教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

竹脇 出

タケワキ イズル

工学研究科 建築学専攻環境構成学講座 教授

竹脇 出
list
    Last Updated :2022/08/13

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    所属学協会

    • Soil Dynamics and Earthquake Engineering
    • Earthquakes and Structures (EAS): An International Journal
    • Journal of Zhejiang University-SCIENCE A
    • International Journal of Structural Control and Health Monitoring
    • International Journal of Interaction and Multiscale Mechanics
    • Engineering Structures
    • 日本免震構造協会
    • International Journal of Advances in Structural Engineering
    • International Journal of Structural Engineering and Mechanics
    • Advances in Earthquake Engineering Series
    • International Society for Computational Engineering & Sciences (ISCES)
    • International Society for Structural and Multidisciplinary Optimization (ISSMO)
    • 日本地震工学会
    • American Society of Civil Engineers
    • American Academy of Mechanics
    • Earthquake Engineering Research Institute
    • 震災予防協会
    • 日本建築学会
    • Bentham Publishers
    • The Open Civil Engineering Journal
    • Techno Press
    • Interaction and Multiscale Mechanics: An International Journal
    • Elsevier
    • International Journal of Engineering Structures
    • International Journal of Advances in Structural Engineering
    • International Journal of Structural Engineering and Mechanics
    • Advances in Earthquake Engineering Series
    • Japan Association for Earthquake Engineering
    • Japan Society for Earthquake Engineering Promotion
    • Architectural Institute of Japan
    • International Society for Computational Engineering & Sciences
    • International Society for Structural and Multidisciplinary Optimization
    • American Academy of Mechanics
    • Earthquake Engineering Research Institute
    • American Society of Civil Engineers

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 工学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程建築学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学建築学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      滋賀県立高島高校, しがけんりつたかしまこうこう

    経歴

    • 自 2014年04月, 至 2015年03月
      京都大学工学研究科, 建築学専攻, 専攻長
    • 自 2010年04月
      京都大学大学院工学研究科建築学専攻教授, Graduate School of Engineering, Department of Architecture and Architectual Systems Engineering
    • 自 2008年04月
      京都大学工学研究科副研究科長
    • 自 2005年09月
      米国カリフォルニア大学サンディエゴ校客員教授
    • 自 2005年
      (September) Visiting Professor, University of California, San Diego
    • 自 2003年10月
      京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻教授, Graduate School of Engineering, Department of Urban and Environmental Engineering
    • 自 2003年04月
      京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教授, Graduate School of Engineering, Department of Urban and Environmental Engineering
    • 自 1996年04月
      京都大学大学院工学研究科建築学専攻助教授, Graduate School of Engineering, Department of Architecture and Architectual Systems Engineering
    • 自 1993年03月
      京都大学工学部建築学第二学科助手(建築基礎工学講座)
    • 自 1989年, 至 1990年
      米国カリフォルニア大学バークレー校客員研究員
    • 自 1989年, 至 1990年
      Visiting Researcher, University of California at Berkeley
    • 自 1982年04月
      京都大学工学部建築学科助手(建築構造学講座), School of Architecture, Faculty of Engineering
    • 現在に至る
    • (環境構成学講座地盤環境工学分野)
    • (環境構成学講座地盤環境工学分野)
    • (環境構成学講座地盤環境工学分野)
    • (建築構造学講座建築力学 分野)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        建物の耐震・制振・免震,振動における逆問題定式化を用いた構造設計過程の合理化,構造ヘルスモニタリング,建築構造力学,建物と地盤の動的相互作用を考慮した逆問題型設計法,最悪地震動モデル(極限外乱法)
      • 研究概要

        振動における逆問題定式化を用いた構造設計過程の合理化を進めている。主要なテーマは,建物の耐震・制振・免震であり,その他にも構造ヘルスモニタリング,建築構造力学,建物と地盤の動的相互作用を考慮した逆問題型設計法を展開している。最近では,最悪地震動モデル(極限外乱法)を積極的に展開している。

      研究キーワード

      • 建築構造
      • Critical excitation method
      • Design earthquake
      • Soil-structure interaction
      • Inverse problem
      • System identification
      • Structural control
      • Structural optimization
      • Building structural design
      • Soil dynamics
      • Building foundation engineering

      研究分野

      • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築構造、材料
      • 社会基盤(土木・建築・防災), 構造工学、地震工学

