状細胞;プラスミドDNA;デリバリー;細胞障害性T細胞;細胞内動態;CpGモチーフ;Hsp70;プラスミド;抗原提示細胞;MHC class I;エレクトロポレーション, DNA vaccination;Dendritic cell;Plasmid DNA;Delivery;Cytotoxic T cell;Intracellular trafficking;CpG motif;Hsp70
      • In vivo RNAiによる遺伝子ノックダウンマウス作出と薬物動態研究への応用
        萌芽研究
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        RNA干渉;遺伝子ノックダウン;トランスポーター;P-Glycoprotein;siRNA;siRNA発現ベクター;ハイドロダイナミクス法;in vivo;ルシフェラーゼ;in vitro;p-糖タンパク
      • 樹状細胞への新規プラスミドDNAデリバリー戦略の確立とDNAワクチン療法の最適化
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        DNAワクチン;樹状細胞;プラスミドDNA;デリバリー;細胞障害性T細胞;細胞内動態;エレクトロポーレション;皮内投与;DNAキャリアー;局所投与;抗原提示細胞;抗体産生;免疫応答, DNA vaccination;Dendritic cell;Plasmid DNA;Delivery;Cytotoxic T cell;Intracellular trafficking;Electroporation;Intradermal injection
      • プラスミド水溶液投与による高効率遺伝子導入法を利用したがんのサイトカイン療法
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        ハイドロダイナミクス法;プラスミドDNA;サイトカイン;がん治療;肝臓;マイクロスフェアー
      • プラスミド水溶液投与による高効率遺伝子導入法を利用したがんのサイトカイン療法
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子治療;プラスミドDNA;サイトカイン;インターフェロン;肝転移;マウスモデル
      • DNAワクチン療法の最適化を目指した抗原提示細胞へのプラスミドデリバリー法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        DNAワクチン;プラスミドDNA;マクロファージ;樹状細胞;カチオン性キャリアー;局所投与;抗体産生;カチオン性高分子;抗原提示細胞;細胞取り込み;サイトカイン;CpGモチーフ, DNA vaccine;plasmid DNA;macrophage;dendritic cell;cationic carrier;local administration;antibody production
      • ヒト固形腫瘍における薬物の局所動態評価系の確立と動態制御法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        固形腫瘍;ドラッグデリバリーシステム;局所投与;遺伝子治療;アンチセンスオリゴヌクレオチド;プラスミドDNA;ヒト腫瘍細胞;単離腫瘍灌流実験系, solid tumors;drug delivery system;local administration;gene therapy;antisense oligonucleotide;plasmid DNA
      • 遺伝子医薬品の体内動態および細胞取り込み機構の解明に基づくデリバリー戦略の確立
        基盤研究(C)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子治療;DNAワクチン;プラスミドDNA;マクロファージ;細胞取り込み;スカベンジャー受容体;CpGモチーフ;腫瘍壊死因子;インターロイキン-6;ポリアニオン;活性化, gene therapy;DNA vaccination;plasmid DNA;macrophage;cellular uptake;scavenger receptor;CpG motif;tumor necrosis factor
      • 動態-発現相関の解析に基づくin vivo遺伝子導入キャリアーシステムの分子設計
        基盤研究(B)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        遺伝子治療;非ウィルス性ベクター;プラスミドDNA;肝臓ターゲティング;糖修飾リポソーム;糖修飾高分子;膜融合ペプチド;DDS;体内動態;動態発現相関;DNAプラスミド;カチオン性リポソーム;ポリカチオン;コレステロール;カオチン性リポソーム;ガラクトース受容体;エンドサイトーシス, gene therapy;non-viral vectors;plasmid DNA;liver targeting;glycosylated liposomes;glycosylated macromolecules;membrane-fusogenic peptides
      • 消化管上皮細胞をターゲットとした遺伝子デリバリーシステムの開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子導入;消化管上皮細胞;Caco-2細胞;Pam-T細胞;MDCK細胞;LLC-PK_1細胞;インターフェロン;分泌方向性;遺伝子治療;Caco-2;分泌タンパク;カチオン性リポソーム, gene transfer;epithelial cells;Caco-2 cells;Pam-T cells;MDCK cells;LLC-PK_1 cells;interferon;secretion polarity
      • 臓器移植における細胞傷害回避を目的としたターゲティングシステムの総合的開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        臓器移植;免疫抑制剤;化学修飾;細胞障害;活性酸素;SOD;高分子化プロドラッグ;タクロリムス;細胞傷害;活性酵素;マクロファージ, organ transplantation;immunosuppressant;chemical modification;tissue damage;reactive oxygen species;superoxide disumutase;macromolecular prodrug;tacrolimus