      論文

      • Frequency-domain optimal viscous damper placement using lower-bound transfer function and multimodal adaptability
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Structural Control and Health Monitoring, 2022年07月, 査読有り
      • Modeling of resilience based on categorized recovery scenario and improving resilience with viscous damper
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Japan Architectural Review, 2022年07月, 査読有り
      • Closed-form critical response of undamped bilinear hysteretic MDOF system under pseudo-double impulse for estimating resonant response under one-cycle sine wave
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 2022年06月, 査読有り
      • Bounding of earthquake response via critical double impulse for efficient optimal design of viscous dampers for elastic-plastic moment frames
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Japan Architectural Review, 2022年04月, 査読有り
      • Pseudo-multi impulse for simulating critical response of elastic–plastic high-rise buildings under long-duration, long-period ground motion
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Structural Design of Tall and Special Buildings, 2022年, 査読有り
      • Global Simultaneous Optimization of Oil, Hysteretic and Inertial Dampers Using Real-Valued Genetic Algorithm and Local Search
        Ryohei Uemura; Hiroki Akehashi; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年12月09日, 査読有り
      • Pseudo-double impulse for simulating critical response of elastic-plastic MDOF model under near-fault earthquake ground motion
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 2021年11月, 査読有り
      • Robust Optimal Damper Placement of Nonlinear Oil Dampers With Uncertainty Using Critical Double Impulse
        Kohei Fujita; Ryota Wataya; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年08月20日, 査読有り
      • Displacement measurement and nonlinear structural system identification: A vision-based approach with camera motion correction using planar structures
        Jian Jiao; Jia Guo; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Structural Control and Health Monitoring, 2021年08月, 査読有り
      • Modeling of resilience based on categorized recovery scenario and improving resilience with viscous damper
        Hiroki AKEHASHI; Izuru TAKEWAKI
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2021年, 査読有り
      • Optimal specifications of inertial mass damper used for building connection system
        Mitsuru MURASE; Izuru TAKEWAKI
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2021年, 査読有り
      • Global optimization of hysteretic dampers for elastic-plastic MDOF structures via hybrid approach of real-coded genetic algorithm and local search
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2021年, 査読有り
      • Ideal drift response curve for robust optimal damper design for elastic-plastic MDOF structures under multi-level earthquakes
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        CMES - Computer Modeling in Engineering and Sciences, 2021年, 査読有り
      • Efficient damper design method for elastic-plastic MDOF structures under consecutive-level earthquakes
        H. Akehashi; I. Takewaki
        COMPDYN Proceedings, 2021年
      • Editorial: Recent Advances and Applications of Seismic Isolation and Energy Dissipation Devices
        Dario De Domenico; Enrico Tubaldi; Izuru Takewaki; Theodore Karavasilis; Andrea Dall'Asta; Oren Lavan
        Frontiers in Built Environment, 2020年08月18日, 査読有り
      • Estimation of vibration frequency of structural floors using combined artificial intelligence and finite element simulation
        Abbas Sivandi-Pour; Ehsan Noroozinejad Farsangi; Izuru Takewaki
        Journal of Engineering Research (Kuwait), 2020年08月, 査読有り
      • Editorial: Innovative methodologies for resilient buildings and cities
        Izuru Takewaki; Masayuki Kohiyama; Tomaso Trombetti; Solomon Tesfamariam; Xinzheng Lu
        Frontiers in Built Environment, 2019年07月12日, 査読有り
      • Optimization of nonlinear fluid viscous dampers for building structures: Energy-based design approach under stochastic seismic excitation
        Dario de Domenico; Giuseppe Ricciardi; Izuru Takewaki; Paolo Longo; Natale Maugeri
        COMPDYN Proceedings, 2019年
      • Critical earthquake response of elastic-plastic structures with nonlinear viscous damping under double impulse as substitute for near-fault ground motion
        Goki Tamura; Kotaro Kojima; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2018年11月, 査読有り
      • Seismic performance of a resilient low-damage base isolation system under combined vertical and horizontal excitations
        Ehsan Noroozinejad Farsangi; Abbas Ali Tasnimi; T. Y. Yang; Izuru Takewaki; Mohammad Mohammadhasani
        Smart Structures and Systems, 2018年10月, 査読有り
      • Cyclic loading test of RC multi-story shear-wall - Damper connection: Development of vibration controlled high-rise RC building with low stiffness at lower stories using shear-wall and oil-dampers Part 2
        Tsubasa Tani; Ryota Maseki; Izur Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2018年, 査読有り
      • Critical earthquake response of SDOF elastic-perfectly plastic model with viscous damping under double impulse as substitute of near-fault ground motion
        Kotaro Kojima; Yoshito Saotome; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2017年05月01日, 査読有り
      • H∞ optimization in damper placement for interstory-drift control of structures
        Yamamoto Kaoru; Fujita Kohei; Takewaki Izuru
        Proc. of the First Int. Conf. on Advances in Interaction and Multiscale Mechanics, 2010年, 査読有り
      • 112 不確定動的外力を受ける構造物の半正定値計画法による応答限界解析法
        寒野 善博; 竹脇 出
        最適化シンポジウム講演論文集, 2008年
      • 122 混合整数計画を用いた不確定外力を受けるトラスの極限解析法
        寒野 善博; 竹脇 出
        最適化シンポジウム講演論文集, 2006年
      • 半正定値計画法を用いた応力制約を有するトラスのロバスト性最大化
        寒野 善博; 竹脇 出
        最適化シンポジウム講演論文集, 2004年
      • 山田稔氏への回答
        竹脇 出; 中村 恒善
        日本建築学会構造系論文集, 1995年
      • 限定された地震観測記録を用いた建築物の剛性と減衰の同時同定
        中村 充; 竹脇 出; 安井 譲; 上谷 宏二
        日本建築学会構造系論文集, 2000年
      • Inverse optimal damper placement via shear model for elastic–plastic moment-resisting frames under large-amplitude ground motions
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Engineering Structures, 2022年01月, 査読有り
      • A Simple Critical Response Evaluation Method for Base-Isolation Building-Connection Hybrid System Under Double Impulse as Representative of Near-Fault Ground Motion
        Tomoya Nakamura; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年11月09日, 査読有り
      • Explicit Overturning Limit of Rigid Block Using Triple and Pseudo-Triple Impulses Under Critical Near-Fault Ground Motions
        Sae Homma; Kunihiko Nabeshima; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年08月25日, 査読有り
      • Uniform deformation design of outrigger braced skyscrapers: A simplified method for the preliminary design stage
        Arsalan Alavi; Elena Mele; Reza Rahgozar; Ehsan Noroozinejad Farsangi; Izuru Takewaki; Christian Málaga-Chuquitaype
        Structures, 2021年06月, 査読有り
      • Optimal Seismic Design of Stiffness and Gap of Hysteretic-Viscous Hybrid Damper System in Nonlinear Building Frames for Simultaneous Reduction of Interstory Drift and Acceleration
        Soichiro Ishida; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年03月15日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Critical Response of High-Rise Buildings With Deformation-Concentration Seismic Control System Under Double and Multi Impulses Representing Pulse-Type and Long-Duration Ground Motions
        Akira Kawai; Tatsuhiko Maeda; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2021年03月12日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Real-time hysteresis identification in structures based on restoring force reconstruction and Kalman filter
        Li Wang; Jia Guo; Izuru Takewaki
        Mechanical Systems and Signal Processing, 2021年03月, 査読有り, 最終著者
      • Comprehensive Review of Optimal and Smart Design of Nonlinear Building Structures With and Without Passive Dampers Subjected to Earthquake Loading
        Izuru Takewaki; Hiroki Akehashi
        Frontiers in Built Environment, 2021年02月11日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Performance evaluation of curved damper truss moment frames designed using equivalent energy design procedure
        S. Dehghani; S.F. Fathizadeh; T.Y. Yang; E. Noroozinejad Farsangi; A.R. Vosoughi; I. Hajirasouliha; C. Málaga-Chuquitaype; I. Takewaki
        Engineering Structures, 2021年01月, 査読有り, 最終著者
      • Simultaneous Optimization of Elastic-Plastic Building Structures and Viscous Dampers Under Critical Double Impulse
        Hiroki Akehashi; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年12月09日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Trade-off Pareto optimum design of an innovative curved damper truss moment frame considering structural and non-structural objectives
        S.F. Fathizadeh; S. Dehghani; T.Y. Yang; E. Noroozinejad Farsangi; A.R. Vosoughi; I. Hajirasouliha; I. Takewaki; C. Málaga-Chuquitaype; H. Varum
        Structures, 2020年12月, 査読有り
      • Vision-Based Building Seismic Displacement Measurement by Stratification of Projective Rectification Using Lines
        Jia Guo; Yang Xiang; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Sensors, 2020年10月12日, 査読有り, 最終著者
      • Critical Response of Multi-Story Damped Bilinear Hysteretic Shear Building Under Multi Impulse as Representative of Long-Period, Long-Duration Earthquake Ground Motions
        Akira Kawai; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年10月09日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Hysteretic-Viscous Hybrid Damper System With Stopper Mechanism for Tall Buildings Under Earthquake Ground Motions of Extremely Large Amplitude
        Shoki Hashizume; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年09月29日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • New Architectural Viewpoint for Enhancing Society’s Resilience for Multiple Risks Including Emerging COVID-19
        Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年09月04日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • General Dynamic Collapse Criterion for Elastic–Plastic Structures Under Double Impulse as Substitute of Near-Fault Ground Motion
        Sae Homma; Kotaro Kojima; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年06月30日, 査読有り
      • Hysteretic–Viscous Hybrid Damper System for Long-Period Pulse-Type Earthquake Ground Motions of Large Amplitude
        Shoki Hashizume; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年06月09日, 査読有り
      • Model-Free Identification of Hysteretic Restoring-Force Characteristic of Multi-Plane and Multi-Story Frame Model With In-Plane Flexible Floor
        Kenichirou Shintani; Shinta Yoshitomi; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年04月21日, 査読有り
      • Smart Seismic Control System for High-Rise Buildings Using Large-Stroke Viscous Dampers Through Connection to Strong-Back Core Frame
        Akira Kawai; Tatsuhiko Maeda; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2020年03月19日, 査読有り
      • 割された心柱の変位差・速度差を利用した建築骨組用制振システムの振動台実験
        前田達彦; 黒川雄太; 鈴木 悠; 曽根孝行; 魚住奈緒美; 佐分利和宏; 柳澤信行; 山本雅史; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2020年03月, 査読有り, 最終著者
      • 分割された心柱の変位差・速度差を利用してダンパー効率を高めた超高層建物用制振システム
        前田達彦; 曽根孝行; 魚住奈緒美; 佐分利和宏; 柳澤信行; 平川恭章; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2020年03月, 査読有り, 最終著者
      • Comparative Investigation on Optimal Viscous Damper Placement for Elastic-Plastic MDOF Structures: Transfer Function Amplitude or Double Impulse
        H. Akehashi; Izuru Takewaki
        Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 2019年12月, 査読有り
      • A spectrum-driven damage identification by minimum constitutive relation error and sparse regularization
        Jia Guo; Jian Jiao; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Mechanical Systems and Signal Processing, 2019年11月, 査読有り
      • Simultaneous approach to critical fault rupture slip distribution and optimal damper placement for resilient building design
        Kyoichiro Kondo; Izuru Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2019年10月, 査読有り
      • Damage identification for frame structures using vision-based measurement
        Jia Guo; Jian Jiao; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Engineering Structures, 2019年10月, 査読有り
      • Experimental investigation on use of regularization techniques and pre-post measurement changes for structural damage identification
        Jia Guo; Li Wang; Izuru Takewaki
        International Journal of Solids and Structures, 2019年10月, 査読有り
      • Collapse-limit input level of critical double impulse for damped bilinear hysteretic SDOF system with negative post-yield stiffness
        Y. Saotome; K. Kojima; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2019年09月, 査読有り
      • Stiffness and damping identification for asymmetric building frame with in-plane flexible floors
        K.Shintani; S.Yoshitomi; K.Fujita; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment, 2019年08月, 査読有り
      • Physical-based parametrization and identification for frame-type structures using response sensitivity approach in time domain
        Jia Guo; Kailai Deng; Li Wang; Izuru Takewaki
        Structural Control and Health Monitoring, 2019年05月, 査読有り
      • Optimal viscous damper placement for elastic-plastic MDOF structures under critical double impulse
        H.Akehashi; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2019年02月, 査読有り
      • Critical response of elastic-plastic SDOF systems with nonlinear viscous damping under simulated earthquake ground motions
        G. Tamura; K. Kojima; I. Takewaki
        Heliyon, 2019年02月, 査読有り
      • Finite difference method-based critical ground motion and robustness evaluation for long-period building structures under uncertainty in fault rupture
        K. Makita; K. Kondo; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2019年01月, 査読有り
      • Design strategies of viscous dampers for seismic protection of building structures: A review
        D. De Domenico; G. Ricciardi; I. Takewaki
        Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 2019年01月, 査読有り
      • Earthquake response of 2DOF elastic-perfectly plastic model under multiple impulse as substitute for long-duration earthquake ground motions
        Y. Saotome; K. Kojima; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年12月, 査読有り
      • Critical response evaluation of damped bilinear hysteretic SDOF model under long duration ground motion simulated by multi impulse motion
        H.Akehashi; K.Kojima; Ehsan Noroozinejad Farsangi; I.Takewaki
        Int J. of Earthquake and Impact Eng, 2018年12月, 査読有り
      • Critical ground motion for resilient building design considering uncertainty of fault rupture slip
        K. Makita; K. Kondo; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年12月, 査読有り
      • Static damage identification in beams by minimum constitutive relation error with both full-field and finite-point displacement measurements
        Jia Guo; Li Wang; Izuru Takewaki
        Inverse Problems in Science & Engineering, 2018年12月, 査読有り
      • Structual damage localization method using additivity on story stiffness deterioration due to damage of structural elements
        Nobuya Suzuki; Kunihiko Nabeshima; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2018年11月, 査読有り
      • Frequency response-based damage identification by minimum constitutive relation error and sparse regularization
        Jia Guo; Li Wang; Izuru Takewaki
        Journal of Sound and Vibration, 2018年11月, 査読有り
      • Seismic performance of base-isolated buildings under multi-directional earthquake excitations
        E. Noroozinejad Farsangi; A.A. Tasnimi; T.Y. Yang; I. Takewaki; Mohammad Mohammadhasani
        Smart Structures and Systems, 2018年11月, 査読有り
      • 断層近傍地震動を受ける非線形粘性減衰を有する1自由度系弾塑性構造物の極限応答
        田村豪基; 小島紘太郎; 藤田皓平; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2018年11月, 査読有り
      • 複数部材損傷時の層剛性低下量における部材損傷寄与分に関する加法性を用いた損傷位置同定法
        鈴木遥也; 鍋島国彦; 藤田皓平; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2018年11月, 査読有り
      • Modal-based structural damage identification by minimum constitutive relation error and sparse regularization
        Jia Guo; Li Wang; Izuru Takewaki
        Structural Control and Health Monitoring, 2018年10月, 査読有り
      • Dual hysteretic damper system effective for broader class of earthquake ground motion
        Takuma Shiomi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKE AND IMPACT ENGINEERING, 2018年06月, 査読有り
      • Critical response of nonlinear base- isolated building considering soil-structure interaction under double impulse as substitute for near-fault ground motion
        H.Akehashi; K.Kojima; K.Fujita; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年06月, 査読有り
      • RC連層壁とダンパーとの接合部の繰返し加力実験 低層部剛性を低下させた超高層RC建物の連層壁制振架構の開発 その2
        谷 翼; 欄木龍大; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2018年05月, 査読有り
      • Robustness evaluation of base-isolation building-connection hybrid controlled building structures considering uncertainties in deep ground
        K.Makita; M.Murase; K.Kondo; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年03月, 査読有り
      • Stiffness identification of high-rise buildings based on statistical model-updating approach
        K.Fujita; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年02月, 査読有り
      • Critical response of SDOF damped bilinear hysteretic system under double impulse as substitute for near-fault ground motion
        H.Akehashi; K.Kojima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年02月, 査読有り
      • A simple response evaluation method for base-isolation building-connection hybrid structural system under long-period and long-duration ground motion
        K. Hayashi; K. Fujita; M. Tsuji; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年02月, 査読有り
      • Critical response of elastic-plastic structures to near-fault ground motions and its application to base-isolated building structures
        Izuru Takewaki; Ryo Taniguchi; Kotaro Kojima
        Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering, 2018年, 査読有り
      • 20159 付加的な観測情報に基づくモデル更新を伴う曲げせん断型モデルを用いた高層建物の剛性同定法 その2 ベイズ推定によるモデル更新
        星 祐翔; 藤田 皓平; 竹脇 出
        構造I, 2018年01月
      • 20167 免震‐連結制振ハイブリッド構造システムにおける剛性比が制振性能に及ぼす影響
        JIAN JIAO; 竹脇 出; 藤田 皓平
        構造I, 2018年01月
      • 20174 幅広いレベルの断層近傍地震動に有効なデュアル履歴ダンパーの極限的ダブルインパルスを用いた設計法
        塩見 拓馬; 竹脇 出; 辻 聖晃; 藤田 皓平
        構造I, 2018年01月
      • 20211 地盤の影響を考慮した免震建物のダブルインパルスを用いた断層近傍地震時極限外乱法
        明橋 弘樹; 小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        構造I, 2018年01月
      • 20213 断層近傍地震動を受ける非線形粘性減衰を有する弾性構造物の極限応答
        田村 豪基; 小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        構造I, 2018年01月
      • 20158 付加的な観測情報に基づくモデル更新を伴う曲げせん断型モデルを用いた高層建物の剛性同定法 その1 条件付き確率によるモデル更新
        藤田 皓平; 星 祐翔; 竹脇 出
        構造I, 2018年01月
      • 20166 長時間地震動と断層近傍地震動を受ける免震-連結制振ハイブリッド構造システムの最大応答の簡易評価法
        林 晃平; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2018年01月
      • 20151 層剛性低下量に関する建物架構単一部材の感度情報に基づく加法性を用いた損傷同定法
        鈴木 遥也; 竹脇 出; 藤田 皓平; 鍋島 国彦
        構造I, 2018年01月
      • Various occurrence mechanisms of large acceleration over 20m/s2 and its suitability in design use
        S.Kamagata; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2018年01月, 査読有り
      • Stiffness identification of high-rise buildings via subspace and inverse-mode methods
        I.Takewaki; Y.Fujimori; K.Fujita
        The 11th International Workshop on Structural Health Monitoring (IWSHM 2017), 2017年09月
      • Frequency-domain physical-parameter system identification of building structures with stiffness eccentricity
        K.Nabeshima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年08月, 査読有り
      • Minimum constitutive relation error based static identification of beams using force method
        Jia Guo; Izuru Takewaki
        12TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DAMAGE ASSESSMENT OF STRUCTURES, 2017年
      • Innovative seismic response controlled system with shear wall and concentrated dampers in lower stories
        T.Tani; R.Maseki; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年07月, 査読有り
      • 辻 聖晃,竹脇 出,免震・連結制振ハイブリッド構造の振動低減のメカニズム
        林 晃平; 満田衛資; 藤田皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2017年07月, 査読有り
      • Modal-physical hybrid system identification of high-rise building via subspace method and inverse-mode method
        K.Fujita; Y.Fujimori; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年06月, 査読有り
      • Critical steady-state response of SDOF bilinear hysteretic system under multi impulse as substitute of long-duration ground motions
        竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年05月, 査読有り
      • Robustness evaluation of elastic-plastic base-isolated high-rise buildings under critical double impulse
        K.Fujita; K.Yasuda; Y.Kanno; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年05月, 査読有り
      • Robustness of SDOF elastoplastic structure subjected to double-impulse input under simultaneous uncertainties of yield deformation and stiffness
        Yoshihiro Kanno; Keisuke Yasuda; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF NON-LINEAR MECHANICS, 2017年05月, 査読有り
      • General evaluation method of seismic resistance of residential house under multiple consecutive severe ground motions with high intensity
        Y.Ogawa; K.Kojima; I.Takewaki
        Int. J. Earthquake and Impact Engineering, 2017年04月, 査読有り
      • Direct linear system identification method for multi-story three-dimensional building structure with general eccentricity
        K.Shintani; S.Yoshitomi; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年03月, 査読有り
      • Occurrence mechanism of large acceleration in KiK-net seismic records during Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake in 2008
        S.Kamagata; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年03月, 査読有り
      • Dual control high-rise building for robuster earthquake performance
        Y.Fukumoto; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2017年03月, 査読有り
      • 回転支承としての積層ゴムの耐久性,低層部剛性を低下させた超高層RC建物の連層壁制振架構の開発 その1
        谷 翼; 欄木 龍大; 日比野 浩; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2017年03月01日, 査読有り
      • Optimal damper placement in hybrid control system of multiple isolation and building connection
        G.Tamura; M.Taniguchi; K.Fujita; M.Tsuji; I.Takewaki
        Int. J. Earthquake and Impact Engineering, 2017年03月, 査読有り
      • 20185 頂部にTMDを付加した多段免震構造における地震時加速度応答低減
        三浦 俊哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • ダブルインパルス入力による地震時弾塑性極限応答を用いたロバスト性評価
        藤田 皓平; 竹脇 出
        理論応用力学講演会 講演論文集, 2017年01月
      • パルス性地動入力を受ける免震建物の免震層回転角評価法
        谷口 亮; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 同定関数の変化に基づく建築骨組の損傷同定
        鈴木 遥也; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 部分空間法と逆問題型手法を用いた高層建物のシステム同定
        藤森 裕平; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 幅広い特性の地震動に有効なデュアル履歴ダンパー
        塩見 拓馬; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 地震時弾塑性応答を考慮した建物のInfo-Gapモデルに基づくロバスト性評価法
        藤田 皓平; 安田 圭佑; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 頂部にTMDを付加した多段免震構造における地震時加速度応答低減
        三浦 俊哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 免震・連結制振ハイブリッド構造のダブルインパルスに対する最大弾塑性応答の簡易評価法
        林 晃平; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 多段免震・連結制振ハイブリッド構造システムにおける最適パラメータ
        田村 豪基; 谷口 正輝; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年01月
      • 20153 パルス性地震動入力を受ける免震建物の免震層回転角評価法
        谷口 亮; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • 20164 幅広い特性の地震動に有効なデュアル履歴ダンパー
        塩見 拓馬; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • 20165 高いロバスト性を有する多段免震・連結制振ハイブリッド構造システム
        谷口 正輝; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • 20166 免震・連結制振ハイブリッド構造のダブルインパルスに対する最大弾塑性応答の簡易評価法
        林 晃平; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • 20173 同定関数の変化に基づく建築骨組の損傷同定
        鈴木 遥也; 竹脇 出; 辻 聖晃; 藤田 皓平
        構造I, 2017年01月
      • 20175 部分空間法と逆問題型手法を用いた高層建物のシステム同定
        藤田 皓平; 藤森 裕平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造I, 2017年01月
      • 20184 多段免震・連結制振ハイブリッド構造システムにおける最適パラメータ
        田村 豪基; 竹脇 出; 辻 聖晃; 藤田 皓平; 谷口 正輝
        構造I, 2017年01月
      • 21406 地震時弾塑性応答を考慮した高層免震建物のロバスト性評価法
        安田 圭佑; 藤田 皓平; 竹脇 出
        構造II, 2017年01月
      • Robust optimal placement of dampers in structures with set-back and eccentricity using sensitivity analysis for integrated transfer function
        T.Kawamoto; K.Fujita; M.Tsuji; I.Takewaki
        Int. J. Earthquake and Impact Engineering, 2016年12月, 査読有り
      • Closed-form rocking vibration of rigid block under critical and non-critical double impulse
        R.Taniguchi; K.Nabeshima; K.Kojima; I.Takewaki
        Int. J. Earthquake and Impact Engineering, 2016年12月, 査読有り
      • Double, triple and multiple impulses for critical elastic-plastic earthquake response analysis to near-fault and long-duration ground motions
        I.Takewaki; K.Kojima
        Proc. of Int. Workshop on Seismic performance of soil-foundation-structure systems, University of Auckland, 2016年11月