      • アンチセンス医薬品の体内動態・細胞内トラフィッキング同時制御システムの開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        アンチセンスDNA;体内動態;細胞内トラフィッキング;ファーマコキネティクス;肝臓;デリバリーシステム;糖鎖認識機構;poly (L-lysine);poly(L-lysine);クリアランス;c-myc;phosphorothioate, Antisense oligonucleotide;In vivo disposition;Intracellular trafficking;Pharmacokinetics;Liver;Dclivery systems;Sugar-recognition system;poly (L-lysine)
      • 皮膚拡散モデル解析に基づく新規経皮吸収促進法の設計理論の確立
        基盤研究(B)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        経皮吸収;経皮治療システム;吸収促進剤;プロドラッグ;皮膚拡散モデル;皮膚透過性;物理化学的特性;acyclovir, percutaneous absorption;transdermal therapeutic;penetration enhancer;prodrug;skin diffusion model;skin permeability;physicochemical properties;acyclovir
      • IFN-γ遺伝子導入による抗腫瘍機構の解析と遺伝子治療へ向けての基礎的研究
        重点領域研究
        京都大学
        渡辺 好彦
        完了
        インターヘェロン-γ;遺伝子導入;細胞ワクチン;遺伝子治療;腫瘍免疫;細胞障害性T細胞;腫瘍抗原
      • 遺伝子治療を目的とした核酸医薬品のデリバリーシステムの確立
        奨励研究(A)
        京都大学
        高倉 喜信
        完了
        遺伝子治療;デリバリーシステム;プラスミドDNA;アンチセンスDNA;体内動態;リポソーム;スカベンジャーレセプター
      • 薬物ターゲティングシステムの機能性評価法の確立と製剤特性-機能相関の体系化
        一般研究(B)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        Drug Delivery System;ターゲティング;高分子運搬体システム;微粒子性運搬体システム;臓器クリアランス;臓器潅流実験系;培養細胞;製剤特性;ドラッグデリバリーシステム, Drug delivery system;Targeting;Macromolecular carrier system;Micropaticulate carrier system;Organ clearance;Organ perfusion experiment;Cultured cells
      • タ-ゲティング型製剤の製剤特性ー機能相関の体系化
        一般研究(B)
        京都大学
        瀬崎 仁
        完了
        タ-ゲティング;臓器潅流実験;細胞培養;微粒子性運搬体;高分子運搬体;モノクロ-ナル抗体;糖鎖認識機構;薬物送達システム
      • 拡散理論に基づく薬物経皮吸収モデルの確立と吸収促進剤の作用機構解析
        一般研究(C)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        経皮吸収;皮膚モデル;拡散理論;高速ラプラス逆変換;吸収促進剤;皮膚透過;脂溶性;in vitro拡散実験, Percutaneous absorption;Skin model;Diffusion theory;Fast inverse Laplace transformation;Absorption enhancer;Skin penetration;Drug lipophilicity;In vitro diffusion experiments
      • 新しい薬物組織移行性評価理論の確立
        一般研究(C)
        京都大学
        橋田 充
        完了
        化学療法;組織移行性;臓器灌流実験;単離腫瘍標本;モ-メント解析;脂溶性プロドラッグ;高分子化プロドラッグ;抗体結合体;臓器潅流実験;薬物組織移行性;モーメント解析;抗癌剤;癌病巣モデル;プロドラッグ;ドラッグデリバリーシステム, Chemotherapy;Tissue Transport;Organ Perfusion Experiment;Isolated Tumor Preparation;Moment Analysis;Lipophilic Prodrug;Macromolecular Prodrug;Antibody Conjugate
      • 糖類を用いた分子構造修飾によるペプチド性医薬品の生体内挙動制御に関する研究
        一般研究(B)
        京都大学
        瀬崎 仁
        完了
        ペプチド性医薬品;化学修飾;電荷;高分子化修飾;ポリエチレングリコ-ル;デキストラン;レセプタ-仲介エンドサイトシス;ス-パ-オキサイドジスムタ-ゼ;大豆トリプシンインヒビター;ウリカーゼ;体内挙動, Peptide Drug;Chemical Modification;Electric Charge;Macromolecular Modification;Polyethyleneglycol;Dextran;Receptor-mediated Transport;Superoxide Dismutase
      • 薬物の腫瘍移行性評価システムの開発とそれを利用したターゲティング型抗癌剤設計
        がん特別研究
        京都大学
        瀬崎 仁
        完了
        癌化学療法;ターゲティング;抗癌剤;腫瘍移行性;腫癌組織灌流;モーメント解析;プロドラッグ;マイトマイシンC