      • Advanced system identification for high-rise building using shear-bending model
        Kohei FUJITA; Izuru TAKEWAKI
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年11月, 査読有り
      • Robustness analysis of elastoplastic structure subjected to double impulse
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 2016年11月, 査読有り
      • Analysis of Ground Motion Amplification during Soil Liquefaction via Nonstationary Fourier Spectra
        Shuichi Kamagata; Izuru Takewaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMECHANICS, 2016年10月, 査読有り
      • Hybrid control system for greater resilience using multiple isolation and building connection
        M.Taniguchi; K.Fujita; M.Tsuji; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年10月, 査読有り
      • Explicit optimal hysteretic damper design in elastic-plastic structure under double impulse as representative of near-fault ground motion
        Takuma Shiomi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        Int. J. Earthquake and Impact Engineering, 2016年09月, 査読有り
      • バイリニア型復元力特性を有する弾塑性構造物の断層近傍地震動に対する極限応答の閉形表現
        小島紘太郎; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2016年08月01日, 査読有り
      • A simple evaluation method of seismic resistance of residential house under two consecutive severe ground motions with intensity 7
        KOJIMA Kotaro; TAKEWAKI Izuru
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年07月, 査読有り
      • Experimental study on influence of hardening of isolator in multiple isolation building
        K.Fujita; T.Miura; M.Tsuji; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年06月, 査読有り
      • Advanced system identification for super high-rise building using shear-bending model
        K.Fujita; R.Koyama; I.Takewaki
        EMIPMC2016, ASCE, 2016年05月
      • Closed-form overturning limit of rigid block under critical near-fault ground motions
        K.Nabeshima; R.Taniguchi; K.Kojima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年04月, 査読有り
      • Robustness evaluation of seismic pile response considering uncertainty mechanism of soil properties
        T.Okada; K.Fujita; I.Takewaki
        Journal of Innovative Infrastructure Solutions, 2016年03月, 査読有り
      • Closed-form dynamic stability criterion for elastic-plastic structures under near-fault ground motions
        K.Kojima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年03月, 査読有り
      • Automatic generation of smart earthquake-resistant building system: Hybrid system of base-isolation and building-connection
        M. Kasagi; K. Fujita; M. Tsuji; I. Takewaki
        Heliyon, 2016年02月01日, 査読有り
      • Critical response of 2DOF elastic-plastic building structures under double impulse as substitute of near-fault ground motion
        R.Taniguchi; K.Kojima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年02月, 査読有り
      • Closed-form critical earthquake response of elastic-plastic structures on compliant ground under near-fault ground motions
        K.Kojima; I.Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2016年01月, 査読有り
      • Effect of nonlinearity of connecting dampers on vibration control of connected building structures
        M. Kasagi; K. Fujita; M. Tsuji; I. Takewaki
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年12月, 査読有り
      • Critical earthquake input energy to connected building structures using impulse input
        Yoshiyuki Fukumoto; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2015年12月, 査読有り
      • Influence of wind disturbance on smart stiffness identification of building structure using limited micro-tremor observation
        Ryuji Koyama; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        STRUCTURAL ENGINEERING AND MECHANICS, 2015年10月, 査読有り
      • Prediction of worst combination of variable soil properties in seismic pile response
        K. Fujita; K. Kojima; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2015年10月, 査読有り
      • Bound of earthquake input energy to building structure considering shallow and deep ground uncertainties
        M. Taniguchi; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2015年10月, 査読有り
      • Critical input and response of elastic-plastic structures under long-duration earthquake ground motions
        小島紘太郎; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年08月, 査読有り
      • Innovative base-isolated building with large mass-ratio TMD at basement
        橋本拓哉; 藤田皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        International Journal of Future Cities and Environment, 2015年08月, 査読有り
      • Critical earthquake response of elastic-plastic structures under near-fault ground motions (Part 2: Forward-directivity input)
        小島紘太郎; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年08月, 査読有り
      • Critical earthquake response of elastic-plastic structures under near-fault ground motions (Part 1: Fling-step input)
        小島紘太郎; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年07月, 査読有り
      • Reliability of system identification technique in super high-rise building
        池田亜由美; 藤田皓平; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年07月, 査読有り
      • Critical double impulse input and bound of earthquake input energy to building structure
        小島紘太郎; 藤田皓平; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年06月, 査読有り
      • Non-linear transient behavior during soil liquefaction based on re-evaluation of seismic records
        S. Kamagata; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2015年04月, 査読有り
      • System identification of high-rise buildings using shear-bending model and ARX model: Experimental investigation
        Kohei Fujita; Ayumi Ikeda; Minami Shirono; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2015年04月, 査読有り
      • Mechanism and bounding of earthquake energy input to building structure on surface ground subjected to engineering bedrock motion
        K. Kojima; K. Sakaguchi; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2015年03月, 査読有り
      • 立体トラス構造物の対話型形状創生法
        家永尚明; 竹脇 出; 上谷宏二
        構造工学論文集, 2015年03月, 査読有り
      • Application of story-wise shear building identification method to actual ambient vibration
        藤田皓平; 池田亜由美; 竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年02月, 査読有り
      • Beyond uncertainties in earthquake structural engineering
        竹脇 出
        Frontiers in Built Environment (Specialty Section: Earthquake Engineering), 2015年02月, 査読有り
      • Optimal placement of hysteretic dampers via adaptive sensitivity-smoothing algorithm
        Yu Murakami; Katsuya Noshi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        Computational Methods in Applied Sciences, 2015年, 査読有り
      • STIFFNESS IDENTIFICATION of BUILDING with UNKNOWN VIBRATION SOURCE USING BENDING-SHEAR MODEL and ARX MODEL
        Minami Shirono; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2015年, 査読有り
      • Analysis of liquefaction behavior during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake
        S. Kamagata; I. Takewaki
        Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, 2015年, 査読有り
      • 20194 地盤特性の不確定性を考慮した杭支持建物の地震時杭応力のロバスト性評価法 : その1 杭支持建物の地震時杭応力評価に対する不確定性解析手法の適用(振動・波動解析(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        小島 紘太郎; 岡田 達矢; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20195 地盤特性の不確定性を考慮した杭支持建物の地震時杭応力のロバスト性評価法 : その2 地盤特性のばらつきの取り扱いの異なる場合への提案手法の適用例(振動・波動解析(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        岡田 達矢; 小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 21354 地下階に大質量比TMDを有する免震建物の種々のタイプの地震動に対する応答低減効果(TMD,構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        橋本 拓哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 21395 連結制振構造の地震時最大応答評価における応答スペクトル法の適用限界(評価法(2),構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        服部 梨紗; 藤田 皓平; 竹脇 出; 辻 聖晃
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 21396 変形と加速度に着目した高層建物の地震時応答クライテリアに関する研究(評価法(2),構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        藤森 裕平; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 21404 高減衰ゴムダンパーを用いた高層建物の風荷重に対する応答低減に関する研究(粘性・粘弾性ダンパー(1),構造II,学術講演会・建築デザイン発表会)
        吉門 大志; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20165 建築物の構造性能の変動を考慮したロバスト最適ダンパー配置 : その1 不確定性解析によるロバストネス関数の評価(最適設計(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        藤田 皓平; 安田 圭佑; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20166 建築物の構造性能の変動を考慮したロバスト最適ダンパー配置 : その2 ロバストネス関数を用いたロバスト最適設計(最適設計(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        安田 圭佑; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20170 連結制振建物の主構造剛性分布と連結ダンパー量の合理的決定法(最適設計(3),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        笠置 昌寿; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20171 常時微動とARXモデルを用いた建物のシステム同定(システム同定,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        竹脇 出; 池田 亜由美; 藤田 皓平
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20172 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた強制加振による建物のシステム同定(システム同定,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        城野 みなみ; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • 20173 限定された常時微動記録を用いた建物の剛性同定法における風外乱の影響(システム同定,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        小山 龍二; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年01月
      • C105 連結制振構造の地震時最大応答評価における応答スペクトル法の適用限界(OS5 建設構造物の耐震・免震・制振2)
        辻 聖晃; 服部 梨紗; 藤田 皓平; 竹脇 出
        「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集, 2015年01月
      • 地盤特性と免震装置のばらつきを考慮した多段免震構造における最悪な変動パラメータの解析
        辻 千佳; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        2015年度日本地震工学会大会, 2015年
      • 地盤の不確定性を考慮した建物の地震時杭応力のロバスト性評価法
        岡田 達矢; 小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        鋼構造シンポジウム2015, 2015年, 査読有り
      • Simple and practical analysis of effect of soil liquefaction on response of structure-pile system
        Kotaro Kojima; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, 2015年
      • 高い振動抑制効果を有する多段免震と連結制振のハイブリッド構造
        谷口 正輝; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        2015年度日本地震工学会大会, 2015年
      • 地盤剛性を考慮した連結制振建物モデルへの地震エネルギーの入力メカニズム
        坂口 和大; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2015年, 査読有り
      • Story-wise system identification of actual shear building using ambient vibration data and ARX model
        Ayumi Ikeda; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2014年12月, 査読有り
      • Smart system identification of super high-rise buildings using limited vibration data during the 2011 Tohoku earthquake
        池田亜由美; 南良忠; 藤田皓平; 竹脇 出
        International Journal of High-Rise Buildings, 2014年12月, 査読有り
      • A nonlinear signal-based control method and its applications to input identification for nonlinear SIMO problems
        Ryuta Enokida; Izuru Takewaki; David Stoten
        JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 2014年12月, 査読有り
      • Optimal placement and design of nonlinear dampers for building structures in the frequency domain
        Kohei Fujita; Masatoshi Kasagi; Zi-Qiang Lang; Guo Penfei; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2014年12月, 査読有り
      • 伝達特性の差の補償機能を有する自由度縮約モデルを用いた時刻歴応答評価法
        吉富信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2014年08月01日, 査読有り
      • Unified analysis of kinematic and inertial earthquake pile responses via the single-input response spectrum method
        K. Kojima; K. Fujita; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2014年08月, 査読有り
      • A new interpretation of large amplitude earthquake acceleration from non-linear local soil-structure interaction
        Kotaro Kojima; Shuichi Kamagata; Izuru Takewaki
        NUCLEAR ENGINEERING AND DESIGN, 2014年07月, 査読有り
      • Building earthquake resilience in sustainable cities in terms of input energy
        K. Kojima; K. Fujita; I. Takewaki
        SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY, 2014年07月, 査読有り
      • 連結制振構法を用いた建物の固有振動および減衰に関する基本特性
        満田衛資; 大渕充紀; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会構造系論文集, 2014年02月01日, 査読有り
      • Stiffness and damping simultaneous identification based on extrapolation of unrecorded response to ground motion
        小島紘太郎; 桑原誠; 吉富信太; 藤田皓平; 竹脇 出
        Journal of Architectural Engineering Technology, 2014年03月, 査読有り
      • Simplified analysis of the effect of soil liquefaction on the earthquake pile response
        小島紘太郎; 藤田皓平; 竹脇 出
        Journal of Civil Engineering and Architecture, 2014年03月, 査読有り
      • 連結制振建物のダンパー量摂動展開による地震時応答特性
        坂口和大; 満田衛資; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2014年03月, 査読有り
      • 幅広いタイプの地震動にも頑強な免震と連結制振のハイブリッド構造
        村瀬 充; 藤田皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2014年03月, 査読有り
      • Toward greater building earthquake resilience using concept of critical excitation: A review
        I. Takewaki
        SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY, 2013年12月, 査読有り
      • System identification of super high-rise buildings using limited vibration data during the 2011 Tohoku (Japan) earthquake
        Y. Minami; S. Yoshitomi; I. Takewaki
        STRUCTURAL CONTROL & HEALTH MONITORING, 2013年11月, 査読有り
      • Importance of interstory velocity on optimal along-height allocation of viscous oil dampers in super high-rise buildings
        Fuyuki Adachi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2013年11月, 査読有り
      • New insights into seismic behavior of building and surrounding soil at Hamaoka nuclear power station during Suruga Bay earthquake in 2009
        S. Kamagata; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2013年10月, 査読有り
      • Output frequency response function based design of additional nonlinear viscous dampers for vibration control of multi-degree-of-freedom systems
        Z. Q. Lang; P. F. Guo; I. Takewaki
        JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 2013年09月, 査読有り
      • Discussion on "Optimum placement and characteristics of velocitydependent dampers under seismic excitation" by Seyed Amin Mousavi and Amir K. Ghorbani-Tanha: Earthq Eng & Eng Vib, 11(3): 403-414, DOI: 10.1007/s11803-012-0130-4
        Izuru Takewaki
        Earthquake Engineering and Engineering Vibration, 2013年09月, 査読有り
      • Smart passive control of buildings with higher redundancy and robustness using base-isolation and inter-connection
        Mitsuru Murase; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2013年06月, 査読有り
      • Towards narrowing unexpected issues in future earthquakes: A review
        Izuru Takewaki
        Advances in Structural Engineering, 2013年05月01日, 査読有り
      • A new approach to system identification and damage detection of high-rise buildings
        M. Kuwabara; S. Yoshitomi; I. Takewaki
        STRUCTURAL CONTROL & HEALTH MONITORING, 2013年05月, 査読有り
      • Occurrence mechanism of recent large earthquake ground motions at nuclear power plant sites in Japan under soil-structure interaction
        Shuichi Kamagata; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2013年05月, 査読有り
      • Uncertainties in long-period ground motion and its impact on building structural design: Case study of the 2011 Tohoku (Japan) earthquake
        Izuru Takewaki; Kohei Fujita; Shinta Yoshitomi
        Engineering Structures, 2013年04月, 査読有り
      • Advanced system identification for super high-rise building using shear-bending model
        Kohei Fujita; Ryuji Koyama; I. Takewaki
        Proc. of Engineering Mechanics 2016, 2013年
      • Nonlinear optimal oil damper design in seismically controlled multi-story building frame
        F. Adachi; S. Yoshitomi; M. Tsuji; I. Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2013年01月, 査読有り
      • Optimum pile arrangement in piled raft foundation by using simplified settlement analysis and adaptive step-length algorithm
        Keiji Nakanishi; Izuru Takewaki
        Geomechanics and Engineering, 2013年, 査読有り
      • New experimental system for base-isolated structures with various dampers and limit aspect ratio
        I. Takewaki; M. Kanamori; S. Yoshitomi; M. Tsuji
        Earthquake and Structures, 2013年, 査読有り
      • Simultaneous optimal damper placement using oil, hysteretic and inertial mass dampers
        Yu Murakami; Katsuya Noshi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        Earthquake and Structures, 2013年, 査読有り
      • Evolutionary Path-Dependent Damper Optimization for Variable Building Stiffness Distributions
        Izuru Takewaki; Kohei Fujita
        Metaheuristic Applications in Structures and Infrastructures, 2013年, 査読有り
      • New three-layer-type hysteretic damper system and its damping capacity
        Hyeong Gook Kim; Shinta Yoshitomi; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2012年12月, 査読有り
      • Robust passive damper design for building structures under uncertain structural parameter environments
        Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2012年12月, 査読有り
      • Post-Tensioning High-Hardness Rubber Damper System for Vibration Control of Residential Houses and Building Structures
        Hyeong Gook Kim; Shinta Yoshitomi; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2012年12月, 査読有り
      • Fundamental mechanism of earthquake response reduction in building structures with inertial dampers
        I. Takewaki; S. Murakami; S. Yoshitomi; M. Tsuji
        STRUCTURAL CONTROL & HEALTH MONITORING, 2012年10月, 査読有り
      • Characterization of earthquake ground motion of multiple sequences
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2012年10月, 査読有り
      • 多層建物におけるオイルダンパーの最適リリーフ荷重決定法
        辻聖晃; 田中英稔; 田中英稔; 田中英稔; 吉富信太; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2012年08月, 査読有り
      • 高硬度ゴムを用いた3段ユニット間柱型粘弾性ダンパーシステムの開発と制振特性の簡易評価法
        辻聖晃; 藤原悠祐; 吉富信太; KIM Hyeong Gook; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2012年07月, 査読有り
      • Ductility inverse-mapping method for SDOF systems including passive dampers for varying input level of ground motion
        Hyeong-Gook Kim; Shinta Yoshitomi; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2012年02月, 査読有り
      • Analytical and experimental study on a new stud-type hysteretic and visco-elastic hybrid damper system
        Kim, Hyeong-Gook; Yoshitomi, S; Tsuji, M; Takewaki, I
        Architectoni.ca Journal,1 (2), pp. 106-117, 2012年01月, 査読有り
      • Robustness evaluation on earthquake response of base-isolated buildings with uncertain structural properties under long-period ground motions
        Fujita, K; Takewaki, I
        Architectoni.ca Journal,1 (1), pp. 46-59, 2012年01月, 査読有り
      • An efficient methodology for robustness evaluation by advanced interval analysis using updated second-order Taylor series expansion
        Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2011年12月, 査読有り
      • セットバック建物の弾性地震応答解析のための層方向縮約モデル
        足立冬樹; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2011年11月, 査読有り
      • 線形履歴減衰を有する建物のARXモデルを用いた減衰同定法
        吉富信太; 南 良忠; 竹脇 出
        JCOSSAR 2011 論文集,, pp. 757-762, 2011年11月, 査読有り
      • The 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake and response of high-rise buildings under long-period ground motions
        I. Takewaki; S. Murakami; K. Fujita; S. Yoshitomi; M. Tsuji
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2011年11月, 査読有り
      • Sustainable building design under uncertain structural-parameter environment in seismic-prone countries
        K. Fujita; I. Takewaki
        Sustainable Cities and Society, 2011年10月, 査読有り
      • Instantaneous earthquake input energy and sensitivity in base-isolated building
        Kaoru Yamamoto; Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, 2011年10月, 査読有り
      • Sustainable building design under uncertain structural-parameter environment in seismic-prone countries
        K. Fujita; I. Takewaki
        SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY, 2011年10月, 査読有り
      • Optimization and anti-optimization of structures under uncertainty
        Izuru Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2011年09月, 査読有り
      • 不確定な構造特性を有する免震建物のロバスト性評価のための地震時応答限界解析
        藤田皓平; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2011年08月30日, 査読有り
      • 限定された地震観測記録とARXモデルを用いた建物の剛性・減衰同定法
        前田朋宏; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2011年08月, 査読有り
      • Discussion of "Seismic Response of Adjacent Steel Structures Connected by Passive Device" by H. Roh, GP. Cimmellaro and D. Lopez-Garcia, Vol. 14, No. 3, pp. 499-5170, 2011.
        Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2011年08月, 査読有り
      • 地震動を受ける粘性ダンパー付建物の層方向自由度に関する縮約法
        辻聖晃; 田中英稔; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2011年07月, 査読有り
      • Enhanced reduced model for elastic earthquake response analysis of a class of mono-symmetric shear building structures with constant eccentricity
        Fuyuki Adachi; Shinta Yoshitomi; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2011年07月, 査読有り
      • Scaling of design earthquake ground motions for tall buildings based on drift and input energy demands
        I. Takewaki; H. Tsujimoto
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2011年06月, 査読有り
      • 2013 曲げせん断型建物モデルのH^∞ノルムを最小化するパッシブダンパーの最適配置(構造)
        山本 薫; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2014 粘性ダンパーを有する制振構造物における不確定性を考慮したロバスト性評価法(構造)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2034 線形履歴減衰を有する建物のARXモデルを用いた減衰同定法(構造)
        南 良忠; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2035 ARXモデルと伝達関数極限値を用いた曲げせん断型モデルの剛性・減衰同定法(構造)
        桑原 誠; 吉富 信太; 中村 尚弘; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2036 限定された観測データを用いたARXモデルによる剛性・減衰同定法(構造)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • Preliminary report of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE A, 2011年05月, 査読有り
      • Response of nonlinear single-degree-of-freedom structures to random acceleration sequences
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2011年04月, 査読有り
      • 建物の平面配置効果を考慮した2棟連結制振構法の特性解析
        半田潤; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        構造工学論文集 B, 2011年03月25日, 査読有り
      • Smart passive damper control for greater building earthquake resilience in sustainable cities
        I. Takewaki; K. Fujita; K. Yamamoto; H. Takabatake
        Sustainable Cities and Society, 2011年02月, 査読有り
      • Smart passive damper control for greater building earthquake resilience in sustainable cities
        I. Takewaki; K. Fujita; K. Yamamoto; H. Takabatake
        SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY, 2011年02月, 査読有り
      • 実体波と表面波から構成される地震動を受ける弾塑性構造物に対する極限外乱
        上野浩平; 藤田皓平; MOUSTAFA Abbas; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2011年, 査読有り
      • Dynamic Steady-State Analysis of Structures under Uncertain Harmonic Loads via Semidefinite Program
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        IUTAM SYMPOSIUM ON THE VIBRATION ANALYSIS OF STRUCTURES WITH UNCERTAINTIES, 2011年, 査読有り
      • Critical input for inelastic structures under evolving seismic waves
        Kohei Ueno; Kohei Fujita; Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        Journal of Structural and Construction Engineering, 2011年, 査読有り
      • 建築構造物のHノルムを最小化する最適ダンパー配置
        山本薫; 藤田皓平; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2010年12月30日, 査読有り
      • 非線形復元力特性を有する制振ダンパーの構造縮約モデルを用いた最適配置法
        辻聖晃; 国分宏樹; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2010年, 査読有り
      • An evolutionary algorithm for optimal damper placement to minimize interstorey-drift transfer function in shear building
        Kohei Fujita; Kaoru Yamamoto; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2010年09月, 査読有り
      • Modeling Critical Ground-Motion Sequences for Inelastic Structures
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2010年08月, 査読有り
      • 2.構造-3.応用力学・構造解析 地盤強制変位による運動学的効果を考慮した杭基礎を有する建築骨組の上部下部統合化設計(材料・構造系)
        岸田 明子; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会北陸支部研究報告集, 2010年07月18日, 査読有り
      • Critical earthquake loads for SDOF inelastic structures considering evolution of seismic waves
        Abbas Moustafa; Kohei Ueno; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2010年06月, 査読有り
      • 2001 実体波と表面波から構成される地震動を受ける弾塑性構造物に対する極限外乱(構造)
        上野 浩平; Moustafa Abbas; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2015 免震建物の免震層ダンパーの特性変化を考慮した限界アスペクト比(構造)
        吉富 信太; 金森 雅純; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2020 地震動を受ける粘性ダンパーを有する建物の層方向自由度に関する縮約法(構造)
        田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2021 非線形復元力特性を有する制振ダンパーの構造縮約モデルを用いた最適配置法(構造)
        国分 宏樹; 市橋 直樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2022 最大層間変位伝達関数の最小化を目標とする最適ダンパー配置(構造)
        藤田 皓平; 山本 薫; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2023 層間変位伝達関数のH^∞ノルムを最小化する粘性ダンパーの最適配置(構造)
        山本 薫; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2025 戸建住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その1 実大実験(構造)
        村田 翔太朗; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出; 佐田 貴浩; 田中 和宏
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2026 戸建住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その2 変形拡大機構を用いた実験(構造)
        藤原 悠祐; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 佐田 貴浩; 田中 和宏
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2028 建物の平面配置効果を考慮した2棟連結制振構法の特性解析(構造)
        半田 潤; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2029 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム及び連結ダンパーの応答低減比マップを用いた設計法(構造)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2030 建物に設置された慣性質量ダンパーの制振特性(構造)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2032 地震動に対する非観測応答データの外挿に基づく建物の剛性・減衰同時同定法(構造)
        桑原 誠; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • 2033 上層部に未知の振動源を有する建物のシステム同定法 : その2:ARXモデルを用いたノイズバイアス補正法(構造)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日, 査読有り
      • Deterministic and probabilistic representation of near-field pulse-like ground motion
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2010年05月, 査読有り
      • Characterization and modeling of near-fault pulse-like strong ground motion via damage-based critical excitation method
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        STRUCTURAL ENGINEERING AND MECHANICS, 2010年04月, 査読有り
      • 戸建て住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構
        辻 聖晃; 藤原 悠祐; 村田 翔太朗; 金 亨國; 吉富 信太; 竹脇 出
        構造工学論文集,56B, pp. 171-178, 2010年03月, 査読有り
      • Optimal placement of viscoelastic dampers and supporting members under variable critical excitations
        Kohei Fujita; Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        EARTHQUAKES AND STRUCTURES, 2010年03月, 査読有り
      • アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム及び連結ダンパーの応答低減比マップを用いた設計法
        辻聖晃; 中川大輔; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2010年02月, 査読有り
      • Response Spectrum Method for Kinematic Soil-Pile Interaction Analysis
        A. Kishida; I. Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2010年02月, 査読有り
      • Temporal variation in modal properties of a base-isolated building during an earthquake
        Izuru Takewaki; Mitsuru Nakamura
        JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE A, 2010年01月, 査読有り
      • Critical correlation of bi-directional horizontal ground motions
        K. Fujita; I. Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2010年01月, 査読有り
      • 内部に未知の振動源を有する建物の剛性と減衰の同時同定法
        吉富信太; 前田朋宏; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2009年, 査読有り
      • 戸建て住宅の微振動制御のためのポストテンション型制振機構
        村田 翔太郎; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        鋼構造年次論文報告集,17, pp. 127-132, 2009年11月, 査読有り
      • HIGH-PERFORMANCE CONTROL OF WIND-INDUCED VIBRATION OF HIGH-RISE BUILDING VIA INNOVATIVE HIGH-HARDNESS RUBBER DAMPER
        T. Tani; S. Yoshitomi; M. Tsuji; I. Takewaki
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, 2009年11月, 査読有り
      • Property of critical excitation for moment-resisting frames subjected to horizontal and vertical simultaneous ground motions
        Kohei Fujita; Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE A, 2009年11月, 査読有り
      • EARTHQUAKE INPUT ENERGY TO TALL AND BASE-ISOLATED BUILDINGS IN TIME AND FREQUENCY DUAL DOMAINS
        Izuru Takewaki; Kohei Fujita
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, 2009年10月, 査読有り
      • 風外力を受ける超高層建築物の逆問題定式化に基づく時刻歴解析用縮約外力と縮約構造モデル
        鈴木ちひろ; 辻聖晃; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2009年06月, 査読有り
      • Use of probabilistic and deterministic measures to identify unfavorable earthquake records
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE A, 2009年05月, 査読有り
      • Noise-effect compensation method for physical-parameter system identification under stationary random input
        S. Yoshitomi; I. Takewaki
        STRUCTURAL CONTROL & HEALTH MONITORING, 2009年04月, 査読有り
      • 免震建物の限界アスペクト比の解析,その2:積層ゴムの引張域における非線形特性を考慮した簡易解析
        日野 惇; 竹脇 出
        構造工学論文集,55B, pp. 497-506, 2009年03月, 査読有り
      • アウトフレーム連結制振耐震補強のための連結ダンパーの合理的決定法
        伊藤宰; 辻聖晃; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2009年02月, 査読有り
      • Noise-bias compensation in physical-parameter system identification under microtremor input
        S. Yoshitomi; I. Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2009年02月, 査読有り
      • Semidefinite programming for dynamic steady-state analysis of structures under uncertain harmonic loads
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2009年, 査読有り
      • 極限的共振正弦波外乱レベルと建築構造物の応答量の相関関係
        辻本 裕之; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        鋼構造年次論文報告集,16, pp. 521-528, 2008年11月, 査読有り
      • Bound of aspect ratio of base-isolated buildings considering nonlinear tensile behavior of rubber bearing
        J. Hino; S. Yoshitomi; M. Tsuji; I. Takewaki
        STRUCTURAL ENGINEERING AND MECHANICS, 2008年10月, 査読有り
      • Discussion of "Reliability Analysis of Single-Degree-of-Freedom Elastoplastic Systems. I: Critical Excitations" by Siu-Kui Au, Heung-Fai Lam, and Ching-Tai Ng
        Siu-Kui Au; Heung-Fai Lam; Ching-Tai Ng
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2008年10月, 査読有り
      • 高硬度ゴム粘弾性体の力学モデルの構築(その1 極微小変形から大変形までの歪・振動数依存性のモデル化)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本達治
        日本建築学会構造系論文集, (629), pp. 1079-1086, 2008年07月, 査読有り
      • Robustness of base-isolated high-rise buildings under code-specified ground
        I. Takewaki
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, 2008年06月, 査読有り
      • アウトフレーム連結制振構法による既存建物耐震補強の逆問題型アプローチ
        伊藤宰; 辻聖晃; 吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2008年05月, 査読有り
      • 小振幅定常ランダム入力を用いた建築構造物のシステム同定におけるノイズバイアスの補正法
        吉富信太; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2008年05月, 査読有り
      • Critical cross-correlation function of horizontal and vertical ground motions for uplift of rigid block
        K. Fujita; S. Yoshitomi; M. Tsuji; I. Takewaki
        ENGINEERING STRUCTURES, 2008年05月, 査読有り
      • 水平上下同時入力地震動を受ける大スパンラーメンの断面力に対するクリティカル外乱
        藤田皓平; 竹脇出; 中村尚弘
        日本建築学会構造系論文集, 2008年04月, 査読有り
      • 免震建物の限界アスペクト比の解析,その1:漸化式型線形解析に基づく積層ゴムの軸方向変形簡易解析法
        日野 惇; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造工学論文集,54B, pp. 591-598, 2008年03月, 査読有り
      • Semidefinite programming for uncertain linear equations in static analysis of structures
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2008年, 査読有り
      • 連結制震ダンパーを有する構造物群へ入力される地震エネルギーの基本特性
        竹脇出; 辻聖晃
        日本建築学会構造系論文集, 2007年06月30日, 査読有り
      • Analysis of earthquake energy input in soil-pile-structure system with uncertain soil parameter
        Akiko Kishida; Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2007年06月, 査読有り
      • Earthquake input energy to two buildings connected by viscous dampers
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2007年05月, 査読有り
      • Closed-form sensitivity of earthquake input energy to soil-structure interaction system
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2007年04月, 査読有り
      • 外付けフレームとのダンパー連結による低層既存建物の耐震補強構法
        辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2007年02月28日, 査読有り
      • Worst case plastic limit analysis of trusses under uncertain loads via mixed 0-1 programming
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        JOURNAL OF MECHANICS OF MATERIALS AND STRUCTURES, 2007年02月, 査読有り
      • Closure of "Stiffness-damping simultaneous identification under limited observation" by Izuru Takewaki and Mitsuru Nakamura
        Izuru Takewaki; Mitsuru Nakamura
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2007年03月, 査読有り
      • Exact higher-order sensitivity and variation of earthquake energy input in soil-structure interaction system
        Akiko Kishida; Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2006年10月, 査読有り
      • Resonant behaviour of base-isolated high-rise buildings under long-period ground motions
        T. Ariga; Y. Kanno; I. Takewaki
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL AND SPECIAL BUILDINGS, 2006年09月, 査読有り
      • Probabilistic critical excitation method for earthquake energy input rate
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2006年09月, 査読有り
      • Sequential semidefinite program for maximum robustness design of structures under load uncertainty
        Y. Kanno; I. Takewaki
        JOURNAL OF OPTIMIZATION THEORY AND APPLICATIONS, 2006年08月, 査読有り
      • Worst-case analysis for earthquake energy input rate in SDOF and MDOF structures
        Takewaki, I
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2006年06月, 査読有り
      • Robustness analysis of trusses with separable load and structural uncertainties
        Y Kanno; Takewaki, I
        INTERNATIONAL JOURNAL OF SOLIDS AND STRUCTURES, 2006年05月, 査読有り
      • Ellipsoidal bounds for static response of uncertain trusses by using semidefinite programming
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        CJK-OSM 4: The Fourth China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems, 2006年, 査読有り
      • Confidence ellipsoids for static response of trusses with load and structural uncertainties
        Yoshihiro Kanno; Izuru Takewaki
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2006年, 査読有り
      • Info-gap robust design with load and model uncertainties
        Takewaki, I; Y Ben-Haim
        JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION, 2005年12月, 査読有り
      • Stiffness-damping simultaneous identification under limited observation
        Takewaki, I; M Nakamura
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2005年10月, 査読有り
      • Discussion of "Bound of earthquake input energy" by Izuru Takewaki
        A Bakhshi; H Tavallali
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2005年10月, 査読有り
      • 杭基礎を有する建築骨組の上部‐下部統合化設計
        岸田明子; 山川誠; 五十子幸樹; 山崎雅弘; 竹脇出; 上谷宏二
        日本建築学会大会学術講演梗概集, 2005年09月
      • Bound of earthquake input energy to soil-structure interaction systems
        Takewaki, I
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2005年08月, 査読有り
      • A comprehensive review of seismic critical excitation methods for robust design
        Takewaki, I
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2005年08月, 査読有り
      • Efficient analysis of pile-group effect on seismic stiffness and strength design of buildings
        Takewaki, I; A Kishida
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2005年07月, 査読有り
      • Uncertain-parameter sensitivity of earthquake input energy to base-isolated structure
        L Takewaki
        STRUCTURAL ENGINEERING AND MECHANICS, 2005年06月, 査読有り
      • 剛性および外力の不確定性を考慮したトラスのロバストネス関数に対する近似アルゴリズム
        寒野善博; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2005年05月30日, 査読有り
      • Frequency-domain analysis of earthquake input energy to structure-pile systems
        Takewaki, I
        ENGINEERING STRUCTURES, 2005年03月, 査読有り
      • Response spectrum method for nonlinear surface ground analysis
        Takewaki, I
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2004年12月, 査読有り
      • Earthquake input energy to soil-structure interaction systems: A frequency-domain approach
        L Takewaki; H Fujimoto
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2004年10月, 査読有り
      • 構造物‐杭‐地盤連成系への地震エネルギー入力
        竹脇 出; 大渕邦之; 山崎雅弘
        日本建築学会構造系論文集, (583), pp. 39-46, 2004年09月, 査読有り
      • Bound of earthquake input energy
        Takewaki, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2004年09月, 査読有り
      • Critical envelope functions for non-stationary random earthquake input
        Takewaki, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 2004年08月, 査読有り
      • 不確定性を有する構造物のロバスト性の非確率的評価法
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2004年07月30日, 査読有り
      • Frequency domain modal analysis of earthquake input energy to highly damped passive control structures
        Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2004年04月, 査読有り
      • スウェイ・ロッキングモデルに入力される地震エネルギーの限界値
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2004年02月28日, 査読有り
      • 多様な減衰分布を有する構造物に入力される地震エネルギーの限界値
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2003年10月30日, 査読有り
      • 動的Winklerばねモデルを用いた杭支持建築構造物の地震時剛性設計
        竹脇出; 土井明裕; 辻聖晃; 上谷宏二
        日本建築学会構造系論文集, 2003年09月30日, 査読有り
      • Fast practical evaluation of soil-structure interaction of embedded structures
        Takewaki, I; N Takeda; K Uetani
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2003年04月, 査読有り
      • Application of an optimum design method to practical building frames with viscous dampers and hysteretic dampers
        K Uetani; M Tsuji; Takewaki, I
        ENGINEERING STRUCTURES, 2003年04月, 査読有り
      • Robust building stiffness design for variable critical excitations
        Takewaki, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2002年12月, 査読有り
      • Simplified inverse stiffness design for nonlinear soil amplification
        Takewaki, I; N Fujii; K Uetani
        ENGINEERING STRUCTURES, 2002年11月, 査読有り
      • 非定常ランダム地震入力におけるクリティカル包絡線関数
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2002年09月30日, 査読有り
      • Nonlinear surface ground analysis via statistical approach
        Takewaki, I; N Fujii; K Uetani
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2002年08月, 査読有り
      • Seismic critical excitation method for robust design: A review
        Takewaki, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2002年05月, 査読有り
      • Computational soil-structure interaction design via inverse problem formulation for cone models
        I.Takewaki; H.Fujimoto; K.Uetani
        An International Journal of Computational Structural Engineering,2 (1), pp. 33-42, 2002年04月, 査読有り
      • Critical damping of structures with elastically supported visco-elastic dampers
        Y Lee; Takewaki, I; K Uetani; K Inoue
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2002年02月, 査読有り
      • Critical excitation for elastic-plastic structures via statistical equivalent linearization
        Takewaki, I
        PROBABILISTIC ENGINEERING MECHANICS, 2002年01月, 査読有り
      • Resonance and criticality measure of ground motions via probabilistic critical excitation method
        Takewaki, I
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 2001年12月, 査読有り
      • Probabilistic critical excitation for MDOF elastic-plastic structures on compliant ground
        Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2001年09月, 査読有り
      • Nonstationary random critical excitation for acceleration response
        Takewaki, I
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2001年06月, 査読有り
      • A new method for non-stationary random critical excitation
        Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2001年04月, 査読有り
      • アクリル系粘弾性ダンパーを用いた応答制御設計骨組のランダム波振動実験
        竹脇出; 大森道孝; 辻聖晃; 吉田亘利; 上谷宏二
        構造工学論文集 B, 2001年03月20日, 査読有り
      • 確率的等価線形化による多自由度弾塑性構造物のクリティカル外乱
        竹脇 出
        構造工学論文集,47B, pp. 187-194, 2001年03月, 査読有り
      • 変動クリティカル外乱に対するグローバル性能最大化設計
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2001年01月30日, 査読有り
      • Nonstationary random critical excitation for nonproportionally damped structural systems
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2001年, 査読有り
      • Optimal damper placement for planar building frames using transfer functions
        Takewaki, I
        STRUCTURAL AND MULTIDISCIPLINARY OPTIMIZATION, 2000年12月, 査読有り
      • Inverse component-mode synthesis method for damped large structural systems
        Takewaki, I; K Uetani
        COMPUTERS & STRUCTURES, 2000年11月, 査読有り
      • 多自由度線形構造物モデルに対する確率論的非定常critical外乱法
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2000年10月30日, 査読有り
      • Optimal damper placement for critical excitation
        Takewaki, I
        PROBABILISTIC ENGINEERING MECHANICS, 2000年10月, 査読有り
      • Stiffness-damping simultaneous identification using limited earthquake records
        Takewaki, I; M Nakamura
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2000年08月, 査読有り
      • 確率論に基づく新しいcritical外乱法
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2000年07月30日, 査読有り
      • Reduced-basis stiffness inversion of a structure-foundation system via component-mode synthesis
        Takewaki, I; H Sato; K Uetani
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL BUILDINGS, 2000年06月, 査読有り
      • 非線形システム同定法による高減衰ゴムダンパー力学モデルの構築
        来田義弘; 中村豊; 竹脇出; 上谷宏二
        日本建築学会構造系論文集, 2000年05月30日, 査読有り
      • 地盤との連成を考慮した曲げ‐せん断型構造物モデルの地震時有効ダンパー配置法
        竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 2000年04月30日, 査読有り
      • 高減衰ゴムダンパーの力学モデルの構築とその適正配置に関する検討
        来田義弘; 中村豊; 竹脇出; 上谷宏二
        構造工学論文集 B, 2000年03月20日, 査読有り
      • 1次元せん断棒有限要素モデルと限定された観測地震動を用いたシステム同定
        竹脇出; 中村充; 安井譲; 上谷宏二
        構造工学論文集 B, 2000年03月20日, 査読有り
      • 建築骨組構造物のトータル量表現を用いた塑性ヒンジ形成位置の効率的解析
        上谷宏二; 竹脇出; 岡田将敏; 辻聖晃
        日本建築学会構造系論文集, 2000年02月28日, 査読有り
      • Semiexplicit random response and sensitivity of simple SSI system
        Takewaki, I
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2000年02月, 査読有り
      • Soil-structure random response reduction via TMD-VD simultaneous use
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2000年, 査読有り
      • An approach to stiffness-damping simultaneous optimization
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2000年, 査読有り
      • Displacement-acceleration control via stiffness-damping collaboration
        Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 1999年12月, 査読有り
      • Inverse stiffness design of shear-flexural building models including soil-structure interaction
        Takewaki, I
        ENGINEERING STRUCTURES, 1999年12月, 査読有り
      • 多構面骨組構造物における弾塑性復元力特性のトータル量表現型設計感度解析
        上谷宏二; 竹脇出; 杉村義文
        日本建築学会構造系論文集, 1999年10月30日, 査読有り
      • Hybrid inverse eigenmode problem for top-linked twin shear building models
        Takewaki, I
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICAL SCIENCES, 1999年09月, 査読有り
      • Efficient inverse frequency design of tapered beams including shear deformations
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 1999年08月, 査読有り
      • Efficient redesign of damped large structural systems via domain decomposition with exact dynamic condensation
        Takewaki, I; K Uetani
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 1999年08月, 査読有り
      • Optimal damper placement for building structures including surface ground amplification
        Takewaki, I; K Uetani
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 1999年07月, 査読有り
      • Non-monotonic optimal damper placement via steepest direction search
        Takewaki, I; S Yoshitomi; K Uetani; M Tsuji
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 1999年06月, 査読有り
      • Seismic Shear Building Design for Frequency-Dependent Supports via Hybrid Inverse Formulation
        I.Takewaki
        ISET Journal of Earthquake Technology,35 (1-3), pp. 28-60, 1999年01月, 査読有り
      • Effects of support stiffnesses on optimal damper placement for a planar building frame
        Takewaki, I; S Yoshitomi
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL BUILDINGS, 1998年12月, 査読有り
      • Inverse component-mode synthesis method for redesign of large structural systems
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 1998年11月, 査読有り
      • 縮約モデル‐骨組逆置換法に基づく骨組設計法
        竹脇出; 杉山哲彦; 辻聖晃; 上谷宏二
        日本建築学会構造系論文集, 1998年10月, 査読有り
      • 縮約モデル‐骨組逆置換法のためのトータル量表現型設計感度解析
        上谷宏二; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文集, 1998年09月, 査読有り
      • Equivalent linear ductility design of soil-structure interaction systems
        Takewaki, I
        ENGINEERING STRUCTURES, 1998年08月, 査読有り
      • Hybrid inverse eigenmode problem for a shear building supporting a finite element subassemblage
        Takewaki, I
        JOURNAL OF VIBRATION AND CONTROL, 1998年07月, 査読有り
      • Remarkable response amplification of building frames due to resonance with the surface ground
        Takewaki, I
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 1998年06月, 査読有り
      • Relation of a frequency-dependent structure with the corresponding frequency-independent structure
        Takewaki, I
        INTERNATIONAL JOURNAL OF SOLIDS AND STRUCTURES, 1998年05月, 査読有り
      • Optimal damper positioning in beams for minimum dynamic compliance
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 1998年04月, 査読有り
      • Seismic frame design via inverse mode design of frame-ground systems
        Takewaki, I; T Nakamura; K Hirayama
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 1998年04月, 査読有り
      • Optimal damper placement for minimum transfer functions
        Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 1997年11月, 査読有り
      • Incremental inverse eigenmode problem for performance-based structural redesign
        Takewaki, I
        FINITE ELEMENTS IN ANALYSIS AND DESIGN, 1997年10月, 査読有り
      • Efficient redesign of damped structural systems for target transfer functions
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 1997年08月, 査読有り
      • Efficient semi-analytical generator of initial stiffness designs for steel frames under seismic loading .2. Slender frame
        Takewaki, I
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL BUILDINGS, 1997年06月, 査読有り
      • Efficient semi-analytical generator of initial stiffness designs for steel frames under seismic loading .1. Fundamental frame
        Takewaki, I
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL BUILDINGS, 1997年06月, 査読有り
      • Hybrid inverse mode problem for structure-foundation systems
        Takewaki, I; T Nakamura
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 1997年04月, 査読有り
      • Elastic frame redesign via a performance-based incremental inverse problem
        Takewaki, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1997年04月, 査読有り
      • Efficient optimal frequency design of elastically supported distributed-parameter cantilevers
        Takewaki, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1997年01月, 査読有り
      • Design-oriented ductility bound of a plane frame under seismic loading
        Izuru Takewaki
        JVC/Journal of Vibration and Control, 1997年, 査読有り
      • Sequential stiffness design for seismic drift ranges of a shear building-pile-soil system
        T Nakamura; Takewaki, I; Y Asaoka
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 1996年12月, 査読有り
      • Design-oriented approximate bound of inelastic responses of a structure under seismic loading
        Takewaki, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1996年11月, 査読有り
      • A hybrid inverse mode problem for fixed-fixed mass-spring models
        Takewaki, I; T Nakamura; Y Arita
        JOURNAL OF VIBRATION AND ACOUSTICS-TRANSACTIONS OF THE ASME, 1996年10月, 査読有り
      • Semi-explicit optimal frequency design of chimneys with geometrical constraints
        Takewaki, I
        FINITE ELEMENTS IN ANALYSIS AND DESIGN, 1996年08月, 査読有り
      • Optimal frequency design of tower structures via an approximation concept
        Takewaki, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1996年02月, 査読有り
      • HYBRID INVERSE MODE PROBLEMS FOR FEM-SHEAR MODELS
        TAKEWAKI, I; T NAKAMURA
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 1995年08月, 査読有り
      • せん断型地盤で支持されたせん断棒型構造物の指定地震時変形に対する剛性設計
        中村恒善; 竹脇出; 浅岡泰彦
        日本建築学会構造系論文集, 1995年04月, 査読有り
      • 指定剛性変動係数を有する地盤で支持されたせん断型構造物‐杭系の指定地震時変形に対する剛性設
        竹脇 出; 中村恒善
        構造工学論文集,41B, pp. 129-138, 1995年03月, 査読有り
      • 既製コンクリート杭根固め部構造耐力の施工形状依存性
        山崎雅弘; 竹脇 出; 長岡弘明; 中村恒善
        構造工学論文集,41B, pp. 467-476, 1995年03月, 査読有り
      • 下部剛性指定せん断型構造物モデルの混合型逆定式化による地震時応答制約剛性設計
        竹脇出; 中村恒善
        日本建築学会構造系論文集, 1994年01月, 査読有り
      • 連層鋼板耐震壁を有する平面建築骨組の地震時弾性変形制約設計
        竹脇出; 中村恒善
        日本建築学会構造系論文報告集, 1993年12月, 査読有り
      • DESIGN OF STEEL FRAMES FOR SPECIFIED SEISMIC MEMBER DUCTILITY VIA INVERSE EIGENMODE FORMULATION
        T NAKAMURA; M TSUJI; TAKEWAKI, I
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1993年06月, 査読有り
      • 弾性支持された曲げ剪断型構造物モデルの混合型逆定式化による地震時変形制約設計
        竹脇 出; 中村恒善
        構造工学論文集,39B, pp. 105-118, 1993年03月, 査読有り
      • 混合型逆定式化による建築骨組‐杭‐地盤連成系の地震時設計ひずみに対する剛性設計
        中村恒善; 竹脇出; 島野幸弘
        日本建築学会構造系論文報告集, 1992年10月, 査読有り
      • A UNIFIED EARTHQUAKE-RESISTANT DESIGN METHOD FOR STEEL FRAMES USING ARMA MODELS
        TAKEWAKI, I; JP CONTE; SA MAHIN; KS PISTER
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 1991年05月, 査読有り
      • PROBABILISTIC MULTIOBJECTIVE OPTIMAL-DESIGN OF SEISMIC-RESISTANT BRACED STEEL FRAMES USING ARMA MODELS
        TAKEWAKI, I; JP CONTE; SA MAHIN; KS PISTER
        COMPUTERS & STRUCTURES, 1991年, 査読有り
      • 平面弾性剪断型構造物‐杭系の地震時応答制約設計
        中村恒善; 竹脇 出; 島野幸弘
        日本建築学会構造系論文報告集, (403), pp. 125-137, 1989年09月, 査読有り
      • DUCTILITY DESIGN VIA OPTIMUM DESIGN OF NONLINEAR ELASTIC FRAMES
        T NAKAMURA; TAKEWAKI, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 1989年03月, 査読有り
      • OPTIMAL ELASTIC STRUCTURES WITH FREQUENCY-DEPENDENT ELASTIC SUPPORTS
        T NAKAMURA; TAKEWAKI, I
        INTERNATIONAL JOURNAL OF SOLIDS AND STRUCTURES, 1989年, 査読有り
      • 筋違付建築骨組の激震時応答解析用モデル骨組
        中村恒善; 竹脇 出; 常岡次郎
        構造工学論文集,34B, pp. 85-94, 1988年03月, 査読有り
      • 非線形弾性平面骨組のコンプライアンス制約条件下の最小コスト設計と最大ひずみ制御法
        中村恒善; 竹脇出
        日本建築学会構造系論文報告集, 1986年04月, 査読有り
      • 弾性支持されたせん断型構造物の一次固有周期制約条件下の最適設計
        中村恒善; 竹脇出
        構造工学論文集 B, 1985年03月, 査読有り
      • OPTIMUM BUILDING DESIGN FOR FORCED-MODE COMPLIANCE
        T NAKAMURA; TAKEWAKI, I
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 1985年, 査読有り
      • 繰り返し両振り塑性曲げをうける鋼片持梁-柱の構面内変形の収束と発散に関する実験的研究
        横尾 義貫; 中村 恒善; 上谷 宏二; 竹脇 出
        日本建築学会論文報告集, 1982年06月30日, 査読有り