      外部資金:その他

      • 細胞特異的薬物送達に関する研究
      • 遺伝子治療における製剤設計に関する研究
      • ヒト肝細胞キメラマウスを用いた治療抵抗性の肝炎に関する研究 
        厚生労働科学研究費
        自 2008年, 至 2010年
        分担
      • 創薬と新規治療法に開発に資するヒト肝細胞キメラマウスを用いた肝炎ウィルス制御に関する研究
        厚生労働科学研究費
        自 2011年, 至 2013年
        分担
      list
        Last Updated :2022/07/01

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験技術
          8401, 前期集中, 薬学研究科, 0.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(病態情報薬学)
          D147, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学実習
          4208, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学特論B
          8204, 後期不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生物科学概論
          8103, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅱ
          6202, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅰ
          6104, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究特論Ⅰ
          6005, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究概論
          6002, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬局実務実習
          B902, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生物科学特論B
          8206, 前期不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学総論
          B355, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究特論Ⅲ
          6007, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学演習
          2308, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療実務事前学習
          B354, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学実験
          3208, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤有機化学特論II
          1210, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(病態情報薬学)
          8147, 通年, 薬学部, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬医療薬科学特論
          8208, 後期不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬物理化学概論
          1217, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅱ
          6105, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          病院実務実習
          B901, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          病院実務実習
          E901, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          「薬の世界」入門
          U129, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          共用試験関係
          B999, 通年, 薬学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅰ
          6201, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生物化学特論II
          1214, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤物理化学特論I
          1211, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬医療薬科学概論
          8105, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実務実習
          B998, 通年, 薬学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験技術
          6003, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬リード探索技術
          1111, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬剤学II(薬物動態学)
          C312, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅲ
          6106, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬物理化学特論A
          8201, 前期不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬物理化学概論
          8101, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅲ
          6203, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤医療薬科学特論I
          1215, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬剤学3(薬物動態学)
          A312, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療実務事前学習
          E354, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究特論Ⅱ
          6006, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬局実務実習
          E902, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬医療薬科学概論
          1028, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生命科学概論
          1027, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬リード探索理論
          1108, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学概論
          1026, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習[病態情報薬学]
          B815, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤医療薬科学実験技術
          1208, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学概論
          8102, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療薬学III(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病態情報薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病態情報薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬と医療
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          地域医療薬学
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療薬学III(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          地域医療薬学
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          地域医療薬学
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬と医療
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          地域医療薬学
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          地域医療薬学
          前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習[臨床薬学教育]
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬リード探索技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬リード探索理論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬物理化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療実務事前学習
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤有機化学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤物理化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生物化学特論II
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬物理化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療実務事前学習
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤有機化学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤物理化学特論II
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合型薬学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床開発技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬剤学II(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬リード探索技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬リード探索理論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬物理化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療実務事前学習
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤有機化学特論Ⅱ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤物理化学特論Ⅰ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学特論Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病3薬2)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病2薬1)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病4薬3)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合科学:生命と社会(持続的社会・健康社会に向けた技 …
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬剤学II(薬物動態学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習III(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論II
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論III
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬物理化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療実務事前学習【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療実務事前学習
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤有機化学特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤物理化学特論Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学特論Ⅰ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬2病3)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬1病2)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬3病4)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(病態情報薬学)【H30以降入学者用】
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習[病態情報薬学]
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(病態情報薬学)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          病院実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合科学:生命と社会(持続的社会・健康社会に向けた技 …
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬剤学II(薬物動態学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬剤学3(薬物動態学)
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究特論II
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究特論III
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬局実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科