      MISC

      • Simplified dynamic analysis of high-rise buildings: Applications to simplified seismic diagnosis and retrofit using the extended rod theory
        Hideo Takabatake; Yukihiko Kitada; Izuru Takewaki; Akiko Kishida
        Simplified Dynamic Analysis of High-Rise Buildings: Applications to Simplified Seismic Diagnosis and Retrofit Using the Extended Rod Theory, 2019年04月
      • Discussion of "Novel Sensor Clustering-Based Approach for Simultaneous Detection of Stiffness and Mass Changes Using Output-Only Data" by Qipei Mei and Mustafa Gul
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING, 2016年01月
      • Discussion of "Reliability Analysis of Single-Degree-of-Freedom Elastoplastic Systems. I: Critical Excitations" by Siu-Kui Au, Heung-Fai Lam, and Ching-Tai Ng
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 2008年10月
      • Closure to "Bound of earthquake input energy" by Izuru Takewaki
        Takewaki, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2005年10月
      • 建築構造物の混合逆問題型設計法 : システムの合理化とロバスト性
        竹脇 出
        建築雑誌, 2005年08月20日
      • 高知能建築構造システムの開発に関する日米共同構造実験研究 (その22) 損傷検出試験体への層剛性同定損傷検出手法の適用
        中村充; 森田 高市; 竹脇 出
        日本建築学会大会学術講演梗概集 構造 (2), 2001, 2001年
      • 建築構造設計の数理化・論理化をめざして (特集 コンピュータ時代の構造設計と解析を考える) -- (今後への期待)
        竹脇 出
        建築技術, 1999年07月
      • 高層建築骨組の実用動的解析における諸問題(Part II)筋違付骨組とその等価剪断型モデルの弾塑性時刻歴応答解析
        竹脇出
        日本建築学会近畿支部構造力学講究録, 1988年
      • 剪断型建築構造物のファジィ最適設計
        竹脇出
        JCOSSAR'87論文集, 1987年
      • 20164 不確定な外力を受けるトラスの極限解析に対する大域的最適化手法(トラスの最適設計,構造I)
        寒野 善博; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2007年07月31日
      • 20125 不確定な剛性および外力を有するトラスの静的応答量の楕円体による安全側評価法(ライフサイクルデザイン・安全性評価, 構造I)
        寒野 善博; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日
      • 20151 建築骨組の塑性崩壊に対するロバスト性解析(不確定応答・システム同定, 構造I)
        伊藤 宰; 竹脇 出; 寒野 善博
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日
      • 20172 半正定値計画法を用いたトラスの不確定外力に対するロバスト性最大化設計(形態創生,構造I)
        寒野 善博; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2005年07月31日
      • 「連層鋼板耐震壁を有する平面建築骨組の地震時弾性変形制約設計」に対する討論(竹脇出,中村恒善著 第454号,1993年12月号掲載)
        山田 稔; 竹脇 出; 中村 恒善
        日本建築学会構造系論文集, 1995年05月
      • 20171 動的Winklerばねモデルを用いた杭支持建築構造物の地震時剛性設計(設計法,構造I)
        竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2003年07月30日
      • 20183 地盤との連成を考慮した多自由度弾塑性構造物に対する確率的クリティカル外乱(建築計画・信頼性解析,構造I)
        竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2001年07月31日
      • 21306 高硬度ゴム粘弾性ダンパーによる建物の風応答低減効果に関する実験的研究(振動実験,構造II)
        鈴木 ちひろ; 辻 聖晃; 谷 翼; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 20330 構造工学および地盤工学の混合問題に対する応答スペクトル法(動的問題(3),構造I)
        岸田 明子; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2007年07月31日
      • 21473 免震建物の限界アスペクト比に関する研究(免震解析(3),構造II)
        日野 惇; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 21004 定常ランダム入力を受ける建築物の剛性と減衰の同定におけるノイズの影響の補正法(損傷検出アルゴリズム(1),構造II)
        吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 21374 アウトフレーム連結制振工法による既存建物耐震補強の逆問題型アプローチ(連結制振(震)(2),構造II)
        伊藤 宰; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 21371 縦分割連結制震構法による既存建物の耐震補強(連結制振(震)(2),構造II)
        大渕 充紀; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 21382 履歴系と粘性系のダンパーを有する鋼構造建物の極限地震動と性能比較(性能評価,構造II)
        辻本 裕之; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 21406 高硬度ゴム粘弾性体の極微小変形時における力学モデルの構築(粘弾性ダンパー(2),構造II)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 20275 簡易沈下解析法を用いたパイルド・ラフト基礎の杭の最適配置設計(併用基礎 (2), 構造I)
        中西 啓二; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日
      • 20152 杭基礎構造物に入力される地震エネルギーの不確定性解析(不確定応答・システム同定, 構造I)
        岸田 明子; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日
      • 20126 高層建物等の性能評価で設計用入力地震動の最大速度を規定する理論的根拠に関するコメント(ライフサイクルデザイン・安全性評価, 構造I)
        辻本 裕之; 竹脇 出; 山根 尚志
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2006年07月31日
      • 21401 高硬度ゴム粘弾性ダンパーによる建築物の居住性能の改善(粘性・粘弾性ダンパー, 構造II)
        谷 翼; 辻 聖晃; 竹脇 出; 松本 達治
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2006年07月31日
      • 21394 オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 : その2 性能評価シミュレーション(オイルダンパー・摩擦ダンパー, 構造II)
        羽生 昇平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2006年07月31日
      • オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 (その1 実大模型を用いた動的載荷実験)
        辻聖晃; 羽生 昇平; 竹脇 出
        日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), 2006. 9, 2006年
      • アウトフレーム連結制振工法による耐震補強, その3 縮小モデルによる振動実験
        岩佐裕一; 藤井 睦; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, 構造IV, 2006, 2006年
      • アウトフレーム連結制振構法による耐震補強, その4 振動実験結果の数値シミュレーション
        井川望; 関谷 英一; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会大会学術講演梗概集, C-2, 2006. 9, 2006年
      • 20198 表層地盤による増幅特性を考慮したTMD構造物の粘性ダンパー最適配置法
        竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999年07月30日
      • 20181 硬化ヒンジモデルに対するトータル量表現型設計感度解析
        岡田 将敏; 杉村 義文; 竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999年07月30日
      • 20176 せん断型モデルの応答制約設計解を用いた建築骨組の最適設計法
        辻 聖晃; 竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999年07月30日
      • 20172 縮約モデル : 骨組逆置換法に基づく多構面骨組設計法
        杉村 義文; 竹脇 出; 辻 聖晃; 岡本 達雄; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1999年07月30日
      • 限定された地震観測に基づく建物層剛性同定手法に関する研究
        中村充; 竹脇 出; 安井 譲; 上谷 宏二
        日本建築学会大会学術講演構造梗概集B-1, 1999年
      • 20190 建築構造物付加粘性ダンパーの伝達関数を用いた有効配置法
        吉冨 信太; 竹脇 出; 辻 聖晃; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998年07月30日
      • 20207 縮約モデル-骨組逆置換法に基づく骨組設計法 : その2 骨組設計例
        杉山 哲彦; 竹脇 出; 辻 聖晃; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998年07月30日
      • 20206 縮約モデル-骨組逆置換法に基づく骨組設計法 : その1 : トータル量表現型設計感度解析
        竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1998年07月30日
      • 21354 地震観測に基づく免震建物動特性の振幅依存性評価
        中村 充; 竹脇 出; 安井 譲; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1998年07月30日
      • 京都市内に位置する免震建物における地震観測
        中村充; 安井 譲; 金子 正孝; 竹脇 出; 桝井 健; 上谷 宏二
        日本建築学会大会学術講演梗概集, B-2, 1997年9月, 1997年
      • 2380 鉄骨造建築ラーメンの指定強震時歪及び指定激震時変形に対する応答制約設計法
        辻 聖晃; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1991年08月01日
      • 2135 非線形弾性骨組の最適設計理論を用いた激震時部材塑性率制約設計
        竹脇 出; 中村 恒善
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1991年08月01日
      • 2137 耐震壁を有する平面建築骨組の地震時弾性応答制約設計
        鶴田 潤; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1991年08月01日
      • 22440 極低降伏点鋼をダンパーとして内蔵する超高層建築物への最適設計手法の適用
        永野 康行; 岡本 達雄; 辻 聖晃; 竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造, 2000年07月31日
      • 20210 ウエーブレットによる非線形構造システムの同定 : その3 剛性および減衰係数のスケーリング関数による近似
        来田 義弘; 竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2000年07月31日
      • 21491 アクリル系粘弾性ダンパーを用いた応答制御設計骨組の振動実験
        竹脇 出; 大森 道孝; 辻 聖晃; 吉田 亘利; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2000年07月31日
      • 20196 増分型逆問題定式化手法に基づく建築ラーメンの性能最大化設計
        竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1997年07月30日
      • 2429 弾性剪断型構造物-杭系の最適設計及び地震時応答制約設計
        中村 恒善; 竹脇 出; 島野 幸弘
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1988年09月01日
      • 2131 剪断型建築構造物のファジィ最適設計
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1988年09月01日
      • 2316 弾性支持された剪断型建築構造物の地震時応答制約設計法
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1987年08月25日
      • 2101 非線形弾性平面骨組のコンプライアンス制約条件下の最小コスト設計と最大ひずみ制御法
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1986年07月25日
      • 2146 弾性支持された剪断型構造物の強制振動モードコンプライアンス制約条件下の最小コスト設計
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1985年09月10日
      • 弾性支持された剪断型建築骨組モデルの一次固有周期制約条件下の最適設計 : 構造
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. 構造系, 1984年09月10日
      • 弾性支持された建築ラーメンの一次固有周期及び最小曲げ剛性制約条件下の最適設計 : 構造
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. 構造系, 1983年09月08日
      • 建築ラーメンの動的コンプライアンス制約条件下の最適設計
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. 構造系, 1982年08月20日
      • 非線形弾性平面ラーメンの静的コンプライアンス制約条件下の最適設計
        中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. 構造系, 1982年08月20日
      • 20186 せん断型構造物モデルの地震時弾塑性応答の設計指向近似上界値
        竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 1996年07月30日
      • 21273 せん断型地盤で支持されたせん断棒型構造物の指定地震時変形に対する剛性設計
        竹脇 出; 中村 恒善; 浅岡 泰彦
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1995年07月20日
      • 21214 せん断型構造物-杭-地盤連成系の地盤剛性パラメター領域に対する地震時応答制約剛性設計解列生成法
        浅岡 泰彦; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 1995年07月20日
      • 2614 柱剛性指定平面建築骨組の指定地震時梁材端縁ひずみに対する剛性設計
        国立 篤志; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1994年07月25日
      • 2615 多孤立設計対象部分構造を有する構造システムの混合型逆固有モード問題
        竹脇 出; 中村 恒善
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1994年07月25日
      • 2361 層方向に不整形な立体剪断型構造物の指定地震時層間変位に対する剛性設計
        坊野 弘治; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1994年07月25日
      • 2360 剪断棒型不均質地盤で支持された剪断棒型構造物モデルの混合型逆定式化による地震時応答制約剛性設計
        和田 昌敏; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1994年07月25日
      • 2235 剪断棒型構造物-地盤連成系の混合型逆定式化による地震時応答制約設計
        浅岡 泰彦; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1993年07月25日
      • 2274 免震層で支持された剪断型構造物モデルの混合型逆定式化による地震時応答制約設計
        辻 和伸; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1993年07月25日
      • 2236 剪断型構造物-下部システムの混合型逆固有モード問題
        竹脇 出; 中村 恒善
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1993年07月25日
      • 2303 建築骨組-杭-地盤連成系の地震時弾性応答制約設計解順序集合生成法
        西影 武知; 中村 恒善; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1992年08月01日
      • 2258 構造物-基礎システムの1次固有振動における混合型逆問題
        竹脇 出; 中村 恒善
        学術講演梗概集. B, 構造I, 1992年08月01日
      • 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その1 理論 (構造)
        桑原 誠; 南 良忠; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その2 数値シミュレーション (構造)
        南 良忠; 桑原 誠; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 20175 粘弾性ダンパー付き骨組の単純化力学モデルの構築とその設計法への適用
        李 有震; 竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002年08月02日
      • 20146 限定観測情報に基づく建物層剛性・減衰同時同定手法の常時微動への適用
        中村 充; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002年08月02日
      • 20182 表層地盤の非線形増幅特性を考慮した建築構造物-地盤連成系モデルの剛性設計
        竹脇 出; 上谷 宏二
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2002年08月02日
      • 2084 表層地盤の非線形増幅特性を考慮した建築構造物 : 地盤連成系モデルの剛性設計
        竹脇 出; 藤井 伸与志; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2002年05月24日
      • 2098 粘弾性ダンパー付き骨組の単純化力学モデルの構築とその設計法への適用
        李 有震; 竹脇 出; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2002年05月24日
      • 2024 Post-Tensioning Viscoelastic Damper System for Vibration Control
        Kim Hyeong Gook; Yoshitomi Shinta; Tsuji Masaaki; Takewaki Izuru
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2010年05月25日
      • 2029 風外力を受ける超高層建築物の逆問題定式化に基づく時刻歴解析用縮約外力と縮約構造モデル(構造)
        鈴木 ちひろ; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2023 高硬度ゴムダンパーを付加した建物の逆問題型手法に基づく縮約構造モデルと地震時慣性力の縮約法(構造)
        国分 宏樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2028 高硬度ゴムダンパー付き高層建物の風外乱に対する居住性能の簡易評価法(構造)
        市橋 直樹; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2020 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム剛性および連結ダンパーの合理的決定法 : その2:弾塑性応答を考慮した場合(構造)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2035 常時微動入力を受ける建築構造物の剛性・減衰の同時同定におけるノイズバイアスの補正法(構造)
        吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2003 上層部に未知の振動源を有する建物のシステム同定法(構造)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2017 戸建て住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その1:制振システムの概要と実験計画(構造)
        村田 翔太朗; 辻 聖晃; 吉富 信太; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2018 戸建て住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その2:簡略化モデルによる解析(構造)
        藤原 悠祐; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2012 免震建物の限界アスペクト比の簡易解析法(構造)
        日野 惇; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2019 連結制振構法を用いた建物の固有振動および減衰に関する基本特性(構造)
        大渕 充紀; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 21266 戸建て住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その2:簡略化モデルによる解析(制震補強(2):住宅,構造II)
        藤原 悠祐; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21325 上層部に定常ランダム荷重入力を受ける建物のシステム同定におけるノイズの影響(システム同定,構造II)
        吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21324 上層部に未知の振動源を有する建物のシステム同定法(システム同定,構造II)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 20179 風外力を受ける超高層建築物の逆問題定式化に基づく時刻歴解析用締約外力と締約構造モデル(逆問題,構造I)
        鈴木 ちひろ; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2009年07月20日
      • 20180 高硬度ゴムダンパーを付加した建物の逆問題型手法に基づく構造モデルと地震時慣性力の縮約法(逆問題,構造I)
        国分 宏樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2009年07月20日
      • 21459 免震建物の地震時浮き上り解析用簡易モデル(免震解析,構造II)
        日野 惇; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21371 連結制振構法を用いた建物の固有振動および減衰に関する基本特性(構造物の応答制御,構造II)
        大渕 充紀; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21233 高硬度ゴムダンパー付き高層建物の風外乱に対する居住性能の簡易評価法(制震応答・性能評価,構造II)
        市橋 直樹; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21221 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム剛性および連結ダンパーの合理的決定法 : その2:弾塑性応答を考慮した場合(連結制震(1),構造II)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 20198 表層及び深層地盤の不確定性を考慮した構造物への地震エネルギー入力メカニズム(振動・波動解析(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        谷口 正輝; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年09月04日
      • 20197 地盤特性と免震装置のばらつきを考慮した多段免震構造における最悪な変動パラメータの解析(振動・波動解析(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        辻 千佳; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年09月04日
      • 20196 地盤剛性を考慮した連結制振建物への地震エネルギーの入力メカニズム(振動・波動解析(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)
        坂口 和大; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2015年09月04日
      • 2035 積層ゴムの引張域における非線形特性を考慮した免震建物の限界アスペクト比の解析(構造)
        日野 惇; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2036 制振構造における高硬度ゴムダンパーの最適特性と最適量(構造)
        国分 宏樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2022 オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 : その3 鉄骨骨組に組み込んだ実大供試体の動的載荷実験(構造)
        羽生 昇平; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2031 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム剛性および連結ダンパーの合理的決定法(構造)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2024 幅広い歪領域に対する高硬度ゴムダンパーの非定常構成則に関する研究(構造)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2025 高硬度ゴム粘弾性ダンパーを組み込んだ超高層建築物の風に対する振動解析(構造)
        鈴木 ちひろ; 辻 聖晃; 谷 翼; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2100 定常ランダム入力を受ける建築物の剛性と減衰の同定におけるノイズの影響の補正法(構造)
        吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2070 構造工学および地盤工学の混合問題に対する応答スペクトル法(構造)
        岸田 明子; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2023 免震建物の限界アスペクト比に関する研究(構造)
        日野 惇; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2026 高硬度ゴム粘弾性体の極微小変形時における力学モデルの構築(構造)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2030 アウトフレーム連結制振工法による既存建物耐震補強の逆問題型アプローチ(構造)
        伊藤 宰; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2031 縦分割連結制震構法による既存建物の耐震補強(構造)
        大渕 充紀; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2005 高硬度ゴム粘弾性ダンパーによる建物の風応答低減効果に関する実験的研究(構造)
        鈴木 ちひろ; 辻 聖晃; 谷 翼; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2025 履歴系と粘性系のダンパーを有する鋼構造建物の極限地震動と性能比較(構造)
        辻本 裕之; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • 2019 オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 : その2 性能評価シミュレーション(構造)
        羽生 昇平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2006年05月23日
      • 2018 オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 : その1 実大模型を用いた動的載荷実験(構造)
        辻 聖晃; 羽生 昇平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2006年05月23日
      • 2045 動的Winklerばねモデルを用いた杭支持建築構造物の地震時剛性設計(構造)
        土井 明裕; 竹脇 出; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2003年05月26日
      • 2043 構造物への地震入力エネルギーを指標とする極限外乱法(構造)
        竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2003年05月26日
      • 2095 アクリル系粘弾性ダンパーを用いた応答制御設計骨組のランダム波振動実験(構造)
        竹脇 出; 大森 道孝; 辻 聖晃; 吉田 亘利; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2000年05月25日
      • 履歴型ダンパーを有する実超高層建築物への最適設計手法の適用
        永野康行; 岡本 達雄; 辻 聖晃; 竹脇 出; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集, 2000年
      • 2024 建築骨組のトータル量表現を用いた塑性ヒンジ形成位置の解析(構造)
        岡田 将敏; 上谷 宏二; 竹脇 出; 杉村 義文
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 1999年05月25日
      • せん断型モデルの応答制約設計解を用いた建築骨組の最適設計法
        辻聖晃; 竹脇 出; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集, 1999年
      • 最適設計手法を用いた実建築骨組の試設計 (その1 : 弾性設計)
        永野康行; 岡本 達雄; 辻 聖晃; 竹脇 出; 上谷 宏二
        日本建築学会近畿支部研究報告集, 1999年
      • 21293 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム剛性および連結ダンパーの合理的決定法(連結制振(1),構造II)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21292 アウトフレーム連結制振耐震補強のための連結ダンパーの合理的決定法(連結制振(1),構造II)
        伊藤 宰; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21281 高硬度ゴム粘弾性ダンパーを組み込んだ超高層建築物の風に対する振動解析と応答低減特性(制振建物応答,構造II)
        鈴木 ちひろ; 谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21250 オイルダンパーを用いた間柱型制振機構の開発 : その3 部分鉄骨骨組に組み込んだ実大供試体の動的載荷実験(粘弾性・オイルダンパー,構造II)
        羽生 昇平; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21329 制振材として高層建物に組み込まれる高硬度ゴムダンパーの最適特性と最適量(ゴム・材料,構造II)
        国分 宏樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 20187 積層ゴムの引張域における非線形特性を考慮した免震建物の限界アスペクト比の解析(振動問題の解法,構造I)
        日野 惇; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2008年07月20日
      • 21113 常時微動入力を受ける建築構造物のシステム同定におけるノイズバイアスの補正法(システム同定,構造II)
        吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21330 幅広い歪領域に対する高硬度ゴムダンパーの非定常構成則に関する研究(ゴム・材料,構造II)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 松本 達治
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2008年07月20日
      • 21338 地震観測結果に基づく免震建物モーダルパラメータの時変性評価(免震:地震観測(2),構造II)
        中村 充; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2005年07月31日
      • 20137 構造物-地盤連成系へ入力される地震エネルギーの不確定パラメターに対する閉形感度(波動・振動解析,構造I)
        竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2005年07月31日
      • 20138 表層地盤増幅を考慮した構造物への地震入力エネルギーの不確定性解析(波動・振動解析,構造I)
        組谷 彰太郎; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2005年07月31日
      • 21145 地震観測に基づく免震建物の小振幅時高次モード特性(免震:地震観測(2),構造II)
        中村 充; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2004年07月31日
      • 20140 捩れ振動を伴う建物の特定階の観測データを用いた周波数領域における剛性同定
        鍋島 国彦; 竹脇 出
        構造I, 2019年07月20日
      • 20157 剛性偏心を有する建物の周波数領域における物理パラメター同定
        鍋島 国彦; 竹脇 出
        構造I, 2018年07月20日
      • A new energy approach to critical response of elastic-plastic structures under impulsive or long-duration excitations
        竹脇 出
        The University of California, Berkeley, September 11, 2017 (SEMM seminar), 2017年09月
      • 断層近傍地震動を受ける剛体の転倒限界及びロッキング応答の閉形表現
        鍋島 国彦; 谷口 亮; 小島 紘太郎; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2017年06月24日
      • Critical response of elastic-plastic structures under impulsive or long-duration excitations (Closed-form approach via impulse input)
        TAKEWAKI Izuru
        The University of Sheffield, 2016年06月
      • Stethoscope-like smart sensing for system identification of building frames
        I. Takewaki; K. Fujita
        Transforming the Future of Infrastructure through Smarter Information - Proceedings of the International Conference on Smart Infrastructure and Construction, ICSIC 2016, 2016年
      • レジリエンスという建築物の新しい耐震評価尺度の向上を目指して(構造物のレジリエンス評価小委員会,応用力学運営委員会,外乱,第2部|大自然を少しずつ知るための探求,<特集>我々はもっと助けたかった-安心して「住む」ために構造ができること)
        竹脇 出
        建築雑誌, 2014年10月20日
      • 21357 エネルギー伝達特性に基づく連結制振における最適ダンパー量の決定(連結制振(震),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        福本 義之; 坂口 和大; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 21018 単一点入力応答スペクトル法に基づく慣性と運動学的相互作用を考慮した杭の地震時応答簡易評価法(相互作用:杭基礎・格子状地盤改良,構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 21356 免震と連結制振を組み合わせたハイブリッド構造システムの連結ダンパー量決定法(連結制振(震),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        村瀬 充; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 21413 地下階に大質量比TMDを有する免震建物の種々のタイプの地震動に対する応答抑制効果(各種制振(震)システム(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        橋本 拓哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20158 少数の地震観測記録と拡張自由度モデルを用いた構造物および地盤の剛性の同定(システム同定(1),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        小山 龍二; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20159 上下床データとARXモデルを用いた建物の剛性同定法 : その1 常時微動観測記録への適用(システム同定(1),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        池田 亜由美; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20160 上下床データとARXモデルを用いた建物の剛性同定法 : その2 同定剛性の信頼性の検証(システム同定(1),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        藤田 皓平; 池田 亜由美; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20162 建物内部に未知の振動源を有する建物の剛性同定法 : 実建物への適用(システム同定(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        城野 みなみ; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20196 耐震性能の向上のための建築骨組の補強法と制振ダンパー有効配置法(最適設計(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        熨斗 克哉; 藤田 晧平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20197 一般化された周波数応答関数を用いた建築骨組に対する非線形粘性ダンパーの最適配置(最適設計(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        笠置 昌寿; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 20198 地盤剛性を考慮した連結制振建物モデルへの地震エネルギーの入力メカニズム(最適設計(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)
        坂口 和大; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2014年09月12日
      • 『Improving the Earthquake Resilience of Buildings : The Worst Case Approach』, Springer, 2012年7月(2014年日本建築学会著作賞)
        竹脇 出; 藤田 皓平; Moustafa Abbas
        建築雑誌, 2014年08月20日
      • 2052 エネルギー伝達特性に基づく連結制振における最適ダンパー量の決定(構造)
        福本 義之; 坂口 和大; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2023 杭の単一点入力による応答スペクトル法に基づく慣性と運動学的相互作用の地震応答簡易評価法(構造)
        小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2024 液状化地盤中の杭の地震時応答の応答スペクトル法による簡易評価法(構造)
        吹野 由佳; 小島 紘太郎; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2029 少数の地震観測記録と拡張自由度モデルを用いた構造物および地盤の剛性の同定(構造)
        小山 龍二; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2030 常時微動観測記録とARXモデルを用いた建物の剛性・減衰同定法(構造)
        池田 亜由美; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2031 建物内部に未知の振動源を有する高層建物の曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた剛性同定法(構造)
        城野 みなみ; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2045 積層ゴムの非線形特性と地震動入力方向の影響を考慮した免震建物の限界アスペクト比の解析(構造)
        藤田 皓平; 山田 伸也; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2050 耐震性能の向上のための建築骨組の補強法と制振ダンパー有効配置法(構造)
        熨斗 克哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2051 一般化された周波数応答関数を用いた建築骨組に対する非線形粘性ダンパーの最適配置(構造)
        笠置 昌寿; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2053 幅広いタイプの地震動に頑強な免震と連結制振のハイブリッド構造(構造)
        村瀬 充; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • 2054 地下階に大質量比TMDを有する免震建物の種々のタイプの地震動に対する応答抑制効果(構造)
        橋本 拓哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2014年05月26日
      • Smart system identification of super high-rise buildings using limited vibration data during the 2011 Tohoku earthquake, Keynote lecture at ICEAS13 in ASEM13, September 8-12, Jeju, Korea.
        竹脇 出
        2013年09月
      • 21613 既存建物のオイルダンパー偏心連結による制振改修設計法(連結ダンパー・座屈拘束ブレース,構造II,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        三宅 卓也; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21614 連結制振建物のダンパー量摂動展開による地震時応答特性(連結ダンパー・座屈拘束ブレース,構造II,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        坂口 和大; 満田 衛資; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21220 立体効果を考慮した免震建物の限界アスペクト比の解析(ねじれ・ロッキング,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        山田 伸也; 藤田 皓平; YOSHITOMI Shinta; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21352 大質量比TMDを有する免震建物の長周期地震動に対する応答抑制効果(免震・制振ハイブリッド構造,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        橋本 拓哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21353 免震と制振のハイブリッド構造における免震層の設計領域(免震・制振ハイブリッド構造,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        片岡 奈々美; 合田 圭吾; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21354 幅広いタイプの地震動にも頑強な免震と連結制振のハイブリッド構造(免震・制振ハイブリッド構造,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        村瀬 充; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 21612 高層建物における高硬度ゴムダンパーの近似離散最適配置法(ダンパー配置,構造II,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        村上 翔; 田中 和宏; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20198 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた地震時水平加速度記録による高層建物のシステム同定(システム同定(1),構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        竹脇 出; 南 良忠; 池田 亜由美; 藤田 皓平
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20199 2011年東北地方太平洋沖地震における限定された観測記録を用いた高層建物の剛性同定法(システム同定(1),構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        池田 亜由美; 南 良忠; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20200 曲げせん断型モデルを用いた強制加振による高層建物のシステム同定(システム同定(1),構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        城野 みなみ; 南 良忠; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20217 最適減衰力制限比分布とダンパー減衰力の評価式に基づくオイルダンパーの簡易設計法(減衰最適化,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        足立 冬樹; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20219 オイル・履歴・慣性質量ダンパーの最適配置決定法 : 〜その1〜ダンパー低減量を可変型とする履歴ダンパー付建物の応答感度評価(減衰最適化,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        村上 宥; 熨斗 克哉; 藤田 晧平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • 20220 オイル・履歴・慣性質量ダンパーの最適配置決定法 : 〜その2〜ダンパー間コスト比を考慮した同時配置問題への拡張(減衰最適化,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)
        熨斗 克哉; 村上 宥; 藤田 晧平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2013年08月30日
      • D17 安全性と快適性を両立させる免震・制振ハイブリッド構造における免震層特性の設計領域(M-OS2-2 免震・制振の制御系設計,M-OS2 建築・建設構造物の耐震・免震・制振,「海を越え,国を越え,世代を超えて!」)
        辻 聖晃; 片岡 奈々美; 合田 圭吾; 藤田 皓平; 竹脇 出
        「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集, 2013年08月25日
      • 2034 既存建物のオイルダンパー偏心連結による制振改修設計法(構造)
        三宅 卓也; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2033 連結制振建物のダンパー量摂動展開による地震時応答特性(構造)
        坂口 和大; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2047 曲げせん断型モデルを用いた強制加振による高層建物のシステム同定(構造)
        城野 みなみ; 南 良忠; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2017 高層建物におけるダンパーの近似離散最適配置法(構造)
        村上 翔; 田中 和宏; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2018 最適減衰力制限比分布とダンパー減衰力の評価式に基づくオイルダンパーの簡易設計法(構造)
        足立 冬樹; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2020 オイル・履歴・慣性質量ダンパーの最適配置決定法 : 〜その1〜ダンパー増分量を可変型とする履歴ダンパー付建物の応答感度評価(構造)
        村上 宥; 慰斗 克哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2021 オイル・履歴・慣性質量ダンパーの最適配置決定法 : 〜その2〜ダンパー間コスト比を考慮した同時配置問題への拡張(構造)
        慰斗 克哉; 村上 宥; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2031 大質量比TMDを有する免震建物の長周期地震動に対する応答抑制効果(構造)
        橋本 拓哉; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2032 幅広いタイプの地震動にも頑強な免震と連結制振のハイブリッド構造(構造)
        村瀬 充; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2035 免震と制振のハイブリッド構造における免震層の設計領域(構造)
        片岡 奈々美; 合田 圭吾; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2045 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた地震時水平加速度記録による高層建物のシステム同定(構造)
        南 良忠; 池田 亜由美; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 2046 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた高層建物の時変型システム同定(構造)
        池田 亜由美; 南 良忠; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2013年05月24日
      • 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適リリーフ荷重・減衰係数決定法
        慰斗 克哉; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造工学論文集. B, 2013年03月25日
      • 21464 粘性ダンパーにより偏心連結された2棟建物の隅柱地震時最大応答の簡易評価法 : その1 固有振動特性の変動と偏心量の関係(粘性ダンパー,構造II)
        半田 潤; 三宅 卓也; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 21428 慣性接続要素を設置した1質点系の種々の地動入力に対する応答特性(質量効果,構造II)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 21465 粘性ダンパーにより偏心連結された2棟建物の隅柱地震時最大応答の簡易評価法 : その2 隅柱地震時最大応答の簡易評価法(粘性ダンパー,構造II)
        三宅 卓也; 半田 潤; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20169 伝達特性の差の補償機能を有する自由度縮約モデルを用いた時刻歴応答評価法(地震応答解析・損傷検知,構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        吉富 信太; 小豊 直英; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 21300 曲げせん断型モデルとAEXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その1 理論(システム同定(1),構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        桑原 誠; 南 良忠; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 21301 曲げせん断型モデルとAEXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その2 数値シミュレーション(システム同定(1),構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        南 良忠; 桑原 誠; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 21297 部分空間法と同定関数を用いた建築構造物のシステム同定(システム同定(1),構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        金城 陽介; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20139 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : 〜その3〜 減衰係数を設計変数に加えた問題への拡張(動的システムの最適化(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        熨斗 克哉; 田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20140 免震構造と連結制振構造を組み合わせた建物の地震時応答低減特性(動的システムの最適化(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        村瀬 充; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20138 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : 〜その2〜 平面骨組モデルへの適用(動的システムの最適化(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        足立 冬樹; 田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20141 免震層と上部構造の両性能を向上させる複合ダンパーシステムの開発(動的システムの最適化(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        合田 圭吾; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20144 免震建物のダンパー特性が限界アスペクト比に及ぼす影響(動的システムの最適化(2),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        山田 伸也; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20143 不確定な構造特性を有する免震建物の長周期地震動に対するロバスト性解析法 : その2:弾塑性応答を考慮した場合(動的システムの最適化(2),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • 20137 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : 〜その1〜 問題の概要とせん断型モデルへの適用(動的システムの最適化(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)
        田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集, 2012年09月12日
      • ''System Identification and Damage Detection of Super High-rise Building using Shear-bending model and ARX model'', A seminar at Dept of Automatic Control and Systems Engineering, University of Sheffield, UK
        竹脇 出
        2012年09月
      • ''The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and Its Impact on Building Structural Design'', A seminar at Dept of Civil Eng, Tsinghua University, Beijing, China
        竹脇 出
        2012年08月
      • 2021 部分空間法と同定関数を用いた建築構造物のシステム同定(構造)
        金城 陽介; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2025 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その1 理論(構造)
        桑原 誠; 南 良忠; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2026 曲げせん断型モデルとARXモデルを用いた高層建物のシステム同定と損傷同定 : その2 数値シミュレーション(構造)
        南 良忠; 桑原 誠; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2029 伝達特性の差の補償機能を有する自由度縮約モデルを用いた時刻歴応答評価法 : その1:振動数領域の応答の等価性に基づく手法(構造)
        吉富 信太; 小豊 直英; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2030 伝達特性の差の補償機能を有する自由度縮約モデルを用いた時刻歴応答評価法 : その2:建物の剛性・減衰の変動に関する変換地動慣性力の簡易評価法(構造)
        小豊 直英; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2033 構造物特性の不確定性に対するロバストネス性を考慮した制振ダンパーの配置決定法(構造)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2040 慣性接続要素を用いたピロティ構造の剛性比の改善(構造)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2041 粘性ダンパーにより偏心連結された2棟建物の隅柱地震時最大応答の簡易評価法 : その1 固有振動特性の変動と偏心量の関係(構造)
        半田 潤; 三宅 卓也; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2042 粘性ダンパーにより偏心連結された2棟建物の隅柱地震時最大応答の簡易評価法 : その2 隅柱地震時最大応答の簡易評価法(構造)
        三宅 卓也; 半田 潤; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2043 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : その1 問題の概要とせん断型モデルへの適用(構造)
        田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2044 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : その2 平面骨組モデルへの適用(構造)
        足立 冬樹; 田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2045 制振高層建物におけるオイルダンパーの地震動に対する最適配置決定法 : その3 減衰係数を設計変数に加えた問題への拡張(構造)
        熨斗 克哉; 田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2052 免震層と上部構造の両性能を向上させる複合ダンパーシステムの開発(構造)
        合田 圭吾; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2053 免震構造と連結制振構造を組み合わせた建物の地震時応答低減特性(構造)
        村瀬 充; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2054 免震建物のダンパー特性が限界アスペクト比に及ぼす影響(構造)
        山田 伸也; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • 2055 2種類のダンパーを用いたハイブリッドダンパーシステムの開発とその減衰性能の評価(構造)
        金 亨國; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2012年05月25日
      • ''The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and Its Impact on Building Structural Design'', Keynote paper (Plenary speaker) at The ASEM11+ Congress
        竹脇 出
        2011年09月
      • 20109 不確定な構造特性を有する免震建物の地震時限界応答に関するロバスト性解析法(ロバスト性・冗長性,構造I)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 20118 モデルの自由度縮約に伴う伝達特性の変化を考慮した高精度時刻歴応答評価法(数値解析法・骨組の振動,構造I)
        吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 20139 座屈拘束ブレースを含む骨組の定荷重弾性解析に基づく縮約モデル(縮約モデル・ダンパー配置,構造I)
        川上 竜佑; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 20140 セットバック建物の地震応答解析のための層方向縮約モデル(縮約モデル・ダンパー配置,構造I)
        足立 冬樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 20141 非線形制振ダンパーを有する曲げせん断型モデルの層方向縮約法と最適ダンパー配置法(縮約モデル・ダンパー配置,構造I)
        市橋 直樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 20142 高層建物におけるオイルダンパーの最適リリーフ荷重決定法(縮約モデル・ダンパー配置,構造I)
        田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2011年07月20日
      • 21346 慣性接続要素を含む構造物の定点理論を用いた制御(慣性質量・慣性接続,構造II)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 21408 3段ユニット間柱型粘弾性ダンパーシステムの開発と実大制振システムを用いた自由振動実験(粘弾性ダンパー(2)・粘性ダンパー(1),構造II)
        藤原 悠祐; 金 亨國; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 21409 3段ユニット間柱型履歴ダンパーシステムの開発とその減衰性能の評価(粘弾性ダンパー(2)・粘性ダンパー(1),構造II)
        金 亨國; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 21432 限定された観測データを用いたARXモデルによる剛性・減衰同定法(システム同定とモニタリング,構造II)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 21433 ARXモデルと伝達関数を用いた曲げせん断モデルの剛性・減衰同定法(システム同定とモニタリング,構造II)
        桑原 誠; 吉富 信太; 中村 尚弘; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 21434 線形履歴減衰を有する建物のARXモデルを用いた減衰同定法(システム同定とモニタリング,構造II)
        南 良忠; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2011年07月20日
      • 剛性と減衰に偏心のあるモデルにおける減衰定数と地震応答の特徴
        半田潤; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 2011年07月20日
      • 2015 慣性接続要素を含む構造物の定点理論を用いた構造制御 : 慣性接続要素と粘性ダンパーが直列接続された場合(構造)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2016 建物の平面配置効果を考慮した2棟連結制振構法の特性解析 : (その2)地震時応答についての詳細な解析(構造)
        半田 潤; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2017 履歴ダンパー付き建物の地震応答解析のための層方向縮約法(構造)
        小豊 直英; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2018 地震動を受けるオイルダンパー付建物の層方向自由度に関する縮約法 : (その2)ダンパーリリーフ機構を考慮した場合(構造)
        田中 英稔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2019 ねじれ振動を伴う建物の地震応答解析のための層方向縮約法(構造)
        足立 冬樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2020 3段ユニット間柱型粘弾性ダンパーシステムの開発と制振特性の簡易評価法(構造)
        藤原 悠祐; 金 亨國; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2021 3段ユニット間柱型履歴ダンパーシステムの開発とその減衰性能の評価(構造)
        金 亨國; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2116 座屈拘束ブレースを含む骨組の定荷重弾性解析に基づく縮約モデル(構造)
        川上 竜佑; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2117 キャパシティースペクトル法を用いた多層建物の弾塑性応答指定設計(構造)
        加藤 達也; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • 2118 非線形制振ダンパーを有する曲げせん断型モデルの層方向縮約法と最適ダンパー配置法(構造)
        市橋 直樹; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2011年05月25日
      • Modeling critical ground-motion sequences for inelastic structures (vol 13, pg 665, 2010)
        Abbas Moustafa; Izuru Takewaki
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2011年02月
      • 21060 複数の振動源を有する建物のシステム同定のための独立成分分析による応答分離法(システム同定(1),構造II)
        吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21064 地震動に対する非観測応答データの外挿に基づく建物の剛性・減衰同時同定法(システム同定(1),構造II)
        桑原 誠; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21065 上層部に未知の振動源を有する建物のシステム同定法 : その2:ARXモデルを用いたノイズバイアス補正法(システム同定(1),構造II)
        前田 朋宏; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21243 建物に設置された慣性質量ダンパーの制振特性(回転慣性質量(4),構造II)
        村上 翔; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21257 アウトフレーム型連結制振構法におけるアウトフレーム及び連結ダンパーの応答低減比マップを用いた設計法(制震構造システム,構造II)
        中川 大輔; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21315 戸建住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : 実大供試体を用いた載荷実験(ダンパー配置・ポストテンション,構造II)
        村田 翔太朗; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出; 佐田 貴浩; 田中 和宏
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21316 戸建住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : 3段ユニットを用いた実大供試体による検討(ダンパー配置・ポストテンション,構造II)
        藤原 悠祐; 辻 聖晃; 吉富 信太; 竹脇 出; 佐田 貴浩; 田中 和宏
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 21317 Post-Tensioning Viscoelastic Damper System for Vibration Control
        金 亨國; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日
      • 21453 実体波と表面波から構成される地震動を受ける多自由度系弾塑性構造物に対する極限外乱(強震動予測(4),構造II)
        上野 浩平; MOUSTAFA Abbas; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2010年07月20日, 査読有り
      • 建物の平面配置効果を考慮した2棟連結制振構法の特性解析
        半田潤; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-2 構造2, 2010年07月20日, 査読有り
      • 変動極限外乱を受ける建築構造物の最適粘弾性ダンパー配置問題
        藤田皓平; 藤田皓平; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 2010年07月20日, 査読有り
      • 地震動を受ける粘性ダンパーを有する建物の層方向自由度に関する縮約法
        田中英稔; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 2010年07月20日
      • 非線形復元力特性を有する制振ダンパーの構造縮約モデルを用いた最適配置法
        国分宏樹; 市橋直樹; 吉富信太; 辻聖晃; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 2010年07月20日
      • 層間変位及び加速度の伝達関数のHノルムを最小化する粘性ダンパーの最適配置
        山本薫; 藤田皓平; 竹脇出
        日本建築学会学術講演梗概集B-1 構造1, 2010年07月20日, 査読有り
      • Building Control with Passive Dampers, Keynote paper (Semi-plenary speaker) at The First International Conference on Advances in Interaction and Multiscale Mechanics (AIMM'10)
        竹脇 出
        2010年05月
      • 20149 水平上下同時地震入力を受ける免震建物に対する極限外乱法(極限入力・地震時応答,構造I)
        上野 浩平; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2009年07月20日
      • 20150 最悪な相関関係を有する多成分入力極限地震動の特性(極限入力・地震時応答,構造I)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2009年07月20日
      • 21265 戸建て住宅の微小振動制御のためのポストテンション型制振機構の開発 : その1:制振システムの概要と予備実験(制震補強(2):住宅,構造II)
        村田 翔太朗; 辻 聖晃; 吉富 信太; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 21458 免震装置特性の変動に起因する免震建物の不確定性解析(免震解析,構造II)
        山本 薫; 藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2009年07月20日
      • 2011 免震装置特性の変動に起因する免震建物の不確定性解析(構造)
        山本 薫; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2036 多成分入力地震動の最悪な相関関係に関する極限外乱の特性(構造)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 2037 水平上下同時地震入力を受ける免震建物に対する極限外乱法(構造)
        上野 浩平; 藤田 皓平; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2009年05月22日
      • 免震建物の限界アスペクト比の解析,その2:積層ゴムの引張域における非線形特性を考慮した簡易解析
        日野 惇; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2009年
      • Passive Control of Tall Buildings via Viscous and Visco-elastic Dampers, Seminar on Structural Design of Tall Buildings under Earthquake and Wing Disturbances by VSL Hong Kong, Hong Kong Convention and Exhibition Centers
        竹脇 出
        2008年12月
      • 20202 最悪な相関関係を考慮可能な多成分入力地震動モデルと鋼構造骨組の断面力に対する極限外乱問題への応用(確率論・ライフサイクルデザイン,構造I)
        藤田 皓平; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造, 2008年07月20日
      • Critical excitation methods for important structures, invited as a Semi-Plenary Speaker, EURODYN 2008
        竹脇 出
        2008年07月
      • Critical excitation methods for important structures, Engineering Department Geotechnical Research Seminars, July 11, 2008, Civil Engineering Group, Department of Engineering, Cambridge University
        竹脇 出
        2008年07月
      • 2054 球体を挟んだ竹制振壁の開発と実験(構造)
        吉富 信太; 藤田 皓平; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 2034 水平上下同時入力地震動を受ける大スパンラーメンの断面力に対する極限外乱(構造)
        藤田 皓平; 竹脇 出; 中村 尚弘
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2008年05月23日
      • 高硬度ゴム粘弾性体の力学モデルの構築(その1 極微小変形から大変形までの歪・振動数依存性のモデル化)
        谷 翼; 辻 聖晃; 吉富信太; 竹脇 出; 松本達治
        日本建築学会構造系論文集, 2008年07月
      • 免震建物の限界アスペクト比の解析,その1:漸化式型線形解析に基づく積層ゴムの軸方向変形簡易解析法
        日野 惇; 吉富信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        構造工学論文集, 2008年
      • Ellipsoidal Bounds for Static Response of Framed Structures against Interactive Uncertainties
        Y.Kanno; I.Takewaki
        Interaction and Multiscale Mechanics: An international journal, 2008年
      • 21063 水平・上下同時入力地震動の相関を考慮した剛体の浮き上がりに対するクリティカル外乱(相互作用:ねじれ・基礎浮上り,構造II)
        藤田 皓平; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント, 2007年07月31日
      • 2101 水平・上下同時入力地震動を受ける建築構造物に対するクリティカル外乱(構造)
        藤田 皓平; 吉富 信太; 辻 聖晃; 竹脇 出
        日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系, 2007年05月22日
      • DISCUSSION OF "STUDY OF VISCOELASTIC AND FRICTION DAMPER CONFIGURATIONS IN THE SEISMIC MITIGATION OF MEDIUM-RISE STRUCTURES"
        Izuru Takewaki
        JOURNAL OF MECHANICS OF MATERIALS AND STRUCTURES, 2006年10月
      • Earthquake Input Energy to Structures: Frequency-domain Approach at UC San Diego
        竹脇 出
        2005年09月
      • Info-gap theory in the analysis of the robustness of civil structures against model error and load uncertainty, Invited Lecture in Workshop on "Info-Gap Analysis of Engineering Systems", University of Newcastle- upon-Tyne, UK
        竹脇 出
        2005年09月
      • Earthquake input energy to soil-structure interaction systems: A frequency-domain approach (vol 7, pg 399, 2004)
        L Takewaki; H Fujimoto
        ADVANCES IN STRUCTURAL ENGINEERING, 2005年02月
      • Robust building stiffness design for variable critical excitations (vol 128, pg 1565, 2002)
        L Takewaki
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2003年03月
      • Seismic critical excitation method for robust design: A review (vol 128, pg 665, 2002)
        Takewaki, I
        JOURNAL OF STRUCTURAL ENGINEERING-ASCE, 2002年09月
      • Nonstationary random critical excitation for nonproportionally damped structural systems (vol 190, pg 3927, 2001)
        Takewaki, I
        COMPUTER METHODS IN APPLIED MECHANICS AND ENGINEERING, 2001年
      • Discussion of the paper 'Multi-criteria optimal structural design under uncertainty' by J. Beck, E. Chan, A. Irfanoglu and C. Papadimitriou
        KS Pister; SA Mahin; Takewaki, I
        EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS, 2000年06月
      • Seismic frame design via inverse mode design of frame-ground systems. (vol 17, pg 153, 1998)
        Takewaki, I; T Nakamura; K Hirayama
        SOIL DYNAMICS AND EARTHQUAKE ENGINEERING, 1998年07月
      • Efficient semi-analytical generator of initial stiffness designs for steel frames under seismic loading part 2: Slender frame (vol 6, pg 163, 1997)
        Takewaki, I
        STRUCTURAL DESIGN OF TALL BUILDINGS, 1998年03月
      • Design-oriented ductility bound of a plane frame under seismic loading (vol 3, pg 416, 1997)
        Takewaki, I
        JOURNAL OF VIBRATION AND CONTROL, 1998年01月
      • Hybrid inverse mode problems for FEM-shear models (vol 121, pg 874, 1995)
        Takewaki, I; T Nakamura
        JOURNAL OF ENGINEERING MECHANICS-ASCE, 1996年02月
      • 指定剛性変動係数を有する地盤で支持されたせん断型構造物-抗系の指定地震時変形に対する剛性設計
        竹脇 出; 中村 恒善
        構造工学論文集. B, 1995年03月20日
      • 弾性支持された曲げ勢断型構造物モデルの混合型逆定式化による地震時変形制約設計
        竹脇 出; 中村 恒善
        構造工学論文集. B, 1993年03月20日