        博士学位審査

        • Sedative activities of essential oils from Beninese medicinal plants via inhalation administration and structure-activity relationships of their active compounds (ベナン産薬用植物精油の吸入投与による鎮静活性と活性化合物の構造活性相関研究)
          DOUGNON GODFRIED TCHETONNOUGBO, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 脳タンパク質凝集体を標的とした核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究
          貝出 翔, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Development of immunotherapy using antigen-loaded multifunctional small extracellular vesicles (抗原搭載多機能性細胞外小胞を利用した免疫療法の開発に関する研究)
          劉 聞, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Rolling circle amplification(RCA)法により調製される長鎖一本鎖DNA(lss-DNA)を利用した核酸構造体のドラッグデリバリーシステムへの応用に関する研究
          伊藤 公一, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Implementation of highly sensitive small extracellular vesicle (sEV) quantification method in the identification of novel sEV production modulators and the evaluation of sEV pharmacokinetics (高感度定量法を利用した細胞外小胞の産生モジュレーターの探索と体内動態解析)
          山本 晶, 薬学研究科, 主査
          2021年09月24日
        list
          Last Updated :2022/07/01

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            人権委員会 委員
          • 自 2022年04月01日
            学生総合支援機構運営委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            学生総合支援機構 機構長
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2010年04月01日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            教養教育専門委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            教育研究評議会評議員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            教職教育委員会/教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            評議員
          • 自 2012年01月31日, 至 2014年01月30日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            京都大学教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日
            評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2014年09月30日
            京都大学財務委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            博士課程教育リーディングプログラム運営会議 委員
          • 自 2014年02月05日, 至 2016年03月31日
            吉田寮整備委員会委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            吉田寮業務実施委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            国際高等教育院教養・共通教育協議会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            産官学連携本部運営協議会協議員 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            研究科長部会
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            薬学研究科附属統合薬学教育開発センター長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科 研究科長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学部 学部長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬用植物園長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            部局長会議
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科附属統合薬学教育開発センター長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科 研究科長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学部 学部長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬用植物園長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            研究科長部会
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            部局長会議
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年09月09日
            京都大学産学共同実用化促進事業実施委員会 3号委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            産官学連携本部運営協議会 5号協議員
          • 自 2014年04月01日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            入学試験委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            京都大学博士課程教育リーディングプログラム運営会議 委員
          • 自 2014年08月01日, 至 2015年02月28日
            京都大学研究公正の推進検討委員会 委員
          • 自 2014年09月01日, 至 2016年08月31日
            京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員
          • 自 2014年09月27日, 至 2015年02月28日
            京都大学研究公正の推進検討委員会 研究不正対応小委員会 委員長
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2015年03月01日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            総長選考会議 委員 委員
          • 自 2015年04月01日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2015年05月01日, 至 2016年03月31日
            教育活動評価委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            人事制度検討会 委員
          • 自 2015年05月01日, 至 2016年03月31日
            教員活動評価委員会 委員
          • 自 2016年04月01日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            教育制度委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            教育制度委員会WG1 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2015年03月01日, 至 2016年03月31日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2018年02月01日, 至 2018年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            学生生活委員会第三小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            障害者入試委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 至 2020年03月31日
            学生表彰選考委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            学生生活委員会第三小委員会 委員長
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            副学長
          • 自 2020年10月01日
            教育制度委員会教育質保証専門委員会 副委員長
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            部局長会議
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            研究科長部会

          部局運営(役職等)

          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            教務委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2014年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2020年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
            寄附講座「医薬産業政策学講座」運営委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日
            実務実習委員会 委員長
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            安全環境委員長
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            ハラスメント相談窓口
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            将来計画委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2020年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            元素分析研究施設・質量分析室運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            超伝導NMRスペクトロメーター室運営管理委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2020年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            寄附講座「ナノバイオ医薬創成科学講座」運営委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            兼業審査・利益相反審査委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            学生便覧編集委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            環境・安全衛生委員会 委員長
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            教務委員会 副委員長
          • 自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日
            薬学研究科薬学専攻長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            薬学研究科 薬学専攻長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            薬学科 学科長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            実務実習委員会 委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日
            動物実験委員会委員長
          • 自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            ハラスメント相談窓口
          • 自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            寄附講座「ナノバイオ医薬創成科学講座」運営委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            図書委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/07/01

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2000年
              評議員, 日本薬剤学会
            • 自 1999年
              幹事、評議員, 日本DDS学会
            • 自 1998年
              評議員, 日本薬物動態学会

            ページ上部へ戻る