      講演・口頭発表等

      • A new energy approach to critical response of elastic-plastic structures under impulsive or long-duration excitations
        TAKEWAKI Izuru
        The University of California, Berkeley, September 11, 2017 (SEMM seminar), 2017年09月11日
      • Critical response of elastic-plastic structures under impulsive or long-duration excitations (Closed-form approach via impulse input)
        TAKEWAKI Izuru
        Seminar at The University of Sheffield,, 2016年06月22日
      • Critical response of elastic-plastic structures under impulsive or long-duration excitations (Closed-form approach via impulse input)
        TAKEWAKI Izuru
        Seminar at The University of Manchester, 2016年06月21日
      • 幅広いタイプの地震動に頑強な免震と制振のハイブリッド構造
        金沢工業大学メンバーシップ講演会, 2013年11月11日, 金沢工業大学
      • Smart system identification of super high-rise buildings using limited vibration data during the 2011 Tohoku earthquake
        Keynote lecture at ICEAS13 in ASEM13, 2013年09月10日, ASEM13
      • 建築構造力学と構造設計
        神奈川大学特別講義, 2012年11月05日, 神奈川大学
      • System Identification and Damage Detection of Super High-rise Building using Shear-bending model and ARX model
        特別講演, 2012年09月18日, Dept of Automatic Control and Systems Engineering, University of Sheffield, UK
      • The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and Its Impact on Building Structural Design
        特別講演, 2012年08月22日, Dept of Civil Eng, Tsinghua University, Beijing, China
      • ''The 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and Its Impact on Building Structural Design''
        The First World Congress on Structural Engineering and Mechanics (ASEM11)+ Congress, 2011年09月19日, ASEM11
      • 建築構造物の耐震・免震・制振に関する最近の動向
        (株)日立製作所 日立研究所特別講演, 2011年07月13日, (株)日立製作所 日立研究所
      • Building Control with Passive Dampers
        The First International Conference on Advances in Interaction and Multiscale Mechanics (AIMM'10), 2010年06月01日, AIMM'10
      • 建物の耐震・制震・免震
        放射性同位元素等取扱施設安全管理担当教職員研修会講義, 2009年10月15日, 放射性同位元素等取扱施設安全管理委員会
      • Education Improvement through Systematization of Mutual Faculty Development (FD)
        4th meeting・Int. workshop, Tokyo Institute of Technology, 2009年09月28日,
      • 未知の地震と住まいの安全
        金沢工業大学地域防災環境科学研究所 講演, 2009年09月08日, 金沢工業大学地域防災環境科学研究所
      • 免震建物における地震観測と限界アスペクト比
        日本免震構造協会創立15周年記念特別講演会, 2009年06月05日, 日本免震構造協会
      • Passive Control of Tall Buildings via Viscous and Visco-elastic Dampers
        Seminar on Structural Design of Tall Buildings under Earthquake and Wing Disturbances by VSL Hong Kong, 2008年12月01日, VSL
      • Critical excitation methods for important structures
        EURODYN 2008, July 7-9, 2008, Southampton, England; invited as a Semi-Plenary Speaker., 2008年
      • Critical excitation methods for important structures
        EURODYN 2008, July 7-9, 2008, Southampton, England; invited as a Semi-Plenary Speaker., 2008年
      • Info-gap theory in the analysis of the robustness of civil structures against model error and load uncertainty
        Invited Lecture in Workshop on "Info-Gap Analysis of Engineering Systems", 2005年09月30日, University of Newcastle- upon-Tyne, UK
      • Earthquake Input Energy to Structures: Frequency-domain Approach,
        カリフォルニア大学サンディエゴ校構造工学学科講義SE290, 2005年09月26日, カリフォルニア大学サンディエゴ校構造工学学科

      書籍等出版物

      • An Impulse and Earthquake Energy Balance Approach in Nonlinear Structural Dynamics
        Izuru TAKEWAKI; Kotaro KOJIMA, 共著
        CRC Press, 2021年03月16日
      • Innovative Methodologies for Resilient Buildings and Cities
        Izuru Takewaki; Masayuki Kohiyama; Tomaso Trombetti; Solomon Tesfamariam; Xinzheng Lu, 共著, eBook from Frontiers SA, 2019, ISBN 978-2-88963-072-1, DOI 10.3389/978-2-88963-072-1
        Frontiers SA, 2019年09月, 査読無し
      • Simplified Dynamic Analysis of High-rise Buildings
        H.Takabatake; Y.Kitada; I.Takewaki; A.Kishida, 共著
        Springer Nature, 2019年04月, 査読無し
      • Double and triple impulses for capturing critical elastic-plastic response properties and robustness of building structures under near-fault ground motions
        Kotaro Kojima; Kohei Fujita; Izuru Takewaki, 分担執筆, pp.225-242
        Springer, 2019年03月, 査読無し
      • Performance of innovative controlled buildings under resonant and critical earthquake ground motions
        I.Takewaki, 編者(編著者)
        Frontiers SA, 2018年10月, 査読無し
      • Critical response of elastic-plastic structures to near-fault ground motions and its application to base-isolated building structures
        I.Takewaki; R.Taniguchi; K.Kojima, 分担執筆, Chapter 6
        Springer, 2017年12月, 査読無し
      • Double, triple and multiple impulses for critical elastic-plastic earthquake response analysis to near-fault and long-duration ground motions
        I.Takewaki; K.Kojima, 分担執筆
        CRC Press/ Taylor & Francis Group, 2017年12月, 査読無し
      • Evaluation of building resilience under earthquake input using single, double and multiple impulses
        TAKEWAKI Izuru, 単著
        Frontiers SA, 2017年06月, 査読無し
      • Critical earthquake response of elastic-plastic structures and rigid blocks under near-fault or long-duration ground motions: Closed-form approach via double impulse
        I.Takewaki, 単著
        Frontiers, 2016年05月, 査読無し
      • Critical earthquake response of elastic-plastic structures under near-fault or long-duration ground motions: Closed-form approach via impulse input
        I.Takewaki, 単著
        Frontiers, 2015年12月, 査読無し
      • I.Takewaki, Fundamental Properties on Earthquake Input Energy to Single and Connected Building Structures, Chapter ## in “Developing Trends in Seismic Design of Structures” edited by Nikos D. Lagaros, Yiannis Tsompanakis & Manolis Papadrakakis
        竹脇 出
        Saxe-Coburg Publisher (in press),, 2015年08月, 査読無し
      • Optimal placement of hysteretic dampers via adaptive sensitivity-smoothing algorithm, Engineering and Applied Sciences Optimization: Volume 1
        Yu Murakami; Katsuya Noshi; Kohei Fujita; Masaaki Tsuji; Izuru Takewaki, 分担執筆
        2015年, 査読無し
      • Robust Control of Building Structures under Uncertain Conditions, Encyclopedia of Earthquake Engineering
        竹脇 出; 藤田皓平, 分担執筆
        Springer-Verlag, 2014年, 査読無し
      • Critical Excitation Methods in Earthquake Engineering (2nd Edition)
        I. Takewaki
        Elsevier, 2013年08月, 査読無し
      • Evolutionary Path-dependent Damper Optimization for Variable Building Stiffness Distributions’, in "Metaheuristic Applications in Structures and Infrastructures" (Xin-She Yang, Amir Hossein Gandomi, Siamak Talatahari, Amir Hossein Alavi (eds.))
        I.Takewaki; K. Fujita
        Elsevier, 2013年, 査読無し
      • 建築構造設計における冗長性とロバスト性
        竹脇 出; 編集および
        日本建築学会, 2013年, 査読無し
      • Improving the Earthquake Resilience of Buildings: The worst case approach
        I.Takewaki; A.Moustafa; K.Fujita
        Springer (London), 2012年07月26日, 査読無し
      • I.Takewaki, M.Nakamura and S.Yoshitomi, System Identification for Structural Health Monitoring
        竹脇 出
        WIT Press (UK), 2011年, 査読無し
      • I.Takewaki and A.Kishida, Efficient Analysis of Buildings with Grouped Piles for Seismic Stiffness and Strength Design, Chapter 8 (pp281-308) in John Bull (ed.) 'Linear and Nonlinear Numerical Analysis of Foundations'
        竹脇 出
        Taylor & Francis,, 2009年, 査読無し
      • Building Control with Passive Dampers: -Optimal Performance-based Design for Earthquakes-
        竹脇 出
        John Wiley & Sons Ltd. (Asia),, 2009年, 査読無し
      • I.Takewaki and Y.Ben-Haim, Info-gap Robust Design of Passively Controlled Structures with Load and Model Uncertainties, Chapter 19 in “Structural Design Optimization Considering Uncertainties” (eds.) Yiannis Tsompanakis, Nikos D. Lagaros & Manolis Papadra
        竹脇 出
        Taylor & Francis,, 2008年, 査読無し
      • Y.Kanno and I.Takewaki, Maximum Robustness Design of Trusses via Semidefinite Programming, Chapter 17 in “Structural Design Optimization Considering Uncertainties” (eds.) Yiannis Tsompanakis, Nikos D. Lagaros & Manolis Papadrakakis, Chapter 17, pp471-498.
        竹脇 出
        Taylor & Francis,, 2008年, 査読無し
      • Critical Excitation Methods in Earthquake Engineering
        竹脇 出
        Elsevier,, 2006年, 査読無し
      • 10. 構造力学,ビジュアル版建築入門 IX「建築と工学」(神田 順編)
        竹脇出
        彰国社, 2003年, 査読無し
      • 縮約モデル‐骨組逆置換法に基づく骨組設計法,応用力学シリーズ第10巻「建築構造物の創造的数理設計手法の展望」第3章
        竹脇 出
        日本建築学会,, 2002年, 査読無し
      • 建築構造設計の数理化・論理化をめざして,建築技術:特集「コンピュータ時代の構造設計と解析を考える」
        竹脇 出
        建築技術,, 1999年, 査読無し
      • Dynamic Structural Design-Inverse Problem Approach
        竹脇 出
        WIT Press(UK),, 1999年, 査読無し
      • 弾性支持された構造物の設計力学, 応用力学シリーズ第2巻「建築構造物の設計力学と制御動力学」第3章
        竹脇出
        日本建築学会(分担執筆), 1994年, 査読無し
      • 建築耐震設計における保有耐力と変形性能(1990) 「定義および算定法」
        竹脇 出
        日本建築学会,, 1990年, 査読無し
      • 構造システムの最適化 〜理論と応用〜 第14章 建築工学における応用, 構造工学シリ−ズ1
        竹脇 出
        土木学会,, 1988年, 査読無し

      産業財産権

      • 制振構造(ポストテンション型)の開発.2008年12月出願
      • 複数の棒材とせん断支持部材による制振部材.2008年3月出願

      Works(作品等)

      • アウトフレーム型連結制振技術を用いた耐震補強
        自 2005年
      • 高硬度ゴム粘弾性ダンパーを用いた建築構造物の制振に関する研究
        自 2005年
      • New Upgrading Methodology of Earthquake Resistance of Buildings Via Out-framed Viscous Damper Systems
        自 2005年
      • Habitability Upgrade of Buildings via Visco-elastic Damper Using High-hardness Rubber
        自 2005年
      • 地震加速度波形を用いた建築構造物のシステム同定
        自 1997年, 至 2001年
      • System Identification of Building Structures Using Earthquake Acceleration Records
        自 1997年, 至 2001年
      • 建築構造物と設計用地震動の不確定性を考慮した設計法
        自 2001年
      • Structural Design Method under Uncertainty of Building Structures and Design Earthguakes
        自 2001年
      • 建築構造設計のための最悪地震動モデルに関する研究
        自 1999年
      • Critical excitation methods in earthquake engineering
        自 1999年
      • 建築骨組の合理的設計法に関する研究
        自 1996年
      • Inverse problem-based design method for structure-foundation systems
        自 1996年

      受賞

      • 1990年
        日本建築学会, 日本建築学会奨励賞(論文)
      • 2004年
        日本建築学会, 日本建築学会賞(論文) 「建築構造物の混合逆問題型設計法」
      • 2004年
        ウェセックス工科大, 英国ウェセックス工科大学フェロー
      • 2009年
        ジョンワイリー出版社, 高層建築国際ジャーナル2008 Paper of the Year
      • 2014年05月30日
        日本建築学会, 2014年度日本建築学会著作賞
      • 2016年06月19日
        Frontiers SA, 2015年度 スイス フロンティア出版社最優秀セクション発展賞 
      • 2017年07月28日
        フロンティアー出版社, フロンティアー社共同サポートファンド賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 重要災害拠点を対象とした非構造部材を含む建物の総合的な耐震余裕度評価法
        基盤研究(C)
        小区分23010:建築構造および材料関連
        京都大学
        藤田 皓平
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        構造ヘルスモニタリング;システム同定;損傷同定;非構造部材;画像計測;信頼性解析;画像センシング;ビッグデータ
      • 建築構造物の地震に対する総合的なレジリエンス評価法と免震・制振ハイブリッド設計法
        基盤研究(B)
        小区分23010:建築構造および材料関連
        京都大学
        竹脇 出
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        レジリエンス;耐震設計;制振;免震;極限外乱;断層近傍地震動;長周期地震動;ダブルインパルス;極限地震動;ロバスト性
      • 断層近傍地震動および長周期地震動に対する建物の陽な極限的弾塑性応答に関する研究
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        竹脇 出
        自 2017年06月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        断層近傍地震動;長周期長時間地震動;極限的地震動;弾塑性応答;レジリエンス;インパルス入力;制振構造;免震構造;耐震設計;長周期地震動;ダブルインパルス;極限地震動;非線形ダンパー;極限外乱法;制振設計;不確定性
      • 制振と免震のハイブリッド化による建築構造物の総合的なレジリエンス向上に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        竹脇 出
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        耐震設計;制振設計;極限外乱法;レジリエンス;不確定性;免震;制振;ハイブリッド構造;断層近傍地震動;長周期地震動;ダブルインパルス;動的安定性
      • 構造縮約と入力縮約の両機能を兼備した変位と加速度の高精度予測縮約モデルの提案
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        竹脇 出
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        構造解析;縮約モデル;非線形要素;振動数領域;入力縮約
      • 最悪地震動理論の信頼性向上とロバスト性・冗長性に優れた建物の構造設計法
        基盤研究(A)
        京都大学
        竹脇 出
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        耐震設計;最悪地震動;制振構造;長周期地震動;冗長性;ロバスト性;極限外乱理論;レジリエンス;不確定性;システム同定;高層建物;受動型制振;極限外乱法
      • 地震動レベルをスイープする変形指定逆問題型キャパシティースペクトル法
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        竹脇 出
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        耐震設計;地震エネルギー;地震防災;最悪地震動;構造解析;極限外乱理論;応答スペクトル;逆問題;限界耐力計算;地震動レベル
      • 極限地震動外乱理論の展開とそれに基づく建築耐震性能評価の信頼性向上に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        耐震設計;地震エネルギー;地震防災;最悪地震動;構造解析;極限外乱理論;入力地震動;極限外乱;制振ダンパー;耐震安全性;最適ダンパー配置;インタバル解析;区間解析
      • 極限外乱理論を用いた不確定長周期地震動下の超高層免震建物の耐震安全性の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        耐震設計;極限外乱;免震建物;長周期地震動;超高層建物;振動台実験
      • 建築物の最少観測を用いたノイズ・ロバスト型次世代構造ヘルスモニタリング技術の開発
        萌芽研究
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        システム同定;構造ヘルスモニタリング;定常ランダム振動;常時微動;剛性・減衰同時同定;ノイズ相関;ヘルスモニタリング;ノイズ特性;フーリエ変換;地震観測;加速度計
      • 地震エネルギー流れ解析に基づく構造物-地盤統合システムの極限的耐震要求性能評価法
        基盤研究(B)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        耐震設計;地震エネルギー;地震防災;最悪地震動;構造解析;極限外乱;入力エネルギー;長周期地震動;制振構造;構造物-杭-地盤連成系;多成分入力;共振波;地震入力エネルギー;極限外乱法;不確定解析;入力地震動
      • 制震要素を用いた既存鋼構造建築物の統合的耐震性能向上技術の開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        井上 一朗
        完了
        鋼構造;制震要素;機械式接合;耐震補修・補強;非破壊検査
      • 振動数領域定式化による建築構造物-基礎-地盤連成系への地震入力エネルギー評価法
        基盤研究(C)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        地震入力エネルギー;極限外乱法;構造物-杭-地盤連成系;不確定性解析;耐震設計;表層地盤増幅;入力地震動;構造物-杭-地盤達成系, earthquake inpu energy;critical excitation method;structure-pile-soil system;uncertainty analysis;earthquake-resistant design;surface ground amplification;input around motion
      • 多様な価値観に基づく性能指定型設計を可能にする構造設計ナビゲーションシステム
        基盤研究(B)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        最適設計;性能規定型設計;建築骨組;離散最適化;動的応答;免震構造;建築構造・材料;構造設計支援システム;設計探索アルゴリズム;制震装置;設計感度係数;受動型制震装置;立体せん断型モデル;受動型制振装置, optimum design;performance-based design;building frames;discrete optimization;dynamic response;base-isolated structures
      • 高層建築骨組の縮約モデル-骨組逆置換に基づく性能指定設計法
        基盤研究(B)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        建築骨組;性能指定設計;縮約モデル-骨組逆置換;トータル量表現;構造設計支援システム;パッシブ型ダンパー, building frame;performance based design;inverse expansion from share to full frame model;total expressions;computer aided structural design system;passive damper
      • 建築構造物-基礎系の混合型逆問題定式化に基づく形式・サイズ自動選定システム
        基盤研究(B)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        動的相互作用;逆問題;応答制御設計;表層地盤;設計用地震動;杭基礎構造物;応答スペクトル法;波動伝播理論;基礎構造物;不規則振動;極限外乱, dynamic soil-structure interaction;inverse problem;response-controlled design;surface ground;design earthquake;pile-supported structure;response spectrum method;wave propagation theory
      • エネルギー吸収型ダンパー付き建築骨組の骨組・ダンパー協働設計法
        基盤研究(B)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        粘弾性ダンパー;受動型制振;構造制御;曲げせん断型モデル;応答制御設計;最適設計;エネルギー吸収;振動台実験, visco-elastic damper;passive control;structural control;shear-flexural model;response-controlled design;optimum design;energy absorption
      • 観測地震動に基づく建築構造物付加ダンパーの最適配置
        特定領域研究(A)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        ダンパー最適配置;地震観測;構造制御;建築構造設計;設計用地震動
      • 地盤との連成を考慮した非比例減衰建築構造物の最適付加ダンパー配置法
        基盤研究(C)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        最適ダンパー配置;構造制御;構造物-地盤相互作用;不規則震動;建築構造設計;クリティカル外乱;設計用地震動;最適ダンパ-配置;不規則振動;ダンパー最適配置;構造物-地盤連成系;最適設計;設計感度解析;非比例減衰;制振構造, Optimal damper placement;structural control;structure-ground interaction;random vibration;building structural design;critical excitation;design earthguake
      • 高層建築骨組の縮約モデル-骨組逆置換法に基づく実用構造設計支援システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        高層骨組;逆置換法;応答制約設計;トータル量表現;設計感度解析;弾塑性応答;最適設計, High-rise building;inverse transformation;response constrained design;total quantity expression;design sensitivity analysis;elastic-plastic response;optimal design
      • 不確定有限要素地盤・構造物系の弾塑性応答上界値制御設計法
        特定領域研究(A)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        構造物-地盤連成系;応答制御;応答上界値;信頼性設計;弾塑性応答;設計用地震動
      • 建築骨組の激震時崩壊挙動の解明とそれに基づく性能指定型耐震設計法
        基盤研究(A)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        崩壊挙動;性能設計;限界状態設計;耐震設計;不安定挙動, Collapse Behavior;Performance-based Design;Limit-state Design;Seismic Resistant Design;Unstable Behavior
      • 直下型地震を受ける建築構造物群のハイブリッド逆問題による統合的性能設計
        重点領域研究
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        ハイブリッド逆問題;性能設計;構造物-地盤連成系;設計用地震動;非比例減衰系
      • 総吸収エネルギー最大化規準に基づく受動型制振装置配置と主要骨組剛性の統合的設計法
        基盤研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        ダンパー有効配置;受動型制振;地震時応答制約設計;総吸収エネルギー最大化;逆摂動法;設計解列;統合的設計
      • 直下型地震を受ける建築構造物群の隣接距離・地震特性に対する力学的性能制約設計解列
        重点領域研究
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        地震時応答制約設計;応答制約設計解列;直下型地震;表層地盤特性;構造物‐杭‐地盤連成系;スペクトル適合地震動;周辺構造物依存型設計
      • 不確定地盤との連成を考慮した建築構造物のハイブリッド逆定式化による性能最大化設計
        基盤研究(C)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        逆問題;ハイブリッド逆問題;構造物-地盤連成系;信頼性設計;性能設計;設計用地震動;構造物-地盤連成来;一信頼性設計, Inverse Problem;Hybrid Inverse Problem;Stracture-Grand System;Reliability-Based Design;Performance-Based Design;Design Earthquakes
      • 非比例減衰型建築構造物の多段階逆摂動型設計解列生成法と剛性設計支援システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        非比例減衰系;多段階逆摂動法;逆問題;地震時応答制約設計;設計解列生成法;構造物-杭-地盤連成系;粘性ダンパー;ダンパー有効配置;-地震時応答制約設計, Non-proportional Damping System;Multi-phase Inverse Pertubation Method;Inverse Problem;Earthquake-response Constrained Design;Generation Method of Design Sequences;Structure-pile ground System;Viscous Damper;Effective Damper Placement
      • ハイブリッド逆定式化による構造物-地盤不確定システムの性能最大化設計
        奨励研究(A)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        逆問題;ハイブリッド逆問題;構造物-地盤連成系;剛性設計;信頼性設計;性能設計;設計用地震動;非比例減衰系
      • ハイブリッド型逆問題定式化による構造物-地盤連成系の性能最大化設計
        奨励研究(A)
        京都大学
        竹脇 出
        完了
        混合性逆問題;性能最大化設計;構造物-地盤連成系;設計用地震動;不満足度関数;限界状態設計法
      • 制約摂動法型順序集合生成法による建築構造物の形態形成法及び構造選定法
        一般研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        制約摂動法;設計解順序集合;最適部材配置;形状設計;構造物-杭-地盤連成系;ケーブルネット;免震型構造物;応答制約設計;応答加速度制約設計;最適設計;形状最適化;逆問題;テイラー展開;強震時応答;ブレース付き骨組, Constraint Perturbation;Sequence of Designs;Optimal Member Location;Shape Design;Structure-pile-ground System;Cable Net;Base-isolated Structure;Response Constrained Design
      • 繰り返し載荷を受ける鋼構造建築骨組の不安定挙動の解明と安全性評価法の開発
        一般研究(C)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        鋼構造建築骨組;対称限界;不安定挙動;交番塑性変形;耐震設計;動的崩壊挙動;複合非線形解析;定常状態限界, Building steel frames;Symmetry limit;Unstable behavior;Alternating plastic deformation;Seismic resistant design;Dynamical collapse behavior;Combined nonlinear analysis;Steady state limit
      • 逆問題型定式化による非比例減衰系建築構造物の損傷制御設計法
        重点領域研究
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        非比例減衰系;損傷制御設計法;ひずみ制御設計法;粘性減衰デバイス;免震構造物;応答制約設計解の順序集合;設計用応答スペクトル;等価線形化法
      • 繰り返し載荷特有の著しい劣化現象を考慮した鋼構造部材の耐震設計式
        試験研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        部材設計式;鋼構造建築骨組;耐震設計;対称限界;定常状態限界;不安定挙動;弾塑性崩壊挙動;複合非線形挙動;鋼構造骨組部材;繰り返し載荷時挙動;限界状態設計;構面内挙動限界;鋼梁-柱繰り返し曲げ実験, beam-column design formula;earthquake resistant design;multistory steel frames;symmetry limit;steady-state limit;unstable behavior;cyclic plastic collapse;combined nonlinear behavior
      • 構造物-杭-地盤連成系モデルの混合型逆問題定式化による強震時応答制約設計法
        一般研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        混合型逆問題;建築骨組-杭-地盤連成系;ひずみ制御設計法;2段階設計法;応答制約設計解の順序集合;設計用応答スペクトル;基礎入力;建築骨組-杭-地盤連成係;基盤入力;構造物ー地盤連成系;強震時応答制約設計法, Hybrid Inverse Problem;Building Structure-Pile-Soil Systems;Strain-Controlled Design Method;Dual Design Method;Ordered Set of Response Constrained Designs;Design Response Spectrum;Bedrock Input
      • 繰り返し曲げを受ける鋼梁-柱の構面外変形発生メカニズムの解明と限界状態の理論予測
        一般研究(C)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        鋼構造柱材;繰り返し塑性曲げ;構面外変形;対称限界理論;発散挙動;横座屈;複合非線形解析;繰り返し曲げ実験, Steel Beam-columns;Cyclic Plastic Bending;Out-of-plane Deformation;Symmetry Limit Theory;Divergent Behavior;Lateral Buckling;Combined Non-linear Analysis;Cyclic Bending Tests
      • 建築構造物のシステム性能を主制御パラメタ-とする多段階応答指定設計法
        一般研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        建築骨組;システム性能;多段階応答指定設計法;設計用応答スペクトル;応答制約設計解の順序集合;弾塑性応答制約設計法;1次固有モ-ド指定設計法;部材塑性率指定設計法;ひずみ制御設計法;非弾性応答評価法;最適設計解の順序集合, Building Frame;System Performance Parameter;Earthquake-response Constrained Design Method;Design Response Spectrum;Ordered Set of Response Constrained Designs;Multilevel Response Constrained Design Method;Design for Specified Fundamental Eigenmode;Inelastic Response Constrained Design Method
      • 定常状態経路の唯一性と対称限界
        一般研究(C)
        京都大学
        上谷 宏二
        完了
        定常状態経路の唯一性;対称限界;分岐現象;梁-柱;繰り返し載荷;塑性安定論;釣合経路の唯一性;弾塑性挙動, Uniqueness of steady-state paths;Symmetry limit;Bifurcation phenomenon;Beam-column;Cyclic loading;Plastic stability
      • 建築骨組の性能制御理論とその動的耐震設計法への応用
        一般研究(B)
        京都大学
        中村 恒善
        完了
        建築骨組;性能制御理論;地震時応答制御設計法;ひずみ制御設計法;平板状立体トラス;最適設計解の順序集合;動的耐震設計法, building frame;earthquake-response constrained design method;earthquake-resistant design method;strain-controlled design

      外部資金:その他

      • 建築構造物-杭-地盤連成系の混合型逆定式化による剛性設計
        その他の研究制度
      • 不確定性を考慮した建築構造物のロバスト性能設計
        国際研究
      • 確率論的クリティカル外乱法
        国際共同研究
      • 建築構造物のシステム同定
        共同研究
      • 構造物‐地盤連成系への地震入力エネルギーに関する研究
        その他の研究制度
      • 建築構造物の制振(制震)機構のメカニズム解明
      • Mechanism of building structural control
      • 長周期地震動を受ける超高層建物および超高層免震建物の耐震安全性評価
        その他の研究制度
        自 2003年
      • 制震機構を用いた学校建築の耐震補強に関する研究
        共同研究
        自 2004年
      list
        Last Updated :2022/08/13

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造学セミナーIV
          Q016, 後期集中, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築工学概論
          3089, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先端建築学特論II
          Q022, 後期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造学セミナーII
          Q009, 後期集中, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造力学III
          4022, 前期, 工学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造力学II
          4012, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築設計力学
          B037, 前期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造学セミナーIII
          Q015, 前期集中, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築工学概論
          4051, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造解析
          4034, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築地盤工学
          B226, 後期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          建築構造学セミナーI
          Q008, 前期集中, 工学研究科, 2
        • 自然現象と数学
        • 建築構造力学II
        • 建築構造力学III
        • 耐震構造
        • 地盤環境工学
        • 生活空間地盤工学
        • 建築設計力学
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          工学序論
          前期集中, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          自然現象と数学[工学部(建築学科)]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          建築物の力学的特性と耐震安全性
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築物の力学的特性と耐震安全性
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          建築物の力学的特性と耐震安全性
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築学特別演習I
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築学特別演習II
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築学総合演習
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究論文
          通年, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          自然現象と数学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          建築物の力学的特性と耐震安全性
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築物の力学的特性と耐震安全性
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          自然現象と数学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造学セミナーII
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造学セミナーI
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          自然現象と数学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築工学概論
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造学セミナーII
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造学セミナーI
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築工学概論<建築>
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造学セミナーII
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造学セミナーI
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先端建築学特論II
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築地盤工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築工学概論<地球>
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築工学概論<建築>
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造力学III
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造力学II
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造学セミナーIII
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造学セミナーII
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造学セミナーIV
          後期集中, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造学セミナーI
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築構造解析
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          建築設計力学
          前期, 工学研究科

        博士学位審査

        • 柔軟な変形機構を有する格子状曲面の解析と形状設計法
          堺 雄亮, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 環境配慮型コンクリートの開発と鉄筋コンクリート建物への適用
          柴山 淳, 工学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 建物頂部の変位と速度を有効利用して連結ダンパー効率を高めた超高層建物に用いる制振システム
          前田 達彦, 工学研究科, 主査
          2021年09月24日

        非常勤講師

        • 自 2019年09月30日, 至 2020年03月31日
          京都府立大学
        • 自 2018年10月01日, 至 2019年03月31日
          放送大学学園
        • 自 2019年10月01日, 至 2020年03月31日
          放送大学学園
        • 自 2020年10月01日, 至 2021年03月31日
          放送大学学園
        list
          Last Updated :2022/08/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 全学共通教育システム委員会委員(工学部)(2005-2008)
          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            全学共通教育システム委員会 委員
          • 自 2010年01月31日, 至 2011年03月31日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2010年01月31日, 至 2012年01月30日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            教職教育委員会/教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2019年03月31日
            総合博物館協議員会 協議員
          • 自 2013年06月20日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院企画評価専門委員会 数学部会 委員
          • 自 2016年05月01日, 至 2018年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 数学部会 委員
          • 自 2017年05月01日, 至 2019年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2016年05月01日, 至 2017年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 統計教育特別部会 委員
          • 自 2017年05月01日, 至 2019年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            建築学専攻長
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            工学研究科点検・評価委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2012年03月31日
            工学研究科 副研究科長
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            工学研究科・工学部点検・評価委員会 副委員長
          • 自 2011年10月01日, 至 2013年03月31日
            工学研究科・工学部点検・評価委員会実行委員会 委員長
          • 自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日
            建築学科長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            工学研究科研究推進委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            工学研究科・工学部図書委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日
            工学研究科研究推進委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/13

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2018年12月, 至 現在
              Associate Editor, Soil Dynamics and Earthquake Engineering
            • 自 2015年10月, 至 現在
              Field Chief Editor, Frontiers in Built Environment
            • 自 2019年05月, 至 2021年05月
              会長, 日本建築学会
            • 自 2010年05月, 至 2012年05月
              監事, 日本建築学会
            • 自 2015年04月, 至 現在
              Editorial Board Member, Earthquake Engineering and Engineering Vibration
            • 自 2015年03月, 至 現在
              Editorial Board Member, The Structural Design of Tall and Special Buildings
            • 自 2014年09月, 至 現在
              Chief Editor (Nature Publishing Group), Specialty Section ‘Earthquake Engineering’ in ‘Frontiers in Built Environment’
            • 自 2013年06月, 至 2015年05月
              副会長, 日本建築学会
            • 自 2007年06月, 至 2009年05月
              日本建築学会理事(学術理事)(2007.6~2009.5)
            • 自 2007年06月, 至 2009年05月
              Fellow of Architectural Institute of Japan (Academic Field)(2007.6-2009.5)
            • 自 2009年
              Editorial Board of Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Elsevier, Editors Prof.D.E.Beskos, Prof.M.Erdik and Prof.Elgamal (2009-).
            • 自 2009年
              Editor-in-Chief of Earthquakes and Structures (EAS): An International Journal of Earthquake Engineering and Earthquake Effects on Structures (Techno-Press in Korea) (2009-)
            • 自 2009年
              Editorial Board for Journal of Zhejiang University-SCIENCE A (International Journal: First CrossRef Journal in China, Springer, 浙江大学) (2009-)
            • 自 2008年
              Editorial Board for Structural Control and Health Monitoring, John Wiley (2008-)
            • 自 2008年
              Member of the ASCE EMI Dynamics Committee (2008-)
            • 自 2008年
              Editorial Board of Interaction and Multiscale Mechanics: An International Journal (2008-)
            • 自 2008年
              Editorial Board for Structural Control and Health Monitoring, John Wiley (2008-)
            • 自 2008年
              Editorial Board of Interaction and Multiscale Mechanics: An International Journal (2008-)
            • 自 2007年
              [http://www.elsevier.com/wps/find/journaldescription.cws_home/30415/description#description] (2007-)
            • 自 2007年
              Editorial Board, The Open Civil Engineering Journal, Bentham Publishers
            • 自 2007年
              Editorial Board, Interaction and Multiscale Mechanics: An International Journal, Techno Press
            • 自 2007年
              Editorial Board, International Journal of Engineering Structures, Elsevier
            • 自 2007年
              [http://www.elsevier.com/wps/find/journaldescription.cws_home/30415/description#description] (2007-)
            • 自 2005年
              Editorial Board of Journal of Asian Architecture and Building Engineering (JAABE), 2005-
            • 自 2005年
              Editorial Board of Journal of Asian Architecture and Building Engineering (JAABE), 2005-
            • 自 2003年
              Editorial Board of Advances in Structural Engineering: An International Journal (2003-)
            • 自 2003年
              Editorial Board of Advances in Structural Engineering: An International Journal (2003-)
            • 自 2002年
              Editorial Board of Structural Engineering and Mechanics: An International Journal (2002-)
            • 自 2002年
              Editorial Board of Structural Engineering and Mechanics: An International Journal (2002-)
            • 自 1999年
              Associate Editor of ‘Advances in Earthquake Engineering Series’ (WIT Press) 1999- (Editors: C.A.Brebbia & D.Beskos)
            • 自 1999年
              Associate Editor of ‘Advances in Earthquake Engineering Series’ (WIT Press) 1999- (Editors: C.A.Brebbia & D.Beskos)
            • Editorial Board of Engineering Structures, Elsevier, Editors Prof.P.Gould, Prof.E.Mang and Prof.S.Kitipornchai
            • Editorial Board, International Journal of Advances in Structural Engineering
            • Editorial Board, International Journal of Structural Engineering and Mechanics
            • Associate Editor, Advances in Earthquake Engineering Series
            • Member, Japan Association for Earthquake Engineering
            • Member, Japan Society for Earthquake Engineering Promotion
            • Member, Representative member, Architectural Institute of Japan
            • Member, International Society for Computational Engineering & Sciences
            • Member, International Society for Structural and Multidisciplinary Optimization
            • Member, American Academy of Mechanics
            • Member, Earthquake Engineering Research Institute
            • Member, American Society of Civil Engineers
            • Editorial Board of Engineering Structures, Elsevier, Editors Prof.P.Gould, Prof.E.Mang and Prof.S.Kitipornchai

            ページ上部へ戻る